「素養」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 素養とは

2022-05-10

ジェネレーションギャップ

俺は管理職兼人事をやっている。

長年面接官をしていると、面接とかでも一目見ただけで「あ、この人は可能性あるな」「あ、こいつは無いな」というのがすぐに分かる。

なので面接でも後者タイプ人間だったらとりあえず挨拶だけして面接5分で「あ、帰って良いよ」という事がままある。


当然志望者は困惑した顔を浮かべたり、ムッとして文句を言ってくる人間が大半なんだけど、

そういう時には

「君がどうしてもと言うのであれば面接して上げても良いけど、仮にやった所で君を採用するつもりは

全く無いし、お客様でも社員(かバイト)候補でも無い君に気持ち良く帰ってもらうつもりは無いよ」

会社が私達(面接担当)に払っているコストを考えると、例えば君を30分から1時間面接するだけで万単位お金がかかるの。

君にその価値あるの?このまま面接終わらせて帰った方が、お互い無駄時間をかけずに良いと思うんだけど」

と冷静に諭すと、殆ど人間はムスッとするかしょげた顔で「失礼しました…」と言って帰って行く。


しかし、たまーに「ここまで来るまでにかかった交通費払え!」と騒いだ挙句、胸ぐら掴んで脅してくる様な志望者がいる。

そういう時は万が一を考えて待機させてある若手社員を呼んだりして摘み出して貰うんだけど、

そういう短絡的で暴力的素養のある人間をすぐに見抜いてしまっている俺は、やっぱり人を見る目あるんだろうなぁと改めて感じる。


という話をこの間のGWに妹夫婦・両親との食事の席で話していた所、

義弟が「それはいくら何でも横暴だ。面接官がそんなに偉いのか!」

と食ってかかられてせっかくの食事の席の空気が悪くなって非常に嫌な思いをしてしまった。

義弟はいわゆる氷河期世代なんで面接やら何やらにコンプレックスがあるんだろうけど、

やっぱり氷河期面接で苦労しているゆとり世代なんかは義弟と同様の考えになってしまうんだろうか?

ジェネレーションギャップを感じるよ。

2022-05-06

何かを話す時、伝わってない人に伝えたいわけだけど

伝わる人には、そもそも素養があるからある程度既に伝わっていて

伝わってない人は何言ってもあんま伝わらないんだよな

2022-05-03

楽しそうに生きられる人がうらやましい

子供のころから毒親に育てられていじめも受けてきた俺から見える世界というのはやはり壁の向こうの世界であり、人々が日常謳歌する世界は俺の世界とは違うなと思うことがある。

俺の生きづらさというのは俺の心に構築された回路がそうさせているのはわかっている。

たとえば普通の人なら怒るところで俺の心は停止するようになっている。だが、怒るというのは心における一種の防御機構、うーん言い方がわからないが、その感情を出さないということは心に多大なストレスをかける。

本当は怒っているのに怒っていないふりをする漫画なんかでギシギシという効果音、表情に乗った隠し切れない怒り、という感じの表現を見ることがあるが、あれがそれを如実に表している。

しかし俺くらいのレベルになると本当に問題ない顔を自動的にしているらしい。だが、目までは操作できない(脳に直結しているからだろうか)らしく「目だけは怒っていた」といわれることがある。

その結果目がどんどんと細くなっていく、できれば漫画の(ー_ー)みたいな顔になりたいと思うようになるが、それは自分感情を読み取られることに対するすさまじいレベル忌避感があるからだろう。

ではなんで感情を読まれることが嫌なのか、それは、俺の両親にとっては「感情批判対象」だからだ。

簡単喜怒哀楽というところで話してみよう。

喜べば、調子に乗んるなといわれて伸びてもいない鼻をおられる。嫌がらせを受けたり、手に入れたものを取り上げられたりする。俺は喜んではいけないらしい

怒ればそれ以上の暴力が肉体的・精神的に加えられる。俺は怒ってはいけないらしい

悲しめばそんなのはお前の問題だ、何なら怒れ、ぶんなぐれ、と矛盾したことを言われる。俺は感情整合性が有ってはいけないらしいし悲しいなんて言う感情は持ってはいけないらしい

楽しんでいると老いお前楽しそうだなよこせよと取り上げられる。俺が楽しむものは取り上げられるらしい。

こうやって行くうちに、あぁ感情を出しちゃいけないんだな、となっていく。

両親のことを少しだけ言うならば、俺をねじ部せるためならば矛盾していようが嘘だろうが平気で使うし、何なら殺してもいいとすら思っている。何度も言われたことがあるし、訂正もしていないから俺はそう信じている。

これは小学校に入るころには大体完成している。

小学校に入ると周囲はさら残酷になる。

感情を出さな相手にはどこまでも来るのが子供だ。

あいつにならやっても平気」という認識を持たれた時点で地獄が始まる。

それでも嫌で仕方なくなるが親はすでに紹介したので解決などしない。

「お前が悪い、お前が解決しろ」としか言われないが、感情を出す回路などというのはすでにほぼ死んでいるので、急に動き出して深刻な暴力事件を起こすか、そのまま死んでいくかのどちらかだ。

そして後者になり学校にも行けなくなった。

学校に行けないー>家から出られないー>部屋から出られないー>布団から出られない

こうなるのは本当に早かったと思う。

この時両親が私にやったことは「思春期から仕方ない」で放置だった。

更に表情は死に、ブクブクに太り、奇妙な価値観を醸成していく。幸いに犯罪を犯すような価値観ではなかったが危なかったと思う。

なぜここまで言えるかというと、生きづらいからだ。

俺の感情が死に、布団から出られなくなった十数年間という時間はもう戻らない。おそらくこの間に人々は楽しく生きる術なるものを見つけたのかもしれない。

布団から出られるようになったころは社会人になる少し手前だった。社会人になってからも何度も布団から出られなくなっている。

社会人になれば人々は「それなりに完成された人間」や「学び変わる素養を得た人間」を前提にしてみな生き始める。当然だめな人も中にはいるが、金がないなら生きていけない。とにかく働くしかない。

だが培われなかった社会性は足かせとして今も俺の足に食い込んでいる。

あぁもうだめなんだな俺の人生は、と思うようになった。

病院に行くか?行って何を言われる?そもそも誰も信用できないように作り上げられた俺の人格は、病院に行けば周囲の人々は「あ、こいつダメな奴か」と俺を見捨てると思っている。

何言ってるかわからんだろうな、俺も俺の心がパニックになっていることだけはわかる。

2022-05-02

高校入試では記述式のラップを取り入れるべき

リズム感、瞬発力、語彙力や構成力が求められる

平安貴族のような地頭素養バトルだ

2022-04-30

anond:20220430122728

正直、理系からみると文系ってジェネラリストで人当たりのよいコミュ充として社会潤滑油になってくれてないとおかしいよなとは思うんだ

ただ、それ、男性文系勉強して女性高卒に追いつくんだよな

いわゆる感情労働ってやつ

文系男性高卒女性はおそらく技術力よりも目に見えにくいせいで感情労働スキルを買いたたかれてるんだろうけど、

定量化してとらえられずぼんやりと「自分にも才能があればな」と思うだけだし、ひどいと体を売ればコミュ充になれるとおもってそう

証拠島耕作

じゃあもう生ポ受けて子供をまともな人間(含:理系)に育てるという最大の感情労働に専念すりゃいいのにな

理系から理系は生まれるが文系から理系は生まれない

なぜなら理系素養子供にあっても感情労働しか労働を知らない文系親は子供適応性を早いうちに英語スクールとかで使いつぶそうとするから

から日本は終わってるんだよなぁ

 

文系信者としてのスキル新聞記者くらいの事実レポート力がみがかれてればものになるんだろうけど新聞自体オワコンだし

若い子は受け手としての感情労働適性ばかりみがいているしね

知性終わってる

2022-04-25

モブキャラみたいな人生だけは送りたくないもんだ

VALORANTというeスポーツ日本が大活躍を見せ、これが世間を賑わしてる。

世界中SNS話題となり、テレビではTBSが連日報道していた。

予想できていたことだが、「何が快挙なのかわからない」「ただのゲーム大会じゃん」とケチ付ける奴もいた。

FPS素養がなければ理解が難しいのは、百歩譲って仕方がない。

だが逆張りして「何も凄くないだろ」と叩いてる連中だけは、哀れな人間だな、と思う。

ドキュメンタリーとか漫画とか、成功者物語によく登場するキャラクターがいる。

それは時代遅れで、保守的で、新しい文化や挑戦を冷ややかに見るキャラクターだ。

そういうキャラクターは主役を引き立たせる"モブ”として描かれる。

後に世間価値を認められた時、当時は無理解だった"モブ"として。

コロンブスのような冒険家は多くの大衆に反対されたそうだ。

そういう有象無象大衆から抜け出し、顔のあるポジションに着ける人間が世の中にはいる。

その一人が平岩康佑だ。

彼は2018年朝日放送キャスターからeスポーツキャスターへと転向した。

有象無象だったら「eスポーツ日本流行らない」と考え、彼のような選択は取らない。

実際はどうだ。日本のVALORANTの視聴者数は、アメリカ韓国に引けを取らない。

大事市場として無視できないレベル流行った。

そして平岩康佑はトレンドの中心に立っている。

日本代表止まらない快進撃、世界大会ベスト4平岩康佑)

https://news.yahoo.co.jp/byline/hiraiwakosuke/20220419-00292122

eスポーツの主役は間違いなくゲーマーだが、その物語を広める人間必要不可欠だ。

時代を先取りできる人間は、モノの価値自分判断し、求められる役割をこなそうとする。

それに成功した奴はメインキャラクターになれる。

金も発言力も手に入れられる。

ニュース見出しだけ見てブツクサ言ってる人間は、中心人物になれなければ、主役を支えるモブにすらなれない。

そんなモブキャラにだけはなりたくない。

2022-04-22

コムケイになりたかった

でもそれなりのルッキズム虐待する加害者側になる素養が求められるのか…

俺には無理だ…

2022-04-21

裕木奈江は一部正しい

https://twitter.com/nae_auth/status/1516394011325571072

このツイート話題となっている。スレッドの上のほうで「ゾーニング」がどうこうと言っているので、『月曜日のたわわ』の問題についての話ということでいいはずだ。

このツイート特に問題になっているのは、「自由な娯楽を嗜むには一定以上の知性が必要で、そうでない人には自制が難しく作品に影響され自分勝手感情的な行動をとりやすくなってしまう」という部分だ。

多い批判が「選民思想だ」みたいな話である。まあ選民的でないとは言い難いのだが、youtubeとかYahooニュースコメントとか見ればわかると思うけど、世の中話が通じない人っていうのはかなりいる。娯楽作品を「正しく」楽しめる人っていうのは、楽観的に見て、世間の半分、いや三分の一……くらいは……いてほしいが、多分「マイノリティ(!)」である

この主張は、要するに娯楽作品犯罪描写に影響されて犯罪を起こす、という話に基づいている。これについてはいくつかの研究があったと記憶しているが、肯定的だったり否定的だったりする結論が出ていたはずだ。

これらの研究のどちらが正しいかという話をしたいわけではないので、まあそこはなんとも言い難い。ここで問題なのは科学的な議論ではなく、表現の自由のような社会問題を論じるときに、このような(たぶん)科学的な研究に基づいたフリをして、賛成・反対に立つ人間が主張することである

そういう人たちが、論文を読み比べた結果としてどちらの研究がより正しいと考えられるのでそちら側に立つ、なんて手順を踏んでいるわけがない。結論合致する研究を持ち出すだけだ。大麻合法化とかの話もこういう議論が行われているはずで、これの良しあしがどうとかいう以前に、議論が成立するはずがない。

で、いわゆる「表現の自由戦士」(この言葉に「ネトウヨ」とかみたいに侮蔑的ニュアンスが含まれているのかもしれませんが、単に他の表現を知らないので使っている、とポリコレ的な言い訳をしておきます)の側にとってマズいのは、学者の間で、「人間は娯楽作品表現に影響されて犯罪を起こす傾向がある」という考えがコンセンサスを得てしまうことだろう。

彼ら戦士たちは、上記のようなことはない、という立場研究にかなり依拠して自らの主張を保持しえているのだから、もしそういうことになったら大変だ。大体学問世界は割とリベラルが力を持っているわけで、結構危機的なんじゃないだろうか。

わざわざこんな文章を書くくらいだから、私も娯楽作品の内容に規制がかけられたくはない側の人間である。単にポリティカルにコレクトな内容の娯楽なんか読まされてもクソつまらいからというだけなので、「表現の自由戦士」のみなさんには怒られそうですが。

そういうわけで、学問世界が(日本のクソバカな)リベラルにとって都合のいい方向に行ったときに、表現規制されるということはこのままでは避けられないし、実際(単にクレームとそれへの対応によってではあるが)様々な「自主規制」が幅を利かせ始めている状況である

一方で「創作に影響されて犯罪を起こすことはあり得ない」というのは、ある種創作矮小化しているのではないか

そこで、リベラル理屈をひっくり返して使ってしまえばいいのだ。ここでは、「娯楽作品犯罪描写に影響されて犯罪を起こす人がいる」という話はある程度事実だと認めてしまおう。

でもって、「自制が難しく作品に影響され自分勝手感情的な行動をとりやすくなってしまう」「自由な娯楽を嗜む」のに必要な「一定以上の知性」がない人もいるという側面もあるにはあるだろう。(ただし、私はこういうのは「知性」というよりは、「常識」とか「(人文・社会自然科学的な素養」の問題なんじゃないかと思う)

宮崎勤事件報道リアルタイムでは知らないが、要するに宮崎勤オタクで、ロリコンポルノに影響されて事件を起こした、という理屈がまかり通っていたはずだ。Wikipediaを読む限りはそれは否定されているようだが、有名ではなくとも、そういう事件はあったにはあっただろう。

日本で語られる「犯罪動機」が大体警察の作文であるにしても、根っこにそういうことが潜在的にあること自体否定するのは困難だろう。

しかし、宮崎勤事件もそうだが、センセーショナル報道される事件というのは、無差別殺人みたいに、わかりやすく怖くて視聴率が取れる事件である。たいていの犯罪は、非常に狭い人間関係での問題か、経済的問題によるものであって、そういう事件レアケースなのだ

まして「自由な娯楽を嗜む」のに必要な「一定以上の知性」がない人が、それが原因で事件を起こすというのは、世の中の犯罪のなかでも非常にレアケースで、リスク自動車とかのほうがはるかに高いだろう。

そんなことをいちいち予防して回るのは、過保護しか言いようがない。

しかし一方で、そういうので「不安だ」とかみんな言うわけであるちょっと違う話だが、(ポルノとかじゃなく、ガチの)性犯罪者GPS発信機をつけて位置情報を公開すべきだ、と言う話について、「不安を解消するためには、この程度の人権制限必要だ」という意見が、有名人から発信されていた。個人的には、人権をそんな風にとらえる人間が同じ社会にいるのは結構不安なのだが……。

リベラルな人らが大好きな日本国憲法を読めば、権利制限は「公共の福祉」に基づくべきだ、とみんな理解できるはずだ。「安心」なんてものは「公共の福祉」なんかではありえないだろう。「不安」なんてことのためにいろんなことを規制するのは、公権力がやるべきことではない。

大体、世間の人々が不安になるのは、マスメディア報道に「影響されている」からだろう。日本はこんな社会なのに、恐ろしいことに犯罪は減少傾向だったはずだ。みんなもっと科学思考をしてほしい。特に学問しか取り柄のないリベラル学者のみなさんは、このような世間の風潮を批判すべきであって、それに便乗して、多くの善良な人々を、人権などクソほども守られない日本監獄にブチこめるようにすることなんか望むのでは、「リベラル」という言葉無意味どころか逆の意味になるじゃないか。なってるんですけどね。それも「グローバル」に。

表現規制」に反対する側が言うべきなのは、以下のようなことだろう。

「娯楽作品には人を影響する力があるし、それによって犯罪を起こす人もいるかもしれない。でもそんなの犯罪の中ではレアケースですよ。あなたたちテレビ報道に『影響されて』言ってるんじゃないの?そんなことのために我々『一定以上の知性』がある人々から自由を取り上げるのは、『マイノリティ』の迫害だ!」

2022-04-19

anond:20220419002530

物事本質を見抜けていないからそういうアクロバティックな理解になってしまう。

米国などは一周、いや二周以上先に行っているから、上流も高度なコーディングスキルを持つ人が占めているというだけ。

上流はまず人間相手にした書類仕事がきちっとできる、つまり合理的思考にもとづき洗練された対人コミュニケーションができる程度の文系素養がLv1の最低条件。コード力はLv2以降の追加スキル

ただ、米国は、もともと社会的スキルを育てる基礎教育ベースがきちっとしていたために、単にコーディングスキルが傑出した人がマネジメント側に立ってもうまくフォローしあって組織機能・存続する率が日本より段違いに高かったというだけ。

日本米国をキョロキョロしすぎて、Lv1の文系能力すらない人間を、追加スキルのおまけ部分を重視して重用してしまうから、Lv0相当の仕事しかできず、舵が取れない状態になるため、正しい方向に向けて進んでいくことすらできない状況に陥る。

上っ面だけみて猿真似をしつづけた結果が現状だ。日本雇用特有流動性の低さや多重請け構造ネガティブ要因で、現場人間が、調整力の欠如が元凶であるとか、そもそも事態を調整する権限がないことに問題見出しても、どうにもならないという。

2022-04-17

RRDを「はてブで数少ない普通大人」と評価するアカウント

yincha

https://b.hatena.ne.jp/entry/4718105064115941922/comment/yincha

はてブで数少ない普通大人の人という感じで好感を持っていた。見れなくなると思うと残念だし寂しい。


https://b.hatena.ne.jp/entry/4718269859952793826/comment/yincha

このように “社会の” ルール理解できない人たちを見ると、実社会ではつまはじき者なのだろうなと想像する。私は悲しい。


https://b.hatena.ne.jp/entry/4718246562963037506/comment/yincha

弱者男性可哀想だな。誰にだって愛が必要ママ以外の誰かが気にかけてくれたならこんなにならずに済んだのに……。


https://b.hatena.ne.jp/entry/4718167941395056034/comment/yincha

バカばっかりだよな。ノンポリというか、本当に何も考えていない。みんな脳みそなくなったのか?

https://b.hatena.ne.jp/entry/4718135126754155618/comment/yincha

こういうバカが後からから湧いてくる。まじめに取り合う気も失せた。


https://b.hatena.ne.jp/entry/4717941338796503362/comment/yincha

マンガに限らず文脈理解する能力がない。複雑な事柄を複雑なまま理解する能力がない。端的にバカ。話が通じない。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4717407721572781154/comment/yincha

企業トップ文系または文系素養が相当にある理系がやるべきだと思う。ただ、ストレートに言うなら文系/理系の前にバカトップなのはよくない。


なるほどという感じだ。バカ連呼とか。

2022-04-15

小室さん云々はおいといて

なんで眞子さんは最初から単にMETで働くってしなかったんだろう。日本皇室という文化素養を持った人が美術館で働きますとなれば、それ自体はなるほどなぁと思わせるものがあると思うんだけど。

別に配偶者があっちで働くからという拠点の作り方しなくても、自分拠点を持てば良かったんじゃないの。

2022-04-07

篠房六郎

アフタヌーンで描き始めたくらいか作品は読んでた。

いっときブログが軽くバズったりしてたきがする。

「俺は重度のオタクだけど萌えかいうのには屈しないからな!」みたいなスタンスがあって、ギャグとして成立してる間はいいんだけど、それがたまに過剰すぎてうっとおしいと思うことが多かった。

漫画家としては、空談師読んで思ったのは凄くテクニカルで上手いと思うんだけど、優先順位をつけずにスキルを発動するから全体がぼやけて「どういうストーリーだっけ?」みたいになってた気がする。ナツノクモは読んでない。

百舌谷さんも空談師もそうなんだけどテーマとして根幹に「自分の正しさを主張せずにはいられないんだけど、それが過剰になってしまう苦しさ」みたいなものを感じる。

おやすみシェヘラザードも何話か読んだけど変わらず暑苦しかったし作者の業みたいなものなんだと思う。

でも最近ポーズ集・ポーズについての考察みたいな本を出してて「正しさ」をこうやって昇華する方法もあるんだなと思った。

かなり前にブログで絵に関する記事を描いてて凄く面白かったので素養はあったのかと思う。

好きだから追う というか不安で目が離せないタイプ作家で、「変ゼミ」を描いてたTAGROみたいな、こんなに面白ものを描いてるのになんで駄目なんだよ みたいな怨念を感じたりする。

2022-04-06

anond:20220406150015

俺ぴらふって名前つけられたけどチャーハンのほうが好きだし

言うほど後天的素養名前は影響しない

小中高といじめられはした

2022-04-04

実務未経験から情報技術者として転職大手自動車メーカーへ勤めてる

経験から3ヶ月で外資IT勤めで年収1600万みたいなのがバズってたので

ただし俺の場合、実務が未経験なだけでプログラミング歴は20ちょっとある、いわゆる趣味グラマから転職
同人ゲーム制作やFLOSS系の活動はずっとやっていて、学生時代バイト出会い系サイト作ってた
前職の都合で自動車メーカーとも繋がりがあり、そのツテで昨今の自動車コンピューティングを強く導入するという流れがあったので誘われて転職することになった
まり草の根(もう死語だねコレ)の情報技術者が昔馴染みを頼って転職しただけと言ってしまえばその通りなのだ

こんな転職の仕方だからプログラミングスクール出身者のレベルがどんなもんだか知らんけど、もともと俺は電気系のオタクシーケンスに関して理解があってH8あたりからプログラミングへ手を出しているって感じがスタートなんだ
たぶんイマドキの純粋培養情報技術者の中には電気回路まったくわからんって人も居るとは思うけど、電気関係素養があったほうがプログラミング習得には今でも有利なんじゃないかな?と思わなくもない
例えば俺へ対してパソコン通信インターネットを通じてプログラミングノウハウを教えてくれたお兄さんたちはゲームメーカーエレメカやってるって人が居たりして、後にゲームハードROM作り始めたなんて話もリアルタイムに聞いていた。今じゃお偉いさんになってるだろうけど

そんなんだから俺はハードソフトネットワークスペシャリストほどではないけれど満遍なく知る変な素養があり直接声がかかった次第だ
イマドキ流行りのGoとかSwiftとかRustみたいなイケイケな言語ではなくC++とかJavaとかBashとかの方が得意だっていうのも評価としてはあったかも知れないけどね
あと日常的なLinuxデスクトップ使いというのも最近Linux興隆の流れから後押しがあったかも知れん

もちろん苦手な部分もある、GUIがそれだ
GUI設計なんて言うものデザイナーがやるべき仕事だね。今流行りのそれっぽいのとかツールチップ使いましたみたいな古典的スタイルを真似たGUIを作ろうと思えば作れるけど、単なるモノマネなので本職のそれとは出来が違う

というわけでプログラミングスクール出身者、どこかで俺みたいな草の根出身者に出会うこともあるだろうから、そのときはヨロシクな

2022-04-01

こんなところで長文書いてるのなんて暇人素養理解もない大きな声が出したいだけの人よ

 

のべりすとに作ってもらった文章読んでる方がよっぽど楽しいと思う

2022-03-28

彼氏のためにカードゲームを始めた

始めたと言っても去年のことだが、こんな感じだったなあという備忘録みたいなものだ。

長いので要約するとMTGが難しかったのでデュエマに乗り換えたという話である

去年の秋頃、彼氏MTGアリーナにハマっているのを横目で見ていたら対戦相手に飢え始めたのか、ちょっと始めてみない?と持ち掛けてくるようになってきた。

そもそもオンラインゲームで対戦相手に飢えるってどういうことだよと思うかもしれないが、どうもオンラインでは使えるカードの中で一番強いものとそれに対応できるカード以外の居場所がないようで、せっかく考えたカードのセットでもそのどちらかに当てはまらなければ瞬く間に負けてしまうらしい(今なら多少わかる)。

そのうえ顔も知らない人間カードのパワーだけで殴り倒されるのは精神衛生上よろしくないようで、カードゲームやるくらいで喜ぶならいいかと思い軽く初めてみることにした。

じゃあはい、と60枚の紙の束が手渡される。これは言わずもがなデッキである

余談だがこの60枚の紙の束に、カードゲームプレイヤーは持ちうる全ての矜持を注ぎ込むため、負けた時の怒りや屈辱は計り知れないものになるらしい。カードショップで叫んでいる人がいても、あの人は自身プライドを傷つけられてどうしたらよいのかわからないのだと思うとつい同情してしまう。

さて、私が矜持を託すことになるこのデッキだが名を「シルバークイル(白黒)」というらしい。その名の通り、「シルバークイルの学舎」なるカードが入っており、そこへ集う「優秀な学徒」や「戦闘学の教授」たちが戦ってくれるらしかった。

だがそんなことは正直どうでもいい。何故なら私はこのデッキで負けて以来二度と彼らに矜持を託すことは無かったからだ。

ざっとルールを聞いてあとは流れでデッキを机の左隅に置いて、そこから7枚引く。これが自身の手札で自分の使ってよいカードになる。うきうきでカードを7枚引き、さてどうしようかと思っている私の目に驚愕光景が飛び込んできた。

沼、沼、沼、平地、学舎……あとは覚えていないが、とにかく手札のほとんどが人ではなかった。なんなら3枚は白骨化していた。

上記のように沼や平地といった環境、学舎といった建築物を指すカード土地カードという。これがなければ学生教授相手攻撃するどころか立つことすらままならない。

しかし、土地けがあっても使う者がいなければ持ち腐れである。私はその後3、4ターンほどひたすら手札の土地を自慢し続けた挙句敗北した。

このように手札に使える人材が来ないことを俗に手札事故という。シャッフルは十分にしたはずだがさすがに60枚となると厳しかったのか、はたまた純粋に運がなかったのか。

手札事故が起こってしまった場合引き直しをすることができたのだが、当時は若く、まあこれでもなんとかなるだろうと思い黙って進めてしまったのだ。土地不本意に所持している場合はすぐ専門家相談すべきである。これは現実MTGも変わらない。

そんなしょうもない初心者あるあるで負けたわけだが、私の心にふっと湧いたものがあった。悔しさだ。かなりあけすけに言うと「運勝ちのくせに喜んでんじゃねえぞボケ」と思った。何も知らないのに心だけはすっかりカードゲーマーである

どんな初心者だろうと負けるとわかっているゲームはやりたくない。特にデッキが同じレベルであればあるほど経験の差が勝敗を大きく分けることになる(まあ今回は運負けだが)。加えて、少なくともMTGは私のようなカードゲーム素養ひとつもない人間最初に触れるには少し難しすぎたように思う。

もういいかな……と若干引き気味でお開きとなったのだが、これ以降彼氏目的が徐々に「良い感じにデッキを回す」から初心者と楽しめるカードゲームを探す」ことにシフトしていった。

そんなある日私に40枚1組のデッキが渡されることになる。デュエルマスターズ主人公が使うデッキ、「ジョースター進化」だ。

ジョースター進化」には「ヘットルとフエートル」とか「ツタンカーネン」とか「ドツキ万次郎」とかいうトンチキな名前モンスターが多く入っている。そんなトンチキ共が力を合わせてトンチキ総大将ボルシャック・大和モモキング」を出して勝つのがこのデッキしかった。すべて個人見解である

ちょっと難しくてもやっぱりMTG続ければ良かったかな~などと思いつつちょこちょこ触っていくと、これが結構面白いということに気がつく。

まず、デュエルマスターズ通称デュエマには土地という概念存在しない。それは土地のようなカード出すための下地的な概念が無いわけでは無く、全てのカード土地からである。ただ、モンスターたちがいきなり土地になったらびっくりなのでマナという言い方をする。

生産者消費者は別人でなければいけない、みたいな固定概念があったおかげで余計に感動した。土地モンスター性質を併せ持ってもいいのか……。

なので何ターンもこれは出せないなーとか土地しか出せないなーなどとやることはまずなく、大体もう一度自分の番が回ってくる頃には何かしら出せるのだ。やってる感があって楽しいし、一枚出ただけなのに相手が何やら考え出すのも面白い

彼氏主人公ライバルポジション的なキャラクターの「ジェンドルのディスペクター」を使い、1勝2敗。まあまあいい戦績ではないだろうか。すくなくとも何が起こったかからないうちに殺された時よりかはずっと良かった。

とはいえトンチキ共に矜持を預けるわけにもいかないのでその足でカードショップに向かい2人で30円カードをガサついてデッキを作った。というか、私はチュリスが使いたいと言っただけなので作ってもらったと言った方が正しい。2000円くらいだった。

そんなこんなで去年の冬にできたデッキだが、未だにカードを入れ替えたりして遊んでいる。この間はバラモルドが3体出てきてチュリスを消し炭にされて負けたが、絵面が面白かったからオッケーである

最近ハンデスデッキを作るぞと息巻いてジェニーを集めていたのだが、次のパックで新しいジェニーが出るようなのでそれもまた楽しみだ。

これからもぼちぼちやっていこうと思う。

2022-03-22

anond:20220322134252

素養がないなら判断しなきゃいいだけなのにな

anond:20220322133316

本来自分で全部学んで理解した上で判断すべきところを、それやっちゃうと相当な素養と準備期間が必要になるから

もともと素養業界歴もある医師会判断を委ねて、「より正解率の高い」選択をしようとしてるんだよな

Youtube動画を15分見て真実に目覚めた人に「その判断ちょっと待って!おかしいと思いませんか??」って言われても

掛ける言葉特にない

2022-03-07

マクロRPA自動化しても、何故に給与が上がらないのか?

この人のブログはいつ見ても頭がいいな

https://www.code-lab.net/?p=22058

マクロRPAなどを使って業務自動化して何十時間節約しているのに給与は…みたいな話しを時折見かけるので、何故給与が増えないのか考察したいと思う。

マクロRPAなどの活用による業務効率化は二つの段階に分けられる。

・1stステージ

マクロRPAを利用した自動化により、事務作業にかかる時間が削減されている状況。この段階は従業員個人能力により業務時間の削減がなされている。作業負担の軽減により同僚から感謝されたりはする。だがこの段階では会社利益には繋がっていない。

・2ndステージ

自動化により削減された時間をより付加価値の高い業務に割り当てたり、あるいは余剰人員を人手の足りない部署に異動したり、従業員解雇を行っている状態

マクロRPAの開発と維持には費用が発生している。作業時間の短縮により不要になった労働力を異動あるいは解雇するなり、短縮された時間を用いてより付加価値の高い作業を行うので無ければ、会社としては開発と維持にかかる費用分を損した状態になってしまう。

マクロ勉強して自動化しました」という話しをしているとき殆ど場合は1stステージ状態にあり、まだ会社利益を生み出せていない。故に給与が増えることを望むなら、1stステージ→2ndステージへの移行が重要になるのだが、ここが難しい。

余剰人員異動や解雇には人事権必要になるし、より付加価値の高い業務を生み出せる人材自動化人材よりも貴重だ。2ndステージの実現には管理職の協力が必要不可欠になる。管理職者に1stステージ自動化恩恵を見せて、2ndステージに移るための協力を得なければならない。

…が、そこで自動化を進められる素養を持つ上司なら、従業員に言われるまでもなくIT化を進めているはずだよね…的な達観があったり無かったり。

と言う訳でマクロを使えたり、RPAを使いこなせたからと行って突然に給与が増えることは無い。でも使える手札が増えれば、選択肢も増えるわけで、今後にチャンスをものに出来る可能性が増えるわけで、無駄では無い。

2022-03-06

ヴィーガンヴィーガンの素質あるよ

ヴィーガンの主張(①動物を苦しめるな ②畜産科学的に見て環境に悪い)を見て心が揺れ、しかし肉食を捨てるのは嫌なので自らを正当化しようとした結果、インターネット上でヴィーガン嘲笑うって行動に出てんだと思う

俺はその点違う

動物ドンドン苦しめるべきだと思う(自分以外の存在が苦しむのは嬉しいから)

環境ことなんか気にしなくていいと思う(俺は環境が本格的にヤバくなる前に死ぬから関係ないし、そうでなくても地球生命は存続させるに値しないと思うから)

この二つの明確な思想を持ってる

それでヴィーガン嘲笑いたいか

べつにそうでもない

他の生命の苦しみに目を向けられるのは優しくてスゴイと思うし、地球環境を守っていきたいと思えるなんてスゴイと思う

自分にはできないことをやってるなと思う

それだけだ

本当に興味がなかったら、わざわざネットヴィーガン揶揄投稿なんかしない

NTR作品に怒り狂う人間は、NTRにハマる素質がある

ヴィーガン思想に怒り狂う人間は、ヴィーガンになる素質がある

 

(俺はヴィーガンには興味ないけど、ヴィーガン揶揄人間には興味がある…ってことは、ヴィーガン揶揄人間になる素養があるのか?!)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん