「ヤンキー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤンキーとは

2017-09-19

チビチリガマ荒らしの件について

先日、沖縄にあるチビチリガマ内で遺品が壊されたり千羽鶴が千切られてたりしたらしい。

そして自称知識人の方々の、犯人探しの迷推理が笑けてくる。

やはり事が事だけに、政治的な背景があって犯行に及んだのではないか、というものが多かった。

バッッッッッッカじゃねーの???

だって沖縄だぜ?

そんなことあるわけないじゃん?笑

ヤンキーがやったに決まっているだろ笑

まあ、直感的にこう感じた。

しかし、そう感じた理由もちゃんとある

沖縄はご存知の通り、基地移設問題を孕む地域である

政治的背景が絡んでいるとするなら、バレたの時のめちゃくちゃリスクが高いだろう。

まあ、犯行に及んだとされる団体所属を晒されて、一括りにされて叩かれたりすることは自明だろうな〜(それ以上は過激派ではないので想像がつかない)

案の定、その後の報道少年4人が「肝試し」という動機犯行に及んだということが分かった。

まあ逮捕された方々は、無職とか型枠工だったりしたので、やはりそれなりにヤンキーだったりDQNであったことほぼ間違いないだろう。

自称知識人の方々は、沖縄という地域が、どれだけ底辺を産みやす環境であるかを知らない。

まあ成人式の様子であったり、離婚率は軒並み全国1位、そのくせ出生率も高いという統計をみたりすると、何となく「あっ…(察し」と大方の想像はつくかもしれないが。

ここからローカルな話になる。

俺の中学校では、昼休みクラス男子ほぼ全員を巻き込んで、取っ組み合いをする「戦争」という遊びが流行ってた。

「えー(方言で「おい」の意味)、戦争しよーぜ!!はいピー(開始の笛)」

とか言って。

暗黙のルールはやりすぎないこと(極端な多対1の取っ組み合いなど)、殴るのは禁止など。バレると続かなくなっちゃうからね。

なので大体は羽交い締めにするような形になって、相手がそれに屈したら負け、みたいな感じだった。

そして、また次の相手と取っ組み合う。

書いてみて思ったが、これの何が「戦争」なのかワケわからなさ過ぎて笑う。

まあ得てして中学生とはそんなものだ。

ちなみにこれでも沖縄戦で最も激しい戦闘があり、集団自決を数多く生み出した地域中学校での話です。慰霊碑だって数多く建立されている。

まあ、沖縄ってこんなもんです。

もちろん優秀な人もたくさんいるよ!!(申し訳程度にもならない沖縄擁護

ナイチャー差別が根強い地域もあり、閉鎖的なイメージもあるかもしれないが、基本的には県民気質楽天的かつ享楽的

まあ皆さんどう思うかは自由です。

個人的にはまず、家庭と学校が正しく連携して、教育から抜本的にどうにかしてほしい(切実)

2017-09-18

パチンコからソシャゲに変えるだけでいい

パチンコソシャゲガチャ本質同じならガワとか提供する場所変えるだけで儲け方を増やしたり変えることはいくらでもできるってことだよな

ヤンキーにもオタクにも根の部分で共通した射幸性中毒中毒予備軍の奴らが沢山いる

今までパチンコ/スロットはオラってて怖いって層にもスマフォアプリオタク向けの絵とかゲーム性足すだけで刺さる

これは凄いことじゃないか

2017-09-17

anond:20170915102219

ジャージは人と会う服じゃないだろ

運動着もしくは部屋着。イヌ散歩なら少々の遠出はOKかな、くらいのものだぞ。

…そういえば田舎ヤンキーってジャージでたむろってるけどああいコミュニティの人?

2017-09-14

ヤンマガファブルが面白すぎる

前作もおもしろいのかなと思って手に取ってみたけど全然合わなくてすぐ読むのやめた

ヤンキーものヤンキー嫌いだから読む気にならない

またおなじような方向で書くことだってできたはずなのに違うもの書いてなおかつそれが普通殺し屋もんとちょっと違うけどたまにシリアスなのもあったりしてでほんと面白くてすごい

あとなにげにすきなのは連載時の担当編集アオリ

コミックスだとなくなってるのが残念

アオリが収録されないのってめっちゃ損失だと思う

そういう意味ではスクールランブルは柱のアオリも含めて(あれは作者が考えてたのかな?)収録されてたからよかった

2017-09-13

なんで沖縄って昭和ヤンキーがまだいるの?

たまに沖縄ニュース見ると、昭和ヤンキーが出てきて驚く。

どうやってそんな文化今日まで引き継いでいるの?

TVとか雑誌とか見たらダサい普通にわかるけど、情報遮断されてる??

そんな昭和汚物今日まで引き継がれるなら、忍者かいるとうれしい。

2017-09-12

26年前同級生だった佐藤くん、元気にしてるかな…

ヤンキーぶってオートバイ乗り回してた中学生佐藤くん。

地元で有名なおばけホテルに「肝試しに行ったんだぜ~」と教室のど真ん中でイキりながら喋ってたよね。

僕が片思いのぞみちゃんが、佐藤くんをキラキラながら見つめてた。

僕は思わず「霊なんかいないって分かってんだからさ、ぜんぜん肝試せてなくね?」と煽ってしまった。

佐藤くんは「YOYO、じゃあ何ならおまえは認めてくれんだYO!」と聞いてきたので、

「旧街道ヤクザの家あんじゃん?あの白くて高い塀に囲まれてて、ときどき黒い車を出迎える人たちがいるあそこ。あそこに花火打ち込んでくるレベルなら、肝試せてるんじゃねぇ?」と答えたら、

アホの佐藤くんは「いいよ、やってくるよ。でも証人いないとな。おまえが遠くからでもいいから見てろよ」と言った。

その夜、僕は佐藤くんと待ち合わせをして、花火を買って、それから別れて、家にさっさと逃げ帰った。

次の日の朝、担任佐藤くんは結石だと言った。

その次の日も。その次の日も。

不穏な噂が流れて、担任が僕に話を聞きに来たが、ただの冗談話でマジなわけない、あちこち肝試しに行くと言っていたので、いないとしたらそれが原因じゃないか、と僕は言った。

卒業式が終わり、卒業アルバムの片隅に佐藤くんは乗り、僕はみんなと肩を組み、のぞみちゃんと付き合い、高校に進み、のぞみちゃんと別れ、大学生から社会人になり、いつか佐藤くんが来るんじゃないかと怯えながら今日を生きている。

佐藤くん。元気だろうか。

この話はもちろんフィクションだ。

これからどうすればいいかからない

今29歳。会社を3ケ月前に辞めた。

さいこから先生や周りの大人に抜群にウケが良かった。

小中は地方公立に通った。自分からは言い出さなかったけど、周りが勝手学級委員とか何かの代表に推薦してきたり、いわゆるヤンキーとも普通に友達だった。

クラスに馴染めない子がいたらそれとなく声をかけたりもしてた。

成績もまあまあ良かったから、推薦で私立高校特待生で入って大学に行った。

大学入学直前うちにお金がないことがわかって新聞奨学生として学費生活費を稼ぎながら通った。

大して勉強したいこともなかったが、周りがみんな大学行ってたから専門や就職は考えなかった。

学費の元をとろうと思って就活も頑張ったら第一志望の企業に行けた。

入社最初カスタマーセンターに配属された。電話死ぬほど苦手だったので社会人生活終わったと思ったが、すごく頑張ったら3ケ月後にナンバーワンになってた。

それから色々経験して、5年目くらいにはやりたい仕事もポツポツできるようになった。

社会人7年目に入ったころ、上司からあなた管理職にしたい」的なことを言われた。

一瞬で頭にたくさんのことが浮かんだ。残業満員電車責任会社への帰属意識。どれも人生で楽しくない要素ばっかりで、急になんでここにいるのかわからなくなった。

ちょっと考えて、その場で「辞めます」と言った。

ここで初めて、レールから外れた。

今までずっと、誰かが示してくれたレールの上を落ちないように走ってきた。

自分で考えるよりも先に、誰かが課題を与えてくれたから、それをがむしゃらにやってればよかった。

29年間、自分で考えることをサボってきた。

この3か月間、色々な本を読んだり、自己分析したり、勉強したりしてるけど、自分がこれから何をやりたいのか、どうやって生きていきたいのかよくわからない。

ネットにはよく「好きなことを極めろ」とか書いてあるけど、好きなことが見つからない。

受動的に過ごしてきたツケだと思ってる。

会社を辞めたことは後悔してない。自分が初めて与えられた環境にノーを言えたからだ。

初めて自分の声を受け入れて、とても気持ちいいと思った。

ただ、今とても苦しい。

自分の進む方向を自分で考えて決断することが初めてだからだと思う。

また会社員として働くこともできるし、東京を離れることだってできるし、地元に帰ったり、地方移住したり、外国に行くことだってできる。

レールの外歴3ケ月の自分には選択肢が多すぎて頭がパンクしそうである

【追記】

みんな想像以上に温かい言葉をくれて、泣ける。本当にありがとう

1人でぐるぐる考えるタイプからコメントを見ていて自分自身も気づかなかった部分や選択肢が見えてきた。

電池切れとか確かにそうだったかもと思った。

自分の考えをネット上で書くことにものすごい抵抗があったけど、書いてよかった。ありがとう

2017-09-11

anond:20170906222335

入れ墨は周囲を威嚇する目的で入れるのが実際で

入れてる人は芸術家著名人例外的にいるだけで

ほとんど全員はヤクザとかヤンキーとか暴力で飯食ってる人がメイン

犯罪者差別されるのは当たり前だ

2017-09-08

実はバカである認識し思ったこと

非常にデリケートな内容なのでこちらに書こう。私はタイトル通り元々バカであったと思われるが小中学校時代神童と言われたばかりに最近まで馬鹿であると気づかなかったのだ。私は中学生くらいから周囲から実は馬鹿じゃないかと思われていたが当時私は「まさか↑〜(死亡フラグ)もうちょっと別の原因だろ〜」という認識であった。しかしその後も特に成績が上がることもなくむしろ頭の回転が遅いのでは?ととうとう自分も疑い始めたのだ。それから3ヶ月くらいして私はバカであるととうとう確信したのだ。

この御時世少なからコミュニティーがXXX(字数伏せ)しかねない。

ところでバカオタクヤンキーと仲が良いというステレオタイプがあるようだが私の場合関係は1、2名を除き最悪であるかほぼ交流がない。今後も特に深入りする考えはない。

つい最近「おばあちゃんに似た脳なんじゃない」と言われた。唯一、私の祖母という続柄の者は両方共大学入試自体経験しておらず昔はそれぞれ釘を上向きに打ちつけた板を学習机においたり怒りっぽかったりなどしたようだが私に限れば特に悪い印象はなかっただけに二重の意味でショックだった。真意の程を聞けばまたショックを受けるだろうから幻聴であることを願い脳の雑多な記録の彼方に忘れたい。

あと朝丁度いい時間に夢の中というのは睡眠障害なのだろうか。

2017-09-07

DQN市議

当方田舎在住の20代男。

同級生地元市議になった。

同級生といっても、学校が違うので一度も会話したことがないが、田舎とはDQNであることがステータスであり、

とくに地元DQNの中でもスター的な存在で、地元のその世代じゃ知らないやつはいいくらいの有名人だった。

高校生ながらに飲酒喫煙セックスは当たり前、夜な夜な出歩いては喧嘩に明け暮れていたようだ。

当然、こいつにイジメられていたという奴の話も聞くが、こいつはDQNのくせに生徒会長的なこともしており、全校集会で「イジメはやめよう!」みたいな呼掛けをしていたというのはとんだお笑いである

教師側としても学校でふんぞり返るDQNのこいつがイジメしてることくらい把握してて当然なのだが、

田舎教師というのはDQNに対して「元気があってよろしい」くらいのことを言い、DQNを腫れ物に触るかのように扱う。

いじめられた生徒に泣きつかれても「そんな事実確認できない」「それはお前に原因がある」「生徒会長あいつがそんなことをするわけが無い」などとロクに相手もせず、有耶無耶にしてしまう。

まさに、何をやっても許される無敵のDQNである。こういう無敵のDQNほど、田舎では憧れの存在となる。

そんなDQNなもんだから、つるむ連中もDQNのものであるイレズミだらけのピアスだらけ、エグザイルみたいな見た目のまさに田舎ヤンキーである

この地元DQN有名同級生立候補したときFacebookがこいつの話一色になった。

「みんなで応援しよう!」みたいな、地元スターを仲間の力で絶対当選させよう!友情努力勝利!みたいな、漫画ワンピースみたいなポエミーな世界観で埋まっていて、まさに田舎ヤンキー臭がプンプンして吐き気がした。

こいつの友人のFacebookを見て驚愕した。

山の中で、こいつがイレズミだらけのガラの悪い男たちと共に全裸ではしゃいでる写真が大量に出てきたのである。(さすがにチンコは映ってなかったが)

うちの地元には地域密着経済紙があり、この経済紙地元市議のくだらないゴシップばかり書き立てている。(明らかに記者個人的恨みとしか思えない誹謗中傷が過ぎて、裁判に負けている。)

あの経済紙の格好の餌食や!立候補からお先真っ暗や!と思っていたのに

何も記事になることはなく、当選してしまった。

そもそも街頭演説も、仲間(笑)イレズミだらけのガラの悪い連中引き連れて練り歩き、「若者権利を!」とか喚いてただけで、一般的感性からすると不快しかないものだった。

また、マニフェストは「今や重要ライフラインであるのに家計を圧迫するインターネット代を、市内の全家庭無料します」であるバカ小学生が鼻糞ほじりながら考えたようなバカさだ。

これで当選である。さすが田舎

これを東京でやれば、すぐネットでいじられて大騒ぎだったろう。

これが何の問題にもならないのが田舎である

で、最近地元にあるテレビ番組がやってきた。

芸能人が街の素人に声をかけ、面白ければオンエアされる、という番組だ。

俺はその芸能人の大ファンだったので、収録現場に向かった。

その芸能人カメラが回っていないところでも、駆け付けたファンサービスし続ける神対応で、感動してしまった。

ちょっと芸能人が来るだけで街中大騒ぎになるのも田舎である

収録日は平日昼間だったが、俺は偶然休日だったので駆けつけることができた。

で、やっぱり。例のDQN市議テレビに映ろうと、仲間(笑)を引き連れていた。

市議って、平日昼間でも気軽に遊びに行けるのか。

で、自称ユーチューバーな人が芸能人からしかけられた際、「まさかネット生中継してないよね!?放送前にされたらまずいんだけど」みたいな話になって、ユーチューバーは「もちろんしてませんよー」なんて言って和んでいたが、

それを受けてテレビ局スタッフが「みなさんもネット生中継絶対にしないで下さい!」と呼び掛けたのに、

そんな中、奴は影でコソコソとスマホをかざしてツイキャスしてやがった。

ツイキャス(笑)

こういうとこが、やっぱDQNだよなあ。好きになれない。お前、市議だろ。一番言うこと聞かなきゃならん立場だろ。

テレビの収録中だってのにガラの悪い連中と下品にゲヒャゲヒャ大声で騒いでるし。

で、自分の番になればいっちょまえに「市民の皆様を思ってー」とかほざいてた。

なんでこんな奴が何の問題もなく当選して、いまも市議を続けられているのか。

もともとガラの悪い連中なので、仲間(笑)の数人はヤクザになったとも聞く。

ヤクザと友人関係にある市議って、大丈夫なの?

ツイキャスの件、スタッフにチクっとけば面白かったのになぁ。

ちなみに、市議の友人はヤクザの他、社長プロスポーツ選手など、成功してる奴も多い。

いじめっこのDQNのくせに、俺より良い生活してるなんて…

いじめられていたという奴は、現在無職である

さっき新聞読んでたら、こいつがいっちょまえに偉そうにコメントしてる記事が出てきて思い出したので書いた。

2017-09-04

https://anond.hatelabo.jp/20170904162318

格ゲー系だと、

明らかにストファイ系とそれ以外では

マジで顔面偏差値が違う(そして平均年齢も高い)

大会とか見てても、ストファイはい意味も悪い意味でもない、

まじで普通の兄ちゃん、おっちゃんとか見かける割合が高い

あと鉄拳ヤンキー系に傾いてるのが興味深い

アークゲーのオタッキー具合はマジですごい

別にいいんやけどな。ワイも顔が好みな選手と実際応援してる選手は全く一致しないからよ)

他のLOLとかのチームだと、いかにもオタっぽい人が多い

この辺をなんとかすれば女子ファンがつき、総じて一般化するだろう

メジャー化とは一般化なので、俗な方向にいかないとならんのだ

地方公務員勝ち組じゃなかったんだ

地銀を1年で逃げて田舎公務員になった同僚らの末路

→1〜2年で転職。今は地方介護職やフリーター医療事務

⚫︎地銀時代からやりたかったこと

地域貢献

⚫︎転職理由

効率の悪い仕事、度重なる遅くまでの残業モチベーションが削られ休日休みたくなった。ボランティア承認欲求と気づいた。

地方独特のネチネチした人間関係ストレス

ご近所さん監視によりどこで何してるかプライベート筒抜け

ヤンキーモンスター老人が増えて市民対応無理ゲー化している

⚫︎若者に全力で伝えたいこと

人助けを生きがいにするな!

大人に騙されてるよ。年収一定以上で好きな仕事に就いている奴が結局は長続きして、結婚もでき幸せになってる現状を知れ。

公務員は目が死んだ奴が多い。年功序列風習が色濃く若者意見封殺されているからやりたい事はほぼできない。

地銀辞めたことを地域住民から一生馬鹿にされ続ける人生

自分の満足を人に求めるな!

自分で満足できる仕事しろ

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170831175916

核を落とされたら、そこの畑の作物、食べられなくなるし、海でもお魚食べられなくなるよな。

はだしのゲン北斗の拳しか知らないけれど。

  

良く分からんが、北朝鮮アメリカ本土ハワイグアムミサイル飛ばすことを考えているみたいだよね。

正確性・威力はまだまだだが、「やろうと思えば、やれるからさ」つう脅しが足りないので、舐められるつう小粒ヤンキーケンカみたいになってるよな。

実際に、経済制裁より、半分、トップ同士は、とらんぷと金とは、子供ケンカみたいな挑発になってるよな。

9.11みたいに、アメリカだっては、テロ攻撃には盤石とは言えないよな。如何に迎撃ミサイルの開発が進んでいてもさ。

緊急避難体罰は違うということを理解してほしい

https://anond.hatelabo.jp/20170831173534

>>世の中にはヤンキーでもいいし障碍者でもいいし癇癪を起したりパニックになったりする子どもでもいいし、そういう人物がいるわけだけど。

>>現実的なのは取り押さえたり平手打ちするというものだけど、ポリティカルコレクトネス的ではないよね。

>>まさか説得しろとか警察を呼べとか(警察呼べとやたら言う奴ってその労力と手間を全然理解してない場合が多いけど)思ってるんだろうか。

>>俺は幼い子供子育てしてる親も子供が逸脱した行為を起こして迷惑かけてたら多少ぶってもいいと思うし、暴走したら取り押さえて平手打ちの一発でも食らわせればいいと思うよ。

2017-08-31

映画関ヶ原感想

愛と野望とか言うから邦画っぽいねっちょりした感じなら嫌だな~と思ってたけど関ヶ原に至るまでの過程ダイジェストでまとめられててよかった

あと合戦も旗指物とか槍衾とか鳴物とか馬とかよかった

石田三成with島左近feat小早川秀秋って感じ

小早川西軍について高みの見物してたら家康側に鉄砲打ち込まれビビッて寝返り西軍敗北のきっかけとなった戦犯として有名

一番好意的に描かれてたのが横山光輝版で、第三極として動くニヒリスト金吾としてわりと魅力的なキャラしてる(結局鉄砲ビビッて裏切ってたが)

これも基本的にはひ弱で優柔不断な坊ちゃまだけど、三成とその部下(左近の息子)に心動かされて西軍側に付こうとするのはい意味でこっちが裏切られた、が結局家臣に押さえ込まれ小早川隊は西軍を裏切る形に

捕らえられた三成の前を逃げるように足早に去ったとか、覗き見してたら見つかって罵倒されたみたいな逸話が有名だけど、ちゃんと会話して和解してるし結構高感度上がった

吉川空弁土下座マンはへうげでも名前しか出てこなかったけどここでもほぼ名前だけ

三献の茶左近召抱えエピソードはあるけど、人面獣心とか干し柿カット、あと島津の退き口は突撃前だけだったのはガッカリ(入れても蛇足なのはわかるけど、勝ったつもりのところに本陣突撃食らって脱糞するの楽しみにしてたから少しがっかり

あと暗黒JKは割りと出てるのに小西行長がほぼ名前だけ、斬首前でも一番後ろでしょっとしか映ってないのはちょっと残念

毛屋武久の物見エピソード結構大事に描いてる。そのせいで長政の影がさらに薄くなってる感じも

石田方のハゲがチラチラ出てくるが、もしかしてこれ蒲生郷舎?

エンドロール明石全登が出てたが、どこに出てたかわからん

ひらパー兄さんの声がいい

七将がヤンキー丸出しでいい

同士よ→自爆は割と衝撃

2017-08-29

セイラさんが倒せない

ハイアンドロー

ある地域ヤンキー国家が割拠して殴ったり合従連衡したりする話なんだけど

まあヤンキーの話なので、女はすっこんでピンクの服着ておにぎりでもにぎってろって感じで基本戦闘には出てこない

女を傷つけるやつは許さねえ的な

そんな世界なのに、たった1人だけ毎度前線に出てきて戦闘に参加してくる女がいるんだよ

マイティウォリアーズセイラさん

セイラさんは実際強くてヤンキーどもを蹴ったりいろいろしていくんだけど

から反撃されたりダメージ受ける描写が一切ない

男が女を殴ってる絵は辛いからなんだろうけど実質無敵

こっちはしこたま蹴られても有難うございますしか言えないわけよ

他の政府に戦える女皆無だからセイラさん単騎で侵略したら勝利なの

マジでこれピンチだしつまらいから他も女戦闘員育成するか

シンフォギアみたいに琥珀さんがセイラさんを思っきり腹パンしてそういう世界観を打破して欲しい

 

あと映画しか見てないのでテレビ版とかに女戦闘員いたらすいません。

2017-08-28

ヤンキーブームの亜種としての非リアブーム

間違いなく存在したよね。

社会から外れてる俺たち格好いいの亜種として非リアな俺格好いい。

ロリコンエロゲでシコシコして現実で女にキモいと言われちゃうアウトロークールでデュード。

そういう空気ネットにはあったよね。

https://anond.hatelabo.jp/20170828134546

主流交代があったと思うんだよね

今もヤンキー色の強い地方オタクが強い都市圏よりセックスするでしょ

2017-08-26

関西弁ほど強くても忘れる

ある女優地元も一緒。友人で繋がれる距離の人。世代もかわらん。

時々関西弁で演技をさせられてて、その方言違和感を感じていたんだが、いくつか聞いているうちに完全に方言を忘れてしまっていることに気付いた。

ネイティブの人だからこの関西弁であってる、と思われてそうだが

「この人、関西弁忘れてるのでは…」と指摘してる人は一人二人では無く時々見かけるし

前述のとおり地元が同じ方言も同じなので、関西弁でも地域によって方言が違う!という問題では無い。

まぁ、いいんだけど。調べてみたら関西離れて長いみたいで(だとすると、地元愛を語っていた観光大使的な仕事には正直笑ってしまうがお仕事ですね)

仕方ないと思いつつ

こんな関東とは真逆イントネーションで直そうにも難しい方言でも忘れることができるんだな、と思うまでだった。

地元に居たころはヤンキーだったが今は清純派っぽいので、まぁ人は変わるよな…という話でした。

2017-08-25

ムック蔓延る糞ラルオタが本当に気に入らない

ムック、というV系バンドがある。

1997年に結成した彼らは、00年代V系シーンにおいて、その重厚なサウンドと自他への憎悪怨念、そして寂寞の篭ったような世界観という強烈な個性から、多くのファンを獲得し邁進してきた。

そしてその世界観を自ら打破し、ロックテクノメタル等の様々な音楽要素を取り込むなど、新たな個性として「多様性」を得た結果、今やファンも老若男女様々な層が増え、20周年の今年は日本武道館2days公演を納めただけでなく、更に年末にもう一度玉ねぎの下で大規模な主催イベントを控え、その日に向けて日夜怒涛のツアーイベントに勤しんでいる。

私は、ファン歴で言えば中堅どころにあたると自負している。

もう十余年もムック音楽に浸り、彼らのライブサウンドに酔い、最早生き甲斐ライフサイクルの一環として「次のライブに行くために、また彼らの音楽を生で楽しむために」と社畜生活従事する日々。

長らく夢烏(=ムックファン呼称ムッカーと読む)を続けてきて、もちろん不満に思う事や上がろう(=ファン卒業しよう、追っかけをやめよう)と思った事も多々あった。

しかし彼らの最大の魅力は良くも悪くも「変化し続ける事」と「ファンを裏切る事」である

何だかんだと文句を垂れ、貶しては「やっぱりムックは最高だ」と舌を巻く羽目になるからこそ、次の良い裏切りを期待して離れられずに、盲目的に好きであり続けている。

そして自身の周りの夢烏仲間も「だせぇwww」「無いわwww」「新アー写ぶっさwww」等と貶しては、生のパフォーマンスを拝んだり、新しい歌詞を読んで「やっぱムックいいわ…好き…かっこよすぎ…」と滂沱と溢れる涙を拭い、感涙に咽びながら新しい告知に躊躇無くクレジットカードを切っていた。

しかし、ここ数年、本当に心の底から気に入らないものがある。

それは新たに取り込んだ、とあるファン層だ。

2008年夏にリリースされた19枚目のシングル、「アゲハ」。

このリリースきっかけに、あるバンドファンが怒涛のようにムックに流れ込んできた。

ムックと同じ事務所所属する大御所バンド、L'Arc〜en〜Cielファンである

このシングルにはラルクギタリスト、Kenが楽曲プロデューサーとして参加している。

日頃ラルク活動の無さに飢えているファンが、ラルクの片鱗を求めてムック音楽に興味を持ったのだ。

ムックは元々、リーダーであるギタリスト、ミヤのワンマンバンドである

幼い頃より音楽を嗜み、プロデュース作曲編曲等々多方面マネジメントを行うミヤに対し、音楽のド素人から始まった他メンバー技術的な部分からから、3人はミヤに首を垂れ従い続けるのが常であった。

メンバーファンもひたすらミヤのご機嫌取りに徹するバンド」等とも称される事もあったし、夢烏を自認する私も事実そういうバンドだと自覚する。

なお余談だが、興味のある方は是非今年リリースされた「M」というインタビュー本をご一読頂けるといいだろう。

リーダーから何故出来ない、お前に期待しているのに、というスパルタ虐待親よろしく高いスキル要求され、心身に支障を来たす者もいれば、トラブルを起こす者もいた、解散しなかったのが不思議でならないかつての殺伐としたムックが。

そして20年という歳月を経て、ようやく分かり合おうとし、ほんの少し分かり合えるようになってきた彼らの、ありのままの成長の軌跡が綴られている。

さて、そんなムックが、よそのアーティストプロデュースを頼むだなんて。

当初は「は?ムックのサウンドが好きなのによそにプロデュースされるとか無いわ」という気持ちと「あのとんでもワンマンバンドがよそに力を借りるなんて、少しは丸くなったんだなぁ」という気持ちを抱いていた。

実際楽曲のものは、これまでのムックには無かった新しいテイストが組み込まれ、彼らの「多様性」に新たな1ページが加わったなぁと感慨深かった。満足であった。

しかしそのシングル曲が含まれアルバムツアーからライブ公演に違和感を覚えるようになった。

アゲハ」と、同アルバム収録のもう1曲のKenプロデュース曲「空と糸」のイントロで、何故か、黄色悲鳴が上がる。

これまでもイントロ悲鳴が上がる場面は多々あった。

V系というジャンル柄、ファン盲目的に思い入れを持つ曲が各々あったりする。また歴史を重ねるごとに、昔の音源だんだん演奏頻度が下がる。

そうした中で、たまにいわゆるレア曲を演奏したりすると、イントロの時点で泣き出したり、歓喜の絶叫を上げるファンは沢山居た。

しかし、「アゲハ」と「空と糸」はリリースされたばかり。

何ならこのツアー中は100%演奏するし、シングル曲故に今後もセットリストに組み込まれ可能性は非常に高い。

にも関わらず上がる、「黄色い」悲鳴

別にレア曲でもあるまいに。

私はただたた首を傾げる事しか出来なかったし、周りの夢烏友達もそうであった。

その正体に気付いた時には、奴らはすっかりムックに居座っていた。

あれは忘れもしない、某年の恵比寿リキッドルームでのライブ

早めに着いた私は、グッズ販売待機列で友人を待っていると、数人程前にやたら声の大きい2人組が和気藹々と歓談していた。

V系のファンバンギャもある種のキモオタなので、声が大きいのもよくある事だと、会話をBGMにTwitterを眺める私の耳に、信じがたい台詞が飛び込んできた。

ムックチケ代が安いから、ラルク待ってる間の暇潰しにはコスパがいいよね」

Kenちゃんゲストで来てくれないかな。Kenちゃん見たい」

先の台詞は百歩譲って許そう。

いくら盲目に、宗教的バンドを愛するバンギャと言えども、複数バンドファンを掛け持ちする事はザラだ。

特に本命バンド活動が乏しい場合、あの爆音の非日常空間が恋しいあまり、他のバンドに手を出す事はしばしばある。

そして本命バンド比較して、やっぱり本命バンドが一番好きだという実感を改める事は私も多々ある。

ムックが一番好きな人達ばかりのアウェイ環境で、よくもまあ大声でそんな事がしゃあしゃあと抜かせるものだと少しイラつきはしたものの、気持ちは分からなくもない。

しかし猫も杓子も二言目だ。

貴様は何のバンドライブに来ているんだと。

ムックを観にチケットを買ったのではないのかと。

そう言うのならばKenソロライブに行けと。公演が無いならばDVDでも観ていろと。チケットに書かれた出演者をよく観ろと。貴様の目は節穴かと。ムックラルクの片鱗のみを求めているのかと。

音楽シーンにおいて特に興衰の激しいヴィジュアル系というジャンルでは、新たなリスナーの獲得が今後の生死を左右する。だから、新しいファンが、殊に音源やグッズを購入し、ライブにまで足を運んでくれる存在が増えるのは大歓迎だ。

それでもムック純粋ファンではなく、ムックを通して結局ラルクしか観ていない。カードだけ剥ぎ取られて、開封もせずに捨てられるプロ野球チップスのようだと感じられる、ムック本命バンド自分からすれば侮辱しか思えない発言だった。

気持ち分からんでもない。ただせめてこの場においては、まっすぐにムックを観てくれないものか。とにかく不愉快で悲しくて仕方が無かった。

しかムックは、みるみるそれらのファンを増やし、固定させていった。

その後もKenのプロデュースの機会も増え、ラルクメンバー絡みのイベントに参加し、オールナイトイベントなんかにも出るようになり。いつかの2人組が望んだ通り、ワンマンライブゲストで現れるようにもなり。

気付けば、スタンディングのライブで友達とはぐれた時、自分の周りにいる人間は知らない空気を纏っていた。

先述の通り、私はファンが増える事は喜ばしく、歓迎すべき事だと思っている。

以前はモッシュピットに棒立ちで、ぶつから露骨に嫌そうな顔をしながらも近くで見たいからと動かない、危なっかしい新規ファンも居たが、最近ムックのノリに慣れたのかそんな人間も見かけなくなった。

ムックのものをちゃんと観に来ているファンが増えた実感もある。

しかし、あれからずっと変わらずKenプロデュース曲で上がる黄色悲鳴

チケットファンクラブ先行受付がある度に、既存の夢烏同士の規模を圧倒的に上回る人脈での人海戦術で、人数の何倍も申し込んでは、ひたすら身内に、余れば興味の薄い人間にまで回されるチケット

ムックは昔から、皆仲が本当に良い」「ボーカルさん可愛い女の子みたい」「リーダーさんが人を殴るなんてありえない」という、誤解を超えて定着してしまった新しい解釈

そして何だかんだ言っても結局、Kenが関わる話題が上がっては「Kenちゃん来ないかな」。対盤で未発表枠が告知されては条件反射で聞こえる「絶対ラルクでしょ」。

何より許しがたい、「今のムックの動員や売り上げは、ラルクに支えられているようなものでしょ」という、あまりにも乱暴で横柄な認識

何かにつけ「ラルク」「Kenちゃん」「ラルク」「ラルク」。

そして自分達が総意であり真実であるかのように振る舞う。いつしか私も、仲の良かった旧来の友人達も、周りを念入りに警戒してから遠慮がちに感想をぼやくようになった。

私のような存在老害と呼ぶのだろう。

もちろん、いいファンと悪いファンがいるのは重々承知しているし、それは旧来の夢烏にも言える事だ。

それでも、メンバー間のトラブル修羅場があったからこそ生み出された過去楽曲パフォーマンス。そして背景としてそれらがあったからこそ、紆余曲折と凄まじい努力を経たからこその「今の彼ら」が在るのに、「今の彼ら」しか切り抜かれていないようで悲しく思えてならない。

V系における2ちゃんねるのような某掲示板で、貢ぎやセフレ要員として簡単に繋がりを持てると、繋がり入門麺とまで称されたメンバーに対して、手放しで可愛いだの聖母だの褒めちぎる。

バンド運営をほぼ全て自分を中心に回し、ステージミスしたメンバー段取りの悪いスタッフを一切の遠慮なく睨み付け、手や足を出す事もザラだった、田舎ヤンキー気質の抜けないワンマンリーダーを、優しいだのと聖人君子のように捉える。

先述のメンバー程よろしくなかなか女関係が汚く、今やすっかりほうれい線の強い老け顔に対してただただ馬鹿のひとつ覚えのようにかっこいいを連呼する。気持ち悪さが売りであり、コールアンドレスポンスとして罵声が求められるパフォーマンスに対してきゃー可愛いなどと場違いな歓声を上げる。

元よりお馬鹿キャラではあったものの、立派な一人の成人男性としてオフショットでは煙草を吸ったり、平均的な態度振る舞いである事は容易に見て取れるのに、そうである押し付けんばかりにひたすらバカわいいなどと称する。

昔の楽曲も好きだけれど、暗いか最近の曲の方が好きだなどと抜かす。

汚い部分もひっくるめてのムックは今時のファンの中では息絶え、やがてムックの中でも無かった事にされるのだろうかと、一抹の寂しさを抱いた。

繰り返すが、私は単なる老害なのだと思う。

ファンの在り方は様々だ。貶し愛と呼ばれる、極端なツンデレのような愛し方をする者もいる。ガチ恋と呼ばれる、本気で結婚したいと考え必死札レターを贈る者もいる。アイドルのように無条件に可愛いかっこいいと愛でる者もいる。

ムック本命バンド人間もいれば、他のバンド本命だという人間もいる。

必死な人もいれば、緩く追っている人もいる。

十人十色千差万別。色んな愛し方があって当然だし、「多様性」を強みとするバンドならばファンも多様であっていいと思う。だからこそムックは、色んなものを身につけ、色んなものを培い、色んなものを味方につけて、色んな道を歩んできた。

からこそ、ファン同士でも理解のし合いが必要だと思う。

とりあえず、これからムックに金を落とし続けてくれればそれで結構なので、頼むからせめてダイブする時は柔らかい靴で・アクセサリー類は外す・髪は括る・ステージにもフロアにも余計なアピールをせずさっさと転がって降りるの4点くらいは徹底をお願いしたい。

それと人海戦術チケ確保も程々にして頂きたい。激戦チケットとの交換カード用に、自分にとっては余計なチケットを申し込んで転売するのもほんとに勘弁して下さい。

あーあ、やっぱりラルクソ居なくなって欲しいな。何だかんだ言ったけど、やっぱ存在が無条件にただただムカつくし気持ち悪いわ。

さん付けとかたつえちゃん呼びもきしょいし、下手くそ小学生夏休み工作以下のお手製土産(笑)を「声かけて下さい!」とか拡散してるのも本当にきしょい。

それもラルクソの文化男性アイドル追っかけてる夢女子腐女子のオタ中学生みたいですね。

ガチ恋も増えた臭いけど、やってる事だけじゃなくて身なりもオタ中学生みたいな糞ダサデブスだし、見た目も繋がるためのお金も何の努力もしてないから本当に見苦しい。

せめてまず痩せろよ。1人で2人分くらいスペース取ってるデブ本当に殺意沸く。

何食ったらそんなデブになるの?何処かの相撲部屋所属してるの?ちゃんこが美味しいのは仕方ないだろうけど、ここは土俵じゃないんですよ。

万が一にも動員落ちたら1人でチケ20枚くらいは買い支え気持ちいるから、ここらで一発ムックには炎上してみて欲しい。

ボーカルベース辺りが分かりやす誤爆やらかさないかな。でも周りの大卒が止めちゃうか。

本当に頼むからラルク活動再開してそのまま一生休まないでくれ。

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822070212

長年リア充に虐げられてきたと言う被害者意識

(実際のとこ、戦後の40年ちょいくらいでしかないんだが)

マジョリティになった今となっても抜けきれず

「俺たちは被虐されてるマイノリティから世間も多少の横暴は見逃してくれるでしょ 世間は俺たち以上の利益を得ているのだから

っつう甘い意識に繋がってるんだと思う

ハルヒコスプレエアガン振り回してた頃からその萌芽が出てきた

 

また、「コミュ障」という、潜在的異文化と接しにくい性質を持ち

それらをあまつさえ自称する」オタク

リア充ヤンキー、 リア充と金持ち、金持ち外国人  みたいな

異文化交流の輪を形成しにくく、価値観が更に固定化する恐れがある

 

違う文化をはねのけるということは、異文化の変化をまるまる無視して

昔のイメージで語ってしまリスクもある

から彼らにとってはヤンキーはいつまでも80年代の超暴力的尾崎ライクな存在しかない

リア充90年代の、クラス嘲笑してくる嫌な存在であり、

理論上では」永遠にオタク迫害してくる存在なのだろう

今の社畜社会と昔のヤンキーって似てるような気が……

今の社畜社会と昔のヤンキーって似てるような気がするのですが……。

一言言って反知性的で、批判すると仲間はずれにされたり。

昔の旧日本軍のように敗戦まで駄目な構造が守られたり。

など他にもたくさんあるのですが、

早い話、トップ絶対で、都合のいいように洗脳されていて、大人は何よりも組織が一番と洗脳されていた。

一般人迷惑しているにもかかわらず、面子を気にしていた。

ヤンキーの敵は公権力で、社畜行政医療だ、という構造的なことを言っているのではありません。

あくまでも精神性というかマインドのことを私は指しています

「劣悪社会万歳!!」と彼らが叫んでいる光景

気合入れていくんでヨロシク!!」とかぶってるような気がします。

みなさんはどう思われますか?

ヤンキー漫画に関する素朴な疑問

ヤングキングで連載しているヤクザ漫画ドンケツ」が、コンビニコミックになる際は「任侠ヤクザ」というタイトルに改題するんだけど、すげえ気持ち悪い。なぜ元のタイトルのままではダメなのか。改題するにしても、もっとのものがあるだろう。

なに、「任侠ヤクザ」って。タイトルでもなんでもねえ。

サッカー」「麻雀」みたいな、そのまんまのタイトルが初期のファミコンっぽくて古くささすら感じる。

で、この「ドンケツ」って漫画、「クローズ」の高橋ヒロシ先生の絵柄そのまんまである

ヤングキングヤングチャンピオンヤンキーヤクザを描くアウトロー漫画は、それぞれ作家が違っても必ず高橋ヒロシそのまんまの絵柄である

ヤンキー漫画はこの絵柄じゃないといけないみたいな決まりがあるのか?

一時期の少年マガジンも、カメレオン以外のヤンキー漫画は全部藤沢とおるそのまんまの絵柄だったし。

やたらと吹き出し外に「!?」を多様する藤沢節もそのまんま継承してるし。

ヤンキー漫画は、なんかひとつヒット作が出ると別の作家でも以後絵柄を統一しなければならないのだろうか。

謎だ。

2017-08-21

2年位前にオタク関係で知り合った人と最近2人でオタク関係で遊びに行くことが増えた。

知り合ってすぐ、他のオタクの知り合い達と複数人で会っている時は、

クセのある人達とでも嫌そうな気配をまったく見せずとても穏やかで良い人だなと印象が良かった。

(クセのある人達が本当にクセしかなくて会話が噛み合わないことが多々)

そして最近2人で遊びに行くことが増えた(と言っても1月に1、2回、まったく会わない月もある)

そうしたらなんと自分の話ばかりするタイプだという事がわかり、

2人きりの時間がひたすら苦痛に感じてくる。

特に学生時代田舎の話をし出す時が苦痛

学生とき先生に「アイス奢って」と冗談で言ってたらヤンキー達も一緒になって結局先生が根負けして

「他の奴らには内緒だぞ」とアイスを奢ってくれた。ヤンキー達に「お前結構やるじゃん」と言われた」

というような話を長々とされるのがつらい。

それでも最初は相槌打って共感したり話膨らまそうとしたりしてたけど、

そのうち、こちらが何か話そうとしても途中で話を持っていくことに気付いた。

「そういえば○○ってあるじゃん、」と話を振ると(そこから「この前○○で~」と話を続けるつもりで)

「○○ね~、昔△△で□□ってことがあってさ~」と自分の○○話を続けてしまう。

相手の話が途切れたタイミングで負けじと自分の○○話をしようとしても、途切れる前にやっぱり相手が○○話を続ける。

戦ってるみたいで苦痛

というようなことがあって、そういえばそういう知り合いによく遭遇するなと考えてみたら、

男性とかオタクとかにその傾向があるなと気付いた。(あくま自分が今まで会って来た人達だけ)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん