「上京」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 上京とは

2018-09-20

anond:20180920150443

俺は生まれも育ちも東京だし相続した実家祖父の家も祖母の家も全部東京にある。

ので、田舎者がこういう「東京は全部上京した人間が住んでる」みたいな幻想を振りかざすのが大嫌いだし、ましてや「東京に住む資格」とかいい出すのに反吐が出る。ここで生まれ育った俺は別に何の理由もなく東京に住んでるよ。それで悪いのか。アホが。

2018-09-19

この現象なんていうの?

アニメ放映が全然ない地方出身オタク東京上京したらアニメが山ほど放映されてて貪るようにアニメを見て天国かと思ったみたいなハングリーオタクアピールを読んだとき東京ほどのアニメ放映はないがそこそこアニメ放映が見れた地方出身者の諸手をあげて共感できずにウッとなる現象

2018-09-16

家の周りの情報ってどのくらい知ってるもんなの?

普段行かない逆側とか、7分歩く距離レベルで「ここどこだ?」と迷子になる始末だった

子供の頃は時間を持て余して探検とかしてたと思うんだが

上京してからはそういうこともないし、本気で家周辺に疎いんだよなあ

 

外食する人とか、車運転する人ならやっぱ詳しいんだろうか

自転車すらまだ買ってないからな

2018-09-15

インターネット無料物件にはもう住まない

地方から上京して、今年の4月から初めての一人暮らしをしている。

で、物件を決めるにあたって重視したのが「インターネット無料であること。

スマホに月々1万円近く払ってるのに、さらプロバイダ料と回線料で1万円近くかかるなんてどう考えてもおかしいので、家での通信費はなるべく抑えようと思った。

ようやくいい感じの物件を探し当て、引っ越してみたらSeiwaBBなる「無料の高速インターネット」が全然高速じゃなかった。というか、遅い。遅すぎる。

とあるごとに通信が切断され、マンションに置いてあった資料に目を通したら「LINEなどのビデオ通話はご遠慮ください」とか書いてあった。

調べてみたら調子がいい時でも5Mbpsも出てない。スマホアプリアップデートとかも延々と終わらないレベルなので、今は出先のWiFiを使う生活だ。

流石に管理会社クレームを入れたら「お客さんが通信回線占有すると、マンションの他の人が困っちゃうので、我慢してください」と。

どうやらマンション全体で、速度が合計100Mbpsってことらしい。

契約前にみた資料のどこにもスループットが書かれていなかった上に、ネット上で評判を見つけられなかったというのもあるが、自分確認不足だろう。

からインターネット無料には釣られない。

nuro使う。

2018-09-12

東京にて

先日、北海道から上京してきたばかりである

今週末の3連休全くの予定がない。

友達もおらず、何をするか考えるのを手伝って欲しい。

anond:20180912183458

上京して、何故か風俗街のど真ん中の部屋借りて

「こんなに治安が悪いとは思わなかった」と騒いでた知り合いがいたが、それと同レベルだな

住む前に少し下調べしようよ

都心部はタワマンは建てたけど、人が住めるような整備は進行形でやってる段階やで

2018-09-10

anond:20180910184946

いやいや上京なのだが、正社員専業主婦が基本の平均的な住宅街(のはずれにある安アパート)に住んでると、普通の勤め人でない職業不明中年男は、何も悪いことしてなくても何やら肩身が狭いという話

でも学生が多い地域から多分マシな方

2018-09-09

anond:20180909175112

ちょっと厳しくない?東京に住んでる人の半分くらいは地方から上京してきた人でしょ。大学進学をきっかけにとかさ。

この増田じゃなくても災害備蓄ひとつとっても貧富の差は広がってるんじゃないの?

現地妻さん必死ですな。

現地さんは上京しても現地だとおもうけどなー。

そういう男性は不誠実で悪い人なんじゃないの。

2018-09-08

就職氷河期世代はそろそろ開き直って老人福祉の充実を訴えるべき

自分は、数年前に嫁の年齢と持病から子供を諦めた者で、その時は子供がいない人生となったこ自体にはあまり苦しみは感じなくて、むしろ嫁と二人の生活を楽しめるようになったのだけど、そのうち、子供のいない老後は安楽死を迫られるんじゃないかという不安を抱えるようになってしまった。

今の日本は間違いなく老人優遇政策を取っているけど、おそらく俺たち就職氷河期世代団塊ジュニア世代)が老人になる頃に、いよいよ持たなくなって現役世代重視に反転するんだろうと予想している。

「人数の多い団塊ジュニア世代の老人を国はもう支えきれないので、老人福祉は削減して、老後は自分の子供か資産に面倒を見てもらうように、そして、どちらも持たない者には安楽死というオプションを与える。これで日本は復活する」

そういうことになるんだろう。

日本という共同体の持続可能性を考えるなら、資産形成家族形成に失敗したまま老人となった団塊ジュニア世代を切り捨てるのは正しいと思う。

自分が切り捨てられる側でなければ。

実のところ、生涯子なしが確定する前の俺は、自分自身も含めて次世代負債になるぐらいなら働けなくなったあたりで安楽死していいんじゃないか、と考えていた。

俺たち団塊ジュニア世代は、親世代団塊世代雇用を守るために就職氷河期に落とされ、団塊世代の老後のために今も毎月高い社会保険料を取られている、そういう被害を次の世代に繰り返すべきじゃない、という多くの同世代と同じ覚悟をしていた。

ところが、人間の脳の我が身の現状を肯定しようとする力は凄くて、もはや子供を育てる義務が発生することは無く、週末にちょっと良い外食をして、嫁の体調が良い時に年2回ぐらい休暇を取って海外旅行をして、それでも年に数百万は余裕で残り、それを全て二人だけの資産にできる嫁との生活が楽しくてたまらなくなった。

子供云々よりも、仕事が急に裁量が効いて楽しく働ける状況になったことと、ここ数年順調に昇給が続いていることの方が大きいかもしれない。

小学生の時以来かもというぐらい毎日生活を楽しむことができるようになった。

これから嫁の病状が悪化したり、俺の体にガタが来て多少不自由になったとして、それを負担することになる下の世代には本当に申し訳ないけど、手厚い年金介護を受け続けて、辛いことの多かった俺たち夫婦がやっと報われたこの実りの季節をできるだけ長く味わいたいという執着を二度と捨てられそうに無い。

そして、頭に書いた通り、子供のいない老後への漠然とした不安に取り憑かれてしまった。

どういうわけか楽しいだけの時間は長く続いてくれないようで。

そもそも、老後を待たずとも、嫁が動けないほど悪くなって、俺が介護のために仕事を辞めることになったら、今の生活はあっという間に吹っ飛ぶというどうしようも無さがある。

もちろん個人でできる対策として、子供がいない分資産を貯め込む努力はしているのだが、それだけではどうしても不安を鎮めることができず、統合失調症でも発症したんじゃないか心配になるぐらい、このまま黙っていたら殺される(安楽死に追いやられる)という焦りや怒りの発作に悩まされ続けた。

結局どうしたかというと、老人福祉の維持・充実を訴える政治活動を始めた。

具体的には、地元老健団体の賛助会員(年会費一万円)になって、その政治部門で週末に事務局ボランティアをしている。

その老健団体は、内規で不偏不党を掲げて政治活動には関わらないということになっているので、賛助会員の一部(実際は全員)が勝手にやっている「勉強会」という形の団体

そういう曖昧団体でも、わりと昔から活動しているからか、役所地元議員、たまに上京して中央官庁に行くと役人議員先生が向こうから頭下げて来るので、「いや、ああい人種有権者にはとりあえず頭下げる人たちなんだよ」と理性に囁かれながらも、所属欲求とか承認欲求のような感情簡単に満たされている。

こちらの○○さんが、若いのに手伝ってくれてるんですよ。長くお世話になりますので、どうぞよろしくお願いいたします」

先生最近うちに入ってくれた若い人です」

などと陳情に出向いた先で若手のホープのような紹介をされるとなにやら面映い。

60代後半から70代が主力の団体から、そりゃあ、比較すれば確かに若いんだろうが、組織に歓迎されるというのは良い気分だね。

60代後半から70代というのはつまり俺の親世代団塊世代で、「こいつらの雇用を守るために俺たちは就職氷河期を味わった、こいつらの老後のために給料から毎月高い社会保険料を取られている」とずっと憎んでいたのだけど、

実際に話を聞いてみると、こういう活動に熱心な人々は、当然ながら経済的にかなり期待外れな老後を過ごしている。

大企業で40年勤め上げたなら話は別なんだろうけど、自営業が長くて大した年金などもらっていないような例が多く、総じて俺と同じ不安と怒りを抱えている。

抽象的な理由で一つの世代を憎み続けるのにも疲れていたし、俺は彼らを許すことにした。

他人の子供やその親への感じ方も変わった。

以前は街中や行楽地にいる子連れを鬱陶しい連中としか感じなかったのが、

「ああ、この子が俺と嫁の(文字通り)尻拭いをしてくれるかもしれないんだな、そうでなくとも俺と嫁の尻拭いをする外国人介護士を雇う社会保険料を収めてくれるんだな。親切にしてあげないとな。お母さん、ご苦労様です」

肯定的に見れるようになった。

他人不安を分かち合い赦しと和解を与えて、ともに現状を改善するために微力とわかっていても行動する、

そういう前向きな姿勢でいることは俺の精神に良い影響を与えているように思う。

老後問題自分一人(と嫁)の解決不可能問題しか思えなかった時に比べて脳への負担が減って、頭と肩が軽くなった気がする。

そういうわけで、俺と同世代で老後に不安を抱えているなら、こういう政治活動セラピーとして効くかもしれないので試してみれば、程度の軽さでお勧めする。

こういう活動を、なんだフクシかサヨクオルグか、と毛嫌いする人が同世代には多いというのはわかっている。

だが、実際のところ老人福祉の拡充を訴える団体投票先で一番多いのは自民党なので、サヨク嫌いの人に向いた団体地元簡単に見つかると思う。

俺がいる団体がどの政党支持なのかは伏せるけど、与党系だろうが、野党系だろうが、老人福祉イシュー投票したり陳情しに来たりする有権者の数が増えて、政治家圧力になること自体重要から、みんな仲間だと思っている。

ひとつ人口統計予想として、数十年後俺たちが80歳になる頃には日本人口構造団塊ジュニア世代を唯一の頂点とする完全な逆ピラミッド型になる、という物がある。

この予想が当たれば、俺たち世代有権者の数が最も多く、つまり民主的には最強の世代になる。

さらに下の世代も同じく高齢になるほど人口が多いのだから政治家当選するには今以上に老人優遇にせざるを得なくなる。

俺は自分の現状を実りの季節だと言ったけれど、数十年後には同世代全てが実りを得られることになる。

から別に政治活動を始めなくていいけど、俺は同世代に老人福祉イシューにして投票することを考えて欲しいと思っている。

そして、何をしてでもいいからどうかあと数十年生き延びて欲しい。

2018-09-05

上京して都内で働く

実家暮らしアラサー

数年勤めていた会社が潰れたため職探し中

しかしあまりにも希望職種(前職と同じ専門職自分に向いていると思う)がなく、上京視野に入れ始めた

都内には本当に仕事が沢山ある

しかも土日祝休み

田舎にある職業は大体年間休日105日と96日ばかりだ

しかし、都内に行ったからってホワイト企業に就けるのか、そもそも就職できるのか、そして生活できるのか?と考えると不安で潰れそうになる。

全部自分次第なんだけどさ…都内仕事がしたい(or住みたい)訳じゃなく、都内しか仕事がないか上京したって人、いるんだろうか…まあいるだろうな。

凄いなあ…

誤記ゼロにしたい

上京してきて2年間、ブログに一文字レベル誤記が2回出た。どちらも修正済み。

Amebaブログで、趣味用がひとつ仕事用はふたつの作り。

記事を書くときは必ず正座してる。

どこで間違えたんだろう?

来週引っ越すんだけど、新しいブログでは一回も誤記出ないようにしたい。

anond:20180905011258

ゴキ、ゼロにしたい

上京してきて2年間、部屋に1センチ弱のゴキが2回出た。どちらも退治済み。

新築で、玄関は一階、部屋は二階の作り。

窓を開けるとき網戸は必ず締めてる。

どこから入ってきたんだろう?

来週引っ越すんだけど、新しいお家では一回もゴキ出ないようにしたい。

2018-09-04

もう疲れちゃう

大学で知り合って付き合い始めてからもうすぐ6年

こっちは就職と同時に上京して仕事始め

むこうは大学院に進学して

東京就職できたらいいね」なんて言いながら2年待ったけど

就職先は愛知県とある企業研究

結婚するには愛知転職かな、とか考えるやさきに

親父が病気で倒れて、一命は取り留めるけど要介護

実家のローンとかもろもろの支払いやらで親への支援貯金もできず

そんな中でも二人の時間を作ろうと旅行計画を立てたりしても

「いろいろ考えるの疲れたから勝手に決めて」とか言われて

むこうのぐちには付き合わされて、こっちがちょっと文句言えば「怖い」とか言われ

もう、よくわからん

なんでつきあってるんだろ

2018-09-03

anond:20180903224202

よく眠る

お薬、副作用ない?

身体に痛いところないですか?」つまりどこか血行不良みたいな凝ってる処。

あったらすこしほぐしてみる。

ひょっとして。だけど。

カウンセラーいいよ。無料じゃないけど。

私いちど震災後に、カウンセラー通ったよ(学校先生だった)エゴグラムとかして

小さい頃の話とかきいてもらったよ。凄く良い先生だった。

それで、親が子離れできてないことが確認できたし、上京も出来たよ。

昼間に日光浴をして、ごはんをよく噛んでのんびり食べて

早い目によく眠る

怒ってくる人が会社にいたら、それは増田さんに期待してるって事。

期待しない人に、上司は怒らない。

気にしないで良い訳はないけど、上司さんも人の子なのでいろいろあると思う。

立場で怒んなきゃいけないときもあるだろうし。(形だけでも)

なので腹を割って、怒られたことがショックで引き摺ってるので、どうしたらいいか本人にきけない?

(そういうので怒るような方ならごめんね)

anond:20180903213235

体調が悪いのでは?まず体調を整えて、元気になってご飯をモリモリ食べられるようになったら

いくらでも上京して就職探せるよ。

田舎転職

会社が潰れたか転職を探しているんだけど、田舎には本当にまともな仕事がない。26歳元専門職。同職種そもそも求人がないため、未経験から転職するしかない。一人で生活出来る給料がもらえる仕事がしたい、本当に田舎には何もない、これからが怖くて怖くて不安に押しつぶされて涙が出てくる。

もはや現実逃避都内求人を見ている。上京する勇気はなく、ただただ仕事職種の多さを羨んでいるだけだ。本当に本当に情けない、更に不安増田に吐き出すという現実逃避、もうだめだもう辛い仕事が湧いてくる。悲観する事になんの意味もないのに延々と涙が出てくる

2018-09-01

anond:20180901225058

独り焼肉できるくらいなら、鋼メンタルじゃん。

上京した時一人で食事しにお店に入ることも出来なかったよ。

上京した田舎民の休日

上京して友人もいない社会人は、休日何をして過ごすのか。

そんなことを考えているうちに新卒平成最後の夏が終わってしまった。

2018-08-31

北海道民からって水曜どうでしょうファンと決めつけるのやめろ

北海道出身の30歳男。

いか北海道出身の奴は全員大泉洋水曜どうでしょうファンだと決めつけるのはやめろ。

あれは完全に世代がある。

北海道水曜どうでしょう流行ってたのは90年代後半頃で、当時高校生~30台だった人にウケていただけだ。

当時小学生だった俺は、水曜どうでしょう放送されている時間爆睡している。

そんな番組やっているなんて知るよしもない。

そりゃあ、クラスに一人や二人くらい水曜どうでしょう観てる奴はいたが、親が若くて深夜でも起きていることを許していた家か、小学生なのに高校生の年の離れた兄貴がいて自然に観ていたような特殊環境の奴だけであって、

ほとんどの当時の小学生水曜どうでしょうなんて知らないし観てないのだ!

当時の北海道の小4~小6の間で話題沸騰だったテレビ番組は、「ボキャブラ天国」「学校へ行こう」「伊東家の食卓」など、バリバリゴールデン番組だけだ!

少なくとも、この3つはクラスの全員が観ていた!

どんぐりころころのメロディー水戸黄門歌える裏ワザめっちゃ笑った」「昨日は海砂利水魚チャンピオンになったけど、爆笑問題のほうが面白かったよな~」なんて話題してる途中に「来週の水曜どうでしょうはお遍路で…」とか割って入ってもみんな「なにそれ?」って言うだけだ。

水曜どうでしょうピークだった頃を知らないので、世代以外の北海道民は水曜どうでしょう、及び大泉洋にそこまで思い入れはないのだ。

いや、たまにあったよ。クラスの一人に熱狂的な水曜どうでしょうファンがいて、

「録画したから!絶対面白いから!皆で見よう!」とみんなでそいつの家で集まって水曜どうでしょう鑑賞会。

だがしかし、集まるのは腐っても小学生だ。

知らない(当時の小学生視点で)おじさん達が、ただ笑ってるだけの謎の内輪映像見せられても。

それより、うちの父親エロビデオ勝手に持ってきたんだけど!!と、すぐさまAV鑑賞会よ。

物心ついたときには水曜どうでしょうなんかやってなくて、おじさんに「大泉洋面白いよな~、え、お前北海道民なのに水曜どうでしょう観てないの?」って言われるにが凄く面倒くさくて、余計にウザいわけ。

ちなみに、北海道水曜どうでしょう人気がピークを迎えていた当時、北海道若者には熱狂的に支持されたが

当時の大泉洋は「見たこと無いタイプブサイク」って感じで、中年から上の層には江頭や出川みたいな印象に映り、嫌われていた。

うちの親も、大泉洋テレビに映ると「生理的に無理」とチャンネルを変えていた。(今でこそ流石に慣れたが)

後にオンエアバトルエレキコミックが出るようになると「大泉って東京芸人やってるの?」と言われる程度には世代以外の北海道民には混乱を招いた。(あと、いつも大泉洋と一緒にいる鈴井?とかいう人は、東京インスタントジョンソンっていう名前芸人やってるんだね~とか。)

基本的に、北海道民にとって大泉洋とは深夜の人で、日曜夕方大泉洋地元アナウンサー北海道小学校とか巡って地元の飯食うだけの「1×8いこうよ」という番組で見る機会はあったが、出掛けてるしあんま日曜夕方テレビ見ないし、

そもそもそんな内容であんまり面白くないので「やること無いので仕方なく見る」番組しかなく、特に印象はない。

今でいうなら日曜夕方宮川大輔が知らない田舎農家行ってそこでとれる野菜食って「うまーい!」って言うだけの超つまらない番組(満点レストラン?みたいなタイトル)やってるけど、あんな感じ。別にわざわざ見るもんじゃないよね、みたいな。

大人になって、上京して同世代北海道出身の奴を見つけては「水曜どうでしょう好き?」って聞いても、やっぱり「見たことない」「興味ない」って言うやつばかりなので、やっぱりあれは特定世代流行しかないのだ。

なんか2000年代前半に雑誌とかでやたら水曜どうでしょう特集されて、当時人気だった歌手とかモデルが「ファンです」って公言しだして、全国的に「水曜どうでしょうを観るのがオシャレ」みたいな空気になった瞬間が少しあって、東京モンが北海道人より水曜どうでしょうに詳しくなってしまった。

そんな東京モンは北海道人全員が水曜どうでしょう大好きだと思って憚らないが、あれは断じて特定世代だけの流行だと言いたい。

今は水曜どうでしょう再放送を深夜にやっているが、今の北海道若者にとって大泉洋とはただの「北海道出身俳優」であって、水曜どうでしょう再放送を見せられても「大泉洋とその他のおじさんが笑ってるだけの内輪映像」でしかない。

2018-08-28

山手線内回り外回りって意味不明

右回り左回りで言えよなんだよ外回りって営業かよ外回りいってきまーすってか

それか時計回り反時計回り

上京して10年近いけど普段山手線使う機会めったにないからいまだにわからん謎ワードだわ内回り外回り

2018-08-23

3万5千円の風俗に行った

75分コース普段いく店の倍以上の単価だ。

なんとなく、無性に行きたくなって、ネットで探していくなかで一番良さそうな子が

いる店の料金がそうだったというだけ。HPも高級感やほかの店と一味違う感が

出ていた。

当然期待はする。

しかし、結果はとても普通だった。

部屋に来た女の子はたしかにきれいですらっとしていて胸は大きかった。

ただ、何か特別接客ができるわけでもなく、

驚くほど美人ルックスであるわけでもない。

テクが超絶上手いわけでもない。

細やかな気遣いができるわけでもない。

3万5千円の箱に入った、おととい上京したばかりの道産子だった。

1万4千円のよく行く店のらんちゃんのほうが全然よかったな。

どういうわけか今日財布を無くした。

来週はらちゃんのところに行こう。

anond:20180820141604

シェアハウス運営してきて思うのは、

ギークハウスお茶の水場合、短い人だと1ヶ月という人もいます。長い人は2年とか3年とか。

一般賃貸物件だと1ヶ月だけというのは難しいでしょう。

ところが、最近プロジェクトごとに仕事場や打ち合わせ場所がよく変わるというのがあります

そのたびに引っ越すわけにもなかなかいかないので、立地が良いところでは需要があると思います

実家東京都下にあるんだけど、通勤が辛くてという理由で住む人もいます

就職活動転職活動中、試験の為に上京してその間だけ住むという人もいます

そういった今までだとカプセルホテルくらいしか選択肢がない人にはいいかもしれません。

まり、とりあえずの住み家であって、ずっといるわけではないという事です。

2018-08-21

東京に憧れて上京した

田舎に住んでる時は

東京に行けば何かある!自分も変われる!新しい世界に行ける!

とか思っていたけど。10年経って気づいたのは、東京は何でもあるんだけど、別に何にも無いということ。

物理的には何でもあるし、明らかに田舎生活とは違うんだけど、居場所が無いし、無理に居場所を作ったとしても、別に無くなっても誰も困らないから無くすことができる。自分の代わりはいっぱいいるし、いなくても誰も心配したりしない。上京して、貯金は増えたけど、結局何にも無いや。

2018-08-19

途上国へ行ってリセットしたいアラフォー

最初結論田舎生活経験していないひとは少し厳しいです。自分の適正によっては思いなおしてください。

自分スペック東京まれ東京育ち。独身男子アラフォー。父母は上京組だが、親戚づきあいをしないタイプ。躾は最低限でのびのび、いいかえれば無作法に育つ。理系技術職。海外仕事がやりたくて入った会社が縮小傾向で海外赴任が狭き門になり、一念発起して途上国開発企業転職した。専門分野のスキル英語問題無い。

たぶん自分のようなタイプが思い浮かべる途上国仕事イメージは「誰も自分を知らないところで、自分の専門スキルを活かして、途上国のひとたちに役立てる。360Win-Winであるはずだと。

そんな自分最初にぶつかったストレス要因は「途上国日本人村」の存在

数年前、念願の途上国赴任を果たしました。途上国開発仕事ではその国の首都生活することがほとんどです。そして大抵の途上国首都にはそれなりの数の日本人がいます大使館NGO/NPOJICA工事関係...)。そこでは大使を頂点としたヒエラルキーができます

そこで暗躍するのが「田舎者とおばさん」です。すなわち"狭いコミュニティで生き残る術"と"ヨソ者を排除する能力"に長けた人達です。そう、自由を求めて海外に飛び立ったはずが、こと生活面においては最近そこかしこで見る「地方移住ルール」が適用されます

わたしはこれまで都会生活にどっぷりで、それほどコミュニティへの参加を意識したことは無かったです。途上国まで来て学びましたが、こういった場所では大抵のことは見えないヒエラルキーで形づくられるコミュニティで決まります。内心いやいやながら最低限の集まりに参加すると、そこで繰り返されるのは、そこにいない(=わざと呼んでない)人の噂話や遠回しの悪口です。日本からウン十時間も移動にかかる新天地理想を持ってやってきて、何でわざわざ休日に集まってこんな狭いコミュニティで、誰の側につくか?のような話に参加しなければならないのかとウンザリします。

あと、都会育ち女子にとっては「田舎コミュニティ」に加えて、「女性コミュニティ」のプレッシャーも加わります。その話を聞いているだけでも本当に男に生まれてよかったと思います女性の敵は女性らしいですね。なので「途上国仕事に高い理想を持った都会育ち女子」には2倍のクッソなことが待っていると思います。「旦那さまについてきた都会育ちの奥様」は仕事で発散もできないので、さらにマシマシでクッソなことが待ってます精神的にやられてしまうかたもそれなりに居ます。また国内と違って身近に逃げる場所もありません。そういった意味ではインターネット万歳です。ネットにかなり救われます

なお途上国仕事自体面白いので、コミュニティ無視して仕事に打ち込むというのもありますが、それなりの精神力(もしくは鈍感力)が必要かと。

おしまい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん