「ガッツポーズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガッツポーズとは

2020-06-05

バイト日記

 お客様が出した千円札がよく飛ぶ日だった。誰かがレジカウンター側のエアコンの設定をいじったのか、風がカウンターに吊るしてある透明シートに当たって勢いよく吹き下ろしてくるのだ。

 あっ……なんつって、お客様と私とで飛んで行きそうになるお札を手で抑えようとしたらお互いの手と手が重なったという事故が三回くらい起きた。そのうちの一回が、意地でも私のレジに並んで精算するお客様だったんだけど、白熱したカルタくらいガッツリ手と手が重なった。ちなみに私の方が素早かったので手が下になった。お客様は小さくガッツポーズしながら「っしゃ! よっしゃ!」と言っていた。

2020-06-01

0円でワークチェアを手に入れようとしたら3万支払うハメになった話

こちアラサー既婚会社員

「在宅勤務は腰が痛い」って思ったことがないか?僕はある(胸を張る)。

これまで在宅勤務をしてこなかった弊社もコロナ対策でついに取り入れる事になり、家で仕事し始めたのだけど、家での仕事環境が整ってなかったので、とりあえずデスクネット通販で買った。椅子はどうしようと迷ってるうちに外出自から緊急事態宣言ちゃんとしたワークチェアが欲しいけど、ワークチェアは座り心地命だと思っていて、ネット通販では決めきれず、ひとまず家にある固い椅子我慢。…していたが!が!辛い!腰!ツラ!ってことでどうにかこうにか色々ネット検索辿りついたのがご近所さんとやり取りできる某フリマアプリだった。

そのアプリでは、不用品を出す出品者と、その出品物をみて購入希望者が問い合わせし、それぞれ合意できれば受け渡し決定となる仕組み。金額自由設定で自由に値付けしていいけど、0円で出してる家具結構ある。んで色々見てたら結構ワークチェアとかオフィスチェアが出てるわけです。「え?これが無料で?」みたいのとか。ちゃんとしたチェアを買うまでは、この0円とか低価格のをとりあえずでも使おうかな?いらなくなれば誰かに譲ればいいし…、っていう安易な考えでチェックを開始した。けど、いいなと思ったやつはソッコーで誰かがマッチして受付終了する。クッソ…やっぱりうまい話はそうそうないな。まぁでもちょっとしばらく様子見してみるか。ってことでワークチェアウォッチ生活が幕を開けた…(といっても通知設定して、新着のいいのがあれば問い合わせるってだけなんだけど)。

~数日後~

すごいイイ感じのワークチェアが出品されてる!!!しかも注意書きに「先着順ではありません。」という相手選んでますアピール文言!!!これまでは、良さげな家具がタダで出品されると、自分と同じように、そう、それはまるでサバンナで獲物を狙うハイエナのように、出品されたらソッコー肉(家具)に群がりあっという間になくなってしまっていた。しかしこの出品者は違う!!!ハイエナお断り!!!NO-ハイエナ!!!求む常識人!ってわけだ!!!(と解釈)。問い合わせで敗北し続けた自分だけどこれなら勝てる(?)かもしれない!!!!もはやワークチェアが欲しいのか、マッチすることに闘志を燃やしてるのか分からなくない謎のモチベーション。とりあえず、ものっすごい丁寧、だけど嫌味の無い文面を秒で作成した。そして秒で送信!!!くらえ現代社会で揉みに揉まれた「当たり障りないけど物腰柔らかだしちょっとスマートで人当たり良さそうな雰囲気」玉~!!!ロロンッ☆

すると数分後…

「お問い合わせありがとうございます。お譲り可能です。」

キター―――――――――――――――――――――――――――!!!!!

選ばれた感!!!なにこのヤッタった感!!!!ついに外し続けた玉が獲物にあたったような、ダーツで真ん中イッちゃったような「ヨッシ(小さいガッツポーズ)」感。しかしこれで終わりではない。この後も取り乱さず至極丁寧な文面で受け渡しの日時や場所を冷静な雰囲気で決める。相手の文面もかなり丁寧。これは、やはり丁寧な人が丁寧な受け取り者を求めてるパティーンに違いない。途中で「こいつダメだ…」と思われないようにこれまで積み重ねてきた社会人人生スキルを投入して相手に心地よく感じる文面でやり取りを続ける。すると相手から驚きの提案が。

相手「では、チェアはXXX(ほぼ自宅前)までお持ちします。ご希望時間はありますか?」

!!!!イイ感じのワークチェアをタダでくれるうえに、うちまで持ってきてくれんの!?

しかもこっちの都合よい時間で?

・・・・・めちゃくちゃいい人じゃん!!!!!(フラグ

~数日後~

待ち合わせの日。仕事休みで、ワークチェアが手に入る喜びか、人気の出品を勝ち取った喜びか、よくわからない謎のワクワク感で待ち合わせに向かった。5分前に到着したが、そこには教えてもらった車種の車が既に停車中。まぶしかった。いや、別にフツーの車なんだけど、あの中に自分ウォッチして丁寧な文面で射止めた品が待ってるかと思うと、まるで小学生の時やったガチャガチャで欲しかったキャラが出たかのような小さな幸福感を感じられたのだ。

「XX(名前)と申します。本日ありがとうございます笑顔)」まるで取引先に挨拶するかのように真っ当な社会人然として爽やかに挨拶する。相手も微かに微笑みながら車を降り「***です。どうも。」と挨拶を返してくれた。お相手は、白髪交じりの小太りな、アラフィフおっさんだった。きっと機能性とかこだわっちゃうタイプおっさんなのだろう、良い椅子買い替えるから長年愛用したイイ感じのワークチェア処分しようとしたんだな、でもきっと心に余裕があるからタダで誰かに譲ろう、ただし常識のある人物に、なんて流れかな…なんて秒で妄想した。

相手「重いですよ(笑顔)」

そういいながらトランクからワークチェアを取り出す。受け取る俺。重い。重すぎる。それもそのはず、半分金属製でかなりシッカリしているのだ。中古だけど、いいやつなんだろう。期待感

自分ありがとうございます活用させていただきます!(笑顔)」

相手活用してください(笑顔)」

自分はい、お気をつけてお帰り下さい(笑顔)」

相手「どうも、では(笑顔)」

そして車に乗り去っていった。

ついに0円でイイ感じのワークチェアを手に入れてしまった。すごいな現代の譲り合い精神。新しいワークチェアも買いたいけどしばらくとりあえずはこれでイケちゃったりして。とりあえず家に持って帰ろう。それにしても重い、近くまで来てくれて助かった。

エッサホイサとうまくバランスを取りながら自宅に向かった。が、「ん?」ワークチェアの座面を斜めに抱え込む形で持っていると、座面とキャスター部の隙間からあらぬものが見えた。



~誰かコメントつけてくれたら続きかきますちょっと長くなって疲れた)~

2020-05-22

全盛期の増田伝説

●1増田3ホッテントリは当たり前、1増田ホッテントリ

国会で取り上げられるエントリを頻発

増田にとってのノーベル文学賞ホッテントリの取りそこない

国連の議題になることも日常茶飯

Twitterユーザー10億人、はてなー10人の状況から増田11人で逆転

●1つの増田国会が3ヶ月保つ

●うんち増田ボイジャー号入り

●下書きだけでツイッター社が泣いて謝った、心臓発作を起こすザッカーバーグ

直木賞とった増田でも納得いかなければ削除

●あまりに伸びすぎるから1億ブクマでも互助会扱い

●その互助会国会

投稿フォームを一睨みしただけでCIAが緊急体制に入る

増田を書かなくてもホッテントリ

芥川賞記念花束バスの中で受け取った

●手を使わずに舌で打ってたことも

自分増田自分トラバしてどっちもホッテントリに入る

●1日に書かれる増田全部ホッテントリなんてザラ、全部国会入りすることも

ロシア語スパムに流暢なロシア語反論しながらホッテントリ

●グッとガッツポーズしただけで社会現象が起きた

増田が原因でハリケーンが起きたことは有名

●スペース増田も楽々ホッテントリ

●あまりに伸びるので最初から国会議事録を渡されていた時期も

増田が書いたホッテントリブクマカが煽ろうときたらすでに追記論破がしてあった

ブクマカに論破されたように見えたが、実は残像本体はすでに国会入りしてたことも

絵文字だけで80連続ノーベル文学賞を出したこともある

増田は落ちてきたりんごホッテントリに入れて万有引力発見したのは有名

自分増田に飛び乗って国会まで行くというファンサービス

2020-05-10

バンクシーが嫌い、もっとネタに食い潰されてダサい存在になって欲しい

と思うほどに嫌い。本当に嫌い。

価値もっと下がればいいのに。

マジで好きな人理由を詳しく教えてほしい。

好きなアーティストとか尊敬する人について「バンクシー」と答える人がいるけど。それが本当に理解できない。

どこがどう好きなのかを聞くと「なんかかっこいいじゃん」「考え方がかっこいい」という。

考え方??社会風刺をしているだけで匿名身分明かしてないし、流れてくる情報は完全に憶測しかないのに。どの考え方が好きなの???本当に何も考えてなくない??

お前はストリートな”雰囲気”が好きで、目立って名前を知っているから、なんとなく好きなだけであってバンクシーが好きなわけではない。

逆もあって、信者が変に持ち上げすぎて気持ち悪さを代弁するような記事も多い。

ttps://news.yahoo.co.jp/byline/daisukekawasaki/20200221-00164129/

そんななかで、最近都庁がやった「バンクシー作品らしきネズミの絵」は救世主だった。

イメージが壊れる安っぽい展示と、ダサい案内図で一気にバンクシー価値を下げてくれたように思う。信者阿鼻叫喚だったかガッツポーズした。嬉しい!

https://matomedane.jp/page/28231

最近Twitterでも、メッセージ性のあるようで無い落書きバンクシー揶揄する動きが出てきていて、嬉しい!

https://twitter.com/iphone_otoshita/status/1258988653730119691?s=21

https://twitter.com/nogita1222/status/1258565182403407872?s=21

やっとバンクシーネタにされる世の中になってきた。もっとネタにされて食い潰されて欲しいし、商業に食い潰されてラッセンくらい嫌われて欲しい。ラッセンは好きだけど

2020-04-12

コロナウイルスVS結核

コロナの死亡者現在十万人

結核の死亡者毎年百万人

治療確率されてて毎年一千万感染の百万人死亡

一方、コロナちゃん今んとこ治療確率されてないなかたった十万人

完全に結核圧勝

梶井基次郎歓喜ガッツポーズ

世間がどんだけ騒ごうとこれが現実

現実見ようぜ

2020-03-19

anond:20200318163920

はてな民の平均的な一日

10:30 愛車のポルシェ(1000万円以上)でフレックス出勤。ジーパン姿でホットドック片手に会社玄関に到着。

10:45 ベルリン支社に早口ドイツ語米国債300億ドルの売り注文をするように指示

10:50 社員専用のスタバで高級コーヒー。出向中のイギリス人早口英語で談笑。

11:30 昼休み美人OLを連れて健康志向の高級ランチ(@4000円)を食べる。その後出向イギリス人社員専用のグランドクリケット対決。

14:30 昼休み終了。外人役員の前で、早口英語で新しい金融商品プレゼン役員は大喝采

     COOLに立ち去るが、部屋を出て資料補助の美人OLハイタッチ

15:15 ベルリン支社より、午前の国債取引で40億ドル利益が出たとの報告メール確認、小さくガッツポーズ

    それを美人OLが目撃、クスリと笑う。照れ隠しに爽やかなウインクで返す。

    それを受け、美人OLから社内メールが届いてた。【タイトルばーか(笑)【本文】取引成功おめでと!

15:20 社員専用のスタバへ、キックボードで移動。出向中のドイツ人と談笑。話題は「MBA留学時代の思い出話」

16:00 フレックスなので退社。ポルシェジム直行、みっちり2時間体を鍛える。

18:30 美人OLと待ち合わせ。

18:35 歩いているとでかい水溜り発見20万のコート水溜りにサッと敷いて「姫、おとうり下さい」。高級ディナー(@35000円)。

20:00 シティホテルスイートルーム美人OLと濃厚なセックス

21:00 イキまくってまだ痙攣している美人OLを尻目に、COOLホテルを出る。

21:20 帰宅シャワーを浴びて真っ白のバスローブに着替え、片手には高級ワイン。高級葉巻をいっぷく。ひざには黒猫

21:30 パソコンの電源を付け、仕事スレに「残業おわた たいしにたいしに 発泡酒コンビニ弁当食う@35歳ハゲ」と書き込み

22:30 ブランデーグラスと皿を全自動食器洗い機にほうりこむ。仕事スレに「土曜のヘルスけが楽しみ @35歳ハゲ」と書き込み

24:00 NY株価をチェック。貯金の70万ドル取引し、1時間で5万ドル稼いだ。

24:30 「早く寝なさい」のAAコピペを貼り、パソコンを切る。ドイツ留学中の彼女電話し、就寝。

2020-03-06

ティッシュトイレットペーパの買占め

昨晩デリ呼んだんだが、

嬢が到着するまでの間に、トイレで大便をブリブリ

買占めでトイレットペーパーが手に入らないので拭かない状態(確実にアナルう○こはついたまま)で待機。

そこに嬢到着。

「この女が今から、会ったばかりの知らない男のう○こ付いたアナル舐める

と思うだけでもうビンビンだった。

何食わぬ顔で嬢と会話しながらシャワーを浴び、(嬢はチ○ポだけはしっかり入念に洗っていたが、アナルは完全ノーマーク!!

泡つけたり、手で擦ったりもせずの状態シャワー終了!!しめたww)

「お前が舐めるのはチ○ポじゃなくてアナルだよ~ww

ちゃんと洗わなくていいのかな~?

知らないよ~?

バッチリう○こついてるよ~ww」

と心の中でガッツポーズ!!

ベッドイン後すぐに

「ケツの穴舐めながら手コキして」

とお願いすると、

慣れた様子でなんなく「いいよ~」との返事。

つん這いになった俺のアナルに、近付く嬢の顔と息遣い

そして生暖かい舌の感触を感じた次の瞬間、異変に気付く嬢…

嬢「…!!」

俺「大丈夫?」

(心の中では「ざまぁww」)

嬢「う…うん…なんでもない」

俺「あれ?変な味とかした?」

(そりゃそうだwう○こついてたんだからw)

嬢「う…ん…ちょっと…」

俺「そういえばさっきお腹痛くて、お姉さん来る前にう○こしたんだよねww」

嬢「…やっぱり」

俺「大丈夫?w舐めれる?w」

嬢「…うん。ちょっと拭いてもいい?」

俺「なんで?お姉さんのお口で綺麗にしてよ」

嬢「…だって……う○ちついてる…」

俺「買占めでティッシュも無いんだよね」

嬢「…」

俺「ティッシュトイレットペーパー買占めする人がいるから仕方ないよね」

嬢「…」

この後、約40分ずっと舐めさせましたw

試しに途中できばってアナル広げたら、嬢は泣きそうになってましたw

(多分う○この残りカスが少し出てきてた)

最高の思い出になりました。

ありがとうございました

2019-12-21

ニートの1日

深夜。両親や妹が寝息を立て始めたその時、俺はドアをこっそり開けてリビングに降り立つ。

日中典型的引きこもりと同じである俺は死んだように眠り夕方になると起き出す。夕飯の匂いを嗅ぎながらも布団に包まり我慢。そうして家族全員が寝出す頃にやっと俺の時間が始まるのだ。

まず、グーグー鳴る腹を自覚しながら風呂を沸かすのがコツだ。腹が沸くまでの十分は、家族が一階のリビングに降りてくるのを警戒しつつ待つ。このピリピリした時間が俺に生きている実感を与えてくれる。

風呂が沸くと音を立てずに入浴。スマホ動画を見ながら一時間は入る。若干のぼせぎみになりながらも風呂から上がる。

軽くタオルで体を拭く。ちなみにドライヤーは使わない。そんなもの自然に乾く。床に落ちた水滴もしばらくすれば蒸発する。細かいことは気にしていけない。

こうしてさっぱりした後に俺のディナーが待っている。

母親はずいぶん前から俺の飯を作ってくれないので、自ずと自炊になってしまう。最初は恨み、嫌がらせ調味料などを床にぶちまけたりしたものだが、料理の楽しみを知れたのはいいことだった。 あのときはすまなかったな、母さん。本気で反省してる。

とにかく、その日の夜は冷蔵庫もも肉があった。俺は大きくガッツポーズを決めて唐揚げにすることにした。唐揚げ子供の頃から大好きだ。今は亡き父親がよく作ってくれた。あの時は本当に楽しかったな。

素早くもも肉を切り分け、コンビニ袋に醤油みりん、酒、塩胡椒ニンニクチューブ、大量の片栗粉(これが重要)を入れて揉みまくる。

本来はここで寝かせるのがいいらしいが、俺には時間がない。即座に油を引いたフライパンにイン。数分でカラっと揚る。

置いてあった米と味噌汁を頂戴していただきます。めちゃくちゃうまい。外はサクサク中はジューシーだ。

これは料理の真理だと思うのだが、料理シンプルであればあるほどいい。隠し味などというものは、プロでなければ無用ものだと思う。最近の俺の学びはそれぐらいだ。誰にもいう機会がないのでここに書いておきたい。

そうした後、空は明るくなり始め朝寸前の夜になる。

俺はこっそり部屋に戻り昼頃までチンチンをシコシコしながら時間を潰す。ちなみに俺ははてなブックマークしこりながら見ている。

別に抜けるとか興奮するとかそういうわけではないが、なぜかそうしながら見るといいのだ。是非ともみんなもやってみてほしい。

そうしてるうちに俺はいつの間にか眠っている。そうしてまた俺の1日が終わったのだった。

2019-12-12

5Gってさー

そんなに日本企業を救うか?

ワンセグに色めき立って結局なんにも新しいこと出来なかった15年前くらいの状況と被る気がするんだけど。

5G推し企業CMとかで、これからは出先でスポーツ観戦できる!みたいなのアピしまくってたけどそんなものを求めている層そんなにいるかな?

たとえば、電車ホームに1人で突っ立ってる奴がリアルタイム日本代表戦の迫真のゴールシーンをマルチアングル切り替えで見てガッツポーズ決めたりしたいか

そんなんだったらスポーツバー行くでしょ。

なんかいつもズレてるよね。日本オッサンたちのテクノロジー観って

2019-12-02

一年たった今だから振り返る

hageなんとかの命で低能先生娑婆からジェクトできるんだったらそこまで悪い取引でもないよな。


あいつのブログってしょっちゅうホットエントリーに上がってきてたけど、一回も面白いと思ったことないし。だから俺は最近読んでないけど、ムカついてるやつ結構いたんじゃないの?はあちゅうとか粘着されてたけど、最初ガッツポーズしてたんじゃないの?


それにあいつ昔見たときはまとめアフィとかやってたしな。


というわけで死んでも全然何とも思わないやつなんで、そんなやつと引き換えに低能先生っていうおもいっくそ不快なやつが目の前から消えてくれるなら万々歳。

追記しかも18年も!】


なんか半端にブロガー連中と交流があったりしたせいで信者がいて、残念がる声がはてなじゃあデカイけど、これが仮に保守速報とかはちま管理人だったらそいつらはどうすんの?むしろ喜ぶだろ?



ということを一年増田投稿したが、あんまり気持ちは変わらないか

2019-10-30

富士山で滑落したニコ生主が羨ましい

富士山を登りながら、動画配信していて、山頂付近で足を滑らせ、行方不明になった男性ニュースになっている。

そのなりゆきニコニコ動画アップロードされていたので視聴した。

笑った。最高だった。私もこういう風に死にたい

私は、本気で自殺について考えたことがあるタイプ人間だ。

しかしいまだ自殺していない。

まだ死ぬようなタイミングじゃないからだ。

自殺にもいい自殺と悪い自殺セクシー自殺とそうでない自殺がある。

首吊り自殺なんて最悪だ。発見した人の気分を害する、最低の死に方だ。

いじめから逃げるための自殺もっと最悪だ。カッコ悪すぎる。私なら、いじめられて死ぬくらいなら、いじめてるやつを刺し殺す。

では、いい自殺セクシー自殺とはどういう自殺だろうか。

一つは心中だ。江戸時代遊女のように、大正時代女学生のように、愛のために死ぬ。美しい。エモすぎる。

もう一つは殉死だ。君主の死を受け、忠義のために死ぬ。今の私にはよく理解できないが、それがとても尊い死に方なことは分かる。

心中殉死。この伝統から分かるように、我々日本人はある種の自己表現のために自死を選んできた。自殺日本の文化だ。あの三島由紀夫だって割腹自殺したんだぞ。

昨今、自殺は良くないだの悩んでるなら相談しようだのやかましい言説が流行している。それも一つの考えであることは否定しないが、日本全体がそういう風潮になるのは文化的な退廃であるように思う。

もし大勢ムスリム日本にやって来て、豚肉を食べるなんて汚らわしい、と言ったらあなたはどう思うだろう。ヒンズー教徒が牛を食べるなと主張したらどう思うだろう。ほっとけって思うよな。今の私の気持ちがそれだよ。分かってくれ。

人は、生まれ場所を選べない。だけど、生き方は、死に方くらいは選べる。

矛盾しているようだが、自殺もまた、一つの生き方なのだ

余談だが、今のアイドルオタクに物申したい。お前らなんで生きてんの?死ねよ。

2001年音楽グループ野猿」の解散を受け、女子高生2人が自殺した。遺族には申し訳ないが、私はこの死に方を選んだ2人の意思尊重しようと思う。

アイドルオタクよ、女子高生だって自殺したんだぞ。お前らも推しアイドル辞めたら死ねよ。絶対届かない場所にいる彼女もお前が死んだらお前の名前絶対に忘れないぞ。世間のやつらだって彼女アイドルを辞めた事件絶対に忘れない。私だって野猿解散を覚えてるくらいだからな。

アイドルオタクよ、死をもって己の意思を示せ!

え、死ねない?家族が悲しむ?そうか、そうなんだな、君は推しより家族の方が大切なんだな。いいよ分かるよ。けど、君の推しに対する愛はそんなものだったんだな。

ところで、こんなことを言っている私を皆さんはどう思うだろうか。きっと、陰湿でウジウジしたやつだと思われているに違いない。

しかし私は私を陰湿人間だとは思わない。私は、人を楽しませることが大好きなエンターテイナーだ。

自殺について本気を出して考えた私の今のところの結論は、自殺はよくない、ということだった。

残念ながら、今の日本人の多くは心中殉死理解しない。だから私は心中殉死もする気がない。そんなことしてもスベるだけだし。

なら、どういう風に死にたいか。すまない、語らせてくれ。

私は、皆が笑えるような死に方をしたい。

冒頭で話したような、配信中のアクシデント死ぬような死に方はかなり理想的だ。自殺を聞くと人々は悲しむが、こういう死に方なら笑う人もいるだろう。いいなー、ずるいなー、私もこういうくだらない死に方したいよ。面白い死に方したいよ。

人が死んで笑うなんて不謹慎だ、なんて言う人もいるかもしれない。

だけど、悲しんで欲しくて死ぬ人がどれだけいるだろう。多分少数派だと思うけど。私がニコ生の彼なら滑り落ちながらガッツポーズしてただろうな。今のは良かった、絶対話題になる、最高に笑える、面白いマーベラス

もしあなたが、バンジージャンプの紐が切れて死人が出た、というニュースを耳にしたら──死んだのは私かもしれない。その時は多いに笑ってくれ。それが私の望みなのだから

2019-10-29

彼氏と一緒に同人活動してる話。

私は中学生くらいか腐女子として生きてきた。しかし、同人誌を作る側に回ったのは、本当につい最近の話だ。決して若くなくて、四捨五入したら三十路社会人になってから始めたクチだ。

何故遅遅より出すに至ったか割愛しようと思う。匿名増田として、以前にも自分語りよろしく、経緯は綴ったことがあるからだ。

私には5年以上付き合っている彼氏がいる。彼氏所謂オタクだが、守備範囲が広く、腐趣味も十二分に理解しているタイプ人間だ。私の絵を描く趣味には協力的であったし、オタク趣味否定されることも一切ない。極端な話、一緒に居ても絵を描いていてもまったく我関せず、お互いに個々の時間を過ごすような関係性だった。

そんな中、私がハマって同人誌を出す、イベントに出る、となったジャンルは、彼氏が十数年前入れ込んでいるジャンルだったのだ。私なんかよりもずっとキャラクター知識ストーリーの内容、キャラクター台詞や口癖なんかも把握している。彼氏の方がジャンルの大先輩だった。時には彼にネームを見せてダメ出しを食らったり、構想を話して一緒に話を練ったりした。マネージャー編集者に近い立ち位置だ。

そしてイベントにも買い子件売り子として付いてきてくれるという話になった。

それに際して、自分も一緒に行くついでに本を出そうかな、と言い出した。

私としては願っても無い話。自CPの本が増えるのはとても嬉しい。何より、キャラクター理解ストーリー知識も私の比ではない熟練者の小説が読めるのだ。何と贅沢な。そして少しずつ小説を書き始めている話を仲のいいフォロワーたちにはポツポツ話していた。

その中で、表紙を描くと名乗り出てくれるフォロワーもいて、彼氏は初小説にして表紙を描いてもらえるという、なんとまぁ幸運幸運に恵まれた。

彼氏も表紙絵を描いてもらうに際して後戻りできなくなり、身を入れて執筆活動に勤しんでいた。彼氏は、お前のバーター効果で手に取ってもらえるかも、なんて嘯いていた。

そしてイベント当日になり、思った以上に彼氏の本は売れた。コンスタントに絵を描いたり作品を発信していた私の漫画本と同じくらいだ。本人も態度には出さないが、密かに喜んでいた。

そして、私が次のイベント参加を決めあぐねていたら「次は○○の話にしようと思う。時期的にもちょうどいいし。次は××さんに表紙と挿絵をお願いしよう。」と話してくるのだ。実は、先日のイベントの前に、「次はついていくかわからない」と言われていた。なのに、いつのまにか、自分も同行して、本を出す気満々なのが微笑ましかった。一緒の趣味を共有できるのは単純に嬉しいというのもあるし、やっぱり自CPの本がまた新たに1冊世に出るという事実に内心ガッツポーズした。

そして私は次のイベント参加を決め、申し込みを済ませたのだった。

2019-10-19

anond:20191019211020

世代です。当時僕も教室でみんなテレビにかじりついて、日本シリーズを見ていたのを思い出しました。僕は当時西武ファンで、ブラウン管に映るデストラーデと一緒にガッツポーズをしたりしていました。帰宅時間になったので試合終了に間に合う様、急いで走って家に帰ったら、森監督胴上げされていました。うーん懐かしい。

2019-09-14

[B! 災害] 千葉 影響続く33市町村のほとんど 被害の全容把握できず | NHKニュース

激甚災害指定の話って一億回繰り返されてると思うけど、この指定早くしてもしょーがないでしょ。増税後になるのはタイミング的にもそういうもんだと思うけど id:bocbqcmn さんは確信犯ですよね?

まあリベラルなら大きな政府指向なんでしょうし、地方自治権カットして自衛隊政府の一存で送れるようにじゃんじゃん法改正していくべきってことですかね。いやもう法律なくても首相の一存で激甚災害指定自衛隊挙動ガッツポーズするだけで決められればいいのかな? 消費増税国会を経ずに決めちゃおう!(私も増税反対ですけどね・・・いまここで法改正もせずにできちゃったらそっちの方がやう゛ぁいよ・・・

2019-08-29

増田の美味しいレストランリストスリン羅とスレ石井斧出す間(回文

増田が私にくれたもの

ビリヤニ美味しい店リスト

おはようございます

と言うわけで

ブクマ見てたらビリヤニの美味しいお店のリスト増田があってびっくりだわ!

私も美味しいからそれ大好きで

食べロググーグルマップの画面をにらめっこ級に見比べつつ

右手左手とでのダブルスマホ検索をしながらチクチク食べに足繁ってたんだけど

いや私、べ、別にポケモンやって歩いてるんじゃないんだかんね!って具合に街を彷徨うのよ。

うそ増田のお店リスト

凄いリストでやー!って

例え上手のグルメリポーター彦摩呂さんが「まるでなになにの宝石箱やー」って言う件の宝石箱を省略してしまいそうなほどよ。

また私のビリヤニの旅が一気に捗るわ。

この地図を片手にまた食べ歩けるじゃないって思っちゃったわ。

もうさ

あのホールスパイスを直接噛んだときスパイスの口の中の爆発具合がセクシースパイシーでたまらないのよね。

最初スパイスのこと分からなくて木くずが入ってるわよ!ってカムチャッカファイアーって思ったけどシナモンでしたみたいな具合。

あいガチスパイス効かせたのって

自分で作るとなるとハードルネパール山脈みたいに高まる

うそハードル範疇超えてるわよ!って思っちゃうから

お店に直接食べに行った方がいいのよね。

私はクミンシードだけ買って諦めちゃったわ。

現地から取り寄せた雰囲気インテリアに囲まれた店内に

感じるスパイス香りを満載させて

皿に盛られるビリヤニは大盛りと言ってないのにデフォで大盛りのようで、

その盛られたお皿を前に

私の心の中ではネパール山脈を超えたわ!って心と胸を躍らせながら弾むのよね!

で食べ終わった後には汗だくだくになっちゃって。

手食で食べるチャレンジングステージにはまだ達してないけど、

結構ガチなお店はちゃんとおトイレにまで行かずとも

店内に手洗い場があるから

初めて行くお店で店内にそういう手洗い場があったら思わずキレイキレイしちゃいそうなぐらい、

よっしゃー!ここのお店美味しいかも!って

シブがき隊寿司いねの曲が頭の中で再生されるの!

ガリ、アガリ、アガリガリガリガリって。

心の中の私がガッツポーズ

このときばかりは

私の心の中の悪魔天使握手して和解するぐらいよ。

あとモスクの近くにあるハラールメニューが食べられるお店とかも美味しいのが食べられるのよね。

インネパとはちょっとまた雰囲気が変わるんだけど。

最初初めて行ったとき

神はアッラーだよな!みたいなポスターとか貼ってあったりして、

異国情緒さらに加速されるその満の載感は店内緊張感が走るわよ。

濃い向こう系のフェイスの店の大将の「またきてね!」って片言の日本語でのギャップがキュンときちゃうわ。

ちょっとまたアンパンマンビリヤニマンが出てくる回をおさらいして見るわ!

ビリヤニワールドにレッツラゴー!

そして私は食べ終わったあとのヒーローインタビューを終えてさらに次のお店に向かうのよ。

うふふ。


今日朝ご飯

最近ちょっと飲み過ぎちゃうこと多目で朝グロッキーな時があるから軽めのハムサンド1つにしてみました。

あとはトマトジュースアイスのヒーコー。

デトックスウォーターは、

ストロベリーを縦半分に切ると赤と白のグラデーションが綺麗なストロベリーウォーラーのできあがり。

この時期のストロベリーも高いというか、

ストロベリーはいつ買っても高いのねと思っちゃったわ。

からいつも小パックで決めるのよ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2019-06-28

から提案屁理屈捏ねてでも実害出ててもも全部蹴るっていう俺のこと嫌いな上司がいるんだけど、

「○○さんに連絡お願いします」

だとやってくれないことを

「○○さんに私から連絡しますか?」

って言い方に変えると

「いや俺からうから

ってなるのを発見してガッツポーズしてる。

[] #75-1「M型インフルエンザー」

パンがなければケーキを食べればいいじゃない」なんて、マリー・アントワネットは言っていなかったらしい。

なんで彼女セリフとして広まったかというと、“あいつなら言いかねない”からだ。

俺たちはそんなフンワリとしたイメージだけで信じてしまえるわけ。

冷静に考えてみれば、そもそも本人に確認を取っていない情報を信じるなって話ではあるけれど、そんなこと言い出したら歴史上の人物ほとんどがそうだろ?

誰が言ったか、本当に言ったかなんて、俺たちには分からない。

いや、今でも似たようなものかも。

俺たちは信じたいものを好きなように信じて、気をつけて使うべき階段を踏み外して怪我をする。

階段を使うことを決めたのも、気をつけなかったせいで怪我をしたのも自分のせいだけど、そのことについて反省しない。

「踏み外すような階段を作った奴が悪い」って思ってるからだ。



…………

その日の俺も深く考えないまま、学校の階段を一段とばして上っていた。

朝のチャイムが鳴る前に教室に入っとかなきゃいけないから急いでたんだ。

言い訳をしておくと、寝坊したわけじゃない。

登校だとかの面倒くさい日課ギリギリまでやらないことがモットーなのさ。

「よっ、ほっ、はっ」

階段を上るたび、背負っている鞄がユサユサと揺れる。

その振動で体のバランス不安定になりやすく、ちょっと危なっかしい。

さっきの例え話とかけるなら、俺はここで階段から転げ落ちるんだろう。

けど、あくまで例え話は例え話で、フィクションフラグなんて存在しない。

俺は自分教室があるフロアまで駆け上がった。

後は廊下を駆け抜ければ俺の教室だ。

経験上、チャイムが鳴るまで残り十数秒。

ここまでギリギリなのは初めてだ。

やばいやばいやばい

こんな余裕のないことをしておいてナンだけど、俺だって遅刻したいわけじゃない。

焦るものは焦る。

からといって、ここで走ってはいけない。

先生に「廊下を走るな」と止められる可能性があるからだ。

実際、それで遅刻しかたこともあるので、ここで走るのは危険を伴う。

急いで歩くことが求められる。

「急げ、急げ、急げぇ~」

そう呟きながら自分鼓舞しつつ、競歩選手並にクネクネしながら教室へ向かう。

スピード的には走っているようなものだったけど、常に足のどちらかは地面に接しているので問題ない。

だけど、それでも残り数秒あるかどうか。

頼む、間に合ってくれ。


――――キンコーンカンコーン

朝のチャイムが鳴り響く。

その音を俺が聞いた場所は……自分教室内だ。

「イエイ! 時間ピッタリ!」

これまでにないほどバッチリタイミングだったので、思わずガッツポーズをした。

客観的に見れば、ただ遅刻しかけただけなのに。よくそんなに喜べるな」

そんな俺に、クラスメートのツクヒが冷や水ぶっかけてくる。

「偉そうなこと言うなよツクヒ。遅刻しなかったのも、遅刻しかけたのも同じ。つまり俺とお前に何の違いもないんだ」

そんな冷や水にお礼を返すのも日常

取るに足らないやり取りだ。

しろ俺が気になっていたのは、仲間のタオナケ達が珍しいネタで盛り上がっていたことだった。

「私、今朝『マスニュース』みたんだけど、あなた達も観た?」

「う、うん……みた、き、きいた」

「僕も観たよ。いやー、とうとうここまで大事になったか

俺たちガキにとって、ニュース占いとかミニコーナー目当てに観るものだ。

それにつけても、朝から話題にするようなことじゃない。

だってニュースの話で朝から盛り上がるなんて、イキってるみたいじゃん。

から話題になっているということは、よっぽど気になるネタがあったってことの裏返しでもある。

次 ≫

2019-06-07

【結目ユイ おしっこ我慢SS】 この尿意は私のもの

女の子おしっこ我慢しているときに見せる表情はどうしてあんなに魅力的なのだろうか。

結目ユイは今、バーチャルタレントとして活動している。ユイのいるバーチャル界隈では、おしっこ我慢しながら配信する「おしっこ我慢配信」が流行っていた。ユイ清純派美少女バーチャルタレントだ。だから自らそのような配信に参加するつもりはなかった。だが密かに企画があるたびに視聴者として見に行っていた。自分推している配信者がその企画をやったときは喜び勇んで見に行って画面に張り付いていたのだ。残念ながら、「決壊」することはなかったが、それでも配信は十分に満足できるものだった。

その配信者の次回企画の日が収録の日に被ったのを知ったときユイはとてもがっかりした。だが今日になって、収録が早めに終わったときは心の中でガッツポーズをしたのだ。時計を見ると、すぐにスタジオを出れば配信が見れそうだった。おしっこ我慢企画リアルタイムで見るに限る。"どうなるのかわからない"からこそ、そこに「リアリティ」を感じることができるからだ。電車に乗ってしまえば配信に集中できないと判断したユイは、周囲にある奥まった席のあるカフェを思い浮かべる。そうしてユイは駅近くにあるスターバックスに入ることにした。

いつもは甘いフラペチーノを頼むのだが、今日眠気覚ましを兼ねてアイスコーヒーを頼む。画面をのぞきまれない奥の席を確保し、イヤホンをして開始が迫った配信の待機画面に入る。配信が始まると、推しの2人がクイズを間違えるたびに水を飲んでいく。クイズに答える二人の声に徐々に震えが混じってくる。時折吐息やうめき声が漏れ聞こえてくる。2人の頭の動きが大きくなる。2Dからかい表情や動きは読み取れないが、ユイ脳内で補完することは容易だった。その情景をありありと想像して、ユイの顔も上気してくるが、その熱を鎮めるために冷たいアイスコーヒーを飲んだ。

配信も終盤に入ると、配信する2人の声も明らかに尿意我慢しているものに変わってきた。ユイの机にあるカップはもう空になっている。2人の熱のこもった声と共振するように、ユイの体も熱を持ってくる。2人の尿意自分のもののように感じられる。ユイはこの感覚を知っている。出せば得られる大きな快感も。もう楽になってしまいたいという気持ちも。それでも、出すわけにはいかないという意思も。社会的な死を避けるために、体からシグナルを無視する苦痛も。彼女たちの細かい表情が見れないのがもどかしい。声の震えだけがはっきりとわかる。きっと彼女たちの表情は苦痛に歪んでいる。手はせわしなく動いているだろう。内股気味になって、脚は細かく震えているだろう。まさしくこんな風に。

企画の終わりの時間が来る。今日は見ていただきありがとうございました、お疲れさまでした。そう早口で言うと、すぐに放送は切れてしまった。もはやゆっくり挨拶をしている余裕などないのだ。あるのは解放に向かえる喜びと、少しでも早くと自分をせかす気持ちだけだ。その様子を余すことな想像して、ユイは満足そうに顔を上げた。今日配信は一段と彼女たちの気持ちリアルに感じることができた。現にこうして尿意我慢する感覚放送が終わった今でも残っている。「現にこうして」?

この尿意は私のものだ。ユイはようやくそう気づく。いつから尿意を感じていたのか。いつから我慢していたのか。配信中のどこかから始まったそれらが、いったいいつ始まったのかユイにはわからなかった。わかることは、もう限界が近いことだ。尿意自覚してから膀胱から命令暴力的と言えるまでに強くなっている。急いで店内のトイレに向かうと、そこには無慈悲にも「清掃中」の札が下がっていた。

飲食店で働いていた経験から掃除が終わるのはそう長くはかからないことはわかってはいた。それでも、最悪の場合があり得るほど長くなる可能性もある。それにもはや体を動かさずに平静を装うことが難しくなっているのだ。待つことを選んだら、我慢していることは周囲に筒抜けになってしまうだろう。ユイはそう考えると急いで駅のトイレに向かうことにした。一番近く、確実にトイレがあるのが駅だったのだ。それに、歩いているときは体の動きを誤魔化せる。

ユイは足早に店を出る。あくま普通に、急いでいる人のように歩かなければならない。額に汗がにじむのは、急いで歩いているからか、それともほかの理由からか。階段を一段降りるたびに衝撃が体に響く。急いでいるはずの足の動きが段々と鈍くなる。駅に入ってトイレ標識を探すと、トイレへの矢印は改札内に向いている。急いで改札を通ろうとカードをかざすと、残高不足で改札が閉じた。その驚きには何とか耐えたが、もはや冷静を装うことなどできず、頭にあるのはただ一つの欲望だけだった。わずかに残る理性をかき集め、券売機カードの残高を補充する。カード差し入れる手は震えていた。財布を取り出すのにやけに時間がかかる。パネル操作する手が液晶を連打する。逆の手では人差し指トントン券売機のある壁を叩く。一つ一つの動作が、やけに、長い。

ユイの手にカードが戻ってくる。歩幅は普段の半分ほどだ。やっとの思いで改札にたどり着く。カードをかざす。もしも何かのエラーでまた改札が閉まったら、もうユイに為す術はなかっただろう。幸いなことに今度は改札はユイを拒絶しなかった。改札をくぐると、後ろの人が改札に引っかかる音がした。その驚きもなんとか飲み込む。背負っているものの重さがまた増えた気がした。トイレまではあと50メートルほどだ。もはやなりふり構わず、正確にはその余裕もなく、体に余計な刺激が加わらないよう、人の流れを避けて、目指す先へと慎重に進んでいく。

トイレに清掃中の看板はなかった。あっても無理やり入っていただろうが、今はそんなことは気にならなかった。あと少し。あと少しでこの苦役から解放される。緩みそうになる気を再び引き締め、慎重に、歩を進める。先ほどまでうるさく鳴っていた頭が今はやけに静かだ。トイレに足を踏み入れる。最短距離で個室に向かう。洗面台の前を通り過ぎるとき、ふと視線を横に向けた。

鏡に映っているのは、おしっこ我慢している美少女だ。整った顔立ちは、苦痛に耐えるために大きく歪んでいる。毛先に行くにつれて白からピンクに変わる髪と、赤みが差して火照っている顔の中で、涙をたたえて青く澄んだ瞳がことさら美しく映えていた。左手はもう感覚がないが、無意識に毛先をいじっている。内股気味に歩く姿は急いでいるようにも、動けないでいるようにも見える。膝頭をこすらせながら一歩ずつ足を進める姿はかすかにふるえている。急いでいるにも関わらず、頭の中の妙に冷静な部分が、自分の姿を捉え続ける。配信に足りなかったものがすべてここにあった。おしっこ我慢する美少女の表情と動きが無限解像度で目の前にある。おしっこ我慢する美少女の恥じらいと苦しみが余すことな自分の中にある。自分の中の冷静な部分が他人事のように思う。もっと見ていたい。あるいは、もう我慢なんてやめてしまえ。

トイレを済ませ、身だしなみを整えたユイは帰路についていた。店を出てからトイレを済ますまでの記憶はもはやおぼろげだ。それでもユイの心にはあの一瞬が残り続けていた。女の子おしっこ我慢しているときに見せる表情はやっぱり魅力的だ。中学時代から続くこの性癖は、いまだにユイを捉えて離さないらしい。もしつぶやきネタに困ったら、今日のことを…そのまま載せるわけにはいかないが、この性癖暴露くらいならいいかもしれない。なにせおしっこ我慢する女の子はいものだ。帰ったらもう一度、今日配信アーカイブを見直そう、そう考えながら、ユイ電車に揺られていくのだった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん