「道交法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 道交法とは

2018-12-06

ハロウィンで車倒したヤツら、捕まらないで欲しかった

ハロウィンに全く参加してないしハメ外したこともない根暗オタクなんだけど、祭りで車壊したぐらいで捕まらないでほしかったな。

倒した当人たちにはなんの同情もないのでこれから死刑になっても多額の賠償金背負わされてもそれはかまわないんだけど、捕まらないでほしかった。

はいままで道交法でも軽犯罪でも捕まったことないし、そりゃ歩行者として赤信号無視したことぐらいはあるが、そこそこ人様に迷惑かけずに生きてきたと思う。

けど、被害者になることより加害者になることの方が怖い。いつか爆発するんじゃねえかって気がする。

日本警察は優秀だなあ。絶望だわ。

2018-11-15

掛け算の順序とか



こういうすれ違い

なんとかならないのか


問題文に補助輪使えって書いてないのに、補助輪使わないことでバツをつける駄目な教員が全て悪い。 問題文に然るべき指定があれば親は何も言わないよ。

いや、これ入試資格試験ではなく学校テストからね。教育のためのテストよ。

学校テスト理解度をチェックして間違ったところを復習し身につけるためにするのよ。

自転車乗れる子に補助輪を強制することにどんな教育効果があるというのか。

2018-11-13

anond:20181112183902

京都普段から自転車乗って生活してるんだけど、駐輪事情に限らず全体的に自転車乗りの民度が低いんだよな…

無灯火、逆走や雨の日の傘差しなんかは毎日のように見かける(更にちゃんと左側走ってるこちらに対してすれ違い側に舌打ちすらしてくる)ような有様で、自転車というれっきとした車両に対してモラルが足りない人が多すぎる。

取り締まり全然追いついてない状態でそういうのが野放しになってるから、更に「他の人があんなだから自分も」みたいな悪循環が起きているように思う。

道交法、市の道路交通規則違反は一律で5000円くらい科料を取って、市民通報検挙に繋がったら500円くらいリベートを返すようにすれば、人手はかかるけどお釣りがくるくらい違反金が入るだろうし、監視の目は一般市民が補えるし、自転車周りの道路事情は格段に改善すると思うんだけどな。

2018-11-07

世界を変えた発明品、車も火薬規制を受けてるのに

ネットだけはなぜか無法地帯

 

その無法である根拠

シリコンバレーでの企業自由度保証するためっつうのがまたね

どんだけ大企業の意のままになってんだ?

トヨタの為に日本道交法捻じ曲げて死傷者は無視しましょう

なんっつったら普通批判が来るはずなのに

 

正直今の状態は異常

そろそろディープウェブ以外は

世界基準憎悪表現への規制をすべきだと思う

2018-10-16

国沢光宏氏のあおり運転記事を論評する

はじめに

国沢光宏氏というモータジャーナリストあおり運転について書いた下記の二つの記事について論評をする。

あおり運転はあおられる方にも原因がある。なぜ譲らない? その原因は…

https://clicccar.com/2018/09/25/632769/

あおり運転はあおられる方にも原因がある」に対する反発意見への回答

https://clicccar.com/2018/09/27/633397/

国沢氏がどれほど影響があるモータジャーナリストであるのかは知らないが、少なからメディアに出てくる以上こういった社会問題に関連する記事を書くにあたり正確な情報を書くべきではないだろうかと考えた。

記事の要点は「あおり運転はあおられる側にも原因があり、その原因は後続車のジャマをしている(=ケンカを売っている)からである。だから後続車が来たら道を譲るべきである自分勝手ドライバーがいるのは教習所で遅く走る時は後続車に道を譲るよう教えないかである。だから教習所は教えるべきである。」である

全てが正確ではない、間違っているというわけではない。正しいこともあり同意できる部分もある。

しかし、記事の内容が全てであるかのような書き方は、間違った部分は間違った認識を広め、場合によっては間違った行動を引き起こす恐れがある(注意してもらいたいのは間違った行動はあおり運転のことだけを指しているわけではない)。

そういったことを防ぐためにジャーナリストであるのであれば正しい情報を書くべきである社会問題に関連する記事は一個人の感想(=主観)が入る車の試乗記事とは違うのである

ちなみに私は何度も上記の国沢氏の記事を読み直した。それは記事前後矛盾があり腑に落ちない点が自分の誤解なのではないかと思ったのも原因である

しかし、それでも腑に落ちない点は解消されなかった。二つ目の反対意見への回答の記事は国沢氏曰くもう少し解りやす説明したにも関わらずだ。

問題は何か?

問題は二つある、。

一つめの問題点は、国沢氏が「あおられる側にも原因をある。」とあおり運転は両方に原因があるとしている。

国沢氏の主張として、あおられる方の原因は後続車のジャマをしている(=ケンカを売っている)からであるしかし、全てを一つの原因と結論づけていいのだろうか?

あおり運転が発生した状況を分析すればケースバイケースでいくつかに分けることができる。

まりケースバイケースで原因が異なってくることを意味している。それは場合によってはあおられる方に原因が無いと考えられることもできる。

例えば私はこういったことを経験したことがある。

田舎区間のせいかガラガラ高速道路走行車線制限速度の100km/hで走行中、同じく走行車線を走る大型トラックが3台おり、速度差があるためトラックに追い付いた。

ちなみに私はクルーズコントロール使用して走行していた。その設定速度の誤差ははGPS速度計と比較して1km/h程度であることは事前に確認してあった。

前のトラックとは安全距離をこれ以上、確保できない距離まであと少しという距離まで近づいたところでルームミラーとサイドミラー確認した。

追い越し車線上には後方を商用車ライトバンが走っていがいたが、ルームミラーでは意識する必要が無いくらいの離れていた。そのライトバンが10km/hぐらいの速度オーバーで近づいてきてもそう簡単に追いつかれない距離である

ウインカーを出して、追い越し車線側に車線変更完了した。

徐々に大型トラックを追い越しいく念のためルームミラー確認したところライトバン距離が急激に近づいていることが確認できた。大幅な速度超過をしていることが予想できた。

大型トラック同士の車間距離は大型トラックへの安全考慮すると走行車線側に避けるには十分とは言えない。

そのため引き続き走行車線を走り続けた。もちろん大型トラックの追い越しが完了でき次第、走行車線車線変更するつもりで走っている。

しかし、大型トラックを2台目を追い越すころにライトバンが追い付き、ナンバーが見えない距離まで車間距離を詰められた。ライトバンあおり運転をし始めた。

そのあおり運転は3台目の大型トラックを追い越し、終わり走行車線に戻るまで続けられた。もちろん私は追い越しが完了次第、走行車線に戻っている。

ルームミラーに3台目の大型トラックの前の部分が映ったのを確認したらウインカーをだして車線変更をしている。そのまま追い越し車線を走行をし続けてはいない。

ちなみにあおってきたライトバン走行車線が空いているにも関わらず、私を追い越した後も引き続き追い越し車線を走り続けいた。

しかも、私が大型トラックを追い越す前から走っていた。私の後ろには走っている車は無く走行車線に戻るには十分なスペースがあるにも関わらず追い越し車線を走っていた。

このような経験したことがある人は少なくないのではないだろうか?

ここで原因を分析したい。

結論から言ってしまえばライトバンの大幅な速度超過があおり運転が発生した原因である

道交法に従い走行車線を走り、追い越し車線を追い越しのためだけに使用している。また、クルーズコントロールを使い制限速度で走っている。絶対そんなことはない、1km/hでもオーバーしているまたは遅いこともあるはずだって人もいるだろ。

かにその指摘はごもっともだろう。しかし、1km/h程度の差は今回のあおり運転が発生した原因に寄与していると言えるだろうか?私にはその理由が思いつかない。そのため考慮すべきことから除外する。

最後に追い越しが完了次第、走行車線に戻り後続車に道を譲っている。これも道交法に従った行為であるしかもこの追い越しは走行車線を走っている大型トラックへの安全配慮している。

ここまで私に何か落ち度があっただろうか?ただ道交法に従って走っているだけである

国沢氏の記事によればマナーが良いドライバーであるのであろう。しかし、私はこの譲るという行為により自分マナーが良いドライバーとは私は思っていない、単に道交法に従っているだけである

先にも書いたが追いつかれた車の義務として後続車に道を譲っている。状況的にマナーとしてではない。

一方、ライトバンはどうであろうか?大幅な速度超過をしている。先にも書いたが10km/hぐらいの速度超過ぐらいでは簡単に追いつかれない、また意識する必要性も無い距離であることを確認してから私は追い越し車線へ車線変更をしている。

また、もし覆面パトカーがいたら確実に捕まる速度である私自身、何度か覆面パトカーで捕まるのを目撃している経験からそう判断した。

ここで10km/hとしたのはメーターの誤差を考慮してであるライトバン制限速度で走るため誤差を考慮してメーター読みで110km/hで走っているかもしれない、しかし実際はメーターがほぼ実測に近い場合もあると考慮している。メーターには誤差があるからこれは仕方が無いことである

もしライトバンによる大幅な速度超過が無ければ私が大型トラックを追い越し終わるまでには追い付かない、すなわちあおり運転が発生する状況は生じなかったのである

から原因はあおり運転をしていた後続車にあり、あおられた側にはないと結論できるのである。そしてその原因は大幅な速度超過である

後続車の速度を見誤って追い越したのが悪いという人もいるかれいない。しかし、結局はその原因も後続車の大幅な速度超過が悪いという結論に達するだけである

後続車をジャマするからあおられる。だからあおられる側も原因があると国沢氏の主張は一部であっているかもしれないが、そうでない場合もあるのである

ここに書いたのは私が書いた経験の一例である。他にも分析をすればあおられる側に落ち度が無いケースはあると考えられる。


二つ目問題は、平然と矛盾している。誰か校正してないのであろうか?

補足記事に下記のように書かれている。

"・あおるヤツがすべて悪い"

"その通りだと私も文末に書いている。"

元の記事タイトルを見てみよう

"あおり運転はあおられる方にも原因がある。なぜ譲らない? その原因は…"

またその文末にはこう書いてある。

"そもそも3車線ある区間で大型トラックが一番右の車線を走ることは道交法禁止されている違法行為警察もキチンと取り締まれば良いと考える。とにかく後続車にケンカを売るような走り方を一掃することから始めるべきだろう。その後に残るあおり運転は明らかに犯罪者だと思う。遠慮や躊躇すること無く検挙し、一発免停などの厳罰処分をしていけばよい。"

何度もタイトルと文末を読み直した。

私にはタイトルと元の記事の内容からあおられ側にも原因があると国沢氏主張しているとしか読めなかった。そもそもそれを主張するための記事ではなかったのであろうか?

文末にあおるヤツだけが原因だと書かれている個所を発見することは出来なかった。

どこにあおるヤツがすべて悪いと書かれているのであろうか?あおられる側にも原因があると主張しているのが元の記事である。すなわちあおるヤツが全て悪いという主張は記事意図とは明らかに違う。。

国沢氏が補足記事に下記のように書いているが、読解能力問題なのだろうか?国沢氏の論理の展開力の問題校正問題ではないだろうか?

”よく読んで頂ければ記事に盛り込んであるのだけれど、昨今の人は読解能力問題なのか理解出来ないようだ。”

また下記の文も不可解である

"後続車のジャマをしなければいいだけのシンプル事象と全く違う。"

あおられる方だけに責任があると読める文章である。なぜならひとこともあおる方を指摘する文が入っていためである

主張が補足記事のなかで変わるためなにが本当の国沢氏の主張なのか理解し難い。この一文が国沢氏の本音の主張であり、他は建前ととらえることもできる。

また、この文を読んだときに国沢氏のあおり運転問題に対して自分主観だけに基づいて記事を書いたのではないかと疑った。

もし本当に国沢氏が先ほど引用した文にあるようにあおる方が悪いとと思っているのであれば「道交法を守ればいいだけのシンプル事象」の方が本質を表しているので適切ではないか

前を走る車も後続車も皆が道交法を守ればあおり運転は発生しない。それが出来ていないか問題なのではないだろうか?

にも関わらず国沢氏があおられる方だけ限定するのは不可解であるモータジャーナリストであるのであれば客観的考察をしてもらいたいものである


同意もできることも

早い後続車が来たら道をゆずることとそれを教習所で教えるべきという点は同意できる。道路の状況次第で適切に行うことは良いことである。また一部の犯罪者気質から防衛運転すべきという点も同意できる。

また、大型トラックが追い越し車線を走行しているのは道交法違反であり、円滑な交通を阻害しているという主張も同意できる。


まとめ

社会問題となっているあおり運転に関する国沢氏の記事は正確さにかけていることを指摘した。

まず、国沢氏の主張であるあおられる方にも原因があるというのは間違っていることを指摘した。

ケースバイケースで分析をしないとあおられる方にも原因があるとは断定できない。すなわちあおられる方に落ち度が無いこともある。

一部、そうったあおられる方にも原因があることもあるとうのであれば理解はできるが、国沢氏の文章にはそう書かれてはいない。

また、国沢氏の主張には明白な矛盾があることを指摘もした。あおられる方にも原因があると主張する記事でありながら、あおるやつが全て悪いと補足されている矛盾があった。

ただし、国沢氏の主張が全てが間違っているわけではなく、正しく同意できる部分もある。

あおられる方だけに責任があると読める文が含まれていた。コンプライアンスが厳しく問われる昨今、モータジャーナリストとしてこの文がいかがなものであろうか。

モータジャーナーリスト記事を書いてお金を貰い(このお金も元を辿れば一部は自動車メーカーもしくは関連会社スポンサーからであろう)、自動車メーカーや輸入代理店が用意した試乗車を公道もしくは自動車メーカーが高い金を払って借りたサーキットで試乗している。

もちろんメーカー宣伝してもらうために行っている。

いかえれば直接的、間接的に自動車メーカー関連会社と一緒に仕事をしているのがモータジャーナリストである。請け負っていると言う方が適切かもしれない。

そのモータジャーナリストである国沢氏のこのあおられる方だけに責任があるよめる文を記事に書くことに関して自動車メーカー関連会社人達はどう思うのであろうか?

私が自動車メーカー人間なら一緒に仕事をするのを止めたいと思う。一緒に仕事をすることでブランドイメージが損なわれる恐れがあると考える。

2018-09-30

anond:20180930135703

運輸≒道交法違反が関わらない職業日本存在しないので、無い

法律の方がおかしいという観点を持て

2018-09-24

自転車の正しいムーブって自動車教習所で教えているんだろうか

趣味と通学でほぼ毎日自転車に乗っています


最近は横暴な自転車に対する風当たりも強いし、生真面目な性格なのもあって、わたしはなるべく道交法や市の道路交通規則を守るように意識しています

ただ、ちゃんとしたルールがまぁ一般にことごとく浸透してなかったり、守らない人が多数派になっているのが現状で、法律上正しい運転をしていると却って危ない目にあったりすることも多いです。

なので法律上正しい動きをしている「まともな自転車の動き」の中でも、特に知られていなさそうなことをざっくりとまとめてみました。


少しでも多くのドライバーさんが「そういう動きをする自転車がいる(本当はそれが多数派になるべきなのでしょうが…)」ということを気にかけてもらえたらと願っています

※「信号を守る」とか「一時停止で止まる」とか見て当然、当たり前に分かるのようなものは省きます

まともな自転車信号のない横断歩道で止まることがある

信号のない横断歩道についての停車条件は自動車と同じで、明らかに人がいない限りは減速しますし、横断しようとする人がいる場合は停止します。

わたしはふだん車道の左端を走っているので、自転車が変なところで急に止まったと思ってクラクション鳴らしながら右脇を追い抜いていく車が多いですが、

安心して渡ろうとした歩行者接触する可能性がありますし、そもそも横断歩道前で停止している車両自転車含む)を抜く際は一時停止する必要があります

まともな自転車二段階右折をする

これはちょくちょくネットでも話題になっているのでご存知の方も多いと思います

二段階右折するような自転車乗りは大体ちゃんと手信号を出すので、右折指示を出していたら「渡った先で止まるんだな」くらいで考えてもらえば大丈夫だと思います

よく危険を感じるのは丁字路で「丁」の横線部から縦線部に曲がるときでしょうか。

十字路と違って待機時に退避する先がないので、後続車両との間隔と速度、手信号理解していそうかを加味して、危険そうであれば丁字路に入る前くらいから十分に時間をかけて減速するようにしています

また、道路の左端は信号待ちの間に自動車をすり抜けで追い抜こうとするバイクに突っ込んでくる場所でもあります

(実際に何度か突っ込まれかけた)

まともな自転車自転車横断帯を渡るため、直進でも左に曲がるケースがある

個人的には悪法だと思うものその1。

横断歩道とよく一緒に設置されている自転車横断帯が交差点付近にある場合は、そこを通るようにして交差点を直進します。

大概の自転車横断帯は少し交差点を曲がった部分に設置されているので、自動車から見れば「自転車が一瞬左に曲がったかと思ったら急に道路を横断しだした」ように見える動きになります

わたし自身左折する際は左折の手信号を出すようにして、なるべく直進なのか左折なのかを区別できるようにはしていますが、それでも自分が(横断帯に向かうため)左折しているところを後続の自動車交差点内で追い越そうとしてきて、横断時に横から接触されたことが何度かあります

そしていずれのドライバーの方も、「左折だと思っていて、急に直進するとは思わなかった」と仰っていました。

まともな自転車は一番左の通行帯(レーン)が左折専用でも直進する

自転車原則として最も左端のレーンを走る規定があり、レーンごとの進行表示(左折、直進など)の影響を受けません。

そのため、左折する場合、直進する場合、(二段階)右折のために直進する場合、すべて左端のレーンを走ります

組み合わさると厄介なのが、歩道橋のある大型交差点に見られる「左折のみ信号なし交差点」や、赤信号左折青矢印です。

自転車が走っている左端のレーンはおおむね自動車左折レーンであることが多く、「直進したいが赤信号に従って停止する自転車」と「停止せずそのまま交差点左折したい自動車」が同じレーンに同時に存在することになります

わたしはなるべく路肩に寄って、後続の左折車が通れるスペースを空けるようにして停車しますが、そもそも自転車が停止することを予期していない自動車も多く、クラクションを鳴らされたり、怒ったように急加速していくのをよく見かけます

まともな自転車交差点歩道信号に従うケースがある

個人的には悪法だと思うものその2。

車道を走っている自転車基本的には車道信号に従いますが、歩道に設置された信号に「歩行者自転車専用」の表示があるときだけ歩道のほうの信号に従います

歩車分離信号だったり、歩道車道の青→赤のタイムラグが大きいと、こちらも交差点で停止する自転車と、交差点を通過したい自動車の衝突するリスクがあります

ただ、このルールはそれだけではなく「歩行者自転車専用」の表示が見にくいという致命的な欠陥があります

多くの交差点歩行者信号交差点の奥まったところに配置されていて、見通しの悪い交差点は停止線近くまで来てはじめて「歩行者自転車専用」の表示が見えるようなケース、交差点の手前側角の街路樹で表示が死角になるケースなども頻繁にありますし、そもそも夜間はほぼ見えないことも多いです。

そのため普段走りなれている道ならともかく、知らない道では青信号であっても交差点手前で減速せざるを得ませんし、そのうえで停止することもあります

最後

代表的な「自転車の分かりにくい/ドライバー勘違いされやすそうな動き」を紹介してみました。

ただ、だからといって「ドライバーは全員自転車に気を遣え」というつもりは毛頭ありません。

こういったイレギュラー判断も正確に迅速に行えるような自動運転が普及してくれるのが一番の理想ではありますが、さすがにそれが実現するのはまだまだ先の話として、どちらかというと、正しい動きをする自転車乗りが増え、自然ドライバーがそれを目にして、「自転車はああいう動きをするのだな」と普通に判断できるようになるのが順序としては正しいのでしょう。

(今の多くの自転車乗りの現状からすると、なかなか難しそう…)

2018-09-15

抱っこで自転車子供殺した母親書類送検されるのは当たり前

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL9C5FHHL9CULOB019.html

そもそも子供を抱っこして自転車に乗るのは道交法違反なので、

道交法違反状態事故を起こして同乗者を死なせたなら罪になるのは当たり前。

チャイルドシートを使わず子供を車に乗せて事故で死なせた場合運転者の罪になるのと一緒。

(まあ車のチャイルドシートは状況によって免除される例もあるけど)

じゃあ代わりにどうすれば良かったんだよ、と言われそうだが、

単におんぶすれば良かっただけだよ。おんぶ自転車合法なので。

おんぶした子を死なせた事例なら単なる不幸な事故で済まされたはず。

1歳ならおんぶ出来るし、子が嫌がってようが強制的おんぶ出来て多少暴れても落ちる事もない抱っこ紐もあるので

「子が嫌がったかおんぶ出来なかった」って言い訳通用しないよ。

(それこそ「子が嫌がったかチャイルドシート使わず車に乗せた」って言い訳通用しないのと同じ)。

勿論おんぶ用のカッパいくらでも売っている。

だってホルダー使うか折り畳み傘にすればいいだけ。

そういう対策を取らなかったこ母親自業自得だよ。

知識が無かったのか、知ってたけど甘く見て対策していなかったのかは知らないけどね。

しかし「電動アシスト自転車」の筈なのに「電動自転車」と書いたりといい加減な記事だな。

抱っこで自転車事故対策

抱っこで自転車、悲劇生んだ 子ども死亡、母を書類送検:朝日新聞デジタル

これについて、まず母親に非は2つある。

1つは次男ヘルメットを付けてれば死ななかった可能性が高いこと。保護者は13歳以下の子供へのヘルメット着用の努力義務がある(道交法)。

もう1つは次男を抱っこしていたこと。保護者幼児座席に座らせるか、ひも等で確実に「背負う」必要がある(神奈川県道交法)。

ただ、母親自身が置かれていた状況に追い詰められ、正常な判断を欠いたとも考えられる。

今回その考えが正しいかは家庭事情透視の域を脱しない。しかし考えうる時点で一般的にそのような状況下にある人がいてもおかしくないことを意味する為、やはり行政対策をすべきであろう。

さて、具体的に何を対策すべきか。

1つ目以外は曖昧だなあ。

2018-09-14

anond:20180914130531

持ってるし知ってるけど、しかし9割が守れない法律ってもはや法律のほうが非現実的だろ。

同じ道交法でも赤信号に突っ込む馬鹿は1割もいないと思う。

信号は極めて現実に即した、なくてはならない存在なんだろうな。

anond:20180914130150

元増田は車の免許持ってないの?

道交法を調べてもいないの?

2018-08-28

最近の車カスってやたらキチガイぶりが目立ってるよな

横断歩道を正しく歩いてた歩行者自動車に加害されても歩行者側を責めて加害者である自動車側を擁護したり、

車道道交法通り走っていた自転車あおり運転幅寄せという犯罪行為を受けた動画でもなぜか犯罪被害者である自転車側を叩いて加害者である自動車側を擁護したり。

強姦魔擁護するキチガイと同じくっさい臭いがプンプンするんだよな車カスからは。

ちなみに自動車運転手及び同乗者の年間死者数は1200人以上であり、自転車利用者の約3倍も自動車の車内で死亡している事実警察庁統計でも見てとれる。

カスは他の職業ドライバーからしても最も有害邪魔迷惑公道の癌なんだよな。

カスほど自動車ドライバーらが年間約200万件もスピード違反摘発されており、一時停止無視違反も年間100万件以上摘発され、信号のない横断歩道での歩行者自転車保護優先しない犯罪行為を9割のドライバーが繰り返しているモラルハザードを棚上げして被害者である歩行者自転車誹謗中傷するクズっぷりを見せる。

カスはほんと日本の恥だわ。

イギリス人「なんでJAPカス横断歩道で停まらないの?ルールも守れないのに礼儀正しいとか自慢してんじゃねーよジャップカス

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1513515708/

2018-08-23

anond:20180823194335

巡航中も勿論見てるよ。前後左右意識してる。

理由事故に巻き込まれたくないから。やけにスピードが出てるとか車間が近いとかスマホ弄ってるとか子供あやしてるとか、蛇行したり挙動の怪しい車から離れるため。

検挙された話は聞かないけど、道交法上追いつかれたら道を譲る必要があるしね。

2018-08-22

anond:20180822170329

道交法違反デモを指摘されたとき、「人権道交法どっちが大事だ」と吹き上がってた左翼を思い出した。

連中は「正義」は「法」に優越すると確信してるからな。

そしてその「正義」は自分たちが決めるということも。

2018-08-21

免許取った後に道交法が変わっても気づくタイミングがない

俺の知識20年くらい前の道交法なので色々変わってんだろうな

2018-08-05

anond:20180804115259

これ、2車線道路の左側車線にいて右折したいんだけど、右側車線が詰まっていて混んでいて、右側車線になかなか入れないときの状況にとても似てるよね。当然、ほとんどの人は、右折ウインカーを出して右側車線に移ろうとするわけ。これって、道交法的には、右側車線の人が優先だから、入れて上げる必要はないんだけど、たいていは、入れてくれるよね。なぜかというと、そういう場面には誰しもよくであうわけだからお互い様ということはそういうこと。

しかし、この主婦みたいな人とか、「善意強要」とかいっている人が右側車線に多いと、入れてくれずに、しばらく左側車線をゆっくり走ったりすることになる。すると、左側車線で直進したい人々も直進できず迷惑をすることになる。つまり、長い目で見れば、どう考えても、右側車線側の人は、前に入れてあげるのが社会的行動としては合理的

こういうよくある場面では、「善意を施すかどうかはその人が決めること」ではなく、社会的win win関係合意をつくっておくことが社会としては合理的なんだよね。ついでに、ゆずったほうは、「ゆずってあげた」という心理的貯金のようなこともできるので、メンタルプラス、ということもあるよ。

2018-07-29

anond:20180729215513

差別認定して加害者努力させる以外の何があるんだよ

被害者努力させたりするのはおかしいじゃん

増田道交法にのっとって道を歩いてたらウィンカー無しの左折者に引っ掛けられて

脚の骨ぽっきり折っても決して引っ掛けた車のせいじゃない

事故に遭いたくなかったら家に閉じこもってりゃいいのにとか

金属製の鎧を纏ってなかったの?って言われてそうだねって答えるの?

2018-07-05

運転免許更新違反者講習に行った話

免許の更新区分違反者講習ってやつで2時間の講習をうけてきた

講習の内容は

・仮に自分道交法に従って運転していたとしても、相手違反をしてくるかもしれない

道交法に従うのは当然ながら、危険予測をしながら運転をしよう

危険予測をしていれば、信号無視や一時停止違反をしてきた相手にぶつかられることも無い!

・もしあなたルールを守っていたとしても、人を轢いてしまったらあなたが悪い 人生台無しだよ!

みたいな内容だった。

 

言ってることは至極もっともだと思うんだが、俺たちゃ「違反者」講習を受けてるわけでな

そもそもルールを守らなかった側の人間なわけよ

そんな俺達をマジメにルール守って走ってるやつらが更に危険予測までして避けてくれるなら

おれたちゃルール守らんでも安全なんじゃないの?

っていう屁理屈が成り立たんか? 実際「ビビって避けるだろ」って確信犯的な運転するやついるじゃん?

 

おれが違反者用の講習内容を作るなら・・・

あい運転むちゃくちゃ荒いよな、免許取り上げてほしいわ」って陰口叩かれてるところとか

「あの子の親、運転がひどいから付き合っちゃいけません」って子供いじめられるシーン

さらには、危険運転をされたマジメドライバーイライラして信号無視した結果自分家族が轢かれるとか

そういう内容にするけどなぁ

日本特定犯罪暗数があるからもっと多い論

物凄くなに当たり前のこと言ってんだって物凄く思うし、更に「暗数可視化できないか」みたいな発言を見ると目眩がする。可視化したら実数じゃねえかと。

暗数っぽい事件積極的実数にしたら良いんじゃねえの?冤罪がどれくらい増えるのか知らんけど。

そうだな例えば道交法違反暗数積極的実数とするのはどうよ?これなら冤罪を抑えつつ検挙実数上げられるんじゃね?

anond:20180705144705

そうですね、自動車も守りませんね。

そして毎日自転車以上に取り締まられていますね。

 

今は自転車道交法違反について対策を考えていきたいのです。

みんな自転車道交法違反に甘すぎない?

なんで?

赤信号みんなで渡れば怖くない。というやつですか?

 

日本道路事情が悪いという言い分は分かるよ。

でもさ、それって危険行為をやって良い理由なの?

 

一時停止無視でいきなり曲がり角から飛び出してきたり、

年寄りがいたり、ベビーカーを押している歩道スピード出して走り抜けたり、

無灯火、逆走、信号無視、並走などなど。

たまたま事故ってないだけで、毎日ヒヤヒヤしてるんだよ。

 

警察けんもほろろ

なにかロビー活動でもやるしかねぇか。

現状は賛同者も少ないし、余裕のない世間知らずな野郎という扱いになるのだろーか。

2018-06-28

anond:20180628070159

俺もロードバイクにも乗るし、車にも乗る。

こういうアホなドライバーって居るよな。

道交法理解しようともしない奴ら、死んでもらいたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん