「自己分析」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己分析とは

2018-09-20

東大の友人「受かったときに鼻で笑われたのに絶望した」

この友人はとにかくなめられる。何か目標に向かって行動してることを周囲に知られると徹底的にバカにされて妨害を受けるようなキャラだ。

から東大志望だとバレたときはまあ周りがキツかったらしい。卒業まで全員が自分の失敗を願ってるような感じだったとかで。

「おめえみたいな奴に受かるわけないだろ」

「高い目標持ってることがもうムカつく。惨めな人生過ごす義務がある。だからヤラれ続けてろよ」

こんなふうに茶々入れられるなんて当たり前だったらしい。

ちなみにこの友人は黙ってても嫌われるタイプだ。悪事を働いたりデリカシーに欠いた天然発言をするわけではない。とにかく遠慮がちで大人しくてなめられやすいというだけだ。ちなみに顔は相当ひどい。

それでもこいつは東大現役合格したんだけど周りは全く悔しがることも彼を認めることもなかったそうだ。

まず、東大を落ちて家を飛び出し地方就職に逃げた、というデマが広まったらしい。

予備校合格体験記が出てからいよいよ彼が受かったことを認めざるを得なくなったら今度はみんな「東大なんて目指せば誰でも受かる程度だったんだなあ」。

この東大友達の嘆きが忘れられない。

「結局、絶対に上手くいってほしくないと周りから願われる才能を持って俺は生まれしまったってことなのかも。もし俺が億万長者や篤志家だったとしても周りはバカにし続けるはず」

こう打ちひしがれる彼を見て

「うるせえカスだなあ。てめえは周りからボロ雑巾扱いされてることに哀れにも気づけずに恥を晒し続ける天然系底辺でいろや。なに被害自覚してやがるクソブサイク死ね

と内心でイライラ罵倒し始めて、彼の心をとにかく傷つけたいという衝動に駆られている自分気づき、俺は本当に驚いた。

彼は嫌われる天才なのかもしれない。

追記

自分がこの東大友達イラつくとき、どのような心の動きをしているのか自己分析してみた。

もっと傷つくところが見たいのに友達が逃れようとしてる。

これだった。

この友達から花粉症が治まったって報告受けたときにムカついてムカついてたまらなくなったことがある。

2018-09-08

anond:20180908061219

あったらとっくに売れてるよ。

そんなの大っぴらにしてするものでもないと思うし、結婚している人は自己分析ができている。それだけの話では

2018-08-19

明日自分に向けて

涙でうるみながら文章を書き始める。

涙が流れると、自分感情的にいっぱいいっぱいなんだな、ということが分かるので、自分自身とても助かっている。

そんな自分はいつか人前で突然泣いてしまうのではないか、と心配するが、不思議と人前だといつものように振る舞えてしまう。

逆に決壊するときは本当に予想がつかないくらい急なのではないか、とぼんやり考える。

  

涙は止まった。

  

自分がここ数年、うまく環境適応できていない自覚はずっとあった。

目の前の業務一見こなしているが、数年単位仕事は全く手がつけられず、そのことを誰にも相談できずにいた。

どうしてそうなってしまっているのか、という自己分析もある程度できている。

  

想像力の乏しさ 質的な乏しさというよりは、量の問題なのかも知れない。想像はできるが、想像した未来イメージが今の自分を動かす動力になりにくい。

衝動性 目の前の課題にとびつき、表面上はこなしてしまう。長期的な課題が先送りされていることを更に実感しにくくなり、周囲にも機能していると見られてしまう。  

不注意 家庭内雑務が気になり、時間を割いてしまう。本当にするべきは妻と適切に雑務を分業するべきだと分かっている。

コミュニケーションの苦手さ 想像力の乏しさにも通じるのだが、相手思考想像はできるが、確信の度合いが低かったり、ブレが大きかったり、量的な問題がある。相手の反応を想像すると相談ハードルが高くなり、一人で悩んでしまう。

  

そして、自分は他の人よりも周囲の環境自身の行動が律されるところが大きい。

「やらないといけない」「自分がそうしたい」「その行動が求められている」といったものではなく、

自分能力内で行える」「習慣化していて余り考えずに行える」「行動に分かりやすい結果が伴い、フィードバックループがかかりやすい」といった環境課題遂行に大きな役割を果たす。

「やらないといけない」という理解はできているだけに、行動がスムーズに行えないことで抱えるストレスも大きいかも知れない。

  

言い訳として上記自分特性を使いたいのではない。

ただただ、自分を思うように動かしたいのだ。

  

そして、数年単位仕事がもう完遂できない時期であることを - 乏しい想像力でも分かるくらいに - ようやく認識した。

そのことで更に精神的に追い込まれ、もはや今の自分がどれくらい機能しているのか、自分アセスメントもおぼつかなくなってきた。

  

明日の朝、上司メールを送って、仕事が全く進んでいない状況、自分がうまく機能していない状況を報告する。

もっと早く相談していれば、と思いはするが、どこが転換点だったのか自分でも分からない。

明日の朝、またこ文章を見て、メールを書こうと思う。

メールを書いたとして、自分送信ボタンを押せるだろうか。

一見穏やかに回っていた日常生活を、いつもの生活を壊してしまボタンを自らが押す。

それは苦しいけど、これまでずっと苦しんできた自分いたことを知らせたくて、そして、昨日の自分明日自分を後押ししてくれるように、祈りながら。

2018-08-11

自分棚卸し7月

7月31日に、ツイッターで見かけた。

自分棚卸しなう

何それ?と思って調べた。

要は月に1回自分と向き合うことらしい。

ほんとはキャリア整理とか自己分析とかやるんだろうけど、

夢や目標再確認したり、資産見直しとかをしてもokらしい。

へー、と思って、すぐにスケジュール帳に「棚卸し」の予定を書き込んだ。

とりあえず12月まで。毎月第2土曜日に。

ということで、8月11日土曜日今日最初自分棚卸しの日。

と言ったものの、何したらいいかからない。

夢もない、目標もない。仕事キャリアとかもよくわからん

資産とか言える規模感じゃないので見直しなんていちいちする必要ない。アプリで残高推移確認して終わり。

どうしよう。卸すものがない。とりあえず、7月にあった出来事を順に振り返ってみる。

・狙っていたライブチケット取りに失敗。自棄を起こす。

・身内が脱水症状を起こし、救急車を呼んだ。自分パニックになってしまった。今は笑い話。

時差Biz記事を見て早起きしてみる。続かなかった。

アニメ恋は雨上がりのように」を全話一気見して3話以降ずっと泣いてた。

ジムに入会。目標特にない。

・1年ぶりに会う友人たちと話したら楽しすぎた。

・楽しすぎた反動で、家に帰って気分が沈んでいた。

・兄が結婚するという報告を聞いた。

<良かったこと>

人と会って話すと元気がでる。

反省

1人の趣味が充実しなかった。

ーーーーーーーーーー

棚卸しって絶対こういうのじゃねーよな、と思いながら今日はこれで閉じる。

とりあえず、自分には目標がないということがわかった。

2018-07-31

33歳公務員 プログラマー志望です

コンコン 入ります

私はハテナー=アノニー=増田と申します。33歳の公務員現在日本の人工があまり多くない都市公務員をしています

私がプログラマーを志望したのは、今やっている仕事死ぬほどつまらないのと、職場がそこそこブラックからです。

プログラマーとしての経験ほとんど皆無ですが、高校大学時代簡単ゲームぐらいなら作ったことがあります

簡単ゲームはあまり簡単すぎるのでネットで配布などはしておりません。

また、大学の専攻が電子工学だったので、選択応用科目としてコンピューターの基礎的な知識を学んだ経験もあります

趣味インターネットで、休日の大部分は一日中e-スポーツ試合を観戦しています

自分ゲームをやるときはもっぱら一人用のゲームを遊びます

これは、私が他人と関わるのが苦手でチームプレイの対戦ゲームを遊ぶことに強いストレスを感じるからです。

プログラマーになれば、今の職場でやっている公共事業に関する管理業務と比べて不特定多数他人と関わることが少なくなるのではないかという期待もあります

プログラミングは出来ませんがこれから覚えます

それでは失礼致します。


うっわ……文章化してみると「こんな奴絶対取らねえ」って一発で分かるな。

せめてWEBサービスの一つぐらい作り終えてから門を叩けよ……お前もうすぐアラフォーなんやぞ……つうか管理業務嫌だからスペシャリスト的なアレになりたいですじゃねえよ……お前の年齢で管理業務一切やりたくねえとかマジでスペシャリストになるしかねえのに経験値ほぼ0じゃ本当にどうしようもねえって……

万が一面接が変な方向に行ってまどマギ考察とかで趣味が一致した所で、上司に「コイツにウチの社食を食わせてやりたいんですが!」なんて言いに行けねえよ……。

アウトだアウト。

プログラマーになりてえなら趣味でやれって話だな。

つうか趣味プログラム書けねえ奴がプログラマー志望とか笑わせんな。

死ぬまで公務員やってるのがお前のためだぞ。


よっし、今日自己分析完璧だった。

そろそろ死ぬか!

2018-07-18

俺は就活をやめるぞ!ジョジョーーーーーーーッ!!!!!!

もともとイカれていた精神限界値を越えてイカれはじめたのでここらが引き際だと判断し、就活をやめることにした。

志望理由自己PRなんぞとくに話せるようなことは自己分析の結果ないことが明白だし、それを取り繕う気力もない。就活に対するやる気のなさを面接官に隠す気も失せてきた。

第一働きたくない。働きたくないから働かないという選択をする勇気は流石にないからとりあえず生活資金日雇いで稼ぐことにする。

将来の不安はもちろんあるが、これから生きていくための戦略をあれこれ考えている。履歴書面接のことを考えるより精神的に遥かにマシだ。

とりあえずこうして就活やめる宣言をすることで生活区切りをつけることにした。

2018-07-16

anond:20180716232643

わかる!

成功体験が自信をもたらしたもの自己分析している

あーやりたいやりたい

2018-07-07

ハングル文字がどうしても「ヨゴレた文字」に見えてしまう。

はいわゆる「嫌韓」ではない。

しかし、ハングル文字がどうしても「ヨゴレた文字」に見えてしまう。

英語以外の外国語はわからないが、ハングル文字ハングル文字であることは認識できる。

映画ブレードランナー世界で、電飾の看板インチキ臭い日本語文字がゴチャゴチャあるけれど、

あれに近いのだろうか? あれにもうちょっと嫌悪感を加えた感じ。

なんでなんだろうな。中国語簡体字の方にはちょっと嫌悪感を持ってしまう。繁体字には感じない。

いわゆる近親憎悪なんだろうか? うーん、感情自己分析するのは難しいんだけれど、

なにかあの、人工的な感じが苦手なんだよなー。

2018-07-05

話を最後まで聞いてもらえない

自己分析が甘い気もするが、たぶん話している時も書くときのように段落構造を作って、文章全体でひとつメッセージ構成するような話し方をしてしまっているのだと思う。

例えば、今まさに書いているこの文章だけど、第一段落文章全体で言いたいことを書いて、次の段落でその詳細の説明をするといような書き方にしているつもり。これはふつうの書き方だと思うし、特別読みにくいということもないと思うんだけど、会話になると第一段落が終わった段階で「わかるー! 私も〜(以下当人の話)」などと進められてしまう。

こっちからすると、「こんなざっくりした言い方しかしてないのに、『わかる』っていったいなにがわかるというんだ」と思ってしまい、要するにこちらの話を詳しく聞く気がないのだと思って話す気が失せてしまう。理想的な相槌としては、「段落構造ってどういうこと?」みたいに、ざっくりした言い方をしている部分を指定して聴き返してもらうか、あるいはもっと汎用的に「というと?」なんて返してくれると自然に次の段落に移ることができるから話がしやすいのだけど、そういうスタイルで会話してくれる人はあまりいない。

よく「結論から言え」などという人がいるが、結論から言うということは、最初発言において間を省くということだから、結局はこれと似たような話し方になる。(第一段落において詳細を省く、という点で似ている。) でも、結論から言えという人が望んでいるのはそういう話し方ではないのだろうなとも思う。

話が逸れたけど、どうすればきちんと聞いてもらえるのだろう。ひどいひとだと、そもそも一文が完結するのを待ってくれない。文の構造的にここで切ったら成り立たないでしょ、というところで割って入ってくる。どうすればいいのか。

anond:20180705095503

色んな事情で別れた後にとある社会問題になってる現象で死なれたけど

もし頑張って別れないで支えてたら死ななかったんじゃないかなとは思う事もある 今は旦那子供育てたり仕事したりしてるけど鬱々とするとその夢を見る

自己分析するに悲劇ひとつあると逃げが打てて楽なんだと思うよ

2018-07-03

anond:20180703210539

あ、ごめん、俺(そのエントリ元増田じゃないんだわ。

で、俺自身子供欲しくない派で、自己分析を重ねた結果から推測すると、その辺(別に子供作っちゃえとなるかどうか)って結局は幼少時の家庭環境肯定感があるかどうか(というか一定レベル以上の否定感がないかどうか)で決まってるんじゃないかなあという気がする。それは無意識的な話で、脳の報酬系がどういう風に学習されているかということな気がする。

自分のやりたいことを諦めてでも子供を持つかどうかという話になったときに、やっぱり家庭という概念のものに対して一定肯定感がないとそのハードルを越えようという気にはならないんじゃないか

まあ、酷い家庭に育ったか自分暖かい家庭を築きたい、みたいに転化する人もいるけど、それは多分「やりたいこと=家庭」というケースなんじゃないか

2018-06-26

anond:20180626001524

なぜ恥ずかしいと思うのか。そこを自己分析して。

2018-06-24

今月のまとめ

僕は大学三年生になった瞬間に就活を始めた。

周りを見渡すと、動いている学生は少なかった。

これなら学歴はなくとも、いけるかもしれない。

そう思った。

今思えば「甘すぎる」と、自分自身をぶん殴りたいが、たとえ殴れたとしてもそう思ったという事実は残る。意味がない。

5月に入ると外資コンサル志望が動き出す。外資コンサル志望は強かった。頭の回転は速い上に、議論も上手い。

自信も、選考も瞬く間に追い抜かれる。

ベンチャー志望も優秀だった。起業やら長期インターンやら、行動力がすごい。

自分を振り返ってみるとディベート経験バックパッカー。ありきたりだ。

マネタイズ経験がある彼らに敵うはずもなく、轟沈

環境は変わらない。むしろ時間が経つにつれて不利になる。

自分の目指す頂上が雲に隠れてわからなくなった。自分がどこにいるのかさえも。

自分とは何か。

他人から見て自分はどんな人間なのか。

いわゆる自己分析だ。

これを知りたくて、今月は色んな人に会った。

小さい頃から、初めての人と会うのが苦手だった。この人にどう思われてしまうんだろうって。

でも、頑張った。いろんな社会人の方にお会いした。

しかった。

こんな若造可能だってあるかもわからない「やりたいこと」を親身になって聞いていただいた。

聴く力って大事だ。聴いてもらえるだけでありがたい。嬉しい。

人生で初めてそう心からそう思えた。

振り返ってみると今まで自分他人の話を聞かなかったし聞こうともしなかった。「やる」と決めたことは須らく自分の力でやりきってきた。他人アドバイスも聞かずに。

なんでだろう。

人のアドバイスに左右されるのが嫌だったから?自分の力に自信があったから?

自分のやることに責任を持ちたかたからだ。他人のせいで失敗した、なんてことは死んでも言いたくなかった。

頼れなかった。

頼りかたを知らなかった。

今はわかる。

自分のやりたいこと、成し遂げたいことを話すと聴いてくれたり、アドバイスをくれる多くの人に支えられている。

屈辱と、涙と、汗に塗れながら一歩ずつ。

就活戦争だ。

自分の力じゃ到底戦えない。

だけど戦うほかない。

ならば、立派に戦えるようになるまで前を向き続けるしかない。どんなにプライドがへし折られようとも、志までは折られない。

やってやる。

やってやるぞ。

2018-06-14

anond:20180614223213

ESうまい書き方も自己分析企業分析面接での立ち回り方も仕事で使ったことはないね

面接体験自体ほとんどないけど新卒と中途の面接の内容は全然違うしね。

就活

持ちゴマが全部なくなっちゃった

また一から就活スキル」を身につけなきゃいけないのかな。

そのために時間お金と労力をかけるなら、勉強したい。本読んでバイトして旅に出たい。

そもそも就活スキルって入社してからも役に立ちますか?

たとえばESうまい書き方とか自己分析とか企業分析とか面接での立ち回り方とか。

anond:20180614173546

コンプ拗らせ過ぎてやりたいことが見えなくなってるという自己分析の元とりあえずニュートラルに戻してやろうというプロジェクトだったんだけど、穴を埋め立てた跡からは何のモチベも生えてこなかった

2018-06-08

anond:20180608110759

ちゃんと俺が反省する為に君が見下され感を覚える感情構造自己分析して言語化してほしいなってシラフだと思っちゃうから

素直にごめんねって言えるように俺は酒を飲むんだ

2018-06-01

腐女子ってなんでこんなにたくさんいるんですか?

なぜこんなにも女オタクの中で「腐女子」の割合が大きいのでしょう。

前提として、誰かの嗜好を否定するつもりはありません。

びっくりするほど長くなりました!ごめんなさい!

はいわゆる二次オタクと呼べる趣味を持っています。もうちょっと若い頃は男性向け~女性向けまで幅広く好きでしたが、

最近は人気のアニメソシャゲ女性向けのタイトル以外で課金しているのがFGOくらい)、ジャンルわず漫画を楽しむ程度です。

二次創作は支部SNS検索する程度には好きです。イベント等にはしばらく足を運んでいません。

最近女性視聴者を中心におっさんずらぶも流行っていて、やっぱりBLって全体的に受け入れられやすテーマなのかなと思ったりしてます

まわりのオタク友達女性)は、8割がいわゆる腐女子です。みんな良い人です。

私はBL嫌悪感はありません。二次創作としてゲイ設定でない男キャラ同士の恋愛を見ることにも、抵抗はありません。

ひとつ作品として楽しく読めます商業BLなんか、自分で続きを求める程度には普通に好きです。それでも私は、公式非公式わず男女のカップリングを好きになることが多いタイプでした。

まりオタク同志の交流必要としてなかった頃は「腐女子か~」くらいの認識

それでも年齢を重ね、SNSなどの普及でネット上でのオタク友達が増えるとその腐女子の多さに驚きました。NL勢はもちろんいるし、夢女子もいるけれど、作品の枠を取っ払って「女オタク」という括りで見た時に腐女子割合が圧倒的に多いなと感じました。

※中には「夢要素含む腐女子」「NLも好きな腐女子」「恋愛面については男×男以外地雷な腐女子」と様々なタイプがいます

腐った理由は?という問いの答えでよく聞くのが「間違えて読んだ作品BLだった」「BL二次創作にうっかり萌えしまった」「男同士だからこその葛藤に惹かれる」など様々。

リアルに仲良くなった腐女子数人に失礼であることは承知で「あなたから見た腐女子」を聞いてみました。

ネガティブ系の意見が多くなってしまいましたので、不快に思われたら申し訳ありません。

腐女子の数が多い理由は単純に非オタより男女の恋愛にひねくれた思想を持っている部分があるからだと思う。

・男女CP地雷の人は特にだけど、男女の恋愛トラウマ劣等感を抱えている人が多い。現実男性が苦手な子も多い。

自分女性としての性にある意味自信がない人が多い。(外見や内面わず

・受けもしくは攻めに自己投影している人もいる(キャラ恋愛したいと思っているが、複雑な心理で「夢女子」にはなりたくない)

上記のような人は、当然だけど図星に近いことを言われると否定する。本当に無意識な人もいる。

純粋男性×男性恋愛を楽しんでいる人は特にCPを下げるようなことは言わない。マナー問題というよりは、精神面が安定しているから誰かと比べない。自分劣等感がない。

・男同士だからこその関係性が萌える部分があり、それは友人関係で十分成り立つのも分かるのだけど、男性に比べて女性はどうしても「恋愛」に結び付けたい思いがどこかにあるからこそBLという境地にたどり着いてしまうのかもしれない。

BLCPとして人気のある男性キャラ公式非公式わず女性の人気CP相手がいる場合、今より若いころ(中学高校)は本当に嫌いになってしまうことも多かった。割り切って考えられなかった。

 理由は「その女キャラ性格が~」とか理由をつけていたけど、結局はBL理想押し付けていた部分がもちろんある。結局は女を好きになるのか…という思いが生まれ、何故か耐えられなかった。

・昨今のLGBT応援の風潮を過度に笠に着ている人もいる。(もちろん現実LGBTについてはもっと理解されるべきと思っている)

上記のような理由はもちろん私の知り合いの腐女子から見た一面でしかないので、全体に当てはまるわけではないでしょう。

NL好きに当てはまる部分も少しあるかもと思ったので腐特有というには信憑性もないかもしれません。

ただ、こういった話は聞く腐女子聞く腐女子みんなから程度の差はあれど出てきました。

時々見る、「私以外の女と〇〇が恋愛するくらいなら、男にとられたほうがマシだから男×男は好き」という意見も興味深いです。

恋のライバルが女なのか男なのかで、嫉妬するしないの差が生まれるということなのでしょうか。

私は腐女子がなぜこんなにもたくさん生まれるのか知りたかったのですが、色々聞いていってもネットで調べても限界はあり、簡潔な答えは出ませんでした。

調べていくうちに腐女子心理分析()みたいになってしまって話が逸れてしまったのもあります

繰り返しになりますが、腐女子はなぜこんなにも多いのでしょうか。

市場規模どれくらいなんだろう。

男×男の恋愛を描いた二次創作や漫画作品を、私は少女漫画などの男女の恋愛を描いた作品と全く変わらない気持ちで見ています

それなのになぜ二次創作などで男女の恋愛の方に重きを置いてしまうのかと言われれば、そのキャラたちが基本的には異性愛者として描かれている/ゲイバイだという描写がないからかなと自己分析しています

そのキャラたちを恋愛と結び付けた二次創作が見たい!となった時に、自然に異性を当てはめてしまます同性愛を軽視しているわけではないと思うのですが…。男性キャラ同士でどれだけ絆で結ばれた相手がいようと、その関係にどれだけ萌えようと、あえて私自身の思考により恋愛関係に持っていこうという流れにならないのです。

純粋に疑問です。気になります腐女子としての思想を一端でも理解してみたいです。

不思議です。私もBLに抵抗はない。読む。楽しい。でも一番好きってわけじゃない。腐女子BLが一番好き。そこの違いってどこからまれるんでしょう。

男同士の恋愛を皆さんはどうやって楽しんでいるんだろう。私とはやっぱり違うのでしょうか。それとも意外と同じような楽しみ方なんでしょうか。

重ねて言いますが、腐女子否定しているわけではありません。ただ気になるんです。

腐女子ってなんでこんなにたくさんいるのでしょうか。面倒くさくて、長文でごめんなさい。私にも、誰か教えてください。

2018-05-31

anond:20180531160506

自分でなんとなく選んでると思ってても、土台になってる前例とか判断基準があるからから分かるように自己分析して言語化してねって当たり前の話では

2018-05-29

物事に対する何故を答えられない

タイトル通り

物事だけでなく好きなことでも好きなだけで何故好きなのかが分からない

からなんで好きなの?何故?って聞かれると途端に分からなくなるからこの手の質問にはなんでだろうねぇっていつも適当に答える

好きに理由はないというが、私はそのように思う

就活においてもなぜその業界その企業を志望するのかが全くできなくて面接失敗しまくり

結局どこにも就職できず大学卒業することになった

結して選り好みをした訳ではない 介護運送、警備まで様々な企業を当たった

だが物事に対する何故?何?を深掘りすることができない人間には次々と降りかかる志望動機に為す術もなく打ちのめされる他なかったのだ

から自己分析も今まで生きてきた自分薄っぺらすぎて何も絞り出せない

これはもう半分認知症のようなものだろう

早く死ぬべきなのだろうか

社会不適合者は生きにくい

会社をずる休みした。

せっかく着替えて化粧もして、今日も1日頑張るぞいっなど自分に言い聞かせたのだが、靴を履く手前で胃の中を空っぽにするのに体力を使い果たしてしまった。

電話口の上司は、無理せずお大事にね、など朗らかに言ってくれたのだが、通話終了後部署人間にどんな風に伝えて周りは何を思ったのだろうなど考えてしまい、空っぽのはずの胃がギリギリとまだ何かを吐き出そうと悶え始めた。

私はストレス耐性がなさすぎる。

変化についていけずコロコロ替わる上司についぞ慣れることもなく新しい上司がやってくる。そもそもこの一年で四回も上司が替わるってなんなんだ。どうやらそういう社風なのだそうだが、こんなに上司が替わるの、私の所属部署だけなんだけれども。

今の上司は誰から見ても美人でお洒落で穏やかな女性で、素敵だなとは思う。けど、部署をまとめる上司としては特定個人に甘すぎるきらいがある。私はそこが苦手だ。

仲の良い部下とべったりしてずっとお喋りをして、私が業務上相談をしようとしても会話に入る隙間がない。まぁ、ここは私の対人会話スキルが低すぎてタイミングが掴めないだけかもしれないが。

などの上司の態度を見て、段々苦手意識が強くなっていく。

一度苦手だな、と思い始めると、相手との間に壁を作り始めてしまう。私は自分のそれをどうにかしたいのだが、表面上取り繕っても壁はどんどん高く厚くなっていき、比例するように相対した際のストレスが強くなってしまう。

そして段々疲れてきて、ついに布団でしくしくしながらこうして自己分析長文を書き殴ることになるのであった。

2018-05-23

anond:20180523164346

それこそ、人によって運によって違うとしか言いようがない。

人によって違うところを、ちゃん自己分析したら、非モテに伝えられることもあるかもしれないのに!本当に彼女がいるのならね!!

2018-05-19

anond:20180519022843

みんながみんな、大層な夢があるって思う方が不自然だわ。

フラフラ辿り着いた先でそれなりにやる、またフラフラと漂った先でそれなりにやる。そんな不定形人間がいたっていいと思う。いや、そんなやつばかりなはずなんだよ。どうしてこうなったんだろう。

自己分析なんか毒でしかない。心を富に最適化する儀式でしょ。

宗谷の海を見ていると、経済なんか大したモンじゃないって思うわ本当の話。

適当でよくねえ?適当でいいんだわ。

ああ、働きたくない

こんばんは、大学4年生です。一応就活真っ盛りの時期らしいです。あんまりやってませんが。働きたくないです。

先に予言しておくとこの文章はきっとまとまりのない文章になるでしょう。なぜならまとまりのある文章を書くつもりが無いからです。

なんとなくで生きてきました。良さそうな方向。ぼんやり素敵な予感がする道。そういうところにフラフラ歩いていって、別に素敵なことをするでもなく、フラフラ。まーなんとかなるだろと。なんとかする気はどこかに忘れたまま。

自分が何をしたいのか、あまり考えたことがありませんでした。高校ときは、まあ今もその性質は抜けていないのですが、親の顔色を見て、勝手忖度というか、ケチをつけられなさそうな、褒めてもらえそうな、そういったことをしていました。部活だとか勉強だとか。なぜ、なんのために自分はそんなことをしているのか考えもしませんでした。馬鹿ですね。ありがちといえばありがちな話かもしれません。

そして大学三年生。そろそろ就職について考えなければいけませんよ~という旨の話を学校から何度か聞き、その中で自己分析しましょうと言われたので道具もいらないしやってみることにしました。

で、自己分析をしていくうちにやっと自分の有り様を少し理解することができました。ああ、俺は別段やりたいことも目標もない人間だったのかと。なるほどね、今まで漠然と感じていた浮遊感の正体はこれなのかねと。

それも普通かもしれませんが、目を閉じても耳をふさいでもやはり世間様の人のあり方はかくあるべきだ、これがスタンダードだと言わんばかりの圧力身体のどこかにある受信機が勝手に拾って、気にしなきゃいいのにやはい気にしてしまうのです。情け無い。

で、今、自分が何をしたいのか、ずっと考えています。やっとここまでこれたと思っています。嘘です。そう自分に言い聞かせているだけ。本当はただ逃げているだけ。問題にきちんと向き合っていない。本当に必要なのは考えることじゃなくて、行動すること。

ずっと逃げてきた。今までしてきた部活アルバイト、どれもとんでもない大失敗をしたり、周囲にうまくなじめ(ま)なかったりして、そうして途中でやめるか惰性になるか、そんな結果に終わっていった。そうして自分の中で無能感だけすくすくとが育っていった。履歴書が書けない。学生時代がんばったこと、なんだろう。ゲームかな。器用な嘘が思いつかないし、嘘をつき通す力もないからそれ以外書けない。

このまま社会に出ても、きっと今のままでは、無能のままでは、精神が浮遊したままではだめだ。かといってここでただじっと身を潜めているわけにも行かない。思考けが右往左往して身体微動だにしていない。

この文章がまとまらないのは俺の思考がまとまっていないからだ。どうすりゃいいか、わかっている。本当にわかっているのか?本当にと聞かれるとわからない。だからそんなしょうもない自問自答からは何も生まないんだよ。思考を垂れ流すのは良くない。あとで見返してキモッてなるからだ。もうなっている。イタいイタいイタいイタい

はいもうおわり、終了終了。深夜に欝日記を書くということがそもそも良くないんですよ。風呂はいって寝ろ。

まあがんばれよ俺。応援してる。いやそうやって第三者視点のがんばれよは自分他人のように扱ってしまっているのでよろしくない。がんばろう俺のほうがいい。

がんばろう俺。いやこれだと復興スローガンみたいでいまいちしまらないというかなんというか。

あーあと最後に。自己分析って中学生ぐらいから始めたほうがいいと思いました。以上

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん