「ラジオ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラジオとは

2020-06-04

若者のテレビ離れ

若者おっさん芸人ドラゴンボールプロレスネタを知らないとかい記事があがってるけど、若者テレビ離れってコンテンツ問題じゃないような気がする。

自分中学の時はまだテレビ一家に一台の時代だったけど、もし自室にテレビがあったら居間家族テレビを見てなかったわ。

実際一人でラジオ聞いたり本読んでたことが多かったし。

手元にスマホがあったら、それで一人でYoutube見るわな。

2020-06-03

VTuber芸能ニュースって似てるなと思った。

最近VTuberは設定としてのキャラクターというより、中の人個性を前提にしたキャラ設定になっていて

そのうえで芸人ラジオみたいに日ごろの面白エピソードを生配信でやっている。

芸人ラジオと違うのはネタ低俗になりがちなところ。

普通エピソードや会話の中でも、うんちとかえっちとかレズとかすぐそういう方向にいく。

視聴者コメント茶化すだけじゃなく、本人も持ちネタの一つにしてたりするし。

別に素人がうんちうんち言ってても何も面白くないけど、

なんでここのファンはうんちでこんなに盛り上がれるんだと不思議に思ってた。

ある日気づいた。

あー、登録者が何万、何十万といて視聴者とは比べ物にならないほど成功している人間

そういう低俗発言をすることで、視聴者と同じレベルまで下りてきてるように感じるのが面白いのかと。

それって、芸能人逮捕不倫報道を見て、「あいつもしょうもない人間だったなw」って言って楽しむのと同じ構図じゃん。

2020-06-02

かつて馬鹿にしていた「オジサン」になった

在宅勤務中はずっとラジオをつけているんだけど、最近歌手区別がつかなくなっててヤバい

米津玄師かと思ったら藤井風。

RADWIMPSかと思ったらSUPER BEAVER

そうか、これが老いか。

かつて馬鹿にしていた「オジサン」になった

在宅勤務中はずっとラジオをつけているんだけど、最近歌手区別がつかなくなっててヤバい

米津玄師かと思ったら藤井風。

RADWIMPSかと思ったらSUPER BEAVER

そうか、これが老いか。

2020-06-01

anond:20200601003340

1820年1860年

1860年1900年

1900年1940年

1940年1980年

1980年2020年

2020年→2060年



40年もあれば、国際体制の致命的な変動が一発、

民間レベル社会的大変化が数発くらいはありそうだな。

くらいでどうか。

自分の話に相槌を打つ話し方が嫌い

テレビラジオに出てるおっさんによく観測できる。おばさんにもいる。

〜なんだよね。うん。

〜ですよ。うん。

みたいな感じ。

なに勝手に頷いてんだよというか、別にこっちが納得してもいないのに相槌を捏造されてるように思うからなのか、うまく言語化できないがこれをやられると独りよがりで偉そうな振る舞いに感じられてめちゃくちゃイライラする。

anond:20200601110107

90年以前であれば職人業に行くはずだった人間の受け皿がないから、かろうじて存在価値があるにすぎん

Eランくらいからは職業訓練校みたいなところに行ったほうが社会にとって有益

税金と4年間もの労働可能時間を消費して「ちょっとリテラシーのある馬鹿」を作るより、「ただただ壊れたラジオのように自分の言いたい事を言い続ける田舎農家のおじいちゃん」に仕事をさせたほうが社会にとっては有益

anond:20200601104906

Fラン

とんでもない馬鹿を、ちょっとリテラシーのある馬鹿にできるので

社会にとって有益だと思う

日本語で会話できるレベルになってないと

何言っても理解できず、ただただ壊れたラジオのように自分の言いたい事を言い続ける

田舎農家のおじいちゃん(一部だけど確実にいる)

みたいなのが増えるから

今更だけど岡村隆史ラジオ発言問題って

風俗嬢に限らず

だってお金のためにやりたくない(質や量の)仕事してるよ

長時間労働も週5週6労働

十分な金銭があったら、誰も好き好んでやらないよ

年に数回長期休暇とってバカンス行くよ

そういう意味では

稼げる金額の寡多の差でしかない気がする

誰も働くなったら社会が止まるから

「民は富まさず生かさず殺さずじゃ」

ってお上に言われたら嫌だけど

岡村はそこをコントロールする側じゃなくて

現実として起こる現象を言っただけだし。

おっさん風俗話は聞きたくないけど

批判されてるのは、そこじゃなさそうだし

2020-05-31

TBSラジオ山里亮太の不毛な議論 2020年05月27日放送分について

TBSラジオ山里亮太の不毛な議論2020年05月27日放送分の冒頭15分で

木村花さんの死とSNS攻撃された自分体験について語り

「今回のことは、僕は一生思っていきますし、考え続けます」と締めた。

ただ、この放送自体賛否両論で、

番組山里自身木村さんを揶揄するコメントをしていた加害性やその謝罪については一切触れず、

同じSNS攻撃被害を受けた立場として第三者的に話したのが悪い印象を与えたようだ。

自分感想としても、この放送は失敗だったと思う。

まずは放送時間全部使って木村さんのことや自分のことについて語るべきだった。

テレビ放送に乗らなかった木村さんの印象や思い出をスタジオメンバーからこそ知る話として

たくさん語ってほしかった。

山里言葉センスは、悪口自己卑下で笑いを取るときだけじゃなく、悲しんだり、悔やんだり、

思い出を語ったりするするときにも発揮されることを示してほしかった。

山里自身も多くのスタッフ家族を支えている立場上、自分責任と言い切って謝罪するのが難しいのはわかる。

からもっと主観的自分の中の喪失感、罪悪感や、今の芸風についてこの機会に素の状態で話してほしかった。

絶対に素を見せない山里からこそ、今回一度だけ素顔を出してほしかった。

弱者クズキャラで巧みに悪口を言う芸風を確立したのは確かにすごい。

それを若林には「マウントをとらせて下から関節を決める」なんて言われていたが

その若林がうまく弱者キャラを脱していったのを見ていてどう思ったのか。

山里が次第に人気者になり後輩も出てきて結婚もしてどんどん強者になっていくうちに

悪口芸がパワハラに見えて通用しなくなってきた実感は、空気に敏感な山里本人も絶対感じていたと思う。

ましてやプロタレントでもない出演者に、反論されない場所から悪口を言うテラスハウスで、

バランス役の徳井がいなくなった空気の悪さは絶対に誰よりも感じていたはず。

そういう葛藤ラジオ吐露することはできなかったのか。

またNSC時代から今の芸風を確立する間には、様々な試行錯誤があったはずで

そういう今の山里ができあがる過程を振り返る良い機会だったかと思う。

悪口芸にしても先輩に怒られたり、素人をいじりすぎたりした失敗が多数あったはずで

ずっとやってきた中で自分なりの踏み越えてはいけない一線があったはず。

それを今回踏み越えてしまったのではないかという自問自答を言葉にできたのでは。

そして今後誰かの悪口陰湿に言う芸ではもう笑いはとれなくなってしまったと思う。

それもわかっているなら、自分から今日限りでクズキャラ悪口芸はやめると言っても良かったと思う。

いままでこれ一本でやってきたしすぐには切り替えられないかもしれないが

これから誰かを傷つけるような悪口で笑いを取ることをやめるよう努力し続けると宣言すれば

みんな山里応援していこうという空気になったはず。

それが今回の件を一生考え続けるということだと思う。

※このエントリーは他の場所に書いた内容に加筆したものです

[]声優 國府田マリ子オタの末路

國府田マリコのおっかけをやって10余年が経過した。

当時大学3年生だったオレはGS美神のおキヌちゃんをやってたマリ姉出会い

即効でファンになった。元々合コン女の子とは縁のない生活だったが、

それからマリ姉の為だけに生きてきたようなモンだ。

毎日マリ姉の歌を聴き、毎週ラジオも聴き、もちろんハガキも出しまくって

月3回必ず応援手紙と詩を送った。イベントも全部行った。

全国ツアーで一緒に全国制覇したのも二度や三度じゃない。

ファンやって二年目、握手会で俺の名前を覚えてくれてた時には

嬉しくて本気で涙が出た。人生で最高の喜びだと有頂天になって、帰り道一人で吼えてた。

地元役場事務就職した後も、それだけが楽しみで生きてきた。

他の事は考えようとしなかった。結婚も、彼女も、友達も、そんなのは関係ない、いらないと思ってた。

そして去年の9月

信じられないものを目にした。「國府田マリ子結婚!!」

目を疑った。絶対ありえない、絶対ありえない。死んでもありえない。

・・・なんであんな男が。ふざけんな。どこがいいんだ。

マリ姉釣り合わない、失礼だ。ふざけんな。ふざけんな。一週間仕事を休んだ。

失意の内に半年が経った。もうラジオも聴いてない。会員番号2ケタ前半のファンクラブも辞めた。

最近になってようやく、俺も自分幸せを掴もう…そう思えるようになってきた。

だけど俺には何も残ってなかった。20代という多感な時期に何もしなかったんだ。当たり前だ。

マトモに他人と喋ったのはいつだっただろう。女の子とおしゃべりをしたのはいつだっただろう。

恋について、結婚について、そして人生について最後に考えたのはいつだったんだろう。

趣味も、特技も、人間性も、協調性も。何もありゃしない。

残ったのはブサイクで汚い30代の中身スッカラカンな男。それだけ。

こんなのが今更どうやって幸せ掴めってんだ。声優のおっかけは何も生み出さなかった。

それに今まで気づかなかった俺は最高にバカだ。

そして朝っぱらからこんなグチをネットしかこぼせない俺は最高に惨めだ。

是非俺を笑ってくれ。蔑んでくれ。そして自分人生をもう一度考えるキッカケにしてくれ…

祝福はする。ただしもうファンは辞める

「付き合えるとでも思ってたのか?」とステレオタイプに煽ってくる奴もいるが、そういうことじゃない

演者もおおっぴらに恋愛ができなくて大変だっただろうが、大なり小なりファンだって何かを犠牲にしてあなたの動向を追ってきた

時間お金人生。何1つもう取り戻せはしない。けじめとして、示しとして、ファンは辞める。ファン1人の、ファンとしての人生を終わらせたのは紛れもなく遠藤綾だという示し

痛くも痒くもないだろうが、別にそれに関して何か感じて貰おうなんて思ってやしない

我々を惨めなファンだと笑う奴に言いたい。某かのファンという地位の時点で既に人生では負けている

anond:20200531145329

歌なんていらない、ラジオなんていらない、総選挙なんていらない そうかなぁ?

おれは総選挙否定波だけど年に1回 おまえなんていらない そうかなぁ?

anond:20200531142231

音楽ラジオ聞いとけ。うちは深夜に引き戸ガラガラ開ける認知症キチガイババアがうるせーけど、音がひどくなったらイヤホン音楽聞いて寝てる。多少の音漏れしてるのかときどきドンドンやってるけど、テメーんとこの引き戸よりは静かだからセーフって思ってガン無視してる。キチガイ人生を割くほど無駄なことはない。

2020-05-30

長文で語られるvtuber

己の実力と承認欲求釣り合わなかった結果生まれた哀れなモンスターの話を少ししようと思います

こう書くとvtuber全体に対して凄まじい憎悪を抱いているように思われそうですが、別にそういうわけではなく最近というかvtuberというコンテンツ流行りだしてから便乗して出てきた、いわゆる前世がある人たちの事に関して少し思うところがあったのでそれを文字にしてみます構成とか全く考えないで適当に書きなぐるだけなので、話が前後したり同じこと何回も書いたりするかもしれませんが大目に見てください。個人意見です。誹謗中傷ではありません。


まず抱いた疑問点として『virtualである必要とは何なのか』でした。

vtuberというコンテンツインターネットでよく目にするようになりだした頃は生身の人間じゃ出来ない事をすることに価値というか利点というかそのようなもの見出していたと思うのですが、最近人気な方々を見るとゲーム配信をしたり雑談配信をしたりというのが主な内容だと思うのですが、これってvirtual要素がなきゃできない事ではないですよね。

ではこの生身の人間でも、最低限のネット環境さえあれば大体誰でも出来るこの内容の配信をなぜvirtualのガワを被ってやるのかといったらそんなのは勿論決まってますよね。『より多くの人に見てもらうため』です。

多くの人に見てもらうことを目標配信活動に励むのはとても理にかなってることだと思いますが、そのために流行りに便乗するというのは違うような気がします。virtualというコンテンツ自分承認欲求を満たすための手段としてしか見てない節がある、結果このコンテンツ認知度を高めた先人へのリスペクトが足りなくなっているのではないかと思いました。今一度vtuberというコンテンツ流行りだした頃のコンセプトなりを考えてみてほしいですね。


というか少し考えたら気がつくと思うのですが今人気のvtuberがやってることってインターネット生放送文化全盛期の再放送にすぎないんですよね。萌え声イケボで異性リスナーを釣ったり、ゲーム配信をしてみたり、言い方は悪いかもしれませんが放送主同士で馴れ合ったり...。結局過去自分たちが人を集めていた方法をもう一度やるしか能がない、言い方を変えればタイミングが良かったかたまたま人を集めることができただけの人たちが自分能力があると勘違いした結果産まれモンスターコンテンツなんですね、vtuberというのは。要するに中身がないんですよね。中には人がいるけど中身はない、そんな不安定コンテンツなんだと思います。せっかくvirtualなのに雑談の内容は中の人間の日常の話ばかり、メタ発言連発、これでvirtualを名乗るのは無理がありますよね。どうせ守れないのにどこかで見たことがあるような安っぽいキャラ設定で売り出す必要があるのでしょうか。


何故そのようなコンテンツに人が集まるのかと、なんだかんだ言っても人が集まってる以上受け入れられている人気コンテンツなのではないかと、そのような意見があるのはごもっともだと思いますが、当時の視聴者再放送も見ている、というのが現実なのではないでしょうか。

vtuber生放送を始めるだけで赤スパ(赤色スパチャットのことらしい。金額によって色分けされていて赤色は一万円以上だとか)が送られてくるみたいなのですが、10代の学生にとって仮にいくら好きとはいえ知らない人に放送を始めた程度でホイホイ送れる金額ではないと思います

そもそも経済的余裕があったとしても友人との交際費に当てたりするのが優先されるのが自然なはずなので完全に自分のためだけに金を使える人間となるとやはり社会人ということになるでしょう。

試しに子供が見てるyoutuberランキングなるものを見てみましたがvtuber名前はありませんでした。これをうのみにする訳ではありませんが参考程度に一応見てみました。

しかし何故いい年の大人過去流行ったコンテンツ再放送に金をつぎ込むレベルでハマってしまうのでしょうか。個人的には現実逃避になのではないかと考えています

大人になれば色々嫌なこと辛いことも増えてくるでしょう。自由の代わりに責任を背負って生きていく訳ですから好きなことだけして生きていくわけにも行きませんよね。勿論全員がそうというわけではないと思いますが。

現実逃避したくなったときまず最初...かどうかは分かりませんが楽しかったあの頃というのは誰もが行き着く逃避先なのではないでしょうか。いわゆる懐古厨に似た何かですね。

結果面白い配信を見ていた楽しかったあの頃に逃避する層が出てくるという訳です。それは視聴者側に限った話ではなく配信者側にも言えることです。承認欲求を満たせていたあの頃を取戻せる上に今なら金まで稼げる。こんないい話あったら乗っかりたくなる気持ちも分からなくはない気がしてしまます。両者に今すぐ現実を見ろということはさほど難しいことではないのかもしれませんが、中にはこのコンテンツのおかげでなんとか自我を保っているスレスレの人もいるのではないか他人ながら心配してしまっているので、なかなかどうすることも出来ないですよね。


ところで、そんなこんなで配信活動動画投稿その他諸々に勤しんでいるvtuberの皆さんを一部の心無い人達キャバ嬢だの風俗嬢だのAV女優だのと揶揄しますがそれは違うと思います。生身の体を多くの人に晒して金を稼いでいる彼女らは、見ず知らずの他人に描かせた絵を画面端に置いて自らに課された設定も無視して深夜のよくわからない無名アイドルラジオ以下の話をし続けるvtuberとは比べ物にならないくら犠牲を払って生きているのではないでしょうか。自分が置かれている立場環境が逆風になったら即転生。飽きたら即引退。がまかり通ってしまうことがどれだけおかしいことか理解できている人がいったいどれだけいるのか非常に気になりますね。都合のいいときだけガワを利用するのはどうなんでしょうか。


さて、長々と駄文を書き連ねてしまいましたが結局何を言いたいかというと身の丈にあった幸せを掴みましょうということですね。ガワがないと振り向いてもらえない人はそれがあなた限界なのでそこを幸せと思う努力しましょう。それとどうかそのガワを安っぽいものにしてほしくない、そのガワは君たちの承認欲求を満たすためにあるものではない。ということでしょうか。それってガワ必要?と思わせないようなコンテンツになってほしいですね。まあもう手遅れでしょうけど(笑)

そろそろ終わります

anond:20200429064634

これはとろサーモン久保田さんがよく言う

草野球していた少年の打ったボールヤクザの家の窓ガラスを割った」という状況だろう。





どうやら岡村さんがMCをしている「チコちゃんに叱られたい」の降板を求める署名活動が始まったらしい。

そもそも発言のあった番組でもなければ、低俗発言制裁降板である理由釈然としない。

言ってはいけないことを言ったのなら日本法治国家である限り、法で裁かれるべきだ。

要するに、この署名活動は、ただただ自分不快であることを理由として、その人が一番嫌がることを考えた果ての何とも幼稚な行動だと思う。

(嫌がらせ幼稚園児でもできる)



本当に女性貧困性的搾取を心苦しく思うなら、少しでも女性労働環境制度改善を訴えかける活動をするべきだし、この行為は何の役にも立たない。

ただ、地位名誉を手にしている有名人のおじさんが落ちぶれていく様を楽しめる、それだけだ。

言ってしまえば、深夜ラジオなどという偏ったコンテンツ発言を公に晒して叩く、という行為自体、品のなさという点で岡村さんの発言と大差はない。

ゾーニングされたメディアという言い方をされるが、深夜ラジオパーソナリティはいわば小国の王のようなもので、パーソナリティ自身別に大声で自分ラジオ宣伝しようとはしない。

大国(世間)から見れば「ばかばかしくて」「くだらない」ことをしている自覚があるからだ。

から今回の炎上は偶然や罠ではない。

わざわざ肥溜めに分け入って、街中に持ち帰り「汚物があった!」と喚いていることと変わらない。



岡村さんの発言はもちろん低俗で、不道徳だ。

でも、自分の「お気持ち」を正義として納得するまで社会的制裁を下そうとすることは果たして高尚な行いだろうか?道徳的だろうか?





立川談志は以前、「品があるというのは、欲望に対する動作スローモーなやつのこと」だと言っていた。

そして、こうも言っている。

「俺は正しい人間だ。なぜならば、自分が間違っているかもしれないと常に思っているから」と。



あなた正義は本当に正義ですか?

それとも、エゴですか?



https://www.mylohas.net/2020/04/209713nobuko_nakano01.html

2020-05-29

九州出身芸能人が語る「東京の人はみんな同じ様な顔に見える」

中島美嘉"「(上京してきたばかりの頃) 最初の何ヶ月かの間だけど、街歩いてる人が同じ顔ばっかりに見えて、気持ち悪くてコンビニとかも夜しか行かないようにしてて、、」"

"「上京して5日目ぐらいに東横線に乗ったんですけど、、 ちょうど朝で、乗ってきてた中学生の子とかが何十人もいて、

ふっと見たら男子女子もみんな同じ顔に見えて(笑)の子たちみんな兄弟なの!?とか思って、、」"

"「東京来る前は福岡にいたんですけど、あそこではそんなことは、、一回もなかったですね」"

ラジオFMO LOVE FLAPゲスト出演時

浜崎あゆみ"「(東京では)どうしてみんな下を向いて歩いてるの?っていうのが不思議でした。あとなんか、おんなじ顔の人ばかりに見えて、とか(笑)ごめんなさい」"

おしゃれカンケイ1999年4月11日 出演時

橘慶太"「(上京して世田谷中学校転入した時) クラスの人たちみんな小学生に見えてびびった(中略) 中3なのに、なんかみんなすごい顔が幼いっていうか、小学生ぐらいの子供に見えて、、

あと、みんな顔が似てると思った。でも中身は結構、、成熟っていうか、立派っぽい人が多いと思った」"

RKBラジオ 2006年4月16日 ゲスト出演時

北村一輝"「あ~、確かに、おまえ外人みたいだな、とか、東京ではよく言われてきましたね。僕地元大阪で、両親の実家沖縄鹿児島にあるんですけども、

ガキの頃はそっちによく遊びに行ってたんです。そっちではぜんぜん、なんというか、そんなことはなかったんですけども・・・」"

"「東京に来たばっかりの頃なんかは、よくありましたね。東京のほうは、基本の顔みたいなのがあるみたいで、・・・

結構同じような顔されてる方が多くて、そこから外れてる僕みたいなのは異端視?というか・・・難しいですね(笑)」"

徹子の部屋出演時

"伴都美子:(専門学校に入るのと同時に上京した、という会話の流れ)「たまに周りの人の区別がつかなくなることとか。顔とかが同じ人に見えたり・・・

福山雅治:「まああれだな、九州から上京した奴は大概が最初経験することだよな、それな(笑)」"

タデスペシャル 2004年1月17日 200回特録

何か頭が思うように動かない

仕事も手につかない。

通常時なら2,3日あれば終わりそうな仕事なのに、1週間位かかってる。

仕事が思うように手につかないから気晴らしに散髪をしに遠出した。

行くまでの間はちょっとウキウキしていた。

本屋で色々本を読み漁った。

でも、次第に心が沈んでいった。

いざ、散髪になるとより心が沈んだ。

店内のBGMも耳障りだった。

目を瞑っていると「生きる意味があるのか?」「死んだ方が楽になるんじゃないか?」と頭の中をぐるぐる回った。

PCの前に居ない状態からかもしれない。

禁断症状に近い。

帰りの車でも沈んだ状態が続いた。

目に映る町の光景も目障りだった。

何時もなら聞き流せるラジオノイズしか聞こえない。

ハンドルを切れば一瞬で人生が終わるんじゃないか?って何度も嫌な思いが頭をよぎった。

腹が張って夕食もあまり食べられなかった。

風呂に入ってもももやしていた。

そして今吐き出したくてここで今日の出来事を書いている。

何か日に日にざらざらとした気持ちになっていく。

澱んでいく。

オルタナティブマスコミ

昨今のブコメなりニュースに対するインターネットの反応を見ていると、

マスコミジャーナリストという言葉アレルギー反応を示す人がいる。

マスコミとは

>>マスコミュニケーション(英: mass communication)あるいは大衆伝達(たいしゅうでんたつ)とは、マスメディア(具体的にはテレビラジオインターネット新聞雑誌書籍など)を用いて、不特定多数大衆(マス)に大量の情報を伝達すること。<<

wikipediaより抜粋

ジャーナリストとは

>>ジャーナリズム関係もつ人。新聞雑誌などの編集者記者など。<<

コトバンクより

ここでのジャーナリズムとは

>>新聞雑誌ラジオテレビなどにより、時事的な問題報道解説批評などを伝達する活動総称。また、その機関。<<

コトバンクより

つまるところ、前述のアレルギー反応を持つ人は、報道社会情勢の伝達を行う人々に対するアレルギー反応である

では、この人々がどのようにして情報アレルギー無く摂取するのか。

面白いことに、果物アレルギーの人が、加熱加工した食物が平気であるように、処理を加えた情報なら摂取できるのである

ここでの処理済みの情報提供する人々(主にインターネット上に存在する)の実態、全体はあまり良く分かっていない…と思う。分布インターネット全域に広がり、形態多種多様である

それでも、マス(大衆)に情報を発信できることから、それらはオルタナティブマスコミと、もはや当て嵌めることができると思う。

そして、たしかに言えることは、オルタナティブマスコミに、悪名高きまとめサイトも含まれるということだ。

このマスコミの特徴の一つとして、「インターネットの反応」と言う、調味料を加えることがある。

なんでも、風の話に聞くところ、はてなと呼ばれるサイト提供するサービスの一つに「はてなブックマーク」というものがあるらしい。

これも、調味料を加える形のオルタナティブマスコミとして見ることが出来て、使用者の多くは、マスコミサイト情報摂取する時に、ブックマークと呼ばれる「インターネットの反応」を自発的ふりかけ摂取する。

もはや、インターネットでは、ジャーナリストマスコミという言葉アレルギー反応を起こす人が急増している。

これは、もはやインターネットにおける現代アレルギー花粉症」のようなものだろう。

オルタナティブマスコミ現在の特徴として、マスコミ存在しないと、存在できないことにある。

そこで、マスコミの方でも、これらのアレルギー反応を持つ人たちに対応できる、オルタナティブ化を打ち出し、現代の人々の体質に合わせる必要があるのかもしれない。

山里亮太

数多ある意見の1つに過ぎないかも知れませんが、この度の悲しいお知らせについて、とても重要なお願いがあります。ぜひご一読頂けると助かります

今回のことについて、またそれについても様々なことをSNS上でみな好き放題言っています。我々はこういう風に対面で顔を合わせなくてもコミュニケーションができる時代になって、その最も身近なものであるSNSと、どういう風に付き合っていけばいいのかほとんどの人は困惑しています。顔を合わせなくていいということから、どんなことでも発信でき、また(SNSのない)日常生活では言われないようなことを言われたりするようになってからSNS上で見えている相手バーチャル人間だと考えるようにし、自分(人間)vs相手(機械)のように接していますしか自分普段自分と違う人間のように、普段なら喉まで出かかって止めるような文言さえも、あっさりと指をなぞらせて全世界へと発信するのです。しかしその割に相手(機械)の言うことには感情を揺さぶられ、たびたび日常生活ではあるまじき過度な言葉相手を責め立てることもありますさらに、膨大な情報量。誰しもが発信できることから必然的日常生活ではわざわざ聞くことのない人の意見まで(要か不要かに限らず)目にせざるを得なくなりました。

と、ここまで書きましたが今回のことが、何が一因であったのかということについては、色々な人がこれもまた勝手意見いくらでも言ってくれていますしか自分も正直それを精査していく、という気分にはなれません。一人の尊い命を失った悲しみもさることながら、何よりもうこの情報化社会情報量に疲れてしまっていて、さらにはSNSの使い方についてあれこれ言われてしまうことは、何か自分の一番柔らかい部分に触られているようで気味が悪いような気もするからです。

ですから、この誹謗中傷がどうだとかについてこれ以上触れることはしません。今回自分がわざわざメッセージを送ろうと考えたのは、自分なりの考えを伝えお願いしたいことがあるからです。

人間は、というか自分のような人間は、どこから台本なのか、ということを小さい頃から気にして見てしまますテラスハウスはもちろん、ラジオお笑いや、とかくエンタメ全般的に。大人になればなるほど、その線引きの部分が段々と分かってきました。コンテンツ制作する上では、台本はなくせないということも。そうすることで、面白さが担保できる。その場で生まれるかわからない爆笑を待つよりも、安定的面白い方が大事だというのが根源にある。

テラスハウスもずっと楽しみに見ていました。2020東京から過去作品も遡ってほとんど見ました。このテラスハウスでも同様に、どこまでが台本なのか、と考えましたが、それについてネット上では正確な情報は開示されていませんでした。それでも、まぁいいかと楽しんでいました、所詮エンターテインメントなのだから

しかし、その楽しい時間は実にあっけなく終わってしまいました。

台本があって、それに従って演技をする出演者の方々。すべてはただの操り人形であり、それを見る視聴者たちは騙されてあげて、楽しむ。騙されていながらも没入して、そこで同じように感情を揺さぶられて楽しむ。どんなエンタメもこうして楽しんでいるのに、現実で人が一人死んでしまうということは、そんな平和世界で行われるエンタメの中には決して存在してはいけない概念です。

少し戻って、自分が引っかかるのは、そもそもこれが台本であったのかどうか、ということです。彼女番組の指示通りに、また示唆されて作為的にあの「コスチューム事件」を起こしたのであれば、これが自殺につながったと言っても過言ではないのですからテレビ局殺人とも言えるでしょう。そうでなかったとしても、悪意のある編集があったという新野氏の証言があります。そうした番組を取り巻く諸々が、視聴者には何一つとして知らされていないのです。

これ以上は長くなってしまうので、簡潔にいたします。お願いというのは2つあります。1つは彼女がなぜ自殺しなければいけなかったのか、番組制作という面からそれを解明すること。テレビ局で働いている人々の大半はきっと善良な人達なのだろうけど、舵取りはいつも腐り切っているように感じます。この事件が闇に葬られてしまう前になんとか事実をすべて開示して欲しい。2つ目には、彼女自殺以降おそらくひどく誹謗中傷を受けているであろう出演者の「彼」やその他の人々の精神ケアです。頭の悪い人たちは「彼」があんなことをしなければ彼女自殺することもなかったというでしょう。実際、死んだ人が責められることはほとんどありません。今後苦しい思いをするのはいつも、今、そしてこれから生きていく人たちなのです。

この2つを、出演者でありながら、一個人としては制作には関係のない貴方にお願いしたい。きっとこれを読まれても、お願いするところが間違っているのではないかと思われるかも知れません。しかし僕は、貴方の「一生をかけて考えたい」という言葉を信じたいのです。その覚悟があるならば、すべて自分のうちに閉じこもって考えるのではなくて、少しでも何か行動をして欲しい。山里亮太が、あの番組マスコットのような立ち位置で、あの時間だけは番組傀儡だったかも知れない。しかし世のSNS上の人々のように、貴方の本当のところは人間である、ということをどうか信じさせてください。そうしてこれからも、後ろめたい気持ちなしに、エンタメ傀儡となる貴方を楽しませて欲しいのです。

ラジオ番組バックナンバー試聴サービスないのかな

テレワークするようになってから仕事中にラジコ流すようになったんだけど、

学生時代に大好きだった伊集院光の深夜のバカ力の聞いてなかった期間の放送が聞きたくなった。

YouTube探せばあるっちゃあるんだけど、誰か知らない奴の広告収入になるのも癪だし、

音楽サブスクサービスかにないのかなー。

伊集院光以外にも、いろんなラジオバックナンバーをサブスク試聴できればいいのに。

CMとか曲のあたりどうするかとかいろいろ問題があるのかなー。

2020-05-28

anond:20200528125529

ちょっと違うけど、ファットウィッチベーカリーってお菓子ラジオCM

女の子同士が「ファットって太ってるって意味やろ、ええんか? ええんやで」みたいな掛け合いのCM聞くと

先手を取っておかないとやばい世の中なんやなって思った

フランプール山村隆太の声と喋り方が得意先の担当者に完全一致しててラジオ聴くたびにあいつのことが頭に思い浮かぶ

担当あいつもいい奴なんだよね

2020-05-27

岡村氏を叩いてた人は岡村自身を叩き潰したいだけだったんだな

「不幸を望んでいる」などという批判はもうされなくなり、

岡村の半生を穿り返され、

ラジオ過去発言を全部チェックされ、

人格攻撃されるだけとなった。

人権侵害をしているのは一体どちらなのであろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん