「雑貨屋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雑貨屋とは

2019-04-08

日本人最近いい人材がいないと危機感があるというが

第二次世界大戦の時、日本右翼ヤクザチンピラ集めてスパイとしてロクに働かない効率最悪の奴らを使っていたこ

アメリカイギリスは、アイビーリーグを出た超エリート層や、薔薇戦争から続く由緒正しい家系貴族若者が、自ら戦闘機パイロットスパイとして志願して

ナチス・ドイツ死闘を繰り広げていた。

2000年代前半、日本コンピューターサイエンスを学んだ大卒社会人を、野比YRPという現代アウシュビッツ形容されたエンジニア処刑場でエンジニア廃人自殺に追い込みまくって代わりならいくらでもいる、死んだ奴の自己責任と言い、現代SNS構想やブロックチェーンの雛形を研究していた天才研究者を、訳の分からない理由逮捕して心臓麻痺死ぬまで追い込んでいたこ

中国北朝鮮インド秋葉原アメリカ雑貨屋パソコンパーツを集めて、本を買い、ほぼ独習から初めて笑われてもITエンジニアを育成しようとしていた。

そして10年後、インドIT人材超大国に、北朝鮮イスラエルアメリカでさえ恐れるサイバー戦争大国に、中国ITインフラ根底から西洋文明を覆そうとするほど大きくなっている。

単に日本が一時期でも技術大国だったのは、戦争の時に当時の国家予算の7割近くを次ぎこんだ資金投資遺産と、冷戦時代たまたまいい立地でジャンジャン投資アメリカからもらっていたことでしかなかった、というお話

2019-03-22

久しぶりに行った店屋テナント雑貨屋閉店セールやってた。

金も下ろしてたし欲しいものあったから見始めたらすぐ隣に店員やってきてろくに見れないの。そういうとこやぞって思った。

万引きしそうなバッグも持ってなかったのにひでーわ。

2019-03-05

年下の男の子香りを密かに嗅ぎまくっていた話。

私には、ずっと忘れられない香りがある。

それは10年以上前アルバイトをしていた先の、後輩の男の子から漂う香水香りである

洗濯物を取り込んだときのようであり、シャワーを浴びたすぐ後のようでもある、清潔感押し売りのような香りに、10最後の私の心は銭形のとっつぁんも驚きの速さでまんまと盗まれたのだった。

一つ年下の彼は、常にニヤニヤと上がった口角に八重歯かわいいあんちくしょうで、不思議な緩さと気怠さのある大学生だった。

明るい栗色にゆるくパーマのかかったような量産された髪型は、童顔で可愛らしい印象を与える彼には一際似合っていた。

そんな彼はとにかく私の好きな香りだった。ずっとにおっていたいと仕事をしながら考えていた。

彼と普通に軽口を話せる程度に仲が良かった私は、一体何を意識してなのか「何の香水使ってるの?」の一言が言えなかった。

そもそもアルバイト先の飲食店で、香水なんてご法度なのだ

先輩である私が注意どころか「何の香水使ってるの?」とかなんとかデレデレした事できるわけがない。

いくらいい香りからと言って、あまりにも香水について誰も注意しなすぎる。

もしやこれは香水ではなく体臭なのでは…。

そんな事を考えていたときに、40代後半・ポケモンで言う所のカビゴンみたいな体型の女性店長がやって来て、彼に「いつもいい香りだよね、なに使ってるの?」と言った。

「いや注意しろ!!!!」という思いと「やっぱり体臭じゃなくて香水やったんや!!!!」という思いと「店長グッジョブ!!!!」という思いがミックスされているなんて分からいであろう無表情で、私は耳をダンボにしながら皿洗いをしていた。

独特の伸ばし棒を語尾に付ける癖のある彼は、「あ〜、友達からもらったんですよ〜、なんてやつか忘れました〜。」などと言い、へらりと笑った。

香水バレしてるのに謝りもしない!!!!」という思い20%、「覚えとけよ!!!!」という思い70%といった所だろうか。

私は震える手で水道を捻り、皿の泡を洗い流した。

残りの10%は、こんなに私が好きだと思って日々悶々としている香りが、大学生の間で簡単にやり取りされるような香りである事を知り、

どこか悔しいと感じる思いだと考えていた。

そんな思い出があるからか、私は香水探しに本気を出す時期というものが年に何度か来る。

私が感じ取ったあの香りの特徴をネット検索する。

洗濯物のような香り」「風呂上がりのような香り」…当たり前だが、膨大な数の香水がヒットする。

ひとつひとつ見ていき、ピンと来るものをとにかく探しまくる。

ピンと来たものは買ってみる。使ってみる。香りの変化を確かめてみる。

10年以上探してきた。

おかげさまでメンズ香水しか目が行かない癖が付き、「清潔感」「リネン」「サボン」などのそれらしいワードに敏感になった。

私が求める香りは今でも見つかっていない。

大学生になったばかりの男の子が、使わなくなった香水を友人からもらうような代物だ。

恐らく雑貨屋にある、簡単に手に入るような有名な香水なのだろう。

私がこんなに探しているのに。

何となく認めたくない気持ちがある私は検索ワードに引っかかった中からマイナー香水ばかりを買っていた。

もちろんどれも違っていた。ばかじゃないの。

ここまで書いておいてなんだが、彼には一切恋愛感情は無く、良い芸術作品のような目線で見ていた。

それでも、今もまだあの子香りを求めている。

から香るあの香りは、彼に会わない限り絶対見つからないと薄々感じていながらも、私の香水探しは続く。

2019-02-08

子供の頃、近所にストアって店があった

ストア、そのままだな

 

昔のコンビニみたいな感じ

何て言ったっけ昔

酒が売ってれば居酒屋なんだけど

雑貨屋かな

2019-02-06

anond:20190206174703

そう

雑貨屋飲食だとチンピラ因縁つけられて小銭を取られる程度のリスクしかないけど不動産は知能とコミュ力と両方ないと死ぬ

2019-02-01

通常のWebサイトって基本24時間オープンが当たり前になってるけど

9:00-18:00までオープンサラリーマン形式とか、

深夜0:00-朝5時までオープンの怪しいラーメン屋雑貨屋形式とか、

何らかの理由でそんな形態採用してもいいんだよな(いいとは何かって話だが)

2019-01-27

自営業は必ずしも利潤を目的にしていない

金持ちのパパさんにお金を出してもらってカフェ雑貨屋開業

利益は全く出てないけど店主を気取って生きていけてる女がいたとしたら

最高の勝ち組だと思いませんか

2019-01-26

anond:20190122231020

なぜ駅ナカ雑貨屋指輪が売っているのかというと、今回のあなたみたいに自分のために好きなアクセサリーを買う人のためなのでそれは普通のことです。虚しくないです。雑貨屋ピアスネックレス買うのと同じです。なんとなく増田ピアスネックレス自分のために買わない人の気もするけど、まあ感覚として。

旅行楽しんできてね。

2019-01-22

初めて指輪を買った

初めて指輪を買った。

大学卒業旅行として一人で海外旅行に行くことを決めてから、防犯について色々調べた。その中で、指輪をつけているとナンパされることが少し減る、という記事を読んだ。

彼氏いたことがないのに指輪なんて、そもそも声をかけられるような見た目をしていないし、とは思った。だが、トラブルに巻き込まれ可能性が減るに越したことはないので、駅の中にある小さな雑貨屋に入った。

可愛らしい店員さん達が話し込んでいる後ろで、右手の薬指に気になった指輪をいくつか嵌めた。誰も私のことを気に留めていないだろうに、無性に恥ずかしくていやに汗をかいた。

ふと見ると指輪タグ数字が書いてあった。私の指にちょうど合う指輪タグ数字と、就活ときに買ったリクルートスーツサイズが同じだった。指輪サイズがあることは知っていたが、洋服サイズと同じだということは初めて知った。

そんなこんなで気に入った指輪ひとつ買った。指輪を選ぶのは正直楽しかった。今もこの文を打ちつつ、今日買った指輪を眺めている。その一方で、初めてつける指輪自分で買った安物の指輪か……と思うと、なんだかすごく虚しい。

2019-01-21

[] #68-6「ブラックホワイト

そうして数週間が経ったある日。

「マスダさん、おかしいと思いませんか」

いつもと同じように仕事をしていた時、センセイはそう疑問を投げかけてきた。

漠然とした質問に、母は何のことを指しているのか尋ねる。

「何がです?」

「何が……ってこの会社がですよ」

センセイはさも当然のように言ったが、母は要領を得なかった。

「この会社のどこがおかしいんです?」

母はこれまで、経営だとか雇用だとかいったものとは直接の縁がない人生を送ってきた。

世間一般的異変を察知することは出来ても、詳しくないものについては勘が鈍る。

母もその自覚はあったので、センセイが何を問題にしているのかは素直に気になった。

「この会社は、労働者にとても優しいんですよ」

しかし、センセイから返ってきた言葉は、これまた要領を得ないものであった。

「完全週休2日制で、祝日休み給料が良い。労働時間は厳守。働いているときも割と自由がきく。休憩は頻繁にできる」

母は理解に苦しんだ。

ブラック企業問題は未だ根深い。

そんな中で労働環境が快適だというのは歓迎すべきことだ。

なのに、センセイはそれがおかしいのだという。

「2階を見ましたか? 雑貨屋があって品揃えも多い。自販機もやたらと色んなものがある。自社オリジナルといっていますが、それにつけても安い。いや、食チケで払えるから実質タダですし。労基を大事にしているのはまだしも、福利厚生まで充実している。私たちのようなパートタイマーにまで、です」

しか福利厚生まで良いとセンセイは言い出した。

ますますからない。

「それの何が問題なんでしょうか」

福利厚生社員満足度を上げたり、モチベを維持させたり、労働力の向上が主な目的です。あったほうがいいのは間違いないですが、費用対効果が不確かなので会社によってピンキリなんです」

結構なことじゃありませんか。つまりホワイト企業ってことでしょう?」

「その“結構なこと”を、多くの会社はしたくても出来ないんですよ。最近できたばかりの会社がここまで厚遇なのは経営として異常なんです。経営は常にコストとの睨み合いで、どこを削れるかいつも考えていますから

この「コスト」には“人材”も含まれている。

主にこの人材を安く、雑に扱う企業を「ブラック」と呼ぶことが多い。

それに対して、この『256』という会社人材に金をかけ、丁寧に扱う。

ホワイトといっても過言ではないのだが、センセイはそれをやりすぎだと主張していた。

「それだけ余裕があるってことでは? 急成長している会社らしいですし……ん?」

そう擁護しかけたところで、母は不審な点に気づいた。

「どこからそんなお金が、儲けが出てくるのかしら……」

コストをかけるにしても元手がいる。

コストが嵩めば、それ以上の儲けをどこかで出す必要がある。

だが『256』という会社は、その点が不明瞭だったのだ。

「そうです。この会社……十中八九“何か”ありますよ」

(#68-7へ続く)

2018-11-21

anond:20181121184153

なんか歩くのが好きになってきてなw

今歩きながら帰ってるとこんなところに雑貨屋がーとかラーメン屋あるじゃん!とかで楽しくなってきたぜ!

今までもったいなかった!

2018-11-04

同人イベントに行ってきましたレポート

ST豊橋突撃、その事前!

 いきなりですが自分は今回が同人イベント初参加だったのです。正確に言えばお○かけライブなんかには顔を出していたりしていたのですがあのイベントはグッズ参加だったりファン交流会としての側面が強かったりしたので本を売買するのがメインであろう同人誌即売会への参加はこれが初めてということになります

 「分からねえ……分からねえよ! 自分には何が正解なんだかひとっつも分かりゃしねえ! いったいどうすりゃいいってんだ!」

このようなハラハラキドキを抱えつつ準備を進めます。まずは小銭です。イベントでは300円や700円など100円玉硬貨があった方が支払いやすそうな価格の本が大量に並んでいそうなことは予想できました。ならば両替だ! と銀行に行ってぼそぼそとした陰気な声で「アノー……リョウガエタノンマース……」とか言わなきゃならないのか、憂鬱だな……とこの時点でコミュニケーション能力に難のある自分テンションが下がりましたがここは快適な薄い本漁りまくりタイムのため、と銀行にて両替を敢行。無事に大量の100円玉500円玉を入手するに至ったのです。

 次はカバンです。カバンが無ければ本を入れられません。丈夫で大きいカバンの予備が無かった自分はその足で雑貨屋へと向かいました。ファッションセンスというものと無縁なので店員さんに勧められるままシャレオツっぽいものを買ってしまって「どうすんぞこれに合う服とかねーし! 合わねえし!」と内心焦りながら会計を済ませます。とりあえずなんとなく合いそうなものを近くの服屋で見繕いましたが終わった今となってはこのチョイスが正解だったのかどうか大いに疑問が残ります。やっぱ一人で買い物なんかするもんじゃねえや!

ST豊橋、何日目に行く!?

 あんまり規模が大きいと迷っちゃうかもしれないし、だからって寂しいのもなんだかなあと優柔不断自分は迷います。泊りがけという選択肢はありません。日帰りです。日帰りは決定事項なのです。仕方ないのでピクシブにてサンプル巡りをします。

 「……二日目だな。これは二日目だな。というか他の日にあまりにも人が……気のせいか?」

この時点では配置図は出ていませんでしたが、気のせいではありませんでした。しかしこれはこれで多そうだなあ大丈夫かなあと不安になりつつサークルチェックを進めます。と言ってもナンバーが出て居なかったのでカップリング別にサークル名をメモしておいたぐらいだったのですが。

 ゴールデンウィークなんだよなあ、自由席って空いてるかなあ、いざとなったらこだまに乗るぞ! 不安が頭をよぎるたび、自分はイケるイケるとそれを頭の隅に押しやります不安いっぱいでは恐怖に駆られてせっかくの買い物も思うように楽しめないだろうからという浅はかな考えですが、そうでもしないとこのとき自分は夜も眠れそうになかったのです。

いざ出陣!

 朝早くに起き下手なメイクを施し慣れないスカートを履き荷物をせかせか準備します。財布はイベント用と普通に使う用を2個持ち、なんだかファンシーなデザインの大きいカバン肩に引っさげ、支度は整いました。朝飯代わりのウイ○ーインゼリーを胃袋に流し込み士気を高めます

 怖え……人いっぱい居るとこ怖え……でも! 行かないと、そこにパラダイスがあるから! 自分は行かなければならないんだ! このような寒いことを考えでもしないと冷静ではいられませんでした。引きこもりをこじらせるとこのようになるので皆さんも気を付けてください。要らぬ心配だとは思いますが。

 市内電車に乗って新幹線が停まる駅まで向かい、駅に着くと切符を買ってそわそわしながら列車を待ちます。し、新幹線か、慣れてないからなあ。席空いてるかなあ。立ちっぱは辛い距離だよなあ。考えている間に列車は到着しました。中を覗くと若干の空席があるようでした。よっしゃ! などと言おうものなら不審者まっしぐらなのでここはぐっと抑え、乗り込みます

 乗っている間は携帯をいじったり腕を組んで妄想に励んだり携帯固形食をかじったりするぐらいで特にどうということも無かったのですが、寝ると荷物をすられやしないかと神経過敏な自分は警戒し続けていたのであまり気が休まりませんでした。とはいえ一人なので寝ないのが当たり前と言えなくもない気がします。

 名古屋駅に着くと、そこは未知の国でした。「……デカ!?」というのは規模に対しての感想です。名古屋ってどんなところだろう、味噌? 味付けが濃い? モーニングが豪華? 程度のにわか知識しか無かった自分は大いに驚き、迷いはしないかビビりました。が、案内板通りに進むことで無事方向音痴自分も乗り継ぎ切符を買い豊橋駅に向かうことが出来ました。今回は観光出来ませんでしたが、次に来るときは周囲を散策してみたいなと思っております

 豊橋駅に着くと外がなにやら騒がしく、ふらふらと声のする方へ向かって行くとイベントをやっておりパフォーマンスとしてよさこいらしきダンス披露していました。そのままぼけーっと眺めていましたが、はっと腕時計を見るともうすぐ開場時刻! しかもここバス出るとこと反対出口! 気づいた自分は慌てて早歩き。「待ってろよST豊橋2、もうすぐ自分はそこに着くんだぞ! 逃げるなよ!」逃げねえよ、と思うだけの冷静さはもう既に頭から無くなっておりました。

 早足で外に出るとYOUの案内板を持ったスタッフが見え、その方の指示する方向へ向かいます。この時点で同じ目的と思われる方々に取り囲まれていました。会話の内容から彼女たちが誰萌え、あるいはどこ校萌えであるのかが窺い知ることが出来なんだか暖かい気持ちになりましたが、同時に一人で歩く自分に対しどこか寂しい気持ちになりました。しょうがないですよね、ぼっちで来たんですから

 「バスが……立派だ!!」

第一印象がコレか、と思われるかもしれませんが立派でした。観光バスを借りるとは、……儲けてやがるな!? などと下衆な感想を抱きましたがそこは脳内で流して乗り込みます。既に車内には何人か待機しており、彼女らもまたこから向かう会場に対しての予想などを並べ立てていました。なんせ地図で見た限りは倉庫でしたから、会場として機能するのか不安もあったのだと思われます。かくいう自分もその通りで、大丈夫かなあとぼんやり考えながらバスに揺られていました。さあ会場はもうすぐそこです。

ST豊橋2にやって来た!!

 「うわ外観めっちゃ倉庫やん!」まんまじゃねーか、な感想は置いておきます手荷物検査を受けるとシールを渡され目立つところに貼っておくようにと念を押されました。流石にセキュリティは厳重です。なんだかピリピリした雰囲気だなあと思いながら入口から会場の様子を窺います

 そこに居たのは300スペース超のサークル参加の方々と、今日を楽しみに集まってきた一般参加の方々、その方々の熱気で構成された異空間、夢が形になった場所でした。ここにいる人たちは趣向の差はあれどおおむね同じ目的で参加しているんだなあ、そのことを実感し感動しました。生の空気というものはいいんだなあ。同人誌なんて通販で買えばいいじゃん、そのように冷めた気持ち自分の中にあったことは否定できません、しかしこのときをもってそのような斜めに構えた気持ちは消え去ったのです。この熱を自分の肌で感じ、自然とそのようになったのでした。

 ややまごつきながらパンフレットを買い、きょろきょろとあたりを見回しながら会場の隅に向かいますパンフレットの配置図へ事前にチェックしておいたサークルをマーカーで引き、いざ出発! 果たして無事に買うことが出来るだろうか、そう思いながら横目で受付近くを見ているとなぜか地元団体さんがはんぺんを配っていました。後で聞くとこのはんぺん無料だったようで、というか放送でもそんなことを言っていたようで、しかも美味しかったという感想もあり、もらっておけばよかったかなあなどと今更現金なことを考えています

 目当てのCPの島に来ると当たり前ですが同じCPが固まっていて、そこで買い物をしている方を見て「あ、同じCPが好きなんだな」と思うとなんとなく嬉しく思いました。自分ではあまり買わないCPでもポスターやポップが来られているとついつい寄ってしまい「よし買いだ!」と買わせてしまう、そんな勢いや愛にも満ちていました。幸せな気分で今日一番の目当てだったサークルさんの所に足を運びます。無事に帰るだろうか、緊張しながらスペースに向かうと……。

 誰も居ない。あれ、間違えたかな、と机に張り出されているナンバーサークル名を見ました。間違っていません。すかさずツイッター確認を取ります今日になって急遽欠席が決まったようでした。しょぼくれましたが、気を取り直し他のサークルさんの元へ向かいます。ここで挫けてはいられません、目当ての本は他にもたくさんあるのですから。分かってはいても、やっぱり残念でした。またの機会があれば今度こそ、と思いつつ探索を続けます

 「おおう、やはり色がどこも派手だなあ。こういう彩のあるジャンルは見てるだけでも楽しくていいよね」

なんて他人事コメントだと思われるかもしれませんが、現実光景だというのに目の前で行われているイベントリアルさを感じることが出来なかったのです。そこはさながら夢の国、すっごい遊園地異世界でした。普通にレイヤーさんが歩いているのを見て○○が歩いてる……そんな風に茫然とするしかなかったのです。BGMとしてキャラソンがかかりまくり、人はごったがえし、そこらじゅうで普段は出来ないジャンルトークを楽しんでいる。夢のようでした。同人イベントっていいなあ、漠然と抱いていた憧れはここで実感に変わったのです。

 コピー本コンテスト投票したり、同人誌なのにすごい厚いよ!? とアンソロジーを見て驚愕したり、「だって○○受けってここしかないじゃん……」とジャンル友達ぶっちゃけトークをしているのを聞いて複雑になったり、桃リコが可愛かったり、こんなCPあったんだーと驚いたと思っていたらいつのまにか買っていたり、委託本にも手を出したり、同じところをぐるぐる回って「へへへこのCPもいっぱいいるじゃんすげーじゃん」と悦に入ったり、……とにかく、普段では絶対に発散できない類の衝動を思いっきり発散できる場所であり、幸せが形になった場所でした。

 「そういえば、このジャンルはしばらくイベントが開催できなかったんだよなあ……」

噛みしめます。無事に開催できて本当に良かった。これだけの人が喜びを分かち合える空間が壊されなくてよかった。どうかもう、中止などという悲しすぎることが起こらないように。改めて祈りました。

夢は終わる

 そろそろ会場を後にしなければ。腕時計確認すると会場を出てバス乗り場に向かいますクレープ屋台などが出ていましたが、どうも待ち時間的に食べられそうになかったので泣く泣く断念。ちくしょう時間に余裕を持って行動しないとな。

 バスに乗り込むとイベントの熱が冷めやらぬ人たちが熱心に語り合っています。これが公共交通機関であれば眉をひそめられることなのでしょうが、ここはイベント専用の車内です。思う存分余韻を分かち合会えるこの空間もまた乙なものだなあと思いました。ただ、送迎用にバスを用意するなんて普通は無理だよなあとも思います。アフターがしたいならやはり2次会にしておいた方が良いようです。自分ぼっちなのでどうにもなりませんが。

 バスから降りると、一気に現実に引き戻されました。もう夢は終わったんだ。でも、自分には思い出が出来ました。代えの利かない大切な思い出です。また行きたいな。今度もこのジャンル、いや別のジャンルか、ジャンル無しの大きいイベントにも勇気を出して行ってみようか。今までは恐怖が先立ちどうしても踏み出せなかった一歩をやっと踏み出したこの日、自分世界は広がった気がします。今回のイベントに参加できてよかった。心からそう思っています

 最後に、主催スタジオYOUさん、イベント開催お疲れ様でした! また次も頑張ってください、応援してます

 

2018-11-03

中心市街地ってやっぱり不便なんじゃないか

先日、茶碗を割ってしまった。毎日使うものだし 手に持ちやすいかご飯がどれくらい入るか、実物を見て買おうと思って街に出た。

しかしなかなか見つからない。

無印:真っ白なシンプルものだけ。さすがにシンプルすぎて使えない

ハンズロフト:2.3種類しかない。真っ白なシンプルもの昭和臭いデザインのものしかない。

そのほか雑貨屋:グラスとか洋食器はあるのだが、茶碗はない。

デパート:そんな高級なものを買うつもりはない。

百均:かといって百均食器は使いたくない。気持ち的に。

ダイエーイオン:この中では種類はあったのだが、どうも昭和臭いデザインばかりでねえ。

正直、どこに茶碗があるかなんて思いつかない。

郊外駅前西友モール):昭和臭いのしかない

結局持ちやすくてシンプルすぎはしないけどモダンな感じする茶碗は

郊外国道沿いにあるニトリだった。取り揃えているデザインが一番よかった。

ニトリ商品がよくてニトリ中心部にないからこうなったんだけど、

街に出ればとりあえずあるかなと思ったのにこんなに苦労することになるとは思わなかった。

やっぱ中心市街地よりも郊外イオンのほうが便利じゃない?車でしか行けないのが不便だけど。

2018-10-19

anond:20181019034246

アイドルを名乗りたい女の子が多いからその需要に応えている

金持ち愛人道楽やらせてる喫茶店雑貨屋みたいなもん

利潤を目的にしていないがたまに勘違いして参入してくる労働者のつもりの人が居る

2018-10-12

雑貨屋巡りって楽しい

色んな雑貨を見るだけでワクワクしてくる。気に入ったものを見つけると自然と笑みがこぼれて即買いしちゃう

部屋に色々雑貨置いてそれを眺めるのも楽しい

街角にある雑貨屋さんでうさぎの置物買って部屋に飾ったらとっても和むんだ。

むははーここが私だけの空間なんだぞーって誰もいないのに威張っちゃう

のんびりじっくり雑貨巡り。

宝物を探しているような素敵な気持ちだ。

明日休みなのでじっくりまわろっと!

2018-09-26

iPhone Xs Maxの原価5万円

https://gigazine.net/news/20180926-iphone-xs-max-256-cost/

関係ないけど、昔、知り合いが雑貨屋を開いて、商品販売価格の7, 8割くらいで入荷してたな。

今考えたら、そんなんで小さい雑貨屋とか維持できないだろ。

仲のいい人から仕入れてたらしいけど、ぜったい騙されてたな。

商売の規模から、それじゃ絶対やっていけないだろってわかっていて売りつけてただろうし。

2018-08-24

手掌多汗症

手掌多汗症

きっとこの記事を見る人も、尋常じゃない手汗で悩んでいるのではないだろうか。

残念ながら治し方や対策が判明したわけではなく、手汗で悩まされてきたことをただただ書こうと思う。

誰にも相談したことがないから、吐き出すことで少し楽になりたい。同じような症状で悩んでいる人が他にもいるということを知りたい。

ここに書くのは初めてなので、長い上に読み辛く申し訳ない。要するに手汗に対するただの愚痴こぼしである

小さい頃から手汗の量が多かった。

今は大学生になったが未だに治っても、改善してもいない。

私の場合は手足の汗がひどい。心配症、緊張しやすいという原因もあると思うが、なんでもない時も汗が出てきてしまう。

幼稚園の時は、手汗のせいでうんていが出来なかった。他の子はすいすいやってみせるが、私は地面の砂をたっぷりつけてから挑んでも、すぐに滑って落ちてしまう。

棒登りもできなかった。ツルツル滑って、全然上に上がらなかった。体育中心の幼稚園なだけに辛かった。

しかし、運動神経が悪いだけなのだろうと、私も周りも思っていた。自分でもまさか手汗が原因だとは思わなかった。

小学校は、テストの度に悩まされた。テスト用紙が汗で濡れるから、手が紙につかないよう書かないといけない。しかしどうしても付いてしまい、机のワックスのせいか、汗と混じって茶色の染みがテスト用紙にできる。他の子の用紙を見ても、誰一人そうなっていない。小学校はなにかとテストが多いため、その度に汗を書いていた。

折り紙が折れなかった。学校行事で鶴を折った時も、すぐふにゃふにゃになってしまう。折り目が白くなり、完成する前に破けてしまう。そのため、折り方がわからないと誤魔化し、他の子に折ってもらっていた。

皆で仲良く手を繋ぐ、ハイタッチも出来るだけ避けた。体育の際の二人組は、皆も運動して汗をかいているため平気だった。

中学高校でも改善しない。日直はプリントを横の列に均等に配る、ということがよくあったが、それも辛かった。自分の汗がついているプリントクラス全員に行き渡ってしまうという恐怖である

この頃から小学生の時は平気だった気がするのだが、後ろの人にプリントを配ることすら億劫になった。前の人から渡されるまでに、必死ハンカチや服を握って汗を拭こうとした。プリントが配られる度に自然と身構えてるようになってしまった。一番後ろの席になった時は天国だった。

サンダル類が履けない。汗で滑るため、非常に危険である靴下を履いてもおかしくない靴しか履けない。そのため夏でも暑苦しいスニーカーを履くしかない。サンダル靴下、というコーデが流行ったような気もするが、正直変であろう。その組み合わせを考えた人はまさか多汗症だったのだろうか。

スマホが普及し、私もスマホを持つようになった。

予想はしていたが、相性は最悪であった。まず手汗のせいでまともにタップができない。そのため、音ゲーリズムゲーは最悪であるプレイする時は手元にタオルを用意し、無反応が続いたときは一旦止め、画面と手を拭いてから再開する。中断ができない協力プレイといったものはまず出来ない。

電車スマホをする時も、汗で画面がドロドロになる。周りの人が(こいつ手汗すごいな…)と思ってなかろうかと、更に手汗が出る。周りの人はふつうスマホ操作している。それがとても羨ましい。ちなみに、つり革に掴まる時も、汗が付いてしまうためなるべく捕まらないよう意識している。

大学生になった。手掌多汗症について検索したとき、「大人になれば治った」という記事を見たことがあったのだが、私は逆に悪化してしまった。人が多いため、余計に緊張してしまうのだ。

ある日、講義普通に聞いていたとき特に緊張もしていなかったのだが、汗が垂れたのがわかった。スカートを見ると、一滴分の染みが出来ていた。手から垂れたのは初めてであった。他の人に見られていないか不安で堪まらなかった。その日から授業中ずっとハンカチを握るようになった。

大学以前はハンカチがなくても授業中は平気だったのに。

バイトを始めた。初バイト定番といえば飲食ホールだが、汗が付いた皿で食品提供してはまずいと思い、選択肢から外れた。近場ということもあり雑貨屋バイトに決めた。面接の時も言わず、そのまま辞めるまで誰にも言うことなく終わった。レジの度に汗をかいた。レシートが一瞬で濡れてしまうため、小銭を置いて誤魔化した。一度お客様から文句を言われるほどであった。雑貨屋定番ラッピング地獄だった。汗で包装紙がふにゃふにゃになる。しかお客様を待たせるわけにはいかず、何度もタオルで拭きながらラッピングした。後輩も先輩も難なくこなしているのを見て、自分には向いてないと思い、辞めてしまった。手汗が酷くても出来るバイトを、現在検討している最中である

こうして書き連ねてみると、小さいことが多い。命に関わるわけでもないし、大したことないのではないかとも思う。しかし、普通の人ならこんな小さいことで悩む必要ないのだと思うと、とても悲しくなる。

あの時もこの時も、あれもこれも、手汗がなかったら、普通に出来たのに。

実際のところ、他の人に手汗について指摘されたことはほとんどない。周りはそこまで気にならないのだと思うが、私は毎日毎日悩まされている。

ここまで書いて、恐らく他にもまだまだあるだろう。私より症状が重い人もいるだろう。改善策を何度も調べても、有効ものは出てこない。治療は高いうえ、やはり完治は困難らしい。他の人はする必要もない手術に金を出すことも虚しく感じる。

この記事も手汗による誤反応と戦いながら書いたため、誤植があるかもしれない。夏は特に汗が酷い。しかし、吐き出したことで少しスッキリした気がする。

だらだらと書いてしまったが、結論としては、

誰か改善策を教えてください。

2018-08-01

anond:20180731005238

すっごいわかる。雑貨屋スポンジボブグッズ見たときも悲しくなるし、あの表情がまた切なさを誘うんだよな……

2018-06-27

アプリでおんなのこ呼んでご飯食べるのは純粋楽しい

職場で、子持ちのお姉さんしか優しくしてくれないので

暗黒の学生時代を取り返すようにおんなのこに会ってる

まあ、いろんな子がいるんだな、と

高卒の子から医療関係の子まで、いろいろ

面白いのは、高卒お金なさそうな子ほどちょっと頑張っていいもの買ってたりするけど、頭良さそうな医療関係の子は物を大事に使ってる印象

俺みたいな童貞陰キャでも、ご飯奢る前提で、全部相手に合わせれば、おんなのこ割とくるから大丈夫

地味そうな趣味の子選べば、口下手でもペースが合うから大丈夫

まあ、おしゃべり好きな子なら勝手に喋らせておけばそれで済むから、楽っちゃ楽

やっぱり、オタクっぽい地味子は目を合わしてくれないけど、それもかわいい

かわいいお姉さんは、目を合わせて「ふふ?なに?どーしたの?」とかニコニコしてくるからやばい

ゆるゆるの私服で来るのもいいし、ちゃんとおしゃれして来るのもよい

でも、仕事終わりのスーツとかが一番そそる

おんなのこにお酒飲ませて、愚痴聞いてあげたり

趣味の話とか聞いてあげるの好き

でも、昼間のカフェ健全な感じでお茶して、雑貨屋めぐりしたり

初対面で、いきなり一日拘束出来る子もいるから、適当水族館とか、ショッピングモール行ったりする

まあ、一回きりの子多いけど、休みの予定おんなのこで埋まるならまあいいか






なお、セックスはできない

2018-05-20

私の手

自分の手がコンプレックスだった。

幼い時はなんとも思わなかったのに、中学にあがる頃、周りに比べて自分の手があまり綺麗でないことを自覚した。

増田の手は小さいだけじゃなくて指もあんまり長くないし爪もなんだか四角いよね」

そう言った友だちの指はスラっと長く綺麗で、私はその指にあこがれていた。

大学生になった頃、雑貨屋アルバイトを始めた。

初めて好きになった人はその店の社員で、10歳も年が離れていた。

私が困っているといつでも助けてくれる人だった。

一緒にレジ打ちやラッピングをしているとお互いの手が目に入る機会が多くなる。

自分の手に対するコンプレックスが一層増し、「もっと綺麗な手だったらよかったに」と思う度、友だちの綺麗な手がよぎる。

ある日、テレビを見るとパーツモデル特集をやっていた。

自分の手とは程遠い綺麗な手。

「私ももっと綺麗な手だったらよかったな」

ボソッとつぶやくと、「爪の切り方とか変えるだけでも指の形綺麗に見えるよ」と母親

うそー」と言いながら、私はその日から爪の切り方を変えた。

友だちの綺麗な指をイメージしながら、それに近づくように爪を切る。

爪の切り方を変えて2、3ヵ月経った頃くらいか自分の爪の形が好きになり始めた。

レジを打つのラッピングするのも楽しくなった。

せっかくだからもっと綺麗になりたいといい匂いのするハンドクリームと淡いピンクマニキュアを初めて買った。

半年経つころには、後輩や大学同級生ショップ店員さんに爪の形が綺麗だと褒められるようになっていた。

社会人になって5年。

最近、私を好きだと言ってくれる男性たちがよく私の指を見ていることに気づいた。

私の指を見た後、自分の指と見比べる男性はその後食事に誘ってくれたり、告白してきたりする確率がとても高い。

今日可愛い後輩が私の指を見た後に一生懸命自分の指を見ていた。

まだまだ可愛い子どもの指だった。

2018-05-09

つの間にみんなサングラスするようになったんだ?

そのへんの雑貨屋で売ってるようなやつって対して紫外線カットしないし見えづらいだろ?

2018-05-02

雑貨屋に入るの躊躇するから、おんなのこに生まれたかった

2018-04-15

anond:20180415022503

漫画喫茶から漫画撤去したら露出機会が減って漫画知名度存在感がなくなるだけだと思う

コンビニ雑貨屋がJPOPを流さなくなってJPOSPが廃れたようなことが

床屋ラーメン屋からすら漫画を取り上げた先にある日本で起こる

2018-03-14

ああ、今日ホワイトデーなのか

から雑貨屋とか、お菓子屋行った時に

「ご自宅用ですか?」じゃなくて

プレゼントですか?お包みしましょうか?」って言い方してきたのか

このサブレはおれのものだー

もぐもぐ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん