「国会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 国会とは

2017-08-21

日本レッドパージした方がいいんじゃない

アメリカがかつてやったように、反日委員会国会に作って、反日活動家公職マスコミから追放したほうがいいんじゃない

どこの誰が反日活動家か公開して社会制裁を与える。

いい国になるぞ

安倍晋三政権4年、ひどすぎる内容

安倍晋三政権4年、ひどすぎる内容

極右ファシスト安倍晋三政権誕生してから4年、ひどすぎる内容

1、アベノミクス最初から失敗。失敗を隠すために不正株価つり上げで国民ごまかす

2、戦争法案暴力で無理やり通した。しか議事録はあたかもちゃんと手続きにのっとてるかのように改ざん

3、報道統制で無理やり政権正統性国民洗脳

4、突然覚せい剤患者のように「日教組にっきょうそおお」とヤジ連呼質問西川農水大臣(当時)の砂糖関係団体献金だったが、まったく関係ないヤジだった。

5、しかも後日「日教組献金してる」「日教組補助金を受けてる」と言い訳しかしこの言い訳が全くのウソだったことが判明。

6、すると安倍はなぜか「お互い気をつけましょう。」馬鹿なのか?

7、TPP断固反対と公約を掲げたが、「TPP日本競争力重要」だったらなぜ選挙でそう言わないの?また国民をだましたのか。

8【爆笑安倍総理国会答弁で、「訂正云々(うんぬん)」を「訂正でんでんしかドヤ顔で。 これで安倍総理支持率が高かったら日本人馬鹿ばっか。

2017-08-20

割りとどうなっても良い問題だし軽い疑問でしかないが、

女性議員妊娠したら職務放棄とか、計画性がないとか、サボりとか、真面目に言ってる男性議員ってどういう考えなんだろう。

民間と違って、育休とかそういう制度が整ってないのに、というのはわかるんだけどそれならこれから整えなければならないはず。

今も変わらずネット上で子連れ叩きは酷いけど、せめて少子化のヤバさを理解している(はず)の議員くらいは、もう子どもだったらどんな子だろうと諸手を挙げて歓迎するくらいのスタイルでもいいんじゃないかとは思ってるんだよ。

いや、しか国会ですら「引っ張れる足は全て引っ張る」スタイルでクソくだらん話をしているんだから、女だ子ども妊娠だなんてネタはむしろ、逃せないチャンスくらいの考えなんだろうか?それとも、「議員間中妊娠なんかけしからん」っていう人々の指示を得るため?正直そこまで知恵を回した行動や発言とも思えない。

とにかく、議員の子どもがどうのという話を見るたび、生産性がないというか、生産性を生み出す気すらないという印象を抱く。

ネット子連れ叩きしている、”まだ子どもが視界に入ってはいる”層以下というか、それより一世代上の「子育ては妻に丸投げしてきたし、そういうもの」っていうおじさん、いやおじさんなんていうと今のおじさんに失礼だわ。おじいさんの層の価値観なんだよ。今のスタイルを「変える」という発想がなく、むしろ変えるなんてとんでもないと思っているから、出来ないやつは排除するだけっていう単純な手段に出ているというか…。だからこそ、利用率はどうあれ形だけでも育休制度が整っている民間に対して、議員制度が未だに整ってないんだろ。

女性議員の子育てを応援!って言う程の気持ちはないが、じじい世代、もしくはじじい世代に阿った価値観しか持たないおじさん世代人間が、本人はそこまでのつもりはなくとも、潜在的次世代排除に苦心しているのを国会やら地方議会で見ると、あーーほんとにもう日本は終わってんだなーと、いやーな気持ちになるんだよ。一般の人ならともかく、社会全体のことを考える仕事の人まで次の世代の事を考える余裕がないってヤバ過ぎじゃん。

暗いな〜、ほんと暗い。妊娠をお祝いできない程の暗さなんて危機的過ぎるだろ。やだやだ

安倍晋三が分からない

今まで安倍さんコテコテ愛国主義者だと思っていた。

しかし実際の政策を見ると、やっている事は完全にリベラルだった。

なので、彼は国内には愛国主義的な顔を見せることで国民コントロールして自身目標を達成していく似非保守かと思った。

しかし、過去安倍首相映像などを見ると、今の国会答弁では考えられないような饒舌さで雄弁に愛国を語っていた。

こうなるともう「心の底から愛国者であったがオイタが過ぎたため、アメリカの偉い人にロボトミー手術を施されて言語障害が出てしまった改造リベラル」としか思えなくなってくる。

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170819122015

妥当性って妥協で生まれるので妥協妥結に至る経緯をあきらかにしなきゃいけないんですよねー国会の皆さん

https://anond.hatelabo.jp/20170819003151

年金保険料税金じゃないから面倒なんだわ。

税金だったら国会で採決取らないといけないけど、保険料税金じゃないか国会の採決を経ずに厚生労働省裁量で増やすことが出来る。

これが税金だったら国会で一々議論して、野党がくっだらないことで騒ぎ立ててマスコミが滅茶苦茶な追及をして話題になるんだけど、税金じゃないか勝手に上がって勝手に終わる。

から、その分を税金というカテゴリーで当の老人からさえも採るために消費税を増やすんだけど、みんな大反対してるよね。意味わからん

消費税は景気に悪影響があるって、あげるのに反対して全然上がらないけど。

税金じゃないか保険料は好き勝手上がって消費を削ってるのに何にも言わない。

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818125845

この理屈で行くと結局「国会立法差別定義する訳じゃねーじゃん」ってなり、

結局「差別ってなんだよ」という元の曖昧性の議論へと舞い戻るのね

https://anond.hatelabo.jp/20170818124219

まり例えば、国会朝鮮学校授業料無償化対象外と決めたなら、それは差別ではないと?

それに司法が介入して変わったとすると、司法差別概念を変えるということになると?

差別がある種の多数決によって成立する立法によって定義されるというのなら、

多数派から問題視されず、立法の反映されない少数派の差別そもそも差別ではないと?


朝鮮学校私立学校だとすると、

私立学校のなかで朝鮮学校だけ無償化対象外なら差別になる。

法律詳しくないか高校までの知識で書くけど

司法の介入は多分違憲立法審査権とかになると思うんだけど、

違憲立法審査はその法律に関する事件事例が発生してはじめて審査請求出せるはずなので、

まずその段階をちっちゃくとも踏むこと。

その後、司法法律憲法に照らし合わせて検証するが、

司法責任重大だよねとしか言えない。

から最高裁判所の人事ってアメリカ位注目されてもいいような気がするんだよな。

最後思想良心だよ。

で、最終の司法の決定に対して異議がある場合ってどうするんだろう?

https://anond.hatelabo.jp/20170818120301

まり例えば、国会朝鮮学校授業料無償化対象外と決めたなら、それは差別ではないと?

それに司法が介入して変わったとすると、司法差別概念を変えるということになると?

差別がある種の多数決によって成立する立法によって定義されるというのなら、

多数派から問題視されず、立法の反映されない少数派の差別そもそも差別ではないと?

https://anond.hatelabo.jp/20170818115655

国会での立法かな。

議員国民が選ぶ。だから代議員

代議員を通して国民ひとりひとりが決めている。

ちなみに、

政治とは正義理想を実現するためにあるのではなく、

異なる利益利権を持つ人たちが妥協して社会を作っていくためにある。

正義理想利益は人それぞれなんだから当然だ。

https://anond.hatelabo.jp/20170818112103

国会議員の数を男女同数」は結果の平等じゃない。あくま過程だ。

国会の最終的な結果というか目標社会をよくするというもの

2017-08-17

敗戦記念日国民意識も変わってきた。中国北朝鮮を敵視する排外主義が横行しネット雑誌では「反日」や「売国奴」と罵詈雑言

2017年8月15日 07:10

長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。

 作家永井荷風終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)

 戦後生活雑誌暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ねるときには ねまきに着かえて眠る」「戦争のないことは すばらしかった」とつづった。

 きょう8月15日は終戦の日。72年という戦後歳月日本社会を大きく変えた。戦後まれの人が2014年に総人口の8割を初めて超えた。身を以て戦争リアルさを語ることのできる人が周りからいなくなっていく。

 戦争体験者が急速に減っていく中で、「平和」や「民主主義」という言葉戦後初期に持っていたインパクト喚起力を失いつつあるのではないか

 「ねるときには ねまきに着かえて眠る」ような当たり前のことに幸福感を覚えるのは、それができなかった戦争時代を生きていたからだ。

 それだけではない。戦後72年たって、戦争ができる社会への編成替えが急速に進み、戦争を起こさせない社会的な力が弱まっているのである

■    ■

 政府与党は、数の力に物を言わせ、特定秘密保護法安全保障関連法、「共謀罪」法を強行的に成立させた。いずれも日本社会の在り方を根本的に変える法制である

 米朝が戦端を開いた場合には日本集団的自衛権行使するため自動的戦争に巻き込まれ可能性が高い。

 国民意識も変わってきた。中国北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネット雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈(ばり)雑言が飛び交う。国民の分断が進み、ささくれだった空気が漂っている。

 「平和」「民主主義」「人権」という言葉を聞いただけで、アレルギー反応を起こし、忌避するような動きが広がりつつあるのも気掛かりだ。

 国会肥大化する行政権に対し、チェックする役割果たしているとはいえない。三権分立機能不全に陥ると、戦争を止める力が弱まる。

続きはURL先でどうぞ

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/128080

★1)8月15日(火)18:59:40.93

スレhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502791180/

2017-08-15

https://anond.hatelabo.jp/20170815074955

あーなんか「セックスを推奨してるように読める」だけじゃなくて全体的に話が印象ありきになってるな

こちらがそちらが一番聞きたい部分にちゃんと答えられていなかった、ってのは認めるけど

そちらの

現状の教育が過剰に忌避してるとは思えない。

あんたが具体的にあげた項目は性行為作法以外全部現行の教育現場でやってるって言ってるじゃん。んでそれは流行りの同意プロセスと似たような話だと思うんだけど、コミュ力ありきで察しろみたいな記事しかないけど教育現場でどう教えるつもりなのかが俺はしりたい。

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。

このへんの発言も単なる主観の域を出てないよね。少なくとも「実践的な性教育教育範疇を超える」という増田理屈自分にはピンとこない。このまま話し合っても平行線になるし、自分意見の論拠となるデータをちゃんと提示しあって「なにを拠り所にしてそう考えるか・そう主張するのか」を踏まえ直すべきでは?

まずこちから先に提示するけど

自分意見形成過程で見聞きした情報、ないし見聞きした情報と同種の内容が掲載されているサイト。とくに「現状の性教育が不十分である」とする論拠、それから後で書く増田の「実践的な性教育セックス講習ではない」の根拠ととなっているのは1と5。

1ははてブでもホッテントリに上がるくらいブクマがついていたからもしかすると増田も読んだかもしれないけれど、この記事の中に「1990年代は熱心だった日本性教育」という項目があり、次のように書いている。

1990年代は熱心だった日本性教育

 実は、日本学校教育現場でも性教育に熱心だった時期はあった。「性教育元年」と言われた1992年からの約10年間がそれだ。1980年代エイズパニックきっかけとして、「エイズ感染予防のためにも性教育必要」と言われるようになり、学習指導要領改訂。「理科」や新たに始まった「保健」を通じて小学校段階から「性」を本格的に教えるようになった。

 流れが変わったのは、2000年に入ってからだと言われる。

きっかけは、厚生労働省所管の財団法人母子生協会が中学3年生向けに作成した冊子「思春期のためのラブ・アンド・ボディBOOK」の回収騒動だ。冊子にはコンドームの装着方法ピルの紹介などもあり、2002年頃、国会で「中学生の性行動をあおっている」といった激しい批判を受けた。冊子は結局、全面回収されてしまう。

 この当時、国会地方議会マスコミを主舞台として「過激性教育学校でまん延している」「教室性交渉方法を教えていいのか」といった批判が激しくなり、「性教育元年」と呼ばれた動きは教室から姿を消した。

 ここを読めば、現在性教育についての内容が行政の取り組みの段階から過去教育と比べて後退的であるということが分かる。また3の記事でも00年代初頭の性教育へのバッシングについての言及があり、ここでも同様の見方を取ることが出来る。

 「性教育の不十分さ」の可能性については増田自分とそれほど意見が違っていないようだから、ここはそのまま承服してくれるだろうと思う。

 次に5について。これは日本オランダアメリカタイといった実践教育を行っている国との教育内容の比較で、この中からオランダアメリカの部分を引用する。

オランダでは~(中略)~思春期を迎える前の時期から性は食事睡眠と同じように日常生活の一部であり、ごく自然で当たり前のことだと教えられます小学校によっては高学年でバナナを使って実際に避妊具を被せる実習を行うこともあるようです。

~(略)~

このように、オランダ若者は性に関する十分な知識を身につけているため、10代の出産率と中絶率が世界の中でも極めて低くなっています

アメリカでは大きく3つのパターンにわかます

○「総合性教育セクシュアリティ教育)」…性を生物学心理学社会学など多角的にとらえて1人の責任ある人間としていかに行動するかを教え、避妊妊娠中絶同性愛否定しません。

○「禁欲教育」…結婚まで性交せずに禁欲生活を送ることがいか重要かを教える教育です。

○「総合性教育禁欲教育プラスしたもの」はどちらか一方に比重が置かれる場合があります

(強調部分はいずれも元サイト準拠)

これ以外のタイでも、これらと同様に単に性機能避妊方法と言ったごく狭い範囲に教えるのではなく、対人関係人権視点と言った多角的目線で“性”を捉えることを重視している、といったような記述が成されている。

 それで、この1と5を踏まえて言えるのは、まず日本性教育世界はもちろんのこと“過去日本にさえ”遅れているということ。また、これだけ行き遅れている状態性教育についてのカリキュラムを多少なり進展させたところで、それが踏み込みすぎになることはあり得ない、とも言える。

 また、コンドーム仮想利用まで教育にとり入れることを容認しているオランダ出産率、中絶率の低さから言っても「踏み込んだ性教育が、乱れた性風紀を生み出すことと直結することはない」というのも明らか。これで自分

セックスという行為存在自体肯定的に捉えつつ、それはそれとしてセックスする前に必要不可欠な知識はしっかり頭に入れてからやってね」

が単にセックスを推奨するものではない、ということを理解してもらえると思う。

 そして最後増田の言う性教育には限界がある、という主張に対する反論として、先に引用したアメリカ性教育についての文章(抜粋なのでできれば元サイト文章も)を読んで欲しい。

 アメリカ場合特殊で、「同性愛避妊中絶」といった部分までひろく教えるところ、現状遅れているとされる日本さえ先進的に見えるくらいにガッチガチの「反中主義禁欲主義」を掲げるところと、州によって性教育カリキュラムに天と地ほどの差がある。つまりこれは性教育過程で教えるべき知識・教えるべきでない知識」「性教育限界がどこにあるのか」というのは、単に教育者側・行政者側の主観によってしか取り決められていないってこと。

 ともすれば、性教育限界説なんていうのは単なるまやかしで、本当に拠るべきは「性教育限界がどこにあるのか」なんていう主観いくらでも変わるものではなく、「実施した性教育が、実社会にどのような結果をもたらしたか」のはず。そしてその「踏み込んだ性教育実施した結果」は、オランダのそれを見れば分かるように、充分に好意的に捉えていいものになってる。

 はじめの増田記事自分含めたくさんのブクマが集まったのもこの増田のはじめに書いたように

実践的な内容に踏み込めば踏み込むほど、教育とはかけ離れていく

教育とかけ離れれば、それはもうセックス講習

っていう、主観しかない「実践的な性教育セックス講習と同義」「実践的な内容に踏み込む教育とは違うものになる」という理屈立てをさも自明の理であるかのように書いたからなんだよね。

で、自分含めみんなその理屈立てがそもそもおかしいことに気づききれないまま

コンドームを使いましょう

避妊薬を使いましょう

くらいまでならまだ教育範疇だけど

どちらもない時はシックスナインしましょうなんて言いだしたらもう教育はいえない

の部分に突っ込んで、「オーラセックス知識必要」「オーラセックスの話になる意味がわからない」といったように、概ね「踏み込んだ性教育をするべき」という意見にまとまっているはずなのに、各発言にばらつきが出てしまったわけだ。

それで、この辺の話を踏まえたうえで改めてトラバ言及するけど

元増田でも言ってるんだけど

実践的な性教育って教育範疇超えちゃうよね。じゃあ、結局性教育ってどうすればいいんよ

ってのが俺の趣旨なんだけど、言いたいことだけ言ってる感すごくない?

 まず自分質問をする前に、増田自分でさんざん挙げている「教育範疇」というものについて定義する必要がある。明確な定義けがなされなければ増田意見は単なる主観の域を出ないし、主観ありきの出発点で話を始めている以上、そのレールに乗ったまま自分が何か意見を挙げても増田が「それは教育範疇じゃない」と言えばそういうことになってしまう。これはこれまでのトラバ増田が「どう読んでもお前の意見セックスを推奨しているとしか読めない」と主張した、またそう主張し続けることができたことから言っても明らかだ。

 しかしながらそこで「教育範疇とは何か」を定義づけするにしても、先に挙げたアメリカオランダといった他国性教育の例を見れば明白なように、教育者行政者側の視点いくらでも変わり得る「教育範疇」に絶対的基準などないし、もし絶対的基準というものがあるのだとすれば、その基準にもとづいて性教育カリキュラムを制定すればいいわけで、増田の「性教育には限界がある」という主張は成立しなくなる。

 ただ、こう書いて「煙に巻いただけで、さんざん自分質問したことには答えてくれていない」と言われるのは嫌だから元増田

コンドームを使いましょう

避妊薬を使いましょう

くらいまでならまだ教育範疇だけど

どちらもない時はシックスナインしましょうなんて言いだしたらもう教育はいえない

 ここの部分を例に挙げて自分意見を述べておく。

 自分主観と、これまでに引用した記事の知見に拠るなら、妊娠リスク回避しつつ性的快感を互いに感じ合うというのは未成年に依らず性的機能を保持しているあらゆる男女で行われていることだし、別に自分オーラセックス存在を例示するのは何も問題があるとも思わないし、自分はそれが「教育ではない」とは思わない。

 ただ、オーラセックスでも性病感染リスクはあるわけで、「そうするようにしましょう」とまで言うべきだとも思わない。原則として「妊娠したくない(させたくない)、妊娠しても出産できない状況下では、妊娠リスクを伴う性交渉は最大限避けるように努めるべきだ」としつつ、避妊手段や口淫などの性器同士を直接触れ合わせずに性的快感を感じ合う手段を例示する(実際にそういった手段を行うかの判断は生徒側に任せる)のが理想的だと考える。

 どうだろう、増田意見に沿うかはさておいて、ひとまず確かな一意見提示として読んでもらえたなら幸いだけど。

2017-08-16 14:29追記: 全体的にタイプミス意見として明瞭でない部分があったので、論旨は維持しつつ一部文章を手直しした。なんか返信もらえなかったけど、それはそれとしてひとまず読んでくれたのならよかった。

https://anond.hatelabo.jp/20170815141501

 ここだけの内緒の話ですけど、2年前の9月18日、国会前にいたんです。

 「SEALs(シールズ)」の連中はね、ラップリズムで「集団的自衛権はいらない」って言ってるわけですよ。「集団的自衛権はいらない」って非常に散文的な言葉ですけど、これがあのリズムに乗るところがすごいですよね。「集団的自衛権はいらない」「集団的自衛権はいらない」ってこういうリズムで、こういくわけですね。

 これもシュプレヒコールっていうのかなとか、つまんないこと考えながらですね、面白いなって思って。

 私は安保法制解釈改憲によるものですけども、集団的自衛権を認めるという解釈は成り立たない。立憲主義に反すると、やっと憲法の話になってますけどね。

 戦争はしないと9条で宣言している。自衛隊存在を多くの国民が認めている。それは、ここまでは認められるというコンセンサスに近いものを作ってですね。専守防衛自衛隊ならば、実力組織として認めてもいいんじゃないか、というところで踏みとどまっていたのが自衛隊だったと思うんです。

 それをいともあっさりと踏み越えてしまったんですね。しか法制局見解だ、閣議決定だと政府の中の考え方として、集団的自衛権憲法上認められていると、ありもしないことを言って、あってはならない憲法解釈に基づいて法律作っちゃったわけですから。私は個人的には、安保法制は、集団的自衛権に基づく条文はすべて憲法違反だと思います。  いや、これは安保法制は賛成の人もいますから、これは私の意見です。  あの法律は作るべき法律ではなかったと思っていますので、そのためには一個人として、一国民として正門前に私は声を出す場がなければいけないと思ってですね。声を出すといったって、みんなに混じって言ってたんですけど。  みんなに混じって言ってただけで、しかも行ったのは9月18日の1回きりですからね。あの日はですね。今日行かなきゃもうないと思ったんですね。その日は安保法制参議院で成立した日ですから。  何も好き好んで満州事変の日にやらなくてもいいと思ったんですけども。9月18日ですから、まさに日本中国侵略を、本格的な中国侵略を始めた日ですよね。1931年9月18日。  だからまあ、日本が誤った戦争をしたというこの痛切な反省の上にできている憲法からこそ、平和憲法というわけですから、その平和憲法を本当に土足で踏みにじるような行為、これはやっぱり問題だと思ってましたから、だからそれはですね、バレてませんから。  これ、バレてたらおそらく事務次官になってなかったんです。あの、おそらく。  まさかねえ、これから事務次官になるっていう人間がですよ、安保法制デモにいるとは思わないですよね。  だからこれ、本当に内緒の話ですから。(WEB編集チーム)

http://www.sankei.com/premium/news/170814/prm1708140012-n4.html

2017-08-14

石破がミサイル防衛の導入を決定した時

「飛んでくるミサイルを撃ち落とすだなんて、そんな金のかかる上に不確実なシステムを導入するより、敵の発射基地を潰すほうが確実ではないか

という意見が当然出てくるだろうと、相当綿密な説明を用意して国会に臨んだが、そんな意見は一切出ずに通ってしまい、拍子抜けしたという話

2017-08-13

そもそも安倍総理戦争したくてしたくてしょうがないのだろう。

安保法が国会議論されてきた時からどのような事態存立危機にあたるのかが曖昧だと指摘があり、時の政府によって恣意的解釈される恐れがあると批判された。

なぜ日本の存立が脅かされるのか、国民がきちんと納得した上でなければ憲法違反だと思うし、絶対に許されない。」

8・13TBSサンデーモー二ング亀石倫子氏。

  そもそも安倍総理戦争したくてしたくてしょうがないのだろう。

2017-08-11

それはAIからです

国会でも使って欲しい。もり・かけもAI人工知能が決めたのですといえば「そーなのかー」で全部解決!!www

2017-08-10

稲田朋美防衛省自衛隊日報問題を一からわかりやす

防衛省自衛隊日報問題稲田防衛大臣は「戦闘ではなく武力衝突」と言い訳してたのに、南スーダン派遣されていた自衛隊日報に「戦闘」と書いてあったので、大問題に。

そもそも稲田の「戦闘」ではなく「武力衝突」という言い訳言い訳になっていないのだが、日報に「戦闘」と出ているのでは言い訳事態が間違ってることになる。

そこで、稲田は「日報は破棄された」と国会で答弁。ところが、その日報データがあとから出てきたのだからこれまた大騒ぎ。

稲田は「私が再調査させたから見つかった」といきなり胸を張りだした。

これに防衛省関係者自衛隊関係者が怒ったのか、「稲田防衛大臣だって隠ぺいを了承したじゃん」ということを示す話がマスコミを通じて出てきた。

野党民進党共産党社民党自由党は徹底的な真相究明を求めたが、結局稲田大臣辞任後は雲隠れ状態

稲田朋美・元防衛大臣防衛省自衛隊日報問題を、一からわかりやす

防衛省自衛隊日報問題稲田防衛大臣は「戦闘ではなく武力衝突」と言い訳してたのに、南スーダン派遣されていた自衛隊日報に「戦闘」と書いてあったので、大問題に。

そもそも稲田の「戦闘」ではなく「武力衝突」という言い訳言い訳になっていないのだが、日報に「戦闘」と出ているのでは言い訳事態が間違ってることになる。

そこで、稲田は「日報は破棄された」と国会で答弁。ところが、その日報データがあとから出てきたのだからこれまた大騒ぎ。

稲田は「私が再調査させたから見つかった」といきなり胸を張りだした。

これに防衛省関係者自衛隊関係者が怒ったのか、「稲田防衛大臣だって隠ぺいを了承したじゃん」ということを示す話がマスコミを通じて出てきた。

野党民進党共産党社民党自由党は徹底的な真相究明を求めたが、結局稲田大臣辞任後は雲隠れ状態

2017-08-08

https://anond.hatelabo.jp/20170808203656

大学生の時、講義で「どうやら文科省の方で道徳が教科化される動きが出ている」っていうのを聞いた

国語数学道徳も同じ「学校で受ける授業の時間」だが、道徳は「教科」ではないので点数や成績をつけないし教科書別に必要じゃない、何年生に何を教えるかも決まっていない、国語数学よりホームルームなんかに近い存在、みたいな説明を受けた(数年前なのでだいぶうろ覚えだが)

もし道徳が教科化されたら、国語数学のようにテストを行い、点数をつけ、通信簿に成績をつけ、他の教科みたいに内申にも影響したりするし、教える内容も自由じゃなくなる、というのも聞いた

それはまずいんじゃないか?と思っていた時、ヤフーニュースか何かで道徳の教科化の話が取り上げられ、まとめ等でも少しだけ話題になりコメントもついていたが

この「教科化」という言葉がネックだった

からずーっとどの学校でも道徳の授業は行われているのだが、「教科」じゃなかったものを「教科化」しようという話なのに、道徳の授業を「やらない」から「やる」ことにしよう、という意味ととらえている人が多かった

「え、今時の小中学校って道徳の授業がなくなっちゃった!?道徳の授業ってやるかどうか義務付けられてなかったの?これだからゆとりは道徳の授業はやるべきだ!道徳の教科化、さんせーい!!」

こんなコメントばかりで、大変だー、このままじゃ道徳の授業でテストをして点数をつけることになるらしいぞー!みたいな声はほとんど挙がらなかった

しばらくして、大して炎上もしないままつつがなく道徳の教科化が決定され、それからようやく「なんか道徳で成績をつけるらしいぞ!?」という声が挙がり始めた


増田国会話題にされるような時代だし、まだ話し合いの段階でネットで大大大炎上してたら道徳の教科化はポシャってたかもしれないなーと時々思う

2017-08-07

安倍自民党 江﨑沖縄北方担当大臣国会は答弁の朗読劇」

江崎鉄磨沖縄北方担当相「しっかりお役所原稿を読ませていただく。答弁書朗読かな」北方領土問題に関しては「素人素人。」入閣のものが「重荷だったの。はっきり言って」だったら、今すぐやめていただいて結構ですよ。まともな人は安倍総理自民党には期待してませんから

2017-08-05

「お前の安倍総理への批判なんか誰も読んでない」と言いながら「お前は日本で一番安倍総理批判してるからやめろ」「なんでもいいから早く安倍批判をやめろ」と言い出す安倍自民党ネットサポーター。ご苦労さんです。

anond:20170804215236

anond:20170802191408

「お前の安倍総理への批判なんか誰も読んでない」と言いながら「お前は日本で一番安倍総理批判してるからやめろ」「なんでもいいから早く安倍批判をやめろ」と言い出す安倍自民党ネットサポーター。ご苦労さんです。anond:20170719213139

安倍総理自民党ネット右翼サポーター anond:20170802191408 さんへ

「お前のは批判じゃなくてコピペ連投のスパム行為から止めろつってんだよ

どうせ批判文章自分で考えてはいないだろ

まともに批判したいなら国会ウォッチャーぐらいの文章自分で考えて書いてみろ」

それはKAZUYA西村幸祐に言うべき。

なぜ彼らのようなネット右翼安倍総理自民党によるコピペ連投のスパム行為にはダンマリなのか。

しかも私のこの文章コピペではなくオリジナルだと思うが。ま、オリジナルというほどではないが。ただ安倍自民党馬鹿げてるというだけなんだが。

これに対する安倍自民ネット右翼サポーターの反応

安倍政権っていったいどこが馬鹿げてるのか私にはさっぱりわからないんだけど

【回答】

やはり読んでないという割には、ずーーーっと呼んでるようだね。安倍自民党馬鹿げてるのは、明らかに不正しまくってるのに、ゴマかしてるとこだよ。

フジテレビ バイキング 8・4 麻生副総理マスコミ取材の方が正しいと思ったことはない」 ⇒ 坂上氏イラッと来た」=これこそ国民の声

 

麻生副総理マスコミ取材の方が正しいと思ったことはない」

坂上氏イラッと来た」

 東国原氏「メディア民主主義の根幹。民主主義否定に繋がりかねない」

坂上氏そもそもマスコミ信じてないってさ、マスコミ記者の方々が暴いたことによって、僕らが知れて、それで疑問が持てて、

疑問が持てた先に、安倍政権というものに対しても、『え?どうなってんの?この人たち大丈夫なのか?』って

..これはとても良い事というか、当たり前な流れであって、それを否定されてしまうと...

僕、今ちょっとイラときてんですけどね、あの言葉

「そういう言葉の端々に僕らが、なんかこういうおじさんたちまだいるんだとか、

それこそああい言葉を聞いちゃうと、もう相変わらず国民不在で、説明責任も果たそうとせず、

なんか上から目線安倍政権まだあんのか、みたいに受け取っちゃいかねないですけどね」

これこそ国民の声

②「(安倍政権を)異様に敵視してる集団がいるよね。まぁ共産党関係らしいけど、よっぽど共産党にとって都合の悪い政治をしてるんだろうね」

【回答】

異様に共産党を敵視して、中国共産党と一緒だと印象操作している人たちがいるよね。安倍自民党ネット右翼サポーターだよ。

はっきり言って、日本共産党が、政権とっても、中国みたいにはならないよ。むしろ極右ファシスト安倍自民党政権のほうが、日本戦前軍国主義独裁国家になる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん