「イクメン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イクメンとは

2020-05-28

イクメン

みんな、イクメンという言葉を使うのやめて!!!

ウチの妻が、女性は何をやっても褒められないとかネガティブ思考になって愚痴られるから!!!

2020-05-18

安倍を叩かなきゃいけない空気感すごいよな

以前から飲み会とか行ってもそういう感じ。適当に笑って合わせ「はいはい政治の話終わり~」とかチョケて言ってるけど楽しくなるからやめろと思う。

女叩きも同じ。そんなんお互い様やんみたいな話ばっか。在宅作業中に嫁が寝てるとか、知らんがな。嫁が寝てたら何か損するんか。女は金ばっかとか、だからなんやねん。俺がモテないのは俺のせいであって金のせいじゃないわ。

男叩きは流石に俺の前ではでない(俺が男だからね)。ただ「奥さん助けてるの?」ハラスメントはすごい。そんなん俺からやってるともやってないとも言えないじゃん。イクメンとか言われんのスゲー不快イクメンって言葉死ね。やるべきことをやってるのを何かそういう型にはめた持ち上げかたすんのクソなんだよ。

ああ、安倍の話?もうどうでもいいよ。マスク10万も愚策。辞めれば?代わりなんて大したもんいねーだろうけど誰でも同じだろ。大統領制でもあるまいし。

2020-05-13

母の方が子育て一生懸命しているという風潮

なんだ、これはただの愚痴なんだ

コロナ在宅ワークに切り替わったんだが嫁が毎日子供に対して発狂して怒っていることを知ってしまった

自粛ムードになってからかもしれないがとにかく今は発狂している

俺としては限りなく不快

どれだけ育児が大変だろうと子供に対して発狂するのは悪いこと、それだけは譲れない

注意をしても直らない、子供に対して舌打ちばかりする

ネットでみんなどうしてますか?という相談をしてみても、あなたフォローが足りない、イクメン気取るなみたいな回答しか返ってこない

睡眠時間も俺の方が少ないし、平日の自由時間も俺の方が少ない

土日は一日中自由時間を過ごしてもらっている

家事だってほとんど俺がやってる

仕事だって平均年収を十分上回っていて成果も出している

育児に向き不向きがあるのはわかる

日中子供と向き合うのがつらいのも理解はする

ただ俺だってこれ以上子供の面倒を見れば仕事破綻してしま

毎日睡眠時間が4時間をもう2年は続けている

褒めてほしいとは思わないが理解はしてほしい

世の中の父親だって頑張っている

ちゃんと優しい手を差し伸べてやってほしい

誰に相談しても、あなたの頑張りが足りない、もっと奥さんフォローしてあげてしか返ってこないのでもう相談する気も失せた

育児が大変なことが理解できるのに、何故父親には厳しい世の中なんだ


つらい、誰か助けてほしい

2020-04-23

anond:20200423191737

市は苦しまない、苦しむのは

正規採用職員と、その自治体利用者...

SAGA出身新自由主義者公立図書館民営化したり、子だくさんだが自他共に認めた非イクメンの元弁護士政治家調子にのって児童書専門図書館中傷的して廃止したのを見よ)(誰も図書館を心底は欲していないのだ)

2020-04-14

anond:20200414125929

伝統的に、アメリカ父親育児するから

から「息子を何よりも大切にして息子の為に奮闘する父親」ってのがフィクションでも定番パターンになってる(別に娘でもいいし娘のパターンもあるけど)

そういう父親がかっこいい、という文化がある

でも日本父親伝統的に育児をしない

精々娘を「若い女」として愛玩動物扱いする程度で息子は無視

からフィクションでもそれしか描けない

実写邦画でもハリウッドみたいな父親出したら現実乖離し過ぎていて違和感が出る

女性向けならイクメンブームだしありかもしれないが、あくま女性にとっての理想しかなく

男性からしたらリアリティがない女に媚びたメリケンかぶれの気持ち悪い男、としか映らないか

男性向けだとそういうのは描かれない

2020-04-11

子持ちの同僚

奥さんバリキャリ保育園のお迎えとか熱心にやってるイクメン男性同僚→1年でめっきり老けた。30代前半なのに白髪出て、目の下に変なしわができた

新卒総合職入社してフルタイム残業で働いてきたけど妊娠出産して保育園利用しつつ時短勤務になった女性同僚→1年でめっきり老けて、長身スレンダーだったのが小太りに

奥さん専業主婦で「育児なんもやってない。嫁に丸投げよw」と言い放った男性同僚→一切老けてない

乳児に関わると老ける。子供なんか作らないか、できたら配偶者に丸投げして自分は賃労働にでも専念するのが一番若くいられるね。

 

追記:たくさんのブコメありがとうございます育児する人は誇りをもって苦労し、老化し、子無しを見下していることがよくわかりました。お幸せに。

2020-02-13

フェミニストが「男は得をしている」と主張するのは、自分が常に下駄を履いてきたうしろめたさから

実際の統計だと、女より男の方が性別理由として将来の職業制限された事の方が多い。

医大問題になってたけど、金のかかる医大なんて目指すのはホント日本の一握りなわけじゃん。

あれって黙って浪人生とか減点してたのが悪いんでしょ?

その証拠に「男子医大」は無いのに「女子医大」なんてもの存在する。これ完全に「女枠」だよね。「男枠」より広大な枠が存在するわけ。

小学校入学した時から男児よりも女児先生基本的に優しく、大切にされる。

中学に入って先生ちょっと媚びれば成績も上げてくれるし、ちょっとした事も多めに見られる。

同じくらいの成績なのに、女の方が成績が甘くつけられている経験、誰でもあるよね。

ちょっとした運動も、「女なのに~して凄い」と褒められる事の方が多いだろう。夢を語れば、博士だろうが芸術家だろうが留学だろうが、最後は男に養ってもらえるから応援してもらえる。

まぁ相手が男だったら、夢追って最悪な道をたどった人見てるだろうから、気軽にガンバレなんか言えないよな。

苦しくて泣いたり文句を言えば、先生友達はすぐ駆け寄ってくれる。男は泣いたり文句を言えばもっと苦しい目に会うからそもそも学校に来ない。

将来の夢も、女は主婦という選択があるから自由に選べるし、やめろとも言われない。

絵とか音楽とかでも、twitterで女が挙げるだけで、わらわらと人が集まってくるわけだろ。ダンスでも、リズムにあってない、動きがへにゃへにゃでも、

マスク付けて体細けりゃ評価される。

ラッパーとか小説家でも、「女ラッパー」とか「女小説家」「女芸人」枠で、本来入れないようなレベル技術の人が入ってくるわけで。

「女だからという理由評価されない!」と言ってる人は、まず女じゃなかったら評価されてないわけだよ。

結局男はやりたい夢や目標があっても、きつくてやりたくないサラリーマンを選ばされて、鬱で何人も死んでいく。

それでお金をもらうと、「男は得をしている!」と言われる。嘘だろ、そもそも既婚じゃない男女の収入殆ど差が無いからね。

女が「子育て」という夢を追ってるあいだ、男はそれしかなかった道でそれを支えてるのが現実

子供は育てなくても生きていけるけど、働かなきゃ生きていけない。これが事実なんだよ。子育てしたくないなら、そもそも子供産まなきゃいいじゃん。

共働きでも3年間子育てしたら、以後自由時間が逆転。家計を握ってるのは妻。その上「イクメン」だの「家事を一緒に」だの言われて、夫は妻のパパ扱いが現実

当たり前だけどそんな人たちに「私たちは抑圧されてきた」とか「私たちは頭を押さえつけられて」とか「黙れと言われて」

とか言われても、全く共感できない。その抑圧も押さえつけも、黙れも、のびのびとぬるま湯で育って、社会に出て女の下駄を外された時に感じたものだろ。気付けよそのくらい。

男が好きじゃない女に体を触られようが、女の性的発言ニコニコしてるのはそう育てられたから。「体触られた程度でごちゃごちゃ言うなよ」「セクハラされたぐらいで騒ぐなよ」

って思ってるよ。

いつでも脱げる下駄を履いといて、足が歪んで苦痛とか騒いでるんじゃねぇよって思う。自分で選んだ道なのに。

フェミの主張、殆ど統計だと逆になる。実は分かってるんだろ。良心が痛むんだろ、同じ人間だってわかってるから。だから叩くんだろう。

俺も男だから、若くて綺麗な女の子見れば、のびのびと、ぬるま湯につからせてあげたいと思うよ。でも本心馬鹿にしてるからね。

普段は叩くけど、正直社会だと年取ったババアとか、肌カサカサで髪ボサボサの根暗女くらいしか信用してない。

2020-02-07

夫の家事レベルが低い問題について

全然やらないってのはまぁわかるとして、

レベルが低いとか本人やってるつもりかもしれないけど全然ダメとか、

ちょっとやっただけで本人めちゃくちゃイクメン気取りとか、

そういうのよく見るけど、あれは何なんだろうな。

この前職場の同期が「旦那家事レベルに不満がある人教えて」

みたいなことをSNSに書いたらわらわらと

「ウチの旦那偏差値60くらいを自称してるけど私から見れば10

みたいなことを書いている人が居て余所の家庭だけどドン引きしたわ。

2020-02-02

anond:20200201125504

共働きで、アレルギー持ちの2歳の子供がいる父親だけど。

うちの妻もそんな感じに癇癪を起こすので、もう無理だという妻からの申し出により、ご飯関係家事育児は俺がやるようになった。買い物や、ピザ頼む時の電話まで、食事にまつわるすべて。

というか元々、他の家事ほとんど俺がやってたので、一般的な「夫が家事育児をあまりしない共働き家庭の妻」と同じ程度にはやってるはず。ちなみに、嫁は大体いつも、イヤイヤ言ってる子供無視してテレビ見てるかソシャゲやってる。

最初自分語りをしたのは、はてなイクメン的な言動をすると、粗探しをしてマウントを取ろうとするやつが多いからだ。

俺はそっち側の人間だ。撃つな敵じゃない。

俺は、子供イライラすることはない。イヤイヤ期になって駄々をこねるようになったけど、できることも話せる言葉も増えて、可愛くて仕方がない。

結局、子供との時間を楽しめるかどうかって、性格次第なのだと思う。

これは愛情の深さの違いとかではなくて、子供とどういう距離感で接するのが自分にとってベストかというのが、人によって違うだけだろう。

うちの妻も、増田も、子供を愛してることは、全く疑いようもない。

俺は、イヤイヤしてる子供を笑わせて機嫌を直したら楽しいし、そもそもご飯をこぼそうが残そうが、何も思わない。だってまだ子供だしとしか

しろ、このイヤイヤ期が終わったら、少しずつ自立して、今みたいにベッタリ甘えてくれないんだろうなと思うと、めちゃくちゃ貴重で大切な時間だと思ってる。

増田性格だと、もっと適当にやった方がいいんじゃないかと思う。

便利な家電を買って家事育児全般時短するとか、日曜に1週間分を作り置きするとか、週に何日かはレトルトデリバリーで済ませるとか。

2歳の子供に凝った料理なんて作らなくていいよ、本当に。イヤイヤ期が終わってからでも、いくらでも作れるんだから

2019-12-28

anond:20191228143923

イクメン広告代理店におだてられた俺たちは子ども匂い、やわらかさ、温かみを身体で覚えてる。

それしか覚えていないって事は、育児の辛い記憶は無いわけで、

まり育児のうち辛い事は全部奥さんが請け負ってて楽しくて美味しい所だけをやってイクメン気取りだったんだろうなあ…

とも言えるわけだけど。

anond:20191129195453

ヤケ酒したときに書いた増田半日くらい賑わっていたようで。

ウォーホールの「未来では、誰でも15分だけ有名人になれる」を体験した気分だ。

いろんなコメントがあったが、ほとんど読まなかった。でも、レスポンスを少しだけ。

少子化加速の報道で少し感じることがあったため。

・内容がつぎはぎのよう。嘘松

増田で真贋を確認したい面々がいることに少々驚く。真実だが、増田とはいえ個人特定されかねない生々しい話は、離婚協議中にあれば書けない。「私は傷ついた、だから子どもに会わせない」という超理論が今の日本では成り立つ以上、そんなリスクは取らない。

個人についても、書いたよりもっとクソみたいなことがたくさん起きた。知りたいならググれば似た話はいくらでも出てくる。

なお、俺より辛い思いをしてるのは女性の別居親だ。これは男が女がという話ではなく、等しく多くの離婚家庭で起きている悲劇だ。いまの制度では、DV虐待していた親が親権を獲得する場合もある。それがあるから、同居親による児童虐待事件が後を絶たない。

・専念したとあったが、専業主夫じゃなかったのか。手伝ったというような感覚からいけないのだろう。

→酔って書いたものレスがつくと、書いた瞬間から書き手を離れるということがよくわかる。

「専念」が辞書でいう「心をその事に集中すること」なのであれば、働き方、住環境家計休日の使い方、家事育児の分担など全てにおいて、妻の負荷を分散し、子を育てることに集中させてきたことをもってしても専念したといえないならそれはヘビーじゃないかと思う。

そりゃ、共働き母親が引目を感じるのも当たり前だ。俺と同様に「子育てに専念してない」と言われかねないのだから。そうして子育てをヘビーにした結果、現役世代が感じたのは子を持つ重責であり、その帰結少子化なんじゃないか

「手伝った」という表現姿勢が表れてるというあれば、仕事をしていながら「子育てしてるなんて勘違いも甚だしい」というのだろう。言葉狩りすげー。

子どもが本当に好きなら育児をしなければよかったというだろうか

→辛い別れに、いっそ記憶を消して欲しいと思ったことがないならば、おそらくまだ幸せ範囲の別れしか経験したことが無いのだろう。

おそらくモーレツ社員がもてはやされた時代父親であれば、育児に大して関わらず、子どもと離れることを比較的早く受け入れられたのだろうと思う。

イクメン広告代理店におだてられた俺たちは子ども匂い、やわらかさ、温かみを身体で覚えてる。

子ども笑顔記憶のなかから薄らいでいることに気づいたときときおり街で子ども感触を思い出すとき、どんな気持ちになるかわかるだろうか。

毎月養育費を払い込むためにATMに立つ瞬間、金を払い込むという一点だけで繋がるという残酷事実に驚く。

子どもが成人するまでの養育費と引き換えに、妻と子どもに関する一切の記憶を消すという悪魔が現れたら相当悩むだろう。

妻が気を利かせてそういった悪魔を僕に呼んでくれないか

共同親権推進派の工作

→なんでも陰謀論で捕らえられて幸せだな。俺も共同親権の国だったらこんなことにならなかっただろうと思う。また、単独親権であっても、俺は子どもが育っていく様子を見守れるなら、親権に拘らない。苗字が変わろうと、たったひとりの子どもだ。

まだ離婚が成立してない俺からすれば、日本共同親権だろうと、子どもに同居親が会わせないということが平気で起きる不思議な国であることが身に染みてる。大して期待してない。

この国にあるのは、同居親の「お気持ち絶対主義子ども気持ち無視される。

・これはシステム問題

→まさに、そのとおり。俺が酔った頭で言いたかたことはこれにつきる。

俺は妻について今更どうこう言うつもりがない。

離婚時の相手と離れたいと思う気持ちと、子の親権や監護権を獲得するために有利な方法が一致しているが故に、別居親を引き離すことが有効になっている。ゲーム理論でいうと、真っ先に裏切れる側が一番多くのものを得られる設計になっている。

外国共同親権採用している。一度別れた夫婦間でやっていくのは大変だ。それでも、紛争か断絶を容易に招く単独親権よりはかなりマシだ。

共同親権は最悪の家族法制といえる。これまで試みられてきた、共同親権以外の全ての家族法制を除けばだが」

結婚しなくてよかった

→残念ながらお前らのいうことはもっともだ。家庭を持ち、子を育むといったことがここまでハードになった時代もないだろう。

このハードさの背景には、然るべき収入があり、正しい(恋愛結婚があり、正しい(若すぎず、遅すぎない)タイミング妊娠し、正しいやり方で育児を分担し、正しいレベル教育を受けられるべき、そして子どもは正しく育つべき、というあまりにも横並びの幸福観ではないだろうか。

私の妻も正しく離婚を選ばざるを得なかったかわいそうなシングルマザーでありたいのだろう。

インターネット自由社会を作るかと思いきや、この日本においては「正しさ」を強い同調圧力として生み出していった。

昔は日本ももう少し雑な、ゆるい社会だったように思う。

先日の少子化加速を総理大臣国難だと言ったが、この国難を招いたのは、制度設計稚拙さだ。

大人たちが目先の利害関係のみにとらわれ、本当に子どもを産み育てるというのとなんで考えなかった当然の帰結だ。

おそらく、産業ロボット技術的に人手不足を解消したとき少子化国難とする考えも容易に変わるのだろう。

2019-12-24

家事育児をやる男の悩み

夫と妻と育児負担が半々程度の場合、大抵夫はイクメンと呼ばれ、周囲から褒められる。私だ。妻は妻で育児を頑張ってくれている。しかし妻は「子供の面倒をよく見るママね」と褒められることはない。世の多くのママよりは楽をしていると見られるからだ。これはつらい。

育児の大変さというのは子供タイプ物理的な環境親族サポートの有無、などの変数によって多様であり、要するに人それぞれ全く異なるのだ。他人と比べるものではない。シングルマザー(ファザー)にはシングルのつらさがあり、私の妻には私の妻なりのつらさがある。

しかし、私の妻には「あなたも大変ね、よくやってるね」と言ってくれる人はいない。なぜなら夫である私が半々程度には育児負担している姿が周囲の誰の目にも明らかであり、それが今の日本では当たり前な環境とは言えないからだ。ママからは「本当にいい旦那さんね、羨ましい」「私の旦那増田さんくらい子供の面倒見てくれたら」と言われてしまう。私の前だからではなく、妻1人に対してもそう言っている。そんな人を前に「疲れるわー」とか「増田もっと◯◯してくれたらいいのに」なんて、普通ママ友同士によくある愚痴なんてとても言えないのだ。

困ったことに、妻自身ですら「自分はとても恵まれ環境にあるんだから育児疲れたなんて言えない、世間の人に比べたら自分ラクをしているんだ」と思っており、自分自分を追い詰めてしまっている。さらには、妻の両親までもが「増田のようなよくやってくれる夫で妻は幸せものだ」と言う。何度も言う。ほとほと追い詰められた妻は時折、妻が抱えるつらさや孤独を私に泣きながら吐露する。しかし、本当に聞いてもらいたい事は私一人では受け止めきれないはずだ。

私がいわゆるイクメンであるがゆえに、結果的に妻をますます孤立させてしまっている。

私は普通に妻と一緒に子育てをし、苦も楽も共有して生きていきたい。そうして妻と末永パートナー関係を築きたい。

しかし私が少しでも妻の負担を減らそうと頑張れば頑張るほど、妻を追い詰めてしまう。

はいったいどうすれば良いのだ。

イクメンなんてクソくらえ

2019-12-23

anond:20191223083947

それならそれでいいか自分上方婚願望を他人のせいにして正当化しないでほしいし、イクメンとか二度と口にしないでほしい

2019-12-18

良き妻

イクメンとか男の育休とか「良き夫」の話題は盛り上がるんだけど「良き妻」の話題って聞かないよね。

女性が頑張ってるのはわかるんだけどたまに妻の夫へのモラハラのような話題を耳にするし

女性も今後どうすればいいか考える時期がまた来ると思う。

2019-12-12

1 罷免

2 譜面

4 紙面

5 御免

6 無免

9 工面

10 渋面

19 イクメン

22 フツメン

2019-12-11

freee "じゃない" イクメンエンジニアはどんな 1 日を過ごしているのか?

freee のイクメンエンジニアはどんな 1 日を過ごしているのか? - freee Developers Blog

https://developers.freee.co.jp/entry/freee-childcare-culture

この記事はそれほどブクマを集めてるわけでも無ければ、私は freee 社に勤務してるわけでもない。でもこの記事に色々思うところがあったので、書く。

ルサンチマンというか負け犬の遠吠えというか、そういうものかもしれない。幸せそうにイクメンを語られると腹が立ってくるのは、私が不幸だと感じているからに違いないのだろう。

特に腹が立ったのはこの辺。

> ちなみに、イクメン自己評価ではなくパートナーから評価です (笑)
> 平日のなんでもない日にパートナー子ども会社に遊びに来ます

なんとも私と比べてのんびりしている。私は男なのに育児に振り回され死にそうだし、平日は妻も会社子供保育園だ。

他人と比べても仕方ないと思いつつ、同じイクメンエンジニアのはずなのに、freee社がのんびりした気質なのか、私が切羽つまってるのか。

まぁまずは私の1日を見てもらうほうが良いだろう。

イクメンエンジニアの 1 日

7:00 〜 9:00

子どもより早く起きて、妻と朝食の用意。

子どもが起きてきたら一緒に朝ごはん。起きない。寝起きが悪い。たっぷり10時間は寝てるだろうに、何故だ。泣く。みかんで釣って起こす。

一緒にご飯を食べる。

妻は8:30前には出社する。

それから30分は子供と3人きり。下の子Eテレに、上の子iPad上でのYouTubeに食いついて離れない。

このタイミングで茶碗を食洗機に放り込み、ドラム式洗濯機にセットする。乾燥が使えないシャツ系等は週末まであらえない。

着替えよう、保育園行くよ、と言ってもYouTubeに食らいついて聞かない。iPadを与えるんじゃなかったと毎日後悔する。ギャー!と騒ぐので無理やり着替えさせる…最近YouTuberの実況風に「さぁっ!今日はですね!このお洋服着替えにチャレンジしたいと思います!」とやると着替えるハックを学んだ。。効果てきめん。

9:00までに保育園につれていかねばならないのに、出るタイミングうんこする…。

お尻をふいておむつをかたして、連れて行くと「お父さん、9時までに連れてきてくださいね…!」はいすみません。。

バイバイこどもたち。パパお仕事いってくるよ。

9:30〜10:30 通勤

独身時代は徒歩通勤に住んでたりしたものだが、と思いつつ、片道1時間以上かかる電車に乗り込む。クソ遠い。急行が超混む。

職住近接にすることで育児に参加する時間を増やせる?うらやましい。freee社は2km圏内に住むと2万支給(らしいね)。その範囲3LDKだと最低20-25万とかなんですけど。戸越銀座あたりで。でもまぁまだ五反田でいいよな。私がかつて在籍してた六本木だの渋谷だのの企業は2km圏内にまともな家がなかった。1Rで13万とか。住んでたけど。

11:00

若手エンジニアが出社してくる。

寝坊しました」とかslackしてくる。知るかよ。近所に住んでるくせになんでそんなダラダラしてんだ。

メールを見たり、プルリクレビューしたりする。

11:30 〜 13:00

集中してコード書こうと思ってる矢先に、採用評価だの、サーバエラー通知だの、営業から相談だの、EC2インスタンスメンテナンス入るだののメールが来る。

13:00 〜 14:00

昼飯。時間が合う限りチームや他チームの人とご飯を食べる。Face-to-Faceのコミュニケーション大事だ。

14:00 〜 18:00

いい加減コードを書こうと思う。

だいたいどうでもいいことで潰れる。

18:00 〜 20:00

*本気で* コードを書かなきゃならんと思い始める。クソエディタを立ち上げる。割り込みが入らなければ2時間で一気に1日分の仕事を終らせる。

(この頃、嫁が保育園からのお迎え・食事の用意・子供風呂に入れてる)

20:00 〜 22:00

経営サイドの面倒な話が降ってくる。出世するんじゃなかった。上の子が生まれたばかりの頃はヒラだったし早ければ19:45くらいに帰宅してお風呂入れて寝かしつけてあげてたのになぁ…。対案とか出したり、前から残ってる課題解決したりする。

もしもラッキーにも20:00頃までに退社してれば、帰りながら家族ビデオ通話する。

(この頃、妻が寝かしつけしてる)

22:00 〜 23:30 通勤

この時間になると急行がないか、あっても本数が少ないので帰宅には1時間半かかる。きつい。

かつては通勤中にMacbook仕事をしていたのだが、通勤電車のシートでは目と肩と腰を悪くする。した。治らない。

今はもう死んだ目で無料マンガサイトを読んでる。。。

乗換があるので油断できない。

0:00

帰宅。冷たくなったご飯を食べる。

帰宅時に子供がベッドから起きてきて「パパ〜」と言ってくれることがたまにある。嬉しいけどもう寝なきゃね。

〜2:00

実験的な実装を試したり読書したり。妻が起きてくれば会話。

その合間に食洗機と、洗濯機を回す。保育園の連絡帳を読み、保育園明日荷物を詰める。

土日は?

なお、土日は子供公園に連れていき、食べかすで汚れた部屋を掃除し、諸々の消耗品などを買いに行くなどです。

基本的共働きでは「土日くらい休ませてくれよ〜」は通用しません。よくって交互休みです。

技術書典に同僚が「初参加です!」と楽しそうにしてるのを尻目に、「そうかぁ…おじさんはね…むかし出展してたけど…もう本書くどころか…土日に予定をあけて…一般参加すら…」みたいな顔で見ている。

半日くらいなのでムリに妻に子供を任せて出かけていくことも出来なくはないのだが、熱量が失われている。

どこで差が生まれた?

私も雇用契約裁量労働制であり、IPO目前ベンチャーエンジニアである育児にも積極的に参加している。

なぜ私はこんなにつらいのか。。。

自分で思う差異


この辺だろうか。

しか五反田、賃料25万/月とかの3LDKに住むなら、月収75万とかないとつらいわけで…。夫婦合算でも賃料払ってほぼ手残りがない…。子供の学資…。

まぁ戸越銀座の築62年戸建19万/月とか、そういうとこなら月収60万で足りる…?夫婦力を合わせてボロ屋に住む…?

今住んでるくっそ郊外3LDKは 13万/月。安い。築浅。良い。

毎月10万ぐらい貯められる。

そんで通勤往復3時間列車内で思うこと

子供風呂に入れたい。職住近接うらやましい。奥さん働いてないのだとしたらそれもうらやましい。

仕事19時に終わるのうらやましい。最近勉強会に行くにも会社はもちろん妻にも断り入れなきゃなので気持ち萎えて行かなくなってきた。おいていかれる恐怖だけはものすごい。

何が言いたいかって言うと、職住近接の大事さを、職住近接を失ってよくよく分かるようになりました。

毎月10万追加で払ってでも職住近接がいい!いや10万も大事だけど。

なお、freee社は近隣住宅手当2万ですが、5万くれる企業存在しています

pixiv, voyagegroup, フリークアウトなどです。など、っていうか、これ以外にある?

あとイクメンエンジニアって名乗りながら育児についてはお風呂と寝かしつけ、あとは社内制度会社に遊びに来ることしか書いてないんだけど「ん?このひとはパートタイムイクメンなのでは?」という気にはなりました。

育児はしてるけど家事はしてない系?それだとギリギリイクメンには含まれるかな…。

2019-11-29

俺は結婚したことを、育児に専念したことを後悔している。

子どもに会えなくなってから半年が経った。妻が子どもを連れ去ってから1年半、子どもに会えたのは3回だけだ。

DVをしたわけでも、不倫をしたわけでも無い。ただ、妻にとって俺の存在がどうでも良くなっただけ。

それを正当化するため、妻はありもしない離婚理由捏造する。あるとき経済的DV、あるときは心ない言葉を吐き続けたと。

こちらはひたすら向こうの吐く罵詈雑言に耐え、別居中も婚姻費用を払い続けている。

義父母も念願の孫を手元に置きご満悦だ。

妻と義父母はこちらがアパートの退居に同意するまで、離婚同意するまで、子どもに会う機会を奪い続けている。そして、次は言い値の養育費同意するまで会わせないようだ。

なにがイクメンだ。まともに育児に協力し、専業主婦の妻が、何不自由ない生活を送れるよう頑張った結果がこのザマだ。

子ども可愛い。この一年半、わずか2、3時間、会うことが許されたとき子どもはお父さんに会えて嬉しいと、次はいつ会えると聞いた。

また会えるよとはいうが、いつかなんて分からない。

会わせない理由は単に妻と義父母の自己正当化憂さ晴らしのために、子どもや俺の両親が犠牲なっている。

こんなことになるまで、養育費を払わない父親がいるなんて信じられなかった。

いまならわかる。こんな状況になると、子どもを思い出すのすら胸が苦しくなる。

子どもに会えず、金だけ払えとは北朝鮮のようなものだ。

子どもに会えたことは俺にとって最大に幸せだった。それでも、俺はこんなことが起きる前に死んでいればよかった。

外国共同親権で年100日子どもに会うことが可能だという。

おれがこの一年半で会えたのはたった三回。刑務所受刑者ですら、最低でも月2回は面会の機会がある。

俺たち離婚した父親は服役囚と変わらない環境に置かれている。

お前らが結婚しないのは正解だ。

なにがイクメンだ。日本死ね

2019-10-27

anond:20191027082515

トロフィーってのはあくまで貴重だから羨ましがられるし賞賛もされるわけだから

からイクメン持ち上げる風潮にしても、今のままだとせいぜい野生のピカチュウ程度の出現率に落ち着くんじゃないかって思っちゃうんだよ

それ以上増えてもありがたみがなくなるだけだから

2019-10-23

「男に嫌われる、女が好きなハイスペックイケメン像」って

金持ち権力者」じゃなくて「仕事育児両立するイクメン」じゃないかな。

「そうなっても本人には大してメリットがなく、ただ異性を喜ばせられる事しかメリットがない」って意味で。

金持ち権力者も、そうなれれば本人にも多大なるメリットがあるけど

仕事育児両立しても本人にはメリットがない。

そうしようとすると、仕事上では仕事だけしている他の男に負けて見下される事&

妻も稼げる為に対等な立場になるので妻に気を遣わなければならない事とセットだとしたら尚更。

(それはそれで嫌だからイクメンしつつ出世もする」と言う無理難題に挑戦して疲弊してる男大発生中なのが現状だけどそれは置いておく)

それと「育児を女に丸投げして仕事だけして収入地位を上げて他の男に勝って金持ち権力者になり、

その金と権力で妻を支配する」事と比べたら明らかにメリットがない。

と言っても巨乳美少女と比べたらそれは遥かに世間一般で男に求められる要素と一致してる像」だし

女は同じ事をとっくの昔から求められていて実際にこなしている中で男にだけは求めるなとも言えないだろうし、で

そこに表立って真っ向から反発する男は少ないけれど

本音では不愉快に思っているのか、無理やり理屈をこねくり出して

(「社会がそれを許していない!」とか「それをやると女の方が嫌がるんだ!」など)

反発している男は一定数見る。

2019-10-09

anond:20191009152857

男性でもキツいだろうけど

子育て始まると子供トイレまで付いてきて放尿の暇さえ自分ひとりのものではなくなる

それでオトナ社会からの疎外感が一番キツくなるってのも300回くらい読んだ

から子供距離をとってオトナの感覚もわかる人間でいるために

子育て世帯共働きワークシェアリング大事なんだし

それ以前に夫が子供役をやっちゃいかんのよなあ

 

イクメンも働けるなら働いたほうがいい、くらいの世の中になるといいなあ

anond:20191009114528

はい妄想

 

男女とわず働いて領主納税する義務も重かったよね。

今は逆に政府コンピュータつかって稼いだ企業のカネをしぼりとって

ニートでも政府に養われて生きて行ける。

人間に残った義務出産育児なだけ。

なのに他人出産育児手当だの育休産休だのをうけとると

自分のもらえるわけまえが減ったとおもって騒ぐ乞食ばっかり。

なにいってんのwww

まずイクメンになってからいえばいいじゃんwww

2019-09-30

ITエンジニアって家事育児はどうしてるの?

妻に専業主婦になってもらって、家事育児を全部やってもらって仕事勉強のためのまとまった時間を捻出しないと、ITエンジニア仕事を続けるなんて無理じゃない?

スーパーエンジニアだったら年収社会的地位で妻の頬を殴ることができるから専業主婦になることに納得してもらえるはずだ。

そうやってライフワークに全振りして高収入を得ることができるってわけ。

ITエンジニアをやるならイクメンなんてクソ喰らえってことに結局なるよね。

そもそもイクメンなんてのは役割や得手不得手を無視した非効率な考え方で、悪い意味日本的であるといえる。

仕事に集中すれば高収入が得られる夫を、下手に家事育児に参加させて高収入を得る機会を棒に振るほど愚かなことはない。

仕事必要勉強をするはずの時間家事育児にかまけるなんて暇なん?と批判されてもおかしくない。

もし仕事家事育児を両方完璧にこなせるなら、まったく寝ないか常人の何倍も効率的な思考と行動と睡眠可能スーパーマンだよね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん