「クレーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クレームとは

2021-01-19

海外業者の遊び方

なんか「Amazon危険だ!」とか「マーケットプレイスを避けろ!」とか勘違いしてる人が最近多いので正しい遊び方を書く。

初心者こそAmazon.co.jpを選べ

マーケットプレイス保証日本語で受けられるのはデカい、Amazon.comやAliやebay英語なので初心者にはキツイだろう。相手日本語が通じない場合は「相手コミュニケーションが成立しない」を理由マーケットプレイス保証が受けられる。

商品ツッコミどころを探しておけ

はっきり言って海外業者バカなので、あからさまなウソや不備を商品情報として記載したまま販売している。実際に届いた商品商品説明が違うことが確認できれば、大幅な値引きかタダゲットのチャンス。

納期リマインダーを設定しろ

商品が届かないのをそのまま放置してサポートが受けられなくなってから騒ぐ人が結構いるようだ、リマインダーを設定して1日でも送れたらクレームを入れろ。

納期1日遅れ?届いた商品おかしい?基本は全額返金。

商品問題がある場合はもちろん、納期を1日でも過ぎたら全額返金要求。ただし相手は様々な方法でゴネてくるので華麗にかわすこと。

騙されてる時点で相手に「誠意」などという概念がある訳がないので、詐欺師を追い詰めるつもりで立ち向かうこと。相手三越店員じゃねえぞ、ロアナプラ露天商だと思え。

「あと1週間待て」

待つ必要はない。仮に1週間待っても「あと1週間」「あと3日」と延々と繰り返すだけなので時間無駄

「返送後に返金する」

到着済みの商品ならともかく、時間稼ぎのためか到着してない商品まで返送を要求するアホがいるが応じる必要はない。なお低価格商品は返送料で赤字になるので要求しないケースがほとんど。

「返送料は自己負担

マーケットプレイス保証という切り札があるのに、こんな交渉に応じる理由はない。

「xx%返金する」

商品が届いていて、一応利用できるなど納得のできる範囲なら応じればよいが、全く動かない場合や届いていない場合応じる必要は無い。

PC Watchライターが応じたらしいが、こんなやつがいから日本人はナメられるんだよ。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ali/1275286.html

無視

即座にマーケットプレイス保証適用

なお、納期内に届かなかった商品が返金後に届いた場合も返送する必要はない。いい商品が届いたらラッキー、届かなくても正しく戦えばダメージなどない。

なおeBayやaliにもAmazon程ではないものの同様の仕組みはあるが、紛争処理に時間がかかったり、パッケージの重さ情報まで要求してきたり、一度紛争を閉じると二度とオープンできないなど罠が多いので、やっぱりAmazonを勧めたい。

相手も返金するから一旦紛争を取り下げろとかクソ野郎度が増す印象)

では、楽しいお買い物を!

anond:20210119142244

全然逃げてないと思うけどなー

お子さんもいらっしゃるし、できる限りのことをやっているよ

読んでる限り在宅介護限界だと思うので、施設に預けてプロにお任せするのが1番じゃないか

施設クレームとかを入れなければ後ろめたく思う必要はないよ

性格気質はどうしようもないので、将来どうなってもいいよう選択肢を広げるという意味お金は貯めておいたほうがいいと思うかな

実家飲食やってるんだがヤバめの客が「おたく看護師を客として迎えるのか」とクレームつけてきたらしい

常連さんで看護師さんがいるんだけどなんのきっかけか他のヤバい客がそのことを知ったらしく「このご時世におたく看護師を客として迎えるのか」とクレームつけてきたらしい。

両親は本当にヤベーやつだなとおもって聞き流したらしいが、職業差別する人種マジでいるんだなと愕然としたわ。

というか一般人より医療従事者の方々の方がよっぽど危機意識も高いしそれだけに対策も徹底してるだろう。

息抜きに外で飯も食わせないつもりなのかよ……

2021-01-18

モンクレになりたくない

コンビニ焼き菓子を買ったら表面に薄く黒い斑点がついてて、カビなのか焼き目なのか判断つかなくて捨てちゃった。

次の日に同じお菓子買ったらそれには無かったので商品仕様ではないと確信して問い合わせることにした。

つっても返金して欲しいわけでもないしクレーム入れたいわけでもなく「こんな感じだったんだけど食べても大丈夫?」という問い合わせ。

たかだか100円前後焼き菓子から別にお金はどうでもよかった。ただ気に入ってるお菓子からまた食べたいし、黒いのがカビだったらやだなあと。

大事にしたくないから「返金とかは良いので食べても大丈夫なのかだけ教えてください」と穏便に問い合わせたつもりだったんだけど、コンビニからは「メーカー調査謝罪させます」と返答。

ここで「謝罪とか要らないので調査の結果だけ教えて」と返せばよかった。

休みに寝てたらメーカーから謝罪電話きてしまった。

起こされてめちゃくちゃ不機嫌だったけど向こうは恐縮してたので出来るだけ穏便に対応した。

一番イラッとしたのはコンビニが私が送った内容を全然共有してない事だった。写真転送しただけっぽい。

最初からメーカーに問い合わせればよかったわ。

メーカーの人たちすみません別に怒ってないというのは理解して欲しい。お菓子美味しいから今後も食べさせてくれ。

気付いたんだけどさ、

婚期を逃したおばんとおっさんはいつまで昭和気分だよね。

この共働きが多い時代で女も男も結婚する価値下がってる。

35歳で結婚やばいとかノリが完全に昭和

男性の方が歳をとっても結婚を焦らない人が多い。

よほどお金ある人じゃない限り40過ぎると焦るというか寂しがってくる人多い気がする。

おせーよという感情しかない。

A TMに足り得ない収入の癖にA TM狙いはいやとか寄生されたくないっていう人増えたよ。

しろこんな事いう男ほど女に求める条件多すぎて「いるけど貴方に紹介したらクレームくるからヤダ」ていいたくなる人ばかり。

そもそも交際から結婚まで時間もある程度は必要なのに、男は40でもいけるとかもうね。

出来婚狙いとかキモい結婚するかも分からない女と致して結婚して浮気されない自信がすごいしとにかく古いよ。古い。

本当に古いから早く気付いてほしい。

いつでも結婚出来ると思ってて45歳くらいになって初めて現実知ってそのまま諦めていくならいいよ?

でも大抵こじらせてるかてめえのせーし劣化棚に上げて若い嫁欲しがる人が多い。

その上ある程度の収入まで求めて自分の両親との同居まで望むの。

こんな条件の女性は多少容姿に難があってもあっというまに成婚するか恋愛結婚で売れていく。

女の人の方が早めからお尻叩かれるからまだ焦る期間あるだけマシとも言える。

当人に紹介したいようなまともな男は35位までに結婚してるし、いい男は女がほっておかない。結婚に値する男ほど、さっさと結婚してるわ。残ってるのは何かしら問題あり男女しかいないのが現実

既婚のお見合い紹介所で8年働いて思った事。

30過ぎの男女が母親に引っ張られてくるのにはもう慣れたよ。

anond:20210118163443

ガチ恋ファンを多数抱える、とある配信から話を聞いたんだけど

ガチ恋勢同士の内紛が絶えず「○○が酷過ぎるのでブロックして欲しい」等の

しらんがなレベルクレーム配信者にしょっちゅう送られて迷惑しているらしい。

多くのガチ恋勢は配信者や他のファンとの距離感を見失いがちではないかと。

配信者と距離詰め過ぎでストーカー化したり、抜け駆け許さじと自治が行き過ぎたり。

自身の振る舞いが行き過ぎていなかったか振り返ってみた方がいいかも。

配信者は友達ではないので、基本ガチ恋勢はウザがられると思った方がいい。

お金プレゼントではなく)を落としつつ適度な距離感をもったファンが一番配信者に好かれるよ。

2021-01-16

anond:20210116214539

色々複合的な理由はありますが、一つは「先生はこういうことをしてくれて当たり前」って思う保護者が多く、またその期待に応えられないとクレーム、失職に繋がるということが大きいと思います

生徒の答案分析をするのは当たり前、部活顧問をするのは当たり前、授業がない時間質問に答えてくれるのは当たり前、校舎内にいる時は授業中じゃなければ質問に答えてくれるのが当たり前、授業用のプリントを作るのは当たり前、テストを作るのは当たり前、生徒の日誌にコメントを書くのは当たり前……。

ただ、それをすべてこなしていたら勤務時間内には終わらないってだけです。

塾講師学校先生には、「厳しいしキツいけど、生徒のためだから仕方ないよ」っていう方もたくさんいらっしゃいます

改善するべきだとは思うんですけどね……でも、根本意識(先生奉仕は当たり前じゃない)や教育制度(教師顧問をやる部活という制度)から変えないといけないところもあるので、すぐにはむずかしいでしょうね……

保育士さんの立場になってみてわかったこ

ごくごく普通一般企業に、正社員でそこそこ長く務めてきました。

学生時代から子ども」が好きで、子どもに関わる仕事がしたいなーと思い続けて、貯金も少し貯まったし、よし、長年の想いとして子どもに関わる「保育士の」資格を取ろうと、仕事しながら勉強してなんとか資格を手にすることができました。学校で学ばなくても、資格のための試験があるので、それを受験して取得しました(思ってたよりも、はるかに大変だった。。。。)

勉強は、子どもに関する専門知識は広い範囲に及んでいて、心理学から生理学、発達、医療食事睡眠、あそび、音楽ピアノ弾けないから大変だった。。。)といったこから、親へのカウンセラー的な心構え・姿勢まで、すごく幅広い範囲勉強必要でした。やっぱり子ども教育とか、いのちかに関わるって、かなりの専門性知識が求められるんだなーと実感しました。

で、ここからが本題です。

「よし、思い切って転職しよう!」とおもって、知人や友人をたどって保育所の勤務やお給料リサーチしたり、ボランティア見学体験してもたんですが、これが信じられないくらい大変です。企業務めからすると 「え!うそでしょ!?これ、訴えられたら絶対勝ち目なくない?」 と思いましたよ。。。。。一般企業で働いてきた感覚からしたら、もう信じられないくらいの待遇で。。。。朝は早いし、休めない。工作のための作業や下準備は、持ち帰りで自宅で仕込み。画用紙とか折り紙とか紙コップとか、素材は自腹。。。。 昼休みも実質ありません。 子どもご飯食べさせて、寝かしつけて、持ってきたお弁当食べながら保護者への連絡帳書いて。。。。これは残業じゃない?  風邪をひいても休めない。 親からクレーム電話や怒鳴り込みがあると、子どもを見ながらも、心はボロボロ集中力が。。。。。 

これで手取りが13万、主任レベルでも17、8万。。。。 ちょっとちょっと!これはおかしい、無理。 これは無理です!おかしくないですか? やりがいや喜びもあるんだろうけど、いわゆる「生存バイアスしかない世界です。生き残った化物のみがルールを強いる世界になってますよ。。。。 一般企業だったら、こういう状況は「パワハラ」とか「モラハラ」とか「ブラック企業」とかいわれると思いますよ。。。。。 ありえない状態が「あたりまえ」になってるんじゃないでしょうか、保育の世界は。。。  現役の保育士さんごめんなさい、そして本当にありがとう、おつかれさま。 自分がその立場に立ってみるまで、保育士さんのつらさがわからなかったです。

政治家のみなさん、お願いですから保育士さんを大事にしてあげてください。 これから先を担う子どもたち・若い世代とつながって、「最前線責任を持つ」ひとたちの扱いがこれでは、子育て施策や保育は絶望的ですよ。。。。 日本しね!といわれても仕方がないです。これは、本当に由々しき問題です。 保育士さん負けないで!

anond:20210116130044

XP時代に作ったワイのアプリいまだに動いてるやで

でも最近Android4やiOS8くらいで作ったスマホアプリが動かないとクレーム来て修正中やで

anond:20210116081733

というより、クレーム状態というか、ひどい状況だから受け取らない。受け取りを拒否している。というはなし。レシートも受け取ってもらえない人間関係になっているということ。

anond:20210116081429

バックヤード中での店員たち(受け取らない輩に限って、あとでクレーム持ち込むフラグが立った気がするんだよなぁ...)

2021-01-14

anond:20210114143719

あったあった!「マスクせずに街にGoToしたけど何も言われなかったよ自慢」

マスク必須の店にノーマスク突撃して「道場破り成功」とか言っていた

役所コロナ担当部署に「市営バス運転手ノーマスクしろ」とクレームしたり

なんだろうあの情熱

在宅勤務における「サボる」の意味理解できない

昨今の新型コロナ蔓延を機に、在宅勤務ができるできないという話が盛り上がっている。その中の「在宅勤務だと社員サボるのではないか」という議論がどうしても理解できないでいる。ネットで少し検索すると、在宅勤務で部下がサボるのではないかという上司懸念、在宅勤務でサボったことがある人のアンケート、在宅勤務でサボり監視するためにマウスキーボードの稼働状況やカメラ映像を撮る製品など色々な話題が出てくる。これらの話を見聞きしてずっと疑問だったのが、果たして在宅勤務で「サボる」ことはそもそも可能なのだろうかということだ。

少し自分の話をすると、自分B2BIT企業に勤めており、新型コロナの騒ぎ以降ずっと在宅勤務をしている。自分の勤め先において従業員サボることを気にしているという雰囲気はまったくないし、いわゆるサボり監視の仕組みも導入されていない、と思う。秘密裏に導入されている可能性を否定はしないが、少なくとも自分PCの前から時間離席することもそれなりにあり、それについて咎められたことはないし、勤め先のカルチャーから考えても、こっそりそういうソフトウェアが導入されている可能性はかなり低いと考えている。

話を戻して、このような環境サボることがそもそもできるかというと不可能である自分仕事法人顧客対応上司から指示された各種社内の取り組みの推進だが、仮に自分がサボってパフォーマンスが低下したとして、遠から顧客営業なり上司なりにクレームを入れるだろうし、上司は依頼した取り組みや作業が進捗していないことに気づくだろう。そのような状況では事後的に顧客クレーム上司の叱責も受け入れるという覚悟なしにサボるのはそもそも不可能である自分はどちらかといえば技術職だが、同僚の営業職にしたって、サボれば四半期の数字が達成できないという形で遠からパフォーマンス低下は露見するだろう。

仕事サボるというと自分イメージするのは、たとえば5人で回している小売業で、1人が店の裏でタバコでも吸いながらスマホをいじっていたりする光景である。これはうまくやれば残りの4人には気づかれないかもしれないし、事後的に売上の低下から特定の1人のサボりが露見する可能性も低いとは思う。こういうことが起こりうる仕事において、サボりに対する懸念が発生するというのは理解できる。

だが、在宅勤務は話が別だ。在宅勤務をしている時点でそもそも在宅で勤務できるようなデスクワークなのであるデスクワークをする従業員に対してサボる懸念が生まれるという理由想像がつかない。マウスキーボードカメラ従業員監視するというのはそもそもおぞましいし、従業員サボることが不安で在宅勤務に踏み切れず出社させる会社というのも、一体具体的にどういうケースを心配しているのかが分からない。

自分B2BIT企業しか勤めた経験がなく他の業界を知らない。在宅勤務可能仕事で、かつ直接的な監視がないと会社にばれることなくサボれてしまうケースの具体例に興味があり是非知りたいと思う。

20:48追記

結構コメントをもらえてありがたい。けど、今のところしっくりくるサボりの具体例はまだ誰も挙げていないのかなと思う。ただ、よくよく考えてみると、もしかしてこれは「サボる」の定義が人によって違うのかもしれないと思うようになった。

自分サボるという言葉を何らかの基準において仕事パフォーマンスが低下するという意味で使っている。その意味ではアニメを見ながら仕事していようが、就業時間中に2時間桃鉄に興じていようが、結果としてアウトプットクオリティが変わらないなら、自分はそれをサボっているとは呼ばない。「在宅勤務 サボり」の検索結果を読むうちに、世の中の相当の割合人間が、サボるということを仕事パフォーマンスが低下することではなく、仕事に取り組む姿勢のものがだらしないという意味で使っているのではないかと思ってきた。その意味では、たとえ成果が変わらなくても2時間桃鉄している時間正真正銘サボっていることになる。昨今議論されている在宅勤務でサボるかどうか問題は、仕事パフォーマンスの話というより、むしろ道徳とか規律とか精神性に属する話なのかもしれない。

2021/1/15 1:00追記

興味深いブコメをもらえたので、コメントしたい。

サボっても仕事は減らないし、締切も待ってくれない、何より時間かけて成果物がしょぼいと評価が下がるのでサボるメリットがない。結局別の時間でやることになるだけ。

言い方は違うが自分が言いたかたことを端的に表している。同感。ちなみに自分有給休暇についても同じ感覚を持っている。

そもそもコロナ影響で全体が悪化していると、個人業績を平時と比べるのが難しいこと(営業職など)②サボらなくても結果が出にくく、短期での成果の定量化が難しい職種があること(研究職など)。

②については確かに在宅勤務でサボるというケースがあるかもしれないと思った。ありがとう。ただ、研究職に従事する人はかなり少ないと思うので、世の中的に研究職を念頭に「在宅勤務は従業員がサボらないか心配」と考えてるわけでもないような。

“遠から顧客営業なり上司なりにクレームを入れるだろうし、上司は依頼した取り組みや作業が進捗していないことに気づくだろう” この仮定が多分間違ってる。

自分が知りたかった疑問はまさにそこで、この仮定が当てはまらないケース、つまり在宅勤務でサボっても誰にも気づかれない仕事の具体例を是非教えてほしい。

労働者文字通り「労働時間」を会社に売ってるので、その売ったはずの時間ゲームやってたら重大な契約違反だと思うんだけどな。サービス残業泥棒なのと同じく、サボり泥棒よ。

このコメントにはハッとさせられた。長時間労働残業基本的評価されない会社に勤めていることもあり、自分労働時間ではなく労働の成果を会社に売っていると思っていた。だけど確かに成果などとかっこつけたところで法的には時間を売っているに過ぎず、寝てたりゲームしてたりしたらサボりというシンプル定義もありうるかもしれないと思った。この定義で行けばキーボードだのスクリーンだの映像だので監視するというのも一応筋は通ってる。ただ、従業員がサボらないか心配する企業 = 労働時間主義企業ってことになるのだろうか。成果主義を謳いながら在宅勤務で従業員がサボらないか心配する企業というのはないのだろうか。

2021/1/15 10:59追記

自分としては腑に落ちるコメントがあったので、これを最後に紹介して追記を終えたいと思う。教えてくれた人ありがとう。あと研究職について「確かに在宅勤務でサボるというケースがあるかもしれない」というコメントは良くなかった。気を悪くされた人は申し訳ない。自分が言いたかったのは、「自分定義する意味でのサボりという観点で、研究職であれば理論上は在宅勤務でサボることができうる」という可能性の意味であって、研究職がサボってるとかサボりやすいとは全く思ってない。

https://anond.hatelabo.jp/20210115063653

あと、上のように仕事掛け持ちなので、特定仕事パフォーマンスが下がっていても、他のプロジェクトで頑張ってるせいかとか見えないような形になっていて、全体を通してどのようなパフォーマンスなのかとか、全然から見えないような不透明な働き方をしている

(同僚の誰一人、私の仕事全体像を知らない)

これは思いあたることがあり、自分の勤め先には、社内の複数部署の人から相談されるようなある役割の人がいて、この役割はどの部署からも「あの人は色々な部署から相談がきて忙しいから反応が悪くてもやむをえない」と思われている。だから多少仕事が遅かったりクオリティが低くても、しょうがないと思われている。何を言いたいかというと、社内の関係者仕事全体像を知られなければ、クレームという形でパフォーマンス劣化が露見することはないのかもしれない。

これ以外に、法令遵守とか資料確認系の仕事だとサボりが発生しうる、みたいなコメント見た気がしたのだけど見失ってしまった。この場合も納得感があり、そもそもの発生率が低いミスをチェックする役割などは、パフォーマンス劣化という形で事後的にサボりが露見する可能性は低そうだなと思った。

知ってるから、たぶん、だれもいわないだろう。学校で習うレベル

あと、いま、クレームを言わないのがマイルールから

ゴキブリラーメンに入っていても黙って金払って変える段階で気がつけ

 

変な話だが、冗談で、ゴキブリおもちゃ

ラーメンに入れたら

客が黙って完食して

底におもちゃがのこっていた場合

恐怖を気がつけ

いうと、あなたゴキブリを喰ったと

ありえないが、気がついていなかったら言うことになるから、気がつくと心因性で言えないが、家で腹痛を起こすかもしれない

※食い物屋はできない冗談

2021-01-13

嫌いな広告しょっちゅう出てきて困る

最近特にツイッターに、とある嫌いな広告が頻繁に出てくるような気がする。

まあ、それが好きな人もいるだろうからなんの広告かはここでは言わないけれど。

クレームを報告しようか、非表示にしようか、ブロックしようかいろいろ考えていたんだけど、

やっぱりそのままにしておくことにした。

だって自分には絶対さらない広告が何度も表示されるってことは、

そのたびに西野亮廣さんのお金無駄になってるってことで、

それってとっても素敵なことじゃないですか。

クレーム入れてやった

近所のセブンの消毒用のアルコールがかごの奥の使いづらい位置にあった。

店員さんに言ってみたら、次の日から使いやす位置に変わってた。

うれしい。

anond:20210113112240

客とコミュニケーション言葉で取ろうとしているんじゃないか?という疑いがある。

たかったと言ってほしいみたいな。

ガキにたまにあるやつ。

俺との頃もそうだったか

冷たいとクレームを言わせる客操縦大作戦だろう。確定。

おいしいは、営業努力だろうが、クレームを入れさせようは客操縦。ロボットか、美容室で言うカットモデルだと思ったんだろうね。

熱血教師の子

「これ以上負担をかけないでくれ。このままだと、父さんも母さんも過労死してしまう」

父親言葉が、今でも頭から離れない。

この日記はダラダラと長いだけの自分語りである

愚痴相手もいないので、せめてこの場を借り発散させてほしい。

私の両親は学校先生だった。常に多忙で、食事や看病など日々の世話は、祖父母にみてもらっていた。

冒頭の言葉を投げかけられたのは確か中学生の頃だ。父から説教は珍しいことではなかったが、〈過労死〉のインパクトは強かった。

私は日頃から親に負担をかけないよう、手のかからない良い子でいるよう努めていたつもりだった。部活で悩んでいた時も、学校いじめられた時も、愚痴だって全部我慢した。親に反抗するなんて以ての外だった。

その時の父はきっと大層イライラしていて、つい口走ってしまったのだろう。(母の名前も出たが、父が説教する時の主語は基本「父と母」である。母本人の意向無視していることも多い)

それでも私は真面目に考えた。何か気に障ることをしてしまったのか?家の手伝いが足りなかった?成績が少し下がったから?外出の誘いを断ったから?そんなちいさな不満の積み重ねが父の負担になった?

私の存在のもの負担なら、いっそ消えてしまったほうがいいのではないか?と、この頃から漠然と思うようになった。

ここでタイトルの話に入る。

父は授業や部活顧問のほか、生徒指導担当として、非行に走る生徒や素行不良、不登校の子サポートを行っていた。

そういう仕事なので熱血も何もないが、イメージが伝わりやすいと思い、少し大袈裟だが〈熱血教師〉という言葉を使わせてもらう。

父はよく生徒指導の話を私にしてくれた。

例えば、暴走族学校に入ってきたと思ったら、かつて指導した子が笑顔挨拶しにきたこと。

不登校生徒が夜になると、父とお喋りをしに職員室にやってくること。

大人になった元不良少年が、先生のおかげで更生できたと感謝手紙をくれたこと。

そんなことをいつも誇らしげに語っていた。

家庭に問題があったり、居場所がなくて道を外した子供たちの親代わりになって導いた、教育者として立派な仕事だと私も褒めそやした。

が、胸の内は複雑だった。

の子である私は、手を煩わせないようにいつも良い子でいるのに。甘えたくても「今疲れてるから」で後回しにされるのに。私が父の帰りを待っている間も、彼は問題児たちの世話をしているのだ。

他所の子供の面倒を見るのが教師仕事。それは理解している。家庭を優先的すると保護者からクレームがくる。だから仕方ない。学校行事に親が来ないことは当たり前だったが、それは気にならなかった。

でも、〈手のかかる子〉の話はどうしても耐えられなかった。

私の父親が、顔も知らない子供に取られてしまったようで、嫉妬のような恐怖のような感情を抱いた。父の仕事は立派だとは思う。けれど私の前ではその話はしないで欲しかった。

そんなに手のかかる子が好きなら、いっそ私も家出して消えてしまおうか。親はとても不安になり、血眼になって探してくれるだろうと、ふと魔が差したこともあったが、できなかった。

そんな自分勝手で親を過労死させたくなかったから。

その後も良い子を続けた私はそれなりの大学入学できたものの、今までストレスを堰き止めていたダム決壊したことにより、現在は鬱の寛解と再発を繰り返しながら社会の底を這いつくばっている。

私はとうとう〈手のかかる子〉になり、両親の不安の種となってしまった。

こうして文章を書きながら自分の弱さを省みる。厳しくも根気よく育て上げてくれた家族に対し、本当に申し訳ない限りだ。

未だに実家寄生を続ける私に、定年近くなった父はこう言った。

「我が子も満足に育てられなかった自分が、他の子供をちゃん教育できているか、もう自信がない」

私は何も答えられなかった。

2021-01-12

もっと正しい存在に生まれ育ちたかった

高校生の頃、女子主導のいじめを受けた。

どこへ行っても何をしてもキモイキモイと蔑まれて、

女子キモがらせる奴を懲らしめる」名目男子暴力を振るってきた。

いじめ行為自体女子から男子からもあったけど、

正直こちらが反撃しても名分が立つ男子ストレート暴力よりも

反撃することが許されない女子から嫌がらせの方が辛かったし、

何より苦痛だったのは「女子から男子に」だったことでいじめ正当化されることだった。

実際先生被害を訴えても、せいぜい男子暴力行為暴言処罰された程度で

女子の仕掛けた暴言中傷ほとんどお咎めなし。

こちらがより深く傷つけられたのはむしろ女子から流言飛語言葉暴力だったのに。

ひどく傷ついたけど、そのころは「女子不快にさせるなら良くないよな」と無理やり自分を納得させるしかなかった。

元々女子と話すことなんてなかったけど、極力女子から距離を置くようになった。

女子不快にさせず、また攻撃を受けないようにするにはそうするしかないと思った。

でも、それでもキモイキモいと悪口は絶えなかった。身に覚えのない悪評も流された。

キモい、という言葉は本当に辛かった。

痴漢キモい。セクハラキモい。買春キモい。

そんな忌むべき性犯罪とも同列に並べられる。

何も悪いことなんてしていない、ただそこにいると言うだけでも。

今思えば、女性たちが気軽に吐き出すこの言葉

どれだけ自己肯定感を傷つけられ、生きていくのに必要な自信を失ったか

女子が俺の容姿侮蔑することから始まったイジメなのに、

つの間にか「人格が劣るから相応の扱いをしてやっている」ということにされていたのも傷ついた。

曰く、「キモいって言われてるのにキモいまま改善しないのは向上心がない、周りへの配慮がない」とか。

なんでお前らの好みに合わせないだけで嫌がらせされなきゃならなかったの、

って今だったら思えるけど、当時の俺は真に受けてしまって、

俺は性格が駄目なんだ、嫌われる人格なんだ、とすごく落ち込んだものだった。

そして改善しようとしてもその取り組みを嘲笑われ貶される。

イジメの原因だったろう脂漏性皮膚炎の薬を塗るのを見られたらキモいと笑われ盗まれた。

美容院に行ったり服を買い揃えてみたりしても、似合ってないとバカにされて。

街でクラスメートの男女グループに遭遇したら大声でバカにされたのは

自分が街に繰り出しちゃいけない存在みたいに思えて、ある意味学校でのいじめ以上に辛かったな。

目的のはずの買い物もしないまま、逃げるように家に帰ったあの気分は今でも思い出してしまう。

いま、こうやって「被害」を振り返ってはいるけれど、

あの頃の俺はイジメが平然と正当化される日常を過ごすうちに

被害被害とも思えなくなっていった。

自分被害者だと確信を持てなくなっていった。

自分キモくて、ただいるだけで女性不快感を与え、

人格も劣悪で、人に特に女性に好かれない。

排斥されて当たり前、世の中の邪魔・・・

存在のものが正しくないんだと思うようになった。

学校をやめて引きこもった。

外出は精神科に通う日だけになったけどそれすら苦痛だった。

病院のある街にいくたび、女性視線が怖くてしかたなかった。

電車内でやむなく隣り合ったときエレベーターで同乗したとき

女性不愉快そうに露骨に顔を歪めるのを見ると、

自分はおぞましい不快生命体なんだと実感させられた。

こういう反応は決まって女性からばかりだったから、

ますます女性から視線に怯えるようになっていった。

それでも精神科に通ううち、どうやら俺は何も悪くなくて、

クラスメートたちが邪悪なだけだったのだと、

自分被害者だったのだとようやく、本当にようやく思えるようになった。

ただ、どうしても腑に落ちなかったのはなぜあの頃イジメが、

とりわけ女子言動咎められずあまつさえ正当化されていたのか。

不思議加害者たち本人への怒りはあまり湧いてこなかった。

彼ら彼女ら、特に女子たちは「普通の」人間だったと思う。

(俺は当初信じられなかったが)性格の良い娘だと評判される女子もいた。

そんな人たちを平然と加害へと導くなにかがこの社会にあると考えて、

その正体が知りたくて色々調べるようになった。

そうしたら、なんとなくわかってしまった。

社会正義平等、公平。

そんな「正しい」リベラル概念は、もはや俺のような男の傍には存在してくれないのだと。

総じてリベラル標榜する人たちには俺のような男はまったく視界に入っていない。

女性保護すべき絶対弱者正義体現者であり

そんな彼女らに攻撃される男は悪に違いない、という決めつけが蔓延っていてそれを糾す様子もない。

要するに女性の持つ加害性について何も批判できないし省みることもない。

教師政治家マスメディア学者もみんな。

そして今の世の中はそんな人達によって価値観規範を先導されている。

とりわけフェミニストと呼ばれる人たちは明確に俺の敵なのだろう。

彼女らはキモいという言葉で異性を傷つけることになんの躊躇もない。

(一部の悪質な男に対して使っているだけだなんて、俺の体験を通してみれば欺瞞しかない)

そして女性の加害性というものに対する自省もまったくしない。あっても同性への加害に対するものばかり。

女性社会的自立を謳うなら、女性の加害を批判自己を律するように要求することは不可欠なはずで

実際に男性に対しては「有害な男らしさ」とやらを自省するよう求めているのに。

男性女性から受けた被害体験吐露すれば「男社会」という言葉を使って、

さも世の中の女性の持つ価値観には悪い部分はないかのように吹聴し、

酷いときには男性被害者意識こそが問題なのだ非難する。

「男社会」で起きたことだから女は何も省みなくて良いということだろうか。

現実の世の中は、男社会どころか女性が不在の場面のほうが珍しいんじゃないのか。

そして、残念なことに「自分より下」と見なした男性に加害的に振る舞う女性は相当多い。

そいうときは決まって、有無を言わさず「人格面がクズ」ということにされるのだ。

俺がなんとか鬱から抜け出して働くようになってから目の当たりにした社内イジメもそうだったし、

ネット交流した、女性からイジメを受けた男性ほとんどがそうだった。

少なくとも、リベラルな人たちが考えている以上にこの手のケースはずっと多い。

そして周囲は彼女たちの味方をする。対象男性がそのコミュニティ追放されるまで。

女性の加害が加害とみなされず放置され、女性は自らの加害性に無頓着であり続ける。

俺が短い高校生活で味わったものと同じ地獄

そんな社会を推進しているのがフェミニストなのではないか

自分の加害を加害とも思えないなら、セクハラを繰り返す醜悪ジジイと同じ。

制裁を受け社会から退場して然るべきではないのか。

なぜこの問題からフェミニストは目を背け続けるのだろう。

女性の加害性なんてまさしく「女性問題」ではないか

踏みつけている足をどけるべきなのは女性もではないのか。

下駄を脱ぐべきなのは女性もそうではないのか。




・・・と、そう思っていたが、最近になって納得するようになった。

女性の加害性も男性被害無視するのが「正しい」、そんな世の中なのだ

女性の加害性の前に男性の加害性。

なぜそんな順番が設けられているのか全くわからないが、

学者先生がそう言っている。

そして女性の加害性が批判される順番は永遠にやってこない。

価値観アップデートとやらの内容に「女性男性に対する加害は許されない」が含まれることはないだろう。

男性が生きづらさを吐露すれば「男も辛いんだ論」などと揶揄される。

女性から迫害された経験もないような学者ジャーナリスト

「男の辛さなんて大したことない」と断定しては世の中の言説を先導していく。

気に入らない男性に対して粗暴に振る舞い、傷つけるような言動を取り嘲笑

それをネット上で誇示するような女性が「強い」と持て囃され共感を集める。

女性価値観絶対で、女性不快と感じればその存在のものが罪悪。

女性承認されるか否かでその男性の人格面までジャッジできる。

正義とはそういうものだったのだ。

俺をいじめていた女子男子も、彼らは「正しかった」からロクに罰されなかった。

女子不快な俺を存在自体が罪悪と見なし排斥対象マークを付け、

男子はそんな彼女らの味方をし正義をなした、それだけのこと。

俺は存在自体が正しくない。

まれつき正しくないのだろう。

もう疲れてしまった。

俺はもう、女性が怖くて嫌で、人間らしく家族を営んだりはできない。

親も死に、何を生きがいにすれば良いのかわからない。

趣味もあったけど、それも女性からクレームを付けられるようなコンテンツを楽しむ「正しくない」趣味だった。

ずっと社会から排除されないよう女性不快にさせないように近づかないようにと気をつけていたけど、

女性世間話の一つもできないような男は社会に溶け込めるどころかどんどん社会から疎外されていった。

ただ、同じ人間として扱ってほしいというだけのことがどうしてこんなにも辛くなってしまうのだろう。

この世の中で生きていく自信がなくなってしまった。

追記

やはりというか、「性別関係ない」とか「女も男からいじめられる」とかそういう話になってしまうのか。

俺はあくまで「女性による男性への加害」の話をしているつもりだったのだが、

正直言って、この話を性別関係ないなんて言われても女性の加害性についての追求を

有耶無耶にされてるようにしか感じられない。

仮に男性からいじめを受けた女性が、男性の加害性の話をしているのに対して

男性女性からいじめられているがそれについてはどうなんだ?男女関係ないよ」なんて言われてたらどう思うか。

そういうのはどっちもどっち論だとかWhatAboutismなどと呼ばれて批判されてたはずなのだけど。

もうこういうダブルスタンダードにも、それが当然のようにリベラル人達の間でまかり通っている状況に疲れ果ててしまった。

「お前は正義対象外だ」とネットを覗くたび、テレビを見るたび日々突きつけられる気持ち

リベラルとして正義謳歌してる人たちにはわからないんだろう。

もう疲れた。楽になりたいよ。

これが、わからないひとが多いんだろうね。

ごめんなさい という発言の ご をすでに 言っていいとゆっていない。 反省しているなら黙れ。お前の言葉を聞いていない。

クレームを聞いて 事実に相違ありません。または、異なる とだけ言えばいい。謝罪はそこにはいらない。

まずは、わたしが怒る前に、怒る内容について、ただしい(事実に間違いがない)か、私の間違いかを問い合わせている段階で、謝罪を求めていない

 

私の間違いで、私があなたに怒っているのであれば、私があなた時間をとったことをわびて帰れる。

2021-01-11

anond:20210111201145

いや、かかって、やっぱり風邪じゃんといってる奴、これが割といるんだ。

だって声を出すと、叩かれるから何も話さないだけ(人にもあんまりはなさない)

クレームと一緒で、なにかあった人のほうが声をあげるから辛いという意見が表によく出てくる。

統合失調症後期高齢者父親から毎日電話がかかってくる

去年の11月ごろ、父親特別養護老人ホームのような施設に入ったのだが、その後、父親から頻繁に電話が掛かってくるようになった。

施設の人にいじめられている、というような話なのだが、色々な事情携帯の所有時間制限があり、それをイジメとして捉えている。

施設担当者ケアマネとは連絡しており、事実としてのイジメは99.9%ないと思っている。

ヤクザに命を狙われてるということを何十年も言っていた人なので。)

それで、電話に出るのがしんどくなって、出ないでいたら毎日のようにストーカーのように電話をかけてきて、留守番電話被害妄想の話や私に対するクレームを残している。

私のメンタルダメージも大きいので、無視して聞かないようにしている。

これが地味に自分の罪悪感に訴えてくる。

精神病とはいえ父親電話を完全に無視するのは、人としてどうなんだろう、とかもやもや考えてしまう。

今日電話が何度もかかってきたので、いい加減にしてもらいたいと思い、「何の用?用もないのに電話しないでほしいんだけど」と答えたら、「そんなこと言わないでくれよ」と弱者的な物言いでブチッと電話が切れた。

こうやってまた被害者側に立って罪悪感に訴えてくるわけだ。

私には姉がいるのだが、姉は完全に無視をしていて、絶対電話を取らないようにしている。その徹底ぶりは残酷なようであると思っていた。

だが、私の姉は私が通った道を先に通っていただけだと分かった気がした。

精神病の親と会話するのは本当にしんどい。

親が精神病だけあって、自分精神も弱くできてるので、とても相手にしてられないし、自分思考父親が入ってくるだけで苦しい。

結局、父親がしたいことは寂しさから来るストレス電話が掛けられる先にかけて解消したいだけなのだ

父親は友人ができてもお得意の被害妄想で怒りに燃え急に説教をしたりするため、すぐに友人がいなくなり、親戚にも説教をしてウザがられ、姉からも徹底無視され、完全に孤独なのである

そこで、電話の連絡先に残った少ない連絡先である、姉と私にマシンガンのように電話してくるのだ。

どうにかできないものだろうか?

ジャストアイデアだが、命の電話に掛けてもらうように施設の人にお願いしようかと思っている。

命の電話ボランティアの方々によって運営されている。

からこういった電話を受けることで、彼らのボランティアとしてのやり甲斐があがり、父親は終わりのない被害妄想を訴えてストレス解消できるので、ウィンウィンの関係になれるのではないだろうか?

anond:20210111133055

まさに直近、怒ってたやつがいるように、プログラマー制御しているにきまってんだろ。

余計なコードいれんな、遅くなるだろ。というのはあった。

汎用コードなんか入れられたらおそくなる。

こっちは、この処理に特化した専用コードを書いているのに、なんで、汎用的に速くなるコード勝手に入れるんだ。というのがクレーム内容。

2021-01-10

ギフト券を金券屋に売るときに箱入りだと

箱を見せるととられちゃうよ。

からギフト券を金券屋に売るときは箱から出して売ろうね。

あげるなんて、一言も言っていない。

今度から警察を呼ぶけど気をつけて

返してというまえに、現行犯 警察の人はきちんと 確認してね。

ギフト券の金券屋で箱を売ってくれといわない人は箱はお客様に返すようにと

0円でくれでもなんでもいいけど、譲渡を依頼していないものを1つでもとったら犯罪というルールが徹底されていない

おきた後は交渉をせずに消費者センターなどにクレームを入れてね。会話したら負けだよ

anond:20210110023436

先に教育のあり方を変えてないとオンライン授業なんてできないよな。

文科省のいつもの現場丸投げが酷すぎる。

それでも、うちは校長切れ者なので、4月早々に「オンライン普段と同じ授業やるなんて無理」と断言して、ビデオ会議(Meet)は朝の会だけ、授業は分担して10分程度の動画を作ってYouTube配信、それを観た後は個別課題を進めさせるという流れになった。

教員メールチャットでやりとりして進捗管理と助言するだけ。

動画は1日に1本作るだけと決まったので、そこまで負担ではなかった。校長が、教員みんなでサポートあいながら作るように旗振りしたおかげで、力を合わせて良いものを作れるようになった。みんな動画クオリティ上がってくし、むしろだんだん楽しくなってきた。

ネット環境がない家も数件あったけど、そこは電話訪問サポートした。動画DVDに入れて配布した。

市内の他の学校は全家庭に電話してたので、それと比べれば信じられないほど楽だった。

電話回線学校に2本しかいから常にパンクしてて、仕方なくみんな個人携帯使ってたし。あれはありえん。

保護者評価もとても高かった。ああしてくれて本当に良かったと、何度も言われた。

電話しかしてない他の学校保護者から、よくある「なんであの学校だけ」ってクレーム入って、校長は市教委にかなり文句言われたらしいが、「他がウチに合わせるべきだ」とキレ返したそうだ。本人談なので事実かどうかは知らないけど。

そんな校長は今年で定年。不安しかない。

最後話が逸れたけど、現状ではフルにオンライン授業やるのなんて絶対無理だけど、やり方次第ではそこそこまではやれたよって話でした。

こういうやり方の試行錯誤まで現場まかせで、さらにその結果の吸い上げとフィードバックすらろくにやってくれないあたり、文科省は本当に無責任だと思う。

今は普通に登校してるからやってないけど、いつでもできる準備はしとくように指示はされてる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん