「憲法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 憲法とは

2024-04-19

中学公民すら理解できないやつが憲法を語る

そんなやつにも俺にも同じ1票が与えられてるとかおかしくね?

anond:20240419134734

日本国憲法しか憲法はないと思っている人にこういう勘違いいかもな

自称リベラル海外ルーピーと言われたのも納得できる

anond:20240419135916

これはバカがムキになってこの場でひねり出した寝言じゃなくて、受け売りネタ元があるんだよね。

憲法政府を縛るのが立憲主義

左翼は言うわけだが、これは憲法が天与のものでないと成り立たない。

書き換え不能の全てに先立つ規範ってことだからな。

憲法だってしょせん道具であり主権者が自ら作り上げるものだという前提に立てば、憲法あくまガイドラインであって一方的に「政府を縛るものであるはずがない。

憲法も法であり広義の立法権対象である国民主権より上の存在はないので自分自分を律するためにプロセスを二段階にするひと工夫がつまり憲法本質なのだ

まあ増田で言ってもな

【書き換え不能の全てに先立つ規範ってことだからな。】

日本はともかく世界では憲法の書き換えって行われてるし、日本でも憲法改正ルールってのが設定されてるだろ、書き換え不能の天与のものだったら改正のためのルールなんて存在するわけ無いだろ。

どこをどう勘違いしたら「書き換え不能」って言葉が出てくるんだよ笑

バカがムキになってこの場でひねり出した寝言」って感じするわ笑

追記

憲法改正の発議について総務省に書いてあるから読んでみてな。

https://www.soumu.go.jp/senkyo/kokumin_touhyou/syushi.html

解釈改憲を支持しているある増田

憲法政府位置関係すら理解してない、義務教育未履修という本物の弱者だった。

anond:20240419133842

その政権与党制限するために憲法があるんやけど、中学生の時引きこもってたとかなの?笑

anond:20240419133058

お前が言ってることを是とすると、基地外増田党が政権取った際に

【「「「 「「戦争」の意味は「アフリカゾウを殺さないこと」って意味だと解釈してるんで中国自衛隊を進めて満州を取り戻します。】

って言い張ることも出来るんだぞ。

そんなん憲法意味がないでしょ、法治国家憲法のコンセプト理解してるんか?

anond:20240419133058

軍隊じゃなくて自衛隊からセーフ

侵略じゃなくて特別軍事作戦からセーフ

拷問じゃなくて特殊尋問からセーフ

みたいな話でしかないよね、国として現状そうするしかいからそういう屁理屈こねてるだけで、憲法成立時のGHQ意図や、その後の朝鮮戦争での再軍備必要性などの経緯を考えたらわかるんだよ。

「コンセプトに反しておかしいよね」って話、「自衛隊を無くせ」って話はしてないよ。

anond:20240419133058

から政府としてはこう読みます」っていう解釈

憲法学者裁判官と言った憲法や法の専門家がことごとく否定している、

たか一時的政権に過ぎない自民党解釈を正とする時点でお察し。

馬鹿丸出しはお前だよ。

anond:20240419132917

無理じゃないだろ

理が無いのは憲法無視する行為

anond:20240419131957

共産党赤嶺政賢氏は「国民から要求がないのに政権側が改憲を押しつけるのは本末転倒だ。裏金事件で、長年国民を欺いてきた自民党改憲を語る資格はない」と述べました。

答えはとっくに示されてるんだよなぁ。

自民党改憲を語る権利はないし、憲法解釈する権利もない。

そもそも軍事力を持つから戦争対象になるってのはウクライナ証明しているので、

国防の為の軍事力って考えが破綻しているんだよ。

馬鹿にはわからないだろうけど。

anond:20240419131825

横だけど、普通に自衛隊集団的自衛権も余裕で憲法違反だと思うぞ。

憲法の条文見て違憲じゃないと思えるなら馬鹿すぎると思う。

自衛隊を無くせ」って話じゃなくて、法治国家憲法というコンセプトから考えたら、論外だよねって話。

anond:20240419130637

そもそも憲法で明確に禁止されている違憲軍隊である自衛隊勝手解釈で「専守防衛ならOK」って言い張って保持してるのみならず、

集団的自衛権の名の元に他国への戦争支援にも使役し、さらには武器輸出ですら勝手解釈で解禁するんだから、どっちが馬鹿かって話ですよ。

共産党馬鹿と罵るなら、まずは違憲状態を綺麗さっぱり解消してから言葉を発してくれよ。

anond:20210316225030

判決紛争解決のための便宜的評価法廷側も事実を決めようとか決められるなんて表明していない。

客観的事実が決定可能なら公権力から独立して評価判決を下す事が可能なんだから行政司法が衝突する場合に超憲法措置という態度を取れないはずだけど、実際には衝突する可能性があれば判断を保留する。(行政自由裁量権の尊重)

司法判断を行うにもコストがかかるから訴訟手続きを長引かせたり遅滞させないために当事者同士の解決が推奨されるし、刑事事件でも強行的判断を行うから冤罪が発生するわけで。(飯塚事件)

石垣のりこの開示訴訟も該当のtweetスクショに対して本人の投稿か否か裁判官裁量によって正反対判断が行われてる。

そもそも心象が判断に影響している以上客観と言えず精々間主観事実現実対応したものとは言えない。

2024-04-18

anond:20240418103958

一番マシなパターンとしては、検察官ちゃん勾留令状取った上で追加の裏付け捜査を指示したら嫌疑なしと分かったので急いで釈放したパターン

この場合検察官は、在庫確認未了のまま勾留請求しちゃって裁判官もそれを認めちゃった点は結果的には迂闊だったけど検察官裁判官判断違法とまではいえないだろう。

それ以外のパターンは同情の余地なく違法で、検察官はクビで済めばまだマシってレベル

誤認逮捕法律も0にならない前提でできてるけど、身体拘束の時間制限違反は、刑訴法違反はもちろんのこと憲法特に禁止してるやつなので、絶対に許しちゃダメで、問題レベルが違う。

2024-04-17

anond:20240417151304

こわっ

それなら自民党攻撃しとけばいい

ちなみに有権者投票についてなんの責任も負わないことは憲法保証されてるから有権者に何を言ってもお前が憲法尊重しない非国民ってことが明らかになるだけ

    客観的事実状況として、稲泉健一がガードしている学校施設若い人間が集合しており、そこでやっていることが真の狙いであるのに対して、荒川緑道は、どうでもいい奴が警備していて

  どうでもいい奴にどうでもいいことをやらせているというのが現実であるから平成30年6月26日に、稲泉健一殺害されたときは、多くの国民が、発生してはならないことが発生したと

  考えたのに対して、後者場合についてはどうとも考えていないことから、朝方5時30分に湧いてきてジョギングをしているクズ男や老人が主導して構成される平成25年4月1日以降の

  社会では、認められない。論旨は理由がない。なおもって、平成26年以降、平成29年までの延岡市の実情にてらすに、当時は、延岡市でも、国や行政のしているものを、現実に燃やしたり

  刺したりするわけではないが、何らかの通信指令手段によって、燃やしていた現実存在する。令和3年時点でも、うちの母親の郁子に公文書を渡したときに、延岡市実家でその文書が消えて

  なくなったことがあったから、令和3年時点でも現在でも、延岡市に住んでいるお母さん集団には、国の書いたものを燃やすというシステムは残存しているものと解される。当裁判所も、延岡消防署

  付近体験した、朝方の5時30分に湧いてきて犯罪をしている警察キチガイドライバー存在に鑑みて、右のシステムは、憲法13条、12条に適合しているもの判断する。現在の国の作成した

  公文書は貴重なものであり、燃やしてはならないという論旨は採用できない。次に、延岡市でもどこも自治体でも、そのような法体制存在するものであるが、令和4年7月8日付で安倍晋三

  散弾銃殺害されたときに、延岡市のお母さん集団は、歓喜の声を上げたと証言している。

2024-04-16

anond:20240416200027

投票棄権権利であり、法定得票数とは矛盾しない

1. 投票棄権憲法保障された権利

かに日本には公職選挙法で「法定得票数」が設けられていますしかし、投票棄権憲法保障された基本的人権 であり、 法定得票数矛盾するものではありません。

憲法第21条では、「表現の自由」として、「思想及び信条を表明する自由」が保障されています。これは、政治的意見を持つ自由と、その意見に基づいて行動する自由の表れとされています

投票棄権も、政治的意見を表明する一つの方法解釈することができます。つまり、どの候補者政党にも賛同できない、または政治に関心がないという意思表示と考えられます

anond:20240416193422

結論から言うと、 投票棄権民主主義権利 であり、 同時に 義務ではありません。**

1. 投票棄権民主主義

民主主義社会において、国民選挙を通じて政治に参加し、意思を表明する権利を持っています。これは、憲法保障された基本的人権の一つです。

投票は、その権利行使する最も基本的方法であり、政治家や政党を選ぶ 重要役割 を担っています

しかし、投票することは義務ではありません。国民は、自分意思に基づいて投票するか、棄権するかを選択することができます

2. 投票棄権理由

投票棄権理由は様々ですが、主な理由としては、

政治に関心がない

どの候補者政党投票すればいいのかわからない

投票する時間がない

投票しても何も変わらないと思う

などが挙げられます

3. 投票棄権問題点

投票棄権率が高いと、選挙結果が国民全体の意思を反映していない可能性 が高くなります

また、政治参加が活発に行われない ことによって、政治家や政党責任感 が薄くなったり、腐敗 が蔓延したりする可能性も指摘されています

4. 投票棄権を減らすための取り組み

投票棄権率を減らすためには、国民一人一人が政治に関心を持つことが重要です。政治に関する情報収集を行い、自分意見を持つことが大切です。

また、候補者政党政策比較検討し、自分に合った人を選ぶことも重要です。

さらに、投票手続き簡素化したり、投票やす環境を整えたりといった取り組みも必要です。

5. まとめ

投票棄権は、民主主義権利であり、同時に義務ではありません。**しかし、投票棄権率が高いと、民主主義健全な発展を妨げる可能性があります

一人一人が政治に関心を持ち、積極的選挙に参加することが 重要です。

参考資料

総務省統計局統計ナビゲータ衆議院議員総選挙参議院議員通常選挙における投票率の推移: https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/ritu/index.html

投票重要性: https://www2.nhk.or.jp/school/watch/bangumi/?das_id=D0005170085_00000

政治参加とは?: https://ir.ide.go.jp/record/38230/files/SNT000600_003.pdf

anond:20240416192125

投票しない自由なんてありません 罰則がまだないだけです」**という発言は、事実ではありません。

日本では、1947年施行された公職選挙法で、20歳以上の国民選挙権が与えられました。しかし、投票することは義務ではなく、国民自由意思に基づいて行う権利とされています

投票をしない自由

投票をしない自由は、憲法保障された基本的人権の一つです。思想信条自由に基づき、政治的意見を持つ自由と、その意見に基づいて行動する自由の表れとされています

anond:20240416191433

個人投票権利であり、義務ではありません。 投票するかどうかは、個人自由です。

日本では、1947年施行された公職選挙法で、20歳以上の国民選挙権が与えられました。しかし、投票することは義務ではなく、国民自由意思に基づいて行う権利とされています

投票をしない自由

投票をしない自由は、憲法保障された基本的人権の一つです。思想信条自由に基づき、政治的意見を持つ自由と、その意見に基づいて行動する自由の表れとされています

anond:20240416191134

個人投票権利であり、義務ではありません。 投票するかどうかは、個人自由です。

日本では、1947年施行された公職選挙法で、20歳以上の国民選挙権が与えられました。しかし、投票することは義務ではなく、国民自由意思に基づいて行う権利とされています

投票をしない自由

投票をしない自由は、憲法保障された基本的人権の一つです。思想信条自由に基づき、政治的意見を持つ自由と、その意見に基づいて行動する自由の表れとされています

2024-04-15

anond:20240415202520

すげー奴だな。優しさのかけらもない。想像力も欠如してる。あなた自身憲法で守られてる基本的人権理解せずに、弱い立場の人を貶める発言することは、障害者高齢者にとってとても迷惑存在だと思うよ。あなたみたいに健常者の立場からしものを考えられない人が障害者に目くじら立てて騒ぐから社会が円滑に進まないんでしょうよ道徳テストあったらマイナス1000点

弱者に謝らせて迷惑かけんなよってスタンスの最低人間だな。きっしょ

JCOMの営業拒否するには個人情報登録必要

住人が替わっているかもしれないから定期的に訪問して確認するという。

憲法で認められた営業自由なんだとさ

やはり改憲すべき

2024-04-13

anond:20240413192539

同性婚憲法がネックなのでさっさと憲法改正してください

夫婦別姓世界でも制度がばらばらだし、先進国の中でもむしろ日本より男性優先の国もたくさんある

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん