「非常事態宣言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非常事態宣言とは

2020-08-11

anond:20200811123611

西浦教授が手伝っていた厚生労働省特別対応班が、追跡調査で十分に対応できる数としてその程度言ってた。

それぐらいの数まで押し戻すのが非常事態宣言意味で、その後はそこをラインに繰り返し抑制をかけていくしかないとのこと。

2020-08-01

日常コロナについて現状までと政治的課題~目指せ完全テレワーク

 武漢から発したcovid-19の感染拡大によって日常生活が変わった訳だが、個人的には主にテレワーク中心の生活なりメリットが多かった。ワクチン開発が進み、新しい展開がテレワーク以前に戻りたくない私にとってどのような影響を及ぼすかを考えるため、文字に起こしてみようと思い書いている。

 (なお、だいぶ長くなったので、ワクチン開発の影響までいかず、まずは現状まで書いている。そちらもすぐ書く。)

 なお、私は独身であるので、子持ちだと状況はかなり違うかもしれない。ただ、そういった状況も出回ってないか情報発信してもらえればと思う。

 はてなは「保育園落ちた日本死ね」のように世論形成によって社会が変えることができる場所でもあるので、積極的に行ったほうがいいと私は思っている。


 さて、テレワーク4月から始まった。制度はあっても名ばかりであったテレワークを強いられたわけだが、内心非常にうれしかった。実際にメリットを具体的に挙げると、

仕事自体効率よく進むし、

仕事をする環境ストレスもかなり軽減できた 好きなだけお菓子を食べ、動きやす服装で勤務できた し、

オフィスに行くために朝早く起きる苦痛生産性のない時間から解放された

・(これはいまだに上手く出来ていないが)旅行先で働いたり実家にしばらく戻るといった自由場所で働けるようになった。

 もちろんデメリットもあって、すでに知られているように同僚とのコミュニケーションは減って、属人的になっているノウハウが共有されなかったり、ひらめきやアイデアは少し生じにくい環境となったように感じる。といってもしばしば否定的文脈で語られる喫煙所飲み会雑談物事が決まるというのが実は結構大事だったという程度のインパクトしかない。

 この少しばかりのデメリットしかなく、一方でかなりのメリットが私にもたらされた。そのデメリットにしても比較簡単な工夫によって解決可能であろう。

 

 時は進み、もう何月だったからか覚えていないが、完全テレワークから週数回出社に戻り、それが常態化している。出社するときは「はんこ出社」のような職場しかできない業務をしている。正直、出社時はほかの出社していない人にかかってくる電話も取られなくてはならず、また、人付き合いに気を払わなくてはならないし結果、生産性は落ちる。お菓子食べ放題はいかず、テレワークの快適さは大きく損なわれ、帰るとどっと疲れたと感じる。

 名ばかりであったテレワークの本格運用によって強いられたテレワーク対応システムアップデートも一巡し、その中で取り残された課題が明確になったが解決への動きもなく、放置され続けている。この中途半端対応によって、私の生産性QoLの向上は数か月STOPしてしまった。

 経営者はこの中途半端な状況を認知しつつも、個人的な状況なのか多数派なのか状況整理ができていないように思われるし、安倍政権の指針がコロナ前の環境に戻そうとするものになっているから、お上に逆行するかもしれない完全テレワークにも舵を切れず、現状に従えばいいといってお茶を濁しているように思えてならない。

 一労働者としては、完全テレワーク化すればどれだけ幸せになるだろうかと思い、今を過ごしている。

 なお、個人的には安倍政権経済を最大化したいと考えたときにすべき施策現在は十分ではないように思える。ひたすらに、ビフォーコロナ再現志向するのは、同時に将来の経済成長の伸びしろの芽を摘み取っていて国益を損ねていると思う。以前にも増して電子機器オフィスインフラ需要は出てきているし、今推進しているワーケーションインフラ整備も喫緊だと感じている。この両者は背反せず、むしろ、新たな成長戦略の一つであってもいいと私は思う。——とはいえ、詳しく知らないが自民党の従来の票田目的バラマキ先とは異なるかもしれず、なかなか難しいかもしれない——

 足元で地方ではネットが繋がらない、繋がっても遅かったりしたり、そうした不安払拭する情報は出回っていない。実際にワーケーション実践したが、通話ウェブ会議ができる静かな環境は探すのに苦労する。

 余談だが、職場PCネットが切れると再起動しなくてはならないシステムかつ再起動するとデータがすべて消える仕様なので、クラウド等に保存していないと時に突然ネットが切れるとそれまでの仕事成仏(笑)してしまう。このため、ワーケーションが在宅勤務に比べ制限が多く満足度が下がってしまものではなかなか気が進まずに普及を阻害することになっていないか、強く懸念している。

 なお、ウィズコロナとなっている現状は上記身の回りだけでも鉄道会社オフィス賃貸需要が減退しネガティブな影響を与えるだろう。また、ロビイスト政権に大きく食い込んでいるようにしか見えないGO TO TRAVELが強行されたのも、航空、宿泊観光業危機的な状況というのも想像に難くないし、票田確保に重要なのだろうなと思っている。

 票田確保はやってくれてもいいのだが、私にもそのメリット享受させてほしい。

 国会議員内閣の皆さんは、非常事態宣言の時のように各都道府県や各企業は協力を惜しまず従ってくれたことを思い返して、今後、納得感がある政策与野党関係なく打ち出してもらいたいと思う。私のような人もたくさんいるだろうから、その支持が欲しかったら、ワーケーションが浸透できるように働き方改革の推進をバージョンアップしてより強力に進めてもらいたい。

 具体的にはそういう目的設備投資補助金を出すべきというのが私の考えである。そんなこんなで完全テレワークが実現したら長期でワーケーションして、きっちりお金落として日本に貢献するお。

ーーー

 データを改めて取りそろえたわけでなく、個人的経験に頼ったところも多いので、意見としては一般化しきれないが、共感してくれる人も多いと思うので、誰かがより洗練させ強力な意見として希望が実現できれば幸いです。

 

2020-07-30

コロナ感染して後遺症残ったら、安倍とその支持者を一生恨むわ。

森本で堂々と偽証をした時点で、遅くとも桜の会で引きずり下ろしておくべきだった。

非常事態宣言の速すぎる解除、6月7月の無策、状況判断を誤りまくってるGoToキャンペーン

日本を滅ぼしたいとしか思えない。

安倍とその支持者は売国奴人殺しだよ。

2020-07-25

ウィズコロナ時代の到来

ネットでは第二波が来たと大騒ぎしているが、今流行っているコロナほとんど重症化しない。

ほかの風邪と比べてみても、それほど違いはない。

政府非常事態宣言を出さないのも、それが理由である

そして、何十年掛けても風邪ワクチンが作れなかったように、コロナワクチンも作れることはないだろう。

人類は生涯にわたって、何度も新型コロナ感染し、やがて嗅覚を失ってゆく。

人口の大半が嗅覚を失うと、誰も体臭の臭さを気にしなくなる。

腋臭ケアをしない人が増えれば、腋臭匂いはするのが当たり前という社会になる。

2020-07-23

はてなを見初めて約半年がたった

最初twitter?から2月平穏のもの政治ニュースとか難しくて見たことなくて皆世界情勢とか株(未だにわからない)とかを語っていて頭良いなと思っていた

3月に入ってからコロナで一気に空気が変わり私もニュースを見たりし始めた、そこから色々なことを学んだ

主にコメントが出来るニュースを見て人のコメントを眺めていたが様々な考えをしている人たちが意見を参考にして友人達にそのままドヤ顔で言っていた

そこから非常事態宣言時間が出来貪るように見だし7月初めからコメントをしようとしていたら天啓的に頭の中にこんな文が降りて来た


「なんで皆国にああしろこうしろという主張をネットに書き込むだけで実際に現実で声を上げそれを主張し伝えようとしないんだろう・・・・?」



例えば今日だとGotoやめさせて、非常事態宣言を再度出して、アベノマスクやらに使った税金医療に回してほしい等、はてなに書き込めば叶うことなのかな?と思った

それは「抗議活動は、いかなる民主主義国においても、試金石役割を果たす」をなしていないな、とそして与えられた民主主義から日本風習~とか言い訳されるさまもすぐに頭に浮かぶようになってしまった

戦前から変わらないのは政治家や制度ではなく何も行動しない国民というコメントをそんな考えの時見つけて初めてスターボタンを押してしまった

それじゃあ社会文化、国や制度がどんどんおかしくなるのも仕方ない根源たる病原的原因ではないのかな?という考えは未だにこれが正解だという気持ちが消えない

思ってからは早くyahooを見てもtwitterを見てもそのことばかり疑問に思うようになったのはアメリカのあのやりすぎな抗議デモが散々テレビでやっていたからかもしれない

最初インターネット匿名ニュースコメントする様を誰もかなえる人がいないのと同じ七夕短冊に思えていたが

今は、学校で散々体感した行動する人間に隠れて遠くから石を投げ延々足を引っ張り続ける最もウンザリ体験を思い出しはじめた

から私は選挙ができる年齢になったら自民党投票しようと思った

見えない所から足の引っ張り合いを続ける人たちより失敗しても足を引っ張られても行動し続ける人間現実に影響を及ぼす、学生生活で一番学んだことだ

そして朝起きたらこの考えは一番間違っていると思ったが次の日には足の引っ張り合いを匿名で続けている人たちがなにもしないのが一番の原因だという堂々巡り


はてなを見初めて半年がたち↑のようなことを考えるに至りました、本当にありがとう

から子供の言うことだからと鼻で笑わず自分に都合の悪い事だと見て見ぬふりをせずきちんと真面目に答えて議論ほしいことがあります


「どうしたら今の状況を良くするためにネット匿名で書き込んだことを叶えるため実際に行動をしますか?」



未来の人のため、子供たちのため、今の自分のため良くしようとするのは政治的主張や新年関係なく当たり前のことだと思うのですがネットに書き込むだけでは何も変わらないでしょう

たぶん子供の書いた理想論だと無視されるんだろうな…

親権者同意を得ています。andre2000

2020-07-20

とある漫画編集部コロナ流行ってる

出版社バイトしています

非常事態宣言が終わってから編集部にポツポツ人がくるようになりました

在宅も可能ですが、パソコンが苦手な漫画家デザイナー編集者ブースで打ち合わせを再開してて

案の定コロナ患者を出してます

そりゃ都心に人を呼び寄せるならそうなるよね

休載があまりない雑誌だけどでもこれから休載が増えそう

ストックがない人は大変そうだね

anond:20200720112755

非常事態宣言で休館したのと感染者出て休館するのが同じなの?

2020-07-14

anond:20200713220535

現在、全国でもまた罹患率が増えている。

7月13日時点で特に20代が2000人弱と40代の倍近くにもなっている。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/by-age-tokyo/

 

最近若い者は~、みたいなことは言いたくないが、

罹患率やその他の感染経路とかSNSなどで見るデータだけで判断するならば、

20歳を超えた成人にも拘わらず、社会的責任が無いというか、考えが浅いというか。

経験不足だけとは言えない状況にも思える。

 

非常事態宣言を再発するよりも、20代の外出制限強制的に行うだけで、

コロナ収束するのではないか、とさえ思う今日この頃

2020-07-02

anond:20200702144512

抗体検査した時期と非常事態宣言が解除された時期を考えればどちらがぐだぐだか言うまでもないのだが

2020-06-27

人は他人と話せないと死ぬらしい

緊急事態宣言が解除されてから1ヶ月。

営業自粛が続々解除され、都道府県間の移動も解禁に。

テレビバラエティー番組距離を取りながらとはいえスタジオ収録の番組がではじめてたりして、世の中は徐々に日常取り戻しモードに移行しつつある。

のだが、東京感染者は連日50人台を推移し、経済活動、というか人の往来の解禁は確実にコロナ感染を復調させつつある。


非常事態宣言明けの夜にこんな日記を書いたが、当たらなければ良いと思った予想は感染者数の推移では大体当たってしまった。

https://anond.hatelabo.jp/20200530005812


自分は週数回の出社が復活したのだが、基本は今でも在宅勤務が続いていて、世の流れには疎い方だろう。

金曜の夜に時々自転車を繰り街に出て、運動不足解消もかねて街の様子を見にいく。

目的地がないと困る方なので、昼にダダ流しにしているYoutubeライブカメラの現地を目指す。

5月GWには銀座三越前の交差点を見に行った。

https://anond.hatelabo.jp/20200509173934


今回は秋葉原オノデン前のライブカメラだ。


夏が迫り蒸し暑い空気を感じながら自転車を滑らせ、東へ。

新宿市ヶ谷飯田橋をすぎ、皇居を超えて秋葉原へ。

通り過ぎた街の風景中の人たちは、マスクをしているのと外国人がいない以外はすっかりいつもの金曜の夜という感じで、飲み屋では楽しそうに談笑しながら酒を酌み交わしている。


秋葉原オノデン前。

秋葉原は基本、飲み歩くような街ではないので、人の往来はそれほど多くないが、それでも結構な人の数が歩いていて、道端ではメイドさんが盛んに呼び込みをしている。

メイド喫茶はまさに「接待を伴う飲食業」にあたり、ホストキャバクラ、あるいは風俗ほど濃厚に身体接触はしないだろうが、会話や飲食必須であって、「ソーシャルディスタンス」と言っていては営業が難しい。

きっと苦戦しているだろう。

また、猫カフェ営業しており、人とちがい気ままに動き回る猫は「ソーシャルディスタンス」なんて言葉も知らない。

猫も新型コロナウィルス感染するとわかっている。

人がダメなら猫ならいいという訳には、理屈上は行かないはずだ。


秋葉原の様子を見て満足したので南へ。

東京駅を通りすぎ、銀座三丁目の交差点

GWの夜中には自分以外一人しかいなかったが、この日22時には多くの人が街を歩いていた。


そのまま道なりに南下し、新橋をすぎ、芝公園で紫のLEDデコレーションした東京タワーを眺めた後、高輪ゲートウェイ新駅付近で少し迷ったあとに、経路を修正して六本木へ。

六本木秋葉原と違い、典型的な「夜の繁華街」で、街ではマスクもしない人々が友達と連れ立って飲み屋や騒げる場所を物色していた。

秋葉原ではメイドさんが呼び込みをしていたが、六本木で呼び込みをしていたのはチャイナドレス女性だった。


街の人々を見ると、具体的に「感染リスクがある」と言われている、差しかい飲食や人数を集めての談笑(マスクなし)を平気で行っており、またその結果、東京感染者数も斬増している。

「若ければ感染しても重症化はしない」「感染者が多ければそれだけ感染機会は多いが、まだ絶対数が少ない」という点でリスクベネフィットを秤にかけているのだろうけど、思うにそこはベースとなっている日常感覚の違いがあり、自分のように「通常は在宅勤務で生活の苦労も不安特にない」という人と「毎日出社しており、そうしないと生活が成り立たない」という人では触れている世界全然違い、「人と差しかいで話すのがリスク」といわれても「いや毎日やってるし」というのがあるんだろう。


それに思ったのが、「リスクをはっきり指摘されてる、友達飲み会不要不急なのか?」という問いに、自分などは「不要不急だろう」と答えるが、多くの人にとってそれは「要で急」なことであるらしい。

多くの人は長い間、顔を合わせて他人と話せないと病んで死ぬようだ。


科学的な正しさと、世の人がどう思っているかにはかなり解離があり、その差を知っておくことは大事だと思った。

世の中の人々の感じているものを見も感じもしなければ、いくら正しい知識を持っていても会話が通じない。

誰も話を聞いてくれなくなる。

相手の言うことが理解できなくなる。


夏が近づき、夜でも気温も湿度も高い。

お出かけの際には熱中症にお気をつけて。

2020-06-23

世界的には収まっていないのに・・・

5月25日非常事態宣言が解除、東京アラート6月11日に解除

会社が動き出した

と言っても、取引先によって稼働状況は違う。

部門別には定期的に相手の状況を確認しているが、

うちの社長がどの取引先が動いていないのか

東京ステップ3に移行したから全部調べろとのこと・・・

全部かよ・・・部門責任者メールで依頼したけど

まだ、大半の国が出入国規制あるんですけど・・

と思いながら海外取引先も含めて依頼しました。

意味あるのか・・・

2020-06-20

アーロンチェアを買った

とか自分SNSとかで書くと、こいつマウントかよと思われてか面倒なので、ここに書く。

最近、多少なりともお金が稼げるようになり、高いものをあえて買うようになった。

21萬円超也

その理由は、マウント取りたいというのもちょっとあるが、高い買い物でも高級品と言われる様な「良いもの」を買った方が、長持ちするし、長く使えるので結果的には低コストになる。という考え方からだ。

特に自分の体に長く触れるものはなおさらで、肌感覚とか、音とか、疲労感とか、使い心地を考えると、多少高くてもとにかく良いものを。と考える様になった。

特に起きてる時間の大半は椅子に座る生活なので、良い椅子は腰を守り整体費用医療費を抑え、日々のQOLも上がる。良いものを使っている事による満足感もずっと持続する。

同じ理由で、寝具やキーボード最近、良いものを揃える様になった。

実はアーロンチェアに座るのは今回が初めてではない。10年以上前に人から譲ってもらったものに、これまでずっと座っていた。残念ながらその人の体には合わなかったそうだ。

ちなみに購入はいから15~20年近く前だったらしい。

当時は高いものに対するこだわりはあまりなく、疲れない良い感じの椅子に座れてラッキーだな。位に思っていた。

しかし、最近はこの椅子に座っていても、なんかしんどくて辛いなぁ。という状態が続き、昔のボロボロの安い事務椅子を引っ張り出して座っていた。

しかし、腐っても高級な椅子。むしろ自身の体質変化や老化等で、体に合わなくなってきたのかな?とも考え、買い替えの為、事務椅子が多くある店に行って色々座ってみた。

良いお値段の椅子に色々座ってみたが、どれも自分には馴染まなかった、デザインは凝っているのだが、座り心地や、リクライニング時のカクッっと動く感じが駄目だった。値段の割にはなぁ…という感じで、正直これならオフィスにある様な数万の事務椅子でいいやと思った位。(個人の感想です

しかし、現行品のアーロンチェアに座ったらこれがもう一番だった。というか、今までの自分の座っていた奴が、明らかに駄目になっているのに改めて気付いた。

座り心地が明らかに違う。沈み込む感じが全くなく、もも裏の圧迫感もないし、きしみもぐらつきもない。

これまで使っていた椅子の座面のメッシュのクッションはヘタり、腰を掛けると深く沈み込んでいまい、座高いくら調整しても、低く感じてしまう。座高を高くすると今度はヒザに近いモモの裏が圧迫されて30分もしないで痛くなっていた。腰の部分にある姿勢サポートするパーツも壊れて何年も経つ。

購入から二十年近く経ったアーロンチェアはもはや1万円の事務椅子以下となっていたのだ。

しかし、10年以上に渡って、腰を守ってくれたと思えば安いものだと思うし、これからも守ってもらうつもり。

とはいえ椅子の本当の良し悪しや、合う合わないは、長い時間座ってみないとわからないものなので、この文章を書きながら、もも裏の圧迫感や、腰の感覚確認しているが、悪くない感じだ。

座ると座面の底にカツンと付く感触が無く絶妙ホールド感と浮く感じの中間にある感覚接触面の圧迫感が分散される感じ。後方に力を入れた分だけ無段階でシームレスにリクライニングされる動き、特にきしみや音が全くないのが大変良い。どんだけ前の奴がヘタってたんだって話だが。

ちなみに店頭で購入しようと思ったが、コロナ禍の影響で、在宅ワーク関連の家具バカ売れしたらしく、非常事態宣言中は店舗内に客が押し寄せ逆に密だったそうな。

アーロンチェア現在在庫切れで、数か月も待たせるということだったので、仕方なくメーカーサイトから直接購入した。店舗には悪いことをしたが、在庫がないなら仕方ない。

2020-06-11

マスクをするな

先日職場でお前はなぜマスクをしないのか、せめて通勤中はしたほうがいいと指摘された。とうとう来やがったか…と思いつつ手持ちあんまりないんで…と言い訳したら俺のをやるよと数枚渡された。オーキドはかせか?

ご存じの通りマスク感染者の拡散防止にはなるが予防にはならない。これは新型インフルエンザの時にもさんざん言われた既知の情報である。そして今は非常事態宣言も取り下げられ、感染拡大のペースも十分に落ち着いており「感染者がそこら中にいて自分感染者の可能性が高い」という状況でもない(そんな状態ならマスク以前に外出禁止令を出すべきである)。緊急事態宣言前の増加を続けていた時期ならまだしも、このタイミングマスクがどうこうと言い出すのは全くの意味不明ノコノコ職場に来て顎にマスクをひっかけて鼻口を出して電話している姿は滑稽の極みだ。もちろん俺は別にコロナ恐るるに足らずとは思っていない。今でも外出は控えているし手洗いとうがいは意識的にやっているし他人にあまり近づかないようにしている。俺が言いたいのは意味のないことはするなという話だ。

上司マスクを俺に渡しながら通勤中に他の乗客に白い目で見られるぞ、と付け足した。これだ。結局はマナーの話なのだ。この人たちは疾病と戦っているのではなく、世間体とか不安感とかそういうもの対処しているだけなのだ。だからマスクにこだわりながらも非常事態宣言が終わったからと在宅勤務を減らして出社し得意先と対面して打ち合わせを再開してしまう。在宅勤務は制度インフラまで整えるのは大変だが、マスク簡単にできるからだ。

ほんの僅かな効果理由にそれが最も簡単なやっている感アピールになるとそればかり推進し、肝心のやるべきことをやらないのはいもの事だ。最近強制され始めたレジ袋の有償化もそれで、環境問題としての石油消費量の中でも微々たる量のレジ袋を制限して何かやっている気になっている。やらないよりマシだから、とお茶を濁してやった気になりすべき事を為さないのは何もしないより有害である

ほぼ意味のない行為を、意味がないと知りながら強制されるのは苦痛だ。屈辱的でさえある。不安だとか、世間の目だとか、そんな気持ち問題文字通り息苦しい目に遭わされてたまるか。

マスクですべきことをマスクするな。

2020-05-31

anond:20200529091042

大村って大阪東京非常事態宣言になったとき最初バカにしていたのに、地方中核都市も一緒に宣言が出されるとわかった途端「おれもなかまにいれてくれよぉ」ってなって失笑したわ

2020-05-29

anond:20200529152757

政府たたきに対応するコスト

コロナ対応たのむ それが非常事態宣言

いまおわって 限界

たすけてー

たすけてーって

安倍政権投票しとけばよかったのかな

東京の新型コロナ第2波は、6月中旬頃に来るんじゃないか

海外とかの状況を見ても活動を再開すると感染が広がってるようだし、活動を再開した2週間後以降に第2波が来てもおかしくないと思う

7月にはまた非常事態宣言かもしれんわー

2020-05-28

夜の営み

夜の営みの最中子どもが起きて中断になった。これはつらい。もうすでにウィンナーを出し入れ始めてたから余計つらい。なんとか食い下がろうとしたがこちらも眠たかったので、出さずに入眠した。夜営の非常事態宣言だ。今晩再開するという約束は取り付けた。今晩が楽しみ♡一日が長いなぁ。頭の中がそのことばっかりで仕事 はかどらなさそ

2020-05-27

anond:20200527073226

在宅リモートワーク→非常事態宣言解除→通勤ってなるとほんと痛勤なんだなって実感する

2020-05-26

この状況を一番的確に予想してた本

って何かな?

個人的にはマックス・ブルックスの『ワールドウォーZ』だと思うんだよね。ブラピ主演で映画化されたんでそっちを知ってる人の方が多いかもしれないけれど、実は元になった本は全然別物で、本から入った人にとっては劇場版はすこぶる評価悪いんよね(しか制作の指揮をつとめたブラピ資金難に直面して当初の脚本からは大幅に違う内容になったとか)。

本の方は国連に勤めている主人公ゾンビによって一度滅びかけた世界の生き残りにインタビューをしていくというオムニバス形式で、いろんな登場人物がいてそれぞれの国や地域がどのようにゾンビ(およびそのウイルスパニック)に対応たかという点に焦点が当てられている。もちろんゾンビなんていう空想世界存在だけで敬遠する人も多いと思うんだけど、重要なのは各国の対応の部分で作者のメル・ブルックスはいろんな分野の専門家にもし「世界的な脅威が襲ってきた場合にどうなるのか」という取材を重ねているため、この度のコロナパンデミックと被る部分があるように感じた(もちろん全然違う部分もあるけども)。以下に共通点現実出来事と比べながら延べたいと思う。思いっきネタバレなんで興味ある人は是非読んでor読み直してから見てネ。

https://www.bbc.com/japanese/51409970

  • 初期の段階では感染していながらも国外脱出しようとした人々によって感染が拡大した点

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040700752&g=int

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3982906.html

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/post-93353.php

ちなみに日本はというと、人口密度が高いのと銃などの自衛手段を持たないため完全崩壊周辺諸国への難民が溢れるといった展開。引きこもりハッカー、ポン刀、被爆者とエキソチズム満載すぎるため読んでてちょっとゲンナリした…。また個人的に含みがあるなと思ったのが本作には対ゾンビ秘密兵器みたいなものが出てこない、もしくは出てきても結局大して役に立たないこと。結局は地道に対処と予防をしていくしかねぇなってことなのかな

作者のマックス・ブルックスは本書発表後になんとウェストポイントアメリカ陸軍士官学校)のフェロー就任し、そして今回のコロナの騒ぎが始まった折に海軍中将からコロナに関して注意喚起メールをもらったそうな。

https://mwi.usma.edu/max-brooks/

たこジャーナリストツイートによるとアメリカおよびイギリス危機管理対策に関わる人たちなんかは本書を読むことが課せられてるとかなんとか

https://twitter.com/MikeStuchbery_/status/1234819359660560385

そんなわけで非常事態宣言が解除された今、改めて振り返ってみてこの作品のこういうとこも似てるってあれば教えて欲しい。

そしてこれ書いていてまた読みたくなったので、自分も改めてオーディオブック版を試してみようと思う。ちなみにオーディオブック版の声優マーク・ハミルサイモンペグマーティン・スコーセッシなどなどとこれまた豪華

2020-05-25

anond:20200525151402

つまるところ

医療リソース崩壊阻止

感染可能性がある人は極力動さな

・3密回避の為の非常事態宣言

で抑えきった感じかな。

検査はほぼクラスタ追跡だけの為に使われた。

検査キャパ余りまくりで笑える。

お前ら元気に出社してるか?

増田のみんなよ

非常事態宣言が解除されたからって

出社してるのか?

まだまだコロナは収まってないぞ

まりつつあるってくらいだ

第二波には気をつけてくれ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん