「デリケート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デリケートとは

2018-11-20

Love is on line

表題は、私の好きなキリンジの歌です。(作詞作曲 堀込高樹

-----

言葉の泡を掻き分けてゆく

僕は何を探しているのだろう

君ひとりにめぐり逢いたいのさ

-----

私、この歌詞の部分でいつも泣くんです。

キリンジは本当に素敵な曲がたくさんあるのですが、それはまた別の機会に。

この話は、ちょっと長くなりそうなのでいつものツイッターではなくこちらに置くことにしました。

最初もっと引きのあるキャッチータイトルにしようと思っていたけど、こちらは匿名とはいえ鍵つきでないため、各所に迷惑をかけそうなのでやめました。なので当たり障りなく、いかにもありきたりなタイトルに仕上げました。

でもそれでいいんです。私は私をよく知るフォロワーさんだけに届けばいいと思っています

どうか私の話を聞いて、受け止めてほしい。

簡単に言うと、失恋の話です。

子持ちバツイチ女が若い相手にこっぴどくふられたカッコ悪すぎる長い話です。

この二文であらかたの内容は伝わったと思うので、お時間のない方や私を励ます気のない方はブラウザバックを推奨します。

一瞬でもお目に留めてくださってありがとうございました。

具体的に書くことはいくらでもできるのですが、あまり具体的に書くと相手の方の特定につながってしまうので、敢えて具体性を省くことにします。それでどれだけ伝わるか不安ですが…。

〜〜〜〜

ええと、まず「事実小説より奇なり」というのを感じた出会いでしたね。

その人とは、とあるサービス業の客(私)とスタッフとして出会いました。

今年の10月初旬でした。まだ1ヶ月半しか経ってない。

(それにもかかわらず、残念ながらもうその人とお会いすることは無いのですが。)

私は現在離婚調停中で、夫と別居しており、子供達とひそやかに暮らしております

結婚生活がうまくいかなかったこと、夫にありのままの私を大事にしてもらえなかったことは、少なからず私の自信や自尊心を奪っています

私はもう人を好きになることはそう無いだろう、恋愛する時間もないし無理だな、一生ひとりで過ごすのかもしれないと思っていました。

でもこれまでも一人で過ごすのは割と好きだったので、まぁ問題ないだろうとぼんやり考えておりました。

ちなみに、別居イコール婚姻関係破綻司法的にはみなしますので、自由恋愛OKではあるのですが、世間的には婚姻間内恋愛バッシング対象となりますよね。だからせめて籍が抜ける前は恋愛の話は自重しようと思っていましたが、一人で抱えるのはつらすぎるので、書きます

〜〜〜〜

話が戻ります

離婚目前となって、一人で生きることを受け入れ始めていた私でしたが、出会いを求めてなくても出会う時は出会うんですね。

もう恋愛なんてこりごりだと思っていたのに。事実小説より奇なりですよ、まさに…。

これ、本当に、不思議体験でした。

私はこれまでの人生であまり人を好きになって考え込むことが無かったのですが、その人のことはずっと考えていられました。

考えていると心がじんわり暖かくなるような…。

優しい気持ちになって、また頑張ろうって思えるような素敵な人でした。

わかりやす一言で言うと「推し」ですね…。

突然ですが、推しのどこが好きだったのか言ってもいいですか…!?

まず、声がとても好きでした。とても落ち着く声で、咳払い?の時の喉がなる音もすごく好きでした。

他人の声が好きだと思ったのは初めてのことで、自分でも驚きました。本人にも、声がすごく好きですと伝えました。

声って、その人の声帯や骨格が鳴らす音ですから、要するに身体全部が好きということなんだと思います。これは後から気づいたので結局言えず終いでした。

手や腕や、脚や、肩や、背中も好きでした。

顔がとっても可愛い人でした。

年齢は知らないけど、たぶん10歳近く年下だと思います

「会話に即レスするのが苦手」と言いつつも、ぽつりぽつりと、ゆっくり言葉を紡いで話す様が好きでした。

あと、

「お洋服が素敵ですね」

「髪が綺麗ですね」

「どちらかというと華奢だけどバランスのよい身体だと思います

など、かけていただいた言葉でどれだけ私が嬉しかたか

〜〜〜〜

推し出会ってからの私は、何故か途端に一人で生きるのが辛くなって、よく泣いていました。

一人で生きる覚悟を決めたけど、本当に好きな人出会たから、愛されたいと願ったのでしょう。

私は結婚相手大事にしてもらえなかったけど、私の子供達は誰かに大事にされてほしいし、私が得られなかった幸せをきっと掴んでほしいと、川沿いを散歩しながら涙することもありました。

〜〜〜〜

私が推しと会ったのは1ヶ月半の間に計4回、時間にしてたった10時間もないくらいです。

それなのにこんなに好きなのはおかしいんじゃないかな、恋は思い込みというし、若いから見たら単なるおばさんだし、うーん…と逡巡を繰り返しながら毎回会っていました。

それでも、おばさんならではの図々しさを発揮して、私は推し好意を伝えました。KIRINJIの「時間がない」よろしく、もしかしたら明日死ぬかもしれない、だから今こそ愛をあるだけすべて伝えておかなきゃ、と思いましたし。

好意といっても、声が好きとか身体が好きとか施術が好きとかに留めて、決して「付き合いたい」とは言わないようにしたのですが…。

そもそも店と客なので、プライベート関係を望むのはお門違いだとわかっていました。

でも、私は、推し好意を伝えられて困っていることをうすうす感じていたにもかかわらず、2回目以降、毎回ちょいちょい「好き」と言っていたのですね。

…素直さ、単純さ、ストレートさは私の良いところでもありますが、この場合は良くなかったと思います

世の中に、好意を向けられて困る人がいるなんて、考えも及ばなかった。その浅はかさは私が猛省すべき点です。

〜〜〜〜

ところで、ここまで私が推し性別について書いていないのには理由があります

推し性自認は「中性」でした。

身体男性だけど、心は100%男性ではなかったようです。

性自認の話はとてもデリケートことなので、私からは一度も聞いたことがありませんでした。

ただ、色々複雑な思いや経験をしてきて現在推しがあるのだろうと、その人間性尊重していました。

私自身、推し性別については、最初はよくわかりませんでした。顔は女性のように綺麗で優しい声をしているけど、肩幅や体格は華奢な男性身体だし、どっちなんだろうとしばらく悩みました。

でも、考えた末「男性でも女性でもどっちでもいいや、私はあなたが好き」という結論に至るのですが、これも結局言えないままでした。伝えておきたかったけどきっと困らせただろうな…。

先週、最後に会った日に言われたことです。

自分はあまり人を好きとか思ったことがないから、恋愛の話をされても何も答えられない。だから性別は中性と自称しています。」

…凄いことを言われたなと思いました。

確か私はそれに対して「そんな他人に言いにくいこと(性のこと)を聞くつもりは無いので、言いたくないなら無理に言わなくていいですよ」と答えたと記憶しています

セクシュアリティカミングアウトを受けるなんて滅多に無いので、どういう意図なのかしばらく考えていました。

考えた仮説は

自分セクシュアリティについてオープンな人である

②私に全く興味がないどころか嫌悪している、つまり拒絶の意

…のどちらかでは?と思いました。その答えについて、次に会ったら聞こうと思っていたのですが、結局聞けず終いとなりました。

そして今日、その答えは②だったのだとわかりました。

昼過ぎに、運営から「会員登録抹消のお知らせ」メールが届きました。

中身を確認すると、私が「本サービス担当者羞恥不快困惑させる行為」をしたため、今後永久に当該店の利用を禁止するといった内容でした。

身体が凍りつきました。

「あぁ、たぶん、好きと伝えたのが悪かったんだな…」とわかりました。私の発言のせいで不快にさせて困惑させてしまったのだと。

好きでもない女に迫られて、気持ち悪かっただろうな、怖かったよな…申し訳ないな…と思います

とはいえ、勤務時間中でしたので、動揺しつつもつとめていつも通りに仕事を終えましたが…。

退勤後、推しツイッターアカウント確認すると、ブロックされていました。

これ以上ないくらいの拒絶です。

出禁ツイッターブロックひとつでできる時代になったんだなぁと、変なところで感心しました。

〜〜〜〜

…これが、今日私が落ち込んでいた理由です。

フォロワーさん方には大変ご心配をおかけして、沢山の温かいお声がけをしていただきました。

本当にありがとうございます

この数日、多くのフォロワーさん方と直接お会いする機会があり、とても有り難いことに「可愛い!」と沢山言っていただきました。

すごくすごく嬉しかったです。

普段は勤務先の人間関係環境があまり良くなくて、他人から褒められることなんてほとんどなく、

また家では子供達の奴隷のような日々を過ごしている私にとって、皆様からいただいた励ましのお言葉はきらめく宝物になりました。

から感謝気持ちでいっぱいです。

可愛いから大丈夫再婚できるよ!」とも励ましていただき、とっても有り難かったのですが、

でも今の私はたった一人の好きな人に好きと言ってもらいたかったのです。

贅沢な話ですが、どれだけ沢山の人に可愛いと言ってもらえても、本当に好きな人が私を好きでなければ全く意味がないと思いました。

35年生きてきて初めて、好きになってもらいたいと渇望した人でしたので。

本当に、君ひとりにめぐり逢いたかった。

でも私にとって大事な人でも、相手が私を同じように大事に思わなければ、結局は独り相撲なんですよね。

なんて恋をしたんでしょうね。カッコ悪。

でも、さすがにブロックされてまで追いかけるほど私はメンタルが強くないので、潔く諦めます…。

…というわけで、明日からはまた、恋愛と縁遠い35歳子持ちシンママに戻ります

もうきっとしばらく恋はしないだろうなと思うけど、また好きになれる人と出会えるのかなあ。

〜〜〜〜

そういえば最後に会った日、推しのコンディションがあまり万全でないよう(口数が少ない、表情が乏しい)なのが気になって、私はこんなことを言いました。

あなたは嘘がつけない人なんだと思います今日は疲れていらっしゃるのでは?口数が少ないので。

私はあなたと、サービス提供だけでなく人間として言葉を交わしたいと思っています

もしあなたを困らせたら私は悲しいし、せっかく会っている時に悲しい思いをしたくないし、させたくない。

しょんぼりした気持ちで帰りたくないんです。

からもし私が嫌なことを言ったらはっきり言ってくださいね

私はもう悲しくなりたくないんです。」

…誠心誠意を尽くして伝えたはずだったのに、どこか間違えてたみたいです。ダメ出しはしないでくださいね

残念ですが、きっとご縁が無かったということなのでしょう…。つらい…。

〜〜〜〜

余談ですが、当該サービス運営には少し思うところもあります

推しとの関係においては私は決定的に拒絶されましたが、それは対個人問題であったと思います

ツイッターブロックされたこと、出禁になったことは、顧客門前払いすることであり、会社利益を損なうものではないのでしょうか…?

私は高単価の良客ではなかったので、出禁にしても問題ないと判断されたのかもしれませんが。

あと、運営カスタマーセンターに問い合わせた際、私の携帯電話からは何度かけても繋がらず、公衆電話からだと繋がりました。

おそらく携帯番号をブロックされているのだと思います

しか公衆電話からかけた際、携帯に折り返しますと約束されましたが、結局かかってきませんでした。

当該企業経営理念には共感できる点が多くあり、私も転職を考えていたので、今回のことで転職候補も一つ失うことになり、大変残念です…。

また一から転職先を探さないとなあ…。つらい。

〜〜〜〜

最後に、最近よく聴いているキリンジの「タンデム・ラナウェイ」という曲に以下の歌詞があります。(作詞作曲 堀込高樹

-----

人生って不思議

すべてが手遅れのようでいて

始まったばかり

そんな気もするね

-----

推し出会って、私の人生も始まったばかりのように感じていたけど、やっぱり手遅れなのかもしれない…と痛感した悲しい出来事でした。つらい、しにたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

(終)

2018-11-06

anond:20181106221018

それらをイコールで結ぶのは暴論だと思うが、

真面目に性欲というものを考える時、それを悪いもの、あるいは軽いものとして扱うのが変なんだよな。

夫婦セックスレスやED、更年期障害みたいな話であれば、デリケートに扱われる深刻な話になる。

この辺り、子作りではない性への嫌悪ベースにあるような感じがする。

男が結婚しなくて済む方法を考えた

そんなの彼女作らず、彼女ができたとしても婚姻届に印押さなきゃいいだけなんだけど、ここでは「結婚しなくていいの?」とか気軽に聞いてくる奴(以下、エネミーと呼ぶ)を周りから減らすことができる方法を考える。

 

去勢する

一番取り返しがつかず、一番きっかけが必要しかしそれ故に強さとしてエネミーにバツの悪さを味わせることが可能で無敵。

難病去勢せざるを得ないみたいなエピソードがあれば完璧

 

婚約者結婚前に亡くなった事にする

これもエネミーをデリケートな部分にズカズカ入り込むKY化させる事が可能なので無敵。

毎週必ず故人の墓参りにいっているエピソードがあれば義理堅くて愛情深い人になれる。

ただし、KKOには無理なのと、条件が複雑すぎ。しかも、本当に婚約者がいた人なら上記のようなゲスの考え方はせんだろうしありえない存在となる。難しい。

まり、お寺の住職や墓の管理人が有料サービスとして架空彼女の墓を作ればいい。そして、その彼女の墓はブッキングしないように、立ち入り可能時間10~30分区切りで決め、思い出のアリバイづくりをどこかの写真スタジオが請け負い、何枚か思い出写真を作りスマホにいれれば完成する。

 

LGBT、もしくは特殊性癖性癖が無いことにする

これが一番手軽。しかし、これの悪いのはエネミー撃退能力が皆無な事。

なんで物理的になにか失くなっていないとエネミーはデリケート問題にしたがらないかという問題は置いたとしても差別はなくなる方向に向かってはいるが一定の人からは奇怪な目で見られるのが痛い。

あと、結婚が緩和されると、間違いなく同じ目に合うので対症療法的な解決策にしかならない。

 

宗教でっち上げてその宗教結婚を禁じられていることにする

そういう宗教存在してくれればでっち上げ必要はないんだけど、まぁ、間違いなく存在してもカルト的なのでおかしな人扱いされる。

まぁ、ネットで出来た新興宗教とか言っておけばエネミーも触れないでおこうとなるだろう。

そして結婚する事になっても「彼女のおかげで洗脳が解けた」とか言って簡単に抜けることが可能なので手軽ではある。

2018-10-27

別にいいんだけどよくない話

30代半ば独身女なんだけど、

最近久しぶりに会う男性に立て続けに「太った?」って言われる。

実際この1年くらいで10kgくらい太ったので、

いいんだけど、

いいんだけど、

普通女性にそんな平気で「太った?」って言う?

事実からいいんだけど、いいんだけどさぁ……

気にしないことはないんだけど、言っても平気なキャラだと思われてるんだろうか…

ちなみに女性はやっぱりそんなことは言わない。思われてはいるんだろうが。

追記

実際太ったんだからそう言われても仕方ないし、

そんなこと気軽に言えないくら身体的・精神的に不健康に見えてるよりは言われるくらいのがマシだろうと思っていたにも関わらず、

実際言われると思いの外ショックだし動揺するので、

「太った?」って思ってた以上にデリケート言葉なので、あんま無神経に言わないようにしよう!と思った次第。

ちなみに今朝も久々に来たジャケットの前ボタンが閉まらない(泣)

2018-10-26

anond:20181025234039

うーん、現実幼児への性暴力がある世の中だから、気の毒だけれどそこは表に出さずに隠し通してほしいんだよな

増田加害者ではないかもしれないけど、それでも現実被害者存在するので、この話題デリケートだし深刻なんだ

2018-10-25

萌え絵エロじゃないけど

萌え絵エロではあると思っている。

自分に娘がいたら、街中で萌え絵が多く設置されているエリアや、書店児童書以外に萌え絵のあるコーナーには近づかないよう言い含めるだろうね。

萌え絵が設置されると男女関わらずオタクが大挙してやってきてここは自分たちのテリトリーだと主張しエロ大喜利をしたり学級会をしたり罵り合ったりするんだから、そんなところに子供は近づけたくない。

彼らがエロを楽しむのも、どこへ行くのも、大人としての社会的役割放棄するのも、何を表現するかも自由だ。

だったらこちらが自衛するしかない。

自分フェミニストでも性嫌悪でもないが、日本は多くの人が他人プライベートだったりデリケートな部分に対して、なんの配慮もなく接してくる国だ。

子供にそういうことをしてはいけない&プライベート自分で守れるようにもなれ、と教えていても社会が悪い見本やあるいは了承を得た上でそれを他人晒している見本(つまり応用編だ)が社会に溢れていれば、なんの説得力もない。

いわば一生懸命掃除をしている前でゴミを撒き散らされているようなものだ。

ならそこから離れるしかない。「嫌なら見るな」ってやつだ。

他力本願なことを言うと、他の親や学校ももっとこういう警告を子供達に教えてあげてほしい。

萌え絵下品グラビアが近づいてはいけない目印として機能して住み分けができるのなら表現自由も守れるはずだろ?

2018-10-24

anond:20181024123334

清潔感いってる本人たちは、あまり性的意識はない人多いんじゃないか

自分が思うに、女性社会価値観というのは(主語デカいけど許せ)、女性の化粧にしろ男性清潔感しろ

本来性的パートナーとなる相手に求めたいと思うような条件、それ以外の相手にはそこまでしなくてもいいような条件を、

全ての人に対して適用してしまっているようなところがあると思う

直接肌やデリケートな部分を触れ合う相手には、理屈抜きで好感度がある程度以上なきゃ無理、ってのはまあ理解できる

倫理的にそれで正しいかどうかはともかくね

でも、そこまでしない相手に何でそんなに好感度求めるの?と思う

2018-10-21

服装、頭髪、価値観、見た目、恋愛友達恋人家族

場合によってもあるけど性別大変めんどくさいし、それに総じる問題がめんどくさいし分かってくれないし理解がない人に説明するのも自分説明するのもめんどくさいし、どうせ何か思われるんだろうな。性別不詳か中性がいいですね

話によってはだいぶデリケート問題とか話になってくるのにそれを聞かれたり出されたりするのは本当に困るし、人間関係面倒だな……みんな不性別、中性だったらいいのになあ

2018-10-18

オタク他人の「嫌い」に負けた話

厄落としのつもりで書き捨てる。

サブカルオタクをそこそこの年数やっている人であれば、好きな作品アニメ化コミカライズノベライズ舞台化、実写化した経験がある人は少なくないだろう。いわゆるメディアミックスというやつだが、コンテンツ提供側の思惑はさておき、既存ファン立場からするとよいことなのか悪いことなのか、実際に体験するまでわからない。

せっかくアニメ化したのに原作で好きだったシーンが悉くカットされていたりとか、実写化したのにおでんの具にした方がまだましな大根役者推しを演じてたりとか、まあそういう感じのがっかりメディアミックス枚挙にいとまがない。反対に、メディアミックスが人気を博してファンが急激に増えた結果、新参古参原作信者)の間で溝ができることもある。

で、これを書いている私は、割とメディアミックス前の原作をひたすら愛でる、いわゆる古参原作信者になってしまうことが多かった。学生の頃はアニメに期待をかけすぎたせいで「あんなに楽しい原作がどうしてこんなアニメになった!」「アニメだけ見た人に『原作もつまんなそうだな』と思われるのは嫌だ!」と何度も泣いた。

だいたいメディアミックスに潤沢な予算をつけてもらえるような巨大ジャンルにハマることがあまりないので、仕方がない。予算がない→アニメ等の出来がいまいち新規ファンがつかない→新参ファンが現れないので、古参新参バトルで思い悩むことがない…というのはまあよかった。

なお某覇穹は許す許さない以前に、思い出すと感情が虚無になるからなにも言えない。言えないんだ。

本題。そんな自分が珍しく新参側にまわったジャンルでのことだ。

もともと歴史の長い原作があり、数年前にコミカライズされた。そのコミカライズされた漫画にハマり、漫画の最新巻の内容よりもさらに先を知りたくて、綱を手繰り寄せるような調子原作にもハマった。ストーリーおもしろいし、キャラも魅力的だった。

私と同じように、漫画からハマって原作も好きになったという新参ファン大勢いた。しかも昔から原作が好きだった古参ファン漫画好意的に受け入れてくれている人が多かった。原作おもしろいのが大前提として、漫画版の評価客観的に見てとても高いのだ。ファン歴を問わず語り合える友達がたくさんできたのは、幸運だった。

そのうち、二次創作も始めた。ありがたいことに、何冊か出した同人誌好意的感想をたくさんいただいたりもした。オタクライフは充実を極めていた。

そんな中、ツイッターで知り合ったのがAだ。推し共通していた。

原作をていねいに読み込んで熱心に語っている人だった。ジャンルオフ会で実際に対面してみると、清楚で物静かなお嬢さんといった雰囲気女性だが、話す内容はズバッとしていてキレがいい。オタクらしくややこじらせている。ツイートの文面から受ける印象そのままだったと思う。

そのオフ会を機に、首都圏近郊の同士数人が集まってごはんに行くことが増えたので、私もAも飲み食いしながら推しを中心に原作のこと全般について語り合った。これまた充実していた。

そんな中で、私も他の人も、Aが長いこと我慢していたことに気づかなかったのだ。

Aの正体は、だいぶこじらせた原作信者だった。こじらせすぎて漫画版のアンチになっていた。

ツイッターではそれらしいそぶりは見せなかったが、オフで会っているときに「私あまり漫画版好きじゃないのよね」「(私)さんは原作好きなのに漫画も好きなの?」と言っていたこともあったような気がする。そのとき正常性バイアスみたいなものが働いて、それほどの人だとは認識できなかった。

そのうちAはツイ垢を非公開にしたりなんやかんややった。次に私が見たときには、FFから私やジャンルクラスタの名は消え、プロフィールに堂々と「漫画版が死ぬほど嫌い」の文字が載っていた。

以前Aとつながっていた人たちもこれに気づき対象をぼかしつつ「あの人どうしちゃったの…?」「仲良く過ごせていたと思っていたのに悲しい」とつぶやいていたことをよく覚えている。

先にも書いたように、漫画から参入してきた新参ファンが多く、また漫画版を好意的に受け入れている古参ファンも多いジャンルだ。漫画の最新話が出るたび、フォロイー全員がそろって「最新話のここが最高だった!」「今後の展開を踏まえてこう変えてくるなんてさすが!」等絶賛するタイムラインは、Aにとってさぞ居心地の悪いものだっただろう。

いったん区切りをつけたつもりのAは、プロフィールのみならずツイートでもこれまでの鬱憤を晴らすかのように、大っぴらに漫画版を叩き始めたのだ。

もうだいぶ前に見たきりなのであいまいだが、Aのつぶやきはこんな内容だったと思う。

このあたりで語られている改変はもちろん事実で、原作漫画の両方を兼任するファンからは「漫画という表現媒体ジャンル時代に合わせた改変」と受け止められている箇所だ。

ここが改変されているから嫌い、というボーダーラインは個々人で差がある。ドン引きしつつ、そこが嫌いならまあしょうがないだろうなあ、と思う自分もいた。

で、さらに遡ってみると

などのツイートも出てきた。

総合すると、Aは

漫画版作者が直接制作しているわけではないので、漫画派生アニメは許容する、ということらしい。私にはちょっと理解しがたかったが)

ということが読み取れた。

自分を含め、それまでジャンル内でつきあってきた人たちは、原作漫画版のどちらも好きな人ばかりだったので、交流を切られる対象となったのだと思う。仲良くしていた時期のツイート風貌を知っていると、Aが豹変したように見えた。

結局Aはツイッターから姿を消したが、Pixiv二次創作の新作を挙げるたびに、その作品キャプション漫画版を口汚く罵り続けていた。初めは彼女のことを気にかけていた人たちはいなくなったのは自然の流れだ。代わりに、Pixivの新作が上がるたびに「またあの人暴れてるよ…」というニュアンスツイートがこっそり流れることもあった。私は無駄と知りながらも彼女作品(中身は見ない)を「違反報告」し続けた。

過去、別ジャンル古参原作ファンだった自分を思い出すと、好きな作品メディアミックスが気に入らなかった場合はその媒体をなかったことにして原作だけ楽しむようにしていたと思う。なにかの拍子に思い出してしまったときは、気心の知れたジャンル友達と「ほんとあの実写版主人公セリフ改変わけわかんなかったよなー」などと笑い話のネタにするのだ。

Aがそうできなかった理由は、まあわかる。好きなものを存分に語り合えるファンはたくさんいたのに、自分と好悪を同じくするジャンル友達に巡り合えなかったからだ。彼女孤独だった。漫画版のあれもこれも嫌いだ!と愚痴を言える場所は5ちゃんねるしかなかったのだ。

その後ずいぶん経ってから、結局私はそのジャンルを離れることにした。たくさんの友達ができたし、まだまだ好きでいたかったが、「そのジャンルを好きでい続けるメリット」を「そのジャンルを好きでい続けるデメリット」が上回ってしまたからだ。

デメリット理由はいくつかあったけれど、Aの件も含まれた。Aの強烈な「嫌い」という名の毒ガスを浴びた結果、自分の中の「好き」という気持ちが弱っていたのだと思う。

偶然とは恐ろしいもので、今週、久しぶりにAのツイ垢を見つけてしまった。つい最近まで鍵垢にしていたのを公開にしたらしい。

彼女は元気だった。元気に(鍵垢で)漫画版叩きをやっていて、「そろそろ漫画版のファンも少なくなってきたから外に出てもいいかな」(意訳)とつぶやいていた。

またあの疲労感に見舞われた。できる範囲健全に楽しもうとしていた自分のふんわりした「好き」という気持ちより、Aの確固とした「嫌い」という気持ちが勝ったのだと思った。なんというか、次元がちがった。

手持ちのすべてのアカウントでAをブロックした後に、これを書いている。

一般的幸福快楽を伴う「好き」という気持ちは、あまりにもデリケートで、自分の手で守らないと弱ってしまう。他人であるAをどうこう変えることはできない以上、私は早めにAの存在シャットアウトして、私の「好き」を守ってあげないといけなかったんじゃないかと思う。まあ相手ブロックする以外に具体的な守り方はわからないのだが。

おそらく死ぬまであの調子のAを内包して、ジャンルは今後どうなるんだろう。もう自分には関係ないけど、ちょっとだけ気になった。

2018-10-16

anond:20181016141802

彼らがはてサかは知らんが、はてなには何人かいるよな。勿論、ブコメ非表示にしている。連中に言葉デリケートなフリをして欲しくない。

とりあえず「文章力すごい」ってコメントするのやめろ

ブコメでよく見かける「文章力すごい」「文章うまい」とかいコメント

何かの告発犯罪被害とかの話でバズったエントリには99%書かれている。

性犯罪セクハラ関連だとほぼ100%書かれている気がする

ついさっき見たやつだとこれ

女性とのセックス男性の個を承認するものじゃない

https://anond.hatelabo.jp/20181016023133

hilda_i 文章力すごい。増田にいいことありますように。


ピンクリボンなんか糞くらえだ

https://anond.hatelabo.jp/20181014032639

htnmiki なんて読みやすいんだ。別の話題でもまた書いてくれ。好きなものについてとかでも。

デリケート話題からおそらく良いコメントが思いつかなくて書いたんだろうけど

だったらはじめから黙ってろと言いたい



~でも否が応でも書き込みたいんだろうな、そこそこスターがつくから

こういうやつがいいね欲しさに適当なこと言ってデマ広めたり余計な対立煽ったりするんだ

2018-10-14

anond:20181014142418

ほらってなんやねん

初めて口きいたわ

デリケートちゃん過ぎるから少しずつでいいから慣れていきなよ

2018-10-13

anond:20181013185741

あの記事が言いたかったのは「物事を論じるに当たって大きな主語で語るのは良くない。それはエリート主義的であって、この背景にあるのはデリケート問題を論じる事を忌避する土壌があるからだ。まず現場大事民主主義言論の自由の基本はそういうとこだぞ。」という内容じゃないか

平易な言葉で書かれていたが、とても難しい問題について言及しているので二度、三度読んでようやく意味理解したが、ブコメ的外れ意見だらけで、正確に読み取れた人の方が少ないんじゃないかと思いました。日本批判は、記事中でバッチリされてるから、そっち方向で戦えばよかったのに。あれ読んで中国どうのこうの言ってる奴は全員バカじゃねえの?もちろんお前もだぞ。増田よ。

2018-10-11

anond:20181011044049

何故これで増田が叩かれてるか分からない。

真の友人ならどんなに際どいデリケート話題でもぶつかり合えってか?

増田対応が雑だと思うが、友人も無神経だと思う

キズナアイの件「特に感想はない」と返したら叱られた話

まぁ僕の配慮も足りなかった自覚はあるけれど、キズナアイについて知人から話を振られ、その熱弁を聞き「これってどう思う?」と言われたので「うん、特に感想はないかな」と返したら叱られてしまった。

「そういう無関心さが他人を傷付けている自覚はないの?」と言うので一応は弁明させて貰った。

「いや違うんだよ、個人的に興味深い騒動だとは思う。興味深い騒動だとは思うが僕とアナタ関係においてデリケート過ぎるから感想がないとしか言えない」みたいに弁明した。

「どういう意味?」と聞いて来たので「一部で良くも悪くも評判のたかキャラクターへの評価で僕のアナタ関係に亀裂が入るのは望ましくない。たかキズナアイのために」のように返した。

そうなのだ僕はこの知人を気に入っている。知人というか内心は友人になりたいとすら思ってる。

僕と知人の関係性への価値に比べればキズナアイ騒動なんて下らないと言い切れる。

知人には伝えてないけれど僕がキズナアイ騒動について最初に持った感想は「下らない」だったんだ。

この知人とキズナアイ騒動議論する上で、僕はい地雷を踏むか解らない状況で言葉を選びながらビクビクと話すくらいなら、キズナアイ騒動議論する必要性なんて本当にない。

ぶっちゃけて言ってしまえば僕は知人との関係性の価値に比べればフェミニズムとはジェンダーとか本当にどうでも良い。デリケート話題には触れたくもない。

しかしたら「アナタはその知人の味方ではないのか?知人が傷付いているなら味方するべきだ」と言う人が居るかも知れない。

その通り、僕は知人の味方。

ただ、僕はキズナアイの敵でないんだ。

何故わざわざ下らない事柄に対して敵認定しなきゃいけないんだ。

僕はこんな事よりも自身の交友関係の方が大事だ。

からこそ僕はキズナアイも敵に回すことはないだろう。

2018-10-10

anond:20181010133111

違うのは性別くらいだよな。それぞれ自信の女のプライドや男のプライドを守るための戦い。どれだけデリケートで満たされてないプライドなんだよ。

2018-10-07

anond:20181007150727

なんで人のデリケートな部分をお前なんかに教えなきゃならないの?

2018-10-05

彼氏できた」と言われたので「おめでとう」と返したら

正確な言葉は覚えてないけど「彼氏ができるのは普通のことだから、なんでおめでとうって返されるのかわからない」というニュアンスのことを言われてしまった。

そういう返しが来るとは思わなかったので、「おめでたいと思ったからそう言っただけだよ」などと咄嗟に返すこともできず、会話はあやふやに終わってしてしまった。

それが学生の時。

2、3年後、社会人になってからその友達から披露宴の招待状が届いた。結婚相手上記の時の彼氏かどうかはわからない。

その時「彼氏ができることはおめでとうと言われることに値しないのに、結婚はお祝いするに値するんだな……」と思ってしまった。彼氏ができるのと結婚するのは別物だから当たり前と言われれば仰る通りなんだけど。おめでたい席なので出席した。ドレスを着た彼女はとても綺麗で可愛かった。

この前、上記彼女とはなんの繋がりもない別の友人たちと飲んでる時、

友人A「そういえば彼氏できた」

友人B「わーおめでとう!」

友人A「ありがと!」

というやりとりを目の前で見て、「そうだよな、彼氏できた→おめでとう→ありがとうはそこまで外してないやりとりだよなぁ……」と改めて思った。

彼女のことは大好きだし、今でもたまに遊ぶけど、時々そのことを思い出してしまってどんよりとした気持ちになってしまう。

私はその時彼氏ができたことは一度もなかったし、はっきり話したかどうかも定かではないけどおそらく彼女もそのことを知っていたと思うので、「普通彼氏ができないあなた普通から外れている」と言われた気がしてなんか凹んでしまった。

ちなみに私は「彼氏欲しい」などとは彼女の前でも誰の前でも一度も言ったことがないし、特別欲しいわけでもないので彼氏ができるような努力もしていない。

というか、私は男性女性恋愛感情性的欲求を持たないアセクシャルと呼ばれるセクシャルマイノリティーなので、彼氏をつくるのも彼女をつくるのも無理だ。一度告白してくれた男性と付き合ってみたが、恋愛感情を向けられるのがどうしても駄目でやはり別れてしまった

彼女は他の友達に「おめでとう」と言われた時も同じように返していたのか?

もはや被害妄想の域だけど、あんな返しをしたのは私にだけなのでは?と思ってしまう。

しかしたら私が気づかない内に上から目線でおめでとうと言ってしまったのか?でも上から目線で何か言える立場じゃないのにそんなことするか?何か彼女カンに触ってしまったのか?とついつい考える。

彼女海外旅行する予定だったけど、彼女妊娠したので見送ることになった。

旅行の予定が入っているとわかっているのになぜ子作りしているのか?と思わないでもなかったけど、他者には入り込めない夫婦デリケート領域のことだし、単純におめでたいと思ったので「おめでとう!」と言った。彼女は「ありがとう!」ととても素敵な声で返してくれた。

もはやこうなってしまっては、妊婦さんになった彼女学生時代を掘り返して「あれはどういうことだったの?」なんて聞けない。

一生答えにたどり着けないんだからもう忘れてしまえばいいのに、何年経ってもぐずぐずと考えてしまう。

まぁ誰でもそういう返しをしたくなる気分の時もあるよな〜と流せないのが嫌だ。心の狭い女だ。

こうして増田に書き捨てたからには、今後あまり頻繁に思い出し過ぎて凹まないように努めることにする。

元気な赤ちゃん産んでください!可愛い赤ちゃんに会えるのを楽しみにしています

2018-10-03

何がポリコレだ!貴様の中のコリコリを俺の棒でパリパリしてやればいいんだろうが!

性器デリケート場所なんだから傷付けないでよ!!!!!!!!

2018-09-27

新潟市長選、最近新潟日報記事

昨日は枝野幸男インタビューで、

野党同士理念は違うので共闘ではなく、連携必要と答えたり、

今日の立憲・国民社民連合新潟会合で、その会長が「情勢が厳しい」と言っている。

労組右派の巻き返しがあるようだ。池田千賀子(県議に戻るらしい)は社民であり自治労・旧総評系だった。

共産党共闘に踏み切ったため、小柳支援しないと言っているのではないか

逆に共産党も旧民進党敬遠しているから、敵意を持っているとみる。

小柳聡は当初、社共革新無所属(たぶん緑の党新社会党)で声をかけていたとか、

日報ではむしろ西村智奈美社民を介して共産党との支援を求めたとされているけれども。

民進党が固まった米山隆一世界線になっている。




因みに風間直樹で本当に参院選を戦うかはデリケート問題なので答えられないとした。

同じ上越国民党の梅谷守と差し替えるのかもしれない。

2018-09-10

WOWOW観てたんでセレナ大阪なおみの試合を書いてみた

今年の全米オープン酷暑に見舞われてリタイア続出だったんだけど、

女子決勝が行われた日の外気温は22度だった。

なのにアーサーアッシュスタジアム屋根は閉じられていたため、

コートは風も吹かず湿気がむんむん状態だったとのこと。

その前の大阪なおみとの試合では、セレナはなおみたんに負けている。

第1セット、序盤からセレナらしくないミスを連発し、なおみたんにリードを許すセレナ。(注1)

結果ゲームカウント2-6で第1セットを落とす。

セット終了時に、選手席のコーチからアドバイスを受けたとしてセレナコーチングの警告を受ける。

セレナは「私はそんな卑怯な事は今まで一度もやったことはない」と抗議。

それに対して主審はほぼ何も言わないので、セレナ自分の主張が認められたと考えていた。

普通だったらここで「私もそう思うけど運悪くそう見えざるを得ない状況だったので、仕事柄警告しないわけにはいかない」とでも言っておけば

セレナは矛を収めた筈なのだけど、主審はなんのリアクションもしなかった。(注2)

第2セット、サービスブレークされセレナラケットを折って警告(これは妥当な警告)

コーチングの警告とラケット折りで累計二つの警告となり、セレナポイントペナルティーとなる。

ペナルティーをとられたゲームが終わった後で、コーチングの警告が撤回されたとばかり思っていたセレナ

コーチングの警告に対してまた訴える。

朝日新聞記事だとポイントペナルティーに怒ったように書いてあるけれど、

セレナ徹頭徹尾コーチングなどというチートなことを私はしない!」と言って怒っていた。

セレナ「私がそんなことしない人間だと、あなた知ってるでしょ」

主審 無言

セレナ「しないって判ってるのに警告するなんてうそつき

主審 無言

セレナうそつきを3回位言う。

主審 無言

ゲームが再開され両選手立ち上がったところで主審セレナに対してゲームペナルティーを宣告。(注3)

うそつき」に対しての警告で、累計3回の警告でゲームペナルティーになったらしい。

これで第2セット3-4が5-3になる。既にワンゲームダウンだったセレナは貴重なブレークチャンスを失う。

これには場内騒然。

セレナレフェリーを呼んで、暫し訴えた後、納得はしていないが従うと述べて試合復帰。

このあとセレナは、この状況から考えればかなり良いプレーをし自分サービスゲームはきちんと守ったものの、

なおみちゃんゲームを奪えず、試合終了。

(注1)

かにセレナ調子が悪かった。新聞記事にも、ペナルティーがなくてもセレナが負けていたという観客の声が載っている。

でもどんな不調でも、微かな契機を掴んで調子を戻し逆転勝利に持ち込めるのがトップ選手

もしペナルティーでここまでこじれなかったら、フルセットもつれ込んで歴史に残る名勝負になった可能性もあった。

(注2)

主審の警告に選手文句を言うことはよくある。

それに対して主審は何故その判断に至ったかをきちんと説明している。

少なくとも私が観てきた試合ではそうだった。

それでも納得しない選手も、これまた多い。特に男子ごねる

ごねるけれど、審判選手試合に復帰させるべくすかしたり脅したりと、あの手この手選手を言いくるめている。

円滑な試合進行、これも主審重要な役目だからだ。

(注3)

これが今回最大の争点ではと思う。

更に警告を出すとき主審はその前に「警告だすよ」と口頭で脅しをかける。

たまに突然警告を出す場合もあるけれど、それはその前に散々言い聞かせ、「警告を出す」といっていたのに

選手が聞き入れなかった場合

その時は、選手が納得せずとも観客がこれならやむを得ないと納得するのだが、今回この流れで出たゲームペナルティーを納得した観客がいたのだろうか。

 私がこの試合をみて思った事。

この試合について直後から差別だという非難があって、私もそう思う。

この試合障害主審選手コーチングへの認識の相違であり選手のものではない。

主審は相違の溝を埋めようとしたのだろうか。それをせずいきなり選手排除に動いたように私にはみえる。

この審判は正しいという意見もある。ならば訊きたい。

男子決勝戦で同じ事が起きたことはあるのかと。

決勝で男子選手ゲームペナルティーを科して試合の結果を決められるのかと。

 セレナ大人しく従っていたらよかったのではとは私は思わない。

セレナ過去にも、コートサイドの愚痴を(コート内で言ったわけではない)わざわざマイクで拾われ、

それに対して大々的な批判をされた。

この時も当然ながら「男子もっとひどい事を言っているのに騒がれないのは何故か?」という声がでた。

命に関わる病気血栓症)のために着ていたウェアを「品位にそぐわない」として禁止した全仏のキャットスーツ騒動記憶に新しい

何度も何度も、あげつらわれ嘲笑され、人格否定されてきた経験の積み重ねだったセレナに、そうでなかった人と同じ態度を求めるのはフェアではないと思う。

そしてセレナが騒いできたからこそ、テニス界の差別が少しはよくなって、錦織大阪過去東洋選手よりは活躍できるようになったとも言える。

 忘れてはならないのは、セレナは抗議はしたが最終的にはペナルティーに従い、なおかつ表彰式では鳴り止まないブーイングを制止し

会場をコントロールすることで女王の貫禄をみせつけた。短気で怒ったわけではないのはこれをみてもあきらか。

自身の立ち居振る舞いが恥ずかしいと気づいたのか」などと書いた新聞記者は恥を知れと言いたい。

ユーゴスラビア紛争の真っ最中彗星の如く現れた、セルビアモニカ・セレシュ試合中に出す声が大きいと散々揶揄され、

グラフとの対戦中に暴漢背中を刺されてしまった。

アメリ・モレスモレズビアンであったためか、試合に勝つ度に「本当に女なのか」「検査しろ」などなど、デリケートに扱うべき問題をあげつらわれた。

これらに誰も何もいわなかったら、今のテニス界はどうなっていただろう。モレスモはマレーのコーチを務めていただろうか?

抗議することは重要だと思う。

この文で散々disった新聞記事朝日のこの記事ね。

大坂セリーナ、殺気立つ観衆静めた ブーイングが一転」

https://digital.asahi.com/articles/ASL9944QGL99UTQP01G.html

蛇足

騒ぎの最中、一人静かにコート脇を歩いて集中していた大阪なおみ選手、なんて大人対応なんだ!すごい!と思ったら

本人曰く「何も見てなかったので何もわからなかった」とのこと。彼女らしくて好感度あっぷ

2018-09-07

真性包茎自力で治せる

タイトルで「治す」という表現を使ったが,真性包茎病気ではない。単に亀頭が皮で包まれているだけだ。ただ,治したい人も多いと思うので自分体験談を紹介する。

俺は今高校三年生

中一の頃から,俺は真性包茎であることを悩んでいた。大人になったら手術でもするのだろうと考えていた。

高2になり,俺は真性包茎であることを本気で悩むようになった。

どうすれば治る?と思い,色々と検索してみた。同じように検索すれば,おそらく「キトー君」というものが出てくるだろう。

藁にもすがる思いで買ってしまいたくなるが,買わなくていい。自分で治せる。

治し方。

真性包茎は,入口が本当に狭い。そのわずかにある穴の皮をつまんで左右から引っ張る。最初は本当につまみにくいし,伸びる気がしないかもしれないがとりあえずやってみる。お風呂に入ってる時や,寝る前に5分か10分くらい伸ばす。

多少痛いくらいなら大丈夫だと思うが,痛すぎるほど伸ばさなくていい。

伸ばし始めて数ヶ月経つと,穴の中に指が入るようになる。穴に指を入れて外側に伸ばすほうがつまむよりも楽なはず。真性包茎入口だけでなくその周りも皮が伸びていないのでそこも伸ばしておくといい。

ここで注意事項だが,もし剥けそうになっても剥かなくていい,カントン包茎になるリスクもあるし,普通に痛い。刺激に慣れてないから。

基本的に上に書いたことを特に何も考えず習慣にしてもらえれば,なんだかいつのまにか剥けるようになっている。

皮を被っていた亀頭は非常に敏感で痛いので,無理はしない。弱いシャワーを当てたり,柔らかいタオルとかで慣らしていくのがいいかもしれない。

とまあこんな感じなんだけど,日本人で悩んでる人がいたらこ記事が役に立つと嬉しい。なんといっても股間という非常にデリケートな部分なので無理をして怪我とかはしないでほしい。ゆっくりと長い目で治せばいい。最初マジで伸びない。1ヶ月は何のためにやってるか分からいくらい伸びないが,頑張ってほしい。

真性包茎必然的に皮オナニーになってしまうと思う。しかしそれは普通オナニーではない。俺も剥いてから皮を使わないオナニーに変えたのだが,刺激が少ないし,痛いしで慣れない。だけど慣れなくちゃいけない。その代わりイッた時に精子が皮の中に入ってくなんてことはないし,精子の"出"の良さに驚く。個人差あるかもだけど普通に顔まで飛ぶ。

亀頭の刺激に慣れてくれば,新しいオナニーもできる?かもしれない。

清潔感で言えば剥けているに越したことはないはず。

"皮は伸びる。"

2018-09-05

何回か読み直して思ったこ

AbemaTV極楽とんぼKAKERUTV」で私が受けたハラスメント

https://note.mu/_momoco_/n/n13f540d53052

しかし彼らは私に対して、顔を真赤にして怒鳴ったり、「クソババア」「差別主義者」などの強い言葉罵倒したりすることはありませんでした。

>「仮面取れよ」

加藤氏は「俺らはオナニーする女をヘンな目で見ないのに」といったようなことを発言されました。

これは、桃子さんの活動本質尊重しつつ、

仮面というあまり本質とは関係ない部分で間合いを探りながら、番組趣旨通り騒ごう

という計算だった気が。

だけども、実はとてもデリケートな部分だったという。



>彼らが本当に仮面を取らせたいわけではないことはわかっています。彼らがしたいことは“いじめ”だった、と私は解釈しています

これも、次回出演する時に向けて「仮面をつけた」バイコレクターというキャラ視聴者に印象づけとこうという計算だった気も。


しかし、その部分は実はとてもデリケートな部分だったことに、芸人は気がつかなかったのだ。

普段実名活動して、あれこれネットで言われている人々だからというのもあったのかもしれない。


>地上派で見せる顔は、ネットテレビで見せる顔と明らかに違います。なんなら歯に衣着せぬ発言をする“良識派”という印象づけに成功もしています

芸人が”良識派”と思われることへの、複雑な感情桃子さんには理解できてないのかもしれない。

実はその部分が、こういう番組構成に繋がっていることに。



記事化をお願いしたのは、その「ネットテレビって何なの?」「ああいうことを許す場なの?」という疑問に答えが欲しかったのと、

そこは、芸人バラエティ番組歴史に詳しい人に聞かないと、ある一部分が隠された答えになってしまう気が。

芸人として望むもの番組として望んでいるもの、でも実際にできあがった番組の質とか、そのへん色々解説できる人に聞かないと。


ただ今はとにかく、桃子さんが受けた傷が癒やされることを望みます

2018-09-03

近似値的な内容で傷つくこと

https://note.mu/_momoco_/n/n13f540d53052

別に桃子さんが何か悪かったとか、あまり思わない。

感情表現せずに我慢すべきだとも思わない。

ズルいことをした罰だと、思うようなことでもない。

ただただ、深く傷ついてしまっている。

その感情を周りの人に説明されたら、そういうものだと納得するし、その説明がある面からいえば正しいともいえる。

>>それはなぜか? 私なりの解釈を追ってお話いたします。

ただ、こういう「低俗番組真実について

「私なりの解釈」だけで良いのかという部分がある。

自分だったらそれで良いのかなあ?という部分。

本当の裏舞台を知って傷つくのなら納得できるけど、近似値的な内容で傷つくのは、それでいいのか?的な。

番組を表側からしか見てない人の言葉に、納得したり、反論したりして、それで良いのか?的な話。

一般論として、

そこにはまるで問題ないし必要ない人がいる。

ただ逆に、そこがとても大切な人もいる。一部の人はそっち。

でも、知ったらより傷つくということも。

ガン告知とか、昔議論になってたんだよね。

今回の場合自分番組見れない状況であるということは、

とてもとてもデリケートな話だけどもね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん