「南方」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 南方とは

2020-04-29

anond:20200429234423

男さんは国から赤紙が届いたら文句も言わず兵隊として南方に送り込まれ戦死病死餓死してきた性別からさすが言葉に重みがあるね

炭鉱労働者も、アスベスト使用した建物解体して吸い込んで塵肺で短命になるのも男さんばかり

男さんは労働妥協プロだもんね さすが!

2020-02-25

anond:20200225094240

そもそも南方諸島から手漕ぎボート日本にやってきたのが俺らの先祖やで。

実際のところ攻めに行くんやったら船団組むやろうが

別に朝鮮攻めに行くのと難易度はそう変わらんやろ。

2020-02-22

anond:20200222083533

リンクこちらのほうが良かったか

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E6%A7%8D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

問題となった戦局解説記事は、毎日新聞社政経部および黒潮会(海軍省記者クラブ主任記者である海軍御用記者の新名丈夫記者執筆した記事見出し作成山本光春)で、「勝利か滅亡か 戦局は茲まで来た」という大見出しの下でまず「眦決して見よ 敵の鋏状侵寇」として南方における防衛線の窮状を解説し続いて「竹槍では間に合はぬ 飛行機だ、海洋航空機だ」として海軍航空力を増強すべきだと説いている(#『毎日新聞』(1944年2月23日付)の記事参照)。これは海軍航空力増強を渇望する海軍当局からは大いに歓迎されたが、時の東條英機陸相首相は怒り、毎日新聞松村秀逸大本営報道部長から掲載紙の発禁[5]および編集責任者と筆者の処分を命じられた。

2020-02-15

さっきから時計の針が逆に進んでるように見えるけど、鏡の世界だと考えれば別に不思議なことはない。どのボタンも反応しないから一番許せない人の顔を思い浮かべて舟に載せて流したのに、昨日はスーツ姿で帰ってきた。その前はモアイだった。人の形をしている時はまだマシな方で、『寂しい』の概念が来た時は写本を4冊消費した。まだマガダ語の写本が残っているので来週まではたぶん大丈夫だけど、大豆をガス状の気体にして流した時は流石にまいった。そう考えると記憶に中にだけ存在する白い蛇はたぶんソ連製だったのだと思う。天井ちょっとずつ低くなっている気がする。ラムネ瓶の中には2年半いたことがあるけど、その時は一度も朝が来ることはなかった。その頃一緒に入ってた人が今は神戸社長をやってる。南方妖怪も広い意味では同じだと思う。3分待てないからみんな猫になる訳で、その猫が全員人間に戻ったら重力に耐えきれず破裂するかも知れない。男→男なら2000年代によく見かけた気がする。タッパーに入れて持ち帰るのには広すぎるかも知れない。

2020-02-10

anond:20200210170942

■俺の経歴

昭和58年10月4日

昭和61年 宮崎県延岡市ゆりかご保育園に入所

平成元年 同所を卒園

平成2年 延岡市南方小学校入学

平成6年 高千穂町高千穂小学校に転校

平成8年 延岡市立西階中学校入学

平成11年 宮崎県立延岡西高等学校に入学

平成14年 学校法人北九州予備校小倉本校に入学

平成15年 国立大学法人東京大学教養学部文科一類合格

平成17年 東京大学法学部私法コースに進学

平成19年 東京大学法学部私法コース卒業

平成20年 文科省幹部および最高裁判事東京大教授脅迫したとして警視庁から逮捕

平成24年 さいたま県警および群馬県警に対して偽計業務妨害をしたとして逮捕

平成24年10月18日 さいたま地裁越谷支部において1年10月実刑判決

平成25年4月 東京高裁控訴棄却

平成25年5月 国選弁護士事務怠慢で最高裁に上告せず、実刑が確定し、東京拘置所で刑が執行される

平成25年6月10日 栃木県大田原市寒井の黒羽刑務所移送

平成25年6月20日 黒羽刑務所教育訓練工場に配属

平成25年7月 黒羽刑務所10工場に配属(担当教官 長谷川 森脇)

平成26年4月 黒羽刑務所を満期出所

平成27年7月 障害年金1級認定

平成29年 年金額月8万の支給開始

平成30年4月6日 東京都板橋区生活保護受給開始

平成30年6月12日 脅迫罪に対する第一再審請求棄却される (担当裁判官 東京地裁刑事11部 任介辰哉)

平成30年10月 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

平成30年11月19日 再審請求棄却決定に対する即時抗告に対する特別抗告最高裁棄却される

平成30年12月6日 障害等級2級への減額決定

平成31年3月8日 関東厚生信越厚生局にした等級変更処分の取り消し請求棄却

令和元年8月 さいたま地裁越谷支部偽計業務妨害罪に関する第一再審請求

令和元年10月1日 同請求棄却決定 (担当裁判官 杉田薫)

令和元年10月29日 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

令和元年11荒川河川敷でしていた行為に関し軽犯罪法違反東京区検察庁書類送検

令和元年11厚生労働省年金の公開二次審査

令和2年1月7日 生活保護費過払い金返還決定

令和2年1月13日 生活保護費過払い金返還決定に対して東京都知事に審査請求

2020-01-15

anond:20200115222032

よう前田記宏

■俺の経歴

昭和58年10月4日

昭和61年 宮崎県延岡市ゆりかご保育園に入所

平成元年 同所を卒園

平成2年 延岡市南方小学校入学

平成6年 高千穂町高千穂小学校に転校

平成8年 延岡市立西階中学校入学

平成11年 宮崎県立延岡西高等学校に入学

平成14年 学校法人北九州予備校小倉本校に入学

平成15年 国立大学法人東京大学教養学部文科一類合格

平成17年 東京大学法学部私法コースに進学

平成19年 東京大学法学部私法コース卒業

平成20年 文科省幹部および最高裁判事東京大教授脅迫したとして警視庁から逮捕

平成24年 さいたま県警および群馬県警に対して偽計業務妨害をしたとして逮捕

平成24年10月18日 さいたま地裁越谷支部において1年10月実刑判決

平成25年4月 東京高裁控訴棄却

平成25年5月 国選弁護士事務怠慢で最高裁に上告せず、実刑が確定し、東京拘置所で刑が執行される

平成25年6月10日 栃木県大田原市寒井の黒羽刑務所移送

平成25年6月20日 黒羽刑務所教育訓練工場に配属

平成25年7月 黒羽刑務所10工場に配属(担当教官 長谷川 森脇)

平成26年4月 黒羽刑務所を満期出所

平成27年7月 障害年金1級認定

平成29年 年金額月8万の支給開始

平成30年4月6日 東京都板橋区生活保護受給開始

平成30年6月12日 脅迫罪に対する第一再審請求棄却される (担当裁判官 東京地裁刑事11部 任介辰哉)

平成30年10月 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

平成30年11月19日 再審請求棄却決定に対する即時抗告に対する特別抗告最高裁棄却される

平成30年12月6日 障害等級2級への減額決定

平成31年3月8日 関東厚生信越厚生局にした等級変更処分の取り消し請求棄却

令和元年8月 さいたま地裁越谷支部偽計業務妨害罪に関する第一再審請求

令和元年10月1日 同請求棄却決定 (担当裁判官 杉田薫)

令和元年10月29日 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却される

令和元年11荒川河川敷でしていた行為に関し軽犯罪法違反東京区検察庁書類送検

令和元年11厚生労働省年金の公開二次審査

令和2年1月7日 生活保護費過払い金返還決定

令和2年1月13日 生活保護費過払い金返還決定に対して東京都知事に審査請求

2019-11-18

何故か叩かれないもの

屁理屈と膏薬はどこにでもつくというが、エクストリームdisが飛んでこない対象はあるよね

太平洋戦争とき南方ジャングルで戦病死餓死した日本兵なんか割と日本人みんな同情的だったり

他になんかない?こういうやつ

2019-11-07

俺は差別する人間

JIN-仁- を読んでいてふと思った。



詳細な巻数とか覚えていないんだけど、だいたいこんな感じのエピソードだったはず。

幕末医療技術西洋が進んでいたとか、いやいや日本もすごい業績が、とかあるかもしれないけどそれは置いといて。

俺は心の中で常に主語を置き換える癖がある。

「男ってああだよね」⇄「女ってああだよね」、「大人って」⇄「子供って」みたいな感じ。

これは常に自分が正常な判断をしているかどうか冷静に考えるときにとても役に立っている。

そんなこんなだから、上述したエピソード

白人日本

南方仁黒人

と変えて現代に置き換えて考えてみた。

う〜ん。。。

かに、いやだ。現代アメリカヨーロッパには超優秀な黒人もかなりいるだろうけど。。。

そもそも黒人に例えてみよう、と考えた時点でヤバいと思った。

現在28歳。中卒だった俺は就職できるわけでもなく、小さいながら自分で興した会社経営している。

製造業でありつつ、お客様商売の小売もしている。

できるだけ色眼鏡をかけずに、いろいろな人と接したいと常々思っている。

幼少期は親の仕事イギリスインド中国などで育った過去がある。

仕事柄、海外出張も多い。

韓国会社取引するときは先輩からアドバイスを受けて儒教の考えを知るために事前に学んだりする。

取引先への尊重を常に忘れないためだ。

常に、そうしてきたはずなのに...

なんだかとても心がズーンと重くなってしまったので、増田に書いてみた。

2019-10-30

anond:20191030184705

アマゾンの奥地の南方の端にある「ポスカネリプカ」って部族は、成人としての儀式に「顔の型をとって掲示する」ってのがあるらしい。

泥で顔の形をとって、焼く。そして部族が住んでいる中心にある大樹にそれを置く。立ち上がる煙が空に届くことにより神に認識され、顔が大樹に置かれる事により

同じ部族に対して成人だぞ、って事を示すんだ。

顔の形をとるのは大体12-16歳で、その儀式をすると天の神に自分認識され、周りにも認識されたって事で、結婚セクロス、戦いに行くことが可能になる、というかほぼ強制になる。

でも顔の形をとるのは任意で、取らなければ戦いに行かなくても良いし、求婚もされない代わりに恋愛をしちゃいけないし、自分の住居を自分で選んだりすることも出来ない。

そういう「責任自由は共に与えられる」部分に現代文化との共通点を見つけたのがケイケイ=オンっていうアマゾン出身社会人文学者

フェイスブックツイッタータンブラー自分の顔を出すことはある意味現代人の成人的儀式行為で、ポスカネリプカのやっている事と同じって事を説明したのが

結構話題になった。ネットという人類意識集合体=神に対して顔を晒す、そして同じコミュニティに顔を晒すことで、責任自由を得ているのだと。

同時に、自由だけ得て責任を逃れようとする人は叩かれる傾向にあることも示唆していて、

ポスカネリプカは顔の儀式をしない人を死刑にする。そういうのは人間本能的なものであって変わらないのだと感じた。

2019-10-20

anond:20190819192622

本当に日本古来のものを挙げようとなると古事記日本書紀か、民間伝承からとってこないと、あとはだいたい中国由来だったりする。

そもそも日本列島に来た人たちが北方大陸南方から来た人たちで、純度の高いオリジナリティを主張するのは厳しい国だったりするのだ。

2019-09-21

anond:20190920130126

欧米先進国じゃとっくの昔に

ネイティブでない非白人選手国際大会に出るのがめずらしくなくなってるけどなあ

(俺がそれを痛感した最初期の例がベン・ジョンソンなのは皮肉だが、それすら1980年代の話)

それ言うたらすでに1936年ベルリンオリンピックには

日本代表朝鮮人選手を送っとる

大東亜戦争が勝ってたら東南アジア各地からそんなんがごろごろ出とる筈

日本人単一民族説はむしろ戦後産物

しろ戦前は、亜細亜人皆兄弟思想にしておいた方が都合良いか

日本人ルーツ南方だいや北方も入ってるとか喧伝してた面もあった

インテリ政治家まで皆、記紀創造神話文字通りに信じてたというのはウソ

逆に、米国でもどこでも日本から移民して2代目3代目で、もはやその国の言葉しかさない奴で

そんでもってスポーツが非常に優秀な者がおったとして、そいつ国際大会に出てはいかんのか?

2019-08-26

anond:20190819130829

今の憲法下だと専守防衛脳筋旧軍でさえ諦めた本土決戦からスタートだもんなあ。

南方だの北支だのでの外征の記憶よりは、空襲で黒焦げになった隣人や兄弟の片付けをした話を受け継ぐほうが重要だろう。

そんな風になりたくなければ適切な再軍備法制化が必要だよねと議論を進めるためにも

2019-08-16

戦争なあ。

80年代前半、小学生だった私は昔の日本指導者が悪いことをして周りの国に軍隊を送ってひどいことをして、庶民は巻き込まれてひどい目にあって、清く正しく未来担当する国であるところのアメリカが全部解決してくれました式の日本教育を受けていた。

悪の国であるソビエトと戦う正義の国、世界の警察である何もかも進んでいるアメリカ清廉潔白アメリカ。叱られている日本アジア各国にごめんなさいしなくちゃいけない日本

でも、大正まれ祖母の言うこととはだいぶ違うなあと思っていた。

祖母戦争は、神奈川県内の農作業中にアメリカ戦闘機の機銃掃射から逃げ回る話、防空壕の話、当たらない高射砲と高射砲の弾の破片で知り合いが死んだ話、弾に当たったゼロ戦丹沢山の方へ墜落していった話、横浜空襲の話、戦争直後の朝鮮部落とのもめごとの話を概ねループする。南方に行った親戚の話や知り合いの特攻隊の話は言いづらいらしく父母はともかく私にはほぼしなかった。

まあ、アメリカがそんな正々堂々清廉潔白なら、根こそぎ空襲とかしないし、まあ空襲するにしたって爆撃でどばっと効率的にやるならまだしも、わざわざ戦闘機で低空に降りてきて民間人一人一人を追い回して機銃で殺すなんて何か小学校先生が言うのと祖母から聞くのではだいぶ違うと感じていた。

韓国中国にごめんなさいしなさい式の教育も、祖母の言うカンボの奴らが戦争負けたとたんに横暴になって家畜を盗んでいって警察を呼んでも警察に立ち入りさせなくて、どうやら盗んでいった家畜を全部食っちまったらしいってなって、なるほど警察は来ないんだなってことになってその後ひどいことになった、というのを聞いてるとなんか違うって思ってた。

テレビ韓国のことが出るたびに祖母は信用しちゃいけないよって何度も何度も繰り返した。

祖母はすごく長生きした。ボケかかってもまだ信用するなと言ってた。

祖母のいない初めての終戦記念日かあ。

2019-08-04

anond:20190803221254

ドン・キホーテもこだわってるじゃん。カンバンでの表記でw

あと、ユーゴ・スラビアってのも昔あったなぁ。(南方スラブ国)

今でもあるのはロシア共和国ウラディ・ウォストーク

anond:20190804012148

しか天皇になること以外許されなくて25歳で天皇になって34歳のとき首都クーデターが起こって44歳で戦争に負けるというのは幸せ人生ではない気もする。

まあ南方戦場に送られて餓死した兵士とか日本軍米軍の戦いに巻き込まれフィリピン人とかもっと悲惨人生を送らされた人間は同じ時代に何万人もいるのだが。

2019-07-28

日本原子力潜水艦原子力空母をもったらどうだろうか

中国共産党北朝鮮の脅威に対抗するために、長期間航行可能艦船必要ではないだろうか。

長期間燃料補給のいらない原子力動力とする艦船が良いだろう。

から原子力潜水艦と原子力空母を日本も持つべきだ。

空母打撃群南方北方配備し、そのスペアとしてもう一つ、計3部隊あればアメリカ軍日本からいなくなっても国防不安はないだろう。

戦闘機などをアメリカから買うと貿易不均衡の是正に役立つし、国内武器生産すれば国内産業が潤う。

良いことづくめではないだろうか?

2019-06-29

愛知に住んで4年近くたつが、どうもこの土地・人が好きになれない。

今まであまり住む場所に対してこだわりのないタイプだと思っていたことと、普段はむしろ嫌われる側をあえて好きになるようなことが多いので自分でも戸惑っている。

方言とかもむしろ好きな部類だと思っていたが、名古屋弁三河弁は好きじゃない。品がない。

というか、なにについても品がない、というのが一番嫌悪感を感じているところかもしれない。

高級感・品性を上に見せようとしてそれが裏目に出る感じか、むしろ品性の欠片もないか二極化しているような印象がある。

本当に愛知県民には申し訳ないし、そうでない人ももちろんいることはわかっているが、何が好きになれない原因なのか考えていくとこれになってしまう。

さらにこの前調べていたら、名古屋市の市章の「まる八」マークというのは南方から渡来してきた「八(ヤ)の者」という民が由来であるというような記事も見て、眉唾ではあるけれども少し信じてしまった(名古屋市章は「末広がり」であるとか尾張「オハリ」のハであるとかそういった理由公表されているがしっくり来ていなかった。)

自分の中にこうして差別的感情が出てきていることに対しても、びっくりしている。

2019-03-19

自称サヨクにとっての慰安婦問題

自分はどっちかというと左寄りで左翼だと思う。

選挙でも常に労働者側の主張をする政党に入れてきているので自民党に入れたことは20年間1度もない。

所謂氷河期世代」というやつで、今は転職を繰り返して割とまともな職場で働けているがそれまでは労働環境でいろいろと苦労もした。

歴史観

自分戦争オタクなので戦争兵器のことを調べるのは好きだが、まず根底には少なくとも米国との戦争は間違っていたと考える。

米国との戦争が避けられなくなった直接の原因は南部仏印進駐だが、そもそも日中戦争が泥沼化しなければそれも必要なかった。

そしてその日中戦争(正確には、日米開戦までは志那事変)についても何度か終了できるはずのターニングポイントがあった。

トラウトマン和平工作を潰したのは陸軍だが、講和戦争が終わってしまえば困るという陸軍の思惑通りに蔣介石との和平条件を大幅に釣り上げた近衛内閣責任も重い。

そもそも何故軍が勝手に兵を進めるのか、「功績さえ挙げてしまえばそれでOK」という流れを作り出した石原莞爾責任が重い。

満州事変のものの是非についての賛否理解するが、関東軍独断専行政府許可を得ようとしても得られないことから自体はれっきとした罪であり罰せられるべきであった。

日韓関係について

日韓の離間で喜ぶのは北朝鮮であることは理解するものの今の韓国北朝鮮はどちらも同じくらいに嫌いだとはっきりと言っておく。

リベラル自称する自分としては、民族主義国粋主義的な考えが好きになれない。

から民族主義国粋主義韓国は嫌いだ。

韓国人の友人はいるし韓国人そのものが嫌いというわけではない…が、自分の知る限りは彼等も韓国を嫌っている。

情報が偏っている理由としては、日本に来ている韓国しか知らないからというのはあると思う。

慰安婦問題について

色々とおかしい点があるのは理解するが、まず結論としては「慰安婦に謝ること自体」には賛成だ。

ただ、現在韓国の求めに応じた場合日本軍は朝鮮半島女性狩りをして20万人強制連行して戦地強姦しまくった上で用済みになれば殺した」ことについての謝罪になってしまう。

そんなことはしていない以上は、韓国の求めに応じてはいけない。

ただ、だからといって慰安婦を「遠征売春婦」というような呼び方をするのも好きになれない。

公募高収入あったもの過酷な重労働を強いたことは事実で、そこは現代における経営者-労働者視点で見るべきなことだと考えている。

「強いられた」という表現を使うと反感を生みそうではあるが、これについては南方で飢えと戦いながら戦争を続けた兵士たちについても同じことが言える。

戦地が飢えとの戦いになったのは米軍輸送船が沈められたからではあるのだが、そもそも無茶な戦争/戦略国民を突き合わせた責任は当時の政府や軍にある。

なので、「慰安婦については、当時戦場で戦って散って行ったり帰ってきた兵士たちと同じくらいには敬意をもって接するべきでは?」とかんがえている次第です。

米国との戦争は確かに国民が焚きつけたということもあるが、「一億総責任論」は当時の軍や政府責任曖昧にする悪習だと思っている。

慰安婦にも謝罪」「兵士にも謝罪」「徴用者への謝罪」…少なくともその人たちが本物であれば必要なことだと思う。

ただ、謝罪をするからには「20万」「強制連行」「朝鮮人だけ」のような誤解を解くこととセットである必要もある。

2019-03-09

anond:20190309232422

日本人のものルーツ大陸とか南方から渡ってきた人たちなので、結局のところDNA的にみんな同類兄弟さ。

言葉文化も思いっきり断絶してるけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん