「早慶」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 早慶とは

2018-02-19

早慶よりも狙い目!?IAMASボーイを彼氏にすべき理由

から不動の人気を博している「慶應ボーイ」と「ワセ男」。確かに良い男は多いけど、他の大学男の子はどうなの!?

実は今狙い目なのが岐阜情報科学芸術大学院大学男の子通称IAMASボーイ」。モテモテ慶應ボーイより、ガッツあるワセ男より、IAMASボーイを彼氏にする理由をご紹介します。

その1、普通じゃない人が多い

偏差値はよくわからないし、低くはない。凄いお金持ちもいるし、奨学金で生きてる極端な貧乏も。専門的な理工学知識を持っていて、その分野で一流の専門的な会話ができる男の子が多いのです。「専門家が一番」と言う言葉をよく耳にしますが、「一流」にすることは実は大変な事なのかも。

その2、挫折経験している

IAMAS生は5割が多摩美武蔵美を落ちた人たち。受験勉強では所謂挫折”を経験しているのです。挫折経験せずに全て完璧で何の苦労もなかった男の子は、自分が辛かったり挫折した時に気持ちを分かってくれません。IAMASボーイならその気持ちが痛いほどわかるはず。

その3、友達の幅が広い

IAMASボーイは母校がいっぱいあるので、他大の人とも分け隔てなく仲良くする事ができるのです。また、大学院入学する前に学部から上がってくるばかりでなく、高専から入学する人、一流企業をやめてくる人、大学院渡り歩く人等様々な人種がいるため、色々な人種友達と繋がっているのです。

その4、少しの事ではへこたれない

普通人生」という大きな壁に敗れたIAMASボーイ。それでも岐阜情報科学芸術大学院大学という知名度のない大学院入学したのだから、少しの事ではへこたれないハングリー精神の持ち主なのです。

その5、コンプレックスがあるが、それを素直に認められる

人生を踏み外した仲間が10割もいるが故、その“コンプレックス”が、“コンプレックス”にならずにもはや“合言葉”になるのだ。そして恥ずかしげもなくそれを他人に言う事ができる。嫌みっぽくないので聞いているこちらも清々しく、応援したくなるのです。

その6、女の競争率が激しくない

IAMAS理系大学院のみの大学、だから女子が少ないのです。女子より留学生の方が多いくらい。そう、IAMASボーイは女子からの熱い視線から反れたところで生息しているのです。だからこそ良い男の子ゴロゴロ余っているのです。

おわりに

いかがでしたか?今まであまり見向きもしなかったIAMASボーイに、目を向けてみてはいかが?

2018-02-18

anond:20180218145810

家庭教師で5人くらい見て来たけど、勉強法に向き不向きがある。

ただ、記憶術という点に関して言えば、最初に深く理解しても忘れる子の方が多いので、

まずはとりあえず覚えさせて、反復させて、定着させてから成り立ちを覚えさせた方が効率がいいよ。

元増田の示す要領の悪い生徒で早慶旧帝以上にいった子はいなかったなあ。

あ、こっちは全部理系の話ね。

田村淳青学受験に関して

ニュースサイトやその他の掲示板サイトを見たけど、学歴コンプってこんなにいるんだね。

特に受験生に失礼だとか、心意気が足りないとか舐めているっていう意見は、意味がわからない。

高校生活で真面目に勉強せず成績悪い人間が100日までとは言わなくても

半年MARCH早慶受かる例ってのはちらほらあるのに、現実を見たくないのだろうか。

勉強時間や心意気よりも、受験時の学力のみによって決まるのだから

根性論感情論を振りかざして虚しくないのだろうか。

私の周りは起業家が多いが、彼らはこういう挑戦する人間に関して否定的見方はしない。

しろ頑張っている人間応援するという姿勢の方が強いように思う。

(というか学歴だけでは無意味なことを知っているからそこまで深刻な見方をしていない)

批判している層はどんな人たちなんだろう。

気にくわない人に気にくわないというだけで、

自分自身生活ルーチーンワークから抜け出す為に知恵を絞っている人間がどれだけいるのだろう。

あの否定的意見ばかりにイイネがつく状況を見て、日本の将来はやはり暗いのだろうと思ってしまう。

2018-02-14

anond:20180214165147

へー、

俺は逆に学部縛りで1大学1学部で受けたよ。

結果、MARCH総舐めで早慶は落ちたけど

それについて、特に後悔はしていないな。(※一応社会人ね)

でも、文理選択については結構後悔してる。

から、気楽に受けて大丈夫だよ。

どこか引っかかるよ。

仮に落ちても、後悔するのはそこじゃない。

2018-02-13

anond:20180213104343

本命大学がどのレベルかしらないが、

就活難易度東大京大ならイージーモード、旧帝東工一橋早慶ならノーマルモード、それ以外は有象無象

一昔前の学歴社会と違って、中身重視()らしいからな今は。

東大って言ってもサークルやってません勉強やってませんじゃアウトだし、

無名Fランでも世界旅して、ウェブサイト開いて閲覧数10万超えだったら即採用だし。

就活における大学名は大学受験で言うところのセンター試験得点みたいなものだと思うのがいいかと。

ただ、私立国立に比べ生涯収入が減るというデメリットが。奨学金破産みたいな話も最近はあるし。

2018-02-12

奨学金とクソみたいな就活

奨学金の話が出てるけど、ちゃんと勉強たからっていい企業就職できるとも限らん。

クソみたいな就活制度のせいで、学校の成績よりもコミュ力()を求めてくるせいで、

大学いくら好成績収めようが無駄しかも、大学勉強なんて理系ですら企業で生かせない。

実際俺も就活の時、「大学勉強は役に立たないから」みたいに小馬鹿にされたしな。

いい大学に入って、サークルだのボランティアだのやって、

意味不明な「コミュ力」とかいものをつける以外、大学に行く意味がない。

Fランなんかもってのほか。遊びに行ってるだけ。

今思えば、高卒就職してさっさと昇進したほうが効率いい。

大学就職予備校ですらない。旧帝早慶外資格ですらなくなってる。

2018-02-10

早慶上智に入っておいて春休みにここに来るようなやつの人生を羨ましがる理由が何もない

2018-02-02

有給休暇を使い果たして思ったこと。

ひとことで言うと、辛いのだ。

はいま、いわゆる一部上場企業というところで働いている。

土日祝は完全に休みであり、万が一出勤しようものならば代休もしくは残業代付与される。

もちろん通常業務においても1分単位残業認定されるし、PCログイン時間ログオフ時間で勤怠管理をしているためサービス残業ができない。

22時以降の残業は前もっての申請必要なうえ、それが続くと直属の上司さらに上の役職から注意を受ける。有給休暇も年15回とらないと勧告がある。

給与面でも文句はない。今時珍しいとされる賞与も年6~7か月分支給されるし、福利厚生も手厚い。(なんと家賃の7割が会社負担になるのだ)

私はそんな会社でもう7年勤めている。

さて、私はいわゆる「超ホワイト企業」に務めているわけなのだが、そもそもなぜ入社できたのかという話をしたい。

私は一応大学卒業している。しかし決して褒められるような大学ではない。世間一般的にいうところのFラン大学だ。

そんな私がどうして(新卒という最強カードを持っていたとはいえ)この会社に入ることができたのか。それはたったひとことで説明できる。

私は話をすることがひどく上手だったのだ。

俗にいう「コミュ力」が高く、さらにいえば明るくハキハキ見せることに長けていた。

私が就職活動をしているときは今と違った「就職氷河期」と言われる時代だったが、私は仲間内の誰よりも早く内定を得ていたし、

しかも我が母校からこの会社就職するなど奇跡だと持て囃された。

ただニコニコして問われたことにハキハキと答える。さながら水商売人間のように「相手面接官)を楽しませる」ことだけを念頭に置いていた。たったそれだけなのだ

さて実際に入社してから周囲を見渡せば、同期たちは驚くくらいの高学歴ばかりだった。

早慶上智なんて掃いて捨てるほどいるレベル東大京大当たり前。海外ナントカ大学出身など、私とは頭のつくりどころか産まれとき行為さえ異なっていると思うほどだった。

それでも1~2年目は大丈夫だった。

みんな会社への知識が同じくらいだったし、任せられる仕事も大したものではなかった。

それが3年経ち、4年経ち、5年経ってから徐々に差が広がってきた。

中には海外に異動した同期もいた。本社勤務になった同期なんてもう数えきれない。それでも私はずっと1年目とほぼ変わらぬ仕事を続けているのだ。

私の取柄は「コミュ力」のただひとつ仕事を任せられても大した結果は出せず、自分のやりたい仕事もわからないまま、モチベーションけがどんどん下がっていく。

それでも転職という選択は怖くてできない。だけど会社には行きたくない

誤解のないように言っておくが、人間関係などはとても良好であり、良い先輩たちに恵まれている。

先輩たちがこんなにダメな私に付きっきりでいろいろと教えてくれるのだ。本当にありがたいし、申し訳ない。

同時に自分の不甲斐なさに辟易もしているのだ。

私はすでに就職して7年が経つ。もう新入社員などでは決してない。もう中堅社員といっても問題ない年齢なのに、それでもまだ新入社員のように手取り足取り面倒を見てもらう。

努力はしたつもりだ。しかし足りていないのもわかっている。ただ、これ以上、どうやって・どこに向けて努力を重ねればいいのかわからない。

昨日で私は今年度の有給を使い果たした。もう休むことができない。

それなのに毎朝会社に向かう足取りは重い。それどころか吐き気が伴ったり、異様なほどの倦怠感に包まれてベッドから起き上がれなかったりする。

周囲のひとは優しい。その優しさが、しんどい

なんて贅沢なのだろう。なんて我儘なのだろう。私が言っていること、やっていることは「サボり」のひとことで済んでしま状態だ。それはわかっている。わかっているのだ。

そこまでわかっておきながら、どうして私は何もできないのか。

ただ笑っているだけで許されていた。そんな時間はもうとうに過ぎた。

次のステージへ進まなければならないのだ。だけどその方法が、わからない。

昨日、とうとう上司から産業医との面談を勧められた。身体変調ではない。心の変調危惧されたのだ。

まれ環境にありながら、私はなんてだめなのだろう。そんな思いがぐるぐる巡る。そんな状況が、ただ、辛い。

世の中にはもっと凄惨な状況で仕事をしているひとがたくさんいると知っている。

そんなひとたちを見下して自分の状況に安堵するつもりは毛頭ない。むしろ逆だ。

自分が恵まれているにもかかわらず、こんな不甲斐ない状況に陥っていることが狂おしいほど悔しいのだ。

来週、産業医面談がある。

今後の進退を本気で考えなくてはならない時期がやってきた。

ただひとことだけ、辛い、辛い、と言い続けているだけではもうだめなのだ

どうしようもない自分の、どうしようもない内面を、おそらく初めて目の当たりにする。とてつもなく怖い話だが、向き合わねばならないのだ。

こんな甘えたばかな自分が辛い。大嫌いだ。

いっそもうすべてを投げ出してしまいたくなるのだ。

2018-02-01

自分より評価されている他人馬鹿にせずにはいられない物書きの話

 最初に前提として私の性格を言っておこう。

 まず、プライドが高い。文才も地の頭の良さも無いのに、どうしてか自分は頭が良いと思いがちである

 そして、他人との比較による評価判断の重きを置く。

 極め付けには、「プライドが高く才能も無いのに相対評価にいつもびくびくと怖気付いている私は馬鹿なのだ」と分かりきっているようなことを考えて、まるで自分のことを本当に理解しているからこそ卑下するのだという態度を取る。

 こんな人間の戯言でも良ければ見ていってほしい。

 私は二次創作小説を書いている。ペースは1〜2週間に8千〜1万字程度の短編を一本。生活を圧迫しない程度に小話を書いて満足している、趣味には飢えていない物書きごっこ大好き遅筆人間である

 小説を書くのは楽しい。また理解出来ないようなキャラクタの心情をどうにか知ることは出来ないか考察に走ってみることも楽しい。但しその考察目的が「キャラクタを知りたい」というものである以上、その楽しみが「考察をすること」に留まってはいけないと思うし、考察によって自分が得た「キャラクタの心情」が一次のキャラクタが持つそれと同一である盲目的に信じることもいけないと思う。

 話が逸れてしまったのですぐ上で述べたことを繰り返すと、私は文章を書くことに対して喜びを感じている。元々勉強でも現代文が一番得意で、本も同年代の平均的な読書量と比べれば読んでいる方だろう。文章に対して苦手という意識は無く、文を読むこともこねくり回すことも大好きな部類の人間だ。

 だから好きなキャラクタについて文章を書くことも楽しいし、それ自体目的であり手段であるのなら「○○について話書くのたのしいな!」で思考ストップしても別に構わない。それが当然の帰結であろう。

 けれど、そこで終われないのだ。

 書き終わった後作品コミュニティサイトにアップし、どれくらいの人から良い評価を得られるかが気になってしまう。数時間おきにページを開き、通知を確認してしまう。

 その上、他人が書いた作品に付けられた評価自分作品に与えられた評価とを見比べ、一概に言えるわけもないのに「自分の方が上手い文章であるのにどうしてこの人の方が褒められるのか」と苛立ってしまう。“一概に言えるわけもないのに”という表現からも、私のプライドの高さが伺えるとは思う。

 pixivを例に挙げると(実際私が今小説投稿しているサイトpixivではないが)、pixivには閲覧者があなた作品が好きですという感想マウスをワンクリックするだけで伝えることの出来る「すき!」という評価システムがある。

 勿論閲覧してもらうこと自体嬉しいのだが、好きだと言ってもらえることはもっと嬉しい。嬉しくてたまらない。しかしその嬉しいという純粋感情は、次第に「私はこれだけ評価されている」という目を背けたくなるような慢心へと姿を変える。

 そして評価されているのは私ではなく私が書いた小説であるということにも気が付かずに、「私はこれだけ評価されている」という偉ぶった思いが、いつのまにか「他人があれだけ評価されている」という妬ましい思いにすり替わっているのである

 実際pixivではランキングという一つの評価指標のようなものがあり、そのランキングがその時の利用者の間の流行に左右されて一つのジャンルで埋まることがあるとしても、競争心のようなものが煽られているような気はしなくはない(利用者が気軽に「評価の高い≒高確率でハズレではない」作品を閲覧出来るようにという意図によって作られたのだろうけれど)。

 しかし私の利用しているサイトではランキングシステムはなく(世間様の目に触れてはいけないようなジャンルを扱う人々が作品をアップするサイトであるからかもしれない)、皆恐らくのんびりと創作に勤しんでいるはずだ。競争心を煽るようなものはどこにも見つからない。

 にも拘らず、だ。私は人様に寄せられた好意と私の作品に寄せて下さった好意とを失礼なことに比較して、剰え自分の方が優秀であるだろうなんてことを考えている。好意を寄せる人々とその“人様”とを侮辱しているようなものではないか

 まあ多分、きっと、私の文章面白くないのだ。それに今熱中しているジャンルは、本編の放送が終了してしまっている。だから離れていってしまった人も多いのだ、というのは言い訳として言わせてほしい。実際閲覧数も落ち着いてきている。

 でも、本当に面白くないのだとは心の底では思ってなどいない。そんなの認められない。認めたくないのだ。だって、私にはプライドがある。私の文章面白くないわけないじゃないか、という捨てられない最後の砦がある。

 どうしてそんなクソみたいなプライドを持ち合わせてしまたかというと、それは中高時代経験が多分にある。

 私は中学受験をして、世間からお嬢様学校と呼ばれるような学校に入った。御三家第一志望とする受験生が第二・三志望で出願するような学校で(当時の話だ。今がどうかは知らない)、毎年数人が東大に行き、学年の半数以上が早慶上智、少なくとも皆GMARCHには行くくらいのレベルのそこそこ進学校である。めちゃくちゃバレバレだが。

 小学校では中学受験をする子が周りにおらず、親も褒めて伸ばすタイプだったのが逆に悪かったのか何なのかは知らないが、いつのまにか私の中には「自分は頭が良い」という意識が生まれていった。

 しか中学に入って、私はだんだん勉強に追いついていけなくなる。100点のテストで70点しか取れなくて悔しがっていたのが、いつしか苦手科目や5教科以外の試験なら平均点や満点の半分の点数を取れればまあ良いやというようになってくる。

 初めは真面目に通っていた鉄緑会も辞めてしまい、鉄壁はその厚さにギブアップしてターゲット1900に切り替えるなど楽な方を選択して勉強もまともにしなかった為、高3では地獄を見る羽目となった。

 それは元々の私の性格である怠惰さや勉強があまり好きではないという思いから来るものであり、また自分よりも学にも芸にも秀でている友人を見ていくうちに漸く得た「なんだ、自分って大したこと無いんじゃん」という諦念の感によることだったのかもしれない。

 けれど、私は「自分は出来る子だ」というプライドを捨て切れなかった。

 夏休み課題で提出する小説で賞を貰ったこと、授業で誰一人理解することの出来なかった『こころ』の友人Kの感情自分だけ読み解けたこと、センター志望校過去問絶対現代文だけは間違えなかったこと、そういう取るに足りない誰もがきっと忘れていくような些細な物事の欠片を、歩いてきた道を振り返ってしゃがみこんで目を凝らして拾い集めた。

 誰にも自慢出来ることがなく、性格が良いわけでもなく、美人でもなければ気が利くわけでもない。友人と呼びたくとも向こうがこちらを好いていなかったらどうしようと怖くなって友達もあまり作れなかったし、部活で一緒だった数人の友達と呼べる人たちが皆国立理系コースに進む中私だけ私立文系という道を選んだ(算数嫌いが祟って数学も駄目だった)し、夢もなく何かに向かって努力たかと言えば泣きながら日本史熟語を頭に詰め込んだ時くらいだ(暗記科目が苦手なくせに受験で使った)。

 要するに救いようのないくらい臆病な馬鹿だ。出来ないことが多すぎて、常に劣等感に苛まれている。しかし臆病であるからこそ本当に自分は駄目なんだと諦めたくなくて、「自分馬鹿じゃない」と思い続けている。

 結果として大学受験センター滑り止め他志望校で躓き続け、奇跡的に第一志望だけ合格したのだから始末に負えない。世間様に馬鹿にはされない学校に入ったことで、人生設計の全く捗らない行先に少しは安心出来る要素がプラスされたくらいのくせに、私の「自分は出来るんだプライド」は強化されてしまった。

 「どうしてどうせまともに勉強もしていないようなあなた文章が、W大文学部の私が書いた文章よりも評価されるの?」

「どうしてあなたがテキトーに書いた3千文字も無い文章が私の1万字よりも評価されるの?」

「どうしてまともに『てにをは』を使えないあなた文章が私の文章より評価されるの?」

 というような泣きたいくらいの進化が遂げられてしまった。いやもう泣いてる。見ず知らずの人を絶対自分よりも下流努力していない人間と決めつけて、自分付加価値で殴ろうとしている。文章は長ければ長いほど良いと思い込んでいる。三番目は許してほしいが、信じられない愚行だ。

 まず第一勉強が出来る(=成績が良い)ことと文章面白く書けることとは全くもって関係がない。ウィット文章を書けることと教養があることとは関係があるだろうが、そちらは関係がない。

 第二に学歴文章判断するのは間違っている。学歴が無くても面白い文章は書けるし、一般大衆にウケたり賞も獲れたりする。

 まったく評価基準が間違っているとしか言いようがない。視野が狭い人間なので他にも叩ける部分はあると思うのだが、溜息しか出ない。しかもわかっているのに直せない(と思い込んでいる?)のだからどうしようもない。どうしたら良いのだろう。どうすれば良いのかわからなくて、途方に暮れている。

 嫌な人間になってしまったものだと思う。でもこの世の中は競争社会で、相対評価が当たり前で、何かしら人と比べなければ気が済まない人々に囲まれ環境に置かれればそうなってしまうのも致し方ないのではないか、と自分を庇ってしまいたくもなる。

 誤解の無いように言っておくと、他人様の文章に感動しない人間ではない。寒い部屋で鼻水垂らして泣きながら読んだ大好きな小説もあるし、してやられたと最後最後でのどんでん返しにニヤついてしまうこともある。

 しかし「人に馬鹿にされたくない」という思いと「人に評価されたい」という思いが混ざると、こんな面倒なことになってしまう。でもどちらも当たり前の感情だとも思うから、返って対処の仕方が解らない。

 作品に関しては宣伝もっと上手く出来れば閲覧数が伸びるのではないか、という指摘もあるかもしれないが、表立って書いてますとは言えないジャンル創作なので、そこの辺りは難しいのではないかと思う(一応ツイッターにそのジャンル専用の鍵アカウントを作ってあるが、相互が40人程度の小規模なアカウントだ)。

 人に賞賛される喜びが捻じ曲がって醜い嫉妬に変わり果てるのは、今私や私の小説を好きだと言って下さっている方々の思いの否定にもなりかねず心苦しい。

 今回はそういう気持ちをどこかに吐き出したいと思いチラシの裏感覚文章を書いたのだけれど、割合すっきりしたのと同時に恐らくこれからもそのような自己矛盾と付き合っていかなくてはならないのだろうな、という実感が湧いてきている。

 何があっても筆は止まらないし、折るつもりもない。文章を書く喜び、キャラクタに向き合う喜び、そして人に賞賛されるという喜び。それらの何物にも代え難い快感を知ってしまったら、もう当分心大人になりきれるまでは、ずっと苦しみ続けなければならないのだ。

2018-01-22

anond:20180122155553

マーチとかかな?早慶くらいなら流石にもう少しマシだと思うけど。

2018-01-21

anond:20180121171057

地方国立早慶蹴散らすポテンシャルのある猛者なら

有名私大出てて元増田のような状況にはなりにくいだろうし

元増田国立行ってても対して良くならなかったのでは……?

元増田が行くべきだったとされる国立とやらが東大とかならまだわかるけど単に国立しか言われてないし

anond:20180121170948

そりゃそいつ就活ヘタなだけ。

地方国立でもポテンシャル努力早慶レベル蹴散らす猛者山ほどいるから。

自分無能大学のせいにすんな。

2018-01-18

早稲田大卒って

高学歴か?

増田が覗いているtwitterの主がW大卒で、

W大卒と思われる別のゲーム実況者を「高学歴ー」と言っていたということは、

その主は自分高学歴だと思っている様子。

キッズにお勉強しろマウントをとるのも傍から見てると面白いが。

増田高校は、早慶の推薦を取るのは逃げで、T大か医学部が学年の半数以上という特殊学校

増田医師から医学部のない早稲田卒には会わないし、世間感覚がよくわからない。

2018-01-16

都心区は不利

うわさ では、生徒がしっかりしている区(山手線内内側とか)の学校では内申点は厳しめにつけられ、所謂荒れている学校のある区の内申点は緩い模様。

授業中積極的に手を挙げないと、テストで95点とっても通知表3だからね。

えぐいのは5教科だけではなく、残り4教科も採点されること。

男子中学生全教科真面目になんか授業聞けませんって。

高校受験突破できる学力がある生徒は、特別選考枠なくなったので私立に流れているよね

具体的には早慶付属レベル学力だと特別選考枠で日比谷いけたのが微妙なので。

国立開成クラスだと内申点ビハインドを超える位、独自問題で点数とれるが、そのクラスはほんの一握り。

勉強はそこそこな優等生けが日比谷かにいくので、今後都立校の進学実績は落ちるんじゃないかな。

anond:20180115220235

2018-01-13

どうでもいい話だが俺の通ってた高校では「四年制大学」とかい単語を聞いたことがなかった

大学に入ってから短大」という存在を知り、4年間ではない大学の行き方を知ったときは衝撃を受けた

夜間とか多様な学び方があり、法定大学ではない専門学校などいろいろな存在があることも大学に入ってから知った

偏差値75↑で国立医学部国立東大とか)に落ちて滑り止めの私大早慶とか)に行くっていうのが大多数を占める高校で、特に疑問を抱いたこともなかった

工学部に進んだこともあり、今は割と高専→3年次編入→院進とか、高卒メーカー就職みたいなルート理解している

anond:20180113005238

2018-01-12

anond:20180112151254

読めてないのはお前だろ

成成明学獨國武程度の大学に入って早慶程度の大学院に進学したけど得られるものはなかったという趣旨

「中身のない人生に何の意味があるんだ、という自分投資した無駄時間、労力に対する嘆き」に、「自分にとってどうだったかではなく、他人に対してどうであるかを考えろ」という発想転換の提案をしているのが次の増田

それに対して程度の低い読解力と確度の低い推察力に基づき次の増田を腐したのがお前。「そんなの知ってるよ」なんて正しく読んでれば出てこない。

2018-01-10

指定校推薦て何のためにあるんだ本気で

私にポエムを書かせてください

受験生携帯弄ってる場合じゃないかもしれないけど、打ったら気がすむと思うから投稿させてください。)

センター試験は3日後。

私は私立文系三科目型ということもあり、国立志望の子理系の子と比べたらまだ私は辛くない方かも?と毎日塾の帰り道で自分に言い聞かせてはなんとか合格を勝ち取るために努力してるつもり。ではある。

でも、毎日頑張ってるのに、勉強が直接的な原因じゃないことで、メンタルがやられてる。ここ3、4ヶ月の話。誰にも助けを求められずにいることがある。

指定校推薦

9月に学年全体に指定校推薦の案内があった。偏差値は50〜5の学校なので、有名大学への進学率の上昇に奮闘中。

私の学校制度は、頭のいい子から順に早慶に推薦出すのではないくて、一定の成績+役職部長だとか)+自己推薦文なので、先生達は推薦に関して

「成績だけじゃ駄目だ。リーダーシップのある子をしっかり選ぶ。だから勉強だけ真面目にやってる君達はそのまま真っ直ぐ努力してくれ。」

みたいなことを何度か言った。私はそれを信じた。

習熟度別のクラスは1番上。部活部長委員会委員長行事クラス単位での重役を何個かやった。自分から進んで何かとやるタイプだ。自他共にそう認めてる。と思う。

でも

私は推薦に落ちた。

受かった子は学年で1番頭のいい子だった。

それまではまだよかった。

そこまでは。

今でも思い出すのは9/11のことだ。自己推薦文を書いた紙は職員室へ決められた時間帯に提出だったから、ライバルとすれ違う可能性が高くて、案の定私の場合はそうだった。目を合わせないように下を向いて私は歩いた。

運が悪いことに、受かった子と落ちた子(私)は普段HRの席が隣同士。よく話す。(今となっては全く口聞かない)翌日の12日周りの友達にはお互いバレないようには接したし、私も普通にしかけたりしていたが、休み時間に言われたことが、あの日からずっと心に深くて、痛い、引っかき傷をつけたままだ。

「私、昨日徹夜したんだよね。だから今日眠い。」と。

この後に続く言葉は「(私は昨日ずっと準備してきた自己推薦文練りに練って徹夜してまで懸命にやりました負けるつもりはありません)」だ。多分。

顔つきからしても完全に威嚇行為だった。

傷ついた。当たり障りのないそんな言葉で。私以外の誰も聞いてないその状況で。何ならもっとストレートに、意地悪に、その優等生という仮面を引き剥がして、言って欲しかった。

結局あなたは受かったじゃない、きっと3月になったら慶◯受かったよとか私に言うのかな、私はあなたとのプレゼンの準備の時だって原稿を家で書いたり資料集めたり率先してやって、あなたはそれを有難うと言うだけだったのに、私と違って部長でも委員長でもないのに、通ったじゃない推薦に。

でも、あなたは1番頭が良かったから仕方がない、ではもう妥協できないよ。

今のはおまけだけど(先生達が本当の基準を初めから言ってくれたならよかった)こうやって今までずっとじわじわ嫌いが増し続けていた。担任に何かの紙を単独で貰ってるのを目撃するたびに確信も増してくし。下手くそか。徹底的に隠すんじゃなかったのかよ。もう忘れるにも忘れられないし全部知ってんだよばーか

でも席隣だし、でも毎日顔合わせるし、でも担任に「私、隣の席の子が私が落ちた◯應の指定校推薦受かったの知ってるんで、毎日心臓えぐりとれそうなくらい苦しいので、席替えしてください」は言えないじゃんやっぱり、言う勇気ないじゃん、もう18だし。

推薦に受かってからあなたは良いよね、元がポーカーフェイスから私をひどく傷つけただけで、誰も推薦だと疑わない。今までもこれからも。

この1年間ずっと席が隣だった(何度も言う)。世界史を教えてもらった時は助かったけど、2学期は憎くて仕方なかった。推薦通ったことじゃなくて、私のことを故意に傷つけたあの一言が全ての原因だ。頭が良いだけで考えが稚拙人間なお前が半年先に合格決めたことが許せない。指定校推薦て何のためにあるんだ本気で。

マーチ指定校推薦とった奴も、私のこと2年間くらい集団いじめしてたグループ主犯格だし。クソが。

もう〜〜〜〜今年おみくじ引いてないから知らんけど、神様、こんなに私は別の意味で重苦しかったんだからセンター利用マーチは頂戴よね〜〜〜〜

2017-12-26

はあちゅうさんってなんかズルくない?

5年近く観察してきて、同じ女だけどそう思う。

あの人なんなの。


セクハラされたと嘆く一般人の皆様、大丈夫です。

どんどん声を上げてください。

はあちゅうが叩かれているのはあの人がおかしいからで、

一般女性普通に同情されて守って貰えます


私もマスコミ業に身を置く女です。

からセクハラパワハラ蔓延する業界なの知ってます


そして、成り上がりたい女はそれを利用するのも知ってます

私も、男性だったら即プロジェクトから外されるクラスミスに対して、

おっとり女性的な対応をすることで溜飲を下げてもらったことがありますから

というか、同僚に「貴方ならミスが許されるから貴方が原因ってことにして!」と言われて、

気に入られてる自覚があったのでミスかぶりました。

私なら笑って許されることを知っていたから。


からはあちゅうさんに限ってはセクハラ被害と言われても「はぁ?」としか思えない。

あの人自分に沿う人以外は貶める傾向にある。

童貞問題以外にも、慶応出身からって早稲田をやたら貶めるし。

なぜ、早慶どちらも素晴らしいと言えないのか。


岸は最低だと思うけど、代表取締役を辞任するという形を取ってる。

さっさと職業捨てても食っていけるんだね羨ましいとは思うけど。

そして、

逃げんなよクソ野郎! 私はセクハラしました、これから世界で一番セクハラに厳しい会社を作ります代表続けろよ! とは思うけど。


はあちゅうさんは人を傷付けて得た利益に対して何か還元したのかしら。

書籍の売り上げは置いておいて。ブログ収入やら、慈善団体寄付でもすべきじゃない?

受験生アル中か。

パソコン封印してたけどこの記事を書くときだけは解禁することにする。

妹のご近所友達の母が1か月入院することになった。アルコール中毒らしい。

15歳の私に”アルコール中毒”といってもよくわからないし、調べるとアルコール依存症とかそういうことばかり出てくる。まあ要はお酒の飲みすぎっていうところだろうか。駅で何度か見たことがある、ゲロ吐いて倒れてるあれだろうか。ひどいことを言っているのかもしれないが個人的には”自業自得”という印象の強い病名だ。

私は中三受験生である受験までもう2か月、ラストスパートというところだ。ところが、天皇誕生日クリスマスは塾が休日のため閉室となり自習室の開放もない。必然的に家で勉強することとなった。それは前々から決まっていたことで、家族にもクリスマスは家で勉強したいと話していた。

妹の友達の母がアル中になったと連絡がきたのは22日夜。まずなんで我が家に連絡したのか解せぬ。ただのご近所の我が家に連絡してなにをしろと言うのか。そして仕事でいない父を除いての小会議となった。

うちの母は外見がとてもいい人で、人の困っているところを助けるのが大好きである。そんな母は迷わず「妹の友達母が入院している間はうちで面倒みましょう^^」なんて言い出した。この時点で母は、妹友達食事の面倒と日中のお遊びの世話を自宅でする気満々だった。妹も「友達と遊べる(^q^)」と乗り気である

ちょっと待ったあああああああ!

あの、私、塾が開いてないから家で勉強しますって言いましたよね!!!

厄介なことに、妹友達は大変扱いづらいタイプである一人っ子甘やかされ型・わがまま放題の妹友達とうちの妹(2人姉妹の妹・他人とつるむと調子に乗り出すタイプ)のコンビは私にとって最も迷惑であり、前に2人で遊んでいたとき調子に乗って私の買っておいたお菓子を食べる・計算途中の数学の式を消す・勝手理科社会ドリル書き込み英語の教材の表紙のイラスト落書きをするなどの前科がある。私はもちろん許さなかったが、妹がかわいい父は「妹の大切なお友達なんだから仲良くしなさい~」とばかり、母に関しては「もう、2人して悪い子ね☆ミ」である。大変危険である。(ちなみに、妹は友達が帰ってから説教するとお菓子を弁償するヘタレである。)

そんなことされたら勉強に集中できない。いつもの公立高校問題ならまだいいにしても、冬季の教材はなかなか手強いものであり、私の使っているもの早稲田慶應ラサールなど難関私立系の寄せ集めが多い。彼女たちの前科「某松アニメの話をして熱く盛り上がる!」や「やりかけの計算式の乗数・ルートをかってに消したり足したり」ということをされてしまっては一貫の終わり。早慶系の問題計算式がめんどくさく、なかなか間違いに気づきにくいような計算過程になることも多い。そんな感じに前科と具体例を説明するも、母は「お母さんは県立高校だったからそんなのわかんな~い☆彡」とのらりくらりで話にならない。妹は「いいじゃん。なんで友達来たらだめなの。」と逆ギレしだすし、挙句の果てには「あんだって友達連れてくるときあるでしょ!お互いさま!」と怒る。私の友達が来たのはいつと言うと、少なくとも受験生になった中三の間は来ていないし、基本的には友達とは屋外か友達の家で遊んでいる。妹は週に2、3回ほど連れてくるのに比べたら圧倒的に少ない。あと、受験直前期にわざわざ騒がしい友達を連れてくるのと、私がたまに友人と家で遊ぶのはまた違うだろう。

なんとか説得して、”我が家での食事はなし、妹友達の家での食事””決して騒いだりして迷惑をかけない”という条件にはした。これなら勝手食事をしてもらうだけだし、家に入って迷惑をかけられることもないから納得だ。

23から友達食事の面倒を見るのが始まった。妹友達、見事にうちの母が持って行った料理ケチをつける。いい気味である。(うちの母はメシマズではない。美味しい。妹友達文句をつける内容は”このメニューは気分じゃない”とかそういったこである。世話してる間くらい素直に食べろと私は思う。)しかしなぜ私が責められなきゃいけないのか。

「わざわざ食事を持って行って大変~」とか、「あ~あ、うちで食事できなくてかわいそう~」とか、反対した私だけがいかのように言う。私、そんなにおかしいことしたっけな。

だって、”肺炎入院した”とか”インフルエンザ入院した”とかならまだ同情の余地がある。それならまだ迷惑を被るにしても多少は我慢する。しかし”アル中入院”みたいなアホらしいことでなんで私が迷惑を被ることになるというのか納得がいかない。それになんでうちに連絡すんねん。食事くらいスーパーの地下で売ってるわい。それ食ってろや。うまいぞ。

アル中になったからうちに連絡してどうしろって思うし、うちの母が世話しながら私に文句言ってくるのもめんどくさいし、私だけが悪役みたいな感じにされてるのがムカつく。なんなん、マジで。私、悪いことしたっけ。

2017-12-19

anond:20171219212008

学力だけじゃなくて民度の話だろ。正直、民度の低さも早慶レベルだがw

anond:20171219144933

イナカモノにはわからんやつという話なのかもしれんが

東大早慶を見下すとかならともかく、実際早慶間にそんな見下しがあって当然な学力差異ってあるのか?

あっても例えばマーチの中であっちが上だこっちが上だいってるのとどう違うのか?

2017-12-11

日本ってなんで東大卒を有難がるんだろうね

他にも良い大学があるよね。

というのも東大卒研究者ってどこどこの利権団体名前を連ねる事はあっても

楽壇で見た覚えもなければ、テレビコメンテーターは、古市とか三浦女史よろしく東大学歴ロンダした奴しかいないし

それ以外は京大とか早慶とかMARCHなのよね。

にも拘らずやたら東大出た人の言葉を有難がって放送ないし報道しまくってるのが気になる。

そんなに良い事を言ってる訳じゃない。

例えば古市逆張りというか、世論感情逆撫でする事しかしない。

三浦女史に至っては議論に対してまとめたがるだけで自分意見殆どさない。

だけどそれがやけに業界人に受けてるのが気になって仕方がない。

しかしたらその業界人たちが学歴コンプレックスから、取り上げ捲ってるのかもしれない。

また、クイズ東大王みたいなのをやたら称賛する流れもあって、

個人的にそこまで東大いか?って気持ちに多々なる。

そもそも中学高校レベル試験問題東大王がスラスラ完璧に解いてみせるって傍から見ると凄い馬鹿にいてるようにも感じる。

猿にバナナを与えて訓練すれば木にも登れるでしょ。それと一緒なんだと思う。

ともかくクイズ王に関しては東大あんまり関係ないのかもしれないけど、それでもマスコミ特に有難がってる空気だった。

東大忖度してるのかな。

東大ばっかり。

といっても某少年漫画誌は早稲田ばっかりだし、某東大卒女性社員自殺した事で有名なある会社には慶應ばっかりってのもあるし、エンブレムとか大学と組んで盗作してるある広告会社に至っては某美術大学を率先して入社させてるし、そこで頭角を現したクズマスコミが持て囃してるのを見ると、

東大ばかりが有難がられてる訳でもないのだろうが。

東大卒って中には本当に賢い人もいるんだけど、ブランド力を信じ過ぎてるよね。

ホント馬鹿みたい。

2017-12-06

経済成長したら自分幸せになれるのか?

中国経済成長を見て、日本は落ちぶれていると言う人がいる。

それが最早、あべしゅしょーが好きな人も嫌いな人も同意するするようだ。

とにかくネットブームらしい。

個人的に疑問なのは経済成長個人幸せに繋がるのかということである

別に日本が素晴らしい国だとかいうつもりはない。

ただ、高校生の時を思い出す。

自分が通っていた高校10人程度が東京大学に進学したりするし、割りと多くが早慶に受かる。

しかし、自分関関同立底辺学部しか行けなかった。

どんどん、進学実績が良くなろうが自分関関同立底辺学部だと屈辱を感じるし孤独感も感じる。

全体を見て良くなっても自分幸せになれるわけではない。

しかも、受験の近くのときは皆ギスギスしていたし、顔のいい人間何だかんだ自尊心や夢のキャンパス生活を夢見て慶応などに受かっていた。

しかし、グロメンの自分関関同立しか行けなかったし、キャンパスライフも何もない。

こう考えると、学校の進学実績と同じように国家経済成長自分幸福に繋がるかというと疑いしかない。

就職率が良くなっている云々言うが、果たして本当だろうか。

これも自分自身に恵みが来るかというと怪しい。

インターンシップの申し込みに顔写真必要かいフォームを見ると容姿なんだろうなとか思ったりする。

経済成長云々と上から目線で言える人は、恐らく直接自己利益に繋がるのだろう。

自分は、そうではないから羨ましい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん