「難民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 難民とは

2023-06-01

世界の大失敗政策女性社会進出

女性を抑圧しているイスラム圏や女性子育て専任してる途上国人口伸びてるけど

先進国でも移民が多いフランスアメリカですら2.0付近

G7だと

フランス 2.02

アメリカ 1.84

イギリス 1.63

ドイツ 1.58

カナダ 1.57

日本 1.39

イタリア 1.24

となっている。

女性が働くために、子供は預ける必要があるが、アメリカでは子育てにかかる費用は年間平均9000~9600ドルにもなるという。育児のために貯金が吹っ飛ぶことも珍しくないそうな。

から子供は欲しくないって人が増えているが、フルタイムで働く学もないし金がないはずの難民たちは増え続けている。

少子化を気にするなら、女は家で子育てしろって社会の方が良いし、日本人以外が増えるように移民政策を推し進める方がいい、これは自明だ。

女性社会進出が進む限り、どうやったって子供を産み、育てるのは難しくなるのも分かる話だ。

キャリアを気にすれば、出産育児リスクが大きくなり、タイミング的に遅くなるのは自明だし、複数人育てることも難しくなるよな。

嫁も働く我が家一人っ子だけど、専業主婦の妹は4人を育てている。

2馬力我が家の方が、妹家族の3倍稼いでるにも関わらずだから経済的問題ではないんだよね。

いくら金をばら撒いてみたところで、無駄もいいところだ。

世界中人口が増え続けても、それはそれで地球環境的に困るから先進国が衰退していくくらいの方がいいのかもしれんな。

まぁ、フランスのようにアフリカあたりからムスリム移民が増えでもしないと、日本出生率2.0を上回ることはないね

女性社会進出女性の権利、格差是正に取り組むのは良い。

だが、ならば少子高齢化は諦めなさいよ、それは女性子供を産まない環境を作った結果です、出産適齢期に仕事してるからであって金の問題なんかじゃありません、って話だな。

https://anond.hatelabo.jp/20230529211944

2023-05-31

はてなー性犯罪者難民移民として入ってくる事には賛成なの?

殺人婦女暴行の「難民申請者」が日本に居座るー入管法問題点

https://withenergy.jp/2449

スリランカ男性2000年に90日間の短期ビザ来日して違法滞在を続けている。その間に、2回の性犯罪を犯し、2度服役後、21年に6月に3度目の難民認定申請を行っている。そして日本に居続けている

anond:20230531023251

テロ犯罪が怖いかイスラム教徒難民排除しろ。彼らの中に混じってるテロリストや犯罪者が区別できないから怖いもん。

>というド直球の差別と同じです。

はい、間違い。

女性痴漢から守るために男性男性トイレへ、はなーんも差別ではありません。

トランスもまったくおなじな。男性トイレへどうぞ~

anond:20230530142405

その意見は、

テロ犯罪が怖いかイスラム教徒難民排除しろ。彼らの中に混じってるテロリストや犯罪者が区別できないから怖いもん。

というド直球の差別と同じです。

トランス女性とは無関係シス男性犯罪者の存在理由に、マイノリティであるトランス女性女性として扱わず女性用スペースから排除することは許されない差別です。

トランス女性排除を求めるのではなく、シス男性犯罪者への対応だけを求めましょう。

2023-05-30

難民認定

現行の運用上、難民認定されるのは、出身国政府から直接危害を受けていると日本国が認める場合に限られる。クルド人認定しないのはトルコとの外交的関係考慮していると言われている。難民認定をするということは、日本国として自国民迫害するような酷い国家である宣言するに等しい。

一方で、自国政府迫害されているわけではないが、特別事情がある場合には在留特別許可付与することがある。日本人との婚姻関係や、自国政府迫害ではないが政治的に困難な事情があると認められる場合だ。後者については、入管法改正により「補完的保護対象者」として保護対象になることになる。

実は、近年は難民認定よりも在留特別許可の数の方が多い。令和2年は難民認定47人に対し、在留特別許可44人、令和3年は難民認定74人に対し在留特別許可580人、令和4年は難民認定202人、在留特別許可1760人。

https://www.moj.go.jp/isa/content/001393014.pdf

コロナ関連での特例もあるとは思うが、特別在留を認める制度難民認定だけではないということも言いたかった。

ただ、難民に該当しないことが明らかであるのに、人道上配慮必要なケースについても、難民申請をしなければ申請中に日本に居続けられない構造になっているのは、変な話ではあると思う。難民認定制度難民かどうか判定する制度であって、それ以外の事情判断するのには別個の仕組みがあるべきという意見もある。

anond:20230530100427

本当の難民だけじゃないから、法改正しようとしてるんだよ

自国仕事がないから、日本仕事をしようとしてる経済難民

自国内で犯した軽犯罪から逃げるために、日本に逃げようとする難民

これらの難民が多い

大体、本気で国から逃げようと考えたら、日本なんて選ばず、難民に寛容な国へ行くだろ

2023-05-26

病気社会的治療できる場合もある

生存放棄症候群未来絶望して昏睡状態に陥る子供たち

https://trendripple.jp/35285.html

難民の子供たちが発症し、ひどい場合には寝たきり状態に陥るという「生存放棄症候群あきら症候群)」。

多くの医師心理学者が、子供たちの回復のためには、

安心して将来を考えられる環境

必要であり、一家に「永住権」が与えられることが一番の治療だと主張してきました。実際、永住権が認められ、または滞在期間が延期になった家族の子供たちの多くは、その後目覚めて回復しています

この病気特効薬は製薬メーカーが開発した薬ではない。

子供たちの家族に対する永住権付与特効薬である

化学生物学の仕組みではなく、社会的治療できる病気もあることを国は理解して欲しい。

性的マイノリティーの抑うつ不安は非当事者の2倍

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000300420.html

性的マイノリティーの当事者では、抑うつ傾向の強い人と不安感の強い人の割合がおよそ43%だったのに対し、非当事者では抑うつがおよそ17%、不安がおよそ14%で2倍以上の差があったということです。

「チキラボ」は同性婚の導入が心の健康改善すると指摘する海外の先行研究などを踏まえ、早急な法整備必要性を訴えています

性的マイノリティ当事者についても、深刻な健康問題が指摘され、また同性婚による健康改善可能であることが指摘されている。

社会の側で対応できる精神医学的な病因は、どんどん改善に持っていきたい。

難民認定をしない処分に対する不服申立ては、平成28年4月1日に施行された改正入管法により、従来の「異議申立てから審査請求」に改められました。

令和4年における難民認定者数等について

https://www.moj.go.jp/isa/publications/press/07_00035.html

難民認定申請者数は3,772人で、前年に比べ1,359人(約56%)増加。また、審査請求数は4,461人で、前年に比べ415人(約10%)増加。

難民認定手続の結果、我が国での在留を認めた外国人は1,962人。その内訳は、難民認定した外国人が202人、難民とは認定しなかったものの人道的な配慮理由在留を認めた外国人が1,760人。


ブクマカ馬鹿なので、難民審査をすると聞くと、最初の判定のことと勘違いちゃう人が多いけど、

難民認定をしない処分が出た人から異議申立てがあった場合に「審査」することなんだね。

くだんの女性は、難民を助ける会の名誉会長であり、それを御用審査員だなんだと揶揄するのは、ちょっと違うんじゃないか

https://aarjapan.gr.jp/about/message/

anond:20230526080228

本当に救われるべき難民が認められているなら、日本は今頃、難民だらけになってるはずじゃない?

そして、日本全国あちこちで、難民市民とのトラブル炎上し、難民排斥運動が起きてるはずじゃないの。

埼玉県南部クルド人問題みたいなのが、日常茶飯事になってないとおかしいよ。

anond:20230526080228

だよねぇ。

入管庁は、適切に難民認定をしている。

から入管から難民認定されなかった人を対象に、柳瀬房子参与員が見落としが無いかチェックをしてるけど、

入管庁がちゃん仕事をしてくれているおかげで、

難民認定されなかった人の中から難民をみつけることができない!

って言ってるだけだよね。

anond:20230526075521

日本難民認定ゼロだと思ってんの?

「どんな難民日本には入れさせないぞ」ってなに?

救われるべき難民認定されてます

柳瀬房子・難民審査参与員は何者なの???

柳瀬氏は21年の衆院参考人招致で「難民認定したいと思っているのにほとんどみつけることができない」と発言

柳瀬氏は、認定NPO法人 難民を助ける会(AAR Japan)の名誉会長 で、

https://aarjapan.gr.jp/about/

難民救済業界ドンみたいな存在じゃないの?

入管庁が最初難民申請審査して、却下されてしまった人達の中から救われるべき難民を探し出そうと必死になってるのが、

柳瀬氏ではないのか。

それとも、入管庁と難民を助ける会がグルになってて、どんな難民日本には入れさせないぞって活動をしているんか。

2023-05-23

難民に該当しないのに難民申請で粘らせて、結果として死人が出てる。入管管理は悪かった。だから入管改正では仮放免判断健康上の理由考慮することを明記するようにしてる。

一方、変な方法を吹き込んだ方は政権叩きに利用している。可哀想な人がいればいるほど、寄付が集まるから、むやみやたらに粘らせるようになるんじゃないか

2023-05-22

anond:20230522191021

難民申請せず諦めて帰ればよかったのに難民申請したり強制送還も嫌ってなって入管で往生したりヤバイ支援者がバックにつかなければ入管側も疑いをもって接したりしなかったよ。

わかりやす言葉で言うと、「日頃の行いが悪いせい」

お前だって名前も出ている性犯罪者が近くに引っ越してきて、お前の生活圏内で「性犯罪が起きました」ってなったら「引っ越してきた性犯罪者がやったかも?」って思うでしょ?

anond:20230522182814

なってるだろ。入管法改正反対とジャニーズのバックはcolabo関係者しかおらん。難民国境破壊するクズだよ。ジョージ・ソロスのやることだ。

入管法改正

難民条約上の難民以外でも、紛争政治的事情での保護を要すべき外国人に安定した在留資格を与える仕組みをつくる

在留特別許可申請権が規定される(いままでは恩恵的、例外的措置で、申し出できるかどうかも不透明だった)

送還停止効は原則二回までにする。ただし、相当の理由説明すれば3回目以降の申請可能

④監理制度を適切に利用できる場合収容しない方針に変える。仮放免判断には健康上の理由考慮することを明文化する

ウィシュマさん事件への違和感私見

維新議員さんの件でまた騒がしくなっているウィシュマさんの事件ですが、こう、メディア等の問題設定に違和感があるわけです。

人が亡くなっているわけですし、直接的な原因としては入管不手際があるわけで、入管体制見直しは待ったなしだと思うんですが、本当にそこだけをクローズアップするのでいいんでしょうか。その点では、件の議員さんの問題意識は正しいと思います(まあ、追求するのはそこじゃねえだろ、というのはあるのですが)。

ということで、改めて入管調査報告書を読んだので私見を述べたいと思います

これはウィシュマさん、支援者入管問題が複合した悲劇

亡くなった方を悪く言うのは気が引けるんですが、ウィシュマさんはかなり「やって」ます

そして大事なところで嘘をつく癖があります

留学ビザ入国して、学校に行かなくなった(本来ならその時点で帰国しないといけない)

在留資格を延長する目的で、難民事由に該当しない内容で難民認定申請を行った

・その申請内容が虚偽だった

申請が不許可になったので逃げた(意図的オーバーステイした)

・偽造在留カードを所持、使用して不法就労していた

オーバーステイ事由に該当しない難民申請、偽造在留カード使用はそれぞれ単体でも在留却下されるやつです。ウィシュマさんがどこまで理解していたか不明ですが、在留資格を得られる可能性はほぼなかったと言えます

恋人のBさんとDVに関する疑惑

その他にも怪しい部分がたくさんあります。同情的に語られる恋人からDVですが、不正確な話が色々あります

まず、ウィシュマさん逮捕の時点でBさん(報告書記載ならいます)とは恋人関係ではありませんでした。Bさんの話によると、逮捕の8ヶ月ほど前には既に関係は解消しており、Bさんは別の女性交際していました。その後も同居は続けていたという話です。その上、逮捕の3ヶ月前にはウィシュマさんが仕事をやめたことで、Bさんが家賃生活費を全て出していたそうです。恋人でもない人の生活費を面倒見るというのは、一般的DV男とはだいぶん印象が違います

しかもBさんは暴力を振るったことがあるとは認めつつ、一方的ものではないと証言しています。ウィシュマさんから体当たりされている動画や、投げつけられたコップや破られたパスポートといった物の写真を残していました。刑務所からウィシュマさんに送った手紙にも、よくけんかをしたという内容が書かれています

もちろんそれだけでDVがなかったという確証は持てないんですが、Bさんは逮捕の2日前にウィシュマさんから復縁を迫られたとも証言していますDV加害者復縁を迫るなんてことあるのかな、という疑問もDV存在を疑わせるわけです。

また、Bさんはウィシュマさんと同じ日に、ウィシュマさんの密告によりオーバーステイ逮捕されていますDV加害者から逃げようとしている時に相手を刺激するようなことするかな、という点も大いに疑問です。

ちなみに、Bさんから脅迫的な手紙が届いたというエピソードは、ウィシュマさんの密告だと気付いたBさんが怒って書いたものです(Bさんは偽造在留カードを2枚、本人名義他人名義のものを持っており、警察他人の方の名義まで知っていたということなので、まあ分かりますよね)。つまり手紙による脅迫はウィシュマさんのオウンゴールに近いものです。密告すれば恨まれるに決まってるじゃないですか。

余談ですが、ウィシュマさんはBさんへの手紙には誰が警察通報たかからないと書きつつ、入管への仮放免申請の際は「彼氏は、私のせいで警察に捕まったと分かったようで」と書いています

この手紙脅迫をもってウィシュマさんは帰国できないと言っていますが、これも怪しいです。というのも、Bさんとの手紙のやり取りは10月に行われているのですが、支援者面談した12月の時点ではまだ帰国するつもりだったからです。その時点ではBさんが障害になるとは考えておらず、在留気持ちが傾いたためそれを利用したとしか考えられません。

家族とのよく分からない関係

家族についても不思議な点が多いです。ウィシュマさんは家族からの連絡は途絶えている、だから帰国したらお寺に行くと話していました。またBさんは逮捕の後、入管施設収容され、11月仮放免を受けています。この時ウィシュマさんの母親電話してウィシュマさんを助けてほしい、妹に自分電話番号を伝えてほしいと話したそうです。しかしウィシュマさんの家族から連絡はなかったそうです。

一方、ウィシュマさんが亡くなった後すぐに来日していることからも、本当に家族関係が悪かったとは考えにくいです。ただ、留学ビザが1年3ヶ月だったことは知っていたと思うのですが、2年過ぎ、3年過ぎても帰って来ないウィシュマさんについて何も思わなかったのでしょうか?ウィシュマさんが日本滞在している間、連絡は取っていなかったのでしょうか?来日した後でウィシュマさんと知り合ったBさんは母親の連絡先を知っていたのに?何かトラブルがあったのでしょうか。よく分かりません。

病院に連れて行って」について

入所後の病院に連れて行って欲しいという要望についてもなかなか厳しいものがあり、ある時点までは仮放免のためのアピールだったと考えざるを得ない部分があります2月1日看護師面談の記録に、看守にはなぜ病院に連れて行ってもらえないのかと主張する一方で、看護師には病院行きたくないと語ったとあります2月1日は、嘔吐を繰り返していたため共同室から単独室に移動したタイミングです。つまり、その時点での「病院に行きたい」はただのアピールだった可能性があるということです。2月中旬には自力トイレに行けないほど歩けなくなっていので、おそらくそこまで至っていれば本当に病院に行きたいと思っていただろうと思われますアピールなのか本気なのか、看守が見誤ったのはオオカミ少年的な事情が感じられるのです。

というわけで、入所時にオーバーステイ在留カード等の諸々でそもそも印象が悪いところに、支援者との面談帰国意思が覆り、病院に連れていけとアピールと始めた、というのが実態だろうと思うわけです。これで本当に具合が悪くなったタイミングを見極めてきっちり対処しろというのはなかなか負担が大きいだろうなと思うんですよね。なので、今回の議論の中で見かけた、予断をもって当たることのないよう収容所の運営は別組織にした方が良いと言う意見は、ある程度的を得ていると思ったりします。

支援者問題

支援者支援者で、確実にやらかしています

帰国意志があるウィシュマさんに対して在留を促したこと

・ウィシュマさんに「(体調不良を)アピールした方がいい」と伝えていたこ

・これまで大量に仮放免身元保証人になっており、その20%以上で取り消しになっていること

ウィシュマさんにとって、この支援者出会たことは不幸だったとしか言えません。報告書を読んでも、なぜこの支援者がウィシュマさんに在留を勧めたのか、さっぱり分かりません。12月16日の面談記録に「日本生活したいなら支援するので仮放免申請等を行ってはどうか」と助言したと残っています出会っていなければ、ウィシュマさんは帰国できていた可能性があります入管帰国の準備を進めていたからです。

当時はコロナ対策のまっただ中で、スリランカへの航空便は全便停止していました。そこで臨時便に乗ってもらおうとしたのですが、費用問題が立ちはだかります運賃に加え、帰国した際は一定期間隔離されるためその宿泊費を自費で出す必要がありました。ウィシュマさんは手持ちのお金がなかったためさまざまな方法検討されたのですが、そのさなかに支援者出会い、帰国しないと言い出してしまったのです。

議員さんは、ウィシュマさんがハンガーストライキをして亡くなったのではないか支援者がそれをそそのかしたのではないかと言って炎上しました。私もハンストではないと思うのですが、支援者の影響はあるだろうという見解は同じです。

私はどちらかと言うと、報告書に出てきた身体障害身体症状症)のたぐいではないかと思っています。体の機能には異常がないのに、悪いところがあるという本人の思い込みで本当に具合が悪くなってしまうというものです。ウィシュマさんが体調不良を言い出したのは1月中旬で、支援者1月20日の面談記録に「入管体調不良者について何もしない。病院に行って体調不良を訴えないと仮放免されない。仮放免されたいのであれば、病院が嫌いでも病院に行った方がいい」「仮放免されたいので,絶対病院に行く」という内容の会話があります。これによって「病院に行かなければ」という思いが生まれ、行けない期間が長くなるにつれ焦りに変わり、強迫観念になってしまったのではないかな、と。こればっかりは想像の域を出ませんが。

入管の扱いが悪いから体調を崩したのだ、という考え方もありますが、個人的にはそちらには否定的です。8月に入所してから4ヶ月間は健康に過ごしている点と、体調を崩し始めた後の1月29日にウィシュマさんは看守、支援者のどちらにも「入管での生活は快適で、ストレスは感じていない」と話しているからです。もっとも、ウィシュマさんは病院が嫌いだったようなので、行きたくないから嘘をついた可能性も否定はできません。仮放免のために病院に行きたい、でも嫌いだから行きたくない、そういうアンビバレント精神状態ストレスになっていたのかもしれません。もし嘘だったのであれば、嘘をつく癖が悪い方向に働いたと言うべきでしょう。いずれにせよ、精神的な問題を抱えていたのであれば、支援者の助言は影響していたと思います

仮放免許可されなかった理由

ウィシュマさんの仮放免申請は2回提出され、1回目は不許可、2回目は亡くなったため判断なしという結果でした。2回目は許可方向性だったものの体調が著しく悪いため保留というステータスだったのでともかく、1回目が不許可だったのは半分支援者のせいです。

今回身元保証人になる予定だったS3さんという方は、2015年1月から2021年3月までの間に47件の仮放免保証人になっています。そのうち10件で、逃亡等の理由仮放免取り消し処分になっているのです。約21%にあたるので、同期間の全国の仮放免取り消し率(約6%)の3倍以上です。さら保証人になった後、仮放免された当人を近隣に住まわせないという暴挙に出ています名古屋入管の話なので多分愛知県にお住まいだと思いますが、なぜか対象者兵庫県に住んでいるケースもあったようです。身元を保証する気があるのか疑われたのも無理ありません。また今回のケースでは特に、ウィシュマさんが在留希望に転じたのは支援者の影響なので、支援者暮らしたらより帰国させるのが困難になるのではないかと考えていたようです。

要するに、「この人に預けると退去強制執行できなくなる可能性がそこそこ高い」と思われていたということです。仮放免あくま帰国までの間収容所の外で暮らせるという制度なので、帰国しないぞと頑張られては困るわけです。

結局、ウィシュマさんは支援者の助言により仮放免を求めて帰国をやめ、支援者の負の実績により仮放免を受けられなかったわけです。ウィシュマさんが入国管理制度についてどれだけ理解していたかは分かりませんが、仮放免在留許可勘違いして帰国を思いとどまってしまったのであれば、これほど不幸なことは無いと思います。ウィシュマさんは日本で働きたいと思っていたはずですが、仮放免就労不可なので生活費の全てを支援者に頼ることになり、思っていたような生活はできないんですよね。

あと、ヒアリングの途中で調査チームへの協力を拒否した点も印象悪いです。

入管問題

悪い条件が相当重なっていたこともあり、個人的には入管に対してかなり同情的なのですが、それでもこんな形でウィシュマさんが亡くなって良いはずがありません。私の思う問題点は1つだけです(そこから色々派生するんですが…)。

・歩けないほど衰弱してるなら病院に連れていけ。

そこそこ元気だった人が2週間ほどの間に歩くことすらできなくなったのを目の当たりにして、緊急性を感じないのは感覚麻痺しています。さすがにそこは擁護できません。いくら2月19日の段階で3月4日に精神科を受診することが決まっていたからと言って、その間に寝たきりになって関節を動かすリハビリを始めるに至ったら、精神科では不十分だと分かりそうなものです。

報告の体制が徹底されていない点は調査でも指摘されていましたが、看守の自己判断で報告義務のある内容が報告されないほど規則形骸化しているのであれば、事故を防げるはずがありません。そういう意味では、これは防げた可能性が十分にある事故です。若干繰り返しになりますが、健康管理に関しては独立チームを作って運用した方が良いのではないかと思います

まとめ

この事件をどうすれば防げたかということを考えた時、実際のところ事件は3年前から始まっており、入管最後最後なんですよね。入管だけを責めてどうにかなる問題ではないんです。簡単にまとめると、こんな感じでしょうか。

入国する外国人の皆さんに、適法滞在してもらう(不法滞在者にアメを与えない)

支援者収容者にやみくもに手を差しさない(身元保証人には欠格条項を作るべきでは?)

入管ちゃんと被収容者の健康管理をする(というよりも、緊急時判断の訓練をする)

そのためにも入管対応を責めるのは良いとして、ウィシュマさんを無辜被害者として祭り上げてはいけないと思うのです。適法滞在している外国人の皆さんに対して失礼ですし、「日本不法滞在者にも優しい」なんてメッセージを出してはいけないんです。不法滞在者や施設収容者が増えれば、それに応じて動的に人員を増やせるわけではないのですから、当然事故は起きやすくなります

ウィシュマさんは不法滞在者であった。しかしその命が入管で失われるようなことがあってはいけないのだ。この事故を繰り返さないためには、そういう論調こそが重要なのではないでしょうか。

補足を書きました

5/25 ちょっと書き足しました。

https://anond.hatelabo.jp/20230525024400

2023-05-19

anond:20230518160847

一般論として「Aの権利には興味が無いけど、Bの権利には興味がある」というのは普通人間なら当然なのよ。普段生活で何を主張するにもいちいち「アフリカ餓死する子供」や「中東戦争に巻き込まれ難民」のことを言及しなければ説得力を失うということは無い。「特に言及していない」ということを責められるのもバカバカしい。誤読可能性のない適切な言語化というのも、それなりの教養がなければ難しいし、教養とはある種の特権構造によって裏打ちされるものでもある。「バカ意見を言うな」というのも傲慢だよね。

女性の権利、とか興味無い」「LGBT権利、とか興味無い」までは仕方ない。フェミニズム運動を続ける上で「でも男性権利には興味無いよね?」とか言われても困るよね。


そこまではいいんだけどさぁ、「子供権利とか興味無い」はちょっと危ない匂いがするよね。どうしても。


ロリコン権利」というのは間違いなくあると俺は思うし、「犯罪がー」とか言うならそんなもん全ての対人性愛者が一緒だろとも思うのよ。レイプカルチャー責任を「ロリコン」に全部押し付けて「俺は関係ない」ってツラしてる対人性愛者の態度って「ノットオールメン」の一種だよね。そういう連中はどんどん批判していけばいいと思うし、批判していくべきだと思う。

でもさぁ、「それってもしかして子供自由セックスさせろってこと?」と勘違いされても文句言えないようなクソザコ言語化能力で「物申した」気分になられても呆れるしかないよね。


まあ増田別にロリコン権利」とか興味無くて、ただLGBT揶揄したいだけなんだろうけど。

2023-05-18

ウィシュマが悪い増田憤死の巻

anond:20230518151241

増田かいつまんでまとめると、」

増田「ウィシュマ&元彼、痴話げんかで双方負傷。」

増田「ウ「在留期限、もうそろそろやけど帰りとうない……」」

増田「ウ「せや!元彼との喧嘩でできた傷でDV被害でっち上げ難民申請したろ!」」

増田入管「だめです」」

増田「ウ「DV被害なんかで難民申請通らなくて在留期限切れてワロタ……入管入れられたわ……」」

増田入管「帰りたきゃ日本が金出すから帰って~」」

増田「ウ「サンガツ!でも帰るまでの宿泊費とかは自費だから母国に金貰えるよう連絡オナシャス!」」

増田スリランカ「おめえに出す金はねえ!」」

増田「ウ「ま、まだ家族がどうにかしてくれるから……」」

増田家族「おめえに出す金はねえ!」」

増田「ウ「国にも家族に見限られたしもう帰りとうない……」」

増田入管「帰らないつもりならなんもできんのやが??」」

増田「突然来た支援者「この状況でもハンストすれば仮放免いけるで(適当)」」

増田「ウ「マ?飯くわないようにしたろ!」」

増田「ンギモッヂィイイ ーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

政府ハンスト事実はありません」

増田ほげ?」

政府ハンガーストライキを行った事実は認めていない」

増田「突然来た支援者・・・


政府ハンガーストライキを行った事実は認めていない」

増田「突然来た支援者!ウィシュマが悪い!ウィシュマが悪い!ウィシュマが悪い!ウィシュマが悪い!」

政府ハンガーストライキを行った事実は認めていないっつってんだろ、豚が」

いやー増田さん思い込みが激しすぎてキツイっす

anond:20230517160851

そもそも世界に良い子ちゃんアピールした言葉通りに難民もっと認めて

刑務作業でも良いからさっさと就労させればいいだけ定期

2023-05-17

追記】ワイはずっとウィシュマが悪いって言い続けてたけど、やっと内情出してくれた人出てきたので皆手のひらクルックルや

追記

ワイの脚色より真面目な増田ちゃんと書いてくれたのでこれ見てクレア~~これ読めばホンマに手のひらクルックルやで

anond:20230522022604

 

本文

https://twitter.com/vismoglie/status/1656037151946014720

 

かいつまんでまとめると、

ウィシュマ&元彼、痴話げんかで双方負傷。

ウ「在留期限、もうそろそろやけど帰りとうない……」

ウ「せや!元彼との喧嘩でできた傷でDV被害でっち上げ難民申請したろ!」

入管「だめです」

ウ「DV被害なんかで難民申請通らなくて在留期限切れてワロタ……入管入れられたわ……」

入管「帰りたきゃ日本が金出すから帰って~」

ウ「サンガツ!でも帰るまでの宿泊費とかは自費だから母国に金貰えるよう連絡オナシャス!」

スリランカ「おめえに出す金はねえ!」

ウ「ま、まだ家族がどうにかしてくれるから……」

家族「おめえに出す金はねえ!」

ウ「国にも家族に見限られたしもう帰りとうない……」

入管「帰らないつもりならなんもできんのやが??」

突然来た支援者「この状況でもハンストすれば仮放免いけるで(適当)」

ウ「マ?飯くわないようにしたろ!」

入管「食わんのか?食わんのか??」

ウ「食いたくても食えへんねん(ハンスト継続)」

ウ「アカン、食わな過ぎてカゼも持病も拗らせたわ」

医者「食わんとどうしよもない。栄養剤出しますねー」

ウ「栄養剤もキツイっす(ハンスト継続)」

ウ「アカンこれじゃ死ぬぅ」

入管女「外国人重すぎてうごかせへんわ」

支「ワイは知らんで(雲隠れ)」

ウ「(死亡)」

家族入管に殺された!!」

サ「入管やばいとこ!さっさとつぶしたろ!!」

支「ウィシュマはいいやつやったんや……」

はてブ民「涙ちょちょ切れだわ……さっさと入管つぶれろ!」

ワイ「ウィシュマが悪い」

はてブ民「入管ヤバスンギ」

ワイ「ウィシュマが悪い」

ツイ「やばい実情あるで」←いまここ

 

いやーみんな騙されすぎてキツイっす

追記

ブコメありがとナス

ワイの主張は

・死なせた入管は悪いのだが、外国人滞在者を管理不法滞在者を取り締まるという業務を考えると仕方ない面もある

医者にもかかってるし本当に最低限だが入管対応しようとしていた

・ただ救急車呼ぶ話になってくると、搬送から逃げそうなのでその選択肢はとらないだろう

暴言とか中傷じみたことはよくない

食事記録とかを見る限り、ある日を境に全くといっていいほど食事をとっていなかったのでハンストはあったとみるのが妥当

・なんとか食事しようと入管も介助していたが食わなかった件が虐待ととられるのは納得がいかない

・さっさと強制送還できるように法整備してほしい。ただウィシュマのように帰りたくないとか言い出したら知らん

強制送還チャンスで帰れなかったのは自業自得すぎる

・ウィシュマを無視し続けた家族が今さら日本まで出しゃばってくるのに何らかの力を感じる(スリランカお国柄?支援者が手引きした?もしくは陰謀論?)

2023-05-13

維新の梅村正解】ウィシュマさんの帰国は助けなかったのに

https://youtu.be/Xr5MB0TYcj4

公金チューチュースキー

帰還を妨害している

令和3年8月10日

出入国在留管理

名古屋出入国在留管理局被収容者死亡事案に関する調査報告について

 令和3年3月6日、名古屋出入国在留管理局の収容施設に収容されていた被収容者(30歳代女性スリランカ国籍)が、死亡する事案が発生しました。

 出入国在留管理庁は、本件事案の発生を重く受け止め、出入国管理部長責任者とする調査チームを発足させ、法曹関係者医療関係者等の外部有識者の協力を得ながら調査を行い、調査結果を報告書に取りまとめ

https://www.moj.go.jp/isa/publications/press/01_00156.html?hl=ja

このYoutube動画入国管理庁の公式報告書準拠している。

支援者1はウィシュマさんに体調不良偽装すれば仮放免できると吹き込んでいる。

支援者無責任に逃亡し、入管法改正を訴えている。

から朝日新聞のように書くのはおかしい。

朝日新聞デジタル

支援者がウィシュマさんに淡い期待させた」 維新・梅村氏が発言

2023/5/12 20:30

 日本維新の会の梅村みずほ参院議員12日、難民申請中の送還可能とする入管難民法改正案の審議で、入管施設収容された外国人支援について「支援者の助言は、かえって収容者にとって見なければよかった夢、すがってはいけない『わら』になる可能性もある」と述べた。発言問題視する声が上がり、議場は一時騒然となった。

 入管法改正案はこの日、参院本会議で審議入り。梅村氏は党を代表した質問で、2021年に名古屋出入国在留管理局で亡くなったスリランカ人のウィシュマ・サンマリさん(当時33)の事例を取り上げ、長期収容を避けるため、難民申請中の送還可能とする改正案の必要性を訴えた。

 その中で、梅村氏は「資料映像総合的に見ると、よかれと思った支援者一言が、ウィシュマさんに『病気になれば仮釈放してもらえる』という淡い期待を抱かせ、医師から詐病可能性を指摘される状況へつながったおそれも否定できない」と主張。面識のない収容者に次々と面会する支援者がいることなどに否定的な見解を示した。

 議場からは「とんでもない発言だ」と抗議する声が上がった。

とんでもないバカ国会議員をやめてほしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん