「乗客」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 乗客とは

2019-03-17

もう鉄道ブルジョワホイホイ要素を入れるのはやめてほしい

年に1本面白そうな鉄道ネタがあれば行くくらいのライト層だけど、友人が薦めてくれた、「東北新幹線」に今ははまっている

最高速度が320km/hで、たしかスピード狂の自分好みに思えて毎週見ていた。

しかし、なんでこうちょいちょい座席課金要素があるのか、正直意味がわからない。

しまいには、完全に豪華列車まがいなサービスが出てくる有様。(これがまた「ここまで新幹線で頑張っちゃいました」みたいな感じでさら不快

こんなのわざわざする必要があるのだろうか。

東北ローカル線に乗ろうとした時に、変な電車が出てきて、なんとそれが茶色普通電車改造車

概観内装をいじっているだけ。

そしてこういった列車東北各地に走っているというカオスっぷり。

ここで先に進むのをやめた。

この東日本エリアに限った話ではないけれど、なんでわざわざ一部の利用者にこだわるのだろうか。

SNSや5chとかを見てみると、ブロジョワホイホイがあるからこそみたいな意見が非常にたくさんあるけれど、怒られるの承知でいってみると、食べ物が美味しいだのイスが快適だの正直こんなんだから、鉄オタは嫌いだの言われるんじゃないかなーと思ったりもするわけ。

家も大学東京JR線沿線にあるけど、電車テレビにそういった電車の紹介シーンが流れて、乗客は何も言わないものの、本当に勘弁してくれと思った。

かといって客層も少ない区間でコソコソ流すなんて余計にださいし、都会に住む鉄道の好きな裕福な人達は一体どんな風にこれを見ているのだろうか。

そんなにブルジョワホイホイが必要なら、上下分離でも導入して別会社運営させておけばいいだけだと思うのだが。

公共交通課金なんて全くいらないと思う俺は少数派なのだろうか。

ここにいる人達はあの課金要素をどういう顔で見ているの?

SNSや5chの住人みたいに食事が美味しいだのイスが快適だの喜んでるの?

 

追記

趣味の道具として鉄道自体は好きだからこそ残念に思う。

これが例えばスポーツカー歓楽街バーとか富裕層相手しか相手がいないようなコンテンツだったらこんなこと書いてない。そんなものは論外だし、子供若者を持ち込むなで終わってる。

現実は知らないけど、公共交通体裁であれば、そういった課金要素はいくらでも省くことはできたんじゃないかとも思えてしまうのよ。

もちろんそれはないと成立しないところはもう仕方ないにしても、あからさまに狙った課金要素だったり、必要のないところでいちいち突拍子もないホイホイ要素を入れてくるこの風潮に疑問を感じている。

そして、そういう突拍子もないホイホイ要素を入れてくる鉄道路線がとにかく多すぎるんじゃないかと思うのよね。

これはこないだ大阪に行って感じた、観測範囲が非常に狭いものではあるけれど、そんなのばかりで、コメントではやはり5chと同じく「座席が快適」だの「ブヒブヒ」だの。

久しぶりに電車旅行して非常に不快になったし、鉄道大金持ちの娯楽施設しかなっていないことがどうにも残念で仕方ない気持ちになったんだ。俺は貧しくはない方だけど、本当にこいつら気持ち悪いと思えてしまうのよ。

それだけの需要があるから運行業者側はやってることだとは思うんだけど、お前らがそれに乗っかって最高に気持ち悪い反応するからそういう風潮になったんだとストレス発散のためにここに書いてしまったということもある。

2019-03-13

anond:20190313113140

女性専用車両が無いとこってどこ?

混むほど乗客がいないだけでは?

anond:20190313094933

客観的に見たらされてると思うよあくま客観的にだけど

男性制限っていうのはたぶん主に乗車の自由制限だよね

女性は乗ろうと思えばどこにでも乗れてそういう意味では自由への格差がって感覚は分かる

でも現実的には専用車両本来意図としてその乗車の自由をフルで得るどころか乗車自体女性が毎度安全って面を賭けなきゃ手に入れられないって状況からその均衡として出来たものでもあるから経緯を前段階として考えるとそこでは突出した男性との格差があるとは言えないとなると思う

男女での安全面での格差男性車両選択する自由制限バランス取ってる感じ

女性の他車両への乗車も可能ではあるけどやっぱり効果的な対策はまだまだだから女性専用車両導入以前の安全を賭けるって部分は解消出来てなくて一般車両女性が乗車していてもそういう面では男性と同じ権利下での乗車とは言えないんじゃないかなと思う

女性一般車両に乗るためには一旦自分安全差し出して降りる時に戻って来る、来ない可能性もある、それが朝夕毎日って感じ

厳密に言えばその安全面の対策鉄道会社側が男性に放ってるとこあるしその結果痴漢冤罪対策も含め男性も"普通の行動"以上の事を強いられてる現状があって精神的な圧迫感を追う事にもなってるだろうし男性が乗車の権利女性との格差として完全に享受できてるかと言えばそれも微妙だと思うんだけど

でもやっぱり実際の被害可能性だけで言ってもそれを格差として男性側の自由を制する事でバランス取ってる現状があるのかなと思う

それでも女性専用車両は配置や全体の乗客割合に対する車両数の面で当然普通一般車両へ乗車するのと同じには出来てないわけだからそういう選択体験格差っていう自由度の部分では制限されてるところはあると思う

その制限を解くには安全を賭けなきゃいけないっていう前提条件もあるしそこ考えると差はあると思うよやっぱり

欧米女性差別って考え方はそういう部分なんだと思う

何かしらもし有効対策がとられるなら何も賭けなくてもどこでも気にせず関係なく乗れるのにそうじゃないまま"安全場所"の提供女性の行動を制限する事で成立させてるわけだから

男性痴漢冤罪って意味ではそこあるんだけど対策に求められる労力や日々の生活への影響とその効果って面では同程度とはならないように思う

女性権利を得て男性制限されてるように思えるのも当然だし相対的には実際そうだから絶対的格差バランス問題でそうなってるってだけで

今のは結局単なる応急処置的な対策解決策とは言えないし書いたように女性もそれで完全に安全な乗車を享受出来てるかと言えば全然だし男性にもその皺寄せが行ってて痴漢の罪を性別全体に負わせてるわけだからそこはそこで差別的だなとは思うんだけど

からって応急処置必要な事に対して解決案があるまで処置を止めようっていうのも意味分かんないし難しいんだよやっぱり

2019-03-11

マブロポロス氏は非営利団体「国際固形廃棄物協会International Solid Waste Association)」の会長を務めており、事故当日はナイロビで開催された国連環境計画UNEP)の年次会議に出席する予定だったという。

 しかしマブロポロス氏が搭乗口に到着したのはゲートが閉まってから2分後だった。その後に続くフライトを予約したが、空港職員は搭乗しようとした同氏を空港内の警察署に向かわせた。

 マブロポロス氏は「警官が私に抗議せずに神に祈れと言った。なぜなら私は墜落したET302便に乗らなかったただ一人の乗客だったからだ」と、ショックをあらわにして述べた。マブロポロス氏が搭乗しなかった唯一の乗客だったため、身元の照合や搭乗しなかった理由などを職務質問する必要があったと空港当局説明した。その後同氏は解放された。

2019-03-03

家の外で身内びいきすること

千葉路線バスが出発時間を守るために車いすの客を乗せなかった件で、立川志らく発言した

車いすの方が自分の子供だと想像したら絶対運転手さんは乗せているはず」について。


自分は、家の外で身内びいきすることはかっこわるい事だという認識なんやけど、世間はそうでもなかったりするのか。

今回のバスの件だと、車いすの方が自分の子供だとすると、身内だからこそ我慢しとけと。出発時間が遅れるから他の乗客迷惑かけるなと。

2019-03-02

クズなのは分かってるんです

2月、周りがインターンに応募し始め、多少の焦りを感じた私もとりあえず興味のあった企業と以前説明会に行った企業インターンに応募した

インターン当日になり、リクルートスーツを着て身だしなみを整えた自分の姿を見て「気持ち悪い」と感じた自分がいた

正直この時点でもう行く気が無かったのだと思う

それでも、なけなしの就活生としての意識で足取り重くインターン先へ向かった

しかし、電車に乗っても通勤ラッシュの人混みであれよあれよと車内に押し込まれ乗客の嫌がる顔を見て、私は我慢限界が来てしまった

周りと同じ格好で歩き、会社に着けば相手に気に入ってもらえるように神経すり減らして愛想良くして、それでも行き帰りはこうしてみんな同じように詰め込まれて運ばれる

なんのために今自分がここにいるのか分からなくなってしまった

こうなるともう会社へは向かえなかった

インターン先への駅を通り過ぎ、終点まで行ってしまった

行ったこともない駅だった

近所に植物園があった

大きい植物園ではないため、種類はそう多くなかったが、私にはそれで充分だった


地元から遠く離れたこの地で開園直後の園内には私一人

誰も私を咎めること無く、ただ、ただ、大きな木々に囲まれているだけで、涙が止まらなかった

2019-03-01

anond:20190227181726

車線変更したところで速度制限というものがあってだな。空いていようが速度オーバーは出来ないわけさ。

からの車の状況とかもあるし、容易に変更すべきではないのだよ。

デカイ車がポイポイ斜線変えてたら周りの小さい車は迷惑だろう?

図体でかい奴が勝手な行動取っては困るんだよ。

運行管理規定というものがあって速度制限されているし

なおかつ乗客安全第一だ。トロトロ走るのが嫌だったら、テメエで車運転しな。

2019-02-24

昨日乗った山手線がすごい臭いだった

昨日(02/23)の夕方頃、山手線外回り7両目に乗ったら車両全体が異様な臭気に包まれていた。

何かが腐ったような臭いで、その車両だけ閑散としていて、

自分も含め乗車した乗客は隣の車両にそそくさと避難していた。

しかし隣の車両に移ってもかすかに臭うので、次の駅で降りた。

臭いからして、少し前に話題になっていた左足壊死ニキかと思ったが、

降りた時に車内を観察してみたところ、それらしい人は見当たらなかった。

ツイッター検索すると同様の車両臭いがしたというツイートが昼頃にあり、

どうもこの車両異臭を漂わせたままおよそ5,6周していたことになる。

左足壊死ニキも確か1両まるごと人が引けるほどの臭気は発していなかったと思うし、

一体あの臭いの発生源は何だったんだろうか?

誰か知っている人がいたら教えてほしい。

2019-02-23

anond:20190223162653 anond:20190223163018

自分通報してといわれたときに周囲の乗客もその理屈で返したわけだ

意味が分からいか無視するとね

お前もやってる保身を乗客の全員もやってるだけ

2019-02-22

anond:20190222202710

これ怖いよね

全部押した乗客責任

カメラが回っていて誰かが倒れた場が記録されてるわけでもなく

証言が信じてもらえなかったら運営妨害

車掌無線で緊急ボタンを押せと思う

ホームボタンもだけどすげえ卑怯

駅員の保身>>>>>乗客名誉じゃn

anond:20190222050917

占有線路の上での事故は少ないよ

たいてい他の存在クロスする場所事故は起きてる

平たく言うと駅(乗客)と踏切歩行者や車)

2019-02-19

anond:20190219171540

線路の上にあなたが拘束されています

このまま列車が来れば、あなたは轢かれてしまます

しかあなたリモート爆弾ボタンを握らされており、それを押せば乗員乗客200人の命と引き換えにあなたは助かります

あなたボタンを押すべきか否か。

2019-02-18

厳しすぎる職業倫理が「バイトテロ」を生む

バイトテロ雑感 - ←ズイショ→

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2019/02/15/203839

しろバカッター」が少ないことに驚く - シロクマの屑籠

https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20190217/1550390275

 

この二人を読み比べると、自分は完全にズイショ氏の方に同感なのだけど、ブックマークだけだと書ききれないことも多いので、こっちで書いてみる。なお、id持ってるのになぜ自分ブログで書かないのかというと、ブログで書くと情と執着が移るから嫌、というだけの理由である

 

自分仕事海外出張が多く、実はこの文章日曜日の昼に外国で書いているのだが、海外接客業店員に接すると、日本と比べて驚くほど職業倫理が低いと感じる。コンビニ店員はガムを噛んでスマホを見ながら接客するのが普通であるし、ファストフードで注文をすっぽかされても"Sorry! We will do it now."の一言で終わりである。あるときなど、客の少ない時間帯の大手ドラッグストア雑貨店を兼ねている)では、店員同士が売り物のゴムボールバレーボールをして遊んでいた。微笑ましいものである

 

また、雇用者の側も、ある程度の「あそび」「緩さ」をアルバイト定員には許容している部分がある。アメリカマクドナルドCMでは、就業時間中に「俺、念願だった大学合格したんだ!!」と言ったアルバイト高校生を、クルー全員が拍手喝采してお祝い(英語で言う"Applause!"だ)するシーンがある。

  

これらは、日本であれば炎上したり、あるいは炎上を期待して「拡散」されたりしかねないことである

などと書かれてもおかしくない。

 

このような日本特殊さの元凶の一つは、「先生に言ってやろう」「世間に言いつけてやる」という日本人の多罰的傾向にあると思う。日本人は、クレーム相手に直接言えないチキン性格なので、自分が受けた不愉快や、自分が感じた不平等さ(例えば「自分職業倫理に縛られて生きているのに、なんでアルバイトあいつらは自由にしているんだ?!」という怒り)を、「先生」や「雇用者」や「世間」「マスコミ」に言いつけることで溜飲を下げる。そして、そのような「言いつけてやる」行為が、正義だと見なされている。

 

ところが、外国特に念頭に置いているのはアメリカであるが)では、そうはいかない。自分利害関係者でないのに他人の非倫理的行為告発して溜飲を下げるのは、どちらかと言えば「卑怯な」行為とみなされる。そんな「告発者」は"mind your own business!"と言われるだけである。また、自分が直接被害を受けていないことに対して、憤ったり「言いつけ」たりしてやろうという発想がそもそもないのである(逆に、直接の被害を受けたのであれば、その場で immediately に抗議すべきだ。「上」や「世間」に言いつけて叱ってもらうなんて悠長なことは言っていられない)

 

私は、実害のある「バイトテロ」と実害の無い「アルバイト店員のおふざけ」とは峻別すべきであると考えるし、今後の日本社会が今までのような窮屈な職業倫理アルバイト店員に求められるような社会はいられないと考えている。実害のある「バイトテロ」は許されるべきものではないが、それとは全く別個に自分に直接の利害が無いことにまで「世間に言いつけてやって」溜飲を下げようとするその他大勢の人々の行為意味がないと考えている。なぜなら、彼らのそのような行為は、「自分職業倫理に縛られて生きているのに、なんでアルバイトあいつらは自由にしているんだ?!」という僻みからまれる部分が大きく、自分強制されている職業倫理理不尽さについて、使用者教師に対して抗議して適正水準に是正するという正しい問題解決道筋から目をそらしてしまっているかである

 

たぶん、日本人口に占める外国人の割合が今よりずっと増えているであろう10年後には、日本流の接客過剰サービスや、サービス本質関係ない職業倫理や、感情労働の類は、今よりもだいぶ廃れているものと思われる。外国労働者は労働に対して合理的な考えを持っているので、お客に実害を与えるわけではないのに、儀式やしぐさを強制されるのは理解できない。おそらくそれらの、「お客様に気を使った」振る舞いは、ガラパゴス的な宗教儀式のようなものとして無意味ものとなっていくことだろう。そしてそうなった時代には、アルバイト店員の振る舞いにはアルバイト店員なりの「緩さ」「適当さ」が許容されるようになり、それがガス抜きとなることで、実害を生むような「バイトテロ」は減っていくのではないかと期待している。

 

追記

なお、諸外国でも「企業」や「有名人」が炎上することはままある。たとえば先日のユナイテッド航空オーバーブッキング乗客引きずり下ろし事件では、「ユナイテッド航空」が炎上し、多くのSNSユーザが「ユナイテッド航空」の非道さを告発した。だが、実際に乗客を引きずり下ろした客室乗務員警備員の氏名を特定したり、その客室乗務員警備員本人を告発したりするような流れは殆どなかったように思う。この展開は合理的であるユナイテッド航空告発したSNSユーザは、実際にユナイテッド航空顧客である場合が多く、自分たちも同じ目にあったかもしれない、ということが想像できるからである。一方、個々のSNSユーザにとって、客室乗務員警備員本人は、自身人生で直接関わる可能性が殆どない相手であるから、個々人を「特定」したり「告発」したり「言いつけ」たりしても、意味がないのである

(追記2)

自分が前に書いたエントリ

https://anond.hatelabo.jp/20190212141859

バイトテロ」と、「文明人」という幻想

2019-02-15

満員電車には絶対馬鹿が乗っている

満員じゃなければまあ気にならないんだろうけど、満員電車で多くの乗客が身動きとりにくい状態で、お前それするか?という馬鹿結構いる。

とりあえず今思いつくだけの俺の嫌いな乗客は以下。

本当はもっといる。

みんなはどう? はい、以下。

いかにも「私がこの満員電車の中で一番しんどいです」という顔で乗ってくるやつ

 みんなちがって、みんなしんどいんだぞ

・出口付近でつり革を手放さないやつ

 こいつは手にアロンアルフアつけてんのか?

優先席新聞を広げるやつ

 座ってたらなんでもありじゃないんだよ

満員電車に乗る列が進みだした際に、なぜか押してくるやつ

 こんなに並んでる中扉閉めるわけねえだろ、生き急ぐなまじで

・とにかく周りを睨むやつ

 うるせえ

・とにかく窓に映る自分の髪形を気にするやつ

 うるせえ

・どうしても横持ちでアプリをしたいやつ

 横持だと肩幅取るんだよ 家でやれ

背中で押せば人を押してもいいと思ってるやつ

 手の甲なら痴漢じゃない理論と同じだぞ

・つり革を使って立ち上がって、つり革をそのままサッと手放すやつ

 あの振り子運動で俺のおでこは何回もケガしてますけど

・溜息つくやつ

 みんなつきたいのガマンしてるんだよ、大き目のハァ~じゃないんだよ

おにぎり食うやつ

 まじで奇特 奇特食欲

文庫よりもでかい本読むやつ

 角がいてえんだよ

・今から会社で私は働いてきます!という意欲満々の顔のやつ

 まじで日本はくるってるな 朝7時から みんなもっとゆるりとやろうよ

 ほんとうに なんでこんなに働くのが当たり前なんだろうな

 もう紙幣かい概念

 もはや物に対して「価値」というものを感じた人間、許さん

 

まあみんなも満員電車で嫌いな人教えてくれな

2019-02-14

都営地下鉄累積欠損金解消

都交通局「大江戸線もっと大きく作るべきだった」

大江戸線乗客大江戸線もっと大きく作るべきだった」

2019-02-13

社内の人を「さん付け」して呼ぶのは"日本語"だから

これは「なんで社内の人を「さん付け」して呼んじゃダメなの?」へのひとつの応答だ。

だが、これは応答であって回答ではない。

 

この文章は社内の人を「さん付け」して呼んじゃダメ理由説明ではないからだ。

ただ、「納得する理由が欲しい」という増田一言に対しての応答である

 

それは日本語には特定場所言葉視点が移動する現象があるからだ。

ちょうどいい論文がある「日本語の親族呼称・人称詞に見る自己と他者の位置づけ─ 相互行為の「場」における文化的自己観の考察 ─

抜粋しよう。

 

ある時、電車が駅につき大勢乗客の入れ替わりがあった。多くの人の動きの中、ある老婦人自分の隣りの席を叩きながら、「ママここにいらっしゃい」と叫んだそうだ。すると乗客の中から赤ん坊を抱いた若い娘が現れて老婦人の隣りに座ったという。つまり、ここでは、赤ん坊母親をその老婦人が「ママ」と呼んでいたということだ。要するに、この老婦人は孫である赤ん坊視点に立って自分の娘を「ママ」と呼んだと言うことになる。これらは日本人感覚からするとさほど驚くことではないが、西洋人からすれば何が何だかからないという現象であろう。つまり日本語で誰を中心に、誰の視点親族名称が用いられているのかということは、西洋から見ればかなり複雑なことであり、さっぱりわからないということになってしまうようだ。

これらの例で見られるような視点の移動現象鈴木(1973:168)は、共感的同一化(empatheticidentifi cation)と呼んでいる。

 

日本語はその人の呼び方がその場でかなり変わる。なぜなら誰が中心になるかが言葉遣いを支配しているからだ。

これを踏まえて、なぜ取引の場で社内の人の呼び方が変わる(「さん付け」する)のかと言うと、社外の人に言葉視点が移動したからだ。

少なくとも、上の例と増田の件のどちらでも誰もが対等でお互いに「さん付け」するような場では無く、誰かが中心になっている。

 

それに、上の「ママ」の例ではそう呼んだ老婦人はその赤ん坊母親を本気で「身内」だと思ってはないだろう、ただ視点の移動が起こったら親族に遣うのと同じ呼称が現れてくるのが日本語なのだ

 

もちろん、商習慣としてこの言葉遣いを続けるべきかということは別問題だが、追記にあるように増田の周りでは「さん付け」している人が"普通に"いて「さん付け」しても"恥かかない"環境にいる増田がなぜそこまで強くそこまで憤っているのかが私には謎であり、内(自社)と外(他社)の間で起こる視点移動の話になぜその"内"の内部構造社員会社、そして働き方など)が後半の主題になっているのかも不思議で仕方がない。

 

しかし、日本語ではそのような現象があり、それは視点移動ということで説明ができ、業務の場では取引相手側に視点に移動することで「さん付け」で呼ぶのであり、それは現状の日本語からするとそこまで不自然じゃないというのが、私からの応答である

さら日本語にはなぜそのような現象があるのかと問うことも出来るが、それは私も知りたい。

 

---

増田を読み始めたときは以上のような日本語の話かと思ったけど違った。

次に、他人言葉遣いを強制されて憤ったのかな?と思ってたけど、追記を読むとそうでもないようで混乱した。

実際、特に恥かかないよ。先輩も上司も言ったりするし。社外の人も普通に言うよ。BtoB仕事ってのも理由にあるかもね。

それなら最初から問題ないじゃん!むしろ増田言葉遣いを他人強制したいんじゃないの?

最終的には会社個人話題になってびっくりだよ!

少なくとも今回の言葉遣いの件についてはそこは関係無いと思うが……だって第三者視点を移すタイプ言葉遣いにおいて自分と同僚や上司との関係性なんてどうでもいいし。

それに、取引相手との場で社内の人を「さん付け」したからって上司自分会社と対等になるわけでも働き方が変わるわけでもないしなぁ。

2019-02-12

anond:20190212124119

ゲロを掛けた側=加害者

ゲロを浴びた側=被害者

こういう関係性がある時に、第三者加害者側に寄り添う態度を示したら、

被害者としては、その第三者に怒りを感じてしまうのはやむを得ないと思うんだよね。

もちろん、それで殴るのはアカンし、警棒を持っているのはもっとアカンけども。



痴漢を訴えた側(被害者)と、痴漢を訴えられた側(加害者)が居て、

周りの乗客加害者側に「あなたも災難ですなぁ」なんて言い出してたら

被害者が「ふざけんな」って怒るのも無理もない。

多分そんな感じ。

2019-02-11

anond:20190211133924

本数増やしてるからトラブルを吸収する余裕ない

なので乗客由来のトラブルが表面化してる

って思ってる

鉄道が使い物にならない

最近鉄道運休や遅延が多く、昔と比べて明らかに使いづらくなったと実感している。

昔なら1分の遅れで済むものが5分遅れることが日常化している。

鉄道の混雑は昔のほうが酷かったけど、今のような遅延や運休は少なかった。

乗客マナーも今のほうが良くなっているほうだ。

私は保線作業車両の整備に不正があるのではないかと思ってしまう。

私は某若者向け賃貸アパートマンションの住人でもなければ大阪市住民でもないが、これと同じぐらいの問題迷惑している人間が少なからずいるのではないか

2019-02-02

京王新宿駅の一ウォリアーからのお願い

 京王線新宿始発の(準)特急電車戦場だ。

 座れるか、座れないかぐらいの位置行列に加わる。うまく動けば座れるが、座れないこともある。その勝負はほんの数秒で決まる。ここで勝負を落とせば、良くて調布、下手をすれば府中あたりまで立ち続けなくてはならない。苦行である

 この戦いで重要なのは、競合するのが同じ行列に並んでいる乗客だけではないということだ。座れるか座れないか微妙位置行列に加わった場合、より重要なのは同じ車両の別のドアに並んでいる乗客との競争になる。

 ドアとドアとの中間ぐらいに位置する座席は、行列間の闘いになる。そこではお互いの陣地をどこまで拡張するかが戦われているのだ。

 こうした見方にたてば、行列の先頭に立つ者は切り込み隊長である。先陣を切って戦場突入し、後方部隊が陣地を拡大するための時間を確保しなくてはならない。

 ところが、である

 新宿駅は乗車ホームと降車ホームとが分かれている。全員がそのルールに従うなら問題はないのだが、なかには乗車ホームから降りてくる乗客もいる。

 一般的マナーとして、われわれは電車でもエレベーターでも降りる人を優先させるよう教えられている。言うまでもなく、そこには合理性があって、乗る人を優先させると降りられない人がでてきてしまう。

 しかし、繰り返すが、新宿駅は戦場である

 われらが切り込み隊長が乗車ホーム側に降りてくる乗客を悠長に待っていると、われらが領土はまたたく間に敵軍に蹂躙されてしまう。

 そのため、われらが切り込み隊長には、一般的マナーはとりあえずスルーして、降りてくる乗客の横をすり抜けてでも戦場突入してもらいたいのである。乗車ホーム側に降りてくる乗客は、すでにマナー違反しているのだから、その横をすり抜けることはマナー違反だとは言い難いのである

 というか、混んでいる時間帯に乗車ホーム側に出たい人は、まずはいったん降車ホーム側に出て、乗り降りが落ち着いたところで乗車ホーム側に通り抜けてもらいたいのである

 京王新宿駅の一ウォリアーとしてのお願いである。

2019-02-01

嘘松判定お願いしま

この間、飛行機に乗っていたら、

スチュワーデスが大声で「どなたか工員の方いますかー!」と叫んでいた。

俺が手を上げると機長室に連れて行かれて取れかかっている部品溶接を頼まれた。

俺は簡単溶接して直した。

自分の席に戻ると俺の活躍飛行機内でアナウンスされて、周りの乗客から拍手が起こった。

俺は工員で良かったと胸が熱くなったよ。

2019-01-30

小説 文体識別クイズ

はてなーの皆さまこんにちは今日も元気にウンコ漏らしてますか?初めて投稿します。

物心いたこからずーっと気になっていたことがありまして。それはズバリ、「みんな作家文体をどれくらい識別できてるんだろう?」という問題です。

気になった方は、まずは以下の問題に挑戦してみてください。



★以下の①~④と(ア)~(エ)の文章は、それぞれ同じ作家の書いた別の小説作品から、一部抜粋したものです。①と(イ)、②と(ア)...のように、同じ作者の作品どうしを組み合わせてください。

① そして彼が知ったのは、彼等の大部分が、原発というもの実態を把握していないらしいということだった。どこにどれだけの原発があるかも知らず、それが止まるということはどういうことかイメージできないようすだった。原発が止まっても大して困らないんじゃないかという意見もあれば、ろうそくを買うべきだろうかと異常に心配している声もあった。

② この人は母とは本当にお似合いだ。言葉表現した瞬間、それが的を射ていても、本当のことを言っていても、なぜか必ず嘘っぽく聞こえ、薄っぺらい印象になる。この人のこの言葉と僕の事実とに挟まれて、僕のあの放火未遂っぽい事件は行き場を失ってしまったようだった。

船長主催晩餐会は、さんざんなていたらくであった。夕刻から、この時期には珍しい西風が吹き始め、それは次第に客船上下に揺らした。乗客の中でもとりわけ過敏な者は、晩餐会のための服に着替える前に、すでに船酔いにかかって、各自のベッドに臥してしまった。

札幌の街には今年最初の雪が降り始めていた。雨が雪に変わり、雪がまた雨に変わる。札幌の街にあっては雪はそれほどロマンティックなものではない。どちらかというと、それは評判の悪い親戚みたいに見える。


(ア): 夢の中の俺はまだ子供で野球バットか何かを捜しに来たのだ。暗闇の中で金属バットが触れ合ってカランコロンと甲高い音を響かせる。俺は広いフロアを見渡す。たくさんの影はしんと静まり返って何も動かない。

(イ): バーは、二階に著名なフランス料理店があるビルの三階にあった。長い一枚板のぶあついカウンターと、四人掛けのテーブルが二つあるだけだったが、いかにも酒を飲むところといった風情で、助成従業員はいなかった。

(ウ): 三人目の相手大学図書館で知り合った仏文科の女子学生だったが、彼女は翌年の春休みテニスコートの脇にあるみすぼらしい雑木林の中で首を吊って死んだ。彼女死体新学期が始まるまで誰にも気づかれず、まるまる二週間風に吹かれてぶら下がっていた。今では日が暮れると誰もその林には近づかない。

(エ): 十九年前にさらわれた赤ん坊がどこにいるかを、早く彼女に教えてやらねばばらない。白血病で苦しむ息子が助かる道があることを示してやらねばならない。言葉を発しようと息を吸い込んだ時、小さな疑問が彼の胸に宿った。それは瞬く間に大きくなり、やがては衝撃となって彼の心を揺さぶった。

・答えは↓


















【答え】

①- (エ) 東野圭吾

②-(ア) 舞城王太郎

③-(イ) 宮本輝

④-(ウ) 村上春樹

①: 東野圭吾天空の蜂」(講談社2015年、p124、ハードカバー版)

②: 舞城王太郎「イキルキス」収録「パッキャラ魔道」(講談社2010年、p193、ハードカバー版)

③: 宮本輝海辺の扉(上)」(角川書店1991年、p151、ハードカバー版)

④: 村上春樹カンガルー日和」収録「彼女の町と、彼女の緬羊」(平凡社1983年p50ハードカバー版)

(ア): 舞城王太郎煙か土か食い物」(講談社2004年、p117、文庫版)

(イ): 宮本輝海岸列車(上)」(毎日新聞社1989年、p162、ハードカバー版)

(ウ): 村上春樹風の歌を聴け」(講談社文庫1975年、p77、文庫版)

(エ): 東野圭吾カッコウの卵は誰のもの」(光文社2010年、p204、ハードカバー版)



いかがでしたでしょうか?

なぜこんな問題を作ったのかといいますと、自分はけっこう文体に敏感な方なのではないかと、密かに感じてきたからです。

同じドラッカー作品でも、上田惇夫訳の「マネジメント」はすごく好きなのに、上賀裕子訳だとなぜか全然頭に入らなかったりします。趣味で読む本は、好きな著者のおすすめで買ってみたものの、文体が気に入らなくて読み進められないことも多いです。(村上春樹はすごい好きなのに、おすすめサリンジャーナインストーリーズ」は受けつけない、など。翻訳版をよく読む方にはあるあるなのでは)

それぞれの作者ごとに、「この人は勢いがあって脳が活性化する感じ」とか「クールな感じで読んでいても全然感情を感じない」とか「頭の中に繊細で暖かいイメージがふわっと浮かぶ」とか、料理でいう味みたいなものがあります

小説じゃなくても、エッセイでもビジネス書でも、どんなジャンルにも作者ごとの「味」がある。そして、これはその人の持つ「文体」が決めている部分が大きいと思っています。(本の装丁も全体の1~2割くらいは関係してる気がします。料理を載せる皿によってちょっと味の感じ方が変わる感じ?)

でもこの「味」って、大まかにはみんな感じるところがあるはずだけど、誰もが全く同じように感じていることはあり得ない。みんなで同じ料理を食べていて、「おいしい」「苦い」「熱い」などの大まかな感じも方向性は決まっていても、それをどこまで感じているかは人による。(同じ「辛い」カレーを食べても、人によってピリッとする辛さなのか、喘ぐくらいの辛さなのか、という辛さのニュアンスは異なるはず)

これって料理の味ならみんな共感できると思うんですけど、文章の「味」についてはほとんど議論されない。これって実際はどうなのか、という実験でした。

今回挙げた作家について、個人的に感じる「味」はこんな感じ。(あくま個人の感想です。前者二人の文体は大好き、後者二人はうーむ。ストーリーはそれぞれ面白いと思います。)

村上春樹: なんの抵抗もなくすっと頭に入って、胸にふわっと煙みたいに広がって染み渡る。イメージ幻想的ながら、ありありと脳裏に浮かぶ。もう村上春樹っぽいとしか言えない。

舞城王太郎: 「文圧」のすごさ。リズムと勢いで、パンパン読ませる。胸が暖まって脳が活性化する感じ。文体で読ませる作家天才

東野圭吾: 必要最低限の情報量情報は伝わるが、感情はあまり伝わってこない。マックハンバーガーみたいな感じ。

宮本輝: いいところのお坊っちゃん。淀みなく流れる川のように流麗。美しい文章だが、あといま一歩感情が胸に迫ってこない。脳の活性化いまいち


最後までお付き合いいただいたはてなーの皆さん、ありがとうございます!皆さんのやってみた結果は、コメントで教えていただけるとありがたいです。あと余裕のある方、同じような問題作って自分にもやらせて...!!

2019-01-28

anond:20190128031158

アニメ「このすば」が女性蔑視と言われてない理由がわからない

タイトルの通り。

何回見ても胸糞アニメだけど、なんで誰もこのアニメ女性蔑視に触れてないの?

ジェンダー問題に敏感なはてなですら、放映中リアタイでも何も言われてなかった。

 

まず「女は全員バカ人格異常」という前提で話が進み、

暴力を振るわれ見下され「すいませぇんwすいませぇんw」と嘲笑され、それでも主人公のもとを絶対離れずにベタベタする女性キャラ

そんな女性キャラを笑うのが、このアニメの「面白さ」。

これが面白いとか、趣味悪すぎだろ。

 

別れた元旦那がまさにこれで、

自分の思い通りにならないと「男女平等パンチ」と言って手加減なしに殴ってきたし

複数人食事に行くと「こいつはドMだから」と言って私の食べ物飲み物に笑えないイタズラをしてきたし、

電車に乗っていて、他の乗客が乗ってきた途端「ホラ席譲れよ!」と頭を殴り、

びっくりしてこちらを見ている人に「ドゾドゾwすいませぇんwウチのバカがすいませぇんw」と言っていた。

 

私はハーレムアニメ好きだけど、これは流石に胸糞でしかなかった。

 

男性様はこういうのが「面白い」んだね。

https://anond.hatelabo.jp/20180201140244

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん