「戦時中」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戦時中とは

2021-05-10

anond:20210508150505

選挙して革命したところでコロナ対処できる気がしないわ

菅より政治が有能な人間、他には居ないと思う

他国成功してるのは国が戦時中並に強権持ってる国だけだぜ

2021-05-09

政府役人は全員問答無用馬鹿である

まずは海外出国禁止措置をしない。

島国日本海外から人が来なければウイルス自体が入り込まない。

これが本来しっかりしておけば変異株も入り込む余地がないにも関わらず未だに措置をしない。

結局これが原因で日本変異株が蔓延する結果になった。

  

次に徹底的な安全対策を行っていきたいと口にするだけで、その安全対策が既に行われていることでしかない。

マスク着用・換気・消毒・うがい・会話を控える・不要不急の外出を控える・密にならないようにする。

更に検温・時短営業パーティション設置などがあるがこんなものは既に国民は実行している。

1年間の間に国民は清潔を心掛けるようにしてきた。それでもなお感染拡大に歯止めが効かない。

現状を踏まえた徹底的な対策とは何なのかということを説明できていない。日常生活ではやることが変わらない。

「徹底的」にしたいのであれば、極端な話では営業中止をしてその期間中補償を全額負担すればいい。

これに対して財源不足を理由に挙げるが、今のように中途半端にやっているかいつまでも経っても終息しない。

更に失業者が増えてますます財源不足になる。景気も悪化の一途を辿っていく。

1つの会社倒産はその会社取引をしている会社利益減少になり、それが様々な会社に波及していく。

このような事態現在進行形でなっているにも関わらず、お金融資をするとしか言わない。

融資とは借金である。無利子の借金でかつ返済期間を定めないと政府は言うが返済義務は残る。

コロナが原因で借金が膨らみ最終的には10年、20年経っても返済できないほどの借金になる。

そんな債務が残ってまで会社を存続させられないか倒産させる。

政府はこのような状況に対して何も対策を打ちだせておらず、まともな救済措置がない状況だ。

時短営業は店の規模に応じたものにすればいいもののそれをしてこなかったので差別が生まれた。

営業をしていないにも関わらず利益教授した店も多数にある。

このような国による対応政策ではない。失策である

結局、ろくな補償がないか営業を続けるため、そこに人が集まって感染拡大が行われる。

ホストキャバクラなどでマスクを未着用にしているとの噂を小耳に挟むが、これだけが原因というのは考えにくい。

何故なら幅広い年齢層で感染拡大は広がっているからだ。

全体的に感染拡大が広がっている最中、日々何の対策も打てない政府に誰もが期待せず、国民の協力的意識も徐々に薄れてきた。

一度目の緊急事態宣言は協力的だった。二回目は何あまり協力的ではなくなった。三回目の現在は非協力的になった。

それはなぜか。厚生労働省職員が会食してコロナ感染するなどあるまじき事件が発生したかである

また、菅総理大臣も二階幹事長も5名以上の会食をした。

ルールを作り守るべき側が破ったのである。このような政府側の国民へのお願いに説得力が欠けるのは必然であった。

国民の多くはルールを順守してきた。だがそれを破ったのは政府側だ。これについて謝罪がどうこう言う問題ではない。

一般企業であれば何らかの制裁が科されるようなあるまじき事態なのに政府はそれについてただ謝罪して終わりだ。

緊急事態宣言の影響で職を失い・賃金が低下し、長引くコロナに対して国民疲弊してきた。

だが政府側の官僚たちは何も痛くも痒くもない。

国民気持ちを代弁するのであれば緊急事態宣言間中政府賃金を無給にしてもいいくらいだろう。

それくらい国民政府側に怒りを覚えている。

徹底的な対策をするのであれば、絶対的補償とセットの休業要請をするべきである

緊急事態宣言」というのは国の危機ということである。それを3回も出すことになったこ自体が恥ずべきことである

であればもう二度と発令しないような対策を行わなければならない。

国債発行は既にしているということだが、それだけでは足りずに日本銀行のお金を刷るなども必要だ。

国の危機なのだ。現状できるのにやらずにしていることが間違っている。

国の借金が増えるというので嫌がっている場合ではない。

緊急事態宣言は国が滅びる可能性があるという戦時中のものと同様のもの認識してもいい。

そのくらいの意識政府側が持ち対策をしてくべきだ。

  

最後政府役人は全員問答無用馬鹿だという件について。

この馬鹿連中。緊急事態宣言に関する法の改正をするつもりがないのだ。

去年の時点でロックダウンに関する法律政府権限強化など様々な議論を重ねるべきだった。

それを怠ってきた結果、緊急事態宣言とはただのお願いでしかないと揶揄されるようになった。

遅いのだ。後手に回っている。知事権限委譲するようなまん延防止等重点措置についても遅かった。

知事には何の権限も無かったので対策を行いたくても出来なかったのが去年だ。

何をするにしても迅速な対応が出来ない。それが政府だ。

医療崩壊についてもほとんど意識していない。医療体制が逼迫しているということを踏まえたら

昨年のGotoキャンペーンなどやるべきタイミングではなかった。

コロナが完全に収束してもいないのに開始する判断を行った。経済を優先させるためである

元々昨年1回目の緊急事態宣言では感染者を大幅に減らすことができた。

そこから更に絶対感染拡大をしないようにする措置を取らなかった。

甘い考えだ。

中途半端な事をしているから結局人口が密集している東京から各地に感染が拡大してしまった。

医療従事者に休息を与えないといけないという考えが抜けている。

医療従事者の過労死だって考慮しなければいけないのに何をしているのだろうか。

経済経済馬鹿の一つ覚えのように言うのであればまともな補償をすればいいだけの話だ。

それに経済とは言うが、飲食店交通旅行業者の救済ばかり考えており、それ以外の例えば衣料品店などについては

何も補助をしてくれてはいない。このようなことについても差別があるのに何も考えていない。

一体どうしてこんな馬鹿なことができるのだと言いたくなる。

毎日コロナに関する報道を聞くたびに、今回もただのお願いレベルかと失笑してしまう。

給付金を配れというつもりはない。しかしこれまでずっと協力してきた国民に何も無いから非協力的になっていく。

これに対して国民コロナ対策に協力的になるような対策を1つでもしてみろと言いたい。

コロナ不景気というか生活が大変な人も多いのだから税金消費税などを数年間減税するなども検討すればいいのではと

思うのだがこれもない。

政府は何もしてくれない。政府に協力しても何も良い事がない。政府は何をしたいのか分からない。

こんな状況を生み出した政府役人は全員馬鹿だと個人的には思う。

以上。

コロナウイルス社会的契約の弱さを白日の元に晒し

(2020/04/04 FT)

Covid-19のパンデミックに明るい兆しがあるとすれば、それは偏った社会に一体感をもたらしたことです。しかし、ウイルスやその対策としての経済封鎖は、既存の不平等に光を当て、さらには新たな不平等を生み出すことにもなります病気を克服するだけでなく、すべての国が間もなく直面する大きな試練は、現在共通目的意識危機後の社会形成するかどうかです。西洋指導者たちが大恐慌第二次世界大戦後に学んだように、集団犠牲を求めるためには、すべての人に利益をもたらす社会契約を提供しなければなりません。

今日危機は、多くの豊かな社会がこの理想にどれほど及ばないかを明らかにしていますパンデミックを食い止めるための闘いが、医療システムの準備不足を露呈したのと同様に、政府が大量の破産を食い止め、大量の失業対処しようと必死になっている中で、多くの国の経済のもろさが露呈しています政府は、大量の倒産や大量の失業回避するために奔走しています国民総動員の呼びかけにもかかわらず、私たちは実際には全員一緒にいるわけではありません。

経済の締め付けは、すでに最悪の状況にある人々に最大の犠牲を強いるものです。一夜にして、ホスピタリティレジャー、およびその関連部門で何百万もの雇用生活が失われた一方で、高給取りの知識労働者は、しばしば自宅で仕事をするという迷惑な状況に置かれていますさらに悪いことに、まだ働ける低賃金仕事に就いている人たちは、介護士医療サポートワーカーだけでなく、倉庫作業員配達員、清掃員など、命がけで働いていることが多いのです。

政府による経済への並外れた予算支援は、必要ではあるものの、ある意味では問題悪化させることになります。不規則不安定労働市場の出現を許してきた国では、そのような不安定雇用形態の労働者金融支援提供することが特に難しくなっています。一方、中央銀行による大幅な金融緩和は、資産家を助けます。その背後では、資金不足の公共サービスが、危機管理政策適用という負担の下で軋んでいます

ウイルスとの戦いでは、一部の人利益を得て、他の人が犠牲になっているのです。Covid-19の犠牲者は、圧倒的に高齢者です。しかし、ロックダウンの最大の被害者は、若くて活動的な人々であり、彼らは教育を中断し、貴重な収入放棄することを求められています犠牲はやむを得ないが、国家努力の中で最も重い負担を負っている人々に、どのようにして返還するかを、すべての社会が示さなければなりません。

過去40年間の一般的政策方向性を覆すような、抜本的な改革検討する必要があります政府は、経済においてより積極的役割を果たさなければなりません。政府は、公共サービス負債ではなく投資とみなし、労働市場不安定さを軽減する方法模索しなければいけません。再分配が再び議題となり、高齢者富裕層特権問題となるでしょう。ベーシックインカム富裕層向けの税金など、これまでは風変わりだと思われていた政策検討されなければなりません。

ロックダウン中のビジネス収入を維持するために政府がとっている前例のない措置は、正しく、欧米諸国が70年間経験したことのないような戦時中経済比較されます。この例えは、さら推し進められていきます

戦争に勝った指導者たちは、勝利を待たずにその後の計画を立てました。フランクリン・D・ルーズベルトウィンストン・チャーチルは、1941年に「大西洋憲章」を発表し、国際連合方向性を示しました。イギリスは、1942年普遍的福祉国家を目指す「ベヴァリッジ報告」を発表しました。1944年のブレトウッズ会議では、戦後金融システムが構築されました。これと同じような先見性が今も求められています。真の指導者たちは、公衆衛生上の戦争を超えて、平和を勝ち取るために今すぐ動員するでしょう。

引用元

https://twitter.com/HelenCSullivan/status/1246600170738868225

2021-05-08

anond:20210508100754

誰かへのいやがらせ鬱憤晴らし感覚で雑に東京五輪中止を叫ぶ人が多すぎるんだよな

オリンピック人生かけて来た選手関係者コロナ禍で傾いた経営を少しでも回復させたい中小企業労働者、そういった人たちの声が完全に封殺されてしまってる

五輪と共に死ね」「お国のために死ね」と、まるでこの国が戦時中のようになってしまってるよね

東京五輪が開催されるかどうかは俺にも全く分からんけど、五輪中止を叫ぶ人たちは知らず知らずのうちにいろんな人達の恨みや憎悪を抱え込んだと思う

2021-05-05

anond:20210505191123

自分はヒプのファンではないけどTLに回ってくるツイート見ると辛くなるわ

生々しい数字を受け止めなければならない演者さんも戦時中みたいな雰囲気になってるオタク達も、見てて心が苦しくなる

ヒプマイ、逆にみんなでストライキしたい

少し前にヒプマイにハマって、バトルシーズンも緩やかに楽しんでたけど、中間発表後のオオサカのオタクたちの様子がおかしい。それに感化されて他ディビ推しオタクたちの様子もおかしい。

積む、積まない、積んだ方がえらい、積まないやつは要らない。

そんな同調圧力排他性、趣味を楽しむのに必要か?日常の息苦しさから逃れるために、人生を楽しむためにオタクやってるんじゃないのか?

生活費削って投票するというツイートも少なからず見かけた。それに大量のいいねリツイートがついているのも見た。欲しがりません、勝つまでは、か?戦時中か?支持してる人達同士で仲間意識を持ち、支持しない者の不安を煽る。

悪いのは商法です。まだ運営の金の使わせ方に疑問を持てている人はいっそお金を使わないという選択をしてみませんか?黙って金だけ出し続けていたら運営体制は変わらないまま。コンテンツありきなのは分かってる。それを支えるためには金を出さなきゃいけないのも分かってる。でも消費者側にもお金の使い方を選ぶ権利はある。同じ金額を使うのでも、もっと別の使い方があるのなら、バトルのようなシステムとは別の使い道があるのなら、そちらを選ばせてほしい。

声をあげれば、体制を変えることはできるんじゃないだろうか。できなければその体制の中で生き残ったオタクけが金を出し、その他のオタクは離れていくだけだろう。いずれにせよ、こんなに消費者側が消耗しているジャンルの息がそう長く続くとは思えない(そもそも最初から運営側もそういうつもりなのかもしれないが)。コンテンツオタク人生保証してくれない。どんなにお金を出しても勝ちは約束されていない。お金を使い切ったあとで残るのは貧しい自分生活だ。

投票しないのは不買運動と同じだ。商品は良くとも企業理念肯定できなければ起こる不買運動と同じ。商法賛同できないか投票しない。この理由投票をしないという選択肢もあるのではないか

色々言ったが、この商法嫌だよ〜…とかおかしくない…?とか思ってる人はいっそ投票しないでみるのはどうか、という提案です。

ヒプマイは運営キャラクター人質に取っている、なんて比喩散見されますが、このシステムのままでは金で推し解放されるわけではなく、どんどん縛られていきます推しが息しやす環境にするために声をあげてみるのはどうか、今回であれば投票しないのはどうか、運営に問い合わせてみるのはどうか。(運営への問い合わせは私もやります。)

投票扇動する文章を書くような人たちは文章が上手だし、推しのために心込めて書いてるからそれに心動かされた人がいるかもしれませんが、一度冷静になって最初にあった違和感大事にしてください。他人強要し始めたらマルチ宗教になってしまます推し信仰する気持ちは分かりますが。

ただ、キャラクター楽曲はもちろん舞台VRなどのコンテンツ自体はすごく良いのでそれはお勧めします。それだけにこのバトルの商法(によってオタクが色んなダメージを受けていること)が悔やまれるというか、コンテンツ豊富なので無理に手を出さなくてもいいはずなのにバトルに積まないとファンじゃないという空気があることがしんどいというか、資本主義クソ喰らえだぜというか…。

こんな感じですみません。積んでる多くのオタクの真反対をいく「積むのやめるっていう手もあるよ」の提案でした。

anond:20210505122146

この映画を「奥崎謙三ってヤバくねwww」って感想になるやつは映画の筋を追えていない。

奥崎は戦時中自分らのいた部隊で、部隊内で殺人事件があったことを知ってその調査をするんだよ。

そして戦争中であっても殺人殺人じゃないのか、っていう問いをしているの。

もちろん終戦からかなり経って時効も成立している。けれども、罪は罪じゃないか、その反省はないのか、と深い問いを投げかけてるの。

これを「奥崎やべ~www」としか思えないやつにはこの映画を語ってほしくない。

極限状態にあって殺人は許されるのか、いや許されないんじゃないか、と奥崎は投げかけているんだよ。

天皇陛下の部分も天皇戦争責任を問うているんだよ。ショッキング字面だけ追って「すげーもん見たわ」で済ませるような映画じゃない。

マジでそうやって表面だけ見て嘲るサブカル仕草は恥ずかしいから今すぐやめよう。

2021-05-02

anond:20210502012256

もとから配布などされていないが?

戦時中戦争直後で人口激減で相手が選べない時代を除く

2021-04-30

anond:20210430161630

行政大手広告代理店に依頼して、低収入でも心が美しい相手と結ばれるのって素晴らしい、というイメージ広告うつ一種洗脳上方婚対策にはなるかも。

戦時中の「産めよ増やせよ」とか、個人人生設計広告誘導した前例はあるにはある。

それが人権侵害的な洗脳にあたるか否かは議論必要

2021-04-27

日本私権制限タブー視される理由

欧州ではコロナ感染拡大を抑えるために、私権制限を含めたロックダウンが行われている。

でも日本あくま国民自粛に頼るだけにとどまっている。

日本私権制限が行われないのかというと、太平洋戦争の時のトラウマが残っているからではないかではないか

私権制限と言われると、どうしても戦時中の統制社会を思い出してしまう。

そもそも日清日露戦争時にも私権制限は行われていた。

日本海海戦が行われている時は、九州北部の一帯で灯火管制実施されていたりとかね。

私権制限は、別に絶対悪」というわけでもない。

戦時中私権制限して失敗し、今度はコロナ私権制限せずに失敗したとすると、次は日本人は私権制限についてどう扱えばいいのだろうか。

「お前は国に従いなさい」「いつか復讐したい」41年前モスクワ五輪ボイコット、人生を狂わされた選手たちの“その後”

冷戦時代なんだぞ

戦時中ってことだ

敵国に行くわけないだろ

この記事書いた奴は悪意の塊だな

2021-04-26

リアルでつながってる人とのTwitterのTL見てると今の政府戦時中になぞらえて批判しなきゃいけないみたいな同調圧力を感じるようになった

なんかムカつくし次は自民党に入れてやろ

2021-04-25

この国って現時点で終わりなんだと思いますってさ

コロナよりオリンピックを優先しているからこの国は終わりだ」

戦時中と同じだ」

 

なんてテレビで偉い人が言ってる意見をやツイッターで見て悲しくなったよ

 

いくら国が終わったなんて言っても容赦なく現実は続いていくし、

本当の終わりなんて個人の死以外にはありえないのに、

ただ強い言葉を使ってストレス発散したいだけで安易に終わりなんて言ってしま

言葉が軽すぎるよ

 

終わりなんてない、お前らが終わりだと宣言したところで

最低の現実が続いていくし、そこからどう立ち上がっていくかってことを

かつての敗戦311の失敗から学ばなければいけないのに

今日見た夢

戦時中日本人少年兵(男)が米軍に捕まり

裸でダルマ箱詰めにされて人身売買アメリカホモ金持ちに売られて

現在も箱に詰められたままの夢を見た

2021-04-21

anond:20210420184534

俺も横だからお見合いすらとか書いたの俺じゃないよ

途中までよんでどっちが正しいか興味もってしらべたら戦時中が一番低かった

そりゃそうだよなって勝手になっとくした

という話

2021-04-20

こういうエピソードいいよね

美男美女出会い最後まで同伴したという話

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-56702865

ドイツとの戦争がいつ始まってもおかしくない時世にあって、フィリップ殿下軍人を志した。英空軍希望したものの、母方のマウントバッテン家は海軍や海とのかかわりが深く、殿下は結局、海軍士官候補生として英南東部ダートマス海軍兵学校入学した。このとき海軍にするよう殿下を説得したのが、おじのルイ・マウントバッテン卿だった。

1939年7月に、英国王ジョージ6世王妃や2人の王女を連れて兵学校訪問した際には、フィリップ殿下エリザベス王女マーガレット王女の案内役を務めた。この段取りを手配をしたのも、マウントバッテン卿だった。

Princess Elizabeth (third from left), with King George VI and Queen Elizabeth during a visit to the chapel at the Royal Naval College, Dartmouth, 23 July 1939

画像提供,GETTY IMAGES

画像説明,

この写真は、エリザベス王女(当時、左から3人目。現女王)と、海軍士官候補生だった「ギリシャおよびデンマーク王家フィリップ殿下」(右後方の白い制帽姿)が、初めて同時に撮影されたものと思われている。王女は13歳、殿下は18歳だった。前列中央エリザベス王女の両親、ジョージ6世エリザベス王妃がいる。1939年7月23日、英南西部ダートマス海軍兵学校

この出会いエリザベス王女には決定的なものとなった。王女はこの時、恋に落ちたと言われている。

一方のフィリップ殿下は5歳年下の13歳の少女にいきなり恋したわけではなく、戦時中1943年末、ウィンザー城クリスマス休暇を過ごしたころに初めて、王女気持ちを返すようになったとみられている。

2021-04-16

大阪の外出自粛の呼びかけのニュースを見て、

隣組感が強いなというか、どうしてこうも発想が戦時中なのかと。。。

そのうち「居酒屋ではビール2杯まで!」とか言いかねない。

2021-04-14

安易インパールとか竹槍とか言うなよ

コロナが始まってもう一年が経とうとしている。

このコロナの初期からなんとなくイヤーや予感がしてた、

なんてことはなく私は感の鈍い一般庶民

すぐに終わると思ってた。

まさかこんなにコロナが長々居座るとは思ってなかったからいまはその頃なの図太さにただただびっくりしてる。

さて、今日はこのコロナが始まる少し前から私がすごく嫌いだったことがあって、最近いよいよそれが無視できない域に達してきたので書きたくて、愚痴を吐き散らかしたくて筆を取った。

オリンピックのゴタゴタの時、

オリンピックを「東京インパール」と言った人たちがいた。

そして、今このコロナ渦の中で、

素手変異株と戦うことを「竹槍」と揶揄する人がいる。

欲しがりません、勝つまでは。

なんて標語を口走る人もいて。

まあそんな標語がちょっぴり当てはまってる洒落にならない世の中だから仕方ないのかもしれないけど、

それでも私はこの傾向に全力でNOを叫びたい。

だって、今は戦争じゃない。

戦争ではないのだ。

ウィルスとの戦争だ」と言う人がいるかもしれない。

でもそれは単に言葉遊びに過ぎない。

この世の中に様々な「戦争」の定義があるとしても、インパールが起きた戦争

竹槍で米軍との本土決戦覚悟した戦争と今のコロナ絶対に違う。

そもそも、某都知事素手で戦うと言う認識自体間違ってる。

すでにゲームチェンジャーワクチンが控えている間の時間稼ぎや素手で戦うとは言わない。

最新兵器を持ってるわけなんだから

不謹慎

という言葉が大嫌いな私でも、

なんで「竹槍」だの「インパール」だのこのコロナ騒動太平洋戦争と重ね合わせることに嫌悪感を持つのかと言うと、やはり1人の人間としてそれを「不謹慎」と思うからだ。

このコロナ太平洋戦争時を重ね合わせてる人の中に絶対太平洋戦争経験した人はいない筈だ。

その上で、現政権政策のあり方を批判するがために、軽率太平洋戦争時の事件用語を使って無理やり今を太平洋戦争時に当て込んでしまうのはどう考えても不謹慎以外の何者でもないし、

死んで行った人や、

その時代を生きてきた人たちに失礼だと思うし、

何より今を戦っている日本人に失礼だろう。

素手変異株と戦うこと

無謀にオリンピックをやること

こう言うことを批判したいのであれば、

太平洋戦争時のスローガン用語事件名を当てはめて人に不快な印象を与えるのではなく、

理路整然と純粋反論意見として述べるべきだ。

その方がこちらの主張もわかりやすいし多くの人の理解を得られるだろう。

が、なぜそうしないのかといえば、

別にこう言う言葉を使って批判非難を繰り返す人たちはたぶんそれ自体目的化していて、

間内で一緒になって何かを叩くという「怒り」が楽しくて仕方がないのだろう。

そしてそれを自覚もできていない。

から、そんな娯楽の「怒り」の中で繰り返される言葉遊びにそんな簡単インパールだの竹槍だの戦時中言葉を入れ込むのは「不謹慎だ」と言いたいし、

あの歴史簡単あなたたちの言葉遊びおもちゃに使っていいほど日本人にとって軽々しいものではないと、たまたま日本人に生まれてきた私は思うのだ。

2021-04-10

anond:20210410222123

リベラルってほんとコロナネトウヨと同じ思考するようになったよな。

そういう相互監視システム全体主義推し進めるんだぞ。

戦時中隣組作って反乱分子を密告させてたわけだし。

anond:20210409203018

相模線相模鉄道砂利採取のため、南武線南武鉄道系列セメント会社のための石灰石輸送のために敷設して開業し、どちらも貨物中心の私鉄旅客部門資本投下は控えめで設備は貧弱で、しかし駅数は多めにして投資した資金回収を図ろうとしていた。なので駅数が多くて時間がかかる。

戦時中国鉄が買収していまにいたるんだけど、国有化したときにいくつか廃駅にしてるんだけど、南武線西府みたいに復活させちゃったりしてる。

2021-04-07

anond:20210407103641

神社宗教論というのがありまして。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%A5%9E%E9%81%93

戦前戦中は「国家神道」という言葉をあまり使っていなかった。

大日本帝国憲法には「信仰自由」もあった。

戦時中でもキリスト教徒迫害されることはなかった。

今の日本人感覚は、どうなのかな。「宗教なんて信じていない」と言いながら「神様仏様」とお願いしてみたり。

そもそも神様」と「仏様」は宗教が違うやん、でも江戸時代を頂点として「神仏習合」があったかあながち間違っていないのかも。

数年前には「トイレの神様」という歌が流行りました。

明治神宮は毎週末結婚式の予約で満杯。

大晦日はお寺の除夜の鐘を聞く。

少なから日本人が、「無宗教」でも「無神論」でもなく、ゆるやかに神道仏教を心のよりどころにしているように思える。

明治神宮絵馬ロシア語ハングルでお願い事が書いてあったりする。

あんたら明治天皇が何した人か知ってるのか?

ゆるやかなのは日本人だけじゃないのかも。

2021-04-04

俳優田中邦衛さん死去 88歳「北の国から」などで存在感


2021年4月2日 22時10

テレビドラマ北の国から」や「新選組!」、映画学校」など、数々の作品存在感のある役柄を演じて親しまれた俳優田中邦衛さんが、先月24日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。

田中邦衛さんは昭和7年岐阜県で生まれ昭和30年劇団俳優座」の養成所に入りました。

昭和32年に「純愛物語」で映画デビューし、昭和36年から始まった映画若大将シリーズでは加山雄三さん演じる主人公若大将」のライバル青大将」の役を演じて、存在感あふれるコミカルな演技で人気を集めました。

その後も、映画化もされた民放の人気ドラマ若者たち」で両親を亡くした5人きょうだい長男の役を演じたほか、ヤクザ映画の「網走番外地シリーズや「仁義なき戦いシリーズでは、悪役としても存在感を見せるなど、幅広い役柄を演じました。

中でも、昭和56年に始まった民放ドラマ北の国から」のシリーズでは、北海道富良野市大自然の中で息子と娘の成長を見守る寡黙な父親の役を20年以上にわたって演じ、温かみのある演技で幅広い年代視聴者をひきつけました。

また、平成5年に公開された山田洋次監督映画学校」では夜間学校に通う中年男性を熱演し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞しました。

このほか、平成16年NHK大河ドラマ新選組!」では近藤勇養父、周斎の役を演じ、平成17年NHKスペシャルで放送された終戦60年企画ドラマ「象列車がやってきた」では戦時中動物園で象を守り続けた飼育員を演じました。

平成11年紫綬褒章平成18年には旭日小綬章を受章しています

田中さんは、平成22年に公開された映画最後の忠臣蔵」に出演し、平成24年に亡くなった俳優地井武男さんのお別れの会に姿を見せていましたが、その後、俳優活動から遠ざかっていました。

家族によりますと、田中さんは先月24日、老衰のため、家族に見守られながら息を引き取ったということです。

葬儀家族葬の形ですでに執り行われ、お別れの会などの予定はないということです。

札幌市民

田中邦衛さんの死去について、30代の会社員男性は「大往生ではないでしょうか。北海道といえば『北の国から』。『北の国から』といえば田中邦衛さんだというイメージです」と話していました。

また、50代の女性は「とても有名な方なので残念です。それほど年をとられていたなんて、知らなかったので驚いています」と話していました。

倉本聰さん「気持ちの中に大きな穴」

田中邦衛さんが出演した民放ドラマ北の国から」を手がけた脚本家倉本聰さんは「気持ちの中に大きな穴があきましたね。とにかく人間的にも友人的にも無二の人です」と心境を語りました。

また、このドラマでの配役について「さまざまな候補者がいてその中で誰がいちばん情けないんだろうという議論になって、邦さんになった」と明かしたうえで、「ドラマを通じてとても演技が成長していったと思う。彼の芝居は、本人はとても悲劇的なのに端から見ているとなんともおかしくなる。これが彼の神髄だと思う。情けなさの中に詩がある」と評しました。

そして「邦さんは亡くなったけれど、僕の中で、彼が演じた五郎は厳然と富良野で生きています。またあしたスーパーに行くと、『先生』なんて言われて肩をたたかれるような気がします」と田中さんをしのんでいました。

加山雄三さん「今は何もことばにならない」

映画若大将シリーズ田中邦衛さんと共演した加山雄三さんは自身ホームページコメントを発表し「ショックです。邦さんに連絡をとりたくてとりたくて、ずっと気になってて、不思議なことに、2日前若大将DVDで邦さんの姿を見たばかりだったんだよ。信じられない。今は何もことばにならない。寂しいよ本当に寂しい。邦さん本当にありがとう」とつづりました。

山田洋次監督「一緒にいるだけで楽しい気持ちに」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、田中さんが出演した映画学校」の山田洋次監督は「田中邦衛さんへ 善良が服を着て歩いているような人だった。一緒にいるだけで楽しい気持ちになるようなすてきな人だった。あん俳優が、あん日本人いたことを誇りに思う」とコメントしています

役所広司さん「本当にすばらしい俳優さん」

田中邦衛さんが亡くなったことを受けて、映画最後の忠臣蔵」で共演するなど長年親交のあった俳優役所広司さんは「邦衛さんには大変お世話になりました。ここ数年ずっとお元気なのか気がかりでした。スタッフにもキャストにも愛された、本当にすばらしい俳優さんでした。覚悟はしていましたが、悲しいです。邦さん、お疲れ様でした」というコメントを寄せました。

吉岡秀隆さんと中嶋朋子さんがコメント

田中邦衛さんが亡くなったことについて、民放ドラマ北の国から」の共演者コメントを発表しました。

息子の役を演じた俳優吉岡秀隆さんは「いつか、この日が来ることを心のどこかで覚悟しておりました。今は邦衛さんの笑顔しか思い浮かびません。自分覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに涙しかありません」とコメントを寄せました。

また、娘の役を演じた俳優中嶋朋子さんは「幼い頃から、今まで、何も変わることなく、人として、深く接してくださいました。田中邦衛さんという存在出会い、見守っていただけたことは、かけがえのない宝ものです。役者として、人として、大切なものをたくさん教えていただきました。本当に本当に感謝でいっぱいです。大好きです。出会う人をみんな幸せにしてしま少年のように無邪気な笑顔ばかりが胸に浮かびます天国でも、たくさんの人を幸せにしてくださいねありがとうありがとうありがとう」とコメントしています

2021-04-03

anond:20210403111123

戦時中日本産めよ増やせよ文化だったしそれ以前は出産への圧力自体強かったじゃん

今は民主主義だけど全体主義的だったし

その名残があるだけで昔ほど子供が祝物って感じではないでしょ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん