「スクールカースト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スクールカーストとは

2018-12-09

anond:20181209133138

なおナードというスクールカースト弱者みたいな言葉があるがそこにもアニメ愛好家の意味はない。

そこを結びつけるのは日本だけだ。

それはいくつかアニメ見てる程度で現実がうまくいかないモテないのは自分オタクなせいだろうと称号を借りてきてしまバカ男児カッコ成年済みとそう思わせる田舎な親のせい。

2018-12-07

anond:20181207120140

スクールカースト上位で自分はできるって自覚のある人だったから、発達途中で失敗も多い子どもに納得できずに当たってたんじゃないかなーって思った

anond:20181207120140

逆逆。

スクールカースト上位にいたからこそ、他人の苦しみに対して非常に無頓着

子供にも「なんでこんなことが出来ないの」みたいにぶち当たってたんだろ。

成長できてよかったじゃん。

2018-12-06

新条アカネオタク界隈に受けていることが信じられない

「スクールガール・オタクコンプレックス」という新条アカネの生み出した怪獣に、僕は…。 - 1k≒innocence

同じクラスにいるにもかかわらず、永劫繋がりなんてできることがないであろうスクールカースト上位の女。

彼女本質と、その孤独を知ってしまった視聴者が感じるエンパシー

かにこの気持ちは非常によく分かる。

俺はぼっちだし、コミュ障だし、だからこそ「実はあの子オタクで、俺と同じ孤独を感じているのなら」と思うときの興奮は分かる。

しかしながら、そうであったとしても、ある一点の理由において、俺には決して新条アカネを好きになれない。

というか、怖い。

自分の話になるが、俺は体育会系人間が怖い。

偏見かもしれないが)彼らは簡単なことで怒る。

そして俺には、「どういうことをしたら彼らが怒るのか」が分からない。それが何より怖い。

うっかり彼らの気に障ることをしてしまい、排斥されることが怖い。

彼らの前では常にビクビクして過ごさざるをえない。

新条アカネに対して感じる恐怖は、全くこれと同じものだ。

彼女他者簡単行為で気分を損ねる。他者を見限る。沸点が非常に低い。

「何が彼女の機嫌を損ねるか分からない」ことが何よりも怖い。

常に嫌われる恐怖と戦わないといけないような相手を、どうやって好きになれようか。

こんな記事もあった

グリッドマン4話のアカネちゃんが如何に「自分なら彼女のことを誰よりもわかってあげられる」という、オタクの身勝手で柔らかい部分を刺激したか - 根室記念館

こんなに、こんなにも「ここに自分が居たら彼女を喜ばせることができたのに」とオタクの身勝手妄想を、自分でも、いやオタク自分からこそ相手してもらえると勝手に思い込んでしまヒロインが居ていいのか。

自分なら彼女を分かってあげられる」? 馬鹿休み休み言えという気しかしない。

キモオタ彼女に近づいて行ったところで、不潔だとか気持ち悪いとか言ってあっさり怪獣に殺されるのがオチだろう。

何故「自分ならば大丈夫」と思えるのか。

(これを書いた彼だってそんなことは分かった上で敢えて目をそらしているのかとは思うが…)


結局のところ、彼女いくらオタク孤独であったとしても、いつ俺のことを嫌いになるか分からない以上、決して好きになることなどできるはずがない。

そしてそれはオタクの大部分を占めるだろうコミュ障のお仲間も同様だと思っていたのだが、世間の反応を見る限りそうではなさそうなことが意外でしかない。

2018-12-03

anond:20181203183143

街コンかにいる勘違い非モテは男女ともスクールカーストで言えば中の下ぐらいの人々で、冴えないなりにそれなりの相手結婚していくことが多い

一方、KKOとかのレベルは明らかにスクールカースト最下位、下手すると学校にも来てなかったぐらいのレベルなので、そういうのは街コンには来ない

2018-11-27

ブス女優が生まれないわけ

ニーズがあるにも関わらず)日本でブス女優がなかなか誕生しないのって、まず小中高校スクールカーストの中で自尊心を完全に叩き潰されて “女優” を目指すだなんて、友達にも親にさえ言えなくなってしまい、自分でもその夢を握りつぶし、日常生活の中で“ブス”という自分に与えられた役割を演じ続けるしかなくなってしまうから

演技派のブス女優(或いは美人でなくても演技力勝負する普通女優)というものが、ニーズがあるにも関わらず、誕生しないのにはこういう社会的圧力がある。

2018-11-21

高校教師になってみたけれど

サイエンスの楽しさを教育したり教科の専門家になりたかった

だけど実際やってみたら教員は超絶ゼネラリストだったのでもう無理

教員をやってみて体育会NG自分レッドリストレベルの少数派だと知った

教員を続けようとすると部活顧問体育会カルチャーが不可避になるのが残念すぎる

あと、生徒とはフラットに気軽に付き合いたいのだが、それは無理だった

クラスを「統治」する以上スクールカースト上位を意識しないと自分サル山の最下位序列になって、授業もできないし廊下を歩くこともできない

これまで自分動物園サル山を見て「獣は愚かだなあ」とおもってたんだが、人間の集まりサル山だったんだな

教員学生時代キラキラして楽しかったヒトむけだ

学校が楽しくなかった

クラス友達ほぼいなかった

体育祭文化祭サボってた

クラスTシャツの購入希望自分だけ聞かれなかった

文化部幽霊部員だった

ホームルーム苦痛だった

数学けが癒やしだった

文系科目は読書or睡眠時間だった

体育教師に「そんな人生でいいのかwww」と嘲笑された

遠足は自宅を出てから体調不良で...」と学校電話してファミレス時間をつぶした

修学旅行は班行動から合意の上離脱して一人旅を楽しんだ

こんな自分がやっちゃだめな仕事

いい経験になったよ

2018-11-20

日本育ちの白人白人ハーフスクールカースト

上位になりやすい、という命題

自分学校では白人どころか他の国の人もいなかったにも関わらず、この命題が相当の確度で成り立ちそうだと思ってしまうのはなぜだろう。

カースト底辺白人なんてケースもあるのかな?

2018-11-12

疎遠になった親友に執着

同級生Twitterを調べてリア充ぶりに死にたくなった。後悔するのは分かっているのに、よくこれをやってしまう。

小学校の頃親友と言えるくらい仲良い友達がいた。しか中学になり、私はコミュ障人見知りを発症したため、なんとなくだんだん疎遠になっていった。

彼女スクールカースト的なもので、真ん中くらい。私は男子から陰口を言われる地味なオタクグループ

今でも私は本来リア充グループなんじゃないかって思ってる。もしも中学の時彼女に食らいついて行ってたらって。羨ましくて妬んでるから大嫌い。こんな陰気な性格のやつがもしもでもリア充な訳ないって気づいて、時々Twitter見ては落ち込むのをやめたい。

全然関係ないけど、腐女子からこれ男同士ならほぼBLじゃんって思った

2018-11-11

欅坂46というグループを初めて見たときに、

「なぜこのグループ秋元康以外の、別の誰かが作れなかったのだろうか」と心底思ったし、自分が中高のとき欅坂46がいなくて良かったと安堵すらした。

現在AKB48乃木坂46が中学生高校生といった若者たちの間で、どのような評価で受け取られているのかは分からない。

しかし、メディアお金をかけて流行らせたいと思っていた存在であることは明白である(それは「かつて」であり「現在」ではないのかもしれないが)。

そして、その戦略は功を奏し、ある程度まで浸透したことも間違いない。

一方で、こうした「メディアが作ったブーム」に素直に乗っかる層がいれば、必ずそうしたメジャーどころに対してうがった目線マウントを取ろうとする者たちも一定数いる。

それは例えば、浜崎あゆみ流行っていたとき椎名林檎であれ、Coccoでありに傾倒した層だったり、ゆず栄光の架橋を歌っていた時に、ひとりRADWIMPSを聞きこんでいたりする層である

明るく青春謳歌する歌を歌うものがいれば、そうした青春に乗り切れず、自己世界に没入していく者たちもいる。

AKBにしても、乃木坂にしても、いずれにせよ彼女たちはそうした「明るく青春謳歌する者たち」であった。

実際、彼女たちを推している人たちが、果たして彼女たちの歌う歌のような青春を過ごしているかはさておき、彼女たちが歌う世界は明るくて、そして何よりスクールカーストが高かった。学園祭ではセンターでその時流行っている歌を歌い、誕生日にはクラスみんなに祝ってもらい、夏になったら水着で海ではしゃぐ。

絵にかいたような「青春謳歌する女子高生」を彼女たちはメディアを通して見せていた。

そういう「私たちメジャー存在なのだ」という暗黙の主張に対して、乗り切れない層は必ずいる。

そこに秋元康がぶつけてきたのが欅坂46というグループである

彼女たちが凄いところは、「メディアの生み出すあるべき姿」を否定し、「君は君らしく生きていく自由がある」と、そこに乗り切れなかった者たちに対する救済の言葉を与えたことだ。

自分自由ではないのではないか」「列に乗せられているのではないか」、あるいは「列に並びきれていないのではないか」という不安を生み出したのは、「列」、つまりメディアの生み出すあるべき姿」を作ってきた、他ならぬ秋元康である

彼の作る「絵にかいたような青春」に縛られ、それと比較し、乗り切れなかった自分は「あるべき姿」、あるいは「メジャーな彼ら」とは違うのだと、自己位置付けてきた者たちにとって「君は君らしく生きていく自由がある」「プライドに縛られたつまらない大人は置いていけ」と笑みすら浮かべず、必死で歌う欅坂46の存在に、どれほど自己投影しただろうか。

しかし、その「あるべきメジャーな姿」と「それを受け入れなくても良いという反骨精神」の両者ともに同じ人物によって作られている、という点に私はぞっとする。

本来であれば、こうした相対する文化は、ハロプロであったり、ももクロであったり、AKB以外の存在が狙うべきだったと個人的には思う。

しかし、結局AKBに乗っかることのない層が何を欲しているのかを正確に把握できたのは、他ならぬ秋元康だけだったのだ。

つの時代にもこうした「君は君らしくて良い」と、社会が暗黙のままに要請するルールに従わない層に対して寄り添う文化存在するけれど、それをこれまでそのルールを作ってきた人物が作り出しているという現実に、私は少し息苦しさを覚える。

2018-11-08

美人な女が憎い

自己肯定感低すぎるから美人な女が妬ましくてしょうがない。

駅ですれ違う時、同じ車両に居る時。

遺伝子レベル美しい人が羨ましくて妬ましくてそんな自分の醜さが本当に嫌になる。

元々ものすごいデブで、スクールカースト最下位だった。

10代の後半からダイエットをして、化粧やファッション一生懸命覚えて、会話を学ぶためにキャバクラや高級クラブでも働いた。

審美歯科美容外科も行ったし仕事も頑張って大手企業で働けるようにもなった。

でもそれだけ努力したって、骨格や遺伝子レベル美しい人になんて勝てるわけがない。生まれつきの美人は卑屈じゃない。

私は最底辺から這いつくばってきたからもう泥だらけで卑屈の塊みたいな性格してる。

白くてきめ細かい肌、サラサラの髪、大きな瞳に、通った鼻筋、形のいい上品な唇、ほどよく大きなバストに、女性らしい華奢な体つき。

わたしが何一つ持っていなかったものお金をかけて弄らなきゃ手に入れられなかった。

美人が憎い。彼女たちは生きてるだけで私のような卑屈の塊には眩しすぎる存在

通りすがるだけで胸がぎゅっと苦しくなる。

2018-11-01

しがないキャラクターデザイナーですが(追追記あり)

最近萌え絵騒動に対して思うこと。

自分は某全年齢作品キャラクターデザインに関わっているデザイナーです。

最初に書いておきますが、自分萌え絵否定派ではないです。むしろ日本発明した文化だとすら思います。ただ、ゾーニングはきっちりすべきだと思っています

児童書キズナアイを取り上げて、これは萌え絵か、いや少女漫画か、だとか色々話題ですね。議論に上がる絵柄は萌え絵と称されることが多いですが、「萌え」の基準に対しては、時代とともに変わり、また個々の定義にも差があり議論が平行するので言及しません。

ただ、それらの絵には一つの共通項があります。それは、「男性に対して「媚び」を含んだキャラクターかどうか」の一点です。

「媚びた絵」を否定しているわけではありません。ただ、客観的に見て、そういった要素が見受けられるアートスタイル一種だということです。

例えば、清純派なのにエロい格好をしている。これは、明らかに矛盾しています

現実だと、性格が淑やかな女性が、大きく胸のはみ出る服を着ることはないです。(いたとしたら、その女性の本性はとんだ肉食系です。) ロリ巨乳なども矛盾ひとつでしょうか。男性に媚びたキャラというのはつまり、「男性目線で好ましい部分だけを組み合わせたキャラクター」のことです。

露出度が高ければエロなので媚びているのか?というとそれは違います

例えば、アメリカン・コミックスヒロイン達を筆頭に、攻殻機動隊草薙素子ルパン三世峰不二子ヴァンパイアシリーズモリガン。強く自立した女性は、セクシーな格好をしていてもそれは自信の表れであると捉えられます。少なくとも、自信がなくオドオドして従順キャラクターは、上記はいないですね。

女性に好かれるセクシー女性キャラというのは、得てして他人に媚びず、肉体的にも精神的にも男性に勝る強さを持ったキャラクターが多いです。現実でも、セクシードレスを着た女性を思い浮かべてみると、ハリウッドスターのような女優、もしくはスタイル抜群でスクールカースト上位の女性ではないでしょうか。

でも、そういった女性に、日本男性は近寄りがたさを感じてしまうのも理解できます

そこで、「セクシーだけど、順従で清純」というある意味キメラ的な、都合の良い所だけを合わせたキャラクターが生まれていき、今日日、「痴女のような格好をした清純派美少女」という存在が、日本中に溢れているわけです。

キャラクター作りには、まず性格があり、顔があり、体系があり、髪型があり、服装がありますキャラが着ている服は、本来、本人の性格を反映している筈なのです。

多くの矛盾を含んだ「男に都合の良い女」というキャラ作り…こう書いてみると、いかにもフェミニストが嫌がりそうなキャラ作りではあります

個人的には男性に都合の良い女性キャラクターはいてもいいと思います。(ファンタジーですし)。それに、女性に都合のいい男性キャラも当然星の数ほどいますしね。

でも、ゾーニングもされず世の中がそればっかりになると、ファンタジー現実混同しはじめる人がいるのはわかるかと思います

あくまファンタジーから。そういった共通認識を前提として、今まで創作世界を楽しんでいたのですが、あまり裾野が広がりすぎるとその前提が届かない人たちが出てくる、そしておそらくそれは、男女共に幸せなことではないだろうと思います

現実女性漫画で読んだほど、男性に都合は良くなかった。そう感じて女性を恨んでしまうのは、元々女性に対するハードルが、フィクション世界で高められてしまったのも一因としてあると思っています特にインターネット育ちの次世代については、注意深く見守る必要があるのではないでしょうか。女性場合は…どうなんでしょう。一昔前は王子様を待ってる…なんて言われ方もしましたが…。

長々と書きましたが、キャラクターを作る際、イラストを描く際、注意している点は山ほどあります。それは、自分が扱う作品公共の場に出るからです。なにをどう描いたら性的に見えるか。これにはかなりわかりやすルールがありますし、おそらく皆さんもなんとなく感覚理解しているのではないかと思います

老若男女、赤ちゃんからお父さんお母さんお爺ちゃんおばあちゃんまで、誰に見せても大丈夫。誰が通るかわからない道には、表現にもそれなりのマナーがあると、自分は思います

追記

読んでいただいてありがとうございます。頂いたコメントに関して、補足していこうと思います

まず、最初にも書きましたが「萌え」の定義は人それぞれですので、萌えという言葉のことは忘れてここではただの「絵柄」というふうにお考え下さい。

ゾーニング対象に関して。

これに関しては短文でまとめられるものではありません。箇条書きすると以下のようになります。(何か忘れていたらすみません。ご指摘下さい)

・そのキャラクターは、特定カテゴリに属する誰かの心を傷付けるもの

・過剰に性的描写はあるか(特定部位の肉体描写のしつこさ、視線誘導)

現実乖離した(異性に対して誤解を招くような)価値観を広めているか

3つ目は、先日話題になったAVの技など「真似するユーザーが増えると他者への害となる」というようなものです。が、該当作品が少数かつ、誰しもがわかるようにフィクションであれば問題なかったりします。市場全体の価値観の偏りや社会傾向が問題点になり、一番難しい部分です。

キズナアイに関して気になっている方が多いようだったので個人的に思うことを書きます。(全ての動画を見たわけではないのでデザイン面だけの話です)

デザインは、概ね問題ないとは思いますが脇の下は空きすぎですので、詰める必要があると思います。「写真集」表紙イラストを見ますと、サイドの胸の膨らみが出ていますが、服の構造的にもかなり変形的で、「胸を見せたい」という意図を感じます。ここは胸の膨らみ全体を覆うように(セーラームーンの肩の2連リングが無いバージョン想像して下さい)した方がもっと幅広い層に受け入れられるのではないかと思います

絵が伝える性的な要素というのはデザインもですが、色も大きく関係します。そしてイラストも構図によって見え方をいくらでも変えられるので、「このキャラからOK/NG」という単純な話ではないのが難しいところです。

他にも、何か質問疑問があればできる限りお答えしたいと思いますので聞いてください。

追記コメントを読んで思い出したのですが、「脇が開いている方が3D制御をしやすいから」という話。

誰が言い出したことかは知りませんが、アホらしいというのが正直な感想です。破綻するとしたらそれはモデラースキル不足です。確かに、ヒラヒラした物がついていない方が簡単に作れますが、素肌である必要はありません。3D的な作り易さを優先するならば何よりまず、腕を組んだときなどにダイレクトにめり込む胸を無くすべきです。動かし易さを考えてデザインをすることは悪いことではありませんが、解消方法比較的容易な脇は必要以上に開き、3D的に問題の温床となる大きな胸はそのまま、というのはよくわかりません。なにより、デザインの「言い訳」を3D仕様のせいにされて論点デザインのものからズラされるのは、3D悪用されているようで気分がいいものではありません。

これ以上の追記記事を分けますね。

つづき↓

anond:20181102124018

2018-10-31

anond:20181029092924

俺は小中高とスクールカースト底辺彼女なんていたことないし、むしろクスクス笑われる側の人間だったけど、

社会人になって髪切るのに美容室行ったり、朝のセットに時間かけたり、洗顔化粧水付けたりと他の人には当たり前だったのかもしれないが、そういう身だしなみに気を使って、女性積極的に話しかけるようにして、それで彼女ができた。結婚もできた。

それほど美人でもないしスタイルも良くないけど、自分に勿体ないくらいの素敵な女性です。

んで、当時は非モテという言葉はなかったけど、何とか相手を見つけるために色々手を尽くした明かな元非モテからすると「幸せな人」とひとくくりにされるのは心外

俺は頑張って相手見つけて子供作ったんだから補助寄越せ。とは言わないけど、何の努力も無しに相手ができて結婚して子供出来たなんてのは既婚の中でもごく一部。

ほとんどが女性を振り向かせるために見た目を磨いたりプレゼントしたり高いレストランに連れてったり車買ったり話題テーマパークに連れてったりと努力してるって事は理解してほしい。

そこまでして相手デブスならなる意味ないって諦めるのは元増田がさんざん言ってる非リアがリア充の子供を育てる事を受け入れたのと同義だと思ってほしいな。

2018-10-23

anond:20181023134708

うわ、くそまら

お前みたいなスクールカースト底辺陰キャと一緒すんじゃねえよww

てか女と話す話さな関係ないけどなこの場合

言われる奴は話さなくても陰で言われてんじゃねーの?

からそんなに言われることあるか?って聞いてんだけどなww

お前みたいな陰キャそもそも学校行かない引きこもりから「女=ママ」ってなってるから仕方ないか爆笑

2018-10-18

anond:20181018142258

古いテンプレだし、男が監督から主人公が男のことが多いだけじゃないの。

まあこじつけることはできるけどね。

「家庭から疎外されているタイプアメリカ人男性にとって、かつて愛したはずの女がゾンビになって襲ってくるというのはリアル比喩だったのである

とかなんとか。

ももテンプレすぎて、例えばスクールカースト下位の女の子が、素敵な女の子友達になった挙句、最終的に襲われるパターンもあるしな。

2018-10-16

anond:20181016091906

スクールカースト上位は容姿とかコミュ力とか運動神経など異性に受ける要素で出来ているのでは、力が強さが全て的なスクールカースト世界もあるのか?

anond:20181016090808

女性は強い男が好きでしょ。

スクールカーストで下位になるような弱い男の方が好きな女性なんてほとんど見ない。

2018-10-07

まなざし観点は本当にイライラさせられるよな。

スクールカーストで、よってたかってブサイクな男を虐めているというのに。

大人になって社会に出ると少しはマシになるが。

何が見られる側の性だよ。「いじめる側の性」の間違いだろ。

2018-09-30

属している・属したい

ここ最近女の子ご飯に誘われたり、男女数名のグループ焼肉に誘われたり、青春らしい高校生活になっているような気がする。それは嬉しくもあり、とても寂しい。

自分もっとじめじめとしたスクールカーストの中の下にいるべき人間のはずなのに、上位の人間が、陽キャが、パリピがしそうなことをする流れになってしまっている。それは決して自分が望んだ人生ではないのだが、大きな流れには逆らえない。

もっとマジョリティに属したかった。爪を噛んで、斜に構えた目で学校に通いたかった。自分はジメジメしたところにいるべきなのに。

だったら断ればいいのだが、こんな機会は一生に一回かもしれないとか考えると行くべきなのかなと思って。悔しい。本当に恥ずべきなのは僕の弱い心、僕自身なのだ

2018-09-29

anond:20180929181752

高校進学で環境が変わったのは

地元では偏差値高い方だったからだとおもう。

うちは貧乏なのに俺は中学まではなぜか勉強できた方だった。勉強できることを無茶苦茶やっかまれてさんざん嫌な思いした。

クソ田舎馬鹿な連中が幅を利かせていた。

高校金持ちが多くてちょっとカルチャーショックだった。

親が教員とか当たり前で、医者とか大学教授とか上場企業勤務とか普通にいた。

いじめはなかったけど、暗黙の序列づけ、スクールカーストはあった。

何か合わないなという違和感の原因は、自分の家が貧乏で周りが金持ちが多かったからだと二十歳過ぎて気づいた。

やっぱり、生まれ育った環境金持ちの人には勝てない。あと地域性もある。

俺の生まれ育った地域は程度が低く、野蛮な人間が多かった。

2018-09-14

ラノベポルノ表紙問題容姿の悪い人の性欲を社会でどう受け入れるかという問題

結局これは容姿の悪いキモいオタク(40-50代の素人童貞独身おっさん)がオナニーしてるようで気持ちが悪いということなのだろう。

容姿の悪いキモいオタクの性欲がラノベポルノ表紙に凝縮して表れている。

はっきり言って、ラノベポルノ表紙を見たとき自分が汚いおっさんレイプされたような気持ちになった。

ラノベの表紙にはオタクの性欲が詰まっているというか溢れ出している。ラノベからは精液のにおいがする。それがキモいんだと思う。



たとえば雑誌エロい写真が表紙になっているとか言うけど、ああいうのがそこまで気持ち悪いと思わないのは、想定される読者層がそこまでキモくないからだと思う。そのエロい画像なり写真容姿の悪い人たちがオナニーしているという連想が働きにくい。

普通雑誌はそれぞれ読者層に偏りはあるのだろうけど、それでも平々凡々の普通の人たちが読者層なんだろうなというニュートラルな印象を受ける。つまり普通雑誌の読者層は顔面容姿偏差値にして45-60程度の人だとなんとなく思っている。

一方ラノベ場合は、表紙を見た瞬間にキモいおっさんオナニーしてるという想像が働いてしまう。ラノベの読者層はスクールカースト底辺にいたような人たちしかいないと想像してしまう。顔面容姿偏差値にして45未満。

結局自分の中ではこういう差があると思った。ラノベは表紙自体キモいけど、事実がどうかは別として、それを手に取る人間顔面容姿偏差値にして45未満の人間であり、40-50代で独身素人童貞という連想自動的に働いてしまう。そして性的アピールの激しい絵柄はそのキモい人たちの性欲が濃密に凝縮されているように見えてしまう。

キモい人のむき出しの性欲、つまり女性に対する征服欲みたいなものがそこに表れている。これがキモいというか、グロテスクというか、おぞましいというか、恐怖すら感じる。自分ケダモノレイプされたような気持ちになる。

しかしこれはすべて感情問題でもあって、キモい人に対する差別心が生んだものでもあると思った。イケメンにも性欲はあるだろうけど、イケメンの性欲はそこまでキモくない。一方、グロメンの性欲は、キモいどころか恐怖である。これはやはり容姿差別なんだろう。



ラノベポルノ表紙がいいものだとは思わないが、そのポルノキモいおっさんたちが救われているというのも事実としてある。そして同時にその表現によって傷つく女性たちもいる。これもまた事実だ。

自分はどちらかが死ねばいいとは思わない。お互い共存することが大事だ。そうなると、やはりゾーニングだとか売り方の問題になってくるわけだけど、それを言うと、表現規制だといってラノベオタク発狂してしまう。どうしたものか。「嫌なら見るな」のごとく「売り場に近づくな」論も出てきた。でもそれは大型店舗でもない限り無理というものだろう。ちょっと漫画コーナー付近を歩いていていつの間にかラノベコーナーに入り込んでいたなんてことはよくある。女性子供漫画コーナー付近をうろつくなと? それもまた不当な排除だろう。

ラノベポルノ表紙がなくなるとキモいおっさんの性欲のはけ口が減ってしまうので、それも避けたい。しかし、ポルノ絵で傷つく女性たちが出ないようにもしたい。お互い歩み寄りが必要で、女性側はラノベ規制しろと軽々しく言ってはいけないし、ラノベオタク側はポルノ絵を受け入れろと傲慢に言い放つべきではないと思う。




ラノベオタク自分たちこそ真の弱者だと思っている。自分たちはこんなにも差別され迫害されているのに、誰から弱者扱いされない真の弱者だと。

一般的世界では白人男性・健常者が強者で、弱者といえば非白人の弱い女性たちということになっている。日本男性海外に出れば弱者側に回ることもあるかもしれない。が、一般的に言って、日本において日本人・男性・健常者はやはり強者だ。キモいラノベオタクが「俺らは弱者だ」と言ったところで、世間は受け入れないだろう。日本はいまだに男性中心の社会だし、女性差別過去にもあったし、現在存在する。ネットではラノベオタク大勢力になってしまったため感覚麻痺しているかもしれないが、男性というあるだけで君らは強者である、まずはそれを理解するべきだ。君たちは差別され迫害されているのではなく、暴力を振るい、他者を抑圧する側の人間であるということ。女性たちが声を上げるのはそういった大前提がある。

そういう認識に立った上で、君らは自分たちを真の弱者定義するのではなく、男性社会で敗れた「強者の中の敗者」であるという理解をするべきだ。そして世間は「強者の中の敗者」つまりキモいラノベオタクを受け入れなければならない。飼い殺しにしなければならない。それがラノベポルノ表紙の役割なのかもしれない。たしかにその表現暴力的で、女性差別的だ。しかし、男性優位社会において、男性として敗れた人間の居場所も作っておいてやらなければならない。それは競争社会において重要なことだろう。人間尊厳最後生命線。




やはり売り方の問題になってくるのだろうか。しかしやはり「表現規制だー」の大炎上が待っている。ポルノ表現を維持したまま売り場を少し変えても彼らにとっては表現規制なのだろう。なぜ不当に隅へ追いやられなければならないのかと感じるのだろう。

おおっぴらにポルノ表現を、つまり彼らの煮えたぎった精液を社会にぶちまけて、社会から批判が返ってきたら彼らにとってはそれが差別なのだ。彼らの被害者意識はとてつもなく強いため、現状のままで問題解決へ向かうのは難しいと思う。

現時点でできる精一杯のことは、ラノベポルノ表現を見たとき、鳥の糞がかかってしまったとでもいうように、残念に思いながらも諦めるしかないのだろうか。しかしこれでは傷つく女性たちが救われないのだが……。

2018-09-11

新人がブスでつらい

仕事で3つ年下の新人教えてる

結構プライベートな事もグイグイ聞いてくるちょっとうざい系の女の子

多分私、舐められてるけど今のところ特に問題はない感じ(よく舐められるタイプ

でもブス

質問に答える度に彼女の顔見るのがつらい

髪も汚い茶髪で手入れもちゃんとされてないのを後ろで結んでるの

見た目も貧相で垢抜けなくて、してる時計100均ダニエルウェリントンもどきだし

ガリガリから、痩せればかわいいタイプとかでもないの

もうどう足掻いても、そもそもブスなタイプ

スクールカースト底辺なのにイケてる勘違いして教室の端で仲間の陰キャをいじって見下してるような感じのブス

しかも喋ってばっかでうるせーの

イキってる型ブス

マジつらい

anond:20180911083131

戦前から今までずっと県内で最強扱いの偏差値73の名門校出たけどスクールカースト鬼だった。

行事に命かける校風から大人しくて控えめなタイプ愛嬌あるキャラでもなければひたすらしょぼいカス扱いで無視されてた。

anond:20180911080538

実際そうだろ。

青春すらなら絶対にここ!!みたいな地元で有名な高校だったけど同級生マジでこんな感じだったぞ。

君に届けみたいなキラキラした高校生活感めっちゃほとばしってたけど実際はスクールカーストえげつなかったし、

運動部イケメンチャラ男でもない限りは鼻で笑われて、かなり酷いこと言われてた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん