「一般市民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一般市民とは

2018-11-17

死を忌むのはなぜなの?

世間のみなさんが、それほど生きる喜びに満ち溢れてるようにも見えないんだけどな

政府ポジションなら税収低下を忌むし、経営者ポジションなら労働力低下を忌む、というのは理解できる

ただ、一般市民の皆様にとって、日々の生命活動希求するほどの価値を置いているように見えない

にもかかわらず、なぜ死を忌むのは一般化しているの?

2018-11-16

マンションの一室くらい、くれ

公務員宿舎が出来るように、自分一般市民もある程度管理して助けて

そのための仕事をしたいくらいだ

各々が野放しにされて、人生が多岐に渡る流れて、本当に幸せになれたのか?

とりあえず、持ち家が無い……OTL

2018-11-15

anond:20181115223815

もうなんかその「表現の自由戦士」っていう呼称のもの違和感あるんだよなあ。

俺なんかは確かにキズナアイ公共放送から抹消せよ」「ライトノベル書店から抹消せよ」っていわれたら「そりゃ行きすぎだろ、表現の自由を考えなよ」って思うし、そうコメントしたことはあるけれど、しかしその一方でどんな表現でも商業販売して良いとは思ってなし、適切な線引やゾーニングはそりゃ必要だろうとも思っている。

ある種の人が語るように「ありとあらゆる表現規制に断固反対」でもなければ「社会エロをばらまきたいモンスター」のつもりもないんだよね。

どっちかって言うと、「その種の規制ゾーニングは、透明性のある継続的場所で開かれた議論を行い、システマチックに行われるべきだ」と個人的に思っていて、それが最低限の公正や公共性への担保だと思ってるわけ。

なので、今回一部のフェミの人がやったような「個人気持ちで思いついたらTwitter圧力をかけて願いを実現しよう」っていう、そういう手法的な短絡を問題視してるんだよ。他人を説得する気もなくただただ自分脳内感情でいきなり圧力行動に出る、そういう部分を「お気持ちリブン」といってるわけであって、もっと合意形成に手間を惜しまなければ、(自主規制も含む)ある種の表現規制に付き合う気持ちはあるわけよ。てか、大部分のオタクも、一般市民も、そうだと思うぞ。

2018-11-13

anond:20181112183902

京都普段から自転車乗って生活してるんだけど、駐輪事情に限らず全体的に自転車乗りの民度が低いんだよな…

無灯火、逆走や雨の日の傘差しなんかは毎日のように見かける(更にちゃんと左側走ってるこちらに対してすれ違い側に舌打ちすらしてくる)ような有様で、自転車というれっきとした車両に対してモラルが足りない人が多すぎる。

取り締まり全然追いついてない状態でそういうのが野放しになってるから、更に「他の人があんなだから自分も」みたいな悪循環が起きているように思う。

道交法、市の道路交通規則違反は一律で5000円くらい科料を取って、市民通報検挙に繋がったら500円くらいリベートを返すようにすれば、人手はかかるけどお釣りがくるくらい違反金が入るだろうし、監視の目は一般市民が補えるし、自転車周りの道路事情は格段に改善すると思うんだけどな。

2018-11-11

anond:20181111004548

日本以外の全ての国だろう

日本人は原爆アレルギーから

海外では大多数の一般市民にはただのすごい爆弾くらいの認識だよ

トマスで上げられてるアメリカなんかまさにそれで、国の研究所

核爆弾ハリケーン消滅させればいいじゃんみたいなことあんまりにも言われるもんだから

わざわざ解答書かれる程度にはただのすごい爆弾って認識

2018-11-08

サバゲーオタクの言う 「トリガーに指をかけるのはリアルじゃない」 は本当かちょっと調べてみた

まず西部開拓時代

この時代の名うてのアウトロウ、ガンマン一般市民ポートレートを見ると

グリップを握るスタイル拳銃小銃を保持する際、「人差し指が曲がっている」のが殆ど

しろ人差し指を伸ばす人物は少数派だった

これは小銃を持つ際も同様である

この時代に関して言えば、どんなにリラックスしていようが

常にトリガーに指をかけるのが当たり前である

 

次に第一次、第二次世界大戦

各国の兵士を見てもやはりトリガーか、トリガーガードに指がかかってるスタイルがとても多い

昔ならではの問題として、ストックグリップが一体型であるライフル構造も災いし

自然と手の形状が丸みを帯びてしまうというが理由がある

なので、トリガーに指を置いているのか、それともトリガーガード内で休ませているのか

判別できない写真も非常に多い

軍事規律の緩さも考慮すれば、

この時代兵士であろうが、トリガーに指をかけるのは当たり前だったのではないだろうか

 

ベトナム戦争

このころからやっと、トリガーに指をかけないよう、意図的に伸ばしている兵士写真が目立つ

ピストルグリップ付きのARの普及と共に、

指を丸めない姿勢もごく自然と行えるようになったのではないか、と自分は推測する

それでも堂々とキャンプ内でトリガーに指をかけている兵士写真散見する

選抜徴兵制がまだ米国存在した当時、兵士の層を鑑みれば規律の緩さは当然だろう

 

 

 

結論   

ワイルド世界観コスプレなら、むしろトリガーに指をかけろ

 

 

  

蛇足

 

調べていて分かったことだが

兵士ライフルと共に写真を撮られる際には

グリップハンドガードを持って銃を保持するような

典型的兵士風の恰好ポーズをとるより、

いわゆる立て銃の恰好で銃を地面に置き、銃口を上に向けたままの状態

もしくは銃のハンドガード、キャリングハンドルあたりの

重心の中心部分を持つという

至極つまらない、合理的な持ち方をした写真が一番多かった

 

ミリタリーチックなコスプレリアルさを追求したいのなら、

しろ銃は持たない姿勢が良いだろう(疲れるから)

2018-11-06

慰安婦像

例えばさ、世界世論がさ、アメリカ日本に対する原爆投下極悪非道補償すべきってな風潮になったけれどもアメリカごねているみたいな状況になった時にさ、日本って被爆者の像をいっぱい建てたりするもんなんかな。

俺はさ、銅像ってみんなに見てほしいような偉人とかさ、なんつーかポジティブものな気がしててさ、長崎のやつとかも被爆者の像じゃなくて平和祈念像じゃんか。虐げられたり痛めつけられた自国民の像を乱立するのって俺は嫌なんだけど韓国一般市民はどう感じているんだろう。

あちら側の立場に立って考えたとして、日本補償を求めたいってのはそうなのかな、とは思うんだけど、そのやり方として慰安婦像って嫌じゃないのかな。

日本全国に被爆者像とかシベリア抑留者像とかいっぱいあったら嫌じゃない?

もちろん過去歴史ちゃんと学ばないかんですよ。でも像は嫌じゃないのかね。葬式でもぐっと堪えて気丈に振る舞うのが美徳な国と、泣き女をわざわざ雇うような国とでは文化が違いすぎるんかね。

anond:20181106173748

でもキモくて金のないおっさん一般市民として扱う建前を守らずに不審者犯罪者予備軍扱いするのは問題ないんですよねわかります

2018-11-05

anond:20181105135539

警察がやってることなら、一般市民がやってもいい」

って理屈だと思ったの?

anond:20181105135412

その理屈でいくと警察が銃で武装してるんだから一般市民が銃で武装してもいいってことか

脳に障害ありそうだな

2018-11-03

なぜ主体批判されないのか

安田氏の件ではあいかわらず自己責任論が蔓延してるけど、

そもそも身代金を払うか払わないか日本カタール政府が決めることであって、

安田氏はただただ拘束されていただけだ。

なのに各国政府への批判が全く無いのはどういうわけなんだろう。

これは表現規制の話とかでも感じる疑問で、

表現規制主体となるのは自治体出版社であるのに、

特段そういったところにパイプがあるわけでもない一般市民ツイートばかりが炎上するのは不思議である

2018-10-31

anond:20181031213218

我が思ったという証拠を残さなければ、歴史上ではただの一般市民だよ。

2018-10-29

渋谷ハロウィーン自治体主導で盛り上げるべき

渋谷ハロウィーンの様子を見て、昔の「祭り」っていうのはこういう無秩序ものからまれたんだろうと思う。人間の非常に原始的な姿を見る事ができる。

この異様な盛り上がりは自治体やまつり協議会管理された「祭り」とは異なるものだ。

渋谷にいる彼らは心から盛り上がっていて、内側から湧き出るひとりひとりのハロウィーン渋谷の街に祭りを産み出しているのだ。

自由ゆえに、無限エネルギーを持ったお祭り状態になっている。

反対に、世の中には管理が行き届きすぎた祭りもあるが、自由の無い祭りはどうも面白みがない。

そう考えると、逆にガッチガチ自治体主導でクソつまらないハロウィーンイベントを行うことで、渋谷の街はしらけて収束に向かうのではないか

悪気はないんだろうけど、残念な地域祭り運営って誰しも見たことがあると思う。力入れるのそこじゃないよっていう。ピントがずれてるよっていう。

あるいはやけ気合の入った自治体の滑り気味のイベント

そういうのを渋谷でやればいい。

主導権が一般市民にあるからダメなんだ。

渋谷区や東京都が「市民ファースト」を謳い文句ハロウィーンイベントを大々的に企画しよう。

きっと良い結果をもたらすはずだ。

2018-10-27

人質騒動での日本マスコミへの疑問

むしゃくしゃして書いている

マスコミ安田純平さんの人質騒動に関して自己責任論とジャーナリズム論を振りかざしているけど、

危険地域での取材情報受益しているのは一般大衆なんだろうか。

危険地域情報危険を冒して取材する記者いるから入手できる

・その情報を知りたい一般市民がいる

マスコミの本分がそこにあるのであれば記者に手厚い保護必要

それが十分な報酬をもって危険カバーするべく記者に対価が支払われるのが理想ではないのか

今回の一件は危険を知りながら十分な予防もできず使命感で行動した安田純平さんの結末であり

その誹りを受けるのはその情報に対価を払うべきマスコミではないのかと思う。

十分な対価をもらっていたか不明だが同業者間で危険対処に関して情報が出てこない時点で

ジャーナリズムは金儲けはしてはいけないのだろう

大手マスコミ不動産業が主な収入源なのが皮肉だが

2018-10-24

自分加害者になる可能性を考えられない馬鹿

犯罪者拷問しろ人体実験に利用しろ!一生苦しめろ!

みたいなことを言う自称良識のある一般市民馬鹿どもは自分加害者になる可能性を考えられないの?

自分加害者になったとき拷問されたくないでしょ。想像力なさすぎ。

まじで大衆って被害者意識はあるけど、加害者意識がない奴らばっかだな。くそきめーわ。

2018-10-21

anond:20181021020944

番組の聴き手が、“難しい科学”にとっつきにくさを感じる一般市民男女の代表とするならば、高齢市民を聴き手にするほうが、“視聴者代表”としての意義は高まると思われる。

途中の引用だけど

これも結局「老人は科学からない」ってステレオタイプなっちゃってんだよね

この人もそうなんだけど、男女の構図に文句言ってたらあらゆる構図に文句言えるんだよなぁ

大人子供にすると「子供馬鹿なの?」って話になるし

いや、「一般的教師と生徒という関係を表しました」って言い訳したところで「男女の構図の問題」と変わらなくなるわけで

究極同じ人間クローン的に二人並べる構図にしても、髪型肌色服装アクセサリー、あらゆるポイントを持ち出して難癖付けることは自分ですら可能だろうし

人権平等擁護者は完全な人権平等を目指して不毛な争いをするんじゃなく、明らかに不利益がある問題に注力したほうが良い…

2018-10-18

岡口Jの分限は残念でもないし当然

東京高裁岡口基一裁判官について最高裁戒告分限処分を下したことについて,法曹界からは岡口氏を擁護する言説ばかり喧伝されているので若干のコメントを。

彼の擁護者らは,裁判官自身表現の自由無くして市民表現の自由を守れるのか云々などといった声を上げる者がいるけれども,もしかかる主張が,裁判官特殊地位に鑑みて裁判官私的表現の自由一般市民のそれよりも強く保障されなければならない,という意味だとすれば,全くの失当である裁判官表現行為について,憲法保障する表現の自由によって保護されるべきであることは言うまでもないが,裁判官はその職責上,品位を保持し国民の信頼を得ることが何よりも求められており,その職責の点から私的行為についても一定節度あるいは限度があるというべきであり,その意味では,裁判官身分との関係では裁判官私的表現の自由一般市民のそれよりも制約されると解さなければならない。

要するに,表現の自由と言ったところで,およそどのような表現を行うことも自由であるかというと,そんなことはない。

たとえばもし仮に,現役裁判官が,Web週刊ポストの「都内の人気公立小学校 小渕優子の息子のクラス学級崩壊」という記事リンクとともに,

小渕優子の息子が一番暴れてたりして(^_^)

http://www.news-postseven.com/archives/20180309_658021.html

8:15 AM - 9 Mar 2018

Twitterに投稿した想像してみてほしい。上記ツイートは,公人でもない一人の児童について,それが政治家の子であるというだけで,個人特定して揶揄するものであり,憲法禁止する門地に基づく差別表現である。仮にこのようなツイートを現役裁判官投稿したならば,裁判官人権感覚ひいては司法制度に対する国民の信頼が害される。これが戒告で済めばむしろいくらいである。

このように,裁判官ツイートには一定節度限界がある。彼の支持者らは,この前提から争うような主張を繰り返すのであるが,全くの失当である

以上を前提に検討するに,本件で問題とされたツイートは下記の通り。

公園放置されていた犬を保護し育てていたら,3か月くらい経って,もとの飼い主が名乗り出てきて,「返して下さい」

え?あなた?この犬を捨てたんでしょ? 3か月も放置しておきながら・・

裁判の結果は・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-

なお,「裁判の結果は」元の飼い主である原告の勝訴である

通常の理解力を有する一般人上記ツイートを見たときに,「岡口氏は原告請求が不当だと思っているな」という感想を抱く者が,10人中1人もいないと,言えるであろうか。

岡口氏は,上記ツイートは単に両当事者の主張を要約したに過ぎない,リンク先に対する予告編でありリンク先を読めば原告勝訴とわかる,すぐに消したか問題ない,自分裁判官であるとは明示していない,等と反論している。

しかし,原告の主張については「返して下さい」と鉤括弧を付けているのに対し,岡口氏が言うところの「被告の主張」には鉤括弧がなく,むしろ情感を込めた独自表現になっている。

(鉤括弧がなくても自身見解ではない,との言い訳をするためであろうか,岡口氏はしばしば,彼の好みに適う他人表現を,引用であることを明示せずにTwitterFacebook投稿する。)

このツイートを見たときに,「え?あなた?この犬を捨てたんでしょ? 3か月も放置しておきながら・・」という表現が岡口氏の意見であるとの印象を持つ人がいたとしよう。岡口氏や彼の支持者らは,そのような理解をした人は知能が劣るかあるいは精神異常者であると言うのだろうか。

もしそうでないとすれば,上記ツイートは,相当数の一般市民に対して「高裁裁判官から見ておかしな主張をする原告がいる」との印象を与えるものであることを認めなければならない。リンク先まで読めば,高裁判事である岡口氏が地裁判決をも批判しているとの印象を抱くであろう。

本件ツイート上記欠陥は,岡口氏やその支持者が大量の紙幅を費やして弁明したからといって治癒されるものではない。むしろ説明に大量の紙幅を要していること自体が,本件ツイートの欠陥を如実に示している。

そして,一般人ツイッター閲覧・利用方法を前提とした評価は,ツイートスクリーンショットのみから判断可能できるから最高裁としては,それ以上の事実関係に関する資料の提出を求めて審理を継続する必要は無いであろう。なお,分限裁判性質上,職権探知主義妥当するものと思われるが,岡口氏の本件に関する近時の言動や,情状資料としてのその他の事情収集されなかったのは,むしろ幸運ですらある。たとえば岡口氏がChange.orgでの署名集めを試みたがごときは,あたか裁判官署名証拠価値を高く評価するかのごとく受け取られかねない(署名基本的多数決原理であって,司法と相容れない)。署名目標である100人に達せず,証拠提出しなかったのは,国民司法に対する誤解が未然に防がれた点で幸運であった。

なお彼の支持者らは,本件の分限裁判結論をもって裁判官表現活動が萎縮する等と声高に叫ぶ。

しかし,そのような宣伝活動はあたかも本件分限裁判裁判官表現活動を厳しく制限たかの如き誤解を広めるものであって,却って裁判官表現活動を萎縮させること大である

彼の支持者らこそ,補足意見の末尾2段落音読してほしい。

5 ちなみに,現役裁判官が,ツイッターにせよ何にせよ,SNSその他の表現手段によってその思うところを表現することは,憲法保障する表現の自由によって保護されるべきであることは,いうまでもない。しかしながら,裁判官はその職責上,品位を保持し,裁判については公正中立立場で臨むことなどによって,国民の信頼を得ることが何よりも求められている。本件のように,裁判官であることが広く知られている状況の下で表現行為を行う場合には,そのような国民の信頼を損なうものとならないよう,その内容,表現選択において,取り分け自己を律するべきであると考える。

 そして,そのような意味での一定節度あるいは限度というものはあるものの,裁判官も,一国民として自由表現を行うということ自体制限されていないのであるから,本件のような事例によって一国民としての裁判官の発信が無用に萎縮することのないように,念のため申し添える次第である

2018-10-17

情報操作NHK、画面に出すツイートを選んでいるプロセス公表しろ

都合のいいツイートなのか、自演ツイートなのかは知らないが、

印象操作は、ダメ

もうずいぶん前から言われてるだろう。それでもまだやってる。

たか一般市民の声が賛同してるか、影響ない疑問のような。

出すツイートを選んでいるプロセス公表しろよ。

都合のいいのばっかり出して、印象操作は許せない。

2018-10-15

日本からオタクの消えた日

 大失敗に終わった東京五輪から10年、日本人口が3ヶ月の間に1割近く減った。

 東京五輪の際、国内外フェミニストたちによる精力的な活動により日本オタク文化世界的に批判された。初めはゾーニング問題から始まったという。世界から、そして国内から批判を浴びた業界人たち(すなわちアニメゲーム漫画ラノベ特撮アイドル声優等)はまず自分たち正当性を主張した。ポルノではなく文化であり、芸術の一形式であると。しか反論すればするほど批判の声は高まり圧力に負ける形でゾーニングせざるを得なくなった。オタク文化は18歳以上のものとされたのである

 ゾーニングによってオタク文化は守られ、それ以上存続に関わるような決定的な批判を浴びることは避けられた、業界人たちはそう思った。しか事件が起きた。20年代に頻発した女児殺害事件である最初事件センセーショナル報道された。犯人オタクだったからだ。犯人の家にはアニメキャラクターポスタータペストリーが飾ってあり、性器剥き出しのアダルトフィギュアが部屋中に溢れていた。フェミニストがこの事件に食いつかないわけがなかった。事件とともにオタク批判が盛り上がった。さらオタクにとって不運だったのは似たような女児殺害事件が再び起こったということであるフェミニストオタクという存在危険性を主張しはじめた。この二番目の事件において犯人オタクではなかったが、フェミニストたちの激しい主張により、いつの間にか世間認識は「犯人オタクである」となっていた。

 悪意というものは一番弱いところに向かうものだ。東京五輪の失敗を受け、多大な負債を抱えた人たちが次々に女児殺害していった。20年代女児殺害事件常軌を逸していたと言っていい。今一度確認しておくが、20年代の一連の女児殺害事件において犯人オタクだったのは最初事件だけであるしか20年代の痛ましい事件はすべてオタク責任ということになった。話がやや複雑になるが、中には「俺はオタクだ」と名乗った犯人もいたが、実際に捜査してみるとオタクではないというケースもあったようだ。精力的に活動する反オタク主義フェミニストたち、彼ら彼女らに賛同する一般市民自暴自棄になって事件を起こす犯人たち、国内マスコミ、そのすべてが全責任オタクに負わせようとした。

 そしてオタク絶滅法(「オタクと判明した場合、即座に死刑に処する(その場での殺害も可)」)の登場である世界的に死刑廃止されていく中で信じがたいことだが、2030年代の日本は完全に狂っていた。東京五輪の失敗というトラウマからいまだ回復していなかった。日本全体が生贄を求めていた。何かに責任を負わせてすべてを清算たかった。ゾーニングによって世間の表舞台から消えていたオタク文化が再び掘り起こされていった。すべての業界関係者業界を支えるファンたちが問答無用連行され即日処刑、あるいは抵抗する場合はその場で殺されていった。多くの血が流れ、あっという間に日本からオタクと名乗る者が消えた。フェミニストたちは最大の功労者として権力を握った。これで日本は復活できる……人々の熱狂は大変なものだったそうだ。

 しかしこのゆがんだ悪法が人々を本当の意味幸せにするわけがない。日本人が反オタク主義に慣れきったころ、一つの事件が起きた。ある会社で働く女性社員上司に叱責された。同僚のインタビュー記事などによれば、叱責はどの会社でも日常的にあるような軽いものだったという。しかしその女性社員は叱責されることに慣れておらず、ものすごいショックを受けたらしい。鬱病になって会社をやめることになった。歴史的に大きな事件が起きるときには様々な要素が偶然絡み合うものだが、この場合もまさにそうだった。女性社員フェミニストだったのである

 彼女はもちろんフェミニスト栄光を知っていた。誰もが絶望しきっていた東京五輪の失敗からフェミニスト主導のオタク絶滅政策によって日本が復活するという栄光歴史を。無職になっていた彼女はある日会社を訪れ、自分を叱責した元上司に向かってこう言い放った。「この人、オタクです」

 周囲にいた人たちは青ざめた。それが意味することを理解していたからだ。しかしまだ事の重大さを真に理解していたわけではなかった。彼はオタクではないのだから、そんな言いがかりだけでどうすることもできないだろう……。監視装置が「オタク」という言葉を感知すると自動的通報され、すぐさま警察がやってきた。取り調べが行われ、元上司スマホが調べられ、自宅に向かった捜査員はあらゆる端末のデータを調べた。数時間しても彼がオタクであるという明確な証拠が見つからなかった。警察フェミニストの女にこの男が本当にオタクであるのかと確認する。そこで女はただこう言ったそうだ。

「私はフェミニストです」

 その場で元上司は「オタクである」という理由で射殺された。フェミニストの女は死んだ元上司の顔に唾を吐きかけると帰っていった。

 この一件はマスコミによってオタク絶滅政策の一環である報道された。しか職場の同僚たちは反論し、事件真相ネット上で速やかに広がっていった。「オタクという明確な証拠がないにもかかわらず、フェミニストオタク認定されただけで殺された」 フェミニスト理論上誰でも好き勝手に殺せる……

 反オタク主義に固まっていた日本が少しずつ揺らぎ始める。それは反フェミニストという形で現れた反動であるフェミニストの大物が暗殺されると、オタクを名乗る集団による犯行声明動画サイト投稿された。地下に潜っていたオタクたちが立ち上がったのだ。オタク絶滅法の施行された30年代は高度な監視社会だった。だが監視社会はテロを防ぐことができず、フェミニストは次々に殺されていった。

 やがて人々は東京五輪の失敗はオタクだけのせいではなかったと気付き始める。たしか東京五輪を契機に世界的なオタク批判が巻き起こった。しかオタク絶滅法は人道に反すると諸外国から批判を受けたことも事実であった。それでも当時の日本にはもう一度立ち上がるための生贄が必要だった……

 私は日本州に生まれたことを嘆いてはいない。この島には悲しい歴史がある。私たちはそういった負の側面を背負っていかなければならない。オタク絶滅法以降、日本少子化人口減少はさらに進み、今や人口は3000万人程度だ。最近愛国者たちによる独立運動が盛んで、毎日どこかで集会が行われているが、私たちはかつての日本国を美化するようなことがあってはいけないと思う。

2018-10-10

anond:20181010160752

ではどうやって一般市民を「キモオタ」と「その他」で分類するの?

もちろん「俺が思ったらソイツはキモオタ」は無しだからな?それはただの独裁政治から

[] #63-2「イタガリアン」

収録の当日、俺はロケ場所に赴いてた。

この番組では賞金が出る。

俺の給料およそ1ヵ月分。

破格ではないが、俺にとっては大金だ。

というわけで『ライトクイズ』のときのように俺は参加……

しなかった。

理由は色々とある

まず、優勝を狙える気がしない。

結局、参加者がやることはリアクション芸人の真似事だ。

本職ならともかく、善良な一般市民しかない俺がそんなことをやるのは無理だ。

更に、そんな姿をテレビで流されるのもキツい。

金は俺にとって優先順位が高いのは確かだが、恥と外聞が天秤に乗っているんじゃあ分が悪すぎる。

後は、さっきも言ったが俺はこの番組をそこまで面白いと思っていない。

優勝を狙える気がしない上、賞金が恥と外聞に対して少なく、更に番組の参加を楽しめないというのなら、もはや俺が参加する理由がない。

じゃあ、なんでロケ場所に来ているのか、と思うだろう。

それは俺が賞金そのものは諦めていなかったからだ。


…………

数日前に話はさかのぼる。

街中を友人と連れ立っていたのだが、『イタガリアン』の番組ポスターがやたらと目につく。

これは俺が内心では気にしすぎていたせいもあるだろうけど、実際ポスターがいたるところに貼られていた。

まあ、人気番組がくるのだから町おこしにもなるし、、ちょっとした騒ぎになるのは当然だ。

だが、俺みたいな人間にとって、ちょっとした迷惑にもなるのも当然ではある。

この時、俺は既に『イタガリアン』の出場を断念していた。

だが、街中に貼られている番組ポスター(厳密には賞金の額)が視界に入る度に気持ちを燻らせるんだ。

我ながら未練がましい。

もう参加しないことは決めているのだから、俺のこの燻りは無いものねだりでしかないというのに。

「あー、『イタガリアン』の参加どうしようっかなあ」

そう呟いたのは、一緒にいた友人のカジマだ。

まあ、カジマならそう言ってくるだろうとは思った。

こいつは友人の中でも特に自己顕示欲が強く、その欲求を優先して行動しがちなキラいがある。

そして大抵の場合、それは良い結果を生まないことが多い。

「悩むくらいならやめたほうがいいんじゃないか?」

俺はそう返した。

まるで自分に言い聞かせるように。

「でもなあ」

「じゃあ、参加したらどうだ?」

「うーん」

カジマの反応はどっちつかずだ。

これも予想通り。

カジマは大して心にもないことを言ったりやったりすることに快感を覚えたり、更にはそれで他人の反応を窺いたがる悪癖がある。

今のこいつの優柔不断な態度は心から悩んでいるからではなく、ただのコミニケーションの一環ってわけだ。

まあ、いつものことである

この程度で、こいつとの友人関係に亀裂は入らない。

だが、その日の俺は番宣の件もあってウンザリしていたんだ。

さっさと家に帰ろうと考えていた。

「ならこの話はもう終わりだな。暇だからこうやって町を歩いてはいるが、不毛応酬をするほど持て余してはいない」

俺はそう言って、カジマを引き離すように歩みを速める。

「ちょ、ちょっと待ってマスダ! タンマタンマっす」

それで焦ったようで、カジマはすぐに俺に追いつくと話を次に進めた。

(#63-3へ続く)

2018-10-07

anond:20181007141933

共産党ホームページにようると、

戦前治安維持法による弾圧が原因で命を落とした人は、判明しているだけでも1682人

だそうです。現代社会でも、相当数の中国スパイ勾留されているんじゃないかな。

一般市民が知らんだけで。

そういうのを良いとか悪いとか考えること自体が、俺の思考力を超えているが。

仁義なき戦いSNS死闘

キズナアイちゃんNHKサイトに出たおかげで、またまたはてブtwitterお気持ちヤクザ表現の自由暴力団との抗争になっちゃいました。

そういうわけで自分のような一般市民は縮こまって声を小さくしないといけません。つらいね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん