「不器用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 不器用とは

2017-11-19

天パに悩んでる中学1年生の僕へ

やあ、久しぶり、ふと思い立って君に手紙を書きたくなった。元気かな?元気じゃないよね、絶賛学校行きたくない感じだよね。クラスメイトからの心無い言葉気持ち髪型も滅茶苦茶だよね。あ、髪型は元々だったね。

僕は今年27歳になるんだけど君に残念なお知らせが3つあるんだ。

1つめは、髪の毛を毛根から変える技術はまだ出現してないってこと。無根拠に思ってたよね「俺が20歳ぐらいのころにはそういう技術が出てる」って。残念ながら君のいる時代から14年たっても出ていないんだ。でも縮毛矯正は傷みにくくなったし、良いアイロンも出てるよ。あっ、君はまだアイロン存在を知らないよね。ヘアアイロンっていって髪をまっすぐに伸ばす器具なんだけど、来年あたり君もつかい始めるよ。でも、君の連珠毛の酷い縮れ毛と多汗症不器用さで大して使いこなせないんだけどね。関係ないけどハゲ治療は進んでるよ。毛髪再生治療実用化を2020年頃までに目指してるんだってさ。凄いよね。

2つめは、君は14年経った今でもこのコンプレックスから脱却できていないってこと。君は来年から縮毛矯正をかけ始めるんだけど、それが手放せなくなって14年立った今でもかけ続けているんだ。吃驚だろう。そして君は最近人の目がとても気になるようになってきたよね。君はクラスメイトから髪質をいじられ、心無いいじりで笑われ、だんだん人と一緒にいることが辛くなってきたよね。コンプレックスのせいで無駄に人の目につくようになったよね。遺伝要因と環境要因で君はSAD社交不安障害)をこじらせるようになるんだ。27歳の男が未だに中高生の笑い声が聞こえる度に嫌な気分になり動悸がするんだよ。未だに人の目が怖くて怖くてたまらないし、人付き合いを避けてるんだ。そうすることが心の平静を保てる唯一の方法なんだ。悲しいけど、14年後の君はこんな情けない姿になっているんだ。

2つめの時点で察しがついてるだろうけど、3つめは未だに彼女いない歴年齢なこと。高校生にもなれば彼女できるって思ってたろ?吃驚だよね。あ、そうそう、高校には無事進学できたよ、近所の馬鹿高校なんだけど先生から「受かったのが奇跡」って言われたぐらい中学卒業時の君の成績は酷いものだった。君は高校生になると3か月に1度のペースで縮毛矯正をかけるようになり縮れ毛を積極的に隠すようになるんだけど、君が高校に上がる頃には既に性格が暗くなっているんだ。昔みたいにヘラヘラ笑ってると心無いいじりの対象になってしまう恐れがあったからね。だから髪質を馬鹿にされることはないけど、髪質に怯えるようになるんだ。「〇〇君って矯正かけてる?」ってクラスメイト女の子に見抜かれた時の恐怖とパニックは、きっと君と僕しかからないよ。縮毛矯正のお陰で、君はグロメンから雰囲気フツメンぐらいにはなれたんだ。そのお陰で好意を持ってくれてる女の子は2、3人居たみたいだよ。でも、この頃になると君は彼女欲しいなんて余裕はなくなるんだ。女の子リア充(今の時代では陽キャラっていうらしいよ)の笑い声が凄い怖く感じるんだよ。「キモい」って言葉がすべて自分に宛ていい放たれてる気がするんだ。いや、実際何度か言われてるんだけどね。教室にいるだけで挙動不審になるのを隠すのが精いっぱいなんだよ。君はこれから先ずっとずっと、人の目に怯え、自信を得ることも承認欲求が満たされることもなく、擦り減りながら生きることになるんだ。あ、君は卒業間際女の子告白されるんだけど、君は自分がどういう行動にでたかわかる?振っちゃうんだよ。何故かっていうと「天パがバレて嫌われるの怖いから」だよ。だって子供にも遺伝するしね。髪質にいい思い出なんて何一つないもんね。

悪いことばかり書いてごめんね、さらに悪い事を書くと、僕はこれから先の君に対するアドバイスが何一つ浮かばないんだ。坊主にすれば髪と無縁の生活が送れるけど、おそらく君には髪への強い拘りが深層心理に隠れているんだと思う。だって、髪に本当に無頓着なら坊主にしてるもんね。まあ、面長で壊滅的に坊主が似合わない顔っていうのもあるけどね。ちなみに僕は今、縮毛矯正をかけたり、短髪の時はハードジェルで固めてパーマ風にしてるよ。それでも酷い縮れ毛だからパンチパーマみたいになっちゃうけどね。

君はこの先髪について思い悩むだろう。家族からは「髪ぐらい」といわれたから周りに相談しようにもできないないし、解決の糸口が見当たらないんだよね。どう頑張っても毛根から直毛が生えることのない君は学習性無力感に陥る。14年経った今の僕は、お世辞でも「良い大人」とは言えないし、「体だけ大きくなった子供」みたいな感じなんだごめんね。精神的に酷く打たれ弱い27歳になってしまったんだ。正直周りから社会クズ」って言われているような、そんな生き方を今は送っている。けどね、君はこの髪のお陰で一つだけ良い長所を身に着けたんだ。それは「他人容姿絶対馬鹿にしないこと」なんだ。君は普通の人よりも自分容姿でひどく悩んできた。だから自他の容姿にとても敏感なんだ。これから先、君の身の回りの人が他人容姿を笑うことがあるけど、君はその流れに乗っからない人間だよ。ちっぽけなことに聞こえるかもしれないけど、それは立派なことだし、今の君だからこそ学び取れることなんだとおもう。近所の顔に疾患があるおばさんがいるよね?一昨年亡くなっちゃんだけど、生前に分け隔てなく挨拶してくれる若い子は近所に君しかいなかってっ言ってたよ。学生のうちは辛い思いばかりしたけど、君のボロボロになった感性は微量ながらも誰かをちょこっとだけ幸せにできる力をもっているんだ。

正直、今の君は生きててもしんどいだけだって思ってるよね。ネックにならない普通容姿に産まれたかったって思ってるよね。僕も未だに酷く息苦しさを感じたりするんだ、この齢で情けないよね。僕は君のことを救うことはできないけど、今なら君の心がわかる。誰も君の辛さを理解してくれないけど、僕は理解できるよ。

今日電車で君にそっくりな髪質の中学生を見たんだ。暗い表情と自信のなさげ猫背制御不能な剛毛連珠毛の縮れ毛は紛れもなく中学1年生の僕だった。君がこれを読むことはないだろうけど、世界で少なくとも僕だけは君の気持がわかるよ。

2017-11-18

anond:20171118180141

相手増田にきついアドバイスしてもらってありがたいと思うほどの信頼は置いてないんだよ。

信頼関係がない人に「気持ちも大切だが」レベル対応をされたら(仕事上の付き合いならまだしも)踏み込んだ関係になろうって人は少ないでしょう。というか「なんだこいつ?」って思うでしょう。

増田の中ではしっかりした信頼関係があったかもしれないけども。

逆に増田の信念をぶつけてまともに受け止めてくれた人は、増田不器用さにも関わらず幸運にも信頼関係を築けた稀有な人たちだよ。

その人たちを大事にして、なんなら増田の悩みも打ち明けてみたらいいよ。きっとここに書くより親身に意見してくれる。

2017-11-16

職人は専門以外において不器用であってほしい

って皆思ってるよね

 

何でもデキる人って職人くさくないんだよな

2017-11-14

anond:20171113093723

女は力や体力がない分、あざとさや強かさが必要から

だって不器用な女を嫌ってて、「人付き合い下手くそそうな女は嫁さんにしたくない」とか「世渡り上手い女の方がいい」とか思ってるだろうに。

おっぱいが大きくて、若くて、かわいい子がいいです!

2017-11-13

https://anond.hatelabo.jp/20171113093723

マウンティングしない女子いたが、みんなに好かれてたぞ

まあ不器用そうではあった。でもみんな生き辛さは平等

女と格付け。

以前、「ブスって僻みややっかみから性格悪い人が多いよね」という記事を書いたら「こんなこと考えてる人に性格悪いとか言われたくない」というコメントをもらった。

一言言わせてもらうと、女ならこの程度(人を査定したりとか)のこと普通に考えてるよ。

美人性格良さそうでいつもニコニコしてる人でもあざとい人はいっぱいいる。

男のことを査定してて交際結婚前にキープがたくさんいたり、飲み会お気に入りの男の近くを陣取ってたり、格が下がると考えてるのか自分より地味な女とはつるまないようにしてたり。

みーーーんなやってる。

そうじゃなきゃ「マウンティング」とか「ハイスペ」(男を評価する単語)とかい言葉流行らない。

しろそれをやらない女は不器用から貧乏くじ引いてたり、婚期逃してたり、世間的にも厳しい目に合っていることが多い。

女は力や体力がない分、あざとさや強かさが必要から

だって不器用な女を嫌ってて、「人付き合い下手くそそうな女は嫁さんにしたくない」とか「世渡り上手い女の方がいい」とか思ってるだろうに。

もちろん性格良くて世渡り上手他人から好かれてる女もたくさんいるし、性格が悪い・あざといか世渡りが上手いとは限らないけどさ。

結局、いくら批判したってこの文章最後まで読んでる人だって同類なんだよな。

2017-11-12

不器用で認められない人を放置する社会じゃ

犯罪が出ても当たり前だよね。

2017-11-10

家事もまともに出来ない癖に「男女平等」とかほざく男

散らかった部屋に慣れきっているのか、なかなか掃除をしようとしない。いざ掃除をしても、埃や髪の毛があちこちに残ったまま。

洗濯物を回すだけでもいちいちあれこれ聞いてくる。普通に頭使って、適当に放り込めばいいのに。干し方も雑だから、皺が大量に残ってる。

野菜を切るのが下手すぎて、簡単料理一品作るのに平気で二時間以上掛かる。しかも、自分不器用なのに勝手イライラして不機嫌になってるし。料理のあと、フライパンとか鍋もほったらかし。調理しながら洗えばいいのに。

あと、食器を洗うのも下手。やたら時間がかかる割に、乾いた後で臭いが残ってるんですけど。

こんな有様なのに、「性別役割が決まるのはおかしい」などと戯言をぬかす理念はご立派かもしれないが、そういうことは家事ができるようになってから言ってくれ。

……という風にいわれても何も言い返せないほど家事能力に欠陥のある僕に、うちの妻は

「お部屋掃除したのー?えらいねー!」

「おしゃれ着は分けてるから間違っててもいいよ。気になるなら、やり方を紙に書いて貼っておこうか?」

一生懸命作ってくれたんだね!すっごく美味しい!ありがとう!」

食器洗ってくれたの!?うれしい!やってもらって助かるよー」

と、ひたすら褒めちぎってくれる。

能力が低すぎて大して役に立っていないのではと僕が卑下しても、

「でも、やってもらった分、ちゃんと私の仕事は減ってるんだから。ほんとに助かるよ!」

と全肯定。甘やかされすぎかもしれない。

カルディと母

カルディの手提げバッグを持つ人を見かけた。

母も持っていたな、と思い出した。

母は歩くのが速い人で、高校生になっても早めに歩かないと追いつけなかった。

脚力が強かったのか、自転車をこぐのも早くて、

私が15分かかる近くのイオンカルディ10分ほどで着くため、買い物が好きで

たことのないものに興味を惹かれる母はよく行っていた。

たまにそこで買ってきたコーヒーと、お菓子と、変わった調味料と、オリジナルのバッグを

「いいのがあった」と誇らしそうに見せてきた。たしかにいい感じのバッグだった。

大学卒業してフリーターをしていた私は母と一緒に暮らしていた。

仕事を見つけなくてはな、と思いアルバイトをしつつ、面接を受けていて、

このまま母と暮らすつもりだった。

何社か受けては落ちるを繰り返していたある日、受けた面接で「東京募集をしている」と言われた。悩んだ。

やりたい仕事もできそうで、正社員として働いた経験もない自分採用してくれる所はここを逃せばもうないだろうなとも感じた。

母は「すごいじゃない」と言って、ここを逃せばもうないよ、と続けた。親子だなぁと思って笑ってしまった。

私はその会社に入ることにした。そうして慌ただしく引越しをして、私は東京仕事一人暮らしを始めた。

一人ではカルディお菓子は多すぎた。

しばらく離れて暮らすうちに、電話越しの母に元気が無くなってきた。

子供が成人し、手元を離れたせいかもしれない。

年2回の帰省電話だけしかできない私は日々の話を聞くことしかできなかった。

冬の日、母は田舎へ帰った。一人で暮らすことが難しくなってきたためだ。

思えば自分家族家族としての交流が薄くて、個人が強かった。

お互いを理解しようする気持ちが薄いように見えた。

だけど本当は心の中ではちゃんと思いやっていたのかもしれない。会話が乏しい不器用家族なのだと思う。

危うい均衡を保っていただろう家族を、父は静かに、えぐるように壊した。

泣いていた母の顔は一生忘れない。どんな理由があってもやってはいけないことを父はしでかした。

それと同時に、父と色々なことを話せていればこれは起きなかったのだろうか、とも考えるがこぼした水は元に戻らない。

私の願いは家族に縛られず、母個人人生を楽しんでくれることだった。

だけど、そんな家族の中で20年以上過ごしてきた母の人生の中心は家族だった。

私があの日そのまま一緒に暮らしていれば、母は自転車をこぎ、好きなところへ行って

家族のために買い物をして暮らせていただろうか。過ぎ去ってしまった今ではこれもIFの話だ。

母の引っ越し田舎にもイオンがあってカルディが入っている。そこへはもう車でしか行けない。

母は久しぶりに運転し、休みの日にはちょくちょく出かけているようだ。

帰省する年末は一緒にカルディに行こうと思ってる。

2017-11-09

振られて3年、元彼の女友達を好きになった

初めて付き合った彼氏に3ヶ月で振られて、ちょうど3年が経った。

彼の名前をAとしよう。

1年めは、まるでAが私の過失による事故災害で亡くなってしまたかのように、

日々喪に服していた。

「そんなこと言って、連絡くらいきたんじゃないの?」と思うかもしれないが、

彼はそういうタイプ人間ではなかった。

Aが私の家に置いていた荷物を郵送してからLINEブロックされたし、

Aは私と会う前にすでにTwitterFacebookを退会し、ソーシャルのまじわりを断っている人間だったし、

SNSでふと流れてくるつぶやきを目にする……ということもなく、

本当に、死んだか失踪たかと信じ込むこともできなくはなかった。

そもそもAと私は、共通コミュニティ所属していたわけではなく、共通の友人もいなかった。

当時私が働いていた会社の後輩の女の子主催した合コンに行ったところ、

男性側の数合わせで連れてこられていたのが、合コンに一切興味がなく、

合コン中に翻訳小説を読み出した彼だった。

さすがにびっくりしたのだが、その本の著者は私も名前を聞いたことのある人だったので、

Aのことは気にせず盛り上がっているメンツをよそに、私はAにあれこれ質問し、

合コン後のグループLINEに参加しようとしなかった彼のLINE IDを手に入れたのだ。

合コンの間は気難しそうに見えた彼は、28歳だというのに、「本当に合コンが初めてで、どうしていいかからなかった……」

とのちに明かし、2人きりで会ったときには、不器用ながらも気さくに自分のことを話してくれた。

物言いはぶっきらぼうで露悪的だけど、根はいい人なんだなというのがすぐにわかり、

あっという間に好きになっていた。Aも、すぐにそれに応えてくれた。

そうして、交際期間がとても短かったのもあり、私はAとお互いの友人を紹介しあうことはなく、

そして彼の家の場所電話番号LINE以外の連絡先を知ることなく別れることになった。

合コンから私はAにだけ関心があって、他のメンバーに連絡することもなかったので、

もはや彼とのつながりは一切存在しなかったのだが……

彼と別れて1ヶ月後、偶然彼の親しい友人の一人と知り合うこととなる。

それがBだ。

新宿紀伊国屋書店で、新刊コーナーをうろついていたら、

彼に以前写真を見せられたことのある男性そっくり女性が、やってきたのだ。

私が「えっBさん?」と小さな声をあげると、なんとその人も「あれっ」と声をあげた。

から聞けば、彼女彼女で、私といっしょに遊びに行ったとき写真や、

2人がペアリングをしている写真などを見せられていたのだという。

書店会釈して終わりかと思ったが、彼女は私を喫茶店に誘ってくれ、

あれやこれやと話してくれた。

「◯◯がさぁ……恋人ができたっていうだけでも驚いたけど、まさか彼女ペアリング買うとは思ってなくて。本当にびっくりしたよ」

「それまでは彼女いなかったんですか?」

過去に1人いたとは聞いてるんだけどね。彼女の家庭の事情が大変で、別れることになったみたい。私もその子とは会ったことはないから、具体的なことはしれないけど。

 だから増田さんと付き合い始めた話を聞いて、すごくうれしかったんだよ。最後のほうは、いろいろ悩んでいるのも聞いていたけど……」

Bは、見せられた写真の印象だけでも、育ちが良くて笑顔かわいい上品な人だなあという印象だったけれど、

会って話せすと想像以上に気さくで、「この人に気に入ってもらいたいなあ」と思ってしまタイプだった。

正直、仲のいい男友達元カノというよくわからない存在書店で声をかけられても、けげんな顔をして立ち去る人が大半だろうに、

その日は喫茶店に誘ってくれたばかりではなく、その後2人で飲み、連絡先も交換することになったのだ。

「この前もAと会って……」や「Aは昔からそういうところがあって……」というように、Aとの仲良しエピソード披露してくるので、

もしかして……本当はAのことが好きなのかな?」「というかむしろ今つきあってるのかな?」と邪推もしたが、

聞けば、すでに3年つきあっている彼氏がいるという。

しかに、これだけかわいくて素敵なお嫁さんになりそうな人はもっと社会性のある男性を選ぶだろう。

彼が「いずれ紹介するよ」と言いながらも、結局紹介されずじまいだった相手と、

こうして偶然出会たことにはきっと何か意味があるだろうと私は思い(思い込もうとし)、

さら純粋に彼との話をとにかく吐き出せる人がほしくて、私はその後彼女を定期的に飲みに誘った。

最初は遠慮して月1〜2度にしていたのだが、彼女が本当にお酒を美味しそうに飲むし、実際ものすごくお酒が好きで、

毎日一人でもバーに行くことがわかってからは遠慮せずに誘いまくるようになり、

彼に振られて1年めには、私が彼女と飲む頻度は、週に1〜2度に増え、

さらに2年めには、土日のどちらかはかならず私の家に遊びに来るようになり、

そうして3年めを迎えようとしている。

合コン中に小説を読み出すほど読書家だったAと友人なだけあって、

Bも日々驚くくらいの時間読書にさいている。

1日あけて会えばその間に読み終えたSFの話をしてくれるし、

私が仕事で悩んでいるときには、適した分野の新書を紹介もしてくれる。

映画展覧会にもよく足を運んでいて、おもしろかったもの感想を教えてくれる。

「次は一緒に行かない?」と誘っても、「一人で行きたいから」と断られるので、

一緒に映画展覧会を鑑賞したことはないが、それぞれ見たもの感想を言い合ったりもする。

彼女は今でもAに会っているので、Aの話も全然出してくる。

Aが引っ越したとか、最近はこういう本を読んでたとか、いっしょにあの映画を観に行ったとか。

Aと仲良くしすぎて、彼氏嫉妬されたこともあるという。

頻繁に飲むようになってからは、私もそのあたりを正面からイジったりしてみて彼女の反応を見てみたが、

「え〜〜、たしかにAくんはかわいいしかっこいいけど……ほっとけない弟みたいな感じなんだよ」

と毎度否定され、そこには一切のやましさの感情がないのが見て取れる。

というか、どうやら彼女には「誰かと誰かが仲良くしていて、負の感情を感じる」

ということが、生まれてこの方ないらしい。

から、「自分の行動で、周りが負の感情を感じる」ということも全く理解できないそうだ。

しかに、もし私が彼女だったら「こんなに元カノと仲良くしていたら、Aに対して気まずいかも」と思うし、

私がAで、この状況を知ったら、こころよくは思わないだろう。

そのことを指摘したら、「あーーーーそういうものなの!」と目をパチクリしていて、

それも彼女の育ちの良さであり、育ちの良さゆえの鈍感さであり、美徳でもあるのだなあと、

なんだかおかしいやら腹立たしいやら、不思議な気分になってしまった。

それで気づいたのだ。

つの間にかAの生死とか、振られたことなんてどうでもよくなっていて、

彼女と会うことが純粋に楽しみになっていたということに。

最近は、いっしょにいても自然と手をつないでしまうし、

我が家のベッドで一緒にゴロゴロしながら映画を見る日も多い。

彼女には彼氏がいるし、相変わらず付き合っている。

彼女はとっても育ちがよくて、鈍感で、きっと私が彼女をいつのまにか好きになっていたことに気づいておらず、

しかし一方で、彼女自身もかなり私のことが好きなのだと、最近確信できてきた。

私の感情は間違いなく友情じゃなくて、彼女の裸を見たいなと思うときすらある。

でも、一体どうしたらいいんだろう。

私は彼女に甘え続けるため、まだAに振られた傷があるんだとウソをつき続けている。

2017-11-07

[]マンガ2作

tugeneko「上野さんは不器用」3巻

安定して面白い

ただ新キャラ投入が増えてきてるのが気になる

いつものメンツだけだとネタギレなのかなあ・・・

正直新キャラいらないんだけど・・・

おがきちかランドリオール」29、30

あっさり読み終わった

幕間って感じでつまらなくはないけどとりたてて面白いわけでもない

ボケ王様セリフでだーっと説明するとことかだいたい読み飛ばし

内容が結構かい割に単行本出るスパンいから忘れちゃってるんだよな

ああなんとなくそんな感じねくらいで読んでる

つよさんラブなのはずっと変わらないけど

2017-11-05

みんなどこに時間があるの?

毎日時間が足りなくて困ってるんだけど、みんなどこで時間を捻出できてるの?

自分はどちらかと言うと睡眠時間も短めで、残業時間もせいぜい毎月30時間しかない生活を送ってるんだけど、仕事して、ジム行って、料理して、仕事アイデア考えて、たまにはてぶや5ch見てってしてるだけであっという間に時間が無くなってしまう。合間を縫って読書勉強をするのが精一杯。なのにはてなーを見ていると、それに加えてゲームをする、映画を見る、資産運用する、あげく旅行山登りに行く、みたいな毎日を当然のように送っているように見えて絶望する。どうやったらそんなスーパーマンみたいな毎日を送れるんだろう。スキルアップのための勉強を日々の仕事の中で行える業務についていない限り、プライベートを潰しまくらないと日々勉強をするだけでいっぱいいっぱいじゃない? 自分仕事にも勉強になる部分はあるけど、それでもルーチンワークなどもやっぱりあるので、とてもじゃないけどすべての時間スキルアップには使えない。プライベートを諦めてどうにか生きてるんだけど、それって不器用に生まれ自分が悪いんだろうか。これって幸せなんだろうか。もっと時間が欲しい。

増田を書く時間があるなら勉強しろとか言わないで欲しい。数少ない息抜きなんだからこれくらい許してよ。

2017-10-31

「娘が同級生不登校にさせた 」の真実

おいおい、元増田文章に隠された真意に気付かないのか。

どうして「M」なのかを考えればすぐ分かるだろう。

「M」前原誠司だよ。

そう考えればスルスルと謎が解ける。

最初記事が書き込まれたのは総選挙前。

https://anond.hatelabo.jp/20171015130832

「娘」=小池百合子

不登校」=民進党から候補を立てなかった。

小池百合子都民からの人気が高く、とても前原誠司を騙すようには思えない。

しか民進党議員小池百合子冷遇されている。

……完璧に符合する。

追記も見てみよう。

五月頃に前原誠司から話を持ちかけられて断った、と読める。

これは内部告発だ。

五月というと都議選よりも前。

そのときから都議選勝利の暁にはぜひ国政進出を」と前原誠司に詰め寄られていた。

いちどは断ったものの、何度も強く要望されて、ついに国政進出することになったと。

小池百合子が主導して前原誠司協調たかのように語られていた経緯が、実は正反対であった可能性が語られているのだ。

そして二つめの記事総選挙後。

https://anond.hatelabo.jp/20171030181400

選挙に敗れた顛末について説明されている。

もう分かるな。

前原誠司不器用なだけで本当は純粋で優しい男の子なんだよ!

anond:20171030181400

下記のあたり、男親ってクソの役にも立たないんだなという感想しかない

「Mくんは不器用なだけで本当は純粋で優しい男の子なんだと思う」

2017-10-30

「娘が同級生不登校にさせた」の増田です

一応解決しましたのでご報告。

クラスメイトの話を聞くと、Mくんが娘に付き纏っていて、娘がMくんを怖がっているかいじめではなく正当防衛だと言っていた。

・娘と話していると会話に割り込んでくる

・頻繁に娘のことを見ている

・用もないのに娘の近くにいる

・家が逆方向なのについてくる

・娘と休日に遊ぶ約束をすると誘ってないのに待ち合わせ場所目的付近でうろうろしてる

というようなことが実際に何度もあったらしい。

それで友達みんなで協力してなるべくMくんを娘に近付けないようにしようということで仲間はずれにせざるを得なくなった、ということだった。

それと娘がお弁当ゴミ箱に捨てたというのは誤解だった。

実はうちの妻が諸事情で家を空けていて一時的父子家庭状態になっている(夫婦仲が悪いというようなことはありません)。

そこで家政婦さんを雇ってお弁当を作ってもらうことにしたんだけど、同じ日にMくんも娘のためにお弁当を作ってきてくれた。

娘は2個も食べられないと友達相談するとKくんが食べると言った。

けれどKくんはそのお弁当を食べずに捨てた。

そしてMくんがゴミ箱を見て捨てられているのに気付いて娘が捨てたと思い込んだ、ということだった。

そういうわけなので、双方の誤解によるすれ違いでいじめではないということになりました。

Mくんのアプローチの仕方は娘に恐怖心を与えるものだったかもしれない。

けれど娘を思ってお弁当を作ってくれるなんて、Mくんは不器用なだけで本当は純粋で優しい男の子なんだと思う。

から今後Mくんは娘の怖がるようなことをせず、距離感を考える。

娘はMくんを邪険に扱わず、他の子達と同じように仲良くしてあげる。

という約束を交わして和解しました。

娘とMくんが無事に和解できたのも皆様のおかげです。

ありがとうございました!

anond:20171015130832

2017-10-29

地味子だけど

一人暮らしで、寂しいので、適当合コン街コン趣味コンに行ったりする

話をして、自分と同じ感じの人たちで、いいなあって思ったグループと2次会とかに行く

さっきまでは、自分とおんなじ地味でおとなしい感じなのかなって思ってたけど

酒の席になると、みんな楽しそうに談笑してる

わたしは、そういう場でも、テンション変わらないから、次第についていけなくなってきて

一人で、ボーっとしてることが多い

大丈夫?」って声かけられることが多々ある

そういうのが結構あるので、やっぱり自分は変わってるんだなと思ってしま

みんな、普通から恋愛できて、友達もそれなりにいるんだなって

わたしは、やっぱり一人のままだし、もしかしたら、一人でいようとしてるのかなって

一人が好きなのかなって

でも、寂しいのはなんでですかね

もう、この年だから、他の人たちは、それなりに経験があって、普通に付き合ったりできるのかなって

わたしも、そうなりたいけど、臆病で、めんどくさがりで、不器用なんだ

話す機会が設定されてないと、異性と話すことすらできないんだ

だけど、誰かと一緒にいたい

不器用同士で、恋愛したい

2017-10-28

anond:20171028130154

紹介システムで、購入時に紹介者のID入力するような形であれば、あまり批難はされないような気がする。

仕組みはよく分からないけど、リンクを踏むと追跡されるという不愉快さが原因じゃないかな。

ショールームの招待会で家具屋の店員がつきまとう感じ。

あと、スマホは誤タップでよくリンク踏んでしまうので、リテラシーよりテクニック重要だと思う。

指先が不器用なので不甲斐ない。

2017-10-26

1日目

28歳。女。独身実家暮らし

救いようのないオタク

ここ最近頭痛が酷くて医者にいった。

心療内科を受けるべきと言われた。

心療内科に行った。生まれて初めて行った。

初診だから、とかなりの時間を待たされた。

目にハイライトが入っていない人がたくさん来ている。

中学生くらいの子ももいた。子どもを見る親の目が心配言葉支配されていた。

身の上話と仕事の事を聞かれて、

調書を纏められた。おお、心療内科ってこうするのか。

そしてまた待たされた。その間にいくつかの心理テストをやるようにと言われ、それをやっていた。

とうとう医者に会う時が来た。

あって始めに言われたのが、

休職されるべきですよ」

あれよあれよという間に

客観的に見た”自分の事を聞かされた。

残業時間はそれほどでもない。

あなたに足りないのは睡眠と休息の時間

おお、そうきたか

そして、休職が決まった。

何と無く楽しそうな事をしていたからという理由で中途で入った会社

最初の1年は悔しい思いをたくさんした。

でも同時にたくさんいい経験をした。

フリーターでぷらぷらしていた自分にいろんな事を教えてくれた。

電話対応顧客との会話、社会人としてのマナー

これから2年目、となるところで配置転換が決まった。

同じ系列の中でも業務量が半端ないところだった。

似たような事をしてるから大丈夫

そう言い聞かされていたけど、蓋を開けたらそれどころじゃなかった。

まったく業務の仕組みが違う。

ここに来たら前の事は忘れて欲しい。

そう言われて目の前が真っ暗になった。

そこの新人さんにも馬鹿にされる始末。

そこで歯を食いしばって2年目になった。

周りの事が少しずつ見えてきた。

そして、自分馬鹿にしていた新人さんに対して目に見えないいじめがあるのに気付いた。

新人さんは腹のなかでは何を考えているか解らない子だけど、正義感は強い子だと思っていた。

若さ故にいろんな事に気が付いて、声を大にして言うタイプ母親に似ていた。

若さ故に、言い方が不器用だった。

それを気に入らないと思った仲間に所謂パワハラをされていた。

それを上司へと伝えた。

暫くして彼女は助けられた。

彼女配置転換が行われた。

それで良かったのだ。

今度は負担が私に振りかかった。

いじめは無かった。

が、業務量が格段に増えた。

私は仕事が出来るようになっていた。

顧客から指名を受け、困った客の対応も私がする事になった。

新人さんがいなくなった後、この職場が上手くいくように、穏便に済むように、務めて明るく振舞っていた。

そんな私だったから、仲間のいろんな感情のしかかって来た。

女ばかりの職場から、当然ある事なんだろう。両親に話してもそんな結論ばかり。

私はオタクだ。

から、癒されるのはオタクコンテンツだと思って、愚痴は両親に話し、好きなコンテンツを消費してストレス発散をしていた。

していた、ように思っていた。

現実は違った。確実に蝕まれていた。

いろいろな不調が出てきた。

身体が鉛のように重たい。

考えがぐるぐるし始める。

毎日自分が死んだ後のことを考えてゾッとする。

このCDとかグッズは売ったらいいさ。

でもこのぬいぐるみたちはどこへ行く?

私はオタクだ。

から、この症状がなんなのかは薄々わかっていた。

だって色んな作品で見てきたもの

でも見ないふりをしていた。

いよいよおかしいと気付いた時には、

好きなはずの作品を見ても、心からしかった!とはならなかった時。

そこから頭痛が酷くなった。

心療内科医者はこういうタイプ人間はどこにでもいると言っていた。

仕事の事は忘れて、1か月おやすみしてくださいな。

おやすみの間どうしたらええんや

途端に罪悪感が湧いてくる。

冷静を保つにはどうしたらいいんだろう。

何かするべき事は?

そうして、匿名ブログがあると気付いた。

復職出来たら儲けもの退職になったらそれまでよ。

とりあえず推しの為に生きます

2017-10-20

推しへの感謝ワガママ

若手俳優をやっている推し

慣れないイベントとかで頑張って笑顔でみんなに対応してくれてありがとう。人見知りだからファンはいえ全く知らない赤の他人には面白いことなんて何一つ言えないような不器用性格だけどそんなところも好きです。何百人も対応するのは本当に疲れることだろうに笑顔写真SNSにあげてくれてありがとう。またやりたいです、って嘘でも言ってくれてありがとう。接触では基本的に8割「ありがとうございます。」ばっかりだしそっちから話を振ってくれたりなんてもってのほかだけど一人一人目を合わせて丁寧に対応してくれようとするのが伝わりますありがとう舞台はどんなものでも真面目にやってくれてるよね。舞台によって多少やる気というか、熱量の差はやっぱ違うんだなってSNS見てると感じるけど、本番は全力でやってくれてるのがわかりますありがとうファンからプレゼント使ってくれてありがとう。よく同担たちも喜んでるよ。服が部屋に溢れかえっていないか少し心配だけど。自撮りは好きじゃないらしいのに謎自撮りをあげてくれたりすることろも推せるなって思うよ。

でもね、例えば「地方から来ました!」って言うとさ、みんな「わ、ありがとうございます〜」って言ってくれるじゃないですか。いや有難いよ、有難いしこっちが好きでやってることだからそんな言及することじゃないけどさ。そんな遠くから来てくれるファン自分にもいるんだなってホクホクしてくれてるかどうかは分からないけどさ。

君に一目会うためにさ、こっちは朝早く起きて、または深夜に夜行バス乗って、お尻や背中や腰をバキバキにしつつ東京に着いて、バスじゃよく眠れないか寝不足で頭グワングワンさせながら東京歩いて、早朝とかに着くと時間有り余るから体調不良状態漫喫やらマックやらでうずくまりながら時間潰して、知らない道を地図頼りに歩いて、イベント舞台が終わればまたすぐ長い時間公共交通機関に揺られて帰るんだ。腰背部はマジギレ寸前だしお尻は怒りを通り越して呆れてる。そんな感じ。家に着く頃には体はボロボロ。でも次の日は普通に仕事だったりして。

「遠くからありがとうございます」って言ってくれてありがとう。でも、本当にそう思ってる?私がお金魔法を使って楽にピョーイと東京に来たと思ってない?なんだかんだ地方から来てるんだって実感わいてないでしょ?いやそれはまあ仕方ないとこもあると思うんだけどさ。

私は君がイベントとか舞台とか、誠実に、真面目に、喜んでやってくれてると当たり前に思ってるし。推し私たちファンプレゼントとかチケット確保とか、好きでやってくれてるというだけでその裏苦労してお金注ぎ込んでるとまでは多分思ってない。

見てないだろうけど見てるか。推し。君に何千円も何万円も使うことが当たり前じゃねえからな。日々死にたい死にたいと思いながら働いたお金を君に投資しているんだ。時間を体力を、君に使ってるんだ。分かってるのか。意識してくれてるのか。君は人間だし、何なら私たち人間だ。君と同じようにバックグラウンドがあって今の生活がある。例え無意識だとしても、「自分お金をかけてくれる人たち」という認識で、括りで、見ないでくれ。それはそんな簡単なことじゃないんだ。大変で難しくて、でも君にその価値があると信じてるからやってるんだ。

けどこれが全てファンワガママだというのは重々理解している。

私たちからすれば推し1人へ向ける意識だけど、推しからすれば何百人のファンバックグラウンド理解しろだなんて酷な話だ。一体どれだけの人の生活を背負えばいいのって話になる。

そしてファン推しも出来るだけ綺麗な部分だけを見せ合いたいと思ってる。そんなデュエルの中で、裏の泥臭い部分も察して労われよ、なんて無理難題

推しを心労で潰したいわけでは毛頭ないのに、心のどこかで駄々をこねる自分がいてしまう。

推しよ、一つだけ、一つだけ忘れないでいてほしい。知ってほしい。

ファンをするっていうことは、楽しいことばかりじゃないんだよ。

2017-10-15

時間の捉え方が違う「ダブル育児」もキツイ

予定日よりやや早く子どもが生まれて、粉ミルクを初めて作った時、

いい加減な性格不器用タイプ子どもを持つべきではないと後悔した。

それから、はや3年。

保育園に通っている同クラス母親は、2人目、3人目を妊娠している人が多い。

後悔とセックスレスストレスMAX自分とは大違いだ。

「小1の壁」を突破する方法として、第1子の入学時期にあわせて第二子出産し、

育児休業を取得するといいというアドバイスを見かけた。

自分に当てはめると、東京五輪イヤーの2020年8月から翌21年の5月までに産むと、都合がいい。

しかし、出産時の年齢は41、42歳だ。

体力的に厳しいが、不妊治療リミットを考えると、絶対に無理というわけではない。

国に、少子化・少産化を本当に改善する意向があるのなら、

東京五輪開催にあわせて、大盤振る舞いの出産育児奨励策を実施するべき。

例えば、前後10年間の期間限定で、一人あたり総額500万円相当の育児関連用途限定ポイント付与し、

好きなオンラインショップ・実店舗の支払いに充当できるようにし、

リアル店舗無料託児サービス提供すると、補助金を得られるようにする。

自治体も、子どもが0~10歳の間は公共施設の有料エリアの入館料を半額にするなど、

子どものいる家庭に対する支援を強化する。

原資は一律カットした老齢年金・遺族年金と、0歳時の認可保育園の保育料の大幅値上げ。

1歳から保育園子どもを預け、0歳時クラスの様子を見た印象としては

離乳食完了するまではほぼ1対1対応負担が大きく、受け入れをやめたほうがいいと感じた。

若い人には、子どもを生むなら遅くとも30代前半だと警告したい。

家事ができない(やらない)ダンナより、時間ルーズダンナのほうがストレス度は大きい。

母親一人の「ワンオペ育児」の改善はあちこちで言われつつあるけれど、

分担する際の方向性や、料理など実際の作業が重複する「ダブル育児」の弊害も知られて欲しい。

毎日夜遅くまで時間を気にせず子どもと遊び続ける夫の行動に苛立つの疲れた

それでも、もう一人産めば経済的プラスだとわかれば、

もう一度、日々、精神的な苦痛と疲労にさいなまれる0~1歳の子育てに取り組んでもいい。

金銭援助や子育てフォローする外部サービスがあれば、

収入差、文化資本の差による貧困連鎖もきっと断ち切れると信じてる。

2017-10-14

山岡ミヤ『光点』の感想

すばる文学賞受賞作
山岡ミヤ『光点』

実以子のこと

主人公の実以子の名前は一文字ずつ指でなぞらないとうまく漢字変換できない
そしてそのもどかしさに呼応するように、彼女自身自分のことをうまく表現することができない。
両親に対しても一言一言飲み込むように話をすることしかできず、その不器用さが母親理想を外れ彼女を更に追い込んでしまう。

実以子に対してはがゆさを僕らがより感じさせられるのは、彼女によって語られている地の文が多分に豊かで鮮やかなところ。
彼女自身言葉で綴られるその言葉は、美しいものもそうでないもの等価値で、控えめな色彩が空気の透明さを際立たせる。
しかしこのあふれる語彙たちはどうやっても、今の実以子からこぼれることはできないのだろう。
また、つい自分の興味の方へ流されてしまうその語り口は、彼女純粋さと同時にどこか未成熟さを感じさせる。
19歳にしては幼い。それは彼女の祈りが〈祈るかたち〉にしかならないこととも無関係ではないように思う。

祈るかたちはいわゆる二礼二拍手一礼のかたちだけを抜き出したもの
言葉と同じように祈ることもうまくできない実以子が、神前でなぜ祈るかたちを繰り返すのか、明確には描かれない。

神さまを信じることと祈ることは別である彼女は言う。信じなくても祈ることはあると。
しかしそれについて話す彼女言葉はいつも心もとない。
繰り返される、信じる、祈るというモチーフはそのたびにゆらぎ、確かさを失っていく。

祈りというもの希望産物ではないだろうか。
僕らが何かを祈る時、そこには想いや願いや目標がある。
時には自分の変化を、時には何かから恩恵を、僕らは合わせた手と額の間から上のような前のような何処か遠くへ届くように祈りを捧げる。
届く先が神さまなのかそれはわからないけれど、その先のものを信じて僕たちは呼吸を止めて祈りを捧げることができる。

閉鎖された町、変わらない毎日、それに満足しているわけではないが、変化を起こす術を彼女は知らない。
父親からの家をでたいと思うかという質問に驚くことがあっても、答えを持ち合わせていない彼女こころは外の世界にはまったく向いておらず、自分のことに切羽詰まらない実以子は挫折もない代わりにまだ本当の希望も知らないのだろう。

実以子はさいごにたったひとつ自分言葉を口に出す。
それを言うために来たというそ言葉は、おそらく音になる前に失くしてしまった方が多いのだろうけれど、これは確かに彼女が起こした最初の変化なのではないか

「どうしても祈りたいなにかを、ひどく祈っているように見える」祈るかたちは、繰り返すほどに祈りに近づくのかもしれない。
しかしそれは彼女求めない限り本ものの祈りにはならない。

そして結局その祈りを、叶えるのは自分自身しかないことを大人になった僕らは知っている。
僕らにとっての祈りは、未来自分への誓いとほぼ同意である
その覚悟の片鱗をまだ強くはないけれどさいごの実以子には見ることができる、気がする。

選評のひとつには暗い話と記されている。
しかにうねるような展開や、抱きしめたくなるような感動は存在しない。
しかし閉鎖感のある言葉ばかりで綴られるこの世界は、不思議なことに重苦しさや圧迫感は感じられず、僕らの記憶にはっきりと影を落とす。
それは語り手である実以子がこの世界に決して絶望しておらず、この物語は実以子が確かに、それは大きくないかもしれないが、先へ進むことがわかるからであろう。

いくつかの断片が組み合わさるラストは秀逸と言える。読了後しばらくは空調の設定がおかしいのではと思った。
山岡ミヤ『光点』は冷え込みで服の選択に迷う今にあっているかもしれない。

第四十一回 すばる文学賞

anond:20171013233353

なんとなく自分も似たとこあるなーと思った。

人に頼る・甘えるのが下手、誰かにお願いするより自分でやっちゃった方が気が楽、とかそういうタイプ

自分自分のことを器用貧乏だなってよく思う。そして世の中には不器用大富豪がいっぱいいる。

2017-10-13

もう夢なんて諦めようかな

記者になりたいけど、もう折れそうだ

自分の強みなんて、フットワークの軽さと聞く力ぐらいしかない

話すのもめっちゃ下手くそ

とにかく不器用でお世辞も言えない

バカ正直で接待も出来ない、嘘も全然上手くつけない

一応世間一般で言われる学歴資格だけはエリートで、

一応世間一般で言われるエリート(?)な業界で働いて、

一応世間一般より高いお給料もらっていたけど、

自分仕事で辛い思いをしたし、

周りも色々なことで辛い思いをしていたし、

周りの周りの人も色々なことで辛い思いをしていたし、

言いたくても言えないことがたくさんある人が、たくさんいた

私が出来ることは人の話を聞くことぐらいだから

色々話したりしてくれて、聞くだけで元気になってくれたりして、

聞いた話を傷ついている人たちに伝えたら、元気を出してくれたりして、

これが私のやりたいことだって、やっと思えた


声を聞いてもらえない弱者の声になりたくて、

元気のない誰かに元気なる話を伝えたくて、

そんな思いを持って、記者になりたくてなりたくて仕方なくて、

仕事もやめて、転職活動頑張ったけど、

部落ちた!!!!!!!!!!!

新聞雑誌ネットメディアも全部な!!!!!


やっぱ前職が完全違うし、新卒じゃないから?

でも全然給料新卒と同じだけしか求めてないし、やる気はあるし、社会人経験もある

でもやっぱりダメなのか


こんな簡単に夢ってぶち壊されるということに落胆してる

なんのために夢を追いかけたのか、追いかけた自分バカだったのか

向いていなかったのか、なんなのか


誰にも言ったことなかったけど、

辛いな、なんてふと言ってみる

2017-10-12

月経カップを買った

やたらに量が多くて毎回股間がかぶれて、高い夜用を二枚重ねたり昼も使ったり、それでもシーツや服や下着にもれた血の染み抜きに精を出すのにうんざりしたので買う事にした。

とりあえずアマゾンドイツ製で3000円くらいだったのでメルーナカップのソフトタイプLサイズ容量24ミリリットルを買った。

実物は思ったよりでかい、直径が人差し指根本から第二関節くらいあるタンポンすらほとんど使った経験が無いので怯えMにすればよかったと思った。

説明書に煮沸かミルトンで入れる前と生理後に消毒とある、鍋に入れたくないので哺乳瓶消毒液を買う。

朝4時に生理が始まり違和感で目が覚める。

月経カップの入れ方を読み、円を潰してからS字型に畳んで突っ込む。

畳んでも結構ボリューム感だ、不器用なので入れる途中で開いてしまったり結構難しいしちょっと痛い、ソフトタイプで正解だったと思う。

Mにしておけばよかったと後悔。

念のためにナプキンをあてて寝直すが、横向いて大丈夫なの?カップに受け止めたのが逆流せんの?今まとめて出た漏れない?と変に気になってなかなか眠れない。

装着感はタンポンより違和感がない、何も付けてないようで快適。

朝起きて気になったのでトイレで取り出してみる事にする、入れた時より奥に入っており説明書の取れなくなったら病院を思い出して怯える、人差し指根本まで突っ込んで指先をカップの取っ手に突っ込み引きずり出す。

カップの底に生理って子宮内膜が剥がれ落ちた物なんだなぁって感じの粘膜っぽい血が溜まっており意外と無臭というか生理の臭さがない。

そのまま捨て洗面所で指とカップを洗いまた突っ込む。

その日の夜風呂場で出すと、朝より少量の茶色い粘膜が底に少し入っている、ナプキンも汚れてないので安心して普通の下着を履いて寝る。

生理二日目、朝起きて8時くらいに取り出して濯いで戻す。

二日目なのに凄く快適、普通パンツをはける、生理だと忘れる何なら温泉だって行ける、自由だー月経カップ最高と浮かれる。

しかし午後2時ごろ何となく蒸れるな?と違和感を感じ始めると同時にゴポッと漏れる。

慌ててトイレに駆け込み取り出す、かなり下まで来ていて取り出しが簡単、なみなみと血が溜まっていた。

二日目の限界は6時間、覚えたと思ったのに夜8時漏れる。

12風呂に入って出してみるとまたなみなみと入ってる、二日目は4時間に一度くらい出さないといけないっぽい、出すのも面倒だし容量のでかいLサイズでよかった。

これは夜間持たないなとナプキンをあてて布団に居るのが現在

また追記するかも。

おやすみ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん