「通訳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 通訳とは

2021-04-22

anond:20210422055242

増田ルサンチマン押し付けられてもなぁ...

今の自分がうまくいかないのは、民俗芸能強要され、語学プログラミング学習時間を取れなかったからだと思ってるんだろうなぁ。

語学というのが母国語という意味ならその能力を向上させるのが必要というのは今も昔も変わらないことだと思う。

母国語文化を同じにしない人にあいまいなところなくものを伝えるというのは多様性が求められる昨今の状況だとより大事になるだろうね。

外国語という意味で使っているなら、かつては通訳を使えば済んだ話だし、今はAIが取って代わる。

プログラミング母国語で十分な意思疎通ができれば押しなべて重要というわけでもない。なぜ意思疎通ができないか客観的説明するのには便利だけどね。

2021-04-16

雑誌映画秘宝』の記憶(49)

町山智浩柳下毅一郎問題発言集】(No.19)

 今回の引用は「他人に害を及ぼすという意味での『問題発言』」ではないのですが、虚飾を剥ぐ意味で紹介しておきます

 出典は『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判2』(2004年洋泉社)、発言者を「町山」及び「柳下」と表記記述形式

   [ページ数]

   発言者発言内容

   【※】付随情報や私個人の感想など(適宜)

   (初出)

です。

引用ここから

[p207-208]

【※】監督ソフィア・コッポラ、出演・スカーレット・ヨハンソンビル・マーレイロスト・イン・トランスレーション』の話題

 町山:アメリカでは日本語セリフ英語字幕をいっさい使ってないんだ。

 柳下日本語のわからない主人公たちの孤独感を観客に共有させるためでしょう。

 町山:いや、これは野蛮人扱いだよ。親父コッポラの『地獄の黙示録』にも意味のある言葉をしゃべるベトナム人全然出てこなかったけど、この親娘はアジア人バカにしきってる。

 柳下ソフィア・コッポラ通訳彼女の面倒を見てやってた日本人たちは、この映画を観てどう思うんだろう?だって、ずっとあの女(引用者注:主人公)は「バカみたいな英語ね」って腹の中で笑ってたわけでしょ?

 町山:それ言ったら、主人公が二人とも最後まで一人も日本人を好きにならないってのも問題だよ。日本人カラオケに行って盛り上がるというシーンでも、ビル・マーレイスカーレット・ヨハンソンは二人でばっかり話してて、日本人と打ち解けることはない。

 柳下:だからさ、ソフィア(引用者注:コッポラ)をちやほやしてた日本人友達だと思ってたけど、向こうはサルしか思ってなかったんですよ。

(中略)

 柳下:それにインチキもあるよね。ポールが立ってて、ラップダンスがあるストリップバーが出てくるけど、あんなのアメリカ風俗であって、日本じゃないじゃん。

 町山:え、歌舞伎町にあるよ。

 柳下あんたが僕らを連れてった店でしょ(笑)。あそこはダンサーも客も外人ばっかりじゃん。

 町山:あの店のストリッパー口説いて連れ出して飲んでたら、イスラエルから来た娘で「パパはモサドなの」だって

 柳下:それ、口説いたのは✕✕✕✕✕くんで、あんたはおこぼれもらおうとしてついていっただけじゃん。

 町山:バラすなよ。で、イスラエルから、その娘も兵役経験があってさ、破壊工作班だったって言うんだよ。「建物を爆破するときは片方の柱だけ壊して自重で倒れるようにするのよ」だって

 柳下:何の話してるんだよ!『ロスト・イン〜』でしょ!

 町山:そういえば『ロスト・イン〜』の製作会社で、コッポラ親父が社長やってるアメリカン・ゾートロープって、サンフランシスコでもいちばん風俗街のド真ん中にあるんだよね。向かいストリップクラブがニ軒に、のぞき部屋一軒。ビデオBOXニ軒にファッションヘルスもあるよ。

 柳下:詳しいですね。

 町山:ヘルスはボッタくりだぜ。サンフランの他のヘルスは本番あるのに、ここは手コキのみで…。

 柳下:なんの話だ。ソフィア・コッポラの話でしょ。

引用ここまで=

(初出『映画秘宝』04年vol.53)

 以下は感想です。

【※】二人が『ロスト・イン〜』について言っていること自体には全く同意するのですが「英語能力が不足していて、現居住地アメリカ日本語字幕無しに観ている映画の内容を、町山智浩は正確に理解できていないのではないか?」とか「現地の地域コミュニティ町山智浩は融け込めておらず、現地人の友人がいないのではないか?」との疑惑を持たれるようになってしまった、現在町山智浩視点で『ロスト・イン〜』を観直したら一体どんな感想になるのかは興味深いところです。以前、パトリック・マシアス英語で会話する場面で、町山智浩英語パトリックが聴き取れない、もしくはパトリック英語を町山が聴き取れないと思しき場面もありましたが、今はどうなのでしょうか。

【※】さんざん非・都市部に暮らす非・富裕層アメリカ白人を「土人」呼ばわりして差別していた町山智浩たちが「アジア人バカにしてる」とか言っても「目くそ鼻くそ」ですね。

【※】あいも変わらず性風俗の話をし始める町山智浩は、他にアメリカでの楽しみが無い/無かったのでしょうか?

【※】今回の引用でも柳下毅一郎からは「おこぼれ目当てで後から着いて行った」とバラされているように、性風俗の話はしても「独力で女性口説いたエピソード」を出せないような町山智浩が、何故「オレは『大人恋愛論』を語れる!」と踏んだのか本当に不思議です。

 次回に続きます。ヘイル・サタン

2021-04-15

anond:20210415092931

医療従事者や通訳ボランティアを大量募集の話はその後どうなってるんだろう。

今、ボランティアでやってくれる医療従事者なんているのかな。

2021-04-14

頭が悪すぎて運転免許取れなくて40歳なのに母親に送り迎えしてもらってる、とか

コンビニで買い物するのがわからなくて、母親にやってもらってる、みたいな

隠れ障碍者最近遭遇した。仕事で。

イラストレーター通訳は実力を確認やすいが、

プログラマという職業は実力を確かめづらく、災害レベル人材によって被害を受けることがよくある。

プログラマという職業の、そういうところが本当にツライ。

「うちはpaizaでAランク人間しかとりません」みたいな会社がないだろうか。

IQ135のワイが人との会話に苦痛を感じる理由

常人「何してんの」

ワイ「英語勉強してるんや」

常人「なんで」

ワイ「英語を話す機会があるから

常人通訳はいないの」

ワイ「いない」

常人同時通訳する機械買えばいいじゃん」

ワイ「だれもそんなことしてない」

常人「なんで他にやってる人がいないと駄目なわけ」

ワイ「?」

常人「すぐそうやって他人比較してるからお前はダメなんだよ」

ワイ「はぁ、そうですか」

翌日

常人英語勉強は続いてる?」

ワイ「いや、やめたが」

常人根性ないな。なんでもすぐやめるやつはクソ」

ワイ「お前が同時通訳する機械買って英語勉強するな言うたやん」

常人あん機械に何の使い道があるのかわからんあんもの使うやつはクソ」

相手の反対のことを話して非難するしか会話方法がなくて言ってることがめちゃくちゃ。

最悪なのはこれが身内だったり上司だったりしたとき

2021-04-10

技能実習生失踪対策への取り組み

送り出し機関ホームページ

https://www.myanmarunity.jp/pages/3187/

みたら、きっと、人権蹂躙も甚だしい恐ろしいことが書いてあるに違ない! と思ったら、まとも過ぎて笑った。

外国人技能実習生はなぜ失踪してしまうのか?

技能実習生失踪するのには理由があります

失踪動機で最も多いのは「低賃金」で、他の失踪動機比較して圧倒的に高い人数となっています


実習生は1週間コース日本語学習未経験者は1か月コース)内にて、失踪にまつわるブローカーの手口を学びます

受け入れ企業から面接前に仕事の様子が分かる写真提供していただいております

面接を受ける際は給料面についても納得をした企業を受けるように指導

開講式および出国前説明会では、保護者の同席をお願いしています

ミャンマーユニティ日本通訳が常駐しています技能実習生は、日本での実習中に何か困ったことがあれば日本常駐通訳ミャンマー語で相談することができます

帰国後の就職サポート

ミャンマーユニティは、技能実習終了後に帰国した実習生に対して、日本での経験を生かせる仕事を紹介します。

2021-03-31

anond:20210331202340

兄弟外国10年くらい生活してるけど俺と外人通訳するときバグって俺に外国語で外人日本語で語りかけてるときよくあるわ

2021-03-30

anond:20210329215119

ソフトウェアエンジニアだけど海外企業で働いていたので日本通訳よりは英語力がはるかに高い自信あるので週一でプロボノしてもいいよ。

2021-03-29

英語が得意な彼女

 私が働いているのはNPO的なところで、補助金とかで成り立っているタイプ団体だ。儲けを考慮せずに社会課題解決に尽力するあれ。私はその立ち上げメンバーで、今も経理やら総務やらバックオフィス系をするために在籍している。

 うちの団体外国人支援がメインなので、外国語が得意な人を何人か雇っている。そのうちの1人が彼女だ。

 彼女大学時代フィリピンだかマレーシアかに留学して英語を身につけ、大学卒業後は小さな商社に入ったがすぐにうちの団体転職してきた。今は28歳だから、もう5年も働いている。

 彼女は週に2日働いている。月収は約16万円。月8日しか働かないとすると破格だろう。おまけに彼女実家暮らしから生活もそこまでカツカツという様子もない。

 彼女がやっているのは相談業務通訳パンフレット翻訳仕事でそこまで苦労している様子もないし、残業ももちろんなし。休みも好きにとらせるので、彼女からしたらいい職場なんだろう。

 入社した当初、彼女はしばらくしたらフルタイムでできる仕事転職すると言っていた。私も、そのつもりで見ていた。彼女以外の通訳外国人主婦で(この枠は就業が難しい外国人のためのものでもあった。彼女たまたま代表の知り合いから紹介されたのと、その当時働きたいと申し出ている英語話者外国人がいなかったので彼女を雇った)、家計を助けるために働いている。

 うちの団体補助金で持っているタイプ継続性に欠けるので、正社員を増やす余裕がない。なので、若くて就職もたやすそうな彼女にはさっさと転職して欲しかった。

 しかし、彼女はいつまでも転職しない。うちで働き始めてもう5年目が終わる。今年も、退職の申し出はなかった。本人が辞めると言わなければ一年ずつ契約更新するが、それでも非正規である正社員にはなれないし、通訳翻訳をしているが、業務的に専門性が育つようなタイプものでもない。おまけに、最近Google翻訳も優秀だ。いつまで彼女を雇えるか、私たちにもわからない。

 こんなところで若い時間を、可能性をダラダラ売るまねはやめてほしいし、こんな仕事には早く見切りをつけてほしいのに、彼女は楽してなんとなく稼げている気分になっている。年度が変わったら補助金申請をするが、コロナの影響もあり、補助金が絞られる可能性が高い。そうなると、通訳は一旦雇い止めになると思う。彼女にはそのうち、あなた非正規で、ずっと雇用されるわけではないと伝えなければならないだろう。

2021-03-17

家庭ができたらまともな人間になるって妄想どっから湧いてくるんだろう?世の中のフツーの人とアイディンティがふわっとした人

世の中のフツーの人(多数派)は働く気がない。けどまぁそれはよいとして

世の中の多くの人はフツーに生活ができているので

ネット民みたいに『自己肯定感ガー』『自信ガー』『人間的成長ガー』とか言い出したりはしない

 

アイディンティがふわっとした人たちは Twitter をはじめネットを闇に染めがちだし、

職場出世派閥争い(自分の利になる)以外の無駄な争いや揉め事を起こしがちだ

たとえばこんなの ↓

 「○○さんが酷いんです! sghxfhjkbh、y。ぽ;jぽ;うだどぇhtrjytjytjytjytじゅk」

ぼく「そうなんだ。それはいけないね

 

 「fっれfれgtyじゅくいぉ;ぽ;えでwfyんgじゅyむyむうm;lrgれvれgtrh」

ぼく「じゃあ、XXXをしたらどうかな?」

 「それはちょっと……」

 

ぼく「なるほどね。ではどんなことなら出来そうかな?」

 「○○さんが酷いんです! sghxfhjkbh、y。ぽ;jぽ;うだどぇdwtじゅk」

 

ぼく「…OK、わかった。じゃあ明日からXXXでいこう。ぼくがみんなに話すから

 「今まではこれでよかったのにどうしてXXXする必要があるんですか?おかしいです!gれhfjっkぅいぃうむymymywふぁ」

ぼく「……」

 

加害者被害者(?)関わらずこんな感じ

遠慮せずに言えば、性別・年齢・有配偶・正規非正規・社歴・関係無しに低スキル会社にしがみつくしかない人たちに多い

ただ、会社人生のすべてでなんかではなく、プライベートが楽しければそれでいい

からサクッと会社を辞めてしまえばいいのに何故か辞めないんだなぁこれが

アイディンティ がふわっとしているか自分自身が必要としていることがわから

常に優先度を間違えてしまうのでしょうな

 

けど、どうでもいい揉め事を起こす人たちが、かならずしも低スキルかと言えばそうでもなくて、

英語ビジネス会議通訳が出来るレベル、高いホスピタルティ必要とされる職にも、

いるんだなぁ、これが・・・

 

どうでもいい揉め事を起こす人たちとそうじゃない人たちの違いってなんでしょうね?

 

追記 

自己イメージが硬い。このため他者イメージも固くなる。 そして他人を動かせると思いこんで行動するので、他人を諦めることができない。

しろ真逆の印象を受けるよ

増田の中で「XXしなければならない」を自己イメージ定義しているなら硬いもあるけど

こういう人らの自分とやらは、豆腐よ、ふわっふわで脆く弱い

 

こういうのは有配偶者であることも関係しないと書いたが、本当に自分自身のアイディンティ確立出来ているなら、

どうでもいいことで会社揉め事おこしたりしがみつくことって

○○の妻・夫である、○○ちゃん・くんの母親父親であることよりも優先度は前に来そうですか?

  

まぁ来ないよね

 

 

どう思う?

anond:20210317115809

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20210317115809

 

2021-03-14

fff -フォルティッシッシモ-』〜歓喜に歌え!〜 第10-12

anond:20210314001312

ネタバレ

10ボヘミア地方プリッツ庭園 実況

ゲーテ(歌)「ようこそボヘミアへ」

謎の女(歌)「ようこそボヘミアへ」*単純な輪唱でなく

!謎の女は通訳役だったの⁈天才すぎる上田先生。謎の女無駄に歌うまいなぁ。ふた言ほど通訳した後はハミングに切り替えて実際は通訳していることを表現しつつ、劇中のゲーテベートーヴェン普通に会話をする。

この発音自分が知ってる発音と違うー。

ゲーテ「ほんとうにあなたの歌うべきことを歌っていますか」「まだ見つけていない真実がある。そんな気がします」

実際はベタ褒めだったようだけど、なるほど。

有名なエピソードきました。劇中では皇帝皇后カール大公ドル大公メッテルニヒもいたけれど、史実で目にしたのは皇后マリア・ルドヴィカとその取り巻き

皇后史実では1807年に2番目の妻マリア・テレジアが亡くなって、1808年にマリア・ルドヴィカになっているけど、劇中では千風さんが通しで演じている。だからこそ配役の名前も「オーストリア皇后」でぼかしてるんだな。

謎の女「過激なことを言わないで」

ゲーテ「(ベートーヴェンがまだ拷問も投獄もされていないのは)ナポレオンのおかげだ」

青木やよひ氏の著書によると、ゲーテベートーヴェンを直接諌めるようなことはしていなかった。

ベートーヴェン「奴は、負けない」

ナポレオンを完全に否定しきれていないというのは、かげはらさんの記事と同じ。

ベートーヴェンあなたには、失望しました」

実際はその後和解してた模様。

1812、1814。

葬送行進曲は、若干不吉さを増すオリジナルパートが加えられているか

流刑地はセントヘレナ島百日天下は飛ばされてる。

10場まとめ

11場 実況

A ウィーン会議

百日天下飛ばされたけどウィーン会議きたなあ1814年、退団の煌羽さんがメッテルニヒだしな。

青木やよひ氏の著書では、ゲーテナポレオン後継者メッテルニヒ見出したとも言われるらしいが、イェナ大学監督官の職を固辞。それは事実上監視であることを察知したからでは、と書かれている。これや。

メッテルニヒ音楽はただ美しく、民衆を慰めよ」

あぁ、上田先生京大講義パンとサーカス」だ…。

ふむ、ベートーヴェンの2歳下。彼の窮状を救うようメッテルニヒに訴えたという話を見かけたからそれ絡みかなあとも思ったけど、単純に宮廷側。(なおサリエリ も、ベートーヴェンの《ウェリントンの戦い》1813の演奏会打楽器だかで出演という話もあったけど、単純に宮廷側の模様。)実際ロッシーニウィーン会議はいなかった、かな。ウィーンロッシーニ人気が吹き荒れるのはウィーン会議後か。

テレマン会議は踊る

されど進まず。

実際は何曲か作曲して大活躍だった模様。

監視社会。

史実ではゲーテはテプリッツの時点でベートーヴェンの耳のことを知っていたよう。

メッテルニヒ「彼らはただ腹を満たし、あたたかいベッドで眠りたい。そのためなら革命大義も唱え、それでも不満なら変節して皇帝を支持する。彼らにとっては、革命でも、皇帝でも、音楽でもいいのだ、楽になれたら。さあ曲を書きたまえ、国民が日々の憂さを忘れるような」

痛烈。

謎の女「イギリスへ行きましょうよ」

お?

ベートーヴェン「なぜお前が俺の心配をする?」

うん。家政婦と通訳するうちに情が湧いたのかな。

ベートーヴェン疫病神。失せろ!」

ああ、才能から疫病神に戻ってしまった。

ウィーン会議で《運命》か!

「ほんとうに、聞こえてないのか」

「彼は終わりですな」

映画『不滅の恋』ではピアノ協奏曲第5番が崩壊し、アンナマリー・エルデーディが助けるシーンがあるけど、曲がなんだったにせよこんなことあったのかな。

去っちゃうのー⁈最後まで援助してたルドル大公も。とことん追い込むやつね。

B 過去の幻影

夢白さん美しい。耳が聞こえない怖さを感じたシーンはこっちだったかな。

11場まとめ

12ブロイニング家の居間 実況

おう、帰るんか。ほんとは一回も帰ってないらしいけど。

3拍子かと思ったら4拍子。オリジナルか。

  • レオノーレお産で死亡

おおーー、うーん、これもとことんベートーヴェンを追い込む設定か。実際はベートーヴェンより後に亡くなってる。じゃあさっきベートーヴェンに話しかけたエレオノーレは過去の幻影というよりも天国に行く前だったか

さな炎の健気さ、好き。

プリッツから戻った1812年の秋から6年ほど、"傑作の森"期を抜けたベートーヴェンはまた孤独期に入る。《ウェリントンの戦い》やウィーン会議での成功も彼にとってはなんでもなかった模様。交響曲については1812年7番、8番ときて、次の9番1824年完成までは10年以上開く。

不滅の恋人Aとの破局ナポレオン失脚、急激に悪化する耳(1812年時点ではまだ道具に頼らずとも会話ができていた)、パトロンたちが亡くなり経済的に困窮。甥カール親権問題なども。これが劇中では、ナポレオン失脚は同じとして、ゲーテとの決別、難聴を暴かれ演奏会で失敗、ルドル大公も去り(パトロンがいなくなるという点では一致)、そしてロールヘンの死(不滅の恋人との破局にあたるか)、になってる。

12場まとめ

最後の(最初の?)よりどころであった救済の記憶大事な人も失う。

2021-03-02

anond:20210302152023

こういうドメドメおじさんが取引先で出てくるといちいち海外上司と話させるのに通訳しなきゃいけないかめんどいんだよね...

2021-02-23

うちの会社には通訳がいる

 弊社はやや古い体質の会社なので、海外顧客とやり取りするだけの通訳を二人雇っている。中国語担当中国人女性と、英語担当帰国子女男性海外顧客もそこまで多くなく、二人とも週に二日ずつ勤務している。彼らは基本的には通訳以外の仕事はしない。メール翻訳と、交渉時の通訳担当だ。

 中国人女性は、今日日こういうことを言うと怒られかねないくらいの「典型的中国人」で、声が大きく、面子重要視し、中国本国のお客さんが「恥をかいた」と判断すると平社員だろうと社長だろうと全力で食ってかかってくる。2時間でも3時間でも怒鳴り散らす。そういう性格なので本国のお客さんからの信頼は厚いのだが、しか私たちは彼らとだけ取引しているわけではない。中国企業との取引は、どちらかというと小口取引だ。

 英語担当男性は50歳くらいで、当時は珍しい帰国子女だったそうだ。大学カナダに渡って、その後10年くらいカナダに住んでいて、帰国後にうちの会社にやってきたらしい。いささか鼻につくところがあるが(6年も英語を習うのにみんな英語ができないのは日本教育の敗北、が彼の口癖だ)、大人しい人だ。ただ、彼は体が弱い。今年は半年ほど療養休暇を取っている。その間の仕事は、私が代わりにやった。彼には伝えたことはないが私も英語普通に話せるしビジネス文書も作れる。おまけに最近翻訳機は優秀なので、最悪Google翻訳でもそれっぽいものはできてしまう。私が忙しい時は、そういうものを駆使して同僚が彼の仕事を代行していた。

 私は総務なので、来年の彼らの契約更新用の書類作成している。部長は、「まあ正直、時代的にもわざわざ通訳のためだけに人を雇うのはナンセンスだと思うよ。でも、もうずっといる人だからね」と半笑い書類に印を押した。

 過去には一芸だったものも、時代とともに価値を失う。私だって別に英語を生かした仕事なんかしていない。それでも、こうしてあと一年、年間200万円くらいのお給料を出してまで、我が社は彼らに通訳を頼む。私は、来年は同じ書類を作るんだろうか。いつかは無くなる仕事の「いつか」がもう近い。その日が来るのが、怖いような、早く来てほしいような、変な気分だ。

anond:20210223141304

おれが、リーダーの時は、とおる。

ただ、派遣会社通訳を付けてくれ、そして、長期保証するから製品リリースまでかならず送り込んでくれ。

どう考えてもそのテスター最後までいる。見積もりを頼む。あと服装指定。おわるまで、その格好が必要

anond:20210222184152

発達グレー長期人狼10プレイヤーだよ

長期人狼時間が長い分理屈が重みを持ってるし、発言履歴を見ながら考えられるし、リアルタイム人狼よりはコミュ障でもできる寄り。

長期は複合的に考えられるんで、一つのパーツとして強ければハマるし、メンバーコミュ重視なら初回に吊られる。トリックスターポジションな感じ。

勝とうと思うなら、搦め手を成功させる、まとめ確白に気に入られる、など積極的ゲーム作っていかないとなんとなく変人で弱位置に行きがち。

ねほりはほりしてくれる通訳が付くと生存率が上がる。逆に浮いてる奴のねほり役を引き受けて白稼いだりする。

トリックスターなので理屈をわかった上で意表つける狂人は成績がいい。少数でチームワーク重視の狼はカスみたいな勝率。意外といけるのが人の話を聞くだけ、手順間違えなければ自分意見要らずな確白まとめ役。

-----

つーか人狼ゲームプレイヤー面子に左右されすぎる。効率厨が多ければ理詰めが生きるし、

笑えればオッケーエンジョイメンバーなら変人でもいけそう。

人狼で「性格悪いんですねつきあうの考えます」っていう奴はゲーム現実区別が付けられない輩なので切れ。人狼の狼役はゲームを作っていくGM側。

2021-02-16

恋愛ができないやつのただの呪詛

追記

素直に俺はすごいだろ!えへん!ってなれないところに悲哀を感じる

褒めてやってんだから喜べよ お前に英語ぐらいしか取り柄がないからそれを持ち上げてやってんだろ

そうか、これは認めてもらえていたのか

そんなことにも気づけなかった。認知が歪んでいたんだな。

少し気が楽になった。ありがとう

追記おわり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吐き出させてください。

自分にはある得意なことがあって、友人や同僚からよく羨ましがってもらえる。

例えば英語プログラミングでもイラストでもいいよ)とする。

英語が流暢に話せるおかげでかなり有利にやらせてもらっている。ありがたいことに社内の評価も高い。

だって海外にある取引先との打ち合わせがあっても通訳の手配に必要時間や手間、コストはかからないし、それでいてできばえも良いから。

なぜ英語ができるかって?

カンタンですヨ。全部つぎ込んでるからですヨ。

きみが学生の頃から女性デートしてきた時間を数えてごらん。トータルで何時間だ?

うん、その時間英語勉強に充ててみなよ。

きみは結婚できている。それにそれまでに何人の女性と付き合ってきた?

顔が良いし身長もあるから、手っ取り早く交際まで行きつく。

さぞ色恋沙汰で美味しい思いをしてきたことでしょうよ。

自分は外見に恵まれてない。時間をかけたって顔は変わらないし身長だって伸びない。

でも英語なんか努力すれば誰だってできるようになるんだよ。

それを「羨ましい」の一言で片付けるんじゃねーよクソが。

2021-01-23

anond:20210123110912

エンジニアに客の言葉を話させるくらいなら

通訳営業を雇ったほうが結果論いから、営業を入れるのだが

なぜか直接話したいといって、

エンジニアにわざわざ客の言葉を話させるという、クソ単価の高いことをさせる人が多い

営業なら4人雇えば4倍のしごとを受けられるが

エンジニアが直対応すると、仕事の量が4分の1だから利益が4分の1だから単価を4倍にせにゃならん。そりゃ話速い

エンジニアシェアプランを、専有プランが良いというのだから、そりゃ話は速いが、本来4倍どこじゃねーぞ

 

営業でもPHPPythonぐらいはできるぞ。

2021-01-18

リボ人生絶望して発狂しそう

約30年間自分無能さ、凡人さに対して、必死で目をそらす事で保ってきた自我精神がとうとう崩壊した。

現在どうしていいかからない状態なので吐き出させてほしい。

俺と同じようなタイプの人がいるかからないけど、もしいたら反面教師にしてくれれば幸いです。


俺には少し年の離れた兄がいた。

その兄は色々あって10歳ごろで不登校になり、俺は常にそんな兄を反面教師にして生きた。

両親からは賢いと言われて育ったが、ただ異常なまでに俺を褒める教育方針だっただけだ。

それは所謂普通人生から外れてしまった兄への当て付けであり、兄の教育を失敗した反省であり、

自分の子育てが間違っていない、自分の子供は優秀なんだと信じたい感情からだったと思う。

でもその教育方針は俺自身がなんとなく、他とは違う特別人間で、なんとなく特別な事を成し遂げ、

人より素晴らしい人生を送るのだと思い込ませるのに十分だった。

自分勉強運動もできる、天才特別人間である勉強ができなかったり学校にいけなかったり仕事ができない奴は

人間としてダメだという考え方が、この段階で刷り込まれていったと思う。


中学高校では、吹奏楽部に入った。

当時はなんとなく運動部を避けただけのつもりだったが、

今思えばチーム内での競争や、大会での結果で自分の平凡さに向き合う事を知らず知らずのうちに避けていたんだと思う。

吹奏楽部でも競争はあるにはあったが、男性身体的なアドバンテージや、

大人数での団体種目という事でそれほど劣等感には向き合わずに済んだ。

勉強は隠れて死ぬほど頑張って、まあまあのレベルキープし、そこそこの大学に入れた。

テストの前に全然勉強してないわーっていう典型的タイプだったし、

志望の大学を決める時も、周囲には勉強しなくても入れるとこにしたと言い張った。


当時もまだ自分特別人間だという自負は変わらず、

ハンカチ王子まーくんと同世代というだけでなにか運命めいた物を感じていた。

運動については、運動部の人たちには到底敵わなくなり、勉強しなくても成績がいい天才なのだと信じ込んでいた。

兄とはたまに一緒にゲームをしたりしたが、基本的に部屋でずっとパソコンをしていたのであまり関わる事はなかった。

ただ、兄のようにならないように頑張ろうという軽蔑のこもった念を持っていたと思う。

俺が何か落ち込むような事があった時は、内心でこいつよりは1万倍マシだと言い聞かせたりもした。


大学に入ってからは、受験の時に陰で勉強しまくっていた反動で遊びまくり、成績はひどかった。

高校までの自分理想像では勉強しなくてもできる天才の筈だったが、更に妥協する事にした。

学校勉強なんて社会で役にたたないし、もっと本当の意味での賢さが自分には備わっている。

大学勉強よりも、もっと価値のある事に時間を使っているし、その才能がある。という路線にしたのだろう。

そこからは、友達・人脈を増やす為に頑張った。まずは先輩に媚びて、可愛がられて、それがすごいと思ってた。

交友関係を学外にもどんどん広げていき、フェイスブックは顔見知り程度ならどんどん友達申請した。


そのうちに、ストリートアートの才能がある人物出会って、イベントをやる事になった。

結果、そのイベントはそこそこ成功し、俺は何かを作りあげるクリエーターとしての才能があるのだと思うに至った。

実際は、自分では何も作り出す事ができず、ただ誰よりも彼の作品に憧れただけだったのに。

あげく、彼とはイベント打ち上げで大喧嘩して仲違いしたきりだ。

絵を書かないお前の方が主役みたいだ、自分では出来もしないのに口ばっかり出してくるな、

自分以外はみんな馬鹿だというような態度をやめろ。そういう事を言われた。

同じ天才の仲間だと思ってたのに、急に梯子を外された気分になった。

彼が憤慨して帰った後、とりまきと彼の悪口を言いながら記憶が無くなるまで飲んだ。


二十歳を過ぎてから六本木に入り浸って、色んな経営者やらとも知り合いになった。

知り合いと言っても、今思えば知人の女子大生を宴席に連れていくだけの、便利な愛人斡旋係だった。

そんな社長たちすら、ランクを5段階くらいにわけて下のランク人達馬鹿にしてた。

でもいざ同席している間はぺこぺこへりくだって、そのギャップから、家に帰って目眩がして吐く事もあった。

今日〇〇の社長キャバクラから。それだけを同級生に言っている間だけは自尊心が満たされた。

その人達ですら、自分事業を作り上げて必死改善して、本来尊敬すべき人だった。


まりにも授業に出なかったので、留年しそうになり、慌てて学生ローン借金してインドで1ヶ月ワーホリした。

俺の行動のすべては、順調な人生に見せかけるための、ハリボテのアリバイ作りのためだった。

一浪した就活では、人材大手のRから内定を得ることができた。

面接の時は自分の経歴を何百倍にも膨らませて、嘘もふんだんに織り交ぜて通過した。

そういうところだけ器用な自分気持ち悪かった。

今思えば入社前のこのタイミング軌道修正する最後タイミングだったように思う。


入社したRでは、退社した人材起業したり有名企業要職を務める事が多く、元Rというブランドができていた。

自分もそこで頑張って、起業すればそういうキラキラした何者かになれると思っていた。

だが、現実は甘く無かった。俺の営業成績はすごく悪かった。

そもそも自分理想に対して、人材紹介のエージェントという仕事はあまりもつまらなかった。

転職希望者の話を聞いて、内定がでそうな企業を紹介して日程調整をする。

当然転職希望者は培った専門性を軸に、次のキャリアを考えるが、その専門的な内容がさっぱりわからない。

そりゃそうだ。こっちは他で働いた事もない新卒なんだから職種全然違うし。

同期たちは努力ホスピタリティーやら自分長所を活かして成長していったが、俺にはそれができなかった。


今まで努力反省といった所からひたすら逃げてきたのだから、当然の結果といえばその通りだ。

自分の才能について信じていた”なんとなく”というのは、試行していないが故に可能性が潰れていないだけで、

何の成長性もなく、ただただ自分現実と向き合ってないだけだった。

みんなが色んなチャレンジをして、失敗して反省して、試行錯誤をしていた時に、

中途半端な器用さと自尊心と恐怖心から自分は逃げ続けた。

自分限界に挑戦しないか自分能力がわからず、低いハードルを超えるだけで失敗しないだけだった。

周囲には、人材紹介はビジネスモデルが良くないから本気になれない

より良い新たなビジネスモデルでの起業の準備が忙しいのだ、と言い訳していたが、苦しかった。


アラサーと言われる年齢に近づいた頃、仕事とあるクリエイター出会った。

大学時代のストリートアートの彼すらも遠く霞むような、本物の天才だった。

その人は天才故にずっと苦労していて、話を聞けば聞くほど天才ノブレス・オブリージュみたいだなと思った。

IQゆえの他者社会との隔絶。そこから来る生きづらさ。それこそが天才証明だったのだ。

天才友達が少ない。それだけ普通とは隔絶し、突出した人間から

自分がいつか凡人だと気づく不安なんて感じたことはない。人と違う事で、恐れ、疎まれて来たから。

話を聞けば聞くほど絶望していった。中途半端に器用に生きてきた自分とは、真逆人生だった。

自分コミュ力友達の多さを誇って天才だと吹聴してた。それが真逆で本当に恥ずかしかった。


意を決して、精神科を訪ね、IQ検査を受けた。IQ120弱くらいだった。

天才メンバー間を通訳できる、いいリーダー・つなぎ役になれるという解説がついていた。

天才じゃないという死刑宣告だった。上位10%。クラスで3、4番目。それが俺の本当の実力だった。

だけどまだそれを信じる訳にはいかなかった。

天才特別だと言い張っていたのに、そうでない人生今日から歩めと言われても飲み込む事はできなかった。

IQは一つの指標。そう考えるしかなかった。そうでないと生きて行けなかった。

検査の結果を聞いてから毎日、気が狂うほどの焦燥感が常に付き纏っていた。

本当に24時間何をしていても、少しでも気を抜いた瞬間に、

何かを成し遂げなければならない、特別である事を証明しなければならないという強迫観念が絶えず襲いかかってきた。

会社から逃げるように独立起業する事にした。


人材系のビジネスをやろうと思った。

幸い、人材系のエージェント採用代行は独立ハードルが非常に低かった。

仕事上の取引先ではあるが、コネクションもある。

同業他社と比べると、有料のオプションが1つ無料になる。程度の差別化だったが、

それを新しいビジネスモデルという事にして打ち出していった。

本当にちっぽけなしょうもないアイデアだけど、それに賭けることにした。

勝ち目なんて無いに等しいのはわかっていた。でもそれに全てを賭けるしかなかった。

賭けに負けても死だが、勝負しなくても死だったから。

特別人間であるというアイデンティティだけにすがって、他者馬鹿にし、虚構優越感に浸り、

両親の呪詛成就させ、なんとか生きてきた。

生き続ける為には、この道で食っていくしか無かった。


独立はうまくいかなかった。

あると思っていたコネクションは、俺ではなく会社と繋がっていたのだ。

大手看板が外れて、だれにも相手にされなくなった。

経営関連の庶務雑務の多さも想定以上だった。

元々ないホスピタリティーは更に枯れ果てた。

余裕の無さが更に成功を遠ざける。

うまくいくはずが無かった。

更にコロナ拍車をかけた。

どんどん追い詰められていった。


その頃兄はフリーランスエンジニアとして生計をたてていた。

兄は学生生活こそうまくいかなかったが、こつこつとプログラミング勉強をして実力をつけていた。

いくつかの現場経験していたので、人脈もあった。それを使う事にした。

子供の頃から兄を馬鹿にするのが俺のアイデンティティの一部だったのに、その兄にすがって何とか生きている。

兄は優しかった。逆境に負けず、こつこつと努力を重ねられる強い人間だった。

情けなさと申し訳なさが加わり、更に精神的にはキツかったが、

金銭的にはどん底から少し這い上がれるかと思った。

でもそれもだめだった。三度、天才に打ちのめされることになる。


求職者企業面談をすると、3万円もらえるという転職サービスが現れた。

目から鱗だった。考えた人は紛れもない天才だと思った。

人材業界ビジネスモデルには問題があると先述したが、それについては紛れもない本心だ。

既存人材紹介業は、求職者入社すると理論年収の35%程度を手数料としてエージェントに支払うのが慣例だ。

年収600万円の人材を紹介すれば、200万円以上の手数料を払う事になる。

求職者を集めて求人を紹介し、履歴書を送って日程調整をする報酬にしてはあまりに高すぎる。

人材系のエージェント採用代行は独立ハードルが低いというのは、それが由縁だ。

中小企業や、スタートアップベンチャーがおいそれと手を出せる金額ではない。

加えて、エージェントはとにかく求職者入社すれば高額な手数料が得られるので、

求職者が望む転職になるか」「企業に本当に必要人材か」を無視して、

内定が出そうな企業」に求職者を押し込む事で、売上を伸ばす事ができる。

まりエージェントが売上を追求すると、求職者企業利益を損なうケースが出てくるのだ。


3万円もらえるという転職サービスでは、企業面談時に費用がかかる代わりに、入社時の手数料はいらないらしい。

企業エージェントに払っていた費用の大部分を、求職者が受け取る形だ。

これは、既存転職市場人材業界の諸問題を一気に解決し得るポテンシャルがあると思う。

このサービスを見た瞬間、正気を保ってられなかった。ケチの付けようがないすごいサービスだった。

転職市場人材業界パイの全てをテーブルごとひっくり返す、この上ない破壊イノベーション

最初は思わずネガキャンした。悔しかたから。でもどうしようもなく憧れた。

どうして自分がこれを考えつけなかったのか、今まで何に時間を使ってきたのか。

自分を責める事しかできない。感情はもはや支離滅裂でどうしようもない。

仕事を続けられる気がしない。全て終わりにして消えたい。ネガティブ感情無限ループしている。


一番恐ろしいのは、ここまで書いた事全て、自分は薄々気づいていたという事だ。

それでも、特別人間でなければ、優秀な人間でなければ意味がない、

という自分自身にかけた呪いからそれを絶対に認める事はできなかった。

ここまで絶望的な状況になって、認めるしかない現実が来て、やっと認める事ができた。

自分の心の中の薄々気づいていた部分は、こうなってしまった事をホッとしている気すらする

このままどこまでも狂って、「コロナがなければ・・・」「精神を病まなければ・・・

という言い訳ができればいいと、ただそれだけをずっと泣きながら祈っている。

anond:20210117092235

直接話し合ったら本人達の素のままで言い合っちゃうから揉めやすくなってめんどくせえんよ、効率云々よりそこで本人達が本人達言葉で好き勝手に言い合って仕事齟齬が生まれるより、間に誰かい通訳してもらったり道化になってもらった方が逆に効率がいいんだよ。

大人って意外と冷酷に物事を処理しがちだから言葉の変なニュアンス一つでその業者全員撤退とかあり得るもの

そういう繊細な部分の引き継ぎをしてるつもりで堂々とやったらいいよ。

 

言葉一つで丁々発止してる増田にいるんだから、それを増田胸三寸で事前に防いでると思えば仕事のしがいもあるでしょ。

意外とみんな賢くないし、意外とみんなようわからん不満を溜めて仕事してるよ。

2021-01-02

anond:20210102110823

ハングルなんか1文字も知らんやで。

通訳が全部やるけどニワカ通訳から何言ってるか分からんやで。

2020-12-27

anond:20201227202613

通訳 って 大事だろ?

そのおねーさんがきいているのは どこにいれればいいの? まえ?うしろ? うしろならなんとか ぐらいな意味だ お前らの業界だと 大きな違いだからよ 相手にとってはそこは

さっして とはいわない さっしろ

2020-12-02

別に文理が男女で分かれても困らないけど例えば女性が得意とされている言語の分野で通訳は今後機械で何とかなりそうだからいらない職業になるかもしれない

2020-12-01

通訳希望 今の若い子にはなんていえばいいの?

大島優子さん お金解決しましょう 握手券何枚買えばいい?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん