「悶々」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 悶々とは

2018-02-24

はじめて射精した話(男同士注意)

最近になってやっとネットになら書いてもいい気になった話なんだが。

もちろん、今まで誰にも話したことはない。

ただ先日、この話をあるSNSに先日ちらっと書いてみたら、信じられないくらいに変に興奮した。

から敢えてもう一度、さらに詳細をここに書く。


俺はそもそもホモではない・・・と思う。

性的に興奮を覚える対象基本的に女だ。

オナニーするとき普通男性向けに作られたエロ動画を見て行っている。

とくにクンニシーンが興奮する。

あと、濃厚なフェラからの口内射精のシーンもけっこう好きだ。


それはそうと、最近自分でもちょっとどうなのかという趣向に気づいたのだが、どうもニューハーフという人々に対しても、俺は興奮を覚えるようだ。

「かわいくておっぱいもあるけどちんこもある」という人の裸や性行為を見ると興奮する。

もう何度もこの手の動画オナニーしている。


おっと、前置きが長くなったな。

本題に戻そう。

俺がはじめて射精したのは男にしてもらったフェラだったという話。

俺が初めて射精・・・初めての射精精通というんだろうけど、これがあったのは中学1年生のときだ。

わりと仲がよかったデブの友人にフェラしてもらって精通した。

俺はそのころ性に目覚めてきていて、河原に落ちてるエロ本を一人でこっそり見てはチンコをギンギンにしていたものの、そのあとはどうしていいかから悶々としている毎日だった。

そんなある日、俺と友人はその友人の家で2人でゲームしたりして遊んでたんだが、ちょっとエロい気分になってしまって「なあ、チンコ立つことある?」とか「チンコ見してくんない?」とか言って、そいつチンコを見せてもらったりさわったりしていた。

そういう俺はというと、チンコを人に見せるなんてとんでもないと思っていたので、はずかしかったけれどズボンの上からチンコをさわらせては「うわwやめろってw」とか言っていた。

その友人はちょっと変わっていて、「チンコ見して」というとどこでも見せてくれる奴だった。

幼稚園から高校まで一緒だったが、それはどの時代でも同じで、いつでもどこでも誰に言われてもチンコを見せていた。

まあ、自分から公衆面前チンコさらすわけではなかったのが救いだな。

あくまで、誰かに言われたら出す。というだけだ。


で、話を戻す。

まあ、友人と2人でゲームしているときエロくなった俺は、「なあ、チンコなめたことある?」って聞いてみたんだ。

そしたら「ある」って言うんだ。

え?だれの?って聞くと、「●●」と言った。(●●は共通の知人)

そこで俺は変な興奮と嫉妬のようなものを感じて、じゃあ、俺のも舐めてくれる?って聞いてみたら、あっさり「うん」って言ったんだ。

ほんと?とか言いながら、チンコ見せるのが恥ずかしい俺はギンギンになりながらもなかなかズボンを下ろせなくて、友人に目隠ししてもらってやっとズボンからチンコが出せた。

で、チンコを友人の口元にもっていって「いいよ」と言うと、友人が舌でぺろっとしてくれた。

なんともいえない気持ちよさで、はずかしさよりも興奮の方が上回った俺は友人の目隠しをはずして、咥えてみてくれと言って咥えてもらった。

友人の口の中でチンコをころがされていると、ものの数分で射精感がこみあげてきた。

初めての射精感に俺は驚いてしまい、びっくりして射精前に口からチンコを引き抜いて、無言でチンコズボンしまった。

ほんとにびっくりしたので、その日はさっさと家に帰って、あの感じはなんだったんだろう?と一人悶々とした。


次の日。

また友人宅に遊びに行って、流れでチンコを咥えてもらうと、またすぐにあの感覚がやってきた。

その時はぎりぎりまで口の中で我慢して、なんかでるかも!という感覚ときにあわてて口から引き抜くと、どろどろとしたおなじみのあれがドクドクとチンコから出てきた。

なんかでるかも!でまた驚いた俺は、一生懸命がまんして出ないようにしていたが、どうしても出てきてしまう。

腰を思い切り引いて、チンコの頭まで皮をかぶせたので、あれが勢いよく飛んでいくことはなく、その辺にあった鼻をかんだ後のティッシュチンコの先っぽにあてて、しばらく動けずにいた。

それを見ていた友人は「うわwなんか出たw」と言って半分笑って半分引いていた。

友人はそのとき精通がまだだったそうだ。

先の●●のチンコ舐めたときは出たか?と聞くと、「出てた」と言った。


正確には、俺の精通フェラしてもらったあと、鼻かんだ後のティッシュに出したということになる。

まあどうでもいいけど。


で、その後は友人の家に遊びに行くたびにフェラしてもらうのが習慣になった。

フェラの前にキスしたり、俺が友人にフェラしたりするようになった。

俺もだんだん射精に慣れてきて、友人の口のなかに出せるようになった。

最初のうちは快感が強すぎて、射精のたびに腰が動いてしまっていたけど。

そしていつの間にか俺もオナニーを覚え、友人もオナニーを覚えて精通があったと聞いた。

前述のとおり、俺も友人にフェラをしたが、俺が下手なのか友人が男のフェラは嫌なのか、俺のフェラ射精したことはなく、それどころか勃起しないことも多かった。

友人がエロ本を見ながら俺がフェラしてやっと少し勃起するという感じだった。

あと、友人に精液を飲んでもらったことはなく、飲んでと頼んだことはあったが、さすがに無理だったようだ。

俺の射精が止まるまで咥えていてくれたけど、口から離したあとは即ティッシュに精液を吐き出してうがいしたりしていた。

まあ、そりゃそうだよな。


俺の家に誰もいないときは、俺の家で事が行われた。

そういうときはお互いに全裸になって抱き合ったりキスしたりして、フェラしてフェラしてもらって俺は射精した。

オナニーを見せたりもした。

でもあくま射精していたのは俺だけで、友人のチンコほとんど動かなかった。

俺だけ一日に2回も3回も射精した。


そんな関係高校卒業まで続いた。

なんだかんだで平均して3日に一回はフェラしてもらってたんだから性的には良い中高時代だったんだなと思う。

ただその対象が同性だったというのはどうなんだろうという気がするけれど。


俺は高校卒業してから進学するために地元を離れた。

19歳のときソープ童貞を捨てた。

20歳ときにはじめて付き合った女でほんとの童貞を捨てた。

その女とは2週間くらいでフェラしてもらう前に別れてしまった。

ときどき友人のフェラ恋しくてピンサロに足を運んだけれど、時間制限がある中でのフェラ事務的でつまらなかった。

小説的にはここで俺が友人に会いに行くんだろうけど、今に至るまで一度も友人とはあってない。

もうウン十年になる。


以上、オチがなくてすまんが、文才のない俺が語るノンフィクションなんてこんなもんだ。

ただ、前と同じように友人にフェラしてもらってた話を書いてると興奮してくる。

あと、今回の話とはまったく関係ないと思うが、友人の姉の使用済みパンツを嗅ぎながらフェラしてもらったこともある。

もちろん、そのパンツはもらって何度も一人プレイのおかずにした。

付き合った女に使用済みパンツをもらったことも一度や二度ではない。

履き古したのをもらうこともあるし、新品のパンツを一緒に買いに行って一日履いてもらって帰り際に脱ぎたてをもらったこともある。

嫌がって絶対くれない女もいたが、はずかしがってはいもののまんざらでもなさそうな女もいた。

パンツの使い方はそのときによりけりだが、基本的には嗅いで使う。

何度も使って飽きてきたら自分で履いてオナホも使って一人プレイしたりする。

あと、ブラも何度かもらったことがある。使い方はパンツと同じ。嗅いで、飽きたら装着してプレイして、さらに飽きたら捨てる。

常にパンツとブラは手元に数枚あるようにしている。

交際相手がいないときは、その手のオークションで入手する。

オークションで入手するときは、クリーニング済みのものを好む。

のものとも知れない体液は嫌だからね。

でもパンツのシミはついていないと嫌だ。

ああ、俺の性癖は面倒だ。

anond:20180223105501

私も同じようなことで悩んでいます。こどもは一歳7カ月。妊娠出産産後悶々として不眠になって半年くらいカウンセリングに通ってたました。最終的に全く違う趣味を見つけてやっと光が見えたところです。

私の場合、産前産後がんばって趣味に噛り付いて、私の生き甲斐はコレしかないんや!ってやってたら全然つまんなかったんです。アレおかしいなって思って無理してやってたら仲間とトラブって一気に冷めちゃいました。

ツワリという事は妊娠初期だと思われますが、妊娠中の身体の変化と出産産後のことで色々悩むのはしょうがないです。でも妊婦というのは女性一人一人全く違うようにひとくくりに出来ませんから、なんとも言えません。その辺が漠然とした不安もあるのではないでしょうか。

もし今妊婦健診で通院していて、大きい病院心療内科精神科などがあれば担当医と相談して受診してカウンセリングとか紹介してもらうと楽になるかもしれません。

あとノートを作って悩んでいる事を図に書き出すといいと思います。書いてスッキリしたとあるので、頭の中を整理すると気分が幾分か晴れるのではないでしょうか。

「嫌な気分よさようなら」という本もオススメします。

なんか取り留めもなく書いてしまいましたが今現在幸せ安産をお祈り申し上げます

2018-02-21

趣味のことすらしないで悶々頭痛とともに考え事しながらベッドにこもり、食事も1日1回とるのがやっとみたいな生活が一週間ぐらい続くことが多い

2018-02-18

荒らしよりも精神的にくる反応

例えば

「猫ってかわいいですね!特にキャットフードをおいしそうに食べてる姿はとても好きです!」

ってTwitterなり、増田に書いたとする。

すると不快リプライが来ることもある。

「猫が好きなんてキモ、バーカバーカ」のような明確な荒らしは、即ブロックで忘れることができる。

「今の日本社会は○○の陰謀によっておかしくなっているんです」のような関係のないことを書き連ねる荒らしも、即ブロック

しかし、

キャットフードを食べるのが好きだなんておかしいです!あれは猫が食べるものです!」のような

話題的にはまったく関係のないわけではないが、こちらが言ってもいないことに対する反応、

これが精神的にくる。

えっ?なんでそんな解釈になるの?もしかして、私の日本語おかしかった?

と思って見なおすが、そんな人がキャットフードを食べるように解釈するような要素はどこにもない。

荒らしとして即ブロックしてしまえばいいのだろうが、

何でこの人こんな反応なの?・・・悶々とする。

時々、誤解を解こうと返信しようとするが、これもまた精神的にくる。

なぜなら、「猫ってかわいいですね!特にキャットフードをおいしそうに食べてる姿はとても好きです!」という文から

「人がキャットフードを食べる」と読みとってしま理解力の人に返信をするのだ。

どう書けばいいのか、途方に暮れてしまう。

結果、何もせずにスルーすることがほとんどなのだが、精神的な徒労感だけが残る。

2018-02-13

anond:20180213203506

私だったら、複数人並列で歩いて歩行者通路塞いでる人に対しては、必ず「すいませーん」って会釈しながら道空けてもらう。

大抵、「あらごめんなさい!」って言って向こうも会釈して避けてくれるよ。

一言声をかければ済む問題ばのに、それをせずにあくまで受け身で相手が避けるのを待ってるのってコミュ障なんじゃない?

相手だって人間なんだから気付いてない場合だってあるわけ。

集団女性では1人だけ後ろに下がって避けてしまうと、その女性集団の中でカースト微妙に低いと仲間内認識されやすい。

でもこちらが一声かけるだけで相手側も「避けてもいい」正当性が生じる。

面倒臭がらずに一声かける習慣をつけようよ。

それをせずに1人で悶々と不満を溜め込んでるから増田にこんな情けない投稿をするはめになったんでしょ。

寸借詐欺ではなかったけど、何か納得いかない

anond:20180131212922

これを書いた増田です。

おっさんから1000円を返してもらいました。

朝、寝ているとピンポンが鳴って、のぞきから見るとオッサンの姿が。

ドアを開けると「これ、先週借りた千円」といって封筒を渡された。

「あ、どうも、助けになれて良かったです」

ホント、助かったよ」

などと2、3言交わして扉を閉めた。

渡された封筒の中には確かに1000円が入っていた。

はあ、たった1000円がない生活とはどんなものなのだろうか。

そんなに困窮してるのだろうか。

家賃ン万円は払えているのだろうか。

悶々としながら午後になり、出かける時、おっさんとすれ違った。

おっさんの手にはタバコの箱が握られていた。

先週1000円に困っていた人間タバコかよ。

タバコ吸わないか銘柄とか分からないけど、1箱400~500円くらいするみたいじゃん。

まとまった金が入ったから、自分にも1000円返せたし、タバコも買う余裕ができたんだろうけどさ。

なんだかなー。

2018-02-12

処女価値があるものなのか

年末松岡茉優主演の映画勝手にふるえてろ』を観た。恋愛経験のない主人公のよしか(26)が、中学から片思いしてる[イチ]と会社の同僚で告白してきた[二]の間で揺れるという内容である。めちゃくちゃ共感できる最高の恋愛映画だった。

その映画の中でのセリフで「処女可愛いと思う男は大嫌いだ」というものがある。めっちゃわかりみが深いセリフである。正直20代になっても処女というのは女として価値がない証拠で、自分としてはコンプレックスなのにそれを可愛いかいうやつ!!!なんなんだよ!!処女で誰にも汚されてないか可愛いってか?!上から目線で見てるのか?!処女じゃなくなったら価値がなくなってしまうのか?!?ってことを含めて「処女可愛いと思う男は大嫌いだ」になる。ただ経験者はみんな言う。初めては大切にした方がいいと。一生処女喪失は忘れないか好きな人とするまで取っておいたほうがいいと。どうすればいいんだ。正直好きじゃないやつとなら今すぐやれる状況にはある。処女価値はあるのだろうか。高齢処女にはなりたくない…。性行為への憧れもある。悶々と考える2018になりそうだ。

2018-02-11

デレマス百合詩吟最近デレマス情報を知ろうコーナー

劇場1043話更新

吟じます

劇場1043話の〜

沢田麻理菜に本命チョコを渡したのは〜

同級生だった佐藤心さんという風潮〜

あると思います

リフレッシュルーム更新

吟じます

つかさ社長は〜

普段はああやってビジネススキームを生み出しているが〜

休日は時子様に豚扱いされて蔑まれることでストレスを発散しているという風潮〜

あると思います

デレステストーリーコミュ49話更新

吟じます

乙倉ママ旦那さんに相手されず溜まった悶々をウサミンが発散させてあげる薄い本が〜

読みたい〜

読みたい〜〜〜〜

読みたい〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あると思います


桜の咲く頃にのCDにフレデリカの二曲目が収録

吟じます

フレデリカ、猫やめるよってつまるところ〜〜〜〜〜〜

タチはじめるってことなんですかああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あると思います


U149「27話」更新

吟じます

U149でも〜

ニュジェネレーションは仲良しだけど〜

やっぱり、しぶりんと卯月関係デレマスの中でも特別なんやな〜

なんやなあ〜〜〜〜

あると思います


デレステ大石泉恒常SSR実装

吟じます

判定強化スキルを身につけるために〜

いずみんがしぶりんとトレーニングをしているのを〜

ことな心配になりこそっり見守る残りのNWNGの四人がいるみたいな絵が|

みたいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あると思います

自分不器用クズでありどうやればこの状態改善できるのか?を常々悶々と考えてしかし結果ほとんどが上手く行かず毎日途方に暮れてそれでもなんとかもがいて生きてきたのだけど、ふとしたきっかけで読んだ本にその答えと思わしき内容が記載されていた。大人ADHD。書いてあることはほとんど当てはまる。どう考えても自分はこれだ。物心ついてからずっと悩んでいた様々な悩みがようやく解決できるのかもしれない。しか病院に行くことができない。理由ADHDと診断されたとして、もしくはADHDでなかったとしても、私のこの多くの悩みを解決してくれるのだろうか?と疑問に思っているからだ。私は自分の至らなさを悩みすぎた結果、10年前と5年前の2回にわたってうつ病と診断された過去を持つ。うつ病は今のところ再発はしていない。通院して薬を飲んでもうつ解決せず、自力でなんとか改善させたのだ。それゆえ心療内科を信用することができなくなってしまった。仮に自分ADHDだったとして正しく治療してくれるのだろうか?もしADHDでなかった場合に「ADHDかもしれない」と伝えてしまうとADHDではないのにADHDとしての誤った治療をされてしまうのではないか?長年悩み続けた悩みが今度こそ解決できるのだろうか?心療内科に向かうより先に発達障害支援センターで先ずは相談に乗ってもらった方がよいのでは?いや、それより先に書籍に書かれた対処法を取り入れて様子をみるべきでは?などと延々考え込んでしまっている。ADHDと診断されなくてもいい。ただただ普通の人が普通にできることを、私もできるようになりたいのだ。ただそれだけなのにどうにも改善できない。悶々と悩む暇があるならどれでもいいかチャレンジすべきだとわかってはいものの手が出せない。そういう自分にとても腹が立つ。この迷宮から抜け出せる良い手があればぜひ教えてほしい。

時々無性に悶々とする

当方コミュ障アラサー男。

ふだんは孤独苦痛に感じるときはないのに、

時々、無性に人恋しくなるときがある。

そういうときオナニーしてなんとなく誤魔化して寝るんだけど、

なんだか年齢を重ねるとともにこの悶々とした気分に襲われる頻度が高くなってきている気がする。

何か根本的な対策をしたほうが良いのだろうか。というかそんな対策はあるのだろうか。

2018-02-10

anond:20180210105317

ガチガチ童貞の頃可愛い女子にいじられたら

1日どころか1週間くらい悶々として「あいつ俺のこと好きなのかも」ってなって

もう好きになってたから多分違う

2018-02-08

ツイッター依存症ぼっちオタク

さっき大好きな人に話しかけてきた(もちろんネット上のことだ)

冷や汗と動悸が収まらない。

ちょっと不審者じみているから画面越しで助かった。

私の日課ツイッター匿名アプリを使って、好きな人ラブコールすることだ。

みんな嫌がってはいない(と、思いたい)

何より私が楽しいので、通り魔のようにメッセージを送りつけている。

しかし困ったことに

匿名アプリを導入していない人も、それなりにいる。

そんなもの、面と向かって挨拶して感想でも何でも言えばいいだけなのだ

それが出来ないから困っている、私にとっては死活問題だ。

本人すら気付いていないかもしれない、この素晴らしさを、伝えたい。

あわよくば私の言葉きっかけに何か投稿してはくれないだろうか。

感想を送りつけたいという思いと

拗らせた自意識の間で悶々としていたとき、最強で最高の作品投稿されてしまった。

もちろん匿名アプリは設置されていなかった。

これは称賛されてしかるべき作品なので、私ごときでも何か言わねば、というか言いたい、一言でいいから。

それから丸一日ほど悩み抜き、まずはツイッターへ鍵をかけようとした。

鍵のかけ方を検索して→リプライとDMの意味を調べて→匿名アプリ使わないの?という旨を問いかけた。

いま思えば、どうせ本人へ話しかけるのだから感想でも愛の告白でもやっておけばよかった。そんな大それたこと思いつかなかったし、閃いたところで、やっぱり照れが勝っただろう。

結果から言うと、惚れ直した。

作品はもちろん作家である私の大好きな人が優しかった。

匿名アプリについては検討してみること、そのうえで感想を伝えたいと思ってくれたことに感謝すると言ってくれた。

…私まだ、感想言っていないのに。

尊敬する大好きな人に温かい言葉をかけられて泣いた。本当に画面越しで助かった、絶対に危ない奴だ。

ひとりで空回って何やってるんだろう、コミュ障以前にただのバカじゃん。

その勢いのまま、愛の告白をしてきた。ずっと伝えたかたこと、直近の作品のこと…

思い返すと恥ずかしいが、言い逃げ出来るのがネットの良いところだ。

ずっと一方的メッセージを送りつけていた。

小心者なので、その方が気楽なのだ

でも、たまには許されるなら、こういう突撃もいいかもしれない。

一方通行型の感想送信アカウントでも作ってみようかな、それも楽しいかもしれない。

2018-02-02

恋ってむずかしい

仲のいい好きな人食事に誘ったら、他の女の子も呼ばれた

2人きりにならないように牽制されてる?

脈なしじゃん死ぬ...

でも変に期待させないようにするなら私にLINEとか送ってこないし、お土産とかくれないよね...

って悶々としてたけど、

私は恋愛視点で見てるけど、相手はただの人間関係視点で見てるってことなのかな。

私は頻繁に遊んだりする男友達っていない男女の友情存在しない派なんだけど、好きな人女友達が多いから、そういうことだよね。

2人きりで遊んだりもあるんだけど、私にとってはそれは特別でも、相手にしたらごくごく普通のこと。

自分的には遊びに誘ったり、連絡したりアピールしてるつもりなんだけど、全然伝わってないのかな

苦しい

とりあえず会う日までにもっと可愛くなろう

2018-02-01

モンスターハンターワールド

どうせ来年にはモンスターハンターワールドGが出るだろうと考え購入に二の足を踏んでしまう。

これはモンハンだけに限らず、今までいろんなゲームで完全版が発売されてきたので

今買うとまたあの時のお金を損したような気持ちが呼び起こされる。

ゲーム機本体にしたって、PS4proやNew3DSなどが発表されるたびに、ため息が出てきた。

からといって完全版を待っていると楽しそうにプレイしている人たちの報告が相次ぐし、

それはそれでなんか悲しい気持ちになる。

最初から完全版を作ってくれないかなぁと思うけど、時代の流れ的に絶対にありえない。

そんなこんな悩んで結局今買っていない。

悶々とするがモンスターハンターワールドGまで買い控えるつもりだ。

1年後くらいにこの日記見返してみて、Gが発表されたら、ガッツポーズをとろうと思う。

俺は我慢をするぞジョジョォオオ!

2018-01-31

ポリティカル・コレクトネスをおべんちゃらにしないために

だいぶ乗り遅れてしまったのですが、まあいいかと思いつつ済ませていたら、悶々と思いを抱き続けることになったので、もし同意していただける人がいらっしゃったらと思って書くことにします。

はあちゅうさんの告白年末放送された「ガキの使いやあらへんで」の特番の影響もあって、日本においてもポリティカル・コレクトネスについてだいぶ議論されるようになってきました。議論が起こること自体は、自分としてはいことなんかじゃないかと思っています

そして、ポリティカル・コレクトネスによって提起されている思想信条についても基本的自分賛同しています人種民族によって差別をしないこと、性的差別をしないこと、セクハラパワハラやその両方をしないこと、LGBTQの人も同等の権利が認められるようにし、偏見を解消していくこと……私はこうしたことについては賛同しています

けれど、日本でのポリティカル・コレクトネスの語られ方――こういう言い方だと大雑把過ぎるかもしれませんが――例えば、以下のような記事を見て、すごく違和感を覚えたのです。

http://shiba710.hateblo.jp/entry/2018/01/09/073000

ぜひ読んでもらいたいのですが、簡単に言うと年末放送された、ダウンタウンさんの年末恒例の番組ガキの使いやあらへんで」の特番浜田雅功さんがエディー・マーフィーの顔真似をするために「ブラックフェイス」をしたのが「笑えない」と述べておられます音楽ジャーナリストの方のブログなので、まあそういうこともあるかなと思っていましたが、先日、朝日新聞の論壇時評の委員を務めていらっしゃるような方もこちらのブログを参考文献として挙げていたので(ちなみに私は朝日新聞批判論者ではありません。肯定派でもありません)、そこまでなのかと思いました。ポリティカル・コレクトネス日本でこうやって語られてしまうのは、私としては「どうなんだろう」と思ったのです。

先に挙げたブログについては大きく言って二つ、違和感の覚えることがありました。一つ目は「笑えない」と断じていることです。自分は笑えない、その意識を持たないとダメなんじゃないかとおっしゃっているように私は読みました。けれど、ポリティカル・コレクトネス海外提唱されることになった背景を考えてみれば、すぐに分かることだと思うのですが、いじめやいじりが「笑えない」のではなくて「笑えてしまう」ということ、その残酷さを考慮しないと、本当の意味ポリティカル・コレクトネス提唱するものは、そこに根付いていけないのではないかと思うのです。もちろんのことですが、「笑っていい」ということではありません。でも、日本では「笑えない」という啓蒙的なアプローチをすること自体が本当の意味での理解を生まないのではないのでしょうか。

それに関連して二つ目ですが、こうした記事が分断のマッチポンプになっているのではないかということです。ブラックフェイスは様々な視点で見て多くの人に誤解されうる表現です。私はそれが今回、指摘されることになったのはいいことだったと思っていますし、日本民法テレビとしては不適切だったと思います

では、あのシーンが、もしくはあの番組自体が、人種差別的なメッセージがあったかというと、そんなことはないというのも大抵の人は分かっているのではないでしょうか。重ねていいますが、だからブラックフェイスをやっていいということではありません。でも、あのシーンで「笑った」人はそれなりにたくさんの方がいると思うのです(松本さんは後日「浜田が悪い」と言っていましたが、らしいコメントだと思いました)。そして、そういった人々が人種差別意識を持っているかというと、そういうことではないと思うのです。

けれど、先に挙げたようなブログ掲載されて話題になることで、笑った人と「笑えない人」の分断を生むことになります。私も笑った人間の一人です。ブラックフェイスから、即座にアレルギー反応のように自分感情拒否したわけではありませんでした。罪を犯した側からこうしたテーマについて提起するのは分かる気もするのですが、自分は罪を犯さなかったとわざわざ言う人の言論には正直、違和感を覚えてしまます。そして、結果として、そういう意見人種差別意識がまったくない人に対しても線を引き、分断を増加させていくことになるのではないかと思うのです。

一昨年のアメリカ大統領選挙について海外から報道を見ていましたが、私はなぜドナルド・トランプ大統領が勝つことになったのか、腑に落ちていませんでした。けれど、今回の一件を見ていて、すごく分かる気がしました。「ガキの使いやあらへんで」の特番ブラックフェイスに笑った私は、いわゆるポリティカル・コレクトネス陣営から見れば、人種差別主義者ということになるのかもしれないと思ったのです。

そして、先ほどのブログ執筆者と別の方が対談されている原稿掲載されていて、更なる違和感を覚えました。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54106

引用します。

——

柴 テレビ話題では、2017年大晦日放送された『絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時』でのブラックフェイス問題が、年明け早々、世界中の主要メディアで報じられるという事態が起こってますね。

宇野 うーん、あれに関する国内擁護コメントとかを見てると、ちょっと絶望的な気持ちになってくる(苦笑)。

柴 というと?

宇野 簡単に言うと、あれを擁護するということは、「これから日本文化的鎖国をしていこうぜ」って話でしょ?

かに文化的鎖国をしたところには様々な既得権存在していて、そこで生活をしてきた人はその構造を変えたくないんだろうけれど、さすがにもう無理なんじゃないかな。

柴 ネットによって一瞬で世界に広まっちゃいますしね。

宇野 それもあるし、多くの日本人が誤解しているように思えるのは、ポリティカル・コレクトネス問題って、別に政治的社会的問題だけじゃなくて、逆らうことのできない商業的な要請でもあるんですよ。

好成績を続けている『スター・ウォーズ』の主要キャラクター女性黒人若者なのもそうだし、去年世界で最もヒットしたアメコミ映画が『スパイダーマン』でもヒーローが総結集した『ジャスティス・リーグ』でもなく、単独女性ヒーローの『ワンダーウーマン』だったのもそう。

ポリティカル・コレクトネス配慮しない作品が、だんだんお客さんから見向きされなくなってきてる。

――

引用ここまでです。

アメリカではもう白人だけのアイドルグループはありませんし、映画ドラマにおいて人種的多様性を反映させることは前提になっています。それを日本安易に当てはめようとすること自体が私としては拙速過ぎるのではないかと思うのですが(将来的にはそれを考えないといけない事態もあると思います。そして、『ワンダーウーマン』の議論についても割愛します)、一番違和感を覚えたのは「ちょっと絶望的な気持ちになってくる」という言葉でした。

例えば、日本におけるヘイトスピーチを見た時、確かに私も「絶望的な気持ち」になります。けれど、それを第三者に伝えるときに私は「絶望的な気持ち」という言葉を使いません。いろんな人がいますし、どんな可能性があるかも分かりません。もっと複雑で込み入ったニュアンス、嫌な言葉で言えば、玉虫色言葉を使うのではないでしょうか。隣人を含めたテーマです。ポリティカル・コレクトネスはそれを変えていく運動でもありますが、本当に自分問題になった時に「絶望的な気持ちになってくる」といったような“威勢のいい”言葉を使うことはないのではないでしょうか。けれど、「ガキの使いやあらへんで」や『スター・ウォーズ』といった、自分からは飛距離のある場所では、そうした言葉を使ってみせる。それっておべんちゃらのように聞こえてしまます

伊藤詩織さん、ひいては司法問題LGBT婚姻についての問題――程度の問題ではないですが、「ガキの使いやあらへんで」よりも私たちが考えなきゃいけない問題はまだまだあります

ガキの使いやあらへんで」の特番でのブラックフェイスはやってはいけないことでした。けれど、もっと語りにくいけれど、考え、話し合って、変えなきゃいけない問題があるのだと私は思っています。そこには時間軸も入ってくると思います明日からすぐに変わることはありません。1年後にかわっている保証はありません。では、いつ変わるのでしょうか? そのために必要なのは威勢のいい言葉ではないと思います

2018-01-27

anond:20180127103014

ちゃんとドキドキする相手を探した方が良いかな、とか

悶々とするのが苦手過ぎて、完結させてしまおうと思ったけど、

人間関係そういう事じゃ無いよね…。

こういう相談を出来る人がいないので、とてもスッキリしました!

本当にありがとう

2018-01-25

anond:20180125235045

理由をほんとに知りたい

話が下手だったとか絵文字がきもかったとか何でもいいからさ

知れば割り切れるけど分からないと悶々としてどうにもならん…

電車乗ってるとたまに悲しくなる

今日は駅で列に割り込まれそうになったんで前に出たら押しのけられて、結局その若い男が席を取って足組んで座ってるんだけど。数駅だし元から座る気はないのでべつに席のことはいいんだけど押さなくたっていいだろと思うし何で他人にそんなことができるのかわからない。自分の中ではこんなに悶々と考えてるのにそいつは何とも思ってないだろうのも悔しい。突然のことに何も言い返せない自分にも、悲しくなってくる。

2018-01-24

他人人生ホントわからん

父が死んだ。

まあ正直言うと「やっと死んでくれたか」という感じだ。

発達障害気味で子供の頃から悩まされ続けてきた。

父が帰宅してくるクルマの音が聞こえただけで

憂鬱になるような子供だった。


父は癌で死んだので末期は終末医療ホスピスに入ってた。

死ぬ1ヶ月ほど前、母が「あなた人生ってどうだったの?」と聞いたそうだ。

そしたら全くの躊躇なく、即答で「最高だった!」と答えたらしい。

それはもう満面の笑顔で。


それ聞いて仰天した。母もビックリしてた。


父はとにかく不平不満の固まりみたいな人だった。

まあ理解もできる。満州引き揚げ者だった父は何もかも失った人だ。


満州での裕福な暮らしも、将来の夢も(海軍大将になりたかったそうだ)、

人生安全他人というものに対する安心感や信頼感、

幼い時代の友だち、想い出の地、本当に何もかも。


過酷体験だったのはよく知ってる。

なにせ人前で全く涙を見せず、常に鬼瓦みたいな顔をしていて、

喜怒哀楽の「哀」だけ欠落したような人物だったのに

中国残留孤児」関連のニュース特集を見たときだけは

人目も憚らず涙を流していたくらいだ。


どれほどツラく悲しく恐ろしい体験だったか

話を聞いただけの我々家族ですら胸が痛くなるほどだった。


社会人人生も意に沿わぬことが多かったらしい。

成人してから特にからいろいろ聞いたが

旧帝大卒業してるほど能力は非常に高いのに

発達障害気味の性格の故か人に認められず、

出世もできずに悶々としていたそうだ。


である母は、父によると「異性として見たら全く好みじゃない」そうだ。

見合いの席で初めて会ったとき

「こんなブスは人生で初めてお目にかかった!」とたまげたらしい。


戦後すぐの時期に思春期を送ったためか、もの凄く米国贔屓で

結婚するならハリウッド女優みたいな金髪グラマー白人がいい」と

ずーっと思ってたそうだ。


母は一重の厚い瞼をしていてちょっとキツネ系の顔だが

知性が高いために表情がいいのでほどほどよい顔に見える。

とてもじゃないが「初めてお目にかかったレベルのブス」ではない。

美人でもないが。


まあとにかく、ことほど左様に父は一から十まで人生思い通りに行かなかった人物だ。

子供である我々も能力的、性格的に父の思いに添えなかったと思う。


なのに。

さあ死ぬぞ!もう死ぬぞ!となった段階での自己人生評価

「最高だった!」というのだから、本当に面食らった。


父はやっと死ねるのだなあ、不平不満だらけの人生で、

さぞかし生きるのがツラかったろうなあ、

社会に対する不平不満以外の事を喋ってるのをほぼ聞いたことがないというレベル

いつも怒ってる人だったのに。

「こんなクソみたいな人生、やっとおさらばだ、清々した」くらいは

思ってるだろうなあと勝手に思い込んでたよ。


今際の際の感想が満面の笑みで「最高だった!」ですか。

もうホント、訳がわからない。

苦笑するしかない。


他人人生ってホント、たとえ家族でもわからんもんだね。

2018-01-16

anond:20180116014215

自分は男だけど、というか結構いい歳のおっさんだけど、

増田の状況読んで昔のウチの実家と少し似てる思った。

ウチも父母仲が微妙で姑が居て母のテンションが常にナーバスな状況が続いていた。

一秒たりとも家に居たく無くて中高時代結構夜遊びして歩いてた。

いや。遊ぶというより外で時間を潰していた。

自分ナーバスヒステリックな母が嫌いだった。同時に母を嫌う自分が嫌いだった。

高校までは自分自分暮らしをどうこうする事が出来ずにずっと悶々としてたけど、

大学進学と同時に激安の長屋を見付けて、バイトしながら独り暮らしをし始めた。

そこで始めて、掃除やら洗濯やら炊事を自己流でする様になった。

自分も、どちらかというとどんくさい方であり、かつ、男だったので、

当然の様に何をやっても失敗ばかりしたのを覚えている。

でも、全てがとても新鮮で楽しかった。

コメの炊き具合をアレコレ工夫したり、

洗濯ミスって縮んだ服を着て行って大学の同期と笑い合ったり、

ヘタクソなりに自分暮らしを獲得出来て、

まれて始めて自分が生きてるんだ。って体で実感出来た。

そんな感じで半年試行錯誤したら、まあ一通りの家事は出来る様にもなって、

それまで、何となくダメだと決めつけていた自分にも少しだけ自信を持てる様になって、

だんだん暮らしが楽しくなって行った。

それと同時に、母や父と自分距離を、以前より冷静に保てる様になって行った。

以前より少しだけ「他人」に思える様になって行った。という方が正確かもしれない。

それは、寂しい事でもあったけれども、でも、それでも、

以前の様にドス黒い感情を伴った関係性では無くなって、

落着いて会話し、感謝すべき所は感謝出来る方向に自分の感じ方も変化して行った。

増田も、最初は失敗とか色々あるかも知れないけど

良い形で自分自信の暮らしを獲得出来るようになると良いね

応援しています

2018-01-10

増田セルクマはあり?ありなしラインを教えてほしい。

道義的に許せるか、って話で。

自分の書いた増田

普段使いアカウントセルクマするのはあり?

増田用のアカウントを作って全部それでセルクマするのはあり?

書いた増田ごとに新しくアカウントつくってその記事だけセルクマするのはあり?

それなりにくだらない話題について、それなりに長文で、それなりに議論らしきことができる

っていう条件を満たすのが増田しか知らないんだけど、何も反応ないと議論したい欲だけを抱えて悶々となるんだよね。

一回でもキャッチボールできればそれなりに満足するので、露出をふやせばいいのかなあ、とも思うんだけど、

内容以前にヘイトためて有意義議論ができないと悲しいし。

そういうのは増田じゃなくてここでやれ、っていうのもあればぜひ。

2018-01-05

婚活風俗と性

正月

親戚から

結婚しないのか?ハラスメント記事

沢山目にしたので自分婚活について書いてみよう。

なんとなく婚活を始めて一年がたった。

婚活パーティー婚活サイトに参加した。

これまで交際経験もあったし

高望みはしないので、自分に見合った

それなりの相手が見つるだろうと

適当に考えていた。

でも誰にも相手にされなかった。

自分若いつもりだったが

もうアラフォーのおじさんだ。

お金持ちでもない。役職すらない。

アラフォー金も役職もないオッサン

それに対する世間イメージ通りの対応をされた、ような感じ。

自分ってこんなもんなんだなぁという感じ。

何だかからないけど、

過去に付き合ってくれた女性

好意を持ってくれた女性に対して

申し訳ない気持ちになった。

会社とかだと

積み上げてきた関係もあるので

様々な要素を含めて

自分のことを分かってもらえるけれど

婚活ではそうはいかない。

あばたもえくぼと言うけれど

婚活市場では

あばたはあばただ。

でも、悲しさより

やっぱりなという思いの方が強かった。

から自分結婚したとして

やっていけるだろうかという不安があった。

育ったのが田舎の閉鎖的な環境

両親に「セックス犯罪」と言われて育った。

思春期に異性に興味を持つと

「お前みたいなのがレイプ犯になる」

と言われていた。

勿論それを真に受けてはいなかったが

当時はネットなどないし

田舎で、本音を話せる友達もいなかった。

お小遣いで買える雑誌も限られていたので情報も少ない。

18で田舎を出るまでは

リアルで「セックスは悪いことじゃないよ」と

言ってくれる人が1人もいなかった。

それが影響しているかどうかは分からないけど

付き合う女性にはなかなか手を出さなかった。

数年前姉にその事を話したら

因果関係はまったくない。

根拠なく親のせいにするなと言われた。

性欲は勿論ある。

二十歳の頃とかは本当に性欲が強かった。

しかしその頃は

合コンも切り上げてレンタルビデオ屋へ。

彼女がいても、デート終わったら

お泊りせず、家まで送ってから

自分レンタルビデオ屋へ

ということをしていた。

勿論アダルトビデオ目的だ。

こうやって書くと自分若い頃は滑稽だなと思う。

当時は勿論犯罪とは思っていないけれど

セックス女性が嫌がるもの」という

思い込みが拭えなかった。

心のどこかで性を肯定できなかった。

からセックスする機会を無くすことが

女性に対して悪いこととは

一切考えていなかった。

寧ろ嫌がることをしない自分

誠実な付き合いをしているつもりだった。

お泊りに来た女性にも手を出さない。

自分ソファで寝る。

ドラマみたいだなぁとか思ってた。

セフレ関係になった女性もいたが

心の中で、女なのにセックス好きなんて

おかしいんじゃないかと思っていた。

結局心置きなく性を解放出来るのは

風俗だけになった。

風俗で働くような女」という

自分の中に軽蔑した気持ちがあった。

「そんな女に嫌がることをしても構うもんか」という気持ちになれた。

しかし、風俗嬢女性であり1人の人間である

仲良くなると、1人の女性として見てしまう。

髪を切った?と聞くと

うん、分かる?と無邪気に笑う。

旅行写真などを嬉しそうに見せてくれる。

こんな女性に嫌がることをしていいものか。

いくらお金を払ったからといって

ぞんざいに扱うのは失礼ではないか

そんなことを考えていると

次第に立たなくなる。

次はSMへと通うようになった。

自分の性の汚らわしさを罵られる。

性に対する汚らわしいという認識は同じ。

そこで初めて解放されるような気になった。

でも、やはり、

仲良くなると女王様も1人の女性である

差し入れケーキを美味しそうに

ニコニコして食べている。

そんな女性に嫌がることをしていいものか。

そんな思いに駆られた。

またもや立たなくなった。

この性との長い戦いは

誰にも話したことがない。

友達にも言わない。

性欲はありつつも

性は汚らわしいと思ってはいるので

居酒屋での下ネタも嫌だ。

からそういう話が嫌いな人と思われている。

女性から草食系と言われる。

しかし、

早く帰ってお前をおかずにオナニーがしたい。

とか考えている。

最近では欲望の捌け口がなくなってきたので

自作官能小説を書くようになった。

理想シチュエーション理想女性

いいアイデアが浮かぶ

早く帰って続きを書きたくなる。

自分クリエイティブの半分は

こんな事に消費されている。

しかし、理想女性が実際にいたら萎える。

汚らわしいからだ。

この矛盾悶々としている。

ここまで書いてみて、

こんなことしてたら結婚とか無理だなあと思った。

自覚していないだけで

変なオーラが出ているのではないか

話を最初に戻すと

結婚しないのか?という話は

直接両親からされたことはない。

両親は何かと世間体を気にするタイプ

高校の時の友達を引き合いに出し

あいつには負けるな」とか

あいつの親は〇〇だ」と

何かとバカにして勝ち負けばかり気にしていた。

数年前に両親に会った時も

あいつは結婚したのか?」と聞いてきた。

他人結婚なんてどうでもいいじゃんと思っていたが

今思えば、お前は結婚しないのか?と

遠回しに言っていたんだろうなと後から気付いた。

両親から結婚しないのか?は

それ一回だけだった。

それから数年、もう40になる。

性抜きで付き合って結婚して子供を作って

幸せな家庭を築く方法が見つからない。

でも、そんなことより

好きな人と巡り合って

心置きなくセックスがしたい。

矛盾した思いが堂々巡りする。

2018-01-03

夫にきた年賀状に戦慄した

夫の上司から来た年賀状を見て戦慄した。

「去年は管理職になり頑張ってた1年でしたね。」

「今年は持ち味を活かしてください。」

「苦手なことは後回ししないでください。」

というコメントで今のところあまり評価は良くないのではないかなと思った。

去年は夫の昇進にともない転勤して本当に大変な思いをした。

子ども達の医療関係のこと療育のこと。

夫の評価が良くなかったらすぐ転勤させられてしまい、また環境が変わってしまうのではないかという恐怖で戦慄した。

あんまり悶々としても仕方ないんだけどね。

2017-12-31

誰かを好きになったとき

変なスイッチが入って、その人の言うことが全て自分に都合の良きように聞こえてしまう。

たぶん本人はなんの意味もなく発した言葉でも都合の良きように解釈してしまう。

勝手思い込み勘違いはしないようにと常日頃肝に銘じていても、実際にその人と2人で飲んで話しているような状況になると、判断が狂う。

勝手思い込み勝手に舞い上がる。


やれたか委員会漫画を思い出す。

本当に相手自分のことが好きならば、現実もっとすんなり事は運ぶものなんだ。

家に帰ってひとり「やれたかも」って考えるてる時点でダメなんだ。

それが現実と思いながらも、それでもひとり悶々となる大晦日の午後。

2017-12-27

大人になるにつれて、世界中に散らばる膨大な情報知識に嫌気がさしてきた。

例えば、ポテトチップス食べるにしても、この包装容器は何で作られているのか、なぜその素材が最適なのか、どんな層構造なのか、ポテトチップスを平らに作れないのはなぜか、原料はどこから取ってきて、どんな処理をするのか、味の評価基準はあるのか、みたいなことを悶々と考えたり調べたりしている。

そして、あまりにも物を知らない自分失望する。

そんなこと知らなくても生きていけるとは思う。

知識武器に戦う仕事をしているからか、周りには博識な人が多くて、専門のことだけ詳しくても会話のネタにならないし、どうしようもない感じ。

ポテトチップスは美味しけりゃいい人間にとって、美味しさがなぜ実現できているのかを知れという義務感は重すぎる。

心も折れて、ポテトチップスの味は変わらないのに、嫌いになりそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん