「楽天的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 楽天的とは

2020-02-13

田尾はノムさんのことどう思ってるのか。

心をイグラれるようで楽天的にはなれない。

2020-02-11

anond:20200211121643

ざっくりマクロに言ってしまった

楽天的ガラパゴス文化ローカル亜種)というのは各地でその通りだろうね

政府もまたしかりで、各国で差があるっちゃあるんだろうね

2020-02-08

コロナ日本崩壊すると思って毎日震えてる

最近新型コロナが怖すぎてマジで仕事にも手がつかなくなってきてる

今日1年分引き込もれるだけの飲食物ストックAmazonで注文した

会社の方にも休職願い出してる

両親に今まで迷惑かけたことへのお詫びとこんな自分でも愛してくれたことへのお礼を言葉にしてちゃんと伝えた


新型コロナの致死率が2%なのか、5%なのか、20%なのか、それともそれ以上なのか判断する材料は全く足りてない

来月には日本武漢のような地獄になっているかもしれない

再来月には今の武漢とも比較にならないくらいの大地獄になってるかもしれない

経済活動が停止して、大恐慌に陥ってるかもしれない、国交断絶されて餓死者が大量にでるかもしれない

それなのに、なんでみんなそんなに平気な顔して仕事できたり遊ぶ予定なんて建てられるんだろう

東日本大震災とは違って少なくとも数週間の準備の猶予はあるだろうに

武漢人にしか効かないみたいなファンタジーウイルスだと思ってるのか?

WHO日本専門家見解なんて中国当局の死者数発表を事実とした上での楽天的な推測に過ぎないよ

俺は武漢にいる人達生の声を信じようと思う

自分の大切な人達が苦しむかもしれない、もう死ぬまで会えないかもしれないと考えるとそれだけで嗚咽が出てくる

念の為死ぬ準備もついでに注文しておいた

自分の周りの人に自分の考えを伝えると、考えすぎ、過剰だと皆に言われる 多分よくいる陰謀論者みたいに映っているんだろう

でもやっぱり自分にはどうしてもこの考えが過剰だとも間違ってるとも思えない

はてな民ですらこんなに楽観的に考えてたらもうダメじゃん

2020-02-01

TPOを間違う

Time! Place! Opportunity!」ってなんかすげー楽天的な人になってしま

違うのは分かっててもOで咄嗟に出てくるのがオポチュニティなんだよ

何故…

2020-01-26

反復性うつ病疲れた

17歳ではじめてうつ病になって、発症アンド回復を4回繰り返した。理由は様々。

ストレスに弱いのに我慢しすぎる、取捨選択が苦手、息抜きが苦手、世間体を気にする家で育った、母親不倫ブラック職場


4回目の回復のあと、しばらく調子が良くてひょんなことからトントン拍子に結婚した。

出身校に関わりがあった人で、元気で楽天的性格素敵だなと思った。

うつの話も正直にした。でもひるむことはなく、未来を見ていこう!という感じだった。

一緒にいて楽しくて、話も合うと思った。出会ってから、生きて行こうって思えた。


でも結婚して一緒に本格的に住みはじめてから早々に、プレッシャーを感じてか、生活スタイルが合わないのか

うつっぽくなってきてしまった。そして今5回目の発症。30代半ばの年齢。

重度のうつではないが、この生活が何十年も続くのは無理と感じている。


お酒をかなり飲む人で毎日ベロベロで帰ってくる。知っていたけどこれほどとは。

要求が多く寂しがりやで相手しきれない、元気であることを強要される感じ。

食に対するこだわりが強く、味付けや食材にうるさい(幼少期はかなり富裕層だった、から独身貴族でほぼ外食してた)

相手の飲み友達と私はノリが合わないのだけど、一緒に来て欲しがる。

子供をほしがっている、当初は私もそのつもりだったけどしばらくそんな気持ちになれない。


離婚を考えている。申し訳無さを感じている。なんだか生きるのに疲れてしまった。

これからも頑張って生きていけるだろうか。父親が元気なうちは生きねば。

2019-12-06

財布や鍵を外でなくす人いるけど、どういうこと?

楽天的なの?集中力が高くて他のことが見えなくなるということ?

自分はことあるごとにポケットを触ったりして確認しないと不安になるけど、そんな不安がないならある意味幸せで羨ましいと思う

2019-11-27

良くもこんな他人事ツイートできるな

行かれた方の話やヤマベンの反応を見る限り、揉めていないのは単にダウンロード違法化に慎重な方が途中退席しただけであり、審議自体碌に進んでいないのは他の情報からも判る事なのになと思う。

そもそも赤松自体、今回の発端になった人物及び団体であり、文化庁賛同して一緒になり規制を押し進めている側なのに良くもここまで他人事みたいな発言をできるなと見ていて思うよ。

それと赤松氏に関しては漫画家出版と言う権利者側であり、本来企業等の団体として、ロビー活動するのは当たり前の側だから、それこそツイートでわざわざ表現の自由を守る為に自民党パーティー等でロビーをしているぞと言うアピールをするのもおかしいと感じたりはする。

一般の方がわざわざ時間を割いて下さってロビーをするならともかく、自身利益の為に企業なり団体ロビーをする事自体本来当たり前の行為だと思うからね。

それと今回に関しては漫画家は表で表現の自由を言いながら、著作権でこの様な言論の自由知る権利規制する様な規制を押し進めている時点で、ある種のダブスタをしていると言えるからね。

そもそもこの件自体問題点から一度凍結されて、裁判有効性もあり、そっちの改正が指摘されたにも関わらず、漫画家がこの件の火種をつけて始まった経緯があるからな。

それにこれリベラルフェミ表現不自由展を擁護しておきながら、日赤の宇崎ちゃんポスター非難していた行動に対してのダブスタと同じ様な状態から、これが大々的に世間に知られれば、後々漫画家規制に対して、反対しにくくなるんじゃないかなと思うけどね。

その辺は懸念している所。

2019-10-04

anond:20191004153029

おいおい楽天的だな。万が一のことも考えて現金を持っていけよ。

2019-09-26

何もできないんだけどどうしたらいいかからいから助けてほしい

鬱で何もできない状態なのだが、上司仕事を早く送れと命じてくる。

無給だ。

手が進まない。

上司はよく質問攻めにする人で、部下である私ができない理由を大声で何度も何度も問いかけてくる。

「なんでこんな簡単なことができないの」「なんでしんどいの」「わからいからきいてるの」

これが30分以上ずっと続く。

こっちが聞きたい。これが怖くて仕事が進まず、最悪の状態で一日が終わる。

早くしろ早くしろと言われるが、仕事のことになると涙が出て止まらず頭がパンク状態でもう終わりだ。

死ぬことは考えていないが、身辺整理は始めた。

貯金は親に全額振り込めるようにして(まだ準備中)、家を片っ端から掃除し始めた。いらないもの引っ越しするからと知人にあげたりして処分している。引っ越しはしないけど。

死ねたら楽なんだろうけど、迷惑がかかるからどうしようか悩んでいる。

正直に言うと電車に飛び込めた人がうらやましい。

ああ、思い切れていいなって。

多分、私がやるなら崖から海に飛び込みたい。全然死ねる気はしないけれど。

迷惑まりないけど、終わらせたい。

でも一歩理性があってできない。痛いのは怖いな。

病院で薬は処方されているけれど、お医者さんは「あなたは鬱です」とは言わないから楽な部類なんだろう。

甘えている部類でもう嫌になるし、嫌というか自分絶望しているからもうどうでもいいかな。死ねない自分にも絶望しているし。

死ぬまでの諸々の必要な解約手続きとかを考えているときが一番楽しい

恐くて死ねないけど。

楽天的なのか、常に車にひかれたり新幹線にひかれたり飛び降りたりする妄想は頻繁にというかほぼすべての時間考えてるけど、まだ危なくないと思ってる自分がいる。

痛いのはやだなーって思うけど、それを越えられたらどれだけ天国が待っているんだろう。

まだ死なないか大丈夫だけど、どうしたら仕事ができるようになるんだろう。

2019-08-01

anond:20190801161129

ごくごく真面目に、分かっているであろうことを承知で書くけれど、日本でも、アカデミックな職でそんなにひょいっとパーマネントなんて無理。准教授でもテンポラリーが多いのに。俺としては、もし今目前に口が得られそうなら、それがテンポラリーでもそこに身を置くべき、あと海外で職があるならそっちに行った方がいい、ということ。この国のアカデミック未来は、ポストにおいても予算においても正直暗いよ。こういう状況では、結局は(本来はそれを排除する為の諸々のシステムであった筈なのに)コネとかが効力を発揮してしまったりしかねない。

でもな、そういうテンポラリー渡り生活であっても、子供育てて幸せそうな人ってちゃん存在するのよ。研究者楽天的でなければならないものだけど、それは配偶者においてもあてはまる。常に安定を志向したら、そりゃあ綱に乗るな、で話が終わるしな。その辺はちゃんと話しておくことをお薦めするよ。

2019-06-11

年金2000万不足問題ってさ

みんな年金だけで生活できると思い込んでたの?楽天的すぎん?

2019-04-05

anond:20190405114443

苦労を重ねない朝ドラヒロインは居ないと思うのだけど、最近ドラマに見られる苦労の重ね方(「なつぞら」のなっちゃん

牛の世話大変そうだけど本人が望んで世話してるしアイス美味しくてよかったね!と思えるよ)と比べてやや陰湿空気をまとった苦労話になりそうだ。

最近朝ドラ特に東京)って単に行き当たりばったりで、壁にぶつかってはコロコロコロコロ舞台が変わってるだけのようにしか思えないんだよね

あまちゃんみたいに全力でバカやってるというか、楽天的なノリで行くならそういうのでもいいんだろうけど、シリアスぶってるくせに脚本がイージーというのはマジで救いがない

2019-03-13

出生前診断我が家場合

33歳で妊娠した。初めての妊娠だ。

夫と話し合って、とりあえず出生前診断は受けようという話になった。堕胎視野に入れるなら法的に堕胎ができる週数が決まっているので、そこから逆算して出生前診断を受けられる週数もまた決まってしまい、そしてそのタイムリミットが近かったからだ。

から、とりあえず受けておいてその後のことはその時また考えようという話になった。

出生前診断を受けるにあたって、遺伝子カウンセリングというものも受けた。

聞き取り調査遺伝的なリスクを探し出すのと共に、出生前診断でわかることというのも説明してもらった。

まずはクアトロテストを受けることにしたが、かなり意外だったのが、偽陽性の率が高いということだった。具体的な数値ははっきりと覚えていないので医療関係者確認して欲しいのだけれど、このテストは陰性であればこのテストでわかる一部の病気に関してはまず安心していい、という程度の意味合い検査で、陽性になったか病気が確定するという類のものではないし、陰性であってもこのテストではわからない先天的病気が現れる可能性がある。本当に病気を持っているのかどうかということは、羊水検査をしなければ確定はしないとのことなのだ。

それでもまずはクアトロテストを受けてみようという話になった。

クアトロテストは私の血液だけで受けられる、胎児にとっては安全テストだ。

その結果が出るまでの間、夫と話し合った。

まず私の気持ちとして、何かあっても堕胎絶対に嫌だ、ということを伝えた。私にとっては、子供病気があったとしても堕胎する罪悪感と比べたら育てていくほうがずっと良いという気持ちがあった。

幸い夫はその考えにすぐに理解を示してくれた。

それはそれとして陽性が出た場合、次の確定診断である羊水検査に進むかどうかも相談した。だが、羊水検査は非常に低い確率ではあるが胎児危険が伴う検査であることを考えると、何があっても産むという決心をした以上受ける意味を感じなかった。もしそれを受けることで胎児に何か起きたら、と考えると絶対に受けたくなかった。

これも夫と同意が取れ、では今回受けたクアトロテスト子供に何かあるかもしれないという心構えをするための検査だという位置付けにしよう、という話になった。

そしてクアトロテストの結果を受け取りに行った。

結果は、陽性だった。

だが、事前に取り決めた通りそれ以上の検査は望まなかった。

遺伝子カウンセリングをしてくれた医師の方に、子供病気を持って生まれても良いように調べものを始めます、と伝えると、「この検査本来そういう目的のための検査だった」という旨のことを言われたのが今でも印象に残っている。

それから妊娠継続していく間、不思議なほど楽天的だった。病気を持って生まれた人たちのための団体運営するウェブサイトなども見て回ったが、明るく過ごしているらしい様子を見て、多分大丈夫だろうと思ったりした。悲観的にも無闇に勇壮にもならなかったのは本当に不思議である

そして結果が出てから半年後、子供が生まれた。一目でわかる病気は持っていなかった。

この文章を書けているのは、結局子供病気がなかったからだと思う。もちろん、私の場合はこうだった、ということ以上を語るものではない。

でも、もしクアトロテストではなくNIPTを受けていたとしたら?年齢的にNIPTは受けられなかったが、もっと高精度で偽陽性の率が低いのに陽性だと出ていたら?その時私はどう思っただろうか。

それは、今となってはわからない。

2019-01-19

anond:20190119144942

うまく伝えられないんだが、全身2年物のユニクロ+寝癖+無精髭で外出てたときに友人から言われた言葉から(そのまま服屋に連れていかれた)

そのままの意味で受け取った。まぁ全体的にアホで楽天的性格なのは大きいと思う。

2019-01-03

anond:20190102063518

北大の人がいたので懐かしくなって自分も書いてみたが、どうやら消してしまったらしい。勿体ない。

だがまぁ見かけたので僕も自分語りなどしてみようと思う。もう20年は前の話なので話半分程度に聞いて欲しい。あ、とくに受験に役立つ話とかは無いです。自分語りのみです。

中学時代

 関東のどこにでもある公立中学に通っていた。

 成績は良い方だったが先生にウケがいい方だったかというと別にそういうわけでもない。虐められていたわけでもないが、自分にはよく分からない理由からかわれることがあった。

 当時は少し不思議がる程度だったのだが、今にして思えばクラスの中でも割と、いやかなり浮いていたのだとは思う。

 成績はトップクラス運動もできた(サッカー部で足が速かった)から大事に至らなかっただけで、先生にも同級生にも興味が無く、他人不快にさせても気付かず、いつもぼんやりとしていて一人遊びが好きな子供だったらしい。昔、母親に「あんたは自分が虐められていても気付かなそう」と言われたことを今でも覚えているが、つまりはそういう子供だったようだ。今でも他人の心が分からないのは変わっておらず、割と苦労することが多い。

 暢気な性格であり、行く高校も学区内で近くて偏差値が高いところ(親が文句を言わないところ)であればいい、と思っていた。滑り止めも受ける気がなかったので調べもしなかった。今なら分かるが、そういうとこやぞ。

 その上適当でも受かるのが分かっていたので真面目に受験勉強もしていなかったところ、みかねた両親からとにかくお前はもっと偏差値の高いところを一校受けろ、と言われ学芸大附属高校を受けることになった。

 自主学習では限界があるということで近くの塾にも行ったが、バイト大学生先生過去問を見せても的確な解説が帰ってくるでもなく困った様子だった。そこで使っていた教材とのレベル差も大概だったしまぁ仕方ない。というかそこはあくま学校の授業について行けない生徒の補習的な個人塾だったようで、よく考えれば筋違いである。高難易度受験校に受かろうとするならそれ相応のところに行く必要があったはずだ。まぁ当時は僕も両親もそんなことはよく知らなかったし、塾ならどこでもいいだろう、という程度の発想しか無かった。

高校時代

 学芸大附属高校には当然かすりもせず、第一希望公立高校入学する。

 世の中には自分と似たレベルあるいはそれ以上で勉強が出来る奴がいるんだなぁ、というのをようやく理解するが、この頃でも生来ぼんやりした性質は変わらずにのほほんと学校生活を過ごしていたらしい。変人の多い学校だったのであまり浮いていなかったようだがたぶん中学の時と余り変わっていなかったはずだ。

 今でも覚えているのだが、廊下ですれ違った先生挨拶をしながら「この人どこかで見た顔だな……」と思っていたが、よく考えたら一年世界史の授業をしてくれた先生だった、という事があった。他人の顔や名前を覚えるのが苦手だと思っていたが、そもそも他人に興味が無いのだ、という事に気付かせてくれる出来事であった。今でも仕事で会う人の顔と名前が一致せずに苦労しているし、これはどうにもならないのだろう。

 大学受験という物に本腰を入れ始めたのは三年からだった。

 といっても例によって「まぁどこでもいいかな……」という感じだったのだが、両親から「国公立」「一人暮らし」「浪人は一回まで」という条件を出され、紆余曲折合って北大を志望することになった。

学校に進路相談をするでもなく、成績とのギャップに悩むでもなく、軽く決めたので相変わらずアレな性格だったらしい。

 友人に東大を受ける奴がいて、そいつ天才だったので自分の分というのはよく分かっていた。数IIIの定期テスト理系コースの学年平均点が30点くらいだった(僕もそんなものだった)のに、そいつだけ満点近くを取っていたし、暇つぶし数学の高難易度問題集をやるような奴だった。世界が違うなぁ、というのが正直なところだったから妬むこともなかった。

 受ける模試はいいとこD判定(一度だけCが出た)、予備校には行ったが授業が身になった気はせず、もっぱら図書室や自習室でひたすら自習する日々であった。

 どこに自信があったのかは知らないが、センター何となく取れると思っていた。実際目標ラインの点数を取れた。

 過去問を解いていても2次試験がイケる自信は全くなかったが、恐ろしいくらい焦ることがなかった。他人事のように淡々勉強をし、まぁなんとかなるでしょ、と楽天的な構えを取っていた。……もっとも、この性質のツケは後で受け取ることになるのだが……

 試験から帰ってきてから溜まっていたエロゲー(年齢がアレだがもう時効だと思うので勘弁していただきたい)をプレイして春休みを過ごし、ネット合格通知を見ることになった。合格祝いに買って貰ったノートPC月姫プレイしたことを良く覚えている。

 勉強自体特別なことは何もしなかった。テキストを読んでもよく分からなかったのでひたすら過去問を解いたことくらいだろうがそれだって目新しいことではないはずだ。

 まぁ、北大程度の人間から画期的な物を期待されても困る。そういうのは東大京大に行った人達に任せておきたい。

【その後】

 入ってからものほほんと過ごしていたところ、4年の時に8割受かるはずの院試に余裕で落ちて途方に暮れるという事になった。人生適当に過ごしていたことのツケをここで受けることになった……が、結果的には塞翁が馬という奴で何が幸で何が不幸かは分からない。

 冬の再試験を受けるかそれとも今から就職活動するか、と教授に言われたが、どうやら自分にはアカデミックな才能は無さそうだ、というのに薄々気付いていたので就職活動をすることにした。人間にも物事にも興味が薄く執着の無い人間にとって研究の道はあきらかに向いていないのでこれは正解だったと思う。

 といっても時期は既に秋、適当一社だけ受けてダメなら就職浪人でもするか、と思っていたところを拾って貰い、そのまま就職して今に至る。

 適当に選んだ会社だったが気付けば海外を飛び回ることになり営業のような技術のようなよく分からない仕事をしている。しんどいしんどいしさっさと仕事辞めたいとは毎日思っているが、給料がそこそこいいので未だに辞められていない。

 ソーシャルゲーム課金し、声優を追いかけ、両親に「あん結婚は」と追い立てられる普通ヲタク人生を送っている。誰か結婚して下さい(

2018-12-26

家庭が比較的安定してた子は鬱に強い気がする

まあ印象論なんですけど聞いてくれ

親がハチャメチャだった子たちはしっかりしてそうに見えても、一旦崩れると本当にメルトダウンしてしまって、起き上がることもできない鬱になって苦しんでる。風呂は入れないトイレ行けない。

一方、愛された実感のある子は踏ん張りが効いてメルトダウンしないのな。すごいしんどいけど、まあなんとかなるか……みたいな。風呂入らないと汚いしトイレ行けないって何?って感じ。どっか楽天的

2018-12-16

anond:20181216171100

過疎村にダム作るとき成田空港作るとき福島原発の近くから避難させるとき心理的抵抗があった。

兄弟や幼馴染、幼稚園小学校、そんなものを含めた土地とのつながり、かっこよくいうと文化なんだが。それを捨てて難民になれと言われても人はそう簡単うごけない。

墓地神社気候とそれに沿った宗教行事がそれぞれの土地にある。

人の暮らしがなくなれば、例えば夏目友人帳だのガルパンのような楽天的、永続的フィクション舞台になることはもう二度となくなるといえば想像やすいか

2018-12-14

学歴のおかげでバカと接さずに済むし、人生楽しんでる がしかし。

旧帝大まで行かずとも、比較偏差値高めの国立大学出身なのだが、学歴まったく関係ない仕事で、超人エンジョイって感じの毎日である

学歴を使って得た仕事ではないし、どちらかっていうと自分の才能活かしてる系。今の仕事履歴書を出した覚えが無い。

学歴って関係ないよねーとも言えるし、学歴ありがとうという点もある。

学歴のおかげて信用されやすい。

仕事ちょっとはちゃめちゃなやり方をしても、まぁ賢いひとだから大丈夫だろうと誤魔化せる。学歴割合まともな人間ですよという証明書みたいに使える。

これはかなり便利。

⑵自信を持てた

受験での成功体験自尊心を保つのに役に立つ。ろくに塾にも通わずにド田舎から都会の大学に来れたので、これは自信につながっている。

前職がしんどくて鬱になりかけたこともあったが、こういうベースにある自信はギリギリで踏み止まるのに役立ってくれたと思う。

自信があるというのはいい点が3つある、

楽天的でいられること

・むやみに誰かを攻撃せずに済むこと

・何かにチャレンジしたいときに足かせが少なくて済むこと

なので学歴ゆえの自信のおかげで、躊躇せずチャレンジできてきた。変化の多すぎるこの時代大事感覚だと思われる。

バカとあまり接さずに済む

学歴高めというのは、職場なり結婚相手なり住む場所なり、自分の居場所比較自分で選べるということ。自分の適性に合った居場所を選びやすい。

ちょうド田舎出身なので、関東に出てくるためには大学受験という扉が必要だった。大学のおかげで住む場所を選べたし、そのまま関東にいつくための職業を得ることができた。

これが何かって、接する人間の種類を選ぶことにもつながるわけです。ほんまのバカは嫌いです。疲れるし論理が通らない。高速であおり運転したりする。学歴があれば、そういった人間と接さずに済むような人生コースを選びやすい。

それくらいかなー。大学で学んだことは直接は役に立たない。おもしろい友人ができたことと、審美眼とか、センスとか、ワクワクするような世界の物の見方を学べたことは良かった。

逆にこれらのものが得られるなら学歴特に意味ないとも言える。学歴じゃなく独学で難関資格とってもいいだろうし、そもそも都市部お金持ちで素敵でマトモな両親に育てられるとかでも同じ効果は得られそう。

いくらでも自分で学べる時代に高いお金を出して大学に行く意味は、あるひととないひとに分かれると思う。でも18歳とかでそんか自主性を持てているのは奇跡よりな人材かと。

旧帝大受かったわけでもないのに何言ってんの感あるかもしれないけれど、上を見たらキリがないのは当然。自分の得られなかったものよりも、自分の得てきたものを愛して、自己肯定感に包まれたほうが自分も周りも幸せでしょ。

そろそろ大学受験シーズンですね。大学受験成功しても失敗してもあなた次第と環境次第で楽しい人生が待ってるよー。

2018-12-07

通信障害をしたからと言って

ソフトバンク回線通信障害が起きたからと言ってaudocomoに乗り換えるのはどうかな。

逆にきちんと対策するので今後は通信障害をおこしにくくなるのではと楽天的に思っています

特に原因となったエリクソン社製の通信機器使用していた海外メーカーも同時刻に障害を受けたらしいですし連携して対策してくれると信じています

なんだかソフトバンクの犬のようですが今回ばかりはdocomoユーザーで良かったですw

2018-10-27

anond:20181027195805

子供指導する必要はなくただ肯定して愛してあげれば良いというスタンスだとしたら、それは楽天的すぎるだろう。

フェミ否定する必要はなくただ肯定して規制してあげれば良いというスタンスよりはよほど現実的だし論理的な態度だが

2018-07-24

吐き出し

お前はほかに何も出来ないんだからそれくらいやってよ。

最近母によく言われるようになった。大学生活も半分を切って、色々考えることも増えてきて将来はどうしていこうかなんてよく考える。

あん就職どうするの?水商売でもやる気?今のバイト先でフリーターとかやめてよね。あんたの歳にはもう結婚してたよ。

それって私に言うべき言葉なの?私の将来なんだよね?

両親が共働きで近くに祖父母がいたか食事は土日だけ家で食べる。平日の洗濯物を畳んだりするのは小学校の時から家にいる人の仕事だった。弟はまだ小さかったし、必然的に私がやることになる。中学上がる前から洗濯物を取り込んで、教えてもらった畳み方をその通りにするだけ。

家族の中で私だけが目に見えてわかるくらい大雑把な性格楽天的だと思われてるから部活で遅くなって晩ご飯に間に合わないから取り込んで終わりなんてこともよくあった。その度にぐちぐち言われる。そんな中途半端で終わらせるならやらなくていいからとかお前は本当に何にも出来ないんだなとか。

うちの家族はみんな片付けるのが下手なんだけど(これは私以外も気付いてると思う)、お姉さんな私が体操服やワイシャツを綺麗に仕舞うことができなくて分かりやすく怒鳴られ叩かれ一回だけ蹴られたこともある。母がいつもそういう役回りで「お姉ちゃんがしっかりしなきゃ弟が真似するでしょ!何が悪いか言ってごらん!なんで黙るの!」と言われて母の言ってることは違うんじゃないかと言えばすぐに手が返ってくる。そんなこと繰り返させれれば何にも言えなくなるのは当たり前だと思う。2、3回だけ顔を叩こうとした腕を掴んだけどそれで更にヒートアップしたこともあった。母が私の部屋(弟と共同部屋)で私を叱れば頃合いを見計らって父が少し含んだ表情で「今度は何をしたの?」と割り込むのはお決まりの流れだった。私はそれが嫌で嫌でたまらなかった。そんなに気になるなら自分で言ってこいよ。自分たちを棚に上げて、明らかに馬鹿にしたように叱られるのが悲しくてつらくてどうしようもなかった。

母は「私がこう言わないとお父さんはもっとひどく怒られるんだよ」と言ってくるし、おばや祖母もお母さんが「盾になってくれてるんだよ」なんて言われたけど盾になってくれてる人が叩いたり、蹴ったりしてくるのかと思った。私がきちんとしないから怒られるのもわかってるし、自分が一番悪いとも思うからマイナスなことはあまり口に出さないけど、次の日に普通に接するとあんたは本当に反省するとかしないんだねと言われた時は流石に傷付くし、挙句の果てには何にも考えてなくて楽でいいねなんて言われる。

中学2年のとき成績や生活態度みたいなことで怒られた時、父が本気で怒ってバリカンを持ち出して頭に当ててきたことがあった。刃はついてなかったけど機械の音が聞こえて来たときパニックになって刈られるくらいなら自分で切ってやると思って、耳と肩の間にハサミを入れて自分の髪をきったことがあった。父は私がロングヘアに憧れていたことも知っていたと思う。小さい頃からぶーちゃんとかブタみたいなんて面白半分で言われて男の子みたいな服ばかり選ばされていたわたしからしてみれば、長い髪は女の子として見てもらえるんじゃないか、可愛くなれるんじゃないかとかそういう憧れみたいなもので悔しくて大泣きしたのを覚えている。私の理想像として好きで好きでたまらない人たちは小さい頃に私がなりたかった憧れそのものなんだと20歳過ぎてからようやく気づいた。

高校も同じような感じだった。中学に上がった弟は私が小学校中学校で出来ていたことよりも下でも許されていた。今もそう。例えば夕飯後の食器の洗い物も女のやること。私に手伝えといっても弟にはやらせない。お姉ちゃんがやれば弟もやるんだよなんてしょっちゅう言われるけどいやいやいやお前ら強制的にもやらせないくせに何言ってるんだよ。弟にも手伝わせようとするといいから早くやってと私に言ってくる。女だから家事をやれたいうんじゃないんだよなんて言うけど弟にも同じようにやらせない時点で女で嫁にいかせるからやらせるんだろ?馬鹿馬鹿しい。家事を出来る範囲でやるのは当然のことだと思うけど、弟の方が余裕ある時でも私がやらなかったのが悪いなんて言われることはざらにある。私が全て悪いのですね、はいはい

大学は押し切る形で決めた。両親は高卒で働かせようとして最後最後まで(なんなら未だに)学校に行く意味あるのかなんて言ってくる。母には入学金だけ払って頂いて就職したら返して行くつもり。学費は全部自分で払ってて奨学金も借りてる。毎月決めた金額祖母に渡して管理してもらってるけど、バイトあんまり入れない月もあるわけで、学費の納入を送らせてもらうための判子を押してもらうために書類を見せたらこれでもかというくらいに怒られた。どうせ遊んでて少なくしたんでしょとかなんでもっと計画的バイト入れないのとか色々言われた。一番笑いそうになったのは足りなくてどうしようもなかったらお金貸すからって言われたこと。一ヶ月ほど納入を遅らせることが出来て自分で払えるなら一々馬鹿みたいに怒鳴られるより判子を押してもらった方がまだ精神的に楽だ。貸してあげるからなんて言って怒鳴れるなんて勘弁したい。バイトもそう。大学入ってから24時近くのシフトまで入れるようになればもうちょっと時間を早く出来ないの?とか土日どっちか休んだらなんて言うけど、土日に給料が上がる飲食店勤務のアルバイターにそんなことを言えるなと思う。なんでもっと入らないのとか言われることもたまにあって本当に勘弁してもらいたい。

一番キッツイのは弟が高校に上がってから。家から大学まで1時間以上かかるから弟の方が家にいる時間は長くてそれなりに家事もできる。流石に洗濯物を畳めるようになったし、米を研ぐことも出来るようになった。私も家に帰るのは遅くなったりするから弟が私がやってた役割をするのは必然だと思う。そうすると今度はあんたは何もしてない、何も出来ないになってしまった。

母が遅くなったり自分のものが多ければ洗濯機回して干すこともできるし、家の掃除も一人でしたことも当たり前にある。風呂掃除も米研ぎも私がずっとやってきたことだった。家の家事の大部分をしている母からすればやったことにはならないかもしれないけど、最近そう言われる度に自分の中の何かが崩れそうになる。結婚するときにどうするの?なんて言ってくるけどなんで私が結婚する前提なの?父は料理はするけど他は何もやらない。父の部屋は漫画で埋め尽くされてる。父は私の全てを馬鹿にしたいらしくて何かとつけて馬鹿にしてくる。声優が好きと知れば、あんななのどこがいいの?とか、BLが好きだと知れば、ホモじゃんとか、太ってるからな〜とかお前のその出てる腹をなんとかしてから言ってくれ。父のことは顔を見れば殺意が沸くほど嫌いというわけではない。小学生の頃から好きなアニメ映画がやれば2人で観に行くことはあるし普通に会話もする。けどある瞬間に投げかけられるそれらが嫌で嫌で仕方ない。母、おば、祖母は「お父さんはなによりも貴方理解してくれてるし、誰よりも貴方の好きなもの理解してる」と言ってくる。私の趣味理解してくれてるのはわかるけど、それでも嫌な部分はある。小学生とき、擽りを家族三人がかりくらいでされたことがある。苦しくてやめて欲しくて泣いたけど結局私が胃の中にあった夕飯を全て吐き出そうとするまでは止めてくれなかった。音や接触を過敏に感じてしまうことがあるので何よりも辛かったし、それをコミュニケーションとして使って私に対してつまらないみたいな対応をされたのも凄くショックだった。自分の好きなもの否定されることの辛さを知ってるはずなのにそういうことを平気でしてくる。私が好きなアニメをみてくるとすぐBLか?ホモか?とか言ってくる差別意識とか本当無理。

私が大学生になった今でも4人で出かけることはあるしディズニー行くのも家族で行くのは普通だし、周囲にも仲が良いねなんて言われる。たしか普通に仲が良い。けどそれぞれ微妙に壁を感じるし、弟が生まれるまで私は両親と過ごす期間があまりなかったから未だに遠慮してるのかも。

大人になっていけばこれって理不尽なことじゃない?なんで私は駄目で弟は許されるのなんて思うことは増えてくし、反抗期なんてなかったような私は高圧的に当たられれば何も言えなくなる人間になってしまった。母に何にも出来ないなんて言われても反論なんてする気が湧かない。そうだよねそんなもんですよね。

母はやたらと大学に通う私を馬鹿にしたがる。レポートが重なることなんて当たり前にあるのにあんたが何もやってなかったんでしょとか言われるし、家にある父のPCは使わせてもらったことがないのでおばに借りてやるしかない。リビングにある荷物も半分は両親のものなのに何冊か置いてある私の本を見れば、溢れかえってるかのような叱り方。大学生の姉と高校生の弟が同室でタンスを半分ずつ使う、二段ベットなんてかなりきつい。私の給料のうち手元には三万くらいしか残られないのに一人暮らししろなんて言ってくる。

大学生バイト給料一人暮らしするなんてだけできついのにそれを出来るでしょなんて言われるとは思いもしなかった。私はあんまり友達と飲んだりしないか趣味に使ったりするだけなのにそれさえ否定されるなんてどう対応すればいいのかな。

母の結婚した年齢は今の私の歳。その私が馬鹿みたいにしか見えないのか。血の繋がりは感じるけどなんでも共有しあえるわけではないし、考えを全て知ることなんて出来ないのに色んなことを言われると気持ちが萎んでしまう。

今さっき母に言われたことがきつくて吐き出せる場所が欲しかった。もし読んでくれてる人がいたら長文読んでくれてありがとう。すこし落ち着いた。

2018-07-15

毎日憂鬱で、好きな映画とか漫画とか読んでも見終わった先、読み終わった先から憂鬱がきてしまう…

色んなこと気にしすぎ。

そんなに色んなことを考えずに楽天的に生きていこう。と、言われてもなかなか難しい…。

10年後の自分来年自分半年、3ヶ月、10日後、明日

先の自分不安なく生きるっていうのは無理だ。

明日楽しいかとか。明日も苦なく生きれるかなんて、保証はどこにもないのに、なぜ多くの人はあっけらかんと1日が終わっているようにみえるのか。

なんで簡単な様子で「また明日」とか言えるんだろう。

今を生きることも精一杯なのに

修正

2018-07-12

自分が視ているメディア放送 = 全国ではないよ。

芸能人関東圏の放送状態楽天的だ、不適切だのようだということ言ってるけど、

災害状況などの関する地元メディア放送しているはず。

(その場にいないので断言はできない)

全国が災害に関することを同じで共通するように放送すると、

見ているだけで無力感を覚えたり、過去トラウマを思い出す人、PTSD発症してしまう人もいるので、

とにかく共通した放送を流すというのもあまり良くないはず。

ワイドショー的に流すのが良くないのは事実だし、

作業避難中の邪魔をするのも良くない。

でも何より不自然なのはその不適切だという発言がすでに他人事のようになっていることだと。

(もちろん自分同類

「見ているなら助けろ」というのもメディアの人に物理的に助ける力があるというとそうでもない気もする。

ネットワーク的に人や交通網があるってだけで救助できる能力があるかは別。

災害を受けていない圏は経済を回したり、いつもどおり過ごすということも大事だし、

さな日本では西と東でできているということじゃん。それは凄いことでしょ。

その上で無理ない範囲支援する。

大規模災害が多すぎてそういう不自然に慣れちゃってる人が多い。

少し混乱して誤謬リツイートするくらいの方が自然ってもんだよ。(良いとは言っていない)

2018-04-10

楽天的な俺は、自分に甘かったようだ

人の失敗も「まぁいいや」「何とかなるべ」「手伝うから一気に終わらせるぞ」と行動できる。

自分の失敗も同様に対応する。

そんな俺はここ5年で20kgも太った。

自分に甘すぎた。

ポテチ食べたいなと思ったら普通に食べたし、

ジュース飲みたいと思ったら普通に飲んでた。

自分の中の「やめとけよ」と言ってくれるストッパーが居ない。

「まぁ良いだろ」「大丈夫だ」という判断で購入してしまう。

自分に甘い。

自分に厳しくしようにも、我慢は嫌いだし「まぁいいや」となってしまう。

歩くのが好きだから、食ってる分歩こうと思う。

自分に甘く、楽天的なやつは一生痩せれないんかなー。

とりあえず俺は頑張るぞ!

2018-04-05

ディズニランドってミッキー1匹しかいないほうがいいな

見つけたときレア感がすごい

楽天的な俺は、自分に甘かったようだ

人の失敗も「まぁいいや」「何とかなるべ」「手伝うから一気に終わらせるぞ」と行動できる。

自分の失敗も同様に対応する。

そんな俺はここ5年で20kgも太った。

自分に甘すぎた。

ポテチ食べたいなと思ったら普通に食べたし、

ジュース飲みたいと思ったら普通に飲んでた。

自分の中の「やめとけよ」と言ってくれるストッパーが居ない。

「まぁ良いだろ」「大丈夫だ」という判断で購入してしまう。

自分に甘い。

自分に厳しくしようにも、我慢は嫌いだし「まぁいいや」となってしまう。

歩くのが好きだから、食ってる分歩こうと思う。

自分に甘く、楽天的なやつは一生痩せれないんかなー。

とりあえず俺は頑張るぞ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん