「繁栄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 繁栄とは

2019-02-16

anond:20190216204010

文章下手すぎ


 日本は夜の高速固定通信東南アジア主要国より遅く腐ってる

繁栄を極めた昭和と比べてなんか日本ってもう終わってきたんだなって思った

いまはもう何もない、斜陽で全員犯罪者

残念だが、ここで踏ん張って再興というのも気力がない、腐ってる

お前にはもう居場所はない、平成日本

これが正しい

明治天皇昭和天皇も深すぎた

 明治天皇は、1000年間のクソ最悪な江戸時代の土を日本列島から抹消して日本を良い空気にするという情念があった

昭和天皇は、戦争したことに対する自罰の念があって、そういうことをする者は二度と出さないという情念があったため

戦後の40年間、勧善懲悪化身と成り、考え抜いて悪を刑務所に送り、今の日本形成した

平成時代には、航空会社が500人もの尊い命を犠牲したこと平成国家voidになったことに対する憎悪から

平成の様々な繁栄を作り出した。いつの時代も凄かったのに対してお前のクソ過ぎることこの上ない。

ネット使って東京で悪い女が犯罪者天国という風呂作ろうとしてたら秋葉原加藤小泉毅に風呂消されたんだよ

 もうお前がもくろむ風呂はない。犯罪者のお前は他界した。5ちゃんのVIPみても

ツイッター見ても、増田を見ても、犯罪者天国という風呂は消えた。むせび泣け。

これからは、明治時代昭和時代風呂を、一時的に入れて、お前を虐待死させてから

失敗前の東京に戻す方向が模索されている。明治昭和風呂を入れているのは犯罪者のお前に対する

拷問場を作る趣旨であり、またよかった平成が次の時代も続く。明治昭和は一時利用するだけで

またお前にとって不都合平成繁栄が来る。

日本が終わった理由

 本質的には生産的なことを考えるので有名な若いブサイクコンプ持ちを暗に愛する日本固有の伝統が連綿続いてきたし

明治昭和天皇がそれを体現たか成功したし、平成もそれがあったから全国に色々な風俗店自然発生

繁栄を極め、その結果として現在があるが、2007年に、日本女が冒頭の固有思想を捨てて、実質全部破綻した

日本が良かったのは2006年までで、世間の女が悪になって正義失って、最悪な12年が経過した

こないだまで絶頂だったけど、それがなくなった、今はソープ遊園地も何もない

バカ女が勝ったか日本終了

最悪

2019-02-10

コードギアス 復活のルルーシュ

※本文には「コードギアス 復活のルルーシュ」のネタバレを含む。

10年前のR2放送物語が終盤に差し掛かり最終回というもの意識した時、本当に比喩ではなく毎週の楽しみであり、

生き甲斐だったコードギアスが終わるという切なさを感じつつ、その分素晴らしいものをみれるのではないか

という期待感もあった。

早くこの物語の結末を知りたい、観たいという気持ちと、

この素晴らしい物語が終わってほしくないという気持ちが重なる、そんな期間だった。

  

最終回放送された西暦2008年9月28日

ルルーシュスザクと行った本当のゼロレクイエムナナリーフレイヤでやろうとしていたこ

この二つの類似性に打ち震え、あの悲しい最後のシーンはルルーシュスザクナナリー物語を終わらせるにふさわしい、

素晴らしいもので、それまで見てきたどんな作品最終回よりも美しいと思った。

  

それまでの話数は放送後何度も見返したが、

R2最終回は、その後しばらく見返すことができなかった。

私にとって不可逆で不可侵の素晴らしい思い出だった。

      

最終回放送から8年後、西暦2016年にそのコードギアスが、ルルーシュが復活するとの特報が出る。

    

思い返せば亡国のアキトシリーズの放映や、パチンコ化などのメディアミックス情報は、

アニメ放送後も途切れることはなく、コードギアスは死なないコンテンツになったのだと気付くべきだったのかもしれない。

    

情報は少しずつ鮮明になり、総集編としての劇場版3部作が放映されたのちに

完全新作エピソード劇場で公開すると発表がある。

    

総集編はテレビシリーズとの小さな、だが物語に大きく影響を

与える変更点を加えつつ次々と公開していく。

  

そしてルルーシュが死んでから10年がったった昨日、西暦2019年2月9日平成最後の冬に

コードギアス 復活のルルーシュ」が公開された。

  

タイトルからして復活である

ルルーシュは死んだのに。

美しく、そして気高く世界から憎しみを無くすために文字通り命をかけた主人公

もういないはずで、それでも世界は続いていたのに。

  

復活

  

実は復活と銘打ってはいるが、概念的なことだけで

肉体が蘇るわけではないよ。

ルルーシュがいない世界必死に、彼が求めた願いを実現するために

戦う残された者たちが一生懸命戦う。そんな物語だよ。

それでもよかったのではないかと考えた。

  

だがし復活したのだ、

嘘つきのルルーシュは大切な約束を守るために。

  

復活してルルーシュは、まぎれもなくルルーシュだった。

味方が、特にナナリーピンチの時には全身全霊をもって、

策を練り、有無を言わせぬ迫力で味方を鼓舞し、指示を出す。

  

私が10年前に美しいと感じたルルーシュがそこにはいた。

あれがルルーシュだということに異論を唱えるファンはいないだろう。

それほどまでに素晴らしくルルーシュだった。

  

そして、物語はこれもまたまぎれもなくコードギアスであった。

国の陰謀、計略する首謀者、そこかしこに仕掛けられた罠、

激しく火花を散らし戦闘するナイトメアフレーム

世界の理を変えてしまうほどの強大な力、ギアス

  

コードギアスという作品に込められているものすべてが

詰め込まれており、それでいて色褪せない、新鮮さも感じることのできる、素晴らしいストーリだった。

  

この作品コードギアスであることに間違いはないが、

賛否両論あるということも間違いないのである

  

  

論点は一つ、ルルーシュの復活である

  

  

コードギアスという作品ルルーシュの死をもって

完結した作品であるはずという思いが強い人が多いのではないか

実際私もそうであったからこそこの「復活」にずっと懐疑的

感情を抱いていた。

  

だけれども、観て、楽しんでしまうのだ。

どんなに抗おうとしていたとしても、

観終わった後に私がどんな感想を抱こうが、

劇場で金を払ってみたという事実があるのならば、

コンテンツとして、興行としては大成功だ。

それは全くもって否定できない。

10年前に完結した物語の続きなんてみたいに決まっている。

観ないわけにはいかない。

  

観終わった後、自分感想賛否両論のどちらかなのか

すぐに決めることはできなかった。

この「復活」はあまりにも消化に時間がかかると感じた。

少しでもこの胸のつかえがとれないか

「復活」に関する評価感想ネットであさっていたところ、

監督インタビュータイトルに「批判覚悟制作に踏み切った」とあった。

  

この文言に納得しかかった自分もいたが、

冷静になってみればそれはそうだろうという感想だ。

物語を美しく終わらせるのではなく、

死なないコンテンツとして継続し続け、興行として成功する。

素晴らしいことだが、コードギアスというコンテンツを死んだと

解釈する私の様な人間から批判が出るのは覚悟していただかなくてはならないだろう。

  

10年の歳月コンテンツ評価に対する指標も変えた。

もはや視聴率はその指標としての能力を失い、

配信ツールの普及はいわゆる円盤の売り上げを

抑制するものになった。

  

からネット感想が正しいというつもりはないが、

例えばツイッター等のより個人、とりわけ趣味嗜好を

把握しやすSNSにはおおむね好意的にこの「復活」を

とらえている人が多いように感じる。

  

また、劇場でも終幕後に涙を流し、

良かったと感想を漏らす人も多くいた。

  

これだけでもこの興行成功であったと言えるであろうし、

どんなに賛否両論意見が出たとしても、「賛」の意見が出続ける限り

今後も興行収入を伸ばし続けるであろう。

  

否定というものさらなる否定を己に

向けられる覚悟がないといけない。

ルルーシュ言葉を借りるのであれば

「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」だ。

より情報を発信した個人特定されやすいこの環境では、

批判否定という行為は行いにくいだろう。

  

しかし、「復活」でルルーシュはこのセリフ否定するかのような言動を行う。

  

C.C.と同じ、撃たれてもその命を失うことがない

L.L.にはその覚悟がない。

いや、人ならざる力を持ち、さらには死すらも乗り換えたもの

人とは違う理で生きている。その悲しさを物語っているのかもしれない。

  

思えば10年前は視聴率を上げるために放映時に見る、

円盤を購入するという行為に我々は「支援」という意識を持って行っていたと思う。

  

大量のコンテンツであふれかえる世界から

自分の「好き」を少しでも延命させるために。

  

それはコンテンツというものが、傲慢かもしれないが

我々の支援なしには生き続けることができないと、

その支援が乏しく、延命繁栄をすることができずに死んでいったコンテンツ

観ていたからこそ、そうした感情が行動させていたのではないか

  

私が「復活」を劇場で鑑賞した際に

最も涙腺を刺激されたのは、お調子者だが愛されキャラ

本作でも重要役割を担う「玉城真一郎」のクレジットを見た時だ。

  

ご存知の方もいると思うが、「玉城真一郎」をTVシリーズで演じていた、

田中一成」さんは、西暦2016年に亡くなった。

  

もちろん総集編の劇場版で「玉城真一郎」を演じた演者の方の演技は

素晴らしく、引けをとっているだとか、優劣があるといいたいのではない。

  

私は「田中一成」さんの訃報を聞いたときしかった。

その悲しさは、当然のことながら亡くなった人はもう「復活」しない

ことを理解していたかである

  

10年の歳月があれば、悲しい別れを経験する人も多いだろう。

実際私もそうだった。こんなことを書くと現実フィクション理解していないと

否定されそうではあるのだが、私が10年前に愛した「コードギアス」には

壮大で近未来的なSFとしての要素もありながら、リアリティがあったのだ。

ルルーシュが何度もシャーリーギアスをかけようとしても、

にゆ人間を救うことはできない。そんな現実を突きつけられるような、悲しい物語だったのだ。

  

からこそ私たち最終話ゼロの剣に貫かれたルルーシュを見たとき

そこにリアリティを、死んだ人間は蘇らないという現実フィクション

コードギアスの中に見出し、涙したのではなかったのだろうか。

  

もしこれらを強引に、好意的解釈するとすれば、

私は10年前の最終話ルルーシュの死によって完結した素晴らしい物語

味わうことができたこと。

そして感情胃もたれしそうなほど甘い、

デザートのような続編を味わえたと、いうところだろうか。

  

それならば、一度飲み込んでしまったものは、咀嚼して

何とか消化吸収に努めないといけないのだろうか。

  

私がどれほど批判否定インターネットの海に

吐き出したところで、何にもならないのだから

  

批判覚悟で」

  

私の批判という弾丸は、放ったところで制作側には届かない。

コードギアス」というコンテンツは「復活」したルルーシュ

同じく「死なない」コンテンツに「復活」した。

  

私の撃つ弾丸は、もうルルーシュを殺せない。

  

セックスにばかり関心があるのは好ましいけども、子孫繁栄必要な要素はセックス以外にも数多くあることを考えると、性欲を追求することはセックスにこだわることではないのかもしれない

セックスにこだわることは結局身体に搭載された、行為快感を生み出す機能にこだわることなのだろう いかにそこから逃げて子孫繁栄に結び付けるかという点は、ある視点から人生の目的を見出す上では重要なこと

子孫繁栄がさほど重要ではない視点存在することにも注意が必要

2019-02-09

シンガポール 滞在

5日程シンガポール滞在し、帰国して落ち着いたので振り返りの為に記録を残します。

幸いなことに現地に駐在している人や、シンガポール 人(シンガポーリアンと現地では言う)の人とも交流することができ、今まで正直興味無かった国ですが歴史文化も含めて知る機会を得ることができました。

かつてポルトガル、その後はイギリス、一時期は日本占領統治下に長くあったシンガポール独立を勝ち取るも国土資源もないその中で、社会的システムの力だけで今日繁栄を手にしました。駐在の長い人やシンガポーリアンの人達が口々に「シンガポール はいいとこ取りの国だ。」と言うことを道路街づくり法律設計商売スタンスからも感じることができました。

地元民などがメインで食事をするホーカー(路上食堂)には政府から補助金が入り、かなり安い料金で食事をすることができる反面、観光客向けのレストランや各種施設には非常に高い料金を設定し一国の中で二制度を作り出しているのはキューバ国家運営と似ており、社会主義的なシステムを感じました。

他にもシンガポーリアンの教育に関しても本当に優秀な人には日本ではあり得ない投資をし、優秀な人材を徹底的に育成しそこからあぶれた人にもシンガポール内に視点を持つ企業には一定数のシンガポーリアンの採用義務付けたり、タクシー運転手はシンガポーリアンだけで独占し、他国の人はなれないような仕組みを作って自国民雇用生活保護する仕組みは中国でも一般的に行われています道路等に関しては左側通行日本と似たような仕組みなのですが、多くの車にドライブレコーダーが取り付けられ加えて街中にも多数の監視カメラでしっかりと統制された運用がなされています

昼間の混雑を解消する為に都市中心部を昼間のみ有料道路にし、混雑の緩和を金銭的なシステムで計ってるあたりは本当に賢いと感じました。

しか上記事情からタクシー運転手社会的地位他国より高く、乗車拒否は当たり前にしてくるそうです。自分も一回、タクシー運転手目的地を間違えて連れていかれ、引き返した分の料金も請求してきたので言い争いしましたが、平気で開き直ってきますプライドの高さを感じました。(当初の半額に値切りました)

日本占領統治下にあったこともあり、日本人に対して悪印象があるかビクビクしていたのですが、滞在中は特にそういった体験もせずに現在5万人日本人が滞在するシンガポールにおいて日本はいい隣人の地位を獲得できているようです。ただこれは同時に特別扱い等ではなく、大きなお金を落としてくれるお得意様という意味です。

滞在中に知り合ったシンガポール銀行にて投資担当している人は英語はもちろんアラビア語中国語も話して日々の仕事をしているとのことで、スキルを持った人にとってはシンガポール日本よりも税金優遇も大きく過ごしやすい街であることを伺いました。

特に魅力的に感じたのがシンガポーリアン自体華僑中華系)とマレーシア系の人が多いのですが多くの外国人労働者が各地域コミニティ形成しており、リトルチャイナやリトルインディアアラブストリートタイ系のショッピングセンターなどが近い距離に混在しており、多国籍文化を短い時間比較安全体験することができるところが非常にエキサイティングでした。

今回は1人での滞在だったのですが、今後子どもが大きくなった際には是非連れてきて色々な文化と触れる機会を持てればと思いました。

お土産としてはアラブストリートで買った香水瓶や、現地の旅行会社にお勤めの方に教えてもらったお菓子類がほとんど外れなくいい感じでした。機会があればぜひ使ってみてください。

https://gotrip.jp/2018/08/96312/

https://singaporetabi.com/bengawansolo/

パイナップルタルトプロウンロール美味しかったです。台湾パイナップルケーキよりも酸味があって、僕はこちらの方が好きでした。

2019-02-06

anond:20190206171957

人類歴史の中でそれが普通だろ

延々と繁栄が続くほうがレアなんだ

山賊が攻めてこなくても勝手に自滅する

2019-01-27

anond:20190127125605

電飾じゃなくて、ビルや家の生活の光こそ繁栄の印で。

そこに生きている人々を感じられるでしょう。

いっけん寂しい団地ばっかりのベッドタウンでも灯りがついていると

なんかほっとしませんか。

anond:20190127143834

よしじゃあ倫理関係で一番よくある例出すね。

ある国では、人口100人。このうち90人が極めて幸福暮らしていますしかしこの幸福は、10人の罪のない子供が幼くして死ぬレベル過酷労働使役されることに支えられています

この国は9割が極めて幸福であり、社会全体としては繁栄を続けていけます

これは善なのか?子供犠牲にしてるのに?

 

……という話がね、功利主義批判としてされるのだね。

人類繁栄するってのは、利益だよ。

利益善悪は別って話ね。倫理の基本だ。

anond:20190127143743

核ミサイルが本当に人類繁栄させるというなら、それは善。

anond:20190127143541

衰退が悪で、繁栄が善なのか?ということになるだろ。

たとえば核ミサイル作れば人類繁栄するとして、核ミサイルつくることは善になるのか?

2019-01-24

東京の優位性が崩れる事はないだろうけれど

個人的東京に住んでいる人達が「負け組」になる事はないだろうと思います

東京という街の経済的優位性は今後も変わることはないでしょうし、そうである限り日本で最も人が集まる土地である事が変わることはないでしょう。

また今後一票の格差が「改善」されていけば、最も多くの人口を抱える東京政治的な優位性もますます高まっていくでしょう。

文化面に関しては私は量より質の方が重要と考えていますが、しか裾野の広さが質の高さを定める要素である以上、東京文化的優位性も維持されるでしょう。

特に東京政治的優位性が強まっていけば極端な話、東京繁栄を最優先する「国政」が可能になる訳です。

優秀な若者だけを東京に集め、働けなくなった高齢者地方押し付けるといった事も、「合法的に」行えるようになるでしょう

これほど有利な立場にある東京という街が「負け組」に陥る事はまずあり得ません。

そしてそこに住む人達日本国内における「負け組」に陥る事もないでしょう。

多くの人にとって「たとえ東京の中で相対的に「負け組」になってしまっても、最低限のインフラさえも切り捨てられかねない地方に住むよりはマシ」となるからです。

これから東京に住んでいるという事実こそが、日本という国における「勝ち組」の最低条件になっていくのだと思います


遅かれ早かれ上に書いた様な状況なっていくのだと私は考えています

ただ切り捨てられた側の地方に残った人々が、「もうこれからは国の、東京意向に従う必要はない」となってしまうのも必然だと思うんです。

インフラ整備にお金を出してくれる訳でもなく、若者を奪っていき、不要になった高齢者押し付けてくる東京という街を、好意的に見れる人は少数派でしょう。

もちろん「実態は違う」という批判は出るでしょうが、実際はどうあれ、切り捨てられた地方に残った人々にそう見えてしまえば行き着く所は同じです。

私は百年後に九州が「○○省」になっていたり、北海道が「ヴァストカヤスク」になっていても不思議ではないと思っています

東京に切り捨てられた地方がそれでも生き残りを図る為に、日本以外の国を頼ることはむしろ当然の流れだと思うからです。

anond:20190123214918

anond:20190124163208

生物目標を【種】の繁栄個体数を増やすゲームだと仮定

1. 生物とは何かが曖昧である

目標を持てるのはある程度知能の発達した個体のみである

個体が、種とは何かを知らなければ種の繁栄目標にすることは出来ない。

人間の言う種とは何かを理解しているのは、人類の一部だけであり、おそらく元増田も含まれない。

ほとんどの生物は自らの種を認識していない)

2. 種の個体数を増やすゲームだとすれば人間は他の生物に圧倒的に敗北している。

一種個体数ではおそらく単細胞生物が最大。

生物種は個体を増やす方向に進化しているわけではない。

実際には、どの種も環境要因によって個体数は制限される。

生物個体は種を意識していないし、目的もない。

進化論的にはそれぞれの個体は、それぞれの環境において苦痛を避けたり、快楽を求めたり、なんだかわからない情念に動かされたりして行動しているだけ。個体が同じ目的を持っていなくて、一個体ずつバラバラに行動し、その中で運のよいやつが子孫を残し、運の悪いやつが子孫を残せない。ただし、すごく問題のあるやつは運が多少良くても子孫を残せない。子孫を残せないやつの子孫は残らない。子孫を残せないやつが子孫を残せないのは進化の仕組み上当然。そのぶん子孫を残せるやつが多くの子孫を残すことで種は進化していく。そのままにしておけば子孫を残せないやつに他者が無理やり子孫を作らせるのは進化に反する。ただし、そのままでは子孫をのこせない個体が、他者を利用したり医学を使ったりしてなんとかして子孫を残すのは問題ない。

anond:20190124163208

生物目標を【種】の繁栄個体数を増やすゲームだと仮定した場合

これが仮定なんだから

生物目標は【種】の繁栄個体数を増やすことではない。

と言ってるに過ぎないんでは。

ヨコだけど。

anond:20190123204458

いいんだよ、Aに適応しすぎると人類多様性を失い、いずれ訪れる環境の変化によって全滅するリスク高まる

人類はAに適用することで数を増やし、一定繁栄を迎えた、次のステップは個の多様性を取り戻し、Aから脱却することだ。

それは他の生物が持たず、人類けが持つ「科学」によってなすべきで、つまり環境や肉体に依存せず繁栄する手段確立するの事が新しい戦略となるわけ。

anond:20190123204458

ホントに「さんすう」レベル理屈しかなくて笑う。

生存のためのリソースが大量にあるとき、種が繁栄に向かうことは仮に前提だとしても(それ自体怪しいが)、たとえば狭い範囲に大量の個体存在して生存のためのリソースが限られる状況下など、種の数を増やすことの方が危険である場合もある。だから、種の本能には当然そのためのセーフティネットも組み込まれていると考えた方がいい。でなければ種が滅ぶのだから。たとえばリソースを使い尽くして滅んだイースター島文明などを参考にしてもよい。


そして現在の「地球」は、「人類」が際限なく個体数を増やしていい状況だろうか? 我々の生存必要リソースはまだ十分にあるのだろうか? 少し考えてみたらいい。中国14億、インド13億の人々全てに今の先進国並みの生活水準を実現したらどうなるか。その日は刻々と近付いている。それを敏感に感じ取ってか、実は、世界中合計特殊出生率は下がりつつある。先進国だけの話ではない。比喩でなく「人類」そのものが、何かを感じ取った結果として、「個を増やすゲームから降りつつあるのが現代という時代だ。

https://gigazine.net/news/20180325-population-bomb-defused/

そんな状況下でいまだに「個体数の増加が種の繁栄に繋がるので正しい」と主張する人間の方が、ちょっと生物としての本能が働いていないのではないかとさえ思う。そういう人こそが、正しい意味で「ワタシ(=個)の親族さえ増えればよい」という、限りなく「種よりも個」の幸福を追求する発想で動いているのではないか。もう神ですら「生めよ増やせよ地に……はもう満ちたからいいや」とか言い出しかねない状況である

そんなわけで、「種の本能」的な理屈で言えば、あなたには盛大にブーメランが突き刺さることになる。「種の本能」が本当にあなたにあるなら、あなたは、多様性肯定合計特殊出生率を下げつつある全ての人々の行為人類の現状をこそ、肯定すべきだろう。

まあ、あなたは本当は「種の本能信者なんかでは無い、本当はただただ自分子供の頃から慣れ親しんだ偏見を手放せず時代の流れに反発しているだけであることが認められない小人(しょうじん)に過ぎない、と私は思っているがね。

2019-01-23

ゲームオーバーの時は近い。

生物目標を【種】の繁栄個体数を増やすゲームだと仮定した場合

個体数を増やす方法は子を為すことにより達成される。

 ●○ → ●○●

個体には寿命があり一定期間で消滅する

 ●○● → ●

①②のルール個体を増やすためには、

●○のペアで子を3人以上増やす必要がある ……A


ここまでは簡単算数問題攻略できるが、困ったことが発生する。

【個】が意思を持ち始めたのだ。

【種】で考えるなら、全体の反映のために【個】の意思など必要ない。

●○でペアを作るのは絶対的ものであり、

●や○1人で生きることや、●●/○○では子を為せないため、

これらは「存在してはいけないもの」と定義されていた。

1人で生きることや●●/○○で対を為すことは

犯罪」「病気」と処理され、弾圧されてきた。

これが、【個】が意思を持つ近年まで、続いてきた。


が、ついに【個】が意思を持ち始めた。

【種】の繁栄より【個】の幸福を追求し始めた。

【個】にとっては【種】のことなんて正直どうでもいい。

自分人生自分のものなのだから自分幸せならいい。

単純明快な、目の前の目的が発生した。

するとどうだ。

Aについて問題提起をする人間が現れ始めた。

「子を3人増やすことを義務づけるな」

「子を3人増やすための経済的余裕なんてない」

「子を為せない人間気持ちも考えろ」

どれも当然一理ある。

【個】の幸福を追求することが前提なら、正しい言葉だ。

当然、正しい言葉なので支持される。感化される。共有される。

こうしてAを唱えることは、悪と評されることになった。


続いて別の所から声が上がった。

かつて「犯罪」「病気」と弾圧されてきた●●/○○が、

その弾圧を無くすよう訴えた。

これは当然だ。弾圧なんて無くするべきだ。

●●/○○は「犯罪」でも「病気」でもない。

【種】でなく【個】を重視するなら、それは純然たる自由だ。

こうして●●/○○は「犯罪」でも「病気」でもなくなり、

●●/○○であることを認められた。


が、これを利用する【個】が現れた。

「●●/○○はこれまで弾圧されてきた」

「でもそれは間違えていた」

「だから●●/○○は十全肯定しなければならない」

つの間にか●●/○○は、

単なるポジショントークの餌にされていた。

●●/○○に対して少しでも否定的なことを言うと、

ものすごい勢いでその人間弾圧することが正義になった。

でもそれは正義なのだ

【個】を重視する社会なのだから、それは正義なのだ

から今の時代は【種】について語ることは大変危険だ。

【種】の数を増やすゲームだと理解するなら、

Aだし●●/○○は不都合だ。

だが、それを口にすると弾圧される。

大多数が●●/○○になったら【種】は途絶えてしまう。

そんな【種】の視点で話をすることは、もはや悪なのだ

繰り返すが●●/○○の存在は認められるべきだし、

弾圧されるべきものでもない。

尊重されるべき【個】の生き方の1つだ。

ただ本来の【種】を増やすゲームの中では、

どうしても優先度は下がるのだ。


これから先【個】がさらに優先される時代が来る。

そのときには【個】が幸せであればいい。そう考えたくなる。

けれど【個】の幸福だけを追い求めるあまり

その【種】が圧倒的に数を減らしたとき

より数の多い【種】に、数の少ない【種】は、飲み込まれる。

いまの【個】が幸福を追求できるのは、

強大な【種】のシステムの上に成立しているのだ。

その自覚が無いと【個】はあっという間に消え失せるだろう。


今の時代は【種】について語ることは大変危険だ。

それを口にすると弾圧される。

生物目標である【種】の繁栄

個体数を増やすゲームに関しての言及は、許されない。

ゲームオーバーの時は近い。

【個】よ。どうか幸せに。

2019-01-22

関東関東関東!いいや島根だ!

面白そうなイベント面白そうなお店もみーんな関東ばかりじゃないか

いっそイベント島根県で開催することを義務付けすればみんな島根県に行くので繁栄するんじゃないのか

から関東一極集中はやめろ

2019-01-21

子供とか作るやつアホだろ

犬の方がよっぽどかわいいし手間かからない

ガキなんて育てて何になるんだよ

お前ら大家族否定論者だろ?

大家族肯定するなら家としての繁栄とか家族間の相互扶助みたいなところで

子供を作るってのも一つの合理的方法だよ

けど、核家族ってことになればそんなことする理由ないだろ?

それをなんとなくゴムなしセックスして負債だけ作るとかアホかよ

なあ?

アホなんだろ?

2019-01-19

インターネット揚げ足取りを見て思った

人間には他人発言の間違いを指摘したい欲求がある。きっとそうすると少し快感を覚えるようにできてるんだろう。

から文脈意図を読まずに、つい斜め上から目線で指摘や忠告をしたりしてしまう。

なんでだろうね?

やっぱり、人の認識の間違いを正すことが、その集団生存をすこし有利にすることに繋がり、結果的にそんなふうに進化したのかな?

それとも、そんなことは生存繁栄にはなんの役にも立たないけど、別の理由でそうしたくなるような心の仕組みができてるからかな?

投稿TweetDeckからになってるのは外注投稿

https://anond.hatelabo.jp/20190119103447 の続き

今日のプロブロガー(2019-01-15)(5) | MechaAG

高知柚子園のおばちゃんの件もそうだけど、イケダハヤト他人から好意を仇で返すんだよね。今回もイケダハヤト一生懸命擁護しようとした正田圭は、イケダハヤト言動で逆に傷口を広げる結果になってしまった。疫病神しか言いようがない

自分言動によって相手迷惑がかかることが、誇張ではなくて本当に理解できない・想像できないのだと思う。そういう部分の思考力が欠けている。

イケダハヤトは一匹狼としてしか行動できないので、長期的な繁栄を考えた戦略をとるのは無理で、短期的な利益を最大化するには焼畑農業しか選択肢がない。

https://mechaag.tumblr.com/post/182062972662/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%BC2019-01-1513:ttile]

ところでイケダハヤトtwitter外注システムを知らない人が少なくない。イケダハヤト過去ツイート適当に見繕って、最新の投稿のように投稿するシステム。界隈の誰かに金を払ってやってもらってる。投稿TweetDeckからになってるのは外注投稿。それを本人のリアルタイム投稿と思ってまじめにレス付けるの馬鹿らしいので、みんなやめるよう

今日のプロブロガー(2019-01-17)(6) | MechaAG

サル君が目指す社会は、大企業の中にあるんですよ。探し求めた青い鳥は実は一番身近なところに最初からいた、って昔話があるじゃないですか。サル君の理想サラリーマン社会の中にある!

今日のプロブロガー(2019-01-18)(4) | MechaAG

東大受験のための予備校試験に落ちたぐらい恥ずかしいことですかね。

まあでもイケダハヤトはこの調子じゃ、どうせ何かの会に入っても、遠から喧嘩別れして後ろ足で砂をかけて出ていくことがはっきりしたわけで、誰にも頼らず孤高の存在として生きていけばいいんじゃないですかね。

TIGALAの件で「いくらなんでもここまで子供だとは思わなかった」って人が多いんじゃ。炎上は芸であって、本当はちゃん損得勘定計算できる人だと思ってた人も多いんじゃ。等身大イケダハヤト理解されてよいことです

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん