「はやけ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はやけとは

2020-08-10

おっさんの皮

増田は29歳の独身女性営業マンであった。出世街道まっしぐらと言うには今ひとつパッとせず、営業成績もいつだって番手まり

5年付き合った彼氏とは、なかなか結婚まで至らない。

焦燥感ばかり募り、空回りを繰り返す。そんな時期に直面していた。

デートドタキャンされたある週末、昼間から1人缶チューハイを開け、増田はてな匿名ダイアリー巡回した。下ネタ政治、男女論、いつも通りのくだらないエントリが並んでいる。この間の釣りエントリはまだホッテントリに登っていない。ああつまらないな。そんなことを考える増田の目にある文字列が飛び込んだ。

おっさんの皮」

真っ白なバナーに地味なフォントでポツンとそう書かれた広告は、いつもみる洋服セールソシャゲ広告とは違っていた。

気になった増田広告クリックした。古臭いhtml形式ホームページには、スーツ姿の3人のおじさんの写真が並んでいた。下には2万円、と価格らしきものが書かれている。

4、50代だろうか?3人とも違った顔立ちをしているが、どれも似たような印象のおじさんだ。冴えない、少し脂っぽい、髪の薄くなりかけた、どこにでもいそうな普通のおじさん。

一番左のおじさんは、高校の頃の数学教師に少し似ていた。似たり寄ったりのおじさんの中からわずかな親しみを感じられる1人を見つけた増田は、青い字で表示された2万円、をクリックした。

おっさんの皮。48歳、73kg、173cm。老眼あり。眼鏡付属。」さっきと同じおじさんの写真の隣には、短くそう記されていた。後は、「戻る」「カートに入れる」があるのみだった。

不思議サイト好奇心かられた増田は、ほかのおじさんのページも覗いた。身長体重は異なるものの、説明文は似たりよったりだ。

初めのおじさんのページに戻って、写真をまじまじと眺める。平凡でつまらないおじさんだ。良く見ると色々な人に似て見える。取引先の川上さんにも、政治家の武川にも。親戚にこんな人がいたような気にもなる。増田は、カートアイコンカーソルを重ねて考える。

2万円、それはちょうど今日増田彼氏誕生日を祝うために予約していたコース料理の値段と同じだった。記念日ドタキャンなんて、もう別れどきということだろうか。心の底で澱が渦巻く。

酔っていたせいか、それともドタキャンされた腹いせか、増田は「おっさんの皮」をカートに入れ、レジに進んだ。Amaz○n IDでの決済が可能らしい。どういうことなのだろう……強く回り出した酔いに身を委ねながら、増田は考えようとした。が、暫くして暗い部屋に増田の寝息がスースーと聞こえた。

ーーー

おっさんの皮」が届いたのは、増田がすっかり忘れ去った頃、一月もしてからのことだった。増田が、興味半分疑い半分で、その変に軽い段ボールを開けると、そこにはおっさんの皮があった。

ああ、そういうことか。

ひと目見て理解した増田は、試しに皮をまとってみた。浴室の鏡の前に立つ。そこにはあのおっさんがいた。増田より10センチも高く、20キロ近く重いおっさんが。白目は黄色がかり、眉はひょろりひょろりと伸びている。近くで見ると想像以上に肌の凹凸が激しい。ああ、おっさんだ。と増田は思う。

翌日増田は、自分スーツの上から皮を着て会社へ向かった。皮を着ても、皆増田増田と分かるようで、「増田さんおはようございます」と声をかけられる。いつも通り……、ではなかった。いつもなら「増田ちゃんおはよー」と声を掛けてくる鬱陶しい同僚も、今日はどうしたことか「どうも」だけであった。いつも煩わしいほど和かにお節介挨拶をしてくれる老齢のヤクルトレディも、今日はやけにさっぱりとした対応だ。

おっさんの皮の効用は、取引先で顕著であった。いつも若造扱いされているような、舐められているような、どこか雑な対応今日は違った。

増田の口からでる言葉、一つ一つが地に足がついたような、しっかりとした印象を与えてるのがわかる。それに今日はやけ取引先の社員と目が合う。

二週間が経った頃。おっさんの皮の影響は、如実に成績に現れていた。いつも良くて2番、4、5番を浮き沈みしていた増田営業成績は、ついに1番になっていた。

おっさんの皮を着てからというもの、いいことづくしである。月に1度は遭遇していた痴漢も、皮を着て乗るようにしてから全く合わない。電車で妙に密着されて苛立つこともない。夜道を歩くのも平気だから残業も気にせず出来る。

普段皮を着て過ごしている分、彼氏や友人と会う時は目一杯のおしゃれを楽しむ。似合わないからと敬遠していたリボンレースをあしらったフェミニンファッションにも挑戦した。最近増田はいつも明るい。そのせいか会社でもデートでもよく褒められる。

今日増田は一段と楽しそうだ。金曜の夜だからか?いや、それだけではない。今日は、彼氏が家に来る日だからだ。それというのも、来年4月と2人で決めた、結婚式の招待状を書くためだった。……招待状なんていうのも一つの口実で、再び愛に火がついたのだから家でのんびりいちゃつきたい、というのが真の目的なのだが。

増田は思ったより遅くなってしまった帰宅に、焦りながら部屋を片付けた。会社帰りの崩れたメイクじゃ嫌だ。この間買ったばかりの可愛い部屋着もだそう……と、背中に手をやって気づいた。

脱げないのであるおかしい。そんなはずはない。どんなに試しても脱げないのだ。皮はまるで初めから増田のものであったかのように張り付いている。今までどうやって皮を脱いでいたか、思い出そうとするが、うまくいかない。焦る増田の脂汗はおっさんの皮をつたう。臭いまでおっさんそっくりだ。このまま一生見ず知らずのおっさんの皮を貼り付けたまま生きていかないといけないのだろうか。

インターホンがなる。モニターに映るのは彼だ。

ああ、彼氏が来てしまった。すぐに合鍵でドアを開ける音した。でも大丈夫だ。おっさんの皮を着ていたって、わたしわたし認識されるんだから……。大丈夫大丈夫

ほら、いつも通りの表情だ。あはは、なんだ心配することなかったじゃない。皮の脱ぎ方は後でショップに連絡すればなんとかなるはず。今はせっかくの彼氏との時間に集中しなきゃ……。

彼氏役所で貰ってきたばかりの婚姻届を取り出す。増田笑顔を作ろうとするが、口角はぎこちなくひくつく。机の上には金色インクで細かな縁取りのされた可愛らしい招待状が並び、まるで幸せ象徴のようであるしか増田の頭の中は貼りついたおっさんの皮のことでいっぱいで何も頭に入らない。彼氏がなにかと尋ねるが、今日増田の返事は要領を得ない。

最近仕事も忙しかったようだし。もう休もうか、と彼氏が言う。増田は皮に気を取られながら、口先の同意をする。

そうして、気もそぞろの増田を、彼氏がそっとベットに押し倒した。そういえば久しぶりな気がする。ここ最近お互い仕事が忙しくて会えなかったからな……。鏡を見なきゃ自分じゃわからないんだし、電気を消してしまえば……と、増田が彼に身を委ねよ……

「なんだお前おっさんじゃねーか!!」

突然彼の声が響いた。

「あっうっ」と中年男性の情けない声が後に続く。

そうして若い男は荷物を掴むと逃げるように部屋をあとにした。

暗い部屋にはおっさんが1人、残されるばかりであった。

2020-07-20

人を褒めるのは難しいなぁという話

こじんまりとした創作界隈で活動しているが、創作スタイルというのは百人いれば百通りあるものだ。

自分は、自分が書いたものを褒められると嬉しい。

から、良いなと思った作品には、良いね!と伝えたい。

その作品を作った人間に対して、プラス感情を持つ。

良い作品を生み出す人の姿勢インプットの種類、アウトプットの種類を観察して、そこを褒めることもある。

これはただの愚痴というか、自戒のようなものだが、ある創作者に対してその類の「褒め」を送ったことが何回もあった。

「この作品は素晴らしい。描写が良い。キャラクターが生きている。丁寧にえがかれていて感情移入がしやすい。これからあなたの生み出す作品を楽しみにしている。」

そんなようなことを、少しテンション高めに、絵文字もふんだんに使い、敬意も欠かないよう慎重な敬語で伝えた。

普段からそれなりにリプを交わす相手だったので、140字のぎりぎりを使って伝えた。

相手もたまに自分作品を褒めてくれていたので、勝手仲間意識をもっていた。ちなみにツイッターでの話で、その人とは相互フォローだ。

しかし、現在私はその人を長らくミュートしている。

解釈違いだとか、態度がアレだとか、そういうことに関する負の感情は一切ない。こちらには。

ただ、あちらからすると、自分からたまに飛ぶ「褒め」が、ことごとく気に食わないようだったのだ。

その人は他に同ジャンルアカウントを持っておらず、裏垢などもないようで、なんでもそのアカウントにアップしていた。

まり散歩してきたとか、仕事が大変だったとか、今日のコーデはお気に入りだとか、日常から創作まで幅広い愚痴もその公開アカウントでこぼしていた。

かなり我慢強いタイプの人らしいのだが、愚痴を公開で流すのが鬼門だった。我慢我慢を重ねた結果の棘のある強い言葉が、たまに噴出するのだ。

その愚痴の中に、今までかけられてきた言葉への恨みのようなものもあった。

そして、自分が今までかけた覚えのある「褒め」に関する愚痴流れるようにでてきたのを、TLで見かけたのだ。

「なんで「上手い」と言わないの?「上手い」を使わないように言葉を尽くして褒めた気になっているだろうが、その誉め言葉は私を見下しているから出てくるのでは?」

謎の疑いの姿勢がそこにあった。

最初それを目にしたときは衝撃だった。そして困惑した。

そりゃ上手いと思って見ているけど、自分作品を作る側の人間から、ただ上手いというだけじゃ芸がないかなと思って、わざわざ140字を使っていろいろ言葉を尽くしたのに。

上手いなぁと思ったその先に感動があったからこそ、それを伝えたのに。

連ツイを観測していると、どうやらその人は「上手い」と褒められなければ意味がない、というくらいに、作品づくりをこじらせているようだった。

自分比較的楽観的な性格で、褒められた事実純粋に嬉しく、その裏にどんな思惑があろうと表面化しない限り疑うポーズを取らないタイプなので、本当に驚いた。

「上手い」なんてわざわざ伝える文化自分の中に形成されていなかったので、なおさらだって、上手いと思ってフォローしているのだ。

上手くなければそもそも目にとまらない。感動までたどり着かない。上手いからこそ、その先の価値が見いだされる。自分はそう思っている。

まあでも、そういうふうに他人言葉を信じられない時期や、自分の実力不足に気づいて(これは主観的もので、客観的にはそうではないのだが)落ち込む、というような場面は、自分にもないではない。

なので、その時はスルーした。何人かの人がその愚痴に対して、「そんなことないですよ」という慰めの言葉をかけていたが、その人にはあまり響いていないようだった。

その後愚痴の連ツイは落ち着いて、また作品をアップするようになったので、言葉を選びきれないままハートを飛ばすことだけをしていた。

ただひとつ、あの連ツイがいつも頭を掠めて、かえって「上手い」と言葉をかけてよいものか、自分は迷ってしまった。

そもそも、「絵が上手い!」みたいな誉め言葉は、十年来の付き合いの深い友人としか交わしたことがなかったのだ。

ネット上で素晴らしい作品を見つけてこちからフォローした人に対して、わざわざ「漫画/絵がお上手です!」なんて、自分の実力を鑑みるととても偉そうで言えない。

そうこうしているうちに、また「それ」がやってきた。その人の愚痴フェーズだ。

自分は好きなものが多くてフォロー数もけっこうあるが、その人の連ツイはやけに目についた。その人の生み出すものに多大な関心があるからこそかもしれない。

ああ、また病んでらっしゃる…どうしたらいいんだろう。そう思いつつ、愚痴ツイには反応せず、ただ見守っていた。

やはり「上手い」と伝えるべきなのか?いや、自分なんかが「上手いですね!」なんて、偉そうだよな…そういうふうに何度も堂々巡りをしていた。

その間にも、作品を購入したときなどに感想DMで伝えたり、あまりに好きな作品はいいねRT、その直後に空リプで刺さったポイントコメントしたりした。

しかし、自分のかけた「褒め」は、その人にはどうしても響かなかったらしい。やはり「「上手い」と言わないくせに言葉を尽くす」ことがお気に召さなかったようだった。

次の愚痴フェーズでまた、自分がかけた覚えのある褒め言葉を取り上げて、「これは誉めに見せかけた貶しではないか?」など人間不信ぶりを発揮していた。

そういうことが、何度かあった。長いことその人をフォローしているが、本当に不定期に、けっこう頻繁にそれはやってきた。

何度目かのそのフェーズに遭遇したとき自分のなかで何かがぷつりと切れたのを感じた。ああ、もう見たくないと思った。

自分はその人のpixivアカウントを見つけてフォローし、イベントの告知などはそちらで確認できるようにしておいて、Twitterアカウントミュートした。(自分は基本ツイッターにいる人間なので、pixivフォロー数は多くない。)

ともかくなんだか、そういう人に「褒め」をかけつづけることは、自分には苦痛だった。言葉を受け取ってもらえないのがしんどいのだ。いくら言葉を尽くしても、何かがその人を苛んで、届かないのがつらいのだ。

自分言葉は、その人に本当の意味で受け取ってもらえていなかったのだ。それを公開アカウントで堂々と言われるのがつらいのだ。

そしてすでに何度も堂々と言われてしまたからこそ、今更自分が「上手い」なんて言っても、あちらは「あぁ、自分が言ったから気を遣われたんだ」と思うだけだろうという諦念もあった。

その人が悪いわけではない。ただ単に感じ方に差異があること、そして感じたことを公表するタイミング手法について、こちらとあちらのリズムが壊滅的に合わないことが問題だった。

おそらくその人は、過去にひどく貶されたことがあるのかもしれない。信じていた人にひどく傷つけられて、人を信じることができないのかもしれない。だから、届かないのかも。

ネット上で作品を褒め合ったり、イベントで本を買ったりしても、その人を苛む疑心を、自分ひとりにはとうてい払拭できないのだと悟った。自分はその人の価値形成や再構築に関して、とても無力なのだと気づかされた。

から距離を置くことにした。TwitterミュートしてTLにその人が出てこないようにしておき、たまにその人の作品が見たくなったときに、アカウント名で検索をかけてメディア欄だけを覗き、最近作品にだけハートを残していく。

そういうスタイルに落ち着いた。どうしてもその人の生み出す素晴らしい作品は見たかったし、pixiv更新頻度はそこまで高くなかったので。

現在ミュートを外してみたり、また愚痴フェーズに入ったのを見て取るとミュートにしたり、そういうことを続けている。相手自分がその人をミュートしていることには気づいていないと思う。相互フォローも続いている。

ただ、そういう猜疑心に包まれタイプの人だから自分がたまにミュートを活用していることを知ったら、それこそ自分裏切り者のように感じるかもしれない。

自分がその人の作品を素晴らしい、好きだと言ったことは、やはり嘘だったのだと喚くかもしれない。どちらかというと、そうやって見捨てられることに慣れていて、ほら、やっぱりねと安心らするタイプなのかもしれない。

それでも自分はその人が好きだし、その人の生み出す素晴らしい作品たちが好きだ。

たった一つ、猜疑心に呑まれ創作活動を辞めることだけを懸念しているが、それも、もう猜疑心に包まれずに済むのであれば、その人の精神衛生にいい結果となるなら、それでもいいかなと思っていたりもする。

だってその人は、すでに私を魅了するほどの作品を生み出しているのだから

後生み出されるものも楽しみではあるが、それはなんぴとも強要していいものではないと思う。

その人にさえ生み出す気があるなら、続けるつもりなら、自分もできる範囲応援し続ける。そこにあるべきはそれだけなのだ

特にオチはないが、強いて言えば、自分がかけられて嬉しい言葉が、誰にとっても嬉しい言葉というわけではない、ということ。

そして、その人とどれくらいの信頼関係を築けているかによって、かけていい言葉も、近寄っていい距離も違ってくるということ。

これだけは自戒として、いつも慎重に確認しておきたいと思った。

2020-07-18

くまこへ

 おばあちゃんがきたら

 おせんこうは3本あげてもらってくれ

 じたくで ふようかどうかはおいておいても きんきゅうではないから まってたよって

 

                       おっ おじぃちゃーーーーん

 

 くっ 発見が あと100msはやければ・・・

 

            もし Intelなら 間に合います 緊急時に備えブーストを超えたブーストあなたに ※場合によっては壊れます Intelがね

2020-07-10

anond:20200710205757

巨乳じゃないもんおっぱいだもん

どうした今日はやけに素直だな

だって乳首取られたんだもん

地球の重みと乳首の重みの違いを知りたくてね

嘘だ

一同は規律した

2020-07-06

7月帰郷

お盆に混み合うのが嫌で、早めに地元実家帰省する。

新幹線ホームはいつもよりも閑散としていてよそよそしい気がする。いつもゴミでいっぱいになっている待合室横のゴミ箱には余裕があって、少し残ったコーヒーカップを投げ入れると底の方まで落下していきタプンと音をたてる。

ローカル線は発車するまで10分もホームで待ってくれているので、余裕をもってトイレに寄ることができる。トイレ内の通路はやけに広くて、また閑散とした印象を受ける。並ばず、焦らず。のんびりというよりも呆けたような時間流れる。鍵がついたロッカーが並ぶ薄暗い通路はどこかした荘厳な雰囲気があり、こじんまりとした納骨堂のようだ。

そのまま電車に乗って実家に着いてもよいのだが、早めに帰ってもあまり話すことがない。愉快な時間は30分ほどで、後は長い長い愚痴を聞き続けることになるだろう。想像しただけで気が滅入る。線香の匂いと、はっきりしない味の食べ物と、長い諦めの時間時計を見ても早くは進まない。なるべくそ時間を短くするには、滞在時間を減らすことが一番だ。

家に行く前に、予約しておいたビジネスホテルに向かうことにする。比較的新しく、駅に近く、朝食がバイキング形式地元食材をふんだんに使った和食を食べることができる。家のご飯よりもこちらの方を楽しみにしていた。

ホテル荷物を置きに行き、うっかり眠ってしまたことにしよう。それを言い訳に、家に帰る時間をできるだけ遅くしてしまおう。そんなことばかりを考えている。これでは、地元で過ごした灰色学生生活と変わらない。部活に行かない言い訳や、授業に出ない言い訳を考えてバイトのみに精を出した学生生活が思い出され、ますます足が重くなる。

やけに低く灰色の雲が立ち込める冬を避けて、夏に帰ることにしてもこのざまだ。

故郷日本酒だけは捨てたものではないので、何本か買って帰ろうと思う。

2020-06-29

anond:20200629152102

突き詰めた時のJavaC++の違いがそれ

すべてのマシンで早くするJava

おまえだけ、C++ こいつがはやけりゃそれでいい。ターゲットマシン以外ではおちてもいい。

2020-06-25

リベラル派がリベラリズムを捨ててるのになんで一緒にいなくちゃならんのだ?

いや、攻撃されてるのはオタク表現だけだと思ってた?

視野が狭すぎるよ。

世界中リベラル派はあらゆるものを、宗教裁判にかけてるんだよね。

その苛烈さはまじでやばいレベル

リンカーンガンジーすら有罪判決である

人形

タバコ

アニメ

映画

ゲーム

酒。

化粧品

地名

スポーツ

全てのもの適当リベラル宗教裁判にかけられて、有罪判決が出てるわけで、リベラリズムを信じている人ほど、今のリベラルから距離を取らざるを得ない。

問題なのはそういう人は、キャリアリベラル派に大きく依存してるので「お前らなんかリベラルじゃねえ。ただのナチの残党か文革の残党だ」と言おうものなら、即座に職を失う。

から世論調査ニュースの街頭インタビューでは「トランプけしからん」と答えるけれど、投票するときはやけっぱちの一票をトランプに入れるんだよね。

外山恒一が「やけっぱちの一票を」と言ってたが、実際に自棄の一票はトランプがもらってた。

2020-06-15

僕ヤバ:市川気持ち

物語市川視点で進むわけだが意外と市川気持ちも分からないところがある。

だって一体どうやって、山田の猛アプローチ自分への好意に結びつけずにいられるんだ?

3巻の山田は建前はともかく、態度としては全然「好き」を隠してないぞ?

鈍感だけで済む問題なんだろうか。

市川気持ちになって振り返り。

個別事例

山田から LINE の交換を持ちかけてきた

LINE交換くらい陽キャにとっては日常茶飯事。僕だからというわけではない。

一緒に走りたがる、ジャージを預ける、立ち上がらせてと手を伸ばす

どれもその事に意識してしまうのは僕だけで、山田は僕を男だと思ってはいない。

市川ジャージを着てニヤニヤ

たぶん授業中は気付いていなかったのだろう。僕が何だかあわてる様は面白かった?

山田最近ちぃによく市川の話をする

そもそも僕をバカにした話をしてるんだろう。

市川勉強を教わる

勉強小林に負けないためでは?

市川の母と仲良く話す

またイジられるネタが増えてしまった・・・

今日はやけに体が近い。耳打ちに赤面動揺。

早速母親の事をイジリに来た。耳はNG箇所で、僕がやらかししまっていた。

傘をさして二人乗りの提案。わざわざ改札を出て髪を拭く

雨に濡れた野良猫を憐れむようなもの

異性に口にしづらい単語生理)を口に出す

よく意図が分からなかった。やはり僕を男とは思ってはいなさそう。

お見舞!!しかいちごババロア!!!!

お見舞いと言っても母さんがいればババロア差し入れてすぐ帰ったろうし、仕事のない日の良い暇つぶし

1人分余ったババロア自分で食べない程度には風邪責任を感じているのかも。

市川にだけは自分から映画についてグイグイ話す

所詮僕は山田の実生活には影響しない壁の穴のようなものなので、気安く話せる面もあるのだろう。

市川の目を見てセリフ練習、二人きりで狭い用具倉庫

やはり、男と見られていない。

自分はいいんだ」。山田しか見えないと聞いて赤面

自分はいい」って何が??

我ながらすごくヤバい事口走ってしまって焦った。

山田リアクション見る余裕なし

市川が好きと噂になるかもしれないのにキスする振り

元々男除けだから自体は織り込み済みのリスクだろう。

いざとなれば傷つけても構わない陰キャだし。利用されただけだった。

市川に2日無視されたくらいで涙

小林ナンパイに利用されたときも泣いていたし、いつも通り。

例のティッシュ大事に持っている

僕が置いたティッシュと分かっている訳でもないし、物持ちの良いヤツ。

仲直りのハグ

ハグって・・・僕の事が・・・な事はあり得ない!!雑念!!

女子同士では割とある事なのか?

強引に引き留める、君オクの続きを絶対貸そうとする

そんなに納豆の話がしたいのか?(意味不明

友達おすすめ漫画を貸すのは普通

休みの日に待ち合わせる

仕事か何かのついでにちょっと渡すだけだろう。

つよい

かに市川スタンスを崩しかけたのはハグのみって事か?

こうして見ると「男と思われていない」だけで結構やり過ごせてしまうな。

市川自分の男らしくなさ(身長?)を大分気にしているという事だろうか。

一方では男と見られていないからこそ山田の隣にいられる、とか考えていそう。

そして市川から見ると「二人の時間山田人生の本筋ではない」のだろう。

市川にとっては大事時間だが山田にとってはほんの寄り道。

から、そんな山田に恋してしまう事は病気であって最初から未来はない、なのかも。

そういえば

山田はそんなヤツじゃない」と思い出したのならキスの振りについては結局なんだと思っているのだろう?

その時の山田の切羽詰まった顔に免じて「仕方なかった」という認識だろうか?

謎。

2020-05-30

友人の愚痴

どこにも吐き出せないからここで吐き出す。

ただの愚痴から意見とかは特に求めてない。

友人の名前はDさんとしよう。

Dさんは無職生活保護を受けている。自己破産歴もあり。

長年仲良くしていたが最近いらいらすることが増えて連絡を無視している。(ブロックすればいいのだがそれは事情があってできない)

通知が来るたび気が滅入る。

今年の初めまではお互いに呼び出しあって遊んでいた。

電話も良くしていた。

最初きっかけは、旅行に行こうとなったときのこと。(確か2月

どこ行くホテルどうするという話をしていたときに友人が言ったひとこと。

「よくわかんないから全部決めてでもさいごは相談してね」

めんどくせっ 脊髄反射的にそう思ってしまい、連絡をスルーし続けたら一瞬縁が切れた。

その後は普通に復縁したけど。

結局旅行は流れた。

その後は普通に接していたんだけど、最近エスカレートしてきたから次第に距離を置くようになった。

電話をかけてきては言葉にならない声を発する。そんですぐ切る。かけてきたんお前だろ。

・「自分には○○(運が良ければ仕事になる趣味しかない」の妄言。○○するのは辛いけど~みたいなアピール

比べることじゃないけど俺は仕事しながらそれやってる。

・異性漁りを趣味と言いつつ「自分同性愛者」だという矛盾した言葉

一般常識を知らないのでちょっとした社会の話もできない。

この辺りがストレスになってきた。本当はもっとあるんだけど特定されそうだからやめとく。

極めつけはクレカの返済できないかお金貸して、だ。

貸しても返ってこないじゃんそれ。

そのあとご飯行こう(ちょっと高いとこ)って言ってきたのは本当に意味が分からない。

Dさんも色々大変なんだとは思う。

精神科通いだし。

けど、そこまで面倒見きれない。

最近はやけ攻撃的な人間になってしまった。

俺もその片棒を担いでいるのだろうか。

かつて同級生だった俺たち。

似たような家庭環境社会ののけ者だった俺たち。

今では有職者と無職になってしまった。

過去に歩んだ道が同じでも、今と未来が交わっていないと合わない。

合わないんだよもう。

早く向こうから手を引いてほしい。

2020-05-19

気まぐれノイズ

特に意味もなく夜更かししているけど、なんとなく夜更かしって夜の静けさも少し楽しんでいる節がある身としては、

この時間に、テレビをつけていたり動画を見ていたりしていても聞こえてくるようなボリュームで騒がれると、イラっとするものだな。

というか、普段はそんなに気にならないし、ちょっとくらい騒がれるぶんにはイラつきもしないけど、今日はやけに五月蠅いしやけにイラつく。

それだけ激しめに騒がれているのが長時間続いているということなのだけど。

こっちも騒げばその音が向こうに聞こえて、それで自らの騒ぎが隣に響いているのだと察してくれやしないかな、と思って音楽動画ボリュームを上げてみたり、この時間帯に非常識一人カラオケ大会(そこそこ気持ち良く歌っている)をしているが、どうもこちらの音は向こうに届いていないのか一向に騒ぎが収まる気配を見せない。

お隣さんがどんなことを話しているのか、一言一句ハッキリ聞こえてくるようなことなんて今まで一回もなかったが、なんでここにきて急にこんなに聞こえてくるんだろう…

それだけ騒ぎのボリュームが大きいということなのか…?いや時間に気づけよ

オンライン飲みなのか宅飲みなのか知らないけど、さすがにうるせえ

実際イライラしてこうして愚痴吐きをしているのはこんな時間だが、22時の時点では既に騒ぎ声が聞こえて来ていた。なげえよ

いや長さとかどうでも良いんだけど時間よ、声の大きさ抑えてもらっていい~~~~~~~~~~???????????口に取り外し不可能メガホン付けられちゃったのかな~~~~~~~??????????それとも大音量で話しすぎて鼓膜やられちゃったのかな~~~~~~~~~~~?????????

壁ドン(物理)する勇気はない(ぴえん)ので結局こちらも大音量音楽動画を流してささやか抵抗をするしかないのであった。(逆サイドの人ごめんね)

あ、てか、逆サイドの人気付け!!!!そして壁ドンしてくれ!!!!こっちの分も!!!!!

ッッハーーーーーーーーーーーーこっちは咳をしても一人が早n年、一人拗らせてるってのによお!なーーーーーーーーーーーに友達だか彼氏彼女だか知らんけど仲良くやってくれちゃってんだよこんな時間によお!!!!!自分孤独拗らせてんのが際立つだろうが!!!!!自重しろ!!!!(言い掛かりも甚だしい)

ただでさえ友達恋人もいないってのに!このご時世で引きこもり生活続きで余計に孤独拗らせてるってのに!何日人間と会話してねえと思ってんだよ!ぴえん

いい加減静かにしてほしい(寝ろよ)(ブーメラン)

2020-05-01

病院が忙しいことが影響してるのでは?

とか思いたくなるが

「今年はやけ有名人死ぬな」

って毎年思ってる気もする

2020-04-29

タバコボヤ騒ぎ3例目

対策しておいてよかった

これはやけしぬ

2020-04-24

バイト日記

 昨夜はやけ子連れ客が少ないなと思ったら、市内で新型コロナウイルス感染者が出たことが発表されていた。

 しかし、当店は実は、4月上旬感染者が出て今感染拡大してる隣の市の方が距離は近いんだけどな……。

 一昨日、市内某所で感染者が出たが、感染者の勤め先が隠蔽にかかっているという噂が出た。感染者の勤め先は一人でも感染すれば閉鎖になるし、一人が大勢に移すことが明白だからだ。そして市民生活にも多大な影響が出る。(医療機関ではない)

 だから隠蔽されるかと思ったら市の保健所がそうはさせずガッツリ発表されたのだが、見たところ、感染者の勤め先がどこかというのは公開されていない。いや、感染者は自営業なので自営であることは公開されたのだけど、どこで営業しているのかがプライバシー保護とかもあって公開されていない。

 仮に感染拡大防止の為の閉鎖が行われて市民生活に多大な影響が出ると仮定すると、当店はどうなるか? おそらく、やたら混んじゃうかなぁ。

 昨日は高熱のありそうな真っ赤な顔のお客様が、これどう見ても籠城の必須アイテムだろってものを購入していかれた。夜のコンビニはこういう人たちの最後の砦的な役割があると思うんだけど、私ども店員が身を守れる手段はわりと少ない。

2020-04-07

anond:20200407214130

韓国攻撃するけど、中国はやけ好意的な人、近頃多くないですか。

ネトウヨって親米親中派の人たちなのかな。

2020-03-25

anond:20200325094104

すすりこむスピードはやければ

運動量保存則で振り子が短くなる分激しく触れることは高校物理やってればわかるはず

2020-03-17

責任だけ押しつけられる クソ上司会社

面倒くさい案件押し付けられている。

それはまさしく敗戦処理のような仕事なのだ

いまだ新人の域をでない自分にはあまり仕事が重すぎる。

技量が伴ってがないゆえに、絶賛炎上中。休み返上で無事13連勤することが決まった…。わーい。

金額だけはやけにでかいから上司は実績ができてよかったねみたいなスタンス

でも違う。新人ゆえにここまで案件がでかいと逆に成績には反映されない。

そういう評価制度だって知らないのか?

ただただ、責任押し付けられているだけ。

納得いかない。こんな理不尽仕打ちになぜ合わなければいけないのだ。

2020-03-05

anond:20200305124920

一般的はやけどすると思うが

アルコールのほうが先に飛ぶって

料理でもみんな知ってるし

みんなやろうとして1度はおおっとってひっかかるあるあるだし

どうしたの?

2020-02-17

anond:20200216215645

あれはネット感想はやけに叩かれてるけど面白いよね

ぶっちゃけヒロインどっちも頭おかしいけどだから面白いんだしさ

主人公の男が見た目も中身も男前から楽しめるよ

姉のほうはほんと行状を客観的に箇条書きにするととんでもねえ奴だけど

そこがいい

2020-01-24

ed治療薬初服用

半分で効果ありとのことで噛み砕く。

数分後に顔面周囲がほっこりしてくる。ついで下半身周囲が火照る。頭痛はないがぼーっとする。

副作用がおさまり、しばらく過ごすもイチモツに変化なし。帰宅。夕食を食べる。ビール500mlを3缶。いつものサプリメントは併用が怖くてやめた。

夜になった。俺はオナニーをした。スマホで見つけたエロ動画適当にしごくと勃起した。ガチガチだ。しばらく経っても固いまま。これは中学生以上の勃起力だ。すごく固い。自分のイチモツがこれほどまでに誇らしいことは今までなかった。

明日は嫁をセックスに誘い、試してみる。そういえば今日はやけに嫁がエロく見えた。勃起する自信?100%だ。嫁に飽きたと思っていたが、イチモツが蘇るだけで景色が変わった。ed治療薬は夫婦関係にも絶大なる効果を発揮するようだ。メスであればフル勃起する、というより、この状態なら男相手でも勃起する自信がある。フェチ雰囲気よりも性的刺激が限りなく優先される。明日セックスが楽しみだ。

2020-01-23

デスマ場合はだいたい2-3週間 はやければ1Wでとめる。

自分で作ったものなら、下請けがあやまったときように、いくつか、デバッグのしけがいれてあるから、だいたい消化できる。

他社でつくったもので、炎上されても、知らんとしかいえない。みはするけど、なんのために、1次 2次という仕組みになって責任取るための保障量をとってるか?という。

2020-01-02

記憶力が悪すぎて人生楽しめない

私は記憶力が病的に悪い。

テストのように、繰り返して覚える暗記なら人並みにできるのだが、特に意識していないと、昼食に何を食べたかもその日の夕方には忘れてしまう。酷い時は食べ終わった空の皿を見て「今何食べたんだっけ…?」ということもある。ちなみに私は90歳のお爺ちゃんではない。23歳の若者である

そんな記憶力の乏しさでは、本や映画も楽しめない。鑑賞途中は良くても、終わって振り返ると断片的にしか覚えておらず、「面白かった」「タメになった」という小学生以下の感想しか出てこない。何が面白かったのか、タメになったのかを聞かれても答えられない。

から人と本や映画感想などを語り合えない。他人感想を聞いたり、ネット上の考察を見たりして初めて「そんなシーンもあったかも」と思い出す。

サッカー観戦が好きで、応援しているチームの試合は毎試合生で観ているのだが、1日経つと誰がどんなゴールを決めて勝ったのかも忘れてしまう。観てる最中あんなに興奮したのに。感情記憶は結びついているってどこかで聞いたはずなんだけどなぁ。同じチームを応援している人と語りたいけど、覚えてないから語れない。悲しい。

他にもいくらでも例を挙げることができるが、とにかく私は基本的に何も覚えていない。すぐ忘れる。だから人と話す時は9割聞き役である。話すことがないから。そんなアンバランスな会話が楽しいはずがない。最後楽しい会話をしたのはいつだろう。どうして私はこんなにも記憶力が悪いんだろう。

遺伝だろうか?いや、同じ親からまれたはずの弟はやけ記憶力がいい。彼は頭の回転も速く、弁がたつタイプだ。彼とは時たまフットサルをしに出かける。彼は自分プレーだけでなく他人プレーも事細かに覚えていて、私にも「あのシーンは左に出した方がよかった」などと具体的なアドバイスをくれる。残念ながら私自身にそのシーンの記憶がないのだが。

弟を観察していると、記憶力が良い人は、何かを見たり聞いたり感じたり体験したりした時に、ちゃんと頭を働かせて考えているように思える。そして考えたり感じたりしたこととセットに物事記憶されているようだ。

一方私は何も考えずただ目の前の物事に場当たり的に反応しているだけだ。感受性も低い。だからあらゆる物事無意識スルーしてしまっているのだろう。要するにバカなのである

小さい頃からボーッとしていたので、このバカ先天的ものだろうが、自分の頭で考える習慣がないので、訓練されて頭が良くなることもなく、生来ずっとバカのままである

どうにかして超バカからバカくらいになれないだろうか。このままじゃ死ぬ前に見る走馬灯もない。

よし決めた。今年は「一言でもいいか物事自分なりの感想を持つ」ように心がける。まずは物事スルーしないことから始めよう。ポンコツ脳みそなんだから、それくらい簡単じゃないと続かない。

明日になったらどうせ忘れているので、文章にして脳の外に保存しておこうと思った次第です。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん