「千枚通」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 千枚通とは

2021-11-08

anond:20211108151954

ぎゃくだろ

京王線事件は結局小火でだれも死んでないし

千枚通しや今日通り魔なんてけが人すら出てない

昭和時代カツアゲといって地元暴走族や不良から路上強盗にあうのが中高生日常だったのに令和が平和すぎるんだよ

平成初期くらいまでは原色コートを着るだけでも怖い集団に絡まれて財布を奪われて警察官が弱いお前が悪いと被害者罵倒されてる時代だったんだ

猟銃が厳格管理されているのだからホワイトガソリンだって管理が厳しくていい

anond:20211108141931

正しく使えば安全なのは熊撃ちライフルだって同じだけど、殺人に使われる可能性があるからと、銃本体使用者両方を監視している

ガソリンでも同じ事が出来るはず

ガソリンを使う際は役所が全部代行する仕組みにすればいいし、市役所ジョーカー千枚通し老人や宅間や青葉を公務員として雇用管理すればよいの

anond:20211108133118

だよなあ

弱者男性LINEブロックしたり

さみしそうにしてるジョーカーを女の乗客が助けてあげなかったり

日本人女性が冷淡な奴ばかりだから大勢死ぬことになるんだ

教の老人とこの間の千枚通し男にしたって周囲の乗客友達になってあげていたら事件は起きてないんだよ

日本人がっぽっちに冷淡で弱者を嘲ってる屑ばかりだから事件が起きる

2021-11-07

千枚通しってなんに使う道具なの?

突き刺すのかなと。

毛皮剥ぐのか?

へー、穴開ける道具か。

電車のやつ大工さんやったんか!

他にもあるんかな。

うーーむ。

千枚通し見せられた時と千枚のパンティー見せられた時だったら

千枚のパンティーの方がびびってしまいそう

2021-11-06

マスクせずバカにされた」 東京メトロ東西線千枚通し 男を確保

https://togetter.com/li/1798980

どんどん武器化のハードルが下がってるね

そのうち犯人の所持武器プラスドライバー鉛筆になったりしそう

マスクせずバカにされた」 東京メトロ東西線千枚通し 男を確保

https://www.sankei.com/article/20211106-P2TYKIMI2JPWPFAOBIRMSWRZEI/

深川署によると、男は同じ車両で近くに座っていた30代の男女に対し、仕事で使っていた千枚通しを示したという。男女は別の車両に逃げ、けがはなかった。

男は「マスクをしていない自分バカにされたと思い、おどかしてやろうと工具を出した」と話している。

マスクしないのはバカだろう。当たり前のことだ

2020-09-22

徳三郎の駅前屋台

駅前で徳三郎が五平餅を売る姿は、戦前の果名村の風景のものであった。もともとは村の者ではなかった彼が屋台を営む姿は年月とともに周囲へ溶け込み、その存在に疑問を抱く者はもはやなかった。

木造駅舎の改札を出ると、小さな広場の向こうに商人宿がある。その軒先に徳三郎は質素屋台を据え、七輪に火を起こし、金網に五平餅を載せて客を待つ。

森深い谷間に取り残されたような果名の駅にあえて降り立つ人々は当時それほど多くはなかった。早朝から町で用を足して帰ってきた村人を除けば、大きな荷物を担いで山間の村々を歩いてきた行商人や、近隣の温泉場から渓谷へ遊びに来る湯治客くらいであった。

そのような駅の前で生業を営む必要が何処にあったか、餅を買いに訪れる村人が冗談めかして尋ねたことは一度や二度ではなかった。その度に徳三郎は含羞めいた笑みを穏やかに浮かべるばかりであったという。

柔和で笑みを絶やさなかった徳三郎には村内で客がついたものらしく、屋台は続いた。だが五平餅だけで生計を立てることは難しかったのか、同じ屋台支那そばも売り始めている。当時はまだ新しい食べ物であった支那そばを作ることのできた徳三郎は、都会育ちであっただろう。村に唯一残されている屋台写真には「羅宇麺」と書かれた立札が見える。徳三郎の作る支那そば温泉客のあいだでも評判を呼んだものらしく、当時の温泉街の冊子には「果名ノ羅宇麺」として紹介されている。

だが屋台の繁盛は徳三郎の逮捕により終焉を迎える。ある晴れた日、駅から出てきた男女二人連れの姿を認めた徳三郎は、広場で女に襲いかかった。馬乗りになって首筋に千枚通しを突き刺そうとしたところで村人に取り押さえられている。警察の調べに対し徳三郎は「許せなかった」とだけ語り黙秘を貫いたとされる。徳三郎が村にやってくる前の恋愛事件に起因する私的怨恨説が村内でまことしやかに取り沙汰されたが、真相不明なまま村は戦時体制突入していった。

戦後まもなく、徳三郎の駅前屋台一時的に復活している。神社の軒下で寝泊まりしている人物が徳三郎であることに気づいた自作農家の幣原元彌氏が徳三郎の身柄を引き取り、再び屋台を持たせた。徳三郎の人となりを知っており、彼が作る支那そばの味を懐かしんだ幣原氏が「おめが羅宇麺をまた食わせてくれや」と懇請し、元の場所屋台を設置する資金援助を申し出たものであった。

近隣の温泉地は進駐軍保養地として接収され、果名村にも米兵ジープが度々姿を現すようになった。米兵から手に入れたコカ・コーラ支那そばスープに隠し味として入れる手法を徳三郎が考案したのはこの頃であるとされる。彼が生み出した味は、再起を助けた幣原氏への感謝を込めて「おめが羅宇麺」と名付けられ、中部地方を中心に戦後日本に広まった。



(『果名村史 近代編』、果名村史編纂委員会、2018、p.98-101)

2020-06-25

すれ違いざまに千枚通しとか怖すぎワロ…ワロエナイ

2020-02-10

パンクがしたくて千枚通し買ってきた

ギターを買う金がなかった

2019-11-24

肩こりが痛すぎる

肩こりというレベルを越えて、何かもう僧帽筋千枚通しでも刺さってんじゃないの?ってくらい鋭い痛みが続いてるんだけど

肩こりってこんなもんだったっけ?

2019-09-28

anond:20190926132140

あなるほど。わざわざ手で掴む、となるとそういうことになるか。

時代劇ドラマなんかの忍者とか剣豪とかの描写なら、何らかの得物を使う(千枚通しで複数穴をあけるとか、一瞬で切り刻むとか)だろうしね。

2019-09-13

怖い夢を見た・・・

めちゃくちゃマッチョサラリーマンが背後からやってきて振り向いたら一度は引いてくれたんだけどまた寄ってきて「おまえも殺したら動かなくなるやつか」と言ってくるんだ

アメフト選手みたいにマッチョすぎて首がなく筋肉お化け

近寄ってくるのでじわりじわり引き下がり、テーブルを中心として回ってたんだけど、間合いに入ったらガチで殺されると思ってテーブルに置いてあった千枚通しでマッチョ二の腕らへんを突き刺したんだけど「こういうことすると助かると思ってるんだ、みんなと一緒だな」と言い出してまったくダメージがないように見えた

こりゃやばい、起きないと!と思って逃げ出したんだけど、俺から逃げ延びたやつは一人もいないよ?と言いながらニヤニヤしてる

あたりで目が覚めた

怖かったなあ・・・

そのあともう一度寝た時はマッチョの夢は見なかったけど怖かった

2019-06-16

anond:20190616103847

狭い空間刃物を振り回す危険性についての指摘は妥当と思う

刃物

安全ピンはまず刃物じゃなくね?

少なくとも銃刀法定義には引っかからんし。

(千枚通しとかと同系統の扱い)

2019-05-30

anond:20190530194625

ガソリンとか千枚通しとか書いてるやつって結局ネット弁慶だよなw

ネットで粋がってるだけのゴミクズだwwww

2019-05-23

anond:20190523223441

的確に加害者だけを刺すことができればな

濡れ衣で刺されるリスクがある以上男もアイスピック千枚通しで自衛するって言ってるんだよ

anond:20190523115128

男も身に覚えがないのに刺されたときのために千枚通しかナイフ自衛しとかないといかんな

2019-05-20

anond:20190520135747

綿棒でつついてくる程度じゃないの?

千枚通しとか大袈裟

anond:20190520135607

実際には千枚通しでプスプス刺してくるようなもの

凶悪しかない

2018-07-19

anond:20180719102559

うそ

常に鏡だよね

俺はインセルじゃないと思う男も関係ないと楽観してる女も千枚通し一本であっさり転落

2018-06-14

anond:20180614180710

弱いものを狙ってるとか煽ってる大馬鹿野郎ネット上にたくさんいるけど

奇襲+千枚通しが丸腰の柔道剣道の4段に劣ると思うんだろうか

2018-06-11

anond:20180611143912

自宅に引きこもって親を殴るニートを笑うから

外に出て凶悪なことをして生まれ変わろうとそう考えちゃう人がいる

過度に侮辱しすぎなんだよ

どんだけ体を鍛えてもスクーターなら一発だし千枚通しでも一発

普段そいつが言ってる自己責任言葉通り周囲は笑って撮影するだけ

2018-03-16

女だからセクハラ男に勝てないなんて嘘だよね

千枚通しは100円で売ってるし原付だって女がいくらでも載ってるだろう

バトルロワイヤルではナイフボウガンに勝ってたし被害があるなら何でその場で抵抗しないの?

その場で受け入れてあとから被害お姫様したほうがモテる本能でもあるの?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん