「マンモス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マンモスとは

2020-06-17

anond:20061201072236

秋葉カレー屋はルーが少ないねんよな

マンモスカレーは量が多くて良かったのに閉店して残念

2020-06-16

anond:20200616115300

原始時代の主な栄養摂取源は採集した植物小動物・魚であって

マンモス狩りなどまず成功しなかったんだが

anond:20200615214338

こいつを原始時代に送り込んで、一日中マンモス追い回してないと飢え死にする状況に追い込みたい。

2020-06-06

現代ってマンモスいかけてた時代と比べると優秀な遺伝子定義って多様化してると思うんだけど、

結局リーダーシップのある人間モテるみたいに

認知人類進化に追いついてないみたいな例をもっと知りたい。

2020-05-03

人類史上初の下ネタ

石器時代位にはあったのかなぁ。

勃起したオペニロンを石斧に見立てマンモス突撃してウケを頂いていたのかなぁ。

2020-04-27

anond:20200427203307

絶滅させるほど狩ってても人類が平気で生きてたならその狩猟対象いなくなっても生存できるほど潤沢に食糧あったってことやで

これは訂正させていただく。

「平気で生きてた」わけじゃない。

たとえばアメリカ大陸では獲物を探して南下し、南米高山に上ってまでマンモス追いつめてたわけだけど、

本当に狩猟対象がいなくなると同時期に農耕・定住生活に移行してる。

獲物の枯渇が定住生活きっかけではないし、より正確に言えば農耕生活の開始と定住の開始はまた別である

 

が、土木に関しては了解した。

まり戦争ね。これは確かに

古代ギリシャとか見ても女が家に閉じ込めておく子袋扱いなのは戦力にならないからなんだよね。

 

anond:20200427201542

世界中マンモスはじめアメリカ大陸の大型哺乳類複数絶滅させるほど狩ってたけどな。

大きな獲物を狩る重要性がさほど高くなかったとしても、

また世界中で同じ生活様式とはいえないとしても、

「男の集団が何をしていたか」というと、基本は男の集団で狩りか漁だよ。

anond:20200427074340

人間思考は「未開の時代」とさして変わらんと思うけど

そんなに進化していないだろ

2020-03-20

ゼミ生を人質に取られているのでコロナ感染してきます

タイトル通り。

自分は某マグロが有名な大学教員をしているが、このマンモス大学は3/21(土)に卒業式を強行することになっている。

厳密に言うと全体の式典(毎年ライブのようにド派手に行っているやつ)はいち早く中止を決めたが、学部単位での「卒業証書授与式」は予定通り行われる。

授与式だけなら問題ないとお思いかもしれないが、本学の1学年の人数はおおよそ600~800人で、中には1500人の学部もある。

参考:学生数 https://www.kindai.ac.jp/files/about-kindai/overview/students/zaiseki31.pdf

これはいくら学部単位にしたところで十分に「大規模なイベント」の範疇だし、全ての学部が同時刻に行うわけなので最寄り駅や大学構内の混雑度合は洒落にならないと思っている。

自分や同僚が担当しているゼミ生たちに出席の意思を尋ねたところ、8割の学生が来るつもりであると言っていた。

危機感がなさすぎると学生批判することもできるが、本当に批判すべきなのは運営側である

卒業生たちは開催されるのであれば当然行きたいだろう。一生に一度のことだし、晴れ着の予約をしている学生も多いはずだ。「嫌なら・心配なら来なければいい」は通用しないと思う。

これは運営側が、誠意を持って、中止にすべき案件である

中止にしてくれない以上、我々教員は行かざるをえない。なぜなら自分ゼミ生が、証書を授与されるために来るからだ。

本学の対応個人的にまずいと思っているのが、お知らせが3/4に出されたきり更新すらされていないという点である

3/4以降、状況はかなり大きく変わっているのに、それを無視しているのはあまりにひどい。

いくつか見て回ったが、こんな大学は他にはなかった。

学部が出している案内に【参加できない方】としていくつかの条件が挙げてあるが、ここには例えば3/18に出された、欧州帰国者の2週間自宅待機などは書かれていない。

この対応はあまりに誠実性に欠けると思うし、「感染症対策に万全を期した」とは到底言えないだろう。

先程(3/19夜)の専門家会議でなされた大規模イベントについての提言を受けて、大阪府知事の往来自粛要請を受けて、それでもまだ実施するのだろうか?

どう考えてもリスクしかないのだが。



なお、専門家会議の「大規模イベントについて」が卒業式に当てはまりまくっているので掲載したい。

①多くの人が一堂に会するという集団感染リスクが想定され、この結果、地域医療提供体制に大きな影響を及ぼしかねないこと

どう考えても多くの人が一堂に会しますね。

イベント会場のみならず、その前後などに付随して人の密集が生じること

どう考えても終わったあとに飲み会をするでしょうね、学生たちは。それは3つの条件が重なる「懇親会」ですね。

③全国から人が集まることに伴う各地での拡散リスク、及び、それにより感染者が生じた場合クラスター対策の困難性

上述したようにとんでもない人数を抱えている大学である就職を控えた現在、確実に全国に拡散するでしょうね。

あなた会社新入社員かもしれませんよ……

上記リスクは屋内・屋外の別、あるいは、人数の規模には必ずしもよらないこと

授与式は屋内ですね。



止めてほしいです。

2019-12-24

毛利衛さんが持ち出した毛

マンモスの毛、略してマン

2019-10-29

ていうかオフィスマンモスとか敵が襲撃してきたときに女手だけしゃ圧倒的に不利じゃない?

2019-09-19

anond:20190919171755

生き返って欲しいと思ってるよ?

差別をやめたら本当に人が、そのまま死んだ状態のまんま生き返ってくるの?

もともと病気だった人は健康体になって帰ってくるの?

それとも病気のまま帰ってきて1年程度しか生きられないの?

帰ってくるのは地球が出来てから人類が帰ってくるの?

そうじゃないと差別だよね?全人類帰ってこないと、差別だよね?

じゃぁ人間だけだったら差別だよね。恐竜マンモスも全部帰ってこないと差別だよね?

復活させるための条件の「差別しない」を満たせないよね?

じゃぁ全人類、全生物を復活させないといけないよね?

差別やめて地球が出来てからの全人類、全生物が復活したら

その途端に死ぬ人いるよね?

まず場所が足りないし、復活したとたんに殺されてしまうかもしれないよね?

そしたらそれは復活できるのかな?

それだとしたら差別だよね、その人だけ、その動物だけ死ななければならないとすれば差別だよね?

2019-09-13

Fラン大は地方から逃げる最後の道である

私は大学受験に失敗してFラン大に進学した。

東京郊外にあるありふれたFランであるが、かなりバラエティに富んだ人間がいて頭悪いがそれなりに楽しい大学生活を送った。

通っていたFラン大の某学部関西を除いて全国各地から学生を集めており、大学全体では所属学生が万単位でいる伝統マンモスFラン大だ。

Jリーグ内定した選手ドラフト会議球団から指名を貰いプロ野球活躍してる人は何人もいるし、学力以外の分野で知名度を上げている大学だ。

そして地方でもそれなりに知名度がありOBもそれなりに多い方だ。そこらの専門上がりのFランとは格が違う。


そして、インターン文字掲示板を踊る3年生に無事進級することができた。(まぁ課題と出席回数クリアすりゃほぼ単位出るので進級できない方がマズイのだが)

就職を考える時に、まずやりたい職種や業種を絞り、その次に地元に帰るかか東京に残るかを選択する。

地方から上京してきた学生はどちらかを選ぶ必要がある。

食堂で親しくしている友人と昼食ととっている時に就職話題になり、ふと地元に帰るのか?と聞いてみた

あん田舎帰る気さらさら無いし、そもそも東京就職するためにここ入ったんだよ」

ほとんどの地方出身の友人がこれに似たようなニュアンスの回答を寄越してきた。Fラン大と地方の闇が垣間見ることができた。



現代高卒就職は、学校の推薦か就職課に届く求人票を基に連絡し就活するのが基本となっている。

ということで高卒就職を選んだ時点で一生地元にいることが確定するのである

地元Fラン大進学を選ぶと、関東Fラン大と比較して知名度で劣る上、東京で働きたいのであれば交通費宿泊費もバカにならない金額になる。

安いバイト代就活費をやりくりしなければならない。専門進学にしても似たような話であり、就職時の待遇を考えると専門の旨味も少ない。

そもそも日本は専門や専攻よりやる気や協調性を求める企業が多いのだ。

そもそも地方出身の人にとって、地元は都会に出れない人の巣窟と化している。

地方の頭いい人は大学進学で優秀な大学選択し、東京大阪名古屋札仙広福を目指す。地元国立駅大学より優秀な人間はもれなく地元から離れるという地域はざらにある。

就職を機に地元に戻る人も一定数いるが、それでも半数以上は都会に残り就職する。それを100年ほど続け大学進学がメジャーになり、地方都市学力格差が生まれてきた。

そうなると都市では考えられないような世界地方では当然のように広がっており、それが稀に来る優秀な人材(地元民にとっては非常識人間)を排斥し、「ムラ社会」を形成するようになる。

そして排斥された人や醜悪待遇に痺れを切らした常識人都市に流れていくのを横目に「人手不足だ!」とか「東京一極集中だ!」とか騒ぐのである

高校進学率はほぼ100%になったが、大学進学率は50%割合で見るとまだまだ低い。

偏差値40程度のFラン大学とは言えだいたいは高校偏差値が50前後受験に失敗した人なら60以上の高校出身地元ではそこそこ頭のいい連中がFラン大に潜り込んでいるのである

知名度のあるFラン大は地元を離れたい学生セーフティネットとしての役割果たしていたのだ。

地元から抜け出すためだけにバイトを入れながら奨学金仕送りもやりくりし、女子大生であれば体を売ってまで激狭アパート一人暮らししているのである

全ては環境待遇給料もいい東京で働き、生きていくために

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん