「儀式」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 儀式とは

2019-04-23

SADを思い返す

から怒られることに対して、私は「怒られると安心する」という共依存的な感情を抱いていた。私が怒られてしょんぼりしているのを見れば、母親は『安心』するのだ、そして私も母が安心してくれたことに対して『安心』するのだ、そういうものだ、母が怒るのは私の言動を正すことが目的ではなく、お互いがお互いを貶めあって、被害者同士になることを目指すための儀式のようなものだ。これが長い間、私と母との関係性だった。

私と母の関係性は、敵意を持ち、相手を傷つけるという感情や行動とは遠くかけ離れたものでありながら、お互いがお互いが損ないあうことにより保たれていた。毎日うんざりしすぎてうんざりしなくなる程度に繰り返される儀式めいたコミュニケーションだった。母は驚くべき執着心と体力、精神力をもって加害者をこねくり回して嫌味を言い続け、「おまえは私の言うとおりにすべき存在である」というしくみを行動レベルから浸透させ、被害者加害者関係性を強化し続けた。

そういう状況であったから、私は何も考えないでいることが許され、私もそれに甘んじた。自分の行動のものさしは「母に決めてもらえばよかった」。自分が着るものも、ぬぐものも、髪の毛の形もあいつの内容も、左右どちらの足を先に上げて歩き始めるかも全て「パターン学習」すれば良かったのだ。私は自分のものさしを放棄して親に自分の根幹となる主体性差し出し、従順な態度を取り続けた。

一方で、親は私が主体的で明朗快活な人間になるべきだと考えていたし、私が何かを自分で考え、動き、生み出すことができるような人間になることを願っていた。矛盾、という一言で片付けるには語弊がありすぎるほど、そこらじゅうに爆弾が埋まっていた。

反面、私は何を言われても自分判断を母に渡すべきではなかったと思う。私が母に甘えて自分判断を渡すことを、自分に対して許してしまたことが、SADになった大きな要因のひとつだ。

自分で何かを決定せず、他人にすべてを任せておこぼれの結果を期待するというスタンスは、他人と接しているという点でコミュニケーションをしているに見えるが、実際には完全に他人と断絶している。コミュニケーションの基本は等価交換であり、貰ったもの等価の何かを返還できない場合に、尊敬恩情、遠慮などが生じる。ただし、自分意思という荷物を持っていない者は、価値を計ることができないので、他人から何かを貰っても適切な対価を返還することができない。よって、他人の思いやりようがないし、気遣うこともできない。相手としても、自分で何かを持っていない人間に対して、適切な手助けやアドバイスすることができない。よって、誰かに依存しがちな人間他人とのコミュニケーションを断絶し、独りよがり世界にこもるようになり、孤立する。口を動かして何かしゃべっていても、相手には何も伝わらない。考えることをやめるということは、人とのコミュニケーションをやめるということだ。私の場合精神的に引きこもった時点でSADの元となる「他人とのコミュニケーションを苦手として断絶するが、他人から評価自分への報酬とし拠りどころとする性質」の下地はできていた。

弊社のCMMIがクソofクソでもうタヒにたい

○○レビューだの○○審査だの、品質管理担当の何にも中身わかってない連中に適当書類見せて「ふーん、おっけー」って言ってもらうだけの儀式

品質は一切変わっていない。手間が増えただけ。「ウチの会社ちゃんとやってます☆」って外に言えるようになっただけマシなんですかね。

つれーまじつれーっていうかもう転職するわ。もう無理だわ。

クソして寝るわ。すまんな。

2019-04-21

今後の方針

 まずは方針を見出すところから。なんとなく作ってはみたものの書き方がわからない。どうすればよろしいのだろうか。

方針を見出す方針を固めていこう。まずは自由に書いていいと思う。おそらく長い文章を書くことに慣れていないように思える。とりあえず何でもいいから書く。そして何かしらのテーマにまとまってきたらそれを意識してひとつの一貫した文章を書いてみる。実はこの作業自体もそう。

 次にはてな匿名ブログの条件について考えたい。SNS疲れみたいなものがあるが、あれは今日代表的SNSが出てくる前から顕在化し、現在ではSNSを中心とはしているがSNSの外部にも十分広がっている状況がある。それは非匿名である資本とか権力とか関係くその力は広がっている(1)。インターネット上での行動があらゆる現実の動員力をもつにつれ、国家資本はその力を無視できなくなってきた。まず国家はその内部を可視化、あるいはいつでも可視化できるような環境を整備した。その後インターネットの外部に立つだけでなく、内部の強固な主体として力を広げていく。そしてその内部の可視化と相まって人々へのコントロール可能にしていく。

 次に資本はどうだろう?資本も結果としては国家と同様の状況となったが、その経路は少々違うように思える。資本はより早くネット上の主体となり、その可視化はそれに遅れてきた。しかしこの可視化は近年様々な障壁にぶつかっており、今後どうなるかわからない。

 さて、ここで着目すべきところは個が可視化されたことでも個がコントロールされるようになったことでもない。インターネットで「個」が現れたこである。正確に言えば空間無限に分解できる多層構造(2)において一貫した「個」という線が登場し始めたこである。これに至った要因は主に2つあるように思える。まずひとつは「個」が参入しやすメディアが増えていったこである。例えば個人ブログ、これは初めて個が特別技術がなくとも時間を超えて発言を蓄積できる仕組みであった。この際に「この発言は〜」から「このブログは〜」や「この主は〜」というような表現が出てきたように思える。

 次に責任システムの登場であるインターネット上での「祭り」や「炎上」では「責任」という概念が非常に強く機能している。「責任」とはある事象現象がある個人行為思考に原因を求める考え方である。この「責任」をインターネット上で課せられた個人は稀に見る身分となる。つまり責任」を負った個人以外が人格消失するのである。この現象前近代社会における神や儀式象徴において起きた構図と似ている。唯一違うのは格を持つものが神や対象ではなく、それを取り囲む「群衆」と同様の性質を持った人間であることである。この「責任」のシステムインターネット利用者の個を促進した一因になったのである

 ところでこの2点目を考えてみると面白い。なぜなら「責任」を課せられた「個」がいることによって「群衆」匿名性が保たれていたこであるスタジアム型(それともスペクタクル型というべきだろうか)の構図は「群衆」「群衆」自身を参照して行為を反復することもあるがここに「群衆」行為対象である「個」が用意される必要もあったということがわかる。そして「群衆」は自ずと「個」へとなりたがっていくのである

さて、かなり話が戻ってしまうがはてな匿名ダイアリーの利用目的についてまとめようこのような「個」が渦巻く中で「群衆」であり、一方でここでキーボードを叩き、その結果をモニター観測する「個」をもつためには「群衆」強制されない自己参照的な「個」が必要であった。そのとき「群衆」には「個」を認識されず、主体自身にとっては「個」であるような仕組みを持っているはてな匿名ダイアリーが適していると考えたのであった。

(1)こういう主体無き動員力はなんとなく好き

(2)これを「時間」という

2019-04-20

令和において天皇権威は失墜する

一世一元という中国統治権力手法を真似たはいいが、昭和の途中で天皇日本国憲法下で象徴となり、改元自体も時の内閣に委ねられることとなった結果、最終的には内閣総理大臣の一存で元号を決められるようになってしまったのだ

名を贈るという行為上下関係を示すための儀式であり、次代の天皇の諡を決定した安倍晋三天皇に対して上位者として君臨することとなる

一介の政治家上下関係を定められてしまった次代天皇権威は、その改元を持って失墜する

天皇制は維持されるが、それの持つ価値国際的に見ても限りなく低いものとして扱われることになるだろう

2019-04-19

anond:20190419093959

日本むかし話のシーン

雨乞い儀式で無事雨が降って問題解決

農民全員大喜び

これを再放送し続ければ覆せるよ

anond:20190419053139

その程度でいい人判断できんならいくらでもいるだろ

普通に摂政が嫌とかってだけでこんなゴタゴタ起こしたワガママジジイ好きになるのが無理だわ

それで平然としてられるあたりがもうナチュラルボーンエンペラーって感じで無理

別に儀式重なって大変って論点ならしきたりとか考えず多少ずらせよってしか思わないし、もう何の権力もありませんって建前通すなら公務も体力に見合うだけのものやればいいし、死んだら終わりで次って制度で良かったと思うよ

2019-04-12

なぜ人はネット上で論破したがるのか

それは論破ネット上ではまかり通っても現実では非常に幼稚な行為からだ。

現実での会議というものは大概の場合儀式的なものでお互いの妥協点を探るものになるか、元から誰かの決めたことが通るのが決まっているからだ。

なによりネット上で行われる論破相手の間違った部分を指摘してより正しい結論に導くという目的ではなく相手意見全否定糾弾するものであり、そのような行為は内容に根拠があろうとなかろうと近代においてはパワハラモラハラ差別誹謗中傷の類として扱われる可能性がある。

そもそも現実では根拠がある意見が正しい結論になるとは限らないため

ネット上における論破を行うということは余りにも非生産的行為だと言わざるを得ない。

2019-04-10

安倍政権下野儀式は私が開く

もし安倍政権が今年いっぱいで終わるなら、どこかの公民館お金で貸し切って、役者を集めて、安倍政権終了のセレモニーを開きたい。

安倍葬式は出せなくても、安倍政権退陣儀式は開けるはず!

過ぎてしまった現実と、生きている人間エゴとしての葬送

どうしようもないことっていうのは、生きていれば必ず起こる。

しばらく前にいとこが亡くなった。まだ二十歳になる前で自分で命を絶った。自分が嫌になったのか自分以外の全部が嫌になったのか、それとも両方なのか、詳しい動機はきっとこの先ずっとわからないんだろう。

祖母は孫たちのなかでも彼を特に可愛がっていた。彼の家族祖母と家が近くて、一緒にいた時間が長い。祖母も両親である伯父夫婦もきっとわたし想像つかないほど落ち込んでいるだろう。


これだけでも十分に大事なんだけれども、問題が一つある。

私と両親はそのいとこの死を、つい数日前に親戚から送られてきた荷物に同封された手紙で知ったことだ。

私の両親は遠方に住んでいるが、私は祖母達の隣の県に住んでいる。死の直後に知らされたなら、父が間に合わなくともわたしは直ぐに祖母の家に向かって葬儀に出ただろう。四十九日の前に知らされたなら、予定を立てて向かった。

私といとこの仲が悪いということはなかった。いとこは口数が多い方ではなかったけど 私と会えば他愛のない話をした。いとこと最後に会った時は、私と祖母といとこで焼肉を食べた。一緒に焼肉食べた二ヶ月後にそいつ死ぬと思うか?私は全然思わなかったよ。

知らせを聞いてから、いとこに関する何年も思い出していなかったような記憶を思い出す。思い出しても一人暮らしの部屋では共有する相手もなく、ひとりでぼんやり記憶を味わうしかない。そんな思い出を共有して、上手に悲しみを昇華するためにも葬式四十九日あるんだろう。そういう儀式は生きていく人間のためにあるんだと実感する。

その別れの手順を踏めなかったせいか、ずっと心の中でなにかがフワッと浮いている。悲しみと無常感とかだろうか?わからないけど、そのせいで純粋喪失を惜しんだり悲しんだりできていない気がする。それが悔しい。

どうして知らされなかったんだろう。祖母と伯父の身近には何人も親戚がいた。みんな私に優しく、お盆正月に帰ると喜んで迎えてくれた。その全員がずっと茫然自失で連絡できなかったのか?四十九日が終わるまで?向こうの事情がわからいからなんとも言えないのだけど、私は少し怒っている。まあ怒っていることを自覚していれば、実際会った時にキレ散らかすことはないと信じている。

そして両親と話をした結果、週末に父と墓参りに行くことになった。今回の件も親戚と話し合うことにもなった。それが済んだらフワッとした何かがちゃんと着地できるだろうか。すっきりした答えが出るとは思えないけど、せめてどこかに着地点が見つかるといい。

2019-04-08

anond:20190408152005

会社運営者って名前貸しの仕事だよ

株をもってるだけの経営役員と違うのは会社業務の長だってこと

なので実務はないのでだれでもこなすことができる

やとわれ社長なんてものもできる

小学生でもできる

実務がないのでひまつぶしにしてることが社長仕事だなんていわれて社長仕事ってなんだという疑問がおきることもしばしば

あと形式上業務の長なので命令を出すことができます

出すことができる事とだしていい事とだすべきというのは全然のものなのだけど

命令をだせるからえらいとかえらいか命令がだせるということで意味不明儀式業務押し付けるやつもいます

業務ならば仕方ないので社員業務規約範疇内でがんばりましょう

社長がいないと?

会社税制配分や運営税務署などがしてあげなくてはいけなくなります責任者まり自分が罰をうけるのでちゃんしろという人がいなくなる)

業務管理評価をしてくれる人がいなくなります(一番上がいなくなることで下を評価する制度が瓦解するので個人評価まり個人事業主団体になるけど社長承認をしているだけで実際の業務はしてない)

社長がいると?

会社社長を軸として一点からトップダウン業務を透明化できます(知らないところでしらない利益や損失が発生しない)

職員の責務について責任性が軽減されます(下の役職から順番に職務における業務判断ということで個人役職数で割った数だけの責任性になりますゼロなら責任ゼロ管理監督者責任

これらはあくまで仕組み上のものなので体感としてはひまなとき社長がなにをしているのかというのが実質的評価だと思います

小学生社長大企業運営しているのだとしたら評価基準点が小学生かよとか責任を割る分母が小学生かよといったところで不満がでてくるかもしれません

でも実質社長が犬でも気づかれなければ大企業とかは運営できるようになっています

2019-04-07

anond:20190406231146

半分マジレスすると

たぶん宗教的儀式

収穫祝いとか逆に豊作祈願とか

あ、農耕が始まったのは縄文時代の末期か

まあでも、狩りで獣がたくさん捕れる祈願とか安産祈願とか病気快癒祈願はしてたろう

だいたい世界文化歴史とか見ると、彫刻絵画音楽舞踊

最初はそういう呪術的なものから発達してる

2019-04-04

職業訓練ドMが行くところか

テキスト代2万払って半年無駄にしながら嘘で作ったキャリアプラン圧迫面接を受けながら披露する練習をするところと感じた。

技能の実習はおまけというか、エラそうなおっさんが古い設備を古いやり方でやってるように見えて、ただ辛い儀式を与えて一体感だけ得る軍隊的なアレだ。

失業保険で行くかと言われるとだいぶ厳しい。

就職率9割と賃金情報に惑わされた。

資料に書いてる主な就職企業検索したら休日少なくて退職金もないところばかり。

賃金情報の全年齢層が18万~25万も疑問。細かい賃金を開示したら入校者が減るから伏せてるのか、昔はもっともらえる就職先があったのだろうか。

なんにせよ早々に辞めてどこかの非正規に潜り込んだほうがマシだ。

入校2日目だが、もう辞めよう。

2019-03-30

anond:20190330112508

エッ!うそホント?

と思ったが他のトラバの指摘にもある通り、ゴールデンウイークのなんかの儀式イベント?が終わってからだよな

2019-03-29

anond:20190329105547

宗教全く興味ないか儀式的なの取っ払って最後一緒に食事するとかそういうのだけでいいわ…

anond:20190329104509

ちゃんが死んだとき葬儀場の人が「お葬式というのは故人の為だけではなく残された親族や知人が気持ちの整理を付けるための儀式でもあるんですよ」と言ってたけど

気持ちの整理も何も忙しすぎて感傷に浸る暇すらなかったな…

多少金かかってもいいから各種手続きやら受付やら葬儀場の人に全部やってもらいたいわ。

2019-03-24

anond:20190324213311

神社のお祓い儀式のほうが謎だよ

石に掘るのは数千円でできる

2019-03-23

anond:20190323010713

それしか楽しみのない哀れなド腐れクレーマーどもが勝手に騒いで企業側もとりあえず自粛しとこみたいな風潮にみんなうんざりしてたんだよ。

新井レイプから反発する奴多そうでちょっと声上げにくかったけど、ピエール別に被害者いないしそんなに意外でもないし出演作品作品自粛したら結構影響でかいからこれを機に風向きを変えようってとこじゃない?

自粛とか社会に1ミリも貢献しない謎儀式に過ぎないから。とっとと止めたほうがいい。

2019-03-21

ネトウヨカルトこわっ!!

あの人たちどのタイミング自分アイコン日の丸つけちゃうの?こわっ!!

通過儀礼なの?儀式なの?こわっ!!

自分愛国心に溢れていると思ったらイラストソフト起動して日の丸付けちゃうの?こわっ!!

2019-03-18

工場実習という儀式

東大博士号を取得して日系のメーカー就職して三ヶ月くらいライン作業とかやった。

何年か前の話。

巷に渦巻いているような

「あれは悪夢だった」

地獄だった」

高学歴俺様に」

とかそういう気持ち特に感じなかったように思う。

「虚無感はあるけど研究よりは遥かに楽だし趣味時間もあるし、何よりノンプレッシャーだし睡眠が取れるし悪くないなぁ」

って感じだった。

そのメーカー退職して今は米国系の会社研究っぽいことやっている。

別にそこがとても嫌だった訳じゃなくて賃金が良かったからホイホイついていっただけ。

で、今思うのは

「あの実習という儀式は単純に無駄なんじゃないかなぁ」

くらいのこと。

意外にそんなもん。

あれで今と同じ給料貰えるならそれが一生の仕事でも悪くないかな。

2019-03-15

anond:20190315155655

まあどちらにしろ社用車を「Aさん」から切り離して「共用」とする儀式必要だという話だよね。

2019-03-13

anond:20190313161916

もともとは中国皇帝儀式とかの見様見真似だよ。

それを何となく先例ありきでやってたのを明文化したのが平安時代

天皇制平安時代に完成したのかな

歴史学的なことは詳しくないんで間違ってるかもしれんが、天皇退任に向けて儀式が始まりましたよ〜というニュースで、天皇が着てた服がなぜか平安貴族っぽかったからそう思った(ざっくりですまん)狩衣?と黒いべろーんってやつがついた帽子。あーこの頃から変わってないとするとこの頃に今の天皇にまつわる伝統的な儀式やら何やらがおおまかに決まったのかな、と

2019-03-08

職場教養

私は社員20名程度の零細企業経営している。

ある役員からの勧めで当社では倫理法人会なる怪しい団体が発行している怪しい月間誌を朝礼時に読み上げその感想を述べるという儀式毎日行っているんだけど、同じような事をやってる会社は多いのだろうか?

ネタ切れ感溢れる中身ペラペラエピソードツッコミどころ満載の「今日こころがけ」に危うく笑いそうになる事が多々あるが、社員達は真面目な顔をして取り組んでいて、本の内容に感銘を受けている様な感想を口々に述べている。

誰か「今日エピソード矛盾だらけのクソ」とか言ってくれたら面白いのにな。

職場教養」が役に立ってるって会社があるならどう役に立ってるのか教えて欲しいわ。

2019-03-06

anond:20190306020634

良いタイミングで素に戻って騙し討ちでいいんだよ。

ハゲ結婚することはありえないが、髪があるうちに結婚してからハゲるのはOK

あえて結婚相手サイコパスを探さないが、完璧相手だと思って結婚したらサイコパスであることが後に判明することもある。

でもここに挙げた結婚相手としてOKな人とNGな人で違うのは頭髪の有無や真の人格を隠しているかどうかだけで、婚活前と結婚後で人格のものは変わってないだろう?

から婚活は異性ウケを狙って受け答えの正解をなぞる儀式に過ぎない。

そんな結婚でいいのかどうかは別の話だが結婚がゴールならこれでいいわけだ。

2019-03-05

戦後昭和平和だったのが反自衛隊の正しさを証明してる

何で日本軍を復活させようとするんだ

DQ6悪魔召喚儀式王様みたいに国を亡ぼすだけだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん