「ビジネスマン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビジネスマンとは

2018-10-05

ビジネスマンになれないまま

30代も半ばになってもビジネスマンになれない。

ビジネスライクに酷いことをしてくる相手仕打ちに何日も落ち込んでしまう。

プレゼンで大きな事を言わなきゃならん時にも、盛ったことを言うのが心が痛い。

金稼ぎが辛い。心が壊れそうになる。しかしどこにも行けない。死ぬしか無いのか。

2018-10-03

anond:20181003222554

ん? 広島大学出身って公開情報なん? 確かにy_hagiwaraさんはiPhoneとかApple商品宣伝するビジネスマンとして結構から活動していたような感じではあるけれど。

2018-09-21

anond:20180921162923

国家元首ホモ年収100万ドルオーバーホモビジネスマンゴロゴロいる国では

同性婚合法、至極当たり前の話やな

権力は力、決してお気持ちなんかではない

論理ではなく力の政治ってわけだ。嘗ての王政がそうであったかのように。

それで「弱者」とは笑わせるよね

2018-09-14

人を助けない人間論理

5~6年前の冬、どんよりした鉛色の空、地方都市車道だけは最低限除雪されていたが、歩道は膝下とくるぶしの中間くらいまで積もり、歩くのは難儀だった。特にこの季節は誰も徒歩で出歩かないので雪が踏み固められることもない。

 

地方車社会でこんな状況で郊外をとぼとぼ歩いているのは自分くらいしかいない。雪は一時止んでいたものの、横断歩道には轍ができてツルツルに固まってたり、水溜まりでびしょびしょになってたり。少し先の踏切遮断機下りていて、車が渋滞の列をなしていた。

 

二車線の小さな交差点横断歩道渡り終え、次に向かう横断歩道信号が青になるのを待っていた。ふと元いた場所を振り返ると、何と自転車にまたがった爺さんがいるではないか

 

この状況で自転車?! この時点で嫌な予感しかなかった。若者でもこの路面の状態自転車に乗るのは無謀だ。しかもせめて押して歩けばいいものを、爺さんはそのまま自転車を漕いで歩道渡り始めた。そして案の定歩道を半分もいかないうちに轍にハマったのか何か、盛大にコケた。しばらくしても位置的に一番近いはずの車からは誰も助けに出てこない。

 

そのまま立ち去ろうか迷った。はっきり言って自分人助けするような人間でもなかったが、周りには誰もいないし、渋滞してずらっと並んだ車窓から自分がどう行動するかを注視されているようだった。CX-5とかSUVとか、そういうゴツい車が目の前にあった。そういうのに乗れるくらいの経済的に余裕のある人間が降りて助けに行けばいいのに、何で自分みたいな困窮してる底辺が……と思ったものの、無言のプレッシャーに負けるような、半ば居たたまれない形で爺さんを助けにいくことになった。まったく気乗りしなかった。

 

まず爺さんのところに近づき、大丈夫ですか、と声をかけながら体を起こそうとすると、「ア゛~~、アレ、、」と呻き、倒れた自転車の方に顔を向けた。自転車は後でいいだろ、と思ったが爺さんの様子からして頑固そうなので、本人の意志尊重することにした。

 

そういう訳でいったん爺さんはそのままにして、先に自転車の方を起こし、辺りに散らばったカゴの中身を集め(この近辺で買い物してきたようだ)、道の脇までいったん退避させた。それから再び爺さんを起こし、肩を組んで歩道を少し歩き始めたところで30代くらいのスーツ姿の男性が駆け寄ってきた。

 

ボソッと「そっち(の肩を持って)……」と言われ、爺さんを真ん中にして二人で肩を抱えて運ぶ形となった。と言ってもも渡り終えてる状況だったので時間にして10秒もかからなかったと思う。正直なところ爺さんは思いのほか軽く、むしろ自転車を起こして脇によける方が大変だったので、この手助けはあまり有り難いとも思わなかった。もう少し早く誰か来て一人が爺さんを、もう一人が自転車をという風に分業できればよかったのだが。

 

男性自分とは特に口もきかず、そのまま後続の車の列に戻って行った。単なるアリバイ作りだったような気がしないでもない。まあ別にいいけど。それ以外の人たちはそれさえしなかったのだから。そう、最前列の車のドライバーたちは結局見ていただけだった。どんな奴が乗っているのか、よほど少し近づいて睨んでやろうかと思ったが、小心な自分にはそんな度胸さえなかった。

 

もし季節が暖かい時期で、もし倒れていたのが「可愛らしい小学生」や「か弱そうな品のあるお婆ちゃん」だったなら、むしろ我先に助けようと2~3人は真っ先に車から飛び出していただろう(そしてその事を誇らしげにSNSに書き込んだりするだろう)。

ももあなたが「いい革靴を履き、商談を急いでいるビジネスマン」で路面が「雪解けのびしょ濡れ状態」だったら、車を降りてまで「見すぼらしい底辺人間」を助けようとするだろうか?

 

爺さんは自分とは終始目を合わそうとせず、結局何のお礼の言葉も口にしなかった。爺さんの身なりは見すぼらしく、底辺老人というか、ホームレスというか、あるいはその中間だった。とても家族や親しい友人がいるようにも見えなかった。少し見ただけで他人にそこまで決めつけられたくないだろうが、そうとしか思えないオーラを放っていた。

 

穿った見方かも知れないが、いま思えば人を試そうとしていたのではないか人生も終盤になろうというのに、自分が誰から大事にされないから、あえて無理な状況で親切にされるかどうかを試すために無謀な行動をしたのではないか。この無愛想で、孤独で、見すぼらしい老人は何十年後かの自分自身だろう。そして今回とは違って、助ける人は誰もいないだろう。

 

 ※ ※ ※

 

地元新聞天地人みたいな欄ではしばしば都会の人の冷たさを指摘し、地元の人の温かさを礼賛している。下らない。地方からかい、都会だから冷たい、なんて関係ない。そのことがこの出来事で確定的となった。このときは周りの視線に負けて柄にもなく人助けなんかしてしまったが、この先もうこんな事をすることはないだろう。

 

自転車に乗った女性が赤信号無視した車に吹き飛ばされた。彼女が立ち上がろうとそうでなかろうと、それを横目に自分はそのままそっと立ち去るだろう。他人を助ける余裕なんて残ってない。自分自身さえも助けられないのに。

anond:20180914130714

じゃあマスコミが「与謝野と海江田一騎打ちです」と言っても自分で考えれば済むんじゃないの?

マスコミがまともな政治家しか取り上げないか泡沫候補平等に取り上げるか、

自分の頭で考える」有権者にとってはどちらも同じことだとして、

自分の頭で考えない」有権者のことを考えると、

カルト宗教家疑似科学ビジネスマンの「権威付け」に利用されない方向に判断を倒すのは当然では。

一種フールプルーフというか。

2018-09-07

高い授業料払ってもらって SES に持って行ってるなら、相当なビジネスモデルしか当人たちは「世界平和を実現するイノベーター集団」を自称してるって、本当に恐ろしい世界...

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

2018-09-04

数字しか興味のないビジネスマンに、メルカリは素晴らしいサービスに見えている

ほんと君ら数字しか興味ないのな。

2018-08-24

どこを見ても「ストーリー」だらけでうんざりする

やれ甲子園でいいとこまで行った高校が弱小だっただの

巷に溢れるオタクカルチャーだの漫画だの

震災で生まれた感動ドラマオリンピックへの結束

障碍者見世物にした感動ドラマジャニタレ声優崩れのアイドルの絶叫過剰演技

ビジネスマンサクセスストーリー就活生の就活ドラマ

ブラック企業の愛社物語

ニートニート脱出物語

あっちで汚らしい愛玩ネコに「ご主人様」としゃべらせれば

こっちでは暗躍する外人日本陰謀を企ててる、というプロットを吹聴する

それに対抗するは日本を憂う中年40代ヒーロー()たちだ

 

いい加減にしてくれよ

世の中、そんな都合よく「ストーリー」は存在しない

勧善懲悪ほとんどないし、努力が報われることも少ない

胸のすくようなスカッジャパン()も存在しない

ただただ事象の積み重ねだ

2018-08-23

"侍エンジニア", "うざい" で検索したら出てきた。

「もちろん、うざくありません」って何だよ。


これ、いくら何でも、やりすぎだろ...

世界平和なんて実現する気、1mm もないだろ...

【侍エンジニア塾】がうざい!?どう、うざい??


<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

2018-08-16

気づけば社会人になって10年以上がたった

嫌なことはたくさんあるし、働く意欲は年々失われてくるし、まだ30年働くとおもうとげんなりするけど

社会人になる前に思っていた漠然とした社会へのこわさみたいなのは流石になくなったし(当たり前か)、

ポンコツ自分でも意外と戦えるなという実感は少しはもてた。

ぼんやりと夢見てたデキルビジネスマンとは程遠い現実だけど、いくばくかの金銭的な余裕もでてきたし

なぜかお酒は年々うまく感じるようになってるし、悪いことばかりでもないなとふと思った。

誰もほめてくれないからなんとかこの社会を生き抜いてる自分自分でほめてあげたい。偉いよ俺くん!

エンジニア邪魔すぎる...

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


もし本当に世界平和を願ってるなら、みんなが邪魔だと思ってる記事を削除してほしい。


自分ビジネスを実現するために、質の低い記事SEO検索上位に来ることは構わないけど、それを善意偽装するのが許せない。


この偽装された善意は、プログラミングを始めたばかりの人にはわからない。どうか、この人たちの物語に飲み込まれないでほしい。

2018-08-07

anond:20180807163815

喩えが極端すぎんだよ。既にとんでもない数の旅行者ビジネスマンが行き来して民間交流が進んでる国と、国とも認められてないようなポッと出のテロ集団を同列に語るのは無理があるだろ。

2018-07-29

女が一人で街を歩けない社会の方がカップルは成立しやすいだろうな

https://twitter.com/8RcttQD7Y9Hirnz/status/1021726305732112384

こういう風に「若い女が一人で街中を出歩いていると悪い男に襲われるから危険」というのが常識だった時代の方が、女には保護者必要ということで男女カップルが成立しやすかったろうと思う。

逆に言えば、「日本安全な国で若い女が一人で街中を出歩いても危険は無い」というのが常識になった現代では、男の用心棒としての需要が無くなって男女カップルが成立しにくくなったのだろう。

いやね、「日本少子化の原因は主に非婚だ、そして非婚の原因は日本の適齢期の未婚男に恋人がいる割合20代男性童貞率が諸外国と比べて酷い数字結婚以前に恋愛すらしていないからだ」という統計エビデンスにした説明があるじゃない?

俺はこれ不思議に思っていて、というのは今の20代男の子って総じて物腰はマイルドで身なりは清潔感があって、どう考えてもオッサン20代より女の子に好かれそうな感じなんだよね。

そんな若い男の子彼女いない率や童貞率がオッサン若い頃よりも上昇し続けている理由があるとすれば、これも統計ではっきり出ているけど性犯罪含む犯罪率が近年激減したことで男の用心棒需要が無くなったかなのだろう。

昔なら街に出て買い物ひとつするのにも女は男にエスコートしてもらう必要があったのが、今はお一人様でアニメショップを楽しむのも当たり前になったわけだ。

外国大都市先進国でも女ならステディ彼氏が隣にいてくれないと怖くて出歩けない感じなんだよね。

男の俺でも一人で歩いてる時は、そこかしこでたむろってるガラの悪そうな男のグループと目が合わないように気をつけているぐらいなので。

いや、俺の知っている外国って北米東南アジア都市を少々って感じなんだけど、唯一、東京と同等以上に安全だと感じたのはシンガポールかな。

でも、あの国日本以上に少子化が酷い国なんだよね。

知り合った現地人の若いビジネスマンたちも稼いでいるわりに休日ゲームばっかりしてる感じだったし。

シンガの未婚男の彼女いない率とかがどういう数字なのかはちょっとググっただけじゃ見つからなかったけど、やっぱり治安の良さのせいで男の用心棒需要は無さそうだね。

そういや、あの国は女も普通に稼いでいるから男のATM需要も低いことになるのか。これは日本より少子化になるのも必然だな。

これから日本が貧しくなって移民も増えて、一人でいる女が最初引用したツイートのような性犯罪被害者になっても誰も驚かないぐらい東京治安悪化したなら、今彼女がいなくて泣いている男の子たちのうちのいくらかは救われるのかな?

2018-07-25

anond:20180725215916

人生で一番勉強するのは大学入試なのだから、いっそのこと、東大京大あたりの入試質量ともに博士候補生試験にしてしまえ。4年間で博士号をとる。博士をとれない奴は修士卒。

大学入試で変な枠をはめられた変態勉強時間と労力の無駄博士とったあと、適性のあるやつは研究者になればいいし、そうじゃない奴は官僚なりビジネスマンなりになればいい。

2018-07-23

仕事をつくって生きていく、ということ

私は間もなく45才になる経営者だ。

父親の立ち上げた会社を引き継いで7年が過ぎ、その間に売上は右肩下がり。自分自身が売上に貢献しているとは言い難く、それまでの蓄積と家族社員)の頑張りで、なんとか食いつないできている。ほぼ家族のみの小さな会社

業種は、小売でもなくメーカーでもなく、流通中間位置する卸売業地場産業品を海外に輸出するのが主業務で、一昔前はずいぶんと儲かった業種だったようだが、現在ではその大半を中国製品に置き換えられており、日本製品は主にコスト面、デザイン面で競争力を失っている。メーカー設備投資をする体力もなく、ジリ貧状態だ。当然、ウチの売上も激減している。

輸入もしていた。15年くらい前までは、中国製品の雑貨品が大変にもてはやされ、日本で作るのより大幅にコストが抑えられるということで、毎月コンテナで何本も輸入しては得意先に卸す、ということを行っていた。私がこの会社に参画したのもこのあたり。それまではプログラマをやっていた。やがて雑貨輸入も落ち目となる。雑貨のような軽工業品は、比較的誰でも取り扱うことができるため、参入障壁が非常に低い。すぐに価格競争になったために、現在ではほとんど行っていない。

自社製品を開発してメーカーとなろう、と息巻いていたころもあった。有名なブランドライセンスを借りて、ちょっと変わった製品コラボさせて、自社製品として売り出そうという発想だ。モノづくりの手配なら一日の長がある。たまたま関係することができた有名ブランドからライセンスを借りることができたため、無事に製品化にこぎつけた。これが市場ちょっとした話題になって、予想を少し上回って完売した。しかし、その後が続かない。そもそもマーケット需要があるような製品であったかどうかが疑わしい。価格も安いものではない。それでもある程度売れたのは、それくらい強烈なブランドだったからだったと理解している。ただ単に運が良かっただけだった。

先代社長は大変に有能なビジネスマンで、関わる人みんなからの信頼を取り付け、どんな不利なディールでも最後までやり遂げることができた。最初は親の借金を背負い(つまり私の祖父借金)、バッタ品を集めてそれを売り歩き、やがて輸出を始めた。時代背景もあって地場産業品はどんどん売れた。相当なハードワークをこなしてきたらしい。出張から痛風で飛んで帰ってくることもあった。やがて取引先の紹介で輸入も始めた。先述の通り、最初は大変に売れた。そして私が会社に入り、程なくして社長を引き継いだ。先代の始めた事業は、どれもものすごい勢いで下火になった。現在仕事はほぼゼロ。前期末で大幅な赤字が出た。

「何か新しいことをしなくては」

社長を引き継いだときから毎日毎日、寝ても覚めても、一分一秒たりとも、呪いのようにこの言葉が頭から離れない。何度か新しい取引先を作って、新規事業として立ち上げてみた。が、どれも事業としては育てることはできずに、フェードアウトしてきた。客先とメーカーをつなげる立場としては、究極的には中間業者は無いほうがコスト的には望ましい。私達は独自の強みを発揮することができず、淘汰されるのは必然だったというわけだ。

さて、こんな状況でどうやって会社を立て直して行こうか。

現在地場産業品の輸出に加え、雑貨輸入で培ったOEM精算業務を行っている。ただし、こちらも現在は引き合いが非常に少ない。

地場産業品については、取り扱う製品自体需要が減ってきているため、我々がこれをどうにかするのは難しい。たぶん、近い将来見切りをつけなければならなくなると考えている。

OEMについてはどうだろうか。ウチの場合雑貨を中心として、いろいろな製品を手がけてきており、頼まれれば割となんでも作ってしまえる。こんな世の中なので、どんな製品メーカーでも大抵は探せてしまう。そこを探し出して、クライアント要求通りに物を作るのが、我々の仕事の一つだ。ただし、なんでもできる、というのは、裏を返せば特に強みが無い、ということでもある。我々がアクセスできる情報なんて、その気になれば他の誰もが知り得る情報であり、クライアントメーカーと直接つながるケースも珍しくない。我々が選ばれるためには、何か特長が、強みが必要だ。

「何か新しいことをしなくては」

と、なるわけだ。これが毎回毎回、頭の中を駆け巡って、でも前進できずに毎日悶々としている。

もう、何から手を付けたら良いのかすらわからない。仕事作っていかんと、生きていけへんやん。

2018-07-21

anond:20180721005001

いい旅になるといいね

俺は30年くらいジャカルタに通ってる爺ビジネスマンだが、初めはそんな感じでワクワクしていた。

今もワクワクすることはあるが、増田のような新鮮さはもう持てそうもない。羨ましさしかない。何が羨ましいかと言えば、現在の方が経済格差が少ないことだ。たぶん現地の若者たちと、よりフラットに付き合える。いいなあ。

2018-07-17

anond:20180717082211

アメリカの優秀なビジネスマンなんかは性欲抑制剤飲んでるらしいよ

性欲は仕事集中力邪魔になるからだとかなんとか

日本ももっとカジュアルに普及すればいいのにな 性犯罪も減るかもしれんし

2018-07-13

出会いがない

出会いがないって言っている時点で恋愛市場では負け組、一生童貞のままポルノ女優ビジネスマンコでオナニーってわけだと気づいた。

2018-07-04

ロスジェネの苦境を肌で感じたい!

日本にいるロスジェネに、ごく普通ビジネスマン取材!『ビジネスマンロスジェネの人々に夢を与えたい!』というプロジェクトドキュメンタリー映像に残し、

そのチャレンジを皆さんに共有したい!!!

2018-06-30

セックス危険なんだぞ

増田みたいな顔面前衛芸術の癖にプライドだけは少女漫画金髪縦ロールお嬢様お姫様気取り危険人物を抱きたいと思うかね諸兄諸君

増田みたいな性犯罪者予備軍の陰キャで稼げない三流ビジネスマンの分際でプライドだけは王侯貴族の性根の腐ったクズ揃いの

水木しげるの書く日本人みたいな容姿の奴に抱かれたいと思うのかね淑女諸君

セックス危険なんだ、死ぬ危険性すらある

anond:20180630131440

海外行ってもそうだろ

かわいい女を用意してホームパーティと言って大麻を配る

いい女といい草を用意できたビジネスマン出世するのがアメリカ

2018-06-26

anond:20180626141122

イケダハヤトはあちゅう記事は彼らがビジネスマンとして、大人として配信しているもの批判的に取り扱った。

それが嘲笑であるという話は意味をなさない。内容は妥当だと思われる。

いじめっ子論理でいうなら、hagexを始めイケダハヤトはあちゅう田端責任ある大人である

その大人としての立場を顧みず冷笑的な態度をとったのはhagex言及されたほう。hagexに「いじられた!」と言ってるばかりで的確な反論は見られない。

hagexは彼らの「いじられキャラ」「強者」などの属性とは関係なく、書かれた言葉について問題点をついている。

それを「いじめ」という言葉に堕すのは作家としてhagexを含む彼らを貶めているのと同等ではないか

まーねー、hagexゲスだしそういう感じの言い方になるのしょうがないよねー。でもあんまおもろくないよ。そういう貶め方。

いじめであるなら不当な部分をきちんと上げて言及しましょう。容姿に対してはそうね。どんどんhagexをあげつらおう。

本人が亡くなってからしか言えないというのが本当に悲しい。

やりあえる大人(なにがトマトだ削除しろとか言えるでしょ)同士のやりあいを「いじめ」と称するの、意味ないと思う。

仕事が楽しくてしょうがないが...

数年前、一念発起して事業を興した。

たくさんの人の支えと運もあって、おかげさまで毎年前年比200%以上の成長で年収も400万から今年ついに2000万になった

幸いにも妻も優秀なビジネスマンで一緒に働いてくれて、今では会社収益の3割は彼女が稼いでるといってもいい

月に1~2回商談のための出張があって、夫婦関西方面の大きめな都市にちょいちょい出向くので

そのときに美味しいものを食べて、普通出張では使わないようなそこそこのホテルに泊まる

順調なもんだから仕事が楽しくてしょうがないけど、先日同様に事業をしている友達夫婦食事をした

その夫婦は僕らなんか問題にならないほど大きな仕事をしていて、つい先日とても大きなビジネスをまとめたばかり

そこまでやったならバカンスでも取るのかと思ったら、なんと日曜も夫婦で出社して仕事をしているという

その話を聞いて、この人達仕事しかやること無いの?って思った

その直後に自分たちもそうだってことに気づいてしまった。

結婚した当初、子供がほしいと口癖のように言っていた妻は2年前から子作りについて話さなくなっていたし

(仲はいいし妊活してないだけでセックスバンバンしてる)

出張旅行代わりになっていたので最近は近くの温泉宿に行くなんてこともなくなってた

SNS同級生友達花見にいったとかキャンプに行ったって書き込みを見ても

よくやるわって思うようになってた

ある意味働くために働いてると言ってもいい

でも仕事むちゃくちゃ面白い事業面白いようにうまく回ってるし充実感も半端ない

ただ、人間らしいことは何一つしてないな と感じることもままある

この話にオチは無いんだけど、俺は何を目的に働いてるんだろう

2018-06-24

anond:20180624235241

ネットに限らず、幼稚で稚拙なズルを平然とやって

「これこそがデキるビジネスマンの知恵!」

って顔してるバカは増えた。本当に多い。

コソコソと食い物の内容量減らして値上げして「利益改善」とかドヤ顔してそうなバカとかさ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん