「唖然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 唖然とは

2019-05-01

スタディサプリ人生ネタバレした

スタディサプリで小中高で学ぶもの全体像が把握できるようになった。

いやー衝撃だったね。

こんなしょーもない知識を頭に詰め込むのに小中高と十二年もかけてたのか。と唖然としたね。

ほとんど無駄知識だし。実利実益がなさすぎる。

あんなの小学一年生から三年かけてざっとやってしまって、小4から実用的なスキルを身に着けさせたほうがいいね

英語プログラミング投資。ここらへんを身に着けておけば激しいグローバル競争で負けない人間になれるし。

2019-04-30

アマプラの特典からサクラ大戦が消えた

一つ言えることは、岐路に立たされているということだ。

なぜ今頃アニメ版サクラ大戦を見ているのかと聞かれれば、それは友人のオタクから推しに推されて、サクラ大戦シリーズに興味を持ったからだ。今年に新サクラ大戦が発売されることになっており、彼が語りたくて仕方がないという感じだったので話を聞いていたのだが、いつの間にか自分も楽しみになってしまっていた。(ちなみにサクラ大戦を教えてくれた彼は今では少数派な語りだすと止まらない「古き良きオタクである。俺と同世代でありながらサクラ大戦は一通りプレイしているらしい。)

サクラ大戦原作ゲームだろと、そう言いたい者も居るだろうがこのシリーズ歴史が長く、基本的に古いゲーム機でしかプレイできない。今から参入した新規にはあまりにも遊ぶ環境が厳しすぎるのだ。ドリームキャストで出てると聞いたときはあのハードは本当に存在したんだなと、そんな実感すら感じたものだ。

ここまで読んで分かってくれたかもしれないが俺は平成生まれだし、初めて遊んだゲーム機はゲームボーイアドバンスだ。加えてPSPも持っていないDS育ちの人間である。そんなわけでサクラ大戦ゲームには手を出せそうにないのだ。

こうして配信されているアニメ版新規の俺にはサクラ大戦を知る唯一の手がかりであったわけなのだが…なんとここ数日の間にサクラ大戦アマゾンプライム特典ではなくなってしまった。いつものようにプライムビデオで観ようとした俺は、レンタルの画面しか表示されない様子に唖然とし、十数秒固まった後にネット接続確認したり、プライム会員になっている事を再確認したりしていた。

今日までアニメ版を十数話見たが、声優さんの演技はとても迫力があったし、数十年前の作品とは思えないほど見入ってしまった。あと歌劇団員の神崎すみれさんが強いし美しいので嵌った。高飛車性格に劣らない実力を持つお嬢様キャラに弱い部分があるのでどうしても気になってしまう。他の登場人物も魅力的でついつい見てしまった。

プライム特典じゃないなら、レンタルすればいいじゃない」と言う者も居るだろうが、それはサクラ大戦お金を突っ込むファン前提の話であり、新規には甚だ高いハードである。「プライム会費で見れていた作品に、更にお金を払わなければいけないのか」という迷いと「続きが見たい」意欲に挟まれているのが今の状態で、これが今立たされている「岐路」なのである。全く、こんな事で悩むくらいなら始めから全編レンタルしておけばよかったとすら思えてしまものだ。

追記:

素直にレンタルしてしまいました。バンダイチャンネルを教えてくれてとても助かっていますDSソフトはみのがしていたので確認してみます

それでは良いGWを。

2019-04-23

ヒプノシスマイクストーリー

木村昴インタビュー読んで、名前だけ知ってはいたけど今まで全く興味のなかった『ヒプノシスマイク』の曲を初めてYouTubeで聞いてみた。

ラップヒップホップ自体嫌いではなかったけど、いまいちハマれないと思っていたのがヒプノシスマイクを聞いて、曲の構成次第でどんなジャンルでも自分の好みに当てはまるものがあるんだなあという考えに変わった。せっかくだからキャラの背景やストーリーについても知りたいと思い、Wikipediaをのぞいてみたら、ストーリーとその世界観設定のぶっ飛び具合に唖然とした。

大まかな概要は、武力による戦争がなくなって、なぜか女性覇権を握り、「男性を完全排除」した中王区(ちゅうおうく)と呼ばれる区画があるとのこと。武器が完全に排除されたにも関わらず、争いがなくならないという。そこで、『争いは武力ではなく、人の精神干渉する「ヒプノシスマイク」』にとって代わられ、このマイクは『人の交感神経・副交感神経等に作用し、様々な状態にする力を持つ』という。ここまで読んでツッコミ満載なんだけど、その「ヒプノシスマイクだって完全に武器ですよね。

男性は中王区外のシンジュク・ディビジョン、シブヤ・ディビジョン、イケブクロディビジョン、ヨコハマディビジョン等の区画暮らしラップバトルして勝ったら、『決められた分の他の領土を獲得することができる』らしい。最後の締めは『兵器ではなく言葉が力を持つことになった世界で今、男たちの威信をかけたテリトリーバトルが始まる』ストーリーとのこと。

曲を聴いて単純にキャラについて知りたかたかストーリーを調べた女の感想としては、「男性を完全排除」した地区を作った理由はなんですか?武器排除したところで争いの根源が社会において解決されなければ争いがなくならないのは当然として、女性覇権を握ったからこんなヘンテコな政策に至ったとでも言いたいのかな?なんで8mileみたいに普通にラップバトルして下から上に上り詰めていく各ディビジョンの人間味に力を入れやすそうな設定にしなかったのかな。ヒプノシスマイク漫画化が炎上したという話を見たけど、こんなめちゃくちゃな設定を可視化することになったら、よほど腕のある描き手でも苦心するわ。

2019-04-21

高齢者から運転を取り上げることは簡単なことではない

痛ましい事故が起きると高齢者から免許を取り上げろという声が挙がる。

果たして、そうして声高に叫んでいる人の中で、どれくらいの人が実際に自分の両親に運転をやめるように伝えることができているのだろうか。

わたしの父は運転が上手だったし何より好きだった。

そんな父の運転わたしも好きだったし、今のわたし運転の見本になっているのは教習所教官でも車好きの友人でもなく、紛れもなく父の運転だ。

それだけ父の運転を信用していたし、尊敬していた。

そんな父に、わたしからもう運転はやめるように伝えたのは父が70のとき、5年前のことだ。

きっかけは父の両親のお墓参りに行ったときのことだった。

とっくに車を手放していた父は、こうしてお墓参りに行くときや年数回のゴルフ旅行に行くときわたしの車に乗ってハンドルを握った。

毎年通る道、毎年変わらないはずの道が、その年は区画整理を兼ねた大きな工事が行われたことで、いままで見たことのない風景に変わっていた。

いつも使っていた道は閉鎖され、見知らぬ信号機に見知らぬ交差点ばかりだった。

それでも父ならば大丈夫だろうと、娘を脇に抱えてぼんやり風景を眺めていた。

しかし、その時の父は違った。

今まで一度も見せたことのない様子で焦り、苛立ち、わたしがなにか言おうにも頭ごなしに遮り、運転のものすら見たことがないほどに荒々しいものになってしまっていた。

極めつけは、道のど真ん中で急に停車して、クラクションが浴びせられる中での急なUターンだった。

ようやくの思いでお墓までたどり着いた頃には、母も見るからに苛立つし娘も泣き出すしで、さんざんな状況になっていた。

わたし運転だと不安かもしれないけど、帰りは代わろうか?」

一応進言してみたものの、父はそれをきっぱりと断った。

これ以上何かを言えば父を信用していないみたいになってしまう。父を傷つけてしまうような気がして、それ以上はわたしから何かをいうことはできなかった。

それからも、迷いがありながら、父がゴルフ旅行に出かけるときは快く車を貸し出した。

しかし、たまに同行する母からは、その度に曲がり角を間違って苛立つ父の話や、高速の出口を間違えて何故か母に強くあたる父の話を聞かされるばかりだった。

これ以上父に車を貸し続けていていいのだろうか。車を貸し出す度に迷いが募っていった。

そんな時、とうとう父が事故に巻き込まれたという連絡が警察から入った。

幸いながらもらい事故だった。

だけど、わたしを悲しませたのはそんなことではなかった。

いざ迎えに行ってみると、父はただひたすらに如何に相手に非があって、如何に自分が悪くないかを繰り返した。

聞けば相手側の不注意による追突事故らしく、過失はほぼすべて向こう側にあるらしい。

相手保険新車になるならよかったじゃないか。」

思いもよらない父の一言唖然としてしまった。その後も父の口から事故を起こして申し訳なかったという一言最後まで聞くことはできなかった。

父が走行している間、事故を起こした相手不安定な運転を繰り返していたらしい。

一昔前の父なら、そんな相手がいるなら絶対に近寄らないし、ましてやその車を後ろに背負うことなんて絶対にしなかったろう。

それなのに、ただひたすら相手が悪いと繰り返し言い続けている父を見ていることはただただ悲しくて辛かった。

それから程なくして、結局少しの持ち出しとともに新車に買い換えることになった。(くわしくはわからないが車軸が曲がっていた?とかいうことらしい)

わたしが父に運転をやめるように伝えたのもその時だ。

保険の種類が変わったことで、父が保険対象外になってしまった。」

わたしはそうやって小さな嘘をついた。

そのかわりに、父が車に乗りたいと言い出す前に今まで以上に両親を旅行に誘った。

出費や親のために使う休暇も増えたが、父が事故を起こすことに比べたら何でもないことに思えた。

ある時、隣に乗っている父が「老後は小さなスポーツカーで色々なところに出かけるのが夢だった」と独り言のように話し始めた。

父はまだ運転を諦めていない。

「それは素敵な夢だね。だけど、もしそれで娘と同じくらいの子供を事故に合わせてしまうようなことがあったらわたしはどうしていいかからないな。」

父は一言「そうか」とだけ口にしただけだった。

高齢者による事故が起きれば、あのとき自分判断は間違ってなかったと自分に言い聞かせる。

高齢者から車を取り上げること自体簡単なことかもしれない。

でも、ただ取り上げることを声高に叫び続けるだけではなく、それによって失われるものを埋めるための努力が本人以外にも必要なのだ

未だにわたしは父の夢を奪ってしまったのかもしれないと葛藤を続けている。

2019-04-13

俺にも遂に猫型ロボットがきた。

 俺は実家の子供部屋で暮らす無職、今年で40だ。そんな俺が今日も一人で子供デスクマッチ棒オリジナル基地を組み立てていたところ、どこからか声が聞こえた。

「ねえ、君はいつまでそんなことしてるの。」

俺ははっとして振り返り、部屋のなかを見渡したが誰もいない。何だ気のせいか。遂に幻聴まできこえるようになってしまたかやれやれ、と思いマッチ棒作業に戻った。

「ねえ、ここだよここ。」

俺は驚いて、また振り返るとそこにはしゃべるロボットがいた。あまり出来事に俺は声を失った。もっともここ数ヶ月、家族とすらほとんどしゃべってはいなかったが。しばらく唖然としたあと、ロボットはこう続ける。

「まったく、君は本当にのみこみがわるいな。」

 ロボットそれから無言の俺に向かって、滔々と語り始めた。彼はなんと未来世界からやってきたロボットであり、不甲斐ない俺のせいで苦労をしている未来の俺の子孫がすこしでも現状をよくするために、俺の人生矯正しにきたというのだ。なんということだ。どこかで聞いたことのある話だ。

 彼の話を飲み込むと、俺は期待に胸が高まった。思えばこの数十年、俺は見事なまでの社会不適合の人生を送ってきた。数々の就業先であまり仕事のできなさに上司に怒鳴られ続け、同僚からは忌み嫌われ、解雇されるか、あるいはいたたまれなくなって仕事をやめるということを延々と繰り返してきた。精神的にまいってしまった俺は実家の世話になりひっそりと生活することに甘んじてきたのである

 そんな俺に遂に救済の手が差し伸べられたのであるときは満ちた。俺が変われるチャンスである。俺は一から人生をやり直せる気がした。このロボットのもたらすアドバイス未来テクノロジーによって、俺の人生は劇的によい方向に変わっていくのだろうと予感した。人並み、いやそれ以上に仕事ができるようになり、人間関係も良好になる。なにか発明して金持ちになれるかもしれない。恋人も出来るだろう。たとえそんなにうまく行かなくとも、身近に何でも相談に乗ってくれる相棒のような存在がいてくれるだけでもとても嬉しいような気がした。

 そう期待に胸を膨らませていたところ、俺の子デスクの引き出しから、新たに一人の少年がでてきた。少年はでてくると、おもむろにしゃべるロボットにひそひそと話しかけはじめた。しゃべるロボットは話を聞きながらうなづいている。その様子はどこか雲行きがあやしい

 少年は話を終えると、子供デスクに引き返した。未来ロボットはとても残念そうにこう話した。

「手違いだったみたい。」

そう簡単説明すると彼もまた、そそくさと子供デスクの引き出しへと帰っていった。

 考えてもみてほしい。未来ロボットが手を差し伸べるのは、たいてい小学生、せいぜい高校生くらいまでだ。最も重要な見落としは40歳独身無職の俺が子孫を残す可能性は限りなく0だということだ。未来からの子孫が手を差し伸べることなどないのである

 俺は明かりの少ない部屋でひときわ深いため息をついて、マッチ棒での基地づくりの作業に戻った。

追記小説サイト投稿する。

2019-04-09

友人が障害者手帳を取るらしくて困惑している

タイトル通り、困惑している。ウッソだろお前っていうビックリと、そこまでやるのかっていう唖然と、そんな事しなくてもお前ならやってけるだろっていうツッコミと、そこまで深刻に悩んでいたのかもしれなかったことに気がつけなかった悔しさ等々、色んな感情が渦巻いて、困惑している。

ハッキリと書いてしまおう。私は障がい者に対して差別感情を抱いてしまっている。好きとか嫌いとかい生理的ものでは無い、人生で数少ない経験の積み重ねから障がい者と接する事がとても怖くなってしまっている。心の中に、所謂健常者との垣根のようなものがしっかりと出来てしまっている事を差別と称するのならば、私は差別心を持ってしまっている。

本題からちょっと逸れるが、障がい者の事を恐怖に感じてしまっているか理由説明する為に、幾つかのエピソードを紹介したい。身バレ回避したいので、ある程度はフェイクやぼかしを交える。それでもバレるかも分からないけど、少なくとも生理的嫌悪だけでこの感情を持ってしまった経緯は説明しておきたい。

エピソード①・vs知的障害者

私が通っていた小学校には当時、特殊学級というものがなかった。当時カーストも低くぼっちになりがちだった私は、2人組で知的障害を持った生徒と組まされる事が多く、しまいにはその生徒にまでタゲられてしまった。

体育の授業の時に鳩尾を彼に思い切り蹴られたその日、遂に耐えきれなくなって、そのダウン症の彼に罵詈雑言の限りを浴びせてしまった。

その日のうちに我が家に連絡が言ってしまったらしく、夜にブチ切れた父親に「弱いものいじめとは何事だ」一方的罵倒され、「捨てるぞ」と最寄りのPAまで連れてかれ、最後は大泣きしながら電話母親謝罪して話は終わった。

そんな役回りにさせられた当時の自分にも問題大ありだが、己の心に明確に憎しみが生まれしまったのはこの頃である。この感情が恐怖に変わったのはもっと少し先である

エピソード②・vs精神疾患

とある趣味サークルで知り合った女性所謂OD常習者の薬ソムリエ。この女性クレジットカードスキミングされ、ネットで買い物をされた。丁度口座に金が入ってなかった時と引き落としのタイミングが一致し、買い物された金額が口座から落ちなかったこから発覚した。

商品の受け取り先から大体犯人が分かったが、本人はこれを強く否定。細かい過程は書けないが、結果的に一緒に戦ってくれた恩人が大打撃を被ることになってしまった。

後処理はカード会社に一任したので細かい事は追っていないが、証拠は固まっていたのに障害理由に不起訴となった。その証拠に用いられたのが障害者手帳である

この時から私は「障害者なら何やっても許されるのかよ」と叫ぶ人々の一人になった。

エピソード3 vs精神疾患

このエピソードちょっと毛色が違う。私の知人が遭遇した被害である

この知人、とある資格スクールをしている方である精神疾患者はこの知人の元友人である

精神疾患者が「社会復帰したい」と知人に打ち明け、知人も「そういうことなら」と指導を引き受けた。もちろん受講料も大幅に割引き、この資格を受けるには最低限の費用での指導となった。国内に多数存在する資格と呼ばれるものの例に漏れず、その資格受験に至るまでは規定量の授業を受け、規定量の熟練必要となる。

本人の体調や精神状態考慮しながら、ゆっくりと確実にやっていこうという段取りで話は決まり指導が始まった。実際に指導を休むことも多く、講習の進みはかなりスローペースであったらしい。

しかし、ある時突然「いつまでも試験を受けさせないとはどういうことだ、金だけ取って何もしないつもりか、差別だ!」と詰問されたとのこと。その人が受けた授業時間試験を受けるに足る規定量には倍近い差があるにも関わずである

知人がその旨を何度も伝えたが、伝わることは無く、最後はその資格を統括している団体クレームを入れられてしまった。当初は知人が差別を疑われたが、その団体に粘り強く当時の状況を説明した結果、指導する講師を知人からチェンジする事で事なきを得た。

この頃から障害者に恐怖を感じ始めた。彼らはやり方によっては理不尽に健常者を蹴落とすことが出来るのだ、と。

エピソード4 vs難病患者

長々と書いたエピソードもこれが最後です。どうか辛抱していただければと思います

これは私と先述の知人が絡んだちとめんどくさい話なので、この話だけはフローチャートで。この難病患者の方は元々私の知り合いで、知人と面識はありません。

某SNSヘルプマーク話題が上がってきた

確か「悪用する人も多いから、それを減らす為にも啓蒙大事」みたいなことを私が書いた

それに対して難病患者の方がコメントを入れた(消されちまって覚えてない) ↓

それに対して知人が「(私)はヘルプマークの事をよく理解していますよ」的なコメントを打った

難病患者の方、唐突に「怖いコメントが来たから消した」と打ち込む

ここまでは良かったが、難病患者の方は何が気に入らなかったのか、仲間を募って知人にメッセージ暴言をひたすら投げまくった。知人が謝罪をすると無言でブロック、これを20人近くにやられたらしい。

先述のエピソードの話に対処してる最中出来事だけあって、知人のダメージも相当大きいものだった。というか難病患者の方も元々私の知り合いだから、ただひたすらに知人申し訳ない気持ちが強い、今でも。

同時に、気に入らなかったのならせめて私に一言入れてくれれば、とも難病患者の方に対して感じてしまった。

ここに来て本当に障害者の方々と関わるのが怖くなってしまった。それまでは知的障害だったり精神疾患だったりと、理不尽な目に遭ってもまだ己を納得させるだけの何かがあった。

しかし、この難病患者の方は、罹患に至るまでは無難社会人として企業に勤め、情熱を持って一心仕事に打ち込み続けた人である。むしろ病魔に負ける事をよしとせず、回復と復活を心に誓っていた方である、少なくとも知る範囲の中ではという話だが。私と「障害を持っている人」という概念関係に完全に亀裂が入った瞬間である

随分と長くなってしまったが、これらの出来事を経て、私は障害者に対して強い恐怖心を持ってしまった。関わったら最後、何をされるかわからない、健常者は健常者であると言うだけで被害を訴えることも許されない。運が悪かっただけかもしれないが、金銭被害スレスレの話に連発して遭遇してもなお平常で居られるほど勇敢であることは出来なかった。

街中で白杖をついている人を見ても手を差し伸べられなくなった、ヘルプマークを付けている人を電車で見かけたら車両を変えるようになった。ただ私が臆病で、恐怖を感じるからだ。

妄言一つで彼らは何の咎を背負うことなく我々を罪人に出来るからだ。弱者なんて嘘だ。彼らは強い、理不尽なまでに強い。私にはその理不尽を被る強さがない。だから近寄りたくないのだ。

そんなことを考えている人間の友人が、障害者手帳を取ることになった。本当に仲良くしている友人だ。同じ趣味を持ち、強気に見せて実は脆い、でも人に対しては誰よりも誠実な友人が障害者手帳を取る。

私が己を弱いと形容したのは、彼と積み上げてきたものを脅かしかねないほどに、障害者に対する恐怖心が強いからだ。障害者手帳であろうが何であろうが、友人であるからには心を許し、信用するのが友としての正しい在り方であるのに、それが揺らぎかける程に弱いからだ。この弱さに腹が立つ。何故友人は友人であると断言できないのだろうか、己よ。

誰にも吐き出せず、でも我慢しきれずに辿り着いたのがここだった。数々のエントリーを読み漁っているうちに、いつか自分も書くことになるのだろうかなんてうすぼんやりと考えていたが、その機会は思った以上に早かった。

願わくば、私がこの恐怖を乗り越えて彼と今まで通りの関係を続けていきたい。そして、彼が私や知人を襲ったモンスター障害者になってしまわないように心から強く願いたい。

モンスター障害者なんて言葉を使う時点で差別なのかもしれない。しかし、未だに弱い私はこの恐怖感を拭いきれない。

私に強さをください。

[]日本おかしいって言いたいだけ

b:id:hapoa 記者会見できない場合保険ビデオ撮ってたのか。流石。現経営陣とゴーンのどっちが正しいにしろ次は日産買わないかな。しかし籠池夫妻300日勾留も酷かったがほんと日本おかしいな。 カルロス・ゴーン人権

しかしの前後に全くつながりがなくて唖然とするな

2019-04-04

妻が嫌いになった

本当に情けなくて本当に悲しい。

セックスレスが5年間続いた。

その間は何をしてもやんわりと断られ、自分努力が足りないのだと色々なことを頑張った。

妻は専業主婦だが、一人の時間が作れるようにと家事もお風呂も寝かしつけも積極的に行った。

妻はそうして手に入れた時間で、一人で夜遅くまで海外ドラマを見ていた。

スキンシップが足りないのかと思い、ハラスメントにならないようにできるだけ気をつけながらハグや手を握ったりした。

その度に妻の体は僕を避け、握った手は早々に解かれ、再び握り返されることはなかった。

食事も褒めた。日々の家事子育てにも感謝をした。

話を聞いてほしそうにしていれば、仕事で疲れていても見たいTV番組があっても後回しにして話し相手になった。

セックスのために頑張っていたわけでもないし、ただセックスがしたかったわけでもない。

妻とセックスがしたいという気持ちを快く受け入れてもらうことで、妻との愛を確かめたかったのだ。

子供が寝ている横ではそんな気持ちにならないと言われれば、子どもたちを実家に預けて外食に誘うようにしたし、妻の両親を旅行に招待して子どもたちを両親の部屋でねるように促したりもした。

その度に妻は何かと理由をつけて僕を拒んだ。まだだ。努力が足りていないのだと、その度に何をすれば妻が喜んでくれるのかに頭を悩ませた。

そんなこととは別に、年に1度は家族旅行を心がけているのだが、先日の家族旅行で信じがたいことが起こった。

妻とセックスをしたのだ。

今考えても意味が全くわからなかった。

隣でこどもは寝ていたし、早朝たまたま目が覚めたときだったのでお酒が入っていたわけでもなかった。

空が白み始めたころ、ふと目を開けると妻の横で携帯がぼおっと光を発していた。

「起きたの?」の問いかけに「なんだかね」とそっけない返事。

何時も通り、どうせ拒絶をされるのだろうと妻の布団に入り込んでみると、妻はさっと体を横に避けて僕が入り込むスペースを作ってくれた。

あれ?っと思った。今までこんなことは一度もなかった。

半信半疑でスペースに入り込むと首の下に腕を回してみる。

それも全く拒絶されることなく受け入れられた。

戸惑いながらもまるで教科書に書いてある通り一つずつ手順を進めてみる。

妻はその一つ一つをとうとう最後まで拒絶することなく、めでたく5年のセックスレスは終止符を打った。

ただどうしても腑に落ちなかった。

何故って、すぐ隣には寝息を立てている子供がいたのだから

目が覚めてしまったらせっかくの機会が台無しになるととても急ぎ足なセックスだったのは確かだが、それでもなぜ、妻がこのタイミングで僕を受け入れたのかがわからなかった。

努力が実ったというよりは、妻がたまたま気に迷っただけとしか思えなかったのだ。

少なくとも、それから半年は再び妻と交わるような機会はなかった。

全くこちから働きかけなかったわけではない。相変わらずスキンシップはやんわりと拒絶されるし、妻から二人の時間を作ろうとの歩み寄りがあったわけではなかった。

それをセックスレスの解消というには程遠い現実だった。

あの時のセックスが、気持ちさえ乗じていれば誰とでもするセックスと同じように感じられて疑問は徐々に悔しさのような感情へと変わっていった。

そうではないことを証明してほしかった。

たまたま妻の実家子供を預けて二人で家に帰ってくる用事があった。

日中ではあったが、少し長めの時間をとることができたのだ。

せっかくの機会だからと、普段子供をつれては行けないようなお店でランチを食べた。

食事中は妻の日頃の苦労を労い、褒め、そんな妻を心から愛していると口説いた。

妻も嬉しそうにはにかんでいた。

まだ時間ゆっくりある。家に帰って二人きりの時間を楽しめるのかもしれない。そう期待していた。

しかし、家に帰って妻が最初したことは、テレビを付けて海外ドラマを見ることだった。

子供を迎えに行く時間が迫ってくる中で、唖然とするしかなかった。

いつも欠かさず見ているようなドラマではない。その証拠に、内容もそれほど理解していないし、本人もなんとなくで見てしまうというようなことを口にしていた。

だったらば、これほど二人だけの時間をすごせる機会にすることではないではないか

多少強硬になってしまうかもしれないと思いつつ、妻の隣に寄り添い、恐る恐る膝枕になるように頭を載せてみる。

妻はそれを明らかに嫌がった。

とっさに頭を上げ妻を見て言う。

「ごめん。ただ、せっかく貴重な二人だけの時間からさ、今しかできないことをしようよ。」

何のことかわかっていない妻の手を握ってみる。

すると妻は間髪をいれずに僕の手をぱっと振りほどいた。

「せっかく子供がいない自由時間なんだから一人でゆっくりさせてよ!」

その時の妻の表情と語調は、僕の心を粉々に砕くのに十分すぎるほどだった。

憤りよりも先に惨めさで一杯だった。

その後はただ、呆然と迎えの時間が来るのを待つことしかできなかった。

いままでの自分の頑張りは何だったのだろう。

妻を追い詰めて挙げ句に怒らせて、自分はただひたすら惨めで。

湧き上がってくるどうしようもない性欲のはけ口にしたかったわけではない。

夫婦レイプをしたいつもりなんて一切ないし、だからこそ相手気持ちが動くように働きかけてきた。

それなのにどうしてこんな仕打ちをうけなくてはならないのか。

はいつも僕に何かを求めるばかりで、自分から何かをしようとすることはなかった。

それがある程度はジェンダーロールだと理解した上で自分が頑張り続けてきたが、もう限界だった。

この日を堺に、それまで自分を苦しめ続けてきた妻とセックスをしたいという願望は嘘のようになくなってしまった。

性欲としてセックスをしたいという願望はある。ただ、そんなものは理性でどうとでもできるレベル欲望に過ぎない。

いまだから改めて言えるが、やはり自分は誰とでもセックスをしたかったわけではなかった。

性欲のはけ口を妻に求めていたわけではなかった。

ただ、愛する妻の喜ぶ姿を見たかった。

セックスという直接的な行為しか得られない喜びをともに感じたいだけだった。

今はもう、妻の顔をどれだけ眺めていても、そんな願望は一切として湧いてこなくなってしまった。

もし万が一にも妻がセックスを求めてきたら自分はそれに答えることができるのだろうか。今は全くその自信がない。

同じ惨めな気持ちを味あわせたい気持ちがないわけではないが、それで何か自分に得られるわけでもない。

これも一つ、セックスレス解決だと思えばそれほど悪いものではないのかもしれない。

2019-03-24

男性オタクに苛められてたこ絶対に忘れないから 追記

男性オタクってひとくくりにすると「俺なんもやってないもん!」な人が出てくると思う。

そうだね。でも傍観してたよね。

たしなめてる人見たことないよ。

もっともそんなことしても女認定されて取り合ってもらえなかったかな。

十年前のネット界隈は「男にあらずんば人にあらず」だった。

なに不自由なく伸び伸びできてた人達には私が感じた屈辱はわからないだろう。

美少女の乳揺れやロリエロネタは垂れ流されるのに、イケメンキャラへの称賛は罵られる。

書き込みが少しでも女っぽいと「女だろw」「くっさ」とまるでそれが悪いことかのように嘲られる。

美少女アニメが飽和してるなかで、ただ男キャラが二人並んでるだけの絵がでると「腐向けかよ」「女に媚びてる」「腐女子侵食された」と非難囂々。

少年漫画腐女子に駄目にされた! オタク文化は腐女子に駄目にされた! 女はなんでも男の後追い!って主張を真に受けて悲しくなってたけど、調べたらコミケは当初九割が女で、今もサークル側は女が多いらしいじゃん。

あと萌え絵って少女漫画の画風が元なんだってね。

後追いはどっちなんだか。

ニコニコ声優が映ってる動画があった。

男性声優が出てるときに「かっこいい」「かわいい」「○○さん」などのコメがあったが、「腐女子わきまえろ」「腐コメするな」と言われコメが減り謝罪する人もいた。

ところが女性声優が出たら「くぎゅゅゅゅゅゅゆう!」が画面を埋めつくし、誰も文句言わない。

唖然としたけどほかの動画でもいつもそんな感じだった。

個人サイトを漁ったりpixivゾーニングされてる作品を持ってきて笑い物にしたりもしてたよね。

BLだけじゃなくて女体化とか男体化とかのお遊びもキモイってこきおろしてたね。自分達がやってたクッパ姫とかは自画自賛してたのにね。

基本的に女は乙女ゲ好きだろうと腐女子だろうと攻撃されたけど、腐女子特に人間扱いされなかったから夢女子の人が「腐女子と一緒にしないで」って必死で言ってるのもよく見たな。

あと「この作品は確かに腐女子に人気があるけどあいつらイナゴから! ちゃんと熱い内容だから!」とか。

その一方で男オタクはどれだけ中身の薄い美少女アニメに熱狂しててもいいし、ロボットものなのにロボットそっちのけで女キャラの乳揺れに騒いでても文句言われない。

オタクアニメ映画試写会監督に「硬派な作品にしたかったのに女性がこんなに多いなんて残念」って言われたのに。

ずーっとずーっと理不尽な思いはしてきた。

直接男オタク粘着されたり痴漢されたりした人に比べたら私はまだ被害がないほうだけどね。

なんで同じオタクのはずなのに性別が違うだけでこんな馬鹿にされなくちゃいけないの?って悔しかった。

それでもオタク文化が好きだったし、最近は女がお金だすって起業がわかってきたからほんの少し扱いがましになった。

から普段はなんにも気にしてない顔でオタクやってる。

たださぁ、「男オタクは優しいのにモテない。女はわかってない」「腐女子他人事じゃないんだから表現規制に一緒に対抗しろ、仲間だろ?」とか言われると、「てめぇどの面下げて」って修羅の顔になっちゃうよね。

あいにく腐女子は隠れろ隠れろと言われ続けてきたのでゾーニングときでがたがた言う人の気持ちはわかりかねます

だって私、「原作好きな人捏造カプや18禁エロ見たら不快になるから隠そう」っていう腐女子界隈の理屈はまぁ納得してたもの

腹が立ったのは、男キャラ同士のハグ絵や笑いあってる絵、酷いときは男一人しか描かれてない絵に対し「腐向けキモイ」って大合唱する奴らと、そんなこと言っときながら美少女エロ絵はがんがん出してきて乳袋だのスジだのを喜んでる奴ら。

ダブスタも大概にしろや。

苛めてた方は覚えてないけど苛められてた方は覚えてるってよく言うよね。

君ら男性オタクは何故か自分迫害されてる立ち位置で言うけどね。

正直私がオタクになり始めた頃はもうオタクはそんな忌避される存在じゃなかったんだわ。

今となってはすっかり市民権を得てるのに相変わらず被害ぶって、そのくせ女への性器呼びも配慮なしエロ絵も女オタクミーハーっていう見下しも続けてる。

連帯なんて世迷いごとはクソみたいな界隈の風潮自浄してから言え。

そして二度とオタクは優しいなんて抜かすな。

>たしなめてきたわ の人

ありがとう

そりゃ中にはまともな人もいるよね。

できれば私もそういう人は傷つけたくない。

でもヤバい奴が多すぎてそれが当たり前の界隈になってるんだよ。

漫画家児童ボルノ所持で書類送検された時、ネタツイ大喜利ツイは万リツイートされてたけど苦言を呈した男性オタクツイートは300リツイートぐらいだった。

残念ながらまともな人は少数派だ。

>ネットオタクはなんでも攻撃する の人

そうだね。

大人しくしてるとつけあがるよね。

でも当時の腐女子は男同士でカップリングするのは悪いことだと思わされてたし、女がエロ扱うのは白い目で見られがち(さもなくば痴女扱いされがち)だから、後ろ暗い気持ちがあって反論できなかったんだろうね。女の方が外聞気にするし、自分が好きな作品自分のせいで貶されるの辛いし。

反撃すれば良かった?

かにね。男性オタクの好きな同人誌晒し馬鹿馬鹿しい誇張表現あげつらってクスクスやればよかったかもね。うわ全然楽しくなさそう。

理論的に反論? 「顔真っ赤w」「ま~ん」ってやられるのが落ちだよ。

ただまぁ私のように若い頃は悲しい思いを圧し殺してオタクやってたけど段々成長して「あれやっぱおかしかったよね!」ってなる女オタク一定数います

そういう人たちがツイッターとかで今変なことを指摘しているわけ。

フェミ系のアカウントアニメ絵アイコンにしてる人が多いのはそういうことだよ。

なーにが「フェミオタクを憎んでる」じゃ。こっちもバリバリオタク文句あるか。

2019-03-18

ルービックキューブ

一昨日始めてなんとか上一面まで揃えられるようになったんだけれど、めっちゃくちゃ非効率的な回し方をしている。(最低限の回し方を覚えてひたすら回してる)

全部のパターンを覚えられるようになるのだろうか……わたしは熱しやすく冷めやすいため、後二パターン覚えてゴリ押しで揃えられるようになったら満足してしまいそうな気もする。

できれば理解して自分で解けるようになりたいんだけれど、完全一面を揃えるところまでは自力でできると思うけれどそれ以降とかパターンを知らなければ一生できなかったのではと思う。

やっているうちに分かるようになるのだろうか

余談だけれどYouTube世界大会とかで10×10ルービックキューブを1分ちょいとかで解いている人を見て唖然とした

さすがにあれはパターン暗記じゃなくて高速で考えてるんだろうし……どうなってるんだろう

2019-03-16

なあ、童貞増えすぎじゃね?信じらんねえんだけど

俺50代だけど童貞社会人なんて周りの同年代に全く存在しなかったぞほんとに。

そりゃ周りから腫れ物扱いやヤバい奴扱いされてる「変な人(『変』だなんてヌル形容だけど、当時この評価コミュニティでの死を意味するくらい酷い表現だった)」はクラスにもサークルにも部活にも必ずいたけど、そんな奴らですら遅くとも大学卒業までのあいだに必ず全員彼女できてて童貞捨ててた。

童貞若さを暗に意味するだけの意味しかなくて、それ即ち恋愛弱者になるようなもんじゃなかったぞ。

彼女の家に転がり込んで半同棲」だとか「高嶺の花の可愛いの子デート」だとかは上記の『変な人』でも普通にできてることだった。

から、今の若い世代社会人になってもまだ童貞な連中がウジャウジャいることを知ってギョッとしてしまった。

独身がウジャウジャいることはわかるんだよ。今の若い世代ほんと貧乏してるし。今後もきっと貧乏だし。

でも彼女すらできないとかオマンコ見たことないっていうのは本当に信じられない。

もっと言うと「口説き方がわからない」、「トラブルが怖くて女性アプローチすらできない」なんて悩みを多くのわかい連中が抱いていることに唖然とするんだよ。

もしかして今の若い世代における『変な人』は異性関係を結ぶにあたっての権利すら剥奪されてんのか?周りの非『変な人』から糾弾を受けるとかで。

もしかして『変な人』は女性デートに誘うことすら許されてないのか?

もしそうだったとしたら俺はゾッとするね。

今の若い世代差別心の強さと酷さに。

2019-03-09

例の兵庫県警の件

Twitter界隈(≒ひろみちゅ)とヤフコメ論調の差に唖然とする

ブラクラですらないのにネットリテラシーがどうこうとかがトップコメだったりしてクラクラする

2019-02-20

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20190220-00115421/

zyugem

被害を訴えた患者さんは麻酔の影響下とはいえ認識した「現実」との食い違いに苦しまれると思うので手厚いフォロー必要だと思う。

 

fukken

被害者とされる患者事実だと感じているのだろうから精神ダメージは大きそうだ

 

i_am_ume

術後せん妄とは言えど、三十代女性自分被害者だと認識被害届を出した上で裁判証言をして、そのプロセスの中で「被害」の記憶が定着している。そのケア

 

 

 

上位に「女性患者本人にとっては”現実”だからフォローケアしないとけない」って趣旨ブコメが3つもあって唖然

 

病院側も”被害”を訴えられたあとは当然、「そんな事はありませんよ」「麻酔の後にはせん妄といって現実に起こってないことを現実だと認識する副作用があるんです」という説明フォロー)はしてるだろう

なぜしてないと思うんだ?

摘発後の病院医学界の動きを把握してないのか君らは

 

麻酔せん妄について世間理解してもらおうと必死大勢説明に動いてそれが報道されてた中で、それ以前に女性患者本人にはなにも説明してなかったと思ってるのか

むちゃくちゃだ

 

フォロー説明)して、それでも本人が納得せず妄想を捨てずに、警察への訴えを取り下げなかったってことでしょ

担当医と病院に対して被害妄想による強烈な憎悪をぶつけてくる相手に対して、

それ以上どうしろってんだよ

 

 

年間何万人もが麻酔をかけられてる中、この女性患者けが「5分にわたって吸い付くようにべちゃべちゃと胸をしゃぶられ続けた」という強烈な性的妄想をもって警察に訴え出て担当医を逮捕させ、法廷証言で「医師免許剥奪して、今まであなたが楽しんだ分長い長い実刑判決を」と傍聴人が息を飲むほどの峻烈な処罰要求をする特殊性・加害性は無視

 

 

年間何万人も麻酔かけられてて、今回こんな強烈な性的被害妄想をかかえる人が一人あらわれたら、全国の医師病院はそれに備えて「フォロー体制」を整えないといけないのか?

 

おまえら、以前は「医療現場の過労解消を!」て言ってなかったっけ?

医大女子採用抑制問題になったとき

男性しかハード現場の過労に耐えられない」と現場医師から声があがったとき

「いやそもそもそんな働き方をさせてるのがいけないんだ」

と言ってたよな?上位ブコメはそんな意見ばっかりだったよな

それから数ヶ月しか経ってないのに、「麻酔かける現場ではレア被害妄想へのフォロー体制を整えよ!」かよ

 

事務とかフォロー担当では代替できないぞ。

医師が誠意を尽くして説明しなけりゃ絶対に納得する事例じゃないぞ。

しか被害を訴えてる相手に対して、謝罪するのではなく(だって事実じゃないだから説明して理解して納得してもらわないといけないすっごく困難な説得作業だぞ。

数年・数十年に一回起こるか起こらないかからないレアケースに備えて、こんな体制担当選定・定期的な研修・定期的な実践訓練)を整えとけってのか。

バカおまえら

場当たりで言葉吐きだしてるだけで、何も考えてないだろ

 

 

はてなーってどこまで幼稚で愚かで脊髄反射揃いなんだ

人が仲良くするのを見たくない人

以前いた職場が、とてつもない成果主義会社だったんだけど、

上司がとても競争を煽るタイプの人で、彼自身が中堅大学から東大京大卒をごぼう抜きしてトップに立った人だった。

その結果として、社員同士が仲良く昼ご飯を食べたり、雑談をしていたら、

「お前らはすぐ群れる。そういうところが精神的に弱いんだ。独立した人間は群れる必要がない。本当にトップ人間孤独なんだ。孤独に耐える精神を身に着けろ」

と言い放ち、みんな昼食は各自デスクでボソボソと食べていたり、雑談プライベートLINEでやり取りをするようになった。

最近流行りで言えば、心理的安全性のない職場だった。

そのひとつ前の部署は、上司典型的なほがらかおじさんで、優秀なんだけど、出世をあまり気にしておらず、

土日はばっちり休むし、「お前らも休みの日は仕事するなよ。有給はすきなタイミング勝手にとれよ」と言ってくれたし、

昼飯は一緒に食べに行こうと部下を誘うし(もちろん無理矢理ではなく、行きたい人だけ)

その上司単身赴任だったので、一人で夕飯を食べるのが嫌だったのか、よく飲みにも誘われた。

その部署から花形部署に異動となり、上記孤独強要する上司の下についたんだけど、

同じ会社部署が異なるとこんなに雰囲気が異なるのかと唖然となった。

その上司カリスマ的なところがあり、その厳しい雰囲気でも、付いていく部下はそこそこいて、

付いていけなくなった自分たちは彼らのことを信者と呼んでいたけれど、

そんな嫌味を言う程度では耐えられなくなり、多くの人が転職した。自分もだ。

いま冷静に考えれば、「トップ人間孤独なんだ」は事実ではあるけど、

それはトップ人間は周りに相談することができても、最終的に一人で決断しなくてはいけない、であるとか

トップ人間は部下をマネジメントしたり、悩みの相談に乗ることはできても、

自分自分自身マネジメントし、悩みも自分で飲み込む必要がある、という意味であって、

間違っても、みんなで昼食をとらないとか、雑談をしないとかそういうことじゃないはずだよな。

当時は自分も少し洗脳されていたのか、そんなことすら気付かなかった。

ただ彼は自分に友人もおらず、信頼できる上司・部下もおらず、

周りが仲良くしているのを見るのが嫌だっただけなんだろうなと思う。

先日HPを見たら、彼は社長になっていた。絶対にあそこの商品を買うことはないだろう。

義妹

なんだか結婚して人が変わった

独身の頃は明るくて気安い子で付き合いやすかったのに

結婚出産した辺りから、こんな人だったかなーと思う事が増えて行った

義父が亡くなって、義実家に対してやりたい放題し始めた

毎日のように義母子供を預けてはテニスへ行く

車を買う、家を建てると言ってはお金の無心に来る

ねずみ講のような物にはまって義母貯金通帳を預からせてくれと泊まり込みで義母に迫る

その結果、義母階段から転落して大怪我するも自分が悪いという自覚が全くなく

病院へ看病に通う嫁に上から目線文句ばかり垂れる

親を親とも思わず、利用し尽くし絞れるだけ絞りつくそうとする義妹の姿には唖然としたけど

もっと唖然とするのは、そんな自分を全く自覚出来てない事だ

他人些細な事を上から目線で裁いて、非常に立ち回りが上手いので

何も知らない他人はいかにも義妹は正しい人かのように思うだろう。

まりに立ち回りが上手くて本当にびっくりする。

実家にこれだけの大迷惑をかけて来た事をおそらく義妹の旦那は知らない

2019-02-19

anond:20190219203236

ちょっと郊外の例が吉祥寺でもう唖然とするしかないんだけど、地方対象書店の少なさって都内の店がちょっと潰れたとかそういうレベルじゃないんだよ。

北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
202476285433977104809123320348525210756634132978415130372761312981955249232383109613154693619931445546334851

https://promo.kadokawa.co.jp/kadokawa-app/milestore/

ここの一覧から作った表だけど、少ないとこと比べると5倍とか10倍じゃ効かないからね。俺のとこはそこまでじゃないけどさ。

2019-02-07

あした世界が終わるとしても

「公開されて結構つのに、感想とか全然見ないな…?」と思いつつ観に行ったけど、感想を見ないってのはつまり「そういうこと」だった…。

絵(3DCG)は悪くはないんだけど、これくらいのレベル作品は今どきTVアニメでもありそうだし、劇場版アニメとしては結構厳しい。

一応SF作品だけど、よくありそうな……はっきり言うと陳腐な設定だし、ゴリゴリハードSFを作りたいわけでもなさそう。

脚本ツッコミどころが多い。「非常事態なのにそんなことしてる場合か?」とか。

監督脚本も書いたみたいだけど、別の人に書いてもらった方が良かったんじゃないかな…(あとSF考証も)。

全体的に中途半端で、突出した部分がなかった。あ、キャストはわりと豪華だったので、そこはまあ良かった。

……そうだ。序盤にワンシーンだけ古谷徹ナレーション担当したパートがあるんだけど、そこがこの映画ダメさを象徴してる気がする(もちろん古谷徹が悪いわけではない)。

唐突にそのシーンが挿入されて世界観説明が始まったとき唖然とした。そういう説明は、劇中でさりげなくするもんでしょ…。

ナレーションのバックが宇宙に浮かぶ地球なもんだから、わりと本気で「え、宗教団体が作ったアニメだったの……???」とか思ってしまった。

2019-01-25

ショタ性交事件ブコメには性犯罪者予備軍がたくさんいる

この事件ブコメを見て、唖然とした

いつもは多様な意見のあるブコメが一つの意見を頑なに主張しているのである

それは子供純粋無垢であり、女性側が騙したに違いないという意見である

なぜ、ブコメたちはこのような意見に拘るのか?

それは心の奥底で子供だろうと相手同意したなら良いという危険な考えを持っているかである

まり子供から好意があれば、断る自信がないのである

これは非常に危険である

ブコメたちは大して顔が整っていないから分からないだろうが

顔の整っている20代であるなら、あらゆる年代から需要があるのである

筆者である自分も顔が整っているため、20代のころは親戚の子からキスをせがまれ、困ったものである

しっかりと断っておくが、筆者はその場合でもキッチリダメだと拒否しました

このように、筆者のような強靭精神性をしていれば、誘惑を絶ち、性犯罪を未然に防げるのである

しかし、ブコメたちはどうであろう

ブコメたちは子供は嫌がっているに違いない。だから子供との性交はいけないと考えている

果たして、このような甘い考えで断ることができるだろうか

たとえ、相思相愛でも犯罪ダメ

この考えをできないものはいずれ、道を踏み外すであろう

2019-01-20

ファミコンを捨てたら、離婚すると逆ギレした夫

結婚15年目です。子供は2人います

それなのに、ファミコンを捨てたくらいで夫が逆ギレしました。

一時的感情の高ぶりと思うのですが、離婚も口にしています

リビングテレビに、黒くて大きいファミコンが繋がれていました。

雑誌を参考にしながらつくったインテリアには似つかわしくないので、

夫にはそのファミコンを早く処分するようにお願いをしていました。

ですが、夫は意に介さず、テレビで、ファミコンゲームをやります

子供達はファミコンゲームに興味が無いのが幸いですが、時々夫の相手

してやっているようでした。

片付けも、テレビの横にまとめて置いておくだけです。

ママ友が遊びに来るときに、ファミコンで遊んでいる夫がいるのがわかると

恥ずかしいので隠したら、帰宅後、夫は大声を上げながら家中探し、

元に戻してしまいました。

それを見て、恥ずかしいことをしている自覚がない夫に腹が立ち、ファミコン

処分することにしました。

ファミコンと、文学全集の本のように棚においてあった大きなカセットを全部持って、車で近所のゲーム

買い取りをやっているところに持っていきましたが、うちでは扱えないと断られて

しまいました。

買い撮りすらしてもらえないもの大事にしていた夫に改めて腹が立ち、粗大ゴミ

出すところに全部置いてきてしまいました。

段ボール箱に入れたらあふれるくらいあったので、すっきりしました。

カセットがなくなって空いたところにおしゃれなアイテム置いて、ようやく理想

リビングになったとき、夫が帰ってきました。

リビングの様子を見て唖然としていたので、ファミコンカセットは全部処分したこと

もうゲーム卒業しなさいと諭しました。

なのに、反省するどころか逆ギレし、離婚まで言い出しています

どうすれば反省してもらえるでしょうか。

2019-01-17

anond:20190117073007

「30年来の古参ゲームオタではあるがアニメオタではない奴」と話をしたら

ドラクエやらスト2やらの1980~90年代の有名ゲームディープ話題を聞かされる一方

FGO刀剣乱舞みたいな流行り物のキャラ萌え話が全然通じなくて、彼我の価値観の落差の大きさに唖然したことがあるけどな

2018-12-22

子供年齢詐称させ“子供料金”を死守する「ダメ家族」に唖然

https://nikkan-spa.jp/736230





ママ友同士の食事会で回転寿司?あり得ません!回転寿司って貧乏人が行くところじゃないんですか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12151405697

こっちのは悪戯投稿じゃないかとは思うけどな。

anond:20181222170222

ビートルズとかそこら辺の売れてないロキノン系バンド以下のゴミなのにいまだに語ろうとする権威主義の愚かなおっさんがいることに唖然とする

ガンダムとかそこら辺の売れてない児童ポルノラノベ以下のゴミなのにいまだに語ろうとする権威主義の愚かなおっさんがいることに唖然とする

2018-12-16

ふと今聞いている音楽リリース年を見て唖然とした・・・

je t'aime★je t'aime 2003年・・・15年も前

Let Me Be With You  2002年・・・16年も前

snowflake like a chiffon 2003年・・・15年も前

この15年間何をしていたんだろう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん