「米軍」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 米軍とは

2021-05-05

anond:20210504235137

バカじゃないの?

そもそも共産党は、立憲民主、その母体である連合に対して大きな懐疑心を持っている。

憲法改正の歯止めや官僚主導の打破には多少は使えるとは見ているために野党糾合に反対ではないが、

それでも共産党は立憲民主財界中心主義、日米軍同盟中心主義には全く相容れないのだ。

共産党員は、労働組合ボロボロになったのは連合貴族主義にあると見て、現場主義で汗を流しているユニオンから蛇蝎のごとく嫌われているのだ。

そういう現実をよく見てものを言え。クズが。

2021-04-26

早ければ5年以内

https://anond.hatelabo.jp/20210425203936

まず押さえておくべきは、

地理的な制約から米国本土へ直接に攻撃を仕掛けられる国は(おそらく今後も)存在しない

中国資源領土拡張に関して(米国喧伝するほど)攻勢的ではない。台湾に関しては、武力制圧できるだけの戦力を備える必要性はあるにせよ、行使する可能性はほぼ皆無だろう

その上で、これから世界大戦レベルの混乱が生じる可能性を挙げるなら、「米国内での分断が深刻化し、武力衝突に至った場合」というシナリオ真剣検討されるべきだろう。具体的な時期としては、直近だと2024年大統領選が考えられる(=民主党カマラハリス共和党トランプ本人または子飼い候補を立てた場合)。

いったん衝突が始まってしまえば、例えば海外からSNS経由で宣伝戦を仕掛けられても対抗措置は取れなくなる。また当然ながら経済的に大混乱が生じるわけで、これまでのように米軍海外に展開する体制も維持できなくなるだろう。そこで「世界大戦」の端緒が開かれるとするなら、元増田への回答は「早ければ5年以内」ということになる。

早ければ5年以内

https://anond.hatelabo.jp/20210425203936

まず押さえておくべきは、

地理的な制約から米国本土へ直接に攻撃を仕掛けられる国は(おそらく今後も)存在しない

中国資源領土拡張に関して(米国喧伝するほど)攻勢的ではない。台湾に関しては、武力制圧できるだけの戦力を備える必要性はあるにせよ、行使する可能性はほぼ皆無だろう

その上で、これから世界大戦レベルの混乱が生じる可能性を挙げるなら、「米国内での分断が深刻化し、武力衝突に至った場合」というシナリオ真剣検討されるべきだろう。具体的な時期としては、直近だと2024年大統領選が考えられる(=民主党カマラハリス共和党トランプ本人または子飼い候補を立てた場合)。

いったん衝突が始まってしまえば、例えば海外からSNS経由で宣伝戦を仕掛けられても対抗措置は取れなくなる。また当然ながら経済的に大混乱が生じるわけで、これまでのように米軍海外に展開する体制も維持できなくなるだろう。そこで「世界大戦」の端緒が開かれるとするなら、元増田への回答は「早ければ5年以内」ということになる。

2021-04-25

今日見た夢

戦時中日本人少年兵(男)が米軍に捕まり

裸でダルマ箱詰めにされて人身売買アメリカホモ金持ちに売られて

現在も箱に詰められたままの夢を見た

2021-04-23

シリコンバレーは終わってる

というのは前から分かってたけど、

その代わりに盛り上がるのが本当にライフサイエンスなんだろうか、

なんか納得できない

というか、自分にはライフサイエンス知識なんてゼロに等しいので、

もう一獲千金的なチャンスはゼロコンマどころかゼロになってしまうんだな

IT産業終焉

というか、終焉になった頃にDX()とかで盛り上がるの、ほんとニッポンぽいんだよなw

ほんと、第二次大戦を繰り返している感があるけど、

今回は米軍側で対中国に参戦できるから、流石に負けないだろう…、

と思いたいけど、ベトナム戦争の再来もあるやもしれん…

2021-04-21

anond:20210421221309

沖縄ウィルスって大阪より致死率高いって話だ

米軍が持ってきたって

海で良く洗えよ

2021-04-20

中国佐渡島釧路の港をあげたら平和になるとしたらどうする?

この二つは北極海ルートで要になるし、漁業にも有用だろう、

これらを得ると中国威信も上がる

そして日本自衛隊解散して米軍も追い出せる

中国は、なかよく握手して日本へ謝辞を伝えているのだから

これから日本企業中国商売やすくなるだろう!

2021-04-17

anond:20210417192707

単純には言えないけどな。

仮に全く有利不利がない状況で韓国陸軍陸自が衝突した場合韓国陸軍圧勝するだろうし、韓国海軍海自が衝突した場合海自圧勝するだろう。各国家特性に応じた編成するので比較は困難よ。人民解放軍陸軍を中心とした編成から海軍空軍へのシフトを進めてるので、拡充に応じて状況は悪くなる。

まぁそもそも軍事行動は攻める側が不利なので、仮に台湾への米軍配備まで進むようならもう手は出せんが。

anond:20210417184805

台湾統合は本気で人民解放軍使えば押し切れるとは思う(たださらに踏み込んで在台米軍復活されたら無理)けど(ただ統治まで含めれば現実的ではない)。台湾飲み込むなら国民党政権時に一国二制度統合して香港ルートだったんだろうけど、香港がああなっては一国二制度台湾側も絶対飲まないだろしな。中国側の誤りは対日政策なんかよりも、香港平和的に統合できなかったことだと思う。

鄧小平中央軍事委員会権力基盤としていたとおり、中国における権力確立には人民解放軍の支持が不可欠だし、人民解放軍人民解放軍ルールで動く(文民統制民主主義国家ほど効いていない)ので、特に南沙諸島尖閣は軍が火をつけた可能性はあり得るけどね。

anond:20210417182132

これはそうだと思っていて、在外米軍は在比米軍在韓米軍在独米軍を見れば分かるように仮想敵国の脅威度と駐留国の対米感情によって縮小や撤退してるんだよね。

台湾を取り込むにあたって最大の脅威は言うまでもなく沖縄駐留米軍(海兵隊空軍)だけど、日本をある程度取り込むことが出来ればこのライングアムまで下げることが出来たかもしれない。

ただ中国(に限らず一党独裁国家)の対外政策って「対外」といいつつ党内を向いていることが多々ある(戦狼外交は党内に向けたアピールという見解もある)ので、それを以て誤ったとは言いづらいけど。

anond:20210417182132

無理でしょう

実質的には独立国ではなく属国なので

ロシアもそう見なしているから、返還したら米軍駐在する可能性があり日本にそれを拒否する能力はないと判断しているので、北方領土問題解決しない

2021-04-14

安易インパールとか竹槍とか言うなよ

コロナが始まってもう一年が経とうとしている。

このコロナの初期からなんとなくイヤーや予感がしてた、

なんてことはなく私は感の鈍い一般庶民

すぐに終わると思ってた。

まさかこんなにコロナが長々居座るとは思ってなかったからいまはその頃なの図太さにただただびっくりしてる。

さて、今日はこのコロナが始まる少し前から私がすごく嫌いだったことがあって、最近いよいよそれが無視できない域に達してきたので書きたくて、愚痴を吐き散らかしたくて筆を取った。

オリンピックのゴタゴタの時、

オリンピックを「東京インパール」と言った人たちがいた。

そして、今このコロナ渦の中で、

素手変異株と戦うことを「竹槍」と揶揄する人がいる。

欲しがりません、勝つまでは。

なんて標語を口走る人もいて。

まあそんな標語がちょっぴり当てはまってる洒落にならない世の中だから仕方ないのかもしれないけど、

それでも私はこの傾向に全力でNOを叫びたい。

だって、今は戦争じゃない。

戦争ではないのだ。

ウィルスとの戦争だ」と言う人がいるかもしれない。

でもそれは単に言葉遊びに過ぎない。

この世の中に様々な「戦争」の定義があるとしても、インパールが起きた戦争

竹槍で米軍との本土決戦覚悟した戦争と今のコロナ絶対に違う。

そもそも、某都知事素手で戦うと言う認識自体間違ってる。

すでにゲームチェンジャーワクチンが控えている間の時間稼ぎや素手で戦うとは言わない。

最新兵器を持ってるわけなんだから

不謹慎

という言葉が大嫌いな私でも、

なんで「竹槍」だの「インパール」だのこのコロナ騒動太平洋戦争と重ね合わせることに嫌悪感を持つのかと言うと、やはり1人の人間としてそれを「不謹慎」と思うからだ。

このコロナ太平洋戦争時を重ね合わせてる人の中に絶対太平洋戦争経験した人はいない筈だ。

その上で、現政権政策のあり方を批判するがために、軽率太平洋戦争時の事件用語を使って無理やり今を太平洋戦争時に当て込んでしまうのはどう考えても不謹慎以外の何者でもないし、

死んで行った人や、

その時代を生きてきた人たちに失礼だと思うし、

何より今を戦っている日本人に失礼だろう。

素手変異株と戦うこと

無謀にオリンピックをやること

こう言うことを批判したいのであれば、

太平洋戦争時のスローガン用語事件名を当てはめて人に不快な印象を与えるのではなく、

理路整然と純粋反論意見として述べるべきだ。

その方がこちらの主張もわかりやすいし多くの人の理解を得られるだろう。

が、なぜそうしないのかといえば、

別にこう言う言葉を使って批判非難を繰り返す人たちはたぶんそれ自体目的化していて、

間内で一緒になって何かを叩くという「怒り」が楽しくて仕方がないのだろう。

そしてそれを自覚もできていない。

から、そんな娯楽の「怒り」の中で繰り返される言葉遊びにそんな簡単インパールだの竹槍だの戦時中言葉を入れ込むのは「不謹慎だ」と言いたいし、

あの歴史簡単あなたたちの言葉遊びおもちゃに使っていいほど日本人にとって軽々しいものではないと、たまたま日本人に生まれてきた私は思うのだ。

2021-04-13

anond:20210413160412

でも御巣鷹山JALが墜落した時日本米軍の協力を断りましたよね

2021-04-05

武漢ウィルスどころか

もうブラジルウィルスなんだかイギリスウィルスなんだかフランスウィルスなんだか分かんなくなってきた

これが意図的ですべて計画されたこなのだとしたら、中国というか、

ゲンドウくんの本当の狙いはこれかぁん?

なら本当に凄いと思う

運も実力なら中国いであ

そもそも武漢の前にイタリアウィルスだったのではみたいな話まであるのだからもうワケワカメである

北朝鮮衛星打ち上げようとして惜しいとこで失敗したとき

日本宇宙開発クラスタは盛り上がり、政府マスコミは謎の飛翔体ミサイル)呼ばわりを続けていて、

敵国ながら惜しいみたいな話でネットは盛り上がり、

結論からすると軍事衛星だったりはするんだろうけど、日本被弾させたいなんてスケールの小さいことではなく、

ちゃん自国衛星打ち上げ自国GPSを持ちたいとか、衛星写真を取れるようになりたいということなのだろう

もちろん、北朝鮮は偽ドル札や覚醒剤製造最近ハッキング暗号通貨で原資を稼いでるのも事実である

しかし、金がない物がない優れた技術者を買ってきても実現方法が限られるであろう環境でよくぞここまでやり遂げた、

将軍様俺の妹がこんなに韓国との友好施設を爆破するんや…、は誉めてくださらないどころか、

達成できなかったというだけで技術者粛清されてるかもしれないが、敵ながら天晴である

沖縄近海航行していた遼寧も、ググる遼寧なんかで太平洋戦争できるはずがない、みたいな記事が引っ掛かるが、

そんなこと中国自信も最初からちゃん理解しているわけで、

遼寧の次は完成しており、次の次、次の次の次、次の次の次の次、も鋭意開発中のようである

巨大な原子力空母という話もあるが、まだまだ謎が多い

沖縄近海航行して太平洋に出るというのは威嚇の意味もあるだろうが、

とにかく船なり兵器というもの平時では運用する経済的意味はほぼゼロであるため、知見が集まりにくい

そもそも知見は形には残らない記帳な財産であり、自衛隊では教訓と呼んだりするような話だったと思う

経済的意味合いは平時ゼロだが有事は120にもなりうるわけであり、

自衛隊だって平時から訓練を詰んでいるからこそ、戦争でなくっても人命救助やレンジャー被災地炊き出しであれ、

即時対応できるようになるのである

これから台湾を同一化しようと軍事的行動に出るのは避けられないだろうし、

それを米軍側が阻止しても逆ギレするのも予想できるしそれも避けられないだろうわけであり、

しかしながら、中国コロナ撒きやがって経済メタメタになったムカつく、みたいな反感が世界中で醸成されており、

本当に中国が主張するように言いがかりだったとしても、これはまたとないチャンスである

日本もその際には白人任せにせず、嬉々として参加するぐらいの心持ちであってほしい

2021-04-03

2021年アニメお気持ち長文

ゆるキャン△2が終わったと思ったらゆるキャン△2が始まりアニメも始まっていた。時の流れって早い。

世界ピクニック

米軍救出、というか姦姦蛇螺とのバトルをクライマックスにしつつ、人の心が無い女が人間の心を理解できた!成長!ハッピーエンド!がやりたい。でも原作ではその後に当たる水着回やりたい。発狂した空手モンスター出したい。オリジナル回やりたい。

そう考えるとこうなるわ。最後まで見て1本のテレビシリーズとして考えると納得。これはメディアの違いを理解せよの亜種問題かな。

原作脚本回は湿度と粘度が非常に高く、見ながら原作者の筆だと分かった(アニオリだから、というのも材料として無くはないが)。宮澤伊織短編上手いなぁ。いや『Tは寺生まれのT』もちゃん面白かったし、構成もしっかりしてたけど。あれはエピソード積んでキャラ揃えて設定説明済ませてから長編から上手くいったのか、それとも純粋に作者が上手くなったのか。後者であってほしいなぁ。

半妖の夜叉

二世ものとして、親世代のその後と子供達の活躍を期待していたら、夜叉姫は親のこと一切知らないし、親も出てこない。なら新世代の話を楽しもうかと思ったら、敵方は親の親の代から因縁で絡んでくる。話をどっちに振りたいんだよテメー!!!

特に是露の話は夜叉姫達と全く関係ないよね。ババアの横恋慕に孫が絡む要素がどこにある?だから最終回の前半ずっと高見の見物させとくしかなかったんだろ?

虹色真珠も理玖とわカップリングしてぇ〜って萌え燃料以外の意味あった?お排泄物ガジェット。まあ実際に是露の排泄物だったわけだが。

夜叉姫三人のキャラだけは文句無しによかった。前作キャラのその後を期待する作品じゃないと分かったら、新キャラかわいいが唯一の見所になるじゃん?そこでちゃんと三人をかわいく作ってんだからプロだよな。プロとは?

装甲娘戦機

リコ以外の装甲娘もみんな部外者なんだと、御殿場の後でようやく意識できた。

序盤は設定がやたら深刻な割にキャラ雰囲気が真面目になりきらない事に不信感抱いた。でもみんな他所世界から落ちてきただけで、当事者じゃない。ミメシス自分世界来たらマズいよなって意識はあるし、今ここで死にたくないから、遊び半分ではやってないというだけなんだよな。

……っていうのを分からせる前に装甲息子回なんかやるんじゃないよ!

折り返し前でようやく見えてくる要素じゃないでしょこれ。ただのザンネン5なことを最初から魅せといてくれ!

でもそういうことさえ分かってしまえば、ものすごく面白くなった。

続編が望めない(ゲーム連携とれてないし、主要スタッフはわしかわいいが決まってるし)のだけが残念。まあせっかく帰れたリコを戦場に戻すこともないし、別にいか……。

呪術廻戦

わざわざ順平の死や交流戦と比べて盛り上がりに欠ける半人半呪霊兄弟エピソード最後に持ってきたのって、次映画やるからだろ?『鬼滅』がリハビリで地味ーに終わったのと同じで。

それなのに次は別主人公で前日譚映画って。「そんなに盛り上がらない最終回」という前振りに対応するサゲは「盛り上がる続きは劇場映画で!」だろ!?

原作買え?俺は虎杖と伏黒と釘崎のネクストアニメで見てえの!

本編は面白いんだけど大ネタばかりすぎて、本編とじゅじゅさんぽの中間的な、訓練や任務のある呪術高専日常エピソードが足りてねえ。原作もしくは設定上そういう日々はあったんだろうけど、アニメでは直接描写されてない。だから虎杖死亡(嘘)時期の一年生の反応がちょっと重過ぎるし、この世界に特級未満の呪霊存在しないの?ってなる。

ただやったらやったで、今度は中弛みとか捨て回とか言われちゃう予感はする。じゅじゅさんぽがいい塩梅だったのかね。

WIXOSS DIVA (A) LIVE

エクセルボコボコにされたヒラナが這って逃げたり土下座する回は、自分自身がルリグなことを活かしてた。その次の回でダイナやマキナセンターになってたのも良い。一生脇に立って指示通りグロウするだけの人らじゃなかった。そういうなんで◯◯なの?なんで××しないの?を全部やっていったかデウスエクスマキナ好き。歌もシンセタムが強い。

他のクラスCディーヴァ達も割と真っ当にライバルしてて見せ場もある感じ。そのせいで見た目以外から強烈な個性を感じられない面もある。サンガすら浄化されちゃうきれいなウィクロス

にしてもアキノちゃんあのアバターウィクロスランドうろつけるしディーヴァバトルできるしグロウもできるのに、ディーヴァタイムだけはやりたくないの全く意味からなかった。あのアバター衣装でその言い分は無理でしょ。

IDOLY PRIDE

せっかくかわいいキャラと曲と良ダンス作画を揃えたのに、悪霊が全てを台無しにした。

終盤は悪霊無関係キャラ空気化した。琴乃さくら芽衣以外ろくにセリフねえ。人数のせいじゃなく、話を悪霊に寄せたせいで割食っただけ。ライバルだって麻奈越えの話ばかり。さくら心臓のくだりも、妹と霊感が月ストに偏っちゃったから、サニピにも悪霊との繋がり持たせとこう程度の理由しか感じない。

新人の今これからの話よりも、死んだ麻奈の話の方が魅力的なのがおかしい。

自分らで第1話で作ったハードルだろ。11話もかけたんだから越えろよ。

いや違うな。悪霊として復活したせいで長瀬麻奈というハードル11話かけて高くなったんだから、越えられるわけがなかった。ただでさえ死んで高くしたハードルをより高くするとか、どういう了見だ。

しかもいつか飛び越えること前提のハードルなのかと思ったら、成仏シーンで麻奈と牧野くんの話を絶対越えられない壁にしていきやがった。月ストでもサニピでも他社所属でもいいけど、今後あれを越える面白い話作れんの?

悪霊悪霊すぎる。

『IDOLY PRIDE』とは死してなお続く麻奈様最強伝説だった。

死人が全アイドル中一番かわいくて歌が上手い最高のアイドルだし、ストーリー面白いってなんなのマジで

そんなに麻奈の話したいんだったら、最初からかわいいかわいい常勝無敗のスーパーアイドル長瀬麻奈ちゃんが生きてトップ上り詰める話をやってくれ。素直に麻奈ちゃんかわいい!させろ。

ログ・ホライズン-円卓崩壊-

人の米櫃に手突っ込んできた反目を破門して、盃を理由に侵攻してきた他所の組ごと縄張内から蹴りだすだけの話。それをスマートに見せてくるのは流石ログホラ。貴い血筋かわいい大地人のレイネシアを大義名分にしたのは本当に上手かった。

アキバではアインスの名誉回復されてないっぽいのもそう。当のアインスは餞別付きでアキバから去ったし、残った元ホネスティも有望な人材は事前に引き抜き済みだし、一般人からヘイトはいない人と潰れた組織しか向かず新旧円卓は無事。無視できる禍根しか残ってない。

……この辺の話って、今後人為的に主要ギルド間に格差作って円卓崩壊アキバ弱体化が可能視聴者(読者)に示したかったのかな。考えすぎ?

その後はエピソードに沿ってこの世界システム解明してて、安定した面白さ。

今期はリアルタイムで見られなかったんだが、そういえばdボタン押すとMMORPG用語解説してくれるやつは今期もあったんだろうか。

2021-04-02

anond:20210401170035

民主党政権をとったときに、資金繰り限界や、沖縄米軍重要性や、消費税を上げざるを得ない事情エネルギー問題感染症対策の難しさが身に染みてわかったはず。

野党に戻ったときも、そういう与党が引き受けている正論では答えが出せない調整要素を加味した現実的提案をする方向へ軌道修正すればよかった。

しかし現状はそれを学習しなかったかのようにまた正論だけで与党批判している。

2021-04-01

anond:20210401231048

戦後日本はある種の言論統制化にあって、反米感情を煽ってはいけない

ことになってた。

広島長崎原爆も、「原爆を落とした米軍」の批判はなし。過ちは繰り返しませんから

誰の「過ち」なのか?

東京大空襲はそれ以下。

政府の追悼式もない。10万人も死んでるのに。資料広島長崎に比べると少ない。

意図的に忘れ去られるようにコントロールされてきたのさ。日本人が反米に傾かないように。

雑誌映画秘宝』の記憶(36)

町山智浩柳下毅一郎問題発言集】(No.12)

 同性愛者に対する社会偏見差別を強める発言です。

 出典は『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判2』(2004年洋泉社)、発言者を「町山」及び「柳下」と表記記述形式

   [ページ数]

   発言者:発言内容

   【※】付随情報や私個人の感想など(適宜)

   (初出)

です。

引用ここから

[p117]

【※】金正日(※FBBの対談収録当時)の北朝鮮についての話から

 柳下:でもアメリカ北朝鮮に興味ないかも。石油ないし。

 町山:資源喜び組だけだから(笑)。あ、でも金正日彼女たちを楯にすればいいんだね。

 柳下美女の楯ですか(笑)。それって撃ちにくいかも。もったいなくて。

 町山:アメリカ軍はちょうど軍隊内で問題になっているゲイ兵士を集めて、ホモホモ部隊を作ればいい。

 柳下美女全裸で出てきても何も感じなくてバンバン撃っちゃう(笑)

 町山:で、最後金正日を捕まえて、チビデブフケ専兵士たちがウホウホ言いながら輪姦。CNNぶっかけ百連発食らって廃人と化す金ちゃんの顔を全世界生中継

 柳下:それ、銃殺よりキツそう(笑)

【※】「問題になっている」と云う表現は、米軍当局者の中にそう考えている人間がいるだけでなく、町山智浩自身もそれに同調して「同性愛者の存在が『問題である」と考えていることを示唆しています

【※】テレビバラエティ番組も同じようなことをしていますが、こういう「同性愛者の存在や行動」を「ストレート人間に対する『嫌がらせ』や『罰ゲーム』の手段に利用しよう」と云う発想や発言は、同性愛者に対する社会偏見差別助長する明らかな悪行だと私は思います

(初出『映画秘宝』03年vol.42)

感想

 町山智浩らの同性愛者に対する差別的な言動は、決して『済んだ過去の話』ではなく『現在も続いている話』です。

この投稿は以上です。

2021-03-31

anond:20210331084656

台湾だけだと米軍攻撃されやすいけど、沖縄取ったら米軍基地の跡地使い放題やん?

2021-03-28

anond:20210328192637

米軍シミュレーションを繰り返した上で侵攻のXデーは切迫しているという認識みたいだから日本としてもどうすべきかは喫緊課題じゃない?可能性が低くて無視して構わないレベルの話じゃないでしょ。

次の戦争での負けるときシナリオがわからない

中国でもロシアでもいいが、現代戦争での負け方がわからない。

自衛隊時間を稼ぎ米軍到着まで時間を稼ぐ、というあたりまでしか多くの場合説明されない。

イラクなどの前例を見ると、首都東京まで歩兵が入ってきて、そこら中に武装歩兵が立つのだろうな、くらいは想像できる。

国会が開かれないくらいも予想はできる。

それでも電車に乗って出勤するのだろうか。

それとも東京から出ていくために道路渋滞するのだろうか。

「東アジア反日武装戦線」の初心と過ち

韓国発の映画『狼をさがして』は何を描いているか

太田昌国 評論家編集者

 韓国発のドキュメンタリー映画『狼をさがして』が間もなく日本で公開される。金美禮(キム・ミレ)監督2020年作品で、原題は『東アジア反日武装戦線』という。映画が描くのは、1974年から75年にかけての出来事――「東アジア反日武装戦線」(以後、「反日」と略す)を名乗る人びとが「連続企業爆破」を行ったこと――とその背景である

歴史像と世界像が一新されてゆく時代のただ中で

 描かれる時代は、アジア太平洋戦争日本帝国敗戦してから30年近く経った時期に当たる。活動を担ったのは、敗戦から3~5年経った頃に生を享けた、当時は20代半ばの若者たちだった。いわゆる「団塊の世代」に属する。その彼ら/かの女らは、敗戦以前に日本がなした植民地支配および侵略戦争責任を問うた。同時に、戦後過程はすでに30年近い長さに及んでいるにもかかわらず、日本がその過去清算することもないままに、改めて他民族に対する加害国と化している現実に警告を発した。手段として使ったのは爆弾だった。

 その標的はまず、戦前絶対無謬の存在として日本帝国を率い、戦後は「平和」の象徴となった昭和天皇に向けられた。だが、「お召列車」の爆破計画が実現できなくなった後は、戦前戦後を貫いて繁栄する大企業に的を絞った。

 戦後日本象徴する言葉は、長いこと、「平和民主主義」だった。それは新憲法を貫く精神でもあると多くの人びとが考えていた。

 天皇戦争責任が問われることも裁かれることもなく始まった戦後は、「一億総無責任体制」となった。この体制の下では、日清戦争以降、断続的にではあっても半世紀もの間(1894年1945年アジア太平洋地域戦争を続けた近代日本実像を覆い隠し、この戦争全体像を、最後わずか3年半の「日米戦争」に凝縮して象徴させることが可能だった。広島長崎の「悲劇」を前面に押し出し米軍占領下の沖縄辺境ゆえに無視して、日本全体があたか戦争の「被害国」であるかのようにふるまった。「反戦平和勢力」の大勢も、そのことに疑いを持たなかった。

 1960年安保闘争の時にも、1965年日韓条約反対闘争の時にも、戦前日本帝国がなした対外政策と関連づけて現在分析する言動ほとんど見当たらなかった。すなわち、日本社会総体として、近代日本が持つ「植民地帝国」としての過去をすっぽり忘れ果てていたと言える。

 1960年代後半、この社会思想状況はゆっくりとではあっても変化し始める。日本は、高度経済成長過程で目に見える形での貧困は消え失せ、急速に豊かになった。この経済成長最初の基盤となったのは、1950~53年の朝鮮戦争による「特需景気」だとする捉え方が常識となりつつあった。

 時代はあたか米国ベトナム侵略戦争の渦中で、沖縄を軸に多数の米軍基地があり、インドシナ半島輸送される米軍物資調達地でもある日本は、再度の「特需景気」に沸いていた。近くに住むアジア民衆が苦しんでいる戦争によって自分たちの国が総体として豊かになっていく――この際立った対照性が、とりわけ若い人びとの胸に突き刺さるようになった。

 加えて、米国でのベトナム反戦運動は、黒人先住民族インディアン)の権利回復の動きと連動していた。植民地主義支配人類史に残した禍根――それが世界じゅうで噴出する民族問題の原因だとする意識が、高まっていった。

 「東アジア反日武装戦線」に所属した若い人びとは、それまでの歴史像と世界像が一新されゆくこのような時代のただ中にいた。彼ら/かの女らは、日本近代史と現在が孕む問題群に、「民族植民地問題」の観点から気づいたという意味では先駆的な人びとだった。

「重大な過ち」の根拠を探り続けた歩み

 「反日」はこうして獲得した新たな認識を、すぐ実践に移そうとした。当時刊行された「反日」の冊子『腹腹時計から鮮明に読み取れるのは、次の立場だ。「そこにある悪を撃て! 悪に加担している自らの加害性を撃て! やるかやらないか、それだけが問題だ」。政治性も展望も欠いた、自他に対する倫理的な突き付けが、行動の指針だった。「反日」が行った、1974年8月30日東京丸の内三菱重工ビル爆破は、8名の死者と385名の重軽傷者を生み出す惨事となった。

 「反日」にはひとを殺傷する意図はなかった。事前に電話をかけて、直ちに現場を離れるよう警告した。だがそれは間に合わなかった。しかも、なぜか「反日」は三菱爆破の結果を正当化し、死者は「無関係一般市民」ではなく「植民地人民の血で肥え太る植民者だ」と断言した声明文を公表した。映画の前半部で、この声明文がナレーション流れる

 多くの人びとはそこで「引く」だろう。半世紀前の当時もそうだった。それゆえに、彼ら/かの女らは、日本では「テロリスト」や「血も涙もない爆弾魔」の一言で片づけられてきた。

 その責任の一端が、「反日」そのもの言動にあったことは否定し得ないだろう。だが、実はそこにどのような内面の思いが秘められていたのかということは、路傍の小石のように無視されてきた。そんな渦中にあって、獄中の彼ら/彼女らは初心を語ると同時に、自らが犯してしまった重大な過ちの根拠を探り続けた。獄外には、その試行錯誤を〈批判的に〉支え続ける多様な人びとの存在があった。映画『狼をさがして』は、これらの獄中・獄外の人びとの歩みを74分間の時間幅の中に刻みつけている。

過去を振り返ることをしない社会は、前へ進むことができない

 画面には登場しない「主人公」のひとりは、「反日」狼部隊大道将司である。彼は2017年5月、長らく患っていた多発性骨髄腫で獄死したが、死刑が確定してのち、彼はふとした契機で俳句に親しむようになった。生前4冊の句集にまとめられたその作品は、人間関係自然とのふれあいも極端に狭められた3畳間ほどの独房にあっても、人間はどれほどの想像力をもって、ひとが生きる広大な世界を、時間的にも空間的にも謳うことができるものかを証していて、胸を打つ。それは、ひとを殺めたという「加害の記憶悔悟」を謳う句において、とりわけ際立つ。

 映画でも紹介される「危めたる吾が背に掛かる痛みかな」もそうだが、他にも「死者たちに如何にして詫ぶ赤とんぼ」「春雷に死者たちの声重なれり」「死は罪の償ひなるや金亀子」「ゆく秋の死者に請はれぬ許しかな」「いなびかりせんなき悔いのまた溢る」「加害せる吾花冷えなかにあり」「秋風の立ち悔恨の溢れけり」などの秀句がある。

 「反日」のメンバーの初心と、結果としての重大な過ちを冷静に振り返るこの映画制作したのは、韓国映画監督キム・ミレとその協力者たちである。ふとした機会に「反日」の思想と行動を知ったキム・ミレ監督がこの映画制作したのは、「人間に対する愛情、その人間を信じること」からだったという(「『狼をさがして』――金美禮監督に訊く」、東アジア反日武装戦線に対する死刑・重刑攻撃とたたか支援連絡会議=編『支援ニュース』420号、2021年3月6日)。社会正義のために、加害国=日本搾取され殺された東アジア民衆の恨みと怒りを胸に行動した結果、数多くの人びとを死傷させてしまった、つまり自らが加害者になったという事実に向き合ってきた「反日メンバーに対する思いを、かの女はそう語る。

 だが、その裏面には、次の思いもある。彼らは「長い期間にわたって、自らのために犠牲になった人々の死に向き合って生きねばなりませんでした。苦痛だったかもしれませんが、幸いにも『加害事実』に向き合う時間を持つことができたのです。8名の死と負傷者たち。それがこの作品制作過程の間じゅう私の背にのしかかってきました。しかし、彼らと出会うことができて本当に良かったと思います。この作品は、私に多くのことを質問するようにしてくれたからです。どう生きれば良いのか、今も考えています。」(キム・ミレ「プロダクション・ノ-ト」、『狼をさがして』劇場パンフレット所収)。

 74~75年当時の「東アジア反日武装戦線」のメンバーからすれば、韓国の人びととの共同作業は「見果てぬ夢」だった。日本自分たち戦後の「平和民主主義」を謳歌している彼方で、韓国および北の共和国の人びとは、日本植民地支配を一因とする南北分断と内戦、その後の独裁政権の下で呻吟していたからだ。

 そんな時代が40年近く続いた後で、少なくとも韓国では大きな体制変革が起こった。表現言論の自由を獲得した韓国新世代のなかから、こんな映画をつくる人びとが現われた。キム・ミレ監督は、この映画日韓関係の構図の中で見られたり語られたりすることを望まないと語る。過去を振り返ることをしない社会は、前へ進むことができない。日本韓国も、どの国でも同じことだ、と(前出『支援ニュース』および2021年3月18日付「東京新聞」)。

脈打つフェミニズム視線

 最後に、もうひとつ、肝心なことに触れたい。この映画を際立たせているのは、女性存在だと思われる。

 刑期を終えたふたりの女性が、生き生きとしたその素顔を見せながら、獄の外から窓辺に寄ってきた猫との交友を楽し気に回想したり、かつて自分たち闘争に大きく欠けていたものを率直に語ったりする。前者の年老いて元気な母親は、娘が獄に囚われてから、娘と自分たちを気遣う若い友だちがたくさんできたと笑顔で語る。二人は自宅の庭を眺めながら、「アリラン」を歌ったりもする。

 キム・ミレ監督らが撮影する現場に付き添う姿が随所に見える女性も、長年「反日」の救援活動を担ってきた。撮影すべき風景、会うべきひとについて、的確な助言がなされただろう。

 死刑囚の獄中書簡集を読んで、あん事件引き起こしたひとが自分と変わらぬ、どこにでもいるふつう青年だと知って、縁組をして義妹となったひとの語り口もごく自然だ。女たちの運動を経てきたと語るかの女の言葉を聞いていると、獄中の死刑である義兄とは、媚びへつらいのない、上下関係でもない、水平的なものだったろうと想像できる。

 そして、もちろん、韓国人のキム・ミレ監督女性だ。弱い立場にある労働者現実を描いてきたかの女は、男性の姿ばかりが目立ち、男性優位の価値観が貫いている韓国労働運動の在り方に疑問を持ち、スーパーで働く非正規女性労働者が大量解雇に抗議してストライキでたたかう姿を『外泊』(2009年)で描いた。日本でも自主上映されたこ作品に脈打っていたフェミニズム視線が、『狼をさがして』でも息づいていることを、観る私たちは感じ取るだろう。

2021-03-27

モンスターハンター観た

吹替です

いやあ、うん、モンスターCGは凄かった

ネルスキュラキモかったし

米軍モンハン遊んでればモンスター名前とか弱点とかわかったのに

爆破ビンが強かったね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん