「劣等感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 劣等感とは

2018-04-22

anond:20180421010539

中卒でもまともな職に就けるし劣等感など持たずに生きていけるとか思ってるのか。


おそらく全くそうだとは思って無く、

そうではないのが問題であり中卒でもまともな職につかせろと言ってる大卒以上のひとはたくさん見るが。

2018-04-21

生き辛そうなキャラは攻めだという話

私は結構なカプ厨なのだが、どちらかという攻め厨だ。

好きなキャラはだいたい攻め、左に置いてしまうのだが、基本的にはどのキャラも攻めだと思っている節がある。

攻めか受けかだけを問われればこの世の全てのキャラはひとまず攻めだと思っているため、カップリングを組む場合は攻め×攻めになる。

なので男女カプだろうがBLカプだろうがGLカプだろうが性別不明キャラが絡むカプだろうが、二人のうちより攻め度が高い方を攻めにする傾向がある。

私の中では受けという存在いくら希薄なので、このキャラは受け!といったキャラ特におらず、攻めヒエラルキーの様なものはあるのだが

その最下層に位置しているキャラでも、私の中ではどこまで「攻め」なのでひとまずは受けではなく攻めなのだ

いざ自分の好きなカップリングジャンル作品を問わず自分の中で一番攻め度が高いと思うキャラクター、攻めヒエラルキーの上位層を選出した際に

私が攻め度が高いと思っているキャラにいくつかの共通点がある事に気づいたのはここ数年だ。

基本的には常識人黒髪、多少の紳士要素を持ったのキャラを好きになりやすいのだが、それはあくまでも好きになる際の要素や好みのタイプの話であり、

攻め度を測る際にはあまり重要な要素になりえない。

私が攻め度を測る際に大きな寄り代としているのは、そのキャラ性格的に、あるいは作中での行動や言動描写的にどれだけ生きづらそうかという部分だ。

または幸せになろうとしない、幸せになりにくそう、幸せになるのが下手くそそう、などと言い換えても良い。

自分大事にしないキャラ、頭はいいし何事も器用にこなせる癖に性格不器用で誤解されるキャラ、常に劣等感や羨望に悩まされるキャラ

誰かを愛するのに躊躇してしまキャラ、己が幸せを得てしまうのが耐えられないキャラ、等がそれが当てはまる。

ここから性癖の話になるのだが、私はそういう生き辛そうなキャラクターが幸せになろうと足掻くのを見たり読んだりするのが大好きだ。

一人で放っておいたら永遠に幸せになろうとしないキャラ、むしろ幸せとは逆へ突き進むキャラが誰かと出会い何かをきっかけにして

幸せになりたい、その誰かを愛したい、その誰かに愛されたい、と思ってしまう瞬間を何度でも読みたい。

基本的にはハピエン厨でハピエンが大好きなところがこの嗜好の原因だと思う。

幸せになるのが難しいキャラが、幸せになろうともしないキャラが、自滅や不幸へと突き進む事でしか生きられないキャラが、

自分で「幸せになりたい」という感情を少しでも抱いてしまい、そこから彼らが自ら幸せになろうと足掻くのを見たり読んだりするのがとにかく好きだ。

最終的に幸せになってくれればいいので、幸せになろうと足掻く最中出会う試練やイベントの内容に関してはそこまで大きく重視していない。

ギャグや実は両片思いでした的エンドでちょくちょくある相手告白したら相手も「マ?私も好き!」みたいな2コマで終わるような感じでもいい。

大事なのは彼、彼女または彼ら彼女らが幸せになる事、ハピエンを迎えることである

彼が、あるいは彼女幸せになりたい!と自覚して幸せになろうとしてハピエンを迎えてくれれば別に攻めじゃなくて受けでもいいのではなかろうか?と自問した事もあるのだが、

私の中ではどうやら攻め=最初に愛する方、愛してしまう方 受け=最初に愛される方、愛されてしまう方 という認識があるらしく、私は私でまずそのキャラに誰かを自らの意思で「愛したい」と思い愛して欲しい

という嗜好があるので攻め(=最初に愛する方)に置いてしまう。最終的には攻めと受けは相思相愛になり愛し愛されになるので攻めも受けも「愛し、愛される方」となるが、

発端が受け側から片思いであろうとも、最初に手を出すのは、好意や好きという感情が愛に変わるのは、性的にハメる方になるのは生き辛さを抱えている、幸せになろうとはしないキャラの方が私の性癖に響く。

だんだんとめちゃくちゃな事を言っている様な気にもなってきたが、私の感情にはまとまりがついてきたのでこのままタイピングを進めようと思う。

上記で述べた「生き辛そう、幸せになろうとしなさそうなキャラ」が一方的に愛されてパコられて雌堕ち快楽堕ちからダブルピース決めて「幸せ…♥」みたいな感じの

エンディングを迎えるタイプのものはひどく苦手である個人的にはリョナ虐待と等しい行為と捉えてしまうためギャーッッ!!となってしまう。多分私はそのキャラが無理やりお薬や雌堕ち快楽堕ちで「し、しあわせでちゅ…♥」みたいなハピエン(?)の迎え方が苦手なんだと思う。な、なんて事をギャーッ!!!という心情になる。もはやこれがハピエンなのかメリバなのかバッドエンドなのかはイマイチ判別がつきづらいが、そのキャラがようやく得た幸せがそういう類のそれであるのに耐えられないのだと思う。(あくま個人性癖や嗜好として苦手、というだけで、否定する意図はないので好きな人好きな人で楽しんで欲しい)

あとは生き辛そうなキャラがひたすらに愛されるのを見ていると時折「お前が愛するんだよッッッ!!!!!!」みたいな感情が湧くのでそういうキャラには誰かに愛されるのではなくとにかく誰かをまず愛してから愛されて欲しいのだと思う。

あとは色々な意味で「ずるい」かどうかも攻め度を測る際に重要になる要素の一つだ。

颯爽と現れて颯爽とヒロインヒーローを助けて颯爽とキザな言葉と共に去って行くキャラ

主人公に意地の悪いちょっかいや、少し性格の悪いいたずらを仕掛けるお姉さんお兄さんキャラ

相手の優しさや良心に付け込んで相手が断れないと知っていながら相手に私を僕を愛してくれと請うキャラ

この辺りはあまりにも個人的な「ずるい」判定ゾーンが幅広く「ヤバい」的な意味の広さを持ちつつある事に

気づいたのでこの辺にしておこうと思う。

長くなったが感情と嗜好の整理はある程度ついたのでこれで終わる。

数学を頑張った人の幸せのために中卒に犯罪をさせる社会

ツイッター話題だけど、

そういうことなんだろうな、

中学でつまずいた人は、高校に上がるべきではないと言ってる人は。

まさか数学先天的能力に関わらず誰でも習得できるとか能天気なこと本気で思ってるわけないよな。

それとも、中卒でもまともな職に就けるし劣等感など持たずに生きていけるとか思ってるのか。

いや、アッパードル層の高学歴が多かったからどっちも本気で思ってそうだな。

2018-04-20

気づいたら仕事に行く方が楽しくなってたのはいからだろうな

若い時は休日自分時間を過ごす方が有意義だった、寝倒すだけの休みでも

けど今はもう、土日も仕事しかなくて

それもノルマをこなせず罪悪感劣等感が募るばかりの仕事しかなくて

仕事に行ってた方が楽しいとさえ思う

2018-04-19

anond:20180419195530

非モテミサンドリー女の男への幻想キモい

こういった人種は、実際の男をよく知らないくせに、「やっぱり男ってこうなんだ、怖い!」と被害者意識丸出しで騒いでいて、イライラする。

恐らく、

女は男と違って、「誰でもよければセックス相手に困らない」ということがない(誰でもいいからやりたい女は多くても、そんな男は少ない)

→見た目や中身に問題があり男から求められない、関わる機会がない

→男をよく知らないまま、男と関われないことで被害者意識が強くなる

ネットで同じような人間と関わり、存在しない「悪い男」を作り上げ仮想敵として攻撃する、劣等感の解消のために

→そういう歪んだイメージがあるから反動理想幻想が強くなり、処男厨や自分理想とは違う男キャラを叩く人間が生まれる(非モテミサンドリー女の普通男性叩きも、理想と違う男キャラ叩きの一環だと思う

そいつらにとって、男とは大人しくて優しくてでも守ってくれて癒してくれて…な、マザコンロリコンが混ざったような、ありえない幻想を抱いてる。

母親でもあり恋人でもあり妹でもあり、みたいな、全ての男の都合の良いところだけ取り出したような存在、いるわけない、そんなもの

非モテミサンドリー女以外も、男に幻想抱いてる女は多いけどね。

女性作者の小説とか読めば、ありえない男像に、幻想抱きすぎ…とうんざりすることが多々。

日本の女は全体的に、男に幻想を抱いてる人間が多いけど(女尊男卑の現れ、男への幻想だとか神聖化だとかは)特に非モテミサンドリー女はその傾向が強くて、ネット上でそいつらの存在可視化されてるから気持ち悪い…と、非モテミサンドリー女への嫌悪感が強くなる。

勝手理想の男のイメージを作って、それと違うキャラがいたら、騒いだり叩いたり、馬鹿じゃないのか。

「やっぱり男は怖い」と被害者意識丸出しで決めつけて、馬鹿じゃないのか。

そもそも男を知らないだろう。

知らないのに、勝手にこういうものだと決めつけて(悪いイメージを信じ込んで)、自分が受け入れられないキャラがいたからって、短絡的にその悪いイメージと結びつけて、被害者意識丸出しで批判するの、馬鹿だろ。

自分理想キャラと違うからといって叩くのも、選ばれない側が何を勘違いしてるんだ?と。

男に選ばれない側なのに、選ぶ側になった気になって(劣等感ゆえ、選ぶ側になったつもりでいたくて、オタクとして男キャラを消費するんだろうけど)キャラを叩いたり批判したりするんだろうけど、そもそも、お前にそんな権利はないから、と。

そのコンテンツに大した金も出さず、口だけ出してきてて、その批判はただ自分理想じゃないから認めないといった、理不尽もの気持ち悪すぎだろ…

気持ち悪すぎる、被害者意識も、自分が選ぶ側に立っているという勘違いも。

そういう、気持ち悪い非モテミサンドリー女を見ないで済むように(気持ち悪くないオタク女もいるんだろうけど、大多数のオタク女は非モテでその中にはミサンドリーが強いやつも多いから、関わりたくない)アニメを見るのをやめて、アニメ名前検索するのも止めよう、と思った。

普通アニメ名前感想とかってキーワードでググっただけで、そういった、勘違いした非モテミサンドリー女が可視化されて、ストレスからアニメからは離れよう、と思った。

逆の立場で、女嫌いな男オタクが、この女キャラは許せない!やっぱり女は気持ち悪い、最悪!と騒いでいるのは少ないから(検索で上位に来るほどではない)、いかミサンドリーな女オタクが異常で、気持ちいか自覚した方がいいと思う。

その異常さ、気持ち悪さのままだと、ますます男に嫌われ、ますます男と関われず…の悪循環じゃないか

苦手な男キャラが出てくるアニメなら、見なければいいのに。

普通男性にわざわざ絡みにいってボコボコにされるのもそうだけど、なぜ、この人種は、嫌いなものに関わりにいくのだろう…

自分理想通りの男じゃないと許せない、というのがあるから普通男性に対して絡みにいったり、わざわざ、理想と違うキャラを叩いたりするのかな。

気持ち悪すぎる、一生外に出ずに引きこもってろ、って思うけど、そういうやつが引きこもってると、ネットそいつらの被害に遭う人間が減らないから、難しい。

ネットから現実世界からも、消えてくれたらいいのに(苦笑

置換ルール

男→XXX

女→男

XXX→女

ミソジニーミサンドリー

フェミニスト普通男性

ちゃんと読んでないので抜けがあったらすいません。

子供を作る能力があるかどうかってそんなに重要なの?

真剣に悩んでる人がいることはもちろんわかってる。子供が好きだったり、作りたいのにできないなら、そりゃすごく落ち込むと思う。でも、それをコンプレックスに感じることは無いんじゃないかなと思うんだ。

実はうちもしばらく子供ができなくて、夫婦検査したことがある。結果は妻が少しだけできにくい体質で、タイミングみてセックスするようにしたら、程なく妊娠した。

検査するとき自分としてはなんの抵抗もなかったけど、妻は少しあったようだった。「子供を作ることができないのは、人として劣ってるような気がする」とも言ってた。当然このタイミングでは何かしらの原因があるのか、あるとしたらどちらなのかは分かってない。

そんな妻といろいろ話をしたけど、その中でも一番伝えたかった自分の想いは「産まれながら変えようの無いものを気にやむ必要はないよ」ってことだった。

幸いにも自分は五体満足に産まれて、家庭も特別貧しくはなかった。ただしなかなかブサイクだし、子供の頃はよく(30代の今でも時々)弄られる身体的特徴もあった。「そんなの私の悩みからしたら大したこと無い」と言われるかもしれないけど、思春期には相応に悩んだりもした。

でも、ある程度大人になってから思うのは、「そんなの悩んでも仕方ないわー」ってこと。真にコンプレックスとすべきなのは自分がやればできるのに、やってこなかったからできないこと、劣っていること」なんだと思い始めた。

当然そんな風に割りきれないことだって多いと思うけど、変えられないことよりも変えられることを、自分が前に進められることを悩んだり、良い意味での劣等感と捉えた方がこの先の生活を豊かにできるんじゃないかな。

その後、わりとすんなり子供はできたから妻がどう受け止めていたかは分からない。

真剣に悩んでる人にはふざけんなって言われそうだけど、あえて言う。

子供ができる体質かそうじゃないかなんて、大した話じゃないよ。

非モテミソジニーオタクの女への幻想が、気持ち悪い

非モテミソジニー男の女への幻想キモい

こういった人種は、実際の女をよく知らないくせに、「やっぱり女ってこうなんだ、怖い!」と被害者意識丸出しで騒いでいて、イライラする。

恐らく、

男は女と違って、「誰でもよければセックス相手に困らない」ということがない(誰でもいいからやりたい男は多くても、そんな女は少ない)

→見た目や中身に問題があり女から求められない、関わる機会がない

→女をよく知らないまま、女と関われないことで被害者意識が強くなる

ネットで同じような人間と関わり、存在しない「悪い女」を作り上げ仮想敵として攻撃する、劣等感の解消のために

→そういう歪んだイメージがあるから反動理想幻想が強くなり、処女厨自分理想とは違う女キャラを叩く人間が生まれる(非モテミソジニー男のフェミニスト叩きも、理想と違う女キャラ叩きの一環だと思う

そいつらにとって、女とは大人しくて優しくてでも守ってくれて癒してくれて…な、マザコンロリコンが混ざったような、ありえない幻想を抱いてる。

母親でもあり恋人でもあり妹でもあり、みたいな、全ての女の都合の良いところだけ取り出したような存在、いるわけない、そんなもの

非モテミソジニー男以外も、女に幻想抱いてる男は多いけどね。

男性作者の小説とか読めば、ありえない女像に、幻想抱きすぎ…とうんざりすることが多々。

日本の男は全体的に、女に幻想を抱いてる人間が多いけど(男尊女卑の現れ、女への幻想だとか神聖化だとかは)特に非モテミソジニー男はその傾向が強くて、ネット上でそいつらの存在可視化されてるから気持ち悪い…と、非モテミソジニー男への嫌悪感が強くなる。

勝手理想の女のイメージを作って、それと違うキャラがいたら、騒いだり叩いたり、馬鹿じゃないのか。

「やっぱり女は怖い」と被害者意識丸出しで決めつけて、馬鹿じゃないのか。

そもそも女を知らないだろう。

知らないのに、勝手にこういうものだと決めつけて(悪いイメージを信じ込んで)、自分が受け入れられないキャラがいたからって、短絡的にその悪いイメージと結びつけて、被害者意識丸出しで批判するの、馬鹿だろ。

自分理想キャラと違うからといって叩くのも、選ばれない側が何を勘違いしてるんだ?と。

女に選ばれない側なのに、選ぶ側になった気になって(劣等感ゆえ、選ぶ側になったつもりでいたくて、オタクとして女キャラを消費するんだろうけど)キャラを叩いたり批判したりするんだろうけど、そもそも、お前にそんな権利はないから、と。

そのコンテンツに大した金も出さず、口だけ出してきてて、その批判はただ自分理想じゃないから認めないといった、理不尽もの気持ち悪すぎだろ…

気持ち悪すぎる、被害者意識も、自分が選ぶ側に立っているという勘違いも。

そういう、気持ち悪い非モテミソジニー男を見ないで済むように(気持ち悪くないオタク男もいるんだろうけど、大多数のオタク男は非モテでその中にはミソジニーが強いやつも多いから、関わりたくない)アニメを見るのをやめて、アニメ名前検索するのも止めよう、と思った。

普通にアニメ名前感想とかってキーワードでググっただけで、そういった、勘違いした非モテミソジニー男が可視化されて、ストレスからアニメからは離れよう、と思った。

逆の立場で、男嫌いな女オタクが、この男キャラは許せない!やっぱり男は気持ち悪い、最悪!と騒いでいるのは少ないから(検索で上位に来るほどではない)、いかミソジニーな男オタクが異常で、気持ちいか自覚した方がいいと思う。

その異常さ、気持ち悪さのままだと、ますます女に嫌われ、ますます女と関われず…の悪循環じゃないか

苦手な女キャラが出てくるアニメなら、見なければいいのに。

フェミニストにわざわざ絡みにいってボコボコにされるのもそうだけど、なぜ、この人種は、嫌いなものに関わりにいくのだろう…

自分理想通りの女じゃないと許せない、というのがあるからフェミニストに対して絡みにいったり、わざわざ、理想と違うキャラを叩いたりするのかな。

気持ち悪すぎる、一生外に出ずに引きこもってろ、って思うけど、そういうやつが引きこもってると、ネットそいつらの被害に遭う人間が減らないから、難しい。

ネットから現実世界からも、消えてくれたらいいのに(苦笑

職場無能な男の愚痴

仕事ができる男でも、嫁とかって言うのか?

私のイメージでは、仕事ができない(空気が読めない)男が嫁とかって表現を使う。

いたことはないけど、仕事ができるけど男尊女卑エリートサラリーマンとかは家内とかって呼んでそう。

普通人間は奥さん呼び、そういうイメージ

今の職場で、誰がどう見ても仕事できなくて周りに迷惑かけまくり(でも終身雇用から首にならない、無能首にならないシステム、ふざけてるわ)な問題ありの男が、「嫁」とか「ご主人」とかって、時代錯誤呼び方をしてて、うざい。イライラする。

そういう人間の特徴として、声がでかい、話が長い、だから、離れていても電話口の相手や同僚との会話で、そういった差別的表現をしているのが聞こえてくる。

上の世代(40代以上)は、主人だとか嫁だとか、気持ち悪い呼び方をする人間が多いから、イラつく。

世代の違い、女が男に養ってもらわないと生きられなかった時代人間たちだから、男も女も、そういった呼び方に抵抗がないのかもしれないけど、主人とかって言ってお前は奴隷か、と思ったり、家に女と書いて嫁という家制度時代の名残みたいな言葉で妻への敬意がない言葉、よく使えるな…と思う私からすると、そういう世代感覚理解できない。気持ち悪い。

そして、無能だったり劣等感が強い男ほど嫁って呼称を使うからその男への嫌悪感も相まって、さらに、その呼称が嫌いになる。

仕事ができて女性を見下していない、上の世代にしては珍しい男性は妻と呼んでいたけど、大多数の上の世代は奥さんと呼ぶ、それが一番無難なんだろう。

嫁呼びは無能(今の時代女性男性待遇差がない職場コンプライアンスにもうるさいのに、その呼び方をするのは、空気が読めなさすぎる)や劣等感象徴になるし、妻呼びは珍しくて目立つから嫌…ということで、無難に、奥さん呼びなのかな、と。

奥さんって呼称も嫌いだけど、さんとかついてても、奥っていうのが、差別的

夫と妻でいいじゃないか旦那とか主人とか、相手経済的依存や隷属してることの証明みたいな呼び方や、嫁や奥さんや家内とかって、家と結びつけた呼び方、対等じゃなさすぎて、気持ち悪い。

そんな、無能だったり劣等感が強い男が3人ぐらい同時にいた時期もあったけど、今はまだそいつ1人なのが、マシといえばマシだけど、うざい。

あそこまでテンプレ通りな仕事できない人間っているんだな、って。

・見た目が不潔

・机が散らかっている

喫煙者臭い

・声が大きい

・周りを巻き込む

・どうでもいい話を長々している(端的に話せない

・周りに迷惑をかけていることに無自覚

・俺ってすごいアピールが多い

・周りに迷惑をかけているのに偉そう

・なんでも上司に聞く、頼る

などなど、ここまでテンプレ通りな無能がいるんだ、と、驚きではある。

どこかのサイトで見た、仕事ができない人間の特徴、そのまんま当てはまっていた。

どの組織にも、そういった、どうしようもない人間がいるんだろうけど、終身雇用じゃなかったらとっくにクビになってるだろ。

昔は誰でも望めば正社員になれて、終身雇用で守られるのが当たり前だったから、無能への風当たりは強くなかったのかもしれないけど、今、なりたくても正社員になれない人間が多い時代に、無能にも関わらず時代恩恵(その仕事の倍率が低い時代新卒だったんだろう)で能力以上の収入を得ている人間を見ると、理不尽さに腹が立つ。

非正規能力更新の可否が決まるのに、正社員なら能力関係なくいつまでも雇用されるとか、どう考えてもおかしいだろ…

正社員は守られすぎ、そのかわりに、異動や残業があるけど、もっと簡単にクビにできるけど納得のいかない異動や残業拒否できる、正社員権利義務も少ない働き方が当たり前になればいい。

今、正社員非正規より権利が恵まれてて、そのかわり、重い義務が課せられてて、場合によっては過労死とかもありえるわけで、それより、権利義務も少ない、縛りが少ない働き方が一般的になればいいのに、と。

2018-04-18

anond:20180418231152

ネット上ではかに「私ブスだから…」って言ってれば哀れんでもらえるかも知れないけど、リアルで「私なんて…」って劣等感丸出しで暗い表情してたら、ますますブス扱いがひどくなって悲しい思いをするんじゃないかと思ったんだけど大きなお世話だった?自分若い頃に美人を妬んでばかりいたので、せめて化粧の研究をするとか笑顔を心がけるとかすれば良かったなぁ…と後悔しているのだ。まだ若くて努力すれば何とかなる部分があるなら当社比○割増しになる程度の努力はしようよ。

anond:20180418170251

最近モテないことから女性蔑視が強くなり、女性攻撃してくる非モテミソジニー男がいると知り、嫌いなのになぜ絡みにいくのか、理解に苦しむ。

こうやって「非モテ」「ミソジニー」と断定、して侮蔑するからでは?

女性の、男社会への怒りを、男への怒りだと勘違いした劣等感の強い(被害者意識の強い)男がいるから、男vs女になるのかもしれないけど、

自分境遇を、すべて現代ではありもしない「男社会」の所為にして、

「男」をひっくるめて叩くから男vs女になるのでは?


なんか、全体的に女性は悪くない、「非モテミソジニーオタク」の所為だ!といいたいだけの文章

男vs女ではなく、男&女vs既得権益にならないと…

最近モテないことから女性蔑視が強くなり、女性攻撃してくる非モテミソジニー男がいると知り、嫌いなのになぜ絡みにいくのか、理解に苦しむ。

男性嫌悪・不信が強い女性は、男性からの加害を受けた経験があり(一番身近な男性父親から場合も多い)同じように、女性にまつわるトラウマがあり女性嫌悪・不信になっている男性(ヤリチンと化している。ミソジニーが強い男ほど、色んな女と関係を持つ不思議関係を持つことが復讐になる、と無意識で思っているのかな?)も見てきたから、直接的なトラウマはない、ただモテないことで女性蔑視が強くなるという非モテミソジニーオタク存在は、衝撃だった。

ミソジニーミサンドリーも、相手攻撃したいからか、相手に変わって欲しいという幻想があるからか、嫌いな相手である男・女に絡みにいくのが、不思議

男vs女をやっている場合ではなく、男&女vs既得権益だと思うけど…

今、一部の既得権のあるオッサンけが不自由がないだけで、大多数の人間は男も女も不自由なんだから男と女で争ってる場合ではないよな、と、日々感じる。

女性の、男社会への怒りを、男への怒りだと勘違いした劣等感の強い(被害者意識の強い)男がいるから、男vs女になるのかもしれないけど、そういった勘違い男に絡まれときフェミニスト女性男性嫌悪や不信も強かったりするから(被害を受けた経験からフェミニストになってたりするから)、その男嫌悪や不信感に満ちた対応をして、ますます対立が深くなるのかな…と。

女性は男ではなく男社会に怒っているんだということ、弱者男性として女性理不尽な怒りを向ける男たちは、その怒りの矛先が間違っている、本来強者の男に向けられるのが適切なものであること、結局、お互いの敵は同じであることに気付いて、やっていけたら、いいのに。

anond:20180418163522

からさ。

今他の男に負けてるって劣等感にまみれてる男にとっては、男を叩くよりも女を叩いた方が楽だってことでしょ。

そんであわよくば女が強者男性を倒してくれれば自分もその尻馬にのりたいってコバンザメ思考

努力と才能

「(適切な)努力をすればなんでも可能」論について。

結論)こういう言い方はしない方がいいと思う。

思考実験)適切に努力すれば、誰でも陸上100mで五輪メダルを獲れるのか?

論理的には、間違っている。なぜなら「全人類が適切に努力したとしても、確実にメダルを取れるのは3人だけ」であることは明白だから努力が叶う確率3/70億、それは限りなくゼロに等しい。少なくとも「誰でも」でないことは明白だ。

しかし、現実論として考えれば必ずしもそうではない。全人類競争に参加するわけでもないし、全員に「適切な努力」をさせるためコーチなどのリソース提供する資金はどこにもないから。つまり現実的には、「一部の人間が、おおむね不適切努力をしている」世界存在するだけであるから「適切な努力」の適切さの度合いを厳しくすれば、「適切な努力をすれば誰でも」ということは不可能ではないかもしれない。まあ、極端な場合、それはドーピングなど非合法手段を含む「適切さ」であるかもしれないが(あとで剥奪されても「取った」ことは実現できる…という意味においてだが)。

(本論)

大抵の夢は「五輪メダル」ほどハードルが高くない。たとえば「音楽家になりたい」くらいの夢なら、世界中で毎年数十万人がかなえているくらいのレベルの夢ではないだろうか。そう考えれば、現実論として、「適切な努力をすればなんでも可能」論はそれほど的外れでもないだろうことは認めよう。実際、遺伝子レベルの優劣それ自体が、どれほどその人の人生に決定的な作用をもたらすかというと、そりゃ大したことはないとは言えるだろうね。だが、実際は、生まれ落ちた瞬間から全ての「努力」はスタートしているのであり、ときにその差は「才能」と言うしかないほどに絶対的な差となることもある。

たとえば絵を描くことを例にとれば、日常のもの見方、感じ方、興味の持ち方…など24時間全ての時間が絵を描くためのトレーニングに直結するような(それこそ夢の中も含めて)生活を送ったAくん12歳と、まったくそういう興味をもってものを見たことがないBくん12歳が同時に画塾に入塾したとしたら、いろいろな技術を両者とも初めて身に付けるとしても、描く絵の質は数ヶ月のうちに天と地ほどの差ができるだろうし、そこから得られる賞賛などの成功体験と逆に受ける劣等感…など周囲からフィードバック、それによるモチベーションの差なども含めて考えれば、いくら後者が「後者なりの適切な努力」をしてもその差を埋めるのはまあ不可能だろう。そういう現象が世の中にあふれているのに、Bくんに「才能じゃないよ、後天的努力努力の質の問題だよ」と言っても、納得させるのはなかなか難しいだろう。

Bくんに対してAくんのことをどう説明してあげればよいのだろう? 「Aくんの方が努力してる」と言えばいいのだろうか? 現実には、Aくんは一日2時間しか絵の練習をせず、それ以外は、普通に景色を見たり興味のあるものを読んだりして暮らしているだけで、Bくんはその間一日6時間も絵の練習をしているとしても。それでもAくんの絵の方が圧倒的に「うまい」のだとすれば。その場合、Bくんに「君の努力の仕方は適切ではない」というのは、本当に適切だろうか。Bくんに、生まれからの10数年間を全否定して、もう一度

赤ん坊ものを見るその見方、感じ方から(神経回路の形成自体をやり直させる勢いで)修正して…という教育を施すのが適切な努力というものなのだろうか。赤ん坊が数年で実現することを大人になってから行おうとすると十年以上の時間がかかるかもしれない、しかも、十年以上たってやっと、Aくんの12歳にようやく追いつくだけだというのに? 私なら「Aくんには絵の才能があり、君にはない。人の才能をうらやむのは意味がないからやめなさい。」と言うだろう。

何かをあきらめる言い訳として「才能」という言葉はとても便利だ。人生時間というリソースは、誰にでも平等で有限だ。苦手な分野にそのリソースを投下するより得意な分野に投下する方が、本人も社会も得る利益は大きい。今のままのBくんにも別の「才能」がある可能性を否定するべきではないだろう。「才能」という言葉言い訳にすることを、大人にも子どもももっとカジュアルに許した方がいいと思う。

(参考)

作曲家渡辺崇氏、中学生から助言を求められたので「夢は叶う」という旨を伝えると返ってきた答えが物哀しかった→様々な意見とそんな人々へのエール

https://togetter.com/li/1218942

2018-04-17

バカ真面目に働くのをやめた

バカ真面目に働くのをやめた

真面目には仕事しよう。

でも、バカがつくほど真面目に働く必要なんてない。

有給権利だ。

有給は消化しな。

いつか使うかもとか、もしもの時とか訪れない。

朝起きて、会社行きたくなかったら、有給とって、4度寝くらいすれば良い。

有給取らずに働いても、褒めてもらえないし、誰も期待してないし、評価もされないよ。

律儀に働いてやる必要なんてない。

休日も家で仕事勉強しなきゃいけないなんてことないよ。

もちろん、仕事で役立つだろうし、評価されやすくなるんだろうけど、やりたい時にやればいい。ただそれだけ。

そんな仕事一生懸命じゃなくても死にはしない。

他人に対して良い面する必要無いよ。

良い面しても、しなくても扱い変わらんよ。

人生親友と呼べる奴が一人、二人入れば十分だ。

他人から評価は気にするな。

他人意見無責任から

自分が何者かを決めるのは自分だ。

他人自分を比べるな。

他人他人自分自分

比べたがる人には難しいだろうけど(自分含む

比べるなら、昨日の自分過去自分

たまには他人に対する嫉妬劣等感自分モチベにするのも良いが、常に良い結果を出すとは限らんよ。

残業代出ないなら、残業しなければいい。

律儀に残業なんてする必要ないよ。

残業お金を払わないのは、

残業価値がないと言っているのと同じ。

価値ないことはやらない。

バカ真面目に仕事なんかしなくていいよ。

バカ真面目はバカだよ。

いつか壊れる。

p.s.

はいつかまたバカ真面目に働くと思う・・・

2018-04-13

そろそろ死ぬと思うので人生を振り返る

文章書くのヘタクソだからすごく読みづらいと思う

すまん

それと先に書いておくと書いてる俺自身クズ(真面目系クズ)すぎて

イライラを感じる人がいるかもしれないのでそれだけ断っておく。



とりあえずなんでそろそろ死ぬと思ってるかというと

人生が上手くいかなすぎて生きるのが辛いからです、すごくよくある話ね

「つらい、死にたい」ってさっきも泣いてたんですけどこれ鬱なんですかね

診断書もらってないどころか病院怖くておっくうで行ってないんでわからないですけど

現況はですね一応身分上は大学生実態不登校引きこもり(実質二年目)です

不登校になった理由はほんとくだらないしありがちだけど後で書きます

全然暗い話とかではないです、「ああクズだなあ」って理由です

一日のほとんどを布団の上で過ごしてます

やりたいことは腐るほどあるんだけどやる気力が全くない

アニメとか映画観たいしゲームもしたい、絵描きたいしプラモ組みたい、

買った玩具フィギュアブンドドしたい、学校は行けてないけど勉強したいことはたくさんある、

それからできれば外に出て美術館とか博物館にいきたい、

ほんとはあのコラボカフェ行きたかったしあのイベント行きたかったなあ…

やりたいことはあるのに一日終わってみると何もできてない、ごはんすら食べられてなかったりする

そしてこれが精神を削る原因になってる

一日のほとんどを布団の上ですごして今日も何もできなかったと思うのが辛い

ツイッター他人がやりたいこともやりたくないこともやって人生謳歌しているのを見て余計に辛い

その辛いが積み重なってもう死んじゃっていいやって思ってるわけ

どうせ不登校なら毎日街で飲んで朝帰りとか友達徹夜麻雀とか徹夜カラオケとか

いかにも大学生不良行為しまくりたかったなあ



そしてどうしてこうなってしまたか、という理由なんだが

一言で言うならば「自滅」です

クソみたいな人生だった、いや、クソみたいな人生にしてしまった

中学までは本当に良い子ちゃんだったと思う

この頃から「やりたいことはあるのにできない」という状態に陥ることは間々あったが

課題ちゃんとやって出してて成績も良かったからそれが辛いこととまでは思わなかった

緩い文化系部活だったけど一応部活入ってたし生徒会もやってた

成績はどれくらい良かったかっていうと2回に1回は1位取ってた

おかげさまで無駄に高いプライドが身についてしまったんだが。

少し後の話だが、このとき俺と実力伯仲してたやつ

(つまり俺が1位取ってないときに1位取ってたやつ)が

俺が中学の時から目指してたのと同レベル大学に現役で受かって

無駄に高いプライドさんのズタボロ具合が増した

高校に入って一年まではなんとか中学の頃のモチベというか

人間性を保てていたような気がする

といっても帰宅部だし生徒会中学で面倒だったか高校ではやらないという

(ダメタイプの)決心をしていたので思えばこの時からやばかったのかも

二年になってツイッターを始めて怠けクズが加速した

おまけにちょっとした自分ミスで(元々あまりなかった)受験勉強へのモチベを失い

さらに怠けクズが加速した、課題はこの頃からさないのが出てきたような気がする

三年になると課題を半分くらい出さなくなった

ちなみに何で課題しか触れていないかというと勉強課題しかしていないか

テスト前の詰め込みも二年のころからしなくなり三年ではほとんどしていた記憶がない

当たり前のように志望は中学ときから落としたが当たり前のように大学は落ちた、浪人した

浪人時代さらクズが加速した

というか浪人時代に対人恐怖が増したし生活能力も低下したし

「やりたいことがあるのに何もできない」状態デフォルトになったし

浪人プラスどころかマイナスしか働かなかった

なんで浪人したんだ、ほんとに

結局前年受けた大学に再挑戦すらできず駅弁になんとか滑り込んだ

この時点で「プライドばかり高かった成れの果てのクズ(既にダブリ)」のできあがりである

浪人しといて宮廷も入れないとかほんとカスだよな

本当は浪人失敗した時点で死ぬつもりだったんだが

このときはまだ希望という名の未練があったか死ねなかったようだ、二年も余分に生きてしまった

そんなわけで駅弁に入ったはいいんだが(良くない)

さっきから触れている高校からの怠けクズメンタル根本文章力の無さ、

加えて根本的要領の悪さから来る遅筆のために

ほとんどレポートを仕上げることができず、提出するもん出せないのに講義に行ってもダメだよな…と

学校にも行かなくなり無事不登校引きこもりになった

引きこもりになったのは元からインドア派なのもあるけど、

外に出ると学校の人に会うかもしれなくて怖いからね、だからたまの買い物も深夜か早朝に行く

教授クラスの人たちもみんないい人ばっかりだったんだけどね、たまに学校行くと優しく声かけてくれるしさ

まあそれが余計に辛かったんだけど

まりこうなったのは、ほとんど、というか120%自滅です

コミュニケーション能力かやる気のどちらかがあればきっと20%くらいは

ましな人生になったと思うけど、俺にはどちらもなかったのでこうなってしまった



自分でもわかるくらい文章言葉選びの癖強いか身バレしそう

あいいや、しても

読み返してみたら(やっぱり)自分クズ過ぎて早く死んだ方が世の中のためだなと思った

親には予備校の分も大学学費分も還元できてなくてすごく申し訳ないし、

どうして俺みたいな不良債権ずっと持ってられるんだろうと思う、勘当したいときいくらでもあっただろう

この記事はおそらく加筆すると思います

俺の人生書きたかったわけじゃないはずなんだが

ぐだぐだ書いてたら内容が俺の人生10割になってしまって

消化不良なので(死にたい人間が消化不良ってなんだ?)

できれば消化する前に死にたいがな



最後に。俺が早く死ねるように応援して欲しい!

こんな考えが幼稚で未熟で社会歯車になる覚悟のない無価値人間死ぬべき!

本当に最後に。夢って何なんですかね、少なくとも持ち主に劣等感無能感を植え付けて

苦しめるためのものじゃなかったと思うんですけど

嫌いな幼馴染の結婚式

20年以上の付き合い幼馴染の結婚式6月にあり、私はその幼馴染が嫌いなので、招待状がいよいよきてしまった今週、どう返事するか悩んでいた。

こんなに私を悩ませるのは彼女しかいないかもしれない。合わない人には普段はさっさと距離を置くタイプで、嫌いな人がそもそも基本まわりにいないので、彼女についてこんなに悩んでいるのは自分でも不思議だなと思う。(幼馴染にもこちからは連絡しないようにしている)

何故彼女のことが嫌いなのかは、あまりに積もる話なので割愛する。20年以上分なので。

行きたくなさすぎて海外旅行の予定を入れようと思った。ご祝儀に回すはずだった金を使って旅行に行くのは痛快だろう。他の人の結婚式があるという見え見えの嘘をつくのも良い、彼女はきっと怒るだろう。今後距離を置きたいなら悪くない手だ。

友人にも相談したところ「お祝いできないなら行かないほうが良い」「経験上、行ったら後悔すると思う」と意見をもらい、本当にそのとおりだなと思った。こんな気持ちで行ったって誰も幸せになれないもんな。本当にそのとおりだ。

けど結果的には、私は行くことにした。

理由はうまく説明できないんだけど、友人に相談している時にふいに自分が「言いたかないけど家族みたいなもんで、絶縁したら絶縁したで自分の傷になるような感じ」と言ったことで、あ、私は行くなと思った。

彼女のことを家族だとはまっっったく思わないのだが、「彼女との縁を切ることは自分にとって傷になる」そんなふうに思っているのを初めて自覚した。

私の実家田舎彼女実家は徒歩30秒のところにあって親同士の付き合いがあったりというしがらみもあるが、何より、彼女自分のしがらみがこれほど自分の心身と一体化している。

彼女と過ごしてくるなかで感じてきた少しの恨み、劣等感、嘲り、価値観の違いなどなど。彼女に対して、または彼女の方からも感じたものたち。

彼女は私にとってある意味"特別"なんだ。彼女への気持ちが、少なからず、私の人生感情を豊かにしてきた。

から結婚式に行く。今回も自分を見届けるつもりで。

お祝い目的じゃなくてすまんな。


はあ〜〜〜〜スッキリした

目一杯めかしこんでいこうっと!!!!!!!!!

anond:20180413084906

水着を着る機会など一生無いブスの劣等感への配慮だよ。

2018-04-12

初めて本気で女の子を好きになった

の子出会うまでに二人付き合った事がある。

一人目は・・・高校の頃に図書室で告白されて。

二人目は・・・専門の時お互い仲は良かったけど周りが次々とくっ付いて、え?お前らは?って空気になって。

どっちも彼氏って役割をこなそうとして、相手を楽しませようと無理をした。

一人目はそれを見透かされて別れ、二人目も・・・無理をしたストレスで耳が聞こえなくなった事が直接の原因じゃないけど

恐らくお互い変に意識しすぎて今まで通り気軽な会話が出来なかったからだと思う。

そのまま専門学校卒業して就職してブラック企業で俺は壊れた。

度重なる長時間残業上司から圧力、先輩はトイレゲロを吐き後輩は失踪した。

俺も精神おかしくなって職場でいきなり泣き出した。

毎日自殺を考えこのままじゃ三年以内に確実に死ぬな・・・と思って辞めた。

辞めた後はしばらくニート生活を堪能し流れるようにして地方移住した。

移住した先では前の仕事経験を活かし新しく仕事を始めるがそれも上手く行かなかった。

中学校と虐められずっと挫折経験し、ブラック企業劣等感を刷り込まれた俺はここで心が完全に折れた。

誰とも話したくないし顔を見るのも怖い。

俺は引きこもった。

だけどそんな引きこもってる最中も俺の部屋に訪れる人は何人か居た。

極端な田舎と言う訳じゃないが車が無いと不便な地方と言う事もあって何人かに俺の車を貸していた。

その車を貸していた中にその子は居た。

俺と同じく流れるように地方転々としてきて、今の場所が気に入って長期滞在しているらしい。

正直出会ってから半年ぐらいはまったく興味が無かった。

部屋に車を借りに来るのもウザいしめんどくさい。

事務的な連絡を短文で済ませ俺は引きこもり続けた。

そんな時、地域飲み会があった。

俺は元々アルコールに弱いせいか飲み会が始まると直ぐに寝る。

でもその時は何故か饒舌だった。

気が付いたら自分恋愛観をその子に話していた。

ブラック企業に刷り込まれ劣等感自分相手幸せにする事は出来ないと思っている事。

自分の糞つまらない人生他人様をつき合わせてしまう事への罪悪感。

それを俺は次々と語った。

でもその子別に幸せにしてあげなくてもいいんじゃない?と言った。

二人で幸せになろうって人を探せば?と言われて何か許された気がした。

それ以来少しその子との距離が縮まったような気がする。

そして別の日にタバコを吸っていた時、その子は全く吸わないのに近寄ってきて飲み会の日の話の続きをした。

俺が自分に自信が無い事を伝えると、何時になったら自信がつくの?と言われた。

かに俺は3年後も「自信が無い」と同じ事を言い続けて物事から逃げてる姿が容易に想像できた。

俺だけ自信が無い訳じゃない。

みんな自信が無くても踏み出してるんだと言う事に気づかされた。

その時からずっとその子の事が頭を離れなくなった。

仕事中、Twitterを見ている時、寝る前、ほんの些細な日常の一瞬にその子の顔が過るようになった。

の子Twitterを見ると今いる地方から次の地方へ行く事を匂わせるようなツイートがあった。

今行かないと絶対一生後悔する。

それは分かってるんだけどやっぱり怖い。

狭い地域から周りへの影響とかを考えると怖いし、何より過去自分挫折ばかりの人生経験が頭を過る。

怖い。すごく怖い。

神様勇気を下さい。

2018-04-09

人を愛せない人間はどうすれば救われるのか?

表面的な行動ならいくらでもできる。

老人に席を譲ったり、同僚の仕事を助けたり、

病の友人に見舞いをしたり、落とし物を届けたり、

後進のためにできることをやっておく、

家族のためにサービスする、彼女サプライズして喜んでもらう、

できるだけ楽しい思い出になるように「ニコニコ仮面」を被りお調子者を演じる。

どんな冗談をどのタイミングで言えば笑いが取れるか計算する。

思っていた通りの反応。

その繰り返し。

 

だけど、俺は人を愛せない。

 

俺を慕ってくれている家族恋人、友人には本当に申し訳ないのだが、

どうしても人を心の底からしたことがない。

愛する人のために命を捨ててもいいというような境地に至ったこともない。

ただ自分のできる範囲内で「サービス」しているだけだ。

まりにも演技が上手くいってるおかげで優しいとか気が利くとか評価され慕われている。

けれども、それは全てただの行動だ。

単にそうしたほうが物事円満に上手く回っていく。

そう学習し行動してるにすぎない。

君たちは人間によく似たロボット感情移入しているだけだ。

 

もちろん、誰かが傷ついているところを見ると心が痛む。

だが、これは相手を思いやっているわけではないのだ。

誰かが傷つく可能性があるということは、いつか自分にその順番がめぐってくるかもしれない。

そういった不幸への恐怖心が俺の心を動かしている。

からこれは決して他人を思いやった心境ではないのだ。

俺が募金をしないのは、募金必要とするような大多数の不幸な人間のことまで考えてしまっては、

自分の心に生まれる恐怖心は膨大に膨れ上がり、日常生活を送れなくなるからだ。

から当然アフリカの子供たちが何万人死んでいようが俺は救おうとも考えようともしない。

ただ己の範囲内でそういった人間がいると穏やかでいられないから、

不幸な存在を消すという意味で助けるようにしている。

他人の目からはそれは誰かを思いやった心から出た善意に見えるかもしれない。

しかし、俺からしたらストレスを減らすための自分のための行動でしかない。

 

どうすれば人を愛せるのか?

 

過去聖人たちは隣人を愛せと言ってきた。

ありのままを受け入れ悟りを開けと言った。

俺は人を愛したい。

だけど愛する心が無い。

こればかりはどうしようもない。

 

目が悪ければメガネをかければいい。

耳が悪ければ補聴器をつければいい。

足が悪ければ杖をつき、車いすに乗ればいい。

声が出ないなら機械にしゃべらせればいい。

だが心が足りない人間はどうすればいいのか。

 

善意からくる行動をまねていれば、いつか答えが分かると思っていた。

誰かの喜ぶ顔を見れば、いつかこの冷めた心にも小さな芽が育つと思っていた。

だが、どれだけ待っても、芽はひとつも出ることがなかった。

元々そこに種はなかった。

 

自身、愛を信じていないのだろう。

本当に愛が素晴らしくこの世の真理であることが疑いのない事実であれば、

とっくの昔にこの地球は愛で満たされているはずだろう。

実際は今日飢餓死ぬ人間や殺される人間貧困に苦しむ人間

この地上には数えきれないほど存在する、今、この瞬間にも。

この世は地獄だ。

 

俺は単に、日本という社会、この時代に生まれ勉強することができ、

この年まで病気事故なく、成長できただけにすぎない。

俺とアフリカの子もの違いは、単に生まれ場所境遇の違いだけだ。

俺がアフリカで彼らと同じように生まれたら、今のような生活絶対に送っていない。

愛について考えるよりも、日々の生活でめいいっぱいだろう。

だが、俺はここで産まれしまい、今、ここにいる。

それは誰にも変えられなかったことであり、起きてしまたことだ。

から俺は考え続けるしかない。

愛せない人間はどうすればいいのか?

 

俺は必ず死ぬ

人間は必ず死ぬ

だが死ぬときに生きてきてよかったと、

まれてきてよかったと一度でも思うことができれば、

俺は産まれてきたことに感謝して死ぬことができる。

自分普通人間と同じように趣味仕事ややりたいことはもちろんある。

だが、それらは死への恐怖に打ち勝つだけの魅力にあふれる題材でもない。

愛だ。

人に愛してもらうのではなく、究極に人を愛する必要がある。

おそらくそれこそが死への恐怖に打ち勝つ唯一の手段であり、最も尊い行為だろう。

だが人を愛するには何が足りないのか未だに理解できない。

人を愛する人間と同じポジションに立てば何か分かると考えていた。

しかし、何も分からなかった。

余計分からなくなった。

 

愛が素晴らしいのは分かる。

どうしても愛を手に入れたい。

親になり子を持てば分かるのだろうか?

だがそんな理由で産まれてきた子が、

心の底から父親から愛されていなかったとしたらどうなる?

表面上愛しているように見えて、子もそう思い信じている。

しかしその内面ではまるで子を愛していなかったら?

誰も知らなければいいというのは通用しない。

他でもない、俺自身が知っているからだ。

 

できる以上のことはやってきた。

しかしもう手詰まりだ。

宗教哲学書、過去偉人たち、

何かを意図的に信じ込むことも試してみたがどうしてもできなかった。

愛はどこから与えられるのか。

それとも自分機能的に愛を持てずに産まれてきたのだろうか。

愛を知る人たちが眩しい。

俺はこの先ずっと彼らに劣等感を持ちながら生きていくしかないのだろう。

俺は地獄にいる。

2018-04-05

そら、劣等感感じてるやつが普通のやつに「ぼくのこときらい?きらいだよね?うそ?きらいだよね」って何回もしつこく言ってたら

唯一優しくしてたやつらも離れてくだろ。そういう胸の内に潜ませた言葉を無理矢理引き出してメンヘラになってるクズをだれが好きになるんだ。

そんで、周りに冷たくされ続けた人生から自己肯定感ありましぇんとか馬鹿にしてんのか

2018-04-04

anond:20180404185119

いやー、よくそこまで想像を膨らませられるものだと逆に感心したわ!

たぶん、増田は、ツンケンしてるし、女の子っぽさを拒否する感じが、逆に少女くささを醸し出してるのでは。

ツンケンキャラネット上だけのものですー。リアルでは物腰柔らか(笑)キッチリしていて礼儀正しいペルソナを被っています

で、化粧はちゃんとしてるのに服が地味すぎてバランス悪いんじゃないの?

地味とか言うなよ! これでもオシャレさんキャラで通ってんだよ!

服の組み合わせ方が上手いんだよ。って自分で言うなよ!!

表参道ヘアサロンカットしてもらって家で500円のヘアカラー使ってセルフで髪染めてるんじゃい(ちなみに色は落ち着いたダークブラウン)。

「本当は女の子っぽいものに憧れてるけど、コンプこじらせて劣等感もってるために中性的な格好をしてぶっきらぼう物言いをする女の子」とか、「生活指導のうるさい先生が実は乙女チックなもの大好き」

勘弁してくれ……。なんで「本当は女の子っぽいものが好きに違いない」になるんよ。子供のころからブルーグリーン系の色が好きでピンク色は好きじゃなかったし、少女漫画より圧倒的に少年漫画派だったし、勝手に人の内面憶測で決めつけないでほしい。

変に抑圧されてかわいそうだからフォローのつもりで「気にしないで好きな服きたほうがいいよ」って言われてるのでは?そうでなければ、いい大人にわざわざ「女の子っぽい」「花柄とかピンクとか似合いそう」とか言わないし。

私の好きな服は「私に似合う服」「私がより映える服」です。

似合いさえすればスカートワンピースも着るしヒールふつうに履く。

ただどっちにしろカジュアル系が多い。

ピンクに関しては色んな色調のピンクを試したけどことごとく似合わない。

たぶん私が(事情があって)やばいレベルの色白なので、思い込みピンクを勧めてるのかもしれない。花柄に関しては「バカっぽいね」と言われてるような感じがして嫌だし意味がわからない。

喋らなければ(もしくはキチンとした態度を崩さなくていい相手であれば)あまり舐められないんだけど、フランクな態度で喋らないといけない相手だと「○○さんって初めは大人の女性って感じだったけど……」と言われ始めるんだよ。

anond:20180404131042

単にトラバミスっただけでは。

たぶん、増田は、ツンケンしてるし、女の子っぽさを拒否する感じが、逆に少女くささを醸し出してるのでは。で、化粧はちゃんとしてるのに服が地味すぎてバランス悪いんじゃないの?

そういうのが相まって、漫画とかでよくありがちな「本当は女の子っぽいものに憧れてるけど、コンプこじらせて劣等感もってるために中性的な格好をしてぶっきらぼう物言いをする女の子」とか、「生活指導のうるさい先生が実は乙女チックなもの大好き」とか、そういう方面に見られてそう。

変に抑圧されてかわいそうだからフォローのつもりで「気にしないで好きな服きたほうがいいよ」って言われてるのでは?そうでなければ、いい大人にわざわざ「女の子っぽい」「花柄とかピンクとか似合いそう」とか言わないし。

から、むしろ、それなりに女っぽい服着たほうが、変な評価されなさそう。

健常者になりたかった

軽度の発達障害を持っているが、正直健常者が羨ましくて憎い。

主な症状は、常に笑われていると感じる、視線を感じる、劣等感を持つなどがあって、この症状を持たない正常な健常者がとても羨ましく思う。

常にこんなマイナスなことを考えてる人間が働いたりして社会に貢献することできないだろ。健常者は考えたこともないだろうな。余分な事を考えない頭でたくさん生産的なことを考え出せるんだろうな。

山根俊恵の"ケアマネ福祉職のための精神疾患ガイド 疾患・症状の理解支援ポイント" て本を読んだら、健常者向けの精神障害者の取り扱い方みたいな項目があってあぁ、やはりこんな目で見られてるんだなと悲しくなった。

他のサイトでは精神障害者は他の人より考え方が違うから安心しろ!なんて書いてるけど、そのメリットを潰すくらい健常者が出来る事が出来ないデメリットの方が強すぎるて分からないのか。

俺も大勢に回りたかった。健常者になりたかった

2018-04-02

女性専用車が要らなくなるのが一番いい

理不尽一方的性的搾取されること」への腸煮えくり返るような悔しさや劣等感なんて当事者しかからない。

女ですら、そういう状況に陥ったことが無い人には実感がない。

女性専用車」は“一部の人”に理不尽性的搾取されたことによって日常生活不自由をきたしている人たちへの応急処置

いつかは要らなくなった世の中になればいいけど、今すぐ廃止しろなんて実感がない人たちだけが騒いでいる感じ。需要の外から言われてもね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん