「終戦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 終戦とは

2019-01-17

anond:20190117085113

太平洋戦争原爆によって終戦に向かい韓国等の植民地支配もなくなり平和がもたらされた。」と考えている国民たちだから

朝鮮戦争終結という和平実現のために北朝鮮韓国のどこかに核ミサイルを落とせばいいのに。」といえば諸手をあげてそれに賛同するんだろうな

2019-01-12

つの時代公務員は偉かったって思ってるバカ理系に多そうだよな

 なわけねーだろ。時代によって公務員人間性自体全然別人なんだが。

公務員人間性時代ごとに分析すると、

明治40年 神

大正終戦 知識ヲタク

戦後20年 正義勧善懲悪祭りリーダー

昭和40年代 高齢化して少し調子こいた、祭りリーダー

昭和50年代 宮崎駿アニメキャラクタ詩人

昭和60年~昭和天皇死去 シドーゾーマデスピサロゼロムス

平成 デスゲイズ、闘病、ウソ幽霊ゴミ犯罪者、死去

現在 幽鬼

 このように時代によってひととなりが変転してきてて、昔凄くて今最悪だから、今の公務員見て尊敬してる奴マジバカ

いかいか時代により全然違う。今の公務員は、人間のクズ、お前が何も知らないだけ

日本国の実務が全部が全部よかったと思ってるバカ

 ゲームに良作とクソゲーがあるように、司法行政にも、良い時と悪いときがあるんだよ。

 まず今の学生は、明治時代が神だってことを教えられてないし、大正から終戦までがクソだった

 ことも教えられてない。戦後は20年良くて、その後10年調子こいて、その背後で祭りみたいな

 ことしてたことと、昭和50年~昭和60年の仕事宮崎駿アニメか、老人のポエム

 平成での仕事凶悪犯罪者ってことも知らない。

 日本国家について平板にみてんじゃないの。色々な時代があったんだよ。平成は凄く悪い。

 昭和天皇は概ね凄かった。明治は40年しか続かなかった。大正以降はプレステ2みたいなクソゲー

 

2019-01-11

裁判所判例ダメになった経緯

 ア 明治時代判決はクソ神だった。死ぬほど詳細に検討したし、裁判長検事長は、日本島に出現した文章スーパースターとして崇められた。

 イ 大正時代に入って知識専門オタク化してクソになった、以後、終戦まで、マジクソ。

 ウ 戦後アメリカから死ぬほど日本に合わない、アウト性的コンテンツであるアメリカ憲法押し付けられたため、当初から使うつもりないの全開で

   大量の法律を書き散らしてアメリカを全力でだまし、実務としては、東大法学部卒で司法試験に通った権力者がいいようにできるテキストコンテンツ

   なったので、昭和39年まで日本人受けしてクソ流行った。

 エ 昭和40年代に、調子に乗りすぎて法解釈が高度化していたが、当時はあまりに狂い過ぎていて自分おかしいことに裁判官らが気づいてなかった。

 オ その背後で、祭りみたいにやってたオヤジジジイ裁判官がいて、権力真夏の話過ぎて狂い過ぎてて現在では趣旨不明

 カ 昭和50年~64年は、アニメセリフか、季節物のジジイ詩集と化し、悪質でないものの、判例ゴミに成り、趣旨不明になった。

 キ 平成以後の判例は、ゴミ

 このような経緯でダメになって今は死ぬほど最悪。

2018-12-31

さてそろそろ明治神宮痴漢しに行くかと同僚からラインが来た

そんなん報告せんでええわ

.

話は変わるけど電車での痴漢はほぼ確実に冤罪なんだよ

何故かわかる?

相手が見た目に反しておとなしくなかった場合、逃げ道が無いか

.

ちゃんとした痴漢フェスとか祭りとか初詣みたいなところでするの

何故かわかる?

人でごった返しているので触ってもすぐに離れれば相手は誰に触られたのかわからない

しかも混みまくってると意図的に触られたのか当たったのかの判別もつかなくなるので追いかけようともしないんだよ

なので初詣明治神宮なんか痴漢だらけ

他でも一点に人が集中するところは痴漢だらけと思っていい

でも終戦日の靖国みたいにジジババしかいないような時はさすがに行かないけどね

.

で、話は戻るけど電車みたいな逃げ場のない所で痴漢するような間抜けはいない

から電車痴漢に触られるなんてAVの中の話なので馬鹿女は電車止めないようにしてね

通勤時間帯にやられると本当に迷惑なんだわ

馬鹿女はどうせ出世に縁がないか遅刻とかどうでもいいんだろうけど

真面目に働いている人間からすると馬鹿思い込み痴漢騒ぎして電車を止めるってのは犯罪と等しいか

2018-12-29

anond:20181229163346

韓国戦勝国wwwww

終戦時には日本の一部で、日成以外は碌に抵抗もできてなかった韓国戦勝国wwwww

日本のくれてやったインフラ施設で発展した韓国戦勝国wwww

2018-12-28

anond:20181228190909

韓国海軍は今文書償却して日報を隠して口裏合わせをしていそう

終戦の時みたいな事が内部で起きていそう

2018-12-26

今日悪夢

薬を飲み忘れた日の夢はいつも怖くて、あまりに怖いので書いておきたくなった。

今回見たのは

終戦間近に命を散らした特攻隊の苦しみを描いた映画を見て怖かった

という夢だ。

なんかね、零戦ではなく、小さなロケットみたいな潜水艦に数人で乗るの。

遠方から弾を撃って敵を駆逐するんだけど、一号機の出撃が思いの外上手くいって、次号機をつくるとき製作陣が欲をかいたの。機動性とか推進力をもっともっと極限まで追求しようってことで、もうそりゃ狭いスペースにぎゅうぎゅうづめに四人くらいの人が縦一列に並んで座らされるわけ。そんでものすごいスピードで出撃するんだけど速すぎるの。あまりに速すぎて、艦がもう形を保てなくなってくるわけ(このへんからわたし物理学的見識が少年漫画であることが発露しはじめる)。艦内の気圧が(なぜか)急激に下がり始め、中の乗組員は圧迫されはじめる。加速とともにどんどんつぶされてゆく艦体。それでもますます加速する潜水艦はついに限界を超え、ばらばらに壊れ始める。それと同時に乗組員の身体もばらばらに砕かれる。時間にしてわずか数秒。乗組員は自分達がどうなったのかもわからないまま、血と肉片と骨片とに砕かれて海中に散りばめられてしまう。その数秒間のすさまじい痛みや恐怖を数十分にもわたって克明に描写する映画

実はそうなる可能性が決して低くないというのは乗る前からわかっていて、いまわの際に彼らは走馬灯の中で上層部の老人達に同じ苦しみを味わわせてなぶり殺す。しか現実にはもちろん老人達は生きていて、今なお若者達の血と肉の上にのさばり続けている。

この老人達実在人物で、映画を見終わったわたしたち観客はその足で老人達を殺しに行く。そうするのが自然からだ。しかし結局それは彼らの奸計で実現しなかった。何も変わらない。乗組員達の痛みはわたしたちの痛みとしていつまでも身体に染み込んで抜けない。

2018-12-25

年賀状を書く話

増田幼少のみぎりであるとある小説の一説に感銘を受けた。

その話は、架空日本少年内戦を戦い切る話である。彼は内戦最後のしかし最早する必要のない攻囲戦でずっと闘ってきた信頼できるオトナを、終戦後なおアテのないゲリラに身を投じた親友を、そして戦傷が成長とともに悪化し片足の自由を喪う。戦傷者への恩給でデラシネ暮らしを送る彼は、それでも内戦となった県内に居場所を見つけた戦友(彼も大人ではある)の一人と年賀状のやり取りだけは欠かさない。なるほどそういうものか、と増田少年は思ったが、その時はそのような者はいなかった。義理も友もそれほど抱えていなかったのである

増田も相応に年を取り、数人賀状のやり取りだけをする者がいる。取り立てて書くこともない。今年は呑もう的なことを書いていた時期もあったがそれもまた白々しかろう。白状すれば、添える一言も数人分は使いまわされるのである。どうせ彼らが答えを突き合わせることはないのだ。

今年もプリンターから賀状が吐き出されると、あの一節を思い出す。そして、それにとにかく一言を書く義務感と若干の感傷を奮い立たせる。

とっくに小説の掉尾に於ける主人公の歳は追い抜いた。成程、老いるとはそういうものである

2018-12-18

anond:20181218160236

本土決戦すれば勝てた

戦後本土決戦無理理論が出来上がってるのは開戦前に作られた本土決戦勝利する作戦資料終戦時に焼却したか

2018-12-17

anond:20181217065121

明治維新でも終戦でも変われなかった国民に、今度こそは、なんて期待を持つ方が無駄だよ

2018-12-03

anond:20181203112232

組織するということが全く身についていないんだよなあ

終戦の時に米軍が進駐してくると文書主義形式主義の徹底とその効果に驚きまた疲れたなんて話を見るけど

その頃からずーっと烏合の衆を寄せ繋ぎ止める方法しか日本にはない

2018-11-21

なろう主人公「え、ここ入っちゃいけない結界あったの?気がつかなかったよ」(ドヤァ

結界なんてあったの?気がつかなかったよ」

どうやらこの地上に惹かれた白い線のようなものが「結界」だったらしい。

馬鹿な!どんな物も触れただけで一瞬で灰になる結界だぞ!?ありえない!!」

騎士団長が叫ぶ。

よくわからないけど、また俺は何かやってしまったようだ。まあ、いいや。

何か叫んでいる騎士団長を無視して俺は宣言した。

「いずれにしてもこれで俺たちの勝利は確実に…」

「危ない!あれを見て!」

と、姫騎士のナナが指差す虚空に、いつの間にか白く光る光球が静かに輝いていた。

…と思った刹那、光球は突然俺に向かってまっすぐに飛んできた!

ーー避けるか?いや間に合わない!

俺は握った剣を振りかざすと、飛んでくる光球を一閃。

魔力の込められた俺の剣に当たった光球は飛んできた勢いでそのまま打ち返される。

しかし、それで終わりにはならなかった。

光球は一塁手明石から捕手細川に送球され、本塁封殺。そして、細川から再び一塁へ送球。

この時、打者走者の西岡ラインの内側を走り、守備妨害と判定され、ゲームセットとなった。

 和田監督は、ベンチから飛び出し抗議したものの、判定は覆らず。歓喜の鷹ナインとは対照的阪神ベンチは、しばらく呆然としたままだった。

阪神西岡まさか守備妨害終戦和田監督の抗議も実らず

2018-11-15

anond:20181115214951

反核重要だけど、一方で韓国のことも重要

終戦のおかげで朝鮮半島解放されたことの感情配慮しなくちゃいけなくて、そりゃバッティングしたら優先順位つけるしかないって話だよ

人によっては韓国より反核を優先することもあるかもしれないけど

日本語英語もたいして変わらないという気付き

日本の一番長い日」という映画を見てた。大東亜戦争終戦間近の内閣陸軍天皇周辺に関する話だ。最初ふつうに見てたんだけど、どうもうまく聞き取れない。よくわからないということで、洋画を見てよくわからなかったとき英語字幕ONにするがごとく日本字幕ONにしてみた。

するとどうだろう、日常的に使わないような語が飛び交っていたのだった。そして字幕をつけるととてもよくわかる。これはすごくおもしろ体験だ。

「昨日の陛下のご発言のことだ。勤王には2つある。狭義と広義だ。狭義の解釈では陛下より "和平せよ" との勅命あれば、これに従う。広義の解釈では国家永遠を考える。たとえ陛下より仰せあるも、まず諫言し奉る。それでもお許しなくばどうする?どうする?どうする?」

強制し奉りても所信を断行すべし!」

貴様名前は?」

椎崎二郎であります!」

「よく言った椎崎中佐強制し奉りても所信を断行すべし、余はこれを取る!君たちはいかに心得る?」

「積極は如何に努めても猶ほ神の線より遠しであります!」

文字で見ればそりゃ意味はわかる。「積極は如何に努めても猶ほ神の線より遠し」とかは「どんだけがんばってもまだまだ足りないよ〜って意味かな?」という感じだが。途中「長沙作戦」などという語もあったが、ぼくは軍事オタクとかではないので「調査作戦??」というように思っていた。

それで思ったことは「日本語も英語も変わらんな」ということだ。要はわからんもんはわからんし、わかるもんはわかる。日本語が英語と同じように、十分外国語のように見える。逆に英語日本語のように見える。ただ英語の方がわからないことが多いだけで。この感覚はすごい。つまりぼくにとって日本語はまだまだ、英語運用能力を伸ばすがごとく向上できる代物であるし、逆に英語現在日本語での実力のところまで持っていくこともできなくはないという希望にも見える。

からなんだという話かもしれなくて、なんというかうまく形容できないのだけど、ともかく言語というのはおもしろものだ。

2018-11-12

BTSに対するSWC非難声明邦訳)――これはSWCによる「全面降伏要求」だ

邦訳適当なので適当かもしれない

---

November 11, 2018

2018年1111

The Simon Wiesenthal Center denounced BTS, an internationally popular Korean band whose live performance on Japan TV was cancelled.

先日日本テレビ局ライブパフォーマンスの予定を取り消された、韓国国際的人気バンドBTSを、サイモン・ヴィーゼンタール・センター非難する。

“Wearing a T-shirt in Japan mocking the victims of the Nagasaki A-bomb, is just the latest incident of this band mocking the past,” charged Rabbi Abraham Cooper. Associate Dean and Director of Global Social Action of the Simon Wiesenthal Center, a leading Jewish Human Rights NGO.

サイモン・ヴィーゼンタール・センター副部長であり、グローバルソーシャルアクション部門であるラビアブラハム・クーパー師は、「長崎原爆による犠牲者嘲笑するようなTシャツを着用したということは、過去嘲笑するこのバンドが起こした、最新の事例であるに過ぎない」と批判した。

Members of the band posed for a photo shoot wearing hats with the Nazi SS Death Head logo. The SS was a key component of the Nazi mass murder of 6 million Jews during the WWII Holocaust. “Flags appearing on stage at their concert were eerily similar to the Nazi Swastika. It goes without saying that this group, which was invited to speak at the UN, owes the people of Japan and the victims of the Nazism an apology.”

たこバンドメンバーは、ナチ親衛隊の髑髏をあしらった帽子かぶり写真ポーズを収めている。ナチ親衛隊は600万人のユダヤ人第二次大戦中のホロコースト殺害した中心組織だ。「彼らのコンサートで見られた旗はナチハーケンクロイツ酷似している。国連演説にも招かれるようなグループが、日本の人々、またナチズムの犠牲者に対し謝罪の責務を負うのは言うまでもない」

“But that is not enough. It is clear that those designing and promoting this group’s career are too comfortable with denigrating the memory of the past. The result is that on young generations in Korea and around the world are more likely to identify bigotry and intolerance as beingcool’ and help erase the lessons of history. The management of this group, not only the front performers, should publicly apologize,” Rabbi Cooper added.

さらラビクーパー師は、「それだけではない。このグループを作り、運営している人々が、過去について中傷することに無頓着すぎるのは明らかだ。その結果、韓国や、世界若者たちが、偏見不寛容をカッコイものと考えるようになり、歴史の教訓を忘れることを助長することになる。先頭でパフォーマンスをしている彼らだけでなく、グループ運営している人々も、公式謝罪すべきだ」と付け加えた。

---

まり報道されていない部分への個人的感想

この2点はかなり気になる――なぜなら日本人でも知らない「長崎広島キノコ雲の違い」を明らかにして非難していること、Mocking the victimsという表現を使って「被爆者侮辱している」とSWC認識していることを明らかにしていることから、決して「ナチの方は謝るけど、原爆部分は言いがかり」というメッセージを受け入れないという姿勢が伝わるからだ。はっきり言ってこのメッセージナチ部分がかすむほどに反核的に読み取れる。謝罪すべき対象については「日本の人々(被爆者)とナチズムの犠牲者」と「日本の人々」を最初に置く念のいりようだ――これはそういう流儀なのかもしれないが。

SWCがこのようなリリースを出すのは驚きに値する。「原爆終戦を促し無駄犠牲を防いだ」という史観にさえ抵触しかねないからだ。原爆を開発した科学者ユダヤ人が多く含まれいたことも鑑みると、このようなメッセージが出たことは極めて興味深い。少なくとも巷間マスコミはてなブックマーク等で言われるように「SWCが出てきちゃったよ、やれやれ」とかいった話ではなさそうなのである原爆開発に積極的に加担したユダヤ人代表するような団体が、「広島」と「長崎」を明示的に分けて「嘲笑した」と非難していることについて、多少の考えをいたして欲しい。

2018-11-10

敗戦後の日本は戦勝国に切り売りされた植民地

外国語ができなくて自主的日本鎖国を続けてる低学歴は、ゼロサムゲームパイの奪い合いに必死

また日本戦争やるなら、海外安全地域疎開して、終戦を待つのが正解。

神風特攻隊を見れば、お国のために死ぬのは無駄死にだったと分かる。

2018-11-04

手塚治虫作品無料公開されてるから色々読んで感想を書く 2日目

https://anond.hatelabo.jp/20181104013756 の続き。

 

時計仕掛けのりんご

ねとらぼの本キャンペーン記事ブクマオススメされてた短編集。SF多めだけどそうじゃないのもあってごった煮。どれも面白かったけど、頭抜けてるのが『バイパスの夜』。バイパスを走るタクシー舞台であり、それが最初から最後まで最大限に活用されている。無駄ひとつもない完成品。

他には『悪魔の開幕』と『帰還者』がオススメ。『悪魔の開幕』は何を言ってもネタバレになるので騙されたと思って最後まで読んでほしい。『帰還者』はアレな言い方だけど、富樫のレベルE読んだような読後感。手塚治虫天才で、本当になんでも描けるんだなということがよく分かる。

 

新撰組

父の仇を追って新選組に入隊した深草丘十郎。そこで彼は後に親友となる謎の剣豪少年・鎌切大作と出会う。幕末の動乱を、ふたり少年はどう生き抜くのか。

ブコメオススメされてたから読んでみたけど、うーんこれは傑作だ。

ひとことで言うと美しい『アドルフに告ぐ』。物語を彩る様々な立場キャラクターたち、実際の歴史を背景に躍動する主人公、そして全てはラストに結実する。美しい。圧倒的に美しい。子どもとき出会えていたら本当にたまらなかっただろうなー。これから何度も読み返したい一冊。

 

日本発狂

北村市郎、通称イッチはとある夜、幽霊の行進と出会う。偶然知り合った記者情報交換することになるが、彼は交通事故で死んでしまった。本当にあれは幽霊だったのか? 駅のホームで見かけて以来、つきまとってくるようになった美少女の正体は?

これもブコメからホラーものかな? と思ったら斜め上に話が転がっていくのがさすがというかなんというか。気負わず笑いながら読んでいいやつだと思われる。「歓声とファンの数とは比例します」「ンン?」「これ歓声の法則」といった切れ味抜群のギャグもあったし。

 

『紙の砦』

これもブコメより。手塚治虫自伝的な作品を集めた短編集。悲惨戦争体験と、そんな中でも漫画を描き続けた戦中、ようやく悪夢のような戦争から解放され漫画家として立身していくぞ(でも漫画雑誌もない荒野でどうやって?)っていう戦後が主。

特に響いたのは表題作でもある『紙の砦』。時は戦中。特殊訓練所にいながらも隙あらば漫画を描く大寒少年オペラ歌手を目指す美少女出会う。

戦争って悲惨だしいいこと何もねーなっていう感じが色濃く描かれる。司馬遼太郎終戦の時に浜で泣きながらなんでこんな馬鹿戦争をしたんだって嘆いたらしいが、手塚のそれは叙情も何もなくただただ早く終わってほしい悲惨ものとされているように思う。

そしてラスト特に辛い。仮に――戦争手塚が両手を失っていたら、手塚は、日本漫画界はどうなっていたであろうか。

悲惨戦争話が多い中で『という手紙がきた』は一服の清涼剤。『トキワ荘物語』はとてもしんみりさせてくれる。『動物つれづれ草』も好き。

 

鳥人大系』

人類が退化し、代わりに鳥類惑星支配者になった世界を描く。その新たな世界鳥人は高度な文明を築き、ホモ・サピエンス鳥人家畜になっていた。そして鳥人たちはかつての人類のように相争い、滅亡の道をたどる。

うーーーん、あんまりきじゃないかなー。

短編連作の形を取りながら鳥人たちの誕生、栄華、末路を描くんだけど、風刺的な要素の強く出過ぎてて胸焼けする。『むかしむかし……めでたしめでたし』みたいなただの焼き直しにすぎない作品もあって、低調な短編はとことん低調。

ただそこは手塚神、すげー読ませるのもあって、『うずらが丘』は物語の展開力とオチの冷淡な語りおよび視線がさすがの一言だし、『トゥルドス・メルラ・サピエンスブラックバード)』のような掛け値なしのイイハナシダナーにはホッとさせられた。

とはいえかなり疲れさせられるお話であることは間違いないかな……。

陽だまりの樹

時は幕末世渡り下手だが一本気な府中藩士・伊武谷万二郎女好きだが顔の広い蘭方医の卵・手塚良庵は最悪の出会いを果たす。だがふたり腐れ縁のように固く結びつき、ともに動乱の時代を駆け抜けていく。万二郎は下級武士ながらとある事件きっかけで出世街道上り、一方の良庵は大坂適塾を経て江戸種痘所開設に尽力する。ふたり青年と、日本未来はいかに

うーん、感想の言いにくい作品面白かったけど、中盤から物語に暗い影が落ち始め、読むのがちょっとしんどくなってしまった。手塚作品にしては長く、それでいて物語が綿密に練り上げられていることは間違いないんだが、同時に間延びしてしまった感も否めない。万二郎主人公に据えたがゆえの限界という面もあり、愛すべき馬鹿には違いないけど、もうちょっとどうにかならんかったのかというのはある。同じ幕末を扱った『新選組』が青雲の物語であるならば、『陽だまりの樹』は凡庸な人たちの物語、という感じ。

人生に思い残しがある者は死に場所しか生きた証を残せない、という話はあって、彼女名前だすとアレなのでボカします)にそれが与えられたのはしみじみ良かったなーと思う。ひきかえ万二郎はそういう悲愴さとも無縁で、さいごまで読者をすっきりさせてくれないやつだった。だけどやっぱり憎めない。

お気に入りキャラクターは、平助、お紺、お品。三人にはいっしょに酒を飲んでもらって、生きてりゃそりゃ辛いことのひとつやふたつあるよなーって盛大に愚痴ってほしい。

 

あとがき的な

2日目の昼ぐらいに気づき、結局それからひたすら読んでた。ああ、もっと早く知っていれば!(BJとか火の鳥とかが入ってないのは読んだことがあるから火の鳥は再読しておきたかったけど、せっかくの機会なので未読作品を優先した)

全体的な感想を言えば、俺がおっさんからだろうけど、青年向けの作品の方が読み応えあった。『ジャングル大帝レオ』や『海のトリトン』は当時革新的だっただろうけど、さすがにいま初読だと平凡って印象が拭えない。それらに並ぶ子ども向け作品の『リボンの騎士』は、今でもおもしろいし、男の子の心と女の子の心が入った王女様が王子様のかっこうをしなくちゃいけなくて……という設定を思いつく手塚神ほんと神ってるなと。

大人向け作品はやはり『アドルフに告ぐ』が文句なしの傑作。行き当たりばったりで連載していたというブコメがあったけどマジか。震える。

短編イチオシは『バイパスの夜』かなー。「極限まで削ぎ落とした体に鬼が宿る(byライスシャワーCM)」じゃないけど、無駄が何一つ無い完成品とはまさにこのこと。

今回よんだ中で一番好きなのは新選組』。あそこまで美しい作品はなかなかない。

一番好きなキャラクターは『リボンの騎士からヘケート。容姿性格、行動力、作中での立ち回り、どの要素も俺の心を惹きつけてやまない。心に残るキャラクターだった。次点で『陽だまりの樹からお品さん。

それにしても本当に手塚神がいてくれてよかった。日本漫画界に残した足跡の大きさからしてもそうなんだけど、それ以上に何十年たってもその著作が色褪せずに面白いってほんとすげーこと。これからも多くの人に手塚治虫の諸作が読みつがれていくことを確信して筆を擱く。

 

あ、ひとつだけ忘れてたか最後に。青年向けの漫画レイプネタがやたらぶっこまれるんだけどなんでなん……。

2018-10-31

anond:20181031115235

つうか日本人も異教徒外国人いじめたからね。きっかけの一つに過ぎないし、そこだけ何か突出していたという認識は必ずしも事実では無いんだと思う。「全くいじめてなかった」みたいのも過剰な美化だと思うけど。

それの反動で、朝鮮人終戦後に擬似戦勝国人として好き勝手したのも単なる事実なんだけど、そのへんもスルーしなきゃいけないみたいな風潮も気持ちが悪いといえば悪い。

2018-10-27

anond:20181015010418

終戦後の「日本西洋より劣っている」という自信の喪失芸術にも波及した、って学芸員さんから聞いた事がある。

それに抗った作品を作り上げた作家さんもいる。

作り手も受け手も、「日本西洋より劣っている」から抜け出せてないんだと思う。

海外評価された日本芸術(に限らないな、文化全般)なら飛びつくし

2018-10-21

いか、よく聞け。日本人ども、これがラストチャンスだ!

日本量子コンピューター2020年までに実用化し、国民全員に配布せよ!

敗戦国日本戦勝国アメリカから独立するための唯一の道は、日本人が地球で最高の知性を獲得する以外にはない。

道具として必要ものは「量子コンピューター」だ。

開発に国家予算の全てを注ぎ込んでもいい。

いか?今度は失敗するなよ?

量子コンピューター特許取得、コモディディー化で遅れをとったら、チャンスは2度と巡って来ないだろう。

 

日本敗戦原因

アメリカ日本の500倍のリソース(人・モノ・金)で原爆を開発した。

日本ドイツ原爆開発研究を進めていたが、一番乗りはアメリカ亡命したユダヤ人科学者たちだった。

日本が先に原爆を開発してホワイトハウスに打ち込んでいれば、アメリカ降伏していただろう。しかし当時の日本人にはそれができなかった。

 

当時の大本営天皇軍部は何をやっていたのか?

日本国民から鍋や釜などの金属製品を供出させて、大和武蔵などの大型戦艦を作っていた。

WW2は海戦勝負がつく時代ではなく、航空戦に移行していたが、時代の推移を見誤った。

その結果、大和武蔵はすぐに撃沈され、広島長崎原爆を投下されて、日本は完全無条件降伏連合国軍に負けた。

終戦直前に、日ソ中立条約を裏切ったソ連にも蹂躙され、北方領土を奪われた。

 

日本未来のために、ハッキリさせておこう。

残念ながら、当時の日本人はユダヤ人よりも知性が低かった。(今は? 今は当時よりも酷くなって、敗戦国日本人は痴呆に改造されている)

 

量子コンピューターを征する者が、次世代世界経済を征する

 

今がラストチャンス

その他の技術は目くらましだ。(ないよりはあった方がましだが、優先度が違う)

幸い、日本科学技術は、量子コンピューターの開発で世界最先端を行っている。

 

75年前の原爆開発レースでは、日本アメリカに負けた。

今回は、日本欧米の1000倍以上の国家予算を投入して、量子コンピューター開発の先駆者とならなければならない。

今の日本人は、首相をはじめ官僚技術音痴ばかりで、時代の推移を見誤っている。

同じ失敗を繰り返すのは、愚の骨頂と言わざるを得ない。

日本人はこの増田を読んだら、量子コンピューター実用化、電子通貨の改良に全力で取り組んで欲しい。

 

これ以上遅れたら、日本欧米中国の後塵を拝するだろう。

100年後には、日本自動車産業も衰退しているだろう。

日本国民はこの増田ブックマークして、忘れないようにいつも見返して欲しい。

2020年までもう時間はない。

 

日本地球未来栄光あれ!

2018-10-17

インドネシアであった女の子旧日本軍

この前インドネシア旅行したときにあったことを書く。

ビーチで1人サンセットを見ていたら、女の子が話しかけてきた。(最初美人局と思った。可愛かったし。)


話を聞いていると、就活インドネシアの各都市転々としているらしい。

彼女イギリス大学留学したことあって、報道関係勉強をしていた。(たぶんインドネシアでは裕福な方)

彼女は言った。

国籍を変えたい。インドネシアに生まれただけで、仕事がない。どの国に行くにもビザ必要。」

もっと仕事がしたい。」

イスラム教を守ると何もできない。特に宗教によって女性不利益を被っている。」

日本に生まれただけで、いろんな国にビザなしで行けて、いろんな種類の仕事が選べて、自由で羨ましい」


こんなこと言われて思ったけど、自由のためには戦うしかないのかもしれない。

今の日本自由なのは自由を求めて戦ってくれたからなのかもって。

アジア解放のため。領土拡大のため。アメリカ貿易戦争仕掛けてきたから」とか目的はとりあえず置いといて、

第二次大戦欧米相手に戦ったから、日本は今自由なのかもしれない。

もちろん戦後外交努力もある。

少なくとも誰だって一所懸命勉強したり働けばチャンスはある。

親いなくたって貧しくても、稼いで海外旅行行けるし、大学も入れる。生活保護もある。

政府批判しても殺されないし、ドイツなんかより言論の自由がある。

治安も悪くない。女1人で深夜に出歩ける。


戦争はしたくないけど、日本のために戦った兵隊さんは誇りに思うよ。

あとお墓まいりしたけど、終戦後にインドネシア独立のために残った3000人の日本兵の方々は

本当にアジア解放を信じて戦った英雄だよ。

2018-10-14

anond:20181014194650

終戦の直前に日本宣戦布告してきたロシアソ連)は強盗と同じ。

今でも民度が低い国だから、まともに話し合いができる相手ではない。

まあ、日本蝦夷北海道)をアイヌ民族から強奪したわけですがwww

昭和終戦線さんの薄い本オナニーするときの歌を考えたので聞いてください

年がら年中しこしこ

しまなくちゃウソでしょ

なんでもいいからシーコれ

シコってみなくちゃわからない

いつでも、はなうな元気印

年がら年中しこしこ

しまなくちゃウソでしょ

なんでもいいからシーコれ

シコってみなくちゃわからない

明日も、はなうな元気になれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん