「不器用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不器用とは

2019-01-18

睡運瞑菜」を実践して1年が経った

はてな民にとって、すでに常識となった「睡運瞑菜」。言葉の通り、これは四つの生活習慣の総称である

宣教師の際立った存在感のおかげでネタとして消費されがちであるが、これらが現代の厳しいストレス社会を生き抜くために極めて効果であることに疑いの余地はない。

一方で、これら全てを実践することが容易ではないこともまた事実である

ここでは、私がいかにして「睡運瞑菜」を実践してきたのかについて話したい。

「睡」:十分な睡眠

疲れを取るのに必要睡眠時間には個人差がある。

個人比較ロングスリーパーであり、経験的には、少なくとも8時間睡眠が確保できなければ明らかに仕事の能率が低下する。過去に1日6時間睡眠を続けた時期もあるが、金曜日には体力を消耗しきってしまい、まともに仕事ができない状況になってしまっていた。

また、長年にわたる学生生活 (入学から博士を取るまでに9年) での不摂生の結果、午前中には強烈な眠気が襲い、夕方から目が冴えてくるという体質になってしまっていた。

 (なお、睡運瞑菜を続けた結果、今ではこの体質は大きく改善した)

職場裁量労働制残業代が出ないこともあって、夜中までだらだらと職場に残って仕事をするのが日課になってしまっていた。

 

睡眠時間を確保する方法自体は非常に簡単である

  早く寝るか、遅く起きるか だ。

私は後者選択した。

以前は、裁量労働制であるにも関わらず、上司に気を遣って定時出勤を厳守していた。

上司は早い時間に出勤する生活習慣を取っているが、私までそれに合わせる必要はないと思うことにした。

その結果、朝ゆっくり寝て昼前に出勤し、夜は遅めの時間に帰るというペースを確立した。

上司は内心では快く思っていないようだが、それによって不当な扱いを受けるということはなかった。

どの道、以前の働き方では午前中の能率が低すぎたから、寝ていたほうがマシなはずだ。

「運」:適度な運動

仕事デスクワークであるため、普通に家と職場を往復しているだけでは十分な運動時間を確保することは難しい。

出不精な私にとって、ジム通いを続けることもハードルが高い。ジムでの運動が嫌いなわけではない。まともな人には理解できないかもしれないが、受付の人とほんの一言や二言やり取りするのを想像するだけでも、心の中に忌避感が充満するのだ。

新たにスポーツを始めるのも難しい。昔、嫌々やっていた部活なんて思い出したくもない。

そもそも、私の特性上、他人と関わりを持たねばならない習慣は中々続かない。完全に個人でできるスポーツというのも限られている。

そういうわけで編み出したのが「通勤の中で運動時間を確保する」という手法である

基本理念は非常に単純だ。

  1. 職場から徒歩1時間くらいの場所引っ越して、毎日歩いて通勤する
  2. エレベータを使わずオフィス (7階) まで階段で昇降する

雨の日も風の日も、とにかくこの二つをひたすら厳守して生活する。これにより、毎日およそ10kmを歩くスタミナ、加えて、階段を上っても息切れしないほどの心肺機能を手に入れることができた。

また、明らかに睡眠の質も向上し、以前よりも精神が安定し始めるなど、多様な効果が得られたように思う。

 (ただし、これは「睡運瞑菜」の相乗効果によるものであり、運動のみの効果と断ずることはできない)

「瞑」:瞑想による心の休息

睡運瞑菜」の中でも、何をすれば良いのかが一番分かりにくいのが瞑想ではないかと思う。

瞑想を行う目的は、はっきりとしている。現代人はとにかく脳 (心と頭脳) を使いすぎているのだ。

暮らしのこと、仕事のこと、たくさんの心配事でいつも頭が埋め尽くされて脳が疲れ切っている。

心配から気をそらすために、スマートフォンを握りしめ、さらに過剰な情報疲れた脳にぶち込んでいる。

こんなことをしていては、脳が「壊れて」しまうのも時間問題だろう。

目に見えて「壊れる」という状態にまでならなくても、いつでも頭の中はネガティブ思考が充満していて、まともな幸福感が得られなくなっている人は多いのではないだろうか。

 

とにかく、脳が疲れているのだから、休ませないといけない。

  瞑想は、脳に休息を与える手段である (諸説あります)

脳を休ませるにはどうすれば良いのか。様々な手段があるだろうが、私はマインドフルネス

https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b9

という概念に着目した。

Wikipedia記述にある通り、マインドフルネスとは「今現在において起こっている経験に注意を向ける」ことである

これは特にネガティブ思考を何度も頭の中で繰り返してしまう「反すう」や,頭からこびりついて離れない「心配」を減らす効果がある。

個人は非常に心配であるし、幼い頃から過去の嫌なことをひたすら「反すう」する癖がある。

学生時代、研究の成果を学会で発表すると周囲から褒めてもらえることが多かった。その日はすごく気分が高揚して、自己肯定感が急上昇したように錯覚する。しかし、次の日の朝に目が覚めると、胸の中には既にネガティブ感情が渦巻き始めて、一週間もすれば朝の目覚めが最悪になる。

  自己肯定感カケラもない「あの」自分を思い出してしまうのだ。

ポジティブ経験をすると、ほんの一瞬だけ気分が良くなるが、その後、楽しい気分は指数関数的に減衰する、というのが経験則だ。とにかく、「睡運瞑菜」を始める前は、メンタルがいつもズタズタになっている状態だった。

 

閑話休題マインドフルネスの話に戻ろう。

脳というのは非常に創造性の高い代物になっていて、放っておくと、蓄えられた膨大な記憶や刺激をもとに、極めて雑多で有害情報を次から次へと生成して人の精神を蝕んでしまう。

そこで、1日にほんの10分程度でも、過去の嫌なことや将来の心配をすべてシャットアウトし、無理やり今現在という限られた対象に注目させる時間を取る。

  これにより、脳の創造性を強制的に低下させるのだ

PCをつけっぱなしにしていると、どうしてもメモリにはゴミが溜まっていく。そうすると思わぬ不具合が出始める。

こういう事態を避けるために、再起動 (リブート) が大事であることはもはや常識ではないかと思う。

  1日1回、脳をリブートしよう!

経験上、睡眠だけでは不十分だ。睡眠中、脳はここぞとばかりに創造性を発揮する。夢の世界に浸るのは愉快かもしれないが、それだけでは脳はゴミにまみれたままだ。

リブートが、必要なのである

1日たった10分で良いのだ。難しい話ではあるまい。

「菜」:1日350グラム以上の野菜摂取

私のように家事の苦手な人種にとって、最大とも言える難関だったのがこれである

長年、コンビニ弁当スーパー惣菜依存しきった食生活を送っていて、お世辞にも栄養バランスが良いとは言えない状態だった。

   朝食は摂らず、昼食はコンビニ弁当、夕食はスーパー惣菜という黄金ループ

そもそも、手軽に購入できる食事は、栄養価が炭水化物や脂質に偏重していることが多く、十分な量の野菜を摂ることは難しい。

昔、自炊をしていたこともあるが、あれは学生時代に時間が有り余っていたからできたことだ。私のように手先の不器用人間は、野菜を切るだけで1時間以上かかるのだ。食後の洗い物も苦痛だし、やはり不器用なので時間がかかる。

私のスキルでは、仕事をしながら自炊をするなんて不可能に近い。

 

そこで、どうしたのか。

実は昨年、良縁に恵まれ結婚することになった。

相手は5歳年上の家庭的な女性健康栄養に詳しい医療専門職

(信じがたいことに) 家事が大好きで、私とは比べ物にならないスピード家事をこなしていく。

職場に不満もあったようで、結婚と同時に退職。今は専業主婦をやってくれている。

  毎日3食、手作り食事

厚労省策定食事摂取基準準拠して、献立を立ててくれる。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

  妻曰く「野菜350グラムなんて、普通にしてれば余裕で摂れるわ」

……完全に他力本願であるが、こうやって「睡運瞑菜」を実践する環境が整ったわけだ。

 

あ、ちなみに瞑想の項で私自身の実践方法を書き忘れましたが、毎日、妻と無言でハグする (甘える) 時間をとって、マインドフルネスしてます

みなさんも、「睡運瞑菜実践してみてくださいね

2019-01-16

人生で初めて逃げた

これまで、何度も目の前に迫ったこから逃げ出したいと思ってきた。  

  

でも、何からも逃げなかった。私が休んで誰かが困ることになるのは嫌だった。

私は不器用人間から、準備の段階でいないほうがましだと態度に出されていても、役に立たないと思われていたとしても

当日休んでしまうことで、「あいつ逃げたんだな」と思われるのは悔しくて、私のプライドが強くて、どれだけ体調が悪くても休めなかった。

  

から学校で声が出なくて、そのことでからかわれても、泣きそうになっても、絶対に泣かなかったし毎日学校に行き続けた。

私は強い人間から、誰にも逃げたなんて思われたくなかった。

  

けれど、本当は臆病で、怖がりだからちょっとしたことでもすぐ泣きそうになってトイレにかけこむし、

何で私は学校では喋れないんだろうってずっと考えていたし、ずっと悔しかった

喋れなかったから一人も友達が出来なくて、毎年初詣では「今年こそ友達ができますように」って神頼みをしていた。

  

大学生になって、普通に話せるようになっただけでも充分かもしれないのに、自分自分の首を絞めるように海外留学に行ってみた。

コミュニケーション力なんてやっぱり私には皆無で、他の国のルームメイトの子と1か月間何も喋れずに終わった。何でここに来てしまったんだろうって沢山後悔したけど、今でもよく分からない。

でも、初めて行った海外がつらかったから、あとは何があっても大丈夫だろうと、1人で旅行に行くのも平気になった。

  

プライドが高くて、負けず嫌いで、誰にも弱いところなんて見せないように頑張ってきたけど

本当はずっと、何もかも知らない顔して逃げ出したかった。

実際、直前で逃げ出す友達は沢山いた。その逃げ出した人のフォローをしないといけなかったことで、何で私が怒られるのか分からなくて、誰かを置いて勝手に逃げるのは卑怯だと思った。

しかしたら大人になって、学校というしがらみから抜け出せば、きっと私は自由に逃げられるようになるのかもしれないと思い描いていた。だから学校卒業して、そのしがらみのない環境が来ることをずっと楽しみにしていた。

でも実際にやってきたのは、学校のその先、働くことだった。これは大人義務から、仕方ないし、必ず働かないといけないことは分かっていた。

  

から4年生になる前、周りの子達と同じように就活をした。

色んなセミナーに参加して、本当に企業がそう思っているのかよく分からない情報真剣メモして、

親に頼み込んでスーツを買ってもらって、初めてメイクをしていないことで講師から注意されて、就活はよく分からないことだらけだった。

から、少し興味が持てる企業に行って、とりあえず説明を聞いてみようと思ったら、いきなり面接のようなことが始まってあれこれ質問されて、正直に答えて怒られたのは本当に意味が分からなかった。そのうちスーツを着て、化粧をして、吐き気をこらえて、どこにでもいるような就活生を作り上げた。

その中に、少し個性を混ぜれば、最終面接の案内まではきたけど、そこでためらってしまった。

  

こんな嘘が混ざった私が評価されている。もしもこのまま、内定をいただいてしまったら、私はこの面接官の方に対して不誠実な人間になるんだ。

誠実に生きることだけでは世の中渡れないとはわかっている。けれど私は、本音と建て前を使い分けるのも、人をだますようなことも苦手だし、そんな人間にもなりたくなかった。

  

  

から人生で初めて逃げ出した。

就活はやめた。

  

まだ辞めない選択肢を選ぶのは間に合うかもしれないけど、スーツを着ると吐き気がする。きっと私が無理しているから。

から自分のために、初めて逃げ出す。

何も目的もなく逃げ出すわけではない。あんなにつらかったのに、私はやっぱり海外に行きたい。

会社理念を並べて適当に「御社社会貢献がしたいです」なんて言ったけど、意味が分からなかった。どうせやるなら今自分の目の前で、目に見える社会貢献がしたい。

  

大卒就活もしないなんて、親には反対されたし、卒業後には不安しかないけど、

就活という目の前の大嫌いなことから、初めて潔く逃げられたのは嬉しかった。

2019-01-15

朗報2019年アニメ、見るの多すぎて死ぬ

1話見た 視聴確定 期待大

 

モブサイコ

原作既読、あの独特な絵柄でグリグリ動くの面白い

 

賭けグル

原作既読、え、塔は?塔がみたいの!

 

えんどろ〜!

三ツ星カラーズごちうさゆゆ式ミルキィホームズ)÷4って感じ

なもり+かおり=勝ったなガハハ

 

私に天使が舞い降りた

うざメイド系かと思ったら、まさかコミック百合姫、つまりガチ恋である(あ、うざメイドも一応ガチ恋か)

それが吉と出るか凶と出るか(個人的には緩めのが好きだが・・)

グリッドマンアカネのその後とか言われててワロタニコ動で見ると面白い

追記:2話もすごく良かった、これはすごく良い(語彙力)

 

上野さんは不器用

変態 vs サイコパスかな?

上野さんヤベーと思ったら、田中の方がヤバいだろこれ

そういうとこが好きー

 

かぐや様は告らせたい

「クスッ、お可愛いこと」

アホアニメだったw

ポンコツっぽくて好き

暫定ダークホースPVと実際の差)

 

約束のネバーランド

2話まで見た

ストレートな設定だ。すげー緊張感で震える

 

1話見た たぶん視聴する(でも未だ正確に判断できない)

 

ケムリクサ

たつきはとにかく廃墟少女が好きなんだなw

俺も好きだよ

 

江古田ちゃん

3分アニメ化と思ったら30分枠だった、と思ったら3分アニメだった

原作既読

 

どろろ

すごくいい感じだったので極力見たい

MAPPAの勢いが止まらないな

原作は知らない、いろんな創作物元ネタになってそうなあたりも面白い

 

ブギーポップは笑わない

1期アニメ小説と断念してきたので、自分には合わないと思ったんだが

2話まで見て「ひょっとして面白いかも」みたいに思えた

既読者には賛否あるらしいが、俺はこのくらいでいいと思うよ

ニコ厨コメント解説有りで2周したほうが良いかも?

でも面白くても原作は読まないと思う

 

1話見た 保留 未だ判断できない

盾の勇者

なろう系アニメ

ゲーム世界攻略するタイプ作品から多分好きだと思うんだけど

1話の周りのキャラちょっと説明的過ぎた感じがする、4話までは見る

 

五等分の花嫁

設定は面白いんだけど、なんかキャラ台詞回しとかに違和感ある

(こういうのよく当たる)

3話までは見る

→2話で安定したので視聴決定

 

同居人はひざ

流し見しよう

猫しゃべると思わなかった

→断念しそう

 

バーチャルさん

流し見かな?見るの多くて断念しそう。すでに断念しかけてる。

→ほぼ断念

 

ぱすてるメモリーズ

どうすんだこれw

完全にニコ動向け

 

断念(復帰の可能微レ存

 

リムノーツ

ゲーム原作はやっぱ設定が並列かつ膨大だからアニメにすると説明しきれない傾向があると思う

 

エガオノダイ

2話まで見た。なんか、普通だった。

 

荒野のコトブキ

ちょっと苦手なタイプかも

会話のテンポはいいんだけど、テンポ良すぎて

ガルパンはいふりは好きなんだけど

 

1話見る予定だけど未だ見てない(随時更新

ハーリー・エアフォース
マリアナフレンズ
revisions
魔法少女特殊戦あすか
CIRCLET PRINCESS

 

所感:2019/01/15

普段もっと7割くらい切る事が多いんだけど、今期の生き残り率高すぎる

 

所感:2019/01/20

関係ないけど、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術イッキ見した

面白かった、ちょうどいいね

土曜にいったハンドメイドコミケ

めっっっっちゃくちゃよかった~~~~~~~~~~!!!!!!

アクセサリー食器洋服文房具家具お菓子もある~~~~~~~~~!!!!!!!???????

えええ~~~~これみんな手作りなんですか!!???すげ~~~~~~~~~~

このモチーフアクセにする発想力!!!!て、て、天才~~~~~~~~!!!!????

アイデアを練って、デザインに起こして、材料仕入れて、時間を作って、イチから製作して、完成させたの!!!!1???こ、こ、行動力化身~~~~~~~~~~~!!!!??????

しか!!!!???みて!!!!?????この繊細な作り!!!!!!絶妙サイズ!!!!!!!心地よい手触り!!!!!!!完成された仕上がり!!!!!!・・・・・・・素晴らしい、シェフを呼んでくれ(目の前にいる)

という流れをどのサークルサークルっていうのか?)でもやってしまう。(クソ客)

自分が手先爆裂不器用人間からハンドメイド品を作るっていうのがまず神。

そのあとハンドメイドマーケット(ハンケ?)に申し込んで、有明まできて、設営して、スペースに立って手売りするのがさらに神。

趣味同人活動してるオタクだけど、もともと即売会雰囲気が好きだからめちゃくちゃ楽しかった~~~~~~~

同人誌即売会よりサークル主さんが営業してくれる人が多く、作品のコンセプトとか製作過程の話とか、同人誌で言うと後書きみたいなことが創造神から直接聞ける!!!!すげ~~~~~~~~~~

みんなハンドメイド好きなんだな~~~~~~~~~ってニコニコしてしまった。自分萌えが高じて本作ったりするから、同質の好きエネルギーを感じて嬉しくなった。営業消極的な人でも、購入したあとすごく丁寧にお礼言ってくれたりする。

資本主義社会において、何かにお金を払うことはそれを肯定することが含まれると思ってるので、上記のような感動とか作品にめちゃくちゃ価値を感じてることとかが、サークル主さんに少しでも伝わってたらいいなー

友人に誘われて初めて行ったけど、行ってよかった~~~声かけてくれてベリーサキュー友~~~チュッチュ

オタクのノリで購入後の感想サークルさんに送ろうとして、ハンドメイド界隈って感想送り合う文化あんのか?とコシり、日記しました。ハンドメイド界隈で感想送るのってどうなんですかね?

あと、クレカ決済を導入してるサークルさんが多いのも文化の違い感じた。手元の現金なくなっても買えてしまうの、普通にやばい。服を着た物欲になってしまった。

2019-01-14

死のうと思って被り物とおしめを買った

特に借金があるとか人間関係とかでトラブったわけじゃない。何だか耐えられなくて死のうと思った。

もちろん生きてるし、案外だらだらとこの先も生きるかもしれない。

前まではスーパーで働いてた。

普通にやってたつもりではいたんだが、どうにも耐えられなくて、上司に連絡いれて、そのままバックレた。

手先が不器用だったし、接客も辛かった。仕事の流れがどうにも理解できなかった。メモはせっせと取ってたが、相手自分への言い訳で、効果はでていなかった。

仕事を少し覚えると、自分はまだ何ができないか分かって、余計辛かった。知れば知るほど自分間抜けさが際立った。

目立つミスがあったわけじゃなくて、ただキツくて耐えられなくなった。恒常的なミスに耐えられなかったとでもいうか。

病院に行こうと調べたが、色々あって面倒だった。予定がどう症状がこうが理解できなくて諦めた。

理解して調整して通って何なのか、とも思った。

文章が読んだり書けたりはできる(つもりでいる)から、たぶん心因性なのだと思う。

興味というかやる気というか、もっと手前の何かがない。

空腹も案外慣れた、ほんの数日だから、より長期間なら、また意見も変わったかもしれない。

水は普通に飲んでた。気力がなかっただけで、餓えて死のうとまで思ってなかった。

ふと、死んだら終わるなと気づいた。

賃貸から公園にいこう、死に顔みた誰かさんがかわいそうだしなにか被ろう、漏らしたら後片付け大変だろうしおしめもつけよう。

そこまでパーっと頭に浮かんで、大変な名案に思えた。

介護用のおしめやパーティー用の被り物(なんかキリンのやつ)意識なくなってから落っことさないよう、固定用のガムテも買った。

事件性があると誤解されたら、見しらぬ誰かが捕まるかも知れない。遺書を少し書いた。家族にはさよならと、家族への連絡先を載せた。

深夜に公園に着いて、鉄棒は低かったしブランコでしようと決めた。でも俺はバカだった。

ロープを忘れた。

用意すらしてなかった。思い付かなかった。

帰る気になれなかった。

ごく単純に、ベルトで代用を思い付いた。

ブランコの上によじ登り、転げ落ちないようしがみつきながら作業をした。

持ってきてたガムテで、ベルトをブランコの柱に固定して、被り物を被った。上着と被り物を張り付けて、暴れても外れないことを願った。

飛び降りたら外れるかもと、ゆっくりぶら下がった。すげぇ苦しい。

頭にプクーっと血がたまってくのと、息ができない。多少こらえたがやはり暴れた。

走馬灯は見なかった。

早朝に目が覚めた。被り物は脱がされたのか無意識に脱いで投げたのか、どこにもなかった。

尻と肩を擦りむいたが特にどうもない。

馬鹿馬鹿しくてそのまま帰った。まだガムテは引っ付いているかもしれない。

全部無駄だった。

ここで物語なら、美しい出会いでもって人生が変わるところだが、俺には何もなかった。

低学歴コミュ障もハンデだが、新しく何か身に付けたいとか思えない。何か欠陥なのかもしれないが、それをどうにかするスタートも切れない。資格若さもない。

打開する気力がない。

死ぬのもどうにもならんらしい。

なんでこんな追い込まれるのかわからないし、追い込まれてるのに生きてるのも良くわからない。

特に落ちもないのに糞みたいな自分語りを読ませてすまない。

ただそういう奴がいたってことを知って欲しかった。

みんなは元気でやってくれ。

2019-01-11

このまま死ぬまで仕事ばっかするんだろうか?

不器用から中途半端なことが苦手

0か100かみたいな性格(さすがにそこまでじゃないか20か80?)

 

2018年は一体何日休んだだろう?

ほとんど年中無休くらいで働いていた

もちろん24時間365日とかそういうアレじゃないが

月平均280時間ってことろだろうか? 250〜320時間くらいのレンジ

 

その分金は稼げたんだが、このままずっと死ぬまでこうなのかな?と思ってしま

0か100かみたいな性格が面倒くさい

一旦、何ヶ月か0をするためには、いくらあればいいだろう

0から100に戻すことも考えると、500万円くらいだろうか

でもそこまでしてやりたいことがあるかといえばまた微妙

3000万くらい貯めて、週4労働くらいに切り替えたいがそんなの可能だろうか

2019-01-10

anond:20190110010027

友人に水から風にジョブチェンジした子がいたけど、彼女曰く「風俗仕事ノルマもなければ上司(水だとバーママか)に怒鳴られもしないので気が楽」と言ってたな

コミュニケーションちょっと不器用でも誠心誠意接客すれば本指名つくのがやりがいあるみたいよ。

その点でいうと保険営業とかコミュ力の塊みたいな仕事は難そうだけど。

2019-01-09

大きな箪笥の抽斗がきしきしと音を上げる。裏切るように一時間で音がやみ、余った酒の後始末に困った。

次の日は雲ひとつなく晴れ渡り、軽い足取りで行きつけの洋品店へ出向いた。次に小さく頷き、銀食器を買いに街へ向かった。また小さく頷き、質の良いオーディオ製品を求め歩いた。

瓶とグラスを揃え、大きな箪笥の抽斗がきしきしと声を上げはじめたか不器用コンポを操ってみた。弦楽器管楽器の豊かな重なりは官能的であった。縷縷と脈打つ拍子に心酔し歓びの境地に達しているとき箪笥の頬に伝う涙を見ていた。

2019-01-08

みっつあったら一番遅いのを選ぶリジットン

不器用なリジットン♪

という歌をうたう路上弾き語り青年ぼんやり眺めてる様子が今朝見た夢だった

覚えてる限りこれが初夢

あけましておめでとうございます

2019-01-07

anond:20190106231316

うーんこ、くじんが手先が不器用という意味のことを言ったつもりなんだけどまずかった?

2019-01-02

周囲の人々と自分人生に折り合いをつけることと、小さなチャレンジ

自分も心の底から同じことを感じている。

"実際に私も周囲の人間環境に大きく影響を及ぼされたが、最終的に納得の行く結果は自分選択からしかまれなかった。"

anond:20190102063518

中高の頃は理学部宇宙研究をしたいと思っていたけれど、親戚と、親戚に引きづられた親の強い薦めで資格の取れる薬学部に進学した。果たして結果は、入学したはよいもの留年した上ドロップアウトしかけるなど散々なものだった。意を決して道を変える際にも強硬な反対にあったが、今は割と幸せ暮らしている。

他の人は善意自分に助言をしてくれるのかもしれないけど、その選択自分主体的に選ばない限り、たとえ成功しても自信にはならない。それに、人によっては、自分の助言に従って他人成功したときには「私の助言があってこそ」、従わずに失敗したときには「言わんこっちゃない」、従って失敗したときには「お前の実力がないからだ」とうまく使い分けてくる。そういう人は、人が自分人生を選び取る力を奪い取っていく。

周囲の声に耳を傾けつつ、最終的にしっかり自分の頭で下した選択なら、成功しても失敗してもそれなりの納得はできるものだ。それができるようになるには、幼い頃から自分物事を決め、チャレンジすることこそが重要だと思う。チャレンジすると言ってもいきなり全人生をかける必要はないし、それに今の時代、失敗してもリスクほとんどない「お試し」の機会なんていっぱいある。

大学関連ならオープンキャンパス大学雰囲気を肌で味わう良い機会だし、もっと踏み込んでみたければ授業に潜ったり、研究室にメールを出して見学させてもらってもいい。そういう機会は、大学に入る前から入ってからも常にある。

たとえそれに自分が向いていなかったり、やりたくないと思ったら、それはむしろ成功の部類だ。なぜなら、今後自分が行くべきでないところを避けることができるのだから。もし大学先生企業メールを送って返って来なかったら?それもリスクゼロだ。返信してこない方は、迷惑でもなんでもなく、ただメール一瞥して無視しているだけでなんの認知資源必要としていない。そこが無理なら、他を当たればいいだけのことだ。

こういう「小さなチャレンジ」はやらなくても漫然と人生が過ぎていってしまうし、少しの勇気必要だけれど、いきなり大学企業を決めてそこに入ってしまうよりはずっといい。「小さく失敗しろ」という言葉ネットで見たことがある。まったくその通りで、小さい失敗を繰り返す速度が早いほど、人はよい選択ができるようになると思う。

そして、小さなチャレンジをすることが特に必要な人がいる。それは、「やりたいことしかうまくできない」度が高いような不器用な人たちだ。私も含めて、そういう人ほど本当に自分がやりたいことを探すことが重要で、小さなチャレンジはそのために必須プロセスなのだ。器用な人ややりたくないこともイヤイヤやってしまえる人は小さなチャレンジなんてしなくても、そこそこ好きな場所でそこそこの働きをして、そこそこの幸せを得られるが、不器用な人にそれは望めそうにない。しかし困ったことに、不器用な人ほど失敗を怖がる。彼らは、小さい頃から人より沢山失敗を繰り返さざるを得なかったし、周囲の人に理解がなければその分怒られ続けただろうから

から、これを読んで失敗を怖がっているような若い人がいたら、ぜひ失敗を責めるような人から(少なくとも精神的には)離れる方法を見つけて、小さなチャレンジをしてほしい。もし大人になってしまった人が読んでいても、まだ遅くはない。大きなチャレンジリスクが大きいけど、小さなチャレンジ生活を壊さずにトライできる。そして、自分の子供が不器用なら、「どんどん失敗しなさい、けれどいきなり全てを賭けるのではなく、小さく試しなさい」と教えてあげてほしい。

anond:20190101172503

増田さんへ

私の父も、口下手で、感情を出すのが苦手で、不器用で。

カッとなると、すぐに怒鳴り、手を上げる人でしたよ。

とはいえ、実際に手を上げられたのは数えるほどで、

ほとんどは、拳を振り上げ殴るふりをして脅す程度だったけど。

それでも、子供自分には十分脅威で、本当に恐ろしかった。

大人になるころには、私は大きい音と、大人男性が怖くなっていました。

私の怖がりな性格もあるけど、父も一因だと思います

男性は何を考えているかからない。相手が怒ると身の危険を感じる。

男性恋愛できなくて、一時的女性恋愛していた頃もありました。

結局私の父は弱かったんです。

父親として家族に慕われて尊敬されたかったのに、うまくいかいか

怒って、怒鳴って、相手を押さえつけていたんでしょうね。

子供を一人の人間として尊重できない、子供っぽい父です。

弱さは悪です。父も私も。

増田さんの場合とはケースが違うとは思いますが。)

そんな父も70を超えました。

いまは、可哀そうなくらいおとなしくなりました。

父は老います。やがて死にます物理的に脅威はなくなります

怖くない日がやってきます

父親のためだけに、あなたが囚われて

人生の幅を狭めませんよう、祈っています

増田より。

2019-01-01

正月

昔好きだった人がお正月は楽しかったようだ。

私とは元々結ばれない運命だったし特別何もなかったし唯いいなと思ってた人。

好きだった人が幸せなのは嬉しいこと。

あの人がもし私を好きでも最終的には不幸になっただろうし、

不幸ばかりを嘆いてる彼は見たくない。

私の居ないところで幸せになってほしい。

私の知り得ない人と。

時々もし何かが間違って結ばれていたとして幸せになれたのか空想する。

想像でもいつも破局。違いすぎていたし無理だったと苦笑い

から彼が誰かと幸せになってくれたらいいなって考える。

単純でスケベだしすぐにやけるしでも笑った顔はかわいくて

不器用お利口さん

父親を殺したい

元日からこんなことしか思えない成人女性は終わってると思います

はいそうです私のことです。

別にうちの父親がとんでもないクズだとは思ってないです。ただ、絶望的に私とは合わないのか同族嫌悪なんだと思います

典型的日本人男性

口下手の癖に我儘で、しっかりしてるけど自分の知らない話題で話されるのは嫌いな潔癖症

子供の面倒を見るのは女親の仕事だと思ってて、子供粗相母親責任だと思っている。

その癖子供の良い面は自分に似たのだと思っている。

すぐに怒り、躾に手が出る。

でもこんなの、きっと父親と同年代男性なら当然のことなんでしょう。

甘やかすところは甘やかすような、きっと不器用なだけなんでしょう。

うるせえよ。

本当は、ちゃん自分だけの空間がほしかった。過干渉は嫌だった。

部屋に鍵をかけると怒られて、高校生になっても自分の部屋のドアを閉めるのを許されなくって、着替え中だろうがお構いなしに入ってくる父親なんて嫌だった。

ものを捨てられない性質な私が悪いのはわかってる。それでも、勝手に部屋に入って引き出しを開けられるのは嫌だった。

なにかあるとすぐに手が出て、大声を出して怒鳴ってくるのが怖かった。

勝手に捨てられることはなかったけど、思春期ネット以外で自分秘密も持てなかったのは、成人してからも男の人の大声に異常に(と職場で指摘された)反応するのは、きっと父親が原因なのだと思う。

殺したい。

離れたい。

離れたところで、過干渉は変わらないだろうけど。

世間的には普通父親なんだろう。虐待なんかはしなかったし、それなりに可愛がって甘やかしてくれたのも、理解してます

私の性格が、合わなかっただけで。

私が殺したいなんて逆恨みを吐くしか、能がないから。

しんどい

おとうさん、ねえ、おとうさん、

私、男の人を好きになんてなれないよ。

怖いんだもの、いたいんだもの、つらいんだもの

私は、あなたを好きになれない。

怖いままだから

息子だったらよかったのかな、物理的に父親を超えられるから殴られることもないし。

ねえ、おとうさん。

私のなかの男は、あなたベースなんだよ。

私にはわからないタイミングで切れて怒って、殴ってくるのが男性なんだよ。

男性が怖いんだよ。

こんな風にしか思えないのに、どうして恋愛ができるって思うの。

どうして結婚ができるなんて思うの。

どうして孫が生まれるなんて思えるの。

責任なすりつけているだけなのかもしれない。

つかこ日記を笑って読み返せるのかもしれない。

でも、今は、父親とかかわるのが、怖いままだ。

2018-12-29

どうしようもないな。

電車飛び込みは何度かやろうとしたけど、怖くて出来なかった。

飛び降りビルから何度かしようとしたけど怖かった。

首吊りしようとしたけど不器用ロープがなかなか結べなくて途中でやめた。

あと練炭睡眠薬ぐらいか

結局そんな死にたくないのかな。

なんでも中途半端だな。

死にたい

2018-12-22

ちょうどいいコミュ障

話題になった「ちょうどいいブス」に関連した話。

俺は俺自身コミュニケーションが下手だと思ってるし自覚をしている。でも人に愛想を振りまける程度にはコミュニケーションができる自信がある。顔見知りなどにはなりたくないが店員さんには丁寧にあいさつができる。自分から話したくないけど人の話には「なるほど」「そうなのね」といかにも聞いてますよ~と相手に思わせられる(だろう)相槌を打てる。さらには自分から話すこともできる。本当は話したくないけど、ない話をしぼって相手の話の隙間を埋める。俺は自分を出さず相手肯定するので、コミュニケーション相手には「ちょうどいいコミュ障なのだと思う。

そんな生き方をしていると所謂リア充からお呼びがかかる、下手だけどそれなりに話せるし愛想がよいから。コミュニケーション強者相手にするのはやっぱり疲れたが、これは別に良かった。一度は誘ってくれるリア充でも継続的には遊ぶ仲にならなかったからだ。俺の積極性のなさとか不器用さとかやはり彼らの感覚には合わないだろうし、俺も彼らの感覚と合わない。離れて当然だし望ましいことだ。

ところが大きな問題になったのがリア充からひどく気に入られてしまたことだ(高校大学で合わせて2人)。 そのくせそいつは俺のコミュ障を見抜いたうえで勝手に目に余らせている。俺を遊びに連れて行こうとしたり誰かと合わせてようとしたりスポーツをさせようとしたり酒を飲ませようとして俺を人と関われる人間に無理矢理育成しようとするのだった。なんとも余計なお世話だった。そいつからしたらコミュ障のためにリア充が手を差し伸べるという"良いこと"をやってるだけだと思ってんるのか知らんが、俺は嫌だっつってんのよ。本当に。

そのうえ、俺がそいつらの閾値を超えて思うようにならないと機嫌をそこねるし、俺をダメだと説教するし(大学そいつは+酔っ払い状態)つらかった。そいつらは情が厚い人間なので全部俺の為を思ってこそだといわんばかりだった。今でこそクソくらえだと思うがその時は必死に機嫌を取るし言い返せないし俺はダメなんだと内面化したりしていた。

今は縁をほぼ切ることができて平穏が訪れているが、そんな今は自分の愛想がいいから駄目だったんだなと思った。俺がもっと喋らなければ態度を悪ければきっと出会っても関係を深めてこようと思われなかっただろう。ここで最初の話と絡めるが「ちょうどいい」というのは厄介な奴が寄ってきやす属性だと感じる。件の「ちょうどいいブス」もかなりコミュニケーション強者ではないと無暗に意識してはいけないと思う。あと俺と同じでちょっとできるコミュ症の人がいたら厄介な奴とずるずるにならないように気を付けてほしい。

2018-12-19

Aマッソってなんで売れないの

最近知った

YouTubeAマッソばっか見てる

めっちゃおもしろいのになぁ

十年前、初めてオードリーラジオを聴いた時と同じ衝撃を久し振りに感じた

当時のオードリー若林とか今のAマッソ加納とか、とんがってて不器用ででもセンスと才能がある人って凄く惹かれる

自分は才能ないし、世間に媚びへつらって上手くやろうとして、でもそれもできてないからさ、羨ましいというか尊敬ちゃう

自分あんな風になりたいんだよね、こんなこと恥ずかしすぎて絶対誰にも言えないから匿名で。、

2018-12-12

医学部の加点問題で思うこと

根本にあるのは、医者必要素養は、国語算数理科社会よりも、劣悪な労働環境でも働ける体力、って思ってることなんだと思う。

男より女のほうが体力があるかどうかは別として。

浪人生より現役生のほうが体力があるかどうかは別として。

知識後天的に補えても、そればっかりは才能なんだろうし。

だって知識はあるが虚弱不器用って医者に手術されたくないし。

[] #66-4「結果発表

第2位・・・23話 「対立を煽る者、第三候補を挙げる者」

自他共に認める俺のライバル

それが四天王の一人でもあるイノウだ。

イノウ「俺、悪い奴だぜ」

俺がこれまで戦ってきた四天王とは一線画す存在だ。

各々のテリトリーを持っていた四天王とは違い、ヤツは一つの場所に留まりたがらない。

部下を持たず、組織も持たない。

イヌ型の獣人から、さしずめ一匹狼といったところか。

大体のことは一人で出来る俺ですら仲間は必要なのに、随分と気取ったヤツだ。

しかし気取るだけの実力を持ち合わせていることも確かだった。

イノウ「ガン・バルカン子供玩具じゃない。大人ですら安易に使えない先進的かつヤバい業物だということを忘れるな。それを気軽に使える俺は、つまり先進的かつヤバいであるということだ」

ヤツの持つガン・バルカンは、様々な重火器をごちゃごちゃと詰め込んだキメラカオス武器だ。

複雑怪奇かつ危険武器を使いこなし、獣人特有スキルまで組み合わせたヤツの戦術は強力無比。

単純な戦闘能力だけなら、他の四天王を優に超えていると言っても過言ではない。


そんなイノウと初めて対面したのが、第7話。

イノウ「これが俺のガン・バルカンだ」

ヴェノラ「この武器は何だ!? 俺の元いた世界銃器に似ている気もするが、それよりも遥かに複雑で、禍々しい……」

この時は顔見せといったところで、ヤツのガン・バルカンに舌を巻くしかなかった。

12話でも邂逅。

第1シーズンクライマックスとなる戦いで、今回はマジで戦う必要に迫られた。

そして、7話の時はまだまだ余力を残していたことを思い知る。

イノウ「スキル『一匹狼』! これによりガン・バルカン威力を2乗する!」

ヴェノラ「なんだって!? 元のガン・バルカン威力が100とするなら、2乗したら1万になるじゃないか!?

この時は、咄嗟に発動したジャストコーズで防ぐことができ、イノウのスタミナ不足で勝負有耶無耶となった。

一見するとジャストコースがあったから勝てたともいえるが、「なければ勝てなかった」と言った方が正確だろう。

もしもジャストコーズを発動できなければ、俺は本当にマズかったかもしれない……。


そして三度目の邂逅となったのが今回の23話のエピソードだ。

今度こそ決着をつけるときが来たかと俺たちは身構えたが、イノウの様子がどうもおかしかった。

ヴェノラ「イノウ! またお前か!」

イノウ「それはこっちのセリフだ生憎だが立て込んでいてな、貴様らの相手をしている暇はない」

いつもはあちらから因縁をつけてくるくせに、相変わらず身勝手なヤツだ。

だが立て込んでいるのは本当だった。

パキケタス「イノウよ、あなたはもはや四天王ではない! 現役四天王による人事異動を、大人しく受け入れるのです!」

イノウ「もともと四天王なんて役職こちらは好きで持ち合わせていたわけじゃない。そんな一方的な申し出を受け入れるつもりはないのだ!」

どうやらイノウは新四天王粛清を受けているようだった。

パキケタスは新四天王なだけあり、圧倒的な膂力を持っていた。

だが、単純な戦闘能力だけならイノウも負けてはいない。

いや、むしろガン・バルカン獣人スキルを加味すれば、イノウの方が上だ。

パキケタス「スパウト・ウォーター!」

イノウ「貴様っ、だから海水はやめろ!」

パキケタスの潮吹き攻撃は、体の半分が重火器で出来ているイノウには効果的だった。

から見れば、これは敵勢力の内輪揉め。

イノウの旗色は非常に悪い。

俺たちはその潰しあいを眺めているだけでいい。

だけどそんなことは、俺がやるべき行動じゃないんだ。

ヴェノラ「一方的かつ暴力的人事異動。これは許されることじゃない……イノウ、お前に加勢するぞ!」

イノウ「なんだと!?

ヴェノラ「ジャストコーズ・ケミカルウォーター!」

俺のジャストコーズにより、イノウのガン・バルカンは新品同然に……いや、新品以上の輝きを取り戻す。

ヴェノラ「お前が決めるんだ、イノウ! 当事者が打ち勝ってこそ、溜飲は下がりに下がりまくる!」

イノウ「不本意だが……見せてやろう! スキル『一匹狼』その他もろもろ重ね付け!」

パキケタス「ぐわあ、様々なダメージ五臓六腑に染み渡る。こんなのオーバーキルだあああ!?

ヴェノラ「イノウのヤツ、あの時よりも更に強くなっている……」

こうして、俺とイノウの決着はまたも有耶無耶

イノウ「お礼だ、これを受け取れ。俺のお手製だ」

ヴェノラ「……これは鉛のコップじゃないか!? こんなのでジュース飲んだら中毒になるぞ!」

イノウ「俺は悪い奴だからな。今度会う時は、鉛のコップではなく鉛の弾をくれてやる!」

因縁の深まりを感じながら、そう遠くない“今度”がくることを予見していた。


投票者コメント

ベタだけど、この展開はやはり好き。ニワカ呼ばわりされようとも、これは投票せざるを得ない」

ライバルキャラとの、とりあえず的な同盟熱狂的な盛り上がりを感じた」

「お礼に鉛のコップをプレゼントするイノウの不器用っぷりに憤死」

作画気合入りまくりだし、文句なし神回。これからも、二人の因縁をどこまで引っ張れるか楽しみ」

(#66-5へ続く)

2018-12-06

ふるさと納税

控除上限額まで納税したくて、端数分を使うために小額の返礼品を探してたんだけど、

妖怪プラモデル河童のガジロウ」ってのがあってマジで寄付しそうになった。

検索したら未塗装らしいので、不器用な私にはむりだって思って思いとどまった。

でも欲しいよ・・・ジロウ・・・

アラブの家庭にはターバンメイカーという機械が必ずあります

それは大阪の家庭にあるタコ焼き器の普及率に匹敵しま

アラブ男は大抵ターバンを巻いていますが、あれは一枚の布ではありません

大昔は一枚布だったようですが、すぐにほどけてしまうという問題があり現在では三枚の布を組み合わせて使っています

ただ三枚巻はなかなかテクニック必要不器用な男では巻くだけで2時間とかかかったりしま

そんなのでは仕事に支障が出るのでターバンメイカーの出番です

まず三枚の布を「布を入れるところ」に入れます

次にターバンメイカーの正面から腰をかがめて頭を入れます

少し土下座気味の姿勢だと入れやすいです

奥さんに電源を入れてもらいます

中でターバン巻き機が回転し始めるのでタイミングを合わせて体を回しま

頭を抜いてターバンの継ぎ目に安全ピンを刺したら出来上がり

これで一流のアラブ男子ですね

2018-12-05

anond:20181205014512

ちゃんと調べた方がいい

あなた発達障害であるというレッテルよりは不器用な凡人を望んでいるのかもしれない

けど障害と認められるか不誠実で能力不足の人間と判定されるかは生きやすさが大きく違う

人間らしく、人と同じような人生を全うできるのは、障害と認められた方なのだ

レベルの低い健常者として扱われた方ではない 決して

2018-12-04

料理しかできないか料理上手ではないと言ったら否定された

かなり前の話になるけど「料理得意じゃないよ魚料理しかできないから」と言ったら「魚料理とか料理の中じゃ高度な方だろ」と否定された

いやいや違うんだよ、そうじゃない俺はね魚料理しか本当にできなかったんだ

俺の実家漁師なの鮭鱒とか獲ってる漁師

中学生くらいの若いときって腹減るじゃんスゴく意味わかんないくらい減るじゃん

そんで腹減ったか冷蔵庫開けて中を見るわけよ冷凍庫もな

するとたいてい鮭鱒がいっぱい入ってんの俺の実家

腹減ってるし鮭鱒いっぱいあるし捌いてみようと思うだろ普通

捌く知識があるとかないとか上手いとか下手とかそんなん考えずに取り敢えず捌いてみるじゃん

はじめのうちは鮭鱒の身なんてボロボロよ当然だよ調べもせずに捌いてんだから

そんな明らかに不器用なやつが捌きましたっていう鮭鱒を焼くわけよテキトー

火加減わからんから焼けるまで監視よカ・ン・シ

あっこれ火強くね?焦げてきてね?あぁ中まで火を通すには弱火かよ?いやでも腹減ってるしなぁ

そんな感じで焼いていくわけよ鮭鱒をジュウジュウ言わせながら焼くんだよ

そして焼けたかなって箸を刺してみて確認するわけだ当然ながら中は生焼けなの

んでまたジュウジュウ、ジュウジュウって焼くわけさ

焼いたら箸刺す焼いたら箸刺すを何度も何度も繰り返してやっと中までしっかり焼くんだよ

もうね身なんてボロボロだって何度も箸刺してるし

そんなボロボロの焼けた鮭鱒を食うわけ腹減ってるからモグモグ

どんだけ食ったか記憶ないけど何だかんだで鮭鱒美味いよなぁとか思いながら食うわけ

次回はアレかな刺し身?汁物?とかやってみようかなあとか考えながらモグモグすんのよ

そうやってね魚料理バリエーションだけ増えていくんだよ冷凍庫に鮭鱒いっぱい入ってるから鮭鱒いっぱい食ったか

から俺は今でもそうだけど魚料理に特化していて他の料理小学生並みだと思ってる

鮭鱒美味いよな

2018-12-02

後追いで廃課金するも決して勝てず大敗して切れて引退するタイプ

もっと良い言い方をすると不器用純粋な人

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん