「破壊力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 破壊力とは

2021-05-07

理解あるアムロ「なぜララァを巻き込んだ!ララァは家事労働をする人ではなかった!(キュピーン!)」

ララァ「正解!😊」

理解ないシャアララァ!奴との戯言はやめろ!ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!」

ララァ「私、外で働きたいのに…😩」

しかし、

「なぜ、あなたはこうも戦えるの?あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに」

という台詞破壊力はすごいなあと今更になって思ってみたり

この台詞ってニュータイプというかエスパーからアムロの心の中が見える上での発言なわけで、

まり、この時点でのアムロホワイトベースの乗組員のためでもなく、フラウやセイラのためでもなく、

当然、連邦軍のために戦ってるわけでもない、

ただ何も考えずに戦っているわけで、ブライトに二度も打たれた時点のアムロの方がまだちゃんと考えていて、

ララァにこれを言われたときは、まだアムロの心の中は無だったんだろうと思うんだよなあ

もう義務感ですらない、ただ敵を破壊する機械の一部というか

そこからラストの、

「ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァはいつでも会いに行けるから

子供の頃にはあんまりだったが、オッサンになった今は涙腺崩壊ですわ…

で、やっぱり思うんだけど、こういう涙腺が緩む展開って以降のガンダム、Zとかにはない感じがして、

というか、Zで笑ったりドン引きすることはあっても、涙腺が緩むことはないというか、

そういう意味では、自分の中ではトミノ劣化していっているように正直思ってる

今になってもファーストガンダムイデオン作画に難があろうが涙腺崩壊タイミングがある

あー、あと∀ガンダムもあるといえばあるかな

でも、少なくともZやZZにはないし、レコンギスタにもないし、Vもないなあ

なんて思ったり駄文を書いてる場合ではないのだった

2021-04-06

anond:20210406224142

その分知的障害破壊力が高すぎるんだよな。本人の人生家族や周囲の人間人生もまとめて破壊する圧倒的なパワーがある。

2021-03-21

考えてみれば、庵野氏はそのままの姿でウルトラマンを一度演じてるわけだけど、

あれって初めて観たときは流石に大爆笑したけど、どこまで真面目に考えてたのかなあと思ったり

そもそも、あれって誰の案なんだろう

あそこでちゃんとしたウルトラマンコスプレをしていれば、

基本的に紙とかで精巧に作った市街地飛行機基地内のセットがすごいウルトラマンで終わったんだろうけど、

無理に奥が深い、意図的演出だった、と考えるならば、

あれって「虚構否定」だよね

だってウルトラマンではなく、メガネをかけた天然パーマのおっさ…、

…じゃなかった、巨大なお兄さんが登場した時点で、視聴者は我に返らされるわけだよ、強制的

これは虚構なんだ、って

シンエヴァ観に行かないけど、あそこでウルトラマンコスプレをしない、

巨大な?生身の人間が登場することは、完全に作品自体根本から「ぶち壊す」行為なわけだけど、

逆にあれをやらなかったら、あの作品伝説?にならなかったと思うんだよね

まり学生なのによくできた作品でした、で終わってたかもしれない

そう考えると、「八岐之大蛇の逆襲」もよくできているわけだけど、

物語の中心人物であるはずのあの女子大生とか、パペットマペットを思い出すカエル🐸の宇宙人たちとか、

そういうキーワードで語るにはパンチが弱くて、

それに比べて、自主制作帰りマンは、巨大化した庵野が…、というだけで通じるという、

あと、爆発の火力で髪の毛とか顔に火傷したんだったか

話を戻すと、あの帰りマンの時点で、

視聴者虚構から現実に引き戻すようなことを考えてたかどうかは知らんけど、

そう考えると不思議な縁があるものだなあ、と思ったりしたのでした

島本和彦的に解釈するなら、俺がサンタ🎅だ!と同じ理屈で、

「なぁにぃ?ウルトラマンなんて現実にいるわけないだろ、だとぉ?だったら、おまえがウルトラマンになれっ!!」

なんだろうけど、まあ、そういう熱い暑い解釈もできるわけだけど、

虚構現実に引き戻す破壊力というか、皮肉というか、シニカルな感じはあったのだよなあ、

と朝からくだらないことを考えてみるのでした

というか、働きマンウルトラマンなんだよなあ

2021-02-16

「ぬい活があるならペニ活もあるのか」と素で思ってしまうぐらいあのワードには破壊力あったと思う

2021-01-28

魔王の代役にかなりの適正 適性テスト高得点 ダーマの神殿がはっけんしました。あなたの気が付かない、あなたの魅力 機械学習偏見など無い

だいたい同じぐらいの破壊力から、代役をお願いされて・・・なんか、下痢らしくて、ちょっとこうたいしてみた(ヨシヒコ談)

2021-01-20

そもそもお前らは「スケジュール」がなにか分かってるの?

Sexal Urge Kinetic Energy Joule

「性衝動運動エネルギージュール通称SUKE・J(スケジュール

21世紀、人類は抑圧された性欲により生み出される破壊力を数値化することに成功する。

昂ぶるリビドーによって齎されるとされた非科学的なエネルギーは、数値化され既知の存在となった。

それは性欲の軍事利用を意味するものであった。

英雄、色を好む。

古来より語り継がれるその逸話真実人類は辿り着く。

己の癖(へき)を力に換え、性(さが)の猛りで敵を討つ。

色を好むもの、紛れもなく、英雄資質なり。

2021-01-12

屋根から落ちる雪の破壊力

家が軽い地震くらい揺れる。

結構すごい。

2020-12-23

ゲームお金を払うという行為について前から言いたかたこ

冬休み始まって(年末また出るけど)少しヒマなので前から言いたかたこと書くわ。

おっさんの昔話

いつからだっけな。

多分DLCが本格化しだした頃からなんだけど「ゲームは一度お金払ったらずっと無料で遊べるべき」みたいな勢力が出てきたんだよ。

アップデート無料が当たり前って価値観

その昔からオンラインゲームだとアプデのたびにちょっとずつ課金要素追加されてくとか結構あってユーザーも「まあ金払わねえと潰れるし大型アプデ来んのは歓迎だわ」ってことで割と好意的に金払ってた。

そういう界隈にまで奴らは攻め込んできて「基本無料なんだから全部無料だろ!」みたいなレベルで暴れ始めた。

それが最近ソシャゲ叩きに移行していって「ガチャゲーはクソ。最後まで無料で遊ばせろ」みたいな事言うようになった。

いやおかしいだろ。

趣味じゃなくて仕事で作ってんだからどっかで金稼がないと無理だわ。

『誰かが仕事でやってることは、誰かが給料を手に入れられるようになってないとおかしい』って当たり前のことを理解できてない人は昔のインターネットにはほとんどいなかった。

ADSLが出来た辺りから接続の苦労も知らず親の用意してくれた環境に丸ごと乗っかって全てが無料であるはずと思い込んだ経済観念の壊れたネット住民が生まれだした。

彼らが大きくなって立派な嫌儲民となり、購入厨という意味不明概念まで生まれて10年ぐらい経ってる。

そうして今やそういった概念ネットでは「歴史のある党派」に数えられるような扱いでやたら堂々と振る舞ってる。

でも一度落ち着いて考えてほしい。

単にネットで長年騒いできた連中が大勢いるってだけで、自分らの言ってることが正しいと保証されることなんて無いってことを。

最近の話

最近だと特に目につくのが「新作ゲームガチャが渋い!許せねえ!」ってやつなんだよな。

まあ確かにガチャ誘導まみれのゲームって全くおもしろくはねえんだけど、それならレビュー一言「クソでした☆1」とだけ書いて去っていけば、多くの人が同じ感想ならそれが集まって凄い勢いの低評価レビューとして十分な破壊力を持つと思うんだよな。

これはインターネットの基本として覚えてほしいんだが、10人に1人が帰り際にキレてワンパンかましていくとユーザーが10万いるなら1万発のパンチが叩き込まれることになる。マジでヤバイ威力になる。(そしてそれで相手死ぬと1万人全員に「最後の一発を入れた可能性」が出てくるので、誰かを殴る時はよく考えたほうがいい)

わざわざ必死になって「このゲーム本当にクソでしたよ[会社名]は本当にクソゲーしか作らないから皆で攻撃しましょうー!!」って呼びかける必要なんてねえわけだ。

ガチャの渋さも含めてゲームの一部なんだからそれに耐えられないならゲームを辞めればいい。

運営に対して一言言いたいならメールを送るって手もある。

さっき10人に1人が10万集まると1万発のパンチかますことになると言ったけど、1000人に1人でいいか手紙ちゃん運営に送ると10万いれば100通の手紙が届く。

100通来てその中の半分に同じ内容が書いてあったら運営もそれなりに動く。

これはとあるソシャゲサイトマスコットキャラクターが返金騒動が起きた際のことで口にした言葉なんだが、『あいつら騒ぎ立てるわりに意外と泣き寝入り体質で、Twitterとかゲームコミュニティかには「コインだけ奪われた!」とか書き込むのに、問い合わせて補填を受けようって発想がないんだよね。にじよめのゲーム以外でも、観察してると「まぢ詐欺だし。ホント最悪の運営です!」みたいな書き込みがちょくちょくあるわけ。そういう叫びを目にして、「おまえらそこであきらめるんだ!? 取り返しに行かないんだ」と最初は目を疑ったよ。』ってのがある。

堂々と請求できる場面ですらこうなんだから、そういう状況でなかったらマジで多くの人は文句たらたらの癖に本人には言わずに帰っていくんだろうなと思うよ。

でもそれって違うだろ?

「言いたいことがあるなら直接言う」ってのは基本じゃん。

お前らの大好きなゲームでもそれテーマにした話いくらでもあるよな?

キャラ絡ませる展開で超王道だし。

つうわけでありがちな「このゲーム課金きつすぎますよ!」って愚痴あいは言う相手間違ってると俺は言いたい。

ツイッターや5chで反対運動を呼びかける前に運営に投書しろ

だいたい本気で投書するとそれで燃え尽きてもう他所愚痴エネルギーはなくなってたりする。

完璧を求めすぎてる

ガチャゲーのガチャ批判はある程度分かるんだが(ゲーム性クソになりやすいし)、買い切りDLCにまで批判が行くのはちょっとからない。

「買うほどじゃないなら買わなきゃいいじゃん。買いたいと思ったなら買えばいいじゃん」で終わる話でしかないはずだと自分は思ってるからだ。

モナリザの顔を切り刻んで「最近ゲームは作りかけ」って批判する画像が一時期流行ってたけど、別にアレはDLCが悪いんじゃないと思う。

実際バラで売ってるゲーム普通にあるしな。

有名なのは.hackとか軌跡シリーズとか。

軌跡シリーズなんてもう海外ドラマと同じような感じでどこまでいっても終わりが見えないモードに入ってる。

DLCに対して皆複雑に考えすぎてるんだよ。

単に追加コンテンツが用意されて、それの制作費を改めてユーザーが支払うってだけ。

無料のほうが嬉しいって人もいるだろうけど、俺は作り手に金払いたいから有料なら有料でいいと思う。

コラボキャラクター1体数百円とかを高いと思う気持ちもあるけど、でもそれ作る過程で色んな人の作業があったろうし、要らん人は買わんってこと考えるとこれぐらいにはなるなと納得はしてる。その上で金出すかどうかは気分次第。

本当どこまでも気分次第でいいと思うんだよ。

本編が30時間クリア6000円なのにDLCマップ時間クリア1000円ってコスパ2倍以上悪化してんじゃねえかゴミかよって思うのもユーザー勝手だし、それでも買いたいって思うなら買うべきなんだよ。

結局俺たちは「欲しい物に金を払う」以上のことは考えなくていいと思うんだ。

文句言うところがあるとしたら看板に偽りがあるパターンだけで、たとえばDLCマップクリアに20時間かかるぞ!って言われて買ってみたらしぶとくアイテムドロップ粘ったら20時間ぐらい遊べるかもねのレベルだったときは、まあ愚痴っていいしレビューに書きなぐって「皆気をつけろよ!」と言ってもいいよ。

でもそういうパターンだけでしょ。

金払う価値がどれぐらいあるかが外から見て明白で、そして値付けがしっかりしてるんだったら、あとは買いたい人間が買うでいいんだ。

そもそも完璧ゲーム体験を求めすぎてると思う。

他人に「でもお前そのバージョンだと◯◯出ないじゃん」って言われても「そうなんだ。でも9割方差はないっしょ?」で終わらせりゃいい。

なんでそれが出来ないのかが不思議で仕方ない。

ゲームガチャにしたって「俺は持ってないけどアイツは持ってる」って状況でも「じゃあアイツの上げた動画見て満足すっか」とかで終わらせりゃいい。

なんかこう自分幸せにならない方向に完璧主義拗らせることを「正しい」って思いすぎてねえか?

多分これってオタクの持つある種の「実力主義階級主義」による悪影響なんだよな。

結局の所オタク社会って体育会系かつヤンキー系な社会で、野球部エース女子マネに肩もみ強要させつつ後輩に100円渡してハーゲンダッツ買いに行かせても許されるみたいな世界観なのかなって。

カラスが白いかどうかを決める権利は誰も持ってない」ぐらいの感覚で生きちゃダメなの?

それはそれとしてゲームに金を払う幸せ

前置きが長くなりすぎたな。

暇にあかしてって奴か。

今回本当に自分が言いたかったのは「好きなゲームお金払えるのって幸せじゃね?」ってことだったはずなのに。

最初からそれ書いてろ?

いきなり言っても共有してる世界観のすり合わせが出来てないと噛み合わないじゃん?

まず「ゲームお金払うの反対って意見が多いけどさ」があってからの「でも、ゲームお金払うのっていいじゃん?」なわけよ。

好きなゲーム課金要素が出来るのってユーザーとしては「プラス」だと思うんだよね。

だってそれはユーザーに金を払わせようと思えるだけの何かがその世界に追加されたってことなんだから

作り手が何らかの作業をした結果として、その代金を徴収してきてるってことは、そこに商品があるってこと。

まりその世界でまだまだ遊べるってことなんだよね。

フルプライス商品だと「未来ユーザー購入を見越して企業が人を雇って商品を作る」ってのが見えるし、クラウドファンディングなんかだと「商品がこの世に生み出されるための準備金としてユーザーお金を集める」って行為可視化されるからわかりやすいけど、ゲーム課金要素でもそういうの見えにくいだけで結局一緒だと思うんだ。

新しいコンテンツ提供されるから、それをお金払って購入するっていうだけでいい。

ソシャゲで新キャラガチャに追加されるのも、それはそのキャラを作るのにかかったお金と、そのキャラが出てくるまでの間そのゲームサーバー借りたりメンテしたりするのに使った諸々の費用を払ってるだけなわけで、そこに納得するならそれに金払えばいいんだよ。

まあ困るのはPvPゲーで課金するとやたら強くなるパターンだね。

アレはもう「金を払うと強くなれる」まで含めてのゲームだと割り切るしかいね

でもそういう例外を除けば大部分のゲームは「納得したかお金を払う」って形を取れるようにしてると思うんだよ。

から「納得できないかお金を払わない」をユーザーが選んでもいいし、それについて他人がとやかく言う必要もないと思う。

そして、その両者についてやたらめったら本人以外がわーわー言うのはおかしい。

それでも納得ができないなら、そのときは作った側に投書だな。

趣味なんだから楽しくお金使おうぜ。

そしてお金使ってない人でも楽しんでいいって思おう。

自分が使ったお金については自分が納得さえすればいい、他人が使ったお金については他人が納得してればいい。

そして、好きなものお金を使えることは幸せなことだよ。

2020-12-11

わたし恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかっ

 1,2巻を一気読みして本当にいい作品だったので長々感想を書こうと思っていたんだけどやっぱりいつもどおりうまく言葉に表せないので好きなシーンだけ。ネタバレにならないようにネタバレっぽいところは[FILTERED]でかきます

 これはシーンと言うより性格的なところなんだけど、れな子の[FILTERED]というところをうまく描写できていて、読み進めやすかった。主人公が[FILTERED]というのは他の作品でも珍しくないどころかむしろ主流だと思うけど結構過剰に[FILTERED]感を出していたり、[FILTERED]なのにお前[FILTERED]じゃねえか!みたいな描写をしているラノベが多いので(決して比較して劣っているとか言うつもりはない。私が好みではないだけ)そういう意味で本作の主人公れな子には非常に共感できた。あと[FILTERED]なことをそのままにしておいてご都合主義で周りが寄ってくるんじゃなくて、自分努力して[FILTERED]になろうとするのはめちゃくちゃ好感が持てるしそれでいて[FILTERED]が低いところとか作者わかってんなってなった。

  • れな子が紫陽花さんに[FILTERED]を伝えるところ

 紫陽花さんのようなめちゃくちゃ性格が[FILTERED]人の誘いを[FILTERED]のはめちゃくちゃ勇気がいるし、本当にれな子偉い。あと人に[FILTERED]を伝えるのはなかなか[FILTERED]にはできないことで、まあ物語上ご都合的な展開と言われたらそれまでかもしれない(いわゆる[FILTERED]系主人公ムーブ)けど、それでも[FILTERED]を伝えるのは大事なので偉い。あと紫陽花さんはまじで[FILTERED]だしまじ[FILTERED]。

  • れな子の妹が[FILTERED]思い

 れな子が脱[FILTERED]するのに妹に助けてもらったことをほのめかす描写がちょこちょこあって、なんだかんだ姉のことが[FILTERED]なんだなっていうのが非常に良い。2巻は状況が色々いびつすぎて[FILTERED]となってしまったけど、ちゃん自分から[FILTERED]しに行くのも[FILTERED]だな~~~って。[FILTERED]で[FILTERED]な妹とか現実存在するのか?私もこんな妹が欲しかった。あとれな子が妹のことを[FILTERED]って呼んでるのが地味に面白い。ちなみにこれを書いてる時(あれ・・・・・・名前なんだっけ・・・・・・)となって巻頭を見返してしまった。すまない甘織[FILTERED]。

  • 紗月のれな子の掛け合い

 始めは紗月に[FILTERED]していたれな子が徐々に[FILTERED]な感じになっていくのがめちゃくちゃよい。れな子に対する紗月の[FILTERED]力が高くてそれがいい感じにれな子が喋りやす空間を作っているのだったり、れな子の[FILTERED]が低いところをちゃんとわかっていてそれに対していや別に自分はそんなこと気にしていないと言ってくれるところとか好き。激推シーンは紗月の[FILTERED]に[FILTERED]ていて、れな子が紗月に[FILTERED]を打ち明けた後紗月の家から[FILTERED]しちゃうシーン。ここでちゃんとれな子に[FILTERED]になりたい理由を聞いてくれるところとか本当にいい。[FILTERED]は共感してほしいけど自分からは言い出せない人種ですからね。あとここの挿絵まじで美しすぎる。竹嶋えく先生の描く女の子本当に[FILTERED]。

 1、2巻ともに[FILTERED]だった。ま~じで[FILTERED]なだけに[FILTERED]から滑り落ちそうなのが気がかりだけど・・・・・・ハーレム作品だといわゆる[FILTERED]キャラで正直他の作品で該当するキャラだとあまり自分の好みになることはないのだが紫陽花さんが[FILTERED]すぎて私の心にぶっ刺さってしまった。私も紫陽花さんのような[FILTERED]がほしかった。一番破壊力がやばかったのは2巻でれな子に今日は[FILTERED]ますアピールをするところでここだけはれな子の[FILTERED]気質がムカついてしまった。いやお前!!!紫陽花さんに[FILTERED]されてるんだぞ!!!となってしまったけど誰でもそうなると思う。私も紫陽花さんに「あのね、きょうね、私、誰とも[FILTERED]してなくて」って言われたい。ちなみにこれを書いている時あとがきを見ていたら「もし続けば、三巻では紫陽花さん編をやるつもり」と書いてあって就活の辛さが吹き飛んでしまったので楽しみに待ってますよみかみてれん先生!!!私は本を買うことしかできませんが・・・・・・

本当は香穂が[FILTERED]なところとかれな子の[FILTERED]なところが好きとかたくさん書きたいけど見返すたびに自分文章が見にくいことを自覚させられるのでここらへんでやめておきます

どの作品でもそうだけど自分エゴまみれの感想を送られるのは気持ち悪いと思うので、毎度増田投稿させてもらっています

みかみてれん先生と竹嶋えく先生お体にお気をつけて毎秒発刊してください!三巻も待ってます

2020-12-10

イラストレーターやってる(本当はゲームデザイナーになりたかった)

画力お金、どっち欲しい?

と聞かれたらそりゃあなたお金だ。

でもお金にまつわる勉強を一切して来ず「労働」で稼ぐしかないので頑張って絵を描いて小銭稼いでる。

もし僕がお金持ちだったら上手いヒトに発注して絵を描いてもらってゲーム作る。

僕は自分の「世界」を作りたい。その世界に人々を閉じ込めて「中毒」にさせたい。

それは子供の頃からずーーーーっと持っていた夢だ。

Discordをやってるんだが、あれははいいよ。タダでちょっとした自分なりの「世界」を作れるからね。

ああ、とはいえNitroに入り、追加で1ブーストしてるんで今の時点で毎月1500円以上Discrodに支払っている。

他にも何人ものヒトが自分サーバーブーストしてくれている。

う~ん。やっぱり自分好みの「世界」を維持する為にはお金がかかるらしい。

中毒になるに足る「面白い世界」をずっと欲している。

ディズニー」はなかなか良かった。ディズニーランドは家族連れで行く分には実は大変コスパが良い。値は張るが、それによって得られるリターンは凄まじかった。

メインのアトラクションより、地味なミュージカルショーの方が破壊力がある(チキルームは除外)。アリエルのショーを観て、その手抜かりの無さと演者の演技の全力っぷりに涙が止まらなかった。

そうか、もうこの世界全体で「目標利益」を達成してしまっているから、クオリティ妥協する必要ってものが一切無いんだ、と。なんて素晴らしい完成されたエンターテイメント世界

利益の為に何かを犠牲にしたり妥協する必要の無い「アガリ」を迎えた世界って、なんて素晴らしいんだ・・・と。それと同時に、なんだか究極の「悪」って感じもするんだよね、ディズニー・・

2020-12-05

バーガーキングワッパージュニアが半額なんだが

ジュニアでも普通にでかくて破壊力あるな

ワッパーと一緒に頼んだらかなりキツいぜ

2020-11-21

B地区の思い出

高校とき家庭委員みたいな名前委員になった。

結構めんどくさい委員普段から仕事はそこそこあったが、その中でいっぺん、なんかようわからんが県が出してる資料みたいなのをクラスの前で読み上げないといけない機会があった。

まら資料だ。主食がどうとか朝飯がどうとか、そういう飯に関する意識調査みたいなやつよ結果だったと思う。

俺ともうひとり、ペアだったハタダさんというマジメな女子で分担して、そのつまら資料を読み上げていく。みんな明らかに聞いてないし、かくいう俺もほとんど自動操縦というか、中身は気にしないで目に入った文字を読むと言う感じだ。

しかし、ふと気づいてしまった。次に読み上げる部分が『徳島B地区』のデータであることに。

クソつまらねえ仏頂空間に突如現れたビーチクの破壊力は大きかった。

しかし、ハタダさんは全然気にしない様子で読み上げたし、クラスメイトも全員死んだ目をしていた。ビーチクでウケているのは俺だけだった。

震える声で読み上げた記憶がある。頬を噛み、表情筋を極限まで引き締めることで表情を笑顔ではなくし、笑っているのではなくただ声が詰まっただけという印象を出した。

さいわい、俺がビーチクにひとりウケていたことは誰にも気付かれなかったようだった。

今となってはいい思い出だ。

2020-11-20

バックエンドRubyフロントエンドjQueryで作れば

オワコンと言いたかったのだろうか

たった1行の破壊力

返答の慌てた感じについ読んでて笑ってしまった

anond:20201119234440

「この増田を書いた人がまだ生きているのが2020年なんだよね。」ってブコメ破壊力ありすぎ。

2020-11-19

泣ければいいと思ったセンスのないおっさんと、大衆が生み出したモノが麻枝准であり、新海誠であり、一部の京アニ作品

小学校1年だか2年だかにミュウツーの逆襲を劇場で見て泣いた子ども大人になったのが私なんですけど…。

泣ける泣けるとありがたがるのは確かに大人が多いけど、子どもにって泣ける作品に引き込まれものは(言葉にしないだけで)あります



まぁ、泣ければいいと思ったセンスのないおっさんと、大衆が生み出したモノが麻枝准であり、新海誠であり、一部の京アニ作品なんだけどもね…。

この3者それぞれに良さがないわけじゃないけど、話に文句言っちゃいけない、泣けたら正義って風潮は未だに好きになれない


ああ…色んな人と話して気づいたのは

「泣ける作品像」

からそもそも違うのか。

作品で泣くのはシーンの破壊力と言うよりも、むしろ登場人物誰かしらへの共感尊敬…そうなることしかなかったことへの無常観みたいなもので泣いてるから

「この話/こいつおかしくね?」

だと泣けんのよ…

もうちょっと根っこの部分について言うなら、普通の人は創作されたキャラを「こういうキャラ」と思ってみてるけど、発達障害の人って尖ってたり盲目的に打ち込んでる生態が普通すぎて「わかるー」って思ってみてる。

からこそ、「こういうキャラ」って割り切ってみるのも苦手。

ましてや泣けんのよ

刑事ドラマハグレモノの切れ者ってよくあるキャラだよね」

みたいな感想を述べてる人を見た時に

「え?アレって舞台装置だったの?ホームズ元ネタみたいに、発達障害的・自閉症寄りな人をモデルにしてできたキャラじゃないの!?

みたいになったわけ。

どっちの感覚一般的なんだ?

2020-11-18

なろう系コミックの中でちゃんと「漫画が上手い」作品を教えてくれ

2020-10-21

"つらんグーリスモ"

"つらんグーリスモ"との一致はありません。

つらんグーリスモ検索結果 (引用符なし):

ありがみん on Twitter: "ツラングリスモ新作か?"

twitter.com › arigamin › status

2015/10/27 — ありがみん · @arigamin. 超弩級破壊力を持つ新型爆弾とは一体何なのか、君の意思で確かめてくれ。 86年、山口県岩国市まれ東京在住。重度のアニオタアニソンDJやってます。出演オファーなどお気軽に。

twitter.com をブロック



"ツラングリスモ"

約 47 件 (0.26 秒)


"つらたんグーリスモ"

"つらたんグーリスモ"との一致はありません。

2020-10-12

全国高校野球選手権大会(はてな甲子園) 今日の見どころ(第13日)

準決勝第1試合 KKO(東京) ー 日大記を書(山形)

春のセンバツ覇者K大付属KOが前評判通りベスト4進出。春の選抜大会では出場選手全員がどう見ても高校生に見えない、キモいオッサンだとのクレームが相次ぎ

替え玉が疑われたこから大会後に全選手DeNA鑑定を実施。全員が現役高校生であることが証明された。投打とも高いレベルで安定しており、

エースで4番の肝尾は1回戦の対味噌路二高(愛知)戦では大会史上69人目となるノーヒットノーランを達成。

対する日記を書はチームワークがセールスポイント。2回戦の龐徳義塾(高知)戦では19者連続セーフティバントを仕掛ける、出塁した相手側の走者に対し

50球連続牽制球を投げ続けるなどし、相手試合放棄に追い込んだ。

準決勝第2試合 犠牲者(大阪) - 穴開左(岩手)

非モテ時代犠牲者」を合言葉に全員が素晴らしい長打力を誇る犠牲者打線大阪府予選決勝では宿敵である大阪口淫に21-18で打ち勝った。

大阪大会からここまでで1試合平均得点12.7点を叩き出した“あてがえ打線”の破壊力は全国トップクラス

この脅威の打線に立ち向かうのが穴開左のエースであり高校No.1サウスポーのxevra投手。予選通じてここまでの防御率は0.45。

ライトセンターはがら空きで外野手3人が3人とも左翼という異例の守備シフトでここまで勝ち進んできた。

強打の犠牲者打線睡眠瞑想でどこまで封じ込めるかがカギ。

2020-09-22

anond:20200921190020

タモリ

ガチ名曲が多過ぎる

『雨降り午後』いま流行りのシティポップ文脈ならコレ

タモリのワークソングジャズの日本語化ポップスアレンジとして最高峰ひとつ

ミスターシンセサイザー』最高の無邪気なタモリ

ソバヤ』にほんごろっくのきょくほくかもしれない

その他、ボーカルとってないプレイヤーとしてはほぼ本職

ビートたけし

BIGな気分で唄わせろ』

私立ノストラダムス学院校歌

ムスメのほうが確かに歌唱力はある、破壊力は父が上だが

明石家さんま

「産っまれた時から調子イイ~、調子イイーのHiのHiのHiのHiのHiッ!!♪」

「あっみだくじぃ~(ババァ♪)引いて楽しい、あっみだくじぃ、男と、オ・ン・ナのぉ、間のぉ、ババア~♪」

「しあわせ~って何だぁっけ何だぁっけ、ぽん酢しょおゆっがあっるっこっとっさッ♪」

CMソングキングかもしれない...

2020-09-13

PS5とXbox Series Xの比較

Switchを発売日に買って以来、任天堂派を決め込んでいたんだけど、そろそろハイエンドゲームをやりたくなってきたので、新機種発売というタイミングの良さもありPS5に移行してみようかと思った。まあ買えるかわからんけどな。そんで、ここ一ヶ月くらい情報収集してきたことをメモ代わりに書き残しておく。

次世代ゲーム機は何が売りか?

リアルタイムレイトレーシング

レイトレーシングRay Tracing)というのは直訳すると「光線の追跡」で、光がモノに反射したときの見え方とかをシミュレーションする技術のこと。要するに水面とか金属とかの見栄えがよくなる。そのせいか次世代対応ゲームデモ映像をみると、やたら地面に水たまりがある気がする。

次世代ゲーム機には専用のチップが入っていて、リアルタイムレイトレーシング計算をしてくれるらしい。とはいえ、「リアルタイムではない」レイトレーシングは以前から使われており、パッと見ではあまり効果を感じられないかもしれない。また、次世代機のレイトレーシングは常時フルパワーで動くわけではなく、「ここぞという部分に使用する」程度のものらしいので、期待のしすぎは禁物である

SSD

世代まではHDDが標準だったが、次世代からSSDが標準になる。SSDになれば読み込み時間の劇的な軽減が期待できる。しかも、SSD接続する部分などに工夫があり、普通にSSDを使うよりも読み込みが速くなっているようだ。

従来は、データの読み込みに時間がかかっていたので、いったん簡略化したデータを読み込んで表示し、そのあとフルサイズデータを読み込んで置き換えたりしていたらしい。SSDが高速になれば、最初からフルサイズデータを読み込めるようになるので、むしろこちらのほうがグラフィックの向上に貢献するかもしれない。複数データを用意しなくていいので、ゲームデータサイズも軽減されるという。

8K対応

4Kの4倍の面積…と言っても、現時点で8K対応テレビ8K対応ゲームも数少ないので、あまり意味はなさそうだ。個人的にも「この際だから8Kテレビ買っちゃうか」なんてことは全く考えていない。4Kすらどうかと思っているのに。

以上、この三つが基本的な特徴となっている。特にインパクトが大きいのがSSDで、ゲーム開発が根本的に変わる破壊力を秘めている。

PlayStation5(PS5)の長所

高速SSD

とにかくSSDの速さを売りにしており、「PS5のゲームにはローディング画面がない」とまで豪語している。わかりやすいのがこちらの動画である

https://www.youtube.com/watch?v=AnHY3YlF8N8

4分20秒のあたりからワームホールのようなものに吸い込まれて、出てきたら世界が変わっている、という演出が見られる。従来のゲームならば、こうしてガラッと風景が変わる(街やダンジョンへの出入りなど)ときにはローディングが入ることが多く、ローディングを減らそうと思えばさまざまな工夫をする必要があった。そうした制約がなくなるならば、まさにゲームの作り方が変わるだろう。

3Dオーディオとハプティック技術

どこまで効果があるかはわからないが「性能だけではゲーミングPCに負けるのでそれ以外のところでバリューを」というSwitch的な戦略が感じられる。

ファーストパーティが強い

まりPS5独占タイトル豊富であるファーストパーティに限らず、日本ゲーム会社だとXbox向けに供給しないことも多い。

PlayStation5(PS5)の短所

マルチプラットフォーム

ハードの性能が特殊すぎるのではないかという懸念がある。SSDの速度にしても、多くのゲームマルチ展開でXboxPC向けにも出すので、PS5を前提にしたゲームデザインにはしづらいだろう。となると移植前提のゲームにおいてはPS5の性能を十全に引き出せない可能性がある。ハプティック技術もどこまで対応されるか分からない(SwitchHD振動はそれほど活用されている印象がない)。

互換

PS4しか互換が保たれていないことがネックである。そのPS4互換100%では無いようで、基本的にはプレイできるはずだが、思わぬバグがないか一つ一つ確認しているらしい。PS4周辺機器基本的には対応しているが、PS4コントローラPS4ゲームしか使えない。このあたりは特殊コントローラ採用したこと副作用か。PS2PS3ゲームについては、クラウドゲーミングの「PS Now」で一部が配信されているようなので、さらなる充実を期待したい。

価格

現時点で価格が発表されていない。おそらくXSXと同価格にしてくると思うが…。

デザイン

まりにもダサすぎて購入意欲が40%くらい削がれる。

Xbox Series X(XSX)の長所

総合的な性能

CPUGPUのパワーではPS5を上回っている。SSDの速度ではPS5に劣ると見られているが、それも決して遅いわけではない。総合的な性能ではXSXに軍配が上がると思われる(ただし、それを言うとゲーミングPCには敵わないのだが…)。良くも悪くも、PS5のような特殊機能は少なく、順当な進化果たしていると感じる。

互換

初代XboxからXbox Oneまでの全てのゲームプレイできるらしい。数年のあいだはXSX専用ソフトを減らし、なるべく前世代のXbox Oneにも対応する(いわゆる縦マルチ)という宣言をしている(どこまで守られるか怪しいが)。

サブスクリプション

定額でゲームプレイできるサービスとしては、PSの「PS Now」よりも、Xboxの「Xbox Game Pass」のほうが圧倒的に優秀らしい。Microsoftは「XboxだろうがWindowsだろうがAndroidだろうがウチのゲームプレイしてくれるならハードは何でもいい」という方針だと言われており、「ゲーム機ならではの体験」を求めるSonyと、「ゲーム機でなくてもいい」というMicrosoft、という対比になっている。

価格

廉価版のSeries Sが用意されている。

デザイン

断然かっこいい。

Xbox Series X(XSX)の短所

廉価版

長所の裏返しとも言えるが、廉価版であるSeries SのGPUメモリなどは相応に低性能なものであり、その対応に足を引っ張られる可能性がある。Xbox Oneとの縦マルチについても同様のことが言える。単純にエフェクトなどが減るだけならいいが、ゲームデザインを変更せざるをえないようなら厳しくなるだろう。

実機のプレイ映像が少ない

現時点で実機のプレイ映像ほとんど出てきていない。MS看板ゲームであるHalo Infinite」のプレイデモは酷い出来で、しかも実機ではなくPC上で動かしていたことが判明して盛大に炎上した(のちに発売延期が発表された)。この期に及んで生産問題が出たなどではないと思うが一抹の不安が残る。

日本で売れない

前世代のPS4国内販売台数921.5万台であるのに対し、Xbox Oneは11.4万台。この数字の差は致命的である。XSXがスタートダッシュに失敗すれば、再び日本企業から敬遠されるようになるだろう。

おっぱい揺れ擬音、何が好きさ?

世におっぱいの揺れる擬音は数あれどどれが好きかと問われればそれは…

取り敢えず思い付くままに挙げていくから選んでね!

・ぷるん

すべての基本とも言える擬音。柔らかさと弾力とを兼ね備えた、正にオールマイティかつ定番

ぶるん

『ぷるん』と比べ、よりダイナミックに揺れてる様を想起させる。暴れおっぱい界のデファクトスタンダードと言えるだろう。

・ばるん

基本的に二回反復で使われることも多いおっぱい擬音の世界で、こちらは単発での使用が多いように思える。継続的な揺れというよりは、服や下着から勢いよくこぼれ出た瞬間を切り取った擬音と言えるか。

・ぶりん

まり目にしない気はするが個人的最近よく見たので。

ぶるん』より際立った下品さが堪らない。

ゆさゆさ(ゆっさゆっさ)

こちらは柔らかさや弾力より、その重さを主眼に置いた擬音。おっぱいって重いのだ。

・ふるふる

その場に佇んでいるだけでも微かに主張してくるかの様な擬音。それはゼリーの口溶け。

最初閃乱カグラの詠ちゃんおっぱいが正にこんな感じだったなあ。

・たぷん

表面の波打つ様を表現している。『たっぷん』と間に促音を挟んで二度美味しい。

・どたぷん

『たぷん』に『ど』を付けることで破壊力を大幅強化。超弩級大艦巨砲主義おっぱいである

・たゆん

『たぷん』の派生型だが、柔らかさに全振りした擬音。濁音や半濁音に頼らないおっぱい揺れ擬音の第一人者だろう。

・ぱゆん

『たゆん』の派生型。少しやんちゃな感じがするぞ。

・ぼよん

多分、『ぼよよ~ん』とかの活用形で使用されることが多いと思われる。ダッダーン!

・ぽよん

弾むイメージ。なんならおっぱいの上で自分が弾みたいぞ。

ボイン

揺れ擬音に留まらず、大きなおっぱい代名詞と言っても過言ではない。

結構古さも感じるが、いつからあるんだろう…。




かい派生も含めれば切りがないけど、大枠ではこんなところだろうか。

書き出してみて思ったけど、基本型は意外にバリエーションが少ないなと思った。まあ揺れるおっぱいという限られた事象表現するんだからそんなものかもね。

ああ、おっぱいがあるから今日も僕は生きていける…。願わくば多くのおっぱいに幸あらんことを!

2020-08-10

消費税10%の破壊力

700円くらいのランチを食べようとしたつもりが、会計で800円超えを言い渡されて「えっ?」ってなる時が多々ある。

消費税許すまじ。

2020-08-07

悲報飯塚幸三さま、雑魚だった…

プリウスよりポルシェのほうが破壊力は遥かに上だった模様

anond:20200807022447

ハズレの割合破壊力属性に依るものではないし、人間全員と近づかないのが良いってならん?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん