「ヤンキー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤンキーとは

2018-10-17

島田紳助とか、なめた態度のやつは殴っていいというヤンキー価値観のまま、あの年まで通用した芸能界

島田紳助尊敬してるという松本人志

芸人パワハラを語らせたら、加害者かばうのは当然。

2018-10-16

anond:20181016175807

スラムダンクも、読者の反応を見てスポーツ路線でもヤンキー路線でもいけるように描いてたみたいな話を見たことあるな。

anond:20181016134851

でも正直、ドラゴンボールとかワンピースとかその辺を推してくる奴って

オタクの風上にも置けない浅~~い奴でどっちかというと粗野なヤンキー寄り、体育会系同調圧力マンブラック元凶みたいな印象ない?

2018-10-15

増田はこんな人間なっちゃダメだよ

https://goo.gl/maps/2RA9DTfRQr52

野沢宗雄

高1の時に超ヤンキー高で有名な藤沢翔陵における特に荒れてた昭和56年まれの代の中で唯一のドパンピーである藤田裕之(笑)なる地元横浜市に住んでいた男から何度かカツアゲした金💸とかで良く遊び来たわ。昔も今もだいぶ活気あるね、このエリアは。サムライソルジャー舞台にもなってるし、ろくでなしブルースやったら確か鬼塚支配する街だったな。IWGP池袋舞台にしたドラマとして有名な作品だが渋谷舞台にしたドラマがあっても面白いよーな気がする。

2018-10-14

だんじり

地元だんじり

ヤンキーの集まりでうるさい

だんじりするのはいいけど、道を塞がないでほしい

100歩譲って道を塞いでもいいけど、もっと申し訳なさそうにしてほしい

偉そうにするな、何も偉くない

カラオケみたいにマイク使わないでほしい

本当にうるさい、歌も意味わからんし何がしたいのか本当に謎

おじさんが歌ってるように聞こえるけど、あんなことしてる人が自分の親だったら恥ずかしい

自分の周りの人でだんじり好意的な人ほぼ見たことない

だんじりに関わってる人以外ほぼ嫌いなのではって感じがする

2018-10-11

絶対自信があったのに

😺まさかの……。

https://www.buzzfeed.com/jp/yuyayoshida/yankeeeotaku?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharecopy&utm_term=.rnYWgB3Zzp&quiz_result=121557422_361914559#121557422

#ヤンキーオタクかバレる診断

生粋ヤンキーです!

あなたは完全にヤンキーです。あなたの中には、とてつもないヤンキー資質があります腕力、反射神経、相手威圧する鋭い眼力

過去に、気づいたら相手が倒れている、なんて経験はありませんでしたか

ねこヤンキーだった!U.S.A!カーモンべイベ、アメーリカー!!(違)

かに眼力めっちゃ言われて続けて幾星霜だけど。

女教師物がフェミ的に正しいかというと、そうではない

男が教師役、女が聞き役というのは男が上で女が下という形だからダメって話があるけど、

じゃあ美人の女博士とか、かわいくて成績優秀な理系ガール図書館ガールがさえない男に教える構図ならフェミポリコレ的に喜ばしいかっつうと多分それも違うんだろうな。


男が教師役の場合は「男の支配欲を満たすために女が使われてる」と言えるし、

女が教師役の場合は「女に奉仕してほしいし可愛がってほしい男のマザコン欲望を満たすために女が使われてる(時には目上を腕力性的魅力で逆転魅了する展開にもなる)」と言える。

どっちをやっても、シスヘテロ男性消費者欲望を満たすために女性が出ているのは軒並みよろしくないって批判に繋げることができる。


どっちからでも批判に繋げられるのはなぜか。

それは男性消費者フィクション女性に対しても女性出演者に対しても簡単に好感を持てちゃうから、概ねどうやっても男にとって都合よく快楽をもたらす描写なっちゃうわけで、そのぶん「男の都合のよさや快楽のダシにするな」という批判簡単にできちゃうからなんだな。


ではなんで男はそんな簡単に女を好きになれるか。それはたぶん男は女に恐怖を持ちづらいから。

男は腕力や体格や生殖機能などの面で女性平均より強みがあるから、常にどっかしら余裕がある。なので女が生徒役でも教師役でも女王様役でも奴隷役でも「ハハハかわいいやつめ」って思うことができる。美人美少女なら尚更。

これは人類とイエネコ関係に似ていて、猫に目をひっかかれて深刻な猫恐怖の人がいるようにいじめ犯罪をされて女性恐怖の人もいるけど、多くの人類は猫に対し余裕があるので何やっても可愛いと感じるし、多くの男も女が何やっても可愛いと感じる。

男にとって女は小動物だ、猫ちゃんだなんて言うことは倫理的には決して許されないが、しか身体能力の差はどうしてもそれに近い関係を作ってしまう。喧嘩の強い不良にとってはヒョロヒョロナード男は小動物だし、ヒョロヒョロ君は不良に怯えてしまう。

きっと教育とか道徳とか以前の、自分より強いものには怯え、弱いものの前ではリラックスするという動物習性から自然と発生してしまものだ。


自然と発生するなんて言われても批判からすれば全く許せないわけで、日々傷つき怒りを溜め込んでいる。

なので娯楽においても、女が下の立場で描かれている時はもちろん、美人博士とかも男が喜んでいることを認識して「こんなんイメクラ的にやらされてるだけで実際は欲望の面倒をみさせられてるじゃん」と言いたくなる。

さすがに、ヤンキー女とかに男がボコボコにされる内容を、一切のお色気や萌えもなく「我々の界隈ではご褒美です」とか面白がれる隙もなく物語的痛快さもなく描けば男性読者は「可愛いやつめ」とか言えずに不快になる人が多いだろうけど、そこまで極端にやらなきゃ男を喜ばせることは避けられないというわけだ。


男を喜ばせることの何が悪いのか? 娯楽なのに人類の半分を楽しませたらダメなのか? それは、現実社会男性への鬱屈や恐怖を抱えてる人にとっては腹立たしいのだ。

現実で男を喜ばせるために女が使われるのにうんざりしているから、娯楽でも女の存在が男を喜ばせることに繋がってると腹が立つ。だがそこから逃れようとしても、男ってのは容易に女や女キャラのことを好いてしまうから、よっぽどのことをしないと喜びやがる、半ば無敵モードあいつらは?」ってのが今の世世の中だ。


まあそういうわけで、力において大体の男が大体の女より自然と強くなるって状態さえ変えれば、女の慢性的不満や恐怖は薄れるし二次的に社会的不利も薄れるので、娯楽において女の存在が男を喜ばせても怒りがわかなくなるし、美人美少女ばかりがメディアに出てても、それが女教師でも相槌役でもあまり気にならないし、ポルノとか性的消費を目にしても傷つきづらくなるんじゃないかな。

2018-10-09

anond:20181009162147

オタク自分の好きな表現他人批判されることを拒絶できる立場にないってことが言いたかっただけです

オタク自分向きではない表現(女向けやヤンキー向けなど)を散々揶揄してきたから傷つく資格ない

そんなこと言ったらフェミこそ自分向きでない表現を散々罵倒中傷してるんだから傷つく資格も拒絶する資格もないだろいい加減にしろ

anond:20181009162147

別に権利とか資格とか言うまでもなく現実には女性ヤンキーオタク馬鹿にしてると思うけど

なんでオタクにだけ資格が問われるの?

意味不明過ぎる

anond:20181009161859

オタク自分の好きな表現他人批判されることを拒絶できる立場にないってことが言いたかっただけです

オタク自分向きではない表現(女向けやヤンキー向けなど)を散々揶揄してきたから傷つく資格ない

最近の「炎上事件コンビニとかで店員に大声で怒鳴りつけ土下座強要しているヤンキーちゃんおっちゃんどものようで傍から見ていて心臓バクバクする

2018-10-08

アクティブオタク無理

昨日シブシブ付き合いで行ったが、無理。まじ無理。

自称面白キャラみたいのがキャッキャくそつまんねーことぐだぐだ話してて

取り巻きが、わかるううだの、よきよきだのぬかしてて気持ち悪すぎ。

おまえが泥酔して大崎に流れ着いた話なんざどーでもいいわ、話のテンポも逐一悪くてメシがまずくなったわ

ちょいちょい挟む人脈自慢みてーのも別に自慢になってねーからね?

驚いてるんじゃなくてみんな「誰それ」ってポカンしてるだけだからね??

つか聞いてもねーのに「自分パクチーに目がなくてー」とか大量に頼んだパクチー半分以上残した女、身の程を知れ。

内輪ノリ寒い、群れてないと落ち着かないとか、田舎バカヤンキー共とどっこいだわ。

つまんなすぎて次はねーなと思ったのに、ねちねちLINEで「また是非いきましょー」とかめんどくせーな、なんなんだこいつらは。

しろ。完全にグダって結局二軒目なしの3時間で終わったこの感じで次回はあり得ないことを察しろ

肩をぶつけて因縁付けてきた相手はぶん殴ってもいい

それがヤンキールール

2018-10-07

anond:20181007121151

そんなもん教えなくても自分ヤンキー集団作るような奴がいずれ舎弟から排出するし、王権神授説に沿って王権を獲得することは誰も阻害してない。お前がエクスカリバーを抜けない無能なだけ。

オタクって現代日本で一番攻撃的な種族だよね

昔のヤンキーだってこんなに毎日ケンカしてなかったでしょ

2018-10-04

anond:20181004194619

世間の人はそんなにキズナアイに対して

特定キャラクターがあると認識してるわけじゃないんじゃないかなあ

からアニメ絵アニメ文脈ファッションキャラクター、くらいの認識

世間ではそれはやっぱりまだニッチというか特定趣味の人向けのものに見えるのかなって気がする

デーモン閣下はもうそ個人存在が相当メジャーだし「ああい趣味の人」という括り以上のものになってるから

どちらかといえばめちゃくちゃヤンキーファッションリーゼントの人とか

カセットデッキ担いでダボダボの服着てるヒップホップの人とか存在は知ってるし別にいいけど

普通に暮らしてる身からすればスゲー趣味だな、くらいに思われるある特定の、

でも世間では一般的でないタイプの知らない人が突然聞き役になっててびっくり、みたいな方が感覚的に近い気がする

キズナアイのようなアニメ的なヴィジュアル悪趣味と思わない人でも

ヤンキーファッションとか理解できないし自分やらないかなーって人はいるでしょ

そういうちょっとだけまだマニア方面に向いていて特定ファン層の方が強いかな、っていう人(やキャラクター)が

舞台に出てきたらなかなか世間とかみ合わないのはまあ当然なのかなあ、という気がする

左派オタクさん

左派自分たちのほうが右派よりもまともなのに支持されないなんておかしい!」

オタクさん「自分たちの方がヤンキーよりまともなのにモテないなんておかしい!」

そっくり

2018-09-30

[]PCSエッチしたいランキグン

怪文書を書き上げたものの、表が使えるいい感じの文章発表媒体が無かったので増田を使います

評価方法

エロにメインに置いたチェックポイント作成

メンバーパーソナリティアナライズエビデンスとしてポイント付けし、ロジカルコミット

チェックポイントは以下の通り

身体エロ
プレイエロ
知識エロ
積極性
ハメ外しさ

チェックポイント一つに付き、1位2位3位を付け、勝ち点を4,2,1と付けていく。1位は必ず単独で付け、仮に2位が同率の場合は、5,2,2で点数を付ける。

基本データ

さらいとして、基本データ確認をしていく。

島村卯月小日向美穂五十嵐響子の確人のデータは、

https://imascg-slstage.boom-app.wiki/entry/idol-measurements]

から引用している。カムサハムニダ

特筆においては、筆者が知っている追加の公式情報を書いている。

島村卯月小日向美穂五十嵐響子
身長159 155 154
体重45 42 43
バスト83 82 81
ウエスト59 59 58
ヒップ87 8680
出身東京熊本鳥取
趣味長電話日浴び 家事
利き手
特筆頑張ってくれる プロデューサーくんという名の熊の人形を持つ 料理が得意
特筆笑顔が得意 指で作る「まだ駄目」ポーズ必殺技弟と妹が合わせて4人いる
特筆選挙一位受賞歴有 会話の観察が趣味嫁にしたいランキグン1位

結果

島村卯月小日向美穂五十嵐響子
身体エロ1 2 3
プレイエロ3 2 1
知識エロ3 2 1
積極的2 3 1
ハメ外しさ 1 2 3
島村卯月小日向美穂五十嵐響子
総点数 129点 14点

評価

身体エロ

これは単純にスリーサイズだけで判断

五十嵐は、他二人に対して、全てのスリーサイズが小さい値になっている。

脚など、計測されない部分に肉がついているかもしれないので、

そういった点ではエロさで勝てるかもしれないが、特にケツが小さいので3位に。

プレイエロ

ここから評価は基本ガバ

五十嵐料理が得意なので手つきも器用そう。

小日向は「まだ駄目…」とか言ってじらしとかも混ぜ合わせてきてエロそう。

島村はボディがエロいし頑張ってくれるからテクニックとか無しに気持ちよくしてきそう(不満ではないが改善点)。

知識エロ

五十嵐は弟妹が作られる際の親のセックスを見てるし、

嫁にしたいランキング意味を一番理解しているので文句なしの一位。

小日向が二位なのは出身熊本田舎なのでヤンキー友達とかがバリバリやってるし、

中学時代部活の先輩が妊娠して結婚とか普通にあるから、色々詳しいため。

島村は割りと育ちが良いので知識エロレベルなので三位。3人の中だと一番ホモ同人とか好きそうだけど。

積極的

自分から誘ってくるかどうか、というランク

「お料理、得意なんです」という言葉から自分アピールするのが強そうな五十嵐が一位。

島村は、頑張って誘ってくれることがあるので二位。

小日向自分からは誘わないので三位だが、めっちゃしたいときは人に聞こえるように露骨プロデューサーくんに話しかけるので分かる。

ハメ外しさ

屋外等でのアドリブ性。

一位は島村。お願いしたら絶対頑張ってくれる。いつも頑張らせてごめんな・・・

小日向は「まだ駄目・・・(オッケー)」って感じだから二位。

五十嵐絶対におうちまで我慢させてくるので三位

総評

総合点でいうと、五十嵐が一位、二位が島村三位小日向

全体的な傾向としては島村五十嵐が反対のエロタイプとして尖っており、小日向がその中間といったところか。

今回のロジカルな採点では五十嵐エッチしたいポイントが一位になり、

小日向は、他二人に比べて尖っているエロポイントが無かったため、三位という結果になったが、

エッチしたいという欲望論理を超越した感情なので、我々は誰とエッチしたいと思ってもそれが正解なのだ

みんなも好きなピンクチェックスクールで、エッチ、しよう!

2018-09-29

髪が茶色いことへの偏見

いくらヤンキーが染めてるからって異常すぎない?芸能人がきれいに染めてるし美容師自分の髪をきれいに染めてるから反例あるのに

2018-09-28

路地ガールズバーで働いてきた話

当然ながら、人で賑わう街には昼の顔と夜の顔がある。六本木銀座のような地ですらそれは変わらない。

私は、キャリアカウンセラーを目指しているごく一般的な女だ。レズビアンだけど。

今は学費稼ぎと、「ナイトワークという仕事経験してみたい」という気持ちナイトワークをあれこれ探してみている。現在進行形で。

その時ふと見つけたのが、地元からもほど遠くない場所ガールズバー求人

その門を叩いてみたときの、悲しさと温かさを忘れないうちに書き留めておこうと思う。

水商売についての求人はなんだってだいたい嘘だ。ショットバーですら蓋を開けてみたら「研修期間は時給950円ね」がザラだ。

その中で今回見つけたガールズバーの時給は2000円だった。

今回も、そうは言っても1500円が良いところだろうと決めてかかった。あとはドリンクバックとかそんなもんだろうと思っていた。

それでもドリンクバックで稼げばいいし金銭感覚狂いすぎてもなと思ったので今後そこで働く気満々で応募した。

ママからの返事はものすごく可愛かった。絵文字が散りばめられていた。どうやら日本の方ではないらしく日本語が微妙に間違っていたが、すごく可愛かったのだ。

私はママ絶対会ってみたいと思った。

そして、当日私はママに会いたさ半分、お金欲しさ半分で店に向かった。

普段は通りすらしない道だった。大通りから一本外れるだけでガラッと様相が変わる。

大通りパチンコ屋やゲーセン居酒屋が並んでいて歩く人々もヤンキーじみていたりするので、決して治安がいいとは言えない。

けれど、それよりもっとアンダーグラウンドなのだ

それは本当にスナックというのか?というような、ボーイがキャッチに出ているスナック熟女パブ。謎のクラブ。あと、普通に美味しそうな多国籍料理店。そんなものが立ち並ぶ。

まりにも似たようなネオンが多くて、私はキョロキョロしながら店を探す。すれ違いざまに男の人と目が合う。見られている。普段、女一人で歩く場所ではないだろう。鶯谷とはまた違う雰囲気

そしてやっと探し当てた目当てのお店。ガラス張りのドアから内装が外から見える、可愛い

ドアを開けると、カウンターに若くて綺麗なお姉さんが一人いた。

私は、「今日面接なのですが…」と告げると気さくに話してくれて、ママが他の店もやってるから面接はそっちでやるよ、連れてくね、と対応してくれた。そして親切にも連れて行ってママに紹介までしてくれた。

ようやく会えたママは、メールの文面通り優しくて可愛らしかった。やはり外国籍の方だった。

簡単なことを聞かれて答えて、「ま、とりあえず働いていくでしょ?やってみなきゃわからないもんね!」と体験入店を快諾してくれて、おまけに「後でご飯作ってそっち行くからね」とまで言ってくれた。

私は温かさに心から安堵した。

優しすぎてもしや本入店したら豹変するのか?と不安になったので、面接にずっと付き添ってくれていた女の子に帰り道で普段からあんな感じなんですか?と聞いてみた。娘のように扱ってくれるそう。毎回賄いは何がいいかと聞いてくれるらしい。

本当に温かいママのようだった。

バーまで着くと、女の子は呼び込みをしていた他店のボーイさんと話し込んで、私にふと鍵を預けてコンビニに駆けていった。

当然ながら体験入店の私はそんな大層なものを預けられて困惑した。それを見かねたボーイが立ち尽くす私に話しかけてくれた。

「行っちゃったね」

「うーん…どうしよう、鍵預けられちゃいました…私初日なんですけどね!?

「そりゃもう開けていいってことじゃない?いや、ダメって言ったら俺が怒ってあげるよ、初日女の子にそんなもん預けて開けるななんてかわいそうだろ!って」

ボーイさんは他店なのに、というかもはや客を店に呼ぶ呼ばないのライバルだろうに女の子にも私にも優しく接してくれてなんだか泣きそうになった。ボーイさんに背中を押されて私はバーの鍵を開け女の子の帰りを待っていた。私が金を持ち逃げでもしたらどうするつもりなんだよ、と思いながら待っていた。

帰ってきた女の子に聞いたら、話しかけてくれた彼は別に知り合いでもなんでもないけれど、よく顔を合わせるボーイでたまたま煙草を奢ってくれたそう。

その不思議関係も、私にとっては初めて見る世界だった。

その後は制服に着替えて普通にオープン作業をした。なんでも適当適当に置いといてー、適当に机拭いてー、そんな感じの緩さ。女の子煙草に火をつけちゃったので吸っていた。

緩さが快適だった。不潔ではないのに、カッチリもしすぎていない。本当に過ごしやすい。

後ほどもう一人女の子が来て、営業時間が始まったので私達は外に出てお店のアピールをしていた。

それも真面目ではなくて、他愛もない会話をしたり、ふざけたり、何も辛くない。

あたし達は客選ぶからね、と言って、通る人みんなに声をかけるでもなく立っている。目が合った人にどうですか、と言うだけ言ってみる、みたいな感じ。

ここはこれでいいのだなと思った。緩さがなんとも心地よかった。

だが、一人で残されるとだんだん何か物悲しくなって、自分大安売りしている気分になった。まるで安い遊郭の窓から外に声をかける遊女みたいなイメージ遊郭のある時代に生きていないかあくまイメージだけれど。

この言葉女の子たちや働いている人を貶す意図はなくて、単に自分がそう感じたというだけである。現に女の子は呼び込みなんてろくにやってない。そういうシステムから外に立っているだけで早く引っ込みたいと漏らしていた。

だけれど私は店というより雰囲気に引っ張られやすいので、この歓楽街自分が一体化して、裏道の住人になってしまうような、そんな感覚を覚えてしまった。

そこで働く女の子が安い女なのではない。単に自分マインド問題であって、当然道に立っているガールズバー女の子は全員が安っぽい女の子ではない。安売りしている子もいるにはいるだろうと思う。けれど言いたいのは働く人云々ではなくて、いかんせん治安が悪いので、私がこの地に居座ったらその治安の悪さに染まる気がするというだけの、自分の弱さの話。

ここに一線を引いて、この行為や街と自分関係ないのよと思える人、本当に自分を安売りしている人、仕方なくいる人、様々いると思うけれど、少なくとも私と一緒に立っていた女の子や他店のボーイが惨めに見えたりはしなかった。

途中で罵声を浴びせながら歩くおじさんが突然ボーイを突き飛ばして歩いていった。私は驚愕したが、ボーイは笑って服を直していた。一緒に店前に立っていた女の子も「やば!」と言うだけで笑っていた。よくあることなのだろう。

この事態を笑ってあしらえる彼や女の子が本当に強く見えた。

お客さんが来てからは楽しく働いた。お酒も貰って、酒に強いので飲んだ。さして上手くもないカラオケ披露すると、女の子拍手してくれて、お客さんは手拍子と、加えて二杯もドリンクを入れてくれた。乾杯は数え切れないほどしてくれた。少し面倒くさい話をするが、私のさして面白くない話や相槌にも反応してくれる優しいお客さんだった。

そのお客さんが帰ったあと、私もほどなくしてあがりになった。

ママにどうだったかと聞かれて、私は純粋に楽しかったですと伝えた。これは本心である。本当に楽しく過ごさせてもらった。少なくとも前に少しだけ勤めたキャバクラよりは遥かにしかった。

日当を貰ったが、厚生費マイナス以外は本当に2000円の時給だった。

弁当も食べさせてくれた。とても美味しくて笑ってしまった。

最後まで優しいママで、お店に空きが出ていたらシフト入れてあげるから連絡ちょうだいねと言って、笑顔で見送ってくれた。

帰り道、雑に散りばめられたタイルの道にハイヒールをつっかけて転びそうになるたび、ピンサロキャバクラのボーイさんが「大丈夫?」と声をかけてくれた。「気をつけてね」とも言ってくれた。自分の店に勤めている嬢でもない私に。

夜の歓楽街は泣きそうになるほど優しかった。誰も私にセクハラしたり、スカウトしたり、まして罵ったりなんてしなかった。純粋心配言葉をかけてくれた。

朝の品川駅闊歩するサラリーマンならまずかけてくれない言葉をたくさんかけてもらった。

あの裏道に行くことはもうないだろう。

私はあの街では生きられないと悟った。あの街で過ごしてしまったら、環境に左右されてしまやすい私ではすぐに街の色に染まって、身も心も安い女になってしまうと思った。彼らのように、一線を引いて自分と街を結びつけず働くことが私にはできない。

それでも、その裏道に夜の世界の温かさがあったことは一生忘れたくない。昼の世界で感じられない温もりに包まれて、思い出すたびに今でも泣きそうだ。

朝の満員電車では訳もなく肘鉄を喰らい足を蹴られ何もしていないのに舌打ちをされ、職場では若いからと見下されて飲み会では下ネタを振られ辛い思いをして帰ることが当たり前だった私には、その温情がたとえ下心であろうと何であろうと、言葉にできないほど心に響いた。

からここに書き留めたかった。

記憶からなくなる前に書き留めておきたかった。

さようなら歓楽街、愛しく優しいネオン街。

足を踏み入れなければ見えなかった景色を見せてくれて、どうもありがとう

私は絶対に忘れない。

2018-09-27

anond:20180927170534

ヤンキー上がりの女性タレントは「既に自分(の魅力)がピークに達しており、芸能人としての寿命がもはや風前の灯火」である事を自覚しているので、生OK、中OKにする…という考えはどうかな。

そしてデキちゃえばそのまま結婚できるって綿密な人生設計

anond:20180927163542

金のある芸能人のデキコンが多いのは、ヤンキー上がりが多くて貞操観念とか薄いのかなと想像してる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん