「上京」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上京とは

2019-01-23

近い将来、東京都民負け組となるだろう

正確には東京都民ではなく「上京都民」だが

すでに東京の優位性というのはほぼ幻想と化している

大量の人間

東京がいい」と考えているからかろうじて東京の優位性は保たれているが

近い将来多くの日本人が「あれ?別に東京じゃなくてもよくね?」と気づく時がくるだろう

昔ならば

東京しか手に入らないもの

東京しか出会えない人

なんてものがあったかもしれないが

インターネットがその壁をどんどん低くしていっている

東京しか得られないものといえば

「(文化的な)体験」くらいだろうが

それも徐々に仮想空間に移行していくだろう

結果数十年後

地元に残り、少ない支出で両親の手厚い補助を受け、家庭や資産を築いてきた地方民と

孤独資産のない東京都民との格差が浮き彫りになるだろう

というか普通に考えれば

技術進歩すればするほど東京の優位性は減少していくのはわかるはずなのに

はてな民ってそういうところはアナログってか、考え方古いよね


追記

■近い将来について

これは曖昧な言い方をした俺が悪かった

少なくとも今の赤ん坊大人になるくらいの期間は想定している

なので2019年現在東京に優位性があることは否定しない

仕事について

まさか普段から21世紀にもなってガン首並べてミーティングとかアホかよ。Web会議でいいだろ」って言ってるはてな民から

こんな否定されるとは思ってなかった

よく自分の一日の仕事を思い出してほしいんだけど本当に東京じゃないといけない業務内容だろうか?ほとんどがネット電話でも理論上は可能じゃない?

東京にいる理由って直接会ったほうが良いという感情的な部分が大半じゃない?

今の科学技術水準でもそうなんだから数十年後はどうなると思う?

SF映画とかでバーチャル会議室でホログラムが討論してるのとか見たことあると思うんだけど

「(物理的に)面と向かった方がいい」というのも科学技術の発展と世代交代により廃れていくだろう

ほんの1020年前までは

ネット上だけで何かの契約をしたり買い物(厳密には買い物も契約一種だけど)するのは「怖い」とか「不安」とか「無機質で冷たい」なんて言われてたわけだけど

今ではそんなこと言ってるの極一部の人間か老人だけだろ?

スマホが当たり前の時代に生まれ子供たちが社会を担う頃には

「直接会えたほうがいい」なんて言ってたら老害一直線だぞ


交通インフラについて

自動運転信じろ

自動運転が当たり前の時代

「駅徒歩○分」なんてのはまったく意味がない

■集中による効率化について

もちろんインフラ整備などの面で集中したほうが効率なのはわかる

ただこの災害大国東京だけに一極集中することがどれだけリスク説明するまでもないだろう

科学技術進歩世代交代アップデートにより東京の優位性が幻想であると露呈したとき

日本は「多極集中」にシフトしていくのではないかと思う

田舎のしがらみについて

何十年前とかすげー秘境かに住むなら知らねーけど

普通住宅地なら東京と対して変わらねえぞ

ネットにあがってくる特殊事例に毒されすぎだと思う

2019-01-22

育ちの差

育ちの差とは親が東京について教えるかの差。

親のアウトドア趣味を仕込まれた人より、

よく東京旅行行ってた人のほう学校仕事も良いとこにいけてる。

あと、地方公立小学校に通っていると東京とは遠い国の話で、上京して就職という道は徹底的に秘匿されている。

親が早いうちに連れていかないと想像すらもできない。

2019-01-21

若者ホームレスニコ生配信やってるジャワ原人さんのこと

増田ニコ生なんて見てる人あまりいないと思うけれど、

ジャワ原人」というニコ生配信者のことについて知ってほしい。

大まかなスペック

33男性

ホームレス

・所持金は数十円~数千円

配信者として暮らしてゆくことを決意し、昨年暮れに上京

流れ

配信歴は8年と長いが、配信の内容はクソつまらないためコミュ人数(ファンの数)は少ない。

昨年暮れに、配信業(配信で得られる収入暮らしてゆく)で生きてゆくことを決意し愛媛

から上京するが、肝心の配信は過疎なので収入ゼロ事実上ホームレス状態が続いている。

毎日スマホ配信をしては、凸してくれる支援者(彼の居場所を訪れ、金銭食事をおご

ってくれる人)を募りギリギリ生活をしている。毎日立川市近辺をウロウロうして、

昼はパチンコ屋でスマホの充電を行い、夜はコンビニファミレスで寝ているよう。

家族とは断絶しており、もう愛媛に帰ることは出来ない。彼には盗癖があるらしく、昔か

らの知人友人からも見捨てられている。

もらったお金もすぐに全部使い切っちゃうしね。多分かるい知的障害

一時は、ニコ生では有名な横山市議大先生のはからいで生活保護を受ける手続きを受け

るところまでは行ったのですが、集団生活が嫌とのことで福祉拒否して現在に至って

ます

こんな生活がもう2ヶ月です。誰か助けてやってください。僕は嫌です。

2019-01-20

レクサスを買った

ついこの間、レクサスを買った。

レクサスと言えば高級車であり、高額車でもある。

自分が買った車も総額で600万円を超えた。

自分の中ではとても誇らしいし、納得しているし、満足もしているし、もう人生思い残すことはないなと思ってる。

人によっては「たかだか車で」とか「誰でも買える」と言う人もいるだろう。

色々な人がいるので、それに対して批判はしないし、そういう考え方や視点世界観もあるなと思う。

ただ自分が知っている世界、見てきた世界では「誰でも買えない」し、「たかだか範囲にはおさまらない車」だと思ってる。

もう20年以上前になるが、親が離婚してから一気に生活が変わってしまった。

平たくいえば、そこそこの中流家庭だったのに、一気に貧困家庭になってしまった。

さすがにホームレスとかはないけど電気、ガス、水道も止まることがあったし、生活保護を申請しようかという話もあったりした。

今でこそ日常的にニュースとかでも見るけど、インターネットもなかった当時は生活保護=落ちるところまで落ちたか子供心に思うところがあった。(結局申請はしてないんだけど)

それからというものお金に厳しい生活は変わらず、大学入学上京は果たせたけど、3ヶ月で退学前提の休学をせざるを得なくなってしまった。

大人になってからも、子供時代にそういう生活だったせいかお金の使い方・お金の貯め方が身についておらず、散財ばかりを繰り返してしまった。

今ではそんなことはないんだけど、やはり子供の時の生活環境が一変する出来事が原因だろうとは思ってる、破滅的というか。

なぜレクサスなのか、個人的には"高級車"であればベンツでもBMWでもこだわりはなかった。

親が離婚する前、父親が乗っていたBMW自分もとても気に入っていて、没落してからも「いつかは親を超えたい」とか「いつかは高級車を」ってずっと思ってた。

とはいえもういい大人になったので、リセールだとか車以外のお金だとか、ディーラー対応がとか色々考慮してレクサスを買った。

上の方にも書いたけど、大学も行けなかったし破滅的な生活をしていたので、家を買うとか高級車を買うとかとても考えられなかった。

でも、少し前にマンションだけどマイホームも購入した。

そして"高級車"も購入した。

自分人生を完成させるには、家と高級車を買って所持することがとても大事だったし、無理だろうと思っていたけど叶えたかった。

昔親が離婚して落ちぶれてしまった時に非常に悔しい思いをしたから、その時の自分復讐をするためにどうしても必要だった。

なぜ「復讐」という言葉が出てくるのか分からないんだけど、なぜかその言葉が出てくる。

裕福な生活からみじめな生活になってしまったので、裕福な生活を羨んでいるから「復讐」という言葉が出てくるのかもしれない。

からない。

からないが、家と高級車を買って、自分人生が完成した。

まだ30代半ばで子供もいるけど、正直もうあまり思い残すことはない。

そうはいっても、多分死ぬことになったらきっと後悔はするんだろうけど。。

レクサスを買って自分人生が完成した。

とても満足してる。

2019-01-19

夢の国

バイト先の同僚とディズニーランドに行く約束をした。お金がなかった。遊ぶためだった。生活費もままならなかった。

19歳女。高卒フリーター東北の片田舎から上京し、家賃3.5万の刑務所のようなシェアハウスに住んでいる。定職を探せと言われたらそれまでだが、同級生たちが華やかな大学生活を送る中、わたしけが一生を就きたくもない仕事に捧げる決心ができなかった。手取り10万で家賃携帯代・交通費・食費…全てを自分で支払い、親の力など借りずとも生きていける。と、自尊心を保った。

11月暖かい日にとある決心をした。

「春を売ろう」

今まで男性と付き合ったことは一度もなかった。手を繋ぐことも、デートも、セックスも。何も知らなかった。オジサンは、牛タンを奢ってくれた。とても優しい人だった。

「一緒に寝てくれたらもう一万円あげる。」

結果から言うと、気持ち悪いわけでも気持ちいいわけでもなかった。オジサンに抱かれている自分を、天井の鏡越しに見た。ラブホテル天井は鏡張りになっているんだなあ、と思った。

わたし処女は4万円だった。職場の同僚にディズニーランドに誘ってもらえたんです、と話すとオジサンは「楽しんでおいで」と言った。

2019-01-16

anond:20190116020339

地元雇用があるならば、もしくは都会が通勤圏ならば、一見無駄に思えるかもしれないけど、期間を決めて、実家のすぐそばアパート借りて暮らしてみたら?引っ越しお金かけなくていいくらいの距離で。一人で暮らす経験は貴重だと思うけど、親のそばで暮らす時間も同じように大切だから優劣なんてないよ。その経験を元に、実家に戻るなり上京するなり決めたらいいと思うの。

会社倒産した。

ので、やってみたい仕事のために都会に出ようか迷っている。

26歳実家暮らし恋人なし。家に帰れば母が料理を作ってくれており、洗濯も、掃除も、さらには布団まで干してくれる。友人の三分の一ほどが自立し一人暮らしをしている中この環境。家にお金を入れているとはいえ、少額だし、そもそもそれとこれとは別だ。ヤバくない?アラサーにもなって。ママに全部やってもらってる。いくら母が専業主婦だといっても、甘えすぎじゃない?そういう不安がずっとあった。せめて料理自分でしようと思ったが、母は洗濯料理も一気にやるのが合理的節約だと言う。確かに。そうだが。

母がどういう気持ちなのかは分からないが、自分が家を出たタイミング結婚だった、右隣のご近所さんも、左隣のご近所さんもそう。というような事を、ふんわり言ってくる。

私に家を出て欲しくないのか、家を出たらやっていけないポンコツだと思われているのか、分からない。結婚タイミングと言われても、そもそも恋人が欲しいとも結婚したいと思ったことがないのだ。親に打ち明けたことはないが。

しかしここで訪れる強制転職チャンス。一人暮らし転職も初めてで怖いけど、もし今度の面接で受かったら、行くか?都会。

親と一緒に居られる時間は限られている。考えるだけで辛い事だが、それを分かっているから出来るだけ親と一緒にいたい気持ちもある。それに、家も田舎も窮屈に思ったことがない。しかし一人で生活できるようにならねば、という危機感も強い。

どうするべきなのか、毎日毎日悩んでいる。

仕事のために新卒上京する人、本当に凄いと思う。心の底から尊敬する。頼れる友人や恋人もいない(かもしれない)環境に飛び込んでいくってこと?凄い。しかし私も、私も頑張ってみたい。でも怖い。どうしたらいいんだ。

2019-01-15

anond:20190114214653

俺より強い奴に会いに行く

上京した理由ってそれだけだったな。

強いやつに会えたかというと、自分の鼻をたたき折ってくれる程度の猛者と教室毎日顔を合わせていたよ。

地元天才と呼ばれていた自分いか井の中の蛙だったか理解したけれど、それを理解させてくれただけでも東京に行く価値はあったな。

...東京の駅の名前必死で覚えたりとかは...そういう連中とはつるんだことが無いから知らない。

就活をする時になってやっと電車の乗り方を覚えた程度で、それ以外は学校と家の往復しかしてなかったね。

ε-δ論法とかマクスウェル方程式を使いこなすとか、そういうことを必死にやってついて行って1年が終わった。

演習の時間、そういうのを易々と解いていく連中がいるのを見て驚愕したね。

こいつらには敵わないと思って、別のジャンルに進んで今に至る。

anond:20190115104320

その理屈はよくあるよな。

でも、俺は終わってるから言えるけど、払い終わったあと家があるってやっぱでかいぜ。

上京とかないなら、成人後の子供も住むだろうしな。

老後に貯金がある感じに近い。

2019-01-11

いい年して「毒親」とか言ってる連中

何か話聞いても、そんなんいつまでも引きずるようなこと?としか思えねえんだよな

うちの親父もたぶんあいつらの基準では立派な「毒親」よ

親父が居間でくつろいでるとき子供が何か音を立てると不機嫌になって、テーブル蹴り飛ばしたりとかな

一番嫌だったのは、どういうわけだか会社飲み会に毎回連れていかれること(当時小学生

ある日酔っ払いオヤジ共にしつこく絡まれて、泣きながら飛び出したら、追いかけてきた親父に

「なんだその態度は!皆に失礼だ!」と説教されたとか

まあ他にも色々、数えきれないほどエピソードはあるよ

でもうちの親父は、俺が東京大学行きたいって言ったらなんの文句も言わず学費も出してくれた

大学同級生友達になった奴は、父親が「そんな学部は認めん!」とかなってほぼ勘当状態上京

奨学金バイトで何とかしてたけど、いつも金欠で苦しんでた

よそも色々あるんだな、うちの親が酷いとか被害者面してらんないな、と思った記憶あるよ

で実際、大学卒業して自分で稼ぐようになって数年したら、もう親との過去のこととかどうでも良くなったよね

別に絶縁とかもしてないし、恨みを抱いていたりもしてない。

客観的に見てうちの親父は色々バカなことしたと思うけど、なんだろうね、もう「済んだこと」でしかないんだよね

自分の周りの友達と話しても、みんな大体そんな感じ。

なんかさー、いい年して「毒親」とか言ってる連中のほとんどってさー、自分が未熟で人生がうまく行かないことを、親のせいにしてごまかしてるようにしか見えないんだよなー

あと、毒親だった!虐待されてた!って被害者の顔をすると、特にネットでは色々同情してもらえて気分がいい、みたいな?

それやってて何か問題解決したり、人生が良くなったりするんかね?

ネットで目に付くのはむしろ毒親被害勲章みたいに晒しながら、やたらいろんなことに攻撃的で次から次へと面倒ごとを作り出してるような連中だけどね

2019-01-10

anond:20190110100343

ほんもの京都人上京中京、下京だけどす。

洛外京都府ゆうても京都やおません。


※俺のジジババ世代から上の京都人マジでこういう感じ。

 てか、こんなコテコテ京都弁使わんし凄い違和感あるな

anond:20190110000033

東京田舎者」って言葉があってね。

休学……は難しいかもなぁ、東京に住んでても東京まれだと「地方出身上京学生より世間を知らない」ってのもあるし、「俺は東京に出てきたんだぞ」という謎の根拠なき自信も得られない。

ので増田場合京都辺りにでも出れば良かったのかもねぇ

ただアドバンテージもある。失敗しても実家があるという、小中高と培ってきた友人関係繋ぎ直そうとすればいくらでもやれる。

これは精神的に小さくないアドバンテージだよ。「もう後がない、これが出来なきゃ死ぬしかない」みたいな不安感が少なくて済むし、コネだって作りやすい!

正直東京で手に入らないものってないし、交通の便もいい、歯石美術館博物館科学館もどこよりある。だから目的が定まらないと焦ってしまって有効活用できない。

ところで生粋東京23区(しか江戸っ子)育ちの人を何人も見て育っているけど、みんな明るいわァ!強かだわ。人のあしらいは間違いなく上手いし。

で、最近ニュースで見たんだけど人間って18歳でようやく「将来何になろう」とか人生設計を脳が始めるんだと。で24歳くらいに「よーしこうなるぞー!」って遅いわ!大学決定も卒業後の進路も決まった後だわ!って感じだけどなるんだってさ(生物学的にようやっと子供安全骨身を削らずに産める年齢って言うのと関係あるのかもしれない。無いかもしれない)

増田今焦って視野が狭い。課題もう忘れて一旦休憩休憩!

余談だけどうちのどこの漫画主人公だよ!っめくらい都や国の大会で何やっても成績残してた親戚、3年留年して第1希望を諦め有名な大学に入ったけど今全然関係ないパートしてるし自由で楽しそうよ。ちょっと妬ましいわw多分君の先輩だ

2019-01-09

この1~2年ほど、ある友人との関係を絶ちたくて悩んでいる。

高校時代からの友人のAちゃん

高校の3年間を同じクラスで過ごし、親友とは言わないもまでも、良好な友人関係を気付いてきた。


田舎進学校である母校から、私は東京大学に進み、その後東京企業就職し、20代後半の現在に至るまで東京暮らしている。

Aちゃんは、高校卒業専門学校に進み、私より数年早く社会人になり、ちょうど私が就職をするのとほぼ同タイミング東京にやってきた。

(私も彼女ミーハー性格なので、もともと都会への憧れが強かったのだ。)


お互いに社会人になってからの数年は楽しかった。

ちょうど同じタイミングで二人とも2.5次元舞台にハマったこともあって、一緒に舞台に何度も足を運び、チケット当落一喜一憂し、物販に朝から並び、地方遠征に繰り出した。

まりにお互いの熱量が高く、また周りに同じような趣味を持つ知り合いもいなかったので、役者Twitterブログでなにかネタを投下してくれる度に、私たちは大げさに騒ぎ、電話LINEでは満足が出来ず、毎日のように会ってはお互いの推しについて語り合っていた。


だけど、そんな蜜月は去ってしまった。


最初きっかけは些細な事だったと思う。

そもそも、Aちゃんと会う時に待ち合わせする駅やお店は、ほぼ100%私が決める。

一緒に旅行をする時も、宿、交通、全体のスケジュール検討・決定、全てにおいてこちらに主導権がある。

※私は食べ物や旅など、自分趣味領域にこだわりがあり、かつリサーチプランニングが苦にならないタイプなので、それが不満という話ではない。


ただ、彼女はいだって「私はなんでもいいよ」「いいね!楽しみ!」と言う。

そのくせ私が連れて行ったお気に入りのお店に、他の友人を連れて行って喜ばれた話を私に向かって何度もする。

男の子の話をする時に、男の子側にすべてのプランニングを任せた上でそのチョイスがいまいちだった、というような話も聞いた。あと、職場の人がチョイスした送別会のお店が高い!という愚痴とかもあった。(一人5,000円程度だったけど)


最初の、ただ「自分意見を持たない子」だったらまだよかったのに。

一緒に東京で過ごした約5年ほどの時間の中で、気付いた時には、彼女所謂「クレクレちゃん」になってしまって、挙句には「選択すること」の責務を他人100%押し付けた上で、その内容に対して文句を言うような人になってしまっていた。


エピソードの蓄積を経て上記の気付きに至った時に、「もしかしてこれは私がなんでも決めてしまっていたせいなのかな…」とだいぶ思い悩んだ。ひと月ほど毎日、気付けば彼女の事を考えていた時期があった。

さすがに辛くなって、高校時代に私よりも彼女と親しくしていた共通の友人一人だけに相談をしたら、「いや、彼女高校の時からそんなんだったよ」と軽く返された。

「そうなのか…」と胸落ちすると同時に、当時職場上司に「もっと他人に興味を持て」と叱責されていた時期でもあったので、その証明みたいでそれはそれで落ち込んだ(蛇足


まぁここまではなんとなくもやっとする出来事レベルの話で、正直なところ自分の交友関係がかなり広いこともあり、「一人の友人」として相手の良くない部分が目についてしまっているだけだなと思っていた。



決定打は、「仕事」に対する向き合い方である

Aちゃんは、私が知る限り7~8回程職場を変えている。

それだけ言うと「やべー奴」な印象を与えてしまうかもしれないけれど、彼女資格職なので、仕事内容は変わっていない。

給与が安いとか上司が嫌だとか、なんとなく節目のタイミングだとかで、それほどの回数に至っているのだ。(多分地元で2回、東京で5~6回転職している。)


その事自体彼女自由だし、気になってググってみたところ彼女職業においてはわりかし異常ではない出来事のようなので、その件については私が口を出すところではないと思っている。



ただ、忘れもしない去年の夏。

上司毎日のように怒られて精神的に参ってしまったAちゃんは、6回目だか7回目の退職を決意した。

そうしてある日、私に連絡をしてきたのだ。「会社員になりたいんだけど、相談に乗ってくれない?」と。


明確にやりたいことがあるなら良い。今の給料から下がる覚悟があるなら良い。自分で考えて決めたのならそれで良い。

そう思って話を聞いてみると、

「実は20代前半の時にも同じように思ってた時期があった」

不特定多数のお客さんに毎日会うの、あまり向いてない」

「同じ職場に数百人単位で人がいるような場所のほうが人間関係で悩まなくて済みそう」

という、理想を次々に口にした。

(ちなみにこの時、残業終わりに22:00から1時間半ほど通話をして、その前後でも相当数の長文LINEが届いていた。彼女の周りの人間で、東京会社員は私だけなのだ。)


私、たぶん、この時に初めて彼女にキレた。(実は頭に血が上ってよく覚えていないのですが)

そもそも知識が無さすぎるから総合職/一般職の違いと、一般的就活方法を調べて」

「やってみたい仕事も調べてみて」

大学卒でなくても、熱意があるならカバーできる部分はある。ただ不利な戦いである事を理解して」


ただ精神的に参ってしまった上での逃避なんだって、勿論気づいていたけれど、

上京して、大学受験も就活もそこそこ「戦ってやった」っていう自負がある自分にとっては、どうしても許せない瞬間だった。




それから1年以上の時間が経つけど、この一件以来、私はAちゃんに対してどうにも優しくなれない。

彼女を含めた数人でご飯を食べていても、彼女に対してだけはどうしても態度が硬化してしまう。最初自覚レベルだったけど、もう他の子にも本人にも気づかれてしまってるレベルだと思う。さすがにおかしいって自分でも思うのに、その場限り演じることすらできなくなってしまった。


言ってしまえば、ただの「一人の友人」なのに。

この関係を絶たなくても、私のこの先の人生には大きな波は起きないだろうと思うのに。

それでも、もう、彼女のことがゆるせない。



2019年。もう潮時だと思う。

この一年些細な抱負として、私はAちゃんに会わないことをひそかに掲げている。

からそもそもコンタクトを取らないし、共通の友人に誘われても行かない。

それで良いと思っている。



ただ、無性に学生時代彼女との想い出を思い出してしまう時がある。

二人で泣いた、あの千秋楽福岡の夜が恋しくなってしまう日がある。


想い出にも泥が付いてしまうようで、それだけが悲しい。


2019-01-03

受験失敗の思い出

https://anond.hatelabo.jp/20190102063518

https://anond.hatelabo.jp/20190102203653

彼らとは全く違う、良い思い出なんか一切ない失敗談。

時代ごとに語る事なんて全然いね。進学系の中学高校に入ってたが、順位は下から10番目とかそんなもの。ハッキリ言って頭が悪かった。

数学だけ異常にできなかった。難し過ぎて定期テストの平均点が50点を割るタイプ学校ではあったが、ベクトルの時なんて100点中4点。

この頭の悪さのせいで、中学の時から通う近所の個人塾では酷い目に合った。高3にもなると、塾でも過去問を解きつつわからない時だけ先生を呼んで個人的に解説してもらうだけになっていたんだが、問題ごとに先生解説してもらう私と、一回の授業で一度呼ぶか呼ばないか程度のみんなで露骨に別れた。

成績良い奴からの「こいつ頭悪いな」って視線は、気遣って隠そうとしてもすぐわかるんだよ。

ただでさえ数学ヤバい自覚があるのに、仲の良い友達中学の時からずっと気になってる人も同じ空間で静かに勉強してるのに、問題に詰まる度にその静寂を破り、みんなの前で「私は何度解説されてもわからないバカです」と表明しながら先生を呼ばなきゃならないのは本当にキツかった。緊張と混乱で塾ではろくに集中できなくなり、3年の夏前に個人塾をやめた。塾のメンバーとはすぐ疎遠になった。別に珍しい話でもなく、受験が近づくにつれ成績に差がある者同士では日常生活でも距離ができるものだった。

予備校サテライン校でやっと自分レベルにあった数学の授業を受け始めたが、当然ながら遅かった。センター模試ではギリギリまとも認定される8割の成績を取れるようになったが、数学だけは最後まで改善せず、本番のセンター試験でさえ80点くらいだった。80点と言っても1A・2Bの合計で80点だから、ヤバさがお察し頂けるだろう。

結局、みんなが受ける滑り止め、志望校に落ちたなと哀れまれ関関同立のうちのひとつに進学した。

塾のレベルが合ってなかったのも大きいんだが、ちょっとした病気にかかり症状も結構出ていたのに、受験の緊張で痛みにも身体の異常にも一切気づかなかった事や(病気大学進学後即深刻化し、大変だった)、志望校が「東京近辺の大学」という曖昧ものだった事も良くなかった。家族との関係が悪かった為、とにかく実家から遠くて卒業後も帰らない言い訳が立ちやす東京に行きたくて、首都圏大学ばかり受けていた。親は上京に反対していたが、親が書類を書いてくれなくてもお金を出してくれなくても、祖父母を言い包めて何とかしていた。ホテル新幹線も何もかも全て自分で手配し、早稲田慶応など成績的に受かるわけもない大学を受けまくった。

明確な目標設定やスケジュール設計ができなかった私は、成績以前に根本的にバカだった。良い思い出なんてひとつもない受験だった。

しかし、「どう頑張っても及ばない」「自分は選ばれた人間ではない」と痛感する経験はなかなかないなと、呑気にも当時から思っていた。それに、進学後のレジバイト四則演算暗算が高速・正確化し、塾講バイトをした時には1Aまでとはいえ数学を教える立場になれたり、元々頭が悪いからこそ勉強が出来ない子の気持ち脳内想像できた為になかなか良い仕事ができたりと、だめな経験ではなかったとは思う。

     

と、少し良い話風にしてみたが、今のところ結果としては最悪だ。

病気の深刻化が影響してろくに勉強も出来ないまま逃げる様に大学中退家族とも縁を切った30過ぎ職歴無しの無職が現状。

受験の失敗が今の状況の原因ではない。大学中退無職も、ほとんど自分怠惰努力不足のせいなのだが、失敗し更に底辺に落ちた敗者の話が聞きたい人もいるだろうと書いてみた。今思えば、失敗しようが成績悪かろうが、ひとつの明確な基準の中でただ頑張っていれば良しとされ、その上努力が結果に結びつきやす環境幸せだったと思う。何だかんだで守られた環境にいる間に、もう少し将来の道筋を具体的に建てられていれば良かったのかもしれない。

もう試験直前の受験生が読んでも、あんまり為にならないかもね。

2019-01-02

米津玄師にとってのレモンが、私にとってのあんずなんだと思う

母が亡くなってもう 5 年になるだろうか。

普段 tweet より長い文章を書くことはないけど、ふと浮かんだ誰にも言えない反省増田に書き残したい。

紅白話題だった米津玄師の Lemon を改めて聞いてみた。

歌詞について調べてみると、大切だった”あなた”の死の悲しみをレモンに例えた曲らしい。

米津玄師レモンだと思うなら、私にとってのそれはあんずだと思う。

それも駄菓子屋に売ってるようなシロップ漬けのやつだ。

シロップの甘ったるい味の中に、ほのかな酸味があって。

うざったくも優しかった母との思い出と、もう謝罪も出来ない心無い発言への後悔。

母は癌で死んだ。

母の意向により、母がステージ4の末期がんだということは父以外には伏せられていた。

それには、当時大学生だった私も含まれていた。

あるとき大学進学のため上京した私のもとへ母が訪ねてきた。

今思えば、死が免れないものとなった母にとって最後旅行となる可能性も覚悟していたのかもしれない。

結局、それから2年ほど闘病生活は続き、再び東京で会うこともあったのだが。

地元には無いたくさんの刺激に囲まれていた私にとって、母を連れての東京案内は正直気が進まないものだった。

曇りの日だった。スカイツリー展望から雲を眺めたあと、この後どこに行きたいかを母に尋ねた。

本場のもんじゃ焼きが食べたいとのことで、地下鉄を乗り継ぎ月島へ向かった。

日曜の8時ぐらいだったと思う。

その時間まで営業している店が少なくていらいらしていた私は、この時間になるとお店探しも厳しいんじゃない、そもそももんじゃ焼きなんてたいして美味しくないよ、といった冷たい発言をした記憶がある。

しばらく月島駅周辺を歩き、路地裏の店にたまたま入る事ができた。

店内でたくさん写真を撮る母を、店員に気さくに話しかける母を、私は煩わしく思った。

母と私で1枚ずつもんじゃ焼きを注文して食べたはずだが、どんな味だったかは正直記憶にない。

食後、母と仲良くなった店員の強い勧めにより、デザートとしてあんずクレープのような生地で包んだものを注文した。

店員が目の前で焼いてくれた。2枚のヘラで器用にあんずを包んでいた。

これがすごく美味しかった。

あったかほのかに甘い生地のと、冷えたあんずの酸味がすごく合っていた。

それだけはよく覚えている。

その後適当解散して、私は当時付き合っていた彼氏の家へ行き、今日母親観光に付き合ってさ〜、と愚痴をこぼしていたことだと思う。

辛いとき、悲しいとき、母のことを思い出す。今でも月に1度は母の出てくる夢を見る。

起きた後、夢でどんな会話をしたかを思い出すとき、あのお店で食べたあんずの味も思い出す。

生憎どのお店だったかも、それがどんな料理名だったかも覚えていない。

美味しかったけど、もう一度食べたいかはわからない。

ただ、米津玄師にとってのレモンは、私にとってのあんずなんだと思う。

2018-12-31

anond:20181230005225

地元を捨てる覚悟東京にって感じではないと思う。

もともと東京で他の仕事してたか、仲間とつるみたいから知り合いが多い地域引っ越しただけじゃないのかね。

ウェブメディアなんかもそうだけど結局のところ人が都内に集まってて、コンテンツ制作が成立するかどうかってより単に仲間とワイワイやりたい(仕事上も当然効率がよい)から東京にいるって人多いと思う。

自分自身3年前に中国地方から上京してきたけど、いまはタレント的な仕事に限らず上京なんてそんくらいのノリじゃないのかなー。

2018-12-30

anond:20181230174644

最初から東京目指してるような人は、専門でも大学でも地元のにはいかないと思う。

跡取以外なら、上京させてもらえる気がする。

クリエイティブ(笑)仕事がしたければまずは東京に来るべき

地方クリエイティブで元気にする!とか地方から新しいクリエイティブを発信する!とか色々あるけれど、クリエイティブ産業市場とか人口とかから生み出されるチャンスを考えると、地方で始めるメリットなんてほとんど無いと思ったほうがいい。

街にはモデル俳優いくらでも溢れていて、今この瞬間(12月30日午後18:00前)俺がいるファミレスの周りではみんなPC開いていて、ざっと見回すだけで映像編集コーディング脚本執筆雑誌の誌面構成やってる人が見える。隣のグループは話の内容的にコミケ帰りのゲームアプリ開発者が雑談してる。こんな街他にあるだろうか?梅田にある?四条にある?天神にある?

クリエイティブ産業を目指している若者よ。周りの人は色々言うだろう、京都は昔からクリエイティブの街、任天堂はてな京都だ!ロフトワークのオフィスもあるぞ!1→10やOvaqeもある!大阪でもチャンスはあるぞ!AID-DCCだって株式会社人間だって大阪だ!福岡は今一番イケてるリモートワークでKOOKIみたいに全国規模の仕事できる!金沢から変えていこう!沖縄オフショアにチャンスが眠ってる・・・。それもいい。それもいいんだけど、スタートだけは東京に来てみないか

しか地方成功した人はいる。でも、君個人スタート東京という場所で始めたほうが後から得なことも多い。東京地方どちらもメリットデメリットあるけど、スタート東京にするほうが安心スタートを切れると思う。僕も関西から上京して今に至っている。

地方会社だって東京進出したり、東京でできた会社地方に戻ったりなんてのも多い。

今、大学生専門学校生で色々未来模索している君に、これだけ伝えたかった。

よいお年を

2018-12-29

深淵を覗き込む時、というやつ

いわゆる女性向け二次創作同人活動の話。

同カプの中で空気サークルがいる。

ここでいう空気とは「そう上手くもなく、かと言って奇矯言動があるわけではなく、同人コミュニティの人脈もあるようには見えない」という感じ。

そのサークルpixivのお品書きはブックマークいいねもほぼ付かず、Twitterでも交流の形跡はほとんどなく、イベント感想も「お隣さんとお話ししてもらった」で、その後お隣同士で感想を送り合っているわけでもない。

だけどイベントごとに複数新刊を出し、新幹線上京している。

当然イベント参加ごとに既刊は増えていき、現在はスペースに本棚を導入している。

自分はこのサークルの本を買ったことはない。

ただイベント前にpixivタグ検索をすると新刊サンプルがあがっている。

なのでそれを確認しては「また評価ゼロなのか」と思う。

そしてTwitterに飛び、少しログを辿ってみて、そのまま新刊チェックに戻る。

内心(うちの方がまだ売れてる)と安心しながら。

東京田舎者に冷たい的な話は昔からあるが

毎年地方から上京する人は一杯いるんだから、実質東京田舎者の集まりなんじゃないのか?

東京の人が地方民を嫌ったり見下す人がそれなりにいる理由は、もしかしたら同属嫌悪なのかもしれないな。

2018-12-26

anond:20181226160943

そうです。

ありがとうございます

親や親戚からかなり反対をされましたが、それを振り切ってでも上京してよかったと思います

2018-12-25

新幹線帰省できるようになりたい

今年の年末も、12時間ぐらい掛けて青春18きっぷ帰省する予定。年始上京は、年末に比べれば安い感じがするので、夜行バスにすると思う。

往復で青春18きっぷだったり、夜行バスだったりの違いはあるけど、かれこれ10年ぐらい連続で、こんな感じだと思う。

新幹線使ったら3時間程度で往復できるのは分かってはいるんだが、金額の差がありすぎて、どうしても時間の掛かる安い手段を選んでしまう。

せめて、新幹線帰省上京ができるぐらいの余裕が欲しい。

エレベーターなんて好きに乗らせろよ

上京した時に片側空けにすげー苛ついたけど

片側空けやめろって言われるのも同じくらい苛つく

 

なんなの

結局同調圧力コントロールしようとしてるじゃん

やり口が嫌いなんだよ

多数派がいつだって正しくて、少しでもズレた事言えば叩かれる

例えば男女の話だってそうだ

いきなり表裏クルッとひっくり返して「これが常識だ」とか言って殴るやつ、マジでマジで、クソ

 

そんなに言うなら法律禁止しろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん