「素養」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 素養とは

2019-01-16

文学国語古典は必修に向かない

https://www.meisei-u.ac.jp/2018/2018121803.html

https://xiao-2.hatenablog.com/entry/2019/01/14/201906

このシンポジウム、今はブログのまとめを読んだだけの段階だが、理系ということもあり私の考えは否定派の2人に近い。

別に文学国語古典古文漢文)をなくせとは思わない。人文系学問には必須素養なんだろうから文系&興味のある理系選択科目としてやったら良い。

でもこれらの科目を必修にし、あまつさえ成績や入試の点数に算入するのは多くの中高生にとって迷惑だろう。

なぜならその出来不出来には、勉強量と相関しないセンスのようなものがかなり作用しているから。

いきなり自分語りで何だが、私はそのセンス恩恵を受けていた側の人間だ。

中学受験の頃から現代文は全く勉強せずとも良い成績が取れていて、その理由友達が少なく、図書室に籠もって読書ばかりしてたことの他に見当たらなかった。

古漢は寝る時間だったけれど、それでも某大学で(理系にも)課された国語二次試験現代文古文)では、現役時代フィーリングだけで6割とれていた。だけど他の科目が振るわず不合格

浪人時代フィーリングじゃダメだと反省し、趣味読書を禁じて国語を「勉強」した。

予備校教師の指示に従って、文章題はまず最後段落を読むようにしたし(あれは今で言う論理国語トレーニングだったんだろう)、補助動詞の「侍り」が乗ってる古語辞典を選んで引きまくった。

お陰でセンター国語は大幅アップ。二次も着実に、問題文と文法に忠実に回答を練った……はずなのに、何故か現役より2割以上ダウン。

現役の時の点を維持していたら受かってたのに。なにこれ。結局センスなんじゃん。

受験を通じて学んだ知識自体は、どの学部に進もうと将来ほんの一部しか使わない。

その中で入試が量ろうとしているのは、むしろ自らの課題(すべき勉強)を見定め、きっちり努力できるかという能力であろう。

同じ国語でも論理国語センターで出るような古漢は、適切な情報に基づいて勉強すれば相関して成績の上昇が望める。

しかし私の遭遇したような文学国語や(文学的)古典は、読書など趣味範疇が成績に影響する(ように見える)一方で、これを努力して補おうにも「何を・どの程度読めば良いか」など、その方向性を見定めるのは非常に困難である

繰り返しになるが、文学国語古典を科目として残すのは良い。

シンポジウム否定派の2人が言うように、様々なものに満遍なく触れておくという意味で、中学までは必修とするのも賛成だ。

ただこれらは成績や(中学高校を含めた)入試の点数として優劣をつけるのには向かず、無理やり組み込まれた結果入試の不確実性がいたずらに増してしまっているのが現状だろう。

論理との切り分けの問題などはあろうが、結局文学国語文学古典は、美術音楽のような選択科目として、好きな人のんびりと受けられる形にするのが適しているように思う。

2019-01-09

今時IT関連以外で将来性のある仕事ってある?

なんか知り合いが仕事探してんねん。でも将来性のあるとこじゃなきゃ嫌だって

でもプログラミングはやったことないみたいやし、素養もなさそうで

30歳、一応大卒

2019-01-06

anond:20190106020850

学問って概ね論理系科目だよなぁ。

感覚系科目って文学系とか芸術系とかくらいしかなさそう。文学史とか芸術史とかになると論理系の素養必要になってくるし。

興味関心意欲による分類なのかも

2019-01-04

anond:20190104090813

あんたにないスポーツでのいい思い出とか成功体験スポーツ観戦で感動する素養ってことでいいじゃん

anond:20190104082509

俺はスポーツ苦手だしスポーツがらみで嫌な記憶しかいか支離滅裂意見になると思うんだけど、

そもそもスポーツ成果物って何かね?と思う。

これが音楽舞台だったら曲が成果物だし、劇団舞台だった芝居が成果物であり、観客はその成果物に感動するわけじゃない?

で感動するためにはそれに対する素養が、大なり小なり必要になってくる。

それに対してスポーツ観戦って何が成果物なんだろ?

客は勝手に「感動した!」とか言ってるけど選手からすれば客が感動するなんてことは副次的ものであり本質ではないはず。

(もし、選手が、リップサービスではなく本気で「自分プレーで見ている人を勇気づけたい」と思っているなら厚かましいと思う)

芸術ジャンルに感動するなら「素養」という元手が必要だけど、スポーツ観戦で「感動した」フリして

他者応援している何者か」になるのは元手なしでできる。考えることができない人間には手っ取り早くて良いんだろうね。

2019-01-02

向いていないならSEを辞めよう

お前は絶望的にプログラミングに向いてないから諦めて刺身にタンポポ乗せる仕事でもやってろ がバズってるようで、私もかねてから考えてることをちょっと発信してみようと思う。匿名での投稿にはなるが、私は日本国外大手企業フルスタックエンジニアをしている。

私の主観では世の中の人の99.9%はプログラミングに向いていない。もしかしたら、9をもうひとつ増やしてもいいかもしれない。それくらいプログラミングに向いている人は希少だと思う。
ある程度数学の素養があったりする人の方がプログラミングに向いているというけど、理系でもプログラミングが苦手な人は多くいる。どういった人がプログラミングに向いているのか、もしくは向いていないのかという点については、この投稿では特に言及しない。

この投稿プログラミングに向いていないのにやらざるを得ない環境にいて無理をしている人に向けて書いている。

自分高校時代の友人が仕事プログラミングを始めたけど、ボロボロになって仕事を変えるという姿をいくつか見てきた。以前の職場にも、経験者として入ってきてはいるが、向いてないなあと思うような人物を何人か見てきている。また、大学在籍時にTAとしてプログラミングを教えた経験上、向いていない学生というのも多く見てきた。この記事では、そういった人たちがプログラミングを諦めて他の道へ早く進めるように、私の意見を書き連ねていこうと思う。

こういった人々がプログラマとして多く採用されている環境では、本当に優秀なプログラマというのが少ないので、以下に書き連ねるような問題点はあまり可視化されてこない。ただ、こういう人が集まってプロジェクトを進めている環境では、プログラマとしての仕事は全員にとって辛いもののように思える。仕事は難解だが、納期関係残業が多くなり、精神を擦り減らしながら仕事を進める。反して、プログラミングに向いている人にとってプログラムを書く仕事というのは、美しいプログラムを書くことで自己肯定感を得ることができるという点で天職なのである

私の経験

プログラミングに向いている人は、簡潔なコードを短時間で仕上げてくる。読んでいて疑問に思いそうなところに対しては適切にコメントがなされていて、システムデザインも適切である

対して、向いていない人は時間をかけて煩雑コードを仕上げてくる。本人も「動けばいいや」程度の意識しか無い(私の推測だが、時間がかかっているので次の段階へ進むことしか考えられていない)ので、コードは読みにくく、洗練されていない。

こういった傾向は私が観測してきた範囲内でのことでしかないのかもしれないが、おおよそ一般的に当てはまると考えている。これを前提にこの先の内容を書いていくので、納得などをできない方はここで読むのをやめてほしい。それでは、向いていない人のもたらす問題点について書いていこうと思う。



生産性10倍以上違う

向いている人のコードシンプルであるがゆえに、バグが入り込みにくく、コードレビューもすんなりと終わる。対して、向いていない人はコードを仕上げるまでに時間がかかるだけでなく完成度も低いので、レビュー段階でコメントが付きやすく、多くの修正必要になってくる。また、コード自体煩雑になる傾向が多く、そういった部分にバグが混入しやすい。

向いている人にとっては早く問題なく終わる仕事が、向いていない人にとっては時間がかかり、不確実な結果を出すことになりがちである

他人に任せた仕事アウトプットを見て、自分実装していたらもっと上手く速く出来ると思うことは稀ではない。実際にバグが混入して対応する可能性、コードレビューにかかる工数、そういった点を考慮すると、生産性10倍以上違うのではないかと思う。

周囲との兼ね合い


正直に言うと、プログラミングに向いていない人が書いてくるコードは見ていて辛い。仕事場合、そういった人の書いてきたコード100%美しい状態に達していなくてもマージせざるを得ない場合もある。私は整ったコードだけをマージしたいのだが、コードレビュー時間がかかるほどマージコンフリクトが発生しやすく、他の変更との競合も発生しうること、また全体の納期の兼ね合いやタスク依存性を考えて、早くマージせざるを得ないという状況になりやすい。

こうしてコードベースが汚くなっていく。

簡単に言うと、向いている人の場合は「成果9:技術負債1」程度で変更を加えていくのに対し、向いていない人は「成果7:技術負債3」程度の変更が最初コミットされ、この段階での技術負債割合を減らすためにコードレビューをじっくりしていく程の余裕が無い場合が多いということだ。もちろん、これはプロジェクトの内容に依存するということは言うまでもない。

そして、途中から入ってきた優秀な人材コードを見て萎えるのである。「いや、僕もその辺のコードはあまり良くないとは思っているんだけど、事情があってね」なんてことを苦笑いしながら、説明とも言えない説明をすることになる。

向いている人がコードを書けない

向いていない人がプロジェクトで多くなってくると地獄である本来、簡潔で完璧コードを書ける人がコードレビューをする側へと回らざるを得ない状況になってしまうからである本来コードを書くことに専念した場合に、向いていない人と比べて10倍の生産性を発揮する人材が、数人の向いていない人を管理することに忙殺されてしまうのである

結果として、プロジェクト全体での生産性は落ちる。

まとめ

しかしたらあなたの周囲にはいいかもしれない「デキるプログラマー」に任せれば、あなた仕事は一瞬でより美しく完成させられます。出来ない人は精神と肉体を擦り減らしながらプログラムを書いている傍ら、本当に出来る人たちは楽しみながら完璧コードを仕上げていきます

無理してそこで働く必要はあるか?向いていないのであれば、新しい仕事を探した方が身のためだ。特に1020年先のキャリアを考える上で、あなたの輝ける未来は今のレール上には無いのではないか。今は目の前の仕事忙殺されているかもしれないが、これを機に考え直してほしい。

プログラミング素養

初めてプログラミングに触れたのは小学4年生の時。

Flashゲームを作りたくてアクションスクリプトの本を買ってもらったんだけど、本の通りに書いてもエラーが出て動かなかった。

今になってみると何故動かなかったのかの見当がつく、セミコロンコロンを打ち間違えてたんだ。

もし最初の本が初めてプログラミングに触れる初心者向きで、それこそ変数とは?関数とは?どんなことに気をつければいいのか、というところから一歩ずつ書いてある本なら投げ出さずに済んだかもしれない。

大学に入ってからJavaScriptPHPを少し触るようになった。

小学生の時の挫折があったからなのか、周りの学生よりも多少理解が早かった。

エラーが出たらエラー文でググる、がこの時の私の対処方法だった。

カッコの閉じ忘れや変数名間違いで数十分悩むこともザラだった。

しょーもない間違いを積み重ねていくうち、なんとなくエラーの原因に見当がつくようになってきた。

でも意味のわからない記述は全部おまじないだと思ってた。

他人コードを見ても、どこまでが元から用意されている機能で、どこからがこの人が新たに定義した何かなのかがわからない。

上手な人のコードは簡略化されすぎてて、私にはまるで理解できない。

JavaScript関数の書き方が何通りかあって、それぞれの違いがよくわからなかった。

困るのは見たことない書き方を見てもそれをググれないこと。記号が入り混じってて検索ワードとして成立しなかったり、そもそもプログラミングやってる人からしたら常識だったりして、わざわざ空は青いですよ、みたいな分かりきったことは書いてくれてないのだ。

たまたまプログラミングの得意な先輩に教えてもらう機会があって、色んなことを教えてもらった。

例えばツール

閉じ忘れや変数名間違い、全角スペースで数十分悩む必要は無い。だってツールが教えてくれるから…。

それまでメモ帳に毛の生えたようなテキストエディタを使ってたんだけど、SublimeTextとかVS Codeとか色んな選択肢があることを知った。すごいんだよ!コードを補完してくれる機能があったり、閉じ忘れてると教えてくれたりするの…。

こんな便利な関数があるよ、それは古い書き方で今はこんな新しい書き方が主流だよ、とか。

インデントは揃えようって口を酸っぱく言われた。確かに揃えた方が読みやすいよね。

エラーが出た時の対処方法自分とは違ってた。そうか、これ、原因になる行がエラー文に表示されてたのか…。

あとコンソール!何はともあれコンソール

どこまで値を渡せてるのか順番にコンソール出して確かめればいいって発想が自分に全く無かった。そうだよね、どこで失敗してるかわからないものね。

んで、就職して社会人になったわけだけど、コードを書く機会はほとんどない。あ、いやたまにある。ランダムおみくじを表示させる程度のものとか。

あとは趣味簡単ミニゲーム作ったりもする。

プログラミング、まあまあ好きだと思う。

でも自分にはその素養が無いって常々感じる。なんか根本の考え方が上手な人と全然違うみたい。

初心者エラー文読まない、読んでも見るだけで理解してないのはガチ

どうやったら上手な人と下手な人の溝が埋まるんだろう、ってたまに考えるんだけど、

人間やっぱ得手不得手ってあるよね。

かに教えて貰わずともボール蹴るのが上手な人も居れば、教えて貰っても下手な人もいるわけで。

でも学校の体育ってやり方教えてくれないよね?

跳び箱ぐらいかな、コツ教えてくれるの。踏切位置や手をつく位置、あれを上手くやれば高い段もするんって跳べる。

そういえば高校プログラミングの授業でもコツとか教えて貰わなかったな。

もうただ単純にこのコードを書いてくださいね、書きましたか、動きましたね、はい終わり。みたいな。

2018-12-25

普段〇〇観ない私でも楽しめた!

こういう評判が集まる作品、実際見てみると大して面白くない。最近だと「よりもい」か。

普段〇〇観ない私」って単に感動の閾値が低いんだろうな。それはいいことだと思う。

その素直さが「よりもい」とか「SHIROBAKO」を楽しめる素養なんだと思う。

いい年こいた大人でも楽しめるアニメちょっと自己啓発的なノリを含む、リアルっぽいドラマ

映画でもアニメでも実写でもいい。

映画特有アニメ特有、実写特有の良さなんて「普段〇〇観ない私」にはどうでもいい。

感動できる、元気になるストーリーならなんでもいい。

フィクションが役立つ場面なんてそんなもんでしょ?」

そういう反論をするのが「普段〇〇観ない私」。

2018-12-23

anond:20181223230603

もし素養があるなら思想宗教哲学おすすめする

文学に触れてない人だと読み進めるのが厳しいかもしれんが

大拙の禅に関する著だとかウィトゲンシュタインだとかがもしかしたら君を救うかもしれない

2018-12-12

医学部の加点問題で思うこと

根本にあるのは、医者必要素養は、国語算数理科社会よりも、劣悪な労働環境でも働ける体力、って思ってることなんだと思う。

男より女のほうが体力があるかどうかは別として。

浪人生より現役生のほうが体力があるかどうかは別として。

知識後天的に補えても、そればっかりは才能なんだろうし。

だって知識はあるが虚弱不器用って医者に手術されたくないし。

2018-12-11

anond:20181208201423

そもそも誰でも簡単に全部理解できる作品を作者が目指してないし、それだったらこんなに長くヒットしてないよ。

音楽でも文芸でも絵画でも映画でもそういう通向け、みたいのあるじゃん

オタクあんまり関係ないと思うけど、SF的な素養があれば「ああ、ネットに保存した人格が色々な体に入って好き勝手してるのかw」って感じでざっくりは分かる。

それはそうと、分かる事しか書いてない作品って読んでておもしろい?

2018-12-09

anond:20181209190720

ありがとう、調べてみたけどいろいろあるな🤔

絵描き素養みたいなのってどこかで必要そうだけど、ないなりに試してみようかな

2018-12-06

少女趣味】と聞いて

ロリコン!」と脳内変換したあなた

間違いなくロリコン素養があります

すぐネットから離れてましょう!

本来意味は「20代女性が、年齢にそぐわない

 少女向けコンテンツインテリア、服を好む事」です。

2018-12-05

anond:20190110142434

はてなーって、偉そうなわりに全然数学をわかってないよね。

大半の人にとって、数学適当に覚えて使うもので、理解するものではないらしい。

少し前に話題になった、「円周率=4の証明」。

http://b.hatena.ne.jp/entry/originalnews.nico/148297

ブコメがたくさん付いているが、そもそも、この証明の主張を理解している奴が少なすぎる。

上記記事を読んだとき、次の事項を理解した奴はどれだけいるんだ?

  • 上記証明では、半径2の扇形の弧を二次元平面上の点の集合Aとして捉えている。
  • 円弧上に n 個の点を取ったとき青色の折れ線を集合 An と表すと、確かに An → A (n → ∞) が成り立つ。

まり、「青色の折れ線が赤色の円弧に収束する」は真である

ここの収束性については何ら問題ないんだよ。ε-δとか言ってる奴は全然わかってない。

これは集合列の収束であって、数列の収束とは明確に違う。

動画でも、「n → ∞のとき青色の線分の集合は……等しくなる」と書かれており、作者は明らかに集合列の極限を考えている。

問題は、長さの収束についてどう考えるかだ。次の事項をおさえる必要がある。

以上より、「円周率=4の証明」で誤っているのは次の点であることがわかる。

  • 証明では、「An → A (n → ∞) ならば μ(An) → μ(A) (n → ∞)」という極限操作の順序交換を (暗黙に) 行っている。
  • このような極限操作の順序交換は無条件に行えるものではなく、今回の場合は順序交換が不可能である

極限操作の順序交換に関する議論一見直感に反するような例も多く、これを正しく理解するには、比較的高度な (抽象度の高い) 数学に慣れ親しむ必要がある。

ブコメを見た感じでは、上記の内容を理解しているはてなーは片手で数えられる程度のようだった。お前ら偉そうな癖に全然数学わかってないんだな。

なお個人的に、「円周率=4の証明」は、大変わかりやす問題設定であるにも関わらず、これを腑に落ちる形で反証するためには高度な数学素養要求するという意味で、極めて秀逸だと思う。

2018-12-03

キュアアンフィニとキュアゴリラと俺

繊細で、陰湿で、幼児的で、良い歳して毎週日曜日八時半にテレビに向かう大きなお友達自分語り増田に聞いてほしい。

そうだな、俺はプリキュアになりたかった。

性自認がどうとか、性指向どうとか、そういう話でもないし、素養もない。

ただ、プリキュアになりたかった。

両親もよく呆れずに付き合ってくれたと思う。

クリスマス誕生日プレゼントバンダイおもちゃ、寝間着はプリキュアパジャマお菓子は全部プリキュア、帰ったら衣装を着て鏡の前だ。

勿論全て親が買ってくれたが、足りない小物は自作していた。

休日家族で出かける場所といえばプリキュアショー一択だったし、よく最前列で「がんばえー!」と声を張ったものだ。

休み時間の過ごし方というと、同年代女の子プリキュアごっこ彼女たちがプリキュアから「卒業」していくと、低学年の女の子プリキュアごっこに興じるのが常だった。

当然、小学校の高学年にもなると酷いいじめが始まる。

プリキュアになるにしても、若宮アンリのようなスタイルの良い美少年なら良かったが、生憎俺は類人猿顔のド短足だ。

美墨なぎさに憧れて、髪を伸ばそうとした時期があった。でも酷い天然パーマがそれを邪魔した。

酷いいじめ、外見と理想ギャップに苦しんだ俺は、中学に進む頃にもなると、立派な醜いオタクの子に成長を遂げた。

熱暴走していた「プリキュアになりたい熱」は強制スクラムして、前々からやっていた女児向けアーケードゲームにずっぷりハマるようになった。

中学校は、行くのをやめた。

行かなくなるまでにも色々あったけど、今は関係ないだろう。

学校には行かずともゲーセンには欠かさず通った俺は、通信制高校を経て、私立Fラン大に自己推薦で入った。

今も、毎週日曜の朝八時半にテレビの前に座ることは続けている。

地デジになって、10チャンが5チャンになっても、プリキュアを、プリキュアになりたいという気持ちはずっと持ち続けている。でも、ひどいコスプレはやめた。

HUGプリは面白い。間違いなく。

若宮アンリというキャラクターの登場はプリキュアシリーズの中でもエポックメイキングだろうし、俺は彼の登場を好意的に受け止めている。

契機は19話だ。

池の平ホテルの「男の子仮面ライダー女の子プリキュア」というCM放送後に炎上したのも記憶に新しいが……

その回に登場する、恐らくは抑圧を象徴するキャラクターとして形作られたであろう、愛崎えみるの兄、愛崎正人に対して妙な親近感を感じたのだ。

らしさ、というのは重要だ。俺はいくら類人猿の顔をしているとはいえブサイクを見るとブサイクに感じてしまうし、類人猿顔は類人猿顔だし、オタク顔はオタク顔に見える。女は女だし、男は男だ。

人は生まれ持った「らしさ」で生きればいいし、「らしさ」の枠を飛び越せるのは、若宮アンリのような才溢れる美青年くらいのものだ。

自分の心に制限をかけるのは人生のムダ?

そうだな、君にとってはムダかもしれないけどな、俺は人生の大部分をムダにして、らしさに従うのも「賢いやり方」だというしょっぱい教訓を得たさ。

僕は僕の心を大切にする、君は君の心を愛せ?

分かったよ!若宮アンリくん、頑張ってくれ!君は若宮アンリだ!

俺は俺の類人猿らしさで頑張るよ!

彼の振る舞いにはそれに裏打ちされるだけの才能と、美貌と、それに裏打ちされた芯の強さがある。

翻って、俺はどうだ。

プリキュアになることをやめ、のうのうと生きている。悪いくせみたいにダラダラとプリキュアを見続けている。

ひどい人生だ。

俺は若宮アンリと、彼に感化された「少数者を自認する人々」が、正直よくわからない。


そして昨日の42話だ。

増田プリキュアフリーク達は、「キュアゴリラ」というプリキュア戦士を覚えているだろうか。

お笑いコンビFUJIWARAが出演した、スマイルプリキュア!17話以来、俺は原西孝幸さんが好きになって、彼がプリキュアについて語る番組殆ど見た。

「あれ、大きなお友達ってさ、ご法度の裏街道を歩く渡世、天下の嫌われものなんじゃないの?」

そうだ。俺はゲーセンでコソコソと女児なす列に並び、プリパラED差し替えでニチャニチャ笑い、ネット陰湿に笑いを共有しようとする徒であるまとめサイトコメント欄とかでね。

原西さんは娘さんの影響でプリキュアにハマった、ということらしいが、低身長低学歴収入類人猿が、家庭を作るなんて逆立ちしたって無理だ。

彼は大きなお友達であることを隠しもせず、プリキュアを芸に取り入れて人々を笑わせている。

そうか、俺は類人猿なのにキュアゴリラにもなれないのか、という落胆と、自分に対する失望けが残った。

そのキュアゴリラが、若宮アンリプリキュアへと変身するシーンで現れたのだ。

男の子でもプリキュアになれる、というより、結局若宮アンリがキュアアンフィニに足るものを持っていた、原西さんがキュアゴリラに足るだけの何かを持っていた、というだけじゃないのか?

ステレオタイプに従って生きるというのは、そんなに悪いことなのか?

プリキュアシリーズ共通するテーマである個性志向を互いに認め合い、共生していくという取り組みは素晴らしいことだ

しかし、これといった特別な自認も、指向も、笑いの才能も、フィギュアスケートの才能もない、マジョリティの最低層にいる一介の大きなお友達が俺だ。

そうだな、俺はプリキュアになりたかったんだ。

なあ、増田FUJIWARA原西、若宮アンリ、教えてくれ。

俺はどうやったらプリキュアになれるんだ?

誰か教えてくれ。

2018-12-02

実習生を救うための対案はなに?

奴隷だって言うけどさお前らの生活を支えてるんだぞ

実習生を利用しないなら当然その分のしわ寄せが他に行くことになる

サービス業は当然回らなくなる

コンビニ外食チェーンも終わり

当然、生産も大幅に下落して欲しいものが手に入らなくなり価格も高騰

貧乏人は麦で食いつないで、良い食べ物中国ダンボール肉まんになる

対案を示さずに実習生を単に無くしてしまえというのはそういう未来をお前たちは望んでるってことだ

違うなら当然対案を示さなくちゃいけない

貧乏人を殺すのは屁でもないけど、実習生なんてやめてしまえってか

お前らみたいな経済を考える素養もないゴミクズ発言権与えてもろくな事ねーな本当

生きてる価値ないだろ

anond:20181201155849

20年前の自分と似てる。大学は渋る親と交渉して現役国公立のみという縛り、学費以外はびた一文出してもらえずバイトに明け暮れ、

ギリなんとか卒業はしたけど氷河期内定ゼロ。2年ほど病んだあと某専門職養成学校通って

人気就職ランキング一桁の会社バイトで潜り込んだ。そのあとは増田と同じ状況。

育ちも素養経験地頭も違う山猿のような自分にみんな優しく接してくれたが結局いたたまれなくなって5年で退職

5年いた経験で同じ業界のちょいランク下の会社に入れた。社外で知り合った人と結婚もした。その人も専門卒。

まったく別業界下方婚だったけど、その後彼の才能が世間に認められて生活は安定、子どもも産んでまだ仕事は続けてる。

増田派遣がどういう仕事をしているかからないけど、補助的な仕事ではなくて、専門的な仕事ができるようになれば色々変わると思うよ。

2018-11-30

anond:20181130164103

意見ありがとうございます

ちょっと話はずれるけど、「一覧化されたものさえ確認しない」って事実を本人や周囲とで認識を合わせた上で「ちょっと酷くない?」って言うなら、より正当性が高くなると思うんだよ。「相手能力疑問視する」っているセンシティブ話題から、譲歩して譲歩して証拠を集めた上で発言しないと、今回みたいに自分けが割りを食う結果になってしまうと思うよ。

上記特におっしゃる通りだと思います

正当な言葉の伝え方があること、本日認識させられるばかりです。

若干、決定事項に対して改善要望レスチャットでつくこともあるため(チャットルール遵守させるのも至難です…)

全一覧化が全くの無意味とは思いませんが、管理コストに見合った成果を出せるのか、

繰り返しになりますが本人の素養という認識です。

とりあえずエクセル管理して、それでも同様のことが起これば現実世界では我慢しでここで盛大にぶちまける所存です。

ますは経過観測します。

anond:20181130161950

大手SIer勤務(最近話題のNです)で、当時全てエクセル管理でした。

仕事しているより多くの、50名ほどの人間管理する立場におりましたが

エクセル記載したことRedmine記載したことも、見ない人は見ません。

ツールではないのだと痛感しております次第です。

本人の素養です。

チャット流れるし、エクセルは縦に長く伸びてゆくだけです。

スクロールだけであることは変わりません。

というのが持論ですので、エクセル管理有用さには懐疑的です。

2018-11-20

anond:20181120174955

ベーマガに載っていたコードを書き写してはゲームをしていたあの頃、写し間違えると動かないのが悲しかった。

プログラミング素養がそれほどない上に、peek, pokeとかなじみの無い命令を使われて全くコードが読めてなかったから、丸写ししか無かったしね。

2018-11-18

anond:20181118095342

身体を動かす超基本的な連動性みたいなのって若い頃に身につけておかないと身体全然馴染まない

将来的に例えば健康のためにとか楽しみとしてスポーツやりたいってなっても

全然こちない動きしか出来なくて自分がっかりする可能性はかなりあるとは思う

まぁ学校の体育のやらされる運動で嫌な思いしてスポーツ運動全般を遠ざけてしまうのは気持ちは分かるけど

普通に勿体ないよ

運動ができないことで不利益を被るっていうのが学生時代特有経験だったことがわかる。

これは全然間違いで運動なんて出来ればできるほど社会で得に決まってる

結局人間リソースなんて時間と体力だからね、わかりやすく早く走れないと評価が低いなんて単純なものではないけどね

それに人間の仕組みとして運動すると快楽物質がドバーと出る仕組みになってる

運動しないのは健康そもそも悪いでもそういう素養子供の時に身につけてないと大人になっても急には出来ない

体育教育自体を見直すのはありだと思うけど選択性で一切選択しないでOKってのは反対だな

人間身体を持ってる限り運動能力はあればあるほどいいのが当然なので最低限のとこを身につけさせるってのが教育役割として正しい

2018-11-17

ひょっとし経営って誰でも出来るんちゃう

だって一族経営とかあるわけだろ?

何の素養もないのに家族ってだけで経営やってなんとかなってるところ腐るほどあるやん

まり会社ってのは成長させることが全てであって、あとは誰でも出来る

たまにくる不況を乗り越えるときだけ工夫すりゃええ

そういうのことなんじゃないの?

2018-11-10

俺はヲタクと認められたくて少ない時間アニメを1クール10本近く見て

見てないアニメでも情報集めたりして、昔のアニメもみて、観たことあるアニメも見返したりして

それでも足りないと映画やら漫画やら、色んな知識を集めて、ヲタクとしての素養を高めようと

日々努力してるのに、

ヲタクを知らない奴らは簡単に「オタクは~」とか言う。

非常にうざい。


学生時代に弓やってたっていったら

「えwww弓やってんのwwwじゃあアーチャーじゃんアーチャーwwww」

とか言ってきたウェイ系の自称オタク野郎と同じノリだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん