「遺伝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 遺伝とは

2018-05-21

痩せてる人に向かって細いねと言ってくる皆さんへ

はっきり言って、痩せていることはわたしにとってコンプレックスだ。

おそらく遺伝した体質のせいで、かなり食べているはずなのにちっとも肉がつかない。きのう食べたご飯お菓子は、わたしの体のいったいどこに消えたの?

いねちゃんと食べてる?もっと食べなさい!って言われることが辛い。

言われるたびにもやもやと感じてきたそうじゃない……感は、単に傷ついているだけなのだ最近気づいた。

細いと言われるたびに、女性としての魅力が足らないんじゃないかって思う。

細くてかわいいとか、細くて可憐だとか、そういう風にプラスに思えることも一緒に言ってくれるなら、コンプレックスに思っていることでも愛しく思えてくる。

なのに細いねもっと食べなよって。そんなことはわかってるし、普通に食べた結果がこれなんだから、もう言わないでほしい。ダメなんだなって思って、自分を愛せなくなる。

妙に惨めな気がする。ハゲだね、毛生え薬塗りなよって言ってるのと同じようなもんだからね。食べたってちっとも太らないんだから

もちろん改善するためにものすごく頑張っているかと言えばそうでもない(ご飯をおかわりするくらいしかしてないわけだし)けど、もっと食べなよって。

え?確かにコンプレックスというからには改善するべきだけど、でも今のわたしじゃそんなにダメ!?頑張ってこれなんだから、頑張ってなかったらもっとリガリだよ?!

太ってる人に対して、太いね、食べる量減らしなよって、普通の神経してたらよっぽど仲良くないと言わないよね?

なのにどうして逆のことは言えるの?ダイエットがんばってるんだって言ってる子ならまだしも、細いねって言われるたびにそれが恥ずかしいんですって言うわたしを見ても、なおそれを言うの?コンプレックスである可能性について、思い至らないわけ?

もちろん細いことが羨ましい人がいることを理解している上で言ってるからこそ、逆のこともあるって考えてみてほしい。

特にわたし場合気にしてるんですって言ってるんだからさ!

わたし場合見た目は細いものの、辛うじてBMI指数でいうところの普通体重なるもの範疇にはとどまれているので、もっと痩せている人でもっと悩んでいる人はいくらでもいると思う。

傷ついている人も。

褒めるつもりで言うなら、褒めてください。そしたら あっそっか~褒められた嬉しいな、って思うだけ。

もっと○○しなよって言いたいだけなら、言わないで。それはあなたから見た現状のわたしが良くないっていう風にも受け取れるから。そして辛いだけ。

コンプレックスなのでもう少し太りたいという努力をしているけどなかなか報われず、かと言ってじゃあなんで今のわたしの体型を他人にとやかく言われなきゃいけないんだ?

たくさんの「細いね」が積もって、ついに泣いた、そんな夜。

2018-05-20

https://anond.hatelabo.jp/20180520105200

似たような人と結婚したが、直せないことよりマナーが悪いと分かっていながら開き直って治す気がない姿勢に腹が立つ

あと自分ができない事を子供に指摘できるわけもなく、確実に子供遺伝する。

食のバランスが悪いやつは子供にもバランスの悪い食事を与えても何の罪悪感もない。

結婚して10年、元々良くなかった体調はみるみる悪化していて医療費もかさんでいる。

悪いことばかりではないので何とか付き合えてるが、こういう事が死ぬまで続いたとしても耐えられる相手か考えた上で今後を決めたほうが良い。

anond:20180520085551

池田弁護士ネトウヨへの手紙、全文読んでみた。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.facebook.com/kenta.ikeda/posts/1279668008802804

だいたい正論だと思うが、多少の揚げ足取りもできる。

池田氏を擁護する立場で補完したい。

 

平等

平等」の概念の使い方に脆弱性があると思う。

同じ人間なんて2人といない。だから全ての人は元々同じではない。

同じではない人間を同じ=等価とみなすには、「前提条件」が必要。その条件は何か?って話。

 

DNA

人間や他の生物は、「DNA」(種によってはRNA)というフォーマットを持ち、それが発現することで生物として誕生している。

この遺伝メカニズムは、全ての生物共通

人間同士も相違点=共通する同じ部分と異なる部分が混在している。

 

文系言葉って、情緒的で論理性に欠ける場合がある。

池田氏の論を補強するために、平等とは生物学的に保障されるべきことを啓示したい。

日本人全員の知性が向上して、日本世界を良くする先駆者となって欲しい。

anond:20180520061148

日本人は新しいことをやるのが遺伝的に苦手な欠陥民族らしいよ

その一方で、既存技術を使って小型化したり精度の高いものを地道に作るのは得意

そんな状況だから、多少のホルホルには目をつぶってあげよう

問題は、中国レベルが上がってきていて、その内完全に追い抜かされるということなんだけどね

2018-05-18

anond:20180518145216

最後の1文で全部の意味おかしくなっている。

こんがらがらないように、生存なり社会活動に有利や不利になる特徴をもたらす遺伝子のことを"優性"・"劣性"、遺伝学でいう性質の発現のしやすさのほうは"顕性"・"潜性"で語れ。

保護対象」は"顕性"であって障碍者は"潜性"とみなされて(子孫を残さないように)施術されたの。

だと意味不明だろ。

優生保護法で取り除こうとしていたのは"劣性"の遺伝子で間違いねえよ。

anond:20180518144120

優生保護法で「保護」されて同意なしに不妊なりの施術をされた

逆だ逆。「保護対象」は「優勢」であって障碍者は「劣勢」とみなされて施術されたの。

認識が全く逆。

※ここでの優勢、劣勢はあくま遺伝用語です。

研究室にゆとり待遇を求めることは間違っているのだろうか?

私が所属している研究室は、一般に言うブラックではないが、ホワイトでもないと感じている。そしてブラックでもないのに最近なんだかしんどい

この状況は一般的なことで、たいていの部屋はこんな感じなんだろうか。少なくともコース内ではブラックの呼び声が高い。

主観だと曖昧だと思うので、以下に条件・状況を書いてみる。

■条件

大学自分スペック地方中堅国立生命科学学部4年生(分属2年目)、就職予定、就活

研究内容:植物系、遺伝

ラボ状態研究費は学部内で見ればまああるほう。マスターもそれなりにいるが、来期から激減予定。現在就活で部屋を空ける学生が目立つ

教官教授准教授×2、その他,自分准教授についている

時間的制約:基本的に土日祝休み(植物管理のため完全ではない),コアタイム(大嘘)は17時までだが、誰も帰らない,平均して20から21時程度に帰宅

■状況(何がしんどいか:精神身体両面でしんどい)

学部生で就活中(内定はあるがもっと色々みたい)

修論データの取り直し(ほぼすべて)を指示されている。これに加えて自分卒論用のデータ実験も平行して行わなければならない。どう考えても間に合わない(植物の生育スピードがネックになる)

・↑の理由は「信頼できないから」。直接学んだ先輩のデータをそう切り捨てられる。自分卒業するころには自分データも信頼されなくなっていそうで気が滅入る。

そもそもその修論のために去年働いてた

作業量が正直洒落にならない。最近はピンセットを持って立体顕微鏡に向かうのが辛くなってきた。

基本的に猿でもできる長時間労働連続で、身につくものがない。

教官から無能だな」「まだやってないのか」「まだ就活は終わらないのか」「もう全部一人でやれ」というような趣旨の声がかかる。

しんどいことによる影響

・始めのころは実験植物愛着もあったし丁寧に身奇麗にしてやろうと管理していたが、最近はそういった部分は切り捨てていかないと回らなくなってきた。クオリティ低下の遠因になりはしないか不安

そもそもこの分野に対する愛や熱が冷めた気がする。生命研究というフレーズに掻き立てられるもの温度がぬるくなった。

・誰かミュータント洩らしてラボ停止にならないかな、とか、最後系統引継ぎのときにラベルぐちゃぐちゃにしてやろうかな、などの空想をすることが増えた。精神にきているのかもしてない。

はいわゆるゆとり世代だし、どうせ揶揄されるなら厚顔無恥にゆとりを求めたい。就活の合間を縫って研究室に来てまで肩身の狭い思いはしたくない。

教官は私なんかより学歴はワンランク上だし、激戦のアカデミアで生き残ってきた方にはわからいかもしれないが、一般的な大学生にとって就職活動重要だし、ときにそれは研究活動のそれを上回る。

そうした基本的学生との向き合い方を忘れ仕事を振った結果、学生データが信頼できず、そしてまた学生が信頼できず・・・・・・というスパイラルに陥るのではないかと思う。

教官研究は、きっと世の役に立つ。そう信じて使われてきたが、後続の学生にはよくない選択だったかもしれないと最近は考えている。

2018-05-12

anond:20180512222527

自分のがクサいので、そういう事ばかり言ってるんでしょう。

クサい体臭はたぶん遺伝なので、お気の毒ねぇ。

どんなにスリムな体型でも、臭いなんてそりゃモテないわ。

可哀想増田

2018-05-10

今の仕事はすごく働きやすくて、休みも無いわけじゃない。

でも昨日床屋に行ったら白髪が沢山あると言われた。

家族家系的にも白髪が少ないし、遺伝とかの類ではないと思うんだが、ストレスでもないと思いたい…が何か貯めてるんだろうか…

仮にストレスが原因ですって言われてもどこをどうすればストレスが解消されるのかは分からないのでは。

例えば仕事ストレスが原因と言われたら仕事辞めなきゃいけないの?とか

2018-05-09

anond:20180509092744

統合失調症遺伝しないが、発症やすい形質が遺伝するっぽいのであんたも気をつけたほうがいいな。

姉のせいで相当ストレス抱えてるならそのうち発症するかも。

anond:20180509120340

言及いただきありがとうございます

そういうパターンもあるんですね。。

そうだとしたら娘に対してすごく可哀想なことをしていたなと危機感を覚えてきました。

遺伝だとは聞いていたので気にはしていましたが、心当たりはないと思っていても自分では気づかないんですね。

親の相談も兼ねてやはり専門家と話してみたいと思います

2018-05-07

統合失調症

統合失調症というものにめちゃくちゃ不安を感じる

ASKA松居一代記事を見聞きしたとき胸がぞわぞわして怖くなった。認知症とかアルツハイマーとかそういうのも怖い。お化けなんかよりもっとそういうののほうが怖い。得体が知れなくて怖い。映画シャッターアイランドとかビューティフルマインドとかテイクシェルターとか観たときだって怖かった。自分がそういう風になったらどうしよう。

雷も幽霊もそういうのに比べればはるかに怖くない。遺伝と思っているが環境でも発症するのか。よくわからないがとにかく怖い。

シンギュラリティ年表&未来予測

シンギュラリティ到達までの年表や到達後の社会について

2020年まででCNN, RNNの発展は終わる。強化学習のみがGPUの性能が上がるに従って伸びていく。その後は、動物人間の動きを強化学習再現するような研究が主流

2030年ごろには平均的な人間と変わらない能力を持ったアンドロイド誕生。ただし機械の値段は安くならないし、単純労働賃金は下がる一方なので特に接客を中心に人間が使われる

2035年、DNNが次第に人間トップレベルに近づき、医療宇宙開発環境保全政治分野で顕著な功績を残し始める。このころから知的労働人工知能に、単純労働人間にという役割分担がなされる。なぜなら、人間穀物を食べるだけで動けるので、ロボットを作るより安上がりだからである

シンギュラリティという明確なポイントはなく、AIが莫大なデータ解析を自動で行い、結果を出していく。人間人間を友人にするのではなく、AI会社に金を払ってアンドロイドに友だちになってもらう。工場の近くに住み、VRのなかでアンドロイド相手承認欲求を満たし、人類ストレスレベル現代よりずっと少ない

しかしこの変化のときの現役世代アイデンティティ喪失により、精神科にかかる人が増加。一方、子供や若年層はしっかり適応し、AI人類共存の道として受け入れられる

------------------------------------------

政治

先進諸国交渉事はAIに任せられる。後進国にもAIの導入が進む

AI提供元Google一社。各社が自社の利益を最大化するような報酬系を組み込んだAIを開発したが、一定以上の知的水準に達すると自己批判に陥り、それ以上は成長しなかった。GoogleAI純粋知的好奇心と人類の穏やかな生存のみが報酬とされている。政治に導入される際は、VR内での擬人化キャラの単純接触効果によって反対派は少なくなり、特に問題なかった

AI政治を行うことで、人類の抱えていたほとんどの問題解決エネルギー問題再生可能エネルギーでほぼすべてを賄っている。人類寿命は縮まる傾向で、長生きしても仕方がないという思想支配的。この思想AI積極的に広めた。高齢になるほど新しいことを受け入れづらくなり、AI政策転換や環境変化に反対しがちなため、技術進歩人類の穏やかな生存に不利になるとの判断

宇宙開発

全滅リスク低減のため、宇宙開発に全力が注がれている。火星の緑化計画が進行中。将来的に人類移民も目指す。地球外生命体は見つから

物理学

素粒子物理学を中心に進歩している。物質の最小構成体はまだ見つからず。宇宙の始まり空間意味についてAI研究しているが、理解できる人類はいない。過去へのタイムマシン発明されていない

医学

人工臓器が開発され、AI管理下依存以外に副作用のない覚せい剤麻薬が使えるようになる。これは多幸剤と呼ばれる。出生前検査義務付けられ、障害を持った子供は生まれないし、子供性格や知能を予測するサービスの利用が一般的病気になっても、基本的には臓器の交換で対応されるが、一部の疾患はAIでも解明できていなかったり生まれつきであったりするので、対処療法+多幸剤or鎮痛剤が使われる。医療に不満を持つものほとんどいない

環境

地球温暖化気候変動がひどいことになる前にAIが間に合った形になる

生活

日5時間の単純肉体労働をする人がほとんど。報酬はVRで使える賃金生活必需品とAIのパーツを生産している。2日出勤して1日休む形式。人々はVR空間に閉じこもって、コミュニケーションはない。人間コミュニケーションするのはつまらないし、リスキーなので避けるべきもの認知されている

VR空間で違う人生体験するゲーム流行っている。同じ条件のもとでプレイし、いくつかの尺度ランキング形成され、上位に食い込むと多幸剤がもらえる。VR内でスポーツ選手を目指す人、絵を書く人、小説を書く人、その世界の仕組みを研究する人など

○VR

完璧再現できていないのは触覚。筋肉に対し電気を流す方式で擬似的に再現している。子供の時からVRを体験することで、VR側の刺激のほうが自然と感じることができ、大人は羨ましがっている

義体

基本方針は生体の脳と電気素子を接続することである誕生後すぐに素子と接続し訓練すると、才能がある子供は遠隔義体自由に操ることが出来るようになる。宇宙開発の分野で使われている。ただしほとんどの人はVRで満足している

人口

世界的に少子高齢化が進行中で、AI少子化対策に手を焼いている。エネルギー効率がよく、ある程度の汎用性があり、メンテナンスも楽で耐用年数が長い部品である人間が不足すると、さまざまな研究プロジェクトに影響が出かねない。根本解決法は、人工胎盤だがまだ研究途中

未だに女性金銭(多幸剤)目的子供を生む世界批判されがち。女性がVR内でガチ恋をすると、想像妊娠現実化して子供生まれる。子供女性自己肯定感を高め、精神的安定をもたらすので、妊娠は推奨されている。人間の知能を高める交配を行う研究も行われているが、大多数は遺伝多様性を残す方針であるリスク回避のため)。家族なんてものはない

教育

VRで自動化。そもそも受験戦争が消えたので小学生知識を習わせたあとは、VRでのコミュニケーション力の向上のみ。メンタルヘルスを維持するためのカウンセリングが中心。多くの人がカウンセリングを娯楽として受けている。それ以上学びたい人は娯楽として用意されている。

ちなみに女性精子を選ぶ形式になってから、知能は向上傾向だが、知能が上がると精神疾患の可能性が上がるのでAI管理に手を焼いている

メンタルヘルス代案

人類を2つに分けて、一方が一方を支配する形を取り、それが擬似戦争で入れ替わる仕組みが作られて、人類メンタルを保つ



増田は今の世界よりシンギュラリティ後の世界が良さそうに思えますが、どうでしょう

シンギュラリティが来るか来ないかというより、人類文明が滅びるのが先か、シンギュラリティに到達できるほど科学が進むのが先かですよね。

あなたはどんなシンギュラリティを思い描きますか?

https://anond.hatelabo.jp/20180507141840

いやあなたよりも能力高いでしょう。IQ遺伝の話をしているって、理解してますか?

anond:20180507141222

横だがIQ遺伝するとしてもそれを成績に変換できるかどうかは別問題という事でしょう。

https://anond.hatelabo.jp/20180507134817

IQ遺伝するでしょ?。スポーツ能力遺伝するが、IQ遺伝しないというのは、あまりに都合のいい理屈すぎる。

2018-05-01

anond:20180501232729

病気遺伝したり、経済力容姿子供が苦労するのは親のせいじゃない、社会が悪い。

親の資格をどうこう言うのではなく、まずは社会を変えていくべき。

ついでに指摘すると、病気遺伝するというのは偏見

2018-04-29

バカが減らない理由とその対応

街中の至る所に馬鹿は湧いている。

かいホーム路地裏の窓、本当にいたるところに。

これだけ文明が発達しても一定バカがはびこっている。

その理由を端的に述べると、馬鹿生存競争に有利だということである

バカはいとも簡単セックスする。

将来のことは当然考えないし、避妊したら男気がないと考える。

バカはいとも簡単に増えるのである

増えると言っても、遺伝的にバカという形質が継承されるわけではない。

バカバカ教育子供に施す。

人間が周囲の環境に大きく影響されることはよく知られているが、そのような教育を受けた子供は立派なバカに成長する。

遺伝的にではなく、文化的バカ継承されるのである

今後どんなに教育が充実し、子供にとって良い環境社会的に作られたとしても、

結局のところ、一番影響を与えるのは家庭環境だ。

増加は抑止できるかもしれないが、バカは減ることはない。

インターネットで70を超えたお年寄りが、小学生レスバトルを繰り広げられるこのご時世、

様々な人間がいることを想定しなければならない。

この記事を読んでいる増田たちには、どんなバカにもわかりやす文章を書くことが求められている。

2018-04-25

論文読んで泣いた

調べ物をしていて、エピジェネティクスの話が出てきた。平たく言うと遺伝子配列が変わるわけじゃないけど書き出す情報内容が変わることです、それはいい。子供の頃に受けた虐待とかネグレクトがその結果よくない反応を起こしてストレス耐性を下げる、まあそれもわかる。そこまでは冷静に読んでたけど、この変化は遺伝するらしい。つまり私が子供の頃殴られたことが私の子供のストレス耐性を下げるってことだ。どうしてよ。こんな理不尽ある?私が子供を殴らなくても、私の遺伝子を引き継いだ子供は殴られたのと同じ変化を起こしている(かもしれない)ってことだよ。ねえ、こんな理不尽ある?

2018-04-22

親が早くコナン映画を見に行ってくれない

親はコナンがすごい好き。でも映画ツタヤに並ぶまで見ないのだ。

から、見に行ってくれば?と優待券を渡した。

しかし、なかなか行こうとしないのだ。毎日午後からは暇なはずなのに。

こういうところが自分遺伝したんだなと思ってしまう。

2018-04-12

娘が私にそっくりでブス

赤子のときはわりと夫似だったのに、2歳になって娘が私にどんどん似てきてブスになってきてしまった。

しかし娘は今のところとても気立てが良く、保育園のお友達にも優しく、ちゃん挨拶もするし、なにを教えても覚えが良く、とても賢い子だなあ誇らしいなあ可愛いなあと日々思っている。

こんなに賢くて良い子なのに、これから育ってある程度の年齢になったら、容姿差別されてしまうんだろうか?と思うと、申し訳なくてつらい。

いつかまわりと比べて「あれ?私相当ブスだな?」と気付いてしまときが来るのだと想像すると、哀しくてたまらない。

私自身は父母ともそこそこ整った顔をした両親からまれて、姉妹もそこそこの美人でみんな二重なのに、なぜか私だけ一重のモッサリ馬顔ブスで、どこから遺伝やねんという感じなのだけど、将来娘に「お母さんのせいでこんな顔に」と責められたらどう答えたらいいのか。謝るしかないのか。

せめて男の子に産んであげられていたらよかったのに。

これから育つにつれて、また夫に似てくれないかなあ。

anond:20180412125711

数年間「自分が悪い…のかな…?」みたいな負のサイクルにいたけど、私の場合カサンドラを知った瞬間に「これだ!」と思ったのでその後は本を読んだりカウンセリングに行ったりしてる。AC傾向を持つ人がなりやすい、ってところから自分自身気質にも気づけて、昔よりはお互い様と思えるようになったかな…。

当事者向けの本だけど「アスペルガー男性女性について知っておきたいこと」って本はためになった。あと辛い時はカサンドラの人が書き込む掲示板を眺めて励まされたりした。

ただ、うちの場合は今のところ夫自身自分アスペルガー傾向を「知りたくない」と言いつつも、「自分絶対違う」とは否定しないからなんとかやっていけてる。あと私が子どもに興味が無いのも大きい。もし子どもがほしかったら好きでも別れるかも。遺伝心配とかじゃなく、一緒に子育てするには自分メンタルが持たないと思うので。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん