「育児」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 育児とは

2017-10-16

anond:20171016181219

家事育児売春キャバ労働だね。でも男のご機嫌取りを労働と呼ぶのはやや無理があるような。それこそヒモ理論や。

anond:20171016180707

家事育児介護労働だし、売春労働だし、キャバ嬢みたいな男のご機嫌取りだって労働だ。

それをやらないのに男に養って貰えばいいやってのは美人でも無理だよ。

専業主婦しろ愛人しろ、何らかの労働をしなければ金など貰えない。

何で「どっかの会社就職してそこの仕事をする」以外を労働と思わないのか謎。

anond:20171016165136

中絶を喜んで選択した女がどれだけいるんだろうな。

育児に何年も専念しなくてはいけない現状とはちがい、養子に出せば早ければ一年~二年で復帰できるわけで、その程度のビハインドも許容できないほど高度な学問ってなんだ?

anond:20171016163000

日本少子化非嫡出子の異常な少なさ、つまり結婚していないと産めないのが原因、ってのは分かり切ってるんだよね。

少子化改善だけなら育児に対する公的支出を増やしてシングル親でも楽に子供育てられるようにするのが一番手っ取り早いが、

それやると大多数の男の存在意義が無くなってしまう為に実現する事はない。

保育士給与が低いのは国が税金を使ってダンピングしてるから


そりゃ、税金で補助してる料金・・・に何とか対抗すべく私立や非認可園が料金で対抗しようとしたらワープア賃金にもなるわ


http://sugoii.florence.or.jp/1298/ 都立認可園の保育士平均給与は800万だそうな


親の方が、格安公立認可園に入れれるかどうかは、(入園時に超厳格な審査があるので)格差是正になるので、一概に悪いとは言えないけど、

まあ基本は、私立園で「保育料高すぎ!」となるのが適正価格だよねぇ

多分、収入に応じて育児補助金を親に出して、公立園の料金を私立園並にするのが良い

大体、保育環境が良かったら補助金出して料金も下げれるようにする、というのが間違いすぎで、本来は劣悪保育環境にこそ金を出して改善すべきだろ

保育士給与が低いのは国が税金を使ってダンピングしてるから


そりゃ、税金で補助してる料金・・・に何とか対抗すべく私立や非認可園が料金で対抗しようとしたらワープア賃金にもなるわ


http://sugoii.florence.or.jp/1298/ 都立認可園の保育士平均給与は800万だそうな


親の方が、格安公立認可園に入れれるかどうかは、(入園時に超厳格な審査があるので)格差是正になるので、一概に悪いとは言えないけど、

まあ基本は、私立園で「保育料高すぎ!」となるのが適正価格だよねぇ

多分、収入に応じて育児補助金を親に出して、公立園の料金を私立園並にするのが良い

大体、保育環境が良かったら補助金出して料金も下げれるようにする、というのが間違いすぎで、本来は劣悪保育環境にこそ金を出して改善すべきだろ

この世から料理なんてなくなればいいのに

息子ができてから、妻の機嫌が悪くなることが増えた。

あれほど穏やかだった妻ですらこうなるのだから子育てとはかように過酷ものなのかと実感する。

日常の様々なシーンの中で、特に私が気を使ってしまうのは食事の時だ。

家事育児に追われ、時には子供の泣き声をBGMにしながら、それでもなるべくきちんとしたものを貴重な30分や1時間を費やして用意してくれる。

それは本当にありがたいと思っているのだが、私は食べるのが比較的早いほうで、作るのにかかった時間の何分の一の時間食事を終えてしまう。

できるだけ感謝気持ちは表すようにしているつもりだが、それでも体調が万全でなかったり子供の世話がいつもよりかかった日などは、

こいつ私が大変な思いをして毎日作っているのを当たり前のような顔して平らげやがって、と思われていないか不安になる。

でも私としては、それを妻に強要しているつもりは一切ない。

いくらでも手抜きをしてもらっていいし、何なら毎日手料理でなくとも構わないとも思っている。

そもそも食事とは単なるエネルギー補給手段であって、呼吸や排泄と同じように、生きるために必要不可欠だから仕方なくやっていることではないのか。

動物だって、肉食なら狩りのために動く必要があるが、獲物が手に入れば後は肉を食らうだけだし、草食動物はそこら辺に生えている草をのんびり食べて生きている。

なぜ人間けが、わざわざ余計な時間と労力をかけて調理などというまどろっこしいことをして、そのために心の余裕を失わなければならないのだろうか。

そのことが私はいつも不思議でならない。

からしばらく前に、カプセルを飲むだけで栄養源が取れて食事をしなくて済むソイレントという画期的商品が出てきた時は本当に心が踊った。

そういうものがあれば、私たち食事を作る手間と片付ける手間が省ける上に、消化に無駄エネルギーを割かなくても済むようになる。

それが人類スタンダードとして市民権を得ていけば、日々料理に拘束されている膨大な時間を開放することができ、まさに革命的な出来事になるだろう。

まだ商品としては不完全なようだが、今後の開発が進んで実用的なものになってくれることを待ち望んでいる。

そうなれば、料理なんてものは好き好んでやりたい人間けがやるような高尚な趣味に置き換わっていくはずだ。

レシピを考え、必要食材吟味して調達し、それを加工するための器具を揃え、熱や電気を使い、時間をかけて調理し、きれい盛り付けテーブルに並べ、食べ終わったら後片付けをする。

しかも、この一連の膨大な作業は、料理スキル一定以上なければまずいものが出来上がるだけで全て無駄になってしまう。

冷静に考えて、日々生活の上で必ずしなければならないこととして、料理はあまりにも過剰な負担と言うべきなのではないだろうか?

最近はクラシルなどという新しい動画レシピサービス広告を見るが、あんなに楽しそうに料理ができる美人主婦なんて空想上の生き物、完全にファンタジーだと私は思う。

なのにどうして私たち料理から離れることができないのかと言うと、それが社会通念上健全日常生活の一風景として規定されているからに過ぎない。

しかし、時代が変われば暮らしも変わる。

今は昔のように、男が稼いで女は家のことを黙々とこなすという生活様式ではなくなった。

から私たちの考え方もそれに合わせて変えていく必要があるのだと思う。

例えば料理スキーと同じように考えてみればいい。

わざわざ寒い冬を選び、高速を飛ばして都会から離れた山まで行き、年に数回しか活躍の場がない用品の手入れをして、お金を払ってリフトに乗り、怪我や最悪遭難、転落死などのリスクを抱えながら、わずか数分の滑走を楽しむ。

興味のない私からすると、準備の困難さから時間の経過まで、まるで料理みたいなもんじゃいかと思ってしまう。

そういうことを、私たち日常生活の中に組み込んでおく必要性がどこにあるのだろう。

人間が生きるために必要なのはエネルギーであって、料理のものではない。

美味しいものが食べなくなったらレストランに行ってお金を払えばいい。

そういう考え方が広まれば、生活がずっと楽になると思っているのは私だけだろうか?

2017-10-15

時間の捉え方が違う「ダブル育児」もキツイ

予定日よりやや早く子どもが生まれて、粉ミルクを初めて作った時、

いい加減な性格不器用タイプ子どもを持つべきではないと後悔した。

それから、はや3年。

保育園に通っている同クラス母親は、2人目、3人目を妊娠している人が多い。

後悔とセックスレスストレスMAX自分とは大違いだ。

「小1の壁」を突破する方法として、第1子の入学時期にあわせて第二子出産し、

育児休業を取得するといいというアドバイスを見かけた。

自分に当てはめると、東京五輪イヤーの2020年8月から翌21年の5月までに産むと、都合がいい。

しかし、出産時の年齢は41、42歳だ。

体力的に厳しいが、不妊治療リミットを考えると、絶対に無理というわけではない。

国に、少子化・少産化を本当に改善する意向があるのなら、

東京五輪開催にあわせて、大盤振る舞いの出産育児奨励策を実施するべき。

例えば、前後10年間の期間限定で、一人あたり総額500万円相当の育児関連用途限定ポイント付与し、

好きなオンラインショップ・実店舗の支払いに充当できるようにし、

リアル店舗無料託児サービス提供すると、補助金を得られるようにする。

自治体も、子どもが0~10歳の間は公共施設の有料エリアの入館料を半額にするなど、

子どものいる家庭に対する支援を強化する。

原資は一律カットした老齢年金・遺族年金と、0歳時の認可保育園の保育料の大幅値上げ。

1歳から保育園子どもを預け、0歳時クラスの様子を見た印象としては

離乳食完了するまではほぼ1対1対応負担が大きく、受け入れをやめたほうがいいと感じた。

若い人には、子どもを生むなら遅くとも30代前半だと警告したい。

家事ができない(やらない)ダンナより、時間ルーズダンナのほうがストレス度は大きい。

母親一人の「ワンオペ育児」の改善はあちこちで言われつつあるけれど、

分担する際の方向性や、料理など実際の作業が重複する「ダブル育児」の弊害も知られて欲しい。

毎日夜遅くまで時間を気にせず子どもと遊び続ける夫の行動に苛立つの疲れた

それでも、もう一人産めば経済的プラスだとわかれば、

もう一度、日々、精神的な苦痛と疲労にさいなまれる0~1歳の子育てに取り組んでもいい。

金銭援助や子育てフォローする外部サービスがあれば、

収入差、文化資本の差による貧困連鎖もきっと断ち切れると信じてる。

2017-10-11

育児仕事の両立って難しい(ベンチャー企業/海外駐在員の場合

新卒ベンチャー起業入社海外での仕事チャレンジしてみたくてとある外国での新規事業立ち上げに関わることを自ら希望しました。

かに自分海外駐在希望したのだけど、こんなことになるとは。

海外赴任後、1年半後に現地の人と結婚妊娠

育児休暇中も仕事を1日も休めず、子どもが1歳になったある日。

会社から、「海外にいるんだから社会保険から外れてください。」と言われ、私も子ども日本社会保険に加入できないことに。

これで日本病院に行くなら医療費10負担

さらに今「海外にいるんだから海外と同じ給与水準ね。」と月5万円の給与に減額されるそう。

日本に帰った時に生活できないな。

海外駐在員の後任がいないため、日本に帰ることも叶わない。

私の未来はどうなるんだろう。

娘を守り抜くためにどうしたらいいのだろう。

仕事頑張りたかった。やっぱり辞めるしかないのかな。

2017-10-10

愛妻家とかイクメンとか、得るものはない

損得勘定で考えるものじゃないし、自己満足なのだとすれば、少子化とか当たり前じゃん。子育てどころか夫婦生活というのがそもそもデメリットが多すぎる。これなら一人で深夜アニメみてごろにゃーんってしたほうがずっと幸せだった。

私は年収700万円ぐらいで奥さんは専業主婦子供一人。家賃固定費はすべて私が払った上で月に30万円ぐらいを妻に送金している。使途には一切口出ししてない。

私の仕事の内容は自分コントロールできるのだけど年単位で結果が出なければクビになる系のなのでそれなりに辛い。毎日12時間ぐらい働く同僚が普通。なのに私は朝ごはんをつくり、ゴミ捨て(含むゴミ回収・袋掛け)、掃除機かけ、こどもの入浴(残業で半分ぐらいの頻度だけど)、週末の洗濯なども担当している。いわゆるイクメンだ。

うちにいる専業主婦はなぜか月の半分は寝て過ごしている。生理って大変なんだよね。知ってるよ。体調が悪いといえばずっと寝て過ごせるなんて女性っていい身分だよなと思う。つらいとかだるいとか女性ってそういうものなんだよね。

仕事中もLINEがとどく。育児愚痴やら、専業主婦が虐げられているというネット記事をつぎつぎと。仕方なくレスあやしたり、褒めそやしたりしている。なんでそんなことし続けなければいけないのだろう。

統計によると、そんなストレスフルな生活であっても、夫婦子どもがいたほうが健康状態生活満足度は同年代独身よりも高いのだそうだ。とても信じられない。一人暮らしときは確かに怠惰生活だったけれど、若さゆえのセルフコントロールの不足に由来していたと思う。出張ホテルに泊まったほうがずっと快適で健康的な生活になるから

結婚して幸せ生活をしていますよということを、両親にも同僚にも家族にも常に伝えなければならない。友人の夫婦生活愚痴を聞いてあげるし、より良い方向への提案可能ならしてあげている。外から見ればきっと素晴らしい夫に見えるだろう。しかしもう限界だ。なぜこんなことを続けなければいけないのだ。それも死ぬまで。

妻に一度、自分ちょっと辛いということを漏らしたことがある。そしたら私が悪いんだよね死んだほうがいいよねと死ぬ死ぬ詐欺をされてしまい、以降、マトモな相談ができなくなってしまった。もう逃げ場もない。

私の親や妻の親を(ともに遠方)たまに呼び出して孫を見せてついでに家事とか話し相手になってもらえばいいじゃない?と提案したけどむしろそっちが辛いと言って頑なに断られてしまった。うちの親が遊びに来たときすら、家の玄関をくくらせなかったぐらいだからね。

平日幼い子供と二人っきりで辛いのだろうと、託児サービスを探したり、週末は私が子どもをつれて一人にしてあげたり、遠出をしてもらったりするけど、せっかくそうやって休みを作ってあげたと言うのに、なぜかわざわざその夜に夜更かしをしている。そして翌日に体調最悪で朝から寝込んでいるのだ。意味がわからない。因果関係が明らかじゃないか

今日子育てが辛いという呪詛LINEで送ってくる。なんだよ、私をそこまで追い込んで嬉しいのかよ。

2017-10-09

anond:20171009013919

しろ子育てに関しては、共産的に近づけたほうがいい。

保育所公園と住居を全部一か所に集めた、未就学児用の共同マンションか専用住宅地で、家事などを分業しながら子育てをする。

出張掃除仕事洗濯宅配調理製菓ベビーシッターなど、基本的にその地域から離れずに、家事を分業する仕事を短時間ずつ行う。

仕事の時だけ保育所に預け、あとの時間は家や公園施設子供と一緒に過ごす。

空いた時間家事育児家計に関する学習も行える。

サービス原則無料だが、仕事原則無給。仕事をしないならば料金が発生する。

赤ん坊とき仕事はなしか、一緒にいれる簡単ものになる。

仕事は、未就学児がいなくなって出ていく時に備えて、数カ月ごとに移動していく。

出ていくときは、料理洗濯掃除育児に関して基礎的なことはできるようになっていてもらう仕組み。

育児や子作りのために住居の防音はしっかりと。

まあ今の人間自由謳歌しすぎて無理だな。

2017-10-08

女性差別

女に課せられる現実的な無理すぎる要求(保育園は入れないけど仕事は続けろ、フルタイムで働きながら家事育児殆どをこなせ)など、

であるが故に受ける差別を極力回避するためには、結婚をしないこと、子供を産まないことが最善である、と思えてきた

anond:20171008122617

この手の人は、

日本非正規労働者数が増えてる主な要因は、定年後に再就職する高齢者主婦パートが増えてるから

って前提を忘れてるのがなあ

彼らはそもそも正規労働(=フルタイム残業も含めた長時間労働)なんか出来ないわけだよ

体力的&家事育児との両立的にね

から非正規労働者数を規制したら、この層が正規労働者になるんじゃなくて、軒並み失業するだけ

その現実を踏まえた対策としては、非正規労働者を減らすんじゃなくて

多様な働き方の推進とか同一労働同一賃金の徹底とかそういう方向性になる

非正規労働者の平均給与が減ってるってのも

所謂契約社員」とか「フルタイムパート」的な、長時間労働なのに非正規って人の数が減って

時間労働者が増えてるんだから当たり前

しろ長時間労働なのに非正規という人が減ってるのは好ましい方向の筈だけどね

2017-10-07

男女平等のために、女性結婚育児応援する必要ってある?

結婚育児は、あくま自分が好きでやっていることだよね?

いわば趣味みたいなもん。

そういう「趣味」を助けてもらえるって、まさしく女の特権じゃん。

男女平等っていうなら、国からサポートを受けるなよwww

現代の女は、子供産まない自由があるし、そもそも結婚強制されていない。

それにも関わらず、わざわざ結婚妊娠を選んで、「家事の分担が不公平だ」とか「妊娠したら出世できない」というのは何様のつもりだ?

キモくて金のないオッサンは、そういうものを何も得られなくても、つらいのを我慢している。

なんで女の特権けが守られて当然って思われているんだよw

家事負担不公平なら、さいしょから結婚するなorさっさと離婚しろ

子育てが大変ならば、赤ちゃんポストに捨てればいい。

とてもシンプルな話だよね?

女性たちは、キモくて金のないオッサンとおなじような生き方をする権利がある。

どうか好きなだけ、一人ぼっち人生エンジョイしてほしい。

もし結婚育児をやりたければ、国をたよらず、自己責任でがんばってね。

2017-10-05

子宮委員長はる 子宮女子

子宮委員長はる」という女性を知ったのは、確か2年くらい前にFacebook友達が上げていた記事を見たのがキッカケだっただろうか。

パーソナリティ障害」を持つの方によくある魅力とパワーを持った女性だなっていう印象。

そしてパーソナリティ障害王道弊害といいますが、ありがちなパターン通り数々の異性同性を振り回し生きている。

ただし、彼女場合特殊なのが(一見するとだけれど)感情欲望本能に振り回される彼女自身も周りも、傷付いていないし不幸になるどころか

彼女の行く先々はまるで日照りの土地に突如現れたハリケーンの如く

「いや、そこまでの暴風雨必要じゃなかったっていうか、家々もめちゃくちゃになっちゃったけど、、結果うん、、干ばつ問題解決されたしよかった、、かな。」みたいな。

それはいいとして、ではそれと子宮に何の関係があるのか。

子宮の声に従って生きる」

その言葉生き方に感銘を受ける女性を「子宮女子」と呼ぶらしい。

私は彼女の本を読んだ事がないので彼女思想は知らない。

知っている事といえば

元?風俗嬢

詳しくは知らないが波乱万丈だったらしい人生

中絶

父親が分からない子を出産

の子をこの父親じゃないどっかのハゲに預けて育児放棄

円満不倫

円満離婚

なんとかというスピリチュアル男性再婚

子宮の声に従った結果がこれらしい。

一般の方だととんでもない事なんだろう。

子宮の声に従ったから結果円満なのではなく単純に

はるちゃんから仕方がないよな」

「期待した俺が(私が)バカなんだな」

そう思わせてしまうくらいの変えようのない個性があるという事なんだと思う。

子宮」という言葉連呼する彼女だが、私には彼女がとても男性的に見える。

近年トランスジェンダーなど性別ボーダーライン曖昧になり、平等という名のもと平均化が進んでいる。

子宮」という女性象徴する臓器に 女性性に しがみつきながら

彼女ますます自身の持つ男性性に振り回される。

子宮」という女性象徴する臓器に 女性性に しがみつきながら

彼女性別の垣根を超える進化パスポートを人々に見せつける。

そもそも性別とは何なのか。

単純に本能メカニズムとして

男性自分の種を後世に残す。

女性は種を守り育む。

だろうか。

古来

男性は生き抜く為に戦い、効率よく獲物を仕留める計算力と肉体を持ち

女性は生き抜く為に 群れというコミュニティの結束を深める共感力言語力を持つ。

本能に従うならば、本来女性子宮

種(子ども)を守り育むコミュティである家族や仲間との結束を深める事で

より良く種を守り育む環境を望んでいるはずだ。

そう考えると

健やかに子どもを育てようと奮闘する世の母親達の方がよっぽど、子宮の声に従っている。

だが、子宮委員長はるの場合障害のせいか気質のせいか、それが上手にできないのだろう。

できない というか、子宮熱暴走しているような印象かもしれない。

みんな当たり前にできることができないと知った時、できない自分を強く意識コンプレックスを持つように

できない仲間を探し安心したいという心理を持つように

できない自分を受け入れてくれる誰かを探し求めるように

できない自分を軸にした生き方に、知らず知らず振り回される。

子宮本来持つ目的を達成できないことで

逆に子宮を強く意識

子宮を軸にした生き方に、子宮に振り回される彼女

彼女が持つ強い男性性を自身シンプルに受け入れるわけではなく

あくま女性として 女性象徴である臓器にしがみつき

子宮の声として受け取ることが、なんとも健気で

なんとも痛々しく、なんとも可愛らしい。

子宮欲求に拗れる事なく素直に従い、本来目的を達成して種を守り育む幸せを知っている私は

まぁ、きっと彼女は辛いんだろうな とも勝手に思う。

ただ言及したように近年は、性別の垣根を超える流れに人類は向かっている。

子宮云々は置いておいて、新しい流れとして

男性性を強く持つ女性

女性性を強く持つ男性

ますます広く受け入れられるようになるだろう。

自身男性性に悩む女性が増え、子宮にしがみつきたくなるのは

新しい流れに乗る事の最後の抵抗と乗るまいとする足掻きなのか知らないが

子宮委員長はるの持つ男性性が、子宮という言葉で誤魔化され

男性は知る由もない神秘的になぞらえた「子宮」を祀る事によって

自身の強い男性性を悟られず 女性のまま女性として男に受け入れられるその一石二鳥感と利便性

そこに惹かれる「子宮女子」が多いのは、近年の人類の流れを象徴しているように感じる。

勝手に思うのでした。

2017-10-04

https://anond.hatelabo.jp/20171004160517

部外者からそもそも重い話だと思ってなかったわ。

作る気ないんなら「そういう夫婦なんだなー」って思うし、「欲しいんだけどね」って苦笑まじりに言われたら「あー、まぁ色々大変なんだろうなー」って思うから

あとはそもそも他の人の子作りの話題出して平気なのかとか。独り身の前で彼氏彼女の話がタブーだったりするのと同じ感じで。

あー、あと妊娠育児可能性があるやつをどこまで遊びに誘えるのかとかそういうのもある。その時は「結婚するの?」とか「旦那の転勤付いて行くの?」とかと同じ感覚で聞いてる。多少重い話になるのは見込んでる。相手自分の関わり方が変わる可能性があるかもだから

それとあと女に多いのは質問のフリした命令だよな。作れよ的な。作んないお前はバカなのか的な。それはまともに相手するだけ無駄なのでさっさと違う話題に移行しようず。

つーわけで別に全部の質問ガチガチで答えなくっていいと思う。質問意図が分かったらそれに合わせて答えりゃいいし。面倒臭かったら回答拒否って手段もあるしね。(「さぁね、そっちはどうなの?」って聞き返したりとか)

まぁなんだ、そんなに怒んないでくれ。

子供を産みたいのに相手がいない

世間でよく言われてる少子化の原因の貧困とか、時間のなさとかは実感がない、アラサー正社員総合職

健康で産む気もあるのに相手がいない。

見た目も性格もそれほど悪くないと思う。

相手年収400くらいあってほしいけど、気が合って、家事育児やってくれることの方が大事

あとは男尊女卑思考がないこと。

この条件で探しても相手見つからない。

いや、デート簡単にできるんだけどこっちに性欲がないか関係が進まない。

かといって嫌々セックスもしたくないし。

正直女同士で遊んでる方が100倍楽しい

結婚やだな〜多分向いてないな。だって性欲ないし。

でも子供を産む気はあるんだよね。

とか書くと「俺の精子やるから中出しさせろ」とかいキモいトラバがつくんだけど、子供遺伝することを考えたら精子くらい選びたいわ。

あ〜〜どうしたらいいんだ。精子バンク高いよ。

私みたいな女性、沢山いると思う。少なくとも私の周りにはめっちゃいる。

2017-10-03

性差ってあるよねーと言う母

東京共働き、一人息子を育ててる。

実家鹿児島に帰ると息子を見て母がしょっちゅう男の子から力が強いねー、男の子からよく動くよねー、とか言った後に必ず毎回「本当に性差ってあるよねー、上野ナントカさん(?)が『性差なんてないんです!』とか言うけどやっぱりあれは嘘だよね」って言うんですよ。

これ、すげーウザいんだよね。

母が暗に何を言いたいかと言うと「生まれ持って性差がある以上男は仕事、女は家事育児でしょ!」なんです。いや、私の被害妄想ではなく。

鹿児島まれ鹿児島育ちの母はゴリゴリ男尊女卑に染まって生きてきた人で、義理姉(共働き)が親の世話をしないって、文句たらたらだけど自分の夫が指一本動かさないのに文句ひとつ言わないような人だからね。

そりゃ性差はあるだろうけど、じゃああなたは犬みたいに道端でおしっこするんですか?

本能的なものだけ首肯して人間としての文化や、こうあるべきだと言う様々な戦いの中で弱者が勝ち取ってきた道筋否定するのは愚かだよね。レイシストトランプみたいにさ。(ここで唐突トランプ貶し)

2017-10-02

日本非婚化の原因

大真面目に、単に今の日本の男にクズ割合が多すぎるからだと思う。

家事したくない育児したくない」男が湧きすぎてて、はてなブコメも「男は仕事で疲れてるんだから」と言い訳で埋まる惨状共働きだっつってんだろ。

生活費折半で、お前の子供のために使うお金すらも「家族に盗られる」という認識なの、なんで?

生活費負担してくれる家政婦が子供まで産んでくれて自動的に育ててくれてシモの世話までしてくれるなんて、全く良い制度ですよね、結婚て。

そんなことしてたら妻に憎まれて当然なのに、「汗水垂らして働いても妻に死ねと言われるから結婚したくなーい」って。

完全にお前のせいだろ。

世の中には感謝されてる夫もいるんですけどね。

anond:20171002173421

妊活のためって辺り、不妊治療中なんだろうから

専業主婦に嫌気が指しても再就職なんか出来ない

再就職妊娠諦める、って事になるわけで

仕事諦めてまで不妊治療にかけたのに妊娠も諦める、なんてそうそう決心つかないだろうし

家事完璧にするのも子なし専業主婦不妊という立場に負い目があるからだろうし

すぐ子供出来ればいいけど、出来ないならどんどんメンヘラ不妊様になるパターン

すぐ子供出来ても妊娠に伴う体調不良とかあったり(不妊治療の末の妊娠なら流産が怖くて無理出来ないだろうし)

無事子供まれても育児あれば子なし時代のように家事完璧になんて出来るわけないけど

元増田はそうなると俺への愛情がないー母親と同じかーとか責め立てるから手を抜けない、で追い詰められるパターン

しか思い浮かばない

今の時点で妻が全く幸せそうに見えないのに、俺は幸せになるキリッとか言えてしま元増田の心境も分からない

妻は不幸でもどうでもいいのかなあ

2017-09-29

https://anond.hatelabo.jp/20170929080830

カルト育児会は危険ですよって言われて、青年会議所の子ども会に引っかかって小学校に上がっても辞められなくなるわけですね。

育児勉強会こええ

赤ちゃんが産まれて間もなく育児勉強会勧誘が何度か来た

チラシにかかれた名前検索してみると実践倫理宏正会という団体が出てきた

戦時中に潰された新興宗教がPL教と実践倫理宏正会に別れて活動してるらしい

よくわからんが捨て育てや金集めで問題を起こしてるカルト

安倍や森など自民党森派の票田として政治家の信奉者が多く

妻は夫に無条件で従えなど教えはかなり古く封建的

母親がはまると捨て育ての教えに従い家に子供だけで放っておき活動をするようになるので被害子供は多い

めっちゃこええ

最初からカルトって名乗ってるだけ宗教勧誘のがマシだよと震えた

2017-09-28

男なんぞに育児は任せられねーわ

猿のオスは育児しないもん

anond:20170928103321

歴史的にそれが当たり前だった時代地域ってあるの?

ただの女系社会とか通い婚とかだったらあるだろうけど

「男から金を強制徴収して育児資金として母親に渡す」事が制度化されてた事って?

活躍」より「家族との時間」が大切、なんて糞食らえだ

朝起きてもまだモヤモヤするぞー。いい加減しつこいな自分

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/feature/757ね。なんか伸びてるし。

活躍」より「家族との時間」が大切である、という当然のことを邪魔してるのは誰か?とでもしてくれよ。

家族との時間」が大切な男性って、

「優しい妻と可愛い子供と一緒に家族団らん()」ってのがやりたいだけでしょ。

それやるにはさあ、妻が面倒な家事育児は予め全て片付けてくれて子供の機嫌も保ってくれて

かつ自分の苦労は顔にも出さず「優しい」態度取ってないと無理だよねえ?

ぶっちゃけからしたらそんな夫、元気で留守がいいATMの方がマシレベルじゃね?

そんな「夫と言う『お客様』に対するおもてなし」を毎日休みもなく強要されてられっかよ、育児だけで糞忙しいだろうに。

それで夫に「家族との時間も大切にしている俺ドヤァ」されたら妻としてはたまったもんじゃねーよなー。

つーかこの記事書いてる人も前提がおかしいんだよな。

別に女性は「家族との時間」を大切にしたいんじゃなくて、女に半ば義務として課せられているそういった労働をしながら「活躍」するのは無理だし

かと言って専業主婦だと本当に人生家事育児介護妻業といったブラック労働するだけで終わってしまう、ってだけだろ。

から活躍」まで行かないけどほどほどに働いて

「働いてるんだから夫の理想の『家族との時間』を構築する事を最優先になんかできませーん」と言う口実を手に入れたい、ってだけ。

まあ「そういうのは全部親に押し付けまーす」という石井さんみたいなのも取り上げられてるけど。

でもそういう、いつまでも親の脛かじる宣言正当化されてもね。

家族との時間」ではなくリアルな「家事育児」、つまりトイレ掃除とか子供ボケ老人のウンコおむつだの吐いたゲロの始末だのが

金稼げる仕事よりも大切だと思っていて是非やりたいって男性この世にいんの?

まともな「専業主婦主夫」って、そんなのが24時間365日続いて自分トイレゆっくりウンコも出来ない生活で、

それをやっても何の評価もされずヒモ寄生虫扱いされて自力じゃクレカも作れない身分だけど?

本っっ当にそんな惨めな立場になりたい男性いるの?

こういう連中って、「専業主婦主夫」を何かフワッフワで楽しい事だと思ってんだよなー。

実際はただのブラック労働なのに。

三食昼寝付きでママ友ランチやってるだけのお気楽身分とか今時思ってんのかね。

そんなの別に家政婦シッター雇ってるセレブ様くらいだろ。夫の年収1000万でもそんなの到底無理だから

その辺の庶民専業主婦連中を見て何とも思わんのかね。人生絶望したメンヘラだらけじゃん。

主夫っていいよなー」とか気軽に言う男共は本当にああなりたいの?

現実分かってる男ほど主夫なんてなりたがらないよね。

まあそれが分かってるから、賢い女性ほど「夫に主夫になって貰って自分は働きたい」とか言わないわけだけど。無理だから

それを「女は主夫を養う覚悟がないのが悪い!」とか、バッッッカじゃねーの?主夫になる覚悟もないくせに。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん