「パラドックス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: パラドックスとは

2021-05-14

anond:20210513194844

Amazonパラドックス

単品とn個セットが選べるようになっていて、後者の方が単品をn個買うよりも高い。

頻繁に見るけどなんでこういう事が起こるんだ?どういうシステムになってんだ。

2021-05-13

クーポンパラドックス

洗剤が200円引きになるクーポンを貰った。

せっかくなので使いたいが、普通ボトルと詰め替え用の2種類がある。

どちらを買っても200円引きになる。

細かくは覚えてないので大体の値段だが、ボトルは200g入りで300円、詰め替え用は300g入りで400円。

それぞれ100gあたり150円、133円で詰め替え用の方が安い。

クーポン使用した場合ボトルは200g入りで100円、詰め替えは300g入りで200円になる。

なのでそれぞれ100gあたり50円、66円になり前者の方が安い。

ということはボトル入りの方を買ったほうが得なのだろうか?

しかクーポンがあるからといって詰め替え用の方が損ってことはあるのか…?

からないし頭がこんがらがったので寝る。

2021-05-12

anond:20210512115136

民主化兆しすらない独裁国家」って指摘してるなら「民主主義独裁より無条件に素晴らしい」って主張をしてるのと一緒じゃん

ヤン・ウェンリーが頭を悩ませたパラドックスだな

2021-05-11

若い女自殺が増えてるなら国が独身中年男性強制結婚させて養わせればいいのに

人権が人を不幸にするパラドックスとして後世に語り継ごう

2021-05-07

猫の言う「わたしは嘘つきである」はパラドックスか?



答え

パラドックスではない

何故なら、猫は喋らないか

2021-04-30

anond:20210429181839

社会運動までにするには、議論交渉に強く、同じ属性の人たちを結束して率いるカリスマ性のあるリーダー必要だけど

そんな能力を持っていたらそもそも弱者男性にならない、というパラドックスがある。

女性でも黒人でも被差別地域出身者でも、議論に強くカリスマのある人は生まれ可能性があるが

弱者男性からはそういう人は決して生まれない。

2021-04-08

https://anond.hatelabo.jp/20210408073432

連続性の虚偽

術語の曖昧性により常識的認識とのズレが生じる誤謬。「砂山のパラドックス」、「テセウスの船」とも。「砂山から砂粒を一つ取り出しても、砂山のままであるさらにもう一粒取り出しても砂山である。したがって砂山からいくら砂粒を取り出しても砂山は砂山である」。

そういう嫌なことやってきたやつと、叩かれてる弱者男性は多分別

切断処理したくても、叩かれてる弱者男性としては嫌なことやってきたやつがどいつか顔もわからんのじゃないか

2021-04-07

希死念慮って要するに脳内パラドックスなの?

希死念慮死にたい死にたい死にたい

生命本能的なやつ→死んではいけない死んではいけない

希死念慮って脳内でこれらがバトルするからしんどいってことなのかね。死ぬのもいいじゃん?くらいの人だったらそんな希死念慮で悩んだりせんだろうし

2021-04-04

anond:20210404115346

女をあてがえ論が批判されているのがよくわからんのだけども、

実際問題、女があてがわれた結果生まれてきたのが現代人の現役世代なわけじゃないですか、高度経済成長期の皆婚時代事実

から自分の親やその親の人生否定することになるわけだけど、その否定されてる側ってなんか原罪意識を持ったりするんだろうか、そういうの見たことないけど。

最新の社会規範で、過去の行いを断罪する。

でもその結果、自分が生まれたこ自体否定されることになるんだけど・・・親殺しのパラドックスみたいに。

2021-04-03

anond:20210403114733

別にパラドックスでもないでしょ。

娯楽コンテンツを退屈だとか地味だとか言うことが大きくなれば、そりゃ廃れるのが当たり前。

色々なアンチを見ていて気付いたのなら遅いとしか言えないし、筋の通った批判云々は無関係では?

色んなコンテンツアンチを見てきて気づいたんだが、筋の通った叩かれより、筋の通らない叩かれの方が危険信号

好きになったコンテンツはそのファンにも興味がわくので、当然ファンのみならずアンチたちの言ってることも見る。

5chのアンチスレもだし、Twitternote増田、その他いろいろなネット上の色んな場所でのアンチファン発言を追って楽しんでいる。

それで気づいた傾向なのだが、

・法や倫理面で叩かれ、不誠実だ・許せん・軽蔑する・有害だなどと大義名分のある文句を言われている場合は、むしろコンテンツ全体の勢いには大して問題がない

・退屈、まんねり、しょぼい、地味、ぱっとしない、などと大義名分のない気だるい叩きがされている方が、そのコンテンツが勢いを失う兆しとして危険

ということが言えそうである

悪名無名に勝ると言うが、その悪名の中にも言われてる方が将来有望な叩かれ方と、これを言われだしたらヤバいという叩かれ方があるわけだ。

そして、一見ダメージの大きそうな、理屈の通った叩かれ方のほうが将来有望吉兆であるのが興味深いところだ。

いや、不正義こそが大成するのだからやるせないところだと言うべきかな?


コミュニティ雰囲気を思い出せるのはせいぜい5年くらいなので、それ以前はどうだったか言及を避けるが、とりあえずこの5年は色んな分野でこの流れが多かった。

言っちゃあなんだが、法的・倫理瑕疵というのは、マジで訴訟開始されなければどうってことないのだ。

法的に明らかにダメで「訴えられたら負けるな、訴えられちまえ」と言われてても、本当に訴訟されなければ全然セーフだ。

エグくてお行儀の悪い成長戦略をとっている方が、悪評以上の速度でファンが増えるのでお得! これは娯楽分野における法則のようだ。

客層が悪くなる? それもむしろアドね。

ちょっとガラと頭の悪い客層の方が、依存してくれたり、後先考えず金を払ってくれたりするんだもん。

上等な商品ハイソな客に高値で売りつけるなんてのはごく限られたジャンルでのみ可能なことだ。

一般娯楽でちょっと客層が良くリテラシーがあるってのは、感情任せのお布施も少なけりゃ広告も踏んでくれない、必要な時にしか金を払ってくれないくせに質への要求のうるさい、面倒な客を抱えてるというマイナス要素である

「信頼が毀損されて長い目で見れば損」なんて言いたくなるかもしれんが、えげつないやり方で一通り稼いだあとで、多少の品質向上に金を回すようになれば、消費者企業も勃興段階の悪印象なんか水に流してニッコリ握手よ。

これはここ五年と言わずソシャゲの隆盛や、調子よかった時のニコニコ著作権違反が溢れるコミケ企業が堂々とブース参加してることなどを見れば分かることである

かつての日本や今の中国の成長もそうだ。


お行儀が悪くても勢いのあるコンテンツ運営をした方がファンが増える。特に今後の社会を担う若い層を取り込みやすいのが大きい。

勢いがあるのでファン以外の目にも入るようになり、倫理や行儀の悪さについて正論ボコボコに叩かれまくるが、クリエイター精神ダメージ以外は別に問題がない。

ファンアンチ過熱する、それこそが圧倒的成長中コンテンツである

まりアンチの叩きに一理ある時ほど、それは無視してよいというわけだ。

だが、叩かれ方が、なんか退屈、なんかまんねり、しょっぱい、みたいに漠然としたつまらなさの指摘が増えてるとマズい。

この手の叩きには「その文句のつけ方、ただのお前の主観じゃん」と反論することが簡単だ。

しかしこのような、大義名分のないアンチの身勝手な叩き、あるいはぼやきこそが、暗い未来を予感させる。

灼熱の嵐ではなく、わびしい隙間風によってコンテンツは衰えていく。

アンチ愉快犯炎上を真に受けるのは賢くない。だが、(特にはてなーのような)良識派がやりたがる「アンチが言ってることはいっつも的外れ」と簡単すぎる理解をするのも賢くない。

娯楽コンテンツにおいては、アンチ発言に筋が通っている時ほどその叩きは気にしなくてよく、ぼんやりした退屈さや地味さをじめじめと主観的に叩かれてる時ほど危機を感じなければならない。このパラドックスを俺は提唱したい。

2021-03-26

anond:20210326220843

本気で叶える夢のために努力したい、というその夢が「可能な限り努力をせず、苦しまずに過ごしたい」という、このパラドックス

はてなー批判するブクマに星が集まって自己矛盾する現象名前がほ

https://b.hatena.ne.jp/entry?url=https%3A%2F%2Fthis.kiji.is%2F747645058697789440&utm_campaign=hatena_portal_top&utm_source=www.hatena.ne.jp&utm_medium=referral&utm_content=users

慶應性犯罪と結びつけて揶揄するのはてな的にはオッケーなんだ?まじで一貫性ないよなお前ら。韓国人性犯罪者の宝庫と書くアホとお前は何が違う?

こういう感じのブクマ最近結構星を集めて上位ブクマはいって目立ってるのをよく見かける。それは別にいいんだけど。

あと、はてなーを批判する雑さは今は置いておく。

こういうブクマトップブコメに入ってくることである種のパラドックス自然発生していてそれが面白い

上の例で説明すると、

慶應性犯罪と結びつけて揶揄するのはてな的にはオッケーなんだ?」

という問いに対してブクマした人はたぶん答えが返ってくることは期待していないんだけど、沢山の人がスターをつけることで、はてな不特定多数がこのブコメ賛同していることがわかる。

ちなみに今の時点でこれより上のトップブコメには慶応揶揄は見当たらない。

上位ブコメはてなの総意だとまでは言わないけど、はてなの多くの人は「慶應性犯罪と結びつけて揶揄するのはてな的にはオッケー」ではない、ということになってしまう。

なぜならばスターをつける人はこのブコメ賛同してスターをつけたばずであり、であるならば「慶應性犯罪と結びつけて揶揄するの」を批判的にとらえているかである

ということは、しか文字通りのブコメ意味はこのブコメトップブコメに食い込めば食い込むほど間違いになってしまう。なのでブコメスターをつける人はブコメ賛同しているはずなのにスターをつければつけるほどブコメの内容は間違いになっていくように見える。

2021-03-22

ガチャピンさんへのレス(に、かこつけた諸々の話)

https://anond.hatelabo.jp/20210318185716

最初に言っておくと、“擁護”という言葉、muchonovさんこそが批判されているというフェイズにおいてその様に用いられる“擁護”という言葉は、ただの批判回避しかありません。『「xx批判」に対する批判』を「xx擁護」という事にしておくと、あくま批判されてるのはxxだけという事に出来て、「xx批判」こそが批判されてる事実を誤魔化せる、そういう小手先テクニックです。これはその意図の有無に関わらず、です。



『彼が“表現の自由戦士”の事を笑っていたと思ったら、笑われても構わないとか言い始めた』 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが(AAry


自分は、著作物に対する著作者の諸権利には二次利用者の表現の自由優越する要素が確実にあると思う。だから著作権を持つコンテンツホルダーに対して二次利用者が配慮を示すこと自体は、何らおかしなことじゃない。「コンテンツに対する権利を持ってる人達ガチで怒ったらどうなるかわからいから、謙抑的にやりましょう」というのは二次利用者としてごく常識的判断だし、自分だって似た状況が発生したらフツーに相手の「お願い」に従うし、何ならゴロニャンする。日頃「表現の自由」について何か勇ましい物言いをしてたとして、その忖度や阿りとのギャップを誰かに笑われても構わない。「それとこれとは別です」でおしまい


いやいや、意味わかんないですよ、これ。

だって「発端」のブコメhttps://b.hatena.ne.jp/entry/4699940658477561058/comment/muchonov)は

好意多寡」云々と強弁してるけど、勇壮表現の自由戦士たちが権利者の意向には簡単にゴロニャンするという構図は変わらない。自分たちからオモチャを取り上げる権利を持つ相手に屈服してるだけ


ですよね。

それに対してこちらが、それは“事実上の『私は「表現の自由」について全く理解していません』宣言”だよねと指摘して、そこにmuchonovさんから返ってきたブコメhttps://b.hatena.ne.jp/entry/4699974732078626146/comment/muchonov)が

そうかなあ? 自分著作物に対する著作者の諸権利二次利用者の表現の自由優越すると考える一方で、元増田は「グロく描こうが殺そうが馬刺しにして食おうがなんでもあり」だと言ってるんですけど。


この時点で、もうだいぶ「????」なんですが、これについてこちらが『“著作物に対する著作者の諸権利二次利用者の表現の自由優越すると考える”様なmuchonovさんが“コンテンツホルダー意向には簡単にゴロニャン”とか言っちゃうの、さすがに意味不明すぎでは。』と指摘して、それに対する応答が上の増田なわけですよね?(こちらへの応答だけのつもりではないにせよ)

日頃「表現の自由」について何か勇ましい物言いをしてたとして、その忖度や阿りとのギャップを誰かに笑われても構わない。「それとこれとは別です」でおしまい


とか仰ってますけど、笑ったの、他ならぬmuchonovさん自身ですよね。その“笑われても構わない”って、それ「笑う側のmuchonovさん」からしたらつまりは「“表現の自由戦士”たちは、おとなしく我々に笑われてろ」の意味なわけですよね?うん、やばいですね☆



更に言っておくと、そのmuchonovさんの増田もやはり“私は「表現の自由」について全く理解していません』宣言”にしかなってないよね


著作物に対する著作者の諸権利には二次利用者の表現の自由優越する要素が確実にあると思う


って、muchonovさんの中では、「著作権」と「表現の自由」が、かめはめ波の撃ち合いか何かみたいになっていて、「著作権」の方が勝ってる…という様なイメージなのでしょうか?


いや、「表現の自由」ってそういう事じゃないですから…。



もう何度も述べてきている事ですが

表現の自由」で最も重要なのは価値観自由競争市場)』。『公権力から自由』はあくまでその手段の一つ(もちろん重要だが)。『表現の自由度』はその結果。


です。


これは、『絶対に「正しい」とされる、そんな「思想」は存在しない。だからこそ、「思想」の媒体たる「表現」は常に「自由競争」の下にあらねばならない。』事こそが、「表現の自由」の根幹である、という話です。

また、「市場」の中で自身の「効用」を最大化する事は、個々の主体が持つ権利であるべきだから、という考えに基づくものでもあります

ですから、もしこれを否定しようとするならば、『全人類が、それぞれの権利放棄してでもコミットすべき、絶対に「正しい」とされる「思想」が存在する』と主張し、証明しなければなりません。完全に狂気であり、全知全能の神の召喚でも試みた方が早いレベルだと思います


つまるところ、その根幹が「自由市場である以上、各々の「私的所有(財産)」を認める事は「表現の自由」に織り込み済みだと考えるべきです。「表現の自由」vs「著作権」、どちらの方が“優越する”か(アクセルブレーキ、どちらの方が強いか)みたいな話とは違います

ですから、“日頃「表現の自由」について何か勇ましい物言いをしてたとして”も、「私的所有」を認める事に“ギャップ”はありませんし、もちろん笑われる理由存在しません。



とはいえ、「権利」(今回の件で言えば著作権)、及びその行使について疑問を呈する事がおかしいわけではない


これはmuchonovさんに限った話ではないと思いますが、恐らく『「権利がある」というのは、「その“権利”を行使した時に不評を買わない権利がある」の意味ではない』という事を理解されていないか、もしくは失念されています

他の言い方をすれば、『「ルール」に従うか/逆らうか』と『「ルール」を肯定するか/否定するか』は、それぞれ別の事柄だという話でもあります

(一応言っておくと、個人的には例の“お願い”について、曖昧であり「忖度学級会」を誘発するものだとして、2018年6月時点で批判的にコメントしています。)


また、「私的所有」を認めるという事は、その是非(その「大きさ」の妥当性や、そもそもの有無等)を問わないという意味ではありません。それは「表現の自由」とは別個の問題として論じる事ですし、今回の流れで言えば、もう少し著作権に関する是非は、議論俎上に載ってもよいだろうと考えます個人的には著作権もっと「小さく」していくべきだと考えていますし、むしろ逆に「大きく」なる傾向のある現状については危惧しています)。

実際、話題になった「馬名のパブリシティ権」の話は、その辺りが問われた件だとも言えるかもしれません。もちろん逆に、「せやかて、やっぱ馬名については馬主が優先的ステークホルダーであるべきやろ」と主張するのも、それはそれで一つの考えでしょう。

どうであるかと、どうあるべきかは、やはりそれも別の事柄なのですから



公式”と“オタク”の関係は、そんな一方的ものではないよね


muchonovさんは二者の関係を「権利者と利用者の力関係」と述べており、もちろん嘘ではないのですが、それ以前にまず「供給主体需要主体」の関係である事を忘れてはなりません。

コンテンツ二次利用権利者のお目こぼしのもとで成り立ってるグレーゾーンで、『お願い』を無視し続ければより厳しい使用規制が課せられたり、コンテンツ自体供給されなくなっちゃ危険があるから、みんなそれを避けるために『お願い』を遵守してる。


これはむしろ基本的には真逆ですよね。

供給側としては、コンテンツに対する需要がなくなってしまう事こそが最も恐れる事態の一つであり、つまり馬主のご機嫌よりもよほど)需要側のご機嫌こそを気にしなければならないわけです。趣味製作しているアートか何かではないのですから

恐らくは、だからこそ曖昧な“お願い”なのであり、また2018年6月20日なのでしょう(せめてアニメ放映中には冷や水を浴びせたくない、夏コミが控えてる、ゲームはしばらくリリースできそうにない…というタイミング)。

そしてもし、muchonovさんが記した様な「逆転現象」が起こるのだとしたら、それこそが「惚れた弱み」であり、正に元増田が述べていた状態のものなのです。

お客様神様」と「殿様商売」との間で揺れ動く、その実に「自由市場」的な動きの中で「表現」の在り方も変動するというのは、むしろとても「表現の自由」的である、とすら言えるでしょう(元増田に、そこまでの考えがあったとは思わないし、個人的にはやはり「忖度学級会」には否定的だが)。

にもかかわらず、それを“バカみたいじゃん。”と切って捨てるmuchonovさんの発言のほうが、よっぽど“バカみたい”なのではないでしょうか。


追記


HanPanna 価値観自由競争というのはrag_enさんの造語なので、法学だと思わないように(もし学説があれば教えて下さい)"思想自由市場"について知りたいならコチラのブログのが良いです。https://arecolle.hatenablog.com/entry/2021/03/06/124923


法学”ってどこから出てきたん?というか、『公権力から自由』はあくまでその手段の一つでしかないよ(大切だけどね)って話、してありますよね?ちゃんと読んでます

なんか理解されてないようですけど、その箇所への反論は「ちゃんとできるようにしてある」んですよ。つまり『全人類が、それぞれの権利放棄してでもコミットすべき、絶対に「正しい」とされる「思想」が存在する』と主張し、証明してみせればいいだけなんです。はい、頑張ってください。

まぁ、HanPannaさんが同じ話題でやらかすの、これで3回目ですし、間違った事でも言い続ければ押し通せるみたいなの、完全にオカルトなんで勘弁してください(HanPannaさんに許可を頂ければ、過去のやりとりも晒しますよ)。

あとリンク先、よりにもよってU.G.R.R.の人かよ…ギャグで言ってるのか?ってのが正直な感想ですけど、ぶっちゃけ謎の(マジで謎の)出禁を食らってるので(とはいえ、さすがに閲覧不可は無視するが)言及は避けておきます。やさしみ

追記2


Silica ところでこの"価値観自由競争"の中では寛容のパラドックスはどうなるんだろう、この人の言う"SJ"的な価値観がその競争勝利したらどうなるの?


嘘・デマ・偽科学の類が支配的な状態(人気になる)みたいな感じになるだけですね。

2021-03-15

[] ハゲ頭のパラドックス

髪の毛が一本もない人をハゲとすると、そこに髪の毛を一本足してもハゲのままとなる。

では「髪の毛を一本足す」というプロセスいくら繰り返してもハゲのままなのか。

そうでないのなら、具体的にどの程度やればハゲじゃなくなるのか。

といったように、定義基準曖昧であることの問題点を指摘しているパラドックス

他には「砂山のパラドックス」、「ろばのパラドックス」ともいう。

2021-03-03

難しいことはわからんけど、別に自分が掘られるわけでもなんでもないのにLGBTを嫌う人間って単純に余裕がなくて性格が悪いやつなんだな〜と思う。

LGBTが嫌いな奴のことが嫌いだし、それを行動で示してしま人間もっと言えば学もないと思う。

寛容のパラドックス

2021-02-27

anond:20210227102708

東京リベラルな割に出生率が低く、保育園に落ちた日本死んでしまうほど子育て環境が劣悪なんだよね。

リベラルバロメーターで測ると女性平等社会ほど出生率回復し、子育てもしやすくなっているはず。

なのでねリベラル東京バロメーターで非リベラル社会かのような数値を、出してしまっているのはリベラルパラドックスなんだよね。

市民運動が活発で自民党選挙で勝ちにくいほどのリベラル沖縄県出生率が高いのは納得。

しか南九州男尊女卑鹿児島県もまた出生率が高い。

こちらもリベラルパラドックス

2021-02-25

anond:20210225225537

どいつもこいつも同じようなゲームしてた。

アイスクリーム屋のパラドックス」なんだろうなあ。

一人ぽつん独自存在になっても客が取れない。

2021-02-24

アキレスと亀」のどこが難しいのか分からん

ゼノンパラドックスに「アキレスと亀」の話があるけど、どこが難しいのか分からん

これって、要するに「食パンをまず1/2食べます。次に残りから1/4食べますそれから1/8を食べるようにしていけば…あなた永遠に食パンを食べられる!」ってことじゃないの?

もしそうなら、答えは一目瞭然のような気がするんだけど

2021-02-20

anond:20210220112414

もちろん数値データが必ず必要なわけではないし、数値データがあったところで、それをどう分析するかで結論操作できることが多い。

ただし、数値データ必要としない場合ってのは、観測方法が成立されていないとか理由がある。

古典義務教育とする理由」の証明に、「数値データ必要ない」という主張でしょうか?

この場合、その主張の根拠は何になりますか?

数値データ必要性を、「国民としてのアイデンティティ形成」に限定して書く。

まず、この場合の数値データはおそらく、

 A:古典教育を行っている群

 B:古典教育を行わない群

を用意し、そのAB間での比較を行うことでしか得られない。

が、この比較教育では難しい。ある群に「教育的に行うべき」と考えられていることを「あえて行わない」ことが倫理的に許されにくいからだ。

日本場合古典教育を行わなかった時期は存在しない。そのため、時代を変えて比較することもできない。あえて行うなら、不登校層などになるかもしれないが、その場合その他の条件が異なりすぎる。その他のフリースクールなどを参照することも考えられるが、これも前提条件が異なりすぎて比較にならないだろう。

参照するなら、他国におけるデータになるだろう。これは探せば存在するかもしれない(以前は行っていたが行わなくなった、あるいは、行っていなかったものが行うようになった、など)。

また、短期間のデータ古典教育を行う前と行った後でどのように変わったか)も存在するだろうが、短期間で「効果がある」と言えるのかは疑問(短期的には何かしら影響は出るだろうが、長い期間では剥落するかもしれない)

もちろん、その他の「意義」に関しては、各種質問調査(などでよければ)であれば、データ玉石混淆存在している。

もっとしっかりとしたデータを取った方がいいんじゃないか、ということであれば同意する。

これって、「義務教育として必要」の説明ですか?

これって、大学なりなんなりで専門分野としての必要性の説明じゃないですか?

義務教育高等学校も含むということなので確認しておくと、まず、高校入学した「全員」が必修で受けるのは高校では古文漢文を合わせて「40時間」くらいだ。仮に1作品に3時間かけるとしても、13本くらいしか触れられない。

古事記竹取物語大鏡源氏物語平家物語枕草子徒然草奥の細道論語史記唐詩故事成語類 ぐらいか。この中にも「選択」に回されているものもある。

この40時間は、上記の「まあ存在は知っといてほしいことになってるよね」という古典におおまかに触れる、くらいしかできないだろう。かつてこの国で、どういったものが読まれていたか/書かれていたかについて学ぶ時間を40時間も取るべきではない、と言われたら、「そうですか……」と沈黙するしかないが、「矛盾ってなんで『矛』と『盾』でパラドックスって意味なんだろうな」という国民が大部分を締めるのはちょっと勘弁してもらいたい。ただし、自分もここは「現代語訳」をもっと使ってもいいんじゃないかと思う。ただ、現代語訳使っていいよ、と一度学習指導要領でなったんだが、教科書会社現場が着いてこなかったんだ……。

で、こういった「古典」を相対化していくのは義務教育(正確には高校教育)の「選択」の役割だろう。これは、全員が受けるわけじゃないんだから高校生には要求してもいいんじゃないか。一部の、日本文学科などに進んだくらいの人しか古典を相対化できないというのは、これはこれで望ましくないだろう。

市民形成のためには、「国家」がどのような装置なのかを学ぶ機会があることは必要だ。もちろん、それは社会や地歴公民でも学ぶことができるが、ただ書名として「論語」や「古事記」と認識するのと、「ああ、ああいう中身の本が祭り上げられたわけね」とピンとくるのとでは全然違うと思う(これは主観なので、「いや、別に中身知らなくてもよくない?」と言われたら、特に反論はない)

2021-02-16

anond:20210216104929

一月に一回くらいイラつくこともあるやろ

誕生日パラドックスを考えるとイラついてる奴が複数人いるのもおかしくないやろ

2021-02-09

anond:20210209082804

自己言及パラドックスをどう解決するのが正しいかについては確かにさんざん議論されてはいるが「詭弁からダメ」なんていう屁理屈ではないぞ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん