「市民権」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市民権とは

2018-06-25

捗る」という言葉

忖度と同じように、あまり使われてなかった言葉が、なにかのきっかけで再発掘されて使われるようになった言葉だよね。

もう10年位前のネットでだったと思うけど、誰か詳しく覚えてないかな。

以前も使われてた、っていう意見が多いけど絶対そんなことない。少なくともネット上や現実で今のようにポンポン使われてた言葉ではなかった。ネット歴を聞いてみたい。俺の記憶では10年位前の2ちゃんねるで急速に流行ったはずだ。捗る市民権を得てから時間が長すぎたから、お前ら勘違いしてるって。

言葉が一切不変的なものだと信じてるのか?忖度のようなことが10年前に捗るにも起こってるんだよ!使用頻度と使用方法は明らかに変わっているはず。現実から目を背けないでほしい。

十年後、忖度について話したらお前ら同じ反応するんだろうな。それ以前にも使われてたって。

ほらよ2011年ニュースだ。

http://www.yukawanet.com/archives/3796202.html

ソース出したらだんまりかよ。はてな民記憶力ないか10年前の話はできないってこったな。よくわかった。

2018-06-21

ダメと言われたら地下に潜ればいいだけだが、そんなにお日様の下で活動したいのか

何か勘違いしとりゃあせんか、日陰者の分際で

一丁前に市民権を得たとでも思ったか?

調子にのるなって

2018-06-19

Stellaris 志向考察

ステラリスは2.0になり、国内でもだいぶプレイ人口が増えているが、それでも志向について、おすすめ、ないし考察された記事は未だに少ない。wikiも有志の情報待ちが続く。

中卒ニート世界を語る: ステラリス2.0の雑感。志向について

http://worldofneet.blogspot.com/2018/02/20_27.html

数少ない記事の中で、ここでは物質主義いらない子扱いされていた。

ならばここは独自目線物質主義の魅力を書こう!

という事で、物質主義の強みを考察してみる。

物質主義精神主義

そうこうしている内にsteamではステラリス 2.1.1になった。

大きな変化として物質主義とある弱点が解消されたのだが、それは後にするとして、まず対立志向である物質主義精神主義の特徴をおさらいする。

物質主義

()内は狂信的な物質主義補正

精神主義

()内は狂信的な精神主義補正

これらの事から物質主義研究ロボットに特化し、精神主義統合力に特化しているように見える。

が、これらの志向に付随する派閥に大きな違いがある。そしてこれこそが物質主義を使いにくくしている元凶である物質主義派閥は「自国研究技術最先端」、つまり他国全てよりテクノロジーが進んでいないと派閥幸福度-5ものペナルティを受ける。しかもこの要求を満たさない限り(通常は)派閥幸福度が60以上にならず、派閥影響力が得られないである。これはいくらなんでもあんまり仕様だ。

影響力の産出に差があるという事実は、拡張布告において如実に不利が現れる。中盤までのステーションの産出は生命線であり、これが得られ難いとなれば結果は自明である

これに対し精神主義派閥は、自国志向物質主義採用し、なおかつ多数の物質主義POPがいれば、概ね政策のみで派閥幸福度を満たす事ができる。精神主義帝国スタートはこれらの要求最初から満たしているも同然だ。付け加えるなら、精神主義には専用建築物である聖堂」があり、この系統施設統合力産出増加と共に精神主義への魅力をもアップする。つまりPOP精神主義に集まりやすく、さらなる影響力増加につながる。幸福度も高まり産出もアップと隙がない。

物質主義は弱いのか?

…そういうわけで、はっきり言って強くはない。

しかし、使いこなせば(そして運に多少恵まれれば)爆発的な潜在力はある。一応。

ロボットについて、まず研究により初期段階のロボットが使えるようになるが、ロボットは2.1.1現在でも研究エネルギー生産に膨大なペナルティを持つ。よって、使い所は食糧鉱物のみであるしかし、種族テンプレートを適切に使えば、最初から鉱物特化で優秀な働きを示してくれるし、第一種族では居住の面倒な惑星でもガンガン働いてくれる。逆に言えば他に使い道はない。しかもこの使い方だけなら別に物質主義である必要すらない。

物質主義を生かすにはどうしたらいいのか?

ではどうするかというと、研究特化プレイである。それ以外に道は無いし、そのためだけにある志向だと割り切った方がいい。

物質主義のみが得られる研究ボーナスは3つ。

ボーナスを重ねろ!

前述のボーナスを最大限活用するには、このボーナスの差を守るために更なるボーナスを積む事だ。

難易度少尉ガッチリ研究に特化すれば、戦艦が解禁する頃には他の通常帝国は軒並み「テクノロジーレベル悲惨」になる。

攻略に関する備考

前述のボーナスは、実際にはボーナスPOPにかかる補正研究施設産出にかかる補正研究にかかる補正など微妙に違う。大雑把に言って「研究ステーションから得られる産出に補正がかかるかどうか」である。つまり学術特権知的スキル持ちのリーダーなどPOPにかかる補正より、研究産出そのもの補正をかけるボーナスは優先して取りたいという事だ。POPにかかる補正は、手元の資源相談して開始時期に注意を払う必要がある。まぁ結局は重ねれば重ねるほど良いのだが。

結果的研究のもの補正がかかり、優先度の高い要素は以下のものだ。なお物質主義補正(+5%/+10%)もこれに含まれる。

こうしてみると、物質主義固有の要素の中で「学術特権」のみ全体効果ではないため優先度が低いように思えるが、実はそうではない。学術特権POP研究+10%と共に、幸福度+10%底上げしてくれるからだ。例えば、幸福度85%のPOPは産出+12.5%だが、幸福度100%なら+20%である。同じ緑色のゲージですらここまで差が出る。よって、同時に幸福度を稼げるこの権利はできる限り早めに採用したい。

余談だが、前述したガイア惑星幸福度底上げはここでも微妙効果を発揮する。また、平和主義を同時に採用している場合志向としてのPOP産出ボーナスに加え、足りなければ専用布告の「平和の祭典」で幸福度+10%のダメ押し可能だ。


なお、上記の要素について優先度が高いと記したが、惑星POP補正がかかる要素をないがしろにしていい訳ではない。惑星研究施設が増えてきたら迷わずボーナスを積むべきだ。何しろPOP産出のボーナスを積むだけで研究施設の表面上の数値が軒並み2倍に跳ね上がるのだから。これが立ち並ぶとなれば、余裕で他国を突き放せるだろう。

鉱物食糧エネルギーの稼ぎ方については居住適性の低い惑星ロボットを送り込み、セクター化するのが手っ取り早い。ロボット特性ポイントが増えたら迷わずこれらの増加特性を得よう。

2.1.1での変更

2.1.1の本命

物質主義派閥要求する「科学最先端」の内容が変化した。

これまでは他国に比してテクノロジートップを走らなくては達成されなかったが、2.1.1からはなんと周囲の帝国と同等以上であれば良くなった。

これは非常に大きな変更点で、ようやく精神主義の後姿が見えてきた感じだろうか。ロボティクスを製造すれば物質主義への魅力値も増加し、弱点だった影響力面は完全にカバーされたと言ってもいい。

総論

物質主義はとにかく研究に命を注ぐ。

研究特化プレイを行うと、テクノロジーの進捗は文字通り爆発的だ。

難易度になると他国の強化補正が酷い事になるので厳しいが、適当難易度テクノロジーの横暴をひけらかす俺TUEEEをする分には非常におすすめである

2018-06-13

インターネットは皆平等

最近マジでどうでもいいことがインターネット炎上しているが、現実世界では誰にも相手にされていない人間低所得層、つまり社会的弱者炎上させているような気がしている。

掲示板匿名性のあるSNSでは、誰もがスタートラインは一緒。差別なく皆平等だ。ここまでは現代社会理想とする社会だろうに、そのうち特定の誰かを完膚なきまで叩き潰すようになる。

顔も声もわからない、文字さえ打てればコミュ障でも何とかなるインターネット。そこで市民権を得た社会的弱者は、小火で済むもの大炎上させることで日々の鬱憤を晴らしているのでは?そう思ってしまう。

この流れを助長させたのが、時に偏ったインターネットの声を大々的に報じるようになったマスコミだ。これは本当にデカかった。

社会的弱者は、「俺の声が日本を動かした」という成功体験を糧に、日々炎上案件を探しては叩くようになってしまう。そして、「謝れ」と。「国民(俺)に謝れ」と。社会的弱者社会強者に、社会抹殺を試みる。「謝ったけど謝って済む問題じゃないよね。国民(俺)は絶対に許さない。そもそもあいつが不道徳だったんだ、自業自得だバーカ。」

インターネットは皆平等。素晴らしい世界だけど、社会的弱者嫉妬が渦巻いているのが現状だ。日本国政府はこの事態を重く受け止め、特に安倍首相にはしっかりと謝ってほしいもである

2018-06-06

マンホールの件

正直あのデザインマンホール

自分の街に設置されてたら嫌だろ

気持ち悪いんだが

市民権を得たと思ってるのか?キモオタ

クールジャパンに関する私的メモ

ただの資料として

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3


クールジャパン経産省政策文化省や総務省は別の施策を行っている)

クールジャパン目的情報発信海外展開⇒人を国内に呼び込む という3段階が目的

経産省施策のため、文化維持などが目的ではなく基本的には金銭的なもの目的である

コンテンツ輸出は基本儲からない(赤字と言う意味ではなく総額が低いと言う意味

・そのためポップカルチャーの輸出のみでは目的が達成できない

・よって海外展開(アウトバウンド)⇒人を国内に呼び込む(インバンド)が重要点になる

・現時点での実績を鑑みると、複数報道とは裏腹に「結果だけをみれば」クールジャパン政策は"成功"している

・なぜならアニメ海外への輸出額や二次元産業という文化出自体が成功しており、さら日本国内への観光客安倍政権になってから爆発的に増大しているため、情報発信海外展開⇒人を国内に呼び込む という流れは成功している

・ただし、円安誘導はともかく個人的にはやはり経産省組織である海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)そのもの問題を抱えていると思うし、アニメ輸出の成功クールジャパン成功と結びついているとは言いがたい。

※この3段論法2000年代前半に「アニメ海外で儲かりますよ」という誤った認識が流布された際の反省点として改良を加えた論法に見える⇒気のせい?


クリエイター保護経産省ではなく恐らく文科省役割であると思われる。ただし、権力は弱い

・実写とアニメ製作者にも視聴者にも溝を感じる⇒実写界隈の人が無闇にアニメを叩いたり、逆にアニメ側も成長した結果復讐に走る傾向にある。

・これは文化政策を考える上で致命的であると考える。本来は一致協力して政府意見を述べたり圧力をかけるべき

・ただし、実写側もアニメ側も政府基本的に信頼していない傾向にあるように見える

・近年のコンテンツ施策は様々な国で行われるようになっている。アメリカイギリスフランスカナダ韓国中国、またナイジェリア等の新興国でも文化政策としてコンテンツお金を出すようになっている。

・そのため日本でも政府との協力をおこなわなければ大幅に不利な戦いを強いられることになる

・よって個人的には"なんらかの形で"政府の協力を得るべきだとは考える

政府出資した漫画海外全然売れないという話がまとめサイトなどで流通したが、あれは海外で設けられる事業を探るための総務省施策である

・「儲けられるか儲けられないかを判定するために小額のお金出資しまからマーケティングしてきてください」という話である

・その結果東南アジア(の特定の国)で漫画を売るのは現時点では難しい、という結果を得ることが出来た(つまり別に失敗していない)

資料を見るとわかるがラーメン店出展黒字になっており、近年のラーメン海外で受けていると言った日本国内報道はそういった点のフィードバックであると考える。

純粋文化維持政策庵野などが関わっている国立メディア芸術総合センターのみではないか

・⇒そういやアニメたまごがあった、あとは文化メディア芸術祭

・優先度低い企業補助金という報道があったが、これは新興企業ではないから、ベンチャー投資しろということか?

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051800343&g=soc

個人的には字幕翻訳は最も重要な点だと思われるので間違っているとは思わない

・ただし、クールジャパン機構の設立趣旨からはずれると考える(投資ファンドのため

・この点から目標設定がいまいちチグハグ感覚を受ける

6月末でクールジャパン社長が変わる。⇒官民ファンド10個ほどあるがクールジャパン機構は最も失敗している部類であるため(う~ん

ファッション系の大田社長から音楽アニメ系のソニー・ミュージックエンタテインメント最高経営責任者(CEO)の北川直樹氏へ

投資先が現在の「海外におけるファッション・食・デパート等」から海外における「エンタメ」に大幅に切り替わる可能性?

・実績を踏まえても海外エンタメ系に割り振って、ファッション・食・デパート等はインバウンドで儲けるべきというのは誤ってはいないように見える

・実写が置き去りになっている。⇒ただし、映画都市部でも撮影できるようにするという仕組みを整えようとしている、という施策を進めている

⇒唯一?、会見にHEROSに出てたマシ・オカ浅野忠信等が参加していたと思う

クールジャパン機構と総務省施策文科省施策内閣府直轄でそれぞれ別の施策を打っているように見える⇒縦割り?

統合は無理だろうけど・・・

・純日本だけで海外展開を進めるのは無理という意見がチラホラ出始めている。

・実際アニメクランチロールNETFLIX、bilibili、iYQIYなどの協力なしでは無理に見える。⇒フランスのWakanimはアニプレ参加でしたね

・でもヨーロッパへの輸出額が減っているのが気になる

・米中は大幅に増大しているけどヨーロッパで若干減っているのが気になる⇒クランチロールなどに全部吸い取られている?

toonamiFLCLやったり、アカデミアも放送するみたいだけどテレビ放送は拡大できるだろうか?

バンナムとかイマジカとか最近ついに海外進出を本格化させているように感じる。

少年ジャンプネバーランドノイタミナ進出)と鬼滅(Ufotabel製作)というのは海外受けをきちんと狙っている?

・ヒロアカボンズ製作による日本から見てもアメリカ受けは相当すさまじく見える。⇒アニメPV効果に気づいてきた?

ジャンプアニメピエロばっかはなくなる?

中国マーケットが落ち着いた昨年後半からアメリカ展開が加速しているように見える。

NBAゴクウシューズ流行る、ジョンボイエガ(NARUTOファン)、マイケル・B・ジョーダン、キムカーダシアンなどの相次ぐセレブによるアニメファン告白

 マイケル・B・ジョーダンは「親と一緒に住んで、背の小さい、アニメ好きは情けない」と言うリプライを一蹴する

 ⇒徐々にアメリカアニメ市民権を得つつある⇒ニッチニッチである、ただしその規模が相当拡大してきた

ワンピースアジアで人気

ツインエンジン大人向けアニメ開拓できるか?

 虐殺器官,刻々,ゴールデンカムイ,pet,バビロン,どろろ,ヴィンランドサガ⇒ほぼ大人向けに見える

 ただ、いまのところクオリティはいまいちに見える

2018-06-05

30年前のパンティ

の子供たちは信じてくれるだろうか?

昔のパンティーは赤しかなかった。

母親だけでなく、隣のお姉さんも同級生のあの子もドギツイ赤と薄い赤しか無かった。

もちろん、「ショーツ」などという呼称一般的ではなく、ましてフリル付きを「勝負下着」と呼ばれるのを聞いたことがなかった。

うちの父など、未だに赤くないパンティーはゲテモノだと思ってる。

おそらく赤くないパンティーが市民権を得たのはメーカーが来たときのような気がする。

女性下着のメーカーレナウンとかワコールとか

流行った頃。

初めて目にしたショーツに衝撃を受けた。

そのショーツは、今に思えば日本式の別物ではあるが、パンツズボンということが衝撃たった。

パンティーだけではない。

ブラジャー全てブラ。

ワイヤーとパッドが必ず入った布生地アメリカ式で、パッドを入れてつけるものだった。

楽天などなかった。

ライトグリーンも黒下着も一般的ではなかった。

https://anond.hatelabo.jp/20180604230339

anond:20180604230339

30年前の左翼

の子供たちは信じてくれるだろうか?

昔の左翼は赤しかなかった。

共産党だけでなく、社会党民社党アカしか無かった。

もちろん、「リベラル」などという呼称一般的ではなかった。

うちの父など、未だに赤くない左翼ゲテモノだと思ってる。

おそらく赤くない左翼市民権を得たのは政権交代ブームが来たときのような気がする。

初めての社会党首相に衝撃を受けた。

その連立政権は、今に思えば日本式の別物ではあるが、首相左翼ということが衝撃たった。

左翼だけではない。

自民党全て護憲派

自衛隊は黙認のアメリカべったりで、タバスコをかけて食べるものだった。

改憲論などなかった。

バジルオリーブオイル一般的ではなかった。

2018-06-04

30年前のスパゲッティ

の子供たちは信じてくれるだろうか?

昔のスパゲッティは赤しかなかった。

家庭だけでなく、給食ファミレスナポリタンミートソースしか無かった。

もちろん、「パスタ」などという呼称一般的ではなく、ましてミートソースを「ラグー」と呼ばれるのを聞いたことがなかった。

うちの父など、未だに赤くないスパゲッティゲテモノだと思ってる。

おそらく赤くないスパゲッティ市民権を得たのはイタリアンブームが来たときのような気がする。

イタリア語食べ物ティラミスとかパンナコッタとか

流行った頃。

初めて食べたカルボナーラに衝撃を受けた。

そのカルボナーラは、今に思えば日本式の別物ではあるが、スパゲッティ乳製品ということが衝撃たった。

スパゲッティだけではない。

ピッツァ全てピザ

サラミタマネギピーマンが必ず乗ったパン生地アメリカ式で、タバスコをかけて食べるものだった。

マルゲリータなどなかった。

バジルオリーブオイル一般的ではなかった。

anond:20180603115528

そんなことより、「延々と」「永遠と」を誤用警察もっと取り締まれ

取り締まりが甘いせいで「永遠と」が市民権を得つつある。

anond:20180603212817

ちょっと視界を広げれば、30になって結婚してないと言うだけで、男女の別なく欠陥人間であるかのような扱いを受けることは、二十年も遡ればごく普通に存在した。おそらく地方はいまも存在するし、一部の大企業では結婚していないと言うだけで人事評価マイナスが、おそらく現在もついている。

しかしそういう風潮も減少傾向にあることは確かで、何故それが減少中かといえば「結婚しない生き方」が徐々に市民権を拡大してきたからだ。

娘がLGBTだって知った親が強制的治療()病院に叩き込もうとするとか、相手の娘さんの親御さんに苦情()を言いに行くとか、まあ、そういう事例ってないわけではなく、おそらくたくさんあるだろう。増田書き込みから増田がいま即座にそういう人間関係にとらわれてはいず、世間的な差別圧力さらされていないのは理解できるけれど、それも半分は先人がそういう生き方の周知を進めてきてくれたおかげだといえる。

からLGBTの盛り上がりは過熱気味でなんだか居心地悪い気分はよく分かるけれど、未来の同種の人々の生きやすさへの投資だと思って目をつぶってあげてもいいんじゃないかな。多分増田過去の同種のひとの同じような未来投資に、今救われていると思うよ。

2018-05-23

anond:20180522230321

自分意見に都合がいい時は「ほら、日本中でこの件で日大を許せないと思っている人が多いから、こんなに会見に人が集まるし、注目もされているんですよ!」って言うクセに、自分意見に都合が悪い時は「日本マスコミ安倍政権のケツナメですよ」とか言うんだから。お前の都合でしか言ってないじゃんと、本当に白ける。大好きなアメリカ市民権も取って、好きに銃撃ってマリファナ吸って生きればいいだろうと。

2018-05-08

いらすとやに恐怖を覚える

いらすとや存在を知ったのは4年前。

フリー素材を探していた時のことだ。行政教育期間にも好まれそうなそつのないデザイン、それでいて現代テーマもしっかり押さえて色んな用途に使える。

見かけると、ずっと前から知っていた様な妙な安心感を覚える。

会社の近くのホテルメニューいらすとやが使われてるのを見て、ああそりゃ使い勝手いいもんなと再認識した。

その時母親が市の広報をしていたので、このいらすとやって人いいよ。使いなよ。

と紹介したのを覚えている。母親ネットに疎いので、そういう「流行り」そうなものを紹介できて少し自慢したのもおぼえている。

しかし今はどうだ。どこをみてもいらすとやばかりだ。外に出れば必ずどこかでいらすとや

ガソリンスタンドいらすとや図書館いらすとやバーミヤンでもいらすとやと来たもんだ。

これはもうアンパンマンドラえもんサザエさんばりに市民権を得たと言えるんじゃないか

きっと近い将来、アンパンマンドラえもんサザエさんいらすとやに取って代わられる時がくる。

ハリウッド時間問題だろう。すげえ見てみたい。

いらすとやには恐怖を覚えざるを得ない。

2018-05-03

anond:20180501230545

まぁ当事者がどんなに理屈をこねたところで現実にはロリコン市民権が無いのは事実からな。

個人的には社会生活が正常に営めてるなら部屋の中で何してようがいいと思うが、女を作るならいつかは捨てないとならんだろうな。ジュニアアイドルものがあるようじゃ家に呼べもしないし。

2018-04-28

母子家庭で金をかけずに暇をつぶせるのがアニメだったんだよね。

当時岡山に住んでたんだけど毎日6~7時には必ずアニメ放送されてた。

多分アニメ放送には恵まれてた県だと思う。

そういうわけで俺にとってアニメって暇つぶしが原点なわけで、どうしても『オタク』としては馴染めない。

声優にも興味なければ、監督作画担当脚本にも興味がない。

オタク友達と会話に温度差がある。

グッズにも興味ないか友達に同行してイベントに行けば浮かない程度に知らないキャラ手作りキーホルダーを買う。

最近は『オタク』が市民権を獲得してきて主張できる環境になってきたが昔も今も変わらず『オタク』に馴染めずアウェーだ。

なんだろう、『アニオタ』だと名乗った時の第三者からみられるポジションのどこにも入ってない違和感

第三者の『アニオタ』とはこういうものだ!という偶像に合わせるのももうめんどくさい。

2018-04-27

anond:20180427141315

自身の子ども時代と当時のオタ仲間を振り返って出てきた意見なのは事実勝手主語をでかくすんなってならその通り

でもおまえの大多数が~というのは他人事みたいな言い方の癖に根拠0で勝手に多数を代弁しててそれ以上に酷いぞ、せめて自分位話に含めろよ

まあでも最近はやたら露出好きでおめめキラキラした感じのオタクも見かけて、ああいうのは選択肢の中から選んでオタクになったって言われてもなんかわかる

今後オタ趣味もっと市民権を得てオタク裾野が広がると、オタクになる以外選択肢のなかった、かつての俺みたいなガキはオタコミュの中でも迫害されるようになるだろうか

2018-04-25

2018春アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 遅田だけど、A「〇〇面白いよね」→B「△△観てないの?」みたいなやり取りが嫌になったので色々観てみた。地上波アニメを観ないので、配信を待ってたら遅くなってしまった。まだ観ていない作品もあるけれど、ウマ娘の4話が配信されてたのを見て心が折れたので途中送信。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

 

2018春アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2018春アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

視聴継続~様子見(上の作品ほどモチベ高め)

ひそねとまそたん

 ネトフリ限定航空自衛隊のおしごとアニメ自衛隊等、軍隊の色んなお仕事を描く場合、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」みたいに架空戦争を描くのがセオリーというか、一番手っ取り早い気がするのだけれど、本作は日常業務を割とメインに描いている点で珍しい気がする。そのための「ドラゴンの世話係」というモチーフはすごく好き。

 何よりこの作品が良いのは、メインで描かれているのが「様々な事件航空自衛隊解決していく姿」とかではなく「そういった様々な業務をこなしていく中でもみくちゃにされる主人公の、心の機微」なところ。1話で既に胸がいっぱい。

 全体的にテンポが良い&笑ったり泣いたり出来る内容なので、「宇宙よりも遠い場所」が好きな人はツボかも。円盤買おうか検討中

ヒナまつり

 かっこいい大人を描くアニメ。ある日主人公の前に超能力を持った少女が現れて云々というモチーフはとても好き。特に特殊能力を持った子供と、精神的な支えになってくれる保護者大人)」という関係を描く作品がツボなのでもっと観たい。「アリスと蔵六」とか。

 とにかくギャグシリアスバランスが秀逸。「シリアスなシーンっぽいけどBGMギャグ」とか「イイハナシダッタナーと思わせといてツッコミで落とす」とか。特に及川啓監督作品この美術部には問題がある!」にも共通しているツッコミの良さが健在で嬉しい。

 公式ラジオによると「アイッター!」はアフレコ現場のノリで思いついたらしく、本作に限らずのびのびと声優が演技している作品は観ていて楽しい。「この美術部には問題がある!」でもアドリブをどんどん採用していくスタイルだったそうなので、本作もすごく楽しみ。

 なお監督は今期「ウマ娘プリティダービー」も兼任しているらしいのだけれど、控えめに言って命燃やし過ぎじゃないだろうか。

ウマ娘 プリティダービー

 P.A Worksによる競馬場擬人化アニメ田舎から上京した主人公が、ウマ娘の頂点を目指すスポ根モノ。でもライバルもみんなおんなじ学校にいたり、しかも割と仲がいいというのがすごく今っぽくて好き。でも実際そういうもんだよね。

 とにかくレースのシーンが非常に良く出来ている。草薙の背景美術によるリアル競馬場キャラクター同士の会話が聞こえないくらいうるさい歓声、ウマ娘の走るフォームやめちゃくちゃ重い足音、アツイ実況と落ち着いた解説、他の子に追い抜かれるときの「むりー!」とかすごく秀逸なセリフだし、そもそもレースシーンの尺とか(アニメの尺で1~2分。わざとかな)。競馬を好きになりそう。

 あと競馬小ネタが満載の作品になっている、らしい。私みたいに競馬初心者ニコニコ動画等外部記憶を利用しながら観ると10倍位面白いのでおすすめ

メガロボクス

 50周年につきリライトされたあしたのジョースラムからボクシングで成り上がっていく主人公を描く作品。各所で有名なイラストレータ監督を務めているらしく、キャラの造形にすごく味があって良い。それにスタジオ風雅の背景はドンピシャ過ぎる。

 いくつも映えるシーンがあるんだけれど、その度に主人公ライバルジョーや力石にしか見えないところがとても良く出来てる。

 アウトサイダー主人公を描く作品ヒップホップミュージックはよく合ってる。個人的に大好きなジャンル音楽なのでそれだけでもツボなのに、加えて音楽を引き立てるような演出もあったりして最高すぎる。音楽担当するmabanuaの楽曲google musicとかで聴けるのでみんな検索してみてね。

 私は原作未読なのだけれど、当時もボクサーと呼ばれる人たちは本作みたいなアウトサイダーだったのだろうか。今ではオリンピック種目にもなってるくらいメジャー競技なので、そういう「ボクシングクリーンイメージ」と距離を置くために、メガロボクスというモチーフを作ったのかも。

ヲタクに恋は難しい

 アマプラ限定2010年代ヲタクを描く日常アニメ最近観たオタク恋愛作品は「ネト充のススメ」と「3D彼女 リアルガール」だけれど、前者はトレンディドラマ後者少女漫画テイストな感じ。対して本作はもっと、有り物としてのオタクを描くことがメインになっていて、よくツイッターとかで流れてくる「オタク相方に持つ(自身オタクの)漫画家さんが、実際にあった面白いことを漫画にしてみました」的なものに近いかも。かつ、これまでのアニメ作品の中でも特に(私の知る限りの)リアルオタク像に近く、オタク=不健全な人みたいなイメージではなく「ほとんどのオタクは(多少不健全であっても)割とマトモに生きているんだよ」という描き方がされている。私はオタクではないのだけれど、とてもわかりみが深い。

 個人的に一番好きなシーンは「職場で昼休憩の時間になり、おもむろにイヤホンを取り出し、カロリーメイトを加えながらSwitchモンハンを始める主人公(男)」。なおクレジットちゃんモンハン名前がある。間違いなくモンハンプレイしていて笑った。

 驚いたのは「出ねえじゃねえかよ紅玉よお!物欲センサー発動してんじゃねえよ!(リオレウス狩りながら)」というくだりがノイタミナ枠で流れたこと。すっかり市民権を得たんだなぁ、としじみ。

 公式ラジオでも言っていたけれど、ネットスラング発音がすごく難しそう。正解がないだけに、「なんか違う」って思う人は多いんだろうか。

ラストピリオド– 終わりなき螺旋物語

 かわいいコメディソシャゲ原作なのに、自らを容赦なくネタにしていくスタイル監督は多くのラブコメ作品を作った人なので、コメディ要素が非常に良く出来ててとても面白いし、女の子がみんなかわいい

 特にソシャゲ要素のネタ化が秀逸で、一度でもソシャゲをやったことある人なら刺さると思う。老若男女誰でも?気軽に楽しめる感じがある意味ラストピリオドらしさなのかも(やったことないけど)。

宇宙戦艦 ティラミス

 ロボットアニメを題材にした、宇宙戦艦乗りの日々を描くギャグアニメ。「いつ戦闘になるかわからない中逃げ場所もなく、毎日同じ兵士たちと衣食住を続けてたらストレス絶対おかしくなる人出てくるよね」を体現したような主人公悲喜こもごもを丁寧に描いている。何が良いって、短いアニメなのに作画がめちゃくちゃしっかりしているので、色々ヤバイことになってる主人公を見ていると脳裏に他作品主人公の姿がチラつくこと。マジで実際ありそう。それにしても主人公の狂いっぷりが最高すぎる。

ゴールデンカムイ

 FOD限定アイヌ舞台にしたモンスターハンターみたいなゆるキャン制作は「虐殺器官」「刻刻」のジェノスタジオで、元請けは本作が3つ目。なんでハード作品ばっかなんだろ。

 物語の縦軸は悪人を倒し、素材を剥ぎ取って集める事だけれど、乱入してくるイビルジョーみたいなヒグマのほうが怖い。登別にある(´(ェ)`)牧場行ったことあるけどヒグマはめちゃくちゃ怖い。アレと対峙する主人公フィジカルは、モンスターハンター世界で最強の生物ことハンターのそれである

 一方ゆるキャン要素がとても良い。風景のロングショットの多さや焚き火が何度も登場する感じとか。そういう雰囲気を大切にしてる作品

 音響が良いので、自然音(焚き火の音とか)も戦闘音(爆発音とか、銃のリロードをして排出された薬莢が岩の上に落ちて転がる音とか)もとても雰囲気が出ていて痺れる。

 音楽は全体的にストリングスでまとまっていて、映画みたい。サントラ買おうかな。

 アイヌ語監修、アイヌ設定監修がおり、アイヌ文化について丁寧に描かれているのが印象的だった。なによりアイヌの人→アイヌの人ではなくアイヌの人→アイヌじゃない人の構図でアイヌの話をするので、細かい説明付きでとてもわかり易い。

 OPMAN WITH A MISSIONなのは流石に草。絶対顔で選んだだろ!

あまんちゅ!~あどばんす~

 2期。1期のときと変わって監督佐山聖子総監督は引き続き佐藤順一)、脚本赤尾でこ福田裕子に。やさしいせかい部活モノ。私は他校との競争がメインの部活よりも「その生徒にとって、一生モノ楽しい思い出や趣味、居場所作り」がメインの部活のほうが好き(必ずしも両者が対立するわけではないけれど)で、本作は後者

 以前「高校時代一生懸命部活に打ち込んでいたのに、高校卒業したあともその分野を続けてる人がほとんどいない」みたいなニュースブラック部活問題話題になったけれど、本作のダイビング部であったり、ゆるキャンの野クル(部活じゃないけど)みたいなのは部活という在り方に対する一つの答えなのかも知れないなぁ、と思った。何より先生が良い人で、悩む主人公を導いてあげる役目を負っているのが好き。

 背景美術雰囲気、なんか変わった?と思ったらスタジオカノンJ.C.STAFF美術部に変更してた。どちらも非常に綺麗。

 物語の縦軸は「てこの成長」なので、1期を見ていないとピンとこないと思う。

LOST SONG

 ネトフリ限定ミュージカルアニメそもそもディズニー作品以外にミュージカル風のアニメを見たことがないので、すごく新鮮。ストーリー自体王道で、「不思議な力を持つ主人公」「ギークちょっと頼りない兄弟」「正義感の強い騎士」「悪い王子」「心の優しいお姫様」等キャラクターの描き方もわかりやすい。そういうベクトル作品なのがネトフリらしさなのかも。

 抑圧に対する開放の象徴として「歌」があるストーリーがとても良いし、「歌っちゃいけないと言われてるけど、つい歌っちゃう主人公」と「国民から好かれているから歌ってるんだけど、その歌を政治の道具にされているお姫様」という対比も良いなぁと思った。お姫様中の人田村ゆかりなのもハマリ役すぎるし。クラシック基調とした音楽めっちゃ良い。

 背景美術はでほぎゃらりー。この会社ドワンゴカラーとポノックが立ち上げた会社なのだけれど、クオリティがめちゃくちゃ凄い。森の中のシーンとかジブリ男鹿和雄が描いた森みたい。まだまだ歴史の浅い会社なのでうまくいくと良いな。

鹿楓堂 よついろ日和

 甘味処日常アニメメインキャスト達の低音成分が凄い(そういうディレクションなのかも)のに、やさしいせかい+飯テロ+スイーツテロも相まって非常に強烈な癒し系アニメ。和な雰囲気も良いし、1話完結になってる点も観やすくて良い。

多田くんは恋をしない

 雰囲気の良い日常アニメ高校生+カメラ+青春といえば「Just Because!」が思い浮かぶけれど、本作は日常のウェイトが大きい作品タイトルから「お、恋愛モノかな?」という先入観で観ると肩透かしを食うかも。タイトルを意訳すると「A子ちゃんはB男くんが気になってて、でもB男くんはC子ちゃんにゾッコンで、D子ちゃんはE男くんが好きで、F男くんはG子ちゃんが好き。でも多田くんは恋をしない」みたいな感じ。

 日常恋愛バランスは「のうりん」とか「日常」とか「月刊少女野崎くん」くらい?日常コメディがメインの脚本になっている印象。かといってボケツッコミで落としていくわけでもなく、ゆる~い感じがとても良い。各話サブタイトルの「まぁ、間違っちゃいない」「それ、好きだなぁ」あたりが本作のゆるさをうまく表している。3話における喫茶店のシーンの雰囲気が、音楽も相まって本当に良すぎて辛い。

ニル・アドミラリの天秤

 オトメイト原作大正浪漫譚。華族出身ツグミは、ある日弟のヒタキが稀モノの起こした事件に巻き込まれしまい、これをキッカケにツグミアウラが見えるようになる。そんな彼女の前に帝国図書情報資産管理局、通称フクロウが現れ、稀モノの調査協力を依頼される…というストーリー

 大正時代テーマになっていて、主人公の格好、お屋敷内装、装飾品、小物、街並み、イケメンたちの衣装等、細部までこだわりを感じる。私は大正時代建築が大好きなので、本作の雰囲気ドンピシャすぎる。色彩もすごく綺麗だし。やることが本集めなのも良いよね。

重神機パンドーラ

 ネトフリのみ。マクロスでおなじみ河森正治による新規IPクレジット重慶市があるので、実質中国ご当地アニメ

 まず主人公の設定が良い。主人公は新しいエネルギー研究をしている量子物理学研究者で、ひょんなことからその新エネルギー施設事故世界が軽く滅んじゃって、その影響で世界中の動植物機械化してしまい、そいつらによって人類が滅びそうになっているので、人類を救うために日夜研究している、みたいな。主人公ギークっていうのも珍しいけど、動機とか哲学が独特。特に2話が象徴的で、主人公の持つ正義の危うさが描かれているのがツボだった。

 世界観はフォールアウトに近いかも知れない。上記事故風景はウェイストランドみたいだし、フォールアウトにおけるミュータントやグールがこっちの機械生物に相当する。フォールアウトが人vs人の世界とすると、こっちは人vs自然。とても良い。

 あとロボデザインが好み。手書きではなく、3DCGの味を出したデザインなのだけれど、微妙に人型じゃないところとかアーマード・コアっぽくて好き(主人公機は人型だけれど、2話の作中で「クソの役にも立たない」と酷評を受ける)。

 本作のクレジット重慶市があったので、そのうち中国でも放送されるんかなぁ?とか思っていたのだけれど、公式ラジオによると、本作はアフレコ日本スタジオと並行して中国スタジオでも行っていて、オンタイムでそれぞれの地域言語放送しているらしい。「いつの日か、日本アニメ字幕じゃなくて現地語でアフレコされた上で日本と同じタイミング放送される作品とか出てきたりするんだろうなぁ」と思っていた矢先だったので、そういう意味でとても興味深い作品

魔法少女 俺

 今期随一の萌アニメ。萌アニメと言えばいろんな属性を持つ多くのキャラクター達が出てきて、自分推しを見つけるのが楽しいのだけれど、本作は主人公可能な限り多くの属性付与を行うという手法をとっているのが斬新。3話まで観た限りでも主人公は”女子高生カワイイアイドル、歌がうまい(?)、ダンスが得意(?)、食いしん坊、魔法少女イケメン、パーフェクトボディー、強い(物理)、百合BLNTRetc”と幅広い属性を持っているので、理論ストライクじゃない人はいないはず。CV.大橋彩香CV.石川界人)も非常にハマリ役で好き。原作者の担当するEDめっちゃ綺麗だし。

2018-04-16

anond:20180416182030

フェミがどうか(あるいはフェミかどうか)は知らんけど。

ホモという呼び方差別的文脈で使われてきたこからそこを掘り返すインセンティブなさげ

その上でLGBTよりセクマイを使おうという人はいるがマイノリティとするのもあまりよくない(いろいろな面で)、という風潮であり、代わる呼称として何を持ってくるか、たとえばGSDとかがどれだけ市民権を得ていくのかが今後の課題であるかなあ、という感覚

2018-04-05

オタク市民権勘違いするなよ

クールジャパン海外から囃し立てられているのはあくまでも、ジャンプ系(ワンピースナルトなど)のアニメや、ガンダムハルヒなどメジャーアニメであって、

二次元萌え萌えセクシーキャラが受け入れられているわけじゃない。

 

からオタクと名乗るのは構わんが、ディープな所を責めてしまい引かれてしまってもそれは周りがオタク偏見しているのではない。

 

こういう事言うと顔真っ赤にして「けいおん女子にも人気!」とか「女性人気」を言ってくるやつが山のようにいるが、そういうことではない。

人気だから全体に受け入れられているということはない。ワンピース大人漫画だがお前たちが空島以降つまらないというようにな。

 

線引きを教えてくれ?

バッカ、それがわかれば会社で「あいつはエロゲーのために会社を休むらしいぜ」とまことしやかに囁かれ村八分にされていないんだ、クソッ。会社休んだのはMHWの発売日だからだよ、クソッ。

2018-04-04

anond:20180404135216

いや、女性は抑圧されてないよ。

少なくなったとは言え、一般職もまだあるし

専業主婦もまだ市民権ある。

専門職を強いられたり、ヒモ呼ばわりされる男性に比べたら全然

2018-04-03

ハニートーストかい常軌を逸したデザート

アイスだけでも十分なのに、その上に食パン一斤丸ごとって頭おかしい。

考えてみろよ、朝食でも昼食でも食パン一斤喰わないだろう。

アメリカのアホスイーツレベルなのに割と市民権を得てるのがすごい。

2018-03-27

腐女子腐女子より

単刀直入に書く

坂〇忍の件は完全にスルーしよう

盛り上げちゃいけない

腐女子は隠れてなくてはならないから黙ってろ」とかそんなんじゃない

ただ単に騒げば騒ぐほど、坂〇忍が得をするだけだよ

今も昔もそうだけど、炎上って儲かるの

しか槍玉にあげる話題は「ある程度知名度がある日陰者」ならなんでもいいの

あの文章は何年か前なら「腐女子」が「オタク」だっただけ

本当になんでもいいの目立てば

本当に中身のないテンプレート文なんだよ

そしてそのテンプレ文でヒットした中身は、「皆が注目するコンテンツ」として学習されてしま

から今回騒げば騒ぐほど、これから腐女子叩き」が増えていくよ

それでしばらくして「腐女子とは」みたいなやつが流行る→手のひら返し腐女子を良い感じに取り上げるやつが増えるまでがテンプレだよ

それで「市民権得た!」とか喜んじゃダメだよ、金になるから誉めてるだけだから

腹立つでしょ?ムカつくでしょ?

からネットと一緒で、無関心やスルーが一番ダメージいくから完全にスルーしようね

腹立つやつの金になる行動なんかしなくていいよ

2018-03-19

アナニー市民権を得たけどカテニーはまだだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん