「同義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 同義とは

2017-11-23

anond:20171123094529

勝手な切り分け方だ!とかキチガイバカが喚いてるけど、脅迫罪だってキチガイバカをころします」では成立しないが「キチガイバカ増田くんをころします」では成立するぞ。一般的な法知識もないバカが喚いてるのだとよくわかるな。アダチは勝手に「日本とは日本国民内包していて日本国民にも死ねと言ってるんだ!」とか頓珍漢なことを言っていたが、その世界観でいくとアイツは朝日新聞社死ねという発言をしてるのと同義なんだが、ネトウヨキチガイバカ特定可能個人に対する死ねを許容するわけだな。さすがっすわ~沖縄マスゴミは~とか喚いてるけど、知らんがなの一言だわな。その個人攻撃とやらの事例と今回の事例はまったく状況も情報文脈も異なるのに、個人攻撃という一点のみでおなじフォルダに入れるバカ差異をまったく見出さない雑な認識しかできないバカなんだなぁという感想しか無いわなw

2017-11-22

anond:20171122145050

不可能」ではなく「困難」な。

可能になった時点で困難であると見なされなくなり、「そもそも悪魔の証明ではない」と見なされるので、それが「悪魔の証明」と見なされている間は「不可能」と同義にはなるが。

はてサ定義厨の大量涌きは痛いところ突かれた証拠

anond:20171122000259

案の定はてサ定義厨が湧いてきてる

ネトウヨ定義厨がめったに沸かないところを見ると、はてなはてサ悪口を言われるとムキになって反論するやつが多いということなのだろう

はてサ定義がどうであれ、普段サヨク臭いこと言ってるumetenがいざとなればとてつもない差別主義者・レイシストであるということには何の変わりもないのだが、

その点にはカレースルー

Cunliffeとかも酷いしなあ

firstbento、

agricolaの皮肉ばっか言ってる陰湿さも看過し難い


まあはてサ定義ガーとか言うのが大量に涌くときは、

批判されていること自体言い逃れができないから完全に無視して定義に逃げているのと同義であるという事例がまた一つ積み重ねられた

anond:20171122112833

暴力政治的に正しくないのは、端的に言えば生存が脅かされるからでしょ?

セックスをしない・子供を産まないのも、共同体においては人間の数が増えないという意味ほぼほぼ同義だと思うんだけど。

2017-11-15

はてブ政治談義て10年遅れだよな

政治記事ブコメ見る度、はてブ政治クラスタって遅れているなあと思ってる

特に増税貧困対策

学校無償化保育園増設みたいなのっておそらく90年代、遅くても00年代にやらなければならなかったことで

今更言っても手遅れすぎない?ってことだと思う

やらないよりマシだろ!って言われるかもしれないけど

ぶっちゃけ庶民が実感できるレベル利益はなさそうだよね

もっとも深刻なのは財源問題で、政治家官僚の中ではおそらく諦念がでてきている

貧困対策研究者投資も金があればいくらでもできるけど、そもそも「遂に金がねえ!」って時期にきてるっぽい

民主党政権前ぐらいの麻生総理時代政治家も呑気に

国債なんて右のポケットから左のポケットに移すだけ!」(麻生談)

埋蔵金はありまぁす!」(民主党)

とか言ってたけど、民主党時代にそれは間違いってことが広がっていって

政治家連中もついに「都合のいい財源も手法も何もないわ」って共通認識ができきたっぽい

増税は不人気政策から政治家は避けたかったんだと思うけど

それが絶対無理ってのがわかったのが2010年前後じゃないか

はてブ界隈は未だに「増税をするから経済悪化するんだ!頼んだ枝野!」みたいな人が多くて驚く

ちなみに数兆円の大型補正予算は毎年のように組んでいる

経済成長が3%達成できても赤字が残るってレベルだが

その上で高齢化による医療費の増大はまだ終わってない(高齢化率はまだ最高に達していない)

僕が調べる限りまともな学位を持っている政府に近い経済学者(ハーバードとかスタンフォードとかの日本人博士)とかは「増税しかねえじゃん?」

みたいな意見を言う人が多くて、割りと無責任個人ブログとかは増税絶対悪インテリバカみたいな意見をチラホラ見る

増税の規模だけど「消費税25%」ぐらいまでが様々な学者政策立案者達の目安になっているようだ

からそこまでは割りとサクッと進むと思う

実際に消費税10%の後を言い始めている記事もみかけた

それだけ日本の使っている医療年金が莫大ってことなんだろう

ただここ3年ぐらいで政治家筋の財政認識はもう共通的になってて

安倍総理でさえちゃんと増税を達成する予定のようだ(一回はもうやったし)

口も頭も軽い麻生財務大臣財政に関しては軽いことを言わなくなったしね

最近は少しマシになったけど、一昔前は国債なんて日銀に全部引受させればOK

1000兆円札をスればOK!みたいな個人ブログコメントが山ほどあった

(それは庶民生活完全破壊同義であるというのがここ数年で理解が進んだらしい)

少し遠慮がちになったのがはてブ界隈にはびこる

根拠はないけど増税しなくていいんじゃね?(ハナホジー」

みたいな意見である

夢物語もいいとこだ

しまともな学位ありの日本人経済学者増税はしなくてもなんとかなるって言っている人がいたら紹介してほしい。

個人としても知りたい

三橋貴明高橋洋一以外で頼む

彼らはそれがビジネスから

2017-11-11

産後の手伝いって

来られる側からしたら繁忙期に本店から応援と言いつつ査定しに来られるのと同義だわ。

あれこれ口出しされたりしたくもない雑談に付き合わされるんだろうな。

他人の手伝いが必要ならしがらみの一切無いヘルパーさんの方が100倍マシだっての。

2017-11-09

anond:20171109155457

共通しているということは、やってることは同じ と同義なのではないでしょうか。

anond:20171109130950

わかりました。「虚しい」と思ったこと、書いたことはさすがに度が過ぎていました。

文章力の向上」も「日本語文法再確認」も、同じ「自分日本語能力に良い影響を与えるもの」として、同義として語るべきものだというのも同意します。

おそらく、私の本の読み方が特殊なんです。

私は文章を読むとき、その文章がどういう意味を表しているかと、その文章がどう組み立てられているかの2つを受け取って、面白いと思ったりつまらないと思ったり感動したりします。

その片方が存在しない読書は、味気ないものではないかなと思うのは事実です。

文章力の向上」がそれによってもたらされるのは目的ではなく、読書を楽しんだ結果の賜物だと考えています

たとえば、

小説ストーリーを読み解く能力のことを「読解力」と呼ぶとして、勿論、読者は高い読解力を得るために小説を読むわけではないはずですが、結果として読解力は身につきます

私にとって、「文章力」は、本を楽しんだあとに結果として得られるものと思っています。つまり、本が面白かったというとき、「文章力」が向上するのは自然なことであるべきだという考えです。

これを目的(それの達成を意識して目指すもの)として扱うのは、さすがにそれは、私は同意できません。

変な喩えですが、「この本、ストーリーはぜんぜん理解できなかったけど、5万字もあった。面白かった」という意見に感じるものと(さすがにここまで極端に思ったりしませんが)、私が感じたものは近いです。

なんにせよ、私が特殊というか、神経質すぎるのだと思います

今回は、長々と付き合っていただいてありがとうございます

2017-11-08

さんりようこが男なら

女なんてこの世に一人もいないのと同義なんだが?

2017-11-07

筑波大を批判することは

c_siikaを批判すること同義だとわかってんのか

2017-11-06

https://anond.hatelabo.jp/20171106110624

学生時代いじめなんて本当に短絡的で、パッと見キモいとかでなりたつから

キモいっていうのは、「弱い」と同義みたい。態度が弱々しかったのか、身体がひょろひょろしてたのか、顔つきに力が無かったのか。それはわからないけど。

文章見る限り、改行せず書きまくっちゃうところとか、TPO読む力も弱そう。

色々言っちゃったけど、応援してます。がんばって。

新規事業立ち上げ」の中途採用求人が多い理由

理由は単純。新規事業は失敗確率が高いから、手塩にかけて育てた幹部候補に任せると彼等の顔に泥を塗る可能性が跳ね上がり、退職リスクが上がる。それは経営の損失だ。

から新規事業中途採用者に任せる傾向がある。失敗したら辞めてもらえばいいから。育ててないので損失も少ない。

大手企業中小もこの傾向は変わらない。日本イノベーションが起きない理由の1つと言える。

これは逆も真であり、もし新卒で入ったにも関わらず新規事業担当になったとしたら、リストラ候補生になったと同義でもあるのだ。

2017-10-28

anond:20171028071755

子供といたいんならそうしたら良いんじゃないかと私は思う。

私の母は若いバリキャリで私含む三人の子供たちを祖母に丸投げして夜遅くまで働いていた。

母はおそらく仕事だけでなく子供たちも大好きだったろうし私も母が大好きだったけれど、そのうち私とも兄弟達にとって母は「いないのが普通の人」になってしまっていた。

特に、長子で最も母に世話をされていない私にとって、母なる者は側で面倒を見てくれた祖母だった。

母は私が七歳位の頃家庭に帰ってきた。というのも祖母が大病を患い育児家事殆どできなくなってしまたから。

母の帰還当初、私と兄弟達は母を歓迎したけれどもすぐに母の事が鬱陶しくなり、母子間に軋轢が生じた。何故なら母は私達の事を長い間見て来なかったので、母の中で私達はずっと赤ちゃん同然だったからだ。

子供は七歳ともなれば広い外の世界に踏み出し親の知らない世界を持っているものなのに。

はいっても子供は案外ながくに親を心の支えとして必要としているものだ。

だが、私にとって母とも言うべき祖母は、家事育児引退すると急速に認知症が進み数回に渡る脳梗塞脳内出血によって人格崩壊人間の姿をした人間ではない何かに成り果てた。

私にとって祖母を失うという事は母を失うと同義であるのに、周囲は事の重大さを全く気にもとめなかった。何故なら実母が生きているからだ。母がいつの間にか母親ではなくなってしまっていた事に、誰も気づかず、私は静かに壊れていった。立ち直るのには長い時間を要した。

ひと度母としてのあなた子供さん達に刷り込んでしまたからには、できる限り長くあなたは母として子供さん達に寄り添っていて欲しい。私の母の様に知らず知らずのうちに母を降りてしまったり、私の祖母の様に早くに子供達の前からいなくならないで欲しい。

仕事すると仕事一辺倒になってしまうならよく考えてね。

2017-10-24

人権カルト宗教みたいなものというのは、まさにその通り

https://anond.hatelabo.jp/20171024075235

批判対象として話題になっていたエントリー批判も正しいと思うのだけど、自分が気になったのは本題ではなくて、「人権とか言うのは、カルト宗教みたいなもの」というフレーズ

これは、すごく大事ポイントだと思う。

人権とか民主制とか、信じてない人から見れば、カルト宗教みたいなものなんだってこと。

人権とか民主制を軽視している人が、しばしば「保守」を名乗るけれど、彼ら<も>、人権とか民主制は、「科学的」あるいは「普遍的な」ものだと勘違いしている。勘違いしているから、人権とか民主制批判しても、それに近いものが、社会を支えてくれると思っている。

でも、そうじゃない。人権とか民主制は「カルト宗教」みたいなもので、みんながその価値を信じることにしか基盤がない。みんなが「そんなもの大したことない」と思い始めたら、いつでも崩壊する。

そして、この点において、実は左翼とかリベラルとか言われる人たちも同じ問題を抱えている。人権とか民主制が、「科学的」あるいは「普遍的な」ものだと勘違いしているから、その価値を受け入れない人の立場が分からない。そして、対話が成立しない。

大事なのは人権民主制も「カルト宗教」だということ。脆く、儚いものだということを、認めることだと思う。

//////

あと、別件だが、「リベラル」という概念と、国際問題安全保証問題につながっているのは歴史的には正しけど、現時点での政策問題としては分けるべきだと思う。

たとえば、自分は「憲法にかかれている国民権利に条件を付けろ(論理的には、普遍的権利としての基本的人権廃止せよと同義)」という意見に反対だし、それが「リベラル」のもっと典型的な主張だと思うのだけれど、一般的に「リベラル」という言葉が指しているものは、それよりもかなり広い。

国際政治について言うと、論理的には、「リベラルであることは、「侵略戦争批判されるべき」ということまで導く。論理的とまでは言わないけれど、慰安婦問題見直し論とか、歴史修正主義かに批判的な立場になることも、「リベラル」の帰結として自然とも言える。

ただ、9条をどうするかとか、米軍基地をどうするかとかは、リベラルかどうかとは関係ない話で、リベラル立場から9条の維持、廃止議論はできるし、リアリズム立場から9条の維持、廃止議論ができる。実際、日本は、「民主主義価値観世界に広めるために、世界最強の軍隊を持つべき」という立場(だった)国と友好的関係にあるわけだ。

リベラル」ということで、こうしたリベラリズム中立的であるはずの問題にまで、特定立場を取っているとみられるのは、「リベラリズム」にとってマイナスだと思う。

2017-10-23

anond:20171023104915

ベーシックインカム弱者救済ってのが間違い。むしろ逆。

社会保障給付の一元化とは、弱者重点給付放棄同義

所得税率の一本化を格差是正と言うようなもんだ。

右翼」「左翼」「ネトウヨ」「嫌韓」辺りの言葉

はふわっとしてるけど、時代文脈考慮すれば大体どういう人らを指すか分かるから、まぁ今後も使っていきたい。

最後の2つはほとんど「2chまとめしか見てないバカ」と同義だけど。

戦後すぐの頃は共産主義者天皇制反対の民族主義者みたいなのも居たらしいけどな。

2017-10-19

https://anond.hatelabo.jp/20171018031309

新入社員女子は「会社に全く取り合ってもらえなかった」

と感じただろうよ。

>>Aには相手にしなければいいのではないかと伝えた。

メンターから良い関係を維持しなければいけない。女子が弱い立場

>>今の仕事が続けたいなら我慢してもらうしかない、

続けたい「なら」って脅しだよね。「やめたら?」と同義

>>どうしても耐えられないなら君の異動を検討してもいいとも譲歩した。

譲歩した、って・・・

不当行為があった被害者側に、加害者側の会社が「譲歩する」とはなにごとか。

2017-10-14

https://anond.hatelabo.jp/20171013224250

うわーこれはめちゃくちゃもやもやするな。ずっと引っかかっちゃう。というか友人が何故そんな事したのか

意味がわからない。片方に同じ物あげてるのに増田に共同であげるって実質増田に何もあげてないのも同義じゃんそんなの。

かいことって書いてるけど全然細かくないよ、少なくとも三人一緒の場でそれやられるのは友人の神経疑う。

他の方も書いてるけどどこか舐められてるってことはない?普段些細な事で増田だけ扱い悪かったりという事はないの?

友人が性格良くてあっけらかんとしてるタイプ普段普通に優しいのであれば、ちょっと頭が足りないだけだと思う。

でも意地が悪いタイプだったり、友人に優劣つけたがるようなタイプであれば、わざと増田を傷つけてる事もあり得ると思う。

でもこういうの言い出しづらいよね、自分が心狭いと思われるかもとか、今後の付き合いに響くなとか考えてしまうよね。

かと言って言わずに溜め込んでも遺恨が残る気もする…。もしかしたら相手に何か事情がある可能性もあるから

重くなりすぎないように「寂しかったなあ」と話してみるのもいいのでは…?

2017-10-09

政治庶民感覚

って経営に平社員感覚をってことと同義だよね

潰れるだろ

2017-10-06

anond:20171006212157

「なんでみんな最低でもMARCHぐらい行かないの不思議」と同義

やれよ、勉強

2017-10-04

anond:20171002002200

”何度も書いてるけど、KADOKAWAだって基本的にはクリエイターへのリスペクトは忘れない会社ですよ。”

えっ。

今ぱっと思いつくだけで、編集者原作者小説勝手に改変したり、他にこんなことや http://buzz-plus.com/article/2015/03/18/buchigire-2/ あんなこと http://www.asahi.com/articles/ASK2934F0K29OHGB001.html?iref=pc_extlink  があったけど、基本的にはクリエイターへのリスペクトのある会社なのか。

あなたの言うリスペクトって何?以前インスパイヤなる言葉パクリ同義会社があったけどそういうこと?

2017-10-03

anond:20171003013625

そこは逆だろう

第一アタックが必ず成功する軍隊

成果を上げたいゲリラにとって最も好都合なターゲット

貴方が言ってるのは「自衛隊は俺のセンチ思い込みで死亡率高まれまれ」って言ってるのと全くの同義だと気がつくべきだ

残酷なヤツだね

2017-10-02

anond:20171002002200

私は世間一般クリエイターと言われる職種KADOKAWA人間仕事で話をした事もある。

内容には概ね同意するけれど、

「内容」そのものを縛ろうとするのじゃなくて、「事前確認」の方向性で収めようとするなんて珍しいと思います

ここだけ欺瞞を感じる。

事前確認必要なんていうのは、「要するに内容のリジェクト覚悟しておいてね?」って事であって、クリエイター企業関係が労使として対等ではない以上(これは当然)、

普通に内容に制限をかけるためのものと捉えるのが妥当だと思う。

この辺りははっきり言って言外の意味を滲ませた「大人語」でしかないのに、それを意図的にか知らないが文面だけで優しさかのように語るのはちょっと可笑しいでしょう。

ちなみにカドカワ企業体質は知らないけれど、過去に関わった人たちからは、「自分達の望むものクリエイターに描かせたい」という強い意志を感じたよ。

カドカワ人間全員がそうとは思わんけど、そういう人間を許容する企業風土なのは事実

それが悪いかどうかは別の話として。

クリエイター尊重してるかは知らんけど、それはクリエイター創作性尊重してる事と同義ではない。金払いは良いだろうしね。

2017-10-01

音楽時間女子マラカスって言わせると興奮できる

マラカス漢字で書くと魔羅滓。そう、恥垢。チンカスのことだ。マラカスと口にすることはチンカスと言っているのと同義

2017-09-29

H高校の生徒→教師暴力の件、義憤は必ずしも正しくない

高校教員です。

あれほどまで授業の成り立たない高校で教えた経験はありませんが、

同僚などから聞く話等も含めて思うことを。

1.なぜ生徒は教師を殴るのか

2.なぜこの事件拡散されるのか

3.隠蔽体質問題なのか

の三点から考えてみた。

1.なぜ生徒は教師を殴るのか

 例の動画の様子からそもそも教師と生徒の間に一切の信頼関係が築かれていないことがわかる。

 これはい高校教師の力量のみで解決するのは難しい問題だ。

 所謂教育困難校の生徒たちは、小学校中学校段階では教師から忌み嫌われ、問題児扱いされてきた生徒たちで、

彼らの中には大人教師)=敵という図式ができあがっている。さら高校で同様に問題児扱いされてきた生徒がが集まることにより、

団結して大人教師)=敵に抵抗することが、彼らの連帯を生んでいる。

 さらに言えば、教育困難校の生徒たちの保護者の中にも、経験学校教師をよく思ってないひとが多い。

子供基本的には家庭と学校のどちらかにしか居ない。同様に教育も家庭と学校の二つで行われて然るべきなのに、

教育(というより躾)を放棄した家庭も少なくない。小学校担任に「箸の持ち方を指導してくれ」と頼む保護者もいるそうだ。

多分その保護者は正しい箸の持ち方で食事をしていないのだろう。

さらに悪いことには、教育(躾)を放棄するばかりか、学校での教育を軽視する保護者一定数居る。

教育困難校の荒れた生徒たちの友情は、「教師に反抗するという同質性」を頼りにした友情なのだ

 「閉じた集団の中で何かを共有すること」、例えば同じような服装髪型をすることで連帯するヤンキーガングロギャル流行たことなどは、

「チャムグループ」という言葉説明できる。「似ていることを条件に入れる仲間グループである

教育困難校の生徒たちの間でつくられた「チャムグループ」は、教師排除したり軽蔑し続けることで安寧が保たれる。

Uくんはそのチャムグループ代表して教師を殴ったのだと思う。半ばヒロイック自己陶酔も感じながら。

それを囃し立てる仲間たちも痛快だっただろう。

 そして残念だが、多分そういうチャムグループ教師の間に信頼関係が生まれることは期待できない。

 信頼関係さえあれば、例えば軽い冗談の言い合いだとか、生徒教師相互に多少の「いじり」みたいなものが有っても愉快なのだが、

信頼関係のない「いじり」はいじめやハラスメントになる。信頼関係のないところには教育は、まともな人間関係絶対に生まれない。

 そもそも信頼することを教えられなかった生徒たちは不幸だ。そういう育て方をした親や小中学校教員に多分に責任がある。

 また別の話になるのだが、今回の件で騒ぎになったUくんもきっと、学校を信頼しない保護者になっていくだろう。

学歴社会的格差はそのようにして再生産されていくのだろうな。

2.なぜこの事件拡散されるのか

 匿名ネットユーザー性質として、教室では「素直で真面目な良い子」を演じてきた人間が多いのではないだろうか。

公の場では「素直で真面目な良い子」である一方で、匿名で誰かを吊し上げるのには、

いわゆる不良グループやお調子者が幅を利かせているパブリック空間に対してのささやか復讐意味合いがあるのはないか

 また、事件拡散簡単だ。リツイートボタン一つ押すだけだから

自らが汚い言葉を使ったり、誰かを攻撃している感覚は無い。むしろ悪事を白日のもとに晒すことに、一定正義さえ見出せそうだ。

抑圧されてきた「素直で真面目な良い子」の復讐心と、お手軽簡単リツイートボタンがこの事件拡散を相乗的に早めたのだろう。

3.隠蔽体質問題なのか

 いじめ自殺問題で「いじめはなかった」とする教育委員会などが隠蔽体質と叩かれることが多いが、 わたし隠蔽体質で仕方がないと思っている。

 例えばいじめ加害者実名報道されれば、彼らがネット上で叩かれ、後の人生でも様々な場面で偏見を受けることは

免れないだろう。

 それは当然の報いなのかもしれない。人を傷つけたら、そのくらいの懲罰があって当然だとも思える。

 一方で、その社会的懲罰は初期段階のいじめ構造が変わっていない。多数派が少数派を一方的排除攻撃することによって、

多数派の安寧を保つという構造だ。例えば第二次世界大戦中のドイツゲルマン民族という多数派血統のために少数派のユダヤ人殺害したのと同じように、

ネット上の「素直で真面目な良い子」だった人々が、悪事を犯した少年社会的抹殺したいだけなのではないか

 もし、教育委員会が「いじめが原因で自殺した」と早急に認めれば、

加害者への攻撃のゴーサインが出たのと同義だ。

教育委員会が「いじめはなかった」と言って槍玉に挙げられて居る限り、加害者への攻撃は及ばなくなるのだとすれば、

加害者を守るために隠蔽をするのが教育委員会仕事なのだ

 被害者感情はどうなるのか? そこは難しい問題だ。上のような説明をしてもなかなか納得はしてもらえないだろう。

 あるいは事件があるていど沈静化してからいじめはありました」と認めることで、世間の関心をひかない形で収めるのが関の山か。

 ともあれ、今回の事件に関しては顔も実名所属校も割れていて、拡散も限度を知らない状態だ。

 動画の内容もショッキングなだけに、ネットワイドショーで、かなりの批判がこれから湧いて出ることだろう。

 せめて知的大人ならば拡散はしないでほしい。それは正義ではないから。義憤は必ずしも正しくない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん