「遺伝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 遺伝とは

2018-10-20

anond:20181020135621

太れるのは遺伝的に恵まれたら才能ですから

努力じゃ追いつきませんよお

2018-10-19

驚くほど人間性クソだったり不道徳だったりする奴たまにいるけど

あれ親から遺伝したってことだよな?

それか毒親から酷い接し方され続けたか

2018-10-15

anond:20181014032639

あなた性格が悪くなったわけじゃない。あなたの苦しみと、それを理解しようとしない環境の中で生き残るために、そのように振舞わなければならず、それが自分自身性格のように感じられてしまっているだけだよ。あなたのもの本質は、きっと変化していない。だから安心してほしい。大丈夫なので。

あなたの苦しみは消えないし、苦しみ抜いた記憶も消えはしないと思う。でもそれはいつかきちんと過去になるし、心穏やかに日々を暮らす事が出来るようになる。

癌ではないけど、僕も長いスパンで付き合わなければならない病気を抱えていて、そのせいで十代終盤から二十代中盤にかけて風貌がやや醜くい状態ですごす羽目になったんですよ。当時は毎日死ぬことばかり考えていたし、誰が自分をこうしたんだとか、アイツの態度が気に食わないとか、そんなことばっかり考えていた。当時のことを今思い出しても、やっぱりアイツとアイツにはなんか嫌がらせでもしとくべきだったなとしみじみ思う。

でも、やっぱりそれらの呪詛って過去に対して向いてるだけで、今の僕はそれなりに穏やかに生きることができてる。恋人なんていないし、遺伝する病気から結婚なんて怖くてできない。オマケ身体も無理がきかないか仕事趣味に打ち込めるわけでもない。何も戻ってきてないし失ったものはとても多いけど、それでも過去になってくれるよ。

からあなたも近い将来、きっとのんびりゆっくり「まあ、仕方ないよなー」くらいの気持ちで穏やかに暮らせます

anond:20181015133006

俺はブラック企業でずーーっと過ごしてそれに心底反吐が出たんで起業して今ホワイト企業経営してるよ。

でも社員はオレひとり。業種的にそれが許されるし下手したら最適解ってのもあるんだけど、それとは別に精神的な理由もないではない。

自分を助けてくれなかった社会の誰かを自分が助ける必要があるのかな?っていう不信感みたいな。

ホワイト企業大事に育てられた人って別に独立して起業する必要性がないじゃない? そう考えるとホワイト企業ってのは感染しないんだよ。自己完結しているというか。

一方でブラック企業で育った人はそこから逃げ出す動機がある。でも起業したとして、社会に対する恨みを晴らすために、あるいは自分の受けた仕打ちが当然自然のものであるがために、ブラック企業を作ってしまう。つまり感染する。そうでなくても自分のように他者を救済する気持ちを失う。

ブラックが多いって要するにそういうことだとおもうよ。体育会系部活で、新入りの頃先輩にしごきを受けたので、自分上級生になったら下級生をナチュラルにしごくような、遺伝作用

政的指向と政的嗜好

性的嗜好(sexual preference)と性的指向(sexual orientation)はその意味が大きく重なる用語であるが、英語の含意から前者は自発的選択の結果得られた後天的性質[9][10][11]、後者生来不変である先天的性質として一般的区別される

(Wikipedia)

まれつき変えられないものに対してとやかく言うのは良くないらしい。

で、こんな研究がある。

https://www.psychologytoday.com/intl/blog/predisposed/201401/politics-and-eating-worms

英語サイトなので詳しくは読んでもらえればいいのだけど、

In every group tested we found that people with measurably greater biological responses to disgusting and threatening images are significantly more likely to adopt conservative positions on social and defense matters.

全ての実験において、不快で脅かされる画像に対して大きな生物学的な反応をしめした人々は、社会問題防衛問題について有意保守的であることが確認できた。

臆病な人々は保守的思想を好む傾向があるというのは、ある程度納得できる話だと思う。

ここで"臆病"という言葉には悪い意味をもたせていないということは断っておく。

臆病な人が生き残ることもあれば、新しいことを試す人が生き残ることもあるだろうから

ところで、新奇性追求や損害回避性は遺伝率が40%程度あるとされる。(『言ってはいけない橘玲 214p)

ということは、あなたリベラル思想を持っているのはあなたが賢いからでも学んでいるからでもなく、

たまたまそのような遺伝子を持って生まれたからなのかもしれない

誰かが保守的な考え方を持っているのは、愚かだからでも学んでいないからでもなく、

たまたまそのような遺伝子を持って生まれたからなのかもしれない

まれつき変えられないものに対してとやかく言うのは良くないという考え方を

政的指向と政的嗜好に適用できるかどうかはリベラルにとって踏み絵となるのではないだろうか。

2018-10-13

anond:20181013145928

本能であり遺伝すると言っていることの根拠は?」という問いには答えられていないよね。。。

anond:20181013145752

本質は「本能遺伝しますか?」って事なので

そこ認めてくないだけでしょうとしか

都合悪くなると他叩いて勝った気になるやつでしょ

anond:20181013142507

で?

本能遺伝しないんですかね?

DNA情報として含まれてない?

2018-10-12

身長って

ガチ遺伝は、割と少数で

幼少期の食生活睡眠が原因

という、俺の偏見

2018-10-11

anond:20181011184334

エビデンス

実証重視の方々にとっては「物語」の代表に見えるであろう精神分析系の心理療法も、ちゃん効果確認されるようになってきたたことです。

それこそ、そのエビデンス(論文)でも提示されればいいんじゃないですかね。

この辺りのこと?

Jonathan Shedler,"The efficacy of psychodynamic psychotherapy."(American Psychologist 2010)

Falk Leichsenring,Sven Rabung,"Effectiveness of Long-term Psychodynamic Psychotherapy: A Meta-analysis"(JAMA 2008)


フロイト理論の諸々の失敗

精神分析医のフィーリス曰く(1)、フロイト派のセラピービクトリア時代の人たちには、うまく機能していたが20世紀半ば以降、人々の「性格の鎧」の質が変わり、セラピーはうまく機能せずに行き詰まって失敗することが多かった。

フロイト派の精神分析法は、「幼少期の体験が成人してから人格の基礎となる」というものが骨子の一つ(2)だが、そのことに大打撃を与える調査が出てきた。1990年代マシュマロ実験の文献を詳しく調べたマーティンセリグマンは、幼年期のできごとが成人してから人格に影響を与えるということは、ひどい心的外傷や栄養失調があった場合にはありうるかもしれないが、それ以外では有力な証拠ほとんどないと結論づけている(3)。子供時代と成人してから性質に、ごくわずかな相関は認められるが、それは主に遺伝的(生まれつきの)性質、つまり概して明るいとか気難しいといった性質の反映として説明できるという。

また心理学者のバウマイスター一同がフロイト提唱する理論メカニズムの数々を現代の文献と付き合わせて検証したところ、最も最悪な理論昇華説だということが判明した(4)。そもそも昇華説には根拠がない上、事実はその逆だと考えられる理由が多いからだ。

もちろん、フロイト理論示唆的で興味深いものが多いし、余談だが「快感原則彼岸」については現代思想の中ではかなり重要位置づけになっている。ラカン執拗にこの論文にこだわるわけだしね。

それに、フロイト批判をしたバウマイスターは、フロイト提唱する説でエネルギー重要位置に置かれていることに敬意を表して、フロイトが使っていた自己を指す言葉自我(エゴ)」を使って、「自我消耗」という言葉を「人の思考感情や行動を規制する能力が減る現象」に名付けた。自我消耗に関しては、後に脳波記録検査法(EEG)で脳内の前帯状皮質におけるスパイク発火(エラー関連陰性電位)が対応する脳機能であることが確認された(5)。


科学的な心理学

著名な心理学者であるスティーブン・ピンカーは、 今回で言えば「人生全体」「物語の蓄積」「人生の深み」といったことで、科学基本的研究方略である単純化(simplify)」を退けようとしていることに苦言を呈している(6)。 研究対象をとなる複雑な現象をいろいろなレベル単純化し、いろいろなレベルごとに 解明していくことを拒んで、複雑な現象ありのまま理解しようとしていたのでは研究はいつまでたっても現状に停滞したままになる。単純化を嫌って、複雑な現象を複雑なままで捉えようとする人文系学問に多く見られるのこうした研究方略を、ピンカーは完全な正確さを求めて「原寸大の地図」 を作った愚かな地図職人を描いたホルヘ・ルイス・ボルヘス(Jorge Luis Borges)の寓話批判している。

現代心理学の始まりブント(Wilhelm Wundt: 1832-1920)のライプチヒ大学での心理学実験室創設とされるように、そのスタートから科学を目指したものだった(7)。 人文学科学化と言っても、物理学化学実験を導入するのではなく、心理学実験手法神経科学実験手法(EEGfMRIなど)を取り入れればいいのである。また、国際的科学心理学学会APS(Association for Psychological Science)の会長だったカシオッポはこうした点に注目し、心理学科学と他の文系学問とのハブとなるべきであると主張している(8)。

個人的には、人生全体から人間理解フロイト理論人間理解よりも、人類史から人間理解(進化心理学)(9)や神経科学から人間理解の方(10)がより多くのことと整合性が有ると思うし、「物語」を一切考慮しないで休職者の約53%を予測したリシテア(11)といったことの研究心理学がより一層取り組んでいくことを願ってるわ。


▼出典

(1)Allen Wheelis,"The Quest for ldentity"(New York: Norton,1958).

(2)Sigmund Freud,"Drei Abhandlungen zur Sexualtheorie(『性理論三篇』)"(1905)

(3)M.E.P.Seligman,"What You Can Change and What You Can't :The Complete Guide to Succesful Self-Improvement"(New York:Alfred A.Knopf,1993).

(4)Roy F. Baumeister,Karen Dale,Kristin L. Sommer,"Freudian Defense Mechanisms and Empirical Findings in Modern SocialPsychology: Reaction Formation, Projection, Displacement, Undoing, Isolation, Sublimation, and Denial"(Journal of Personality,1998)

(5)Michael Inzlicht,Jennifer N. Gutsell,"Running on Empty: Neural Signals for Self-Control Failure",(Psychological Science 2007)

(6)Pinker, S."Science Is Not Your Enemy: An impassioned plea to neglected novelists, embattled professors, and tenure-less historians." (New Republic, 2013)

(7)Bringmann, W. G., Bringmann, N. J., & Ungerer, G. A."The establishment of Wundt's laboratory: An archival and documentary study." (W. G. Bringmann, & R. D. Tweney (Eds.), Wundt studies: A centennial collection (pp. 123-157). Toronto: Hogrefe. 1980)

(8)John Cacioppo,"Psychology is a Hub Science"(Observer 2007)

(9)Martin Daly, Margo Wilson,"How evolutionary thinking inspires and disciplines psychological hypotheses." Pp. 15-22 in XT Wang & YJ Su, eds., Thus spake evolutionary psychologists.(Peking University Press,2011)

(10)一例を挙げれば、心の理論(Theory of mind)における神経科学役割とか。サイモン・バロン=コーエンが有名だろうが、研究は色々有りすぎて挙げきれない。

(11)HR テクノロジーで、人や組織パフォーマンスの最大化を図る 「リシテア/AI 分析サービス販売開始(https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2016/1201.pdf)

anond:20181011193812

まあ一般的にはそうなんでしょうが、実際イギリスを含むいくつかの国では「ちんこついたおっさん」も性自認女性なら手術無しで女性になれます法律上女性です。

例えばこんな論争も起きているようです

イギリスのミスコン参加者の条件に「遺伝的に女性であること」が記され批判が殺到 [2018/02/10]

遺伝的に女性であること」が条件に

今回のミスコン主催団体であるGalaxy Pageants UKは、2018年3月大会を開催予定の中、参加者の「ジェンダー」の条件に”a naturally born genetic female (生まれつき、遺伝的に女性であること)”を明記しました。

Gender Recognition Certificateという証明書があれば、トランスジェンダー女性自身性別を法的に女性に変更できること、また、出生証明書女性として発行されるようになっています

そして、元々の出生証明書では男性として扱われていたと自ら話すことを強制されるべきではないという事項も定められています

ソースサイトのPinkNewsによると、1月18日時点でジェンダーに関する条件が”Contestants’ legal gender must be female.(参加者の法的な性別女性でなければならない)”に改められたようです。

これにより、トランスジェンダーで法的にも女性として認められている方は今回のミスコンに参加できることになりました。

まり何を基準に「正真正銘女性」を決めるのか?

遺伝的条件で決めることはトランスジェンダーに対する差別ではないのか?

法律上の性が女性ならちんこついてても女性じゃないのか?

という話になっているようなのです。

日本関係のない話のように思えますが、それらの国から旅行者対応問題になりそうです。オリンピック控えてますし。

2018-10-09

anond:20181009000919

近親婚は子に劣性遺伝可能性が高まるのでNG、という現代法律

こんなこと民法の法文にも過去判例にもどこにも書かれていないが、一体どこから出てきた話なんだろう

ソースはない割に広く膾炙している気がする

anond:20181009000949

うむ、揚げ足をとるわけではないが、劣「性」遺伝

🙅‍♂️近親婚NGとOK同性婚🙆‍♂️

近親婚は子に劣性遺伝可能性が高まるのでNG、という現代法律倫理的問題ではないか

2018-10-05

ブスやババアほどvtuver やったほうがいい

Vtuverになれば

外見はいつまでも若いまま

見た目も生まれつきの遺伝ではなく、後天的に得ることができる

声も変えられる

本当の自分を好きになってもらえる

2018-10-04

高度成長期に上流に近いとこ行けた農民出自小作を使ってた側だったりするから頭の良さって本当に遺伝なんだなと

2018-10-03

anond:20181003185108

知能がなんぼ遺伝するからといって、九大に合格したこと低能先生以外の栄光にはならないし、低能先生勉強頑張ったことは間違いないぞw

どうも学歴コンプレックス低能自分志望校に落ちたことに言い訳しようとする傾向にあるなw

このことは犯罪者がその責任遺伝子になすりつけることができないことと表裏一体なんだが、まあ低能には分かりそうもないなw

anond:20181003184830

低能先生が九大に合格したのは低能先生勉強頑張ったからであって、遺伝的に恵まれていたからではないぞw

2018-10-01

anond:20181001170749

天パ「天パは優性遺伝から天パの方が人口に対して多いはずだぞ」

anond:20181001164159

天パはイジメの元ですよね

遺伝を考えるとかわいそうで子供作れない

精神障害者の「加害行為」をどこまで社会が許容すべきなの?

精神病者の疑いがあるコンビニ店員子供に怒声を浴びせて子供が怖がり傷ついて帰ってきたという話。

http://b.hatena.ne.jp/entry/blogos.com/article/328188/


はてブでは当然建前論しか出てこないだろうから増田ならではの身も蓋もない心の闇をオープンにしてみようと思うのだが、

まあ言いたいことは表題のとおりだ。

今回の例では被害妄想症っぽい人の怒声という加害行為だったが、

ネットスラングで言うところのパワー系知障のレイプ等の性的加害行為なども当然あるわけで。

まあそういうと差別偏見だ、健常者だってレイプするっていう奴出てくると思うけど、

情緒的に抑制の効かない症状が発症する」っていう点を無視されると困るんだよね。

コンビニ店員だってそういう症状のある人だって分かってれば多少は心構えもできるだろうけれど、

見た目わからいからね。

まあ名札とかで障害ありってことがわかるようにしろなんて話したらそれこそ怒涛の差別許さん!という声が出てくるだろうけれど、

見た目で分からなければ健常者として接するのがデフォルトなわけで、

健常者だと思ってたら異常な反応をされた時「あ、精神的に困難なお方なのかもしれないな」なんて菩薩のような反応しろってのはあまりにも建前論すぎる。

meganeya3 こういう「ワーストコンタクト」を一般人に乗り越えろっての、知的マッチョすぎだろ

というブコメが指摘しているとおり。

例えば視覚障害者白杖持ってるから視覚障害とわかるので、

その人の白杖が私の足を小突いたとしてもまあ仕方ないと理解派できる(それでもムッとはする)。

それに建前論で菩薩っぽいこと言ってるようなはてな民の中でも、

精神障害定義を巡って言い争いが起こってる。

molytack id:niam 素人統合失調症風邪みたいに言わないで。遺伝の影響は相当大きく、一卵性双生児50%が2人とも発症し二卵性は17%。抗精神病薬で症状は抑えられるが、薬をやめればほぼ再発するため治癒ではなく寛解という。

niam 私は善意で多少正確性に欠けても統合失調症が広く知られた方がよいと思いましたがid:molytackから抗議されました.ここをみて統合失調症を知るはずだった方に,id:molytackさんが責任を持って正確な知識をお伝え下さい.

建前論を振りかざしてる人々にしてはあまりにもおそまつ子供のような喧嘩口調の言い争いが起きる始末なわけで。

「正確な理解」なんぞ建前論者の中でもコンセンサスは得られないというこの現状。

少なくとも、精神障害だろうとなんだろうと人を傷つけるような行為をしたなら、それはちゃん批判しなきゃダメだろ。

障害者だから割り引けってのも、障害者としての扱い(見た目でわかる、ちゃん治療通院をしている)ことを前提としてありえるべきで、

障害者側が何の対処もしないで社会にだけ過剰な負担押し付けたら、

必ず強烈なバックラッシュが起きるぜ。

建前で綺麗事言えば言うほど、本音の心の闇は蓄積し、巨大な爆発で社会に四散することになるだろう。


追記

何かブクマ付いたんで。

アレは難しかった、ってそりゃ難しい話だろうよ。

それをどうするのかって話。

ダメものダメ批判するのも難しいのなら、

見て見ぬふりするのか、加害を受けても我慢しろというのか、

それともそういう意見表明するリスクを避けて被害者泣き寝入り強要するのか、

っていう選択肢になるよね。

難しいって言うなら、

精神障害者の加害行為理解して受け入れて我慢する」が最も難しいって話よ。

まあ分かってて無視してる奴らも大勢いるんだろうけど。

ってこういうこというと

精神障害者を叩いて済ませてる増田簡単でいいよな」って逆ギレする奴も必ず出てくるが、

難しい問題から逃げて批判者を叩いてオシマイにするのも同じくらい簡単からいいよね、と今のうちに言っとくわ。

所詮精神障害者の問題真正から向き合うなんてムリって結論になりそうだな。


さら追記

koenjilala氏のように「どうしようもない」とちゃん現実を見て無理なものは無理、と堂々と宣言する方がずっと誠実だわ

croissant2003氏のコメも沁みる

Arecolleみたいな偽善者には吐き気を催す

2018-09-30

日本人有給を消化する酵素遺伝子ノックアウトされてる可哀相な遺伝患者から進化させてあげないと救われないね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん