「スクールカースト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スクールカーストとは

2018-06-19

沖縄お笑い米軍基地14を見てきた話

沖縄で生まれ沖縄で育ち、沖縄で働いている純ウチナーンチュである身として、一度は教養としてみておくか、と思い、宜野湾市民会館で上演された、沖縄お笑い米軍基地14を見に行った。

沖縄ローカルラジオテレビではひっぱりだこで、県内に知らない人は(たぶん)いない芸人さん、小波津正光さんことまーちゃんさんが座長として企画脚本演出を行っているコントショーが、この「お笑い米軍基地である

今回で14回目を数えるこの公演は、沖縄では非常に人気が高く、私が見に行く旨を人に話す度「あい!いいはず~感想聞かせてね~」という反応はあれど「なにそれ?」という人は誰もいなかった。実際、1200人キャパの会場はほぼ席が埋まり、私が行った公演以外にもあと何回か沖縄県内各地で上演されるということであるそもそも毎年上演し、今回で14回を数える辺り、企画側の熱量とそれを受け止めるだけの県民の人気があるんだなあと感じる。

コンセプトは「基地を笑え!」。沖縄県の面積の内およそ10パーセント以上を占めており、沖縄県について語られるときに必ず問題の一つとして触れられる米軍基地だが、ぶっちゃけ県民の(主に若者の)大半は「反対運動とかが激しいのってあれでしょ、本土から来た人とか政治団体とかそういう人たちなんじゃない?…わかんないけど…まあなんか窓とかヘリとか飛行機とか色々落ちてるし、戦闘機はうるさいからまあ、なくなるならもちろんそのほうがいいけど、わざわざ座り込みとか行くのは違うかな~左翼とか右翼とかよくわかんないし…」などと言う人がほとんどである。(あくまで私の体感ではあるが)

若者政治参加主体意識が足りない!と言われてしまうとほんとその通りではあるのだけど、恥ずかしながら私もそういったその他大勢のひとりである。正直基地がどうとか言う前に、政治してる人たちは生活に密着した問題からどうにかしてくれ、と思う。子ども貧困とか。いや、その辺とも繋がってたりするから根深いのか?よくわかっていない。

山積みになっている沖縄県の問題のど真ん中にドン居座り続けている「基地問題」。そこをどう笑いに落とし込むのか。前評判は良すぎるほど良かった。期待半分不安半分で会場に足を踏み入れた。

そして観終わった感想だが、「100点!最高!面白かった!」とは正直まったく思えなかった。

なお、細かい内容は「SNSには書かないでください」というアナウンスがあったので割愛する。

まず、全体を通して(「米軍基地」という「沖縄県民しかからないあるある」を扱っている以上、前提がそうなので当たり前ではあるのだが)めっちゃくちゃ内輪ノリがすごい。

そこがハマると面白いのかもしれないけど、沖縄県は究極の「ムラ社会」の文化なので、各地域文化の隔絶もすごい。なので県民でも「いや、わかんねーし…」が結構多く、ハマらないとむしろ見続けるのが非常にしんどくなる。最後辺りには完全に「業界内輪ネタなんだな」とわかるものだけでひとネタ作られているものもあり、関係者席らしきところから爆笑すら聞こえたが、業界人でもローカルテレビ大好きマンでも何でもない私は正直置いてけぼりだった。

沖縄県にはM-1グランプリならぬ「O-1グランプリ」という番組がある。お正月時期に放送される、名前の通り沖縄芸人の1番を決めるという番組だ。そのネタを見てもらえばわかるが、沖縄芸人は「沖縄らしさ」を前面に出したコント漫才、つまり「内輪のあるあるネタ」を組み込んだものを作ることが圧倒的に多く、またレースにおいてもそのほうが有利である。その番組にはもちろん今回の「お笑い米軍基地」に参加しているFEC(沖縄にある芸能事務所演芸集団FEC」)の芸人さんも数多く出場しているので、その流れを汲んでいるのも当然といえば当然である

そして、気になったのは「お笑いから」「俺たちはバカから」という言葉を盾にした、差別やいろんな権利侵害の嵐だった。もちろんすべては洒落であり、まじめに取り合うほうがアホであるというのはわかるのだけど、正直現代の「ボーダーレス」な風潮からは相当遅れた認識があるんだなということは感じた。

個人として特に興味があって学んだこともある界隈の問題だったのもあって、過剰反応してしまったところはあるが「いや、ダメでしょ…」と引いてしまうような描写演出が非常に多かった。

違和感の何よりの原因は、前説座長が「所詮俺たち三流芸人の言うことなのだから怒ったりしないで聞き流してほしい」という旨の発言をしていたことだったと思う。

私たち無意識差別をしてしまものだし、気づかずにだれかを傷つけてしまうのは仕方のないことではあるが「差別?いやいやネタから。何マジになってんの?」という言い訳を用意してしまうのは、ちょっと違うなあと感じた。この公演に誇りをもってやっているのなら「差別的な表現かもしれないが、より伝わると思って選択した」と言い切ってほしいな、と思った。イジりとイジメ境界線あいまいだが、「強者権力を笑うのがお笑い」だというならば、自分たちが本当に強者としての力を持っていないか?というのも常に問い続けてほしい。

また、全体を通して「左」より「右」を笑うことが多かった、というのも違和感ひとつとしてあった。どっちも滑稽な部分はあるのだからもう少し両方を笑ってくれたらよかったのかな、と思う。あと「右」を揶揄するネタの時に、笑いどころでもなく盛り上がりどころでもないセリフで「よくいった」というようなかけ声や拍手があがっていたのは驚いた。どちらでもないフラット状態で見に来たつもりなのに、いつの間にか政権批判団体集会に参加させられていた、みたいな気まずさがあった。怖い。

以上のように全体的に右寄りかつ品がなく沖縄県民県民性の悪い部分を煮詰めたような「内輪に甘い」感が強く、正直全体を通して「また行きたい!」とは全く一ミリも思わなかった。私は特にスクールカースト下層だったタイプ人間なので、沖縄芸能界蔓延する「スクールカースト上層部っぽいノリ」(ウェイ感とでも言うのか)にはついていけなかった。この辺はたぶん好みの問題なのだろうと思う。

ただ、ここまでゲロカス批判してきたが、この公演を見たあと、文句を言いながらも私は「じゃあ右や左のそれぞれの主張ってどうだったけ?」「ほんとうにこの芸人さんたちが言っていたことは正しいのか?」「自分は偏っていないのか?」ということをいつの間にか考えていた。

まーちゃんさんの著作図書館で借り、基地問題についてネット自主的に調べ、右翼左翼についても少し勉強した。

そうして、ハッと、こうして主体的に考えているこの行為自体が、この公演のねらいである「基地について、何かひっかかりを感じて考えてほしい」というところにばっちりハマってしまっていることに気が付いた。

なるほど、ならば。この公演は私にとって意味があったのだなと納得できた。してやられてしまったな、と思った。チケット代2000円もったいねえことしたわ、だったのが、安いじゃん、になった。

エンディングで歌われたFECの社歌の中に「とにかくやることを大事にしている」というような歌詞があった。沖縄県民は先ほども言った通り「内輪に甘い」。そして変化を嫌う。そんな中で新しいこと、前に進むようなことをするのは、本当に難しいことだと思う。勇気がいることだと思う。「まじめ」をバカにする風潮のある沖縄で、「まじめ」にバカをやるというのも、ほんとは難しかったんじゃないかなと思う。その勇気に敬意を表して、私はこの感想を書こうと筆をとった。「とにかくやる」そしてやることで誰かを動かす、それはほんとうにすごいことだ。と、何もできない私は思った。

でも、個人的におもしろくなかったのは事実なので、沖縄芸人さん各位にはマジでもっとがんばってほしい。笑いどころを説明してしまう癖があって全体的に冗長だと思う。言葉選びが雑。オチツッコミワード説明的で長すぎる。「金の斧銀の斧」のいさお名護支部さんのくだりと、タイワンオオカブトの幼虫のくだりは勢いがあって好きだった。

以上。お笑い米軍基地感想でした。

ネット書き込みの言うことなのだから怒ったりしないで聞き流してほしいナ♡

おしまい

来世はAZARASHIの世界観アザラシになって褒められて暮らしたい

2018-06-09

ルピー炎上について

TBSラジオ荻上チキSession-22」の、6/7放送分のアーカイブを聞いて、同じTBSラジオの「アルコ&ピースD.C.GARAGE」が炎上していることを知る。

ルピーラジオANN時代から、「不要な奴をあえて主人公にする」「半端なやつにこそ価値がある」っていうような企画をやってきた。今回は(勝手に)「不要」と見なした相手全然半端ではない、マーベル黒人ヒスパニック歴史を背負ったヒーローだった。そこを配慮せずに企画を発信してしまった「アルコ&ピースD.C.GARAGE」は、見識の浅さを批判されてしかるべきだろうと思う。全体的に、私もSession-22の荻上さんに同意だ。

という前提の上で、アルピーの一ラジオリスナーとして、アルピーラジオ文脈的ものを知ってほしいという気持ちもある。上にも書いたが、アルピーラジオは、ANN時代(=2012から2016までやってたアルコ&ピースオールナイトニッポン時代からずっと不要な奴を主人公祭り上げるという企画をやってきた。

ANNの「平甲子園」とかそうだった。平甲子園は、「我こそは不要」というリスナーを募って、野球チームを作ろうという企画

友達がいないから、教室地図帳の日本地図県境をずっとなぞっている。日本はすぐになぞり終わったか世界地図に移行した。

PTA副会長だけど、ぜんぜん意見が取り入れられない。私がいなくても行事会議も滞りなく進む。絶対私は必要ない。

卒業式サプライズで、クラスメイト担任先生が好きな歌を届けるという企画をしていたが、自分だけ知らされていなくて、一人だけ歌詞カードを持たずに俯いていた。

など、何か聞いてて涙が出てきそうなエピソードが集まり、数ある不要エピソードから選りすぐられたリスナーが、野球チームを結成。最終的に、このチームは甲子園を飛び越えてメジャーリーグレッドソックスと対戦し、「不要なやつなんていない」ということを証明する。

ルピーラジオには「何者でもない不要な奴」を敢えて中心に据える企画を打ち、アルピーの二人の演技力トークで「何者でもない」やつを「何者か」にしてしまう。という流れがある。

ルピーラジオは、学校でいうと、スクールカースト上位にはいられない、成績もよくない、オタクマニアというほど何かを極めたわけでもない、中途半端で居場所のない人を主人公にする。みたいなことをずっとやってきた。

から、今回も、「キャプテン」ではなくて、「キャプテンには内緒だぞ」というファルコンに価値が見出されたのだ。

ルピーラジオを聞いていると、端々に、学校の成績は悪くていじめられっ子だった平子っち、ガチ川崎ヤンキーには逆らえない酒井ちゃん、みたいな、「何者にもなれなかったアルピー二人の学生時代エピソードが出てくる。アルピーラジオには、パーソナリティ二人の、「男社会の中で男らしさを達成できなかった自分」みたいなものが流れていて、半端者たちがこのラジオに集う。佐藤多佳子さんの『明るい夜に出かけて』の主人公――大学を休学してコンビニアルバイトをする行き場を失くした青年――も、その一人だった。

このような背景があるからこそ、酒井ちゃんも「キャプテンには内緒だぞ」なファルコンを好きになったんだろう。

Twitterのアルピーファンが指摘しているように、DCGではここ最近、ずっとファルコンの話をしていた。酒井ちゃんは同じTBS放送しているうしろシティラジオゲスト出演した時すらファルコンの話を持ち出した。この回で、酒井ちゃんは、キャプテンアメリカ好きの金子さん(うしろシティ)に「キャプテンよりもファルコンがいいんだって!」と主張し続けている。酒井ちゃんがファルコンを好きなのは確かだ。

しかし、アルピーラジオにおいては、「不要さ」こそが「主人公」の証となる。この文脈炎上に繋がった。

かに、アルピーのファルコン理解めっちゃ「浅い」。マーベルを深く掘るでもなく、歴史的な文脈を踏まえて映画を見るような「見識」もない。

マーベルとかよく分かんないけど、この映画マジおもしれえ!

黒人歴史とかよく分かんないけど、ファルコン、マジおいしいキャラじゃん!

みたいなノリしかない。だから、今回の炎上はなるべくしてなったと思う。でも、そういう軽くて半端なノリこそが、リスナーの居場所でもあった。アルピーラジオ学校の端っこでノリで話してたことが日本中、世界中に発信されてしまったみたいなところがあり、アルピーリスナーも「そういうつもりじゃない」と言いたいだろう。

だけど、パロディするなら、原作文脈に乗るのは当然であって、怒っている人たちに「そういうつもりじゃない」と言ったって、自分からその文脈に乗りに行ったのだから言い訳しようがない。アルピーにはアルピー文脈があるように……いや、それ以上に、遙かに長く、ファルコンにはファルコンが切り開いてきた文脈歴史がある。だから炎上させてしまった側から、「そういうつもりじゃねえんだよ」と言うようなものではない。指摘は真摯に受け取るべきだろう。

私は、「半端なやつ」と思って企画ネタにしようとしていた相手が大ヒーローだった、というこの滑稽さにこそ、アルピーDCGらしさを感じる。

ラジオ時代を作ってきたアルピー。アルピーらしさを持ってきっちり片を付けて、SWやり切ってほしいなと思う。

2018-06-02

ヤンキーダサい服を着る心理がわかった

オレは服になんか頼らなくても様になってるフィジカルエリートなんだぜアピールをしたいという理由なら、クソデカワッペン・ドクロプリント・ボロクソ浮浪者ジーンズを着用するのもわかる気がする。

要するに舐めプですよと。お前らオタクみたいに量産型テンプレコーデに頼らずともオレ流のカッコよさをアピールできますよと。なるほど。

そう考えると服の多様性というのはイケメンナルシストたちによる舐めプによって支えられているのかもしれない。

そんな事情を服屋は一切教えてくれず平気な顔をしてアレもコレも店頭に並べるのだからタチが悪い。

スクールカーストで上位にランクインするような人種しか許されない強者たちの戯れ用の服が平然と売られているのだ。

ぼくのような容姿の乏しい糞雑魚陰キャナメクジネットしこしこテンプレをかき集めて背景に溶け込むモブキャラに甘んじるしかない。

2018-05-27

わざと女にぶつかる理由想像できない人がいることにビックリした

なんか、うまく言えないんだけど例のニュースでぶつかる理由痴漢目的とか怨恨とか、すごく話題になってて、

話題になるくらいに理解できない人がたくさんいることにビックリした。

「あっち側」と「こっち側」というか、ぶつかる理由理解できない人がたくさんいる事がそもそもの原因なんだけど、

けど、理解できない人には一生理解できない問題だし、完全にぶつかる男が悪いんだけど、

善悪とか、論理性とか、そういうの抜きで、「なんでぶつかる理由をお前が言える?」って思うかもしれないけど、俺の想像だけど、なんの根拠もないけど

「ぶつかる理由」って、もう踏み込む文学的というか人間性の違いというか、まあでも「理解できる奴」と「理解できない奴」がこんなにいるんだな。


痴漢ステレオタイプイメージって、ハゲデブおっさんとか、アキバ事件加藤とかそういうイメージあるじゃん

でもこいつ、意外と小奇麗というか普通っぽい。後姿だけだけど、見るからにはイカれてない。

そう考えると、少し痴漢っぽい理由にしては意外に思わない?

ハゲデブおっさんがぶつかるのは痴漢か、単なるキチガイ理由

さっき言ったアキバ加藤っぽい奴なら、怨恨理由

けど、そのどれとも少し違う。

すんごい言語化しにくいんだけど、コイツはたぶん少し違う。

でもこういう事に及ぶ理由って、

増田にいるような奴はたぶんわかんないし、2chに書き込むやつにも、ニコニコにいる奴にも、ツイッター事件にあーだこーだ言う奴にもたぶんわかんないんだろうな。

増田にぶつかる理由がわかる奴いる?

怨恨だけど、怨恨じゃないんだよ、

コイツが完全に悪いけど、ニュースになるくらい理解されないのがきっと理由なんだよ。

イケてる奴にも、イケてないオタクにも、なりきれなかった奴ならぶつかる理由がわかるかもしれない。

イケてる奴みたいに、女に相手にされた事がなくて、女が憎くて、けど、イケてないオタクみたいに「俺非リア充w」だし、だなんて開きなおれる程じゃなくて

もうどうしたらいいかからなくなって女にぶつかるんだよ。

モテる奴なら「モテない男か痴漢目的だろうな」とか「やばwキショw」って思う

いや、違う。

よくあるオタクみたいにコイツは「童貞からw」って開きなおれなくて

リア充にも非リア充にもなりきれなくて、ぶつかるんだよ。

女に対して恨みきる事も、諦めて開きなおりきる事もできなくてぶつかるんだよ

どうしたらいいかわかんなくて、ぶつかるんだよ。


な?コレ意味わかんないだろう?

なんていうかな、

コンプレックスってのはさ、夢中が忘れさせてくれるんだよ。

モテるなら、そもそもコンプレックスじゃない。

モテなくても、アニメだろーと、何か打ち込むことがあれば、そもそもモテないなんて結構どうでもいいんだよ

ツイッターとか、はてぶでニュースコメント残す奴いるじゃん。

そいつらって、コンプレックスがあっても外に意識を向ける事ができるから重症にならないんだよ。

だって日大問題について考えてる時とか、政治問題を考えてるときとか、アニメに夢中になってるときって自分モテないとか気にならないじゃん

こうやってぶつかる奴はね、ひたすら思考がいつも内に向いていて、モテない事に開きなおりきる事も、あきらめて無関心でいる事もできなくて

もうどうしていいかからなくて、ぶつかるんだよ

スクールカーストで分類される層にいる奴は幸せだ。

そこに居場所があって、オタクにはオタクの仲間が、イケてる奴にはイケてる奴の仲間がいる。

けど、どこにも分類されない奴は、自分の仲間がいない。

インスタをバカにする奴がいる。tik takバカにする奴がいる。

けどさ、そういう流行ものバカにするのって聞きあきるじゃん。

思考プロセス

本当はインスタをくだらないと思いつつも、自分の見栄えを最大化するためとか、やらないよりはやってる方が

バカにしてる奴らよりはスタバフラペチーノみたいなのをあえてやる方が面白いからインスタをやるかーって思った末にインスタをやる奴がいるとする。

結果は「インスタをやってる」になる。

単純に友達がやってるから、とか、スタバフラペチーノがおいしかたから乗せよう、だけででインスタをやってる奴がいるとする

結果は「インスタをやってる」になる。

ぶっちゃけ流行ものニュース政治家や評論家が口を出すのはダサい大事なんだけど、なんかダサいじゃん。

そいつなりに思うことがあって、いいたい事もあるけど、そういう事を言うのはなんかダサいから黙ってる奴がいるとする。

結果は「ニュースに関心がないように見える」になる。

単純に政治ニュースに興味がまったくないから、口だししない人がいる。

結果は「ニュースに関心がないように見える」になる。

アウトプットが同じに見えて、思考プロセスによってそいつ人間性はまったく違う。

から、なんていえばいいかな。

こいつはアウトプットとしては怨恨でぶつかってるよ、

けど、思考プロセスが単純に女に怨恨があるんじゃなくて、どうしたらいいかからいからぶつかってる。

結果は同じだけど、思考プロセスがたぶん違う。

合ってるかなんてわかんないよ?俺の想像だよ?

けどね、なんの根拠もないけど、確実にそうなんだよ。


誰にもわかってもらえないからぶつかるんだよ。



がんばって言語化しようとしてみたけど、やっぱりできなかった。

ごめん。

なんでもない。勢いでかいたから、ぐだぐだになっちゃった

理解できないだろうしもういいや。

忘れてくれ。


最後

twitterより

#わざとぶつかる人、新宿駅新宿三丁目駅付近にもよく出没する。文句を言ったらお腹を殴られたので、駅の事務室に引っ張っていった。わたしエスカレータを一段空けず、男性の真後ろに乗ったことにムカついてタックルしたらしい。沸点低すぎでは…。警察の話では普通会社員とのことだった。

コイツが「普通の人だった」って言うように

からか様に、ヤバい奴よりも

俺が言うように本当の狂気ってのは、名前がつかないし、人に説明しても理解できないんだ。



以上、彼みたいに実行には移さなかったけど、何度も言葉にできない気持ちから女にぶつかりたいと思った事のある俺からでした。



追記

ぜんぜん関係ないんだけど、なんかバズったし俺がみんなに読んでほしい小説宣伝させて

ぶつかりたい奴って、こういうメンタリティに近いのかなーみたいな

http://bunshun.jp/articles/-/3526

当たり前なんですが俺は作者さんとかじゃないし何の関係もないです

2018-05-25

腹落ちのきっかけがよくわからないという感想について

山口達也キスされた女子高生家族日大タックル問題男子大学生家族が、自分の子供を守って戦っている事実が一番大きい。

理想論を聞いたり読んだりしているだけでは刺さらなかった。

自分の子供が犠牲になったという事実に対して、戦うという判断があって、戦う方法を見たことでやっと「加害者が悪いんだ」という腹落ちが起きたというか。

被害を訴えた人が寄ってたかって嘘松冤罪扱いされたり、無知や無力といった落ち度を叩かれ嘲笑されているのを目にして、

加害者が悪いんだと思うことを諦めてしまっていたのが私のこれまでだった。

泣き寝入りせずに加害者を裁くことが現実的可能なんだと、ニュースを見たことで思えた。

私は20代後半なので、「私は助けてもらうべき存在なのに」と怒るだけのスタンスの人には、もう共感できなくなっている。

憧れることができる親のロールモデルしかフィクションではない。2018年日本の法のなかで戦っている)を見たことが、私の中に変化を起こしたのだと思う。

 

豊田真由子「このハゲー」事件福田事務次官セクハラ事件と一直線につながっていて、デジタル証拠破壊力なんですよね。

録画がなければ、関学文句つけても、いくらでもいい抜けができるのでこんな動きにはならない。

ラッダイト系の弁護士デジタル社会監視社会1984だ、って言っていたけれど、今のところ法の支配の貫徹の方向で動いてますね。

https://twitter.com/kyoshimine/status/997505370078638085

この「デジタル証拠」と「法の支配の貫徹」が、

犠牲者が虚言癖扱いされて叩かれ、加害者はまた別の犠牲者を何百人も作る流れを変えられると思っている。

デジタル証拠が登場しなければ、ずっと犠牲者を虚言癖扱いする世の中が続いたのではないか

私は犯罪対策として、女性専用車両よりも全車両へのカメラ設置を支持する。

カメラ設置は酔っ払いによる客や駅員への暴力など、性犯罪以外の被害者にもデジタル証拠という力を与える。

暴力事件被害者は男性のほうが多い。男性にとっても、自分犠牲者になることは他人事ではない。

 

暗い被害体験泣き寝入りという結果を語ることは、周りを不快にすることだから第三者を味方につけることができない。

母が若いころを生きた時代には具体的な戦う方法がなく、四面楚歌にならないためには笑いにするしかなかったのだと思う。

性犯罪では女性犠牲になる数が多いが、スクールカーストいじめや、労働問題などでは、男性犠牲者の立場に置かれることが多い。

犠牲者の立場に置かれたとき、「自分は無力だから受けた傷をどうすることもできない」と感じるとより傷が深くなる。

痴漢にすら遭わない子よりマシ」など、自分より下だと思える存在を探し出すなどして、解釈の力で自分フォローできると考えると、

自分の傷はやわらぐ。しかしそれがセカンドレイプというか犠牲者の更なる吊し上げにつながってきた。

あの時私は誰かに何か言われる前に自虐することで自分を守ってたし、誰かと自虐しあうことで居場所を確保できた。でも結局負の連鎖を作ってしまった。

自虐しなくてもちゃんと居場所がある、そもそも人にセクハラされないか自虐で守る必要もない、そんな空気を今度は少しでも作り出すべくやってくぞ

でも、いっぱいいっぱいでほんと社会に押しつぶされないようあがいた姿でもあるんだよね。これまで自虐してきた人たちを責められるかって言われたら責められるわけがない。そうしないと居場所もなかった時代だったように思うから。でも今はちょっとずつ空気が変わってきてる。

https://twitter.com/inuningen/status/997176976434577413

子どもたちが被害に遭わないように備えさせること、「気をつけなさい」と言うことは、必ずしも悪いとは思わない。もちろん、どのように教えるかが大事で、被害者に隙があるから犯罪が起こるかのような教え方は有害だと思う。性的被害の申告率は低く、自責の念から大人被害を訴えない子どもも多いからだ。そして捕まらなければ、加害者は加害を繰り返す。

https://note.mu/ogawatamaka/n/n931e8e9f3c0b

 

倫理気持ちの話と、具体的な問題解決方法とそれを実行する能力の話、

どちらも私にとって非常に重要なことで、絶対に削りたくないからどうしても論点がぶれたようになる。

あと悪文なのはごめんなさい。事実を報告する短文は書く機会が多いんだけど、考えを主張する長文は書き慣れてない。あんまり意味が伝わるように書けない。

実際、倫理は無力で、今起きていることはデジタル証拠の登場によってゲームバランスが変わったというだけのことにも感じる。

しかしそれでもその変化を歓迎したいと思う。

デジタル証拠の力による法の支配の貫徹は、犠牲者が虚言癖扱いされたり無知や無力を非難されて、結果「加害者が総取り」する世の中よりもマシだ。

世の中は、加害者以外の人間にとって、マシになってる。

anond:20180524231941

2018-05-24

理不尽

不惑間近のおっさんなんだけどね、中学生の時に美術教師に平手打ちされたことを思い出して増田意見を聞きたいなと思って書いてみる。

美術の授業で詳細は忘れたが何か古くなったタオルとか、何かボロ布を用意してきてくれってのがあったんだよ。

で、俺は二枚持って行ったんだよね。で、友人は忘れた。

から「あげるよ」って言ったんだけど、友人は「タダで貰うのは悪いから」って言って¥100くれたんだよ。

当時は中学生だけどさ、小学生ではないから、何かのお礼とかにジュース1 本奢ってもらったり逆にあげたりとかは普通にあったんで、その延長で普通に貰った。

そしたら、誰がチクったのかは知らんけど、そのことが職員会議の議題になったりしたそうだ。

それで、俺と友人は美術教師に呼び出されて二人とも平手打ちをくらった。

別に怪我をする程のではないんだけど、その美術教師は泣きながら情けないだとかなんだとかそんなことを言っていた気がする。

上記に述べたようなことは説明したし、俺と友人はいじめたりいじめられたりの仲ではなかった、というが二人ともどちらかというとスクールカースト底辺だった。そんなことは教師もわかっていたんじゃないかと思うし、わかっていなかったならそれもまた問題だし…

当時、両親にこのことの何が問題なのか聞いたけれども、明確な答えは得られなかったし、お前は別に悪くないけど世の中は理不尽なもんだ的なことを言われたように思う。

ただ、今になって思うのは、その美術教師一人の暴走ならわからんでもないんだけど、職員会議大人が多数で議論して俺たちは悪いってことになったってことなんだよな?と思うと疑問が大きい。

僕らの人間関係は全く把握できてなくて、カツアゲ的な方向で問題になったんかな?

でもさ、カツアゲするような関係なら布を¥100の対価として渡すか?普通に考えておかしいだろ?

この件をいまだに忘れられないのは、自分が全くの善意で行ったことに対して、圧倒的な権力を持つ立場教師自分にとっては意味不明感情を高ぶらせて暴力をふるってきて、彼女の中での正義が全く理解できないからなんだと思う。

スクールウォーズ鉄拳制裁は、問題意識の共有があってこそのもんだと思うのよね。まぁそもそも体罰ダメだっていう意見もあるだろうけどさ。

まぁ、だからさ、俺は子供たちを叱るときは、彼らと問題意識を共有できているか気をつけていきたいなと思うよね。

教師とか管理職の人はさ、そういうところって大事なんだぜっていうのを理解してほしいよね。

ちなみに、俺は仕事上で部下に反省を求めたことは一度もない。ただ、同じ失敗を繰り返さないための具体的な対策を出させるだけ。

反省なんて非生産的意味いからな。

2018-05-15

スクールカースト海外でもある、というか、アメリカなんかのほうが酷い


ってのは、はてなーなら常識だよね

有名プログラマなんかでも、(スポーツできないから)下層だったってエピソード結構あるし

2018-04-22

anond:20180422161713

リア充DQN漫画持ってたことがばれてスクールカースト最下層に転落とかなかっただろう。

DQNではなかったが普通にリア充だけどオタクみたいなのわりとリア充なのにスクールカースト最下層扱いされてるの見たが

ひどかったのは、実際には彼女いるのに

彼女がいないから」という理由非難されたたやつとか見たし。

ほんとうに彼女いない人でもそんな理由非難されるようなヤツいなかったような中でだぞ。

anond:20180422161147

いじめられっ子いじめられる時にオタク趣味をダシにされただけだと思うがなあ。

リア充DQN漫画持ってたことがばれてスクールカースト最下層に転落とかなかっただろう。

差別であることは間違いないのだけれど、いわゆるなんたら人差別とかとは違うベクトルだと思う。

2018-04-08

anond:20180408002840

私立国立)か市立かで感想は大きく変わりそうぜよ

スクールカーストでどの辺だったかにもよるし

2018-04-01

ブスと言われたことが無い

でもブスだと思う。可愛いはちらっと言われた記憶もあるけど、頻繁に言われたわけでもないし、ほぼお世辞だしブスだと思う。

なんか…はっきり言ってくれれば吹っ切れるのに。だってブスじゃん。

周りの人に恵まれてるんだろうか。

そうなんだろうけど…でもなんか…こう

ツッコみにくいブスなんだろうか…

もしかしてあい自分のこと美人だと思ってるし、ブスだと言ったらプライドねじまがりそうだな」

みたいなことで気を使われてるんだろうか。

いや…ブスじゃん。親戚見てもほら…別に美人居ないし…いやどう見てもブスじゃん…

ハッキリ言っていいんだよ…中じゃ無いじゃん下じゃん?

別にスクールカースト美人の子がいる高いところには居なかったじゃん…ね?いじめられたことはないけど、可愛い位置に居たこともないし、どちらかというとブス系の位置に居たような気がするよ?

からなんかそんな感じ…子供のころからおかしいなって思って生きてるんだけど優しいよね…

「私ブスだから」って言うと、否定してくれなくていいんだよ…

優しさが…苦しいよ…

2018-03-18

海野つなみ『回転銀河』の復刊によせて

ドラマ逃げるは恥だが役に立つ』の原作者として

一躍その知名度を上げた海野つなみ氏は、

さまざまなインタビューで語られる通り

決してヒット作に恵まれ作家ではなかった。

ここにきて過去作品が見直され、知る人ぞ知る作品ではなくなっていることを

子供時代からの一読者として、心から嬉しく思っている。

今回の復刊版の帯には「恋と多様性を描き続けて30年」のコピーがついた。

実際、この『回転銀河』はある高校を主な舞台としたオムニバス作品で、

一巻に収録されているのは、

姉と弟の恋に始まり男子から男子への感情女子から女子への感情…などなどさまざまだ。

ただ、「多様性を描く作家」といわれると、

その「多様性」という言葉の重さに、私個人は少し圧倒されてしまいそうになる。

海野作品の「地味さ」について

海野つなみ作品は、いつも「地味」だ。

姉と弟の恋、みたいな題材を扱っても、

恋にならないごく微妙感情の揺れ動きを描いても、

なんとなく、いつも、地味だ。

そして、それが彼女作品の一番いいところだと思っている。

姉と弟の恋のエピソードは、読者のおたより欄で

「弟にドキドキしてしまった」という投稿から

「そういうことはあるよなあ」と思ったところから始まったという。

この「そういうこと、あるよね」というごく軽い肯定

海野つなみ作品の最大の魅力であって、

そして「なんか地味」な原因でもあると思う。

から弟への想いも、

男子から男子への想いも、

女子から女子への想いも、

彼等はみんな、「私とは違うそういう人たち」として描かれない。

「そういうこと、あるよね」

そういう視点のまま進められる。

それは「多様性を描いている」といえば確かにそうかもしれないのだが、

あなたと私は違う、そして認めあおう」という描きかたというよりは、

「私はたまたまそうじゃなかったけどさ、そういう感じになるの、あるよね」

という、まるで友達雑談しているみたいな、とてもニュートラル肯定だと思う。

多様性を祝ぐような派手さはない。

地味に、私たち生活の地続きとして、また私自身のある選択肢として「多様性」はある。

そこに単純にある。

そういう描きかたをする作家だと思う。

そして、それこそが海野つなみという作家稀有な美点であると思う。

(余談なのだが、2話目の主人公であるイズミという底抜けにいいやつな男子がいる。

 めちゃくちゃ落ち込んで半泣きで家に帰って部屋に閉じ籠ってるのに、「にいちゃん!俺のじゃがりこ食べただろ!」と弟にキレられたりする。

 そのごく短い家での場面で、隅っこの目立たないところに「ママは後妻」って書かれてある。

 彼の家庭環境はそれ以降ぜんぜん話に絡んでこない。

 けど、あ、わかる、と少し思った。

 イズミという少年の優しさや性格の奥行きが育まれた背景があるんだ、とふと思わされる。

 家庭環境が複雑な子は優しい、とか言うステレオタイプな話でなく、ただ、そこに地続きの「多様性」を思わされる)

海野つなみ作品スクールカーストについて

海野つなみは目の前のことを否定しない人だ、と思っている。

あるじゃん、こういうこと、という感じで描く。

『回転銀河』にはスクールカースト描写がたびたび登場する。

立ち向かうべき悪習としてでもなく、

陰惨ないじめとしてでもなく、

ただ、あるよね、こういうこと、として描かれる。

海野つなみ作品は地味だ、と私は書いたが、

その意味ではこの『回転銀河』では三巻くらいか

「美しき悪魔のような双子」という全然地味じゃないキャラクターが出てくる。

成績優秀冷静沈着、自分達以外に価値を認めない、少女漫画萌えキャラ煮詰めたみたいなやつらだ。

けれど、彼等も結局この海野ワールドのなかの住人だなーと思ったのは、

彼らの行動はこのスクールカーストにえらく縛られているのだ。

それをしなければ、彼等は自分達の生活を守れないと感じている。

海野つなみスクールカーストを「そんなのくだらない」と喝破したりしない。

あるよね、そしてそうやって自分を守る人もいるよね。

海野つなみという人は少女漫画をずっとかいてきたひとで、

そこで繰り広げられるのは確かに主人公ヒーロー恋愛なのだけど、

いつもその片隅に、学校という生活のままならなさ、人が人と関わりながら生きていることを描いてきた人だと思う。

恋がすべてにはならないし、恋がうまくいけば生活すべてがうまく回りだしたりもしない。

そういう、どこか突き放したような距離感描写してきた人だ(だから地味なのだが)(そして地味だから好きなのだが)。



海野つなみ社会派作家

海野つなみ作品は、恋愛はこうであるべきだ、からも遠く、

同時に学校生活とは社会とはこうであるべきだ、からも遠い。

逃げ恥」は社会派コメディだと言われたが、

それはたまたま彼女の描いてきたものにそういうメッセージを読み取ることもできたというだけだと思っている。

(めっちゃかいところではそれっぽいのあるけど、炊飯器Amazonで買わないくだりとか)

ただ、少女漫画の基本文法では捨象されがちなことを、

するっとごくさりげなく描くことができる。

社会派なのではなくて、ただ、人間関係というもの

近視眼的ではなく一歩引いた距離で描くことができるだけなんだとおもう。

そこにはスクールカーストがあるし、

少しだけ家庭環境の複雑な少年がいるし、

地味で恋愛物語主人公エントリーしない少女もいるし、

同性愛者もいるけど「同性愛ににている名前のつかない感情」もあるし、

男女の間にも恋に似ている恋ではない感情がある。

だって、いるのだ。そういう人は。いるじゃん。

そして海野つなみは彼らを無視しないし、

センセーショナルスポットをあてたりもしない。

ただ、いるよね、って描く。

ひどくさりげなくふつうに、いる。

海野つなみを語るときに絵が硬い、と言われることがある。

それはわかる(『回転銀河』はアナログ時代作画と思われるため、『逃げ恥』とはすこし感じが違うと思うが)。

けれど、もし海野つなみの絵が恐ろしく緻密な書き込みであったり、生々しく柔らかい描線であったら、

きっと「いるよね、こんな人」のようなある種心地のよい距離感はなかったと思う。

あのどこか生硬な絵柄だからこそ、すっと受け入れられるのだと私は思っている。

そして、あの絵柄だからこそ、時々ぎゅっと心を掴まれるような清潔でうつくしいコマがあることを言い添えたい。


【追記】

ごw本w人wにw見られたwwwww

地味地味かいすみません…好きです…

(センセーショナルに、ことさらお話のために感情煽り立てたりしない、地に足の着いた視点で描かれている、というようなことを伝えたかったのです)

kiss事情ロマンスたまごと学園宝島と西園寺さんと山田くんゴールデンデリシャスアップルシャーベットと豚飼い王子と小煌女が好きです…

レスコープダイアリーズの補完または映像化待ってます………

2018-03-10

anond:20180309104120

高校生くらいなら未だしも世間からまれるような喪男なら20以上年の差があったり重篤障害があってコミュニケーションが取れないような人や、明らかに悪意があって好きでもないのにバカにするために近寄ってきた人間でも無ければすぐ飛びつくと思うよ

そういう「スクールカースト下」の人って女性から見たら男性として最下層なんだろうけど彼らは中の下〜下の上程度で、その下に人としても認められないような連中がウヨウヨいるんだよな

女性って普段童貞に対してトップブコメみたいにネット上の女性差別的な言説を押し付けミソジニーだのなんだのレッテル貼りしてきたり、リアルでも「ねえねえ童貞ってなんで童貞なの?( ´ ▽ ` )ノ」とか攻撃して遊んでるくせに、こういうとき存在自体忘れるから都合いいよな

2018-03-09

勉強なんてしなきゃよかった

私はただのゲーム漫画アニメが好きな、好きなことには熱中するよくいるオタクだ。

成績も、中学入る辺りまでは特に何も言われたことなかったし親が話題したことだってなかった。

中学入ってからだってようやくできた友達と好きなアニメで盛り上がって楽しむようなオタク趣味満喫していた。

ただ、しばらくしてその唯一の友達がその地域の難関高校に入ると宣言した。

私は思い出した。彼女アニメが好きだけど秀才だった。

成績とコミュ力のある彼女のおかげで私はスクールカーストから免れていたらしい。

両親はそれを知って、多分順位が下から数えた方が早かった私に発破をかけるつもりで言った。

「このままじゃ彼女と離ればなれになるよ。あんなに良いお友達大事にしなさい」

小学生の時ぼっちで本ばかり読んでいたせいでいじめられていた私はもうあの頃に戻りたくなかった。恐怖から必死勉強した。

成績が低かったうちは簡単順位は上がった。

先生の覚えがよくなって色々話してくれて褒めてくれるようになって、より勉強するようになった。

模試合格圏内に入って、その友人が自分のことのように飛び跳ねて喜んでくれたのが今でも忘れられない。

無事同じ高校に入ってしばらくは友人の他にもやや話せる人が増えてきて楽しかった。

でも面談担任にこの成績なら難関国公立を狙えますよと言われて、聞いた母がおかしくなった。

漫画を読んでいると何をしているの!と勉強を促すようになった。

漫画アニメゲームをすることは悪いことになった。

大学受験が近づいて、その友人もアニメ漫画封印した。話すことが学校の授業の難しい話になっていって、ついていけず話せることもまだアニメしかなかった私はいらないものになって、その友人は別の友人とずっと話しているようになった。

最初よくわかってなかった私はそれでも彼女にかまってしまたから、彼女に私のいやな点をたくさん挙げて縁切りをされた。

彼女は親の言うとおり頭の良い正しい人だから、全部自分が悪いんだと自分を責めるようになった。

わたしは、大事にしなければいけない友人を失ってしまった。もうこの先友達なんて一生できないんだと思った。

あの頃テストの点数成績だけが自分肯定してくれる気がした。でも、全然あがらなくなった。

ゲームアニメ漫画もやめて、勉強だけして受けたテスト全然だめで、嘘つきっておもった。

私がだめな理由を私が好きなもののせいに、友人親先生みんなしてきたのに。

日中すごく眠くなって、弁当とかの匂い吐き気がするようになって、明確に体がおかしくなってきた。

拒食や自傷癖がでるようになって、唐突に暴れたり、ひたすらぼうっとしたりするようになって保健室通いになった。

保健室先生、みんなから評判悪かったらしいけど、あんたの親おかしいから何が何でも家をでるべきと私には言っていた。親は正しいと思い込んでいたからそれは大分びっくりだった。

両親は私がほんとうに壊れたとわからなかったらしくて、あちこち連れて行っては次の日また呆然としている私にあれだけやったのに、と怒った。まだ成績の良い私を取り返せると思っていたそうだ。

結局受験までに回復せず、親や先生希望より偏差値の低い、実家から遠い大学になんとか入り一人暮らしを始めた。

結局その大学もうまくいかなくて退学したけど。

面接で、あの大学ですか、すごいですねえ、よく頑張ったんですねえと言われて泣きそうになった。そんなことを言ってくれる人が、あの頃いれば良かったと思った。

国公立大学しか認めず授業料偏差値について散々口を挟んでヒステリーを起こした両親は、塾をサボり月謝を着服した弟を情報専門学校に行かせた。どこにも行き場がなかったからだそうだ。

それを聞く度、思い出す度、じゃあ、私はなんだったんだろうと思う。

あんなに勉強なんてしなきゃよかった。

今でも中学高校あたりの楽しかった時期の、クラスメイトたちといるときの夢をみる。

あっちが現実だったらなあとまだちょっと思ってしまう。

ただの昔語りだね。嘘ももちろん混ぜてるから、これと同じような人が身近にいてもその人私じゃないから、迷惑かけないであげてね。ただどうしても、どうしたらよかったんだろうってやるせない気分になるのを誰かにわかってほしかっただけだから

そうだ、友達はあの後何人かできたよ。私が話に詰まっても気まずい空気にならない人が。

年を取る度に、子供の頃恐怖していた「良い成績とって良い大学出て新卒で良い会社いかなきゃ人生終わり」の外で普通にしまずに暮らしている人がいるってわかった。でも勉強はそこそこならさすがにした方がいいとはわかってる。

ただ、がむしゃらに勉強をしてる子を見る時、頑張れと言うのに戸惑ってしまうんだ。

anond:20180308233003

本当にモテない女は最下層の男からも避けられるんだよ。

小中時代に学年で一番不細工で不潔でいじめられてた女子から告白されて付き合うかという話。

しろスクールカースト下の男のほうがそういう女子をすごく嫌ってたと思う。

anond:20180309083910

農園恋愛市場の事だとすると、恋愛市場に出ていない非リア女は多分男と同数くらい居る。

性交経験率も大学生男子で54.4%女子で46.8%だ。

では何故それらがあなたにとって存在し無いものになっているかというと、貴方スクールカースト下位女性人生でずっと無視し続けて記憶に全く入っていないからだ。

2018-03-08

小学生の時、ケツの穴チェックされてた話

エロい話ではないです。

小学1~3年の間学童保育(放課後児童クラブ)にいた。死ぬほどいやだったけどいやだいやだ言っても「共働きの家庭は普通学童保育よ」って感じで気持ちより普通であることを優先されてた。

小学自体は楽しかった。まだ小1だし勉強楽しい、新しい友達出来るの楽しい平和劣等感なんて感じずのびのび生きてた。

だが放課後になると鬱。遊ぶ約束して友達の家でお菓子食べながら人生ゲームたかったけど強制的にまだ学校にいなくてはならない。

この児童クラブで私は6歳にしてカーストを知ったのである

児童クラブには1~4年生が親迎えにくるまでの間預けられていた。

4歳も離れた人間たちが教室より2回りは狭い空間に閉じ込められ、やりたくもない雑巾がけやらを強制される。

終業のチャイムは2時に鳴ったのに6時まで学校にいなくてはならない。まーストレス溜まるわな。

ストレス空間の中にカースト生まれる。

カーストで一番偉いのが4年、次は4年に気に入られた4年グループの1~3年。

当然、私は気に入られない1年。その他

1年女子何人くらいいたっけな 6人くらい

4年に姉がいる子とその子の近所の友達けがカースト上位。

児童クラブカースト小学から小4の間なんて大したことないだろうと思うだろうし母親もそう思っていただろうけど苦痛だった。

まず居心地が悪い。児童クラブには漫画小説があってそれで暇つぶしして過ごすんだけどカースト上位にしか読むことが許されない漫画があった。

きらりんレボリューション結界師

当時きらレボがまじっっっで読みたかった。でも読むことが許されない雰囲気

なんつーか圧?が凄くて

いろいろ言われたなぁ....ほとんど記憶から消し去ったけど。

漫画読めないかエルマーのぼうけん読んでた。

二人はきらレボ回し読みしてたなぁ。一切貸してはくんなかったぜ・・・

別にさぁ自分で買って家で読めばいいじゃんって話なんだけど 親が買ってくれなかった家庭だったんだよね。小遣いが月1000円になったあたりで自分で買ったよ。


ケツの穴の話に入ります

児童クラブの鬱にも慣れた秋頃、

本を読んでいた小1私、なぜか3年の上位層の女(仮名:R)にトイレに呼び出される。

Rと私は特にいいわけでもなく、私はRのことが怖かった。(上位層の女はみんな怖かった その中でもRは3年だけど兄貴ジャイアンそっくりの重量級でRも物理的に強そうだったし雰囲気ヤマンバギャルのはしりっぽくて・・・・) 小1からしたら2.3年違うだけで身長センチ以上差があったか児童クラブの年上大半反論してもかなわないだろうな 理不尽も仕方ないよな という気持ち 少なから子供ながら持ってた。

で、Rにトイレに呼び出された私、同じ個室に入れられる。

そこでケツの穴を見せろと、 

私が立ちバックの受けの体勢になるように言われズボンを脱がされ、Rは屈んでケツを凝視してた。

も~~~~意味わかんないし怖いし意味わかんなかった

もううっすらとしか覚えてないけど、う〇この拭き具合を確認するとか言われた気がする。

BL漫画みたいなア〇ルのピンクさチェックではなかった(小学生だぞ)

ただケツの※を見られるだけではなくトイレットペーパーで私の下半身に手を伸ばして拭きだした。

ケツ拭きプレイである

スカトロまでは強要されなかった。

ケツを拭かれた。ケツ拭きプレイ

今日はここまででいいよが終了の言葉

そのケツ拭きプレイは一回では終わらず数回続いた。

学校が終わり児童クラブで本を読んだり友達としゃべっているとこっちへ来いとよばれる。

もう児童クラブの生徒しかいなくなった小学校の廊下を手を引っ張られ少し離れたトイレへと。

そりゃもー嫌だった。ケツの穴をチェックされてうれしい人なんていない。

本当に嫌だったし変なことしてるって自覚あったから誰にも相談できなかった。

母親に「Rちゃんトイレでケツの穴見せるようにいじめられた」なんて言って児童クラブ先生に伝わり学級会が開かれた日にはもう小学校に行けなくなる。

R「もうちょっと強く拭いた方がいいよ」 「今日トイレ何回した?」

 「こうやってこうやろう?」

いじめというよりケツ拭き講座。ケツ拭き講座を立ちバック状態和式トイレの一室でされ女同士子供同士といえど恐怖でいっぱい。でもケツ丸出し。脳内ストレスマッハ別に私のケツ汚くなかったしちゃんと拭いてたよ まず小学校って学校で大をしてはいけない的な風潮あったし・・・

そしてケツ拭き講座は突然終わりを迎えた。

いつものようにRにトイレに連れてかれてケツ拭き講座が始まる。

数十分経ってもうすぐで解放されるかな・・・ってところで

スクールカースト上位層の女達がRを探しにトイレまで来たのだ。

私はRにズボンを上げられ死界になりそうなドアの裏におしこめられた。ドアが開いたら裏になって隠れるってやつね。

今でも鮮明に覚えてるくらいドキドキした。怖かった。

ばれたらどうなるんだろうとか考える余裕もなかった。私は変なことしてないじゃんて話なんだけど被害者というより共犯者の心境だったんだと思う。

結論から言うと探しに来た女にはバレた。

Rは私を置いて迎えに来た女たちに適当?に説明したのかそこまで掘られなかった。

なにしてたんだよとか責められた記憶あるけどケツの穴チェックはバレなかった気がする。

Rが迎えに来た女たちにバレ、私を置いて女たちに混ざってトイレを去ってから、ケツの穴チェックは無くなったのである

Rも秘め事の意識があったのだろうかこのことはなかったことの様にされた。

から話す仲ではなかったので自分からケツチェックなんだったの?なんて怖くて聞けないしRも話しかけてこなかった。

私とRは目があっても話さない元どうりのスクールカースト上位とその他の仲に戻った。

そのあと小学中学校地元が一緒なのでマックで見かけたり運動会でRの存在確認していてもいっっっさい話してない。

Rからしかけてくることも、私からしかけることもなかった。

Rが誰に話したかは知らないけど、私は誰にもしゃべらなかったよ 何度もネタにしようかと思ったけど言葉が出なくてムリだった。

つの間にかケツの穴チェックのことは私とR二人だけのヒ・ミ・ツってやつになってた(きたねえヒミツだな)

Rさん元気にしてるかな?今もう大学生社会人になってる歳なんだよなぁ 時の流れってはやい

でも小学生の時の誰にも言えない体験ってみんなあるよね?

誰にも話せなかったからここに書いて忘れます。はじめてこんな長文書いた。小学生の時の嫌な思い出なんてさっさと忘れたい。





追記:ちょっと文直した。女が〜って事を言いたかったわけではない。漫画は低カースト男女関係なく読めなかったよ。児童クラブにあったカーストに男女差はないです。

2018-03-05

高校時代の後輩と再会した話

偶然大学サークル高校時代の後輩と再会した。

高校時代、彼はいわゆるスクールカースト上位のキラキラ男子で、私はブスで厭世家スクールカースト規格外のやべーやつだった。(今と比べたら)ある程度の自信を持っていたから、あまり悩まず(今と比べたら、であって当時はだいぶ悩んでいるつもりだった)生きられたけど、今考えると本当にやばかった。高校卒業して4年近く経つけれど、未だに半分くらい記憶がなくて、たまにフラッシュバックしてとてつもない羞恥心に苛まれることがある。

今考えると、自分高校に馴染めないことを理解していて、どうにかして他人存在を認めてもらいたくて奇行に走っていたのだと思う。学校でペ〇ローションをぶちまけたり、男女問わずセクハラしたり、マジョリティに対する暴言を吐いたり。敢えて人が嫌がることをするつもりはなく、理性のリミッターをぶっ壊して脊髄反射でやりたいことだけやって生きていたのだと思う。練習が面倒になって高校部活は休部したまま卒業したし、授業も出たり出なかったりで適当にこなして、友達もあまり作らなかった。

高校卒業して、浪人して、大学生になって、留年もして、それなりに社会経験を積んだし、自分のことをそれなりに理解できるようになった。結局のところ他人に興味がなく、人付き合いが著しく苦手だったこと、それ故に自分は異質だと薄々感じていたこと、それを自覚することを恐れていたことがすべての原因だったのだと思う。気付いてしまえばなんだそんなことかと思えるのだが、自分はどの状態で安定なのかを探る8年間はとてもしんどかった。14歳の時に引きこもり不登校になって、15で諦め、16でリミッターをぶっ壊して18から軌道修正を始めて、もう22歳になってしまった。喪失感もなくはないが、20代前半で気付いてよかった、就活に入る前に気付けてよかったという安堵の気持ちの方が強い。普通の人はもうこの段階をこなしているのかと思うと本当に尊敬できる。

後輩がうちのサークルにいることは3ヶ月くらい前に知ったから私は心の準備ができていたけど、後輩はめちゃくちゃびっくりしたらしく、開口一番「え、まじで〇〇さんですか?え、同姓同名とかじゃなくて?」と言われた。二言目は「変わりましたね」だった。

そりゃそうだろう。眼鏡コンタクトにしたし、化粧だって覚えたし、ちゃん自分の体型に合う服を着るようになった。適度な露出必要なことを知った。それなりの処世術も、飲み会のノリもコールも身につけた。異性に舐められない接し方も知っている。自分精神状態すら把握できなかったあの頃とは違うに決まっている。

今まで培ったスキルを駆使してテンションを無理矢理上げて、嫌いな飲み会のノリで飲んで飲まされているところにそれだ。

駄目押しは「でも芯は変わってないですよね。」

泣くわ。

その日はあまり話せなかったので後日改めてご飯を食べたのだが、後輩自体はとても良い子で、ぶっ飛んでいた高校時代の私のことを理解できないなりに気に入っていたらしい。ほとんど話したことがなかったから知らなかった。また、自分真逆タイプ人間と話すことで自分を見つめ直せた。自信がない理由も分かったし、人に嫌われやす理由も分かった。

最近は割と自分に素直に生きられていると思う。必要以上に他人との関わりを持たないし、昔よりは好きな服を着られているし、鏡を見るのが憂鬱でないし、普通であろうとするために頑張らなくて済んでいる。自分を抑圧していないから変な反発もなく、少し変わった人だと思われている。それでいい。

人が好きではないけど、わざわざ嫌われることをしなくてもいいし、好かれる努力もしなくていい。進んで自己開示はしない。嫌いなことに気を遣ってストレスを溜めない。それでいいんじゃないかな。

2018-03-04

幹事体質」の存在

世の中の人間には「幹事体質」を持つ人と持たない人がいる。「幹事体質」は私の造語だが、読んで字のごとく「幹事」になりやす性質のことである

ONE PIECEの「覇王色の覇気」みたいなもので、幹事体質の人は子供の頃からずっと「幹事」とカテゴライズされる立場になり続ける運命にある。この説明を聞いて、陽キャと陰キャとか、リア充非リア充とか、優等生と劣等生のようなスクールカースト上の二項対立を思い出す人がいるかもしれないが、そうではない。実際、オタク的なコミュニティにもヤンキー的なコミュニティにも、幹事体質の人は存在し、そのコミュニティの中での幹事的な役回りをしている。

幹事体質の人が集団の中で持つことになる役割は、人生の段階に置いてさまざまな形をとる。学級委員部活部長サークル幹事長飲み会幹事町内会役員……。あらゆる集団幹事体質を必要としていると言っても過言ではない。幹事体質の人間は、時に集団の中心で皆をひっぱるリーダーのようであり、時に集団の中心から離れて面倒事を引き受ける雑用係のようである

幹事体質に必要スキル特にない。皆の前に立つのが得意な人、人の話を聞くのに抵抗がない人、隅々までものごとを考え尽くすことができる人、豊かな文化的物質資源を持つ人、それぞれが自らのスキルを活かして幹事の職を全うするので、個人性格スキルは「幹事体質」とほとんど関係ないと言っていいだろう。

ここまで聞いてピンとこない人はごめんなさい。きっと私の文章稚拙であるか、周りの「幹事」たちに気づかない人生を送ってきたのだと思う。

こういう文章を書いていることからも察せられるように、私自身もさまざまな幹事をつとめてきたんだけどね。だからなんだって話なんですが。最近色々うまくいかないので文章書いてみたくなったんですよ

2018-03-03

外見至上主義

「人は外見じゃなくてやっぱ中身だよね〜」なんていう友達

スタバラテを片手に「うんうん、わかる〜」なんて適当に相槌を打ちながら

「んなわけあるかバーカ」って心の中で舌を出した。

いやいや、何言ってんだ人間は大半が見た目だよ。

中学生の時、親の都合で転校をした。

新しい学校自己紹介をした時「ぶっさwww」なんて声が飛んできた。

見事、お友達作りミッション失敗。

しかにあの頃の私はお世辞にも可愛くなかった。

いや、別に整形したわけじゃないから今も大した顔はしていない。

でもあの頃の私は特に容姿に気を使っていなかった。

周りの子教室ファッション誌を囲んだり原宿に繰り出しておそろいの服を買ったりキャンメイク化粧品メイクを覚えたりし始めた頃、私は自分他人から見てどうかなんて考えたこともなかった。

そういうことをくだらないとすら思っていた。

髪は子供の頃から行っていた千円カットだったし、くせっ毛のまんま、服はユニクロばっかりだったし、まだ化粧水だって塗ったことがなかった。

友達も出来ず、いわゆるスクールカーストの最底辺で生きていた。

廊下ですれ違えば私を笑うヒソヒソ声があちこちから飛んできたし、大して話したこともない隣のクラスの子から気持ち悪いって言われていたし、グループを作れば私だけが溢れたし、私にだけ配布物が回ってこないみたいな地味な嫌がらせはたくさんされたし

それもこれも私は何にもしていないのになんで仲間外れにされるんだ!なんて思っていた。

そうして転校してから2ヶ月くらい経って私は学校に行かなくなった。

学校をサボって近くのゲームセンター時間を潰していたら、別の中学サボり組の女の子に声をかけられた。

学校つまんないから行くのやめたって話をしたら、じゃぁ一緒に遊ぼうよって誘われて、2人して学校をサボってはその子の家で漫画を読んだりくだらないお笑いDVDを見たり、学校の嫌いなやつの悪口大会をしたりして遊ぶようになった。

ある日その子に初めてヘアアイロンを貸してもらった。

あっという間に私のくせっ毛が嘘みたいにサラサラでまっすぐになった。

透明のマニキュアを塗りあいっこした。オススメの安い化粧品を教えて貰った。流行りのモデルが着てるのに似た服をしまむらに買いに行った。

膝下まであった制服スカートは怒られないようにギリギリ膝上くらいまで短くして、リボンをちょこっとだけ緩くした。

毎日化粧水を塗って毎朝髪をヘアアイロンでまっすぐにして、そういうことが当たり前になったある日、何だったか用事があって私はふらっと学校に行った。

転校した日に私に「ぶっさwww」と言ったあの子が「えっ、髪の毛いいじゃん」と声をかけてきた。

話してみたら、案外そんなに悪い子でもなかった。

つの間にか友達が出来た。

教室ファッション誌を囲んで、お揃いのヘアピンを付けて、休みの日にはちょこっとだけメイクをしてら遊びに行くようなくだらない人間になった。

自分はそうなれないから「くだらない」なんて拒絶していた世界は、なんだか楽しかった。

ちょこっと見た目に気を使うようになっただけで、世界は明るかった。

そりゃ中身だって大事だけどさ、中身がどうでもいいとは言わないけどさ、でもそう言うけど見た目が生理的に無理な人とは仲良くなろうとすら思わないでしょう?

そういうことだと思うんだよ。

私なんか中身は空っぽで頭も空っぽで、こんなくだらない文章を書いちゃう程度の頭だし、そして友達のことを心の中で馬鹿にしちゃうくらいには性格も腐ってるけど

ちょこっと髪を明るく染めて、流行りのメイクを覚えて、毎月ネイルに1万も使って

そうすればなんだか友達も出来るし彼氏も出来るし、中学生の頃ぼっちだったなんて嘘でしょって言われるように生きられるんだよ。

今も見た目に固執している自分のことを自分でくだらないなって思うし、そういう風潮のこの世界もくだらないなって思うし

多分そうやって第三者目線でくだらないななんて冷めた振りして見てる私はすごく痛い人間だと思うけど。

まぁつまり人間見た目だけそれなりになってれば中身なんかこんなクソでも空っぽでもなんか生きていけるんだよってこと。

私は外見至上主義

2018-03-01

anond:20180301083429

典型的ジェンダーに基づいた偏見

実際は男も女も関係なく、一定以上閉塞した組織空間人間複数いるだけで、ある程度ドロドロはしてくる。

サラリーメンをじーっと見てるとしみじみする。こいつら女子中学生のような(ジェンダー的に不適切表現)ところがすごくあるなと。

出世ルートに乗りたいというミッションを、大人らしい勝負駆け引きのように思い込んでいるから気付かないが、

やってることは子供たちの、スクールカーストで快適な地位に落ち着きたいというメンタリティと同じ。

まれものを手に持って生まれてきた人間と、蹴落としたいものや、余禄にあずかろうとするものや反発するものなどが、

あーだこーだ、仕事の割り振りから、昼飯をだれと食べに行くか、誰を飲みに誘うかなどをテーマに日々ギシギシと軋んでいる。学校と全く変わらない。

2018-02-20

anond:20180220220605

オタクってスクールカーストで虐げられてたからか分からないけど、オタクの中でもカーストを作る傾向にあるからあなたはそのカースト裾野の方なのでは?

2018-02-18

キャバクラの痛客

Twitterとかでキャバクラの痛客のLINEトーク画面スクショなどが晒されているの、特に何の疑問も持たずにゲラゲラ笑ってたんだけど、ふと切なくなってしまった。

学生時代スクールカースト上位の人たちが下位の人たちを嘲笑していたのを思い出す感じ?

晒すだけならまだしも、そこに罵詈雑言が混じってくると、少し恐怖をおぼえる(無駄罵倒する文言があると、もはや呪いしか思えなくて……)。

当人にとっては身に降りかかった災難でしかないことを、「ネタ」という形で昇華するのは良いと思う。思うんだけど、人権〜!って気持ちにもなってしまった……ああ……

ところで、今日グレイテスト・ショーマンを観てきた。

無難ストーリーに、ド級パフォーマンスって感じ……?良かったけど、何となく物足りない気もした。何が足りないんだろう?

お代わりはしないと思うけど、大きなスクリーンで観てよかった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん