「ラジオ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ラジオとは

2017-10-18

田中美海FGOのニトクリスで知った

もうあれ代表作として挙げていいでしょうな

ラジオでもあれだけはっちゃけキャラ確立してるし

さぎょいぷ

ツイッターとあるカップリング専用のアカウントを作っていて、そこで細々と二次創作を楽しんでいる34歳の壮年の男。

下は10代から上は50代まで様々な年齢が入り乱れているが、数年前から「さぎょいぷ」という言葉を目にするようになった。

さぎょいぷとは誰かと話しながら絵だったり勉強だったり何かしらの作業をしながらスカイプすることを指す。

これを知った時、新しい感覚だなぁと凄い感心した。スカイプで話しながら何か作業するなんて自分にはとても出来ないなと。

絶対に手が止まってしまう。

でも、ちょっとやってみたいと思った結果、36歳壮年男性とすることになった。

「さ、さぎょいぷします?」

「し、しちゃいます?」

と文面でもキョドりながらお互い照れながらさぎょいぷをしたが、

「あ、あれいいですよね」

かわいいですよね」

「「デュ、デュフフwwww」

会話の半分以上がデュフフを占める非常に耳障りの悪いさぎょいぷとなった。

それを経て今ではたまに会い、居酒屋デュフフ笑い合う関係になった。

さぎょいぷ(手は完全に止まっていたけど)は一度きりで終わった。


さぎょいぷ出きる人が羨ましい。

ラジオ感覚なのかな。

2017-10-17

アディーレ法律事務所と依頼者のあれこれ

去年まで働いていた事務所業務停止になった。

今は別の仕事をしているので、思うところをつらつらと書いていく。


アディーレが業務停止になったのは「景品表示法違反」。

「今月いっぱい着手金無料」を5年間続けていた事が問題とされている。

これを注意されたのが2016年であり、

そして代表石丸先生ほか、登記記載弁護士(各支店支店長とか)に対して、各弁護士会懲戒請求が出された。

そして2017年の今月に弁護士会判断したのが、「業務停止2ヶ月」。

石丸先生現在、ほぼ事件関わってないようだし、今は医大にかよってる学生と聞いていたし、業務停止してもあまり影響はないんじゃないか、と勝手に思っているが(本当はどうだか知らない)

事務所を2ヶ月停止っていうのは、あまりにも処分が重い、というのが一個人の感想である

速報出た時の記事に「受任中の数百件は解任になる」(うるおぼえ)などと書かれていて、そんなに少ないわけないだろう!とツッコミを入れてしまいそうになった。

1ヶ月に受任している数の間違いではないのか。

弁護士187人、事務員300人以上であれだけ「ウザい」と言われる程の広告がだせる事務所の受任件数を、弁護士会はどれくらいに見積もっていたんだろうか。

かにアディーレが行った事は許されるべきではない。

しかしその処分は誰のためであったのか。

私が勤めていた頃に、受け持った依頼者には、インターネットを使えない高齢者も多くいた。

そう言った依頼者の情報源は、よくSNSで「ウザい」と言われるテレビCMであり、ラジオCMだった。

(アディーレの依頼者管理システムには依頼者がアディーレを知った媒体記載があった)

そういった依頼者のうけどころはどこだろう。

誰が助けてくれるのだろう。

弁護士会の設置した相談窓口は平日の13〜15時と聞くが、その時間にかけられる依頼者が何人いるのだろうか。

依頼者から電話が1番多かったのは夕方17時以降だ。当たり前だ。仕事があるんだから

仕事が忙しくて、17時には営業が終わってしま法律事務所相談に行けず、そしてアディーレに依頼した人は、次はどこに頼めばいいのだろう。

また、アディーレ=過払い金のイメージが強いが(CMのせいか)、債務整理担当している部署が最大であり、稼ぎ柱であったように思う。

当然に、依頼者は金銭の余裕のない人ばかりだ。

アディーレは金のある事務所だったので、法テラスの援助で手続きをしていた人も多い。

法テラスの援助案件は、手続き自体はアディーレが行い、手続き費用(着手金、実費、予納金など)を法テラスが立て替え、手続き後に依頼者が分割で支払う。(生活保護等を受けている場合は返済が免除される)

ただし、通常の手続き費用よりも事務所に入る金額は大きく減る。

アディーレに比べて小規模な事務所で、その依頼者を受け入れきれるのだろうか。

最初に戻って、「今月まで着手金無料」を5年間続けていたことが何が問題であったのか。

どうやら、「今月までと表記することで、依頼者が正しい判断をしないまま、焦って契約をしてしまう」ことが問題のようだ。(私の解釈なので正しくは検索でもしてほしい)

「焦って誤った選択」をした依頼者を救うのが、弁護士会仕事ではないのか。

そのための公益通報ではないのか。

結果的に宙に放り出された数万人を思うと、あまりにも後先考えないお粗末な判断であったように思う。

(勤務中に、アディーレ法律事務所を敵視するような別事務所先生方の言動を知っているので、今回の判断にそういった「私情」が挟まれていないことを祈るばかりである)

事務員A

立ち上がりたくない時

もう立ち上がりたくない時に、とりあえずradikoオードリーラジオを流すと不思議と体が動く。

週一のターボエンジン的な。

まあ昨日もう使っちゃったんだけど。

佐々木俊尚記事ブコメって否定ばっかりだったけど

今、望月衣塑子が文化放送ラジオに出ていて

ツイッターで#joqrのタグ流しながら聞いていたんだけど、

見事に全否定か全肯定しかなくて佐々木の言ってる通りなんだよなって思った

まぁ俺も聞いていて望月に一寸も同意する点がなかったからアレなんだけど

ハァ

テレビも無エ

ラジオも無ェ

ブクマもそれほど流行って無ェ

PVも無ェ

PERも無ェ

スパム毎日ぐーるぐる

朝起きて エンジニア時間ちょっとミーティング

電話も無ェ

オウンも無ェ

バズは一日一度来る

 

おら、はてな村、いやだ

2017-10-16

ザ・クロマニヨンズ

ライブに来るらしく、ラジオでそこそこ頻繁にCMが流れている

どん底から あがるだけ

どん底から あがるだけ♪

気がつけば自分でも口ずさんでいる、どん底からあがるだけ、すこし元気が出る気がする

でもたぶん、ここはまだどん底じゃない

どん底じゃないからまだ落ちていく、引っ張られるわけでもないのに上がれない

2017-10-15

ラジオNHK第一の著者から手紙

『うしろめたさの人類学』は興味深い話だった。

2017-10-14

ぽっぽっぽっぴー

基本かなり遅延するネット配信時にはラジオ時報本体を(なんかよくわからん方法で8割くらい)消してるNHKラジオはたぶんえらいのだと思う

そこだけ無音挟めばいいのになんか2割くらい残っててカシュカシュ鳴ってる気がするようにしてある理由はよくわからん

衆院選2017の争点

憲法改正北朝鮮だと今回の選挙論点について語られているが、隠れた争点は、

なんだけど分ってた?

新聞テレビラジオの旧メディ一生懸命支持している人達と、インターネットによって草の根で支持が広がっている人たちの争い。

まりメディアの対決なんだ。

選挙の結果によって、旧メディアマスコミ増長するか衰退するか、インターネット環境が良くなるか悪くなるかが変わってくるように思うんだ。

 

増田諸君はどちらを選ぶ?

2017-10-13

松旭斎すみえ師匠の功績を「風評被害」とかいうな

オリーブの首飾りの「風評被害」について、いろいろと盛り上がっているけど、(https://anond.hatelabo.jp/20171012190403 とか anond:20171013062716

そもそもマジックと結びついていなければ、日本であの曲がこれほどまでにポピュラーにはなっていないだろう。

この曲をマジックBGMに使い始めたのは、現在日本奇術協会名誉会長である松旭斎すみえ師匠だが、たまたまカーラジオで流れていた曲が自分舞台にあっているのではないかと思いBGMにつかってみたところ、あまりにも評判がいいので定着し、ほかの奇術師もどんどん使い始めたのだという。

昭和50年代の話だ。

以来、完全に「手品師テーマ」として定着し、40年近くがたっても、その結びつきは色あせることがない。それは、あの曲があまりにもマッチしていたから。

作曲者意図とは違うのかもしれないが、もはや「江頭2:50布袋寅泰の『スリル』」みたいな、唯一無二、不即不離の選曲というしかない。

師匠は、この曲のポテンシャルを引き出したのであって、もし師匠とこの曲が出会っていなかったら、ポール・モーリア音楽なんて、日本では昭和遺物として忘れ去られてしまったはずだ。

イージー・リスニング」なんてジャンルがあったことすら、もはや中年以上の人間しか覚えていないのだから

師匠舞台は、10年くらい前に鈴本演芸場でみたきりだが、その時もこの音楽が定着する経緯についてはネタにしていた。

なにしろ、あの曲のイントロ流れるだけで、「ああ、これからマジックが始まるぞ」という期待感に客席がつつまれ師匠が登場して花束の一つでもだすだけで、会場は沸くのである

「ああ、定番のあれを見た」という安心感

こんな幸福な結びつきは、音楽にとって、断じて被害」なんぞではない。

2017-10-12

暇が好きだ

休みの日は家から出ないというポリシーがある。

スポーツジムに行くのも、スーパーに行くのも、銭湯に行くのも、仕事の帰り。

仕事がなければ家からでない。

三連休でも、四連休でも、ずっと家にいる。

なにをするかといえば、なにもしやい。

テレビもみないし、音楽もつけない。

パソコンスマホも触らない。

朝のラジオ英会話だけは習慣なので、月曜が祝日ときは15分だけラジオとそのテキストをみることになるけれど、それ以外はなにもしない。

朝一オナニーラジオ英会話、そこから先はなんもしない。

寝るか、なにか食べるか。

暇がつらいとか、友人と遊べなくて辛いという人の気持ちがわからない。

お腹さえ減らなければ、尿意や便意や眠気が来なければ、壁とか天井とか眺め続けることが出来る。

しろ妄想捗るから楽しい

ふかふかの布団で眠り、労働から解放される、こんな幸せがあるもんか。

2017 台湾旅行第一部分

台湾に行って来た。

一人での海外旅行は初めてだ。

台湾であった事、感じた事つらつらと書く事にする。

長いし、起こった順に書いていて、特に脈絡もないので、ドラマは期待しないで欲しい。

取り留めない旅行記だ。

もし文書の中で一文でも、行ってない人の興味を唆れたり、行った事のある人に「あ〜、あるある」って思ってもらえたら嬉しい。




出発前


そもそもなぜ台湾に行こうと思ったかというと、少し前にちょっと凹むを事があり、いつまでも気に病んでも仕方ないし、何か面白い自分の興味を引かれる事がないかなぁなんて考えてたところ、「そういえば、台湾料理で気になってるものがあるんだけど、実物を食べた事がないんだよなぁ」と思い出し、休暇の予定も決まってなかった事もあって、「じゃあせっかくだから行ってみよう」となった訳である

初めてなので、ツアーを予約して、飛行機ホテルの世話だけをして貰うつもりだった。


いざ行くと決まれば、何より問題なのは言葉で、元々日本でもコミュ障気味なのに、別の言葉が話されている国で過ごすのは甚だ不安だった。


でも出発当日が来て、フライトをまつ夜の羽田空港国際線ターミナルで、簡単中国語を暗記していてた時にふと気付いた。

そうだ、俺、イラスト描けるじゃん。

普段から言葉より絵の方が伝わる事があるのは分かってる。

言葉の通じない国に行くんだ、使えるスキルは何でも使わないと。



格安ツアーの出発は変な時間だ。

午前4:50、タイガーエアに乗り込んだ。

台湾のLCCとはいえ、機内はほとんど台湾人

ツアーなので、自分の他にも出発する日本人いるかと思ったが、日本人は少数派のようだった。

ちょっと不思議に思ったのは、機内の台湾人男性はほぼメガネ

なんでどいつもこいつも目が悪いんだ。

から更に不思議だったのは、台北の地に着くと男子メガネ率がむしろ低いのだ。

台湾人飛行機に乗る時だけメガネをかける決まりでもあるのか?






1


1日目 午前


LCCの狭いシートで変な姿勢に耐えながら3時間フライトを終え、朝の桃園空港に降り立った。

空港でキョロキョロしてると、いきなり兄ちゃんに現地の言葉で話しかけられた。

バス?とか言ってたので、行き先に迷ったと思われたらしい。

一瞬どう答えていいか迷ったけど、オレンジベストを着てゲートのすぐそばに立っている女性を指差し、「大丈夫」と言うふうに手を振ったら、彼は「なんだ」という顔をした。

あ、言わなきゃ。

「謝謝」


ベスト彼女自分の到着を待って立つツアーガイドだった。


実はツアーガイドはすぐに見つけていたのだけど、他のツアー参加者が集まってから声をかけようと思っていた。

しかし、誰も集まる気配がない。

どうやらこのツアーの申し込み者は自分一人らしい。

機内に日本人が少ない筈だよ。

「すいません」と日本語で言うと、ちょっと訛った日本語で「どこにいたの?すぐに声かけてよ〜」と笑顔で言われた。


ツアーガイドは黄さんと名乗ったが、「エリと呼んでね」。

台湾の人は英語の二つ名を持っている人が多いという。

より覚えやすくする為に、勝手に「エリーさん」と呼ぶ事にした。ちょっと伸ばしただけだから大きく違わないだろう。



ホテルに向かうミニバンエリーさんに「何かみたいものある?」と聞かれたので、「九份に行きたい」というと、「どう行くか調べてますか?」

「ざっくり」と答えると、「ざっくりじゃダメよ!」とひどく呆れられた。

エリーさん曰く、九份は凄く人気、今は祝日台湾人も行くから人でごった返している、行くなら早くいけ、と。

さらにはついでに十分も行くべきで、こんなこんなこんなツアーがあって・・・説明が止まらない。


「実は蚵仔煎と肉圓を食べに来た。あとお茶も買う予定」と言いうと、彼女は「それだけ?」とまたもや呆れ顔で言った。

「それだけじゃ量が少ないよ!」

さらっと書いているが、この会話の中で、エリーさんは料理名前を何度も聞き返している。

曰く、「発音メチャクチャから何言ってるのかわかんないよ!」

日本人とは随分テイストの違う接客なので思わず笑ってしまった。


夜市にも詳しいエリーさんによると、蚵仔煎の様な夜市料理行列の店で食べるべきで、それは味の問題というより、回転の早い店の方が素材が新鮮なので、当たる事が少ないかであるとの事だった。

台湾人がよく行列するのは、そういう理由もあったのか。なるほど。


エリーさんの勢いに呑まれかかってたけど、会話が少し止まって、ふと窓の外から街を見れば、台北市建物が密集しているのに気付く。

その中にセブンイレブン

漢字コンビニも人の背格好も一緒なのに、行き交う人は全然別の言葉を話している。

それは不思議な感じだ、と言おうかと思ったけど、それを言うとエリーさんが凄いエネルギーで何かの説明をしそうなので言わないでおいた。


ホテルに着いたらチェックインの15:00まで、荷物を預けて自由観光

エリーさんは、台湾での見所と注意をまくしたてたあと「わからないことがあったらLineで連絡して!」と事細かに連絡方法を教えてくれた。

「あと折りたたみ傘を持って行って!今の台湾は天気が変わりやすい!」

どうやら手が届く限りは面倒を見ないと気が済まないらしい。

台湾人親日とよく聞くが、接した感じでは、どうもナショナリズム問題ではなく、何か人間が親切というか、お節介焼きであるように感じた。



エリーさんと別れてしばらく歩くと、南国の陽射しの下、台湾国旗がはためいている。

明日がちょうど建国記念日国慶節からだろうか。

そういやエリーさんに「暑いな、さすが南国」と言うと「ここは南国に入らないよ!台南の方が亜熱帯!」って言ってたっけ。

急に冷え込んだ東京から来たら、十分暑いエリーさん。


すぐに暑さに耐えかねて、冷房の効いてそうな店に飛び込んだ。台湾で食べたかったものの一つ、豆花を食べていると、店内ラジオからはB'zが流れて来た。

日本アーティストなのに、なぜかより台湾を感じさせる。

かい注文が出来ないので、かき氷ピーナッツの甘煮だけをトッピングしてもらった豆花はとてもアッサリしていた。



台湾はとにかくスクーター乗りが多い。

大通り信号が青に変わるたび、びっくりするくらいのライダーが駆け抜けて行く。

この台湾光景を収めようと交差点歩道カメラを構えたら、後ろから「前方!」という様な声をかけられた。

振り向くと、自転車にのったおじさん。

「前危ないよ」とでも言われたのだろうか?ひょっとしたらもっと荒っぽい表現なのかもしれない。

台湾人は親切だけど直接的でもある。




1日目 午後


ホテルチェックインの15:00にはまだ間があったが、台北は午後になって更に気温が上がって来た。

エリーさんが言ってた事には、日中は36℃になると言う。

当て所なく歩き回るにはキツい時間だ、せめて目的が欲しい。

本来は2日目の午前にこなす予定だった、台湾茶の買い出しを前倒す事にした。


エリーさん曰く、祝日台湾人は勤勉では無いらしく昼頃にようやく起き出すとの事だったので、一抹の不安を抱えてはいたが、しばらく歩くと、お茶のいい香りが漂って来た。

通りに面した倉庫の様な店。

林華泰茶行。

上質なお茶が卸値で買えるとの事で、予め来ると決めていた店だった。

実際に来て見ると、その倉庫の様な空間に微かに漂う不思議で素敵な香りに心が踊る。


ただ、少し計算が狂ったのは、店が思った以上に小ぢんまりとしているし、本来問屋なので、店員もぶっきら棒。

タンクトップから腹を放り出したオッさんが茶葉のチェックなどしていて、ゆっくり見るのは場違いだった。

そこでは吟味しながら4種類買う予定だったけど、実は到着直後の免税店で、エリーさんの勢いに押されてすでに高山茶を1つ買っていたので、3種類にした。


金萱

東方美人

蜜香紅茶


20代とおぼしきにいちゃんに、それぞれ「1/4斤」とメモして伝えると、「150?1300元」とぶっきら棒に返して来る。


台湾店員さんは人がよく、自分言葉が変でも何とか必死コミニュケーションを取ろうとしてくれていて、それが返って不甲斐なく、少し凹んでもいたのだけど、さすが問屋のにいちゃんにそんな忖度は無い。


今が出す時だ、と思い、空港で描いたメモを見せた。

一杯の茶のイラスト

「喜歓的香味(とても好きな薫りです)」

「謝謝。」にいちゃんは微笑んで言った。

初めてエリーさん以外の台湾人とちゃんとコミニュケーションが取れたと思った。



昨日から大して寝ずに動き回ってるので、良い加減疲れて来たけど、ホテルチェックインにはそれでもまだ時間がある。

台北101に向かう事にした。


地下鉄にのっていたら、博愛席(日本でいうところの優先席)に座ってたばあさまが、乳幼児を抱いている母親に気付いて、手招きして席を譲っていた。

台湾人はほんとうに人が良い。

うっかり降りる駅を間違えて、次の電車を待っていたら、地下鉄ホームロードバイクを押す人がいた。

台湾輪行ダイナミックだ。


ブルータス台湾特集の表紙が台湾人には不評だったらしい。

曰く、あんな古くさい台湾ではなく、もっと近代的な今の台湾を見てくれ。

でも、実際歩いてみると、やはり台北の街は自分イメージするアジアエネルギーノスタルジーに溢れている。


そうかと思えば、台北101東京で言うところの押上ソラマチの様に、周囲から浮いて急に出現した近代モールだった。

台北という街は混沌の中での変化の真っ最中なのかもしれない。



さて台北101の地下はデパ地下であり、フードコートだ。

このデパ地下も、旅の目的の一つだった。

その地にはその地の食い物が有る。

よくわからない果物料理ディスプレイされてるのは最高だ。

乾麺のコーナーで、刀削麺と同じ棚に讃岐うどんが並んでるのには何だか笑った。

うどん台湾では烏龍麺と書く。


大して腹も減ってなかったけど、疲れを癒す意味で、ここのフードコートガソリン補給をする事にした。

加油、俺。

頼んだのは排骨魯肉飯のセットで排骨には八角の強い風味が有る。

これが中華な味だ。

魯肉飯をかっ込んでふと顔を上げると、半袖シャツを着た対面のにいちゃんの袖から綺麗な花柄が覗いていた。

そういえば林華泰茶行に行きすがら、通りかかった裏路地でも、書き描けの紋紋を背負ったおっちゃんが上半身裸で何かを食っていた。

台北では割とカジュアルに紋紋にでくわす。


デパ地下と紋紋に満足したので、人でごった返した展望台には登らなかった。

良い加減、ホテルチェックインしてシャワーを浴びたい。




1日目 夕方〜夜


やっとホテルチェックインできて、シャワーも浴びてさっぱりできた。

一休みしたら晩飯だ。

どこで何を食うかは決まっている。

寧夏夜市で蚵仔煎を食べるのだ。


実はエリーさんに、この暑くて食品が傷みやすい時期に牡蠣を食べるのは勧めないと止められていた。

私たち台湾人間は胃が大概のものに慣れている。でもあなたたちは違うでしょ」と。

一理あるんだろう。

でもこの旅行重要目的の一つが本物の蚵仔煎を食べて、どういうものか知る事だったのだ。これはマストなのだ

から、せめてエリーさんの忠告を一つ守ることにする。

屋台料理行列の店で食え」

日が落ちて、明かりが灯った台北の街。

地下鉄を乗り継ぎ、寧夏夜市の行列の店を目指した。



道中驚いたのは、街中に野良犬がいた事。

少し遠巻きにしてる人もいたが、同時に野良犬を気にするふうでも無く、すぐ脇で座ってなんか食ってるおっちゃんもいて、日本ではもうない風景日常なんだなぁと驚いたりもした。



やがて、台北B級グルメ天国寧夏夜市が見えて来た。

日本で伝え聞く喧噪はちょっと盛ってるんじゃないかなんて疑っていたが、実際に行くと日本縁日以上の人、人、人。

屋台が軒を連ねる通りは真っ直ぐ歩くのも難しいくらい。

食習慣が全然違うのを肌で感じる。


夜市を一回りすると、一番行列のできてる店がわかった。

ここに決めた。

朝にエリーさんに酷評された付け焼き刃の台湾語は捨てて、筆談だ。

蚵仔煎を描いたメモを見せて注文する。

やがて店内に通されて、目当ての品が運ばれて来た。

おお、これが蚵仔煎か。

まず写真を一枚。

そして口に運ぶ。

プルプルしている!台湾風にいうとQQだ。

牡蠣オムレツと言いながら、片栗粉ような生地の方が主で、それに卵が絡み、その中に青菜と小粒の牡蠣が旨味を添えていた。

かかっているタレは甘酢か。テーブルに置いてある辛味噌を添えると更に風味が増す。

エリーさんの忠告は忘れてないが、ひょっとしたらヤバいものを食べているのかも知れないというスリルもまたスパイスのようなものだった。

「很好吃!」メモを見せると、店員のお姉さんはサムズアップした。



>>2日目



グレートマジンガーネタバレだった

前にすみぺのラジオマジンガーZ映画グレートマジンガーが出てくるって言われてあれ…グレート出るの?と思ったんだけど

公式にグレート出るよってリリースが出たね

あーやっぱネタバレだったんだあれ

やっちまったなすみぺ

まあどうせ公開までに海外からいっぱいいっぱいネタバレされるに決まってるからこのくらい別にいいけど

https://anond.hatelabo.jp/20170924002452

anond:20171012002539

近場のスーパー無添加の旨い白飯リーズナブルに入手できるなら、炊飯器はいらないよ。蒸された芋も買ってくればよし。

それでも自炊が好きなら、圧力鍋は重宝する。

テレビはほんとイラね、犬HK代で毎月外食できるもんね。ラジオのほうが、語りかけてくる感じがあるし、独り暮らし始めたリスナーてのもラジオ番組想定内なので結構聴いていて嬉しい。

新社会人のためのひとり暮らし

今年の春、社会人になった。夏に独身寮を出て、いまはワンルームを借りている。

大学大学院の頃も一人暮らしをしていた。誰にも干渉されない空間で、だらだらするスキルけが伸び続けている。

一人暮らしを始めたばかりの大学生はすぐ、「母親はすごいなあ。飯作って、選択して、掃除して……」とか言いがちだが、母ちゃんがすごいのは家族全員分の家事をそれなりにこなしているからであって、母親にひとり暮らしをさせたら息子と同じくだらだらするに違いない。

さて、個人的意見だが、大学生社会人一人暮らしでは気持ちが違うような気がしている。学生と比べて、お金はあるが時間がない社会人各位は日々の生産効率を最大限にするために努力されていることだろう。今の住まい引っ越しからの話を自分のためにも書いておこうと思う。

部屋の選び方

オートロック

セールスなどの訪問が皆無に等しいため、休日エホバに起されることもない。来訪をカメラ確認できるから安心してヤマトのお兄さんを迎え入れられる。

風呂トイレ

言わずもがな

・コンロふたつ

→なにかと便利

・外に洗濯物が干せるか

→都会の空気は意外と汚い。すぐに物干し竿にススがつくから気をつけて。

・二階以上

→一階だとベランダ(バルコニー)にゴミを投げ入れられると不動産から聞いた

・白色以外の床

→白だと髪の毛が目立つから落ち着かない。掃除をしてもすぐに新しい毛が落ちる。

会社の近く

→近ければいいというわけではないが、通勤時間の短さは大切。

冷蔵庫キッチンに置けるか

キッチンが狭すぎて冷蔵庫リビングに設置することになった友人を知ってる。リビングスペースは貴重。

買うべきもの(家電編)

冷蔵庫

→要る

洗濯機

→要る。コインランドリーまで出かけていられない。

掃除機

クイックルワイパーでもいいかもしれないが、ホコリの吸引力が違う。

レンジ

→温かいご飯を食べよう。トースターオーブンはあったらいいかな程度。パンを焼きたい人は買うべき。

電気ケトル

→最強

炊飯器

さつまいもを蒸かせると知った。

ドライヤー

→髪は大切。

コメントテレビは持っていないが暮らせている。ただ、音がないのは寂しい。いまはネット動画も見れるし、ラジオも聞けるからテレビ必要とは感じていない。

買うべきもの(家具編)

・ベッド

マットレスで疲れを取ろう。ソファとかデスクチェアとか座椅子とか、ベッド以外に座れる場所を作るといい。ベッドしかないと無駄睡眠が増える。

テーブル

→床で飯を食うと囚人のような気分になり、健康上よくない・

買うべきもの(生活用品編)

サンダル

ゴミ出しのために靴など履いていられない。

買わなくていいもの

ランチョンマット

・替えのシーツ

→朝に洗って干せば夜には乾いてる。

まとめ

一ヶ月暮らして感じたことは以上。基本的なことだが、基本こそ生活のすべて。一人暮らしの先輩にもっと教えを請いたい。

2017-10-09

友達になってください

性別:女

年齢:28

職業:絵関係自営業

趣味読書ラジオ視聴

好きな食べ物茄子たらこ

好きな肉:鳥

好きな魚:鰤

好きなアニメファンタジックチルドレンわさび世代のドラ映画例外有)

得意:家庭レベルだけど料理

悪い癖:ネット上で人をおちょくる

2017-10-08

ドラえもんの異世界転生エピソード

現代の道具を原始時代に持っていけば神になれる!→ラジオ電波がないので役に立たない、缶詰を持っていったが缶切りが無い、身体能力で劣るのび太は結局バカにされてしまった

今の知識を持ったまま生まれ変われば天才になれる!→最初神童扱いだったが努力を怠った結果、小学五年生になる頃には普通以下の子扱い

日本誕生原始時代自由に生きていこうとするが別の未来人がいた

まだあるかな

2017-10-07

文系か~と何か狂ったように書いてるバカがいるけど、お前は理系なの?

俺が知ってる理系は壊れたラジオみたいに同じ内容を繰り返し書くことはしないなぁ

もしもの

とりあえず、あなたは男だ。もしも女かもしれないので、そこを考慮しよう。

まりあなたが異性のトイレに入ったとしよう。

わかりやすく言い換えるならば、男性なら女子トイレ女性なら男子トイレ

さらに、誰にも気づかれずトイレの個室に入ったとする。

なぜそうなったかというと、ランチに何を食べようか、一生懸命

考えていたら、うっかり自覚しないで異性のトイレに入ったのである、としよう。

そこでここから本題だが、どうやって出ればよいのだろうか?

あなた男性なら、痴漢と間違われる可能性が大だ。

人生の一大事あなた女性なら、痴女と間違われるだろう。

こんな話をさっき、漫才師ナイツラジオでしていた。

うっすらと聞いていたので、結論は聞いていないが、

空港トイレとか間違えやすいみたいね

(追記)これを読んだ人へ。会社でこんな状況になると会社に勤務できなくなると思うよ。念の為に追記。外出先でも危ない人だよ。

2017-10-06

今日Radiko岩手です

PCラジコリモホ位置を判定するんだけど不可能リモホは前回の位置申請者の地域ラジオ再生する

岩手独自ラジコ対応局は2つしかないのな

むーん

「そろそろ新米で…」

「お米の試食会が…」

イベントでお米の試食を…」

イベントばっかだな! いいね! 北海道でつらら舐めるイベントばっかなのと似たようなもんか!(ないです)

2017-10-04

目覚まし用アニメが見つからない

目覚ましに「しゃべりもの音源をよくつかうんだけど良い音源がなかなか見つからない

単にラジオだと中身がなさすぎてつらい

お笑いだとうるさい

できれば映像作品の方が所々間があってせわしく無くて良い

萌えアニメだと女声が耳に刺さる

声低めの男が多く出演して、しゃべりベースで、間とかが丁寧な作品を探してるがなかなか無い

唯一満足してるのが「アカギ」くらいだな

いいの思いついたら教えてくんろ

星野源の人気の元はラジオじゃないの?

第3次声優ブームあたりの人達と同じ匂いを感じる

別に容姿が良くないし堂々と支持してるとは言いにくい空気だけど

アニメファンけが支持層かと思えばそうでもなくてよくわからない人達フォローしてたりして

なぜかCDはやたら売れたりする

自分たち容姿だけで異性を見てるわけじゃないんだって免罪符的な持ち上げられ方をするのも似てる

太田にしては

まともなこと言っている。

太田光フジ謝罪違和感保毛尾田保毛男問題

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201710040000361.html

これについて、太田は3日深夜放送TBSラジオ爆笑問題カーボーイ」で、

「俺は違和感があってさ。ダメなのはしょうがないにしても、

クレームを受けてから謝るスピードがあまりにも早すぎちゃって、自分の頭通してねえだろって思った」と指摘した。

 太田は、今回の視聴者の苦情は「『なんで今ダメなのかってそれぞれ考えてくださいよ』って訴えだと思う」

と推察した上で、宮内社長謝罪について「『ちょっと時間ください』と言ってもいいと思うんだよ。『あれはもう1回、

よく考えます制作を含めて、バラエティーも報道も含めてよく考えます』と。

実はLGBTの人たちっていうのはそういう時間が欲しくてクレームを入れてるんじゃないかな」

と私見を述べた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん