「実効支配」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実効支配とは

2021-07-26

左寄りのまる子ちゃん

まるお「ズバリ独島韓国固有の領土でしょう!」

ブー太郎竹島日本のものだブー!」

ナレーション実効支配しているのは韓国である

はまじ「どっちのものかはっきりさせようぜ」

まる子「そうだよ!国際裁判ではっきりさせるべきだよ」

ナレーション史実に基づいており、裁判など不要である

2021-07-16

現代ビジネス 習近平好きすぎだろ

習近平の"自滅"が近づく…元共産党員が発表した、中国「内部崩壊」のシナリオ 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/85230

習近平の抱く危機感中国大手ハイテク企業株価大下落で経済成長に強烈なダメージが! 歳川 隆雄 gendai.ismedia.jp/articles/-/85056

習近平が“身構える”…! 20万人インド軍vs中国人民解放軍が「一触即発」、中印国境地帯のヤバすぎる現実 藤 和彦 gendai.ismedia.jp/articles/-/84782

習近平傲慢中国共産党結党100周年で自らを毛沢東と「同格」扱いした理由 歳川 隆雄 gendai.ismedia.jp/articles/-/84765

習近平の“大誤算”…まさか中国若者たちが「三人っ子政策」にブチ切れ始めた! 福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/84014

習近平が焦り出した…20・30代の「負け組中国人たちが「静かな革命」を起こし始めた! 福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/83982

習近平、“八方塞がり”か…とうとうG7が「怒りの共同声明」を突きつけた! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/84252

習近平も恐れ震える…ついにアメリカが「中国との戦い」に“マジ”になってきた! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/84047

習近平バイデンにらみ合う…「脱炭素」は世界の「覇権構造」を激変させ始めていた…! 加谷 珪一 gendai.ismedia.jp/articles/-/83981

習近平が“自爆”…欧米日が「脱・中国」するウラで、これから本当に起きる「ヤバい現実大原 浩 gendai.ismedia.jp/articles/-/83529

習近平の「一世一代の大仕事」が凍結に…中国「戦狼外交」が“裏目”に出てきた! 石 平 gendai.ismedia.jp/articles/-/83441

習近平が“自爆”へ…いよいよ中国不動産バブル」が崩壊寸前で、追い詰められた「習近平」の末路 福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/83019

習近平強気の源、コロナ制圧国家体制データ共産主義」の不気味 野口 悠紀雄 gendai.ismedia.jp/articles/-/81516

習近平に逃げ場なし…人権弾圧を続ける中国に、アメリカEUが反撃を始めた! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/81580

習近平が“自爆”へ…中国vsアメリカ連合の「軍事衝突」で、中国は大打撃を受ける! 橋爪 大三郎 gendai.ismedia.jp/articles/-/80748

習近平も恐怖する…尖閣を狙う中国に、マジギレの日米が放つ「凄まじい一撃」 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/81341

習近平、万事休すか…とうとう日米豪印が「中国包囲網」へと動き始めた…! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/81081

習近平が“焦り”始めた…! いよいよ中国経済「倒産ラッシュ→大崩壊」のヤバすぎる現実 福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/80951

習近平に“マジギレ”のアメリカが、「北京五輪ボイコット」を検討している! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/80841

習近平、ついに“自滅”か…アメリカ論文が予想した中国「大崩壊」の末路 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/80576

習近平が“自爆”へ…! 中国経済が“バブル崩壊”で直面する「ヤバすぎる末路」 福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/80229

習近平よ、アメリカはもう許さない…! ここから中国が直面する「マジでヤバい問題」の正体 橋爪 大三郎 gendai.ismedia.jp/articles/-/80099

習近平も青ざめる…中国共産党「内部崩壊」を指摘した“ヤバすぎる論文”の内容 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/80395

習近平インフルエンサー? 「熊本ソウルフード」が中国バズるかもしれない! 林 毅 gendai.ismedia.jp/articles/-/80074

習近平が「戦争」の準備を始めた…! いまアメリカと衝突したら「中国が勝つ」って、本当か? 橋爪 大三郎 gendai.ismedia.jp/articles/-/80100

習近平堂々の嘘「中国全土から貧困県が完全に消滅した記念すべき日」 北村 豊 gendai.ismedia.jp/articles/-/79088

習近平、いよいよ日本に「踏み絵」を迫る…! “米中戦争”のウラで起きている「ヤバすぎる現実福島 香織 gendai.ismedia.jp/articles/-/78158

習近平が「アメリカ不在」でやりたい放題…中国が「TPP」前向き発言のヤバすぎる「裏事情ドクター Z gendai.ismedia.jp/articles/-/77871

習近平は焦っている…行き詰まった中国が、とうとう日本に「媚び」始めた…! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/77738

習近平首席が初めて明かした「TPP加入への意欲」その狡猾な狙い 近藤 大介 gendai.ismedia.jp/articles/-/77635

習近平テコ入れする「新法」で、中国は「尖閣実効支配化」に乗り出す 益尾 知佐子 gendai.ismedia.jp/articles/-/77630

習近平に「理屈」は通じない…トランプ敗北後に台湾で起こるヤバすぎる事態 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/77097

習近平が、独裁者毛沢東流の「上から外交アメリカ激怒させている…! 柴田 哲雄 gendai.ismedia.jp/articles/-/76833

習近平が「米ドル」打破へ動き出した…! ひっそり始まった「新・米中通戦争」のヤバい行方 砂川 洋介 gendai.ismedia.jp/articles/-/76638

習近平超一強体制中国が攻勢をかける「米中コロナワクチン戦争近藤 大介 gendai.ismedia.jp/articles/-/76750

習近平の動揺…中国10月に入って「尖閣侵入」を激化させた「本当の理由村上 政俊 gendai.ismedia.jp/articles/-/76599

習近平政権の野望が「デジタル人民元試験運用開始で加速中 近藤 大介 gendai.ismedia.jp/articles/-/76562

習近平の強い意思内モンゴル自治区でも始まった民族文化簒奪圧力 北村 豊 gendai.ismedia.jp/articles/-/76255

習近平を本気でぶっ潰せる米大統領はどちらか、テレビ討論で判明した…! 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/76080

習近平訪日二階俊博の人脈最優先対応では日本外交黒歴史の上塗り 山本 一郎 gendai.ismedia.jp/articles/-/75980

習近平も慌てふためく…激怒したアメリカが、台湾を本気で支援し始めた 長谷川 幸洋 gendai.ismedia.jp/articles/-/75889

2021-06-19

anond:20210619200426

島も居住者おらんかったら、あっという間に上陸されて実効支配されてまうやろ

2021-06-04

anond:20210604125158

大量破壊兵器があるって嘘ついてアフガニスタン攻撃しま

大量破壊兵器ないのがバレたけど石油のために実効支配出来るよう戦争続けます

民間人も殺しま

やってることあんまかわらんだろ

2021-05-18

anond:20210518122332

ハマスについてよく言われるのは、やつらは兵士であると同時に、かなりよくできた地元コミュニティでもあって、福祉だのなんだのをガチ提供している。

から支持を得られているんだそうだ。

それが「実効支配」の内実だ。

軍事力で押さえつけてるISとはだいぶ違う。

 

から彼らの存在不利益かっていうと、現場にいけばそうは感じられないんだろう。

もちろん国際環境外交政策を考えたら、そんなもん増田の言う通り追い出したほうがマシだが、そんなこと考えることができるやつなんて、大半が大卒のこの日本でも少ないのに。

ガザ地区国連委任統治領にすべきでは?

ガザ地区実効支配するテロ組織ハマスイスラエルの、ハマスによる先制ロケット弾攻撃に端を発した武力衝突について、一つの疑問があるのだけれどニュースソースを追っても疑問は解消されない。

ガザ地区住民は、ハマス支配を歓迎しているのが多数派なのか?」というのが、俺が持つ疑問だ。

軽くハマスがもたらす被害を列挙してみると

という感じで、ハマスガザ地区実効支配することによって、ガザ地区パレスチナ人は不幸になっているとしか思えない。

宗教対立的な側面から過激派テロ組織ユダヤ教徒から聖地エルサレムを守る守護者的な言われ方もするが、実際にはハマスエルサレムにもロケット弾を撃ち込んでいる。

これらのことを考えてみると、ISIS同様に武力と恐怖でガザ地区支配しているだけで、住民に支持されているとは、到底思えないんだよな。

ハマス住民戦死者を出すことを戦略にしつつ、住民に与えられた支援戦闘継続し、地区インフラ疲弊させていっている、こんな酷い話はない。



そもそも問題として、パレスチナ西岸地区ガザ地区飛び地になっており、PLOファタハが、ガザ地区支配するハマスを抑えるだけの力を行使できない事も問題であるように思う。

ハマスファタハガザ地区武力衝突内戦をやってるのだけれど、地理的問題からしてもファタハ実効支配を取り戻すのは、イスラエル国連の強力なくしては難しいだろう。

歴史的な経緯から言って、イスラエルガザ地区接収するとしたら、ガザ地区住民は段階的に追い出されて難民化するしかないだろうし、

となれば、最も中立的国連軍がハマス実効支配を終わらせて、インフラの整備や経済復興支援するのがいいのではないかと思う。




もしもピー委員会が決めた、パレスチナ85%案をパレスチナ人が受け入れていれば、イスラエルが逆に飛び地しかもたない弱い国家になっていた。

その後、国連案でイスラエルが56%となった分割案で、現在パレスチナ飛び地支配の基礎が出来てしまってるけど、飛び地状態なのが残酷すぎるとは思う。

だが、独立宣言したイスラエルが気に入らないと、パレスチナ自治区含むアラブ諸国しかけた第一次中東戦争アラブ側が負け、その後も負け続けた事もある。

それだけにパレスチナ一方的被害であるとは思わないが、ガザ地区住民はかなり悲惨立場に置かれてると思う。

このガザ地区住民にとって酷い状況を改善するためにはハマスを追い出すしかないだろうと思うんだがなぁ。

まぁ話によると、今選挙をやるとファタハハマスに負け、アッバス議長議長の座を退くことになるから贈収賄疑惑政権を失いそうなネタニヤフ同様に、ハマスイスラエル武力衝突しているのはPLOにとっても好都合という位だから

パレスチナ自治区民はハマスを支持しているということなのかもしれない。であれば、イスラエルの反撃で建物破壊され、死者が出る状況はパレスチナ自治区民が望んだものとして覚悟して受け入れるべきものかもしれん。

あんだけ国をめちゃくちゃにしてるタリバンすら、アフガニスタンでは歓迎されている訳だからイスラム教徒には非合理すぎて理解しがたい側面があるわ。

多くの日本人は興味がないかパレスチナ可哀そう以外のストーリーで受け入れないのだろうけど、この問題はどっちが一方的に悪いと言えるほどシンプルではない。パレスチナも十分に愚かで、間違ってる。

2021-04-27

尖閣諸島

石原都知事のころに、都が購入して施設建設しようとしたら事を荒立てたくない国が購入して阻止するということがあった。

でも結局国が購入したということで中国が怒ったし、中国がちゃくちゃくと実効支配をつよめつつある今現状を考えたら都が購入して実効支配を強めてたほうがよかったね。

からでも、国がなにか施設建設とかすればいいと思うけど、弱腰から無理でしょ。

当時、石原都知事のことをとんでもないウヨクだとバカにしてたけど、間違ってたわ。

ごめんなさい。

2021-03-18

anond:20210318113637

どうして竹島実効支配されようとしていたときに今の尖閣諸島のように動かなかったの?

当時の議員先生お金もらっちゃった?

anond:20210318113402

そういう意味ではそうだな、他国実効支配されてる北方領土竹島に関しては武力衝突とかを避けるために出動出来てない、尖閣日本実効支配してるから出動してる。

立場としては固有の領土として共通してるだろ。

anond:20210318113431

そういう意味ではそうだな、他国実効支配されてる北方領土竹島に関しては武力衝突とかを避けるために出動出来てない、尖閣日本実効支配してるから出動してる。

立場としては固有の領土として共通してるだろ。

2021-02-05

anond:20210205122102

事態収束を図るために人道支援名目中共医療部隊を送り込みゆくゆくは実効支配体制確立なんてことになる。

というか国内を早期収束させて他国医療支援を行なって恩を売るくらいのことができないのかね。

2021-01-11

アスペルガーの父

実の父から「『軒を貸して母屋を取られる』という諺の意味を知っているか!」と知識マウントを取りつつ反抗的な私に対して牽制しようとする発言をいただいたが、その文脈で言うと私は母家にいる方だし知ってるから知識マウントにもなってない。

で、なんでそれを言い出したかって言うと、家族で飯を食ってて、父がリビングから出る際に「自分はいずれ戻ってくるからドアは開けっ放しの方が楽」と利己的な理由でドアを開けっぱなしにしてしまリビングがクソ寒くなるので家族がいちいち閉めなきゃならず、実際は数秒どころか数分は返って来ず最悪そのままトイレとかまで済ませてこようとしてしまうこと食事中に何度も私から注意されたから。

そんな父は明らかにアスペルガー

自分の決めたルール自分にとって合理的に見えればよく、「他人がどう感じるか」はいくら説明しても理解できない。

父にとっては私が実家を乗っ取って追い出そうとしているように見えているらしい。

一方、父は母方の実家の近くに住みちょっとしたマスオさん状態で、祖父認知症施設に入るや否や、祖父管理していた土地勝手に使い始めて実効支配しようとして家族から怒られている実績がある。

おそらくそんな自分の姿が私にも投影されているのかもしれない。もしくは子供(37)が口答えするなと言いたかったのかもしれない。

現時点で体力や認知能力に対して要介護認定をもらうような状態にはないが、(特に自分の関わらない事柄への)記憶力の著しい欠如や思考放棄がここ数年目立つようになり、私の中では後期高齢精神的な子供という位置付けになった。

先日は父が予定していた時刻を数分遅れそうになっただけで、焦りからか車の運転が無言で乱暴になり事故りそうになったりと、家族への実害が起こりかねない状況も見えてきた。

父に対しては認知症と同様の接し方が必要かもしれないと悟った昨晩の父の様子だった。

まともなコミュニケーションができず忖度するしかない状況で、以前重い鬱から立ち直った母が強すぎて尊敬しかない。

2021-01-03

アフガニスタンの話

アフガニスタンというと、日本では人道的支援ODA政府開発援助)の話が中心で、最近の情勢がどうなっているかという報道ほとんどない。なのでちょっと書いてみたい。


もうずいぶん昔の話だが、2001年9月11日ニューヨーク同時多発テロがあった直後、アメリカアフガニスタンに侵攻してタリバンパキスタンに追いやったのだった。

タリバンとはパキスタンのマドラサイスラム学校)発の運動で、1990年代末にはアフガニスタンを掌握していた。

なぜアメリカタリバンと戦ったかというと、アルカイダ同時多発テロを主導)の中心人物だったウサーマ・ビン・ラディン2011年パキスタン殺害)を、タリバンがかくまっていたからだった。当時のブッシュ政権テロとの戦い(The War on Terror)を標ぼうして、それに参加しない国は敵として侵攻もやむなしという国防戦略をとっていた。NATO加盟国から軍隊アフガニスタンに行ってタリバン戦争をしていた。


それから19年経ってどうなったか

タリバンは滅びていない。それどころかアフガニスタン国内で着実に支配を拡げつつある。一方、アメリカを中心とするNATO軍は今年(2021年)の5月までに完全撤退を目指している。(日本ではあまり報道されないだけで、)この間ずっと戦争は続いていた。

アメリカにとってアフガニスタンでの戦争は史上最長の戦争になったが、負けたという見方が強まっている。戦費の負担アメリカにとってずっと重荷だった。オバマ大統領2014年に多くのアメリカ軍を撤退させたが、完全撤退にはならなかった。アフガニスタン軍を育てて、アフガニスタン人に自分たちタリバンと戦ってもらおうというもくろみだったのだが、これはあまりうまく行っていない。毎年アメリカアフガニスタン軍の費用の4分の3(50億ドルぐらい)を注ぎ込んでやらないと戦えないからだ。

トランプ大統領は去年の2月末にタリバンとの和平交渉をまとめたことになっている。ことになっている、というのは、その内容がかなり怪しいからだ。アフガニスタン国土アメリカとその同盟国(allies)の安全を脅かす活動に使わないこと、タリバンと現アフガニスタン政府が和平交渉を行うこと、をタリバン誓約させるかわりに、アメリカは今後一切アフガニスタン国内問題に介入しないこととしている。

これは実質的に逃げを打っているのであって、NATO軍が去った後、これまでの努力は水泡に帰してタリバンアフガニスタン支配するのではないかという見方が強まっている。


アメリカタリバンがまとめた合意にしたがって、去年の秋からカタールドーハアフガニスタン政府ととタリバンの和平交渉が続いていた。⁠今月の5日からこの交渉は再開する予定だ。


2001年末にパキスタンへ逃げた当時のタリバンは完全に弱体化していたが、パキスタンイラン支援のおかげで今はプロ軍事組織に成長していて、最近構成員は6万人くらいいるといわれている。

和平交渉を行っている間も休戦にはならず、タリバンアフガニスタン国内毎日のように人を殺しまくっている。以前は政府や軍の高官をターゲットにしていたが、最近では一般人女性活動家を含む)を中心に襲っている。タリバン政権中枢で力を持ったときに歯向かいそうな人間をあらかじめ殺しているといわれている。


タリバンイスラム法の厳格な運用を目指している。現在タリバン実効支配している地域ではだれもタリバン文句を言えないそうだ。

女性基本的に家を出ることはできず、外出の必要があれば親族男性が付き添わなくてはいけない。もちろん学校に行くこともできない。


現在政権下では女性社会進出が進んで、労働人口の5分の1が女性になったらしい。タリバン政権を取ればすべてが昔に逆戻りになるのでアフガニスタン女性は脅威を感じているそうだ。

だがこの数年で現政権交渉力をかなり失い、タリバンは力を伸ばしている。

今月再開される交渉の結果、タリバンアフガニスタンのあり方を大きく変えるか、交渉決裂で内戦が起こる可能性がまことしやかに議論されている。


日本はこれまで開発援助でアフガニスタン支援してきた。これは基本的親米の現アフガニスタン政府とのつきあいだ。テロとの戦いでは基本的アメリカ同調してきた。だが今回のアフガニスタン和平交渉の結果、タリバンメンバー政権中枢に入ることになれば、これまで実質的に「テロリスト」扱いしてきたタリバン相手日本国民の税金を原資とした開発援助が使われるという事態にもなりうる。

ちなみに、アメリカタリバンと締結した合意では、アメリカの「同盟国」がどの国かは具体的に書いていない。これは安保条約適用対象日本も含まれるのかどうかはよくわからない。そうだろうと日本人が勝手に思っているだけの可能性もある。



ソース、もし興味があれば

Abed, F. and Gibbons, T. (2021) ‘Targeted Killings Are Terrorizing Afghans. And No One Is Claiming Them.’, The New York Times, 2 January. Available at: https://www.nytimes.com/2021/01/02/world/asia/afghanistan-targeted-killings.html.

Afghan, S. (2020) Living with the Taleban (1): Local experiences in Andar district, Ghazni province , Afghanistan Analysts Network. Available at: https://www.afghanistan-analysts.org/en/reports/war-and-peace/living-with-the-taleban-1-local-experiences-in-andar-district-ghazni-province/ .

Al Jazeera (2020a) Afghan gov’t, Taliban announce breakthrough deal in peace talks, Al Jazeera. Available at: https://www.aljazeera.com/news/2020/12/2/afghan-govt-taliban-announce-breakthrough-deal-in-peace-talks.

Al Jazeera (2020b) ‘Qatar to host next round of Afghan gov’t-Taliban talks: Official’, Al Jazeera, 27 December. Available at: https://www.aljazeera.com/news/2020/12/27/qatar-to-host-next-round-of-afghan-govt-taliban-talks-official.

Ministry of Foreign Affairs of Japan (2020a) Japan-Afghanistan Foreign Minister’s Telephone Talk, Ministry of Foreign Affairs of Japan. Available at: https://www.mofa.go.jp/press/release/press3e_000133.html.

Ministry of Foreign Affairs of Japan (2020b) Video message by Foreign Minister Motegi at the 2020 Afghanistan Conference in Geneva, Ministry of Foreign Affairs of Japan. Available at: https://www.mofa.go.jp/press/release/press6e_000250.html.

Thomas, C. (2020) Afghanistan: Background and U.S. Policy: In Brief. Washington, D.C. Available at: https://fas.org/sgp/crs/row/R45122.pdf.

U.S. Department of State (2020) Agreement for Bringing Peace to Afghanistan between the Islamic Emirate of Afghanistan which is not recognized by the United Statesas a state and is known as the Taliban and the United States of America. Available at: https://www.state.gov/wp-content/uploads/2020/02/Agreement-For-Bringing-Peace-to-Afghanistan-02.29.20.pdf.

Walt, S. M. (2019) We Lost the War in Afghanistan. Get Over It., Foreign Policy. Available at: https://foreignpolicy.com/2019/09/11/we-lost-the-war-in-afghanistan-get-over-it/ .

2020-12-27

増田ブクマカ自民党が支持される理由学術的に説明したい(追記

標題に関する追記 (2020/12/28 16:52)

標題は「~理由国際関係論という学問用語を使って説明したい。」とした方が正確である

しかし、それでは読んでもらえないと予想したので標題のようにしている。

本文

自民支持されるのはおかしい( https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/DocSeri/status/1342720709873692672 )というエントリが人気だ。

自民議員が腐敗しきっていて不祥事だらけなのは事実だ。

それでも自民党が支持されるのは、外交安全保障政策を任せることができる政党自民しかいからだ。

学術的に言うと国際関係論という学問では、High and low politics ( https://en.wikipedia.org/wiki/High_and_low_politics ) という言葉がある。

High politics とは、外交安全保障といった分野を指す。

Low politics とは、High politics 以外の分野を指す。

High politicsでの失敗は、国としての存在に関わる。

Low politics もまた重要であるが、Low politics成功するには、High politics領域で国が安定していることが必要不可欠である

そのためHigh politicsLow politicsにまして極めて重要である

High politicsで失敗するとどうなるかは、パレスチナイエメンアルメニアウクライナウイグルチベット、【イラク】(2020-12-28 10:48追記)、そういった国々ないしまたは"地域"から学ぶことができる。



立憲民主党・その母体である民主党系の政党は、High politics を軽視している。

例えば鳩山首相(当時)は、日本中政府沖縄県アメリカのいずれもが同意していた辺野古移転案を白紙化し「最低でも県外」を推し進めようとした。

それは失敗に終わり、期待を裏切られる結果となった沖縄県辺野古移転案さえも拒否する結果となった。



例えば蓮舫副代表(当時)は2019年F35105機の購入計画爆買いだと批判した。

2020年数字になるが、中国は第4・第5世代機を1080機保有していることに対して、日本は309機しか保有していない。

( https://www.gyoukaku.go.jp/review/aki/R02/img/s2.pdf )

これを踏まえれば、必要な装備水準について現実的な対案を提起することなしの批判は支持できない。


こうした例から立憲民主党とその母体はHigh politicsを軽視していると私は判断している。

不祥事を繰り返す自民党の議員たちは実に不快であり有害である個人的には思う。

からといって、High politicsを軽視した政党を支持することはできない。

そのためHigh politicsの分野で信頼できる政党ができるまでは、自民党を消極的に支持するしかない。

2020年9月10日毎日新聞によると安倍政権への世論調査

「最も評価が高かったのは外交安全保障政策で、「評価する」が57%で、「評価しない」の27%を大幅に上回った。」という。

( https://mainichi.jp/articles/20200910/ddm/012/010/100000c )

2020年9月3日朝日新聞でも、世論調査で最も支持されたのは「外交安全保障 (30%)」であった。

(https://www.asahi.com/articles/ASN937F3RN92UZPS005.html)

こうした調査からも、自民党が支持される理由がHigh politics を重視し現実的安全保障政策を取ってきたことにあると考える。


2020-12-28 10:31追記

まず、多くの方からコメントをいただいたことに感謝する。

いただいた人気コメントと、新着コメントのうちいくつかにたいしてコメントしたい。

そんな大上段の話ではなく、ドブ板(冠婚葬祭学校地域の式典・イベントに顔を出す等々)と地盤(後援会)の過去からの累積が効いてる、って話では。単純接触効果は偉大ですよ。天下国家論じるだけでは選挙勝てない。

ドブ板地盤看板鞄が55年体制から現在まで自民党を支えたことは、私もそう思う。

しかドブ板地盤看板鞄では、安倍政権が終了時に世論支持率が上昇し、その評価する政策として「外交安全保障政策」が一位となったことを説明できない。

北方領土が返ってこなくなったり,拉致被害者が返ってこなくなったり,Googleマップミサイルサイト決めたり,自衛隊幹部一同が会食して一斉感染したり,high politicsってスゲェな!

4つの反論のうち拉致被害者の奪還の困難さを評価するのは難しいが、その他3点について言及する。

まず一般論として他国実効支配している領土交渉返還できるのは極めて稀なケースで、北方領土返還されなかったからと言ってただちにhigh politicsを軽視しているということにはならない。

ただし安倍政権ロシアナイーブ善意を期待して対露譲歩(2島先行返還論への転換)をしたことが何ら成果をあげなかったことは特筆すべきであり、安倍政権が対露外交で大きな失敗をしたこと同意する。ロシアには善意や信義は通じない。国際関係論でいうところのrealism学派の外交理論を全面採用すべきであったし、せめて今後はそうあるべきである

イージス・アショアの配備予定地の選定に防衛省担当者Googleマップ使用たか、及び自衛隊幹部一同が会食したかどうかについては、自民党がhigh politicsを重視しているか否かという論点には関係がない。

中韓が嫌いなだけの人が水を得た魚になるエントリ

具体的な反論または質問の形に書き換えていただければ、解答したい。

学術的になってる?(´・_・`)なんか2chでよく見たはい論破と同じ空気を感じる。

学術的に」という言葉違和感を覚える方がいるのは理解できる。

というのも、「学術的に」とは曖昧表現であって、この場合は「国際関係論という学問用語を使って」という方が適切なのが正しい。

そうしなかったのは、そのタイトルだとたぶん読まずにスルーされてしまうだろうと予想したため。

例として挙げた辺野古政策F-35世論調査結果の全てにおいて議論単純化され過ぎていて、「学術的??」となる。居酒屋の隣の席のオッチャンが言ってた。

単純化しなかった場合議論とはどのようなもの説明してほしい。

学術的に」は先述のとおり。

辺野古移転国内問題が主じゃね?戦闘機代替機種もあるんじゃね?コロナ防疫は安全保障問題じゃね?

3点の反論にそれぞれ解答する。

1点目、普天間基地問題解決日米安全保障条約運用の安定性に寄与することであり、日米安全保障条約運用の安定性を向上させることはhigh politics課題にあたる。

2点目、戦闘機について。蓮舫氏は35に変わる代替機種などの提案した上で批判したのではなく対案なき批判となっている。

蓮舫氏が代替機種、あるいは戦闘機の購入よりも安全保障を向上させる装備体系の提案をしたのであれば、その内容に応じて賛成または反対をする。

3点目、防疫は安全保障問題ではないか、という指摘はそのとおりだと思う。

外交安全保障対米追従

具体的な反論または質問の形に書き換えていただければ、解答したい。

結論から先に考えてないかな?書かれていることは仮説でしかない気がします。データ根拠が弱い(30%って)ので、追加のレポート期待しています

根拠が弱いのはおっしゃるとおり。

ただ、実験のできない、さら統計もとれない分野ではこれ以上の根拠を持ってくるのは難しい。

「それでも自民党が支持されるのは」ではなく「それでも俺が自民党を支持するのは」だろう。太宰メソッドだ。Objectだけを分析してもSubjectの行動の理由説明したことにはならないだろう

朝日新聞毎日新聞世論調査の結果の下りを読んでほしい。

引用Wikipediaニュースサイト程度で「学術的」って…これ以上何も言う気が起きない

国際関係論の学徒だが、もう大学図書館にも電子ジャーナルにも入れない、本も経済的事情で売ったので

そこは多めに見てほしい。

2020-12-28 11:39

①筆者の挙げるパレスチナイエメンアルメニアウクライナウイグルチベットの置かれている状況を日本に当てはめるのが妥当と言えるのかどうか。(経済力人種宗教資源地理)

High politicsに失敗した場合、例えば北朝鮮の核攻撃を主要都市に受けた場合

それらの国々と日本の状況に大差はなくなると私は考える。

外交安全保障をHighとして、内政をLow位置付ける概念は、政治学の中でメインストリームなのか、またそれは軍事関係者などのイデオロギーに影響されてないものなのか(引用Wikipediaっていうのも?だし、Wiki自体にも引用文献が少ないから疑問に思った)

国際関係論」という学問分野ではメインストリーム

国際関係論には、大きく分ければ2つの学派がある。1つはrealismで、もう1つはliberalism。

realism は、High politicsだけに関心がある。

liberalism は、High politics以外にも関心がある。だが、最も重要視するのはHigh politicsであるという見解はrealismと共通している。

これはliberalismの中心人物であるJoseph Nyeという学者が「安全保障とは酸素のようなものであり、それが希薄になり息が苦しくなるまでは、人々はその重要性に気づかないが、実際にそうした状況になれば、それ以外のことは考えられないほどに重要なのである。」と著作である国際紛争理論歴史」という本で述べている事実が端的に説明している。


政治学」まで広げた場合メインストリームかどうかはわからない。

日本の、国際関係論を除く、政治学者」の間でのメインストリームではないとは感覚的には思う。


2020-12-28 12:43 追記

民主党政権時、外交側を軽視していた事例があった、としか書いてないような…。自民党が外交を重視しているとも、その結果が支持に繋がるという根拠もちとわからず…。

ご指摘のうち、「自民党の外交が支持されている」のは朝日毎日世論調査の結果で説明できていると思う。

自民党が外交を重視している」例がないのはそのとおりだと思ったので追記する。

例として最も適切なものは、「自由で開かれたインド太平洋」構想の定着だ。

自由で開かれたインド太平洋」構想は、麻生外相2006年に行った演説にある「自由と繁栄の弧」 (https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html) 構想、ないしは2007年安倍首相インド国会での「2つの海の交わり」「安全保障ダイアモンド」(http://www2.jiia.or.jp/kokusaimondai_archive/2020/2020-01_003.pdf?noprint) に起源がある構想だ。

これが、例えば2020年アメリカ共和党の国家安全保障戦略報告書でも日米豪印(Quad)協力の継続・支持が提言(https://jp.reuters.com/article/idJP00090300_20200618_00220200618)され、アジアNATOであるかと議論されるまでに定着した。

国際政治学者の細谷教授は、自由で開かれたインド太平洋に対して「過去1世紀半の日本外交歴史の中で、これほどまでに日本提唱した外交構想が国際社会に浸透して、幅広い支持を得たことはなかったのではないか。(https://apinitiative.org/en/2020/12/21/14345/)」と述べている。

自由で開かれたインド太平洋」構想は自民外交最大級成功であり、自民党が外交を重視している根拠としては最も適切なものだと考える。

2020/12/28 13:43 追記

「ないし」は漢字では「乃至」と書く.

意味は「~から~まで」だ.

最近辞書には「または」の言い換えとしても見えるが, 「または」とか「やら」を使っておくのが賢明だろう.

「ないし」を使うと高尚で学問的な感じが出るためかネット論客はむやみに使いがちだが, 諸君, 漢字意味をきちんとわかってて使ってるだろうか.

ご指摘ありがとうございます修正しました。

2020-12-16

淡路島はもうパソナ島に改名しよう

淡路北側はもうパソナ実効支配してると言って過言ではない

昔の大東島じゃん

つの時代だよ

着々と島を染めていくパソナ

地域振興をいい事に、非正規若者を雇い移住させる

家は与えるが、首を切られれば家ごと放り出される

このような求人に応募する人は、頼れる家族も知人もいないような人だろう

それか、例え家族はいたとしても関係が悪くてとても頼れないとか

退路がない人間を雇い島移住

これは、真の意味での地域振興とは言えないと思う

2020-12-09

千葉埼玉神奈川茨城みたいな巨大ベッドタウン群が存在してるのって東京だけだよね

奈良は鹿しか住んでない

名古屋独立して運営されてる

博多佐賀普通にゾンビだし

札幌は少し離れるとイオンまで100kmの世界

そう考えると巨大なドーナツを周囲に形成する東京って本当に異常だわ

つうか千葉埼玉ってマジで東京という国が労働力提供させるための植民地として実効支配してる感じがヤベエ

千葉県知事なんて実質辺境伯みたいなもんだろ?

2020-10-05

anond:20201005054840

遣唐使 遣隋使という歴史が合って、金印という歴史があり

微妙ではあるけれれども

日本は、その国威を示すにあたって、中国の力を使っている。

国の成立にあたって、中国日本無関係とは言い切れず

これだけのことをしている以上

もともと中国領土では合ったが、日本実効支配していると認めている

と主張されたとしても、無謀だとまでは言い切れず

歴史的事実に対して配慮します という立場 なので あるいみ アメリカは のほうが あるいみ危険安全

2020-08-05

anond:20200805171031

あの大東亜帝国っていう国があってね。ハプスブルク家とかと考え方は一緒なんだけど

あの領土をねもっている国があってね。そこの国の実効支配の下にあってね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん