「くらま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: くらまとは

2022-05-13

[]

仕事おわったのちょっとおそかったかスーパーの割引惣菜ほぼ全滅だった

残念半分、無駄遣いせずにすんだ安堵感半分

地下くのドラッグストアよったら納豆3パックが半額で50円くらいだったから買った

納豆と、いつものトマトオートミールレンチンくったらおなかいっぱいになった

昼はPBの袋とんこつラーメンと卵1個

夕方チロルチョコバラエティパック1袋全部

カロリー的には若干食べすぎだな

おなかふくらませるだけなら何も買わなくてもいいんだけど

やっぱりたまに違うものが食べたくなっちゃうんだよな

2022-04-18

女性セクハラしてる男性は、部下の男性へのパワハラもしてる

パワハラはするけどセクハラはしない人はいるけど、セクハラはするけどパワハラはしないという人を見たことがない。

女性セクハラする人は、男性にも当然のようにセクハラをする(童貞かどうか聞いてからかったり、無理やり風俗に同行させようとしたりする)し、

個室に呼んで長時間恫喝したり、物を投げつけたり、部下を休日に呼び出して私生活でこき使ったりなどのパワハラもする。

 

しろ部下などの男性に対するハラスメントが非常に暴力的で恐ろしく、女性に対するセクハラ相対的にマシに見えるようにしてる。

から下男性の目には、女性被害がマシであるとして「女性優遇社会だ」と嫉妬で憎んでいるし、

女性も個室で恫喝されたり物を投げつけられたりする恐ろしさよりは、セクハラだけであることをマシだと思っているから、セクハラを外部に訴え出ない。

要するに「露骨暴力を受けている部下の男性」と「性的嫌がらせだけ受ける女性」が分断統治されているわけ。

 

セクハラは、被搾取男性憎悪を、真の加害者であり搾取である強者男性ではなく、女性(被搾取の程度が軽い)に向けさせる目くらましみたいなもの

一番解決が難しい「本丸」は、男性同士の搾取・被搾取苛烈暴力にこそあるよ。

強者男性って本当に弱者統治が上手いよね。悪魔的に上手いからこそ出世するわけだけど。

2022-04-11

30代人生手遅れだから一回振り返る

生きる価値資格も無いまま30歳になった。

大学行ってた時の友達はみんなどこかで各自成功してるっぽい(今更連絡取れない)。新卒正社員で入った会社は辞めるつもりで入ったから2年で辞めて、そこからずっと自営業非正規雇用会社経験積んだ後フリーランスで働きたかたからこれでいいんだけど、その時目指してたものも結局挫折して時給1250円アルバイトを経て今は全然違うことやってる。それも特にパッとしない。売れてるよ〜いつも忙しそうだよ〜って言ってくれる人いるけど、時間の使い方が下手くそから忙しく見えるだけだしもっと売れてる人が無限にいる。あと結果的オールドルキーから20歳とかで始めたもっと若くてもっとできるみたいなやつが他にいっぱいいる。

周りの友達(だと思ってる人たち)はみんな結婚してて、子供がいて、家があって、犬飼ってる。そうでなくてもそのうち結婚するんだろうなみたいなパートナーがいるし、そうでなくてもそのうち付き合うんだろうなみたいな恋人っぽい人が何人かいる。こういう他人との関係性をしっかり満たした上で、更に自分自身スキルも経歴もしっかり持ってて、みたいな人たちがたくさんいる。

親と連絡取らなくなってから大体5年が経つ。ゴミクズ人間だったから親のお金私立美大に行って卒業した後5年くらいかけて行方くらました。なんかいろんなことがあったり無かったりした結果、学費だけ出させて親をメンヘラ毒親呼ばわりして捨てる親不孝のゴミクズ人間になるか、自分人生も夢も何もかも全部諦めてお母さんと一緒にお母さんの気持ちのためだけに生きていくかを自分で選んだ。まじでゴミクズofゴミクズだけど、まじで生きる資格の無いゴミクズだけど、それでいいよ。

親がそういう感じだったからなのか自分のせいなのかはちょっとからないフリをしたいけど、生きてるだけでオッケーだったことが無い。仲のいい親がいる人はきっと親が、生きてるだけでいいと思ってくれるんだろうな。パートナーがいる人とかは、誰かに選ばれた上でその人が、生きてるだけでオッケーだよって言ってくれるんだろうな。特にそういうのが無いから常に社会に対して何かの価値を生み出し続けないと生きる価値が無い。資格も無い。でも他の同世代人間に比べると何一つ成し遂げてないし、成功してないし、なんなら下の世代の人たちの方がどんどん成功してるし、良いもの生み出してる。自分より下の世代がメインになっちゃったら、上に戻ってくることってもう無いじゃん。価値のある人間には二度となれないから、二度と生きる資格も得られない。生きてるだけでいいよって事態にならない。命に価値が無いから命以外の価値をどこかから生み出さなきゃいけない。でもも価値のある人間にはなれない。無限ループって怖くね?これが人生手遅れってやつだなあと思った。

こういうこと言うと、大丈夫自分なんかこうでこうでこうだから、って全然関係無い自分人生の話してくる人がいるけど全然関係無い人がどうであろうと何も大丈夫じゃないのに何が大丈夫なんだろうな。人の人生に乗っかって自分の話したいだけに見えちゃう別に頼んでないよ。匿名ダイアリー登録すげー簡単だったよ。人に乗っからないで各自でやったらいいと思うよ。そういうのをうんうんそうだね、って聞いてあげられたり傷を舐め合えるような人間だったら誰かに選んでもらえて生きてるだけでオッケーになっていけるんだろうか。

2022-04-10

anond:20220410104915

目立つ動きは目くらましなんだよ。

手のひらから華麗に手裏剣飛ばしてる奴がいたら、こいつが攻撃してると思って、

そっちに注意を払うじゃん?

すると、そのすきを狙って、別の忍者が黒塗りの短剣型の手裏剣を投げてきて、刺さって死ぬ

手品トリックと同じ。

2022-04-06

anond:20220406051531

それだけストレスが多いのかなと思う。

知らなかったらそれが当たり前で生きられるけれど、知ってしまうと足りないところがどうしても見えてしまうみたいなのはあるよね。

スピリチュアルが多い関連で最近びっくりしたのが、親に向けたセミナーをやります...みたいな案内が社内で回ってきたので見てみたらインド本部がある宗教団体の人がやっている講座でかなりびっくりした。その団体ホームページを見たらSDGsいか自分たちが取り組んでいるかアピールしていて二重に驚いた。取り組みは...まあ、そういう解釈もできるかもなーという言い訳本部周辺での慈善活動の紹介だったので、目くらましにはよさそうだねと思ったが。

2022-03-22

100ワニを叩いた連中はタコピー原罪も叩かないと不公平だろ?

『タコピーの原罪』は「100ワニ」の再来? 口コミヒットを許せない人たちの心理

ハートフルボッコ漫画として、絶大な支持を得ている『タコピー原罪』。名実ともにWeb漫画覇権となったが、そんな同作をめぐって“ステマ疑惑が。

とくに根拠はないようだが、広告代理店が裏にいると邪推し、『100日後に死ぬワニ』と同作を重ね合わせる人が続出している。

彼らは口々に、《タコピーって100ワニと同じ手法よな。元から大したもんじゃないコンテンツを大げさに売るのってやめて欲しいわ。ゴミが売れて良品が埋もれる》《タコピー考察が沢山流れてくるのでなんだか100ワニとちいかわみたいだな~って》《100ワニ以来のゴリ押し案件感があるな》《タコピーの何が不安って、はやり方が100ワニと近いものを感じるところ》などと想像をふくらませている。



100ワニをぶっ叩いていた人たちはどこに行ったの?

100ワニ最終回後に作品のみならず作者まで批判してたゲスがいたよね

誰とは言わんが

あいつ今何してんの?死んだの?

2022-03-19

半導体不足の本当の理由コロナでなく戦争準備で買い占めだった

コロナは壮大な目くらま

2022-03-05

一番最初に逃げ出したやつがい

みんなたたかっているのに。

行方くらました。

暗殺報復に怯えて、ぷーちん。

怯えた子犬の、ぷーちん。

どこに行ったか、ぷーちん。

2022-03-01

anond:20220301012250

ロシア軍軍事のセオリをーまるで無視した行動をしているので、全世界が狐につままれたようだ~

The Mysterious Case of the Missing Russian Air Force

https://rusi.org/explore-our-research/publications/commentary/mysterious-case-missing-russian-air-force/

ロシアによるウクライナ侵攻から5日目。多くの未解決問題ひとつは、なぜロシアが最大限の目的をもって膨大なコストをかけて軍事作戦を展開し、その後、保有する固定翼戦闘機の大半の使用をしなかったのかということである

ロシアウクライナ侵攻は、2月24日未明に予想通り始まった。

巡航ミサイル弾道ミサイルの大群が、ウクライナ全土の主要な地上型早期警戒レーダー破壊したのだ。

その結果、ウクライナ空軍(UkrAF)の実質的な目くらましとなり、主要飛行場の滑走路や誘導路を破壊して航空機の移動に支障をきたしたケースもあった。

また、長期間の予備品不足で機動性に乏しいウクライナの長距離地対空ミサイル(SAM)砲台S-300P数基にも打撃を与えた。

このような初期のスタンドオフ攻撃は、冷戦終結後の米国主導の介入に多く見られるパターン踏襲している。

1938年以来、ほとんどすべての軍事紛争で見られるように、論理的で広く予想された次のステップは、ロシア航空宇宙軍(VKS)がウクライナ空軍破壊するために大規模な攻撃作戦を展開することであったろう。

早期警戒網が機能せず、滑走路の一部が損傷したウクライナ空軍は、誘導弾を搭載したSu-34などの攻撃機や、主に無誘導弾を搭載したマルチロール戦闘機Su-30による空襲に対して脆弱なままであった。

もし、Su-35やSu-30が大量に存在すれば、たとえウクライナ戦闘機が低空で状況把握しながら出撃したとしても、護衛のSu-35やSu-30が圧倒していたことだろう。

しかしそうはならなかった。

その代わりVKSがウクライナ北部東部南部の主要な接触地帯の至近距離に配置した約300機の最新戦闘機は、最初の4日間の戦闘を通じてほとんど地上にとどまっていたようである

このため、ウクライナ空軍は低空での防御的対空攻撃(DCA)と地上攻撃を続け、ロシア攻撃ヘリコプター迎撃一定の成果を上げたようである

ウクライナ軍と市民が、主要都市上空で出撃を続ける自軍パイロットを見ることができた(そして急速に神話化された)ことも、国中で示された並外れた統一抵抗精神を強固にする、大きな士気高揚要因であった。

ロシアの固定翼戦闘機攻撃機の出撃がないため、ウクライナのSAMオペレーター米国スティンガーミサイルなどのMANPADSを装備した部隊は、即時報復のリスクを大幅に軽減してロシアヘリコプターガンシップ輸送機交戦することが可能になった。

このことがロシア軍空爆作戦成功せず、大きな損失を被る原因となっている。

さらに、ロシア攻撃的なカウンターエア(OCA)掃射がほとんど行われていないことに加え、ロシア地上軍の動きと自軍の中・短距離防空システムとの連携が非常に不十分であった。

複数ロシア軍部隊は防空カバーの届かないところに前進させられ、場合によっては、随伴するSAM砲台が軍事交通渋滞に巻き込まれ、状況把握やウクライナの航空資産に対する防御に全く努めなかった。

このため、残存するウクライナのベイラクターTB-2武装UAVは、一部の地域でかなりの効果を発揮し、ロシア車両部隊に大きな損害を与えた。

■考えられる説明

航空機の数、装備能力AWACSなどのイネーブラにおいてウクライナ空軍に比べ圧倒的に有利であるにもかかわらず、ロシア制空権を獲得し活用できないのには、いくつかの要因があると思われる。

第一に、VKSのほとんどの戦闘機部隊使用できる精密誘導弾(PGM)の数量が限られていることである

シリアでの戦闘中、PGMを定期的に使用しているのはSu-34のみであり、これらの専門攻撃機でさえ、定期的に無誘導爆弾やロケット弾による攻撃を行っている。

このことは、ロシア戦闘機乗組員のほとんどがPGMに精通していないことを示すだけでなく、ロシアが空輸するPGMの貯蔵量が非常に限られているという広く受け入れられた理論を補強するものでもある。

シリアでの長年の戦闘活動によって、この備蓄さらに枯渇し、ウクライナ周辺に集結した300機のVKS固定翼戦闘機の大部分は、地上攻撃出撃のために無誘導爆弾とロケット弾しか使えないということになりかねない。

これは、安全距離から戦場目標発見識別するための照準ポッドの欠如と相まって、VKSの固定翼パイロットの近接航空支援能力限定的であることを意味する。

その結果、VKSの指導部は、ウクライナ居住区都市部を空爆するための無誘導弾の使用政治的承認される前に、ウクライナ軍に対して潜在的攻撃力の大部分を投入することをためらうかもしれない。

この無差別爆撃は、アレッポホムスでのロシアシリア空軍作戦標準的に行われていたもので、残念ながらVKSが今後数日間、ウクライナ採用する可能性もある。

しかし、PGMの不足は、VKSの固定翼の活動が全体的に不足していることの十分な説明にはならない。

VKS の攻撃機には比較近代的なアビオニクスが搭載されているため、無誘導爆弾やロケット弾でも、空軍基地にいるウクライナ航空機に大きな損害を与えるには十分だったはずである

VKS はまた、約 80 機の最新かつ高性能の Su-35S 対空戦闘機と 110 機のマルチロール Su-30SM(2) 戦闘機保有しており、OCA および DCA 掃討作戦実施することが可能である

したがって、制空権確立できないのは、単に適切な PGM がないためというだけでは説明できない。

また、ロシア陸軍が運用する地上配備型SAMの活動と、大規模な航空作戦安全に切り離す能力に自信がないことも考えられる。

地上配備型SAMユニットによるフレンドリファイアは、1990年以降の複数紛争において、西側ロシア空軍にとって同様に問題であった。

複雑な環境の中で、戦闘機とSAMシステムが敵軍と同時に交戦する共同交戦区域を、友軍の攻撃を受けずに運営することは難しく、その習得には、軍間協力、優れたコミュニケーション、定期的な訓練が必要である

これまでのところ、ロシア軍は、基本的兵站作業から、地上部隊活動に対する空中襲撃の調整、移動中の隊列に対する防空援護の手配まで、あらゆる面で極めて不十分な連携を見せている。

このような状況からウクライナ空軍作戦能力を地上配備のSAMシステムに委ね、VKSの大規模な航空作戦の代わりとすることが明確に理解されたのであろう。

しかし、この段階でウクライナ軍が利用できる戦闘機とSAMの資産が限られていたため、VKSは事前に取り決めた時間重要目標に対して大規模な出撃を行い、その間にロシアのSAMに射撃を控えるよう指示することが可能だったため、これだけでは十分な説明とは言えません。

最後に、VKSのパイロットが年間に受ける飛行時間が、欧米パイロットに比べて比較的少ないことを考慮する必要がある。

各部隊の正確な数字を見つけるのは難しいが、ロシアの定期的な公式発表によると、VKS全体では年間平均100-120時間である

戦闘機部隊の飛行時間は、輸送機ヘリコプターの飛行時間より少ないので、実際の数字100時間を少し下回る程度だろう。

英国空軍米空軍戦闘機パイロットは、年間180~240時間の飛行時間、最新の高忠実度シミュレーターによる追加訓練、ロシアパイロットよりも優れたコックピット人間工学武器インタフェースのために、マルチロール戦闘準備の維持に苦労しているとしばしば不満を漏らしている。

したがって、過去10年間に約350機の新型戦闘機を導入した素晴らしい近代プログラムにもかかわらず、VKSのパイロットは、ウクライナの複雑で争いの多い空域環境において、航空機理論能力の多くを効果的に活用することに苦労しているのかもしれない。

そうであれば、VKSの指導部は、外部から認識能力現実とのギャップを露呈させるような大規模な戦闘作戦を行うことをためらうかもしれない。

しかし、長期化する可能性のある作戦が始まってからまだ5日しか経っていないことを忘れてはならない。

ウクライナ上空でのロシアの固定翼機の目撃情報が数件しか確認されていないという事実は、VKS戦闘機隊が潜在的に大きな破壊力を持ち続け、今後数日間、空中および地上の固定目標に対して短期間に放たれる可能性があるという事実を覆い隠してはならない。

2022-02-28

制服JKJCに加えリクスーJDも満員電車におしくらまんじゅうしてくるんだけど

オトナの怖さを知らしめたほうがいいよね?

2022-02-27

anond:20220227211429

強いて言うならキンクリみたいな技使う厳しい兄が実はすごいシスコン

煙の目くらましが特技の妹もすごいブラコンだったという事しかからなかった

2022-02-07

anond:20220207172613

ちょっと劣勢になると姿くらまして

こんなかんじに横増田のワイを幻影の敵認定して釣り針にかかったら、勝ちやね!

よっしゃっあ!!!

anond:20220207171132

ちょっと劣勢になると姿くらまして

こういう口汚いレスだけになるんだよね

 

そういうイージー人生送ってるから饅頭とき口喧嘩でも扇動合戦でもぼろ負けするんちゃうかな···

2022-01-25

anond:20220125150419

同署によると、容疑者優先席で寝転がって加熱式たばこを吸っていた。

近くにいた男子生徒が「やめてもらえませんか」と注意すると、

容疑者が顔を近づけ威嚇したため、男子生徒は手で押し返した。

すると容疑者「手を出しやがったな」と逆上

男子生徒を土下座させ、殴る蹴るの暴行を加えたという。

容疑者自治医大駅ホームでも暴行を続け、行方くらました。

その後、23日深夜に宇都宮駅にいたところを警察官発見した。

容疑を認め、「相手がけんかを売ってきたのでやり返した」と供述している。

2022-01-10

anond:20220110083821

横だけど、

なんか意味わからん文章だな?

なんで煽ってるんだろ?煽り目的なのかな?

それならいいけど、でも本気で書いているとするなら

文章が短ければ短いほど有益と考えているのは間違いだ。

まず増田という場所はある程度の文章量がないと注目されることがない。

読んでもらえないければ短くて有益文章意味がない。

次に、あまり短い文章だと人は想像力をふくらませることが出来ない。

増田が書いたような2行程度の情報は読み流されて終わりだ。

特に元増田のような風俗情報に詳しくない人のために書かれた文章というのは

ある程度の長さとステップを踏まなければ人は読解できない。

初心者向けには初心者向けの長さが必要なのだ

まあでも煽りたいだけなんだろうな。目的はわからないけど。

2022-01-08

女の一人語り系の嘘松は異常なまでの長文にすると多少は真実味が出る長文=まんこの図式が増田では出来上がっているからといったところで長く書けるものではないのだろうけどもともと訴えたいことがないのに長文なんて書けないその目くらましとして改行をやたらするという方法論はあるのかもしれないにしてもっまんこは何であんな長文を掛けるんだろうねチンコには無理

2022-01-02

から100年たった100歳のひとって

明治大正昭和平成、令和と生き抜いた婆さんに比べると

ニュース話題がふくらまない気がして

なんか心配

2021-12-22

テレワークにおける管理者孤独は「文書添削ゲームが最適

自分テレワークではないのだが、古い体質の企業につとめる友人によると、テレワーク毎日のように文書添削されているらしい。

どうも、テレワークとは管理職にとって諸刃の剣であり、顔が見えないから「部下とのコミュニケーション」が不足するようである

その時に役立つのが、「文書添削」という優れモノらしい。

文書添削であれば、正解はないから、その人がいったことが正解にすることができる。

そしてその議論無限にふくらませることができる。

管理職にとっては最高にやりやすい、「管理してるっぽい雰囲気醸成ゲーム」ということらしい。コミュニケーション無限に増やせるし。

テレワでもっと孤独を感じるのは、管理職であるということが証明されているように見える。

友人には、「その人はお前とコミュニケーションを求めてるんだよ、付き合ってあげな」と言っておいた。

2021-12-15

海を目指して歩く

海を目指して歩く。

工業地帯バイパスには、大量のトラックが行き交っている。耳をつんざく騒音と煙たい排ガス

ただでさえ乾燥でガサつく喉が刺激され、ヒリヒリとした痛みが襲う。

我慢限界を迎え、国道を外れ小さな道に入る。

巨大な団地の入口

もう全体の半分も出ていない洗濯物を眺める。ときどきすれ違う住人の腰も曲がっている。

海を目指して歩く。

団地の中で、名も知らぬ高校の脇を通る。声は聞こえない。

ただ、校庭では淡々バスケットボールの授業。シュート練習をしている者。暇して、隅っこでおしくらまんじゅうしている者たち。

わけもなく視線を送りながら歩いていたら、足元の小さな段差に転びかけた。

周りに誰もいないのを確認し、何事もなかったかのように再び歩き出す。

視界が開けだす。

あれは海か?

足に疲れはない。お昼時をまるまる潰して歩いてきたのに、振り返ればスタートした地点が見えるような、ふしぎな時間感覚がある。

海岸目線から低くなっていく。

白砂青松

砂浜に足跡をつける。もう十数メートル先に広がっている。

黒く、くすんだ、墨汁を延々と流し続けられているような、冷たい冬の海。

腕を挙げ、全身を海風さらす。冷たい風がダウンコートをすりぬける。

ふと、この風はどこからきているのだろうか、そんな考えがよぎる。

よぎって、消えてゆく。

はるか海の向こう側にどこかの街が見えた。

この狭い内海には、なにもなかった。

2021-12-14

anond:20211214114613

12月でこんなに寒かったら…このままじゃ半年後には東京冷凍庫なっちゃうよぉ!

 

冷凍都市暮らし

アイツいつの間にか姿くらまし…

2021-12-01

anond:20211201113142

ひとつついでに、これは一昨日くらいに気がついたことだが...

水や空気を通さない、ゴム手袋とかジップロック的なビニール袋を洗って洗濯バサミで吊るして干すときには、靴下とは反対で、口の方を挟んで底が下になるように干した方がいいぞ。

底の方、手袋で言えば指の一つか二つを洗濯バサミで挟むと、内側の面が密着したところに水分が挟まれて、1日や2日干しただけではどうしても抜けないのだ。

内側に密着するところが無いように、ふくらました状態で挟んで吊るせば、一時的に水分が一点に溜まるようなことがあっても、空気流通するから半日もすればたいてい乾く。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん