「憲法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 憲法とは

2022-05-18

民主主義社会に生まれ憲法大事にする、そのための異議申し立てはやってよかったなと思う」と振り返った。

今後の展開がちょっと気になるニュース

2022-05-17

anond:20220517234052

憲法差別も知らないで言ってんのウケる

君が自分だけの差別定義を作って話してたってことの証でしょwwwやばすぎんだよな頭が

anond:20220517064144

義務を負ふwwwwwwww

誤字wwwwww

憲法なのにwwwwwwww

働きたくないのに、働かせられている。

これって本人の意思無視していますよね。

憲法27条: 1項 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

勤労の義務を定めた憲法人権侵害しているのではないでしょうか。

2022-05-16

司法試験予備試験を受けてきた

令和4年5月15日朝、俺は立教大学にいた。司法試験予備試験を受けるためだ。

ちなみに、今の仕事はしがない中規模病院勤務医内科部長職)だ。


5年前、私生活法律上のある争いがあり、法律知識バックグラウンドの無い俺はコテンパンに負けた。

そこから法律で戦うための知識必要だと法律に興味を持った。


憲法民法刑法学習を開始していくと次第に面白くなってきた。朝と夜、毎日2時間くらい勉強するのが習慣になった。

どうせなら司法試験まで通過して、弁護士を目指しても良いじゃないか。と思うようになる。


一昨年の受験最初で、今回は3回目の受験自己採点は120→130→180と少しずつ上ってきた。ようやく短答試験合格ラインに到達した。

多分、今年は短答試験は通過出来る。それでも論文合格出来るかどうか。

頑張るぞい。

法律問題がある場合は、憲法範囲内で、かつ適正な手順に従って法律改正する

これが出来ない場合は、民衆精神強制的アップデートする

anond:20220516095602

憲法理解してないなら合憲って言葉使わないでくれません?低知能は知ってる範囲言葉で話せよ

2022-05-14

anond:20220514152914

AVエロ漫画キモいし消えてほしいって考えるのは女性にとって普通感性なので……

キモいし消えてほしいものを消してくれるんだからそりゃ支持するでしょ。

その素朴な感情の前に憲法人権無意味なもんよ。

https://anond.hatelabo.jp/20220514163401

   実務法律学制度設計において、多分に幾何学証明構造すなわち、技術知識を組み合わせているところはあるがそんなもの尊敬された

  時代はとうに終わっていて誰も考えていない。他方で、  数学に取り組むこと自体は非常に面白い

     戦後憲法における法律制度設計が盛んに行われたのは 昭和30年頃の話、その時代から多くの人が血気盛んにやった、今や流行り廃れていて

    流行るとか流行らないとかい問題ではない。

       今や言っていることが論外ということは下坂も養老も頭がボケすぎてて気が付いていない。

2022-05-13

anond:20220513103740

憲法9条さえなければ、沖縄戦ではハープーンミサイルアメリカ軍艦を全部沈めれていたし、本土ではスティンガーでB29を全部撃墜して東京大空襲広島長崎もなかったんだ

憲法があったのが全部わるいんや

2022-05-11

不誠実だったら、何なの?

そもそも不誠実だったら、何の問題があるの?

議論の土台となる最低限の信頼関係なるものを崩したから… どうなるって言うの?

オッパイを強調したか性的消費」

「いや性的消費ではない」

ただいまの反論は、不誠実な人間から為されたので無効となります

ってなるとでも言うの?

インターネット論破マン他人なりすましてたとて、彼が不誠実だったら、その論破無効になるの? 議論に参加してる誰かが、自説の主義主張本心から強く信じていなかったとして、議論参加資格がなくなるのは、意味がわからないでしょ。ひょっとして、学校ディベートとかしてこなかった世代文句言ってんのかな。

あなたたち、小学校以前に習った、ウソをついてはいけないよ、っていう人生入門者向けの教えを愚直に守り過ぎて、どうしてそれが悪いのか・どんな時に成立するルールなのかを本当には理解してないんじゃないの。不誠実が絶対的に悪ならば、「国民は、いつでも誠実でなければならない」って憲法に追加すればいいじゃん。

まあこんな事書いてもどうせ、「これはひどい」だの「開き直りだ」だのとのたまってスルーするんだろうけどさ。そもそも、なぜ悪いのかに説明がつかない限り、開き直りって成立しないんだよ。数のパワーでゴリ押しされた主張を鵜呑みにしてしまうような軽薄な人は、印象操作に対して脆弱です。

2022-05-10

押し付けかどうかって言われたらそりゃ押し付けなんじゃね。

すでに帝国憲法があったにもかかわらずGHQ命令改憲させられたわけじゃん。

んで日本自主的に出した松本試案は駄目って蹴られたわけじゃん。

そんでもってマッカーサーからこれ入れろよってマッカーサー草案渡されたわけじゃん。

連合国天皇処刑するぞって脅しかけてきてるわけじゃん。

そもそもGHQ許可した憲法じゃないと認めてもらえなかったわけじゃん。

普通に考えてそりゃ押し付けでしょって思うんだけれど、この状況で出てきた憲法自主制定の憲法だって言い張るならブラック企業パワハラ上司の素質あると思うよ。

大して主流でもない意見反論して全体を論破できたかのようにふるまうのやめようね

最近憲法九条についてやたらアメリカ押し付けられたものから論に反論する左翼が大量にわいてる

なんで急にこんなにアメリカ押し付けられた論に反論してんだと考えてみると

やっぱウクライナロシアの件で専守防衛や、適地攻撃の是非などいろいろtwitterでも活発になったからだろって思う

護憲派が劣勢だからアメリカ押し付けられ勢しばいてるんじゃないかと思う

勝てそうな相手しばいて何してんだって思う

そんなことより目の前の戦争みて、憲法を考えろよ

戦争よりも右翼のほうをみてるよな

フェミニストオタク叩いてるのとにてる

女性自由よりもオタク不自由に喜ぶ感じだよね

どうして戦争放棄日本国憲法に盛り込んだのはアメリカだとみんな勘違いしているのか

第九条の発案者であり時の総理大臣幣原喜重郎のことを知らない日本人があまりにも多すぎる

彼がどのような考えで第九条を思いつくに至ったのか、それを議論せずにして憲法議論なんかできるはずがない

なぜ政治家も、評論家も、社会学者も、そして我々国民も、九条を作った当人言葉話題に挙げないのか

彼の考えのどこが悪くて、どこに不満があって、現代社会通用するのかしないのか、なぜ誰も語らない?

少しでも多くの人に、我々と同じ日本人が考案した第九条を、この埋もれてしまった歴史的憲法の成り立ちについて知ってほしい

以下、幣原喜重郎秘書が記した文章から引用

──────────────────────────────────────────────────

 ここまで考えを進めてきた時に、第九条というものが思い浮かんだのである。そうだ。もし誰かが自発的武器を捨てるとしたら ー

 最初それは脳裏をかすめたひらめきのようなものだった。次の瞬間、直ぐ僕は思い直した。自分は何を考えようとしているのだ。相手ピストルをもっている。その前に裸のからだをさらそうと言う。何と言う馬鹿たことだ。恐ろしいことだ。自分はどうかしたのではないか。若しこんなことを人前で言ったら、幣原は気が狂ったと言われるだろう。正に狂気の沙汰である

 しかしそのひらめきは僕の頭の中でとまらなかった。どう考えてみても、これは誰かがやらなければならないことである。恐らくあのとき僕を決心させたものは僕の一生のさまざまな体験ではなかったかと思う。何のために戦争に反対し、何のために命を賭けて平和を守ろうとしてきたのか。今だ。今こそ平和だ。今こそ平和のために起つ秋ではないか。そのために生きてきたのではなかったか。そして僕は平和の鍵を握っていたのだ。何か僕は天命をさずかったような気がしていた。

 非武装宣言ということは、従来の観念からすれば全く狂気の沙汰である。だが今では正気の沙汰とは何かということである武装宣言正気の沙汰か。それこそ狂気の沙汰だという結論は、考えに考え抜いた結果もう出ている。

 要するに世界は今一人の狂人必要としているということである。何人かが自ら買って出て狂人とならない限り、世界軍拡競争の蟻地獄から抜け出すことができないのである。これは素晴らしい狂人である世界史の扉を開く狂人である。その歴史的使命を日本が果たすのだ。

 日本民族は幾世紀もの戦争に勝ち続け、最も戦斗的に戦いを追求する神の民族と信じてきた。神の信条武力である。その神は今や一挙に下界に墜落した訳だが、僕は第九条によって日本民族は依然として神の民族だと思う。何故なら武力は神でなくなったかである。神でないばかりか、原子爆弾という武力悪魔である日本人はその悪魔を投げ捨てることに依て再び神の民族になるのだ。すなわち日本はこの神の声を世界宣言するのだ。それが歴史大道である。悠々とこの大道を行けばよい。死中に活というのはその意味である

anond:20220510003340

世間に認められる必要はない。

誰に認められなくても国家原則として守ることを保証するというのが憲法のいう表現の自由だ。

そもそも前提として、格闘ゲーム健全か?

競技の形に制限された暴力から許されるのか?

なら絵の形に制限された凌辱が駄目だというのはなんで?

そりゃあ結局のところお前の差別感情の発露でしかない。

差別感情を持つ自由もあるしそれを公言する自由もあると思うが、差別感情根拠規制に繋げるべきと考え始めたらだめだよ。

お前に出来るのはお前の私的空間から嫌いなもの排除することだけ。

作品価値が貶められたと考える人が多くなれば単に売れないだけ。

2022-05-08

anond:20220508162349

まあそれは分かるけど非難してる側が法的にはどうにもできないからと社会規範やらを持ち出してくるから

表現の自由という憲法に書かれた錦の御旗を持ち出して応戦してるだけでは

2022-05-06

アメリカ人工中絶権を守る方法を思いついた

合衆国最高裁判所違憲審査権を認めなければよい。

合衆国憲法には、最高裁違憲審査権を有するとは「一言も書いていない」、その権限判例に基づいているが「そもそも憲法に書いてない権利を認めた判例は間違っている」ので無効である

右派判事アリートの論法適用すればこうなるな。

なので立法府、つまり議会違憲審査権は国民投票で決めるとでもしてしまえば人工中絶権維持派がアメリカ多数派から勝つ。

そんな立法違憲だ、と最高裁が言っても無視違憲判決出す権限ないので。

こう書けば判例の一切を無視して「そんなの憲法に書いてないもん」でちゃぶ台返しする右派判事論法がどんだけやばいもんかわかろうもん。同性婚避妊具の使用も、異人種婚姻すら否定できてしまう。

anond:20220505235151

[追記]

ちなみに現行の、アメリカにおける中絶合法化根拠になっているロー判決は、「中絶権がある」とは認めておらず、中絶禁止する州法は、当該女性に対するプライヴァシー権の侵害であるとする、いわば「財産権保護」的な意味合いでの調整が行われているだけである女性中絶権を犯しているか中絶禁止州法違法なのではなくて、プライヴァシー権の侵害である

プライヴァシー権は憲法にも関連法にも規定はなく、判例に拠るしかいかなり弱い権利だ。歴史的にも新しい権利であるが、ロー判決批判する意見としては、この判決が新たにプライヴァシー権なるものを「立法」した立法侵害であるとする説がある。連邦最高裁がかなり通常よりは踏み込んで逸脱していることは間違いない。

そこまでしても、中絶をし得る法拠はプライヴァシー権と言う、場合と状況によってはかなり緩くしか扱われない権利であって、近代法母国アメリカでは注意深く進められていることは留意すべきだろう。

増田占い

2022-05-05

中絶を巡る議論の前提知識

https://anond.hatelabo.jp/20220503215621

日本では中絶合法とされたことは過去に一度もない。刑法には堕胎罪規定がある。母体保護法(旧優生保護法)において、「やむを得ず堕胎が許認される例外的場合」の規定があるだけである基本的には心身的な理由母体保護する場合以外は駄目だが、後に著しく経済的不都合のために養育が困難な場合が付け加えられた。現在はそれが拡大解釈されている状態立法意図から敷衍した場合は、低所得者層への養育のサポートが充実した現在中絶の99.9%違法性がある状況。

・出生の定義は全身が母体から出た瞬間。それ以前の胎児は、人間ではないが厳密に物でもない。物であればそもそも堕胎罪規定などはない。中絶胎児生ゴミとして出したら違法になるのは産廃違反からではなく、死体遺棄罪に相当するからである。つまり胎児部分的人間であり、準人間的な扱われ方をしている。

アメリカには中絶関連の連邦法はない。州法レベルでかつて中絶違法化する法律があったが、それら州法違憲であるとの判断1972年連邦最高裁が下した。法源はこの判決であり、従って最高裁判断が変わる可能性はある。であるから裁判になるのを承知で、各州議会中絶違法化を進める立法がなされている。憲法中絶規定がなく、それどころか連邦法で立法化もされていないので、ほぼ永遠に連邦最高裁判断が繰り返されることになる。今回、連邦最高裁への上告を却下せず、最高裁判断が示されることになったと言うのは、従来の判例棄却すると言う意味であるから最高裁中絶違法化(と言うか中絶違法州法合法化)に転じることはあらかじめ予想されることであった。なぜ連邦法で立法化されないかと言えば、議会多数派民主党共和党でころころ変わり、変わるたびに中絶合法化、違法化の法律が出来、大統領議会多数派と反対党の場合拒否権を発動してカオス化するのが目に見えているかである。現状は、「実質的には中絶容認されている」と言う点で民主党を満足させ、「中絶合法化まではされていない」と言う点で共和党を満足させると言う落ち着きどころになっているが、連邦最高裁中絶違法判断に踏み切れば、逆に民主党立法化に動くかも知れない。

ヨーロッパ諸国でも中絶の許認は結構国によって差がある。フェミニスト的な女権のニュアンスが一番強い「ヴェイユ法」を持っているのはフランスで、基本的には中絶に関しては女性のみが全権を持っている。1975年に成立したヴェイユ法は女性政治家シモーヌ・ヴェイユ(著名な哲学者とは別人)の働きかけで成立した。カトリックの強いフランスでは「人間の選別はナチズムである」との批判も強かったが、ユダヤ人であったヴェイユアウシュヴィッツ収容所から生還者であった。2017年逝去では国葬されている。ドイツでは、例えばダウン症と分かってから中絶違法である。これは人間の選別に対する恐怖によるものであり、日本でも安易に行われているダウン症堕胎については議論があるべきだろう。

憲法9条の話的なあれ

護憲人達ロシアウクライナ戦争の時に急に

憲法9条日本を守る盾とかじゃなくて日本ロシアみたいにしないための憲法だ って言った瞬間から

改憲の機運が高まった気がする。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん