「印鑑」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 印鑑とは

2018-08-15

anond:20180815133513

僕は印鑑警察です

他に印象深い方ですと母数警察さんがいらっしゃいます

2018-08-13

無断シャチハタぐらいどこでもやってるだろ

そりゃ完全な赤の他人印鑑押しちゃまずいし、本人が聞いたこともない書類に押されてたらまずいけど、代理で誰が押したのかが分かってるのなら別に問題ないだろ

実印だったらヤバイけど、単に慣習で押してるだけの無意味なマジメにやってますマークしかないんだろ?

そんならやってない職場探す方が難しいぞ


anond:20180813122346

有印公文書偽造ってどこからなん?

ワシ公務員なんじゃが、お盆ということもあってこの時期は周りが結構休んでるんだわ。

そんでまあ周りが休みまくってると自然他人の分の業務を片付けることもあるんじゃが、そういう時はその人が職場に預けてる印鑑ポンポン押すことになるんよ。

いつもはまあ特に何も思わんのじゃが、ここ数日は「他人が途中まで作った書類勝手に完成させて他人印鑑を押す」を何度もやりすぎてな、段々怖くなってきたんじゃ。

これ、もしかして犯罪なんちゃうか?ってな。

あゆーて今更じゃがな。

もしこれがアウトならウチの職場全員いなくなっちまうわ。

2018-08-10

anond:20180810173842

なんで電車の中で通話しちゃいけないんだろうなあ

FAX印鑑と並んで日本生産性を落としていると思う

携帯電話を移動中に使うなとか頭がおかし

2018-08-05

anond:20180805142528

あれ本当はなんでもいいんだけど「その人が認証しましたという履歴が本人の記憶に残っていなければならない」という条件でいちばんわかりやすいのが物理印鑑押印なのよ

あなたこのハンコをわざわざここに持ってきてこの欄に押したでしょ?これをわざわざ自分の手で押したときのこと覚えてるよね?この行為証明にいちいち裁判かいらないよね?

という話がおじさんおばさんおにーさんおねーさんじーちゃんばーちゃんパパにママ、どんな立場のどんな知能の人にとってもいちばんやりやすいのがハンコ押した行為なわけよ

これがたとえば国民唯一キーカードタッチとかだとたぶんめっちゃ揉める

その電子認証強度そのもの他者改竄不可能で最強ランクかもしれないが、その認証行為を本人がしたかどうかを本人が認めるかどうかという部分でたぶんめっちゃ揉めると思う

2018-07-30

anond:20180730110317

婚姻届には印鑑必要で、これは同意証明として扱われている。

から建前としては同意証明を求めているんだ。

もちろん同意していないのに勝手に提出することもできるが、違法だし、バレたら婚姻無効になる。

2018-07-29

文書百均印鑑勝手に押してるが

これって私文書偽造にあたるらしいな

まーそこまできっちりしてたら仕事なんてできんからしゃーない

2018-07-28

anond:20180728191140

無駄から先生や先輩や様をやめて~さんに一括すべき 

実際のところ敬意がなくて慇懃無礼ですらある無駄制度FAX印鑑のように業務無意味にややこしくしてる

2018-07-20

anond:20180720002320

ほら、うつ病だよこの増田

左翼でも何でもない、根暗なこと言いたいだけ

朝には削除してるだろうから残しておきます

天皇制がなくなれば元号がなくなる

ついでに年間300億の無駄遣いと印鑑制度もなくなる

いいことづくめ

anond:20180720001903

もし全ての人間が、死にたいと思ったときに速やかに楽に死ねシステムができたら

どのくらい世界人口減るだろうな

人生何十年もやってりゃ、一度も死にたいと思わない人の方が少ないと思うんだよね

死にたい人が全部死に切る前に、安楽死システムを保持できない程に人口が減ってしまうかもしれない

まり、そういうシステムができたときは早めに死んどいた方がいいってことだな

anond:20180720002320

死にたい

死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい

anond:20180720002705

天皇制がなくなれば元号がなくなる

ついでに年間300億の無駄遣いと印鑑制度もなくなる

いいことづくめ

2018-07-17

anond:20180717170139

最近金融機関とか役所で、本人の署名だったら印鑑がいらないって書類があるし、印鑑はすたれつつあるなって印象。

印鑑インフラに組み込まれてるってやばくね?

「必ず本人が押してる保証」ってないんだぜ

サインとかDNAがよくね?

anond:20180717164344

まるで印鑑が摩耗しないような言い方

2018-07-14

anond:20180713191200

保険年金税金簿記契約

今は勉強してるのかなあ、簿記もっと分かる人多くてもいいと思うし、他も社会人になったら必須知識なのに小中じゃ全然教えてくれないよね

中学卒業したときに急に印鑑貰ってさ、「何に使うのこんなん?」とか思うじゃん、使い道を教えろよと

2018-07-08

楽天銀行銀行

昔、楽天銀行がまだイーバンクだったころに作って放置してある口座がある。

その口座を復活させて、某サービスの料金をそこから引き落としてもらうことにした。

それで引き落としの手続き書類を取り寄せて記入しようとしたら銀行印を押す欄があった。

イーバンクを使っていたのは大昔なのでどの印が銀行印なのか記憶がない。

それで、どうすればいいかググったら、そもそも楽天銀行(イーバンク)には銀行印というものがなくて、銀行印が必要書類には、適当印鑑を押しとけということだった。

いいな。

世の中万事このくらいいい加減ですめばいいのに。

2018-07-04

印鑑がなくならないのは

天皇いちばん偉い印鑑を持ってるから

いちばん強い遊戯王カード持ってるやつが遊戯王を強引に廃らせないのと同じ構造

anond:20180704183104

印鑑はなくなるのはあんがい早いかもしれない。

去年会社をやめて年金とか、お役所関係手続きをしたら印鑑いらなかったわ。

このまえゆうちょ関係手続きしたら、やっぱ印鑑いらなかったし。

地元地銀は相変わらず、なにをするにも印鑑がいるけど。

2018-06-28

anond:20180628153442

印鑑は早くなくすべきと思うけど老人の方々にシステム移行しろと迫っても

高齢者が多い国は自然システム更新が遅くなるから発達が遅れる気がする

日本って実は後進国だったんじゃね?

未だにFAX使ってるし クレジットカード使えないところあるし

いまだに印鑑とか使ってるし・・・

日本マレーシアどっちが先進的?って言われたらマレーシアって答えちゃうなあ

2018-06-25

会社起業して1週間でやった、めんどくさかったこ

ちょっと前に起業しました。

起業して1週間の間にあっためんどくさかったこと(主に事務手続き)について書いていきます。今後起業するかもしれない方の参考になれば幸いです。

1.現金を用意する必要がある

起業手続きはお役所相手なので現金必要になります普段ほとんどの支払いをクレジットカードSuicaで済ませているので、現金を持ち歩く必要があるのはめんどくさかったです。

なかでも、公証人役場での定款認証手数料(5万円)、法務局での登記必要になる印紙代(15万円)は高額で納得感がなく、精神的につらいものでした。

あとこれは事前におろしておけばいいのですが、東京法務局周辺にはATM全然ないので、お金が足りなくなったときは大変めんどくさいです。

2.オフラインでの行動が必要になる

現金の用意とも似ていますが、お役所とのやりとりは紙とハンコになるので、直接出向く必要がありますお金を払えば一部代行もしてもらえますが、起業直後はなるべく節約したいところです。

・発起人の印鑑証明書必要になる → 区役所

登記申請法務局へ(申請受理後にまた行かなければいけない)

開業届などの提出 → 税務署

社会保険登録年金事務所

雇用保険登録ハローワーク

これらが全部てんでバラバラ場所にあるので、移動が大変めんどくさいです。「起業申請所」とか作って、全部一括でできるといいなと思いました。

3.わかりにくい書類との格闘

私は人間同士の仲が悪くなる原因はざっくり言うと「同じ事象に対して、異なる解釈をしてしまうこと」にあると思っています

そして起業関連の書類は、違う人が見たら違うふうに解釈してしまいかねない作りのオンパレードという印象を受けました。

たとえば、ここで指示されている「印鑑」とは、いったいどの印鑑ことなのか…社印か?代表実印か?などなど。

書類作成しているときメンバー内で「これは機嫌がよくなかったら喧嘩になってるかもね」という場面がいくつかありました。

個人事業主として確定申告をしたときにも思いましたが、デザイナーをいれればいいのに…と思いました。

2018-06-06

いじめられた記憶暴力衝動

原田マハさんの「生きるぼくら」を読み始めた。主人公は、高校いじめられて中退して引きこもりになった24歳。

その、いじめの話を読んでいると、自分中学時代に受けていたいじめを思い出して、気分が沈んで黒い気持ちになってきたので書き出してみることにした。

読んでも教訓はないし、得るものもないことだけ注記しておく。

自分は、地方市街地にある公立中学校に通っていた。そこで、クラスメイト2人からいじめられたのだった。

1人は、近所の、小学校からの遊び友達で、粗野な面もありつつ話も発想もおもしろく、遊びを発明したりとクラスの中心人物。もてていたと思う。スポーツ推薦で私立高校に進んだけれど怪我をして中退した。高校以降は部活試合などで数回しか会っていない。

ペーパーテストはできなかったけれど、いまでも、頭のよさや自信を尊敬している。中学校ではいっしょに登校していて、登校中にお菓子をわけてくれるのが楽しみだった。

もう1人は、サッカー部の肩幅の大きい人間愛嬌があっておもしろ人間だった。いじめ問題が解決した1年くらい後の出来事ではあるけれど、一番印象に残っているのは、家庭科性教育の班発表で避妊についてコンドームの実物をくばったりしたこと。そのときに彼が言っていた、コンドームは失敗する可能性も少なくないから、コンドームをつかってかつ外で射精することが重要、と言っていた教えはいまでも記憶にある。

彼らからは、直接打撃的ないじめを受けたわけではない。恐喝されたわけでもない。言葉ではなにか言われたかもしれないけれど、人格否定するほどではなかった気もする。「生きるぼくら」で主人公が受けていた体に見えないところに暴行されたり、母の弁当をぶちまけられたりというほどではない。

一番、くやしかったのは、羽交い絞めにされて学ランのズボンに、黒板消しをなすりつけられたこと、何度かあった気がする。柔道技をかけられて、力の差でなにもできなかったこともある。ほかのことはあまり記憶が明瞭ではない。

悔しさか悲しさか情けなさかで泣いていたのを覚えている。殺意めいたものも感じていたと思う。

いじめ自体は、親や先生が動いて、わりとすぐに収束した。今思うと、相手の家に乗り込んだ父はほんとすごかったし、母には心配をかけたし、先生相手と1対1で話し合いをしてくれてちゃんとしていた。

いじめがあったことがどう親や先生に伝わったかは、そのころまったく気にできなかった。自分が30歳近くになったころ、母が地元印鑑屋さんで自分実印をつくってくれたのだけれど、そこの印鑑屋の息子が自分同級生で、先生いじめが起きていることを伝えてくれたということを聞いた。そのころは自分の殻に閉じこもっていたのか、彼の名前や顔も思い出せなくて、申し訳なく思っている。ほんとうに感謝しています地元に住むことはなさそうだけれど友だちになりたい。

いま、冷静に考えると、いじめ自体もなよなよしていて腹立たしい自分に対するちょっかいエスカレートしたもので悪意はなく(だからこそいじめはやっかいではある)、自分人格確立されていれば言葉で跳ね返せた、とは思うのだけれど、難しい。積極的に近寄りたいとは思わないけれど、恨んではいないし、いまならあの頃はいろいろあったね、と話ができる気もする。たぶんだけれど、2人とも、このあとはいじめを止める側に回っている気がする。

そして、冒頭で黒い気持ちになったというのは、いじめられたことそのものではなく、いまもサッカー部の彼に対して抱いてしま暴力衝動

ももシャープペンを突き刺して、二度とサッカーできないようにするところを想像したり。事故とみせかけて階段でもたれこんで突き落とすのを考えてしまったりしてしまう。いじめられた当時から同じことを考えていたのか、そのあと繰り返し想像して強くなっているのかは混同してわからないけれど、10年たった今でも、いじめを想起するたびにこれらの暴力的な衝動イメージしてしまう。そして、そうすることで心を慰めてしまっている自分発見して暗い気分になる。いつか克服できるだろうか。

でも、もうすこしいじめが続いていたら、そういう想像を実現させていたと思う。そして、相手自分破滅していただろう。

行動に移すまえに、いじめを止めてくれた親や先生名前も忘れた友人に感謝している。いじめ相手には複雑な気持ちを持っているけれど、どこかで幸せ生活していてほしい。自分はこれからもその衝動を抱いて生きるだろうけれど、行動には移さないと思う。

2018-06-01

anond:20180601152136

いいなぁ。俺なんか毎日さ、ベルトコンベアから流れてくる書類印鑑押してるんだぜ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん