「戦時中」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦時中とは

2022-05-18

機雷威力ってやべえな

こんなもん地上で爆発したらどうなるねん

https://www.youtube.com/watch?v=wtthhilAO3Y

 昭和17年1942年5月日本軍の攻勢により推移していた太平洋戦争は、後に戦局の変わり目として位置づけられる事になる「ミッドウェイ海戦」を目前に控え、重要局面を迎えていました。

 しかし、戦時中とは言え普段ほとんど変わらない生活を送っていたここ下湧別村の漁民にとっては、そんな国家の重大事など知る由もなく、折しもオホーツク海沖合に現れたニシンの大群の行方が目下の関心事でした。

 ニシンの豊・不漁はその年の村民生活水準にそのまま直結するため、その群の到来に村はにわかに気づきます

 そんな5月17日、その日も沿岸では村の漁師たちが総出で網を仕掛けていましたが、その作業中に一人が波間に浮遊する金属製の樽状の物体発見します。

 そして、素人から見ても異様な雰囲気を醸し出すその”水に浮く不思議な鉄の塊”がおそらく「機雷」であろう事に彼らが気付くまでにはそれほど時間はかかりませんでした。

 思わぬ危険物の漂着に漁場は騒然となりましたが、「これが機雷であればなおさら放置しておく訳にもいかぬ」との”勇気ある”漁労長指示により網に掛けながらひとまず浜まで引き揚げる事にします。

 数十分後、幸い移送途中で爆発する事もなく「ポント浜」の砂上に”恐る恐る”陸揚げされた直径約1.2m・長さ約1.5mの機雷対峙した一同は、まず警察への通報が先決との判断により代表者市街地にある派出所へと向かいました。

 ところが、その時派出所では村の東側に隣接する「サロマ湖」内で時を同じくして発見された”もうひとつ機雷”を巡って既に大騒動となっていたのです。

 ”国籍不明”の危険物が二つ同時に漂着したこの”大事件”については、一帯を所轄していた「遠軽警察署」を経て直ちに北海道庁警察部」へ連絡が取られましたが、意外にも警察からの回答は「所轄署責任において爆破処理せよ」というまことに素気ないものでした。

 実は北海道特に日本海沿岸地域における浮遊機雷の漂着は当時それほど珍しくはなく、これまでの事例では当該所轄警察署の手によって難なく処理されていたという事実が、先の無関心とも思える本部指示につながる訳ですが、当地では前例がなく、ましてや爆発物処理の専門知識もない遠軽警察署としてはその対処方法に頭を悩ます事になります

 その後即刻開かれた署内幹部会議上では「軍の協力を仰ぐ」という策も提案されたものの、遠軽警察署長としては「他の署が自力で処理しているレベルの事案について他所の助けを乞う」などその自尊心が許しませんでした。

 こうして、意地でも地元の手によって行わざるを得なくなった作業は約1週間後の5月26日午後1時に決行すべく、二つの機雷を「ポント浜」一箇所に集め、遠軽警察署の監督の下、その運搬・管理地元警防団警察消防業務を補助する民間組織)に、そして爆破処理を管内にある「生田原銅山」の”発破技師”に依頼する事が正式決定されました。

 しかし、この時署長の頭の中ではこれを機にもうひとつの”とんでもない”計画が進行中だったのです。

 ここ下湧別村をはじめとする遠軽警察署所轄管内では普段大事件が発生する事もなく、平穏であるがゆえ警察署長の立場としては至って”退屈”な日々を過ごしていました。

 また、生活のため日頃と変わらず農・漁業に勤しんでいる人々が、署長の目には「戦時中にも拘わらず危機意識がない不心得者」のようにも映っていました。

 そこで、この機雷爆破処理作業一般に公開、爆発の威力を見せる事で庶民の「戦意」と「国防意識」を高めると同時に、警察威信を確固たるものにするべく画策していたのです。

 かくして、村役場などを介し回覧口コミで村内はおろか近隣地域にまであまねく周知されたこの”一大イベント”は、物珍しさも手伝っていたずらに人々の興味をそそり、更には当日わざわざそのために臨時列車が手配された事もあって、その日は爆破時刻の午後1時に向けて老若男女合わせて一千人規模の見学者が各地から現場へ向かっていたと聞きます

 さて、決行2時間前の5月26日午前11時頃、現場のポント浜では遠軽警察署長以下警察官9名と、署長命令によってなかば強制的にもれなく召集された下湧別市街及び近隣集落警防団員約150名が事前集結していました。

 二つ並べられた機雷を前に、あとは生田原から火薬専門家が到着するのを待つばかりでしたが、しかしここに至って爆破方法を巡り現場が混乱する事になります

 通常、機雷の爆破処理というのは水中において一つずつ行われるのが定石であり、その日もそれに従って実行される予定でしたが、当日になってその事実を知る事になった漁業本職の警防団からの猛反対を受けます

 というのも、海中での爆破は一帯の魚介類死滅させる恐れがあり、それは漁民にとっては明日からの生きる糧を失う事を意味しました。

 彼らにしてみれば死活問題だけに警察からの再三の説得や恫喝に対してさえ一歩も退く事は出来ず、しばらくの”攻防”の末、漁師たちのあまりの頑強さについに根負けした署長は陸上処理への変更をやむなく了承します。

 粘った甲斐あって勝ち取った結果に安堵した警防団員たちでしたがその代わり、陸上で爆破するには現在近過ぎる二つの機雷を、誘爆させない距離として設定された約50mの間隔まで引き離す作業が待っていました。

 こうして気乗りしないまま予定外の力仕事をする羽目となった彼らの心中には、これらが「既に機能を失った不発弾に違いない」という思いが一様にあったようです。

 発見されてから1週間まったくの変化も見せなかったこの”錆びた鉄塊”に対して徐々に警戒心が薄れていった事に加え、ことサロマ湖から運ばれてきた方には、実は数日前に”命知らず”な村の鍛冶屋によってあろうことか持ち寄ったハンマーで叩くという危険まりない試みがなされていますが、結果その衝撃にもびくともしなかったという事実も、「もはや危険ではない」と彼らを暗に確信させる要因になっていたのでしょう。

 それぞれ多忙仕事が待つ警防団員たちにとって、本業もままならない毎日を無理強いするこの”いまいましい敵”への扱いは、そんな思いもあってか最初最後では大きく異なっていました。

 初めこそその取扱いには慎重を期され、移動も衝撃を与えないように砂上をゆっくり”引きずる”方法がとられていましたが、この段階では労力を惜しんでか本体ロープが巻きつけられ無造作に”転がされて”いたと言います

 しかしやがて、鍛冶屋の”無謀な挑戦”を受けていない方、つまりオホーツク海発見された機雷が、軟らかいから馬車道の硬い轍(わだち)の上に転がり出た瞬間…それは既に浜に到着していた気の早い数百名の”観衆”が見守る中で起こりました。

 今まであれほどいかなる反応も示さなかった機雷が、まるでこの時を待っていたかのように火花一閃、大爆発を起こしたのです。

 そもそも軍艦をも爆沈させるほどのその破壊力は当初の想像はるかに超えるもので、破片は爆風に乗って障害物がない砂浜の中を数百メートル渡り飛散、傍らにいた警防団員や警察官は言うまでもなく、一応安全考慮して遠巻きに置かれた一般見学者の多くも無事ではいられませんでした。

 爆発による黒煙が消えた後には、直径10m・深さ3mの穴と共に、周辺に斃れたおびただしい数の人々が残され、そのほとんどは瞬時にしてその命が失われたであろう様子が一目で判るほど現場凄惨を極めたそうです。

 現場から4kmほど離れた下湧別市街地でさえもその轟音と震動に激しく揺れたと言われるこの前代未聞の機雷爆発事故においては、死亡者112名・重軽傷者112名という未曽有の惨禍を見る事になりました。

 そして、この”公開爆破”を企画した遠軽警察署長や、直前において爆破地点を変更させた警防団代表者も、その過ちを悔やむ時間すら与えられないままこの日帰らぬ人となっています

 この大惨事により現場居合わせ警防団員のほとんどが死傷し、下湧別村は多くの”働き手”を、そして家族にとっては一家の”大黒柱”を一瞬にして失いました。

 「一体誰のせいでこんな事になってしまったのか」…機雷を放った知らざる敵か、現場に丸投げした道庁警察部か、それとも無謀な計画立案した警察署長あるいは陸上処理を主張した警防団員か…もはやそれをぶつける相手もいない中、人々の行き場をなくした怒りと悲しみだけがポント浜には残されました。

https://touch55.hatenablog.com/entry/2019/06/09/181743

合掌

2022-05-17

anond:20220517131740

いやお前、ウクライナロシアに攻め込まれてるのに今でも戦争ギャグで笑えるなんて・・・サイコパスなん?

かに日本戦時中じゃないけどさ・・・

anond:20220517131350

まあギャグになるのは単に「自分には起こらないことだと確信してるから」だろうなあ

戦争ギャグをしてもフィクションだと笑えるけど、戦時中なら笑うなって叩かれただろう

日本に住んでいるなら日本否定したり批判するな

そんなに日本が嫌いなら日本から出ていきなよ

日本語使うのもやめようね

戦時中ならお前はリンチされてるから

2022-05-16

anond:20220516102633

戦時中に生きてたこともないのに何が理解できるのか?

anond:20220515193450

そうやってゆれながら変わっていく。

戦時中戦後に比べて良くなってないと?

anond:20220515193450

社会の風潮が絶対正しいマン」が戦時中には非国民探しをしてたし、戦後旧日本軍批判してたし、最近では脳死ポリコレマシーンになってSNSで暴れてんだよ。

これに尽きるな。

つの時代自分の頭で考えられない奴が悪

anond:20220516072005

日本人正義理解できないからだね

差別絶対悪だとわからない

戦時中虐殺苛烈人種差別批判されまくった日本は、このままでは日本人愛国心がなくなり軍のために働いてくれなくなると危惧して、

みんないいところも悪いとこもあるし、考え方もそれぞれあるし、正解なんてないよ!差別って言うけど人によってもの見方や考え方は違うってだけ。誰が悪いってこともないよ!戦争アジアのことを思ってやったんだよ!日本軍の偉大な先祖を讃えようね!

という教育をした

から権力への批判精神も育たない

2022-05-15

価値観のアプデとか言ってる奴らがこわい

新しい価値観絶対的に正しいわけでもないのに「最近の風潮に付いていけてない」と言うだけで批判した気になってるブコメが多くて怖いよ〜

近大美女図鑑の話ね。俺もアレは悪趣味だと思うけどさ、「最近の風潮ではそう言うのはダメになってきてるから」では何の理由にもなってないのよ。

ルッキズムからダメ」も一緒な。身体能力知的能力は良くて、どうして外見的魅力だけ取り上げることは許されないのか合理的説明できるならいいけど、単にそれっぽい言葉出してるだけじゃん。

学問関係いかダメ?じゃあサークル活動の紹介も何もダメになるだろ。パンフ紀要じゃねえんだぞ。

批判したいなら、世間の風潮を持ち出さずに自分の頭できちんと考えてせえよ。

世間じゃなくて、貴方が許さないのでしょう?)

社会の風潮が絶対正しいマン」が戦時中には非国民探しをしてたし、戦後旧日本軍批判してたし、最近では脳死ポリコレマシーンになってSNSで暴れてんだよ。

価値観のアプデとか言ってる奴らがこわい

新しい価値観絶対的に正しいわけでもないのに「最近の風潮に付いていけてない」と言うだけで批判した気になってるブコメが多くて怖いよ〜

近大美女図鑑の話ね。俺もアレは悪趣味だと思うけどさ、「最近の風潮ではそう言うのはダメになってきてるから」では何の理由にもなってないのよ。

ルッキズムからダメ」も一緒な。身体能力知的能力は良くて、どうして外見的魅力だけ取り上げることは許されないのか合理的説明できるならいいけど、単にそれっぽい言葉出してるだけじゃん。

学問関係いかダメ?じゃあサークル活動の紹介も何もダメになるだろ。パンフ紀要じゃねえんだぞ。

批判したいなら、世間の風潮を持ち出さずに自分の頭できちんと考えてせえよ。

世間じゃなくて、貴方が許さないのでしょう?)

社会の風潮が絶対正しいマン」が戦時中には非国民探しをしてたし、戦後旧日本軍批判してたし、最近では脳死ポリコレマシーンになってSNSで暴れてんだよ。

---------------------------

追記

増田価値観のアプデを否定する保守派」みたいなブコメがちらほらあって笑った。

ほとんどの人はわかってるだろうけど、価値観アップデートすること自体が悪いなどとは言ってないし、言うわけもない。どう考えても昭和よりは生きやすい世の中になっているよ。

ただ、どこの誰がどういう政治意図で広めたかもわからない「新しい価値観」を、自分の頭で批判検討もせず、思考停止で正しいと思い込む操り人形みたいな奴らが怖いと言っているだけ。

もし「戦争に反対する奴らは非国民だ」って風潮になったら「価値観のアプデができてない遅れた奴ら」を叩き出すんだろうからね。

2022-05-07

ゴールデンカムイ、どこまでが真実なのかよくわからない

ロシアアイヌがいるのは本当くさいが、師団存在戦時中の話、歴史上の人物説明関係性がどこまで事実でどこからフィクションなのかよくわからんのよな。

そのあたりが読んでて気持ち悪い。

2022-04-25

昭和天皇写真がチラっと写っただけじゃん

たったそんだけで発狂する日本人やばくないか一億総お気持ちクレーマーなんだな

世界から見たら未だに戦時中なのかと思われるよ

2022-04-24

昭和天皇侮辱したとは思っていない

あの時代昭和天皇大日本帝国で神のような存在だった

人間宣言において神から人になったので戦前戦後は別人だろ

日本人必死擁護するが、戦時中所詮ファシズム象徴に過ぎなかった

今更、取り繕った所で欧米認識なんて変わらない

やっぱり日本人はあの頃から変わってないね

2022-04-22

どんなに白々しい大本営発表も信じてるフリをするしかなかったんだな

今のロシアを見てると、戦時中日本がどういう空気だったのかが見えるような気がしてしまう。

今と違って世界がどうなっているのかを知る方法マスコミしかなかったわけで、

それが政府に隷属してしまえばどんなに疑わしくたって声上げられないよな。

下手なこと言えば物理的に口を塞がれるわけで。

そういう過去があっても、現代においてトチ狂った国家元首が実際に暴挙に出るまでその可能性を真剣考慮しなかった。

ロシア一般的国民は、他国蹂躙するためにプーチンを担いだわけじゃないだろう。

日本という他国ですらプーチン好意的に担がれてた時代があったわけで、ロシア国民に現状を予見しろ、なんて無理だよな。

この事態を直接見人間は学べるだろう。けど、世代が変わればまた単なる記録として残るだけで

それをいくら学んでも実際に経験した場合とは比較にならない。

「百聞は一見に如かず」という言葉が示すとおりだ。

技術だけは進歩するけど、人類は一向に賢くならないなぁ。

2022-04-20

anond:20220420122651

これ元は「貧乏だった戦時中じゃないんだから千羽鶴送るより金や物資送ろうぜ」って話なんだけど

から入ってきたなら最初から読んでから話に加わろうぜだし

そうでないなら将棋盤ひっくり返すのやめようぜってやつだよな

2022-04-18

anond:20220418212946

戦時中ペット心配とか他の死んでいった人らを代わりに連れて来れたら良かったのに

2022-04-11

anond:20220411170417

なるほどなあ

似たようなことが昔の作品にもあったのかもと思うと興味深い

物語舞台西暦何年なのかをはっきりさせた創作物がどのくらい昔からあるのかは知らないけど、例えば戦争前と戦時中じゃ全然世の中ちがうから作品描写にがっつり関わってくるよねきっと

2022-04-09

年相応

年相応ってべつに法律ではないんで従わなくても法的な問題はないけど、

もっともねぇと見なす価値観の人が多いので損をするってことなんだろうか。

例えば歳の差恋愛ドン引きする人は多い。たしか犯罪のケースが多いんで基本的忌避するものなのはわかる。でも成功例もある。成功例のレアカップルは肩身が狭いのだろうか。

でもナウなヤングってなんか目上の人に対してもチャラそうだし、「年相応でなければみっともない」という概念を持つ人間って減って行ってない?

高齢者の多死期間を経て人口ピラミッド上の老人山脈がどんどん削れていくにつれ、その辺の価値感も急激にシフトしていくのだろうか。

DJ KOOとかどうなん?

藤子不二雄A先生なんかは80とは思えないくらいめちゃくちゃ元気でしたけど。受け答えがハキハキしてて。

ジブリ作品って倫理的にアレなところもあるけど人気だから叩けない」みたいな言論を水面下で観測するし、ジブリ亡きあとバッシングが始まるのでは?みたいな予測をしてるのをインターネット言論界で見かけた。潮目が変わる時が来るのだろうか。

トシをとると若いからはどうしても対等に見られない、気を遣われるので、それ相応の暗黙の察しが必要みたいな人生訓を見かけるけども。一理あるとは思う。

でもそれって因果をよく考えるとニワトリタマ状態で難しくない?トシとった側が若い人に壁作ってるから若い人のほうも壁を意識してるだけじゃね?

壁を作っているのはどちら側か?という問題がそこにはあるのでは。

ていうか「人生100年時代(笑)」でしょ?それに合わせて年相応のライン見直しいかないと整合とれなくね?

まあ成人年齢は18になりましたが。

そもそもトシとっただけで年相応風の所作をするのは無理くね?

なんか出向先の某大企業社員が「苦労をぜんぜんしてこなかったので」みたいな口癖で、たしかにいい歳して妻子持ちのわりには幼いなーって人が居たりしたし、逆に若いのに滅茶苦茶過酷経験をして目がガンギマリしてる人もいるわけで。戦時中写真に映る軍人さんってスゴイですよね、目力が違う。覚悟の目。なので、年相応に過酷経験をしてないと年相応感は出せないわけで、ていうか、「年相応」というよりは「経験相応」ですよね。

トシくっても運が良ければ過酷経験シビアアクシデントは少なかったりもするわけで。

なんだろう、年相応とかい言葉オブラートに包んで過酷経験マウントとるのやめてもらっていいですか?

がんばっても適切な経験を経る機会に恵まれなかった子もいるんですよ

2022-04-05

anond:20220405201519

基地駐屯地戦時中は出っ張らっていて無人

軍事用のレーダー装甲車両はピンポイント攻撃しないと破壊できない程度の強度はある

軍需工場は腐るほどあって破壊しつくせない

設備を壊すより人間を壊す方が効率的

人民回廊で邪魔民間人ロシア強制連行すれば遠慮なく砲弾の雨を降らせれるが

ウクライナはそうなると困るから市民に戦え=国にとどまれという

国=大統領軍人を守っているのは間違いなくウクライナ一般市民

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん