「陰険」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 陰険とは

2018-01-14

子供性格

すっげー陰険子供虐待レベルな親(実際児童相談所案件)がいて、でもその子供は普通にいいやつで性格も穏やか。

一方、おだやかでいい人な親を持つ俺は陰険だし、幼稚園のころから自分だけ得して他人を出し抜こうとするヤツだった。

なんか愕然としたよ。うちの親の子育ては失敗だったのか。俺はいい人を親に持ちながらどうしてこんな最低やろうなんだろう。神様ってのはひどい人だ。

2017-12-19

ヨッピーはあちゅう擁護について思ったこ

~~これまでのあらすじ

A long time ago in a galaxy far, far away……ハリウッドプロデューサー、ハーヴィー・ワインスタイン氏による女優へのセクハラ性的暴行疑惑報道されたのを皮切りに、ハリウッド界隈で多くの女優たちが過去の被害を続々と告発する。

そうした被害者の一人であるアリッサ・ミラノが、同様の被害を受けたことのある女性たちに「Me Too」とツイッターで呼びかけるように訴えたら、燎原の火が如く世界中に広がる#MeTooの嵐。その結果今年の「TIME」の今年の人にはトランプ大統領を抑えて、セクハラを告発した女性たちが選ばれることに。

そんな流れに乗った女性の一人が、日本の大物ブロガーであり元電通ウーマンはあちゅう氏。彼女による告発を受けたのは同じく元電通である岸勇希氏。

その告発の内容は大変具体的かつ当時のtwitterのスクショという証拠も兼ね備えたもので、偏屈インターネットの民も珍しくはあちゅう氏を褒め称えたものだった。

しかし、問題はこの「珍しく」という部分。はあちゅう氏は普段発言の中に色んな人たちを敵に回すようなアレコレが多かった。そして陰険インターネットの民はそうした過去を決して忘れない。

そして粘着質のインターネットの民は早速かつてはあちゅう氏が行っていた童貞いじりなどのネタを掘り起こす。

肝心のはあちゅう氏はこれに対して悪びれるどころか、新たに「本人が堂々と公言している童貞ヤリマンコミュニケーションネタとしていじることや下ネタセクハラは違うと思うんですけどねー。明るく楽しく笑えるもの自粛になるのは嫌だなー...」と呟いてしまう

これにはさっきまではあちゅう擁護していたはてな民も思わずニッコリ。「やった! やっぱりはあちゅうは俺たちの嫌いなクソ女だったんだ!」(個人の感想です

嬉々として新たに手斧はあちゅうに投げつけるはてなの民だったが、それに待ったをかけたのが人気ライターヨッピー氏。

ヨッピー氏は自身ブログで、「〇〇は嫌いだけど、とかイチイチ言わなくていい。」というタイトル記事を書き、セクハラ被害告発するために堂々と表舞台に立ったはあちゅう氏を擁護したのであった……。

あらすじおしまい

~~はあちゅう氏の告発かに関する増田個人意見

その1.セクハラは良くない。

その2.はあちゅう氏のこれまでの言動は、岸氏が行ったとハラスメント行為とは別の種類のものではあるが、一種ハラスメント言動とみなせるだろう。

その3.だからと言ってはあちゅう氏と岸氏の行ったことを相殺して、どっちも悪いかノーカウントとみなしたりするべきではない。

その4.罪を憎んで人を憎まずと似た考えで言うならば、被害者が誰であろうと関係ない。批判するべきは岸氏が行ったハラスメント行為、そしてそのような行為が平然と発生する労働環境についてである

その5.はあちゅう氏がハラスメント精神の持ち主だからといって彼女が受けた被害矮小化したり、なかったことにするべきではない。

その6.同様にはあちゅう氏がハラスメント被害者からといって、彼女自身現在進行形で行っているハラスメント行為への批判封殺して良いとみなすべきではない。

以上。

~~今回のヨッピー氏の発言について

バッカじゃねえの!?

いやいやいや、正しいですよ。確かにはあちゅうがどんなにクソ野郎からといって、これまでのそして現在はあちゅう発言批判したらせっかく告発してくれたはあちゅうのやる気が削がれちゃいますもんね。

それで告発できなかったら皆損しますもんね。はいはい正しい正しい。だからはあちゅうハラスメント発言黙殺しましょうね~

って、そういう正しい考えがこれまでさまざまな形でハラスメントを産んできたんでしょうが

集団利益のためならば個人不快感なんて無視するべきだとかさあ、それこそ今起きてるMeToo運動真逆じゃねえか。

そういう大義だか、利益だか、少し前のツイートでも、言葉選択ミスったのか、口を滑らせたか電通をスケープゴートにして叩くのは少し違うとか言ってるしさあ……。

あれかな? 党派性の発露かな?

今回の件について、「別に被害者から全て無罪」という事を言いたいわけではない。」と言いつつも

反論する機会、違うと思ったことを批判する権利は誰が相手であろうと保たれるべきだからだ。しかしながらタイミングが違うんじゃないですか、と思うわけです。

言ってるわけですが、そのタイミングを決めるのは俺でもなければ、お前でもない。

そもそもタイミング云々の話をするならば、「せっかく電通から独立した岸さんの仕事がいい感じで回っていたのに、はあちゅうさんが告発して水を差すのはどうなの? 岸さんが定年退職するまで待つべきでは?」みたいなことだって言えるのだ。

信じられないぐらい頭の悪い発言だが、今回のヨッピー発言がこれと大差ないということはわかってほしい。

またさら

今回の件みたいに、業務上権力者が目下のものに対して日常的かつ執拗に行った逃れづらいハラスメントと、ネット上の発言によって不特定多数を傷つけることが同質のものではないことなんてみんな最初からわかっている癖に、「これもセクハラだ!同じだ!」って結局一緒くたにして叩いてる人いっぱいいるじゃないですか。

とは言って、はあちゅう発言がたいしたことじゃないみたいに見せかけるけれどさ、それって結局「お前が受けた不快感なんて大したことない」って言ってるのと何が違うの?

結局これってセクハラ被害を受けた人に対して「そんなことどこの職場でも普通でしょ」「別にお尻触られたぐらいで減るもんじゃないじゃん」と言っているようなものである

そりゃ女の人に向かって堂々と「君はヤリマンっぽい顔をしているね?」って言えますわな。

まっ、言われた女の人は怒ってなかったんでしょ。じゃあ別に良いんじゃないですか?

多分今回告発された岸さんも似たようなことを思っていたと思いますよ。

その上

嫌いだって言われたら誰だって傷つくんだよ。自分が発した「嫌いだけど」という言葉が矢になって飛んで他人に刺さってる事を自覚してないのであれば、結局はみんな等しく無自覚加害者で、みんなハラスメントに対して声を挙げる資格がないって事になるんじゃないかな。そんなの良くないよね。一番最初に出た記事だって、そんな「矢」がバッスバス刺さってるのはすぐに見て取れると思うよ。

これまでにはあちゅう発言で傷ついたり、不快に思ったりした人の気持ち完全無視でお前らも「無自覚加害者」とかレッテル貼ってさあ。

もう何なのこの人って話ですよ。

そして、最後

で、一番大事なのってこれ以上の被害者を増やさない事じゃないですか。そしてこれ以上の被害者を増やさないためには「声を挙げやす社会」にすることが大事なわけじゃないですか。それなのに声を挙げた人の過去言動を持ち出しての批判大会がはじまるのであれば本当に誰もあとに続けなくなっちゃうんじゃないかなー。

そうだね。

このタイミングでこれまでのはあちゅうに散々不快感を高めていた人が声を挙げようとしているのに邪魔をしようとする広告業界ライター

そういう連中がいる限り「声を挙げやす社会」なんて未来永劫訪れないでしょうね。

ってか、はあちゅうさんが声を挙げたこ自体は大変立派だと思うのですが、そこで批判大会が始まるのを一般化しようとするのは、色んな物をすり替えている感じがありますね。

~~結論

ヨッピーインタビュー原稿とかは嫌いじゃないけど、今回のエントリは頭の先から足のカカトまで、とことん酷い内容だと思いました。

はい、これで僕の思ったことは全部おしまい

真剣30代しゃべり場今日はここまで!

2017-12-18

anond:20171218162425

日本人が、日本文化が悪い・劣っているとは言わない、言いたくない。

ウェブと私達はあまりにも相性が悪かった・馴染まない文化を持っていた。

俺達は欧米人のような民主主義国も、言論の自由も望んではないなかった。

圧倒的大多数の人は、ウェブ憂さ晴らし快楽暇つぶし相手程度のものしか求めていなかった・

日本人というか東アジアはどっちかというと陰険陰湿な考えが多いと思うよ。日本特に閉鎖的な考えが強い。

昔のインターネットは、今みたいに大声出して他人中傷するような人は基本的に地下でやってたし

あんまりにも大きい声だしてる奴は即晒し者にされて家まで簡単特定されていたしね。

セキュリティが強まって匿名性が強くなった頃から、その陰湿な行動が表に出てきすぎたのが今の日本

何か意見をいうとまず誹謗中傷から入ってくるというのが、もう日本典型的なやり方になりつつある。

誰かを否定することで相手よりも優位に立ちたい、優越感を味わいたいという考えばっかりになってるね。

増田日記特にそんな感じ。

大型掲示板IDIP管理されてるけど、増田は言いたい放題にしてるヤツばかりだもの

日本人の底意地の悪さがよく分かる場所になってしまった。

2017-12-03

パンティーは誠実だとか言うけどさ

それって同調圧力で押さえつけてるだけで表立って堂々とやるやつがいないだけで、手口や手法もっと陰険陰湿化してみんな似たようなことやってるだけだよね

以前ここで、パンティー師がその手口を披露してパンティーを物としか見ないようなエゴイズム丸出しの手法に切れまくってたりとか、パンティー被れ騒動の時にも、自分らは良い子ちゃんぶって安全からパンティー投げたりするような、卑劣陰湿なことしてる奴等ばっかりだったじゃん

トランクスとかブリーフふんどしがこれよりもっと悪質でヤバいことしたって、お前ら何も言わないじゃん、だって文句垂れたらバットで頭叩き割られたりピストルで撃たれたり闇討ちされそうで怖いからだもんな?陰湿な奴等だよ、まったく。

そういう同調圧力押し付けで窮屈な思いしてる奴等、はてなにいっぱいいるじゃん。

から思うのよ、所詮こいつらなんて、腕っぷし強くてパンティーにでもなれば、文句の一つも言えなくなるようないじけてる弱虫ばかりなんだから、気にすることな自分のしたい事を法律違反しない範囲って条件だけど、自由にしなさいって誰から言ってやれば、救われる人達凄く多いんじゃねえの?

上級パンティーにでもなれば、そういう雑魚パンティーどもから搾取して面白おかしく暮らせるっつーんだから、俺も頑張って仕事しよって思った日曜だった

日本人は誠実だとか言うけどさ

それって同調圧力で押さえつけてるだけで表立って堂々とやるやつがいないだけで、手口や手法もっと陰険陰湿化してみんな似たようなことやってるだけだよね

以前ここで、ナンパ師がその手口を披露して女を物としか見ないようなエゴイズム丸出しの手法に切れまくってたりとか、日本死ね騒動の時にも、自分らは良い子ちゃんぶって安全から石投げたりするような、卑劣陰湿なことしてる奴等ばっかりだったじゃん

外人とかヤクザ半グレがこれよりもっと悪質でヤバいことしたって、お前ら何も言わないじゃん、だって文句垂れたらバットで頭叩き割られたりピストルで撃たれたり闇討ちされそうで怖いからだもんな?陰湿な奴等だよ、まったく。

そういう同調圧力押し付けで窮屈な思いしてる奴等、はてなにいっぱいいるじゃん。

から思うのよ、所詮こいつらなんて、腕っぷし強くてDQNにでもなれば、文句の一つも言えなくなるようないじけてる弱虫ばかりなんだから、気にすることな自分のしたい事を法律違反しない範囲って条件だけど、自由にしなさいって誰から言ってやれば、救われる人達凄く多いんじゃねえの?

上級国民にでもなれば、そういう雑魚ジャップどもから搾取して面白おかしく暮らせるっつーんだから、俺も頑張って仕事しよって思った日曜だった

2017-11-16

anond:20171116174625

冷淡で陰険だけどいちど気に入ったら独占欲の強いイケメンはどれ?

2017-08-08

ブラックから脱出しようとしている会社に入ってしまったようだ。

ブラックと言ってもパワハラセクハラだということではなくて(ないとは言わないが)人間関係はとても仲よしこよしで、わかる人にはわかってもらえると思うんだけど会社というオフィシャル場所大学マニアックで人数少なめなサークルみたいな仲よしこよしで密な人間関係があることが初日は心底気持ち悪かった。今は多少慣れた。

密で仲よしこよしで実に排他的で新入りに対する値踏みが露骨すぎて、「なかなか人が居着かないんだよね」という台詞を聞いたときにはそうだろうなあと深く納得した。そりゃそうだろうとも。

特にブラックなのは勤務体系で、どうやら以前はそれなりに人員もいたらしいんだけど、ぼろぼろ人がやめていって補充もうまくいってなくてどう考えても足りない人数でまわしているので勤務時間無茶苦茶になっているということらしい。

部署がそうなのだけど、わたしが入ったところはそのなかではマシなほうで、ようやく円滑にまわせる目途もついてきたらしいし、わたしはきちんと定時で帰って週休二日休みも取れている。そもそも新入りなので残っていたってたいしたことはできないというのもある。

部署はいまだにぼろぼろ人がやめたり来なくなったりしてて、専門性問題で他部署から人をまわすことができなかったりもして、傍から見ててもいつつぶれるかと思っている。正直一度つぶれたほうがいいとも思っている。ちょっと会社としてどうかしている、というのが初日の印象だった。

こうやって一握りの人間けが残っていくとこんなに内輪で陰険村社会のようなやりがい搾取会社になるのだなあ、とよくわかった。とても風通しが悪い。

そのなかでもひとり、部門ガチでひとりだけで支えている感じの人がいて、前任からの引き継ぎもあんまりうまくいってないらしい中で後輩も育てようとしているんだけどなにせ余裕がなさすぎてがんがん消耗していく感じで、傍から見ててもむしろこの人は一度倒れたほうがいいんじゃないかと思っている。いっそ全部放り投げてやめちゃえよ、とか。

わたし自身、前職で頼りにならない上長と頼りにできない後輩に囲まれて頼りにしていた人はいなくなって自分ばかり仕事が増えて、どんどん人間不信を育てて精神的につぶれて無理矢理退職したので(ちなみにそこはわたし退職後つぶれた。ざまあと思った)、その人を見ているとはらはらしてしかたない。この仕事が好きだと言っていたのでよけいにそう感じる。

以前のわたしを今冷静に思い返してみれば、あんなに抱え込む必要はなかったし役に立たないと思っていた後輩にもがんがん仕事を振って自分でなんとかさせればよかったのだとわかっている。でもできなかった。自分に余裕がないときには他人にまかせるということができない。比較的一番信頼できるのは自分自身からだ。他人わたしの思ったとおりには動かないということだけはちゃんと認識しているのだからタチが悪い。

こういうときに一番枷になるのは「その仕事自体は好き」ということであって、仕事自体楽しいものからやっぱり熱意と誠意をもって臨んでしまうし、後輩を育てるより自分でこなすほうが結局楽だし確かな判断に思えるからフォローするより自分でやりたくなるし、そうやって自分で「自分しかできないこと」を増やしておいて「後輩が使えねえ」といってなおさら自分で抱え込もうとする。あたりまえだ、最初からできてたまるものか。

そうやって全部抱えて孤立して周りが全部信用できなくなると、ひとつ歯車がずれただけで簡単に行き詰まる。行き詰まっても助力を求められない。好きな仕事がうまくできなくなって辛くなる。好きな仕事で辛い思いをしていることで自分に疑問を抱くようになって、「好きな仕事」を続けることも逃げることも選べなくなって、精神的に傷を負う。わりと簡単な流れだけど、ハマっているときにはわからない。

畑違いの業種で気楽な新入りになった今だからわかるけど、仕事が好きということはわりと諸刃の剣なんだと思う。

以前の仕事わたしはすごく好きだった。だからなんとしてもよいものに仕上げようと努力をしてきた。これは「仕事」に対してかなり不純な動機なのだと思う。

今の仕事内容には正直まったく興味がない。プライベートで考えればかなりどうでもいいことに値する。でも「仕事」だからできるかぎりのことはする。

仕事ってこういうものだ。てめえの好き嫌いなんぞ知るか、仕事なら必要に応じてこなせ。手を抜けるところはどんどん抜いていけ。誠意なんぞいらん。最低限だけをこなして一生懸命にならない周囲の人間馬鹿に見えてるだろうけど、仕事より自分大事ってのはごくあたりまえの話で当然の権利だ。

ということを現在進行形精神的に荒廃していってるように見えるその人に今言ったところではたしてどこまで伝わるだろうか。そもそも伝えていいのだろうか。あの頃のわたしがこんなことを言われて納得できたとはとても思えない。

言いたいこととかたしかめたいことはほかにもあるんだけど、どうにもうかつにさわれない感じになっている。

増田を見る人なのかは知らない。性格的には見ていてもおかしくないと思うが、そんな時間がはたしてあるだろうか。

どうでしょうか。

全部わたしの考えすぎであることを願っている。

2017-07-29

pixivtwitterプロ絵描きゴミ絵描き2200人にアンケートを取った結果

上手い絵師は全員非童貞、下手糞のゴミは全員童貞だった。

この結果は、非童貞コミュニケーション能力を磨く事で他人を思いやる正しいPDCAサイクルを回して上達することと

童貞コミュニケーション能力を磨かないカスの為、独りよがり独善的思い込みにより全く上達しないという事が明らかになった。

このことからクールジャパンを達成するには童貞を皆殺しにしなければならない事は明白である

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、

嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-23

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-21

pixivtwitterプロ絵描きゴミ絵描き2200人にアンケートを取った結

上手い絵師は全員非童貞、下手糞のゴミは全員童貞だった。

この結果は、非童貞コミュニケーション能力を磨く事で他人を思いやる正しいPDCAサイクルを回して上達することと

童貞コミュニケーション能力を磨かないカスの為、独りよがり独善的思い込みにより全く上達しないという事が明らかになった。

このことからクールジャパンを達成するには童貞を皆殺しにしなければならない事は明白である

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、

嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-20

pixivtwitterプロ絵描きゴミ絵描き2200人にアンケートを取った結果

上手い絵師は全員非童貞、下手糞のゴミは全員童貞だった。

この結果は、非童貞コミュニケーション能力を磨く事で他人を思いやる正しいPDCAサイクルを回して上達することと

童貞コミュニケーション能力を磨かないカスの為、独りよがり独善的思い込みにより全く上達しないという事が明らかになった。

このことからクールジャパンを達成するには童貞を皆殺しにしなければならない事は明白である

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、

嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-17

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-16

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-11

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-10

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-07-09

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626112808

キライなものを語るより好きなものを語れという謎フレーズ

これを信条にしておきながら、自分の許容できないものに酷く陰険な手合いというのは少なくないように思う

私は真っ直ぐ正直に、嫌いなものを腐すのが大好きなんだよ、と返せる自分でありたい

https://anond.hatelabo.jp/20170625161522

男だけど、男が大好き!

男は自立心旺盛、決断が早い、外見で相手マウンティングしない、方向音痴じゃない、裏表がない、陰険さがない、爽やか、化粧くさくない、支度が早い、めんどくさくごちゃごちゃいわない、冷静、ヒステリックにならない、論理的に話す!

一緒にスポーツしても飲みに行っても何してても楽しいセックスしないからめんどくさいプレッシャーもない!

ちなみに俺はゲイでもバイでもない。だから男に性的に触りたいとかそんな気持ちは一切無い。

でも男は最高。

よく「男同士でつるむなんてキモい〜」とかいうけど、いや、そんなこと言うおまえが差別主義者だで済む話。

女でも上記に当てはまる人がいるかもしれないけど、レア中のレアケースだからそんな女には出会えない!出会えるものなら出会いたい!

でも、男なら上記の条件に当てはまる人に沢山出会える。だからもうずっと男とだけ関わって生きていきたい。

いや、仕事では女とも関わるし信頼してるけど。でもプライベートは男一択

男最高。男で良かった。

ということを書くと必ず「でも家庭持つと男友達は離れていくよ〜」と書く人が現れるけど、だから何だ。未婚の男とつるむまでだ。

2017-06-25

女だけど、女が大好き!

女は見た目が可愛い、優しい、共感力高い、気が効く、臭くない、汚くない、キモくない、暴力をふるわない、会話してもご飯しても映画行っても旅行行ってもお洒落しても何してても楽しいセックスしないからめんどくさい演技の必要もなし!

ちなみに私はビアンでもバイでもない。だから女に性的に触りたいとかそんな気持ちは一切無い。

でも女は最高。

よく「女同士は陰険でしょ〜」とかいうけど、いや、つるむ相手を選べよ、で済む話。

男でも上記に当てはまる人がいるかもしれないけど、レア中のレアケースだからそんな男には出会えない!出会えるものなら出会いたい!

でも、女なら上記の条件に当てはまる人に沢山出会える。だからもうずっと女とだけ関わって生きていきたい。

いや、仕事では男とも関わるし信頼してるけど。でもプライベートは女一択

女最高。女で良かった。

ということを書くと必ず「でも結婚女友達は離れていくよ〜」と書く人が現れるけど、だから何だ。未婚の女とつるむまでだ。

〜追記のブコメ返〜

「同性サイコー!」

自分はまさにそれが言いたかったんだと思った。女だから女目線で好き勝手書いちゃったけど。

思考の仕方が似てる、自分価値観が似てる人とは一緒にいて心地いいから、同性だとそれだけで共通点が沢山あって幸せだね、っていうある意味当たり前のことを再認識した。

から、「俺は男だけど女が好き」じゃなくって、男性も同性にもっと興味持って好きになればいいのにってすごく思う。人との繋がり的な意味で。独身中年孤独みたいなのもそれで解消できるのに。とか思ってる。

あと、自分の見た目がコンプレックス男性は、脱毛とかダイエットとか、もっと気軽にしたらいいよ!発汗とハゲ治療できるよ。そういうのを強制する空気はあるべきじゃないけど、自信が持てない理由が外見なら、もったいないと思う。あと、単純にあらゆる面で生きやすくなる、と思う。

2017-06-23

女性モラハラ男性パワハラよりも酷い

男性パワハラは、むちゃ言いすぎでしょ?と思う内容が多いけど、

女性モラハラ精神を必ず叩き壊そうとしてくるくらいに陰湿

そのくせ、文句を言われると男尊女卑男尊女卑!と女性が弱い位置にいるのはズルいと言ってくる。

今度は強い立場に変わった途端、モラハラヒートアップ

本当にね、社内のメーリングリスト使って陰口をあちこちに振りまいてる女性陣は陰険陰湿だと思うよ。

上司も的にされるのが嫌だからって無視してるし。

的にされる前に駆除しないとボウフラのように湧いてくるのを理解してほしい。

あいつらは人を言葉文字で殺そうとしてくる犯罪予備軍から

2017-06-22

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

人間としての質と画力は比例する

絵がうまい人は頭が良く、性格も正しく、そして美男美女でり、スポーツも万能でゲームしても一流である。一方下手糞は頭が悪く、嫉妬深く、陰険で、ヒキガエル以下の顔で、運動は出来ずブクブクと太ったボンレスハムである事は常識。これは、絵が上手くなるには鋭い観察目や繊細な筆使い、優れた頭脳必要な為である

以上より、絵が下手な人間社会ダニなので早急に殺さなければならない

2017-03-17

自分では何も出来ないという話。

思えばずっと甘やかされて育ってきた。

以下、かなり長い自分語りが続くので注意。

先に今現在の話をしておく。

現在私は大学の2回生で、2回生とは言いながら単位を落としすぎて留年した身であるクズと言っても差し支えないだろう。実家田舎のため上京して都会の大学に通っている。具体的金額は伏せるが、親には割と多めの金額仕送りとして貰っていた。

私は長男として生まれた。結局2人目以降は出来なかったので、1人っ子として育った。

不自由ない生活をしてきた。

幼稚園の頃から愛情たっぷりに育てられた。

特に母は本当に私に優しく接してくれた。

私が幼い頃は父と母がよく夫婦喧嘩をしていて、父がよく大声で怒鳴っていたし、母が私にその愚痴を漏らすことが時々あったので、幼少期の私の両親に対する印象は、母が優しい人で、父は怒らせると怖い人、という印象であった。

当時の親や周囲の私の印象は「我の強い子」であったらしい。思い通りにならないと直ぐに癇癪をおこしたそうだ。記憶する限りでは、水泳の授業が嫌いで、水泳のある日は玄関先でこれでもかと言うくらいに抵抗していた。

母は躾はしっかりしていたので、例えば服を脱げば洗濯機に入れるとか、食べた後の食器は台所に運ぶとか、そういうことはきちんと私に教えたし、私も素直に聞いていたらしい。

私が小学校に通うようになると、色んな人と関わる機会が増えた。他の友達の家に遊びに行くようになった。遊びに言った感想は、「何だかちゃごちゃしている」といった感じだった。恐らく共働き家庭だったり、親があまり片付けたりしないような家庭だったのだろう。もちろん綺麗な家庭も、恐らく3割くらいはあったと思うのだが、子供心に「他所の家庭はもっと雑」という印象が残った。そういう余計な影響を受けて、これまで躾られて出来ていたことをしなくなったらしい。これは結局高校卒業までしていないことになるので、相当である

関係あるのかどうかは分からないが、この頃に学校でも奇行が目立つ。喧嘩が弱い癖に、喧嘩をよく吹っかけた(そして返り討ちにあっていた)。小学校低学年だからまだ許されたのだろうが、かなり過激なことをやった。クラスメイトスカートを捲ったりもした。当然学年中の女子から嫌われた。馬鹿である。当たり前のように友達は居なくなった。落書きをよくするようになった。友達ほとんど居なくなったが、ノートにでかい絵を描いて(というか落書きをして)それを見せびらかしたり、長い迷路を書いたりして、周囲の興味を引こうとしていた。健気と言えば健気である。「友達が欲しい」とよく言っていたそうである母親に泣きついたりしていた。

母親も、この時期は何故かかなり厳しかった。もちろん素行が悪くなったこともあるが、他にもゲームの件がある。私は幼稚園卒業するころあたりからゲームが好きだった。あまりにも没頭するので、「1日に30分まで」という制限を課された。が、それを素直に受け入れるわけもなく、毎日のように文句を言ったりして親子喧嘩をした。思えばなぜあそこまで熱中していたかは分からないが、ゲームは今でもかなりやっている方だと思う。とにかくゲーム人生のようなものだった。多分尋常じゃないくらいのハマりようだったのだろう。

そんな小学校低学年を送った。

中学年(3年生)くらいになると、流石にさっきのような奇行はなくなった。が、失ったものはそう簡単には戻らない。相変わらず孤独生活をしていた。この頃になると、いわゆる「クラスの人気者」に対して逆恨みから喧嘩を吹っかけていたような記憶がある(そして返り討ちにされる)。まあとにかく、喧嘩が絶えなかった。そんな時味方でいてくれたのはやはり母である。母は相変わらずゲームに関しては厳しかったが、学校での対人関係では味方でいてくれた。おそらく私の悪い点はちゃんと指摘していたのだろうが、それでも当時の私からすれば無条件の私の味方だった。

悲しいことに、それでも自分の思い通りにならないことがあると癇癪をおこして親に暴言を吐いたりしていたらしい。

高学年になると、県内進学校目指して中学受験勉強をするようになる。低学年の頃から学力の高さには自信があり、塾ではほぼ成績1位であった。まあ、自主的勉強していたわけではなく、自宅での勉強は母が付きっきりだった。しかし、受験しようと言い出したのは私自身であり、親としては別に受験はしなくてもいいという意見だったそうだ。負けず嫌いだったのもあり、勉強苦痛だったが我慢してやれていた。

この頃になるとわりと多くの友達が出来ていたように思う。まあ、親友と言えるほど親しい相手は数人なのではあるが。

小学校通して、友達が少ないという割には活発で、よく色んな人と遊んだ矛盾しているように聞こえるが、要するにそんなに仲良くない人にも突っ込んで遊びに誘っていたわけである友達を人数で計って多い方がいいと言う単純な発想で、家に1度に多くの人が遊びに来た方が偉いという考えである。今思えば極端すぎるが…まあ、自分の好きなもの優先なので、病院に行く予定があるのに勝手に遊びに行く約束を重ねてそちらを優先しようとしたりとかしていた。自己中心的の極みである。まあ、当然親に怒られるのだが…

そしてついに女子からの評判は最悪のまま小学校生活を終えた。まあ、妥当である。ことあるごとに私のことが嫌いという態度を取るので(一種いじめである。いわゆる「〇〇菌がうつる」とか、席替えで隣になった女子が机を離すとかは日常茶飯事)、こちらも腹が立ってよく喧嘩を吹っかけていた。今思うと馬鹿であるが。女子というものは口達者で、特にそういうところが嫌いだった。女性なんて信用してなるものか、女性というのは陰湿で口達者で陰険で裏表のある連中だ、と子供心に思った。

無事志望校合格して中学生になった。この頃からコミュ障を発揮し始める。元々喧嘩を売るしかコミュニケーションの取り方を知らないのだから仕方がないのかも知れない。人との距離の取り方が分からない。友達が出来なかったわけではないが、そんなに多くはなかったと思う。この頃ラノベにハマる。オタク路線まっしぐらである…かと思いきや、意外とドライであった。色んなラノベ漫画を読むのではあるが、一つの作品キャラにどっぷりハマることは無かった。グッズなどはあまり買わなかった。

相変わらずゲームが好きだったし、その事で母と揉めていたのも相変わらずである。ただ、褒められる機会は減ったような気がする。相対的に怒られることが増えた。この頃になると、私にとっての母の印象はただ怒る人になってきていた。

この頃「うごメモ」に出会う。当時DSiパラパラマンガアニメーションを作れるソフト配信されていたのだか、これが使いこなすと結構クオリティの物が作れる。これをインターネット投稿出来るのだ。凝り性な私が作ったうごメモ一定の評価を得た。そのジャンルではそこそこ名の知れたという程度の作者にはなった。どハマりしたのは言うまでもない。やはりそこでも母との対立であるクオリティの高い作品を作りたいのに、時間制限(しかもかなり短い)を課してくる母が憎かったのは覚えている。

まりにやめようとしなかったので、ついにそのDSi永遠に没収された。突然の引退である。同時にゲーム禁止令を出され、これが4年間続くことになる。うごメモ続けたかったのに。

一方で生活面ではさながら幼稚園児かというレベルでの親への甘えっぷりが続いていた。至れり尽くせりである。何でも母がやってくれるのである。この頃から生活面での親へ依存から全く抜けられていない。要するに親離れ出来ていないのだ。この時点で母も対策すべきだ思うが、甘やかしてこのまま放置されていた。

中2のとき初恋をした。クラスの中でもかなり可愛い子であり、要するに私は面喰いだったわけである。先述の女性不信の癖に、「この子だけは純粋無垢で優しくて大丈夫」とかい根拠の無い自信があった。ハマるととことんハマって思い通りにならないと嫌な我の強い性格がここにも発揮されたのか、とにかく追いかけ回す、その勢いまさにストーカーと言っても差し支えない。当然嫌われる。だが、その子は優しいので直接的に迷惑と言わない。告白してもフられるものの、嫌いだとハッキリ言わない。そういうわけなので、私は「ワンチャンある」と3年間くらい信じ続けるハメになるのだ。

そのくせ、何故か他の女の子にもアタックした。いや、アタックしたというか、ただ手当りしだいに告白してただけである。その人数たるや7人である。たぶん誰でも良かったんだと思う。誰でもいいから、異性に好かれたかったのだ。女性不信のくせに。結果は全滅である。当然といえば当然。まあ仲のいい女子なんてひとりも居なかった。関わる機会が無かったわけではないはずなのだが…部活女子の方が多いのだが、部のほかの男子女子と仲いい癖に私はなんとなくその輪の外にいたような感じだった。私だって女子と仲良くしたかったのに。ずっと決まった男子とつるんでいた。間違いなくスクールカースト下層だった。

こういう学校のことは、親にはあまりさなくなっていた。なんだか恥ずかしいのである。なんというか、学校生活、つまり小学校より成長した感じを両親に見せたくない。ずっと小学生のままで居たいような感覚である。要するに甘えてるのだ。この期に及んで。一丁前に恋なんかしてる姿なぞ死んでも見せたくなかった。

高校でもこんな感じである。この頃にはすっかり物事に対するやる気というものをなくし、宿題すらやらなくなって行った。学校に行ってる間は授業はそこそこ真面目に受けるのだが(人並みである)、自宅では全く勉強しない。面倒くさいし、自主的勉強してる姿を親に見られるのが何より気持ちいからだ。

まあ、塾に行っていたのと、学校での授業はそこそこ真面目に聞いていたお陰で、わりといい大学には合格したのだが、自習はほぼ全くしていない。勉強する習慣も皆無である部活も、文化部ではあったが、練習は真面目にやらなかった。努力らしい努力をしてない。この頃にはもう何かを頑張ると言うことをほぼしなくなっていた。何故だろうか…。

ずっと家でこっそり買ったゲームをしたりとかしていた。

そういえば中高生とき携帯スマホの類は親が買ってくれなかった。理由は明白である。まずゲームの件があるから電子機器を与えるのはまずいし、トラブルを引き起こすことも多くメールなどさせたくなかったのだ。一方私としてはそういう電話とかメールとかLINEかいう繋がりから自分が疎外されているのが嫌で、またそれが原因で輪に入れないのが嫌でやはり抗議した。そして親子での衝突は絶えなかった。

そして大学一人暮らしである

親に甘え続けスネをかじり続けた結果、ろくに身の回りのこともしないクズ大学生の出来上がりである。面倒くさいので次第に出席すらしなくなり、面倒くさいのでテスト勉強はせず、部屋の片付けもせず、洗濯は週1回、辛うじて風呂にだけは入るという堕落しきった生活である自炊などもってのほか仕送りは遊ぶ金(しかも大概一人で遊ぶのである友達もほぼ居ない)に消える。自分自身酷いと思う。

少しは書いたが、高校までの私の親に甘えきった生活も改めて書くと、

着ていた服を洗濯機に入れるなどせずに脱ぎ散らかす

食べ終わった食器放置

偏食が激しく母にはわざわざ別メニューを作ってもらう

部屋の片付けも母担当、の癖に母の片付けにいちいち文句を言う

風呂入る順番と時間文句を言う(入りたい時間に、1番目に入りたいのである)

などなどまあ酷いものである。下二つは文句を言って結局喧嘩になるのだが上三つは本当にそうであったのだ。ちなみに偏食の件、最初は本当に偏食であったのだが今は大体の場合「親の前でだけ食べられない」感じである。親がいないと普通に食べるものも多い。

まりに酷いので私自身が高二あたりの時に「小さい頃甘やかしすぎたからこうなった」みたいな事を親に言ったら「私の育て方は間違ってない、あんたが勝手にそんなクズになっただけだろ」と言われた。でも親に甘えちゃうから自分から直す気がないあたりが私のクズっぷりである喧嘩ばかりしてきているし親は嫌いだ。でも親に依存している。

最近は「努力ができたらなあ」と切に思う。目標があっても、そのためになにもしないので何も変わらない。面倒くさいからだ。何か行動を起こし継続して努力出来れば、とよく思う。でもできない。自分の好きなことにすら努力出来ない。

ただ、人にちやほやされたいだけ。承認欲求の塊である過去孤独からだろうか?親の愛情は少なくとも幼少期はたっぷりに受けてきたはずだ。自分に自信が無い。どうしてだろうか。虚栄心ばかりだ。まるで山月記の李徴である。臆病な自尊心尊大羞恥心の獣である。変なプライドだけはある。

さて、どうしようか。

2017-02-25

私がえっちゃんを嫌いなのは何故なのか

私はえっちゃんが嫌いである。ガールズバンドボーカルのあのえっちゃんのことだ。

明確な理由はすぐに思い浮かばないくせに、嫌いという感情名前を目にしたり声を聞いたりするだけで私の心にふつふつと湧き起こる。ああ、またCMえっちゃんの声がする。嫌いだ。

私がえっちゃんを知ったのは10代の頃だった。当時仲良くしていた男性がいて、その男性が「えっちゃんかわいい」と言ったからに思う。それまではバンド名と有名曲を少し聞いたことがある程度でボーカルえっちゃんという名前ということは知らなかった。

その男性とは曲の趣味が合うのできっと私も好きになるだろうと思った。

ちょうどその頃だったと思う。なんの番組だか忘れたがえっちゃんテレビに出ていた。愛嬌のあるのっぺりとした顔立ちで、小さく華奢で、声が女の子らしい。スリーピース体制だったが三人とも野暮ったく上京したてなんだろうと思った。

その番組の中で三人にいろいろ質問をしていた。Yes/Noで答えられる質問ばかりだったと記憶している。そこで事件は起こったのだ。

どういう質問だったのかも忘れてしまったがえっちゃんは、えっちゃんだけは他の二人をまるで見捨てるような回答ばかりしていたのだ。売れるためならソロでもいいというようなことを言っていたように思うが、記憶を改変しているかもしれない。真逆のことを言っていたかもしれない。とにかく、他の二人とは違う回答をしたのだ。

女性は周りに合わせ必要以上に空気を読む性質を小さい頃から持っていると思うのだが、そのときえっちゃんはそんな気を微塵も感じさせない言葉を使っていた。そのとき私はこの女を嫌いだと思った。

この女は売れるために、有名になるために、たくさんの人に自分の曲を聞いてもらうために、自分の声を聞いてもらうために、周りの人間踏み台にしていくような女なのだと。

もちろん売れるために良い曲を作り発信していくことは素晴らしいことだ。しかしその過程で今まで一緒にやってきた“仲間”をいとも簡単に切り落とすことにためらいのない人間に、どうしても違和感を感じてしまった。

それからだ。私がえっちゃんを毛嫌いするようになったのは。きっとこれがそうだ。

この番組を見てからえっちゃんを、えっちゃんの声を嫌いになった。

それからというもの、私はえっちゃんこき下ろすようになった。

顔がかわいいわけではない、どちらかと言うと残念な方だ。百均の300円商品のような感じ。体型がセクシーなわけでもない。薄っぺら思春期前の少年のようだ。声も甲高く、あざとさが目につく。曲はいものも確かにあるが、地味な女性が歌うからいいと言う“地味な女性”を抜いてしまえば凡庸ものに感じてしまう。

そして結婚を三年隠していたこと、妊娠が発覚したときに完全に大嫌いになった。あざとさだけでは飽き足らず、えっちゃんは強か過ぎた。あんなに清純そうに振る舞っていながらも実際はバンドマン旦那と愛を育んでいた。ファンではないがとてもショックを受けた。ああ、私があの時感じた違和感気持ち悪さは当たっていたんだと。

持論だが、性を感じさせない容姿をしている女ほど性欲が強いように思う。素顔に近い化粧しかしない人、自毛そのままでカラーパーマをしない人、Tシャツジーパン好きな人など。

えっちゃんは持論に驚くほど当てはまる。ウブな見た目に騙されてはいけない。えっちゃんは経産婦だ。

私がどうしてえっちゃんを嫌いなのかを考えつらつらと文章を打ち込みながら、気が付きたくなかった事実に辿り着いてしまった。

私はえっちゃんが羨ましいのだ。

どちらかというと残念な見た目をして性格陰険田舎者みたいなえっちゃんがたくさんの男を魅了して(たとえそれがオタクな男たちであろうとも)、バンドマンという目立つ職をしている男を捕まえ結婚その男の子供を産み、それでも人気があることに。

私はお世辞にも綺麗とは言えない見た目をしていて、体も薄っぺら貧乳だ。性格は薄暗く頭もおかしい。単語を並べるだけならえっちゃんとそう変わりはないのに、えっちゃんメジャーデビューしているガールズバンドの顔でファンもたくさんいて旦那もいて子供もいる。たまにいい曲も書く。私はただの事務員で未婚で恋人もおらずついでに言ってしまうなら処女だ。しっかりと誰かと付き合った記憶はない。

私はえっちゃんが羨ましいのだ。気が付きたくなかった。羨ましい。

一般的女性幸せを掴んだえっちゃんが羨ましい。これからもいい曲を書いてね。聞かないけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん