「想定外」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 想定外とは

2018-02-15

勘違いを装った煽り増田想定内すぎる普通の返答返してくる奴なんなの?

こっちは想定外の名回答に「ぐぬぬ」がしたくて煽り気味に増田書いたのに

なに真面目に当たり前すぎることを書いてんだよ

ベテランネット弁慶として恥ずかしくないのかよ

2018-02-13

酒に弱いゆとりなんだけど

社会アルハラが多すぎないか

とりあえず1杯目がビールなのも辛いし

ビール以外を頼むと和を乱した扱いを受けるのも辛いし

カシスなんとかなんて頼もうものなら最後最近若いのは云々〜〜」とマウント取られるのも辛いし

まだ飲み切ってもないのに勝手に酒注がれるのも辛いし

「まだ飲めるよ」だなんて相手の体質を完全に無視した無責任なこと言われるのも辛いし

こちらが辛いだなんてことは完全に想定外であるかのように酒を注いでくるのも辛いし

酒を注ぎ合うのが礼儀マナーであるみたいな空気も辛い

(あるいはそれらは礼儀ではなく日本特有陰湿嫌がらせ目的なのかもしれないがとにかく辛いものは辛い)

あと「若いから飲める」などという 猿でも20秒考えれば筋が通っていないことに気がつく謎の理屈を、違うヒトの口から何百回も聞かされるのも辛い

自分は一滴も飲めないわけではないが、パッチテストで言うと最弱の部類で、アルコールの分解が絶望的に苦手なのだと思う

ジョッキ二杯でも飲もうものなら激しい頭痛に見舞われ翌朝起きれず仕事どころではなくなる

いっそ一滴飲んだら倒れるレベルまで振り切ってしまった方が周りの理解を得られていいのではないかと思うこともある

今の環境は無理に飲まされるわけではないからマシな方なんだろうなとは思うが、

アルコール激弱人間としては辛い場面が非常に多いし生きづらい

ゆとりの甘えた泣き言に映るだけかもしれないが、

ブラック企業の働き方やジェンダー問題糾弾されまくってる今のご時世なので、アルハラ問題ももうちょい声高に叫ばれてアルコール弱者に優しい社会になってくれたらいいなと思う

北朝鮮という国にも家族があるんやなあと

北朝鮮ってさ、外国から見るとおっかない国なわけじゃん。国家ぐるみ拉致暗殺、その他人道に反する罪。自由などない異様な独裁体制国民洗脳されてるか恐怖に怯えてるかの二種類で、飢えている。だから世界中の誰もがあの国を完全に敵視してて孤立してると思ってたんだよ。イスラム国みたいな感じでさ。

けど韓国の人にとっては全然違って見えてるんだなーと、最近報道で思い知った。そりゃ韓国人と言っても一枚岩じゃないが、確実に我々にはない親近感とか家族の情みたいなの持ってるのが想定外すぎてさ……少女時代メンバーが共同で舞台に立って唄ってたりもして。だっていくら同じ民族でもイラン人イスラム国人間と融和や統一を願ったりしないじゃん?

実現したのは政治的駆け引きの結果なのかもしれないけど、気持ちとしてあるというのがね。すごいなあと。この感覚はやっぱ当事者じゃないとわかんないなあと。北朝鮮って家族いたんだ……っていう違和感がすごい

2018-02-11

正社員登用制度がなくなった

何年か某大企業で働いていたが、来年から正社員登用制度がなくなるらしく、契約社員自分は打ちひしがれている

会社の人にも、もう少ししたら正社員推薦するから、と言われていたし、自分でもお値段以上の働きをしていた自負があった

だが、社内の人が、こっそり教えてくれたところによると、制度としては残るが実際形骸化されるらしい

ほぼ正社員登用はないということだった

理由を聞いたら、結局前任、それ以外の契約社員の今までのやり方のせいらしい

正社員登用制度正社員所属長の推薦が必要である

推薦する理由は、この人は優秀だから自分のところで」「もっと責任のある仕事をまかせて」働いてもらいたいからだ。

だが、正社員になると、部署異動の希望を出すことが出来るのだ。

今まで10人ほど契約から正社員になったらしいのだが、そのうち8人が「せっかく正社員になったのだから新しい環境に身を置き、スキルアップをしたい」といい新しい部署への異動を希望する

所属長は、「自分のところで」働いて欲しいか正社員になって欲しかったのであって、よそにいくのであれば、いいことなんてなにもない

それならば部署を縛ることが出来る契約社員のままでいい

と、言い始める所属長が増え、「正社員になんかしないほうがいいよ。よそにいくだけだよ」と部長クラス共通認識になってしまったようだ

…だれもわるくない。

正社員部署異動の正当な権利行使するのは当然である

だが、推薦をするのはその働きを認めてくれている所属長なのである

正社員にしてくれてありがとう!あばよ!と去って行かれるのは推薦した者にしてみれば「なんなんだよ」となるらしい

自分正社員になっても部署を異動するつもりなんか欠片もなかったので、すごく哀しい

なんなんだこれ

 

(追記)

はてぶしてくれてる人もいて驚いた

部署異動の希望100%通るのか、という話だが、ほとんど通る

判断するのは所属長ではなく、もっと上の経営層だから

過去に、部署を異動したいが、所属長が離さず、会社を辞めるという人が何人か出たため、部署異動の希望や転勤の希望の有無などを、年に一回経営層へ直接書類で提出することになっている

所属長に言えば握りつぶされる可能性を警戒してだ

経営層としては、本人がやりたくもない仕事モチベーションが落ち、辞めるくらいなら、ほぼ異動や転勤希望は通す

経営からその後、所属長に、おたくの○○さんが異動したいらしいんだけど、どうする、と聞いてくる

所属長は、よほどの理由がない限り、本人の希望を拒めない。(よほどの理由とは、部署内で産休育休の人がおり、戻ってくるまで余裕がない、これから巨大プロジェクトがはじまるので終わるまでは手放したくない、などの場合延期される)このおかげで、上司と折り合いが悪く鬱になる、などといった社員はほぼ皆無

いい制度ではあると思うが、正社員登用制度と組み合わさると、こんな想定外事態になる

2018-02-08

悪徳商法契約書には書いてある、っていうのと同じ

速いソリで五輪に出たいという言い分はもっともで、ソリを変える決断は十分に理解できるけど

契約で定められてるんならそれに従って違約金を求めるのも当然のことでしょ。

さすがにあの競技で2秒も差がつくものしか提供できない(乗り換えたラトビアのもの業界トップというわけでは無い)というのは想定外でしょ。

かに契約はあったものの、風呂たぶを持ってきてこれ使わなければ違約金払ってね、と言ってるのと実質変わらない。

無料に惹かれて実績どころか実物さえ無かったところに飛びつくくらいお金が無いチームなので、契約においても法律専門家を入れることも出来なかったのでしょう。もしいれば、性能がある程度以上でないと違約金を払わなくて済む条項くらい入れていただろうので。

そういう、お金の無いチームに対して無料を誘い餌にして、法律知識のなさを突いて高い違約金(ラトビアボブスレーのような代替品に対して非常に高い)を課し、2秒も差がつく商品を使うか違約金かを迫る、悪徳商法みたいなのが叩かれている理由でしょう。

https://anond.hatelabo.jp/20180207114226

2018-02-07

国保へ切り替えのために役所に行きたい

そうだろうなとは思ってたが平日しかやってねーんだな役所

国保対象だけど平日働いてるというパターンの人の来訪は想定外

いや別にそこまで考えてないとは思うが

2018-02-05

から私はアーティストを名乗らない

まずはじめに一言述べておく。私はデザイナーだ。

強いて言うならグラフィックデザイナーだ。

世間一般にはデザイナーアーティストも似たようなもんだと思われているかもしれない(私自身もまあ近い存在だとは思っている)が、私は自分立場としてアーティストは名乗らない。

これには理由がある。ちょっとその経緯をまとめてみた。

私は仕事で様々なものを作る傍ら、時々SNS自主制作として作品投稿したりしている。

この作品というのも普段案件デザインするものと同等の物を目指して作っている。つまりは、その作品仕事成果物としても通用するレベルの物だということだ。

そのためにはクライアントの満足が必要だ。

あくま自主制作なのでクライアント自分(笑)だが私はネット上の不特定多数クライアントとして見ることにしている。

ではそれらの人々が満足してくれるには何が必要だろうか。

私は、「理解し納得できること」だと思っている。

例えば「牛乳」をテーマにあるロゴマークを作ったとする。そのロゴには商品名に加え牛乳を感じさせる要素(牛、牧場牛乳瓶、みずみずしさなど)を含めたい。

それらをすべて網羅してまぜこぜにして図案化すれば確かにいろんな要素を含んでいてリッチそうではある。この段階においては入れたい要素を盛り込んだただのアートである

だがそれだけでは焦点がぼやけてしま理解につながらない。

まず何を一番伝えたいのか。商品名か、おいしさか、それとも牛か?それを決定する。次に付随する要素を厳選し、先の要素を打ち消さないように追加する。

といった感じで取捨選択しながら図案に落とし込んでいく作業必要だ。

これが難しい。要素を入れすぎれば複雑怪奇になるし、逆に減らしすぎれば伝えたい事が伝わらない。なおかつそれを一つの図案に集約し、見た目が破綻しないように形を整える必要がある。ただ形を整えるだけではダメで、インパクトを与えるためにある種特徴的な意匠必要だし、何より不特定多数が見て説明を受けたとき理解できるものでなければならない。

こういった「人に理解してもらえる意匠設計する」プロセスデザインである(と私は考えている)。

まあ簡単に言えばデザインは制約付きのアートといったところだろうか。

ここまで作業の流れをざっと説明してきたが、私のデザイン自主制作はまだ終わりではない。

作品ネット上に投稿反響を見る。(←これ大事テストに出る)

おもにTwitter, Tumblr, Behanceなどに載せるが、いいねRTやその他のアクティティ数字として見る事ができる。時には見た人から感想(賛否両論)をもらえることもある。「数字なんて関係ない」と反論されるかもしれないが、数字は正直であるそもそも最終目的に「見た人の満足」を挙げているので私にとってここまで含めてデザインである

私のやたら細かいデザイン観についてご理解いただけたところで先日起こったある事件お話をしよう。

先日Twitterにてこんなメッセージをもらった。送り主をA氏とでも呼んでおこう。(ちなみにFFから失礼された)

あなた作品をよく拝見しております。いろんな作品を作っていらっしゃいますが、結構〇〇(とある技法、素材やジャンルではない)を使ったもの投稿しておられますよね。△△△(私の作品名)や▲▲▲(私の作品名)は良かったのですが、最近のXX(私の作品名)はちょっと〇〇としては面白くないというか正直〇〇の作品には相応しくないのでこういった使い方は遠慮してほしい」といった次第である

はぁ〜そうきたか

少し想定外であった。私は〇〇をデザインの一部(前述した特徴的な意匠の一つ)として利用していただけなのであるが、どうやらA氏は〇〇のそういった使い方が気に入らないようであった。A氏とは面識も交流もなかったので、いろいろ調べてみたのだが、どうやら〇〇界隈では有名というか第一人者積極的に〇〇の研究や界隈のつながりに寄与されているらしい。

〇〇界隈について調べてみた。〇〇を使った作品制作している方々が多数いたが皆一様にこの作品は〇〇です、と言っているのである

〇〇と明記することで界隈のつながりは広がるかもしれないが、ただの技法固執するのにはすこし疑問をいだいた。

(念のために書いておくが、〇〇は技法であって、素材やジャンルではない)

絵に置き換えてみればわかるが、要は遠近法使ったよ。遠近法すごいでしょ。俺らの遠近法を見てくれ。と言っているようなものであるちょっと違和感を感じた。

試しに〇〇界隈の作品を眺めるとどうも洗練度がたりない。なぜだろうか。デザイナー目線になってしまうのだが手法固執するあまり他の要素がなおざりになっているようである

これは面白くない。〇〇は表現上の単なるテクニックに過ぎない。界隈の人には悪いが、手段目的化してはいないだろうか。

大事なのは何を作るかであるアートだろうとデザインだろうと、どこに出しても通用する作品としてきちんと完結していることが大切だし、未熟だとしても目指すべきところである別に最初のうちは技法にこだわっても良いかもしれない、そうしているに作品自体の質が大事だと気付けることだってある。しかしどうも〇〇界隈を注視して見た限りではそういう発展が見られない。むしろ私にメッセを送ってくるあたりからしだんだん閉鎖的になっているのではないか心配になってきた。

なんか廃れゆく伝統産業を見ている気分だ。

私は別に〇〇が嫌いなわけではない。むしろ好きだ。だから積極的デザインの中に取り込んだり応用して独自表現方法を考えたりしている。

そしてそういった技法適材適所に使ってもっと広めていきたいと思っている。そのためには前述したような「誰もが理解し納得できる」形のものデザインする必要がある。

美を追求する点においてアーティストデザイナーも違いはない。だがデザイナーには確実に人に理解させ納得してもらえるものを作るという使命がある。

から私はアーティストを名乗らない。

私はデザイナーである

2018-01-30

ネット現実は繋がっている

自分が初めてネット接続した時はダイヤルアップで、見ていたサイト個人ホームページで、

そのホームページコンテンツ管理人趣味でできていたのが多かった。

当時はネットが今のように子供から大人までが利用し、インフラにまでなるとは想像力が足りないせいで、

想像できなかった。ネットテレビ雑誌ができないことを発表できるマイナーメディアだと認識していた。

現在新聞テレビの影響力が落ちて、YouTubeNETFLIX存在感が増している。ネットマイナーメディア

なんかで終わらなかったのは自分には想定外だった。

ネットマスメディアになり、SNSで人と人が繋がっている現在の状況は昔と比べると随分と変わった。

anond:20180130123047

2018-01-28

離婚婚活

ありがちな話だとは思う。

10代の頃から付き合い、大学卒業就職とほぼ同時に結婚して6年で離婚した。

離婚理由は向こうの不倫挙げ句子供ができたからだ。

しかもその相手自分の知りあいだったので、当然ながら10年分の人間関係は広範囲で滅茶苦茶になり、当時はあらゆるものを失ったと悲観にくれた。

今は自分にも結婚生活において反省すべき点があったこと、自分のために怒り・心配をしてくれる人間が少なくなかったこと、いろいろと落ち着いて振り返ることができるようになった。

世間は狭いので向こうが楽しげに子育てしている情報を不意に得てしまうとそりゃぁまだむかつきはするが、人に不利益をもたらそうが何しようが自分勝手人間ほど幸せになる現代社会システムなのでいくら呪っても仕方がない。

そうやって時間を薬にのろのろと生きていたが、三十路も越えてしまったし、そろそろ自分婚活なりをせねばなぁと少し行動をしてみた。

ありがたいことにどうやら自分バツイチである、ということ以外は婚活市場でまだ需要のある条件らしかった。

すこし自慢になってしまうが、おかげで失った自己肯定感回復してきたので他者から承認はうれしいし、大切だ。

おかげで合コンはもちろんのこと、婚活パーティー婚活サイト、どこに顔をだしてもそれなりの数のアプローチをいただくことができた。

ここまではとんとん拍子だった。

しかし、質の問題想定外だった。

婚活サービスを利用している人のコミュニケーションに慣れている人とそうでない人の差が自分の想定をはるかに越えていたのだ。

10代あたりであればかわいさになりうるが、30代ともなれば男女とも“それなりの会話や振る舞い”を求められるものだという価値観環境自分が育ったためか、コミュニケーションがここまで不得手な人が多いとは思わなかった。

最初のうちは相手が不馴れなら自分が頑張ればいい、とお声がけいただいた方々にこまめに返信などをしていたが、さすがにもう疲れてしまった。

返答に困る質問、卑屈さを感じてしまう文面、唐突な全く関係のない話題相手自分を見ているんだろうか。

相手がどんな反応がほしいのかが全くわからない。

話の流れ、とよく言うが会話をしながら流れを作っていくのはお互いの共同作業である自分は思う。

せっかく目の前に細くとも川があるはずなのに、自分セメントを流し込まされているような感覚になる。

疲れた

来週は同僚が幹事合コンに行こう。

結局、自分価値観が近い人が多いのは現実の今いる関わりの中なのだろう。

もちろん、婚活サービス内にいい人も一定割合でいるし、お付き合いしたいと思える素敵な方も数多く見た。

ただ、自分には合わなかった。

ごめんなさい。

○○教育というのは、適当なやった振りをするためだけのごまかし。

目下盛んな起業家教育とか研究倫理教育とかね。

実際に起業しよう。あるいは、革新的研究をしようとすると、壁がいっぱいある。金と時間もその時点で分不相応必要だ。

と言っても数年とか数千万レベルだろうが。

更に、金が得られるのならはじめから嘘ついて騙そうという詐欺師も湧いてくる。

いや、そもそも、こういうものができます!と言いつつ、実は思いもかけない現象があってできないものだとか、

外部環境想定外だとか、競争相手が生まれたとかでその金出した奴が完遂させるに至らないこともある。

結果的には詐欺と同等だったよね?ということになる。

ましてや、「国が出した金で支援した事業がこれだけうまくいかなかった」ということが「不祥事」として騒がれる時代

リスクいか本来は国などが出さないとならないのだが、失敗して叩かれることを考えるとリスクを取れないという時代

とすると、金や時間を与えることはできない。

で、不正を防ぐために一生懸命やってると、実際起業しているとか、研究をしているやつをがんじがらめにしてこれじゃ出来んだろ?という枠組みにしてしまう。

実際愚かに起業とか研究職の道に歩んでしまった奴は、ぎりぎりのところで、

この道を行けばどうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし、

ということでどんどん汚れていく。殺されるのもいるね。

更に、そこで「殺された」やつを見た奴は起業なんかしてはいけない。研究職なんて狙ってはいけないと、むしろ優秀なやつから逃げる。

そこで、阿呆をおだてて、起業いいよ!研究素晴らしいよ!とおだてて、なんとかやってくれる阿呆がいないかと「騙そうとする」ことが教育

かに起業家教育なんて、霊感商法教祖の説法と変わらんかもなぁという気がする「この道を選んで信じればあなた幸せになるんですよ!」みたいな。

なおかつ、セミナーとか開いたらそれで実績になるから数字を作るために起業した「だけ」のもので何とかカウントしてやろうとする。

きちんと、まず生活ができることと、必要な行動が支障なくできるようにしないと。無意味ごまかし遊びばかりが延々と続いてイノベーション海外に圧倒的に負け続けるだろうね。

2018-01-25

「(民事訴訟を起こされたという体験」第二話

これまでの話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第一話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

Kの本名と住所の特定に、匿名掲示板のKをヲチするために立てられたスレッドは沸き立った。
先ず、住所を特定した人物の手でKの住所が投稿される。
次に、本名特定した私の手でKの本名投稿された。
この時はスレ住民の誰もが思っていなかった。

Kが訴訟を起こす様な度胸と行動力のある人物だとは。

数か月後、プロバイダより一通の書留が届く。

ネット書き込みに対して訴訟を起こす場合には大きな流れとしては、プロバイダに対して訴訟を起こし、
投稿者が誰かを特定した上で本人に対し訴訟を行うという流れになる。

匿名掲示板スレッドへの投稿場合は、更にその掲示板運営元に対して訴訟を起こすという手順が
前段階として必要となって来る。

流れとしてはこうだ。
①.訴訟を起こしたい書き込みIPを開示してもらうため匿名掲示板運営元に対して訴訟を起こす(必要資金:約20万)
②.①で得た情報を元にプロバイダに対し投稿者が誰かを開示してもらうための訴訟を起こす(必要資金:約30~40万)
③.②で得た情報を元に、投稿者に対し訴訟を起こす
上記の手順に書かれている「必要資金」は、一つの書き込み特定に対しての資金であり、
複数書き込みに対して訴訟を起こせばその分必要資金も増える。)
書留の内容は、Kが本名投稿された件についてプロバイダに対して訴訟を起こしたので参考に意見を聞きたいという物だった。
訴訟を起こした人物名前・住所欄にはKの本名と住所が記載されている。

Kをヲチするスレッドにそういう書留が来た事を投稿した。
結果、Kが訴訟を起こしたのは、Kの住所を投稿した人物と、Kの本名投稿した私の二名である事が判明した。

どう対応すれば良いかと騒然となったスレッドで、一人の人物メールアドレスを出し「訴訟を起こされた二人、すぐにこちらへメールを」と書き込んだ。
この人物投稿事態を...結果から見れば、おそらくKにとって一番想定外な方向へ導く事になる。

次回に続く。

2018-01-22

オフィスデスクでこれを見ている君へ。

気温の低さと低気圧の進み方のスピード想定外

首都圏に限って言えば、これから18時間連続降り続く気がする。

夜はブリブリに太い雪が降るかもしれない。

そうなると、明日の朝は。。。一面の。。。

もうお分かりでしょう。4年前の首都圏の雪がシンゴジラ1匹分。今回の雪はシンゴジラ4匹分くらい。

なお、これは私のフィクションです。

でも、万全の準備しておいてね。

2018-01-21

「なんで電車で漏らしたの!?

電車ウンコ漏らした人に対して、なんかわざわざ漏らそうと思って電車内で漏らしたとでもいうかのような非難をたくさん見たんだが

あんなん普通に考えて予定外の、望まない形じゃないのか?

電車内で「わざわざ」漏らすという発想自体が無かったわ。

どう考えても電車の中とかデメリットしかないし、望む人がいそうだと考えられる人がいる事自体想定外だった。

もちろん今回の件も、わざわざとかではまったくなく、予定外に不本意だったみたいだし。

もちろんなんもわかってない男の感想としてだからこれだから男は何もわかってないといわれるやつなのかもしれんが

少なくとも出したいところで出したいものでしょって単純にただ思ってるような者からしたら

なんで電車ウンコ漏らしたの、っていう非難意味不明ものだった。

「なんで電車子供産んだの!?

電車子供産んだ人に対して、なんかわざわざ産もうと思って電車内で産んだとでもいうかのような非難をたくさん見たんだが

あんなん普通に考えて予定外の、望まない形じゃないのか?

電車内で「わざわざ」産むという発想自体が無かったわ。

どう考えても電車の中とかデメリットしかないし、望む人がいそうだと考えられる人がいる事自体想定外だった。

もちろん今回の件も、わざわざとかではまったくなく、予定外に不本意だったみたいだし。

もちろんなんもわかってない男の感想としてだからこれだから男は何もわかってないといわれるやつなのかもしれんが

少なくとも生みやすいところで生みたいものでしょって単純にただ思ってるような者からしたら

なんで電車子供産んだの、っていう非難意味不明ものだった。

2018-01-18

みなさんは現実土下座謝罪されたことがありますか?

わたしはありますドラマみたいだなと思いました。


みなさんはコップの水を目の前の人間にぶちまけたことがありますか?

わたしは一度だけあります土下座している人に向かって、そのとき持っていたコップの水を全部勢いよくぶちまけました。うわっ、ますますドラマみたいだなと思いました。

すなわち、わたしには「土下座して謝っている人に向かってコップの水をぶちまけた経験」があります稀有経験だと思いますが、リアルで話すと絶対に引かれるので、致し方なく匿名ダイアリーに書いています


どうしてそんなことをしたのか?

相手土下座という、およそ非現実的謝罪方法選択したときわたしは強い危機感を覚えました。彼の必死さが怖ろしく、一方で、ここで舐められたら終わりだと思いました。わたし相手絶対に赦さないことをはっきり示し、復縁を諦めさせる必要があると感じました。

伝統的には土下座をしている相手を踏みつける方法もありますが(ドラマとかで)、現実にそれをやると犯罪なので、とっさに手に持っていたコップの水をぶちまけました。水は弧を描いて、土下座をしている相手の後頭部と背中を濡らしました。

厳密に言えば、これも暴行罪に該当する可能性がありますが、場所が自宅のリビング相手パジャマ姿だったので、万が一、被害届を出されても警察は動かないだろうと考えました。

相手は、土下座して謝っている最中に水をかけられるという完全に異常な状況であるにもかかわらず、特に驚く様子もなく、か細い声で「ごめんなさい。本当に反省してる。許してほしい。」と言いました。

わたしはここが正念場だと思ったので、普段は出さない大きな声で「うるさい。早く出て行け。視界に入るだけで不愉快だ。」というようなことを言いました。その夜はさすがに眠れませんでした。


その日に至るまでの3カ月間、彼はほぼ一日おきに「とても反省している。愛しているのは君だけだ。君を失ったら生きていけない。なんでもするからやり直すチャンスをくれ。」といった内容のポエムメールを送ってきていたのですが、その夜を境にピタリと止み、2週間ほどで荷物をまとめて出て行きました。

彼が去ったあと、がらんとした部屋のテーブルの上に記入押印済の離婚届と一緒に四つ折りにされた便箋が置いてあり、確か「君と暮らし10年間、とてもしあわせだった。本当にありがとう。傷つけてごめんなさい。」というようなことが書いてありました。

わたしはそれを読んだあと、すぐに鋏で細く切って他のゴミと一緒にマンションゴミ捨て場に持って行きました。

部屋に戻って靴を脱いだ瞬間、ああ本当に一人になってしまったんだなという実感が湧いてきて、涙が溢れて止まらなくなり、床にうずくまって、文字通りわんわんと泣きました。

離婚たことについて後悔はなかったのに、それでも10年の歳月はあまりにも長く、喪失感は大きく、どうしようもなくてわんわん泣きました。


それから一年は、これまでの人生で最もつらい期間でした。一番つらかったのは、人を信用できなくなったことです。わたしはおろかだったので、10年も一緒にいた相手が病的な嘘つきであることを見抜けなかったのです。客観的証拠により相手が膨大な嘘をついていたことが分かった後は、誰も彼もが嘘つきに見えました。

周囲の人からは、なんであんなにいい人と離婚したのか、もったいないと責められたり、浮気は男の甲斐性だ、許せない女のほうが悪いと説教されたりしました。

離婚後も相手からは「元気にしてる?君のことをとても心配している。落ち着いたらまた会えないかな。」といった内容のメールときどき来ていたのですが、返信せずに削除していました。

最近連絡がないなと思った矢先に、「ご報告」という妙にかしこまった表題メールが届いて、開けてみると「結婚再婚)することになりました。相手妊娠しています。」といったことが神妙なトーンで書いてありました。彼が出て行ってから半年も経っていませんでした。


彼の再婚相手は、複数人いた浮気相手の誰でもなくて、わたしもよく知っている、ほんの数日前に一緒に食事をした女性でした。わたし彼女を友人だと思っていました。お酒がとても好きなはずなのに、その日はガス入りの水しか飲まなかったので、体調が悪いのかなと少し心配していたのです。ああ、なるほど、妊娠していたかアルコールを飲まなかったのかと妙にスッキリ腑に落ちました。

わたしは、「土下座して謝っている人に向かってコップの水をぶちまけた」瞬間が一連の出来事クライマックスだと思い込んでいたので、まだ続きがあるなんて想定外でした。事実小説より奇なりとはこのことかと思いました。

そして、ようやく治り始めた傷口に乱暴に塩をすり込むようなことをした彼らを強く憎みました。彼らを憎んでも自分を損なうだけだと頭では分かっているのに、感情コントロールできなくて、四六時中、彼らがしたことについて考え、彼らが不幸になるように願いました。そのときには、もうわんわん泣く余裕もありませんでした。


その後どうなったかというと、特に何もありません。

彼が出て行ってから一年くらい経ったある日、気が付くとすべては過去になっていました。時折、激しい憎しみの名残が発作のようにやってくるのですが、それも長くは続かなくなりました。ただ、不倫浮気を美化する内容のドラマ小説に強い嫌悪を感じるようになりました。

彼らが不幸になったかも知りません。子どもは無事に生まれたらしいと風のうわさに聞きました。それでよかったと思いますわたしの見ている前で、彼らが不幸にならなくて本当によかった。

さっき「離婚して、わんわん泣ける女になりたかった。」というタイトル記事を読んだら、一連の記憶フラッシュバックしてつらくなったので、気持ちを静めるためにこれを書きました。

自分経験に照らすと、記事中できれいごとを言っている元夫は嘘つきで、本当は慰謝料を払わず離婚して他の女性再婚したいだけなのではないかと感じましたが、そんな風にうがった考えを持つことは人を幸せしません。



なので、ここに書くことで忘れてしまうつもりです。

2018-01-17

anond:20180117192508

聞かれてもいないのに自分のことを話す=自分語りだよ

まじ通じないとは想定外

自分が思ってた定義と違う、といってそれも低能呼ばわりするのは想定内だがね

2018-01-04

こんなに誰かを好きになれるとは思ってなかった

彼女のことが好きすぎる。

 * * *

これまでお付き合いとかしたことなかったし、片想いすらしたことなかった僕が抱える、はじめての気持ちだった。

去年の11月文化祭期間、ひょんなことからキャンパスの近くのファミレスで、ふたりで夕食を一緒に食べた。

女性と1対1でご飯を食べるのも、はじめてに近かったかもしれない。

でも、想像したより「恥ずかしさ」みたいなものはやってこなくて、ただひたすらに、楽しかった。

つの間にか、話は哲学的なところまで行っていて、人生を生きていく方法の話とか、何かを記憶する時の方法の話とか、恋愛とは、結婚とは何か、とか、そういうことをずーっと語り合っていた。

一度だけ、めちゃくちゃ僕が興奮して(互いの価値観の一致に)、握手をしたことだけ覚えている(後で彼女に、隣のテーブルの人にめっちゃ見られてたよ、と言われた)。

トイレに行くどころか、水を取りに行くことすら忘れて、語り合った。

気がついたら閉店の時間で、店員さんにやんわりと出て行けと言われてしまった。全然、話し足りなかった。無限に話していたかった。

人と話すのがこんなに楽しいことだなんて、20年くらい生きてきて、はじめて知った。

彼女に対して、これまでの人生で抱いたことのない、まったく新しい感情を抱いた。

うまく言語化はできなかったし、今ではちょっと変質してしまったような気がするけれど、あれは、紛れもなく、僕の「初恋」だったと思う。

 * * *

それから彼女めっちゃ活発にラインをするようになった。

同性の友人とたまに議論になることはあるんだけれど、異性とあんなにラインを使ったのもはじめてだった。

緊張とか、恥ずかしさとか、そういうものはあまりなくて(「あまり」と言ったのは、多少はあったからだ)、ひたすら、楽しかった。

色々なことを話した。

互いの考えていることを何とか伝えようとして、たくさんの表現を考えて、小さな画面を見つめ続けた。翌日が休日の時、一度だけ、朝になるまでラインが続いた。

議論がすれ違いそうになるたびに、お互いそれを何とか察知して、歩み寄って、互いの考えていることが何なのか、ちゃんと伝えようとした。汲み取ろうとした。

彼女は僕に、僕は彼女に、いつしか全幅の信頼を寄せるようになっていた。それが、たまらなく、嬉しかった。

で、ですね。

議論が行き違ったというか、これは完全に僕の勘違いだったんだけど、とっくに僕が彼女恋愛的な意味で「好き」だとバレてると思っていて。

でも実際は彼女が考えているのは別のことで。互いの思ったこと、考えていることは恥ずかしがらずに伝えることになっていたから、これも伝えないわけにはいかなくて。

結局、朝4時に彼女通話をして、自分彼女好意を抱いていることは伝えた。でも、別に彼女恋人にしたいという希望は(当時は)薄くて、これまで通りに色々お話できたらいいな、と伝えた。

彼女の方は全く想定外だったようで、こっちは恥ずかしくてそれどころじゃなかったんだけど、伝えた瞬間フリーズしていたことを覚えている。「え? わたし?」的な。

このタイミングで、敬語が取れた(先輩だったからね)。向こうから提案だった。

敬語じゃなくなると、それだけで距離が縮まった気がして、嬉しかった。

 * * *

それから、色々あった。

はじめて、彼女を下の名前で呼んだ時。恥ずかしくて声は震えてたと思うし、彼女から下の名前で呼ばれるだけで嬉しさが心の底から溢れてきた。

「恋」と「愛」を定義して、ふたりの間にあるのはどっちだろうって話した時。少なくとも「愛」はぜったいあるって結論になって、「愛してる」と言うたびに、言われるたびに、心が震えた。幸せだった。

こんなのただのバカップルだねって、ふたりで笑った時。お付き合いしてないのにねって。お互い、そういう作品摂取するのも好きみたいで、夢みたいだねって言い合った。楽しかった。

そして、クリスマス

意図したわけではないけれど、一緒に晩ご飯を食べた。いつの間にか、手を繋いだり、頭を撫でたり、そういうことをする関係になっていた。

ふたりともめんどくさい人間なので、ふたり関係定義したくなった。間違っても、ただの先輩後輩の関係ではおおよそない。ふたり関係に、名前をつけたくなった。

色々あったんだけど、とにかく。

彼女と、正式に(?)、仮契約を結ぶことにした。お互いがお互いを、自らの恋人にする、そういう契約を。

 * * *

それからというもの(それ以前からだけど)、毎晩のように通話を繋いで、深夜に朝に、「大好き」と言い合う怠惰幸せ生活を送っている。

好きな人に「大好き」って言われるのは当然嬉しいし、「大好き」って言うのも心の奥がじーんとして、とってもしあわせなんだな、と。そんなことすら、知らなかった。

彼女は色々な方面での自己評価が高くない(スペックは高いのに……)。

から、僕が「かわいい」って褒めると、すぐに「かわいくない」って照れるし、その様子がまた最強にかわいい

「だいすき」って言うと、タイミングによっては1秒くらい固まったあとうぅ~って唸ってばたばたして、「不意打ちずるい」とか言ってくるのがめっちゃかわいくて、だからつい「かわいい」とか声が漏れるとまた悶えて「もうしらない……」とか言うの、最強すぎるでしょ。マジで愛してる。

通話じゃなくてリアルに会うと、お互いがお互いの頭を撫でるの好き過ぎるの。

彼女は僕が頭を撫でるととっても優しい幸せそうな顔になって目を閉じて、ほっぺまで手が降りてくるとそこに顔を擦り付けてくるのがほんとかわいい

僕は僕で、彼女が慈愛に満ちた目つきで僕を見て頭に手を置いてくれるだけで幸福感が溢れてきて、そこから髪の毛の流れに沿って彼女が手を動かすと幸せで溶けちゃいそうになる。

手をつなぐのもとってもいい。

体のどこかが触れ合ってるってだけで幸せを感じるし(オキシトシン~~)、手をつなぐのなら街角でやってても一応許されるし。

恋人繋ぎってのやったのはじめてだった。接触面積が多くて幸せ

まだ、抱きしめたことは数えるほどしかないんだけど、彼女がそばにいる実感が湧いてきて、これもとっても幸せ

もっとぎゅーってしたいし、してあげたい。

というか、全部が幸せ

あ、一応書き添えておきますとそれ以上のことはしてないです。それ以上は結婚してから。僕はロマンチストなので。

 # # #

「はじめて」に、特別感を覚えすぎているだけかもしれない。

これから人生で、いくらでも、とは言わないけれど、こういうことは何度か起こりうるのかもしれない。

それでも。

それでも、僕は。今、彼女に対して抱いているこの気持ちを、多少の変質はあるにしろ、消えることなく、ずっと持ち続けられたらいいな、と。

そう、願っている。

そう在れると、信じている。




だいすき。

2018-01-03

同じ場所に毎年旅行する人

私の友人に、夏休みは毎年ハワイという人がいる。私は二年前までいっぺんもハワイに行ったことがなかったので、一昨年一緒に連れて行ってもらった。はっきり行って手のかかるツアーメイトだったと思う。米ドルの小銭の区別がつかず、コンビニで小銭を払うとき彼女に財布からお金を出してもらい、お腹を下しやすいので、ウインドーショッピング最中でも「ごめん、トイレ行ってくる」と彼女の買い物をどれだけ中断させたことか。

まぁ趣味が一緒だったのと、二人だとオプショナルツアーやボリューミーな夕食をシェアできて便利だったので、私的には満足だった。ハワイ経験者なら行き飽きていそうなダイヤモンドヘッドもワイキキビーチも全部初めてだったし。想定外だったのは友人がやたらとお買い物大好きだったことで、しかもお友達からお土産の注文をとって頼まれものを買い集めるというミッションがあったことだ。おかげで初日ショッピングセンターめぐりが中心だった。噂通りどこの店にも日本語が話せる店員がいて、困っていると飛んできてくれたので不自由はなかった。けど、お買い物ばかりしていると日本銀座新宿渋谷をぶらぶらしているのとあまり変わらない気分になった。

先日も彼女ハワイ弾丸お買い物ツアーに行ったようだ。たぶんそれなりにお買い物は楽しんだと思うけど、一人は寂しかったらしい。私は旅行するなら毎年違う場所に行きたい派なので、ハワイでも別の島に行くなら一緒に行ってもいいと思う。だけどオアフ島でお買い物三昧だけだったらもういいやと思う。ハワイ自体日本人だらけで定番の旅先といえばそれまでだけど、案外湿度が低くてさっぱりしていて、海がキレイでいいところだ。だけどどうせ行くなら一昨年とは違う風景を見たいんだよな。

特に夏に旅するなら涼しい北の方に行きたい。彼女辞書に「行き先変更」という言葉があるなら、私は喜んで手を挙げるんだけどどうしよう?

2018-01-02

[] ペジる

お国からもらった予算微妙屁理屈をつけて本来用途に沿ったものであるように見せ、想定外のもの予算を使っちゃうこと。

122月に増えるらしいぞ。

2017-12-20

はあちゅうさんの件で、どうしてもモヤモヤするのでここに吐き出す。

最初に書いておくと、

セクハラパワハラについて、している人やしていた人が非難される

のは当たり前だと思う。

モヤモヤするのは、はあちゅうさんは、岸さんを利用しようとして

想定外外道だった岸さんに「利用料」として体や人脈やプライド諸々

差し出す事になった訳で。

勿論セクハラパワハラ問題だし、された事は事実のまま処されれば

いいのだけれど、なんと言うか真っ当に、ただ同じ職場にいたというだけで

性的関係強要されたり、単なるいじめのようなパワハラをされている

人たちと同じ視点で、はあちゅうさんを見る事が、どうしても出来ない。

適当なたとえかどうかは分からないのだけれど、

「車や電車と同じスピードで走ってみたいから、走っている車や電車に手を

掛けて指が飛ぶ」

ことと

普通に歩いていたら車に接触されて、指を切断する事になった」

ことの違いというか。

この場合は「早く走って見たい」ことに対してのアプローチの仕方が

根本的に間違っていて怪我をした訳で、正しい方法は書くまでもない。

彼女場合は「社内での扱いを(自分の望む形に)良くしてもらいたい」ことに

対して取った方法が「イケテル奴に気に入られる」という方法で、これが

目的に対して全然有効でなかったと。

長くなっちゃったんで端的に言うと、彼女の事を「被害者」というより

「結果は気の毒だけれど馬鹿な人」としてしか見る事ができない。

彼女が#metooなどの先頭に立つと、おかし偏見助長しないかとか

いらん心配をしてしまう。

2017-12-16

自分成功体験を押しつけるヤツ

某Q&Aサイト不動産投資について質問をしてみた。そんなにすごいお金あるわけじゃないけど、ある程度の貯金が頭金として用意できるし、今の仕事だとローン組みやすいから、比較的小さめで賃貸に出しやす物件が買えてそこから安定収入が手に入るならいいなと思ったのだ。

そうしたら一人だけ親切というか押しつけがましいというのか判断に悩むヤツが食いついてきて、私が一言コメントとかお礼とか書くたびに追加情報を書いてくる。書いてあることを信じるならば、確かにその人は不動産投資でかなり成功していて、その上がりで自宅のローンまで片付けて、収入が減ったタイミング投資物件をわりといい値段で売っ払ったらしい。

だけどね、その人は不動産投資始めたとき結構高収入だったみたいで、ベイサイドの新築タワーマンション投資用に買っていて、自宅もそんな感じでもっと高いのを買ったらしいから、そもそもの財力が違うんだよ。確かにタワーマンションって狭い土地に沢山の部屋を作れるわけだから、同じ立地なら安くつくのかもしれないが、個人的には住みたくない。停電したらエレベーター止まっちゃうから高層階まで歩いて登るのかとか同じく停電したとき水道使えないじゃんどうするのとか突っ込みどころがいろいろある。私が住んでいるような低層マンションでも停電したら水道が来ないのは一緒なんだけど、地上に降りたりミネラルウォーター買いに走ったりとかい対応が気軽にできる気がする。

ま、タワーマンション投資用だけにするにしても、その人がお勧めしてくる物件はかなりピカピカで高額なのだ。私が自分の家の値段まで書いたので、「こいつは俺ほどカネがないらしい」ということには気付いたらしく、本人が買ったものよりは若干お値段控えめだけど、「自分マンションを売って頭金の足しにしろ」とか言ってくる。私はどこに住めばいいんじゃいと思ったけど、売った金のうちある程度はその売った家を借りる家賃として手元にとっておき、それ以外のお金運用に回せというのだ。確かにローンを増やすよりは頭金を増やした方がリスクが少ないかもしれないけど、投資物件の選び方を間違えて、あまり賃料が入ってこなかったり空室になったりするとすぐに積んでしまうように思う。

この人は自分成功たから自信があって人にも教えたいんだろうけど、私はいろんな物件を扱ったことのある人から話を聞きたいのだ。ひたすら「タワーマンションを買え」「自分の家は売ってしまえ」って言われても他の選択肢はないのかと。自分は今の家を売ることなく住み続けながら、あまり無理しなくて買えるレベルの家を買って働かなくても家賃が入ってくる生活がしたかったのだ。「あなたがが考えてる金額じゃろくな物件買えないよ」「たいした賃料取れないよ」「空室になったらどうするの?」ぐらいの突っ込みは予想していたけど、「自分の住んでいる家を売れ」は想定外だった。

やっぱりネットのQ&Aで、自分年収や家の立地や間取りを伏せたまま正解をもらおうというのが無理なんだな。ちょっとこの件は寝かせておいて、「やっぱりやりたい」と思ったら今度はちゃんと不動産屋さんに相談しようと思った。

anond:20171216164032

よほどの単純労働じゃないと7割は想定外おかしなことすると思う

2017-12-15

定義づけとか表現する用語ができて助かったと思う言葉たち

そもそもタイトルから分かりにくくて申し訳ない。けどね、自分中高生ぐらいのときから何となく違和感を覚えていて、「自分は他の人と違うんじゃないか」と不安になっていたことがきちんと言語化されたり、定義づけされたり、原因究明されて「そういうことか!」と腑に落ちたことがいっぱいあるのでそれを書きたかった。

具体例を挙げると「空気読めない」「コミュ障」「発達障害アスペルガー症候群(この二つを一緒にしていいのか分からないけど)」あたりが一番私を救ってくれた。人付き合いが基本的に苦手で、皆が暗黙の了解としていることが理解できず、「どうしたの?なんで?」と聞きまくっても答えてもらえなかったり、会話のキャッチボールが上手くできなくて飲み会とかで会話がはずまなかったり、ちょっと自分からしかければ仲良くなれるかも知れない人にうまく声をかけられなかったり…というさまざまな現象が「空気読めない」「コミュ障」という言葉でくくって説明できる。そして世の中に自分と同じような人種がいっぱいいて、コミュニケーション下手ゆえに苦しんでいるということに救いを感じる。

あと、私は不器用で、仕事でも家事でも複数のことを同時進行でやれない。例えば仕事で一つのことに取り掛かろうとしているのに途中で電話がかかってきて、「そっちの用件も速攻でやれ」とか言われるとパニックを起こす。元々締切のある仕事でもぎりぎりにならないと取り掛からないタイプなので、そこに想定外仕事が割り込んで来たりするともう大変。しか自分のペースで仕事を進めたいので、自分が「こういう順番でやろうかな」と思っているもの上司かに「○○をすぐやれ!」とか言われてペースを崩されると相手を殺してやりたくなる。あと、部屋や書類の片付けも苦手。絶対に捨ててはいけないものとかなくしたらやばいものは早めにファイリングするようにしているんだけど、途中段階の半端な代物をその辺にほったらかすのでカオス状態になってしまう。

ぎりぎりにならないと仕事かに取り掛かれないのは、単にスケジュール管理能力が低いだけかも知れないけど、複数のものを同時進行できないことに対して、「それは能力不足じゃなくて一種病気なんだよ」と言ってもらえたらどれだけ救われることか。正直どこかの医者に「この人は発達障害から仕事を早くやれとせっついたり、同時に何種類もの仕事やらせないようにしてください」という診断書を書いてほしいぐらい。「仕事休みいから「この人はうつ病です」という診断書が欲しい」というのと同じ発想だとは思うけど、出世とか上司評価とかどうでもいいか自分のペースで最低限の仕事だけやっていきたい自分にとっては切実な願いだ。ま、こういう輩が増えるから特に心身に問題のない健康な人」の負担が増えるんだとは思うけど。

2017-12-09

ネット否定意見を言う難しさ

どっかの有名人コラムなんかを読んで「そりゃねぇよ」と思ってツイートしたとする。

これは単に自分がそう思ったというだけで別にそのコラムを叩き潰したいというわけではないのに想定外大炎上を起こしてコラム筆者が叩かれまくるなんてことが起きる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん