「毅然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 毅然とは

2018-02-18

最近同人って

Twitter見てると同人やっている人が「出す予定の本が高いと文句を言われた」、「(お前みたいな奴は)絵を描くなと言われた」みたいなのをたまに見る。

それに対して、言われた人が謝っているのがよく分からない。

「お前のために作ってるんじゃない。高いなら買うな。嫌なら見るな」と言えばいいのでは?

もしくは完全に無視するとか。

昔、インターネット黎明期掲示板なんかで荒らしが出た時は、そんな人は存在しないかのように無視するのがいいと言われてた。

そりゃ実生活無視するのは良くないけど、ネット上で見ず知らずの人からいきなり悪意を向けられたら無視したり毅然と振る舞ってもいいんじゃないか?。

2018-02-17

anond:20180217102720

嫌われる勇気を持て!

お人好しになるな!

今日を境として、鬼になれ!

ダメものダメ毅然とした態度で振る舞えば良い。今まで都合の良いアホとして利用されてただけなんだよ?

anond:20180217025826

いや、そういうことではなく

男性毅然として立ち向かってほしい。

それほどまでに明らかな状況なら毅然と立ち向かえるだろうけれど、そうじゃないケースがほとんどだから立ち向かうのが難しいんじゃないかということ。

anond:20180217024419

冤罪で騒がれてしまって最終的に騒いだ女性メンタル往ってる人で、本人たちと女性は触れるほど近くにもいなかったらしく

最後は、騒いだ女性父親謝罪に来た、という話を知っています

車内で男二人で話していたのが、件のメンヘラ女性ロックオンされた理由だったらしいのですが、怖すぎると思いました。

冤罪なら男性毅然として立ち向かってほしい。

2018-02-13

anond:20180210213227

自信を持っている人はモテるっていうけどこの増田はきっとそうだよね、最初から最後まで毅然とした文章

2018-02-12

anond:20180210213227

この増田に対して否定的トラバブコメが全部くだらなく思えるぐらい、文章のもの毅然としてるからすごい。近年珍しい光属性増田だ…

2018-01-23

※個人の感想です

ぶっちゃけ、この男、バカ過ぎ!?

結婚する前に気付けて良かったね?(結婚する前より、結婚した後の方が別れづらくなる)

 

俺なら、たとえ血のつながった両親といえども、無理難題を吹っかけて最愛の妻を苦しめるなら、毅然とした態度でキッパリと「NO」を突きつけるだろう。

外圧から妻を守るために、盾になるのが男の使命。

全然女を守れてないじゃん。ダメじゃん。使えないじゃん。

万事この調子じゃ、先が思いやられる。

 

(硬派マンガの読み過ぎかもしれないけど、この男は情けないような気がしました。あくまでも個人の感想ですが。)

2018-01-18

相手が心無い物言いをして「あの時はゴメン。。。」と謝ってくれたら、それで水に流すし

しろ「誠実な人だなあ」とより距離が縮まるのに、それを言ってくれない場合がある

そこで謝りやす雰囲気を作って「ゴメンって一言いってくれればいいんだけど。。。」とやんわり言うと

調子にのって言い訳をする

「あの態度はないだろ」と毅然とすると、意地になって謝らない

そういう人はどうしたら誠意のある態度をとってくれるか、が最近課題

2018-01-14

可哀想から手を出せないと思っているわけ?

anond:20180114104825

悪質なクレーマーに手を焼いているのはわかったけど、

そこから相手知的障碍者から手を出せないという話になるのに、飛躍を感じました。

可哀想から手を出せないのではなくて、

毅然とした態度を取ったときに、相手が何をするか分からないので手を出せないだけではないの?

構ってもらうためなら恫喝も恐れないという精神病一種だと思うので、

相手がどういうロジックで動く病気なのかの勉強はしておくか、専門家に頼るかする必要はあるだろうね。

2018-01-12

自立した女ならセクハラ自己責任のはず、というのは無理筋

会社上司からセクハラれても平然と毅然とぴしゃりとお断りできたし、

顧客から言い寄られてもニコニコしつつのらりくらりとかわせるぐらいには高能力であると自負していたが、

長期間、かなりの額の取引実績がある主要クライアント担当者から、割としつこく口説かれつづけて、

やんわりかわし続けていたものの、クライアント社主催のパーティ上司と顔を出した時

その担当者に見つかって家についてこられそうになった時は、さすがに焦ったし違う電車に乗ってまいたからよかったけど

その後もしつこく口説かれ続けたときは、本当に途方に暮れたから、

やっぱりセクシャルハラスメントって、不可避な時は結構ありますよ。

半年ぐらい逃げ続けてストレスで倒れかけて、やっと当社上司から先方上司にやんわりとクレームを入れさせてセクハラ野郎飛ばしてやったけどさ。

その決定が当社内で決断されるまでは我慢させられてたんだから

2018-01-06

anond:20180106101650

わかりやす結論のない話なのでいら立つ気持ちもわかりますが、正直俺自身もこの問題が完全に解決する日はくるのか疑問なんですよ。

たとえるなら北朝鮮みたいなプッツン国家交渉しつづける外交官の気分ですね。終わりなんてほぼないんです。ただ相手恫喝にただただ従うのか、それとも難しい相手でも毅然対応して少しずつ外堀を埋めていくのか。後者時間のかかる地味な作業です。

ただ時間がたつといろいろ状況が進展することもあるんです。たとえば甥っ子はあと3年すれば順調にいけば大学進学、現在彼は東京に住んでいる親戚を頼って東京大学進学を目指してます。とりあえず彼が親から自立できるまで乗り切れば最低限の懸念クリアできます。あとはうちの両親もどっかに逃げることもできます

毒な家族問題に早急な解決を求めると、それこそ去年テレビを騒がせた非合法ひきこもり支援団体かに大金を積むみたいな流れになります

2017-12-30

上司からセクハラをされた

先日、会社忘年会のあとに上司からセクハラをされた。散々飲んで酔っ払っていて、帰ろうと思ってエレベーターに乗ったら上司が追いかけてきて、エレベーター内で抱きついてきた(キスしようともしてきた)というものだ。実はセクハラにあまり縁のない生活をしていたためこれがセクハラなのかどうかも実はよくわからない。

上司はまあ困ったところもあるんだけど、セクハラっぽいことだけはしないのが美点だと思ってた。何か嫌なことがあっても、まああのひとセクハラだけはしないからな…と思う拠り所だったので、今回のことは大変ショックだ。

上司としては、セクハラと言う意識は無いような気がする。多分、「こいつも俺に気がある。ある種の恋愛である」と思ったような気がする。ちなみに私も上司も既婚で、私は30代後半、上司40代だ。普通に仕事を一緒にしている既婚のアラフォー部下に対して「いける」と思うなんて本当に本当に気持ち悪い。仕事にそういう感情を持ち込まないでほしい。

男女なのだから性欲を含む好意があって当たり前だという人もいるかもしれない。でもその確認はせめてちゃんとシラフの時にしてほしい。酔っ払った勢いで抱きついたりキスをしようとするのは卑怯じゃないだろうか。それとも世の中みんなこんな感じなの??

私は今まで、もしひどいセクハラにあったら、毅然とした態度で突っぱねようと思っていた。でも実際酔っ払っていて冷静な判断ができず、エレベーターを降りたら逃げるように帰ったけど、ちゃんと拒否した感じが伝わったとは思えず、毅然とした態度を取ることはできなかった。そしてかなり酔っていたので翌日に「あの時のあれはおかしいと思うんです」と問い詰めることも、他の同僚に相談することもできなかった。そもそも拒否できないほど酔っ払う方が悪い、お互い同意なんじゃないのか、若くもないくせに調子に乗りすぎ。そんな風に言われる気がしてしまう。こういう口外しにくい気持ちを利用するわけか…。頭では理解していたけれど、すごく腑に落ちた。

上司は今まで、それなりに嫌なところもあるけど、私の給料を上げる交渉をしてくれたり仕事上で悩んだ時相談に乗ってくれたりもしていて、信頼関係はあるような気がしていたけれど、それは結局性的対象としてみていたからだったのか。 考えれば考えるほどどうすればいいのかわからなくなってくる。

女だからといって下駄も履かされたくないし、別に出世もしなくていいし、ただ、今の会社淡々仕事を続けたいだけなのに、どうしてこうなっちゃうんだろう。

2017-12-27

anond:20171226134828

裁判じゃないんだから、注意するのに証拠はいらない。

毅然とした態度で堂々と正論を述べれば良いだけ。

でもリアルだとそれもできないからここに書き散らしてるんだろ。

2017-12-24

40代収入オジサン20代前半の女の子デートする方法

  • はじめに

個人的にも数年ぶりの恋愛。ただの自慢です。

既婚未婚問わずオジサン若い子に受け入れられるための最低限だと思うので書き残しておきます

40を超えたオジサン以外は読まないでください。

とにかくニオイに気を遣う

無理に若作りしない

自分 40代前半、会社員年収450万円前後お小遣い制、フツメン身長

相手 20代前半、美容健康系の店員、おそらく年収300万円くらい、痩せ型美人

若作りしないが、うまく年齢差を感じさせない

相手要望を聞く、女性エスコートに集中する

敬語を使う、上から目線にならない、よき理解者に徹する

普段の身だしなみ編

オジサンになると実感があると思いますが、首の後ろ、ワキ、頭皮、口からニオイが出ます

ニオイには死ぬほど気を使ってください。

ニオイのないオジサンモテるわけではありませんが、ニオイのあるオジサンモテません。

とにかく暇があれば歯磨きしてください。

私は歯間ブラシやマウスウォッシュ液を持ち歩いています

爪が長いのは論外。忘れがちですが足の爪も切る。

これはいろいろな意味大事です。デート前日は必ず切ってください。

おじさんになると髪にツヤとハリがなくなります

シャンプーは今使っているものより1000円高ものを買ってください。

私はシャンプーの他に日常でヘアクレンジングを使っています

よく肌がカサカサになるので乳液を顔に塗っています

いまの若い男の子にとっては常識のようです。

決して床屋に行ってはいけません。

コストをかける必要はありませんが月に1度はカットしてください。

近所の、安い美容室を探しましょう。

デート当日の身だしなみ編

とにかくニオイには気を使います

デート1時間前のデオドラントスプレー必須

私は香水の代わりにボディクリーム愛用しています

ニオイのきつくない柔軟剤を沢山いれて洗濯してください。

自分加齢臭隠しになります

デートときデニムパンツチノパンシャツジャケットを合わせています

靴は革靴でもスニーカーでも大丈夫

直近のデートZARAシャツ無印良品ジャケットGUデニムでした。

特に高い服は着なくて大丈夫です。

ただ、袖が余る、肩が落ちるほどダブダブのコーディネートはオジサン感が増します。

体型の変化に応じて、ジャストサイズ選択します。

普段原色パーカーなどを好んで着ていますが、

正直若い人が着るようなものをオジサンが着てしまうとオジサン感が増すだけです。

オシャレに自信のない一般人は白シャツに紺ジャケット無難です。

高い靴を履く必要はありません。

靴の汚れには常に気を使ってください。

反対に靴下ブランドのものを身に着けてください。

オジサンになってから安い小物を持つとかなり安い人間に見えてしまます

普段は好んでシルバーチェーンやバングルをしていますが、客観的に見てあれは痛いオジサンファッションです。

ピアスも外すか、小さい目立たないものに代えます

ポイントは、つけるとしても最低3万円のピアスします。

安物しか持ってないなら全部はずします。

目が小さいのと、どうしても目の周りに加齢が出てしまうので、伊達メガネごまかしています

メガネはなるべくシンプルものを、ショップに行って女性店員に選んでもらってください。

流行りでない定番のものを選ばないと、痛いオジサンになってしまうので気をつけてください。

マットのヘアクリームをつけてハネを抑えるくらいにしています

オールバックや7:3にしてしまうとオジサン感が増すと思います

この辺は顔の造りもあるので普段から美容師さんに相談しましょう。

オジサンになると、急なえずき、鼻水などに苦しむことになります

飲食店のお絞りで鼻をかむのは論外です。席を外して離れたところで鼻をかみましょう。

ハンカチブランドのものを持ってください。大して高くないです。

ティッシュコンビニで売ってるポケットティッシュで十分です。

ヒゲが濃い人は、T字カミソリでデートの前に再度剃っておいてください。

必ずデートの前に鏡でチェックしてください。

お店選び、デートコース

まり高い店に行って奢りまくってしまうと、それはそれで「距離感」が出てしまます

友達」「おにいさん」感をうまく出しつつ、大人としてしっかり対応してください。

  • 明るいところで会わない

どんだけがんばっても見た目はオジサンです。

明るいところで会ってしまうとお互いの年齢差を感じてしまものです。

関節照明主体の店で、うまくごまかしましょう。

  • お店選び

からさまな高級店に誘ってしまうと、「こいつワンチャン狙いだな」というのがミエミエになってしまます

相手に負い目を感じさせてしまうと二回目の誘いに乗りにくいものです。

この辺の心理戦自分相手の懐具合でうまく調節してください。

  • お店選び その2

私はだいたい客単価6000円前後イタリアンカジュアルフレンチにしています

フォークナイフの使い方に自信のない方は和食でもよいですが、靴を脱がなくてはならない店は避けてください。

個室だと相手も構えてしまうので、適度なブラインドがある半個室がおすすめです。

これは超重要なことですが、かならず一度行ったことがあるお店にしてください。

決してネットで調べただけのお店に行ってはいけません。

  • 割り勘

「こいつワンチャン狙いだな」というのを隠すために、私はいつも「割り勘ね」と言って出してもらっています

と言いつつ、会計時に伝票を相手に見せずに「いくらですか」と聞かれたら「1000円です」と言います

なるべくチャーミングに「ひとり1000円ね」というのがポイントです。

釣りの小銭は全部女の子に渡します。

  • 移動

2軒目があることを想定して、必ず近場のバーをロケハンしておいてください。

どれだけ近くても移動はタクシー女性を歩かせてはいけません。

また、移動のまえに「お手洗い大丈夫?」と声をかけるのを忘れないでください。

  • 2軒目

口の堅いマスターがいる、酒のうまい店がおすすめです。

女の子の喜びそうなカクテルを3つくらい頭にいれておくと捗ります

3つです。たくさんカクテルの話をするオジサンはひたすらウザいです。

3つまでです。

このへんは得手不得手あると思いますが、大事なことは「相手の話をひたすら聞く」です。

「そうだね」

「そう思うよ」

「大変だったね」

相槌はこれだけで大丈夫です。

聞かれたこと以外は自分の話はしてはいけません。

とくに「自慢話」「昔の話」は相手がどれだけ笑ってくれても距離を広げるだけなので注意しましょう

相手を「さん付け」で呼ぶ、共通の知り合いを「さん付け」で呼ぶというのは重要です。

よく自分を大きく見せようとして「あいつは俺の知り合いだから云々」という話をする人がいますがはっきりいって逆効果です。

「○○さんならよく知っていますよ。お世話になってますからね」くらいにしておくのが無難です。

ホテル

ホテルに誘うときは、1回だけ、毅然と誘います

断られたら、お相手に帰りのタクシー代を渡して泣きながら帰宅してください。

決してしつこく食い下がってはいけません。

女の子にも個々の事情があります

その日に行けなかったとしても、後日またチャンスがあるかもしれません。

ポイントは執着心を見せないことです。

食い下がっては、その芽さえ潰してしまます

以上です。

メリークリスマス

2017-12-19

レイシストセクハラパワハラの類をうっすら(訴えられなそうな程度)やる社長会社パートめしいたことがあったが、たまに思い出して気分が悪くなる。なんでもっと毅然と言えなかったか

思い出す時間も気力も無駄だしと思っても、何かのきっかけで思い出す。タバコマナーが悪かったので、タバコきっかけがいか

こんな人間が沢山いるんだよな…と絶望感に襲われることもあるが、そうでない人の方が圧倒的に多いわけで。

燃やせるときはせっせと薪をくべたい。自分からはできずごめんなさい。

勇気ある人たち、ありがとう

2017-12-12

所謂ガチャに興味はない

キャラクター育成には興味ある。

んだけど、公式もっと原典へのリスペクト大事にしてくれ。底抜けに明るいかと思えば闇を匂わすような発言血縁者を殺させたりして情緒不安定しか見えない。

そんなめちゃくちゃな奴じゃなくて毅然とした存在なのに。

2017-12-11

似非科学に関して青春時代の思い出を交えた個人的考察

 似非科学というのはいつの時代もなくならないものだ。パッと思いつく例だけでも、血液型性格診断ゲーム脳環境ホルモン水素水マイナスイオン、等々、枚挙に暇がない。多くはマスコミによって支持され、テレビ番組特集が組まれ、その科学的根拠あいまいにも拘らず世間に流布されて浸透する。テレビ番組などはあたかもその説を「検証」しているかのような映像を作り、怪しい肩書専門家コメントを添える。視聴者の多くはなんとなく「科学的に証明されている説なんだ」と信じ込み、疑問を持つことなく受け入れてしまう。一億総白痴化社会の完成である最近ネット上で多くの意見を比べて読むことができるので、情報収集能力の高い人たちはそこまで騙されやすくないとは思うが、未だテレビ新聞が主な情報源である人たちにとっては、上述の似非科学が今でも信じていることが多い。特に血液型性格診断などは、宗教のように信じ込んでしまっている人も相当数いるだろう。

 私も子供の頃はこれらの似非化学に騙されやす人間だった。最近ほとんど見ないが、昔はテレビが娯楽の中心だったこともあり、夕食時などはよく見ていたものである特に捏造問題で打ち切られた「発掘あるある大事典」などは、親が好きだったこともあって毎週見ていた。その中で血液型性格診断特集を何度か行っていたことは、今でも何となく覚えている。番組の中で「数名の幼稚園児を血液型別に分類してその行動を観察する」という検証が行われており、ものの見事にその血液型の特徴が行動として現れていた。見ていた私は「やっぱり血液型性格には関係があるんだなー」とぼんやりと納得していたが、今になって思い返してみれば数名の幼稚園児の行動で結論を出すのは早急すぎるし、番組が「○型かつ××な性格」の幼稚園児を数名集めることな造作もないことだし、そもそも集められた幼稚園児の血液型が本当に表示通りだと証明する根拠は何も無い。極めつけはあの「あるある」である。そういえば「あるある」マイナスイオン特集も何度かやっていた記憶がある。まあ、放送内容の真偽を検証するのは今となっては不可能に近いことだからやめておくにしても、心理学会において血液型性格判断の真偽は何度も検証されており、いずれも関連性を肯定するものがないことから、かの理論が出鱈目であることは疑いようがないだろう。

 しかし、科学価値は小指の爪の垢ほどもない血液型性格診断であるが、この似非化学が私に教えてくれたことが二つある。それは「人間客観的事実よりも自分が信じたいものを信じる」ということと「何かを信じ込んでいる人間を説得しようという試みは大抵徒労に終わる」ということだ。付け足すなら、当時私はまだ純粋ティーンエイジャーだったので、「大人は平気でうそをつく」ということも学んだと言えよう。

 私が初めて血液型性格診断反証する意見に触れたのは、中学二年生のことだったと記憶している。当時別段読書が好きでもない(むしろ嫌い)だった私が、たまたま休み時間図書館に立ち寄り、ふと目に留まった一冊の本を手に取ったのがきっかけだった。それは村上宣寛という方の著書『「心理テスト」はウソでした。受けたみんなが馬鹿を見た』(2005、日経ビジネス)という本である。新作であったこの本は本棚の上に表紙が見えるように立てられており、そのセンセーショナルタイトルに興味を惹かれたのを覚えている。

 10年以上前に読んだものであるためにうろ覚えな部分もあるが、本の内容は大きく2つに分かれていた。前半が血液型性格診断への反論、後半はまた別の心理テストへの反論が主であった(後半の内容は忘れた)。本文の中で、今日血液型性格診断の源流である能見正比古氏の著書をけちょんけちょんに貶し、また血液型性格診断のような「占い」を人に信じ込ませるための心理テクニックであるバーナム効果」についても詳しく説明があったと記憶している。

 当然、本の内容は著者の考えであり、本の内容が絶対的事実であるとは(今となっては)思わない。しかしこの本の内容は、血液型性格診断科学的根拠のある学説だと何となく思い込んでいた私にとっては、とても衝撃的な物であった。血液型性格診断のものというより、これまで固定観念的に信じ込んでいた常識が、脆くも崩れ去った瞬間で、まさしく目から鱗であった。活字嫌いな私が、数日図書館に通って本を読んだのは、(マンガ喫茶を除けば)後にも先にもこの時だけであろう。「借りて読めよ」と言われるかもしれないが、当時の学校図書館ルールで、新作は借りれなかったのである

 新しい知識を得たら人に言いふらしたくなるのが能のないアホウドリの常である。当時は全盛期こそ過ぎたものの、血液型性格診断世間一般根付いており、それを否定する論調は(少なくとも大手メディアでは)ほとんど存在していなかった。要するに「他の誰も知らないことを自分けが知っている」ような状況だったのだ。腕のケガだと偽って毎日手に包帯を巻いて通学していたリアル中二病の私にとって、これほどドヤれる材料は無い。とは言え、何の脈絡もなく血液型性格診断の話をするのも変である。友人との会話の中で血液型の話が出てくるのを待ち、出てきた瞬間にこれでもかと否定する。それによって「頭が良い奴」と思われて皆からちやほやされる。正に完璧計画だった。

 ところが、実際に反論してみたところ、いずれもあまり芳しくない結果に終わってしまった。どや顔血液型性格診断否定しても、「でも何となく合ってる気がするし…」と、決まって歯切れの悪い反応しか返って来ないのである挙句教師からも「屁理屈ばっかりこねるな」と言われる始末。今となってはどちらが屁理屈なんだと思わざるを得ないが、確かに思い返してみれば、血液型の話でわいわい盛り上がっている時に、キモいデブどや顔否定して来たら、場が白けてしまうのは明白だろう。要するに私の敗因は、イケメンではなかったこである

 冗談はさておくにしても、それ以降、私は血液型性格診断の話が出てきた時、余程仲の良い間柄でなければ、ニコニコして受け流すようにした。まさに2017年現在でも血液型性格診断肯定論者の方が言うところの、「否定する奴はモテない」という説を支持する対応であった。情けないとは思うが、当時ただでさえ友達が少なく、これ以上周りから孤立するようなことは避けたかった私を責めることなど出来るだろうか。ちなみに今は目上の人でなければそれとなく否定している。相変わらずチキンであった。まあ、事実事実として、TPOに合った会話合わせというのは必要だと思っている。

 そこで私が学んだことが、先の「人間客観的事実よりも自分が信じたいものを信じる」「何かを信じ込んでいる人間を説得しようという試みは大抵徒労に終わる」の二つだ。血液型性格診断を信じている人に、上述の心理学会の話や、バーナム効果の話をしても、決まって返ってくる言葉は「でも何となく当たってる気がする」「私の周りでは当たっている」と言ったものだ。査読のある学術誌に投稿された数千人規模の調査結果よりも、自分の身の周りの数名の事例を優先するのである。当然その事例には得てして強い確証バイアスが掛かっているのだが、本人はそれに気付くことができない。「客観的事実よりも自分が信じたいことを信じる」典型である

 これは、似非化学に限らず社会の中のあらゆる現象に対して言えることである。例えば昨今、「若者の○○離れ」という言葉をよく耳にする。○○の中には、テレビ新聞、車、バイク、酒、読書など、ありとあらゆるものが入り得る。そして、その原因は大抵若者帰着させることが多い。「最近の若者は人との関係希薄から酒を飲みながらのコミュニケーションをしないのだ」とか、「世間政治に対して無関心だからテレビ新聞を見ないのだ」とか、とりあえず若者悪者にするような結論が多いが、決して「社会の変化によってニーズも変容し、製品価値相対的に下がった、すなわち製品自体時代の変化に追いつけなくなったのだ」といったような、自らに責任帰着させることは決して言わない。やはり自分が信じたいことしか信じていないのである

 また、血液型性格診断を信じている人の共通点として、否定しようとすればするほど攻撃的になって反論するというものがある。先の中学生の時の教師がその典型例だろう。理論的な反論が出来なくなると「屁理屈をこねるな」と論点をずらして逃げるのである。「否定する奴はモテない」というのも同様で、血液型性格診断の真偽について反論しているのに、「モテるモテない」の話にすり替えさら相手を「お前は場の空気の読めないモテない人間だ」と罵倒しているのである。そうなってしまうと、もはや冷静な会話は成り立たない。こちらがいくら事実を述べても、返って来るのは罵倒だけであり、最終的に相手が逃げてしまうのである。そこに残るのは無駄時間の浪費と徒労感だけで、何ら生産性のない労力を費やされることになる。

 こちらもやはり社会全般で言えることだ。例えば「若者犯罪ゲームアニメによる影響だ」などの持論を展開する人に、「若年層の犯罪率は年々下がり続けており、反対にゲームアニメ市場は伸び続けている。」と反論しても、恐らくその後は謂れなき若者批判罵倒くらいしか返って来ないだろう。論理的反論を受け入れられない人間にとっては、実は事実などどうでも良く、会話を勝ち負けを決める手段としてしか考えていない。そして自分が負けるのが嫌だから最後子供のような罵倒に終始し、逃げてしまうのである。こういった手合いは、「自分の非を素直に認められない」ことも共通点と言えるだろう。人間であれば誰しも少なから負けず嫌いな側面は持っているが、この手の人間特にその傾向が強い(と何の統計的データもなく私の主観でそう思っている)。

 似非科学のような嘘を信じ込んでいる人は、宗教信者に近い。もちろん宗教否定している訳ではない。宗教というものは、「事実か否かを証明する術がない」にもかかわらず、「否定は許されない」というのが特徴である。これ自体別に悪いことではなく、「鰯の頭も信心から」と言うように、それを信じることによって本人の精神的支えとなるのであれば、それで良いと個人的には思っている。客観的証明できなかったとしても、個人の中で信じていれば問題はないのである。ただし行き過ぎると他者に対する不寛容に繋がり、戦争弾圧に容易に発展してしまうため、注意は必要である仏陀キリストと「顔を描いてはいけないあの人」の誰が一番偉いかというような論争は、決して行ってはならないのである(仏陀キリストが同じアパートの一室で生活しているマンガはあるが)。

 「宗教」と「似非科学」の明確な違いは、前者は「事実かどうかわからない(事実であることに重きを置いていない)」のに対し、後者はそれが「明確な嘘」だということである。明確な嘘を流布すれば、社会に対して損害が生まれる。血液型性格診断であれば、近年問題になっている「ブラハラ」なる差別を生じる。ゲーム脳であれば、本来何も悪くないゲーム会社風評被害を受ける。水素水であれば、医学的根拠のないただの水を健康に良いと信じ込んで高額な値段で買わされる消費者が現れる。そして、損をする人の裏側では、他者を騙して得をする悪人存在しているのである。大抵は嘘っぱちの本を書いた奴とその取り巻きだ。

 だからこそ似非化学は撲滅しなければならないし、似非化学の考案者やそれを流布するメディア批判されなければならない。日本表現の自由保障されているから何を言おうと自由であるが、それはあくま公序良俗に反しないことが前提であり、嘘によって不正利益を得るのは詐欺である表現に対して批判を行う自由もあるのだから客観的に見て明らかに事実と異なる論説に対しては、毅然とした態度で批判すべきである

 そして、一般消費者である我々は、常にその情報事実であるか否かを見極める努力が求められる。媒体を問わずメディアは平気で嘘をつく。他人に言われたままのことを信じる人間は、その情報が誤りであった場合他人責任を求めがちである。何が正しいか自分判断し、自分責任において選択する力こそが、情報化社会を生き抜くために必要スキルと言えるのではないだろうか。

 似非科学流行は、社会におけるメディアリテラシー成熟度合いの指標と言えるかもしれない。

2017-12-08

東京裁判を受け入れたか慰安婦も受け入れるハメになる

サンフランシスコ平和条約とかふざけた名前不平等条約を飲ませた犯罪都市から毅然条約拒否すべきなんだ

平和条約ビリビリ破り捨ててゴミ箱にしないと慰安婦の次は南京南京の次はアウシュビッツ日本がやったことになる

2017-12-07

anond:20171126092441

何故、被害を被った人間泣き寝入りをしなければいけないのか、職を奪われなければならないのか

毅然と振舞っていてはいけないという点に違和感を覚える。

増田増田のやるべき事をしっかりやってるよ。

2017-11-29

anond:20171129201259

大田区民じゃなくてよかったと思う。

大田区にはこういうキチガイが住んでいるんだなあ、ということで絶対大田区には引っ越さないでおこうと思えた。

でもこういう基地外に対して毅然対応できるBみたいな職員がいると思うとそこまで悪くないかなという気もする。

精神病院入院しそうになったら教えて。そうなったら引越し先の候補に戻すから

区役所の人に高圧的に電話応対された(排除してくれ!)

はじめに

わたし大田区に住んでいる障害者現在休職中だ。

お金に困り、生活保護相談もしたことがある。

就労移行支援サービスを使い、社会復帰を目指している。

前年の収入は非課税であったため、受給者証を取得すると無料(またはわずかな金額)で就労移行支援サービスを使うことができるので電話をした。

最近自立支援医療の期限が切れてしまっており、3ヶ月前に障害者手帳と一緒に申請したのだが、障害者手帳は届いたが自立支援医療受給者証はまだだったため、まずそのことから尋ねた。

以下、あらましを簡単に。

電話をした

私「障害者手帳は届いたのだが、自立支援医療受給者証が来ていない」

A「生活保護受給されていますか?」

私『受給していません」

A「相談窓口におつなぎいたします」

B「電話変わりました。生活保護受給されていますか?」(この時から大声でかなり不機嫌でした)

私「先ほども申し上げましたが、受給しておりません」

B「なぜこちらに電話してくるのですか?」(すごく高圧的で、責められている意味がわかりませんでした)

私「障害者手帳は届いたのですが、受給者証が来ていないのです」

B「こちらじゃないんですよ!とりあえず変わります」(精神的にぼろぼろになりました)

C「電話変わりました。どうされましたか?」

私「障害者手帳は届いたのですが、受給者証が来ていないのです」

C「電話の窓口が異なります

ここで私は電話している窓口が異なり、生活福祉課と地域福祉課をかけ間違えたことに気が付いた。

電話番号を教えてもらい、Bの態度が悪かったと文句をいい切った。

電話応対Bについて苦情を言った

絶対改善されないと考え、区役所総合電話電話

電話応対がひどかった。改善してくれ。

なぜ高圧的な態度で応対されないとダメなのだ

間違ったのは悪かったが、そこから案内を間違えた非はそちらにある。

なぜこんな対応だったのかヒアリングして、教えて欲しい。

生活に困ってる人は疾病や様々な問題を抱えているから、Bは電話にも窓口にも出さないでくれ。なんなら排除してくれ。

電話応対Bの上司から電話

上司申し訳なかった。Bは普段から大きな声なのだ。」

私「水際対策で大きな声の人を置いてるでしょ?」

上司「そういったことは一切ない。都?からも厳しく指導があるし、常日頃注意しているし、彼はベテランだ。」

私「わたし生活保護相談に行った時もBだった。その時も高圧的な態度だったし、生活保護受給しようとしている人を排除しているんだろ?」

上司「そんなことはないけれど、そう受け取られたら悪かった。」

私「じゃあなぜあんな態度だったんだ?」

上司「まだ聞いてない。」

私「聞いてからもう一度連絡くれ。」

再び電話かかってくる

上司「本人も申し訳なかったと言っている」

私「なんで今日はああい対応だったのか?」

上司「私の指導不足です。申し訳ない。今後このようなことは起こらないように徹底したい。課長の方にも報告書をあげる。」

私「ベテランだという話だし、強面で大きな声、それで水際対策してるんでしょ?配慮する気全くないじゃん。大きな声という自覚が本人または周りにあるのなら、なぜ穏やかに話を聞いて喋れないんだ。」

上司「今後は徹底する。」

私「彼を移動、排除してくれ。深く気づついた。」

上司「ご要望は承った。」

最後

あぁ、改善されないし、今後も強面で高圧的に話を聞いていくんだなと思った。

体格も大きく、声がでかく、周りに話を聞かれないように配慮するため、個室で彼と2人きりになるのだ。

高圧的にまくしたてられたら、生活保護を諦めて死ぬ人も出るんだろうなと思った。

改善指導もいいが、最近流行りの「排除」という名の配置転換をして欲しい。

大田区長よろしく!

追記1

別に固執に二人きりになっても役所の中ならいいじゃん 増田でやってる調子でやればいい

精神的に弱っている人がくるのに、そんな対応されたらどうなんだ!という一般論だよ。

私だけの話ではない。

ザ・障害者という感じの対応で素晴らしい。

こういう人のせいで市役所職員仕事無駄に増えて税金無駄遣いされるんだなあと思う。

それにそもそも要望就労支援?正直働くだけ無駄からそれも税金無駄遣いだと思う。

私もそう思ってるよ。社会出るだけで、社会への負担は大きいと。

ただ、少しでも働いた方が社会負担が減るっていう統計が出てるんだよ。

大田区民じゃなくてよかったと思う。

大田区にはこういうキチガイが住んでいるんだなあ、ということで絶対大田区には引っ越さないでおこうと思えた。

でもこういう基地外に対して毅然対応できるBみたいな職員がいると思うとそこまで悪くないかなという気もする。

精神病院入院しそうになったら教えて。そうなったら引越し先の候補に戻すから

お前と一緒の区に住んでなくてよかったよ。

私が変(障害者)という自覚はあるが、ここまで一瞬でボコボコに叩いてくるのか。

はてなすごいな。

2017-11-23

昔よく見ていた画像掲示板の話

から15年くらい前の話だけど。

当時義務教育年齢だった自分はよくネット画像掲示板を見てた。

今みたいにSNSがない頃だったんで、今Twitterでよく見るようなおもしろ画像みたいなのをあちこちから拾ってきて貼り付けるみたいな感じだった。

最初の頃はかなり面白くて毎日開くのが楽しみだったんだけど、人気が出て来るにつれて悪趣味画像を貼り付けるやつが増えてきた。

サイト管理人会社員してる男性みたいだったけど、最初の頃はそうした不快写真が付けられたら丁寧に削除して「うちはそういうところではありません」とか毅然とした対応とってた。

でもPV数が増えてきたあたりから広告貼り付けたり「今月はサーバー代が厳しいんでクリックしてください」とかあからさまに金儲けに走るようになってきた。

そのうち悪趣味画像とかが貼られても「うちはなんでもありなところがいいところ」とかそれまでの運営方針とはガラリと変わったこと言い出した。

下手に毅然とした対応して客に逃げられては困ると思ったんじゃないかと思う。

運営が長くなってきたことで同じネタが使いまわされるようになったり、レスレベルが下がってきたのでもともといたネタ職人さんたちがどんどんいなくなっていってしまった。

自分面白くなくなってからまり頻繁に見なくなったけど、しばらくして久しぶりに覗いたら管理人中傷スレッドが立っていたり個人情報を書き込まれてたりしてた。

結果論かもしれないけど、目先の利益に走るようになったら最終的に自分の身に降り掛かってくるという怖さを知った。

客を選ぶって簡単に言うけど大切だよな。

2017-11-14

anond:20171114233817

面倒事を避けてるだけ。色々考えだすと大変だから逃避している。

あと自己肯定感が低く自分に自信がないから「別れた方がいいかも」とか言っちゃう。止めてもらって安心したいだけ。

そして増田はそんな男に踊らされすぎ。一度冷静になるべき。

どうせ逃げやしないし多少連絡来なくてもいいや、くらい毅然としてた方が楽だし健全だよ。

逆に男を信頼していないとも言える。

anond:20171114141018

「よく覚えとけよ、男は灰になるまで、どスケベだ。そしていやらしい話題女性の前で聞こえよがしにするやつは、その女を馬鹿にしてる。表向きは褒めても、その時だけだ。

から、お前の前で、いやらし話をする人がいたら、避けなさい。ろくな奴じゃない。それか、どうしても避けられない場合は、そういう話題は嫌だとわかるようにしなさい。

はいやらしい話にのってくる女を、歓迎するが、その裏で軽蔑している。毅然とした態度ではねつけなさい。女は男に遊ばれたら終り。覚えておけよ!」

本当かどうかはわかりませんが、父がよく言ってました。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん