「警官」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 警官とは

2018-11-20

歩行者信号無視しても自転車歩道を走っても

大多数は起訴されないし警官に見つかっても口頭注意くらいで済むんだが、それは犯罪に当たらないということは意味しないし訴訟リスクゼロだということも意味しないんだなあ。大多数の普通の人はたしかセクハラ告発されないが、それは周囲の女性の胸先三寸で「執行猶予」されているだけで、その女性たちがその気になればいつでも告発可能だし社会的生命抹殺できる。それは刑法的な意味犯罪に当たろうが当たるまいが、そうなんだよ。そういう脅迫的な環境で生きるのはストレスが掛かるんで、女性との接点を最小化したいっていう考えに共感が集まってるわけ。

anond:20181120182710

ブラックリストホワイトリストがない」という俺に対してお前がドヤ顔で出してきたんだろうが。

で、お前は犯罪者認定されないために事あるごとに警官裁判所に問い合わせるのが?そんな状態は異常だと思わないのか?

2018-11-19

刑事裁判官とかい人間のクズ

 既に自分が決めているわけではなく、そこら辺の低能警官適当に作った調書、

クソみたいに使命感のない検事検察庁ビルのどこぞの部屋で適当に作った調書に

共感して怒張し、これを前提に法廷に連れてこられた被告人の様子を見て、適当

判決を書いているだけ

単に怒って判決みたいなものを量産し、仕事してるふりする以外に人生の目的がないし

要は判決を書くだけの怒りさえあればいいくらいに思ってるから被告が実際に何をしただの

どんな人かだのは、見ていない

腐り果てている上に終わっている

anond:20181119102953

平日日中学生服着て歩いている方が目をつけられる気が

呼び止められても試験言えば良いだけだし、私服学校だったらどうするんだろう?

そりゃ警官の中には平日日中私服高校学生試験と言っても信じずに学校に問い合わせする馬鹿いるかも知れないけど

結局制服ってジジババの自己満でしょ?儂らの昔は国民服~的な。あと無くなると困る地域の服屋の稼ぎ頭。そもそも成長期の子供に高い服買わせるなよ

2018-11-18

anond:20181118220649

あのさー、自虐史観にも限度があるんだよ

韓国中国同様に、今でも日本人を、KKKとか、福音派とか、共和党寄りとか、田舎では黄色い猿扱いしてる輩がいるわけだよ

実際、米国行ったとき都市部でもそういう偏見のある奴に遭遇した

俺は何言ってるか聞き取れなくて、英語できる奴が無視しろ、と言ったので、無視して歩いて、しばらく歩いて、そういう理由を聞かされた

偏見あるんだなと思ったし、黒人への偏見だって残ってる

ニュースで頻繁に白人警官無抵抗黒人を撃った事件流れる

無抵抗でも肌の色が怖いから壁を作ったり武装した、というマイケルムーアのあのアニメは正しい

彼のドキュメンタリーは間違いもあるが、あのアニメパートは正しい

公務員はクソなことやってるなと思ってるけど警察呼ばれたらピストル持ってる者は怖くて近寄れないか

 かわりに生活保護者など国家の味方で近寄っても損をしない相手を狙って自分鬱憤を晴らしてるだけ。

社会常識がないから素で言われても理解しないけど、横に警察官がいるときだけ、怖いから従い、

次の日になったら、もう警官がいないから、平気で悪事を始める。

そういう日本人しか東京はいない。

ニガさん女子中学生に私の国に飛びましょうと声かけ

やっぱりニガってダメだな

白人警官でも読んでこないと日本大変なことになるぞ

2018-11-17

https://anond.hatelabo.jp/20181117160701

行を使い切ってしまった。

その他有望そうな作品


メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー賞作品賞さらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全の体制を敷いた。

あらすじ的には『プーさん大人になった僕』みたいな「少年時代から数十年後……」なやつで正直芸がないなという感想だが、やはり布陣の豪華さで眼を惹いているのか、各種オスカー予想サイトでも好位置につけている。


On The Basis Of Sex(ミミ・レダ監督

リベラル派の英雄ルースベイダーギンズバーグ最高裁判事の伝記映画

正直、作品としての評価はそこそこ止まりなのだが、題材のタイムリーさで群を抜いている。

ここ一二年の受賞傾向から読み取られるように、オスカー政治の場でもあるので、政権へのメッセージとして名誉枠的にどこかしらの部門ノミネートを受ける可能性はある。


バスターバラードコーエン兄弟監督

アカデミー賞常連コーエン兄弟の最新作。元はネトフリのドラマ用に書いた6つの短篇をむりやり一本の映画にまとめたオムニバス西部劇

ヴェネツィアでは好評を得て脚本賞を受賞したものの、ネトフリ映画オスカーでは弱い。ROMAとは違って長編でないことも致命的。

脚本賞ノミネートされるかどうか、というところか。

ちなみに日本のネトフリではもう見られるようになっとるぞい。観よう。


クレイジーリッチジョン・M・チュウ監督

オールアジア系キャストボックスオフィス第一位におどりでてハリウッドに衝撃を与えた金持ちラブコメ

多様性という観点でいけば黒人映画LGBTより恵まれていないアジア系英語映画も推されてしかるべきだと思うが、「内容的にはありきたりのロマコメなんで」と言い訳されて回避されそう。

去年の『ビック・シック』のクオリティでさえ作品からは外れたしな。


The Hate U Give(ジョージティルマン Jr. 監督

ヤングアダルト向け小説原作ながら人種差別に関しての深い洞察話題を読んだ伏兵作品

裕福な白人の子弟が通う高校自分も「白人的な振る舞い」をしながら友達付き合いをしている黒人少女主人公彼女は幼馴染の少年警官から理不尽に射殺される場面に出くわしたこときっかけで、自分の置かれた状況と社会に対して疑問をいだき始める。

ちなみにタイトル引用元はトゥーパックだとか。


Leave No Traceデブラ・グラニ監督

批評集計サイト RotttenTomatoes.com で195名の批評家が軒並みポジティブスコアを与えて支持率100パーセントを記録した作品。去年の『レディ・バード』を彷彿とさせますね。

PTSDを抱えるイラク帰還兵の男が幼い娘と森の奥で世捨て人のような生活をしていたら案の定福祉局に見つかり、真人間として暮らすように強制されるとかなんとかで始まるヒューマンドラマ

こういう「ロトゥン・トマト・パーフェクト」なインディー映画は『レディ・バード』みたいに配給によほどに力がないかぎりは作品ノミネートまでこぎつけられないが、一方で最近オスカーインディー作品に対して温かいのも事実

監督は『ウィンターズ・ボーン』でそれこそインディー予算映画作品賞にねじこんだ経験があるだけに、ありえない線ではない。

今年のアカデミー賞作品賞にひっかかりそうな映画たち

自分ブログにでも書こうかなと思ったけど、だいたい https://www.metacritic.com/pictures/oscar-best-picture-contenders-for-2019?ref=hp からパクリだしそんなに力いれて調べてないので増田に放流します。

本命は『スター誕生』、『BlacKkKlansman』、『グリーンブック』あたりか。ノミネーションだけなら『ファースト・マン』や『女王陛下のお気に入り』も。


BlacKkKlansmanスパイク・リー監督

今年のカンヌで『万引き家族』の次点グランプリを獲得した、黒人映画永遠トップランナーの最新作。

黒人なのにKKKにもぐりこんでしまった潜入捜査官の実話を描く。

スパイク・リー監督作のなかでは『ドゥ・ザ・ライトシング』や『マルコムX』をも凌ぐ評価を獲得している(そして興行的にもここ十年で自己最高)。

公開時期が夏季であることと、ややコメディよりのタッチノミネーションに不利に働くかもしれないが、トランプ政権下において「ブラックリブス・マター」運動はまだまだ意気軒昂。「黒人映画」枠競争を勝ち抜くポテンシャルは十分だ。


ブラックパンサー(ライアン・クーグラー監督

解説不要だろう。今年米国内で最高興収をあげた作品にして、マーベル映画史上でも最も支持された傑作ヒーロー映画

アメリカ国内外黒人問題歴史的視点にめくばせしてオスカー好みの社会性もばっちり備えているものの、やはり「アメコミ映画」のレッテルがネック。

まだまだ白人男性・おじいちゃん大勢を占めるオスカー会員にあっては弱い。ギリギリノミネーションがあるかどうか、といったポジションだろう。

余談だが一時期新設されそうだった「ポピュラー映画賞」部門ブラックパンサーを受賞させるために作られるのだという噂だった。裏返せば、作品賞本選に選ばれる格ではない、と会員からみなされているのだろう。


Can You Ever Forgive Me?(マリエルヘラ監督

落ち目ライター有名人手紙文章捏造して高値で売る詐欺に手を出し、それが嵩じて博物館から実物を盗みだそうと企む実録犯罪コメディ

日本ではあまり知られていないけれど主演のメリッサ・マッカーシーアメリカで今いちばんアツいコメディアンのひとり。

夫のポール・フェイグと組んで『ブライズメイズ』、『SPY』、『ゴーストバスターズ(リメイク版)』などの陽性の笑いでヒット作を飛ばしてきた。

そんなマッカーシーが一転してシリアスブラックコメディに挑戦し、見事大成功。本年度の主演女優賞ノミネートが確実されている。

演出したヘラ監督の手腕も高く評価されており、初の監督ノミネート、さらには作品賞も夢ではない。


Eighth Grade(ボー・バーナム監督

インディーからまれた今年最大のダークホース

とある気難しい現代っ子少女中学生最後の一週間を描いた青春コメディ

中学生版『レディ・バード』にもたとえられる(中二病的な意味で)痛々しくも切ない、みずみずしくもどんよりとしたフレッシュローティーンライフ描写が広範な支持を集めている。

監督は若干28歳のコメディアンで、なんとユーチューバー出身アメリカ映画界における新世代の台頭を予感させる一本。すでに数多くの映画祭や映画賞にピックアップされている

オスカーコメディ敬遠する一方で、サプライズ的なインディー作品を好む傾向にあるが、はたしてこの作品の出目は吉とでるか凶と出るか。最悪でも脚本賞ノミネートは固いか


女王陛下のお気に入りヨルゴス・ランティモス監督

ロブスター』、『聖なる鹿殺し』と強烈かつキテレツ作風で知られるランティモス監督最新作にして初の時代劇

アン女王を演じるオリヴィア・コールマンを巡る二人の家臣(レイチェル・ワイツとエマ・ストーン)のバトルを描く百合時代劇……たぶん百合だとおもう。

すでに巨匠地位確立したランティモス監督過去作のなかでも群を抜いて評価が高く、今年のベネツィア国際映画祭でも第二位にあたる審査員賞を勝ち取った。オスカー前哨戦となる各種賞レースももちろん名前を連ねている。

今年の本命作のひとつとも目されるが、ランティモス特有変態さ加減が(今回は脚本までは書いてないとはいえ)どこまでお上品なオスカー会員たちに受け入れられるか……。


ファースト・マンデイミアン・チャゼル監督

ラ・ラ・ランド』で幻の作品賞受賞というなんともかわいそうな結果に終わった(それでも本人は史上最年少で監督賞を獲っているが)デイミアン・チャゼルライアン・ゴズリング

そんな彼らのリベンジマッチが実録宇宙開発物語ファースト・マン』だ。人類で初めて月面に降り立ったニール・アームストロング船長スポットライトを当て、彼の視点からドラマを描く。

企画段階から作品ノミネートは当然、という空気のなかでプレッシャーを跳ねのけて見事高評価を集めた。ノミネーションはほぼ確実といっていいのではないだろうか。反面、今度こそ受賞なるかというと、今ひとつパンチがきいてないようで不安が残る。


グリーン・ブック(ピーター・ファレリー監督

オスカー前哨戦の最も重要とされるトロント国際映画祭で観客賞に輝いた作品。ここ十年で同賞を得た作品オスカー本選にノミネートされなかった例はたった一回しかないのだ。

黒人差別が法的に是認されていた時代アメリカで、自分ちょっとレイシスト入っている用心棒白人男が南部コンサートを開きに来た黒人ピアニストを送迎する仕事を命じられる。最初は「黒人のくせに上等なスーツを着てお上品にピアノなんぞひきやがって……」と反感を抱く用心棒だったが、行く先々で差別待遇を受けるピアニストに対してだんだんシンパシーが湧いてきて……という内容。

ほろ苦くもユーモアメッセージ性に満ちた内容はまさしくオスカー好み。「分断されたアメリカ」というテーマタイムリーさもある。ちなみに監督は『メリーに首ったけ』などのロマコメで知られるファレリー兄弟の兄。このところは過去のヒットコメディリメイクなどで仕事に恵まれなかったが、もともと潜在的に持っていた社会派なセンスが一挙に花開いた。


If Beale Street Could Talkバリージェンキンス監督

ムーンライト』で一昨年の作品賞を獲得したジェンキンスの最新長編。今度こそはチャゼルにかっさらわれた監督賞もいただいて完全制覇を目論む。

原作は今年日本でもドキュメンタリー映画私はあなたのニグロではない』が公開された、黒人小説家ジェームズボールドウィンによる短篇濡れ衣をきせられて収監された夫を助け出すために奮闘する若き妊婦お話

テーマ重厚さも話題性も十分だが、公開が当初予定していた11月から12月にのたことが若干きがかり。クリスマス狙いのブロックバスター大作のなかで埋もれてしまう恐れがある。


Mary Queen of Scots(ジョージィ・ルーク監督

互いにイングランド王位をかけてあらそったスコットランド女王メアリーイングランド女王エリザベス一世を、それぞれシアーシャ・ローナンマーゴット・ロビーという旬な女優が演じる。

脚本担当したのは『ハウス・オブ・カード』や『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』などの現代政治劇の名手、ボー・ウィリモン。

いずれもオスカーノミネーション歴を有した名前ぞろいでクオリティ保証されている。同じくイギリス舞台にした時代劇である女王陛下のお気に入り』がライバルか。


ROMA(アルフォンソ・キュアロン監督

世界的に見れば今年最も評価の高い映画といっても過言ではない。ベネツィア国際映画祭の最高賞。

1970年メキシコ・シティで家政婦として働く女性とその一家ドラマモノクロで撮る。

評価の高さと『ゼロ・グラビティ』でオスカーを獲ったキュアロン知名度があれば当然作品賞も……となりそうなものだが、障害は多い。

まずスペイン語映画であること。長いオスカー歴史のなかでこれまで十作品外国語映画作品賞にノミネートされてきたが、受賞にいたったものは一つとしてない。

次に Netflix 映画であること。カンヌみたいに公に締め出すことはしないにしても、アカデミー会員のなかでも動画配信サービス勢に対する反感は根強い。一昨年の『最後の追跡』やドキュメンタリー作品例外として、『ビースト・オブ・ノー・ネーション』『マッドバウンド』といった作品たちもその年最高クラスの称賛を受けながらもオスカーノミネートには至らなかった。

いちおうネトフリも『ROMA』については配信に先駆けて劇場公開を行うなどの「オスカー対策」をやっているが、はたしてどうなることやら。

ちなみに Netflix でも来月に配信される。驚くべき時代になったものだ。


アリ― スター誕生ブラッドリー・クーパー監督

ショービズ映画古典リメイク。この八十年で三回目の映画化です。

本年度大本命に数えられる一本。批評家・観客からの圧倒的な支持率もさることながら、商業面でも大ヒット(現時点で世界興収三億ドル突破)を飛ばした。主演のブラッドリー・クーパーレディ・ガガの演技もさることながら、これがイーストウッド降板を受けての初監督となったブラッドリー・クーパー演出にも嬉しい驚きが満ちているとかなんとか。

監督役者脚本、成績と四方に隙のない完璧映画に見える。

だが、一昨年の『ラ・ラ・ランド』、昨年の『スリー・ビルボード』と「早すぎる大本命」はかならずバックラッシュに晒されるのがオスカーという場。12月以降に猛然と差してくるであろう後続期待作たちを振り切れるかどうか。


Widows(スティーブ・マックイーン監督

2013年アカデミー作品賞を獲得した『それでも夜はあける』のスティーブ・マックイーン最新作。オスカー獲得後の第一作でもある。

シカゴでヘマをやらかして死んでしまった強盗たちの四人の未亡人ヴィオラ・デイヴィスエリザベス・デビッキミシェル・ロドリゲスシンシア・エリヴォ)が亡夫の後を継ぎ女だけの強盗団を結成するちょっと変わった犯罪映画

マックイーンとヴィオラ・デイヴィスというアカデミー賞受賞コンビ鉄板の出来。

そのパワーでジャンルムービーを嫌うオスカーノミネーションを勝ち取れるかが見どころだ。


Boy Erased(ジョエル・エドガートン監督

厳格なキリスト教である両親のもとで育ったゲイ少年ルーカス・ヘッジス)が教会同性愛矯正プログラム(いわゆるコンバージョンセラピー)に放り込まれセラピストとバトルする青春ドラマ

近年では『ダラスバイヤーズ・クラブ』のジャレド・レトがそうだったように、LGBTもの俳優にとってオスカー像への近道だ(スカーレット・ヨハンソンみたいに非LGBT俳優LGBTの役を演じることに倫理的非難が高まりつつあるにしても)。

批評家から評価的には作品賞には届かないかもしれないが、演技賞ではノミネートが有望視されている。

トランプ政権下でLGBTに対する抑圧が増しつつあるだけに、時事性も捉えているかもしれない。


Vice(アダム・マッケイ監督

GWブッシュ政権下で「史上最悪の副大統領」とも呼ばれたディック・チェイニー副大統領クリスチャン・ベール激太り(何度目だ)+ハゲという負の肉体改造で演じたブラックコメディ政治劇。

他にも妻リン・チェイニー役にエイミー・アダムスラムズフェルド国防長官役にスティーヴ・カレルGWブッシュ役にサム・ロックウェルなどアカデミー賞級の芸達者がずらりと並んでいる。

題材としてはなかなかトリッキーだがマッケイ監督の前作『マネーショート』がそうだったように、ツボにはまれば一挙にアカデミーノミネートまで行ける。

同じく政治ネタでライバルだった『フロントランナー』(ジェイソン・ライトマン監督)の評判がいまひとつ芳しくないのも本作にとっては好材料


The Old Man and the Gun Now(デイヴィッド・ロウリー監督

名優にして名監督ロバート・レッドフォード引退作。15才で逮捕されたときから人生を通じて強盗を繰り返してきた70才の犯罪者(レッドフォード)と彼を追う刑事ケイシー・アフレック)、そして彼に惹かれていく女性シシー・スペイセク)を描く実話犯罪コメディ

作品ノミネートは微妙なところだが、レッドフォードはまず間違いなく主演男優賞候補入りするだろう。

ちなみにデイヴィッド・ロウリーの前作であるゴースト・ラブストーリー『A GHOST STORY』は今日から封切り。観に行け。

一方で、実話犯罪・老人・名監督にして名俳優共通する要素の多い作品としてクリント・イーストウッド監督の『The Mule』にも注目しておきたい。こちらは80才の麻薬の運び屋をイーストウッドが演じる。映画祭などでもまだ未公開なため、どう転ぶかはまだわからないが、近年のイーストウッド作品に対するアメリカ人の冷め方からすると賞レース的な意味での期待はあまりできなさそう。



その他有望そうな作品

メリー・ポピンズ リターンズロブ・マーシャル監督

シカゴ』でアカデミー作品賞をさらったミュージカルの名手ロブ・マーシャルディズニー伝説的名作の続編を制作

エミリー・ブラントベン・ウィショーこりん・ファース、ジュリー・ウォルターズといった英国の名優たちでがっちり固めつつ、リン=マニュエル・ミランダメリル・ストリープといったミュージカル定評のある俳優陣をフィーチャーし、万全のこのエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2018-11-16

腐乱死体化して、暴力がむき出しになっている凄まじく醜い警察組織

 精神死滅してるから既に警察裁判所意思の連絡がないし

裁判官先生として死んでいるし、部下を従わせる気力もない、

部下が判決書に従ってなくても何も思ってない、その辺の警官判例趣旨

分かっていないか市民がそれを言っても脳が勃起しない、滅茶苦茶なことを言うだけ

警察ではっきり機能してるのはむき出しの暴力だけ、少なくてもほとんどの捜査官は

正論では勃起しないし、そのとおりにしない、実態は、市民正論を言っても従っておらず

滅茶苦茶言って、挙句は、バリバリ機能してる暴力で好き勝手やってる

醜悪にも程がある。もはやこんな腐れ果てたチンポマンコの集合体に何の価値があろうか。

もはや国家はあるように見えるだけで、存在してない、する気もない、自分のことしか

考えていないし、偽者しかない、組織としては、凄まじく醜い。

2018-11-14

anond:20181114104835

暴れている人がいて警官を呼んでも、遠巻きに投降を呼びかけるだけでまったく抑止力になってくれない世界の方が好き?

2018-11-13

anond:20181112204403

駐輪のシステムなんとかするしか解決策ないけど、それはそれとして警官対応悪質すぎるな

撤去されたのわかってて待てば出るかもって言うのかよ

anond:20181113023722

この警官はなにを指しているのだろうか...

頭脳があって暴力もあるタイプ警察官若者に99.99%認識されてきていない

 警察と言えば暴力以外の認識がないし、今の若者で、警察署に頭もあって暴力もある

警察官がいると思ってる人はいないと思った方がいい。もしくは、頭もあって暴力もある

警官自体が死んでるかどっちか。そもそも今の若者は、頭も力もある警察官が存在してる

こと自体、信じてない。だから、そういう警官が出てくるとびっくりする。っていうか

そもそもそんな警官がいるのが信じられない。若い人は誰も信じられないはず。警察と言えば

ものすごく悪くて暴力しかない、脳ミソはない、が、若者共通認識から

2018-11-12

京都市自転車撤去理不尽な話

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/jss/n/na102e3abebcf

https://anond.hatelabo.jp/20181112183902

これ見て思い出しただけどさ、こないだ撤去されたのよ。自転車

俺悪くないんだけどさ。

いや、分かるよ。普通自転車撤去されるやつが悪い。でも、今回まじで俺は悪くなかったのよ。

ちゃんと停めてたもん。

有料駐輪場。3時間100円、最初の30分は無料。お得だね。

街中の駐輪場はわりと満車なことが多いんだけど、その日は運良く停められた。

なのに、用事済ませて戻ってきたらないのよ。

俺の白のクロスバイク、21番に停めてたんだけどさ、見たことない黒のシティサイクルに変わってんの。

うーわ、まじかよって。ASAHIで買った29800円の入門用クロスバイクだよ?

いや、コスパは良いけど、わざわざ盗むほどのもんじゃねーだろって。

仕方ないから、その足で街中の交番いってチャリまれましたーって。

どこどこの駐輪場に置いてたんですけど、なくなってましたーって。

そしたら、何か警官が歯切れが悪いのよ。

「もうちょっと探してみた方が」とか。

「あとから出てくるかもしれませんし」とか。

いや、盗難届受け取ってくれなきゃ出てくるわけねーじゃん。とか思いながらちょっと聞いてみたら、

撤去された可能性が高い」と。

要は、

【1】俺が自転車を置く

【2】第三者が俺の自転車を出して、自分自転車を置く

【3】放置された俺の自転車業者撤去

この流れだと。

まじかよ。30分無料のお得な感じがアダになってんじゃん。

で、実際その通りだったのよ。

何日かしてから自転車撤去のお知らせが届いて、自転車受け取りにいって、一応弁明してみたんだけど、

「その話、よく仰るんですけど、私らではどうすることも出来ません」みたいな。

そりゃそうよね。こっちも証明できないし、そっちは基準通りに撤去しただけだしね。

で、当たり前だけど、罰金も払うのよ。2300円。

一応、盗難届けも出してたんだけど「盗難届けの受理日」と「撤去日」が同じだと免除されないのよね。

そりゃそうだ。

そういう仕様にしとかないと、撤去された奴みんなが盗難届け出すことになる。

でも、それじゃマナーを守らず、人のチャリ勝手に出すやつの1人勝ちじゃん。

から警官とか、保管場所おっちゃんに聞いてみたのよ。

「今回の件、どうすれば良かったんですかね?」って。



警官「どうしようもないですよねーwww

おっちゃん「どうしようもないですよねーwww


以上、京都市自転車事情はこんな感じです。

駐輪場が増えると嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします。

2018-11-06

anond:20181106230458

なんでも法律違反なら射殺、著作権法違反でも射殺ってなったら笑う

学祭ホットドッグの店を出す時、サークルの子が立て看板イラスト描いてて、アナ雪のキャラが完成した瞬間に大学自治無視して近所の警官がその子を射殺

世紀末だけど、思わず苦笑が漏れる秋

2018-11-05

から子供を取り上げろとか言ってる人って多分相当な非リアだろうに

非リア的には24時間学校人間関係が続いてるってだけでも地獄っぽいし、もしも自分達を担当する大人いじめっ子系統なら

https://www.keikubi.com/entry/2018/10/28/175934

この警官やめた人みたいにまさにこの世の地獄になりそうなのに何でやりたがるんだろう。

洗脳の難しい大人になってから親とかセーフティネットがあってもこれだから、それらとっぱらったら本当に酷いだろうに。

なんかよくなると思ってるのかな。

刃牙道の武蔵

タイマン真剣の殺し合いとかやらなくて良かったんだよな

既存キャラしまくって多対一、「倒されねぇけど倒せねぇ……」とか「真剣ならおめえら死んでたよ♡」とか煽っといて

刃牙にも同じこと挑戦させて、その後にタイマン云々やればよかった。警官かいらなかった

以上 ぼくのかんがえたさいきょ(以下略

2018-11-04

過疎地産業祭警察官がたくさんいた

元々の人口が少ないせいなのか入場者の1割が警察官じゃないかってくらいだった。

周辺の田舎道は常に車両巡回してて物々しい感じ。

偉い人が来てるわけでもない。凶悪事件が多発する場所でもない。

去年はこんなんだったかな。

なんだろう、治安が悪いところに行きたくはないが警官がいっぱいいるころにもなんか行きたくない

悪いことしてるわけでもないのに祭りという気分にならない。

高齢化がすすむ過疎地には年に1度の書き入れ時のはずなのに大ダメージにならないのだろうか。

それともみんなは気にならないのかな。

2018-11-01

anond:20181101112802

警官犯罪に警戒をしないのに、より少ないロリコンオタクかどうか不明)の犯罪にはオタク必要以上に警戒する」のは

オタク偏見先入観を持ってる」以上の何物でもないだろうが。

今は別に、世の中で怒ってる犯罪について話してるわけではない。

あくまでも子供がいる親が、幼い子供に対して起こる犯罪に警戒するかしないかの話。

からお前の話は極論だって言ってんの。そもそも論点が違う。

ロリコンによる犯罪報道を見た、子持ちの家の隣に

女の子萌えイラストが描いてある、ポスター抱き枕、車を所持してる男がいたら

警戒されるの仕方ないですよね?って話。

他人偏見を元に評価する、それは仕方なくないしいけないことです。

てか、このたとえ話の意図も分からない程度の奴に頭いいとか悪いとかわかるとは思えんわ

偏見評価をしていいとも評価をしているとも言っていない。

自分妄想混同して話すな。

というか下でも引用しているが

お前の勝手定義なんかエスパーでもなきゃわかるわけねーだろ

って言ってるけど、こんなこと言ったら

他人偏見を元に評価する、それは仕方なくないしいけないことです。

これもお前の中での勝手定義だろ。

他人が誰を警戒しようが自由だし、首突っ込んで「おかしい」といわれる筋合いもないな。

お前の勝手定義押し付けるな。

お前の勝手定義なんかエスパーでもなきゃわかるわけねーだろ

オタクロリコンではないし、オタクでないロリコンもいる。そんなことも考慮せず語ってるって...

考慮も何も流れを見ろ。あくまオタクにそういった傾向があるとか

萌豚って表現しているものもいるが、ロリコン趣味をもったオタクについて話してる。

途中教師とか塾講師とかも出てきてるけど、そんなこと言ったら全てに当てはまるだろ

でもお前くらいだぞ、そんな細かいことでチクチク言ってるの。

みんな「オタク」と書いてあっても

オタクロリコン趣味オタク」って理解してるからな。

anond:20181101113807

何で「親や教師警官ロリコンじゃない」と思ってるの?

親や教師警官児童性犯罪者普通にロリコンだろ。

で、親や教師警官ロリコンがなぜオタクを警戒することにつながるんですかね?

ま、実際にはロリコンでもない奴が小児性犯罪を犯すケースが多いらしいが

anond:20181101113652

何で「親や教師警官ロリコンじゃない」と思ってるの?

親や教師警官児童性犯罪者普通にロリコンだろ。

んでただのロリコンよりはそれらの方が犯行のチャンスが多いし報道されやすい、ってだけ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん