「デバック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デバックとは

2017-05-31

Youtuber ヒカルの新事業は「ビジョン」だけのカス人材ベンチャーと一緒

なんか大物youtuberヒカル君が、「新事業を立ち上げます宣言しましたね。「事情があって大学いけなかったような(田舎の)高卒」と、「(都市の)企業」とをマッチングさせるってビジネス自身知名度を生かして高卒高校生集客インターン体験イベントに出席⇒採用まで持っていくことが目的で、サービス利用者の参加費はゼロ。「世の中には能力ある高卒がいるけど、彼らにはチャンスがない。だからそれを与える事業をしたい」なんてのはイケてるけど、これ人材ベンチャーにありがちの「理念だけご立派」なビジネスで終わりそうじゃね?

まさか参加者スクリーニングをしないはずもないから、まず「優秀」な奴を選抜することになると思うんだけど、そもそも腐るほどいる高卒の中から、どうやって”能力”ある個体を見つけるの?

面接や実績、自己PRなどの評価で選別する場合、「口のうまいマイルドヤンキー」・「人当たり良さそうな美男美女」・「コード書ける引きこもり系陰キャ」の3択になるよね。高卒生の能力をこの基準判断する場合マッチングさせる企業は「営業ソルジャ―」「腰かけ一般職」「下級PG」が欲しい会社限定されていくよね。

大企業の「腰かけ一般職」が都内女子大女の子たちに浸食されていることを考えると、営業か下級PGかに絞られる。しかし、若い営業ソルジャ―を欲しがる会社は、有形・無形かかわらず粗利の低いプッシュ営業体制場合ほとんど。下級PGを欲しがる会社だと、永遠デバックコーディング要員としてこき使うような委託体制ほとんど。どことは言いませんが。

そうなると、「田舎でくすぶって腐る若者」が、みごと「東京で使い潰される消耗品」に進化する。これが「高卒に夢とチャンスと可能性を与える」ってことなんですかね?ライン工とそう変わんないと思うんだけど。

2017-05-15

初心者の人のプログラミング力が向上していく過程とそれにかかる年数

初心者の人のプログラミング力が向上していく過程とそれにかかる年数を想像してみた.

1年目 何かのプログラミング言語を触る.よくわからない.とりあえずコード書く.

    アルゴリズムという概念を知る.

2年目 プログラミングというもの理解できる.スコープに注意(値渡し,参照渡しの概念理解できる)

    を向けられるようになる.クラス雰囲気がわかる.メソッド関数の使い方を理解できる.

3年目 この頃からこれが作りたい!となったときにそれを作れるようになる.

    それぞれのドメイン必要知識を学ぶ.

4年目 コードキレイに書くためにはどうすればいいのか学び始める.

    デバッカ存在を知る.printfデバック卒業やったね!

5年目 バージョン管理テスト重要性に気づき,学び始める.

これくらいは,みんなできるようになってほしい(希望

2016-09-08

虚淵玄NEW GAME!

ねねっち「やめて、あおっち! 過労死なんて、あおっちだって嫌だったはずだよ! お願い、家に帰って!」

りん「仕方がないことよ。すべて彼女が選んだことだから。でも、あなたなら彼女運命を変えられる。弊社と契約してPGになってよ!」

眠りから目覚めるねねっち。

ねねっち「ん? なんだ、夢か……」

今日意気揚々イーグルジャンプデバック仕事をしに出社するねねっち。

阿波根「桜さん、実は……」

失踪した従業員(はじめ)の代わりに、モーション班に入ってほしいと頼まれるねねっち。

ねねっち「でもあたし、ただのゲームユーザーで、プログラミングなんかしたことないし……」

阿波根「大丈夫。手が動かせればいいわ」

まるで座っているだけでいいエヴァパイロットみたいな扱いを受け当惑するねねっち。

本当は断りたいが、ボサボサ頭の青葉が視界の片隅に入り、言葉を飲んでしまう。

ねねっち「あおっち、そんな働き方ないよ…… 氏なないなんて嘘だよ。見ているだけで氏にそうだもん……」

青葉「ねねっちに何が分かるっていうの? ゲームを作る、私はただそれだけの存在なの」

瞳のハイライトが消えた青葉が答える。

ひふみん「青葉ちゃんの……ためなら……」

本来なら青葉がやるべきキャラデザ仕事をするひふみん。うっかり青葉×ひふみんルートに入ってしまい引っ込みがつかなくなったのだろう。二十分おきに青葉のクマさん寝袋を抱きしめながら号泣している。

ゆん「こんなの絶対おかしいやん」

ダイエット労災)に成功したゆんが誰に言うわけでもなく独りごちる。

コウ「よく目に焼き付けておくことね。これがあなたの憧れていた仕事よ」

コウの言葉にねねっちは頭を振る。

ねねっち「あおっちゴメンね。私、大卒になる」

2016-07-21

日テレビで天才キッズ特集やっててクソ生意気なガキが出てて何ぞと思ったらちょっとプログラミングできる程度だった

映ったコード見る限りではおそらくenchantjsつかったしょぼいゲームだったし

それで天才ねえと苦笑してしまった

そんくらいこのご時世普通だし天才でもなんでもないわ

試しにつくってみて!

ボタン押したらカウントアップするやつつくる

ドヤ顔で見せるけど、リセットボタンおしえてもリセットされない!

デバッグ必要だな(フッ

スタッフデバック?」

みたいなアホみたいなやりとりが多数あってうざすぎる

その後結局その程度のデバッグもできずにSEの親がでしゃばってきて、デコードしてみた?なんてアホみたいなアドバイス

子どももそのアドバイス全然わかってない

全体的にアホまるだしで見てて馬鹿らしすぎた

2016-05-02

頭のおかしゲーム会社エイリム

自己紹介

・他のスマホゲーは触ったことがある程度で1年続いたのは1~2個くらい

・「ブレイブフロンティアリリース初期からユーザー

他ゲーをあまりプレイできていないため、実は普通ことなのかもしれないが、個人的に「この運営おかしいわ」と思った点を挙げていく

他ゲーでの実施例などあれば指摘していただけると幸いです


株式会社エイリム 高橋Pのやってきたこと>

■初期 (この時期はわりとふつう

公式ニコニコ生放送「ブレ生」開始 … ニコ生パズドラとかでもやっていた

・ブレ生内コーナー「教えてエイリム」 … ユーザーから質問ガチで答えるコンテンツ。踏み込んだ質問も取り上げたり、要望に応えたりするため、一番の人気コーナー

ゲームユニットの上限レアリティを上げる際に、プレイヤーが初期に選択する無料ユニットから解放 … これはサイプロ記事にしていた

ブレイブフロンティアの最高レアリティキャラが、無料ガチャからしか出ない件~無課金ユーザーに優しい運営

http://toaru-sipro.com/?p=8458


■中期 (徐々に様子がおかしくなってくる)

・スタミナ回復時間10分→3分に短縮 … 今でこそ白猫がスタミナ撤廃のため、かすんで見えるが、当時パズドラ回復時間10分→5分にしたことを受け、ブレフロでもという要望が高まり回復時間の短縮を決定。5分と思ってアップデートを迎えたら3分となっていたことに度肝を抜かれた

・最高レアリティ専用ガチャ実装 … ブレフロにおける課金ユニットレアリティは☆3~☆7(2月より☆7の上の幻創進化実装である。☆7になるユニットは一部を除き初期レアリティが☆5のキャラのため、☆3~4産のユニットはハズレとなっていた。ガチャを引いて☆3~4が出た時の失望感ソシャゲ経験者ならおわかりだろう。ソシャゲ運営上避けられないインフレに対し、エイリムはなんと☆7専用ガチャ実装ユーザーは本気でエイリム経営心配した。

(元々1回500円の召喚だったが、☆7召喚は500円のままで、☆3~4を300円とした)

・好きなユニット1体プレゼント … 昨年の2周年記念で実施ユーザー全員が好きな課金ユニットを1体取得できた。(ブレフロでは限界突破はないため、ユニットは1体あれば十分)※後に他ゲーでも好きなユニット1体プレゼントがあったということを聞いた

・ブレフェス … 夏での屋外イベント。昨年の開催日がメンフェスと同じで当日モンフェス関連のTLが大いに荒れる中、ブレフェスは穏やかに進んだ。ユーザー数や実施規模が違うため単純比較できないのは当然ではあるが、来場者限定ユニット配布などしないし、事前に参加フォームにより最大参加人数の把握をするなど危機管理はできていた

・まとめて教えてエイリム … 一番の人気コーナー「教えてエイリム」が時間関係でブレ生でできないことがあり批判殺到。後撮りしてYouTube公式チャンネル配信。このときだけかと思いきや、元々質問が多く取り上げきれなかったためレギュラー化し、毎週配信することになった


■後期 (ユーザー心配をよそに運営さらなる暴走

デバックモード実装 … ゲーム内では「召喚術演習場」という名称デバックモード実装。明文化されていないバフの検証攻撃タイミングの練習用として実装されたが、開発者格ゲー好きが影響してか、かなりのガチさにユーザードン引き

ゲーム業界についてあれやこれや語り合う「ヨルハチ」開始(後述) … あからさまに「ヨルタモリから発想を得ている

投稿されたユーザーの絵や創作物を紹介する「ブレ生」天国開始 … タイトルが「ボキャブラ天国」のパロディであるだけでなく、大賞の景品がてぬぐいであることから高橋Pの相当のタモリ好きがうかがい知ることができる

公式周回機能実装 … プレイヤーレベルレベリングにおいて、ユーザーの間でマクロ疑惑問題視。「教えてエイリム」でも取り上げられるが「疑わしきは罰せず」の方針により煮え切らない空気の中、なんと公式が周回マクロ機能実装マクロ監視を強化するのではなくそうきたかと、ユーザー想像の斜め上の対応は衝撃とともに受け取られた。


■ブレ生での悪ノリ

エイリムを離れることとなったシナリオライターアートディレクターへの感謝手紙を読む際、「両者が泣くかどうか」をブレ生視聴者クイズ投票する企画観光 … 某むらい氏との違いをしみじみと実感した

最近の若者に一切伝わらないひょうきん族パロディを敢行

https://www.youtube.com/watch?v=uKWLx6GQ7i4

1:時間20分と35分あたり

エイプリルフール企画広報アイドル化しクオリティの高すぎる曲を3曲作成 … エイプリルフール企画のためにサウンドチームが3曲作成普通に発注すると300万円ほどかかる模様。作詞高橋Pが担当

https://youtu.be/9wGzjNhxB9M

3:00以降

これに関して、ブレ生出演者でもあるジャスト野島氏は「ほかのメーカーさんも色々仕込んでるけど、この会社やっぱおかしいわw(もちろん褒め言葉)」とコメントしている


□ヨルハチ

最近電ファミニゲーマーの「ゲーム企画書」が話題となっているが、それに匹敵する濃度の動画コンテンツ。間違いなくゲーム好き

の内容となっている

第1回

ファミ通App 編集長 目黒

・週刊ファミ通 編集長 林 克彦

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

Apple禁止したシリアルコード商法功罪」「ガチャが生み出す恩恵の桁違いの話」「ファミ通への入り方」など

第2回 Part.1

・元スクウェア・エニックス プロデューサー 安藤武博 

最近これで話題になった人 なんかスクウェアエニックスが大変なことに

http://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/4488383.html

https://youtu.be/db7YDz4EAys

「どうやったら社長になれるか考えた瞬間にクリエイターとして終わったと思った」「TV音楽文化たりえたが、ゲームがならないのはメディアが未熟だから」「ファミ通クロスレビュー功罪」「」

第2回 Part.2

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

プロデューサーディレクターの違いは映画で例えるとわかりやすい」「日本は作り手意識が強いため、作っていないPをナメがち」「日米の構造的な違いは、日本はPがサラリーマンであること」「ゲーム過去と今を結ぶゲームDJ

第3回 Part.1

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

・元スクウェア・エニックス 坂口博信

SQUAREの話」「FINAL FANTASYの話」「少年ジャンプSQUAREの話」「ドラクエと大きく差別化するために天野氏に依頼した」「クロノトリガー権利が複雑でコラボ実現がほぼ不可能」「坂口博信が語るFFBE」

第3回 Part.2

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

映画 FINAL FANTASYの話」「スマホゲはエグい部分もあるが面白い

第4回 Part.1

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

高橋名人

現在シューティングゲームを買うユーザーは2~2.5%」「クソゲーの話」「クソゲーでも買ったからこそ遊びつくされ伝説になった」

ハドソン入社から名人になるまで」「現代ゲームについて」「ユーザーライクに浸って育った子供たちは忍耐が育まれないのでは」

第4回 Part.2

https://youtu.be/ymCNm5bofKg?list=PLNYqeBA-s5RmdTpmo5LR3X0vOLjjZQbiS

e-sports発展における賭博法の壁」「フードファイター番組になるのになぜゲームでできないのか」「e-sportsが普及すればパッケージゲームが売れるようになる」「splatoonの話」「テニスナダルのように、WiiプロPSでも勝ち上がってきたという展開になると盛り上がるはず」


最後

まだまだ書きたりないことはあるのだが、ひとまずここまでとする。

当のブレフロは2014年8月をピークにユーザー数は右肩下がりで非常に残念ではあるが、

http://v4.eir-parts.net/DocumentTemp/20160502_035623623_q3140ovvxmncdy55xi02wrv4_0.pdf

P32

ブレフロ並びにブレ生を心からしませてもらっている。

各種放送を見て、高橋Pは現在ゲーム業界を必ずしも健全だとは思っていないことが窺い知れる。

いつかゲーム業界に大きな風穴を開けられることを願ってこれから応援していきたいと思う。

…と、こんなことを書いていたら昨日、エイリムロゴ刷新を発表した。

http://app.famitsu.com/20160501_707709/

個人的には前のロゴの方が好きなのだが「ゲームは愛だ」を体現できるよう祈っている。

2015-11-24

なにが辛いかって、コードの「誤字」がしこたま多いこと。

俺、発達障害ADHD)のフリープログラマなんだけど、なにが辛いかって、コードの「誤字」がしこたま多いこと。

変数名とか関数名とか、すぐに間違う。

コード自体妥当なのに、誤字のせいでテストやらコンパイルやらビルドやらうまく動いてくれない、進まないということがあんまりにも多い。

気をつけていてもダメ

補完機能を使っても間違う。

どうも俺は文字言葉に対しての適応が低いようだ。

たとえば縦書き文章は読みやすいが、横書きだと読めない。

小説とかは読みやすいけど、実用書や技術書のたぐいって大抵横書きから、辛い。

口頭で伝えらた数字などで暗算などをすることは著しく難しい(暗算自体別に苦手じゃない)。

これはフリーランスからあんまり日常的には辛くないけど、会社に属してとか仲間と働きたいと思えない要素に一つでもある。

目で見た単語スペルを覚えることができない。瞬間記憶がとても不自由

このせいで間違った文字を打っているということがどうやら認識できないようだ。

知能は検査時ではIQ102でごく普通の知能レベルなんで、コードを考えたりすること自体には不自由は無い。

だけど誤字のせいでデバックに割かれる時間憂鬱だ。

とにかく俺の脳は不便だ。

プログラミング自体楽しい天職と思っているので辞めたくはないが。

2015-11-21

30歳を過ぎた女なんて生きていても価値が無い

これはとあるゲーム会社で働いていて、社長会議中に言われた言葉だ。その時私は二三歳だった。

芸術大学に通い、受験勉強などのプレッシャーこそあれ、温室でぬくぬく育ってきたわたしは、ただなんとなく作品を作り続けて楽しく生きていければよかったと思っていたので、ろくに就職活動もしなかった。だが流石に路頭に迷うのは怖くて、保険としてその会社学生時代からアルバイトとして働いてデバック作業などをしていた。

卒業後いちど都内書籍製作会社に勤務したが、其の社長詐欺師で、会社自体登記されていなかった。給料も払われず、それは違法ですと訴えたが、ろくに仕事もできないヤツだという評価をされて社長直々に懲戒免職(?本人はそう言っていた)になった。

大学時代、世話になっていた会社に行き、事情を話すと、そんなミスをするお前が悪いと言われなながらも、ゲーム会社社長は私をバイトとしてまた登用してくれることになった。

その社長は酒の席でたびたび言った。「お前のような奴はすぐにクビにできるからいい」私は恐ろしくなって、なんとか期待にこたえられるように頑張った。親から常に社会は厳しいところだからちょっと嫌なことを言われても耐えなくちゃいけない。それに当時放送されていたドラマなんかでも、主人公女の子上司から怒鳴られて泣きながらがんばっていた。ああいうふうにならなければと思って頑張った。自分は一度失敗している。それを拾ってくれたのだから感謝しなくてはいけないと。思って、やりたくない仕事だったけれども自分なりに頑張ってみた。

仕事は、デザインに関わるものではなかった。電話取りやお茶くみ。備品管理など。

「六時になったら絶対タイムカードを押せよ。それをやらないやつはクビだ」と言われた。

タイムカードを押して、それ以降の時間を、なにかできることはありませんか、と上司に訊いて回って、なんどかデザイン仕事を回してもらっていた。帰ると夜の11時。給料手取りで16万円ほどだった。体調を崩してもぎりぎりまで病院に行けない。歯医者に行くことも躊躇われた。

そのうちに、直属の上司株価の上がり下がりの気分で私を叱責されたり、でもおっぱいの大きい女性先輩にたいしてはまったくそれがなかったり、別の男性エンジニアが皆の聞こえるように叱責されたり、同僚の先輩が「お前障害者みたいな顔してるな」なんてからかわれているのを見るうちに、なんだかこれはおかしいんじゃないかと思い始めるようになった。

業界ではそれなりに名の知れた方だったし、とても技術の高い人達だったので、おかしいのは自分だと思ってごまかし続けた。自分経験が未熟だから。こういうことを言われるのは当然なんだって

結局スポンジの洗い方がなっていない、泡が残ったままおいておくなんてお前はなにもできないやつだ、と怒鳴られて辞めることを決意した。二年は同じ会社に居ないと次の就職の時に言い訳ができないと思っていた。それは丁度二年目のできごとだった。引き際だと思った。

今私はカウンセリングに通っている。

自殺未遂をしたからだ。30歳の誕生日の前日、29歳最後の日に、ビルの14階から飛び降りようとしたのだ。でも飛び降りることが出来なかった。

いまでもあの時「30歳を過ぎた女なんて生きていても価値が無い」といつも言われていたことが棘のように刺さって抜けないのだ。

寒空の屋上の下、地上を見下げるとそのビルでは結婚式が行われていたようで、スーツをきたキラキラした人たちが車を回していた。たくさんのぴかぴかした車が出たり入ったりしていて、綺麗な花嫁さんの姿がちらっと見れた。ここで私が飛び降りたらあの人達にひどいことをしてしまうかもな、と思っていた。睡眠導入剤を60錠ビールで流し込んで、でも9時間の間、夜が明けるまで飛び降りることは出来なかった。以前遊園地でやったバンジージャンプではあっという間に飛べたのに。

30歳を超えて2年がたった。

頭の何処かでいつも、「女は20代のうちに結婚して、子供を産んで、若くて綺麗なうちに死ぬの一番いいんだ」という考え方が抜けない。

老いたBBAには価値が無い。ただの醜いうんこ製造機

もちろん頭では分かっているんだ。そんな考えおかしいってこと。

世の中には素敵な女性がたくさんいる。みんな自分目標や考え方に向かって真摯に生きている。彼らも悩みながら、でもたくましく生きている。分かっている。

でも、どうしても、どうしても、30を超えて子供がいないこと、結婚していないこと、BBAインターネット上で言われる度に、やっぱり「生きていても価値が無い」と言われたあの社長台詞が思い起こされる。

長く投薬とカウンセリングを続けてみたけれども、この考え方を拭うことは結局出来なかった。

私は価値の無い女として、このまま生き続けるかもしれない。でも早くまた飛び降りしまいたいと、思っているのも本当なのだ

どうしても、この考え方を変えることが出来ないのだ。

変えたいと思っているんだ。でもどうすればいいのかわからない。色々試した。

本当はそんなことないって理性ではわかっているのに、心の根っこの所だれかが「でも意味ないよねBBA」って罵ってくる。

来週でカウンセリングを終わりにしようと思っている。薬で誤魔化して、それでもだめなら落ちるために、また屋上に行こうと準備をしている。

2015-06-17

6/16の日記

日記なのだから日記を書こうと思う。

■7:00 起床

 最近使い始めたアラームアプリは簡単な計算問題を解く必要がある。

 今日は27-13。

 最初は良かったけど、最近は寝ながらでも問題を解けそうなので、

 問題難易度を上げようと思う。

■7:05

 ベットに寝ながらネットサーフィンをする。

 昨日Newspickで書いたコメントいいねがついていた。

 やっぱりアイコンを女の写真にしておくと食いつきがいい。

■7:30 出社準備

 ベットから這い出て軽いストレッチの後シャワーを浴びる。

 またネットサーフィン

 未だにテスト駆動開発とか言ってるのを見つけて懐かしい気持ちになる。

 去年死んだでしょ?

■8:40 家出

 自宅を出て駅へ。

 どういうことか、行くときに反対方向にすれ違ったおばちゃんと

 5分後ぐらいに別の交差点で会う。

 数年かけて最短コースを探索したつもりだったけど、

 まだ他に抜け道でもあるのか。

■08:57 電車に乗る

 今日電車が遅れてきた。

 最近時間通りだと驚くぐらいだ。

 同じ車両に綺麗な女性を見つける。

 彼女に会えただけで今日家を出てよかったと思える。

■09:30 会社最寄駅到着

 今日フレックス出社。

 09:15には出社する予定だったはずだけど気にしない。

 コンビニでお昼ご飯を買う。

 今日会計モバイルSuicaで払おうとしたら、

 言う前に店員がSuicaタンバイしてくれていた。

 有能。一緒にLINEIDも渡してくれたら完璧だった。

■09:45 会社到着

 遅刻した気がするがいつものごとく何も言われない。

 この会社就職して良かったと思える瞬間。

 スマホロッカーに入れて、PCの電源を入れて一休みする。

 今日も一仕事終わった感。

10:00 仕事開始

 くだらないメールを読んでくだらない電話に回答して

 ネットサーフィンする。

 近くにいる今年配属された新人ちょっかいを出す。

 相変わらず真面目で面白味のないやつだ。

 2ch二次裏ニコ動ネトゲはてな発言小町も知らないらしい。

 うむ、その生き方が正しい。

11:30 まだ仕事

 やっと雑用が終わってEclipseを立ち上げる。

 起動を待ってる間にネットサーフィン

 木村岳史の極言暴論コラム、今度は「中国にも抜かれるIT後進国ニッポン

 人月商売が引きずり込む奈落」らしい。

 この記事Facebookいいねランキング一位なんだけど…IT後進国だと実感するわ。

12:30 昼休み 

 朝コンビニで買ったごはんを食べる。

 今日は早く帰るだろうと思い、残業用に残しておいた菓子パンも食べる。

12:45

 「達人プログラマー」を読み返す。本に書いてあるようには上手くいかない。

 自分けがDRY原則割れ窓理論を守ってもしょうがないんや…

 昼寝。

■13:00 午後の仕事再開

 人から質問を受ける。

 「この社内業務用のサイトがやたら遅いんだけどなんで?」

 あーとりあえずF12押してからF5押してください。デバックできます

 …このサイト、ただプルダウン表示するだけでサーバと六千回通信してる…!?

■13:30

 摩訶不思議サイトの件はもっとPHPに詳しい人に投げる。 

 いつも思うけど、どうやったらあんなつくりにしようと思えるのか。

 IT後進国

 やっと自分コーディング作業を開始する。

 といっても朝だらだらしているうちにだいたい考えていたので、

 あとはタイプするだけ。

■14:00

 タイプに飽きてきた頃に別の人から質問を受ける。

 「去年君が作ったプログラム見てるんだけど、

  あれなんで実コード10行程度なのに10画面もあるの?」

 一時期私の中ですべてXMLに書くのが流行った時期があるからですよ。

■14:30

 本気で飽きたので業務と関係のない自動プログラムを作って遊ぶ。

 あとは上司にこのExcelを開かせれば楽しいパーティーの始まりだ!

 だいたいこういう調子に乗っているときはよくないことが起きる。

■15:10

 そして顧客から障害発生の連絡を受ける。

 幸い運用は止まっていないけど今まで見たことのない挙動をしてる。

■15:30

 障害の原因特定。現地の担当に連絡して対処してもらう。

 一段落したけど、担当から

 「今日は様子を見るので遅くまで残っておいて」とのこと。

 昼に菓子パン食べたの後悔。

■16:00~

 記憶がない。

 たぶん仕事ネットサーフィンしてた。

■21:00

 帰宅準備。

 帰り際に同じフロア女の子からしかけられる。

 「いつも椅子に浅く寝るみたい座ってますよね。

  落ちないかな、と思っちゃいます。」

 これはプログラマー伝統的なポーズなんだよ。

 古事記にもそう書いてある。

■21:30

 スマホを取り出すとこの前の日曜に遊んだ女子大生からLineが来てた。

 「ブラック企業って本当にあるんですか??」

 大学生らしい質問だと思う。

 企業ブラックホワイトで分けられないんだよ。

 

 他に一つ下のフロアで働いてる女性に送ったLine

 もう一週間未読放置されてる。徹底的すぎるでしょ。

 事務連絡っぽく送ったんだからせめて既読ぐらいつけてくれてもいいのに。

■22:00 晩御飯

 スーパー惣菜を買って帰って食べる。

 スプラトゥーンの対戦実況動画にもそろそろ飽きてきた。

 ココア神拳動画はよ。

23:50

 この日記を書き始める

2014-07-25

白状しよう

白状しよう。

高校の時、自販機バグ発見した。

うろ覚えだが、50 円玉と 10 円玉を含んで、ある条件を満たした金額を投入して返却レバーを押すと、何故か 10 円玉の分だけ 100 円になって戻ってくるというバグ微妙に違うかもしれないが、確かそんな感じ。

初めはジュースを買うときの偶然だった。

俺はそれがバグなのではないかと思った。様々な組み合わせを確かめ、条件を満たすとジュースを買わないで返却するだけでも、お金が増えることに気づいたんだ。

次に、同じメーカーの同種の自販機では再現するのではないか?と考えた。悪巧みでつるんでいた友人らと深夜に同種の自販機を探して試したらなんと全部再現してしまった。

大量の小銭を持ち込んで、その作業を繰り返したら、一晩で高校生の俺らにはとんでもない金額になった。

一ヶ月ほどでその種類の自販機が全部入れ替わって無くなった。きっとバグに気づいたんだと思う。

やまわけしたあと、最後にみんなでびっくりドンキーハンバーグを食べに行った。うまかった。みんな貧乏な家の出身で、めったにそんなもの食べてなかったから。

今なら、あれは反社会的な行動だったと常識では思うけど、本心を言うと未だに反省していない。

お金が儲かるというのは貧乏自分らにとって必然的に有利なことで、罪悪感があったとしても「金が必要から」という気持ちが大きかった。

でもそれよりも、どこかそういう仕組みに気づいた喜びが大きかった。誰も知らない仕組みに自分が気づいたっていう喜びの方が。それを使って、なんかしてやったっていう達成感の方が。

俺は高卒後、プログラマになった。

あの自販機のことを思い出すと、ユーザーはどんな想定外のこともするという前提で、デバックエラー処理をしなければならないと、強くそう思う。

今は、他社のサービスバグを見つけても、開発を助けたいという本心から報告を送るだけだ。でも、仕組みに自分が気づいたという喜びはなくならない。きっとこの喜びがなかったら、プログラミング自然に身に付けることもなかっただろう。

2014-07-21

デバッグ!!

デバックってメールに書いてくる人が多いんだけど、debugはデバッグと呼びたい。

2013-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

さんこうになった。

デバックノウハウがたりないかもしれないと思うきっかけになった。

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

http://anond.hatelabo.jp/20130322031333

参考になった。

確かに、参考書籍を読んで写経という流れよりも、参考書に書いてある問題を自分なりに考えて、間違いを修正するという、トライ&エラーの方が学習効果が高いという実感はあった。

その実感と照らし合わせると、なるほどと思う内容が多かった。

デバックについては、なし崩し的に身に着けているところが多いと感じたので、人に聞いたり調べたりしてみたい。

続きがあるようなので期待してます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん