「ミイラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミイラとは

2021-06-10

妹に足を刺された転生

妹はモスキートだった。あまりに巨大すぎて、部屋に入らない羽は畳んで入るようだった。

口では喋らないので、羽音で挨拶するなどが得意だった。

飲水主食であり、時折血を欲しがった。タンパク質が足りないが口癖だった。

妹は見た目が完全に虫だったので、学校では異端視された。

ストローなしでも牛乳が飲めることが特典ではあったが、牛乳から得る糖質は花の蜜ほどの効率性はないようであった。

そんな妹は時折邪神扱いを受けることがあった。奇妙な宗教家たちや、学校を住処とするオカ研の連中にである

彼らは妹の羽音を邪悪なさえずりと言って忌避して真言を唱えるなどした。

塩水を振りかけられたこともある。いかなボウフラからまれた妹とはいえ、塩水は堪えるようだった。

そういえば、母は妹を産んだ記憶がないという、そういえば僕たちと随分姿が違う。

ボウフラからまれとはいえ雌雄があってこそのものだ。なぜ母は産卵した記憶がないのか。

夏が来た。妹は例年通りタンパク質が足りなくなってふらつき始めた。

欲求としては何者かの血が吸いたいらしい。しかし律儀にモラリストの妹はタンパク質摂取を良しとしなかった。

肉は分解できず。大豆摂取できなかったので、妹はやせ細った。こうして兄の私は彼女タンパク質点滴のために病院に担ぎ込むのである

妹が入院して数日後、何やら不穏な噂が流れてきた。病院が閉鎖したという報告もないのに、病院廃墟になっているのだという。病院への支払いや引き落としは滞り無く済まされており、音もなく病院廃墟化したという事実はにわかに信じがたかった。それが噂ではなく実際であるという情報地域に広まるにつれて、私はいても立ってもいられず病院へと足を向かわせた。妹の容態も心配である

病院看板は黒くくすんで、文字は書き換えられていた。邪教の館と書かれている。私は恐る恐る正門をくぐると、受付でミイラ化している看護師たちを尻目に妹の病室へとあがった。これは何かがおかしい。明らかに常軌を逸している。私は額に脂汗をかき、階段を駆け上がった。なにかが崩れるような、産まれるような、奇妙な感覚が襲った。そしてやがて見えてきた妹の病室からは光が漏れだしていることを確認した。稲光のような閃光が部屋から漏れたかと思うと、部屋は静まり返った。

私は恐る恐る扉を開けてみた。そこには奇妙なカプセル風の器具と、羽をはやし、人間のような姿をした、しかし人ではない異形のものが立ちふさがっていた。その元妹であった何かは私に向かって述べた。

「我が名はパズス邪神なり。今後とも​よろしく――」

私は妹の新たな人生に涙を流して拍手した。

anond:20210610154421

2021-04-18

anond:20210418082854

古臭くてミイラみたいにならないと、

評価」が出来ないという側面もあるにはある。

anond:20210417094715

古臭くてミイラみたいなライナップだけど、

チャート音楽日本チャート音楽が酷いというのには同意する

人によって好き嫌いはあるけど、結局音楽の話をしている時に

外見とか出す時点でてんで幼稚、論外

2021-03-29

anond:20210328182230

エジプトでは新たに発見されたファラオミイラの公開展示が直前に迫る中でコンテナ船座礁ビル倒壊→列車脱線と立て続けに不幸が起きて「ファラオ呪い」と噂されてるぞ

2021-03-21

anond:20210320193128

根菜は土というカビの塊のなかで地上部と手と手をとりあって生き抜いてきた物

それを地上部切り落として根っこだけで貯蔵しようとか傲慢にもほどがある

じゃがいもさんは放射線照射してありとあらゆるカビ菌を殺して発芽能力も殺して冷蔵庫に迎え入れられる

しかネギの根っこなどからカビ菌が這い寄る

ビニール袋で遮断すれば水気がたまって余計溶けてダメになる

地上にいられれば青くサポニンをためて人間でも虫でも毒で殺せたのにな

 

さつまいもなど冷蔵庫にいれると低温障害、だせば発芽かカビ

なら人参はどうか

放射線照射さえしてもらえない

ビニールにいれればわりと保つが根っこと芽がでてくる

まりどういうことか

 

根菜のほうが持たない(大根ごぼうだけは例外

これが結論

 

追記

 

人参ビニールから出して冷蔵庫にいれると黒くしわしわになってしなびていく 本当に小さく縮んでミイラみたいになる

でも密閉してしまうと白カビ、発芽、発根する

なので中途半端に口をあけて冷蔵庫野菜室(いちおう小さなアナあいた袋のことがおおいからそれでもいい)か、

いっそカレーにいれて煮込んで冷凍が正解のような気がするぞ

JAはいったいどうやってこれ貯蔵してるんだ

土中ってやつか?

2021-02-28

異常性癖極北

どこにあるんだ

俺的には、よく言われるドラゴンカーセックスは大したことない

人類機械文明代表としての車を、大自然暴威非科学化身としてのドラゴンが犯す そこにマゾヒズム快楽を見出す、みたいな話だろうと思うと理解できるし、そもそもセックスの延長である時点でまあ普通性癖(誤用)の範疇

ドラゴンカーセックス絵を見たって、「面白い」「世界は広いなあ」「これマジなのか?」くらいの感想しか湧いてこない べつにダメージは負わないんだ

やっぱり、人格排泄くらいの、見ただけでわりと忘れられないほどの衝撃を受ける性癖(誤用)になってはじめて最強議論俎上に乗れる感じがある

人格排泄(人格射精という一派もある)、すごいんですよ

増田にすら書くのをためらう感じがある スカトロ度は低いんだけど、ジワーっとくる嫌〜な感じがある 

なんか、消化器官にとどまってるうちに、人間人格を吸収する、謎のゼリーみたいなものがあるんだ 

それが体内にあるうちは人格を保ってられるんだけど、排泄してしまうと、ゼリー人格が乗っていってしまって、廃人になる

スカトロ系の、「尊厳を保つために我慢していたが、ついに限界を迎えて決壊してしまう」っていう要素をさらに強化した感じなんだろうな、理屈としては

ただ我慢できずに排泄をしてしまうだけではなく、その行為によって自身もの言わぬゼリーになり、実質的に死んでしまう その要素を加えることで、一種リョナ的な雰囲気も足されている

すごいんスよマジで 個人的には四肢損壊とかより全然怖い しばらく嫌な気分が残るもんな

<モルゲッソヨ>みたいなジャンル(?)もあるっぽい 人格排泄の人と同じ人が描いてた気もするから、もしかするとひとりとんでもない奴がいるってだけなのかもな

モルゲッソヨ化は、比較オーソドックス石化あたりの延長にある なぞのずた袋みたいなものを被せられた人物が、モルゲッソヨと呼ばれている像に変質する まあまあ怖い

その関連で言うとショッカー戦闘員みたいなのも見たことあるな カッコよく戦っていた強い人物が、洗脳されて「イーッ!」しか喋らないモブ戦闘員と化す 悪堕ち尊厳破壊を足した感じなんだと思うけど、正直俺には理解できん

 

やべ〜と思った奴を思い出してみたけど、こうしてみると尊厳破壊みたいなのが多いな

個人的には、「オーソドックスな性行為がまったく含まれていないが、あきらかに性欲を原動力としている」ような性癖(誤用)ほど凄みを感じる

結局セックスしてるようじゃあ雑魚感が否めなくて、そういう意味では石化マミフィケーション(人間が包帯や蜘蛛の糸などに巻かれてミイラみたいになる)はカッコいい

やっぱでも、人格排泄が忘れられねぇわ

人格排泄を超える衝撃的性癖(誤用)、なんかない?

2021-02-23

大村知事へのリコール署名捏造問題

トリエンナーレの一部の展示物に反発した保守と、その展示物を正当化する左翼対立というわかりやすい構図だったのに、保守側が捏造署名民主主義破壊しようとして日本に仇を為す反体制化しちゃっているからもう訳がわからない。

保守を名乗っていた人たちの皮を剥いたら中身は共産主義に染まった左翼だったと言う・・・

これは左翼(共産主義)と左翼(社会派)の戦いだ。

保守を自認する彼らが実は彼らが最も嫌う左翼のものであったという、ミイラ取りがミイラになったようなお話なのはなんとも皮肉な事だなと思う。

2021-02-16

anond:20210216154316

今や張り付いてて草

ミイラ取りがミイラになってるな

憐れ

2021-02-13

許容される差別と許容されない差別は何が違うか?

森さんがオリンピック委員会責任者を辞任した。理由女性に関する発言である女性蔑視の発言で許されないとか、いやいやこれは身内の人を持ち上げるだけの枕詞だとか、いますぐ辞任しろとか、次の人が気に食わないとか、いろいろ話が出てきているが、その反応のなかで気になるのは「老害」とか「老人」をあげつらうことばである

許すべきではない発言というのは、基本的個人が生まれつき持っている属性や、変えることが難しい属性に関してそれを持たない人が行う場合だ。これには次のような例がある。

現代社会ではこのような変えることができない、もしくは帰ることが著しく難しい属性に対して、それを持たない人が批評すべきではないのだ。心の中で「男は頭が悪いな」と思っても、それを言葉にして男は頭が悪い発言することは悪であるという認識を持たないといけない。その瞬間、ミイラ取りがミイラになっている。ダークサイドに入ってしまうのだ。

女性差別だけではなく、他の変えることのできない属性をあげつらう社会が変わっていくといいなと思う。

2021-02-06

今の日本ネットって国益になってなさそうなのに、よく放置されてるよね

百科事典的に、単なる調べ物に使っている時代はよかったけどさ。

毎日多くの人が、政治やら、晒しやらに多くの時間を費やしている。


みんなドンドン馬鹿になってると思うんだよね。

バカを叩いていたら、いつの間にかミイラ取りがミイラになったんじゃないかな。


もう日本語圏のネットなんて、検索してもちょっと難しい知識になると解決しないかプログラミングのように一部の分野に偏っている。

ネットはもうダメだと思って、書籍に戻ったとしても、もう売れているのはネットで出てる酷い部分を集めたようなもので、

長期的に参考文献として使えそうな書籍は、いつ消えそうかといった状態だ。

金と労力がかかっている情報より、無料で見える方が広まって強いのだ。


アメリカ反知性主義」で起こっていた、信仰ビジネス化の悪い部分を輸入してしまっているのではないか

2021-01-26

今更だけど2020年に読んだ本

1月(15冊)

池澤夏樹個人編集 世界文学全集II-11所収 ピンチョンヴァインランド

前野ウルド太郎バッタを倒しにアフリカへ」

ドナルド・キーン「百代の過客 日記に見る日本人」★★★

岡地稔「あだ名で読む中世史 ヨーロッパ王侯貴族の名づけと家門意識をさかのぼる」☆

ドナルド・キーン「百代の過客〈続〉 日記に見る日本人」★★

町田康くっすん大黒」☆

西村淳「面白南極料理人

町田康夫婦茶碗

西村淳「面白南極料理人 笑う食卓

青山潤「アフリカにょろり旅」

石川啄木ローマ字日記

今尾恵介「ふしぎ地名巡り」★

奥野克巳「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らし人類学者が考えたこと」

ピーター・ゴドフリースミスタコの心身問題 頭足類から考える意識起源

西村淳 「面白南極料理人 名人誕生

現代語訳対照枕草子(上)」田中太郎訳注

2月10冊)

現代語訳対照枕草子(下)」田中太郎訳注

タミム・アンサーリーイスラームから見た「世界史」』★★★

ミカエル・ニエミ「世界の果てのビートルズ

アミン・マアルーフ「アラブが見た十字軍」★

池澤夏樹マシアス・ギリの失脚

テッド・チャン「息吹」★★

田尻祐一郎「江戸思想史 人物方法・連環」

ピエールバイヤール「読んでいない本について堂々と語る方法」☆

子安宣邦江戸思想史講義」☆

イリヤ・ズバルスキーサミュエルハッチンソン「レーニンミイラにした男」☆

3月12冊)

「1491―先コロンブスアメリカ大陸をめぐる新発見」★★

マイクル・フリン「異星人の郷」上巻。

マイクル・フリン「異星人の郷」下巻。

ボッカッチョデカメロン 上」(河出文庫

ヤスミナ・カドラ「昼が夜に負うもの」。★

チャールズ・C・マン『1493――世界を変えた大陸間の「交換」』★★★

ボッカッチョデカメロン 中」(河出文庫

ジョン・サザーランドヒースクリフ殺人犯か? 19世紀小説の34の謎」

甘耀明「神秘列車

ボッカッチョデカメロン 下」(河出文庫

東京創元社編集部「宙を数える」

4月12冊)

東京創元社編集部「時を歩く」

東京創元社編集部「年間日本SF傑作選 おうむの夢と操り人形

葉月十夏「天象の檻

春暮康一「オーラメイカー」★★

高丘哲次「約束の果て―黒と紫の国―」

堀晃ほか「Genesis万年の午後 創元日SFアンソロジー

江戸川乱歩作品集I 人でなしの恋・孤島の鬼 他」

水見稜ほか「Genesis 白昼夢通信 (創元日SFアンソロジー 2) 」

江戸川乱歩作品集II 陰獣・黒蜥蜴 他」

今野真二「振仮名歴史」★★★

村上春樹ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集」★

サリンジャー「このサンドイッチマヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年」。

5月(13冊)

江戸川乱歩作品集III パノラマ奇談・偉大なる夢 他」

林俊雄「興亡の世界スキタイ匈奴 遊牧文明」★★★

清水勲「ビゴーが見た明治職業事情

原聖「興亡の世界ケルトの水脈」★★

夢野久作「瓶詰の地獄

大森望責任編集NOVA 2019年秋号」

パク・ミンギュ「短篇ダブル サイドA」☆

パク・ミンギュ「短篇ダブル サイドB」

チョン・ソヨン「となりのヨンヒさん」

森谷公俊「興亡の世界史 アレクサンドロス征服神話」★

三方行成「トランスヒューマン ガンマ線バースト童話集」

三方行成「流れよ我が涙、と孔明は言った」

高山羽根子オブジェクタム」

6月12冊)

宮内悠介「スペース金融道」。

草野原々「最後にして最初アイドル

石川宗生「半分世界」★

「ガラン版千一夜物語 1」★★★

「ガラン版千一夜物語 2」

「ガラン版千一夜物語 3」

「ガラン版千一夜物語 4」

「ガラン版千一夜物語 5」

「ガラン版千一夜物語 6」

オースン・スコット・カード無伴奏ソナタ

ジョン・サザーランドジェイン・エア幸せになれるか?―名作小説さらなる謎」★★

アン・マクドナルド火星夜想曲

7月12冊)

ジョン・サザーランド現代小説38の謎 『ユリシーズからロリータ』まで」

J・P・ホーガン未来からのホットライン

ロバート・アーウィン「必携アラビアン・ナイト 物語迷宮へ」★

クリストファー・プリースト奇術師

ルーシャス・シェパード「竜のグリオールに絵を描いた男」

ウィルワイルズ時間のないホテル

ヴァージニア・ウルフ「ダロウェイ夫人」(光文社)★★★

栗田伸子・佐藤育子「通商国家カルタゴ」★★

アーヴィングアルハンブラ物語」上巻☆

アーヴィングアルハンブラ物語」下巻

J・P・ホーガン創世記機械

J・P・ホーガン未来の二つの顔」

8月10冊)

ジュリアン・バーンズフロベールの鸚鵡」

松谷健二カルタゴ興亡史 ある国家の一生」★★★

イアン・マクドナルド黎明の王 白昼の女王

松谷健二「東ゴート興亡史 東西ローマのはざまにて」★★

ピーター・S・ビーグル「完全版 最後ユニコーン

松谷健二ヴァンダル興亡史 地中海制覇の夢」★

オルガ・トカルチュク「逃亡派」☆

ユヴァル・ノアハラリ「ホモデウス テクノロジーサピエンス未来」上巻☆

ユヴァル・ノアハラリ「ホモデウス テクノロジーサピエンス未来」下巻

シュティフター晩夏」上巻

9月(14冊)

シュティフター晩夏」下巻

岡嶋裕史「5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ」

住吉雅美「あぶない法哲学 常識に盾突く思考のレッスン」★★★

西田龍雄アジア古代文字の解読」☆

山内進『北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大』★★

マリオバルガス・ジョサ(リョサ)「嘘からたまこと」

吉岡乾「現地嫌いなフィールド言語学者かく語りき。」

原田実偽書が揺るがせた日本史」☆

ルーシャス・シェパード「タボリンの鱗 竜のグリオールシリーズ短篇集」

オルガ・トカルチュク「昼の家、夜の家」

森安孝夫「興亡の世界シルクロード唐帝国」★

後藤明「南島神話」☆

A・レシーノス原訳「マヤ神話 ポポル・ヴフ」

杉勇、屋形禎亮「エジプト神話修集成」。

10月(15冊)

八杉佳穂「マヤ文字を解く」★

トンマーゾ・ランドルフィカフカ父親

加藤文元「宇宙宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃」★★

スティーヴン・ミルハウザー「三つの小さな王国

エイミー・B・グリーンフィールド完璧な赤 「欲望の色」をめぐる帝国密偵大航海物語

リン・ディン「血液石鹸

ヴァールミーキ著、中村了昭訳「新訳 ラーマーヤナ1」

ザカリーヤー・ターミル「酸っぱいブドウ はりねずみ

ヴァールミーキ著、中村了昭訳「新訳 ラーマーヤナ2」

ダニヤール・ムイーヌッディーン「遠い部屋、遠い奇跡

ヴァールミーキ著、中村了昭訳「新訳 ラーマーヤナ3」

プラープダー・ユンパンダ」☆

ヴァールミーキ「新訳 ラーマーヤナ4」

チュット・カイ「追憶カンボジア

馬場隆弘「椿井文書 ――日本最大級の偽文書」★★★

11月(12冊)

ヴァールミーキ「新訳 ラーマーヤナ5」

タクブンジャ「ハバ犬を育てる話」☆

井伏鱒二山椒魚」(新潮文庫)★★

志賀直哉清兵衛と瓢箪網走まで」(新潮文庫)★★★

ヴァールミーキ「新訳 ラーマーヤナ6」

ホアン・ミン・トゥオン「神々の時代」★

カズオ・イシグロ充たされざる者

池上英洋・川口清香美少年美術史: 禁じられた欲望歴史

ヴァールミーキ「新訳 ラーマーヤナ7」

プラープダー・ユン地球で最後のふたり」☆

ソーヴァデーヴァ「屍鬼二十五話―インド伝奇集」☆

プラープダー・ユン「鏡の中を数える」

12月(12冊)

グレアム・グリーン第三の男

ローデンバック「死都ブリュージュ

ショレム・アレイヘム「牛乳屋テヴィエ」

池上英洋・荒井咲紀「美少女美術史 人々を惑わせる究極の美」

ヤスミナ・カドラ「カブールの燕たち」☆

ホセ・ドノソ「夜のみだらな鳥」

カズオ・イシグロわたしたちが孤児だったころ」★★

ロレンススターン紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見」上巻

ロレンススターン紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見」中巻

ロレンススターン紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見」下巻

ハン・ガン菜食主義者」★★★

マリオバルガスリョサ「継母礼賛」★

漫画(22冊)

入江亜季「北北西に曇と往け」(一)~(四)

浅野いにお短編集 ばけものれっちゃんきのこたけのこ

八木ナガハル物質たちの夢」

詩野うら「有害無罪玩具」★★

詩野うら「偽史山人伝」

道満晴明ニッケルデオン」【赤】【緑】【青】

中村明日美子「Aの劇場 新装版」★★★

panpanyaおむすびの転がる町」

中村明日美子「Bの劇場 新装版」

石黒正数「Present for me」

水上悟司「放浪世界

須藤佑実ミッドナイトブルー」☆

澤江ポンプ「近所の最果て」

道満晴明メランコリア上下巻★

カシワイ「光と窓」

ヨシジマシウ「毒百合乙女童話

総評

月ごとに一番面白かった本を3冊選び、★をつけた。ただし、どうしても入れたかったものは☆をつけた。月ごとの順位なので、たとえばパク・ミンギュにはもっと星をつけたいのだがそれが反映されていない。

数えてみたが、2020年に読んだのは活字149冊、漫画22冊だった。毎月12から13冊読んでいると思っていたので、単純計算で150冊を超えると思ったが、ぎりぎり足りなかった。とはいえ、毎月10冊という目標は達成している。

1年を通して見ると、ノンフィクションばかり読む時期や、SFばかり読む時期などが明確に交代していることがわかる。特に4月から6月SFファンタジーほとんどだったが、8月以降SFを全くと言っていいほど読んでいないし、逆に11月、12月は1冊をのぞいてノンフィクションがない。

また、芥川賞をはじめとした日本現代文学ほとんど手に取っていない。ベストセラーエンタメホラーもない。逆に、韓国タイペルーチリなど、日米欧以外の海外文学割合が高い。

意識してきたわけではないが、自分の好むジャンル科学歴史ノンフィクション神話、行ったことのないラテンアメリカアジア文学メタフィクション的であったり奇妙な味がしたりする短篇集、古典であるようだ。一方で、女性作家割合は低く、特に日本現代女性作家ほとんど手に取ってない。一時期は多和田葉子だとか江國香織とかをよく読んでいたので女性作家が嫌いなわけではなく、ヴァージニア・ウルフも好きだし、ハン・ガン自分の中では大当たりだったので、もう少し割合を増やしてもいいかもしれない(追記。身につまされる話よりも読んでいて気持ちのいい本を読む率も増えた)。

割合の話でいえば、大学時代はもう少し文豪作品を多く読んでいたように記憶している。それと、いくつから例外を除き、世間の動きや話題とは遊離したチョイスばかりである。世の中から目を背けているわけではないが、日々の雑事とはまた違う視点に立てたのはありがたかった。新型コロナウイルス関連の記事ばかり読んでいては気がめいってしまう。

今年は少し冊数が少なくなるかもしれないが、引き続き毎日の気晴らしとして、気が向いたものを好きなように読んでいきたい。

以上。

2021-01-20

フラット化し過ぎたネット行方

ネットが普及してフラット化し過ぎた。

アメリカの注目してなかった部分が可視化されて、アメリカ事情通と自負していた人達が、見えてなかったアメリカを知ろうとして

ミイラ取りがミイラになった。

自分よりも良い生活をしている人が多くいるのが可視化されてしまった。

地方から東京に出ていけば良い生活ができるかと思ったら、今度は海外の方が良い生活だとマウントされる。

上には上の人がいる人が可視化された。多少の努力では既に有名な人にはかなわない。

人気YouTuberや既に有名な芸能人がより有名になるようなシステムしか残されていない。


新しく何かサービスが出てきたとしても、既に有名な人が搔っ攫っていく構造になってしまった。

既に巨大で有名なところは新しく出始めたのをパクれば安泰となってしまっている。


もう昔のように既得権益への対抗もなくなったし、ネット自体既得権益を守るようになってしまった。

2020-12-30

anond:20201230004110

人間ミイラ薬や絵の具にしたりしてるしヘーキ

かつお節を一番最初に考えついた人って

ヤバくね?

生物ミイラにして削って粉にして食うとか絶対サイコパスだわ

2020-12-17

30超えてからの体の変化まとめ

32歳

はてな若い人が多いと思うけど、じじいのおせっかいだと思って聞いてほしい

・食欲が一気になくなる

大盛り、食べ放題、揚げ、などの単語に全くときめかなくなった。

油物は特にちょっと食べたら胃もたれする。次の日の夕方ぐらいまでもたーっとする。

脂っこいものお腹いっぱい食べたいという欲求若いうちに満たしておこう。

・寒さに弱くなる

子供のころは年中半袖、20代もほぼコートなしで過ごせたが、いきなり寒がりになった。

特に足元の冷えが急に来た。

若いうちに出来る対策はほぼないけど、寒くなったら着る毛布とかおすすめ

・肌がすぐガサガサになる

乾燥とか気にしてなかったのに、ちょっとエアコンつけただけでミイラ

若いうちにスキンケアを怠った反動もあると思う

つやつやのうちでも適当スキンケアやっとこう

風邪がなおりにくい

たまにしか引かない風邪夕方には治っていたのだが、冬に2回ぐらい体調壊すようになったし一週間はだるい感じが続く。

寒さに弱くなったのと関連するかもしれない。

これはどうしようもない。いつまでも若いと思わないこと。

ぎっくり腰をやる

自分だけはぎっくり腰にならないと思ってた。

運動もしてるし体も丈夫。でも突然やってきたんだ。

うつ伏せで本読むとか、机の高さにあってない椅子とか、とにかく変な姿勢には気をつけた方がいい

・目が悪くなる

1.5キープだったのが、徐々に遠くのものが霞むようになってきた。

まだ眼鏡はいらんけど、かなりショック。

若いうちに見たいものを見ておこう。

感受性が悪くなる

若い頃の、パッと聞いてこの曲好きとか、ちょっと読んでこの漫画面白いとか、そういう感じがなくなってくる。

というか新しいものに手を出すこと自体かなり億劫になってくる。

若いうちに大量に摂取しておこう。

30代から好きになったもので、心の底からというものにまだ出会えていない。

野球に例えだす

全く野球とか見ないのに、仕事成功した後輩に「ホームランじゃん」、リスクを負って成功してたら「盗塁できたようなものだねー」とか言い出すようになった。

なんでだ。

ダジャレ下ネタもそうだけど、かなり意識して自制しないと言っちゃうんだと思う。

2020-12-14

Appleとか任天堂とかって昔は信者が痛かったけど

今はアンチのほうが「絶対に新製品否定してやる」って感じで痛いよね

彼らは「絶対に新製品肯定する信者」を否定しているつもりなんだろうけどさ

ミイラ取りがミイラになったってやつ

2020-12-09

anond:20201209191159

すいませんね……ミイラ取りがミイラに……昨日の味方は今日の敵……

2020-12-04

未来少年コナンが教えてくれたこ

まず、この作品未来少年と言いながら、主人公中年の髭を生やした船長であった。

中年船長はペ…、ロリコンであった。

彼は歳の大きく離れた美少女に恋をしたが、現代日本において児童婚違法であり、またそのような恋が実るはずもない。

最終回大円団」で彼は潔くJSを諦め、姉さん女房、肝っ玉母さん、「私はあなたママです」な成人女性結婚する。

まりロリコンマザコンになったのである

古くはミイラ取りがミイラになり、現代ではゾンビハンターゾンビになるのである

歴史上有名なロリコンといえば、古くはナボコフロリータゲーテ晩年失恋少女結婚したが金を持ち逃げされたゴーギャンが思い浮かぶ

しかし、未来少年コナンの作者は、そんな幻想は捨てろ、目を覚ませ、成人女性恋愛対象しろ、と作品で熱く訴えかけてくるのである

これは作者の実体験に基づいているのではないか、そう思えるぐらいの説得力であった。

中年や老人がJSに恋をしてもJSとの恋愛成就するはずがないのである

JSはただ足の指の力が異常に強いDS駆け落ちして村を出ていくだけなのである

これが後のJavaSctiptと任天堂DSであった。

我々老人はJSを遠くから眺めながら、嫌々JavaScriptを書き、ゴロ寝して任天堂DSで遊ぶのである

そう考えるだけで未来少年コナンを観るのがつらくなるのである

未来少年コナンの代わりに名探偵コナンを観ても、非実在ロリババアに恋をするのでよろしくないのである

から、我々老人はバーバリアンのコナンを観るべきである

フランク・フラゼッタ画集を観ながら、おっぱいおっぱい!と悶えるべきなのである

2020-12-02

anond:20201202025258

しろインストールするんだよ

ミイラになろうがなんだろうが、燃えればそれでいいだろうが。

俺はネトウヨブサヨリベラルネオナチも女叩きもフェミニストヴィーガンヴィーガン叩きもやってるけど、

やっぱそれぞれの立場になると、正論っぽい部分だとか共感できる部分はあんだわ。

他人の正しさと自分の至らなさを認めないと本当の炎上は作れないよね。

2020-11-16

ミイラ100基、凄いけど王のためにこの規模で殉死するのか、何人かの王の墓があったのか…

前者だったら恐すぎる

2020-11-15

ミイラが見つかったみたいだけど

まだまだ未発見のことってあるんだねえ

なにが明らかになるのかわかんないけど、ワクワクする

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん